5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

狂気の迷宮・狭山事件3rd

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/15 20:07
過去スレ

狭山事件
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1013392706/
http://dat2ch.s19.xrea.com/021003-1013392706.html  (ミラー)
底知れぬ暗黒、狭山事件2rd
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1027698303/

狭山事件って何?って人は、ここを御一読下さい。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

2 :>1:02/10/15 20:14
乙かれ 2ゲト

3 :3?:02/10/15 20:21
>1
おつ


4 :1−531:02/10/15 20:41
<死>・・・げっと!

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/15 23:04
おめ!

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 00:13


7 :でらえもん調査局ヽ(`Д´)ノ ◆CJMS06S/xs :02/10/16 00:18
>>1しわしわしわー
\(^▽^)/新スレおめー
100式につや消しパピコぬりまくり.りんね売切入荷予定なし.あさみ入荷52円.ソニン山盛り89円.
いんたこ王者inぶりんこ天然果汁1000%
           ___ ______   ───────────…‥
          /日 「  日\_.\    ━━━━━━━━━…‥
         |. │/ \ ┃ .|    |  ────────…‥
 .______∋oノハヽo∈   __/,-、__\ | / /━━━━━━━…‥.   ∋oノハヽo∈ 
()_____|_日(´D` ))(@)_二〉 ̄,ー' ゞ ⌒ヾ∠_─────…‥       ∩^◇^∩<やぐやぐ♪
       \|乙/∪∪=/__/__二二,新スレおめ〜  =- 三ニ=−──…‥  (   )
          <_,<、二ニ_/ ̄ ̄   //_  く ̄ ━━━━━━━…‥     ∪∪ ピョーン
           l/   l/^ー'      / / ∨.N \  ─────…‥         |
     ♪   ;;;;.,                      ;;;;.,                     | ||
   ((  ,,;;"""  "";;  カバティ♪     ♪  ,,;;"""  "";;  ))               | | ||
     ミ    `.∀´ミ  カバティ♪      ミ   0^〜^ミ                 | | ||
     ミ        ミ   ))           ミ        ミ    ))           | | ||
  ((  '';;;;.,    ,,;;;'''            ((  '';;;;.,    ,,;;;'''  ♪              | | ||
        ''''''''''''''                    '''''''''''''''                   | | ||
             ♪                                             ∋oノハヽo∈
                                                      ⊂' ⌒つ川o・−・)つ マローン


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 00:57
前々スレでは、898さんの叔父の証言が、この上なく衝撃だった。
そして前スレで、どんどん事情通になる入曽歴3年のレスが待ち遠しかった。

入曽歴3年さん、その後いかがお過ごしでしょか?
早い復帰(社会・2ch共々)が待たれます。

9 :前スレ879:02/10/16 02:24
>>1
乙です。今度こそ落ちないように気を付けます。
全スレが落ちたらミラー作成依頼を出して来ますね。

>>入曽暦3年さん
いつまでもお待ちしています。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 08:19
犯人候補は何人いるんだ?
10やそこらでは聞かないような・・・

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 16:47
898さんの伯父さん説だと主犯格が2名。犯行指揮者が1名で実行犯が4名。
従犯が1名で合計8名くらいというところか。アリバイ協力者も入れると
あと数名プラスされるかもしれないな。それと伯父さんが事件後の「自殺者」を
どうみているのかも気になるところ。

入曽歴3年さんが話を聞いたNSさん説だと、森の息子が主犯で共犯が2名。
合計3名かな。この場合2名の共犯の死が他殺だとすると、口止めに主犯が2人を
殺害したということになる。

ずっとスレを読んでみて、NSさん説が動機の面からみても真相ではないかと思わせる。
問題は中田家側が真犯人を知っていて隠したのか、本当に知らないのかどうかだな。
父親が言っていた「犯人は知り合いの者に決まっている」の「知り合い」とは一体誰だろう?

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 18:55
>>11
もし父親が想定した犯人が市会議員や元区長なら「知り合いの者」とは表現しない
ような気がするな。真犯人が妻の不倫相手の息子だとしたらぴったりくると思う。

13 :1:02/10/16 20:15
>>2-5
いえいえ(w スレ立てには慣れてなかったので、総スカン食らわないか?と心配でした。

>>9
ありがとうございます。前スレが1000超えたみたいですので、そろそろミラー作成依頼をお願いします。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 22:06
こんなスレがこんな板にあるとは…
1から読んだが凄い展開
今まで俺は長兄が真犯人と思っていたが考えが甘かった?

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 22:09
>>14
この板だからいいのだと思う。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 22:21
2の途中まで熱心に読んでたものです。
まだ続いてたんですね。
1から読んで鳥肌がたったことをおもいだしています。
また読み返して追いつこうと思います。
みなさん頑張ってください。

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 22:42
なぜ善枝地蔵はなくなってしまったの?被害者宅近くのコンビニ(?)で尋ねても、触れたくなさそうでした。


18 :1−531:02/10/16 22:46
>2−998
自殺者・・・
刑札が調べもせず「自殺」とした。
すなわち「自殺ではない」ことを意味していると思います。

変死者の中からもし一人でも「他殺者」が出た場合、
刑札がでっちあげたストーリーが根底からくつがえされてしまう。

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 23:06
>>15
同意。
他の板だと論点がズレる。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 23:44
>>17
そんなのあったの?

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/16 23:50
地蔵は、被害者の供養のために家族が家の前の
道路沿いに建てたらしい。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 00:30
ttp://redmole.m78.com/2001/2001-02c.html
ttp://redmole.m78.com/2001/2001-02d.html

ちょっとばかりかかなり電波ゆんゆんだけど、「週刊埼玉」グループって亀井トムのことか?
しかし総会屋新聞ってとこが(w


23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 02:15
新スレ乙

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 14:57
中田家の父親はもう亡くなってるんですよね?
結局、遺産相続はどうなったのかな?

 長男・・・結婚して中田家の「家長」となる
 長女・・・家出して東京で結婚。中田家とは没交渉。
 次女・・・事件の1年後、「自殺」。
 三女・・・幼くして病死。
 次男・・・事件の十数年後、「自殺」。
 四女・・・事件により殺害される。
 三男・・・事件の十数年後、養子縁組。改姓して中田家を出る。

つまり7人のきょうだいの中で存命者は長男・長女・三男の3人のみ。
そのうち事件が起こったあの家に残ったのは長男のみ。
父親が残した莫大な遺産は、きょうだいに均等に分配されたのだろうか。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 15:08
次女の自殺は一審死刑判決の四ヵ月後。
次男の自殺は最高裁の上告棄却決定の二ヵ月後。

単なる偶然とはとても思えないが…
これだけ不幸に襲われた兄弟というのも珍しい。
これ以外ではプロレスのエリック兄弟ぐらいか(不謹慎でスマソ

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 15:53
あと、ケネディ一家とか

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 16:00
>>22
次兄が経営していたのは割烹料理屋と聞いていたが、このサイトの掲示板を読むと
ラーメン屋だったらしい。大きな料理屋なら経営苦で自殺というのもうなずけるが
ラーメン屋程度なら、うまくいかなくても本家から相続分の畑でもわけてもらって農業を
やってもいいわけだし、借金があったのなら土地を売るという手もあったはず。
父親と長男は相談に乗ったのだろうか。
なんでも末の弟も家を出て、次男の店から東京の大学に通っていたそうだ。
どの兄弟も長男とは一緒に暮らしたくないほど、仲が悪かったのか。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 16:19
この事件が不可解で不気味なことは、戦前中田家に嫁いできた母親が結婚式の
翌朝に受けたいやがらせに端を発している(またはそれに関わる秘密を利用された)
と思われることだ。
この一件で、地元では「中田家に生まれた女の子は育たない」との変な噂が流れた。
そもそも、どうしてそんな噂が流れるのか。育たないのがなんで「女の子」であって
「男の子」ではないのか。
そして現実はその噂どおりになってしまったのがもっともっと恐ろしい。
長男がいう「農村にひそむ古い何者か」とは一体全体なんのことなのか。
不謹慎といわれようが何といわれようが、事件の背景に潜む隠された事実への
興味は尽きない。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 16:30
>>24
四女の事件ってなんですか?
初耳です。

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 17:36
>>29
中田家の四女が善枝さん。事件とはまさに狭山事件のことです。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 18:03
>>27
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm
の1977年10月4日付では中華料理屋ってなってるね。
>>22の掲示板で言うラーメン屋のこと?)
店をたたんで農業やるとか考えられたにも関わらず、自殺とは何かがおかしいと思う。
頭下げられないほど実家とは仲悪かったのか? それとも下げるに下げられない「何か」があったのか・・・


32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 18:27
事件当時の現地写真
ttp://www.ne.jp/asahi/sayama/mujitu/nenpyo.htm
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/tmegumi/K/sayama/forfreedom.htm
現在の現場近隣写真
ttp://machi-g.hp.infoseek.co.jp/2001.12_5.html
おまけ(w
ttp://foolien.com/sayama1.htm

ネタの拾い元が、童話がかってるところからばかりだけど、
各自が文間を読み解いて(w

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 18:36
>>1の最終行で紹介されているサイトでは被害者の善枝さんは次女になっているが
これは誤り。狭山事件を紹介した本では三女としているものもあるがこれも間違い。
三女は幼くして死んでいるので、善枝さんは四女ということになる。

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 19:01
末の弟が養子縁組で改姓したということは、中田姓を名乗るのがよほど嫌だったのか。
それとも円満に家を出たのか気になるな。なにしろ事件の日、長男の命令であの脅迫状を
最初に手に取ったが、当時小学六年生だった彼だったのだから…

35 :金田一:02/10/17 21:38
自殺した次男が経営していたのは、狭山市入曽にあった
山王亭というラーメン屋。亀井トム氏らが、
5月1日の張り込みについて取材にいったはず。

36 :金田一:02/10/17 22:28
被害者の通学路であり、T・N氏が怪しい三人組みを見たという
やげん坂(薬研坂)は、今では大型店が立ち並ぶ大通りへと変貌
しています。しかし、被害者宅付近は道路こそ舗装されていますが
思わず息をのむ程、当時のままを保っています、、、。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/17 22:38
>>35-36
現地情報の書き込み有難いですが、上がり過ぎるとテーマがテーマだけに荒らされる
可能性ありますので、以後はできるかぎりsage進行でお願いします。

38 :金田一:02/10/17 22:46
了解しました。

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 00:02
昔のエロ本引っ張り出して
オナニーする奴らが集うスレはここですか?


40 :9:02/10/18 02:00
前スレのミラー作っていただきました。

底知れぬ暗黒、狭山事件2rd
http://www.globetown.net/~dat2ch/021018-1027698303.html

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 11:10
>>40


42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 14:04
このミラーって、どうやって作るの?

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 14:18
長男・次女が怪しい。
自転車や脅迫状など全てが自作自演だとしたら、
カバンの中味を次女が知っていたことと含めて一応つじつまが合う。

しかしここでどうしても解せないのは、もし長男が犯人だとしたら、
なぜわざわざ脅迫状など作ったのかということだ。
日頃から険悪な仲だった妹を計画的あるいは突発的に殺害したとして、
脅迫状を作る利益が見当たらない。
脅迫状など送って警察に大々的に捜査されるより、
失踪という形にしたほうがよほど長男は安全なはずだ。

またうつぶせの状態で埋められた被害者の背中に死斑があるのも妙だ。
死斑というのは気温などで形成までの時間に多少の変化があるが、
だいたい8時間が目安とされる。
したがって被害者の死体は殺害後数時間は仰向けの状態で放置され、
のちにうつぶせで埋められたということになる。

つまり長男はわざわざ警察を呼んで捜査をさせておいて、
なおかつ彼らを欺いて被害者の死体のところへ舞い戻り、
警察に怪しまれることなく死体を「処理」し、
何食わぬ顔で家に戻ったというのか。

この点が長男・次女の「一家内ゲバ説」の最大の疑問点である。

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 14:55
>>43
「カバンの中味を次女が知っていた」というのは次女の法廷証言ですか?
カバンの中に、次女が知るはずのない物が入っていて、
なぜか次女がそれを知っていた、という意味ですか?
だとしたら、それはどういう物ですか?

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 15:15
>>44
前々スレにあった。

被害者が「事件の当日学校で友人から借りた少女漫画雑誌」の存在を、
被害者はその雑誌を借りてからうちに帰る前に殺害されたのに、
警察にカバンについて質問された次女が、
どういう具合かその雑誌の存在を知っていた、という話。

ちなみにこの雑誌の字を元に、文盲の被疑者が脅迫状を作成した、
といわれている。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 15:59
>>45
前々スレの164のこれですね

 >被害者の姉は被害者が当日所持していたカバンの品触れ手配の際、警察官にその内容を聞かれ、
 >ある少女雑誌の名前を挙げているが、それは被害者が事件当日登校後に友人から借りたもので、
 >自宅にいた姉が知るはずのないものだった。被害者は下校時に事件に遭遇し、カバンも自宅へ
 >は戻らず、市内の畑に捨てられているのが発見されたのはずっとあとなのに、なぜ姉はその中
 >身を知ることができたのか?

警察官が聞いたのは品触れ手配の時ということは、その前に姉は妹の友人からその話を
聞いていたんじゃないのかな?姉なら事件当日の妹の様子を学校の友達に聞いて廻った
だろうし。それならなにも不審な点はない。警察が聞いたのが事件当日のことなら別だが。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 16:22
雑誌の事を姉が知っていたのかというなぞはまだ解けていないんだね

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 16:28
雑誌を貸した本人に聞いてみればすぐ分かることだと思うが…

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 16:42
>>45
それはどこからの情報ですか?
確定判決では、石川氏は家にあった少女雑誌「りぼん」から漢字を拾って脅迫状を
書いた、ということになってるんじゃなかったですか?
ただしのの雑誌は石川氏の妹が友人から借りていたもので、石川氏が書いたという
日には、石川家にはその本はなかったことが明らかになっており、これが石川氏の
自供が作り話だったことの証明になると弁護側は主張していたはず。
なお、その「りぼん」には「西武園」の「武」や「刑札」の「刑」の活字はなく、
この点も石川氏無罪の根拠となっていると聞いているが…

50 :45:02/10/18 17:41
>>49
関係について誤解があったようです。
ごめんなさい

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 18:08

この様に認識不足な素人の勝手な憶測と発言により
謎が謎を呼び込み、挙句の果てにはスンマセン等と謝って済ませる。
狭山事件の素人推理は激しく不愉快極まる。

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 18:36
>>43
たしかに身代金目的の誘拐の脅迫を、電話ではなく足のつきやすい手紙にしたというのは
不可解ではある。しかもご丁寧に自転車まで返しに来て、これまた親切にも雨に濡れない
ように物置まで持って来ている。単独犯か複数犯かは不明だが、犯人はその声を家族に
知られている知人なのではないだろうか。
自転車を持って来たのは、犯行現場を判らなくするためと警察の捜査撹乱のためだったと
考えられる。長男については、警察の眼を盗んで遺体埋没などに動くのは不可能だと思う。
よって真犯人などではないし、むろん次女が共犯という推理も論外。
ただ、父と長男には真犯人の心当たりがあったが、それをいうと中田家の秘密が暴露されて
しまうので口をつぐんでいた。次女が自殺したのはその真相を知ったからだと思う。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 19:00
すると内田さん宅にあらわれ「中田栄作さんの家はどこですか」と聞いた青年は
いったい何者?
だいたい女子高校生を強姦した上殺して、家族からカネを取ろうとする人間が、
近所に立ち寄って家の場所を聞くようなことをするものか?
それとも自転車に乗って脅迫状を届に来たのは、頭の弱いメッセンジャー・ボーイ
だったのか?
主犯は、相手の家も知らないような男に脅迫状の配達を頼んだのか?
「自転車は濡れないようにきちんと返しとけよ」とでもことづけておいたのか?
それともメッセンジャー・ボーイが単に几帳面な性格だったのか?

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 19:13
>>53
そのへんは前スレが詳しい。参照のこと。


55 :失礼ですが〜:02/10/18 19:15
なんだか急に
「狭山事件・入門スレ」
になってきましたが・・・
皆様、過去スレにはよく目を通していただきたい。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 19:27
>>43
事件の起る前にも狂言による誘拐事件が起きたらしい。
恋人を殺害し、それをかく乱するために脅迫電話を入れたが
加害者は指定場所に現れなかったので逆に誘拐脅迫は狂言っだったことが
バレてしまった。
そのことを犯人も知っていたら、当然指定場所に現れる。と
(『狭山事件を推理する Vの悲劇 』著甲斐仁志に書いてあった。)

しかし、犯人の最終的目的は一体何?
中田家に対するおどし。
なぜ被害者を誘拐しなければならなかったのか。
(実際に中田家には小学生の男の子もいた訳だし)
本当に金目当ての誘拐ではないのか。
被害者を殺害することが目的だったのか?
(もしくは過って殺害してしまった。)


57 :名無しさん:02/10/18 19:31
事件の背景と人物関係が整理し切れてなくて(゚Д゚)?になってる人
多数と思われるので、事件のあらまし(と注意点)の解説キボンヌ
同じ類の質問ループ防止のためにも(w

58 :57:02/10/18 19:36
あ、事件が事件とは言え童話とかサヨとかの「思想がかってる」のはパスね。
狭山事件の事件としての特異性を解説するって意味で。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 19:58
主犯の目的は被害者を消すこと。この一点のみ。
共犯は単純にカネ目的。
主犯には被害者が生きていては困る切羽詰った事情があった。
だが単に殺害しただけでは、その動機の点から正体が割れる可能性がある。
(そもそも女子高校生を殺す動機を持っている人間などそうはいない)
だから身代金目的の誘拐事件に仕立てる必要があった。
貨幣価値が違うといっても、当時20万円程度で殺人を請け負う人間はいないはず。
主犯が共犯に払った報酬は百万円単位だろう。
すると主犯の正体は、

 @善枝さんに死んでもらわねばならないという動機を持ち
 A殺害を引き受ける人間たちとの交流がある
 B金持ちの男

ということになる。

60 :40:02/10/18 20:44
>>42
私自身ミラーサイトは作った事ないのですが、ガイドライン板にミラーサイトを
作ってくれるスレがあるので、そこに依頼しています。

関係ない話でスマソ。。。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 21:35
危険を承知で脅迫状を書き、家まで届けた(またはある場所へ取りに行かせた?)のは、
殺害目的のカムフラージュだったことに間違いはないだろう。
この事件が特異なのは、犯人(共犯?)がさらに身代金を取りに現れたこと。
カムフラージュにしては危険度が高すぎるが、真犯人にとっては動機の面を捜査される
ことがよほど致命的だったのだろう。
ということは、善枝さんの交友関係をあたれば真犯人に行き当たるのではないだろうか。

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 21:39
うーん。
善枝さんのボーイフレンドの中に金持ちのボンボンはいなかったのかな。
ちょっと不良っぽい奴で、カネを握らせればヤバイ事だってなんだってやるような
子分がいるような羽振りのいい奴。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 22:02
そろそろ本当のことを書こうか・・・

サノヤの夜、犯人捕まっていた。
しかし捕まえてみたら犯人は、なんと刑札の身内。
やむなく刑札は証拠隠滅・捏造・デッチアゲ・・・
冤罪の道へと突っ走るのです。

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 22:24
当時の刑札は、今の北朝鮮当局の子供だましの発表のように突込みどころ満載だったりして。

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/18 22:57
>>57
あらましに関しては、>1 にもあるとおり、
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm
を、読んでもらうのが一番ではないかと。
簡潔に書ける事件(というより事件後が無気味というか不可解なのだが)じゃないし。

66 :金田一:02/10/19 00:04
殿岡駿星氏の著書「犯人」の後半にある、長兄への質問状に対する長兄からの
返答は、丁度ページが変わるせいもあり非常にドキドキしました。皆さんは
お読みになりましたか?

67 :名無しさん:02/10/19 00:39
パッと見、馳星周とオモタヨ(ワラ>殿岡駿星

殿岡氏の著作は犯人「狭山事件」よりしか書いてないみたいだけど、何やってる人?
ぐぐるでも11件しかヒットしなかったし
www.google.com/search?q=%c5%c2%b2%ac%bd%d9%c0%b1&hl=ja&lr=lang_ja&ie=euc-jp&oe=euc-jp

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 01:51
そもそも、佐野屋に身代金を取りに来た奴など居ないとは思えませんか?

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 13:25
大きくわけると
・長兄説
・石川説
・市会議員黒幕説
・農村因習絡み説
の4つ

上2つは根拠が薄いので下2つのどちらかか?

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 18:01
地元民ですが、中田健治さんに会いたければ農協主催の花の品評会に毎回
かかさず出ていらっしゃるようなので拝見はできますよ。
場所は皆さんよくご存知の堀兼の農協です。今度は11/3です。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 18:33
>>69
石川説・・・なんてありませんが、何か?

72 :1−531:02/10/19 18:36
>68
思えますよ。
そう考えると、合点がいくことがいくつもあります。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/19 20:05
掘兼中ソフトボール部は、まだあるのでしょうか?
キャプテンは、この事件を
知っているのかな?

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 00:20
考えれば考えるほど不思議な事件

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 05:41
考えるな、感じるんだ

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 10:17
>>69
その4つ以外に「善枝さんの顔見知り主犯説」もありますよ。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 11:33
>>66
自分をスーパーマン的単独犯に仕立てて犯人扱いした上に妹との近親相愛疑惑までを
綴り、おまけにぶしつけで非礼千万な「質問状」を送りつけてきた素性も知れぬ
物書きに対して、律儀にもちゃんと「返事」を返した中田家の長兄。
彼は犯人ではありませんよ。もっとも真犯人の見当はついているかもしれないが。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 13:52
>>63は冗談だろうが、実行犯に元警官がいると推理すると、おおかたの謎が解ける
ような気がする(佐野屋で刑事を出し抜いた点など)。
仮に市議会議員が黒幕とすると、主犯が議員・共犯が警察官という
とてつもないスキャンダルとなる。
吉展ちゃん事件の失敗のあとだけに、当局は疑惑の眼が議員か元警官に向く前に
でっちあげ犯人を仕立てるしかなかったのでは?

79 : :02/10/21 14:36
この手の運動してる人って
何で真犯人探すより
冤罪を晴らす方に力が入るんですかね?
真犯人見つけた方が、被害者も浮かばれるし
一石二鳥なのに…
昔、某団体でこの問題の話とかしてた時からの疑問です
もうそういった団体とは縁を切ったんですがね…

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 14:38
「少時様」とは誰のことか、という疑問を持っている人が多いと思うが、
この地方では当時から「庄司」や「荘司」「東海林」姓の家が多かったと聞く。
それに姓でなくて名のほうで挙げると「正二」「昭二」「庄治」「章二」「昇治」「昭次」
などなど実に数が多い。
つまり犯人は「少時様」と書くことで、最初の脅迫相手が誰だったのかを判り難くする
捜査撹乱を謀っている(むろん最初の計画など偽装であるが)。
石川氏を誘導尋問した検事も「少時様」が誰なのか特定できなかったとみえて
石川氏に「たた適当に『少時様』と書いておきました」などと「自供」させている。

脅迫状を書いたのは漢字に造詣が深いインテリとの指摘があるが、「少時様」にも
犯人の用意周到さを感じさせる。
それと「少時」と書くことで、文を読む人間に「時間がない」(「佐野屋の男」もそう言っている)
という、心理的効果を狙ったのではないかという意見もあるが、いずれにせよ、
犯人は漢字の音読み・訓読み、そして万葉かななどに相当詳しい人物と見受けられる。
この脅迫状は、かなり推敲に推敲を重ねて練り上げられた「完全犯罪の象徴」でもあると思う。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 15:16
>>79
別にその某団体を庇うわけではないが、捜査権のない民間組織による真犯人追及は
限界があり、中途半端にやると「丸正事件」の正木弁護士のように逆告訴される
恐れもある。それに真犯人については支援者やジャーナリストたちの意見か別れていて
一様でないことが遠因かも。
別に真犯人捜査などやらなくても、当局に全証拠を開示させれば全てが明らかになると
思うが…

82 :79:02/10/21 15:30
>>81
当局が全証拠開示したところで
真犯人はわからないですよね?
人権問題が絡むんで詳しくはあれですが…
某団体でやってた時
ある程度は理解し許せたんですが
余りにイデオロギーに凝り固まってて
辛かったんで…
もう一寸色々考えろよと…

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 15:30
佐野屋の男は「30分たてば帰らなくちゃならねえんだ」と言っている。
脅迫状には「1じかんごに車出ぶじにとどける」と書いてあるので、
つまり犯人のアジトは「車で30分の距離にある」ことになる。
だがこれは犯人の偽装工作だと思う。
つまり善枝さんを連れ込んだ場所は佐野屋のすぐ近くにあると思う。
刑事が男を捕まえきれず、検問にも引っかからなかったことがなによりの証拠。
OGの新居、ITの仕事場が佐野屋の近くにあるが・・・

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 15:55
>>82
全証拠開示で石川氏の無罪は立証されると思うし、真犯人と真相にもかなり迫れるんでは
ないかと踏んでいるんですが。
もっとも、それだけに全証拠開示に当局は応じようとはしないのかも。
最重要証拠は、すでに破棄されているかも…

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 16:14
I養豚所で働いていたことがある石川さんが逮捕されたとき、長兄はなぜ
「私はあの養豚所があやしいとにらんでいた」なんて言ったのかな?
どんな根拠があったんだろう?
I兄弟も石川さんも中田家の人間とは全く面識がなかったというのに。
それに「事件には共犯がいる」とまで言って、暗にI兄弟と石川さん共謀説を
匂わしている(I兄弟は一度別件逮捕されたがアリバイがあったので釈放されている)。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 17:01
>>79>>81
前スレの820を書いた者ですが、「捜査権のない・・・・」は現在はともかく当時の某団体は気にも留めていないでしょう。
気にする様なら「八鹿高校事件」など各地の「糾弾事件」は起きていないはず。
その彼らが、何も掴んでいないはずはない。
にもかかわらず、「詩歌を被告は無罪だ!」のみを念仏の様に唱える、そこに何かがあると私には思えます。
「真犯人探し」は彼らの大前提である「石川氏はただ単に被差別部落民であることを
理由に犯人にされたのであって、この事件に被差別部落民は一切関わっていない!」と矛盾したのではと
考えられます。


87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 17:04
>>86
「詩歌を被告は無罪だ!」→「石川被告は無罪だ!」
すまん、単なるパンチミス

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 17:13
>85
>65を見て下さい。ここによれば、刑札の強引な
捏造を感じさせますけど。
長兄が刑札の捏造にのったのなら、あなたの
いってることにいきつくのかと。

前、前々スレ読んだけど・・・やぱ新情報開示がないと
どーにもなんねぇな。
なんか麻雀覚えたてみたいな気分。w
(もちろん皆さんの推理は非常に楽しませて頂いてます。)

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 17:40
スレを読んで被害者の母親が不倫して出来た男が、動機の面からいって
最も犯人らしいが、彼の生活ぶりからすると脅迫状を書いたインテリという
犯人像には程遠い。共犯者を雇える金もないだろうし。

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 17:55
>>86
養豚場の長男をめぐっては、有罪説・無罪説の両者がありますね。
たしかに彼が有罪だった場合、某団体には都合が悪いだろうが、
某団体が真犯人追及について及び腰なのは、それだけの理由だけでは
ないような気がする。
真犯人が母親の不倫相手の息子だとすると、そのへんに追及が及ぶと
困るのではとも思えるのだが、、、

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 20:08
戸口に挟んであった脅迫状を最初に見つけた長男がとらずに小学生の末弟に
とらせた、というのも解せない。
しかも長男は土間の椅子に腰掛けて夕食をとっている。
そして宛名が父親になっているのに最初に長男が読んでいるのもおかしい。
家父長制度が強く残る当時の農家で、長男が土間で食事するなんてことがあるのだろうか。
脅迫状と自転車は向かいの親戚の家(同じ中田姓)に投げ込まれていたのではないか。
中田家としては、犯人が間違って差し入れたものと思ったのと親戚に迷惑が及ばぬようにと
それを隠したのかもしれない(文面には「気んじょの人にもはなすな」とある)。

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/21 20:37
>>72
1-531さんは亀井トムの「劇団おまわり説」にご執心だけど、仮に2日夜の張込みが
そうだったとすると1日夜が張込みの本番だったということでしょう?
ならばそのとき犯人は現れて逃げたはずだから(そうでなければ2日に自作自演劇を
開演する理由がない)、どちらにせよ犯人が危険を承知で現れたことに違いはない。
その場合、亀井説では1日の張込みは佐野屋ではなく中田家の「前の門」で行なわれた
ということらしい。事実次男も1日の張込みは「家の前でやった」と言っているし、
佐野屋の主人も「張込みは2日の一回のみ」と証言している。
すると脅迫状の文字「前の門」を「サノヤ」に訂正したのは刑札ということになる。
たしかにこの「サノヤ」の文字だけ他の文字とは筆跡が異なっているようにも感じられるが…
まさか、そんなことを刑札が本当にやるものだろうか…

93 :1-531:02/10/21 22:21
>>92
今は「ご執心」ではありませんよぉ。

次男証言のように、1日夜に家の前で張り込みがあり、
さらに犯人に逃げられたとすると、
(2日の張り込みよりはるかに逃げ易い)
刑札は事件を甘く見て、チンケな張り込みで
みすみす犯人を逃がしたことになります。
当時の世情からすればまたーく許されない失態。
せめてもの言い訳として、大規模な張り込み
(事情にうといヨソモノやトーシロによるが)
をかわしたスーパー犯人を自演し、
被害者はそれ以前に殺されていたことにした。

中田家内の初期の証言や、2日夜の極めて不自然な状況を考えると
私はまだ、この幻想を捨て切れません。

「サノヤ」はどう見ても、
何者かが左手で書いたものだと思います。
しつこいようですが、
刑札は何でもヤルでしょう。

94 :1-531:02/10/21 22:49
さらに、1日夜に逃走を成功させた犯人が、
脅迫状にも書かなかった「サノヤ」に現れるすべもなく、
犯人は後に??????だったのではないかな。
あまつさえ、そんなところに次女が本物の20万円を
持ってくるわけもなく、裏で事情を知った仲間が
のこのこ抜け駆けして、張り込みの中お金を取りに現れ、
くさい台詞を残して何も取らずに立ち去る・・・
なんてことはあり得ないと思っています。

要するに、オリジナルの脅迫状に「サノヤ」の文字がなかったと仮定すると、
2日夜の張り込みは当然刑札の自作自演ということになり、
犯人はどこかで、首をひねりながらうすら笑いを浮かべていたのです。


95 :1-531:02/10/21 23:21
自分が持参した万年筆を石川宅の鴨居の上で「発見」したり、
自分で隠した鞄を人に発見させたり、
他の証拠品を特定地域に向けてバラ撒いたり、
内田幸吉に代表される爆笑偽証人の数々・・・

変死者たちも、                       じつは・・・

96 :79:02/10/22 07:08
電波2から飛んできたのでここの流れをきちんと把握してなかったりしますが
>>84
真犯人は自殺者で警察が体面のために
犯人をでっち上げた以外考えられなくなりませんか?
生きてる場合真犯人は誰かを突き止めてればそっちを捕まえるでしょう?
最重要証拠を破棄ってのはいろんな人が言ってましたが
他の問題でも証拠がなければ破棄したんだって某団体では言ってたんで
それは…
余り書くと何人かには誰かばれちゃうので
>>86
そうですね

ミラーサイトもあるようですし
全部読んで流れを理解したらまた書きます

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 11:40
>>96
変死者を中田家の次男まで含めると、真犯人が自殺した人間とはいえなくなる。
それにもう一度脅迫状を見て下さい。
この文章を書いた人間は、他の偽装工作と併せて完全犯罪を狙っており、
そんな犯人が簡単に自殺するとは思えない。
おそらく主犯はまだ生きていると思う。

この事件の奇怪さを整理すると

 ●警察は真犯人(主犯)を逮捕できない事情があった、と思えること
 ●中田家側も真犯人を知っていながらそれを明らかにできない、という事情があったらしいこと
 ●警察が偽装証拠で犯人をでっち上げたために、その後の不審死を見過ごしてしまったこと
 ●無罪の証拠が揃っているのに裁判所はかたくなに石川氏の再審に応じないこと

つまりこの「狭山事件」の構造は、被害者家族の協力のもとに警察が事件の真相を隠した上に
代用犯人をでっち上げ、裁判所もそれに追随したという一般犯罪事件としては稀代の内容といえる。

98 :79:02/10/22 16:12
>>97
ん?煽ってると思われたくないんでああいう書き方をしました。
俺が言いたかったのは、>>86とほぼ同じです
この問題以外にも色々見聞きしたけど
某団体における運動?の胡散臭さを一寸書きたかったんですよ
そこで色々嫌なことがあったりして
(主に運動のあり方でしたが、この事件の捉え方とかもね)
と言うのが理由かな?
因みに俺も犯人は死んでないと思う


99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 17:23
>>93
吉展ちゃん事件の記憶がまだ新しいころに起こった事件。
「刑札は事件を甘く見て、チンケな張り込み」などをするはずがないと思う。
裁判で警察幹部は「一日夜は狭山署員数人で念のため佐野屋に張込んだ」といっているが、
宴会芸の練習じゃあるまいし、脅迫状にある「五月2日の夜12時」が
「五月1日午前0時」にもとれるというのなら、仮に犯人がやって来る可能性が
1%であったとしても、実際にやって来て取り逃がしでもしたら取り返しがつかない。
しかも脅迫状で犯人は「車出いく」といっているのに、である。
数人の刑事では、車で来た犯人に追いつけるはずがない。
これだけの営利誘拐事件で県警幹部の指示を仰がず「念のため」に張込みをするなど、
いくらなんでもありえないと思う。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 17:26
>>99
「五月1日午前0時」にもとれる→「五月2日午前0時」にもとれる

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 19:29
ブライアン・デパルマ監督の「愛のメモリー」というアメリカ映画をご存知だろうか。
狭山事件の謎を考えていると、必ずこの映画を思い出す。
少女の営利誘拐事件に隠された周到な偽装計画と怨念。愛憎にまみれた親と子の苦難の年月。
どこかにている部分があると思うのだが…
ちなみに原題は「obsession」(強迫観念)。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 20:18
>>56でも指摘されていたが、
脅迫状に1日か2日かどちらともとれる書き方をしたのは犯人の策略か。
たしかにこう書けば警察は2日とも張り込むはずと読んだのかもしれない。
甲斐仁志氏は数ヶ月前に起こった偽装誘拐殺人事件を参考にしたと書いている。
この事件でも脅迫状が届いたが書かれた日付けが不明で「明日」が何日を指すのか
分からないので「念のため」警察は2日間張り込んだ。
ところが犯人が現れなかったのと被害者が成人だったので、偽装誘拐と見破られた。
狭山事件では、これを避けるために警察に前日も張り込ませ、その配置を知ることで
張り込みの「穴」に危険を承知で現れた。という甲斐氏の推理は当たっていると思う。
ただ、1日の張り込み配置は警察と家族しか知らないはずなので、そのどちらかに
犯人一味か協力者がいたような気がするが。

103 :狭山住人:02/10/22 20:40
真犯人は自殺者説は、地元でも多数派です。今でも月1回ぐらい
の割合で、この事件を調べる市民団体(?)の方15名程度を
見かけますよ。しかし住人としては土曜日に狭山市駅で集会を
開いている特攻服の方が気になります。なんでも15年振りに復活
した「特攻狭山」というグル−プらしいのですが、詳細は不明です。

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 21:17
地元の真犯人自殺説というのはおそらくOG氏を指しているのだろうが、
彼は共犯者か嵌められた従犯者である可能性はあるが、断じて主犯ではない。
OGやITにあの脅迫状の作文は絶対にできない。
主犯は自分に捜査の手が伸びないよう、見事に警察の弱点を突いている。
家族が彼のことを話せないことも計算済み。
自殺するようなヤワな人間には、こんな大それた事件は起こせませんって。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 22:37
>>104
精液は?

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/22 22:55
善枝さんを乱暴し死に至らしめ営利誘拐事件にでっち上げ、
警察も巻き込んで真相を歪曲し、無実の人間に死刑判決まで降させたので
司法も絡まり調書も開示できない。

謎だ謎だと囃し立て推理小説ヲタが祭りを始めると
更にヲタが増殖し素人推理で悦に浸る。
事件の顛末は概ねこんな感じか?

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 09:11
推理小説よりは高等。

108 :昔話:02/10/23 11:34
>>101
ジュヌビエーブ・ビジョルド主演でしたっけ。好きだったんですよ。コーマとかも良かった。パンチラもあったし。
「愛のメモリー」は邦題は松崎しげるみたいで変でしたけど、面白い映画だったな。相手役は「まごころを君に(アルジャーノンに花束を)」の人だったっけ<あとで調べよう。
確か1カットでヒロインが成人女性から子どもに戻っていくシーンがすごく面白くって、昔8mmフィルムで真似したものだよ。
そうか、狭山事件の謎を彷彿とさせる映画でしたか。レンタルであるかな。も一度見てみよう。
そう云えば、帝銀事件、吉展ちゃん事件、三億円事件、大久保清事件、いずれもTVドラマ化、映画化されているのに、狭山事件はあまり記憶にありませんが、ありましたっけ?あまりに生臭くて映像化不可能なのか?

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 13:45
>>108
生々しいのと差別問題が絡んでいるんで、テレビでは無理。
解放同盟が製作した映画では「狭山の黒い雨」と「造花の判決」というのがある。
「〜黒い雨」の方は以前各地で上映会などが盛んに行なわれていた。
現在、ビデオ化されているのは「造花〜」のほうだったと思う。
これは解放同盟の事務所に行くと無料で貸してくれるらしい。

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 14:18
>>105
善枝さんは乱暴されたのではなく合意の上だったというのは多分間違いないと思う。
それは善枝さんが激しく抵抗したあとがないことと、強姦時には必ず残る太もも内側の
内出血がなかったことによる。
それに父親が証言しているように、善枝さんは男勝りのスポーツ・ウーマンで、
見知らぬ男のいいなりになって付いていくような性格ではないのと、トマトと白米(おにぎり?)
の接待を受けて、それを食べていることをみても強姦などではないことが分かる。
ではB型の血液型は元作男というと、地元の人に聞いてみても二人が付き合っていた
という事実がどうしても確認できない。
それどころか元作男は性的な悩みを抱えていて、結婚前にそれを苦にして自殺したのでは
ないかと言う人もいるくらいだ。性格的にも気が弱くお人よしで、とても女子高校生と
浮気するなど考えられない。ただ、お人よしの性格が災いして事件の共犯に仕立てられた可能性
はあると思う(脅迫状を書いたことと新居の提供)が、真犯人ではないと思う。
事件の日、誕生日のお祝いを口実に善枝さんをデートに誘い、トマトなどを振舞って
性交したのは、やはり彼女のボーイフレンドのひとりだったのではないかと思う。
そのボーイフレンドが金持ちの息子(たとえば医者の息子)ならば、犯人像として
ぴったりするのだが。警察は善枝さんの交友関係をちゃんと調べたのだろうか。
有力者の息子だからといって二の足を踏んだことは本当にないのだろうか。

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 14:32
二の足は踏んでないが、第三の足は使った・・・・・・

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 14:42
複数犯でそれぞれの接点があまりなく、被害者を殺す動機もない連中が実行犯
だった場合、主犯は犯行時には完璧なアリバイがあるはずだから、仲間割れでも
しない限り、真相が発覚することはまずないだろう。
仲間割れは大抵金の分配をめぐって起きるが、元作男の自殺は、主犯がそれを先回り
して口封じしたものだと思う。薬研坂での目撃証人Tもあるいはそうかもしれない。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 16:30
主犯にとって血液型がB型で、被害者家族と接点がある元作男が疑惑を持たれたまま
死んでくれるのが事件の「解決策」としてもっとも「理想的」だったに違いない。
もしさらに警察が犯人追及をするのならと考えて、養豚場の兄弟に捜査の眼が
行くように犯人はいろいろな「仕掛け」を施している。
スコップしかり、野犬狩りの秘伝・「ひこつくし」しかり。
そして実際、養豚場の兄弟は一度逮捕され、被害者の兄も「養豚場が怪しい」と公言
している。石川氏も最初は「3人でやった」と自供させられている。
警察も当初は石川氏を含めた養豚場関係者の数人での犯行という筋書きを考えていたようだ。
ところが、真犯人が仕組んださまざまな「偽装工作」があまりにも念入りすぎたため、
複数犯だとどうしても自供につじつまが合わなくなり、うまいシナリオが書けなくなった。
それで仕方なく石川氏単独犯ということに変更し、あの有名な「死体の逆さ釣り」などを
含む奇想天外な脚本を仕上げてしまったのだろう。
警察・検察が作ったそのフィクションを裁判所は本当にノンフィクションと勘違いした
だけなのか。それとも知っていながら架空の物語作成に協力したのか。

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 17:10
疑問なんだが、脅迫状や被害者側は何故警察をあんなに信頼しているんだ。
警察や軍(所属していた人は別ね)が頼りにならないって分かっているでしょう。

脅迫状は近所の人ではなく「親戚や身内に話すな。警察にも話すな。」
なら分かるんだけどね。
被害者側も普通は親類や身内に相談してからしょうがないから警察に届けるよな。
頼れる人がいればそちらのツテを頼ってみたりもするけどね。
どうしても速攻で警察に届け出をしたのか分からない。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 17:53
>>114
確かにあの読みづらい文を読んでわずか5分後には家を飛び出して駐在所に走った、
というのはどう考えてもおかしい。
普通なら最低30分は家族で協議するはずだ。
おまけに庭には犯人がまだ潜んでいるかもしれないというのに(父親もそう思ったと
法廷で証言している)。

この点について長兄は、高裁で弁護士からかなり突っ込まれているが、なんともしどろもどろ
の証言で、その理由がはっきりしない(ここから長兄主犯説も生まれている)。
巷間伝えられている、脅迫はもっと早い時刻だったというのが本当なら、造られた「自供」に
そって造ったストーリーに脅迫状発見時刻を合わせたのでこうなったのではないかと思う。

駐在所に父子がついた時刻が記録に残っているため、これは動かせない。
多分、犯人が7時過ぎに中田家をの住所を聞きに来たと言う内田証言をストーリーに
組み入れたため、このような不可思議なことになったのだと思う。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 18:25
それともうひとつ、長兄が土間の長椅子に腰掛けて夕食の天ぷらうどんをすすっていた
というのも、なにかあればすぐに駐在所に走る準備をしていたからだと思う。
それまでは誘拐の脅迫を受けてはいても半信半疑だったのが、脅迫状を見て
「やはりそうか」とすぐに家を飛び出したのだろう。

そうならば、単に少し帰りが遅いだけの妹を捜しに豪雨の中を車を走らせ、見つけられずに
「気が動転して」帰宅し、家族に「善枝は“やっぱり”いなかった」と言ったというのも
うなずける(長兄は高裁でこの不審な言動を問われてまともに答えられなかった)。
つまりそのときすでに中田家は誘拐の脅迫を受けていてのだと思う。

問題は警察と中田家が、なぜ最初の脅迫時刻を隠したか、だ。
ここから荒唐無稽(と思える)説がいろいろ出てくるわけである。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 21:25
犯人は被害者家族の動きを完璧に知り得る人物だった思う。
すなわち被害者家族の「気んじょの人」であり「刑札」にも近い人物。
それで警告を無視して家族が誘拐・脅迫の事実を近所の親戚と警察に
知らせたことを犯人側はいち早くキャッチして、その報復に娘を殺すことを
警察か家族に告げたのだと思う。
犯人に知られたことは、何か警察にミスがあってのことだったかもしれない。
このことは家族にとっても警察にとっても被害者殺害の責任があることになり、
強い負い目になったことと思う。
脅迫時刻をずらしたのは、このへんに理由がありそうだ。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 21:43
>117
それは違うと思います。
(とりあえず上2行を除く)

>116
刑札は選挙関連で忙しく人手がなかた。(犯人の思惑)
事件発生時すぐに対応しなかた。
最初から負い目を背負うことになた。
→→脅迫時刻を遅らせた・・・

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 21:51
>>118
営利誘拐事件ですよ。
いくら田舎の警察とはいっても、選挙違反の捜査とかはすべて後回しにして
すぐ捜査を開始するのでは?
逆に慣れない刑事が張り切りすぎて派手に動いて犯人側に気付かれてしまった
と考えた方が自然だと思う。
脅迫状は第一次脅迫時のもので、第二次脅迫は電話などで行なわれたのでは
ないかと思う。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 22:50
>119
昔の田舎刑札ですので・・・

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/23 22:55
といいますか、
犯人は中田家が刑札に知らせたからヨシエさんを殺したのではないと、
私は思っております。

122 :金田一:02/10/23 23:25
自殺した元作男O.Gが被害者の実父という説は・・・?

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 01:19
ところで、現在も生きている関係者の中で
善枝さんを殺害した真犯人を認知している人物は誰と誰なの?

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 10:14
>>120
世間を震撼させた吉展ちゃん事件からまだ1ヶ月。
営利誘拐事件が発生して、田舎警察の狭山署だけで捜査を開始するはずなど考えられない。
事件発生後、ただちに埼玉県警に連絡が行き、県警幹部の指揮の元に捜査はスタート
したはず。この点は数多くの証言で裏付けられている。

かかる状況下で、1日夜に狭山署の刑事数人で「念のため張込みのリハーサルをやった」
などという話が信じられるはずがない。万一、犯人が現れて取り逃がした場合の責任は一体
誰がとるというのか?警察という官僚組織を考えるとこれがあり得ないことが分かるだろう。
1日に張込みをしたのなら、それなりに多くの刑事を配置した緊張したものであったはず。

そこでなにがあったのか?
警察が1日夜の張込みを隠したがっていることは裁判記録を読めばよく分かる。
ポイントは、脅迫状の日時指定が「4月29日、前の門」から「五月2日、サノヤ」と
と訂正されていたことにあると思う。

125 :124:02/10/24 10:30
警察の初動捜査の失敗が事件を複雑にした根本原因だと思う。
これは警察が脅迫状の偽装にまんまとひっかかったからだ。
犯人としては、吉展ちゃん事件をヒントにこの事件を身代金目的の営利誘拐事件と
偽装する必要がどうしてもあった。

そして身代金を受け取りにいったが警察の張込み
に気付き、逃走したというストーリーを作り上げさえすれば、吉展ちゃん事件に続く
警察の大失態となり、犯人逮捕にあせった警察はOGやITに捜査の眼を向けるはずと
読んでいた。

そのためにOGとIT二人に疑いがかかるよう、偽装工作を施していた
わけだ。実に用意周到・沈着冷静な完全犯罪計画である。
警察機構の事情に詳しく、警察組織がどういうメンタリティのもとに活動するかを熟知
したものでなければ、この計画は立てられるものではない。

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 10:50
そうでもないよ。

127 :124:02/10/24 10:55
犯人は脅迫状の宛名を最初「少時様」と書き、それを二本線で消して(なんと書いてあったか
分かるようにして)「中田江さく」と書き直した。
同じように最初の計画は「4月29日、前の門」であったがそれを消して「五月2日、サノヤ」
と訂正している。

犯人の計画通り、警察は脅迫状をみて犯人は字も満足に書けず20万円を大金と思っている
頭の弱い不良という見方をしていた。
そこで「五月2日夜12時」が1日の夜すなわち2日の午前0時のことかもしれないと考えた
わけである。そして頭が弱い人間のこと、間違って被害社宅の「前の門」にやって来るかも
知れないと考え、中田家の家の前にも張込んだというわけだ。

ただ「車出いく」と四度も繰り返しているため、少人数ではとても逮捕はできないので、
家の前と佐野屋にそれぞれ少なくとも十名以上、合計二十名以上は配置したことは
容易に推察できる。
では、1日夜の張込みで犯人が現れ逃走したため、警察はそのミスで被害者が殺されたという
非難をかわそうと2日夜の張込みを自作自演した、という説はどうなのか。

128 :124:02/10/24 11:21
1日夜の張込みには、犯人は佐野屋にも家の前にも現れなかったと思う。
そこで警察は、やはり指定時刻と場所は「2日夜、佐野屋」に間違いないとの確信を持った。
時間は丸一日、たっぷりある。県警幹部は犯人一味が車で現れ、金をひったくって
逃げるという事態を想定し張込みの人員を四十名以上に増員した。

地元の狭山署員の意見を聞かず、県警のエライさんが机上で立てた計画。
これが全ての失敗とその後の隠ぺい工作の原因であった。
佐野屋周辺の変形五差路の道路中心に刑事を配置し、畑の中は無防備状態。
のちに非難の対象となるこの張込み計画は、車で来る犯人を捕まるためには
こうするしかなかった計画でもあった。

さらに致命傷は、犯人逮捕の場合の手柄をその手にするため、佐野屋の近くには
張込みの総指揮者でもある、埼玉県警の幹部を配置したことだ。
彼はこの日初めてこの場所に来たと言う土地カンゼロの人間。
それでも田舎の警察署の刑事などには、このような大事件の犯人逮捕の功績を
譲るわけにはいかなかったのである。理不尽と思われようが、警察の官僚組織とは
そういうものである。

129 :124:02/10/24 11:46
警察は、犯人が畑の中をのこのこ歩いてやってくるなど、全く想定していなかった。
しかし、犯人は虚を突いて茶畑から声をかけてきた。
土地カンゼロの張込み隊長はあせった。おまけに犯人が「サツにいったんべぇ、
そこに二人いるじゃねぇか」と言ったので、自分の姿を見られたかと思い、
動くに動けなかった。佐野屋周辺にいた他の4名の刑事は隊長の笛が鳴らなければ
飛び出せない。

三十余名の張り込み隊員は道路にいるため犯人が現れたことさえ分からない。
全ては犯人の声を聞いてすぐに飛び出さなかった県警幹部・張込み隊長殿の責任である。
全く想定していないとっさのことにはすぐに対応できないのが日本の官僚機構の
欠点であることはよく指摘される。それがその後の悲劇を生んだ。

四十名もの刑事がいながら犯人を取り逃がしたことは大失態である。
かくなるうえは、早期に犯人を逮捕することとは無論であるが、同時に2日夜の張込みの
失敗については、警察内部で失敗原因についての追及と議論があった。
犯人取り逃がしにより、おそらく被害者は殺害されるだろう。
事件の公表も、こうなるとやむを得ない。
公表するならば、警察への非難を最小限度にとどめる必要があった。

130 :124:02/10/24 12:03
張込みの失敗については、脅迫状の「車出いく」を信じたために道路中心に刑事を
配置したため、という説明で事件は公表された。
そして前日1日夜の張込みは、狭山署の数人で念のためにおこなった、ということにした。

これは、1日の張込みが大々的なものだということになると、その配置を知った犯人が
裏をかいたという事実が明るみになることになり、警察は二重の非難に晒されることになる。
もしかすると、警察の動きを早い時期で犯人に悟られていたのかもしれない。
そうなると被害者の死には警察の初動のまずさにその原因があったということになる。
警察組織としては、被害者殺害の責任だけは回避したかったのである。

そのためには、脅迫の事実を知ったのは1日の8時ごろという遅い時刻でなければ
ならなかった。被害者家族も、脅迫状の指示に従わず警察にすぐに知らせた結果が
最悪の事態となったことの負い目があり、「犯人はすぐに捕まえる」との約束を信じて
脅迫時刻をずらすことに同意したのだろう。

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 12:19
>>122
年齢が合いません

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 13:10
元作男が自殺した年齢は31歳で被害者は16歳。年齢差は15歳。
作男をしていたのはいろいろな本によると十余年前となっている。
熟女が少年を誘惑して、、、。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 13:19
>>132
だから違うって!

134 :119:02/10/24 13:49
>>121
もちろんそうですよ。
善枝さん殺害は突発的な事故でもないし、家族が警察に知らせたことを知った
犯人が怒ってやったものでもない。
ただ、そう見せかけたことで、家族も警察も余計な責任逃れをするはめになり、
事件の一端を隠したということ。
しかしこれがのちの冤罪逮捕、偽装証拠でっちあげという悲劇を呼んでいる。
思うにこれだけ犯人の計画通り(いやそれ以上か)にことが運んだ事件というのは
3億円事件とグリコ・森永事件くらいではなかろうか。
両者は企業相手の大掛かりな犯罪だが、狭山事件はあくまで20万円の強奪を目的
とした営利誘拐・婦女暴行・殺人事件(ということになっている)の一般犯罪。
それだけにこの事件の全貌が分かりにくくなっているともいえるかも。

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 14:12
内田証言は脅迫状差し入れが7時30分でないと困る警察が仕立てた偽装証人の
偽証だったのか。
それに石川氏が7時半に中田家にやって来て、そのころ帰ってきた長兄と顔を合わさない
というのもおかしいね。
そのころ家族はそろって夕食をとっていたはずだが、石川氏の自供では
「ガラス戸から覗くと小母さん(次姉)が見えた」となっている。
他の家族はどこにいった?それに手で触れば分かるのに
「善枝ちゃんの顔写真が貼ってある紙(彼は学生証というものさえ知らなかった)を
 封筒に入れたかどうか不安になり、封を破って確かめた」ことになっている。
自転車を濡れないように納屋にきちんと置いたことといい、調書を取った検事は、
本当にこんな話を信じていたのだろうか?それとも・・・

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 14:20
>>103
特攻狭山 懐かしいですね。
この事件で出てきている人と同姓の人が十数年前にその珍走団にいましたよ。
確か住所のこの事件に出ている人と近所に住んでました。
今は某暴力団に所属していると思います。

また同事件の重要人物の名字と同じ地域がありますが、自分が中学生だった頃は
その地域出身というだけで軽いイジメにあっている人達が多くいました。
イジメられる側の人間はあえて反論するわけでもなく、しょうがないと言った感じで
イジメる側の人間はIさんの住んでいる地区が多かったです。

狭山市には他にも色んな不思議があります。
東中から天琴寺間の竹林からジェラルミンに入った1億円が出てきた事もあり、
それ以前にその近所の工場が大火災にあっている。

また証拠物件の出てきたとされる場所の近くの雑木林では割と最近にも自殺があった。
雑木林と言っても開発途中のほんの少し残されていた雑木林でとても自殺の名所とは考えられない。
同、雑木林で2名が自殺しているのに地元でもその事実を知っている人は少なく、
事件後、数年しか経っていないのに今は民家が建っている。


137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 16:58
鴨居に万年筆を置いたのは誰?

138 :124:02/10/24 18:05
警察が世論とマスコミの批判を恐れて事件発覚時刻をずらした、という事実は
にわかには信じがたい人もいるだろうが、吉展ちゃん事件の失態の後でもあるので
世論・マスコミの非難回避という意味あいもあっただろうが、警察組織という
官僚機構では、直接自分たちの身に責任が及ばなければ、所轄外の失態など、
それほど気にかけないものだ。

栗崎豊氏らがいう「1日隠し」の要因は、ずばり埼玉県警が善枝さん殺害の責任を
回避し、その責任を2日の犯人取り逃がしまでにとどめるためのものであった。
そして「犯人憎し」の世論をつくり、初期操作の失敗を覆い隠すこと、この一点に
全精力を集中した。ために時間のかかる被害者家族の怨恨の線は軽んじられ、
被差別部落へと捜査の眼が向いてしまったのである。
ゆえにこの事件は、埼玉県警幹部が自らの責任回避のため、事実の一端を隠したことから
でっち上げの道へ突っ走ってしまった、起こるべきして起こった悲劇といえるだろう。

139 :124:02/10/24 18:16
2日の夜の張込みで、いかに裏をかいたとはいっても、刑事が張込んでいるところに
現れ逃げる、という芸当がはたして出来るものかどうか、疑問に思う人もいるだろう。

これは、張込みの配置さえつかんでいれば、意外に容易なのだ。
犯人は脚力に自信があり、佐野屋のすぐ近くに共犯者の自宅があった。
仮に刑事がすぐ飛び出してきても逃げきれる自信が100%あった。
おまけに近くにいる刑事はわずか4人で土地カンゼロの中年刑事ばかり。

佐野屋に来た男には、警察の情報は全て筒抜けだったのだ。
警察が心配して隠したもう一つの事実。
それは自分たちの身近に犯人の「協力者」がいるのでは?という疑念であったと思う。

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 20:04
124よう、
お前、前スレの「黒い策略(w」かよ?

お前のパワーは認めるから、別スレを建てるか、てめえのHPでやってくれ。
言いたくないが、津・間・羅・根・江

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 20:28
宗教は関係ないのでしょうか?
当時の「ほりかね」には天理教と創価学会の集会所があったと
「郷土史ほりかね」に載っていたと思うのですが…
ここまで固まって来ると当時や十数年前の狭山の事はまったく
無視されるのでしょうか?

また狭山市の体制、風習は今も変わりません。
もしこの事件を解決したいのなら、狭山市の体質を見極めてください。

狭山市と入間市の関係を見ても異常です。
全て狭山市が優位になっています。
狭山市に不利なものは何一つ無いのです。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 21:28
詳しくは書けないけれど、被害者の兄は現在は石川氏を犯人とは思っていないですよ。
そして石川氏も兄を犯人とは考えていない。
石川氏は昔は犯人捜しをしようと思っていたそうだが、結局人権問題になるとの
ことで、自身の無罪の立証に力を注いでいるとのこと。
野次馬としてはどうしても真犯人を知りたいところですが。

付け加えると、石川氏の支援者周辺では、やはり最初に自殺した男がもっとも怪しいと
考えている人が多いようです。理由としては
 1、善枝さんが待ち合わせしていたガード下から男の勤務先は目と鼻の先。
   待ち合わせ場所としては最適の場所だったこと。
 2、犯人は自転車を善枝さんがいつも置いている納屋に返している。
   これを知っていたのは、家族・親族以外では彼以外に考えられないこと。
以上です。
彼が自殺したあとの「自殺者」については説明がつきませんが。

143 :124:02/10/24 21:34
>>140
違いますよ。
友人に教えられて昨日初めてこの掲示板を見た者です。
埼玉県警の元職員に昔聞いた話をまとめただけです。
自分はパソコンができないので、友人に頼んで書込んでもらったのです。
友人がその人物かどうかは知りませんが、本人は違うといっています。

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 22:20
>>142
それはOG氏ですか?

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 22:23
当時の地元民は、捜査の眼が被差別部落に向いてから、手のひらを返して
警察に協力しだしたんだよな。
そういう意味では地元住民にも冤罪をつくった責任はあるかも。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 22:35
>>144
そうです

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 23:13
>137
それは刑札のSですよ。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/24 23:16
すみませんが「自殺」と決め付けないで下さい。
ほかの変死者も同様です。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 01:52
>>124の話はpart1ラストの方にあった
叔父の刑事の話と矛盾しない?

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 10:20
だから、ネタだって。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 12:34
石川氏を取り調べた原検事という人も確か50代の若さで脳内出血で死亡しているん
だよね。この事件の関係者は若くして脳出血とかくも膜下出血で死んでいる人が
異様に多い。この時代って、こんなに脳内出血って多かったんだろうか。

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 12:49
石川氏を支援している市民の会などの人たちと話すと、たしかに公には真犯人追及は
タブーになっているようだが、みんなOGが犯人と思っているようだ。
善枝さんと待ち合せて誕生祝を口実に新居に誘い、トマトをふるまって性交したのは
OGで間違いないと思う。
彼は結婚を間近に控えていたので、別れ話を切り出したが善枝さんはそれには応じず
OGをなじり、関係をばらすとまでいったので切羽詰ったOGがすきをみて善枝さんの
後頭部を殴り、殺してしまった……

OGはとっさに吉展ちゃん事件を真似た営利誘拐事件に偽装しようと思い立った。
家族に声を知られているので脅迫状を書き、自転車と共に中田家の裏口から忍び込み
脅迫状を差し入れた……


153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 13:04
自転車を返したのは、それが邪魔だったからに過ぎないが、善枝さんがいつも置く場所に
うっかり置いてしまったのかも。
佐野屋行きについては、20万円かそれ以上の報酬を約束して知人に頼んだ。
ただしそれが誰なのかは分からない。
ことによると自殺者のうちの誰かかもしれない。

ただし斎藤鑑定では、脅迫状の封筒の宛名「中田江さく」という字は1日以前に
書かれたものということになっているようだから、そうなると前もって準備していた
計画殺人&誘拐偽装ということになる。
死体埋没時のさまざまな工作は、計画性を感じさせる。
問題は、このスレでも指摘されているように、これだけの事件を計画した人間が
捜査の眼が迫っているからと簡単に自殺するものかという疑問。

そう考えると、中田家に恨みを持つ人物がOGと善枝さんの関係を利用して計画した
犯罪かもしれない。

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 13:44
石川さんが仮釈放で出獄して約一年後に自宅が火事で全焼している。
これは最高裁に鴨居の現場検証をやらせないための放火とのもっぱらの噂。
現在、鴨居は元通りそっくりに復元されているが、それを見ると背の低い人
でもよく見えて、これだけで万年筆がにせ証拠だったことがよく分かる。

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 14:58
>>153
ということは入曽歴3年さんのカキコにあったNSさん説(母親の不倫相手の息子)が
真相に近いのかな。彼はOGともITとも接点があったらしいし。
ただ、OGは善枝さんとの関係をばらすとおどせば言うことを聞きそうだが、
ITを佐野屋に行かせるのは大金が必要だろう。
結局20万円は取れなかったのだから、ITはバカをみたことになる。
ITが列車に轢かれたのは、そのへんの金銭トラブルが原因か。

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 17:38
佐野屋の一件さえなければ、割と単純な事件ぽいのだが,,,

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 18:00
柳田鑑定で浮かび上がった、消された脅迫状の文字というのも不気味。

 「女」「林」「供」「八」「ニ」「死」

これらの文字は一体何を意味するのか・・・

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 18:54
狭山は話せないこと聞いてはいけないこと多いんだよな。
オレもこのスレで筏流しの連中がサンカだって気付いたぐらいだもんな。

皆さんが推理を披露しているところで悪いが、
被害者ってガードの下で最後に目撃されたらしいが、
それってガードの中?
どちらのガードも中に入って人を待っていられるようなモンじゃないよ。
コンクリートのガードは暗くて薄気味悪いし、
もう一つのガードは空が見えて電車が落ちてきそうだしな。

それと犯人とされる人が入間川駅の貨物施設でぼんやりしていたという話だが
当時は結構な量の貨物を取り扱っていて貨物構内でのんびりと出来るモンじゃ
ないと聞いたのだが、当日の午後は暇だったの?

誰か教えてください。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 18:59
158の追加。
ガードの中も周りも足下の道路はでこぼこだったでしょう?
水たまりなんかがあったような気がするんだが。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 19:24
>>158-159
大島いくさんが目撃したガード下(カードの中)では、善枝さんは雨宿りをしながら
誰かと待ち合わせをしている印象だったという。
この時刻から雨が降り始めているので、善枝さんは雨宿りをしながら、そこから見える
某運送会社から男がやって来るのを待っていたのだと思う。
まさか二人並んで自転車を漕いで行くわけはないだろうから、男の姿が見えたなら、
男とは間隔を空けて男の新居に向ったのだろう。

161 :1−531:02/10/25 19:40
>>160
大島いくさんは刑札が用意した、
内田幸吉さんと同類の偽証人です。
本当の証人は中学の教師ですが、
なぜか黙殺されています。

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 19:43
>>158
当日はメーデーの日。
今では想像もつかないだろうが、当時は労働組合が強く、労働争議が各地で
相次いでいた。当然メーデーの日はどの会社も休日か半ドン。
駅員の多くはデモに参加していて、午後の業務は休みだったんじゃないかな。
ところで、石川氏はこの駅の荷小屋から石田養豚場のトラックが、進駐軍ジョンソン基地から
豚の餌の残飯を積んでいつもより早く引き上げて走り去るのを目撃している。
養豚場によれば、祝祭日などは早めに切り上げることが多かったとのことだから、
これは石川氏のアリバイ証明になると思う。

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 19:48
>>161
確かに相沢先生と大島さんの証言は時刻的に矛盾するんですよね。
でも大島証言は、内田証言と違って偽証とは思えないんですが。

164 :1−531:02/10/25 20:45
>163
刑札は時間操作をいろいろやっているのですが、
その一つです。
犯人が自転車・脅迫状を中田家に届けたというのも、
じつはありもしない作り話ですよ。
内田証言とセットなんです。

驚いた事に、あの脅迫状も刑札が書いたものです。
日頃から調書などを書きなれている人間が、
無学者を装って辻褄を合わせながら慌てて書いたのでボロが出ているのです。
死体はすでに発見されていたため、「死」という文字を多用しました。
つまり、事件を「営利目的誘拐殺人」に偽装したのは犯人ではなく、
刑札だったのです。


165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 21:13
結局、森の息子とやらがOGとITを使って起こした事件ということかな。
佐野屋には、カネ欲しさでITが勝手に行ったのかも。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 21:21
夜目が利いて脚力に自身がある地元の人間なら、佐野屋の逃走も可能だろう。
それにしても「そこにサツが二人いるじゃねえか」というセリフはすごいね。
真っ暗闇で本当に見えたのだろうか。それともただのハッタリか。
姉さんの「私も約束どおり一人で来たんだからあんたもこっちへいらっしゃいよ」
というセリフもとっさに出た言葉とはとても思えない。まるであねさん言葉。
練習してたのだろうか?
普通、こういう場合は「妹は無事ですか?」と一番に聞きそうだが、
妹を案じる言葉はひとことも発していないのが不可解。

167 :1−531:02/10/25 22:07
前日に中田家にてリハーサルが行われましたので。

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 22:15
>>167
いっぺんアンタの推理をまとめて書いてみてよ

169 :1−531:02/10/25 22:25
「サツに言ったんべぇ」
はヨシエさんがすでに死んでいることの言い訳。
「30分たったら帰らなきゃなんねぇ」
は脅迫状との辻褄合わせ。

>168
おいおい書かせて頂きます。

170 :1−531:02/10/25 23:10
基本的なことを申しますと、
この事件において、あることは事実、あることは刑札の捏造。
そういった区分けをすることによって、さまざまな推理を可能にするのです。
しかし公になっている狭山事件というのはあくまで、
石川氏を犯人とした刑札が製作したドラマだと考えます。
真犯人が他に存在すると同時に、
「真狭山事件」が存在するのです。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 11:06
1-531サン、アンタの妄想はちょっと度を越してるよ

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 13:29
脅迫状が偽装の集大成というのなら、文章の主要な箇所をにして考えてみる。

A「友だち」がいると表現しているので単独犯。
B「車出いく」という箇所は4度も繰り返しているので犯行には車は使用していない。
C「西武園の池」に投げ込むと書いているので、実際は土の中に埋める。
D「こどもはぶじにとどける」ということはすでに殺している。

このうち、Aは不明でBは少なくとも佐野屋に車で行くというのは偽装だった。
CとDは偽装で当たり。
問題はAの単独犯かどうかだ。
実行犯としてはOGの容疑が濃厚だが、佐野屋の件と死体埋没、彼が「自殺」したあとの
証拠の出方などを考慮すると、共犯がいるのは間違いなさそうだ。
となると、OGと共犯は少なくとも「友人関係」ではないので、その関係を偽装しようと
したのか。主犯はOGの親分格(?)にあたる人物かもしれない。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 15:23
そろそろイニシャルはやめようよ。

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 15:48
実在の人物の犯罪容疑について触れているのだから、イニシャルは最低限の人権配慮。
本名が知りたかったら「狭山事件」で検索すればすぐ分かる。

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 15:56
そんなことはない。

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 16:12
せっかくの良スレなんだから最低限のマナーだけは守れ

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 16:40
結局佐野屋の犯人取り逃がしがすべてなんだよな。
これがあったから世論は沸騰し、警察は窮地に陥った。
OGが自殺しても公安委員長が「犯人は生きて捕まえなければ」という始末で、
地元の住民は刑事の聞き込みにも雨戸を閉めて全く協力しない。
彼らの「やったのは部落のもんに決まってる」との言葉にすがり、
部落民をいけにえにすることで早期の解決を謀ったのだろう。

だが、百戦錬磨の刑事・検察官が、本当にこの事件を石川氏の単独犯だと
ずっと思っていたとは到底考えられない。
自供のかなり早い段階で、彼が犯人ではないことに気が付いていたに違いない。
開示された供述調書を読むと、石川氏の自供が現実の証拠とつじつまが合わず、
苦労してこじつけている様子がありありと分かる。

石川氏は、特に埋没された死体の様子と玉石・荒縄などの意味が全く分からず、
検事から怒鳴られるので面会に来たS巡査に対して
「Sさん、死体はどんな風に埋(い)かってたんか、助けると思って教えてくれ」と
すがっている。殺人犯が自分のしでかした死体遺棄の状況を警官に訊ねるという
異常事態。これがちゃんと裁判記録に残っていて有罪判決が下されているのだから
信じられない話だ。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 17:02
こういう奴がいるから、だめなんだよなー>>176

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 17:16
>>178
それは手前のことでしょ

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 20:29
173=175=178
おま江のみかたわいない。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/26 20:33
ガードのことを質問した158です。
回答ありがとうございました。
単なる雨宿りや待ち合わせならば両ガードとも公民館が普通だろうと思っていたので
質問させて頂きました。

今の話からそれますが、自分が子供の頃に聞いた話ですが、
被害者はご馳走を食べていて、そのご馳走はステーキじゃないか?
という話を聞いたことがあります。
でも被害者はステーキは食べずにトマトスープとご飯とアイスかなんかを
食べたんじゃない。と聞いて何となく納得していました。

40歳ぐらい以上の人は牛肉と縁遠かったので分かると思いますが。
この点から犯人像を推理することは見当違いですかね。

182 :1−531:02/10/26 21:54
>>171
皆さんそうおっしゃるのです。仕方ありません。
私は大胆な発想の転換をしたのです。
我々は、刑札のあれだけの証拠隠滅・捏造を目の当たりにしているのです。
事件の中でも重要である脅迫状、それと自転車の自宅返却、サノヤ事件、
死体埋葬など・・・は、
万年筆、鞄、腕時計、芋穴逆さづり、偽証人などの捏造と比べて、
強引で不自然でウソ臭く必然性が無いという点で一致します。

刑札は無学な青年を犯人に仕立てたつもりが、
結果的にはスーパーマンを作り出していたのです。

183 :入曽歴3年:02/10/27 14:26
当方失業しまして会社のパソコンが使用できなくなりまして前回の書きこみで途中
だった部分をネットカフェより書きこませていただきます。

NSさんらが森の次男と推測した田中なる人物が昭和32,3年頃I,T氏の仕事を手伝っ
ていたところまで前回書きました。田中の過去を大方教えてもらったのが田中の義兄
の人物で、その人も同時期にI,T氏の仕事を手伝っていたそうです。
それで義兄いわく田中がI,T氏の元にいたのは現状から脱する為(金)なのでその他にも
基地の雑用もこなしながら獣の皮を伸ばすような仕事も文句も言わず行っていたそう
です。そうして田中は34年の頃には大宮や川口、はたまた池袋や大久保などの深夜
クラブでしばしば見うけられるようになった。特に大宮の深夜クラブSではいわゆる
「顔」でSで田中を知らない者は潜りとか言われるようになった。
昭和36年Sの店長大田(仮名)が独立して同様の店を出すようになった、その場所が
偶然にも入間川駅からすぐの場所で田中の実家より歩いても10分というような
所であった。田中は当時大田と関係が有ると言われ田中自身も入間川の店が開店す
ると自然と顔を出すようになった、これが前述の西洋酒場Kである。
西洋酒場というとピンと来ませんが基地の関係者や都会に働きに言っている若い層
を客層としたバーのような店であった。

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/27 14:53
>183
待ってました!
大変でしょうが、今後もよろしくお願いします。頑張ってください。

185 :入曽歴3年:02/10/27 15:19
そのKに開店時より通っていたのがO,G氏であり、田中とはかなり懇意にしていたと
言われている(O,G氏にその方面の趣味が有ったかどうかはわかりません)
大田はかなりのやり手で所沢にも同様の店を出す、と計画していた矢先起こったの
が狭山事件であった。事件で田中は別件で逮捕され10日以上取調べを受けアリバ
イの有効性が決め手となって釈放された。田中はKで新聞、週刊誌記者らに警察の
不当逮捕について記者会見らしきことも行っている(週間文春などに他の逮捕者の
記事などと共に一部掲載)
田中は大田より本来は所沢に出店する店舗を任されるはずであったが事件後双方は
関係を解消し田中は大宮に越して牛田(仮名)という男と共同で深夜酒場を始めた
(この資金源にNSさんらは不審を抱いている)大宮の店は2年ほどで潰れ、つづいて
浦和にそれより小規模の店を自分一人でを開店させる、このころNSさんやグループ
のリーダー格のTさんらは田中に数回接触している、田中が森の次男ではないかと
疑いをもって。
田中はその後昭和42年10月に右翼の青年に深夜腹を刺される(青年は逮捕、事件
は痴情のもつれとされるがNSさんらは青年は大宮の暴力団員で事件の日が田中
と初見と推理)田中は一命を取りとめるが実生活に支障をきたし東京の多摩市の
生活保護養護センターへ身を寄せ生活を送るが昭和45年4月肺炎で死亡。享年推
定31歳。田中が森の次男であったしたら33歳という若さであった。この頃の田中
にも何度かNSさんやTさんは会っているのですが最後まで森の次男である、という
事実は引き出せなかったそうです。


186 :入曽歴3年:02/10/27 15:30
次回、田中を中心とする怨恨説Aの概要を書きたいと思います。時間が有りましたら
現在NSさんらが現在考えている怨恨説Bの変形版について書きたいと思います。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/27 15:39
水上さんと縁切りしなきゃよかった

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 00:11
もし事件の当時にタイムスリップしたら、どこに張り込む?
@佐野屋
A被害者宅
BOGの新居
CX字形十字路


189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 00:18
>>186
待っています。

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 11:23
>>188
そりゃあアナタ、@の佐野屋に決まってるじゃない。
佐野屋に来た男が誰だったかが分かれば、この事件は解決したも同然。
NSさんらの推理が、これをどう解釈しているのか興味あり。
それとAの場合は自転車が返却の時刻だね。
誰が何の目的で自転車を返したのか。佐野屋の男と同一人物か。
Bは、OGの新居が犯行現場でなかった場合は意味がないし、
CのX字形十字路なんて農作業の地元民が通ってるだけで誰もいませんよ(w

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 14:53
>>188
競馬場へいって全財産つぎ込む。
昔のお札を集めるのが大変だが。

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 16:56
佐野屋の一件も不可思議だが、あの死体の埋め方も異様だね。
近親憎悪と肉親への感情が、あれにはよく現れていると思う。
それで犯人は身内にいるという見方が強まり、長男主犯説が出てきた。
しかし、善枝さんの遺体に対する憎悪と肉親の情は、一緒に暮らしていた兄というより
中田家を憎む異父の兄という方がぴったりくると思う。
森の次男の田中という男が主犯としたら、殺害の実行犯は他人に任せたかもしれないが、
死体の「埋葬」だけは彼が行なったように思う。
彼のアリバイは、あくまで善枝さん誘拐・殺害と佐野屋出現の時刻のみであり、
死体埋没の本当の時刻(1日深夜)のアリバイはないと思う。
警察は死体が埋められた時刻を誤ったことで、彼を釈放してしまったのだろう。

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/28 23:50
長兄は真実を知っていると思いますか?

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 00:26
本日(10/28)、テレビで「桶川ストーカー殺人事件」のドラマを放送してますた。
ちょうど、こちらのスレを読んでいたので、刑札の対応と云うモノについて、
色々と考えてしまいまつ。

しかも、同じ「さいたまさいたま!( ゚∀゚ ) 」だし…。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 00:35
まず、栄作氏が疑った人物(犯人は顔見知りだと言っていた)の名前は聞いたはず。
で、その根拠も。そして、それが真実かどうか。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 00:38
JFK暗殺犯と狭山事件の真犯人。どちらを知りたい?

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 01:13
>>196
JFKの方。
フーバー長官がどこまで絡んでいたか知りたい。

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 11:55
長兄の当時の心境は、サンケイ新聞に掲載されたあの手記によく現れていると思う。
あれはどうみても、脅迫状に対する「返信」だ。
わざわざ「自由詩型」にして最後の2行を離して書くなど、脅迫状を書いた(または
書かせた)真犯人に対する挑戦状ともとれるぐらいだと思う。

真犯人を特定していたからこそ「農村という古くからの何者かが・・・」という節を入れ、
暗に妹は近親憎悪による殺人の犠牲者とおいうことを匂わせていると思う。
ただ、事実を明かせばこの地には住めなくなるほどのスキャンダルである以上、
自分からは口が裂けても真相は告げられなかったのだろう。
真相を解く鍵は、事件当日午後4時過ぎから7時半頃まで、長兄がどこでなにをしていたのか、
にあると思う。

199 :狭山人:02/10/29 12:29
JFKの実行犯はキューバからの亡命してきた傭兵3〜4名でしょう。
現場実行指令責任者は元FBIニューオーリンズ支局長。黒幕は軍産業連合帯上層部
とCIA。ジョンソンとフーバーはFAXで知らされて黙認した。

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/29 22:35
>>196
JFKにはあんま興味ないなぁ。
信長や竜馬暗殺の黒幕とかのほうが興味ある。

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 00:11
最近の地元の様子など、質問あれば分かる範囲で答えますが?


202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 00:40
>>199
ほぼそれが正解だろうな。
マフィアはキューバや軍需関連の複合体とも繋がっているみたいだし。

>>201
地元民でデジカメあれば、うPしてほすいが、こういうのってダメかなー。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 02:58
>>201
地元では誰が犯人と思われてるの?

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 11:11
エスカレイヤーが犯人です

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 19:20
>>202
御当地に住んでますんでうpロダと欲しい風景を指定してくれれば
暇を見てうpしますよ。
現場周辺は道路造成が急速に進展しつつあり、
2、3年後にはガラっと様変わりしてしまいそうですね。

何方かに質問なんですが当時の佐野屋は現在の場所と
同じ場所なんでしょうか?

206 :1−531:02/10/31 20:09
同じです。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 20:24
>>205
・佐野屋と犯人が現れたという農道へ通じる場面
・被害者宅
・被害者が埋められていた所
・被害者が待ち合わせしていた高架下

で、犯罪にならなければ
・被害者宅の自転車がおかれていた場所

をお願いします。
出来る範囲でかまいません。

208 :黒飴:02/10/31 20:25
犯人はエスカレイヤーやね。(藁

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/31 22:46
>で、犯罪にならなければ
・被害者宅の自転車がおかれていた場所


ふつうに考えれば不法侵入ないしは出歯亀(w


210 :1−531:02/10/31 23:07
中田家は母屋も納屋もとっくに新しくなってます。
埋葬場所は住宅地・・・・こわ〜


211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/02 00:41
>>210
自分も地元民で、しかもうち、埋葬場所に近いらしいんだけど、
事件の事は全然知らなかったりする…

今更、現場が恐いとは思わないけど、なんか変な気分です。

212 :不老川:02/11/02 14:36
>211
事件について知りたければ市立図書館の郷土資料室で調べてみたら?
佐野屋の場所については下のテンプレの最初のレスを参照にしてくれ。

http://www.globetown.net/~dat2ch/021018-1027698303.html



213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/02 21:03
桑畑がなくなってた。まったくわからない。

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/03 03:28
1-531のおいおい書くといっていた推理の続きはいつ頃になるのだろうか?

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/04 02:02
狭山市に住んでいます
昨日、狭山市では航空自衛隊入間基地の航空ショーが開催されました
ブルーインパルス他 軍用機が、スカッと晴れた秋空を切り裂いて演目を披露しました
狭山に住んで約二十年ですが何度見ても飽きません
今年はブルーインパルスの煙も白いし、機体も4機(通常6機)だけだったので自分としては
消化不良なのですが…
こんなに綺麗な秋空に、決して平和の象徴とは言えない軍用機が平和そうに飛んでいる…
この光景を私はずっと見てきました
こんな平和そうな狭山市にかつてあんなドロドロした事件があったなんて…
いや、あんなドロドロした事件があって、未だ解決していないのに
こんなに平和そうに市民が暮らしているなんて…とても不思議です

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/04 15:02
現在の現場写真
当時の記録写真
うpして!

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/04 21:37
upロダ何処?

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/04 23:47
>>217
ttp://santa.s1.x-beat.com/index1.html
無駄かもしれんが。

ほんと誰かupってくんないかな・・・。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/05 04:35
これまで検証された事実、そして法廷記録から
中田家が何らかの証言を拒んでいるのは明らか。
その事がどれほど事件の真相に関わっているの
かどうかわからないが、少なくともこれは3人の人間の生命と
1人の人生を狂わせてしまった重大な事件である。

こんなにも多くの犠牲を払っても守るべきものなど
我々の倫理観からいって存在するだろうか?
もしある、と断言できるとすれば
それは彼らののエゴでしかないと思う。

中田家の長兄今でも存命だからこそ、あえて言わせてもらう。
平然と暮らしている彼こそ、非難を受けてしかるべき。
まだ事件は終っていないのだ。


220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 01:13
このスレッドの存在を最近知りました。

精液が犯人のものかどうかは別として私としては下記のような行動により単独犯
が可能と考えています。

5月1日
17:30殺害。
18:30死体を隠す(埋葬現場付近に仰向け)。
19:30荷台に自転車を載せ被害者宅へ。
23:00〜24:00関係者として警備状況を把握。
5月2日
2:00〜 4:00死体を埋葬(うつ伏せ)。
5月3日
0:00関係者として佐野屋付近に待機。
0:10持ち場を離れ被害者姉と会話。
0:20逃走し持ち場に復帰。

複数犯とする意見が多いようですが単独犯があり得ない決定的な理由があれば
教えて頂けないでしょうか?

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 05:48
複数か単独かと言うよりも、
この事件の最も興味のある部分を羅列してみる。

1、善枝さんが死ななければならなかった本当の理由。
2、母親の男性遍歴と子供達の父親の真実
3、殺人犯人と中田家の関わり
4、事件後の変死者と自殺者達の事件との関係
5、石川氏を殺人犯人にでっち上げた司法と警察の言い訳


222 :狭山人:02/11/06 10:44
>222
すると土砂降りの雨の中を被害者をおぶって現場まで歩いて行ったの?
そして被害者は雨に濡れていなかったと。
石川さんは小柄だけど重労働で鍛えられた体してたけど一人で運ぶのは
無理と判断されたんだよね。
現場は土が柔らかいから自動車や荷車の使用は困難だとするとよっこら
と運ぶしかないんだよな。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 11:20
>>220
その推理は、殿岡氏が自著「犯人」で展開した内容に近い。
たしかに中田家の家族か親戚が真犯人であれば可能のようにみえるが、
それはあくまで机上の推理。
実際にこれを一人でやるとなると、疲労困憊のうえに服は泥だらけになり、
警察など周りに気付かれないはずがない。
推理小説などでは、被害者と身近な犯人が次々に事件を起こして、そ知らぬ顔で
舞い戻り、警察や周りは何も気付かないということがよくあるが、現実には
そうはいかない。人間が普段やらない(しかも殺人)ことをしでかして、プロの
捜査員になにも気取られないことなど、まず考えられない。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 11:41
それともうひとつ。
長兄が犯人でありえないことは、彼が被害者家族の中心人物であり、いつ犯人から
接触があるかもしれないとのことで、警察が常にそばについていたという事実が
証明している。電話も有線電話で今のように携帯電話があるわけでもない。
「共犯」がいたとしても連絡もままならなかっただろう。
一時、長兄は遺産相続が動機とのことで地元紙にも犯人扱いされたが、
それがナンセンスであることは、石川氏の支援団体も認めている。
当時は父親も元気で被害者もまだ高校生。遺産相続のトラブルなども発生しておらず
動機もない。きょうだい仲は確かに悪かったようだが、それで殺人を企てたとは
あまりにも短絡的過ぎる推理だと思う。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 19:13
古い話で申し訳ないのだが、一番最初のスレ-262の中田家が保有する土地の面積はあっているのかな?
長兄の言う「3町」は警察調書にある畑二町三反を間違えたとは思えないし、山林一町三反を加えた値なら
3町を大きく超える。
したがって畑二町三反の他に七反の水田若しくは茶畑があったものと思うのだが・・・
もしそうだとすると、昭和22年から始められた「農地改革(農地解放)」により、在郷地主の田畑は
山林と家屋敷を除く2町(本州の場合)を上限に強制的に国に買い上げられたはずで、中田家は農地解放を
逃れていたことになる。
昭和22年というと奇しくも善枝さんの生まれた年であるが、日本政府に対するGHQからの指示は
その前年に出されているはずである。
(準備期間や農協の絡みで日本政府とGHQとの駆け引きがあり、指示が直ちに実行されたわけではない)
「農地解放逃れの為に中田家が何かをした」、そのここと「善枝さんの出生の秘密」とに関係が
あるのでは無いだろうか?

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/06 22:58
225>訂正です
「2町(本州の場合)を上限に強制的に国に買い上げられた」ではなく、「保有を
2町に制限され残りは強制的に国に買い上げられた」が正解です。

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/07 00:29
ヒィィー・・通勤で通る道がサノヤの前の道だった!
このスレ読んで初めて気がついた。
事件当時はもっと寂しい道だったんだろうね・・。
被害者が埋められていた所はどのへんになるんだろう?

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/07 00:59
微妙に宣伝だな>サノヤ

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/07 02:47
佐野屋にしてみれば、本当に迷惑な話しだよね。

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/07 16:46
解放出版社が出している「知っていますか?狭山事件一問一答」によると、
被害者の殺害時刻は、もっと遅い可能性があるとのこと。
確定判決では5月1日の夕方となっているが、被害者の家の庭で電球証明下で
行なわれた司法解剖の鑑定結果は疑問な点が多いそうだ。
犯人の血液型もB型ということになっているが、肝心な「うら試験」というものを
やっておらず、100%B型だったとはいい切れないとも。

血液型はともかく、殺害時刻がもっと遅い時間となると情況は一変する。
仮に2日深夜(3日の未明)だとすると、佐野屋での身代金受取に失敗した犯人が
警察の張込みに怒って殺したということになり、警察は大々的な非難に晒される。
警察はそれを避けるため、被害者の死亡時刻を都合のよい時刻にした鑑定を作った
可能性があるという。
それが事実とすると、この事件、最初から冤罪事件になることを運命付けられていた
ということになる。まったく、あの世で被害者は嘆いていることだろう。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/07 18:35
>230
残留精子や胃の内容物など送れる物は浦和の県警研究所に送って
調べたと裁判記録で読んだことあるけど。
本当は遺体も送るはずだったんだけど家族がもう離れるのはイヤ
だと懇願してそうなったんだと解釈したけど。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 02:32
警察のおじさんがいる彼はどこいったんだろう?

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 06:01
すわ狭山事件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021108-00000121-mai-soci

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 14:31
五十嵐医師の鑑定は、現在の法医学上の常識からみると、様々な問題点が指摘されている。
まず遺体の角膜の状態が「微混濁」だったことから、五十嵐鑑定がいう「死後三日」
(遺体解剖は4日夜なので殺害は1日)ではなく、死後8〜12時間となる。
死斑などの情況を総合的にみても、死後二日以内(つまり殺害は2日夜以降)と
いう可能性が高いとのこと。

血液型についても五十嵐鑑定はかなりずさんなやり方だったと批判されている。
犯人の精液は被害者の体液と混ざっているわけだから、まず被害者の血液型が特
定されなければならない。ところがこれを血清の方を調べる「うら試験」を行な
わずに被害者はO型としてしまっている。
仮にこれが間違いであったなら、犯人の血液型もB型とは断定できなくなる。

有罪の決め手とされた「科学的証拠」が、このようないい加減な鑑定だったというのも
この事件の特徴だ。
おそらく石川自供にあわせて、鑑定結果を警察の都合のよいように作ったのだろう。

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 16:03
自分も最近このスレに興味を持ちました。
んで、祖母の実家が所沢なの思い出し、なにか覚えてないか
いろいろ聞いてみました。

当時事件はやはり相当話題になったそうです。
警察の捜査ミスが新聞で叩かれていました。
あと事件がすぐ近くで起こったという事で、私の祖母も
野次馬根性wで事件現場まで行こうとしたとか。
そういうわけでやたら事件に関して詳しかったです。

しかしどの話もここのスレ内容と変わらなかったです。
自分としてはスレ1の898さんのようなモノを期待したんですが。

ただひとつだけ興味深い話がありましたので紹介します。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 16:07
HPを通じて、この冤罪に巻き込まれた方とメールした事があります。
これ、どう考えても「冤罪」ではありません。
冤罪とは、間違って無実の人を犯人としてしまうと言う事ですが、
この事件は最初から「彼を犯人に仕立て上げた」事件です。
こんな事許してたら、私たちもいつか知らない事件の犯人にされてしまう・・・
埼玉県警だけが特別DQNなのかもしれないけどね。

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 16:11
激しくガイシュツでしょうが、詳しい話を知らない方はコノサイトを見ればよろしいかと。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm
ついでにここから冤罪被害者の方のHPにもいけます。
正当な理由で控訴しているにも関わらず、問答無用で門前払いされてます。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 16:15
1963年 5月 1日  事件発生 
        5月23日  別件による不当逮捕
 1964年 3月11日  第1審浦和地裁 死刑判決
 1974年10月31日  第2審東京高裁 無期懲役 
 1977年 8月 9 日  最高裁第2小法廷口頭弁論も行わず、上告棄却
        8月16日  最高裁異議申し立て棄却(無期懲役が確定)
 1977年 8月30日  第1次再審申し立て請求
その後異議申し立て、特別抗告とも棄却
 1986年 8月21日  東京高裁第4刑事部に第2次再審請求
 1994年12月21日  31年7ヶ月ぶりに仮出獄
 1998年11月 6日  国際人権規約委員会が「弁護側がすべての証拠にアクセスできるよう法律、および 実務を改めること」を日本政府に勧告
 1999年 7月 9日  東京高裁事実調べを一切行わず、再審請求棄却
        7月12日  東京高裁第5刑事部に異議申し立て
 2000年 11月 8日  東京高裁の高橋裁判長が山口・鈴木両鑑定人から鑑定書について説明を聞く
 2001年 2月 9日  東京高裁に刑事訴訟法279条による照会請求書提出(証拠標目の照会請求)
       5月T〜2日  狭山現地で公開再現実験(指紋検出確認実験、地下足袋装着歩行実験)
        6月12日  司法改革審議会が最終意見書提出。証拠開示のルール化を提言
        7月 2日  商業新聞の全国版に学者・文化人らが狭山事件の証拠開示を求める意見広告(昨年5月22日に引き続き2回目))
 2002年 1月23日 東京高裁高橋裁判長、異議申立棄却
       1月29日 最高裁に特別抗告の申し立て(最高裁第一小法廷)


239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 17:32
何度もふれられているが、裁判所が事実審理すなわち再審開始に応じるということは
検察が隠している積み上げると2mにもなるという証拠が開示されることになる。
そうなるとこの事件が単なる冤罪事件などではなく権力犯罪だったことが白日の下に
晒されることになる。
石川氏が無罪かどうかよりも権力側が恐れているのはそのことだと思う。
つまり司法権力は、市民の方ではなく検察権力側を向いているということだ。

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 17:51
>2m
その根拠は?
誰か知り合いに検事がいるの?
それともdデモ推理本の受け売り?

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 18:10
>>240
裁判所に提出されなかった証拠資料はどれくらいの量かと訊ねられて検察自身が
明らかにした分量が、積み上げると2mというもの。
これには 弁護団も驚いた。
それは今、東京高等検察庁に眠っている。

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 19:25
>>236 この事件は最初から「彼を犯人に仕立て上げた」事件です。
おいおい、気持ちは解るが石川氏をはめるために、警察が女子高生を誘拐して殺したと
でも言うのか?
もし彼が公安当局から「在野に放っておくのは危険!」とマークされる様な人物なら、
とっくに「変死」を遂げているだろうに・・・

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 20:04
警察が真犯人追及を断念して代用犯人を仕立てるはめになったのは、
佐野屋での犯人取り逃がしが発端。
吉展ちゃん事件に続く警察の失態に世論からの非難が集まり、
警察は追い詰められていた。
そんなとき疑惑の人物が自殺したが、当時の公安委員長が
「犯人は生きたまま捕まえねば…」と発言したことで、
埼玉県警は、自殺したOはシロとの発表をせざるを得なかった。

「犯人に逃げられたのが原因で被害者は殺され、おまけに犯人は
自殺してしまいました」では、まったくの面子丸つぶれ、というわけだ。
警察も初めは、犯人は被害者との顔見知りの地元の人間で、
もっともあやしいのは自殺したOとの見方をしていたが、
これで誰か「いけにえ」を見つけねばならなくなった。

そこで眼をつけたのが佐野屋近くにあった養豚場で、そこの関係者と
いうことで、部落の住民に見込み捜査を開始した、というのが真相だ。

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 20:33
>>243
そう言った意味でなら、私も含めここに来ているほとんどの人は理解済みだと思うが、
ことさら「最初から・・・」と大上段から振り下ろされると、??!!になってしまう。

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/08 23:57
おいおい、話しがループしてるぞ!?
初見さんは過去レスを全部読んでから書き込みしてくれ。

しかしさ、遺体の鑑識結果もでっち上げとなると
公に発表されている時節はその全てがでっち上げに思えて来て
何処が真実で何が真相なのかさっぱり解からないねぇ。
そのうえ公衆掲示板でやいのやいのと想像や空想で
各人が想いを募らせているので更に難解になってるなぁ。

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 02:34
狭山市のある風俗に関してのレポートです。
ある韓国人との交渉が載っていて、興味深いです。


http://www1.mahoroba.ne.jp/~sailor/reports/die_este.htm

247 :狭山出身の都民:02/11/09 03:14
初カキコです。
我が地元の狭山で起きた事件がここまで奥深かったとは・・・。
30年生きてて気がつきませんでした。
いや部落問題とか冤罪とかは知ってましたけど、事件そのものの重大さがこれほどとは。
まったく節穴もいいとこです。

当分ROMでいこうと思ったのですが、書き込みが一段落したみたいなので小ネタを1つだけ。
何かの参考になれば幸いです。
(何の参考にもならないかもしれませんが)



248 :狭山出身の都民:02/11/09 03:31
実行犯に関する話しの中で、「陸軍特殊部隊」の話しが出てきたと思います。
事件とはちょっと離れますが、この「陸軍特殊部隊」について最近知ったことを書いてみます。

つい数週間前、仕事で忍者を調べる機会がありました。
現在に伝わる忍者像は、誇張が多くてたいがいフィクションなのですが、それでも一部危険な技術を持っていたのは事実のようです。
その中には諜報全般のほかに、薬や殺人術に関するものも確かにあったようです。

忍者は江戸中期にはほとんど失業状態で、明治期に入るとほぼ絶滅してしまいました。
ただ忍術の継承はほんの一部ではあったものの行われていたようで、それが当時中国大陸の情勢を切実に知りたがっていた陸軍に、特殊部隊の教育として採用されたらしいのです。
具体的に陸軍では、「陸軍中野学校」と満州にあった同様の特務機関でそれらの教育が施されていました。
教官は藤田西湖という人で、この人は甲賀流の忍術を継承した人でした。



249 :狭山出身の都民:02/11/09 03:50
彼が自著「甲賀流忍者一代記」(荘神社)の中で、「夜陰に紛れて行動する方法」や
「ある一つの薬を用いて、その分量で死に至らしめたり、寸止めで命を取らない」など、にわかには信じがたい内容のことを書いています。

本自体が明治の人にありがちな、ちょっと見栄っ張りな印象があったので(マンガの「空手バカ一代」みたいなノリです。時系列から言って、マンガのほうがこの本の影響受けてるかも)、読んでいる間は眉に唾つけていたのですが・・・。

実行犯も相当な手練れのようですし、関係者の不審な死因(特に検察官や東南アジアで発見された医師など)を思うと、この藤田西湖なる人の書いていることが、あながち虚構とも思えなくなってきました。

ただ、「陸軍中野学校」はまさに隠密で、優秀な軍人というだけでなく、なるべく家族や背景の少ない人物が選抜され、卒業後も中野学校出身であることを一切人には明かさなかったほど、徹底していたようです。
もっとも終戦間際は、「急増中野学校卒」が大量生産され、その質は急激に低下したみたいですが。

もしこんな人物が犯行に関わっていたとしたら、ますます真相は闇の中になりそうだなぁ、などと勝手に懸念したりしてます。

以上です。
あんまり関係ないレスですいません。
閑話休題として読んでもらえたら幸いです。
またROMに戻ります。さようなら。

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 04:03
ってことは現在もその忍者の末裔が
生存している可能性があるわけですね。

うーん、ロマンティック

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 05:52
サッカーの服部ってニンジャの末裔ではなかったっけ?

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 11:55
「忍者の末裔を探そう!」

にスレが変更になりました

253 :ぐるぐるほっぺにふくめんすがた:02/11/09 12:06
ニントモカントモ

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 12:39
なるほど。それで所沢にやって来た西武ライオンズのビジター・ユニフォームは
全身青色の忍者装束だったのか…

255 :最初のスレの898:02/11/09 12:43
>>232
僕のことでしょうか、たまにROMっていますよ。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 13:07
>>255
大学の恩師とかの脅迫状分析はどーなったの?

257 :最初のスレの898:02/11/09 15:05
>>256
昔いたゼミの後輩らに脅迫状を見せて反応を見たんですけど特に得る物は
ありませんでした(キモい、とか精神分裂してますね、とかそんな反応ばかり
でした)
尻つぼみになってしまってどうもすいません。

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 17:09
おおっ本物の898氏ですか?

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 18:22
898さん、みんなあなたの降臨を待っているんです。
大宮のおじさんや脅迫文の考察。
新ネタ引っさげてまたお願いします。

ここが名スレに殿堂入りできるのも、
あなたの登場があったからだと思ってマス。

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 18:42
狭山事件に関して何か新しい動きは無いか、
一番新しい関連事項はなんだろうと思って調べてみると、必ず部落差別問題。
そして内容はどれも人権問題にヒステリックになり過ぎていて、少し食傷気味です。
それに対する司法側の反発も証拠開示の妨げになっている、なんて邪推してしまうのですが。

純粋に刑事事件として真相を追求しようという動きは
ないんですか。


261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 19:07
>>257
あの脅迫状をみてそんな反応しか抱かないとは、最近の大学生も質が落ちたもんだ。
この事件に興味を持っている人は、みんなあの脅迫状を読んだ強烈な印象が
きっかけになっていると思う。
「友だちが車出いく」→「ひとりで歩いていく」
これのトリックを「刑札」が見抜けなかったのがすべての始まり。
脅迫状といえばグリコ・森永事件の「かい人21面相」が有名だが、
狭山事件の脅迫状は短文なだけにもっと凄みがある。本当に恐ろしい。
中田家の元作男が最も疑わしいが、簡単に自殺してしまうような男が考えた文章
だとはとても思えない。家族と顔見知りの彼が佐野屋に行くとも思えないし。

262 :最初のスレの898:02/11/09 19:07
>259
すんません、期待されても新ネタありませんです。
脅迫状も見れば見るほど訳わかりませんし・・・
しかしお盆に大宮の伯父にあったとき聞いたのですが警察のOB会で事件
当時の偉いさんたち(伯父の上司)に会うと現在でも数年に一度取材を受け
るという話しをされるそうですよ。
それは個人の人や職業で調べている人さまざまらしいのですが、まだまだ
この事件は世間が風化するのを許してくれないのでしょうね。

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/09 21:58
>>249
「関係者の不審な死因(特に検察官や東南アジアで発見された医師など)」

ってなに?

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/10 02:45
>898さんの伯父さんに是非聞いてもらいたい事があります。
検察が開示を拒否している「捜査報告書」の内容です。
気になって夜も眠れません。

265 :超党派笑いの鉄拳 ◆UXUJJUbRMk :02/11/11 19:30
田舎に行くほど部落差別の傾向が多い。
漏れの親父も同じ傾向。
ひどい。

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 19:34
>265
そういえばそうだね。
時間の流れが都会に比べて、ゆっくりなように
価値観の変化もゆっくりなんだと思う。

東京じゃ流行も終ってスタレたファッションなんかも
田舎に行くとまだまだイケてるし。
ある意味かわいそう。田舎って。

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 19:46
>>263
検察官は、石川氏を最初に取り調べて「でっちあげ調書」を作った原検事とかいう人
じゃなかったかな。たしかニ審の途中で脳出血で死亡したと思う。
医師の方は、イニシアルK。
たしか川越の病院の医師(違ってたらごめん)。
石川氏が絶食しているときに往診した。石川氏の証言によると、最初の自白調書は、
このすぐ後にとられているので、K医師の証言によっては調書自体が無効とされる
(絶食中の自白は採用されない)可能性がある。
ところがK医師はアルコール依存症といわれており、その後すぐに行方不明となった。
そしてのちにタイ(?)の貨物船かなにかで死亡しているのが発見されたとのこと。

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 20:42
アル中で列車に轢かれて死んだI・Tとだぶるな…

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 20:45
>>267
ほんとかよ。ネタでないのか?

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/11 21:02
全部ROMさせたもらったが非常に面白かった。
しかし、脅迫状が「自由詩」できわめて知能が高い人が犯人とか、事件の背景には
Xという権力がある、というのはちょっと深読みしすぎなのでは。犯罪には不確定
要素がつきものであり犯人の思惑どうり動いたというのも考えすぎだと思う。
入曾歴3年さんの話は面白いが、逆に40年近く調べて事件の核心にせまれないのは
的外れなことを考えているからでは。さすがに「講」の話はどうかと思う。

僕が思うに、犯人は「中田家の一人+奥富+α」だと思う。石川氏は警察によるでっちあげ、
警察は石川逮捕が新聞に大々的に掲載されたので後には引けず偽装工作をしたのだろう。
佐野屋の件が警察の自作自演とは考えられない。

@犯行の動機
被害者さんを殺害したかったから。営利誘拐に見せかけたかったのだろう。
被害者の血筋に関する問題が殺害動機。
強姦あるいは死姦はあくまで偶発的。

A中田家の事情
少なくとも被害者は中田家から消えて欲しい存在だった。

B数々の変死
中田姉は自殺。事件の真相を知ったから。
奥富も自殺。罪の意識にさいなまれて。
それ以外の人については自殺・他殺にせよ説明はどうとでもできるのでは。

C佐野屋の件
営利誘拐に見せるための犯人側の芝居。最初から金を受け取るつもりはなかったから
現れたふりをして逃げた。

D石川氏のでっちあげ
逮捕して後にはひけなくなったから。あくまで石川氏逮捕の後のことで、
中田家と警察は事件前は一切関係無し。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 21:14
未解決事件は得てして犯人を過大評価してしまう傾向にあるのは確か

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 21:36
>>270
でもそれは、二審当時にあった「長兄主犯説」と同じなんですよ。
現在では、「長兄が怪しい」と考えている人は、昔の亀井本を読んだ人くらい。
以前は解同も長兄を犯人視していたが、今は撤回しているようだし。
中田家の家族が裁判ででっち上げ証拠に迎合する証言をしたのは、たしかに
不審な点ではあるが、それをもって真犯人扱いにするのは飛躍しすぎ。
むしろ、このスレで出てきた第三者(たとえば被害者とは父親違いの兄)が、
動機の面でもぴったりくるような気がするが…

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 21:38
>>270
一番オーソドックスな考えだね。
しかし、この考え方が今は逆に新鮮にみえる。
共犯のひとりとみる中田家のひとりはやはり長男になるのだろうか。

274 :270:02/11/11 21:46
事件の状況からいって中田家内に犯人のうちの一人がいないことには
絶対に説明できない事実があることは既に過去スレで指摘されている。
ただし、長男かどうかまでは今のところわからない。
中田姉は犯人ではないだろう。
動機についても中田家の事情がはっきりわかればいいのだが。
警察はそれについては調査済みであると思う。
しかし、中田家の犯人は殺人の実行などには手をそめてないと思うから、
立件はできないと思う。長男が「事実」をつかんでいることは確か。
公表できないのは、@自分が実行犯だから、A中田家の恥部をさらしたくないから、
Bもう石川氏が逮捕されていることだしあえて蒸し返したくないから、
のどれかであろう。

275 :270:02/11/11 21:52
>>272
長男が犯人であるかどうかはわからないが、事実は知っていると思われる。
裁判のでっちあげ証拠に加担したのは、動機等を解明されると中田家の
恥部に達するから。しかし、この「恥部」が何なのかわからないのが非常に悔しい。
解放同盟はたとえば「α」が部落民だとすると都合が悪いから、真犯人探し
をストップしたのでは。同盟としては石川さんが無実かどうかよりも、組織の方が
優先されるというのは言い過ぎか?
自転車・脅迫状の置き方など、中田家に出入りできる人間が一人はいないと
絶対に不自然である(そう考えると姉の関与もあるかも)。まさか中田家全員が
主犯なんてことはないろうな・・・・。


276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/11 22:01
母親の不倫相手の息子が主犯なら、おおかたの辻褄が合うんじゃないかな?
そしてその不倫相手が出自が○○としたら、事件後の家族の対応も理解できる。
石川氏の支援組織が真犯人追及を止めたのも、これならば説明がつく。
石川氏は真犯人の代わりに「いけにえ」にされたのではないだろうか。

277 :270:02/11/11 22:07
>>276
石川氏は、中田家と解放同盟そして警察の三つにいけにえとされたというのは事実
だと思う。基本的な質問で申し訳ないが、不倫相手の息子は特定されているのか?
仮にそれが正しいとして、脅迫状を置いたり自転車を戻したのは誰か?
さらにあえて営利誘拐にする必要があるのか?
強姦殺人ならそのまま放っておくだろう。
さらに、被害者の埋められ方など、やはり中田家内部の者が少なくとも一人はいないと
説明しずらいと思う。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 00:29
今から映画化するとしたら、配役はどうする?


279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 01:20
サノヤの件が納得いかんな〜。
確かに昔は今と違って深夜は真っ暗闇だったかもしれないけど・・。
どうやって逃走したんだろ??
姉と会話までしてるんでしょ??
どうゆう状況なんだろ??

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 02:59
真犯人も部落が混ざってたから解同は方針転換したんだろうな

281 :270:02/11/12 08:54
>>279
自転車返却の点などを考えると犯人はある程度地理に詳しかったと思われる。
この事件はあくまでも営利誘拐に見せかけるものであり、
身代金を受け取る必要はない。逃走経路は当時の状況ならいくらでもある。
声は姉以外も何人か聞いているが、このとき来た人物は、
中田家・奥富とは別の人物だろう。

282 :270:02/11/12 08:57
現在、中田長兄が犯人と信じている人はいないというのはなぜか?
何か具体的な理由があってのことなのか、それとも解放同盟が否定したからなのか。
信じている人がいないというのは、きちんとした理由がない限りは、否定する材料
としては取り上げがたい。
ただし、亀井トムの本を読むとあまりこの人は頭がいいとは思えない。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 11:40
亀井氏の本については妄想的推理との批判は当たっている部分もあるとは思うが、
中田家の身内に真犯人がいる、としたところは間違っていなかったと思う。
これは、石川氏の無罪を最初に確信して、精力的に活動した荻原氏と二人で
事件関係者に直接あたって出した推理のようだ。

ただし、当時は母親の不倫相手の息子の存在に気付かず、長兄を犯人視してしまった
ところに誤りがあったと思う。
父親違いのこの息子はその出生の秘密を知り、中田家に対して憎悪の念を抱いたことに
疑う余地はない。母親の不審な死についても地元で囁かれていた「噂」を知っていたと思う。
ここからは想像だが、彼はそれをネタに中田家をゆすっていたのではないか。
事件の根底はここにあると思う。

そして共犯はOGとITだろう。
主犯とも接点があるし、OGの知人がI養豚所の経営者(ITの弟)と親しく、
OGとITの二人の間にも接点がある。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 12:39
ここでは評判があまり良くない亀井トム氏だが、彼の最大の功績は、
被害者の遺体埋没が「両墓制の埋葬の逆形式」と最初に看破したことにある。
死体を埋葬し鎮魂することと、逆形式(頭は南向きで身体はうつぶせ、眼には目隠し)
をとることで、埋めた人間が被害者に深い近親憎悪の念を抱いていることを推理させる。

埋墓の盛り土の上に置く玉石を頭の上に置き、長い荒縄は実際の埋葬時に棺を下ろすときに
使われるもの。さらに匂い消しに茶の葉を敷いている。
残土もきれいに処理しており、少なくとも二人以上で周到に準備して行なった「埋葬の儀式」
であったと思われる。

石川氏が最初に「3人でやった」と自供したとき、取調官は「車を運転したのは誰だ?」と
訊いている。これは死体埋没地点の近くにトヨエースのタイヤの跡があったからだと
いわれている。いずれにせよ、被害者の遺体は単に見つからないように埋められたことだけ
ではないことが、これではっきりしていると思う。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 12:57
>>277
自転車を返して、脅迫状を差し入れたのはOGだと思う。
善枝さんがいつも置く場所に自転車を置いていることで、内部事情に詳しい人物は
彼しかいない。血液型も一致するし、事件当日はメーデーで会社は3時半頃に早退している。
これは善枝さんの下校時刻とも一致する。善枝さんがガード下で待ち合わせていたのは
OGに間違いはないと思う。

OGは1日は新居に一人で泊まり、翌朝実家に帰っている。
翌日2日と3日は出社するもノイローゼ状態。
4日から会社を無断欠勤し、結婚式を翌日に控えた6日に農薬を飲んで空井戸に飛び込み
「自殺」する。少なくとも石川氏よりは百倍は疑わしい人物といえる。
佐野屋に現れたのは、中田家には声も顔も知られていないITだったと思う。

OG、ITともに主犯から「口封じ」で殺された可能性が高いと思う。

286 :270:02/11/12 13:56
>>285
OGが怪しいのは間違いないが、
そもそもなぜ自転車を返す必要があるのか?
脅迫状はいいとしても、自転車を返した理由がさっぱりわからない。
被害者が一度家に帰ってきたのならまだ納得がいく。
しかしこうなると妄想が肥大化するね。

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 14:20
>>286
OGの役目は、脅迫状を書くこと、善枝さんをおびき寄せること、そして脅迫状と
自転車を中田家に届けることだったと思う。
脅迫状だけでなく自転車も返したことは、その処理に困ったこともあろうが、
脅迫状だけではいたずらと思われることを懸念したのだと思う。
自転車だけが戻され、それに載っていたはずの善枝さんがいないとなれば、
誘拐の事実は揺るがないものになる。

犯人にとっては、家族がいたずらだと思って取り合わない可能性を消したかったのでは
ないだろうか。
そして、中田家に事情をよく知るOGが無意識に自転車を善枝さんがいつも置く納屋に
置いてしまったのだろう。

288 :270:02/11/12 14:29
>>287
しかし、自転車を返すという行為はあまりにも危険すぎる。
もし見つかったらそれこそ簡単に足がついてしまうから。
とても「無意識」に行うとは考えられない。
仮に身内に犯人の一人がいたとしても、自転車を戻すという理由は全くないのです。
脅迫状だけではいたずら・・・という意見も納得しがたいですね。


289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 14:44
この事件が実に特異で不気味なのは多くの人が指摘しているように、
 1、電話でなく脅迫状を差し入れたこと。
 2、自転車をわざわざ返したこと。
 3、危険を承知で佐野屋に現れたこと。
である。270さんが不思議に思うのももっともであり、これについては実にさまざまな
憶測と推理、妄想まがいが乱れ飛んでいて本当に混乱する。
というか、この三つの謎について明解な解釈をしてみせた人はいまだにいないのでは
あるまいか。

以前書いたことがあるが、この事件の「動機」は、明らかに「近親憎悪」に端を発しており、
真犯人にとっては、いかに危険ではあっても、その動機を追及されないために、事件を
行きずりの不良達による、突発的な「営利誘拐事件」とする必要性があったのではないか
と考えられる。

その意味では「自転車返却」は必要ではあったが、OGがうっかり無意識でそれを
納屋に置いたために「中田家の内部事情に詳しい犯人」とみられることになった。
事実、石川氏も検事に「中田家に詳しい仲間がいるだろう」と訊かれている。
OGが「自殺」した(させられた?)のは、この失敗が原因の一つになっている
ようにも思える。

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 16:46
自転車を返したのはいたずらではないことを明確にするためだったと思うが、
そもそも脅迫を手紙ではなく電話にすればこんな面倒なことはしなくてもよかった
わけで、わざわざ危険で足がつきやすい脅迫状の差し入れをなぜ選んだのかということを
考えると、この事件の犯人像が見えてくる。

佐野屋に来た男は声を知られていないはずだから、そいつが脅迫電話をかければよかったはず。
ところが、当時中田家にあった電話は農協を通してつながる有線電話だった。
したがって、電話には一度農協の交換手があいだに入る。
「佐野屋の男」は、この農協職員には声を知られている可能性があったのでは、と思う。
そこでしかたなく手紙にしたのだと思う。
このことで、実行犯は中田家の顔見知りと農協に出入りする地元の人間との推理もできる。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 17:44
こういう事件を見るとほんっと田舎者ってうっとおしいと思うね。
すごく閉鎖的。

この場合中田家の人達なんだけど、要するに恥を晒したくない
ので本当の事が言えない。
それが肉親の死であろうと、世間様から冷たい目で見られるくらい
なら我慢する。
自分とその周りしか見えてないっていうか。

例えば
政治家がどれだけ悪い事しても、地元にとって利益があれば
それでいい人なんでしょ。
結局、あとでそのしわ寄せが来るとかわかんない。
大局で物を考えられない。世界が狭いんだよなぁ。

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 17:47
佐野屋への出現については、張込みの刑事の配置を事前につかんでおけば、
確かに危険ではあるが、アジトが近くにあって脚力に自信がある男ならば可能だと思う。
この点、弟の仕事場である養豚場が近くにあり、体格がよくて足が滅法速いといわれていた
ITは、最適任者であるように思う。
張込みについては、当日の夜9時過ぎには全員の配置が完了していたそうだから、仲間が
通行人に化けてさぐれば、配置を知ることはそう難しいことではなかったはず。
その声も「労務者風の中年男」という印象で、石川氏よりもぴったりくる。

佐野屋付近に張込んでいた刑事で男の声を聞いた刑事はわずか4名。
肝心の向かい側の畑にいた刑事(張込み隊長)は、茶垣にさえぎられてすばやく
飛び出すことが出来ず、ここに来たのはこの日が初めてという土地鑑ゼロ人間だった
ことと、男が現れた畑側には一人も張込んでいなかったというのが、犯人にとっては
幸運だったといえるだろう。

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 18:09
>289
だからさ、なんで
>以前書いたことがあるが、この事件の「動機」は、
>明らかに「近親憎悪」に端を発しており、

こういう事を断言して、しかもそれを前提に推理を進めるわけ?
近親憎悪はあった可能性はあるけど、それが直接殺人に結び
ついてる証拠は出てないでしょ。

もっと現実に起こった「事実」を認識してくださいよ。
推理っていうのは、「ある事実をもとにして、他の事をおしはかること」
あなたのは憶測。とんでも憶測。

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 18:18
この佐野屋への出現→逃走という危険な計画は、まんまと図に当った。
結果的に、吉展ちゃん事件に続く警察の失態は世論から叩かれ、あせった警察は
もっとも怪しい自殺したOGを「死んだ奴には用はない」とばかりに早々とシロと
公表し、でっち上げ犯人作りに奔走した。
これには自転車をうっかり納屋に置いたOGの失敗も消し飛んでしまった。
ITについても有力な証拠となる「ひこつくし結び」の紐を被害者の首と足首に
残していて、一度は逮捕されたものの、結局1日のアリバイがあったので釈放された。
すべてが主犯の思いどおりにことが運んだ事件といえるだろう。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 19:21
>>293
真犯人の犯行動機が「近親憎悪」ではないかというのは、あの死体埋没方法が
「両墓制の埋葬の逆形式」をとっているとの推定から導き出された推理。
したがって被害者の身内→長兄を最初は疑っていたわけだが、動機の面が弱いと
思っていたところにNSさんらの「主犯:森の息子説」が出てきたので、
それなら動機の面も死体埋没方法も合点がいったという次第。
決して「とんでも推測」ではないと思う。
死体が埋められていた状況を詳しくみると、あれは「死体遺棄」などではなく「埋葬」
であるということは、感覚的に判ると思う。

296 :270:02/11/12 19:21
>>293
確かに近親憎悪を前提に議論をすすめてはいけないと思う。
亀井トムの本に、実際に埋められた死体の写真が載っているが、思ったほど深く
は掘られていない。また彼の埋葬説も構造主義うんぬんを持ち出したりして
正直いって議論は滅茶苦茶なのである。もし埋葬するならうつ伏せにするのでは
なく仰向けにするはずだ、など反論はいくらでもできるのである。

よって、近親憎悪を考えずに>>289氏が指摘した、
1、電話でなく脅迫状を差し入れたこと。
2、自転車をわざわざ返したこと。
3、危険を承知で佐野屋に現れたこと。
をまずは明確にしないと無限ループを繰り返すだけである。
この三つの点からしても中田家に犯人の一人がいたことは予想できるのである。
問題はなぜこんなことをしたのかということである。
いくら、闇の組織や民俗学的視点を導入したところで、
こんな基本的なことを説明できないのであれば意味はないのである。





297 :270:02/11/12 19:31
>>294
全てが思い通りというのは言い過ぎではないだろうか?
犯人にとってOGが死んだことははたして計画どうりなのか?
石川氏が逮捕されたのも計画通りか?
佐野屋の前の張り込みも計画通りなのか?
こんなことができるのならばまさしく犯人は超能力者である。
しかし、被害者の遺留品を発見した警察官(名前は失念)は怪しい。
彼が内通者と考えることは不可能でない。

しかし、むやみやたらと犯人を増やしてしまうというのは、森だけを見て木をおろそか
にしてします恐れがある。こうしてしまえばどうとでも説明はできるのである。
たとえば「村全員が同和地区に恨みがあったため、全員でしめしあわせて事件をおこした。
これには警察も加担している。事件の発端は、中田Yさんが同和地域の人と関係を結んだことで
村の共同体としての秩序を乱したから」などいくらでも言えるのである。
まずは、誰もが認める事実だけを抽出して考えるべきである。

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 19:33
>>296
いや、あれはどうみても「埋葬」ですよ。
第一、死体を隠すだけなら格好の場所である雑木林が近くにあるわけだし、
他の営利誘拐事件で、これほど深く(90cm近く)も掘って埋めたという例は皆無。
それに営利誘拐ならば金が取れさえすればいいので、身代金を受け取るまで死体は
どこかに隠しておくだけでいいわけで、金が取れなければそのまま逃げるか、
死体は川にでも投げ込むというのがほとんど。
なにも苦労して穴を掘って埋めるという必要はない。
あの埋め方は、被害者の近親者が鎮魂と憎悪の念をこめて「埋葬」したとしか思えない。

299 :270:02/11/12 19:46
>>298
しかし、あんな農道に埋めるだろうか、、、などと反論したくなりますが、
僕自身は近親者に犯人がいないとこの事件は成立しないと考えているので
(憎悪という理由ではなく、自転車の件など家の構造を知らなければできないことが
あるので)、埋葬ならば埋蔵でも全然構わないです。
しかし近親者の憎悪や関与を考慮したところで、
1、電話でなく脅迫状を差し入れたこと。
 2、自転車をわざわざ返したこと。
 3、危険を承知で佐野屋に現れたこと。
の三つは説明はできないと思います。


300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 19:50
>>297
「すべて」というのは言い過ぎかもしれないけれど、真犯人の計画通りにことが
運んでいったのは間違いないと思う。

 >犯人にとってOGが死んだことははたして計画どうりなのか?
OGは、単に共犯として利用しただけだと思う。OGは善枝さん殺害計画までは
知らされていなかったように思う。彼が「自殺」してしまえば「犯人は死んだ」
というこになり、真犯人にとってはこれでもOKだったかもしれない。

 >石川氏が逮捕されたのも計画通りか?
これはもちろん計画通り。犯人は行きずりの不良の犯行と見せかけるのが目的だった
はずだから、部落出身で定職がなかった石川氏は格好の「いけにえ」だったはず。

 >佐野屋の前の張り込みも計画通りなのか?
これは真犯人の最大の賭けだったはずだが、事前に張込み配置がつかめていなければ
これは決行しなかったかもしれない。
その場合「刑事が張り込んでいたので引き返した。善枝は殺す。」というメッセージを
家族に送ったと思う。

石川氏の野球チームのコーチ兼審判で、石川氏の家族とも親しかった交通巡査のSは、
石川氏の知り合いという立場眼を付けた警察幹部に利用され、重要証拠の発見や、
犯行の自白に立ち会うなどしているが、事件そのものとは関係ないと思う。

301 :270:02/11/12 20:05
>>297
確かにOは事件の全貌を知らずにはめられたというのはいい考えだと思います。
ただ犯人にでっちあげようとしたのが最初から石川氏なのか、あるいは養豚場関係
なら誰でも良かったのか、その点はどう考えますか?
張り込みについてもそういう考えならすっきりしますね。ただし、金が目的だったのか
被害者の殺害が目的だったのかがはっきりしません。それはどうお考えでしょうか?
中田家と警察は関係なかったと思います。
となると、中田家の姉と次兄の変死はどう説明つくのでしょうか?

質問ばかりですいませんが、結局のところ主犯・従犯は誰だったと思いますか。
主犯は事件を計画したという意味で複数でも結構です。すでに指摘されていたが
申し訳ないのですが、いちいち誰が書きこんでいるのかチェックしていないので。


302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 20:06
>>299
うーん。その説明は>>289でしたつもりだが。
「近親憎悪」という動機を隠すために「行きずりの不良の犯行」というトラップ
を仕掛けた、という説明では駄目かな。
電話ではなく脅迫状にしたのは声を知られているから。
自転車を届けたのはいたずらではないことを強調するため。
(ただしこれはOGがヘマをして納屋に置いたため、顔見知りの犯行と疑われる原因
 を作ってしまった)
佐野屋行きは、身代金目的であることを偽装するための最後の仕上げ。

303 :270:02/11/12 20:12
>>302
OG自身が中田家では顔がしられているのだから、ヘマということは受け入れがたいですね。
僕の考え過ぎかもしれません。他の人が納得しているのだったら追求はやめます。
ただし、Oは被害者の拉致?には関与していたかもしれないが、事件の全貌は全く知らず、
自転車をそのまま返してしまったのだったら納得はいきますね。
これまでのレスを見ていると犯人達は全ての情報を共有していたことが前提で
書かれているような気がします。しかし主犯が情報を独占して、その他の人間は
操られていたと考えるのならば、すんなり解釈できるかもしれないですね。
そうなると脅迫状を書いて修正したのはOであるが、本当に事件は知らなかった。
そして、事件の概要を知って自殺した。こういう考え方もできますね。
となると主犯は誰か?

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 20:22
>>301
主犯は前スレで出てきた母親の不倫相手の息子というのがもっともぴったり来ると思う。
共犯はお互いに接点があったOGとIT。
主犯の動機は中田家への憎悪に端を発しているが、同時に金も目的だったかもしれない。
20万程度なら警察には届けないだろうと思っていたのかもしれない。
OGが「自殺」し、ITが「事故死」したのはこのへんの金銭トラブルかもしれない。

主犯は石川氏とは面識もないはずだし、そもそも石川氏がこの日仕事さえサボってなければ
犯人扱いさえされていなかったわけで、彼を罠にかけたということはなかったと思う。
石川氏に明確なアリバイがあれば、血液型B型の別の部落青年が「いけにえ」になったこと
だろう。
姉は事件の真相を何かで知ったことが自殺の原因だったと思う。
真犯人が父親違いの兄で、身代わりで捕まった人間が死刑判決を受けたわけで、
姉も裁判で石川氏に不利な証言をしたとなれば、善良な田舎の農村女性にとって
耐え難い出来事だったに違いない。
次兄の自殺も同じ動機だったようにも思えるが、これはよく分からない。

305 :270:02/11/12 20:30
>>304
確かにそれなら合理的かもしれないですね。
ただしOGはスケープゴードだったような気がします。
つまり脅迫状を書いたり自転車を返したりしたが、殺人そのものは後から知った。
しかし、これで納得してしまうとなんかつまんないですね。
これからはあら捜しをさせてもらいます(笑)。

ところで、被害者に関しては近親相姦説が流れたと聞きます。相手は誰かは明言されて
いませんが、次兄だったのでしょうか?

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 20:32
事件の概要を時系列にしてまとめみました。
足りない箇所を埋めていきましょう。
また証言の信憑性についても議論したいと思います。

5月1日
15:00 善江さん学校を出発    
15:20 第1ガード下で中学の担任に目撃される
15:30?善江さん殺害?
    *石川氏の証言、鑑定記録
15:40 第2ガード下で元同級生に目撃される 
    *誰かを待っていた様子、通学路とは反対の方向
16:00 雨が激しく降り出す
17:00 善枝さんの捜索願い出される?
    *細田氏の談話
18:30 善枝さんの捜索始まる
18:50 中田家長兄 迎えのため(捜索?)車で家を出る
19:30 長兄帰宅
    内田家に中田家の場所を尋ねる石川一雄似の人物
    *内田証言、信憑性に問題あり?
19:40 長兄が玄関で脅迫状を発見
    *その後警察に向かおうとした長兄が自転車を発見
    *帰宅時にはなかった、サドルが濡れていない
19:50 駐在所に事件の届け出が長兄によって出される
    *駐在所まで自宅からおよそ2キロ
深夜  自宅と佐野屋周辺に10人前後の刑事が張り込み開始
    *脅迫状の日時がはっきりしないため 

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 20:32
5月2日
24:00(3日0:00 佐野屋で犯人と接触
    *登美恵が犯人と会話、偽装紙幣、中年の声
5月3日
5月4日
19:00?遺体発見
    *「ひこつくし」の結び目、顔に玉石、性交渉のあと、
    B型の体液、タオルで目隠し、現場近くに善江さんの
    ビニールの風呂敷、

5月6日
    奥富玄二、農薬を飲んで自殺
*B型の血液、結婚を控える、死体発見現場近くに新居
    元中田家の作男
5月11日 
    矢げん坂で怪しい3人組を見た、と証言した田中自殺
5月23日 石川一雄逮捕される
翌昭和39年
3月11日 石川一雄、死刑判決を受ける
7月14日 姉の登美恵、農薬を飲んで自殺
    *結婚を控える、死刑判決後にパニック



308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 21:49
>>306
善枝さんの下校時刻が違う。正しくは3時35分頃。
善枝さんの中学の担任が第一ガードで目撃したのは3時過ぎだから、辻褄が合わず、
これは無視されている。担任の目撃談が正しいとすると、善枝さんは一度下校し、
また学校に戻るという不思議な行為をしていることになる。

3時40分頃、第二ガード下で目撃したのは元同級生ではなく、主婦のOさん。
Oさんは裁判でも明確に証言しており、これは事実ということになっている。

その後、4時過ぎにS自転車店近くで見かけたのが元同級生ではなく中学の後輩のO君。
(主婦のOさんとは赤の他人)
これも重要な目撃談だが、やはり辻褄が合わないとのことで無視されている。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 22:47
なんとなくもっと単純な事件のような気もする。
単独犯で営利目的。ま〜最初は営利目的ではなかったのかもしれないけど・・。
実際サノヤに来た時点で他に理由はないでしょ。他の理由ではリスクが高すぎるし・・。



310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 22:55
篠田国家公安委員長の「犯人は知能程度が低く、土地の事情に詳しい者であり、
20万円を大金だと考える程度の生活の者」は遠からず当たっているとおもう。

もちろん「犯人はなんとしてでも生きたままフンづかまえてやらねば」と言う発言は
ナンセンスだけど・・。

311 :270:02/11/12 23:03
>>309
となると、自転車が中田家に返却されていたことがよくわかりませんね。
それからなぜ電話ではなく脅迫状を届けたか。
翌日は電話してきたのだから不可解ですね。


312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 23:17
狂気の迷宮・・・・・・・・

313 :306:02/11/12 23:29
>308
訂正しました。
ただこの辺の時間と証言は、善枝さんが最後に目撃された
時刻であり、死亡推定時刻(法廷記録では)と重なるので
結構需要だと思うのですが。これとを点と線をはっきりさせる
ことで足取りも推測できると思います。
5月1日
15:35 善江さん学校を出発    
15:30?善江さん殺害?
    *石川氏の証言、鑑定記録
15:40 第2ガード下で主婦のOに目撃される 
    *誰かを待っていた様子、通学路とは反対の方向
16:00 雨が激しく降り出す
     S自転車近くで目撃される?
17:00 善枝さんの捜索願い出される?
    *細田氏の談話
18:30 善枝さんの捜索始まる
18:50 中田家長兄 迎えのため(捜索?)車で家を出る
19:30 長兄帰宅
    内田家に中田家の場所を尋ねる石川一雄似の人物
    *内田証言、信憑性に問題あり?
19:40 長兄が玄関で脅迫状を発見
    *その後警察に向かおうとした長兄が自転車を発見
    *帰宅時にはなかった、サドルが濡れていない
19:50 駐在所に事件の届け出が長兄によって出される
    *駐在所まで自宅からおよそ2キロ
深夜  自宅と佐野屋周辺に10人前後の刑事が張り込み開始
    *脅迫状の日時がはっきりしないため 

314 :306:02/11/12 23:30
登場人物もまとめてみました。
みなさんの参考になれば幸いです。

中田家
 父栄作 善枝の父、富豪、地域の有力者
 母ミツ 神経性疾患で10年前に死別、近親憎悪の対象?
  健治 長男、事実上の家長?、あいまいな証言
   K 長女、近県の他家へ嫁ぐ、
 登美恵 二女、自殺、真相を知る?、善枝の理解者
     三女、夭折?
 喜代治 二男、14年後自殺
  善枝 四女、被害者、異父姉妹
  武志 三男、堀兼小学校6年生

   Y 登美恵の婚約者、健治と同級生

重要人物
石川一雄 事件犯人?、被差別部落民
奥富玄二 B型の血液、1週間後に自殺、中田家の元作男

石田養豚場
 登利造 長男、アリバイ不明、3年後自殺、ひこつくしが得意
  一義 弟、養豚場経営者、スコップを盗まれたと証言

315 :306:02/11/12 23:30
事件証言者、協力者
増田秀雄 元PTA会長、村の有力人物、現金受け渡し時に協力
内田幸吉 怪しい人物が訪ねる、あいまいな証言
 田中登 矢けん坂で不審な3人を目撃、10日後自殺

2ちゃんソース(ソースごとにスペースで区切ってあります)
Q 40代、軍隊経験者、実行犯?
X 30代 主犯?警察の動きを把握する、医学・薬学関係者

H 訓読みではA、事件直後取調べを受ける、その後行方不明

C 17歳、町の不良少年、取調べを受けるがシロ
B A,Cの仲間、唯一車の免許を持つ、事件後行方不明
A 18歳、Cの親分格、怪しい背後関係、矢けん坂に自宅
O 中田栄作と対立する元区長、土建会社を経営
U 大物市会議員、Oと懇意にしている
O2Uの経営する店の従業員、暴力団関係者、アリバイ工作に協力

森(仮名)戦後復員し、紡績業を営むが村の「講」を破り追放
  善枝さんの実の父親?川越の周辺を渡り歩く。母親の秘密?
森の次男 中田家を恨む。石田登利造の仕事を手伝う。真犯人?

埼玉県警 捏造が得意

316 :270:02/11/12 23:38
>>306
素晴らしい。

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 23:56
よーし、パパもいっちょ推理してみようかなぁ〜

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/12 23:59
しかし、プライバシー全く無視だなw

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 00:01
>306
分かりやすいです。
ありがとうございます。

ところで、>235さんの
「興味深い話」って何でしょうか?
すごい楽しみに待ってるんですけど・・・

320 :306:02/11/13 00:07
田中氏が3人組を目撃した時刻は、何時頃になるんでしょうか?

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 00:18
こうやってまとめると、なぜT・I、O・Gの犯人説が多いかわかるよね

322 :270:02/11/13 00:51
>>320
5月1日の夕方ということですが。この人が自殺したのは不可解ですね。

323 :309:02/11/13 00:56
>270
おこちゃまな推理にレスどーもです(w
いや〜過去の不可解な事件とかも解決してみると結構単純なのって
あるじゃないですか(w
人間の行動とかも理にかなったものばかりじゃないし・・。

自転車は、脅迫状を届けた時に乗ってきただけで
電話を使わず脅迫状を使ったのもそんなに深い意味はないのかも・・。

ただ、じゃあ犯人は誰?と聞かれてもわかんないんですけどね(w

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 00:58
03月12日
疲労したまま。寝込んでいます。
この日記をご覧になるとわかる通り、私は融通が利かなくて真面目ばかりで、
身体も心も弱くて、弱虫なんです。それを欠陥だと謂われるなら、そうでしょう。
でも生まれ持った性質だから・・・。
私、バカなんです。ごめんなさい。
ベッドで横になっているまま教えてくれる教授が欲しいです。成績とかじゃなくて、
好きだから。大学の階段教室でなくてもいいでしょう。黒板の文字が見えなかったり
するし、一つ一つ対話して教えてくれる先生が欲しい。集団授業って嫌い。
臨床教育学というような分野もあるけど、私は弱いからベッドの横に本とノートを
置いて、一日中先生と考えたりしていたい。数学とか化学とか物理学とか、記号の
世界がいまはいちばん好き。いちばん基礎的で遊べるから。文理なんて分け方も
意味ない。
先日、九州大学が面白いことやってるらしいって新聞が書いてた。いいなあ。
小さいころは何でも質問ばかりしている子供だった。いまも抜けない。
理科の図鑑とか好きでした。孤独でもそこだけはいっぱい楽しい世界があったから。
ごめんなさい役立たずで。バカにされて当然ですよね・・・。
もう頑張ったと思う。もう赦してください、休ませてください。お願いだから。

http://www2.odn.ne.jp/~cao13040/


325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 04:16
↑粘着がしつこく個人ページ晒してる↑

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 05:07
対象 URL
ttp://www2.odn.ne.jp/~cao13040/

【情報】embed 等があります
ほとんどの場合において危険ではないでしょう。

このファイルは
embed タグ
iframe タグ
layer タグ
のいずれかにより自動的に外部ファイルを読み込みます。
ブラウザによっては動作が異なりますが, 信頼できないサイトでは注意するに越したことはありません。

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 06:26
一度、ロバート・K・レスラーにプロファイリングしてもらいたい。

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 06:56
やはり千破矢か・・・

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 07:58
善枝さん共犯説。すべての疑問に説明がつきます。
そして無茶な陰謀などありません。

善枝さんはその日、以前から交際のあった不良グループの1人、Aという男と
誕生日を祝う予定であった。放課後にAとその仲間達と会う約束をしていた。
この事は同級生の友達に話したが、さすがに不良のAの名前は出せなかった

放課後、小雨が続いていたので自転車をどこかに置いてA達に車で迎えにきて
もらう事にした。待ち合わせ場所は西武線のガード下である。この時自転車を
持たない善枝さんを主婦のOは目撃した。

雨が本格的に降りだしたので、当時不良グループの溜まり場でもあった奥富玄
二の建設中新居に向かう。このとき矢けん坂で田中登に目撃された。


330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 07:58
Aは当時高級品であったトマトをビニール風呂敷に包んで持ってきた。ビニー
ル風呂敷は奥富玄二の家にあった物。結納の際に使われた物だ。そして同じ
く仲間が持ってきたオニギリをみんなで分け合って食べた。

会話が家族の話になった時に兄の話になった。今日もお小遣いをくれるはずだ
ったのに、4日前帰りが遅かったことを持ち出し、結局くれなかった。それで
少し家族を困らせてやろうと思い、みんなで誘拐事件の狂言をすることにした

脅迫状はみんなで考えた。本物の脅迫状装うため、わざとあちこち消したあと
を作ったり、狂気を演出するためわざと不可解な当て字を使ったりもした。
身代金は20万円位でいいと思った。これはちょうど高校生くらいの年齢が大
金だと思える金額である。

一方中田家では大変な騒ぎになっていた。なぜなら当時誘拐事件が頻発してお
り、万が一にも巻き込まれた可能性があるからだ。帰りがいつもより遅いので
念のために警察に通報した。

ちなみ善枝の出生と母に関してある秘密があったが、それは善枝はまだ知らな
い。もしこの秘密が近隣に知れ渡れば、有力者でもある中田家の名誉に関わる
事だからである。知っているのは中田家の父、長男、長女、次女だけである。


331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 07:59
そんな家族の心配をよそに善枝達は狂言を実行に移す。Aは子分のBとCに脅
迫状を届けさせた。その時ついでに善枝さんは自転車を取ってきてもらうよう
に頼んだ。雨が強く降っていたので、自転車で帰る事ができない。先に家に置
いてきてもらって、あとで徒歩かBの車で帰る事にした。

Bは車にCを乗せ、まず自転車を取りに行った。その後中田家の近くに車を停
め、誰もいないのを見計らいこっそり自転車を戻し、玄関に脅迫状を差し込ん
だ。雨足が強かったので誰も気がつかない。

一方、Aと善枝さんはBとCがいなくなっている間、性交をした。ところがそ
の後ささいな口論がきっかけとなって、Aは善枝さんを殺してしまう。帰って
来たBとCは変わり果てた善枝さんを見て仰天する。A達はとりあえず家の持
ち主である奥富玄二に連絡した。

奥富は小心な性格から自首する事を勧めたが、Aは子分の手前もあるし、事件
が発覚すればBとCもただではすまないと思い、警察には黙っている事にした
Aは誘拐事件を本当の事件にしてしまえば、逃げ切れると思ったからだ。



332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 07:59
奥富玄二は仕方なく不良グループ達を黙認する。なぜならすぐ結婚を控えてい
て、無用なトラブルに巻き込まれたくなかった。協力者として警察に捕まる
事を恐れていたのも理由のひとつ。

その後死体を皆で埋めた。この時善枝さんが成仏できるよう、地元の埋葬の
方法を取り繕った。そしてそれぞれ家に戻り、アリバイ工作に奔走した。

覚悟を決めたAは、偽装工作を確実なものにするため、2日12時に佐野やに
行く事を決意する。捕まる可能性もあったが、Aには勝算があった。なぜなら
Aは地元民で警察が潜んでいそうな場所も大体見当が付いていたし、普段から
仲間達と村を徘徊しているため、裏道などにも精通していたのである。

2日12時、Aは佐野やに向かう。わざと犯人像を回りの警官や登美恵に印象付
けるため、中年男性の声色を使い、存在感をアピールした。警察はこの時の印
象にまんまと騙されてしまい、後の捜査方向を間違ってしまう。

この時の捕り物劇は警察のミスが重なった。犯人は車で来るという先入観、
重要ポイントであるはずの佐野や前に、現場経験の少ない県警本部の人間を
配置したこと。こうしてAは逃げ切ることができた。


333 :329:02/11/13 08:01
 その後・・・
取調べを受けた人物の中に当然Aと仲間達もいたが、決定的な証拠がないため
釈放した。小心の奥富は、罪の意識に苛まれ自殺する。その後不良達は、ほと
ぼりが冷めるのを待つため行方を暗ます。

警察はあせりと威信回復のため強引な捜査を行った。社会的弱者である被差別
部落民に標的を絞ったが、証拠がない。そのため内密にでっちあげたりした。
この事に関して多くの人は承知の上であったが、閉鎖的な農村社会、そして
部落差別意識から異を唱える者は少なかった。特に中田家の人々は警察の要請
もあって、検察に不利と思われる証言に口を閉ざすようになった。また家族の
秘密を守るために、極力事件に関係のない証言はしないようにした。それが後
に大きな矛盾となって法廷で晒され、長男犯人説の根拠になったりする。
しかしこの部落民に対する差別は、民間人増田秀雄のように非難する人もいた。

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 09:19
また、「黒い策略」野郎か。
ビットのムダだからやめろ。

335 :329:02/11/13 09:39
ちゃんと読んでよ。せっかく書いたんだから。

336 :334:02/11/13 10:11
人を引き込む文章力が足りない。
稚拙な長文は荒らしと同じ。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 11:01
>>336
文章力足りないか?
稚拙な長文?
いたって普通だと思うが。

334って、ひょっとして3行以上は読めないヤシ?(w


338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 11:18
では、事件後の関係者の自殺や変死については
どのように関わっているのかも解説してよ。>329

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 11:24
いやいや、なかなか面白いよ。
批判している人も、自分で推理してみたら?
でも、この推理では次女の自殺と、婚約者の「無言の抵抗」の説明が出来ないな。
それと事件とは前々関係ないはずの奥富さんが自殺するというのは無理があるような
気がする。あと養豚所の長男の轢死も謎のままだね。

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 12:49
>>329の推理はなかなかのもの。
文章もしっかりしているし、筋もそれなりに通っている。
いちゃもんつける奴は、自分がまともな文章を書けないので嫉妬しているのだろう。

この推理の難点は、善枝さん殺害が突発的な事故としている点にあると思う。
その鍵は、やはり死体を埋めたやり方。
これを実際にやるとなると、様々な偽装工作に残土処理など、事前に準備して
おかねばならないところがたくさんある。
とてもとっさの判断で行なった「埋葬」とは思えない。
したがって、善枝さん殺害にこそ、この事件の隠された動機があるのではないかと
思えるのだが。

341 :270:02/11/13 12:59
>>329
面白い。善枝さんが犯人の一味なら、その後の家族の沈黙もわかるような気がします。
しかし、結局Aは誰なのか?
さらに、奥富の家が不良の貯まり場だったというのは事実か?
善枝の出生の秘密は中田家以外に知られていないとうのは本当か?
善枝母の生活が奔放だったのなら、近所の人もうすうす気付いていたのではないでしょうか。


342 :329:02/11/13 14:06
みなさん駄文長文読んでくれてありがとう。
とりあえず>334はもうちょっと読んで。

この話の根拠は、スレ1の898さんの伯父さんの話を前提にしてます。
898さんの内容がネタだったら、(´・ω・`)ショボーン
この辺は是非898(このスレ>255さん)に再び登場してもらいたいです。

ただ田舎の不良グループなんてどこにでもいるし、最初に取調べられた人物に
未成年がいた事実もあるので、アリと判断したんですが。
それと中田の兄や警察の陰謀説は考えないようにしてます。


343 :334:02/11/13 14:08
底知れぬ暗黒、ジサクジエン・・・・・・・・

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 14:37
あの脅迫状の作為ある文章を、学の無い不良達がとっさに考えて書けるものなのか
どうか、もっとじっくり考えて欲しい。
実際、本当に不良少年たちが引き起こした事件だとすると、あの脅迫状でそれを
告白していることになり、捜査の眼を他に向けたい心理に矛盾する。

自転車を納屋に置いたことについては、すぐ横に軽トラックがあったので、
発見されやすいようにとの配慮だったと思う。
裏口から入ってくれば納屋は真正面なので、一番置きやすい場所だったのでは?
そこが善枝さんがいつも置いている場所だったというのは偶然だったかも。

ところでこの自転車の件では兄の裁判証言で不審な点がある。
善枝さんが自転車を置く場所は納屋であることははっきりしているのだが、
弁護士の質問に「いつもは家の中に置いている」と答え、
「納屋に置くことは無いのか」と聞かれ「ごくたまにあったかも」と言っている。
明らかに納屋と自転車の件について触れられたくないことがありありとみてとれる。
こういう証言ばかりだから、真犯人扱いされるのだろう。

345 :329:02/11/13 14:38
不可解な自殺者、変死者について
>338−339
私は奥富玄二と他の人々の死は、別の意味があると考えています。
これは、>329からの私の珍妙な推理を無視しても同じです。

奥富以外のほとんど人々はみんな死刑判決が下ったあと、つまり石川さんが犯人
だと断定された後に死んでいるという点です。もうすでに犯人だと疑われる心配が
ないのに、口封じや真相隠蔽の目的で殺されたとは考えにくいと思います。

捜査中に死亡した田中さんについては、
5月11日にはすで石川さんの自供に元づいてスコップが「発見」されています。
これは11日前には警察が犯人を石川さんに絞ってあることが伺えます。
要するに田中さんはシロである、と警察は太鼓判を押していた事になります。
よって上記と同じ理由で、田中さんが何者かに殺される必要はありません。

死因については謎が多く残り、限りなく他殺に近いかもしれませんが、
常識的に考えて、鑑識と医師達の話、そして警察の発表から自殺と判断します。

自殺の原因はわかりません。それが個人的悩みかもしれないし、精神的な
ノイローゼかもしれない。例えば真犯人を知ってしまった苦悩も一つの理由
でもおかしくないし、自分の店の経営がうまくいっていないからかもしれない。
物事の受け止め方は千差万別であり、それが人によっては自殺をする理由なり
得ると思います。

346 :えむびーまん:02/11/13 14:40
霊能者に、被害者・加害者の氏名・生年月日を教えると、真相がわかります。
以前、山形マット殺害事件について、園和子先生に霊視してもらったことがあります。
殺害場面も鮮明に、霊能者にはわかります。
当初は、マスコミ発表を検討したのですが、少年側弁護団から執拗な嫌がらせを
受けると霊視されたので、マスコミ発表はやめました。
検察側の発表に近かつたと思います。ただ、動機については、違っていましたが、、

あと、殺害された人の霊を呼び出して、誰に殺されたのか、直接聞くこともできます。

ただし、いずれの場合も、お金がかかります。
http://www.nichikon.co.jp/reinou.html


347 :えむびーまん:02/11/13 14:45
あと、北朝鮮拉致の死亡される人についても、霊能者には、どの人が
生きていて、どのことが殺されているかもわかっています。
が、怖くて発表できません。
事故や病気でなくなった人は、8名の中には、いませんでした。
生きているか、殺されたかのいずれかです。
殺された人は、霊能者に、助けてくれ、助けてくれ、と訴えているそうです。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 14:54
>>345
あなた、事件のこと何も知らないんじゃないの?
石川氏が別件逮捕されたのは5月23日ですよ。
田中さんの目撃情報を疑って警察は彼を犯人扱いし、二日間厳しく取り調べた。
家族は、それがもとで自殺したといっているくらい。
「田中さんはシロである、と警察は太鼓判を押していた事になります。」なんて
冗談じゃない。もっとよく事件のこと勉強してみて下さいな。

349 :334:02/11/13 15:17
底が知れた浅墓、>>345

350 :329:02/11/13 15:19
>340さん私はあまり重要だとは思っていませんが、これは議論する必要があると
思います。これがかなり前もって用意されている必要があるならば、計画的な犯行
であるといえるし、現場にある物やすぐ近くで手に入れることが可能ならば、偶発的
な犯行だとしても可能です。

ただ顔見知りの犯人による犯行の場合、遺体の顔を隠したり、乱れた着衣を直す
というのは通説のようです。狭い農村社会で犯人が顔見知りの可能性が高い、
つまり誰であっても、一見儀式的と思われる埋葬方法すると思います。

90センチ以上の深さに関しては
これを掘るのにそんな周到な準備は必要でないと思います。1人でも少し時間を
かければ十分可能な深さです。例えば大久保清などはもっと深くて複雑な穴を
1人で掘っています。スコップなど農村地区ならばどこにでもあるでしょう。たまたま
車に積んでいてもおかしくないし、すぐ近所の奥富の新居からパクってもかまわない。



351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 15:49
>>350
死体埋没の情況を詳しく調べ直して欲しい。
単に90cmの穴を掘って埋めたというだけではない。
わざわざ方角まで確かめて頭を南向きにした点。
「ひこつくし」の細引き紐を残した点。
頭の上に玉石を乗せた点。
近くの芋穴の中にビニール風呂敷と棒を「人」の文字にして置いた点。
雑木林ではなく農道をわざわざ選んだ点。
灯油缶6杯分以上といわれる残土を、跡形も無く処理している点。
などなどなど…

いずれも突発的犯行などではなく、用意周到・準備万端で実行した行為であることを
示している。

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 15:56
昨日の夜から最初のスレの方読んでたらマジ怖くなったよー
夜中トイレ行くのも怖かった、、、(泣

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 16:01
>>352
「おい、おい。きてんのか」

354 :329:02/11/13 16:08
>348
5月11日はスコップが見つかった日。

スコップについては、捜査当局の発見したものとの同一性、発見された際の状況が
石川さんが自白と明らかに矛盾している点など、その証拠品としての信憑性が
疑問視されている物の一つです。要するにでっち上げの可能性が高い。
でっち上げの証拠を作り始めるということは、その時点でもう石川さんに絞って
いるのでは?

それがでっち上げかどうかは別として、私fがここで重要だと思うのが
5月11日には「警察が石川さん犯人説の証拠固めを始めた」ということ。

200人以上いた捜査本部の捜査員も、5月18日の解散日まで徐々に減らされて
います。つまり早い段階で警察が石川さんを起訴までもっていける自信があったこと
が伺えます。これは後に無理な捜査の原因となるのですが、、、、。

よって田中さんに関して、本人に太鼓判を押したという意味ではなく、警察側が
事件に関係がないと判断した、ということなんです。もちろん田中さん本人が、
完全に疑いが晴れたと思っていたか分かりません。しかし傍から見て、警察から
の疑いが晴れたことが重要なんです。

そして私はあくまで真犯人による口封じなどの陰謀によって、殺害されたという
可能性を否定しただけです。田中さんはなんらかの個人的理由による自殺だと
思います。

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 16:09
>>353
やめてー!怖いよー!(本気

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 16:18
>>355

   くりか江す 刑札にはなすな
   気んじょの人にもはなすな

    子 供 死 出 死 ま う

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 16:23
うっうっうっうっうっ・・・
。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 16:27
>>357

 「カネとれねェんなら、おら帰るぞ。おら帰るぞ…」

                 …ガサゴソガサゴソ…

359 :329:02/11/13 16:34
>341=>270
Aと不良グループの存在が確認されていないし、ご指摘の内容すべてが推測です。
望みがあるとすれば、前々スレの898さんの伯父さんの話が、事実であることです。

中田家の秘密が外に知られていないかどうか、それ別に重要ではないと思います。
本人達が知られていないと思っているだけで、実は噂になっているかもしれません。
仮に近所の人はうすうす気づいていても、中田家は有力者です。有力者である以上
町の人は着いて行くし、逆らうこともしません。

しかしそれまでは噂だったことが、完全に発覚し、公然と事実として近隣に知られた時。
一気に人心が離れていく可能性があります。農村社会ですから、1人でも中田に非難
を始めたら、みんなそれに流れるでしょう。
それを中田家が恐れていると解釈してはどうでしょう?


360 :270:02/11/13 17:01
この事件、計画的と考えると不審な点が多いし、突発的なものと考えると埋葬方法
や脅迫状についての説明が難しくなりまsu。案外その中間で考えたほうがいいかもしれないですね。
自分の意見を色々変えるのは良くないですが、単なる営利誘拐でもいいような気もしてきいました。
ただし犯人の少なくとも一人は被害者と顔見知りだと思います。
犯人はIT・OZ+αでしょうか。脅迫状を後から修正することといい、自転車を返却したり
脅迫状を届けたりしたりとすごく軽はずみなように見えて実は意味があるなんて考えがちですが、
案外単なる軽率な行動だったりして。
犯人が知的水準が高いというイメージができたのも石川さん擁護の過程で、意図的に
作られたような気もします。
当時の田舎の教育水準なんて今では想像もつきません。
案外犯人は単なる間の抜けたグループだったのかもしれないですね。

361 :329:02/11/13 17:18
>344
脅迫状の作為の程度はどれほどか。
知的な犯人像を匂わせるか、もっと単純な人物かは評価が分かれるところです。

私は要求金額が少ない(現実的?)、共犯者を「友だち」表現している、
簡単な仮名を故意に用字している割には、画数の少ない漢字、中学生
レベルの漢字しか出てこない事
などから、さして知性の必要も感じません。不良少年でも十分納得できます。

脅迫状の鑑定について柳田・斎藤鑑定がありますが、斎藤氏については霊査
除霊について云々、柳田氏は民間の刀剣鑑定士と、両者とも?なところが
ありますが、一応リンクリンクを貼っておきます。

斎藤鑑定
http://www.kanshiki.com/
柳田鑑定
http://www.kantei-dr.com/sayama.html



362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 17:21
>>360
 >犯人は単なる間の抜けたグループだったのかも

ということは、その間抜けグループの罠にまんまとはまった刑札って、
一体なんて表現したらいいんでしょうか?
そろいもそろって天才級のバカボン集団?

363 :270:02/11/13 17:28
>>362
犯人は別に警察を罠にはめようとしたということはないと思います。
石川さんが逮捕されたのも偶発的であると思うし、警察としては大々的に
報道されて今さら誤認とは認めたくなかったのだと思います。
すべての出来事を犯人の合理性で語ろうとすれば絶対に無理が生じます。
だから、納得できる範囲で偶発的な事態も考慮しなければならないと思います。
犯人が間抜けだったとした場合、一番彼らの予想外だったのは、単なる誘拐が
あまりにも大きな事件になってしまったことでしょうね。

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 17:40
>>363
単なる誘拐?
相手は体重60キロ近くの高校生で、しかも男勝りのスポーツ・ウーマンですよ。
わずか20万円を奪う計画の営利誘拐ならば、なぜ幼児を狙わない?
死体を西武園に捨てるように見せかけ捜査の撹乱を謀り、
脅迫状に「車出いく」と4度も書いてまんまと警察を出し抜いたように
みえるのも単なる偶然か?

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 17:57
やげん坂で怪しい3人組を見たという田中証言とスコップ発見が同じ
5月11日というのは偶然とは思えないな。
スコップは大掛かりな山狩りをしたあとの場所で発見されている。
そして怪しい3人組の目撃情報。
いずれも犯人グループの操作撹乱のように思える。

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 18:20
たまたま強姦殺人をしてしまったあとで、どうせなら身代金を盗ってやれ、
という短絡的犯行ってのは、時系列的にどうよ。

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 18:31
>366
それだと犯人誰になんの?


368 :329:02/11/13 18:46
読み返してみると>270さんの説がやはり一番自然な気がする
オーソドックスでガイシュツすぎるほどですが。
兄貴のアリバイは、5時まで野良仕事をやっていてその後の行動が
はっきりしないですね。約1時間半の間ですが、、、。

もし兄貴が善枝に「今日は誕生日だから祝ってやるよ!」とか言って
4時頃連れ出し、すぐ殺して埋めてたら?アリバイは家族の証言で
なんとかなりそう。その後はすべて自作自演。姉はなんとなくおかしい
事に気づく。


369 :329:02/11/13 19:13
>351
南の方向は、土地カンのある人ならすぐわかると思う。仏の情けで南向きに
埋めたとしてもおかしくない。もしくはあまり意識してなかってのではないか?

ひこつくしは、地元の人間なら知っていてもおかしくないという説が前スレに
あった。

玉石は特殊なものではなく、子供の頭くらいの大きさのコンクリートで
土木基礎工事なんかではよく使われるもの、と法廷記録がある。

棍棒はいわゆる「ハジキ」の風習を略式に行ったほど、大袈裟なもので
はなく、木の枝を折ってきたもの。単に死体を運ぶのに使ったのでは?

残土は、本来ならば灯油16杯分くらい出てもおかしくないが、踏み固めたり、
ならしたりすれば灯油6杯分くらいまで減らせる。しかも現場の土である火
山灰ならば、ほとんど残土なしに、人間1人分位埋めることが可能、
という科学的検証がされています。

ちなみに>351さんは、どのように意味が込められていたと思いますか?

370 :351:02/11/13 19:37
>>369
死体が埋められていた情況をよくよく検討してみると、そのあまりの「情報過多」に
驚かされる。
>>351で挙げた他にも、下着をずり下げスカートをまくっていかにも「強姦された死体」
ということを強調している。
土葬ならば、両手を合わせ仰向けに頭は北向きに寝かせるはずだが、これを全て逆形式に
した上、両手をうしろ手に縛り目隠しをして首にはひこつくしの紐、というのは念が
入りすぎている。

棍棒は死体を運べるほど太いものではない。
残土実験については、現地で何度も実験が行なわれており、いずれもかなりの量の
残土が出るとの鑑定結果が導き出されている。
「ほとんど残土なしに、人間1人分位埋めることが可能、という科学的検証」
とやらは、「埋めたあとは手で平らになぜておいた」という石川自供に合わせた
検察側の「科学的検証」ではないのか。
同時に玉石も、あの場所の土の中に偶然混じっていた、ということはありえないという
鑑定結果があり、犯行に使われたとされるスコップに付着した赤土も、この土中には
存在しないことが明らかになっている。

以上のことから、あれはやはり前もって周到に準備された「埋葬」だったと結論付ける
しかない。
そうであれば、善枝さん殺害は当初からの計画通りであり、決して行きずり犯の
突発的な犯行などではないことになると思う。

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 21:03
あまりにも不可解な謎が多すぎて、どの謎に重点を置くかで
事件に対する解釈が大きく変わってくる。

ここしばらくのスレの流れでは犯人が自転車を返しにきたのを
事実として扱われているが、前スレにもあった長兄が回収に行ったという方が
1st898さんの叔父の証言と合わせて考えると自然に思える。
もちろん自然だから、現実的だからといって正解とは限らないうえ、
また別の部分で辻褄が合わなくなるのが、この事件が迷宮たる所以だと思いますが。

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 23:19
山の学校って一体何?
今でもあるの??

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/13 23:21
 野間宏著「狭山裁判(岩波新書)」上巻 p.119に、善枝さんが中学三年時の担任
だった相沢健一教諭の話が載っています。そのまま引用すると、
「私(野間氏)はあらためて善枝さんに恋愛関係、男性関係があったと考えること
はできないかどうかについて質問した。公判調書のなかにはこの判断のほうが数多
く見られることを私はいった。相沢先生は私のこの問にたいしても冷静だった。相
沢先生は担任の教師として善枝さんの家を家庭訪問したときのことを話し、変った
家庭であることをつげ、そのようなことがあるとすれば、何か家庭的な事情があっ
て、それが原因になって、そのようなことが生じたものと考えるほかには、考えら
れないといった。そのようなことが生じるとすれば、それは何かわからないが家庭
の事情がもとになって生じたと考えることはできるということなのである。」
 と言う内容です。
 ここで言う「変った家庭」とは「種違い」のことを指すのか、これとは別の何ら
かの事情があるのか気になるところです。

374 :270:02/11/14 00:23
>>373
恥ずかしながら野間宏の本は読んでないのですが、すごい話ですね。
家庭訪問しただけでおかしいという家庭とは一体何なのでしょうか。
大きな家だから貧しいとかそういう意味ではないですし、
種違いであるというのも家庭訪問ぐらいで一介の教師が知ることができるのでしょうか。
情報が多くて混乱してきましたが、亀井トムは家庭の事情について
何か書いているでしょうか?佐木隆三はこの点については触れてませんね。

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 03:52
>>365

そうか。スコップは警察側の捏造と思ってたけど、犯人グループの
かく乱工作って可能性もあるやね。






376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 04:23
>>365
そうか。スコップは警察側の捏造と思ってたけど、犯人グループの
かく乱工作って可能性もあるやね。






377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 11:52
この事件で発見された証拠品は、スコップから始まり教科書・カバン・時計・万年筆
すべてが大掛かりで大人数で行われた徹底的な山狩り・家宅捜査のあとから「発見」
されている。特に石川氏の自宅の鴨居から出てきた万年筆は有名だが、
石川氏は取調官から「ひげ剃りのカミソリを置く場所を書いてくれ」といわれて
鴨居の場所を図面に書いたそうだ。

ところがその鴨居にないはずの女物の万年筆が出てきたので、石川氏は驚いた。
それで石川氏は「兄ちゃんがやったのかも」と思ったそうだ。
「兄が犯人なら俺がやったことにしよう」とこれが嘘の自供の一因にもなっている。
実際、刑事たちも「お前が吐かないのなら代りに兄貴を逮捕する」といって脅している。
一家の働き頭の兄が捕まっては困ると考えた石川氏は、刑事の「10年で出してやる」
という「男の約束」を信じて自供に至ったというわけだ。

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 12:56
実際、一審判決が死刑ではなく無期懲役だったら(今だったら多分無期だろう)、
石川氏は控訴しなかった可能性がある(仮釈放で最短15年で出てこれる)。
そしてそのまま事件は「解決」していただろう。
死刑判決を受けても「男の約束」を信じて平然としていた石川氏は、拘置所に戻って
拘留仲間から「警察のいうことなんか嘘だ。控訴しないと本当に死刑になるぞ」といわれ
心配になって看守に尋ねると、看守は六法全書を見ながら「大丈夫。10年で出られる」と
いい、石川氏に控訴をすすめた仲間を他の房に移したそうだ。

石川氏が控訴しなければ彼は死刑執行されてやはり事件は「一件落着」した可能性が高い。
警察・検察・拘置所がグルになって無罪の若者を死刑台に送る一歩手前だったことになる。

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 13:51
裁判所が鴨居の現場検証をガンコに拒んだのには理由がある。
プロの捜査官がガサ入れで見落としたなどということがありえないのが、
一目見ただけで分かる。子供でもよく見える場所なのだから。
鴨居は現地にそっくりそのまま復元されているから、近くの人は一度見に行ったら
いいよ。検察調書のデタラメぶりが自分の眼で確認できる。
ところで、鴨居に万年筆を置いたという疑惑がもたれている、事件で大活躍した
あの交通巡査は、今どこでなにをしているのだろう。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 15:09
>>374
亀井本には例の荻原氏が事件当時に県警幹部を告発した文書がそのまま載っていて
(一部伏字)、被害者の母親にふれた部分などは相当にエグイ内容。
中田家とは面識が無かった荻原氏がこれだけの内容を知っていたということは、
当時から、中田家の「秘密」は半ば公然だったと思われる。
長女の家出と家庭内不和は、おそらく母親にまつわるこの噂が原因だと思う。
佐木隆三その他も取材の過程で当然この噂はつかんでいたはずだが、
さすがに書けなかったのだろう。
野間宏もずいぶん思わせぶりな書き方をしているが、あれが精一杯だったと思う。

381 :270:02/11/14 15:37
>>380
被害者の母親についての記事の概要をここに掲示することはできませんか?
あまりにも複雑な家庭だったとしたら、
中田姉ならびに次兄の自殺に関して、狭山事件自体は原因のごく一部だったかもしれませんね。
中田姉の婚約者が彼女の葬式すら行かなかったのも、
彼が事件の関係者というよりは、中田家のあまりの環境を忌避しただけかもしれないですね。


382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 15:40
>>381
スレの1と2を読めば、大体の内容はすでに出ていますよ。

383 :270:02/11/14 16:55
>>382
ということは不倫等ですか?
それが原因であそこまでの大事件になるのでしょうか?
現代的な感覚で理解してはいけないことはわかりますが、
当時の状況を把握するのは非常に難しいですね。
当時の田舎が性的に寛容だったのか厳しかったことすらよくわからない。
被害者が15歳にして性交経験があったのが普通だったのか異常だったのかも。
民俗学的な視点は別として、ここら辺は詳しく知りたいですね。

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 17:05
>>383
今、本が手元にないので、明日でよければ書き込みます。

385 :270:02/11/14 17:20
>>384
よろしくお願いします。

386 :昔話:02/11/14 18:01
 そう云えば石川青年が出所したすぐあとに、狭山裁判資料館となっていた彼の生家が放火によって消失していますね。
 この放火事件の犯人は捕まったのでしょうか?それともこれも事件を巡る一連のミステリーとして、謎のまま残されているのでしょうか?
 もしこれが真犯人、もしくは真犯人をしる者の仕業だとすると、一番直近の犯罪行為と云うことになるのですが。

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 18:18
>>386
その放火事件が起きた頃は再審で裁判所が事実審理に応じるかどうかという微妙な時期だった。
それで鴨居の現場検証をやられては困る当局が火をつけたのではないかとの噂が支援者間で
流れた。石川氏は焼け跡の調査をしたかったそうだが、そのためには焼け跡をそのままに
しておかなければならない。正月を前にして焼け跡の灰が風に乗って近所に舞い上がる。
結局近所に迷惑がかかるということで焼け跡の取り壊しに泣く泣く応じたそうだ。
しかし鴨居部分は石川氏が「まるでそこだけ切り取って持ってきたようだ」と驚くほど
精密に復元されている。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 18:33
>>387
追伸。結局再審要請は棄却された。

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 19:43
 

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 19:57
>>386
石川氏の実家の放火(?)には、真犯人は絡んでいないと思いますよ。
事件はとっくに時効だし、わざわざ新たな犯罪を起こす必要はない。
放火については警察というより、石川氏が再審無罪になると困る勢力の仕業じゃないかな。
それがどこなのかはここでは書けないけれど。

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 20:40
>>390
あえて書いて

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 22:05
単に部落差別に執着するキティでしょ

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/14 22:12
>>270さんは鋭いな。現実的だ。
そんな感じでどんどん妄想探偵を論破してよ。

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/15 10:42
未解決事件だと
どうしても犯人を過大評価しちゃうけど
実際のところ、運や警察の自爆その他で
どこまで犯人の意図どおりだったかはあやしいと思う

395 :昔話:02/11/15 12:37
>>387,388,340さん、放火のその後の情報ありがと。すると少なくとも犯人は捕まっていない、訳ですね。しかし、まあ真犯人のはずもない、と。
僕はあの頃ちょうど殿岡駿星にはまっていた頃だったので、この事件も「真犯人」の仕業!と慄然とした記憶があります。

396 :384:02/11/15 16:25
狭山市川越に住む反骨精神旺盛な部落の人・荻原祐介氏は、事件発生直後から
独自を調査を重ねた結果、真犯人が石川青年ではありえないことを確信した。
そして石川氏が一審で死刑判決を受けたことを権力の謀略といち早く見抜き、
石川氏に面会して、あの有名な二審冒頭での爆弾発言、
「裁判長殿、私は善枝ちゃんを殺していません!」
という「名文句」を授けた人でもある。
正に石川氏とその家族が「命の恩人」として慕う人でもあった。

荻原氏は同時に石川氏を死刑台に送ろうとした首謀者たちを法廷に引きずり出して、
その卑劣な仮面を引き剥がそうと目論み、様々な告発を行なった。
その中の一部に、浦和簡易裁判所宛に提出した、当時の埼玉県警本部長警視監・
上田明氏を被告とする緊急証人喚問請求がある。
以下にその一部を紹介する。
(引用文献は亀井トム著「狭山事件 権力犯人と真犯人」三一書房刊。
 文面の伏字・注釈はいずれも同書によるものである。
 なお、読みやすくするため改行した点以外は手を加えていない。)

397 :384:02/11/15 16:28
尋問事項

一、被告は中田善枝さんの母、故ミツ(明治42・11・18生、昭和28・12・30死亡)
  の存命中の素行を熟知しているか。

二、母故ミツが中田栄作と昭和8・5・12、婚姻したが婚礼中の翌朝中田家の庭に
  何が持って来て置いてあったか。

三、○○○○は男好きの奔放な女性で死亡まで肉体関係をしていたという色男が
  十人位いたということを知っているか(註・以下都合により若干の文字を
  ○○という具合に伏せ字にした)。

四、母ミツは昭和28・12・30午前十時三十分に東京都北多摩郡小平町小川六六二〇
  国立療養所精神科病院に於て「脳腫瘍」という一万人に一人位しかいないと
  いう珍しい病気にて昭和28・12・19に入院して昭和28・12・30午前十時三十分
  に死亡しているが、この母故ミツの死因について村人たちは○人いたという○○
  の中の誰かがやきもちをやいて毒を呑ました、中田家で死んだのでは世間体が
  まずいので、遠い所の病院へ運んで死なせたのだ、といっているのである。

  原告が専門医の意見を徴たる処、国立武蔵野療養所は患者は全部精神病者にして、
  外科医の治療を受けねばならぬ脳腫瘍患者が専門外の精神病院に収容されたこと
  及び脳腫瘍という病気は発病してから三年位患ってから死亡するのが此の病気に
  なった患者の発病から死亡するまでの過程であるという。

中田家周辺の住民は母故ミツは病院に連れていかれるまで毎日丈夫で働いていたという
  ことからして、発病して三年経過しなければ死に至らぬという病気が僅か入院して
  十日位で死亡していることは何か臭い、死亡診断書が臭いとの意見である。

398 :384:02/11/15 16:29
五、被害者中田善枝は、昭和22・5・1生まれで、十六歳であったが、体格は一人前
  の女に成長し、性格は死ぬまで○○○○をしていた○○が十人もいたという
  多情多感、○○な母に似て中学一年位の頃から既に男性に積極的で○○○○を
  持ち、母故ミツに劣らぬ○○が相当いたはずと村人はいっているのである。

  中田善枝さんが強姦されて死んでいるのではなく、和姦の後、格闘乱闘、抵抗の跡
  もなく、おとなしく殺されていたという殺害の状況よりして、村人たちは十人以上
  居た善枝さんの○○の中の誰かが、合意に依る和姦の後、殺害したのに間違いない。
  
  真犯人は善枝さんと事件以前から肉体関係を持っていた○○以上の色男の中
  の誰かであるといっているのである。
  故に善枝さんを見たことも聞いたこともない通りがかりの男が慾情にかられ
  て殺したのではないと異口同音に村人たちは話している。

六、被告は被害者善枝に○○関係をしていたという○人以上の○○の所在を突き止め、
  以てそのアリバイを確認する捜査をしたか。

七、狭山市、入間川の菅原部落及び柏原の下宿部落には、環境の相違よりして中田善枝を
  知っている男性は一人もいないのである。
  この犯人のいない所謂部落に集中捜査攻撃が加えられたことは差別的偏見による
  偏見捜査であったと断定せざるを得ない。

  原告に多分の暇があれば詳細なるききこみを続行して十人以上いたという○○の所在を
  突きとめ、真犯人を発見するのだが、毎日多忙の体でそれができず遺憾である。

(以下省略)

399 :384:02/11/15 16:37
(文中の原告は荻原氏自身。被告は上田県警本部長を指す。
 なお、上田本部長は裁判には代理人を出席させ、徹底無視を決め込んだ。
 彼らが正しいのならば、当然なされるべき名誉毀損による反撃もしなかった。
 荻原氏は石川青年を救うため、この他にも数々の権力者への告発を行なっているが、
 裁判費用などは全て自腹で、石川氏の家族には一切の金銭的負担をかけていない
 ということである。)

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/15 17:53
いいそ!


401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/15 18:13
もっとたくさん興味深い部分を引用してください。
どれも生まれる前に発行された本なので、売ってないんです。

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 04:18
続ききぼんぬ

403 :1−531:02/11/16 12:32
その本は図書館で借りて読みましたが、
荻原氏の迫力は凄い。

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 14:09
>>384氏の引用文の○○○○や○○等伏せ字に何が当てはまるか貴兄等の知識をお借りしたいです。

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 15:34
>>404
よく読めばわかるよ

406 :1−531:02/11/16 20:25
「色男」「10人以上」「肉体」など。

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/16 20:25
>>405
伏字でわかったのは愛人だけな俺っていったい・・・

408 :1−531:02/11/16 22:37
>407
残念ですが「愛人」はありません。
それは「色男」なんですよ。

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 01:04
今更そんだら事伏せたところで読み難いだけじゃん?
性欲だけはイッチョ前以上つ〜だけの事だろ?

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 01:11
それにさ、被害者及び疑わしき関係者はその殆どがあの世行きだし
殺人事件の確信犯及びでっち上げ当局者はノホホンと日がな一日暮らしてんだろ?
別に2ちゃんだからってそれ程擁護してやらなくてもいいんじゃん?

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 13:10
そうだ!そうだ!

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 13:13
狭山の茶畑から女子高生の遺体発見。
遺体膣内から多量のザーメン。
女子高生レイプ中だし地獄

413 :入曽歴3年:02/11/17 14:55
40年近く調べていても真相に近づけないNSさんグループの酒のみ会の時に、これ
だけは聞きたいとおもって聞いて来たことが
「佐野ヤに誰が来たか」
「自転車と脅迫状は誰が持ってきたか」
「事件の関連本が少ないのは何故か」
でありました。もともとNSさんらは前にも書いた怨恨説Aを柱に調べていたそうな
のですが現在のNSさんグループのリーダー格Tさんと連携して情報を交換するうちに
Tさんが柱としていた怨恨説Bとの兼ね合いから双方の情報から無理の無い組み合わせ
を考えるようになったそうです。
それが前にも少し書いた怨恨説Bの変形版となります。現在のNSさんらの考えはこの
怨恨説Bの変形版から佐野屋のことや自転車のことなどの推理を話してくれました。

414 :入曽歴3年:02/11/17 15:15
まず佐野屋には誰が来たのか、それはおそらくI,TさんとKさん(後述)ではないか、と
思っているそうです。これは純粋に金欲しさからの物と考えているそうです。
Tさんに聞くとI,Tさんのアリバイは簡単に崩せるそうです。しかも証言した中の一人
がKさんである、という事も関係しています。
Kさんは佐野屋にのみ事件に関係していて数日して大変驚いたでしょう。しかしI,T
さんに厳しく口止めされたと思われます。しかし人の口に蓋は簡単にできません。
昭和39年の初めに週刊誌の記者に少ないお金と引き換えに佐野屋への行動をほのめ
かす証言をします、それが初期の週間現代に載った佐野屋に現れた人物の軍人説と
言われています。
Kさんはこの時匿名であることと概要をかなりぼやかす事を条件に週刊誌に載せる
ことを承諾しました、そのためKさんがかつて浦和の部隊に所属していた過去の事
が強調された為といわれています。
Kさんは金が無くなると出版社や新聞社に電話して知っている事を小出しにしてい
たと言われています、しかし一切事件に関することをある時期から口にしなくなり
ます。I,Tさんが変死してからです。繰り返しますがKさんは佐野屋に金を取りに行
く事自体にI,Tさんに誘われたのみで他の事は一切知らなかっただろう、とTさんは
教えてくれました。またKさんは昭和30年から35年に窃盗で捕まるまでMさんの材木
工場で働いていたことがあります。つまりMさん(PTA)とは顔見知りであったという
ことです。I,TさんはMさんより情報を引き出す為にKさんを金目当てを目的に誘った
のかもしれません。

415 :入曽歴3年:02/11/17 15:40
自転車は何故納屋に収められていたのか、これは中田長兄がO,Gさんの指示でおそ
らく菅原の祠あたりに置いておいた自転車を回収したと考えているそうです。
では長兄は犯人グループか?ということになります。ここからは少し長くなります。
当時農地への水利事業が狭山市主導で進められていました、各地の区長も計画に
参加し後は予算と計画の練り直しと考えられていました。それが農水省主導により
県が計画推進することに計画が大きく変更されました。
県は浦和市にある大手建設会社に工事を依頼します、そして大手は狭山市内の工事
については入間川にあったKという土建会社に工事を依頼しました。
つまり丸投げをしたと考えられます。その工事と予算をKに持ってきたのが内山(仮名)
という市会議員であり工事の規模は当時の価格で六千万円ほどであったといわれて
います。もともと地元の小さな土建会社が各地域で3分割ほど工事を分け合い施工
されるはずが特定の1社のみが工事を請け負う形となったわけです。
地元の、とりわけ責任のある区長らは反発しました。しかし時期が経つにつれ工事
は少しずつ計画に乗っていったと言われています、しかし最後まで工事に反対して
いたのが中田栄作区長でありました。
それは計画の大きな変更もありますが自分の土地を通る水路の計画も最も気にいら
ない点であったと考えられます。

416 :入曽歴3年:02/11/17 16:14
入間川のK社はしだいにあせり出したのかもしれません、あまりに反対が続くと県が
地域民に考慮して計画を変更するかも知れないからです。そうして内山議員に泣き
ついたのではないでしょうか。当然内山議員にしても自分のマージンが削られる事
になるかもしれないので何かしら打つ手を考える必要があった事でしょう。
そして自分の息の掛かった会社の社員であったO,Gさんを交渉役として抜擢したので
はと思われます。交渉役にされてからはO,Gさんは仕事よりもそちらを優先するよう
に仕出したようです。
O,Gさんは当初栄作さんに直接考えを改めるよう交渉しだしたと思われますが時期が
経つに連れ無理と判断し長兄にその矛先を替えたのではと考えられます。
長兄はある時期から父親には悟られぬように工事計画を飲んではどうだ、と家の中
で発言しだしたのではと予想されます、しかし父親の意見は最後まで変わらなかっ
た。それどころか父親が自分とO,Gさんが密かに意見を交換している事に感ずいたら
どうなるかと考え出したのではと思われます。

そして内山議員は中田家四女を内山議員の経営するバーに出入りする田中という
二枚目に接触させ拉致監禁しその間長兄に父親の考えを変更させようという計画を
O,Gさんを通し伝えさせたのでは無いかと。
しかし田中なる人物は諸事情により当初から監禁にとどめる気はまったく無くむしろ
これを機に中田家を落とし入れる考えがあったのではと。


417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 16:34
すごい、、、、
いままで散在していた情報の断片。
ただの推測でしかなかった点と点が
次第に一本の線につながっていくような気がします。

今までのスレを綺麗にまとめて統合したいですね。
そして関係者、取材を続けている方々に見てもらいたい。

418 :417:02/11/17 16:43
中田家
 父栄作 善枝の父、富豪、地域の有力者
 母ミツ 神経性疾患で10年前に死別、近親憎悪の対象?
  健治  長男、事実上の家長?、あいまいな証言
   K   長女、近県の他家へ嫁ぐ、
 登美恵 二女、自殺、真相を知る?、善枝の理解者
       三女、夭折?
 喜代治 二男、14年後自殺
  善枝  四女、被害者、異父姉妹
  武志  三男、堀兼小学校6年生

   Y  登美恵の婚約者、健治と同級生
306 さんのまとめをアップデートします。
重要人物
石川一雄 事件犯人?、被差別部落民
奥富玄二 B型の血液、1週間後に自殺、中田家の元作男、土建会社と中田家の仲介人

石田養豚場
石田登利造 長男、アリバイ不明、3年後自殺、ひこつくしが得意
     一義 弟、養豚場経営者、スコップを盗まれたと証言


419 :417:02/11/17 16:54
事件証言者、協力者
増田秀雄 元PTA会長、村の有力人物、現金受け渡し時に協力
内田幸吉 怪しい人物が訪ねる、あいまいな証言
  田中登 矢けん坂で不審な3人を目撃、10日後自殺

2ちゃんソース(ソースごとにスペースで区切ってあります)
Q 40代、軍隊経験者、実行犯?
X  30代 主犯?警察の動きを把握する、医学・薬学関係者

H 訓読みではA、事件直後取調べを受ける、その後行方不明

C 17歳、町の不良少年、取調べを受けるがシロ
B A,Cの仲間、唯一車の免許を持つ、事件後行方不明
A  18歳、Cの親分格、怪しい背後関係、矢けん坂に自宅
O  中田栄作と対立する元区長、土建会社を経営
U  大物市会議員、Oと懇意にしている
O2 Uの経営する店の従業員、暴力団関係者、アリバイ工作に協力

 K      元浦和の部隊所属の軍人、石田Tと事件の協力する、S30〜S35増田の元で働く
内山(仮)  狭山市議員、水利工事を牛耳る
田中     内山(仮)の経営するバーに出入りする、善枝さん誘拐・監禁実行犯?
土建会社K 狭山市の水利工事を担当、内山(仮)議員が工事の都合をつける
        奥富に対立する中田家との交渉を依頼

森(仮名) 戦後復員し、紡績業を営むが村の「講」を破り追放
  善枝さんの実の父親?川越の周辺を渡り歩く。母親の秘密?
森の次男 中田家を恨む。石田登利造の仕事を手伝う。真犯人?


420 :417:02/11/17 17:01
入間3年さん
前スレ898さんの伯父さんの話や448さんの話に登場した人達と、
重複している箇所があります。ズバリ、同一人物だと思われますか?

K=Q=森?森の次男? 軍隊経験者
U=内山議員
O2=田中=田中登?? 内田の経営するバーに出入り
土建会社K=元区長Oの経営する会社


421 :417:02/11/17 17:11
もしこれらが事実だとすれば、なぜ今まで出てこなかったのでしょう?
やはり何らかの政治力が働いて、表面に浮かんでこないような圧力が
あったのでしょうか?

もう一つ、入間歴3年さんの話で
>そして内山議員は中田家四女を内山議員の経営するバーに出入りする田中という
>二枚目に接触させ拉致監禁し
善枝さんは、簡単には連れ出せないような女性であった事、誰かと待ち合わせしていた事、
同意の上と思われる性交渉の後があった事を考慮するなら、その辺りはどうなっていると
お考えですか?
もしかすると、拉致を完遂するために善枝さんと田中の間にクッションとなる人物がいた?



422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 18:45
>>421
善枝さんとあのガード下で待ち合わせていたのはOG以外に考えられない。
OGが勤務する西武通運はガード下からよく見える場所にあるし、
OGの退社時刻は3時40分頃で善枝さんの下校時刻とぴったり重なる。
あの日、あの時刻、あの場所でに善枝さんが学校の友人以外で警戒心なく
落ち合うことのできる人物はOG以外にいないと思う。
善枝さんのボーイフレンドは全員警察が調べており、すべてアリバイが確認
されているそうだ。OGのみ退社から5時過ぎに帰宅するまでのアリバイが
あいまいなままとなっている。
その日、OGは一度帰宅して7時頃新居に戻り泊まったそうだから、
善枝さんの監禁場所(殺害場所も?)OGの新居であった可能性が高いと思う。
ところで田中という男の血液型は分かっているのかな?

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 18:51
やっぱり自転車を持ってきたのは兄だったのか…
どう考えても犯人が乗ってくるとは思えないし、
裁判で兄は農作業が終わった4時過ぎから学校へ迎えに行ったという
6時半頃までどこでなにをしていたのか弁護士から聞かれて答えに窮した。
しかも出発時は車庫にあった車を帰宅時は納屋に入れている。
車庫は目立つし狭いので納屋に入れて横に自転車を置いたのだろう。
では脅迫状は?

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 20:17
うおおおおおおおおおおおお

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 20:43
>>416
続き待っています

426 :1−531:02/11/17 21:05
うぅ〜〜〜〜〜
目から鱗・・・
やはり長兄は絡んでいたんですね。

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 22:27
今でも手に入る狭山事件関連でおススメの本ってありますか?

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/17 23:38
教科書は見つかったのに、カバン、時計、万年筆は本物が出てこなかったのはどう
言うことでしょうか?
犯人が金目のものを懐に入れたと解釈できなくもありませんが、足がつく可能性を
考えるととても危険なことです。


429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 00:05
OG氏が自殺した直後、当時の公安委員長が「犯人はなんとしてでも生きたまま
フンづかまえてやらねば」と発言したそうだが、この発言にはどのような意図が
あったのだろうか?




430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 10:23
脅迫状も自転車と一緒に兄が車で運んで来たのだと思う。
車を納屋にバックで駐車し、横に自転車を置いたのでは。
そして脅迫状は自分で戸口に挟んだのだろう。

すぐに出かけられるように土間に腰掛けた兄は、脅迫状を「発見」し、
末の弟に「取って来い」と命じ、それをとって来させた。
(二審で弁護士に「どうして自分で取らなかったのか」と突っ込まれ、
 兄は答えにつまり、弟がいたずらしたのかと思ったと答え、
 さらに弁護士に「弟がいたずらをする時間などないではないか」と
 迫られ、無言で証言席に立ち尽くした。)

脅迫状を手にした兄は、柱時計で冷静に時刻を確認し、
宛名が父親になっているにもかかわらず、自分が最初に読み、ただちに
自宅を出て向かいの親戚の家に走り、事情を説明して父と一緒に駐在所へと
車を走らせた。脅迫状を見てからこの間わずか10分。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 10:39
兄が共犯ではないとすると、結果的に真犯人に利用されている部分があると思う。
父も姉も戸口に脅迫状が挟まっていたのは明確に証言しているので、
自転車と脅迫状が最初にあった場所を知っているのは兄だけだと思う。
それを隠したのは、真犯人からなんらかの脅迫を受けて話せない事情があったのかもしれない。
この時点では善枝さんが殺されているとは思わなかったのだろう。

だがその夜か翌朝に、警察に通報したことが真犯人にばれて、善枝さんがその報復で
殺されることを知ったのかもしれない。
そしてそれは父と姉にも伝わり、それで父は「もう殺されている」と肩を落とし、
姉は「佐野屋に行きたくない」と泣きじゃくったのだろう。

兄も妹を殺した真犯人が、まさか佐野屋に現れるとは思っていないので、偽札を持たせた
のだと考えられる。
佐野屋に出現したのは警察の張り込みを知らない共犯で、逃げられたのは単に運がよかった
だけなのかもしれない。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 10:58
>>429
「死んだ犯人には用はない」ということ。
40人も張込んだのに逃げられ、被害者は殺された上に犯人は自殺しました、では
とても世論の批判に耐えられないし、警察組織内での新たな責任問題となる。
ここは是が非でも犯人を「生け捕り」にせよ、という号令だったというのが通説。

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 12:51
>>428
犯人の一味に善枝さんの顔見知りがいたので、その日の「待ち合わせ」の件を
彼女がノートなどに書き込んでいてはまずいと考え、カバンごと持って行き、
調べたうえ山狩りのあとに教科書だけ投棄したのだと思う。
カバンは遺棄しようと思っても目立つので、どこかで焼却したのだろう。
万年筆と時計は金目のものなのでむしろ盗んでいなくては行きずり犯とみなされない
と思い、これも取り上げて処分したのだと思う。

したがって、この事件の「三大物証」といわれ、これが全て石川氏の自供に基づいて
発見したとされている「カバン・時計・万年筆」は三件とも警察が用意した「にせもの」
であることは疑う余地がない。
不可解なのは被害者家族がそれをすべて善枝さんの持ち物であると裁判で認めていることである。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 13:10
時計と万年筆が「発見」された情況は有名だが、カバンの「発見」も実に不可思議。
「カバンはどこに捨てた?」と聞かれた石川氏は苦し紛れに教科書が発見された
場所の近くを地図に描いた。
そこでその地図を持って捜しに出かけたのが例の交通巡査のS(またこの男!)。
ところがその間、石川氏を取り調べていたH刑事は、「多分カバンはあそこには
ないだろう。俺の勘では道の反対側じゃないのかな」といって、石川氏にその場所の
地図を再度描かせた。案の定、S巡査は「見つからなかった」といって帰って来た。

そこでH刑事は「今度は本当の場所を描いてくれたからもう一度行ってくれ」
といって2枚目の地図をS巡査に手渡した。
そして今度は数名で捜しに行き、近くで農作業をしていた人を立会人にして、
地図どおりの場所でカバンを「発見」している。

ちなみに「発見」されたカバンは品触れ配られたチラシのカバンとは全然別のもの
という指摘がなされている。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 13:13
普通、証拠を「発見」する時、民間人を立会人にするんですか。


436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 13:24
しかし刑札はむちゃくちゃやってるな。
まあ捏造である事は明らかだけど、そういうのって上の人間が指示して
やるわけでしょう?
末端の人や現場の人(捏造する事を知らされていない人)は、
薄々おかしいのはわかっているわけで、これをどう認識しているんだろう。

背徳の意識から、告発する人間もいたっておかしくない気がする。

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 13:29
>>435
そこがこの事件の不可思議なところ。
カバンは農夫を立会人にして「発見」し、万年筆は刑事がとらずわざわざ石川氏の
兄に素手でとらせ、その瞬間を写真に撮っている。(解放同盟が出版した狭山事件の
写真集にその写真が掲載されている)

おそらく民間人を立会人にしたり、被疑者の家族に証拠品をとらせることで、
真実性を高めようと小細工をしたのだろう。
では石川氏の勝手口ににせの万年筆を置いたのは誰なのか。
石川氏の家族によると、万年筆発見の数日前に交通巡査Sが「石川君の着替えを
取りにきた」といっていつのまにか勝手口から上がり込んでいたということである。
それまでS巡査は、石川家を訪ねてくるときは必ず玄関から訪れており、裏口から
勝手に上がり込むということはなかったということだ。

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 14:22
>433
証拠品に善枝さんの指紋があるか調べてみてください!!!

弁護士がナルホドだったこう言っただろうな

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 17:21
S巡査は狭山事件の有力物証である「ゴム紐」「カバン」「万年筆」の
三つに関わっている。
そのうえ、抗議のハンストをしていた石川氏に面会し、
「石川、どうした。メシをくわなきゃ駄目じゃないか」といい、
なんと石川氏の肩を抱いて涙を浮かべた。
親しい警官であるSが自分のために泣いてくれたことに感動し、石川氏は号泣する。

そしてSが「石川、本当のことを言ってくれ」というので
石川氏は「Sさん、俺は本当にやっていないんだ」というと、
とたんに表情を変えて「本当のことを言わないと俺は帰るぞ」とすごみ、
その場を立ち去ろうとした。

石川氏は、空腹感と親しい知人からも見放されるという絶望感に陥り、
ついに「三人でやりました」とウソの自白を始めるのであった。
石川氏の最初の供述調書もこのSが取っている。
一交通巡査が、重大な殺人事件にここまで深く関わるというのは全く不自然である。
1ヶ月間否認を貫かれ、石川氏を犯人とする直接証拠が全くない事件だけに、
あせった警察が石川氏と親しかったSを遣って、泣き落としの篭絡を図ったのだろう。

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 17:37
Sはその後、一審の審理中にも拘置所の石川氏をたびたび面接に訪れ、
差し入れをするなどいろいろと世話を焼いている。
おそらく石川氏が信じていた「男の約束」(十年で出してやるとの刑事との約束)の
ウソに気付いて石川氏が裁判で無罪を主張したりしないようにとの配慮だったのだろう。

面会はかなりの回数に及び、勤務中のことも多かったので、二審で弁護士にそのことを
突っ込まれ、あくまでも自分の自由な意思だったことを強調したが、勤務時間中の
警官が、自分の自由意志で刑事被告人への面会などに行けるはずがない。
面会も上司の命令による「職務の一環」であったことは明白だ。

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 17:44
S巡査はまだ存命しているのかな?


442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 18:04
これだけ重要な事件なのに警察は石川氏を連れて犯行現場の「引きまわし」も
やっていない。おそらくそれをやると証言の辻褄が合わなくなり、石川氏が
証言を翻すという恐れがあったのと、そのことをマスコミに気付かれることを
心配したからといわれている。

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 18:17
腹立つなー、埼玉県警
今も昔も変わらんじゃないか

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 19:02
石川氏は当時の事をどう思ってるんだろう。
警察には恨みもあるから、多少の誇張もあるかもしれない。
と部外者は変に勘ぐってしまうんだよな。

解同とは少し距離を置いて、事実のみを証言してもらいたいね。
当時の事件関係者も口を開いてくれないかな。
特に当時の捜査員。もう引退しているんだったらいいじゃないか。

こりゃ前々スレの898さんに頼むしかないな。また登場して!

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 19:25
>>444
石川氏は講演で全国を廻っているから、一度聞きにいったらいいですよ。
解同の方針に遠慮があるのか、事件自体にはあまり触れないが、話はたいへん面白い。
東鳩の狭山工場に勤めていて、そこで認められ主任になったそうだけど、ある日
ちょっとしたことから自分が字が読めないことがばれて、結局いずらくなって
辞めたそうです。
そこで仲良くなった女性と婚約したけれど、その人は病死したとのこと。
字が書けない石川氏はなかなか就職先が見つからず、事件当時はお兄さんを手伝って
とび職をやっていたそうです。

講演のあと、思い切って真犯人について聞いてみたら、
「自分は一番最初に自殺した人(OG?)が一番怪しいと思っています。」
とのことでした。
その他、興味深い話も聞けたのだけど、オフレコということでここには書けないのが
残念。興味がある人は講演に行って直接聞いてみて。

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 19:34
>>445
>講演のあと、思い切って真犯人について聞いてみたら、
あんたもなかなかのチャレンジャーやなw
オフレコって言っても見ず知らずのあなたに言うくらいだから、
ここで発表してもいいんじゃない?

それかどんな事聞いたのか質問の内容だけでも教えて

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 20:33
>>446
それが本当に書けないんですよ。
石川さんは仮釈放の身で、裁判所が再審を認めてくれるか微妙な時期でもあるので、
迷惑はかけられないですから。
なにしろ「自分の手には見えない手錠がかかっているから、こんな手で死んだ父母を
拝むことは出来ない。」といって両親のお墓参りもまだやっていないとのこと。
「仏壇くらいには手を合わせろ。」というお兄さんといつも口喧嘩になるそうですが、
こればっかりは「固く決心したことだから譲れない」と言っておられました。

質問に答えて石川さんなりの考えの事件の真相を少しだけ話してくれましたが、
仮釈放中の人物が事件に触れて話すことはご法度らしいです。
無罪潔白になれば、全てを話すとのことです。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 20:41
なんで解同は、石川さんのことを働き者で家族思いの
優しいあんちゃんだなんて言うんだろう?実際は
事件当日は、仕事をさぼってパチンコに行ったために
アリバイが無くなってしまったわけだし、傷害や
窃盗など9件も前科があった。素行は悪かったが、
狭山事件に関しては冤罪だ、と抗議した方が
大衆は納得できたと思う。


449 :古参:02/11/18 20:46
いい感じでスレが流れてるね。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 20:57
>>448
いやいや、石川氏に前科などないですよ。
仕事をサボるくらいはだれでもやることでしょ?
それに9件あるという別件の犯罪とやらも、警察が無理やり「被害者」のところに
押しかけて「被害届」をかかせたもの。
「障害」は同乗していた車にぶつかってきたバイクの男に「気をつけろ」といって
胸を突いただけ。男は自分の非を詫びて酒を持って謝りに来ている。
「窃盗」は、仕事先のトラックにあった同僚のジャンパーを借りて着たまま、
返すのを忘れていたというだけ。
それから「森林窃盗」なんて大袈裟な罪状だが、単に雑木林から焚き火用のカヤを
持って来たというだけ。その他もとても「犯罪」とは呼べない軽敏すぎるものばかり。
警察が強引に「犯罪」に仕立てたことが分かっておかしいくらい。
まあ、警察がその気になれば飲み屋のツケでも「横領罪」になるというしね。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 21:42
ほんじゃー俺なんかタイーホされてたら前科46犯ぐらいだな〜。

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/18 22:25
底知れぬ暗黒、刑札

453 :1−531:02/11/18 23:31
良い感じで刑札を叩いてますね。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 03:34
>>453
あなたの推理待ってるんだけど続きどうなりそう?

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 03:37
>仕事をサボるくらいはだれでもやることでしょ?

やらねえよ 

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 04:19

無職の奴はサボる必要無い罠〜

457 :昔話:02/11/19 11:09
>>445さん。

>>東鳩の狭山工場に勤めていて、……
>>そこで仲良くなった女性と婚約したけれど、その人は病死したとのこと。

石川青年は支援者グループの中の女性と、仮釈放後に結婚したと聞いていたのですが、
違うのですか?婚約者が病死?死因に不審な点はないのか?
ここにも真犯人の魔の手が?

冤罪→仮釈放→生家全焼→婚約者病死って、自由の身になってからも
(ほんとはまだ完全な自由じゃないけど)石川青年可哀そ過ぎ。

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 11:51
>>547
東鳩で働いていた時代の恋人が亡くなったのは事件の前の出来事。
現在、石川さんは仮釈放後に結婚した女性と暮らしています。

ちなみに東鳩を辞めるきっかけになったのは、主任になった石川さんは、
お菓子の在庫報告書を書いて提出する立場になったが、字が書けないので、
親しい同僚に代筆を頼んでいた。ある日その人が欠勤してしまったので、
前日の報告書をそのまま出した。ところが運悪く監査に引っかかってしまい、
虚偽の報告ということで、上司に呼び出され問い詰められた。
そこで石川さんは自分が無学で読み書きが出来ないことを告白した。
それがその日のうちに工場中に知れ渡ってしまい、辞めざるを得なくなったとのこと。

石川さんは自分が読み書きさえ出来れば、そのまま東鳩で働いていて犯人にされる
ことはなかっただろう述懐しています。

459 :458:02/11/19 11:53
失礼。
>>457のまちがい。

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 14:10
長兄が自転車を運んで来た(脅迫状も?)とすると、
あの脅迫状の文面を考えたのは、やはり長兄では?という気がする。

大学ノートにきっちりと無駄なく納まった文章。
作為ある訂正と、知識人を連想させる凝った当て字。
計算され尽くした誘導と偽装。
必要最小限の言葉を効果的に配置して、見る者に恐怖心を抱かせる視覚効果。
中学・高校をトップクラスの成績で卒業し、会計事務所に勤め新聞記者の経験もある
インテリ青年が推敲した文章と考える方が自然だ。
字を書いたのはOGかもしれないが、学歴がないOGにはこの文面は構成できまい。
長兄はOGの誘いに乗って、父が翻意するよう妹の誘拐計画に乗ったのでは?

二人とも、まさか善枝さんが殺害されるとは思ってもみなかったのだろう。
ショックでOGは自殺し、長兄は自分が手助けした部分について偽証した。
結果的に二人とも真犯人に嵌められたことになる。

461 :昔話:02/11/19 15:21
>>458さま。
やあ、失礼、よく読めば、冤罪前の話と判りました。
退職→婚約者病死→冤罪逮捕→長い闘い→仮釈放→生家全焼→今も続く闘い、の順ですね。

波乱万丈と云うか、やっぱり可哀想すぎ。

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 19:52
狭山事件関係の本は、面白い推理ものは現在手に入れにくいのが多い。
初心者の人には、解放出版が出している
「差別が奪った青春−実録・狭山事件 俺は善枝ちゃんを殺していない」
という劇画本がおすすめ。
劇画でつづる狭山事件。
石川さんの無罪証明にウェイトが置かれているが、事件の概要はこれでよく分かる。
ずいぶん前の本なので、描かれているのは二審の無期判決まで。

実に荒々しいタッチの絵が、事件の不気味さと不思議にマッチしている。
警察・検察・裁判官が鬼みたいな絵なのが笑える。
アマゾンで注文すると1週間くらいで届く。1,200円。
怖がりの人は、夜中には読まない方がいいと思うよ(w

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/19 23:13
注文しますた

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 05:15
早朝流星上げ

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 10:12
>>460
兄犯人説はすべてのスレを読むとわかり易いんだけど、
自然に考えて可能性は低いと思うよ。
兄貴が犯人でなくても十分に説明がつくから。

それでも兄犯人説に固執するあなたの根拠は?
何か知られざる事実があるわけ?



466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 10:21
脅迫状の内容が凄い→兄貴しかいない。
そもそもこれがおかしい。

第一、脅迫状の内容は読む人の印象によってまちまちでしょ。
石川氏には無理だけど、普通に読み書きができれば
作れる程度の内容だと思うな。
あえていうなら世間知らずの田舎っぽさが残るような印象。
とてもじゃないけど、インテリ青年の計算しつくされた内容には
見えないんですが。考えすぎなのでは?

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 10:46
>>465
自転車を持って来たのが長兄以外に考えられないから。
土地の利権を巡って父親が頑固に考えを変えないのに業を煮やし、
長兄はOGの計画に乗ったとすると、謎が解ける。
ただし、長兄もOGもまさか善枝さんが殺されるのは思ってもみなかったので
あわてたのではないか。
OGはショックで自殺したか、あるいは真犯人側から殺されたという可能性もある。
長兄は自分が事件の一端を担ったとは口が裂けても言えなかっただろう。

佐野屋に来た男も、善枝さんが殺されていることは知らされていなかったとすれば、
金欲しさで現れたという説明がつく。
つまり「共犯者」たちは、最初から「殺人事件」の共犯になるつもりなどなく、
それぞれの思惑で「協力」したが、いずれも真犯人の計画通りに嵌められたと
解釈すれば大体の謎は解けると思う。

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 10:58
>>466
今から40年ほど前の田舎の世間知らずの人間に、これだけの文章が書けるか、
どうかよく考えて欲しい。
事件の登場人物とその後の経緯、兄が新聞に発表した追悼詩型の手記の文章などを
考えると、あの文面を考えたのは長兄との推測は、むしろ自然だと思う。
それと、あの日あの時刻、誰にも怪しまれずに自転車を納屋に置き、脅迫状を戸口に
差し込むことが出来た人間は誰かと考えると、長兄が最適任者だと思えるのだが。

469 :467:02/11/20 15:17
>>467のつづき

そう考えると、遺体発見の報を聞きカメラを持って現場に駆けつけ、冷静に写真を
撮っていたという長兄の不可解な行動も合点がいく。
ただの被害者家族である場合、こういう時にカメラを持って行こうなどとは、
まず頭にも浮かばないと思う。一にも二にもただあわてて駆けつけるだけなのではないか。
おそらく野次馬の中に妹を殺害した実行犯がいるのではないかと考えたのだと思う。
それで写真にとって自分の眼で確かめたかったのではないだろうか。

そして石川氏逮捕の日の談話で記者団に対し、
「犯人は複数だと思う。自分は最初からあの養豚所が怪しいと思っていた。
 殺害実行犯は荒縄に懇望を通して死体を運んだ。残土を奇麗に処分しているので犯人は土工。」
という推理を働かせたのも、養豚所の関係者が殺害実行部隊として遣われたと考えたのだろう。
こういう推理は主犯に心当たりがなければ出てくることはないと思う。

そして自分からは決して口外できない、隠れた主犯に対してのメッセージが、
あのサンケイ新聞に掲載された「手記」だったのだと考えられる。

470 :467:02/11/20 15:19
懇望→棍棒

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 17:22
石川青年は、事件当日に駅の荷小屋で雨宿りをしているとき、前を通りかかった
スポーツ大会帰りの中学生の一行を見ている。
これは近くの某中学校に違いないと、弁護団がその日の校内日誌を調べると、
なぜか、その日のページだけ破りとられてあった。

そしてITが轢死した所轄の駅の業務日誌も、その日のページだけ、
何者かの手によって破かれている。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 17:35
佐野屋での夜に姉が妹の安否を聞いていないのは不可解だが、
検察の調書を読むと「犯人が『おらあ、帰るぞ』と言った後、白っぽい服を着た
人間が走るのを見た」と言っている。
わざわざ目に付きやすい白い服を着ていく犯人というのも解せないが、
犯人が逃げる姿を見ていながらそばにいる刑事になんの合図も送らなかった
姉の行動にも不信感を覚える。

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 19:37
当時のマスコミ報道記事より。

「(中刑事部長)わずか十分くらいの時間でだれにも見られず、中田さん方の
 納屋へ自転車を返し、脅迫状を投げこんでいる。
 これは土地の人間でなくてはできないことだ」(五月五日「毎日新聞」)

「(健治さんが)庭を見ると、いつもの納屋に善枝さんの自転車がちゃんと
 入れられていた。(中略)
 上赤坂には中田姓が九軒ある。善枝さんの隣も中田姓である。
 犯人は、何軒もある中田家のうちどうやって暗い夜に善枝さんの家に、
 脅迫状や自転車を間違いなく届けたのだろう。
 上赤坂部落の家並みや事情をよほどよく知っている者が犯人に違いない」
(五月十七日「週刊朝日」)

「『脅迫状と自転車は車で運んだんでなきゃおかしい』というウワサが
 なんとなく地元のムードになっていた」(五月五日「週刊新潮」)

「善枝さんの自転車を中田家に返したことも、脅迫状を届けるのに利用したほか、
 殺害場所をわからなくさせるための配慮が働いていると推定される」
(五月五日「毎日新聞」)

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 20:21
毎日新聞はまぁ良いとして、
新潮(文春)のような低俗な人種が購読する雑誌のネタを態々持って来られてもねぇ・・
書いてある事が事実だとしても端からガセネタとしか想えないんですよねぇ


475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 20:36
>>474
事件発生当時の記事にはタカだのハトだのイデオロギー色は全然ないよ。
新聞でもっとも真実に近づいていたと思われるのはサンケイ新聞。
文春も二審判決後、佐木隆三を使って事件の再発掘に尽力した。
もっともそれは尻切れトンボで終わったが。
多分、佐木につけたフリーライター・グループ(文珠社)が、亀井トムと
合体して「トンデモ推理」を展開しだしたことが原因と思われる。
実録推理として、これだけ面白い題材はないのに、これ以降大手のマスコミが
狭山事件に関わる本を出すことはなくなった。
おそらくなんらかの「タブー」に触れたからではないかと推測されるが…

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 20:52
>>473
多分同一人物だと思われるが、あなたの情報は凄く細かい。
取材か何かされているんですか?
トムさん?

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/20 23:20
無限回廊のBBSからやってきました。
このスレは他の2ちゃんのスレにくらべて、
恐ろしく内容が濃いですね。珍しく荒らしもいない(w

それもこれも有益な情報を惜しげもなく教えてくれる事情通?の方々や
奇抜な推理を展開してくれる探偵さん(理にかなっているのも恐ろしい)
のおかげですね。これからも楽しく拝見させていただきます。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 10:00
>>477
>珍しく荒らしもいない(w
そう思うんだったらあげないでください

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 11:32
>478
まぁまぁ。文面からして2ちゃんにあんま慣れてなさそうだし、勘弁してやれよ。
ageるなというのは同意だけどさ。

>477
2ちゃんでは、メール欄に sage と半角で書いておくのが無難です。




480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 12:54
そういうこと言われると荒らしてみたくなるんだよ

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 13:08
>>478
いいじゃん。上げたほうが。
何イってんの????

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 13:54
前のほうのスレで、二審が有罪判決だったのは石川氏を支援するのが解同だけでなく
新左翼・過激派をも含めた団体にまで及んでいたことで、無罪判決を機に彼らが一気に
勢いづくのを恐れたのでは、という解釈をしていた人がいたが、
先日、石川氏の講演を聴きに行ったら、石川氏自身がこう言っていた。

「現在、再審請求闘争をしておりますが、司法側がこれを認めると解放同盟に力を
 与えることになる、それで再審の門を開かないのではないか、という人がいます。
 もしかしたらそういう側面はあるのかもしれないが、自分としては、裁判官の良心を
 信じたい。なぜなら、事実審理さえやってくれれば、私が無罪なのは明らかなのですから。」

その他、石川氏は「これを言うと解放同盟の方に怒られるかもしれませんが」と前置きして
事件に関することなどもオフレコを条件にかなり突っ込んで話してくれた。
石川氏は彼なりに、事件とこれからの裁判闘争をかなり冷静に分析しているとの感じを持った。
狭山事件で石川氏は、ある意味では善枝さんや殺された(?)関係者達より以上の被害者ともいえる
人物だけに、それは当り前かもしれないが。

それでも、石川氏が決して解放同盟と一心同体ではないとの印象を受けた点は、やや意外だった。
(かといって両者の関係がまずくなっているというわけではない。)

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 14:14
やっぱり解同って石川さんの意思を尊重するより
自分らの活動のために支援してんのかねぇ。


484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 14:25
一審で石川さんが検察の操り人形状態だった初期から熱心に無罪を主張していた
共産党系の弁護士連も、共産党が解同と喧嘩別れしてから裁判から手を引き、
今では全く知らん顔だからなあ…
まったく、無実の人間を救済するときくらい、くだらんメンツやイデオロギーは
捨てられんのものか。
これじゃ埼玉県警や検察当局と大差ないぞ。

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 14:28
>>473
どことなく身内身近の人犯人説を匂わせる書き方です。
つまり事件発生当時から、マスコミにそのような書かれ方をしていた。
ということは、警察の見解も当初は身内犯人説だったいう可能性がありますね。
マスコミは、警察の発表を元に記事を色々憶測するわけですから。

あと長兄は、当時メディアへの露出が多かったそうですが、
その時に記者などから突っ込まれたり、キワドイ質問をされたり
してないんでしょうか?もしその問答が残っていれば、面白いですね。

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 14:50
事件発生当時は、警察もマスコミも犯人像については
「地元の人間。中年男。被害者と顔見知り。複数犯。」との見方をしていたようだ。
ただし、長兄をこの時点で疑う者は皆無だった。

そこで死体発見の二日後の5月6日に結婚式を翌日に控えたOGが自殺したとき、
彼らは色めきたった。
地元の者で顔見知りとなると、その人物はかなり絞り込められる。
犯人にとっては袋のネズミ状態で、もう自殺するしかないのではという声も
囁かれていた矢先の出来事だった。
現にずばり「追い詰められた犯人が自殺?」と書いた新聞があったほど。

ところが例の篠田国家公安委員長の発言「犯人は生きて捕らえねば」で、
「死んだ奴には用はない」との捜査方針(?)となり、OGは早々とシロとの
発表がなされた。
これにはマスコミも首を傾げたが、「犯人が地元の人間であるはずがない。」
「警察はヨソモノ(部落のこと)がいることに気が付かないのか。」という声が
地元民からまき起こり、堀兼農協では「警察不信任決議集会」まで開かれた。
地元住民は刑事の聞込みにも全く協力せず、捜査は完全に行き詰まっていた。

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 15:02
犯人を早く捕まえなければならない警察は、地元民がいう「ヨソモノ」が経営する
養豚場に眼をつけ、そこの関係者への見込み捜査を開始した。
すると住民たちは手のひらを返し「不信任決議」を取り消し、刑事たちに「炊き出し」
をして協力し始めた。
(ちなみにこのときの「炊き出し係」の中に裁判で石川氏が「中田家の場所を聞きに来た男」と
 証言し、二審でそれを事実上撤回したUの妻がいた。)

長兄も「あの養豚場が怪しいと最初から持っていた」そうで、地元民も同じ考えだったのと、
早く犯人逮捕にこぎつけたい警察の思惑とが一致したのだろう。
当初の「顔見知り・地元の人間」という犯人像から逸脱し、被害者とは全く接点がない
石川氏が、「筆跡が似ている。アリバイがあいまい。血液型がB型」との容疑で別件逮捕される。

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 15:18
石川氏が捕まったのは、見込み捜査をした警察が、養豚場に出入りしていた者を調べて、
彼だけがB型の血液型だったからともいわれている。
警察は当初、長兄が推理したように石川氏を含む養豚所関係者数人の犯行とみていた
ようだ。石川氏の最初の自供もその線に沿って「3人でやった」となっている。

だが、自供の辻褄が合わないこと(冤罪なのだから当り前だが)と、ITを初め養豚場の
経営者である彼の兄弟や石川氏の友人などを逮捕して厳しく取り調べしてはみたものの、
結局、犯人と決め付ける証拠を得られず、かといって全員釈放となると、新たな責任問題
が発生することは必至なので、石川氏を騙してでも彼の単独犯ということで調書を作り、
それに併せて証拠を偽装・偽造する道に突っ走ったと考えられる。

なお、長兄が疑いの眼で見られるのは、二審の法廷であいまいな証言を繰り返し、
「記憶がない」「覚えていない」「あのときは夢中で」などと証言拒否ともとれる
態度をとったたことに起因している。
(本人は「いくら疑われても、僕は潔白だから平気ですよ。」と取材の記者に述べている。)

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 17:05
長男が疑われた原因は、おおよそつぎのとおり。

 @5月1日夕方の「空白の1時間半」
 A納屋に返されていた自転車
 B脅迫状発見後即、警察へ通報
 C佐野屋へ偽札を持たせる
 D石川氏逮捕の日に早くも彼を犯人扱い
 E新聞に載せた「奇妙な手記」
 F捏造された証拠品を本物と証言
 G二審での不可解な「健忘症」ぶり
 H次女と次男の自殺

ざっと挙げただけでこれだけあるが、特に@を弁護士に問われて答えられなかったことと、
こんにちニセモノであることがはっきりしている時計と万年筆を「間違いなく善枝のもの」
と証言したFの件が、いまだに引っかかる。
彼は犯人(共犯)ではないかもしれないが、事件の真相の一端について何かを知っており、
なんらかの理由でそれを隠しているとの疑念が、どうしても消えないのだが…

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 19:12
>>481
長兄の立場で弁明を考えてみました。
(日)石川さんと同じように、偶然アリバイがあいまいになってしまっただけ。
(月)犯人がしたことなので、自分に責任はとれない。
(火)通報は市民の義務です。
(水)自分は嫌だったが、刑札がそうしろと言った。
(木)逮捕された瞬間犯人扱いするのは、別に自分に限ったことじゃない。ごく普通の反応。
(土)証拠品としては偽物でも、刑札が妹の物と同じ物を用意していた。
刑札が証拠を捏造するとも思わないから、妹の物だと思い込んでしまった。
(祭)本当に覚えていなかったのだからしょうがない。
(祝)ショックです。悲しいです。

やっぱり苦しいですかね。

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 19:28
>>490
アリバイについては、石川さんは最初から明確に話している。
ただ、仕事をサボっていたのが父にバレては困ると、なるべく人目につかないように
行動していたのが致命傷となっている。
(それでも彼が自宅に7時過ぎに帰ってきて一緒に夕食をとりテレビの「笑えば天国」を
 見て寝たということは、家族ははっきり記憶しており、従って犯行が出来ないはずの
 彼が一審で犯行を認めたことを不思議に思っていた。)

これに対して1日夕方、仕事が終わって善枝さんを迎えに行くまでの間のアリバイを
訊かれて答えられなかった長男の「空白の1時間半」は、石川氏と比較にならないほど
怪しいと思う。

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 19:31
ということは、長兄も「根拠無くヨソモノを犯人扱いし、地元の人を守る
ために警察の捏造に迎合する村共同体の1人」であった可能性があるわけですね。

Uとその妻、おそらく警察の聞き込みに、部落民にあたかも犯人がいるような
証言をしたであろうその他多くの人達と同じような感覚で事件を見ていた。

長兄犯人説は今まで多くの人が唱えてきましたが、別に犯人でなくとも
どうして辻褄の合わない証言したり、変に証言拒否をしたのか納得がいきます。
地元住民にとってはヨソモノが犯人の方が都合がいいから、というわけです。

493 :492:02/11/21 19:34
読みにくい文章になってしまいました。
すいません

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 19:41
なんでこうまでも長男が出てくるのか。
長男の行動をみると一寸、芝居くさい。
そして父親の存在がやけに薄い。

自分で殺害してよく葬儀に知らん顔して号泣する保険殺人みたいな・・・・


495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 19:49
長男の陰謀とか計画通りとか
そこまで飛躍するとなぁ。
回りの雰囲気に流される、田舎の兄ちゃん
でいいと思うよ。

法廷の証言も、村の寄り合いみたいに
適当に繕ってれば大丈夫、って気持ちが
あったんじゃないの。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 19:56
田舎の兄ちゃんにしてはインテリ過ぎるのが難

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 20:14
どこがどうインテリなのっ!?ねぇ!

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 20:31
>>497
>>460

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 20:55
>>498
>>466

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 21:09
脅迫所はこれまで「石川氏には書けるはずがない」という証明は
されてきましたが、では誰が(どのような人物が)書いたか?
というのは見たことありません。

実際、そのような角度からの検証はされているのでしょうか?
私には使用されている漢字や文章から、単純にも見えるし
高度で作為的なモノにも感じます。

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 21:20
>>500
PART1,PART2の過去ログをお読みになることを謹んでおすすめ申し上げます。

502 :500:02/11/21 21:32
パート1、2にはいろんな方が考察されてましたが、
488さんが一番詳しく分析されていたようです。
ただ、どれも個人の見解で、すこしオカルト的なものもあり、
同意できない方も多かったようでした。

科学的(文章鑑定や犯罪心理学的プロファイル)に
基づいて検証の記録は出ていなかったと思います。
もしわかるなら具体的なレスの番号を教えていただけませんか?

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 21:46
488は電波だよ
途中で自由詩がどうのって言ってたもん

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 21:54
>>502
脅迫状の文章の専門的な鑑定は、今石川氏の弁護団が裁判所に提出している
元栃木県警の鑑定士・斎藤保氏が詳細な鑑定報告書を作成している。
>>361で紹介済)
斎藤氏は元警察官だけに、狭山事件で権力側と敵対する鑑定結果を出すことに
ずいぶん圧力があったそうだが、「自分は自分が正しいと思った鑑定結果を出すだけだ」
と言ったという。拘置所で文盲の石川氏にかかりきりで文字を教えた刑務官といい、
この斎藤氏といい、権力側にもまともな人間がいることはいるという実例。

脅迫状については、多くの国語・言語学者が「学力が低い者が作成した文章ではなく、
字を書いた者も、相当文字を書き慣れている」との一致した意見が報告されている。

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 21:56
>>503
脅迫状が「詩的な文章」というのは俺は同意するけどね。
ついでに兄の「新聞手記」もね。

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 22:11
斎藤鑑定は物理的な面から検証したのであって、
具体的な犯人像、心理面の報告は書かれていません。
無論、彼の経歴から言えば当然ですが。
ましてや高度な知性を持つインテリだとは
どこにありませんよ。

あくまで石川氏の無罪を証明する立場で
鑑定しています。
それよりも国語・言語学者の見地からの
鑑定が気になりますね。

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 22:43
こんなスレ立ててみました。
ただしこのスレの存在はまだ内緒ですw


脅迫状を鑑定してみてください
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1037884739/

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/21 23:47
>>507
おもしろいかも。

神戸事件でも当初の推理で
日本の文筆家や文化人がマヌケな事を推理していたことを考えると、
松本清長や井上靖なんかが言った事をそのままう呑みにもできないが。

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 00:28
被害者の父・栄作氏は、石川氏逮捕前に
犯人は顔見知りに決まっていると言っており、
次女の登美恵さんも助け合った仲間のはずなのに、とコメント
していた。しかし賢治氏は養豚場が怪しいと言っていた。
同じ家族でも見解が違うのはなぜ?

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 02:04
http://qb.2ch.net/test/read.cgi/accuse/1036151085/
スレの>>145の事件解決板 に清き一票を


511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 08:45
言語学者の書いた本に少し載っているみたいです。
内容は知りません。この本の第2部の中の1考察ですね。

  大野晋『日本語と世界』(講談社学術文庫893、1989.9)
  二人の研究者(本居宣長・橋本進吉)、日本語と文化・人間との関わり、
  日本語の系統、の三つの柱からなる論文集。
¶まえがき/第一部 語学と文学の間
第二部 日本語について
/文法ぎらい/ハとガの源流/日本語について/日本語の将来/稲荷山古墳出土鉄剣の銘文
/狭山事件の脅迫状は誰が書いたか/
第三部 日本語はどこから来たか

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 09:03
よく言われることなんですが、精神医学者や、心理学者の
脅迫状鑑定は学者によって見解がまちまちで
一定していない事が多いそうです。
中には的はずれなモノもあり、警察はあまり信用していません。
以前、神戸のサカキバラ事件の時もメディアによく
専門家と言われる人々の意見が載っていましたが、
誰も14歳の少年が書いた、とは言っていなかったようです。

ちなみにR・K・レスラーがワイドショーで事件のプロファイルをした時、
的ハズレのようでしたが、実際結構当ってました。

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 09:13
レスラーはかなり当てたよね>榊原
かなり年齢が低いみたいなことも言ってたし

マスコミからの情報だけだから
あれでレスラーの力量を推し量るのは無理だと思う

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 09:24
レスラーは学者というより、ベテラン捜査官でしょ。
日本の警察だって経験のある刑事だったら、犯罪現場を見て直感的にどんな犯人か予測できる。

それをレスラーが統計や心理学を使ってわかり易いように説明しただけ。
経験のない人でも彼の理論を使えば現場刑事のように予測が立てられる。


515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 11:08
>>514
それは無理というより質が全然違うんじゃないか。
日本と米国じゃあ。
日本でのプロファイリングは遅れてるからねえ、いつまでたっても
現場刑事のカンに頼ってる。
たしか佐野やの張込みの時に本店から米国仕込みの科学捜査官がきたけど・・


516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 11:15
>>514
経験のない人だとまだ無理だよ。
チェック項目みたいなのがあれば、別だけどまだそういう訳にはいかない。

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 11:50
脅迫状は誰が書いた(書かせた)にせよ「無教養で漢字もろくに知らない人間」
ではないことだけは確か。

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 14:06
>>517
何をいまさら、、、

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 14:20
>>518
いまさらでも念を押しとかないと「無学な不良でも書ける」という奴がいまだに
いるんですよ。

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 14:55
まあまあ、いろんな見方がありますがな
507の立てたスレに期待しましょ

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 15:13
>「無学な不良でも書ける」という奴が
>>329−333の「黒い策略」の事言ってんの?ありゃフィクションでしょうが

それよりスレ読み返して見たんだが、>>235の続きが気になるんですが。途中で止めるなy!


522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 15:17
フィクションでもいいから、誰かこのへんで事件の真相を要領よくまとめろ!
石川氏の無罪証明はもう不要。十分わかったから。

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 15:21
こんなのあったよ

川越の歴史5(事件)
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/kwg1840/rekisi5.html

横ヤリスマソ

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 15:44
>>522
真相は闇の中です

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 16:35
陰謀説、恐怖の脅迫状に固執する人がいるのはなぜか?
それはここがオカ板だからです。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 20:46
>>506
斎藤鑑定は結果的に石川氏無罪を証明しているが、
最初から「石川氏の無罪を証明する立場で鑑定」したわけではない。
確かに鑑定結果は物理的側面からのものではあるが、同時に計画性が高い犯行
であることも証明しており、これが「流しの不良の思いつき犯罪」などではないことを
想定させるに十分な鑑定結果ともいえる。

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/22 22:21
国語学者の大野晋鑑定で、は高度の教養を持つ
年配層としていますね。
ただ鑑定の根拠も?なところもあります。

例えば「中田江さく」の江は〜さん江という用法
で使われる場合が多い。しかもそれは年配層し
か使わないから、犯人は古い文章を書く人など。




528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/23 19:15
過去スレ(1-805)に長男手記の画像が紹介されていますが、見ることができま
せん。どなたかUPいただけませんか?


529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/23 19:22
みんなネタも尽きてきたのかな?

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/23 23:20
善枝の殺害が16歳の誕生日…。ということは法律上、女子が婚姻可能になるその日ではないでしょうか?
その辺になにかありそうな気もするのですが、ま、誘い出す上での口実ということでしょうか?

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 00:11
>>530
奥富が犯人だったらその可能性あるね

532 :1−531:02/11/24 00:23

主犯・森の息子(ヨシエさんの種違いの兄)
共犯・O・G I・T

長兄・事件の真相を知る。
    自転車、脅迫状の運搬など加担。

私としては今のところこの線が最も有力かと。
しかしヨシエさんの実父がエイサクではないとすると・・・
森は・・・

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 00:26
森の息子は、>>419の人物表だと
石田Tの従業員みたいだけど、
経営者側が従業員の犯罪を手伝うの?

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 16:23
>>533
養豚場の経営者はITの弟。養豚場を経営していたのは次男と三男で、
長男のITは、養豚場の仕事はやっていなかったと思う。
手伝ってはいたかもしれないが。

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 16:55
>>533
森の息子はITと接点はあったらしいけど、養豚場の従業員ではないと思うよ。

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 17:04
森の息子の田中とやらは一度逮捕されているそうだから、
その調書を読んでみたいね。
ITを殺したのも彼なのか?
ところで、佐野屋に現れた元軍人とやらは、地元の人間だろうか。
だとすれば陸軍中野学校出身で元憲兵のM氏(PTA会長)は、
その正体に心当たりがあったのではないだろうか。
ひょっとしてM氏が突然死したのも、彼のことを知ったからでは…

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/24 23:36
>>536
森の息子って、当初逮捕された3人のうちのひとりなの?


538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 01:10
森とその息子とやらは、存在が確認されているのか?
それにしてもO・Gが犯人でないか共犯がいるとしたら、
取調べを受けた人物に犯人がいるのは間違いないな。

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 09:27
>>537
「当初逮捕された3人」というのがI養豚所関係者のことだとすれば、
それはI三兄弟のことであって、森の息子ではないと思う。
狭山事件関係では、I養豚所に出入りしていた者を初めとして、
石川氏の友人関係や、素行不良の者など、別件でかなり逮捕されているから
その中に含まれると思う。

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 10:15
>>538
すでに死去しているとのこと

541 :このスレ初心者:02/11/25 15:28
入間3年さんはITさんとOGさんは接点は無いとかいていたと
思いますが、加盟トムさんの本ではふたりの関係はどう書かれて
いるのでしょうか。
たしか健治氏主犯、上記ふたりが共犯となっているとの事ですが
本を読んだことが無いので教えてください。

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 15:36
>>541
横レスですが、亀井氏の初期の本ではたしかに長兄主犯、従犯OG、ITですが、
OGとITの接点にまでは言及していない。
ただしこの説は、OGはともかく部落出身のITに、裕福な農家の長兄が
自分の妹の殺害を依頼したということになり、あまりにも非現実的すぎると思う。
主犯は別にいて、それは中田家に強い恨みを持つ者と考えた方が筋が通る。

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 21:23
まとめ

主犯=中田家の母の不倫相手の次男(事件総体の計画・立案及びIT殺害?)
共犯=I養豚場の長男で野犬狩りの名手IT(殺害と死体埋没、佐野屋出現及びTN殺害?)
従犯=中田家の長男NK(脅迫状の文案作成、自転車運搬と脅迫状差入れ及びその後の証拠隠滅・偽証)
   中田家の元作男OG(脅迫状筆写、被害者呼び出し。のちに自殺?)
   元軍人K(佐野屋出現、逃走。詳しい背景は知らず。)
   農夫TN(捜査撹乱のため、にせ情報を警察に通報。見破られ尋問を受ける。のちに殺害さる?)

以上。NKとOGは共犯といってもいいが、被害者殺害までは知らされていなかった
と思われる。なお、のちに中田家の次女と次男は事件の真相の一部を知ることとなり(?)
自殺したものと考えられる。

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 23:41
オイオイ、勝手に犯人を決めるなYO!
「森犯人説」くらいいれとかないと、いきなり来た奴が勘違いする。
第一、不倫相手の次男は存在が証明されてないだろ。

根拠となるエピソードの一つでも書けや

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/25 23:45
狭山事件age545

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 02:12
でもさ〜実際にそんなに複雑な事件なんだろうか??
もっと単純な事のような気がするけど・・。


547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 02:34
>>546に同意。
40年も前の事件でしかも農村地帯ということを考えると
そんなに複雑ではないような。
関わった人が多ければ多いほど情報は漏れやすい。
そしてイマイチ動機が不鮮明。
中田家に怨みをはらす為の四女殺しなのか?



548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 10:26
>>547
上の脅迫状鑑定スレには様々な策謀が渦巻いています。

脅迫状を鑑定してみてください
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1037884739/


549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 13:29
佐野屋に来た男の声を聞いた六人の内、姉を除く五人はいずれも「中年男の声」といい、
石川氏の声と似ているとは言っていない。
「そっくりです」と言ったのは姉だけだが、これは石川氏の声を録音したテープを
遅く回転させて低くなった音声について証言したもの。

最近、石川氏の講演を聴きに行ったが、彼の声は甲高いほうで六十才半ばという年齢
よりも若く聞こえる。事件当時は、おそらくもっと高い声だったのではないかと思う。

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 15:28
動機は、四女を殺すことで中田家への恨みを果たすことだったと思うが、
いくらなんでも娘が殺されたのなら、父親も心当たりは警察には話すはずである。
それが何もいえなかったという理由は一つしか考えられない。
家族の中に「共犯者」がいた場合である。
不覚にも長男が事件の一端を担ったことで、沈黙せざるを得なかったのでは、と思う。
こう考えると、脅迫状・自転車・佐野屋の謎がおおよそ解けると思うのだが。
今までの長男への疑惑は「長男主犯説」に帰結していたのでかなりの無理があったが、
OGも長男も主犯の仕掛けた罠に嵌ったと解釈すれば、事件の大要は見えてくると思う。

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 15:46
全部読んだ!

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 17:30
>>550
別に家族の中に共犯者がいなくてもだんまりする可能性だってあるよ。
近所に知られてマズイ事があって、泣く泣く黙ってたかもしれないし、
誰かに脅されてたのかもしれないし。

他には警察に特定の証言を黙ってもらうように頼まれたとかも考えられない?
今と違って、地域の警察とか学校の先生って尊敬される存在だからね。
あとは逆に警察に憎しみを抱いてるとか。

そういう意味では間接的に共犯者かもしれないけど、
警察に協力しなかったから家族に犯人がいるってかなりの飛躍。

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 19:21
>>551
感想を述べよ

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 20:17
それにしても自転車の謎はわからんなあ…
脅迫状も佐野屋も謎だが、俺はこの自転車の件が不思議でたまらん

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/26 20:40
結局>>235はネタだったのね。

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 11:39
拘置所で否認を続け、あまりにひどい取調べに抗議のためハンストしていた石川氏を
絶食四日目に診断した医師の話が出ていたが、この人は当時、川越市の赤心堂病院から
拘置所に派遣された医師。
石川氏が自白したのはこのすぐあとなのだが、警察側は自白調書の日付けをごまかしている。
絶食中の自白であれば証拠能力なしとみられるので、この点は裁判で重要な論点となった。
弁護側はK医師を必死で探したが、彼は忽然と姿を消した。
そして事件から7年後の昭和45年12月25日に、なんとタイ国の港に停泊中の船内で
死亡していたことが判明する。
船医をやっていたそうで、彼自身はアルコール依存症であったともいわれているが、
死因は不明とされている。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 13:39
あら、被害者を解剖した医者じゃなかったんだ。

自転車の謎
1 脅迫状を届けるために犯人が乗って来た。
2 長男が別の場所から持って来た。
3 最初から納屋に自転車は置いてあった。

1 どしゃぶりの中を婦人用の自転車に犯人が乗ってくるとは考えられない。
途中まで車できてからそこから自転車を納屋に返したのか。
もし交通の手段と考えたら帰りは歩いて帰ったのか?それとも被害者宅から
近いのか。
自転車を返す時にもしくは脅迫状を玄関に入れる時に長男に見つからなかった
のは偶然性なのか。

2 自転車と脅迫状は長男が捜しにいってガード下から持って来た。
すなわち事件発生の時刻を遅らせるために警察グルに。
また奥富新居から運んで来た説。この場合長男も事件に関わった。

3 四女は学校からすでに帰宅して自転車を納屋にしまった。
そのあと事件に巻き込まれる。
その場合にはカバンをどうしたのか?
家族は帰宅したことを知っていたのか?







558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 14:23
>>509
父親は、主犯のとして森の息子を念頭においてしゃべっていると思う。
長男の方は、自分が共犯なので森の息子にはふれることが出来ない。
そこで殺害実行犯として養豚所関係者を挙げたのだと思う。
主犯については、例の新聞手記でそれとなくふれているようにも感じる。

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 14:42
>>557
 1 脅迫状を届けるために犯人が乗って来た。
どう考えても、危険が大きすぎる。
脅迫状だけならまだ分かるが、自転車となると「私が犯人です」と書いた旗を背負って
走るのと同じなわけで、捕まれば死刑になりかねない事件でそんなことをする馬鹿はいないだろう。
(この点、取り調べの検事も不審に思ったようで、石川氏に「中田家の事情に詳しい共犯がいるだろう」
 と彼を問い詰めている。)

 3 最初から納屋に自転車は置いてあった。
長男は車で学校へ行く前に自宅にいたわけだし、家には他の家族全員が在宅していた。
被害者が帰って来たのと納屋に置いてある自転車を誰も気付かないというのはおかしいし、
家族全員がそれを知っていて秘密にするという理由も考えられない。

よって真実は、
 2 長男が別の場所から持って来た。
としか考えようがない。
この場合、長男は真犯人といえないまでも、何らかの理由で自転車を持って来たことを
隠したい理由があったと思われる。

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 16:17
進むにつれて、妄想の度合いが強くなりすぎてます。
森の次男、なる人物は存在しません。
存在しない人物を勝手につくって推理するのは、
いかがなものか。


561 :sage:02/11/27 16:18
sage

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 16:51
たしかに「自転車返却」は、「佐野屋出現」よりも犯人にとって危険きわまりない行為だ。
しかし、誰にも怪しまれない人間が、これほど大事件になるとの認識なしでやったと
考えるとすっきりする。その意味では長兄は最適任者といえるかも。

「佐野屋出現」も、そこへ行った人間にとっては単に20万円をひったくって逃げようとの
考えのみ(つまり殺人事件という認識なし)だったとすれば、その大胆な行動もうなずける。

「森」については、事件当時母親が中田家に嫁いできたときに嫌がらせをした男が
犯人ではないかとの噂があったが、怨恨にしては母親の一件から年数が経ちすぎているのと、
もういい歳の男が恋の恨みでもあるまい、とのことで噂のままに終わったそうだ。

ところがその「森」に息子がいて不遇な生活を送っていたとすれば、自身についても
実の母親の「不審な死」に対しても中田家側に強い恨みを抱いていたと考えるのは、むしろ自然だ。
入曽歴3年さんが聞いたNSさんらのグループが全くのデタラメ話をでっちあげるとも思えない。
恨みを果たすと同時に、中田家を恐怖のどん底に突き落とし、なおかつ自分の存在を通報されない
ための計画を練り上げた、というのは十分あり得ると思う。

「森の息子」は一度逮捕されたそうだから、警察もその線は追っていたのだろう。
ところがアリバイが崩せないまま、養豚場関係者の石川氏を強引に別件で引っ張って
彼の単独犯という筋書きを作ってしまったため、もう後戻りはできなかったのだろう。

この事件は、主犯と共犯(従犯)との利害関係を丁寧に追っていけば、時間はかかっても
必ず解明されたと思う。
全ては佐野屋での犯人取り逃がしで捲き起こった世論の批判を回避するために、
警察が「なにがなにんでも早期に犯人逮捕」とあせったことに起因しているようだ。

563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 17:28
ヨシエ殺害は、中田家長男・次男・次女の計画的犯行・・・・・・・

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 17:35
「不審死者リスト」に追加一名。

原主任検事(石川氏の調書を取った検事)
二審のさなか、昭和43年1月28日「脳出血」で死去。
ちなみにこの前年の10月にITが「轢死」している。

565 :sage:02/11/27 18:09
森の次男、という人物は存在しません。
もっと真正面からきちんと推理しましょう。



566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 19:11
いないと言い切る理由は何よ。
もちろん、森関係は妄想という可能性は常にあるが。

567 :1−531:02/11/27 19:32
>562
かなり賛成です。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 21:09
妄想にしてはNSさんの話はリアリティありすぎ。
898さんの伯父さん説も説得力があったが、殺害が突発事故だったという点に難があり
「自転車問題」が未解決だったので、自分としてはNSさん説に一票。

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 21:15
>>562
>しかし、誰にも怪しまれない人間が、これほど大事件になるとの認識なしでやったと
>考えるとすっきりする

すっきりしないよ。それで済ますな。

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 21:45
いちゃもんチュー助が一匹紛れ込んだ模様

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/27 23:13
少しくらいつっこんだほうが面白い。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/28 11:20
長兄は善枝さんを迎えに行ったときは、車を車庫から出しているが、帰宅したときは
なぜか納屋に入れている。
これはなぜかと弁護士に訊かれて
「翌日の野菜の出荷に備えて」と答えている。
それならば最初から納屋に入れておくはずだから、これは答えになっていない。

中田家の庭には犯人の足跡も自転車のタイヤの跡も残っていなかった。
したがって、自転車は車に積まれて直接納屋に返されたとしか考えられない。
これほど大胆なことを犯人がしでかすとは到底思えないし、帰りが遅い善枝さんを
心配していた家族が、それに気付かないはずもない。

事実は、自転車を積んで帰宅した長兄が、いつも善枝さんが置いていた場所である納屋に
自転車を置くために、納屋にバックで駐車したのだろう。
そのときは激しい雨が降っていたので、車庫から自転車を押して納屋まで歩くと
かなり濡れることになるので直接納屋に駐車したのだと考えられる。
単に「いつものように自転車を納屋に置く」という行為に限るならば、
それを長兄がごく自然に行なったと考える他に推理のしようがないと思うがどうだろうか。

573 :1−531:02/11/28 21:14
>>572
まったくそのとうりだと思います。
自転車&脅迫状は長兄が持ってきた。
私のなかではこれで決まり。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/28 21:33
自転車をどこから持って来たかが重要なポイントだな。
NSさんらは長兄が車で運んで来たとみているそうだが、
なんでそうなったのかを詳しく聞いてみたいなあ。

575 :1−531:02/11/28 22:02
>>574
OGの新居、その近辺だと思います。
中田・次女の発言
「助け合ってきた人・・・」
がOGを指していることは、もはや免れないのでは?

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/29 19:32
>>415でNSさんらは自転車が置いてあったところを
「菅原の祠あたり」と特定していますね。
それはOGが長兄に指示したとも。
ここまでいうには、それなりの根拠があるはずだが、ぜひ聞いてみたい。
入曽歴3年さんの次回の報告を待ちたいが、今それどころじゃないかな。
早く職が見つかるといいね…なんて人ごとじゃないご時世だけど。

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 01:03
殺害犯人が誰かはともかく、自転車、脅迫状、佐野屋からの逃走の謎は殿岡駿星氏
の推理で説明できると思う。

即ち、@自転車は長兄が車で物置に運んだ、A脅迫状も長兄が家に入るときにガラ
ス戸に差し込んだ、B協力者として現場付近待機していた長兄が佐野屋に現れ芝居
を打った。

殿岡氏は近親相姦のもつれからの殺害を示唆しているが、長兄と被害者が険悪な関
係にあったとすると情事の現場に長兄が乗り込み修羅場となったのかもしれない。

殺害動機については色々と考察されているがアクシデンタルでも良いと思う。確か
に脅迫状や死体の処理など手際が良すぎるようにも見えるが、普段から妄想的に殺
人・死体遺棄を考えているような人物(例えば推理作家志望者)ならば可能ではな
いか?

なお、被害者の首にあった紐が野犬狩りに使われる特殊な結び方であったことは、
部落関係者を陥れるための罠だと思う。

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 02:11
狭山事件age578

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 11:38
>>577
以前にも誰かが触れていたが、殿岡説は「机上の空論」ですよ。
確かに@とAは長兄がやったとしか考えられないのと、脅迫状が複数犯を匂わせているので、
殿岡氏はこれを偽装工作とみて、長兄が全ての犯行を行なったとしている。
となると被害者と待ち合わせていた相手も長兄ということになり、遠回しではあるが
痴情のもつれが動機と結論付けている。

つまり@Aの実行者即主犯。イコール単独犯としたところに、この推理の誤りがあり、
その間違った推理から強引に導かれたのが「近親相愛」というわけだ。
@Aは問題ないとして、次姉を佐野屋まで車で送っていき、近くに待機していた長兄が
すばやく佐野屋へ行き、作り声で次姉に話しかけたあと走って逃げ、そ知らぬ顔で
待機場所に戻るなどという芸当が現実にできるわけがない。
あまりにも馬鹿馬鹿しい「妄想」だ。
これならばまだ亀井氏の「劇団・おまわり」説のほうが筋が通っている。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 11:39
犯行は間違いなく複数犯であるが、脅迫状のカムフラージュは「友だち」が「車出」
身代金を取りに行くとしたことだと思う。
これは偽装で、主犯とは「友だち関係にない共犯」が、「歩いて」取りに行くことを
悟られないための工作だったと思う。

さらにいうと、脅迫状に「30分ご」と書き、佐野屋に来た男も「30分たてば帰らなくちゃ
いけねえんだ。」と言ったことにも注目したい。
つまり犯人のアジトが往復1時間の場所にあることを匂わせているが、これも偽装で、
実際はもっと近い場所に逃げ込んだのではないかと考えられる。

佐野屋には二人来ているようで、一人は川越方面、もう一人は権現橋の方に逃げている。
(石川氏が取り調べ検事に「川越の方に逃げた仲間は誰だ」と訊かれている)
おそらく二人が逃げ込んだところはI養豚場とOGの新居だったのではないかと思われる。

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 11:56
えええ!
サノヤには二人来てたの???

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 13:49
佐野屋に来たのが二人というのは当時から囁かれていた事実。
実際、警察は二人分の足跡の型をとっているが、石川氏単独犯という方針が
決まった後、その事実を隠している。

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 14:01
何にせよ「いなかの事件」だなあ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

元刑事のおじさんをもつ人の話が一番面白かったんだが。


584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 15:23
>583
俺はあの心臓を刺す話しのくだりがトラウマになりかけてるよ。

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 15:39
>583
妻が台所で夕食の片付けをしていて、隣の部屋では父親がテレビを見ている
午後8時過ぎ。外は雨。
そばで赤ん坊が寝ている部屋で、彼は鳥刺し包丁で心臓を正確に一突きで突き刺して
絶命していた。しかもためらい傷もなく、両手にはしっかりと包丁の柄を握っていた。

両親も妻も自殺をするような心当たりは全くないと言い切っており、遺書もない。
どちらかといえば気の弱い性格といわれる彼に、突発的に自殺するにしては、
包丁で一気に心臓を一突きするという「勇気」が本当にあったものなのか。
「自殺」の原因は二日間にわたって警察にきつく取り調べられて、乗って行った自転車にも
乗れないほどフラフラになって警察のジープに乗せられて帰宅したことだけだという。

狭山事件関係の本では、彼に疑いの眼を向けているものはほとんどないが、
898さんの伯父さん説だと、犯人一味だそうだ。
この点、NSさんグループはどう解釈しているのか聞いてみたいが。

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 17:07
>>582
ソースは?

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 21:49
http://mentai.2ch.net/rights/kako/983/983681643.html

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/11/30 22:01
ミステリー板の狭山事件スレッド、閑古鳥ないてるね・・・
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1016283582/


589 :入曽歴3年:02/12/01 12:40
>>576
お気使いありがとうございます。現在昼はコンビニ、夜はGSでバイトしてなんとか
やっています。
今回は前回の書きこみの続きを書くつもりでしたがレスを読むのに時間がかかって
しまい時間切れとなってしまいそうです。
それとまた今度の土曜日の夜に狭山でNSさんらの飲み会があります、もし来れる人
がいましたら是非いらしてください、金曜日まで必ずもう一度ここを覗きます。
場所は狭山駅のすぐ近くです。私も9割方行けると思います(NSさんには行くと言っ
てしまいました)皆さんどうぞよろしく。

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 14:09
>>588
いつも予定調和の推理小説読んでる連中には、この事件のようなホンマもんのミステリーは手に余るようだねw
気の利いたレスが一つもない。

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 14:11
>589
誰か行ってやりーな。

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 20:40
すべてのHPの中で狭山事件に関してはこのスレが1番なんじゃないか
ただの雑談で終らせないで、だれかちゃんとまとめて残してホスぃー

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 22:48
弘前事件
-経緯−
昭和24年8月6日夜、青森県弘前市で松永藤雄弘前大学医学部教授の
妻すず子さんがノドを刃物でつかれ殺害された。当時25歳だった近所の
那須隆が事件後16日たった8月22日逮捕された。那須は無罪を主張したが
二審で有罪が確定、上告も棄却されて13年間服役して仮出所した。
昭和38年1月のことである。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 22:49
−謎−
事件は以外な方向へ展開する。まず、那須犯人説の決めてであった
東大法医学の権威である古畑教授の血液鑑定で那須の海軍用白シャツに
付着していた血痕は「被害者の血液であることは98.5%の確立である」とした。
また有罪としたもうひとつの物的証拠として白ズック靴の瘢痕も被害者の血液で
あると判定された。ところが、真犯人であるとして滝谷福松が名乗り出たのである。
また偶然にも一、二審の公判記録が読売新聞の井上安正記者が発見。
真犯人である滝谷の「ゴボゴボと音がして血が噴出した」と涙ながらの告白を
聞いて那須は犯人ではないという確証をもった。以降、井上記者の活動が始まる。


595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 22:49
その後の調査の結果、犯行当時には那須の白シャツには血痕が付着していなかった。
これが16日後の那須逮捕の際になぜ血痕が付着していたのか。結局、当局が那須を
犯人とするため那須のシャツに被害者の血痕を人為的に着けたことがわかった。
何も知らない古畑教授がそれを鑑定したのだ。
昭和52年2月15日、仙台高裁は那須に無罪を宣告。実に28年の年月が経過していた。


596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 22:58
広前事件の犯人とされた人も部落出身だったよね?
ちなみに上記の名前はすべて敬称。

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 03:05
2を読んでいないものです、1の898さんの書き込みのなかの、お姉さんがいっていた
お母さんがあんな事になっただけでも、、、のことですが、お母さんも変死なすった
のですか?
また、けっきょく被害者の出生の秘密とは、お母さんの浮気に関するものなんですか?
またそれが事実であるのは確かなのですか


598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 09:49
>>597
>>396-399
をよく読めばわかります

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 10:15
>>586
野間宏の本や解同が出している書籍、初期の亀井トムの本にもふれられている。
事件当初は(当然のことながら)複数犯との見方が強かった。
佐野屋に来た犯人は二人で、一人は短刀を持ち、茶の木の枝を切っている。
さらに張込みをさぐるためか、投石もしている。
一人はI養豚場がある権現橋の方向に逃げ、もう一人は川越方面の農協の方に
逃走したといわれている。当然二人分の足跡も証拠として型取りしているはずで、
石川氏も、取調官から同様な質問を受けている。
おそらく石川氏単独犯という筋書きが出来上がったので、もう一人の足跡の証拠は
都合が悪いので検察はそれを隠したのだろう。

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 11:13
>>596
弘前事件は部落問題とは関係ないんじゃない?
第一、青森には部落はないだろう。

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 12:07
一般市民だったら自殺するまで許さない解同ですが、
狭山事件に関して刑札を糾弾したんでしょうか?

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 13:24
解同の糾弾闘争が過激さを増してくるのは昭和40年代後半くらいから。
事件当初は一応見込み捜査と不法拘留への反対を表明していたが、
石川氏が自白した上、一審裁判でも罪状を是認していたので、表立った裁判闘争は
行なっていなかった。
一審では共産党系の弁護士が、それなりに奮闘していたが、なにしろ石川氏がまともに
相手をしてくれないので(石川氏は権力側の罠に嵌って、弁護士を敵だと思っていた)、
まともな弁論が出来ない。最後は「仮に有罪としても、あまりの貧困な生立ちによるもの」
と、情状酌量を訴える始末だった。

一審の判決前日、弁護士が石川青年に向って
「このままでは明日は死刑判決となるでしょう。」と告げると
石川氏は笑いながら「いいんです、いいんです。」と返事したという。
のちに弁護士は死刑判決を前にしてのこの落ち着きようは、弁護士にとって異様な
ものに感じられ「その表情は生涯忘れることが出来ない」と述懐している。

二審に入って「差別裁判糾弾」の闘争が解同を中心に捲き起こり、それに革新系・新左翼系の
反体制運動と絡んで過激さを増していくわけである。
そう考えると、一審の段階で独自の調査をして石川氏が権力側のあやつり人形になっていることを
いち早く見抜き、石川氏に二審冒頭での「爆弾発言」を伝授した荻原佑介氏の慧眼と行動は、
賞賛に値する。
しかし彼も、その思想の面から二審以後は弁護団から疎まれる存在になっていったそうだ。
初期に尽力した共産党も、解同が社会党支持となったことで、弁護・支援から手を引いている。

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 14:34
>>589
自分もNSさん達のミーティングに参加したいんですが、遠すぎて無理です。
そこで入曽歴3年さんに質問してもらいたいことが数点あります。
勝手ではありますが、聞いてもらえたら幸いです。

 T.兄が自転車を持って来なければならなかった事情と、彼は主犯にはめられた従犯なのか否か。
 U.OGとITを結ぶ人物ではないかと思われ、石川氏と彼の友人を薬研坂で見たという
   ニセ情報を警察に流したという、OGの親戚にあたる植木屋ブローカーO(OGと同姓)
   についての情報。またはこのOの事件への関連性。
 V.5人の変死者(OG・TN・次姉・IT・次兄)についての、その死の真相。
 W.PTA会長のM氏は、生前あの「佐野屋の夜」の一件と事件発覚時刻がもっと早かった
   と廻りに漏らしていたと聞くが、その真相について。またその死は単なる突然死か否か。
 X.結局あの脅迫状の文を考えたのは誰なのか。また、書いたのは誰か。
 Y.警察が真相を解明できなかったのは、真犯人側の計画通りなのか。
   それともいくつかの「幸運」が重なった結果なのか。

まだまだあるのですが、とりあえずこれくらいで…
NSさん達はインターネットはやらないのでしょうか?
できればこのスレにやって来てもらって質問に答えてもらえればありがたいのですが。

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 15:02
NSさん
ぼくもいきたいです。

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 19:30
裁判闘争が解同と左翼陣営の反体制運動に利用された面は、時代背景からして
やむを得なかったかもしれないが、運動があまりにも盛り上がり過ぎた点は、
今から振り返ると逆効果という見方もできるかもね。
本当は保守系陣営も取り込んでいかねばならない運動だったと思う。
権力側もこれを無罪にした場合に左翼陣営に弾みが付いてしまうことを危惧した
のかもしれない。

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 20:49
PTA会長は急死する少し前に交通事故に遭って、道路に身体を叩きつけられて
いるんですよね。
なんでも自家用車を駐車して道路を渡ろうとしていた時に、車が追突して
自分の車にはねられた形になたらしい。その時はなんでもないと病院にも
行かなかったらしい。
この件と「脳出血死」との関連はないのだろうか?
そのとき頭を強く打っていたとすれば、数日後に内出血を起こすというのは
ありえないことではないと思うが…

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 21:17
なんでも事件に関係してると思うなよ
ばか

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 21:32
でも死んだ時期があまりにも都合がいい頃なんですよね。
一審判決が出た直後。Mさんは犯人の声を聞いた貴重な証人。
次姉のいい相談相手だったとも聞いている。
彼が急死しなければ、次姉も「自殺」しないで済んだかもしれない。
Mさんと次姉が相次いで死んだことで、民間人で犯人の声を知るものはいなくなった。
Mさんは、佐野屋の声の主は石川氏ではないと知人に漏らしていたし、
次姉も裁判での証言は検事に迎合したものだと荻原氏に告白している。
本当に都合のいい時期に死んでるんですよね、二人とも。
真犯人と警察・検察にとって。

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 21:51
自殺したお姉さんは可哀想だよね。
母親が死んだあと、上のお姉さんは家出。
唯一の話し相手だった妹が惨殺されて家の中の女は自分一人。
母親代わりと主婦の役目もこなさなければならないし、せっかく婚約したのに
実家に女手がないということで籍だけ入れたまま、新婚生活もままならない。
相談相手だったMさんは急死。
そこに自分が証言したせいで無実の人が死刑になってしまうという事実を知らされたとしたら…
お姉さんは石川さんの試験判決があった日から、毎日つけていた日記を書くのを止めて
ふさぎこんでしまったそうだ。
そこでさらに事件の真相か背景を知らされたとしたら、田舎の純朴な女性にはとても
耐えられることではなかったに違いない。
善枝さんも気の毒だけど、事件の最大の被害者はお姉さんのような気がしてならない。

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/02 21:52
石川さんの試験判決→石川さんの死刑判決

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/03 03:12
>>608
くだらん煽りににも動じないあなたを尊敬します

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/03 05:46
先日TVでも報道されましたが、徳島の自衛官自殺事件です。
警察のずさんな捜査が詳しく書かれています。
是非覗いてみてください。

このスレの住人の方達の感想・推理もお願いします。

http://www.nmt.ne.jp/~micino/jiken/

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/03 13:40
いやです。

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/03 19:19
>598
被害者のお母さんの変死の状況はよくわかりましたが、被害者の出生の秘密が
まだわかりません、浮気相手との子供だったということなんでしょうが、その
じじつは、本人たちにとって、はっきりと確認されたじじつなのですか?
結婚相手のほかに、複数の人と関係を持っていて、自分でも誰の子か、簡単に
はわからんでしょうし、血液型等で他人の子であることがはっきりしていたの
でしょうか?

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/04 15:46
映画化するなら、被害者の姉のキャスティングがポイントだな。

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/04 22:50
長兄  :佐野史朗


617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/04 23:31
それ、イイ!

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 03:41
姉は包容力のありそうな人がいいな

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 06:15
ヨシエさん:宇津木麗華

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 17:12
チョイ役でいいから俺も出して

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/05 23:04
>>619
だれそれ?

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/06 05:29
PTA会長 ガッツ石松

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/06 18:16
石川さん・・・・なべやかん

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/06 22:11
やっぱ、白黒映画がいいな

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/07 04:49
お母さん 大原麗子
http://www.na.sakura.ne.jp/~time/buromai/ohara/ohara01.htm

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/07 10:11
>>614
母親の不倫については、当時少なくとも長男から四女の善枝さんまでは
知っていたと思われる。
それが原因なのか、きょうだい仲は良くなかったようで、これは次姉も
裁判で否定していない。
さらに次姉と善枝さんは、片親違いの兄弟であったことも証言している。
一説には、長女が家を出たのもこのことが原因だといわれている。

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/07 23:26
「人形村の殺人」(篠田秀幸/ハルキノベルズ刊)を読んだ。
小説だけに大胆な新説か、隠された真実に迫っていることを期待したが、
結局、甲斐説と殿岡説を足して二で割ったという感じで大いに失望。
このスレの方が数倍面白い。
誰かこのスレをまとめて小説を書かないか。
マジで売れると思うぞ。

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/07 23:45
>>627
「人形村の殺人」では、大筋で殿岡説通りの推理展開だが、細かいところは
甲斐説を採用している。
長男の単独犯説となるとどうしても近親相姦とならざるを得ないので、
長男に相当する人物を叔父としているところは、ずるいという気がするし、
逆に殿岡説の欠陥を露呈しているとも思える。
次姉の婚約者も自殺したことにしてしまっているし、
無理に小説に仕立ててかえっておかしくなってしまっている。
これなら同じ「小説」でも、登場人物の設定を変えていない殿岡駿星の「犯人」の
方がまだましだ。
あくまでも狭山事件の真相を解明するという視点からの意見だが。

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/07 23:59
>>628
強姦したはずの相手の遺体に衣服を着せているところは、身内である証拠という
近年のプロファイリングの視点から分析しているところは、まあ新しいかな。
頭の上の玉石も被害者の顔を損傷したくないという近親者独特の感情の発露だそうだ。
死体発見の立会いで兄がカメラを持ってきて写真を撮りまくったことも、異常な行為と
結論付けている。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/08 00:14
>>628
佐野屋での逃走トリックも含め殿岡説には説得力がある。

近親相姦は考え難いとして、性交現場に乗り込んだ長男が逆上し殺害に至ったと
考えれば辻褄があうように思うが・・・

631 :樽前投げ:02/12/08 13:52
ここ、面白いね!一気に読んでしまいますた。
漏れも少しいいかねェ?
過去スレにこんなのがあったけど、それについてダヨ。

>アメリカで冤罪事件が
あったとき、ボブ・ディランがそれを題材にした歌を歌って事件の話

狭山事件
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1013392706/
http://dat2ch.s19.xrea.com/021003-1013392706.html  (ミラー)
>>135ね。

難しい話の合間にどうぞ。

事件に関係ないのでsage。


632 :樽前投げ:02/12/08 14:10
>>631の続き。

漏れはBob Dylanのファンで、当然この話は知ってる。
この歌の名は、「Hurricane」。
黒人だからという理由で、殺人事件の犯人に仕立て上げられた、
「Rubin Carter」の自伝「The Sixteen Round」を読んだディランが
怒りを込めて歌い上げた。
ちなみに作詞はディランじゃなくジャック・レヴィ。

曲は、事件の凄惨な様子〜刑札の捜査〜事件のでっち上げ〜取り調べ
〜裁判〜独房のルービン〜と続く8分におよぶ大作。
強烈なリズムとヴァイオリン、ディランの静かな怒りが感じられるヴォーカルが
印象的で、1976年に全米第33位を記録。
アルバム「Desire」(76年全米第1位)、「Greatest Hits Vol.3」(94年)
等に収録されてる。

自伝やこの曲の盛り上がりもあって、再審が認められたルービン・カーターは、
この曲の発表から16年後の1988年に釈放されたらしい。
ルービン・カーターはヘヴィ級のプロボクサーで、世界ランク1位だった有名人だそう
なので、そういった事も再審請求において有利だったのかな?

狭山事件の支援者のHPで、ディランに狭山事件について歌ってもらおう、
ってのがあったけど…。ねェ…(´Д`; )

「Greatest Hits Vol.3」はオススメなんで聴いてね!SRCS7531 \2300!

関係ナシ&長文ダブルスマソsage。


633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/08 15:12
>>630
殿岡氏の「犯人」は推理小説としてはなるほど面白いが、現実の事件に当てはめると
無理が多すぎる。とても「説得力がある」どころではない。
江戸川乱歩の怪人二十面相じゃあるまいし、車で次姉を送り届けた長男が待機場所から
佐野屋に現れてまた戻るなどということができるわけがないし、警察がそれに全く気付かない
わけがない。
「逆上して犯行に及んだ」というのもかなりのこじつけだ。
事件はかなりの周到な準備をして行われた計画犯罪であり、突発的な犯行ではない。

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/09 22:05
入曽暦3年さん、2回目の会合はどうでした?

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/10 12:56
2回目の会合で誰か死なないと面白くないなあ。

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/10 18:24
入曽歴3年は正直言ってモロ電波って感じ。

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/10 22:27
というか、このスレッドがだんだん電波になっています。
森の登場あたりから。
閉塞された推理空間で遊ぶ、といった・・・・
もっと地に足をつけた推理にもどさないと。


638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/11 16:33
>もっと地に足をつけた推理

激しくワラタ。

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/11 19:00
>>637
逆だろう。
妄想的推理が森の登場によって俄に現実味を帯びてきたと思うが?

640 :1−531:02/12/11 19:58
>>639
私もそう思いますが。

641 :1−531:02/12/11 20:00
ゴメソ、あげてしまいました。

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 09:05
いやいや、何をおっしゃる入曽歴3年と最初のスレの488と
1-531は間違い無く電波ですよ。

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 09:20
電波はお前

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 18:17
>>642は奥富玄二の亡霊

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 19:49
入曽歴3年さんが戻って来るまで話を戻そう。
既出ですまんが少しおさらい&確認。

最初刑札は被害者善枝さんの顔見知りの線で捜査をしていた。
ところがOGの自殺から捜査は行き詰まってしまう。
しかも近隣住民への聞き込みがはかどらず、捜査はさらに難航。

そんな時、捜査を被差別部落地域に向けたとたん、住民の口が開き
色々な情報が入って来るようになった。
なんとしても「生きた」犯人を捕まえたかった刑札は、それに便乗して
石田氏を犯人と断定。
そしてその裏付けを取るため少々強引な証拠固めと取調べを行った。

こんな感じで理解しているけどOK?






646 :1-531:02/12/12 19:54
>>642
まあ、私は何と言われてもいいですよ。
あなた、もしかして森の・・・・

647 :1-531:02/12/12 19:57
ゲッ! またアゲちった。
逝ってきます・・・・

648 :1-531:02/12/12 20:01
>>645
石田氏?

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 20:30
そこで住民の視点で考えてみると、、、

まだ部落差別意識の強かった時代、近隣の人々は
「こんな酷いことするのは奴らに違いない!なんで刑札はあっちの方を
調べないんだよ!」って思ってた。
そして自分達の中に犯人がいるだろうと決め付ける刑札には協力しない。

ここで疑問なんだけど、仮に住民の誰かがおよその真犯人の目星が付いて
いたとしてもやはり警察には黙っていたんだろうか。
例えば中田長兄が犯人の一人だとしても、これだけの住人のつながりが
強ければ当然噂くらいにはなるし、薄々気づいている人もいるかもしれない。
しかし事件が起こって何十年も経っているのに、今だ近所の人からそういう話が出て
来ないところをみると、やはり犯人は別にいるのかも。

ちなみに
住民と同調せざるを得ない内田氏は、調子に乗って「石川氏らしき人物を見た」って言っちゃった。
ところが意外にも重要な証拠に採用されてしまって、法廷で証言する羽目に。
法廷まで出て来て嘘と認めるワケにもいかず、かといって嘘を突き通せば
過激な解放運動が盛んだった当時の事、どんな目に合わされるか分からない。
だからあんなわけのわからん証言になってしまった、でOK?(w


650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 20:31
石田氏→石川氏
スマソ

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 21:30
この事件の三大物証といわれているのが、カバン・時計・万年筆。
これがいずれもニセモノの疑いが大きいのは周知の通り。
ところがこのニセ証拠物件を三点とも家族は「間違いなく善枝のもの」と証言している(特に長男)。
時計や万年筆は小さなものだし型が似ていれば見間違うかもしれないが、カバンとなると話は別だ。
善枝さんの通学カバンは長男が買ってやったもので、父親は「一見皮製に見えるチャック付きカバン」
といい、長男は「池袋の名前の分らない古物商で二千円で買って私が使っていたものを
善枝に譲ったもの」と証言している。
ところが実際に出てきたものは「革製のダレスカバン」だった。
いくらなんでも自分が使っていたカバンを見間違うわけはなかろう。
長男はニセ証拠と知りながら偽証したのだろうか?

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/12 21:34
なんか微妙に話がループしてるな

653 :>>649:02/12/12 21:41
>>473>>486-488
この辺に住民の反応が少し書いてあるよ。
事件に対する住民の受け取り方ってのも、新しい切り口でいいかも。
自転車と佐野やのことはとりあえず置いといてさ。


654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/13 14:36
>>652
そうなんす、それで3rdまで来てるんす。
ネタが無いんでやんす。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/13 16:01
とにかく、もう一人死なないとネタが無い。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/13 18:51
とにかく事件発生当初は、あの脅迫状に惑わされて誰もが無知な不良グループか
中田家に恨みを抱く人間が犯人との認識だったから、身内に共犯(又は協力者)が
いるとの認識がまるでなかった。
中田家の長男が怪しいとの声が高まったのは、高裁での審理が始まってから。
ただし、長男を疑う人は彼を主犯とし、OGを共犯とする説がほとんどだった。
彼ら二人が真犯人に嵌められたという視点で推理した者は、全くと言っていいほどない。

その意味ではこのスレで展開されている推理はたいへん貴重だといえる。
少なくとも作為ある脅迫状と自転車の謎は解ける。
(篠田秀幸氏が「人形村の殺人」で披露した脅迫状の考察―
 「一度書いて消された文字の「前の門」は、「身内の者」が「家の内部からの視点」で
 書いたものであり、部外者ならば「門の前」とかくはずという推理は確かにその通りだと思う。)

ただ問題は「佐野屋の夜」がどういう経緯であのような形になったかだ。
あれが真犯人の計画通りだったのか否か。
いくら逃げ足に自信があったとはいえ、捕まる可能性は高かったわけだから、
とても真犯人の計画とは思えない。
この点だけは、共犯者が突出してなした行為だったと思う。
逃げ切れたのは多分に幸運が重なった結果のように思えるのだが

657 :1−531:02/12/13 21:39
では長兄に登場していただきましょうか。
電話してお願いしてみましょうか?

神・降臨・・・・ってことになるのかな。

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/14 00:46

欧米の厳しい認可基準をクリアした信頼性で今大人気のダイエットサプリ「曲美」を
どこよりも安い超特価でご提供しています。
1日わずか1カプセルでスリムアップできる安心楽々ダイエット!
超強力漢方バイアグラ「威哥王」、「蟻力神」をどこよりも安い特価でご提供!
緊急避妊薬(アフターピル)や低用量ピル「マーベロン」、抗鬱剤プロザックも超特価!
髪の毛で悩む貴方にはあの101の最新版101G、ダーバオであきらめていた髪もフサフサ!

http://mailiam.net/ultimateshop/
http://ultimateshop.jpn.ch/
http://urlto.net/ultimateshop/
(上記3つの内繋がり易いものからいらしてください)

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/14 01:07

これって何ですかね?
http://www.tosp.co.jp/i.asp?i=akebono50
一番下にある画像がすごく気になるんですけど

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/14 02:19

それは・・
【情報】embed 等があります
ほとんどの場合において危険ではないでしょう。

このファイルは
embed タグ
iframe タグ
layer タグ
のいずれかにより自動的に外部ファイルを読み込みます。
ブラウザによっては動作が異なりますが, 信頼できないサイトでは注意するに越したことはありません。
--------------------------------------------------------------------------------

【情報】img タグや JavaScript 等があります
ほとんどの場合において危険ではないでしょう。

このファイルは
img タグなどの HTML タグ
外部ファイルを読み込むような JavaScript
のいずれかにより自動的に外部ファイルを読み込みます。
ブラウザの設定によっては動作が異なりますが, 信頼できないサイトでは注意するに越したことはありません。

661 :長兄代理:02/12/14 22:46
では、長兄に代わり皆さんの疑問に答えてみます。
質問を下さい。


662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/15 00:08
>>661
1.脅迫状を読んですぐさま警察に届けたのはなぜですか?
 届けたら殺すと書いてあったのに、妹の身を案じて二十万円くらい犯人に渡して
 無事に帰してもらおうとは思わなかったのですか?

2.脅迫状にはあなたの指紋しか付いていなかったそうですが、お父さんやきょうだいは
 手にとって読まなかったのですか?
 また彼らは自分にも読ませてくれと言わなかったのですか?

3.裁判で農協経由で高校に電話が通じることを隠そうとしたのはなぜですか?
 豪雨なのに電話で確かめずいきなり車で迎えに行ったのはなぜですか?

4.万年筆・カバン・時計の三つとも善枝さんの物と証言されましたが、
 今でもそう思っていますか?
 当時から違うかもと思いながら検察官に逆らえなかったのではありませんか?

5.石川氏が逮捕されたとき、彼が犯人に間違いないと言っていましたが、
 今でもそう思っていますか?

6.次女と次男の自殺の原因はなんだと思いますか?

663 :長兄代理:02/12/15 12:30
1について
先に吉則ちゃん事件で警察の失態があったといえ、いざ当事者として誘拐・脅迫を
受ければ不安と恐怖で警察にすがりたくなるものです。金額の問題ではありません。


664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/15 17:33
>>663
確かにそうですが、警察に届けるまでの時間があまりにも短すぎることが不思議
なんですよ。脅迫状を読んでわずか10分後にはもう父親とあなたは警察に走っている。
普通、少なくとも1時間くらいは家族みんなで話し合うのではないでしょうか。
おまけに脅迫状に触ったのがあなただけというのも不可解。
さらに真っ暗な納屋で自転車を発見してわずかの時間内でサドルの上の座布団の
紐は濡れていなかったことなどを細かに観察している。
脅迫状投げ入れの前にすでに善江さんが誘拐されているとの「予感」があったのでは
ありませんか?

665 :長兄代理:02/12/15 23:03
当時の狭山市で、自転車通学の女子学生が18時を過ぎても帰宅しない
というのは、非日常なことでした。そして豪雨の中、学校や入曽駅を
探していると、虫の知らせというのかイヤな予感に苛まれてきました。
そんな訳で、脅迫状発見からすぐ届出を思いつきました。

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/16 08:28
オカ板的666GET

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/16 10:09
>>665
それにしては、善枝さんが中学生の頃に学校から老人ホームに行った帰り、自宅に
連絡なしで友達の家に泊まったときには、学校へ問い合わせもしていないし、心配して
捜しにも行っていませんよね。このときは台風でむしろ事件当日よりも心配の度合いが
強かったはずなのに、それでもあまり心配した様子がない。
それなのにあの日だけ、帰りが少し遅いだけなのに、学校へ電話をかければいいものを
わざわざ豪雨の中を車で捜しに行っていますね。
ここになにか腑に落ちないものを感じるんですよ。

それと、車で行ったのなら夜学に通っていた次男をどうして学校まで送っていかなかったのですか?
この日は次男は学校を休んだようですね。
中田家では雨が降ると学校を休ませていたのですか?
裁判で、帰宅途中で誰かに会わなかったかと聞かれてあなたは、
「なにしろ気が動転してしまっていて思い出せないのです。」と答えていますね。
単に1時間くらい帰りが遅いだけなのに「動転する」のは早すぎるのではありませんか?

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/16 17:49
いいぞ

669 :長兄代理:02/12/16 22:59
中学生の頃の件も、もちろん心配しましたよ。今になって、
当時の事をほじくられても困りますが、、、。
次男を車で送らなかったのは、当時は夜学にそれ程熱心に通学していなかった
からとしか言えません。また、裁判で聞かれたことは、虫の知らせでイヤな
予感がしていて、自分の中でテンパッテいたということです。

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/17 13:20
>>669
なるほど、「虫の知らせ」ですか。いや、便利な言葉ですね。
たった1時間くらい善枝さんの帰りが遅いだけで不安がよぎり、
パニくってテンパってしまい、「動転」して誰とすれ違ったかもよく覚えていないという、
その「虫の知らせ」が、あなたに何故おきたのかを知りたいんですよ。
「古いことでもう忘れた」というのなら思い出させてあげましょうか?

事件前、あなたの父親はある人物から脅迫されていましたね。
言うことを聞かねば家族に危害を加えるとも脅されていた。
しかし脅迫のネタを知られるのを恐れ、警察には届けなかった。
そして事件当日、午後4時過ぎに家の有線電話が鳴った。

善枝さんの誘拐を告げる、犯人からの電話でしたね。
あなたと父親は驚愕した。
脅迫相手が本当に善枝さんをさらってしまった。もしかしたら殺してしまうかもしれない。
次男には夜学を休ませ、近所の親戚総出で善枝さんを捜しまくったのではありませんか?

そして犯人からの指示に従い、ある場所へ自転車を取りに行った。
その自転車のかごには脅迫状が入れてあった。
それを読んだあなたは「気が動転して」帰宅し、すぐさま父親と駐在所に
走ったのではありませんか?

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/17 18:31
そして、そのある場所にはヨシエさんの変わり果てた姿がありましたね。
あなたは埋葬に動向し、穴掘りを手伝い、玉石を置きましたね。

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/17 22:29
動向→同行  スマソ

その時点であなたの立場は、犯人と同じ。
あとは刑札の言うなりでしたね。

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/18 00:01
長男が学校と入曽駅を探してから家に戻って父親に、
「やっぱりいなかった」と言ったと、父親が
裁判でポロッと証言してしまっている。
何が「やっぱり」なのか?

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/19 02:19
保全age

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/19 04:43
お、お兄ちゃん・・

苦しいよ・・

助けて・・・・


はやく楽にさせて・・寒いよ・・・・

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/19 21:50

お お兄ちゃん・・・

ゲンおじちゃんが・・・

いじめるんだ・・・よ・・・

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/20 01:29
まぁ、真相を知る奴は皆退場して頂いた訳だが

            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  )  流石だな俺ら
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/ S.P.D.  / .| .|____
      \/____/ (u ⊃



678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/20 03:16
なんで、なりきりスレになってるの?

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/20 21:23
1からずっとROMしてきた者です。
>>416の話題から、長兄従犯説が多くなってきたようですが、
ちょっと違った視点からアプローチをしてみました。

<母ミツの死について>
このスレ>>373で、野間宏著「狭山裁判(岩波新書)」上巻 p.119
に記載されているとして、
>善枝さんが中学三年時の担任、相沢先生が教師として善枝さんの
>家を家庭訪問したときのことを話し、変った家庭であることをつげ、
とあり、またこのスレ>>397では、荻原祐介氏が当時の埼玉県警本部長
警視監・上田明氏を被告とする緊急証人喚問請求で

>母ミツは昭和28・12・30午前十時三十分に東京都北多摩郡小平町
>小川六六二〇 国立療養所精神科病院に於て「脳腫瘍」という
>一万人に一人位しかいないという珍しい病気にて昭和28・12・19
>に入院して昭和28・12・30午前十時三十分に死亡している
>死因について村人たちは○人いたという○○の中の誰かが
>やきもちをやいて毒を呑ました、中田家で死んだのでは世間体が
>まずいので、遠い所の病院へ運んで死なせたのだ
とのレスがある。


680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/20 21:25
679の続き
さらに前スレ>>441では、
>中田家の秘密とは、色情狂の母親が、遠くの精神病院にブチ込まれて、
>不審な死に方をした事に、父親と長兄がただならぬ係わりをもって
>いたということですね。
とのレスもある。
これらを重ね合わせて考えると、母ミツの男癖の悪さに辟易した父と
長兄(当時16歳)が、毒を飲ませて(?)死に至らしめた…と推測
できますよね(「村人」が毒を飲ませるより、家族がそれを行ったほうが
チャンスも多いので)。
 これに入曽歴3年さんの過去レスを絡めると、「講」のメンバーだった
復員兵の森が上赤坂に戻ってきたのが昭和21年春。パラシュート生地
の作業衣料を作っていたが、「講」の「はなれもん」とされ、追放された
のが昭和23年の春頃。
被害者の義枝さんが生まれたのは昭和22年5月1日。
つまり時系列として、森とミツが密通して生まれたのが義枝さんである
ということに矛盾はない。


681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/20 21:26
680の続き
義枝さんは裕福な中田家の四女として育てられたわけだが、それと
対照的に森の次男は(もし本当に存在するのであれば)12歳の頃に
里子に出され、不遇な人生を送っている。
この次男=田中幸男(仮名) は、20代になって狭山市街の西洋酒場
Kで男娼として生活していたとのことだが、I・Tのもとで働き、O・Gが
なじみの客だったことを考えると、自分の腹違いの妹が、裕福な暮らしを
していると知ったことは想像に難くない。さらに元中田家の作男であった
O・Gから、義枝さんの母ミツが、中田栄作とその長兄によって謀殺
されたとの噂を聞いたとしたら…。
これはゆすりのネタとしてはまさに格好の情報である。
つまりこの事件全体において、父栄作および長兄が、義枝さんの誘拐
殺人に関して、なんとも不可解な行動や発言をしていたのは、「母ミツ
を死に至らしめた」という秘密を隠すためではなかっただろうか。
次女・登美恵さん、次男・喜代治さんが自殺したのは、この真実を知った
からではないだろうか。
O・GおよびI・Tの変死についても、入曽歴3年さんの説によれば、田中
幸男は昭和42年10月に右翼の青年に深夜腹を刺され、その後死んだ、
とあるので、2人を口封じのために殺すのは可能であったことになる。



682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/20 22:33
あ、そこまで書いちゃったのね・・・


683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 00:37
>>679-681
久々に説得力を感じるレスだ。

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 01:32
事件の核心が未だに不鮮明であるが為、そんなんじゃ全然説得力ないよ。

685 :679:02/12/21 08:56
>>684
いや、ひまだったからふと考えただけなので……。
確かに不鮮明な情報をつなぎ合わせただけなのですが、
「村人たちの噂にもなっていた」ほどなら、しばしば
現れる地元の交通巡査Sも「母ミツ謀略説」を知っていた
可能性もあるわけで……。
つまりこのネタを理由に、警察側の数々の偽装工作を
父栄作&長兄に無理矢理納得させた可能性はないのかな、
と思った次第です。

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 12:57
父親と長男が母親を「謀殺」したというのは想像が飛躍し過ぎている。
真相は、母親の不倫相手の出自にあると思う。
当時の農村社会で、主婦の不貞だけでも許されないのに、その相手が「よそ者」だとして、
家族にその「よそ者」の子供が混ざっているとしたら…
当時、それだけで村八分の対象になったかどうかは判らないが、一家にとっては
絶対に隠し通したいスキャンダルであったことは想像に難くない。
こう考えると父親と長男が事件の真実の一遍を隠そうとしたことや長女の家出、
次女・次男の自殺の謎も解けるように思う。

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 14:23
>当時の農村社会で、主婦の不貞だけでも許されないのに、

ちょっと違う。
農村社会の内部に於てという限定条件の下で性は今よりもオープンであった。
男手が足らない家に「種付け」すること、未亡人に子を産ませ後に養子として
引き取ること、他、いわゆる夜這いという行為も多くの場合黙認されていた。

だから、問題になるとすれば、
「講」に属さない者との性交渉が「講」と中田家の問題であったのだろう

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 15:25
>>687
大筋では同意だし、昔の日本の農村が性に対しておおらかであったということも
事実だろうとは思うが、本家の正妻の不倫となると話は別なのではあるまいか。
「未亡人への種付け」とはわけが違うと思う。
それとこの場合、家族に「よそ者」の血が混ざっていることの方がスキャンダルとしての
意味あいが大きかったのだと思う。
大尽農家としては正当な嫡出子と不貞の子供とでは家督争いの種に十分なり得る。
事件の背景には、かかる「お家騒動」の側面があったようにも思えるのだが。

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 15:48
ほんじゃァ、事件の真相は親父と長男のジサクジエンてこと?

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 17:13
事件のすべてが被害者家族の「自作自演劇」などではむろん、ない。
ただ、事件を引き起こした真犯人の犯行動機が一家の秘密にあったので、
それについて彼らが口をつぐんだというのが本当のところだろう。
石川氏については被害者家族は最初は殺害実行犯とみていたと思う。
偽装証拠については、おかしいとは思いながらも中田家側にも弱みがあるので
警察と検察には逆らえなかったのだろう。
むろん、高裁の審理の途中で中田一家も石川さんが共犯でさえないことは
気付いたはずである。
しかし、いまさらそれを公にはできない。
その苦悩が次女と次男を自殺に追いやったとはいえないだろうか。

691 :679:02/12/21 17:32
>>686
>父親と長男が母親を「謀殺」したというのは想像が飛躍し過ぎている。
確かにそうかも知れないけど、
>>397で、
>○○○○は男好きの奔放な女性で死亡まで肉体関係をしていた
>という色男が十人位いたということを知っているか
って書いてあるよね。「死亡まで肉体関係を」と。
それならば、
>主婦の不貞だけでも許されないのに、その相手が「よそ者」
>だとして、家族にその「よそ者」の子供が混ざっているとしたら…
という>>686さんの意見を合わせて考えてみても、父と長兄が
母ミツの死を「望んでいた」のは確かなんじゃなかな。
放っておいたら、「よそ者」の子が増えてしまうかもしれない
訳だから。
それに、ミツは精神科に(父と長兄によって)入院させられられた
のに、なぜ脳外科手術が必要な「脳腫瘍」で死んでいるのか。
この事実を、>>686さんんはどう考える?

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/21 20:27
石川氏は気の毒だね
それにしても、あの当時で16歳にして性経験があったなんて、被害者の子もドキュソだねw



693 :686:02/12/21 20:41
>>691
荻原氏の告発には敬服させられるが、中田家の母親に関する部分は当時の村の噂話を
もとにしたものであり、当然のことながら、その経緯は憶測に過ぎない。
この告発文は亀井トム氏の著作からの引用のようだが、現在ならば母親に関する記述は
人権侵害となるだろう。
その点を踏まえての推理であるが、被害者一家のきょうだいが片親違いで、
それが母親に起因することはどうやら事実であるらしい。
そしてそれに関する詳細を家族が隠したがったのも間違いはなかろう。
しかし、だからといって噂をもとに母親の死までを家族の「謀殺」扱いにするのは
行き過ぎだと思う。
狭山事件については、実に様々な推理がなされているが、そのどれもが真犯人の
動機の面について弱点を持っていた。
それがこの掲示板で初めて解明されたような気がする。
ならば人権侵害には最大限の配慮をして事件の真相に迫るべきだと思う。

694 :679:02/12/21 22:03
>>686さんのご意見に異論をとなえるつもりはないんですが、なぜ
ミツの死因が「脳腫瘍」とされたのかについて、お答えいただいてない
ですね。これは憶測や村の噂話ではなく、正式な死亡診断書による
ものなのでは?
本当に恐縮なのですが、なぜここまでミツの死因にこだわっているのか
というと、私は、脅迫状の「少時様」という文字に何かがあるように思えて
ならないのですよ。
これまでのスレの流れでは、脅迫状は「誰に宛てて書いたのかを偽装する
ため、真犯人が従犯者に代筆させた」という考えが有力ですが、果たして
そうなのでしょうか。<続きます>


695 :679:02/12/21 22:06
694の続き
誰に宛てて書いたのかを分からなくするためなら、最初から宛名などは
空白にして、代筆させる必要はなかったのではないでしょうか。
たとえば、義枝さんの実父の名字が「庄司」であったとか、名前が「章二」
であった場合、義枝さんを誘拐した、と言う事実に加え、「中田ミツの不貞」
を知っているのだぞ、という真犯人の意図があるように思えるんです。
狭山事件関係者の中で、いちばん最初に不審な死を遂げたのは、母ミツ
であることに間違いありません。
ひょっとしたら、「少時様」は義枝さんの実父ではなく、「ミツが死亡する
まで関係のあった」不倫の相手かもしれません。
私は、中田ミツの不審死の謎を解くのは、狭山事件全体の謎を解く大きな
カギであるではないか、と考えています。



696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/22 20:34
>>40のミラーが見られないのですが、なぜでしょう?
見る方法はないですかね?

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/23 06:01
無いです

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/23 08:44
年末に狭山オフやりませんか!
12・24〜1・6までの間で、場所はもちろん
狭山市内


699 :1-531:02/12/23 09:55
>>698
いいですね!
集合場所は、サノヤの門の前、私は車出いきます。−

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/23 15:27
>>699
と、みせかけて実は畑の中から現れたりして…

701 :1-531:02/12/23 18:07
>>700
ワラってしまいまっすた。スマソ


702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/24 08:05
年末で忙しいのか、ネタ切れでしょうか?ちょっと感想を書き込ませていただきます。
私は現在は他県に住んでいますが、幼稚園の頃から狭山市入曽に住み、
つい最近まで現場が一望できる石川さん宅の近所のマンションに住んでいました。
狭山事件は学校で教わりましたが、部落差別の冤罪という面だけが強調されていたので、
興味は涌きませんでした。
ところが実際には、横溝正史ばりのミステリーだった可能性があるなんて驚きです。
事件の舞台は全て良く知っている場所なので、正月に帰省したら、あらためて歩いてみようと思います。

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/24 08:37
>>701 半角を覚えない人だ

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/24 14:15
>>702
ぜひ、なんか情報しいれてきてください。

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/24 18:34
で、狭山オフをやりたいひとはいるんかいな

706 :1-531:02/12/24 19:23
>>703 あいすいません。

>>702  ウチダさん家は今でも犬を飼っているのか、
     見て来て下さい。

707 :686:02/12/24 20:31
謎だらけの事件だが、5月2日夜12時過ぎ(正確には3日午前0時過ぎ)に佐野屋の前に立って
犯人と直接会話をした次姉のそのときのやりとりも、謎に満ち満ちている。
というか、とても妹の身を案ずる姉の言葉とは思えない。
何故にあのような不可解な「会話」になったのか?
その裏には何が隠されているのか?
姉の自殺にそれは関係しているのか?
そばにいたPTA会長M氏はそれをどう感じたのか?
以下で、あの夜の「運命の十分間」を再現して、それを分析して推理してみたいと思う。

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/25 08:13
>>707
それって、現れた人間と姉との実際の会話ではなく、刑札の作文(脚色)と考えるのが自然じゃない?
素人推理で何でも謎にするなよ。だから迷宮になっちゃうんだよ。


709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/25 11:33
>>686
チミの「分析」やら「推理」は、まだ?
楽しみに待ってるんすけど。

710 :1-531:02/12/25 18:45
708は私ではありません。
でも同意。あんな会話はありえません。

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/26 18:32
ageてみる。

712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/27 01:14
妄想で何でも権力の陰謀にするなよ。だからループしちゃうんだよ。

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/27 18:17
ずいぶんさびれてるなぁ、おい。
妄想でも何でもいいから、なんかネタ
書き込んでくれよ(オレモナー)

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/27 18:52
>>712
刑札の方?

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/28 00:27
私は、犯人との会見及び、会話はすべて事実と考える。
警察の自作自演でもないし、捏造された記録でもない。

「ケーサツに話したんべ、そこに2人いるじゃねーか」
こんな台詞を記録に残すのは、警察の捜査失敗を晒すことになる。
もし、警察の都合で事実を捻じ曲げるなら、被害者は略取直後に既に殺されており、
犯人は営利誘拐に見せかけて捜査をかく乱しただけで、現場には現れなかった…
ということにしたほうが、世間の批判を浴びずに済んだと思う。

次女の台詞が不自然に思えるのは、嫌がる次女がヘタな対応をして
犯人を逃がしてしまうことを恐れた捜査官が、予想される会話を想定した
問答集のような「台本」を用意して、練習したのではないかと思う。

これなら自然に説明がつくと思うが。
>>688さん、いかがだろうか。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/28 10:12
犯人役のおじさんが来て、こういうふうに言うから
あんたはこういうふうに答えてね。
そんなおじさんに善恵さんの安否を聞いてもしょうがない。


717 :679:02/12/28 16:36
>>715
「すべて事実」かどうかはわからないが、概ね同意。
私も警察の自作自演ではないと思っています。
佐野屋での「運命の十分間」について、>>715氏の推理を
もっと詳しく聞きたいです。
あと上のレスは、
>>688さん、いかがだろうか。ではなくて、>>708宛てですよね。

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/28 21:11
>>717
ははは、間違いだ。ご指摘のとおり688じゃなくて、708だった。

今日、久しぶりに、中田邸の前を通った。ちっとも変わってないな。


719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/28 23:55
現在の中田家について詳しくきぼん

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/29 13:37
もう善枝地蔵はありません。

721 :686:02/12/30 13:55
佐野屋での犯人と姉との会話であるが、姉が誘拐されている妹の安否について
犯人に聞かないというのも謎であるが、おとなしいはずの姉がこの場面では
かなり気が強い女性との印象を受ける。
「金を持ってこっちに来い」という犯人に向って
「あんた男でしょ。男だったらそっちこそこっちへ来たらいいでしょ」
とはよくも言えたものである。

こういう場合、犯人を刺激することなくおとなしく言う事を聞いて、
とりあえず人質になった家族を還して貰おうともうのが普通だと思うが、
姉の言葉には、そういう肉親としての心情がまるで感じられない。

「劇団おまわり」説はひとまず棚上げにして、
あの夜、犯人(一味?)が佐野屋に本当に出現したと仮定して、
姉のあの言動を推理してみるに、ニセ札を持って行ったことと、
犯人を挑発するかのような言葉を考えると、姉は(父と兄も)なんらかの方法で
妹がすでに殺されていることを知っていたとしか思えない。

722 :686:02/12/30 14:08
姉は前の日の「念のための張り込み」には抵抗なく行ったのに、
翌日の本番には「善枝はもう殺されている。行きたくない」と言って
泣いてばかりいたそうである。

困った警察はPTA会長を説得にあたらせ、民間人を張り込みに同行させる
という異例の措置までとっている。
それもこれも姉が「どうしても行きたくない」と言い張ったからである。
そして家族もなぜか用意できたはずの現金を持たせることなくニセ札を、
新聞紙とスケッチ・ブックで作り、それを姉に持たせた。

殺害犯人に追い銭を渡す必要はないし、仮に犯人がやって来たとしても、
警察に通報したことがばれている場合、姉はその報復として車で来た犯人に
轢かれてしまう可能性がある。
そう考えて姉は怯えて行きたくないと言ったのではないかと思う。

そして意外にも畑から声をかけてきた犯人に対し、妹を殺されたことへの怒りから
あのような挑発的な言葉になったものではないかと考えられる。

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/30 14:35
686さん、どうして登美江さんは妹が殺されている、
とすでに知っていたんだすか?

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/30 15:00
狭山事件が人々をひきつけるのはなぜでしょう?
何か懐かしさの様なものを感じ、ひかれているのは
私だけでしょうか?

725 :686:02/12/30 15:15
>>723
実はこの話、地元で以前から噂されている話なんですよ。
なんでもあのPTA会長が漏らしていた話が伝わっているらしい。
それによると、

○被害者家族は以前から脅迫を受けていて、四女の誘拐は、その延長線上にあるらしいこと。
○脅迫の第一報は午後4時過ぎ、電話でなされていること。
○警察への通報が犯人側に知れたことで、被害者が殺害されたとの情報が犯人一味から寄せられたこと。
○脅迫をしていた人物と殺害犯は別人であるらしいこと。

以上ですが、特に最後の点については興味を引く件になっていて、すなわち脅迫のネタを
知った犯人一味がそれを利用して金を脅し取る計画を立てたのではないかという筋書き。

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/30 16:57
地元では奥富地域が今でも差別されています。
何か関係があるのでしょうか?

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/30 17:21
それは地名が・・・

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/31 02:59
と言う事は警察も善枝の殺害を認知しており
劇場佐野屋への参加者は犯人役共々満場一致で
でっち上げの寸劇を繰り広げたと言う事になってしまうな

729 :679:02/12/31 08:56
>>728
ん?
>劇場佐野屋への参加者は犯人役共々満場一致で
>でっち上げの寸劇を繰り広げたと

>>686氏の説明は、そういうことではないと思いますが。
中田家の家族、警察、PTA会長は、すでに義枝さんが
殺害されているかもしれないと思っていた。しかし、
佐野屋に現れるかもしれない犯人を捕まえようとする
意志はあった。
一方犯人側は、義枝さんが死んでいようといまいと、
脅迫状のとおりに身代金を奪うことを考えていた。
・被害者側→犯人を捕まえるつもり
・犯人側→身代金を奪って逃走するつもり
だったわけで、「犯人役共々満場一致ででっち上げの
寸劇」というのは、>>728氏の誤解だと思うのですが。


730 :686:02/12/31 17:29
>>729
そのとおり!
犯人側から何らかの方法で「善枝を殺した」との連絡があり、家族も警察も
犯人は現れないだろうと思い込んでいたということ。
現れるとすれば車でやって来て報復のために姉に危害を加えるのではと思われていた。
それで姉は佐野屋に行くのを嫌がったというわけ。
警察は、やげん坂や西武園・狭山湖への遺体捜査のほうに力を注いだらしい。

佐野屋に現れたのは、善枝さんが殺されたことを知らない男だという話だ。
どうも脅迫氾と実行犯とで仲間割れが起きたらしい。
その後の相次ぐ自殺者も、そのことと無関係ではないらしい。
事件の構図は割と単純らしいが、仲間割れが起きたことがかえって事件を複雑なもの
にしてしまい、捜査を撹乱する原因に結果的になってしまったということらしい。

731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/01 06:53
では、仲間割れした集団の当初の目的は何だったの?
高校生を殺して身代金を奪取する事ではないんだよね。

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/02 21:57
強姦

733 :  たま猫:03/01/03 17:52
この事件って怖いよね




734 :私の後ろに真犯人:03/01/04 00:22
どうも複数犯行説が主流の模様ッすネ。だけど犯人が多いと、
それだけ脚がつきやすく、もっといろいろとネタばれしてくるんだと思うン
ですけどねー。もっと確実な情報が今までにバレてくるもんかと^ー。

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/04 10:55
みんな死んじゃったってわけ。

736 :ネコガエル:03/01/04 17:55
うーん。すばらしいスレです。昨夜からずっと読んできて丸一日経っちゃった。
スレのPart2が今は読めない状態なのが残念だけど。こんな横溝正史ばり
の内実のある事件だったとは。私的には2chベストスレのトップ10入りの
スレです。今までこのスレと同じぐらい衝撃的だったのは日本史板にある明治
天皇にまつわる「大室寅之祐スレ」ぐらい。(人はトンデモ扱いしますが。)


ずっとROMって来たけど、長男は水利工事事業に関して父親を翻意させるた
めの狂言誘拐のつもりで自転車や脅迫状を持ち帰ったのに、真犯人(主犯)に嵌
められて妹を殺されてしまったという説に賛成です。


あと雑感ですが>>651が述べているカバンの由来ですが、「一見皮製に見える
チャック付きカバン」で長男が「池袋の名前の分らない古物商で二千円で買っ
た」名も無い本皮ですらない中古品なのに、2000円もしたのでしょうか?
たしか、前々スレのどこかで、事件当時、大卒の初任給が8000円から90
00円とありました。(身代金の20万円を今の貨幣価値でどのぐらいと見る
べきかという話の中で。)そうだとすると、ノーブランドの偽皮中古カバンが
現在の価値で約4〜5万円もしたということになりますよね。カバン類は高か
ったのかなあ。






737 :ネコガエル:03/01/04 18:50
あと、脅迫状は、知性の高い人物が偽って書いたのか、読み書きもろくに
できない人物が書いたのかについては、私も前者だと考えます。理由は・・・

2chでも、「てにをは」よく知らない厨房とかが、よく「こんばんわ」
(正しくは「こんばんは」)と書いたりします。あるいは、わざと厨房ぶ
って、「あるいわ」などと書く人もいますよね。

脅迫状の中にも同様に、「子供わ西武園の池の中」「子供わ1時かんごに
車出ぶじにとどける」「ちがう人がいたらそのままかえてきてこどもわこ
ろしてヤる」と、「は」を使うべきところで「わ」を使っています。表面
的には読み書きをろくに知らない人物の特徴としては申し分ないですが、
もし本当にそうなら、同様の個所では必ず「わ」を使うと思われます。だ
ってそれしか知らないのですから。

ところが、実際の脅迫状では一箇所だけ「刑札には名知たら小供は死」で、
「は」を正しく使用しているのです。「は」の使い方を知らないふりして
「わ」を使っていたのに、無意識に正しい使い方をしてしまったとしか思
えません。

738 :てにをは人間:03/01/04 22:47
>ところが、実際の脅迫状では一箇所だけ「刑札には名知たら小供は死」で、
「は」を正しく使用しているのです。「は」の使い方を知らないふりして
「わ」を使っていたのに、無意識に正しい使い方をしてしまったとしか思
えません。
との事ですが、
その箇所(刑札には名知たら小供は死)は、
{警察に話したら子供は死}
の意味ですから、確かに正しいですよ。いえつまりネコガエルさんの
言うような意味ではないと思いますが。

739 :引き蛙:03/01/04 23:26
それと、
 水利工事事業に関して父親を翻意させるための狂言誘拐
と言うけど、その程度の理由で狂言にしろ¥誘拐なんて仕組むかなあ。
利用されたあげくに妹を殺された…やっぱり、そのように共犯者が多いと、
たしかに734の言うように、ボロがすぐに出てくると思うんだけど。

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/05 04:08
刑札には名知たら小供「は」死

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/05 04:55
てにをは君>いえつまりネコガエルさんの言うような意味ではないと思いますが。
ネコガエル>脅迫状は、知性の高い人物が偽って書いた

?んじゃ、ネコガエル君のはどういう意味なの>てにをは君

742 :てにをは君:03/01/05 10:31
いやつまりさ、
猫蛙氏は「脅迫状の執筆者は『「は」を使うべきところで「わ」を使っている』
が、「刑札には名知たら小供は死」の部分では「わ」を使わずに正しく「は」
を使っている」と言いたいのだよね。他の部分ではわざわざ2チャンネラーっぽ
く(藁)「わ」にしてるのに…トいうわけで。
でも「刑札には名知たら小供は死」の場合の「は」は、「〜は」の「は」じゃ
なくて、「はなしたら=話したら」の「は」ですよ。ワチキの言う意味はそう
いうことヨ。

なお、「脅迫状は、知性の高い人物が偽って書いた」それはもちろんそのとお
りでありましょうナ。要するに、「刑札には名知たら小供「は」死」は、
知性の高いことが思わず出たという例ではないということだネ。

743 :ネコガエル:03/01/05 10:35
>>738
私が「てにをは」で言いたかったのは、>>740が書いてくれましたが、
前半の「刑札には名知たら」の「は」ではなく、後半の「小供は死」の「は」
の方のことです。

744 :S字:03/01/05 10:35
ところで。狭山オフはやったのでしょうか?

745 :てにをは:03/01/05 10:40
ハイ、なるほど、そうでしたネ。誠にアイスミマセンでした!
どうも2チャン擦れして、ワチキもてにをは可笑しくなって仕舞いました!
そしたら、
引き蛙氏の指摘していた動機面ではどうでしょう?

746 :ネコガエル:03/01/05 11:26
>>745
動機の方は、「なるほど、そのような考え方もあり得るなあ」と
思って感心しただけで、確信があるわけではありません。

もし、OG氏が元作男で中田家と接点があり、中田家と元区長側
との交渉役を買って出ていた(やらされていた)のが事実だとし
て、中田栄作氏があくまで同意を拒んでいたとすると、そのまま
行けば、中田家側が極端に恐れていた母親の死にまつわる情報の
切り札を相手側に使われてしまう可能性が強いと。父親を翻意さ
せるためには何らかの転機が必要だと。・・・・・で、警察沙汰
にならないうちに解決する誘拐事件で手を打つはずだったのに、
現場で故意にか事故でか善枝さんが殺されてしまったことを知っ
たので、シナリオを少し変更して対応することで事態を切り抜け
ようと図ったのではないかと思うのです。

747 :ネコガエル:03/01/05 12:29
ところで論点はずれるのですが、過去レスの中の論評で、元作男で結婚直前
だったのに事件後すぐに自殺したOG氏の性格について、気のいい、気が弱
い農家の男で、とても女性に不倫を持ちかけるような度量の持ち主ではない
という話がありましたよね。

今、私の手元に『新潮45』の1月号があるのですが、全然関係のない事件
ですが『日野OL不倫放火殺人「被害者夫妻10年目の初告白」』というルポ
が載っています。事件は、平成5年に上司と不倫をしていたNECのSEの
女性が嫉妬からその上司の住居にガソリンを撒いて放火して幼児2人の命を
奪ったというものです。

その上司というのが、鹿児島県の農家出身で6人兄弟の末っ子、地元商業高
校卒業後上京して日本電気ソフトウエアに就職してSEとして働いていた、
性格は温和でおとなしく、子煩悩、生来口の重いところがあって、優柔不断
を絵に描いたような男だったというのです。(ハンサムだったそうですが。)
一方で加害者のOLは、お嬢様育ちで都立大学数学科を卒業した才媛です。
おとなしい高卒で子会社からの派遣社員の上司と、大卒才媛で本社採用の
OLとの不倫関係だったわけです。男性の方は子供が2人もいて奥さんに
不倫がばれた後もずるずると関係を続け、家庭に帰ると奥さんにもう関係
は清算したと言い、OLと会うと妻とは離婚していっしょになると言い、
避妊もせずに肉体関係を続けて、OLに2度も中絶手術を受けさせている
という男なのです。OLは無期懲役となりすべての上告が棄却された後も
獄中で裁判の不当性を訴えつづけている一方で、男性は事件後職場・住所
を変えたものの、奥さんとの間に新しい2人の子供を作って暮らしている
ということです。

女性の方が勝気で自ら不倫に誘った場合、男性が優柔不断な気の弱い男で
あっても不倫は成立し、自らの意志では関係を断つことも出来ずにずるず
ると続いてしまう例もあるという話なのですが、このスレの過去レスで、
善枝さんがガード下で待ち合わせしていた相手は、そこから見える工場に
勤めていたOG氏以外に考えられないという話を読んだときに、この事件
の話が思い起こされて仕方ありませんでした。 レスが長くてすみません。

748 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/05 13:27
上のほうでも誰か言ってたけど、複数犯説が主流のようですが、複数犯行だとこれ
だけ数十年も騒がれた(特に2審最中のあたり)事件で、必ずどこかでボロが出、
なんらかの形でもっと真相に迫る証拠が発言してしまうと思う。
共犯の場合、それぞれが余程の強い動機を共有もしくは余程の強い別々の動機がな
いければ、犯罪にまで手を染めると思えないのです。また仮に手を染めたとして、
しかし上述のように犯人が多いと、どこかでボロが出てしまう。

もっとも、ここまでこの板読んで来て(丸2日かかった)小生もかなり心が迷宮状態。
ですが敢て「長兄真犯人説」を述べさせていただきたい。

1、動機=近親相姦で痴情のもつれ。兄妹仲が悪かったとしても、愛憎入り交じる
  男女関係というものはあり得ると思う。ふとした過ちで肉体関係を持ってしま
  った妹(種違いかも知れない)この関係の清算で、心理的に追い詰められた結
  果殺意さえ抱くようになっての計画的犯行。(続)

2、脅迫状=当時は既出のように、ヨシノブちゃん誘拐で世論が盛り上がっている。
  そこでおのれの犯行を身代金目的誘拐事件に見せ掛けることを思いついても、
  なんら不思議はない。
  そしてこの脅迫状発見のあり方が、小生がどうしても長兄不審に陥る理由。
  その点は複数犯説でも同様であろうと思う。
  長兄が帰宅後の僅か10分後に、犯人が自転車を届け、なお且つスリガラス戸
  に手紙を差し込んでいて誰にも目撃されなかったのはどう見てもおかしい。
  長兄の自作自演ならば全てがよろしくなる。(続)

749 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/05 13:27
3、被害者の行動5月1日
  3:23頃 学校を出(級友二人の証言)
        ↓
  3:50頃 この間、ガード下等で3名の目撃者
        「誰かを待っているのかなと思った」
  
  長兄の行動(自称)
  午後は登美恵と共に農作業(登美恵しか証言者はいない)
  6:50頃〜1強い雨だったので車で妹を迎えに言った。
        2学校には既にいなかった(教師に会っている)
  7:30  3帰宅して納屋に車を入れた
        4玄関を入ったところの土間で食事をした
         家族は座敷で食事をしていた
  7:40  5ふと見ると、ガラス戸に白いものが差し込んであったので
         末の弟に取らせて見ると脅迫状だった
        6すぐに警察にとどけるべく車で出かけようとしたところ、
         車のすぐ横には善枝の自転車があった
  7:55  7駐在所に父と共につき、届けを出す。(続)

750 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/05 13:28
4、6:50以前のアリバイは不確かである。
  一方被害者はほぼ4時以降、どこかでトマトを含む食事をし、性交をした。
  つまり長兄の4時〜7時半迄の行動が問題。
  長兄の同時刻でのアリバイは不可。登美恵以外に証言者はなく、そして登美恵
  は自殺している。

5、佐野屋=長兄が登美恵を送り、その後抜け出て現場に行くという早業と、
  声を知られていることの困難さが指摘されている。この点については、
  抜け出し→当事者として、何か用事をつくろって出かけることは可能とおもうが。
  声→つくり声を発することは可能と思うが。(チト苦しいかな。藁)

  そして佐野屋は確かに危険な賭だが、どうしても動機を誤魔化し、捜査の方向を
  誤らせる為には必要不可欠であった。この点は複数犯行説に立っても同様だろう。
                                   (続)

751 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/05 13:29
6、変死者=基本的には自殺或いは事故と考える。殺害は真犯人にとって危険だろう。
  多くの犯行を犯せば、それだけ多くの証拠を残すことになるし、そうなるとやり
  今日までに必ずもっと多くの事実が明るみに出てくるものと思う。
 ※OG(5月6日死亡)=元中田家作男、新築中家近くで犯行使用と思われる
  スコップが発見された。当然警察の取り調べを受けていたと思われ、それを
  苦に自殺。小さい地域の中で、顔見知りの女子高生を強姦殺人の疑いをかけ
  られると言うのは、相当に酷な出来事であろう。気が弱かったと言われる人
  物である。
 ※TN(5月11日死亡)=3人の不審者を目撃したがかえって疑われ、激し
  い憤りと落胆の末自殺。その心のうちは、ナイフで胸をつらぬくという、
  過激な死に様にも見て取れる。
 ※登美恵(翌年7月14日死亡)=石川氏には死刑判決の一方、うすうすある
  いはハッキリと、長兄が真犯人であることを察知。苦悩の末に自殺。遺書が
  あったと言うが、その内容は公表されていない。
 ※Iとりぞう(昭41年10月24日死亡)=轢死。う〜んこの理由はワカラヌ。
 ※中田次男(昭52年10月4日死亡)=おそらく登美恵と同様な動機で自殺。
  あるいは、全くべつの動機(事件と無関係)かも知れないが。(続)

752 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/05 13:30
7、証拠品=かばん、万年筆、時計は被害者本人のものではない。これらは石川氏
  を犯人にするための警察のでっち上げであろう。それを本人のものだと証言し
  た長兄の言は、もちろん警察に迎合してのもの。

というわけなのですが、初めに書きましたように小生もここまでずっとスレを読んで
来て、かなり五里霧中になっているのも事実です。ただ、複数犯のほうに動機と、
発覚する可能性大であることの難点と、単独犯の場合の佐野屋その他の難点と、
比べた場合やっぱり単独犯行説に傾いてしまうのだが。
ネコガエルさんの意見もなるほどト思ってしまうねえ。。。。

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/05 15:49
>>748
目新しさは無いが最も妥当な解釈だと思う。

一審第二回公判調書によれば、犯人の声に関する検察官の質問に対して、中田登美
恵さんは次のように答えている。(野間宏著「狭山裁判」上巻 p.168より)

問 被告人の石川一雄が逮捕されたあとに、あなたは石川一雄の声を聞いたことが
  ありますか。
答 はい、テープで聞きました。
問 テープ以外に生の声はどうですか。
答 聞きました。
  (中略)
問 そのとき、佐野屋の前でかけられた声と、石川の声とはどうだったでしょうか。
答 そっくりだったです。

長兄かどうかは別として、佐野屋に現れたのは中田家に近い人物で、登美恵さんは
この人物をかばって「そっくりだったです。」と証言したのではないだろうか。
もちろん、刑札に誘導されて引っ込みがつかなくなったことも考えられるが……。

「中田家の脅迫」が目的ならば、当主と血のつながりがない善枝さんではなく、
当時11歳の三男を誘拐すると思う。やはり「痴情のもつれ」が動機ではないだろ
うか。

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/05 16:27
>しかし上述のように犯人が多いと、どこかでボロが出てしまう

それは貴方が真っ当な人間だから想像がつかないのです。
糞溜に片足突っ込んでいる者達は顔ではそんなことオクビも出さずに日常
を暮らしています。グリ森事件を参考にされると良いですね。
また検察の鬼と言われた菅沼惟善氏は著作で「世の中の犯罪で全てを簡潔に
説明できる犯罪は存在しない、それは真犯人が捕まっていてでもである」と語
っている。つまり人間の起す犯罪は必ず不確定要素が含まれる。それは起した
犯人でさえ説明の出来ないことが有る、その部分に惑わされると事件の核心は
掴めないという事ではないでしょうか。

755 :1-531:03/01/05 17:22
刑札と真犯人が同じ立場なんだから、
ボロは出ない。出てももみ消されてきた。

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/05 17:48
>>753
何度も指摘されているが、石川氏の声をテープで聞かされた次姉の最初の証言は
「(犯人の声は)もっと低かったと思います。」というものだった。
(実際、石川氏の声は60歳を超えた今でも甲高い。)
それでテープの回転速度を遅くして「似ている」という証言を引き出したもの。
一審では石川氏も長谷部警視との「男の約束」を信じて犯行を認めていたので
中田家の家族も彼を犯人と思っており、次姉の「そっくりです」という証言に
なったものと考えられる。

その後、石川氏が一審で死刑判決を受けたあと、何らかの理由で真犯人と家族との
「関係」を知ってしまったことで良心の呵責に耐え切れなかったのだろう。
当時、捕まればまず確実に死刑になる事件で、次姉に声を知られている人間が、
作り声で現れるなどという計画を立てるわけがなかろう。
ゆえに、「佐野屋の男」の声を聞いた六人の人間が最初にとられた調書での証言、
すなわち「落ち着いた中年男」との印象が当たっていると思う。

この男は中田家とも佐野屋の店主とも全く接点がない人物であると推測される。
いわんや被害者家族の長男などでは絶対にない。
「佐野屋の夜」では40人の刑事が張り込んでいながら、犯人はまんまと逃走できたので、
この「信じられない話」を合理的に解釈しようとして、
「身内が声色を使って現れた」だの「警察が自作自演劇を演じた」だのという妄想が
語られているが、肝心の刑事たちのほとんどは脅迫状の「車出いく」に騙されて道路に
配置されており、佐野屋周辺にはたったの4人しかいなかったのである。

しかも畑には一人も張り込んでいなかった。このことを忘れてはいけない。
つまり犯人は午後9時過ぎには配置し終えていた刑事の張り込み配置を事前に知り、
畑側に一人もいないことを確認して出現したというわけだ。
用意周到で入念に計画され尽くした犯罪であることは疑う余地がない。

757 :679:03/01/05 18:00
>>748->>752
盛況新聞氏の長兄単独犯説、興味深く拝見しました。
確かに記述された部分に関しては可能ですね。
ただ、義枝さんの遺体の「埋葬」に関しては、長兄
ひとりで行ったとは思えません。
遺体発見まで、警察は中田家周辺を中心に捜索していた
わけで、そんなときに長兄が深さ約90pもの穴を掘る
時間が果たしてあったでしょうか。
仮に誘拐、殺害が長兄の単独行動だったとしても、
「埋葬」に関しては、ほかの人物も関わっていたのでは
ないかと思います。


758 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/05 18:25
>用意周到で入念に計画され尽くした犯罪であることは疑う余地がない。
そのことに疑う余地はまずないでしょうネ。
デあるからこそ、小生は上のように考えたワケで。
それに声から人を判断することについては、前々スレの最後の頃だったが、
伯父さんが元捜査側だった人の「インタビュー」にもある如く、声ではなか
なか人物像を特定しにくいとも思われる(たしか、覆面をして強盗に入った男
の声が、「中年」と思われていたが、捕まえてみたらまだ20歳の奴だったト
か)。
それから声について、小生が思うのはこんなことであるのヨ。ふだんこうして
普通に会話したり、電話をしたりする場合と、夜中の野外でけっこう距離をお
いた場合(けっこう大声での会話となる場合)とでは、声色から人物を特定あ
るいは推定できにくいのでは、と。

それから兎も角、
自転車と脅迫状の届け、発見時の状況の不思議さが、少なくとも長兄が関わって
る(小生は単独説に傾きギ味であったのだケドネ)と思うかなりな理由で。

ところで小生、「遺書が
  あったと言うが、その内容は公表されていない」ト書いたケド、
もしかして一部でもどこかには発表されてるのかしらん?この姉の遺書と、
日記が読めるならば、まあたちどころにかなりの謎が解けるのだろうが…

759 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/05 18:45
埋葬でありんすね。
小生は5月2日深夜(1〜3時までの間)ト思っとります。このあたり単純に、
その時分イヌの吠え声が響き渡っていたとの証言を真ニウケました。それから、
その時分は2日零時の「前の門」での張り込み(もちろん佐野屋でも張り込んで
みただろう)も終了し、焦点はやはり明日(3日午前零時佐野屋)に移った時で、
埋葬の最後のチャンスであった。

独りで掘れるであろうかとの体力問題ですが、当時の田舎の農家跡取りとしましては、
その程度の穴をその時間帯、自力で掘り上げるくらいの体力は有しておられたでしょう。
もし、埋葬に関わった共犯者がいるならば、その共犯者は埋葬だけでなくて、
他の重要役割もしたことでしょう。埋葬をするなら、もう立派に殺人死体遺棄全般の
共犯も担えるほどの人物でしょうからネ。
あと、

>刑札と真犯人が同じ立場なんだから、ボロは出ない。出てももみ消されてきた。
それはそうでしょうが、警察以外にも、いろんな人が現にこうして今でも
アチコチつついて廻っているわけさネ。実際、被害者が異父妹な事実は、
あとでバレているわけで。

760 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/05 23:56
ウ〜ン夕刻から回転がありませんねェ。
みんな、死出しまッたかな…また来ます。お休みナサいまし。

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/06 01:28
>>756
チミのような人が居るから話しがループしてしまうのダニ
長兄を擁護したい気持ちは充分に解かるが
そんな文春調の言い切り論方では時代遅れも甚だしい事受け合い。
モーチット説得力のあるレスを希望したい。

762 :長兄オンリー:03/01/06 01:52
はじめて投稿します。実は私もずっとROMっていて、初めは
OG氏主犯であと外部の複数犯行説だったんですが、
今夜決定的に長兄ファン(藁)になりました。オンリー説支持します。
けど、長兄含む複数犯行説でも、盛況さんの論点はおおむねは支持できますデス
とおもいー

763 :756:03/01/06 10:17
中年の声と思っていたら実は20歳台だった、というのは犯人発覚後の結果論に過ぎない。
大事なことは、声を知られている犯人が声色を使い、それに相手がうまく引っかかって
くれるのを期待して、こういう計画を立てるものかどうかということだ。

身代金を被害者家族から直接、手渡しで受け取るという事件は他には見当たらない。
他の多くの営利誘拐事件の実例が示しているように、どこかに金を置かせて、
あたりに張り込みがないことを確認してから持ち去るというのがほとんどだ。

犯行日の設定や作為ある脅迫状、遺体埋没方法など様々な偽装工作をみると、この事件は
かなりの用意周到な計画性を感じさせる。
そんな犯人が、最も重要で危険な場面である身代金受け取りの場所で
自分の声を聞かせるはずがない。
実際脅迫も、農協で聞けばすぐ判る有線電話を利用せずに、わざわざアシがつきやすい手紙で
行なっている。

このことは、家族に声を知られている犯人が、それを悟られないために、
あえておこなった方策だったのと、「佐野屋の逃走」を成功させるために、
身代金受け取りに複数で「車出」来ることを「刑札」に信じ込ませることが
大きな目的だっとのだろう。

ということは、身代金受け取りはあくまでも偽装であり、「佐野屋の夜」には
「声をかけたが張り込みに気付いて逃げた」という筋書きを演出するに最適な人物が
選ばれているはずである。
すなわち、軍隊で野戦訓練をつんだ夜目が利く中年男がその役目を担っている。
彼には被害者殺害は知らされておらず、ただ「出現・逃走」が成功すれば20万円の
報酬が支払われる手はずになっており、事件後、その約束は果たされていると思う。

764 :756:03/01/06 10:18
身代金20万円というのは当時でも営利誘拐事件としてはその額が低すぎるという声が
挙がっていたが、これはずばり共犯者への「報酬」だったのではないかと考えられる。

事件によって実行面の主犯Aは中田家への「積年の恨み」を果たすことが出来、
計画面での主犯Bは、水利事業での利権獲得という「実益」を得ることが出来たのだろう。
彼らが捕まらないためには、被差別部落の無学な若者たちに「刑札」の眼を向けさせる
必要があった。あるいは従犯のOGを「いけにえ」にする計画でもあった。
死体と遺留品をOGの新居から被差別部落へと向う方向に埋めたのはその表れである。

そして計画通り、「完全犯罪」は成功した。
被害者殺害までは知らされていなかった動揺する共犯OGは「自殺」し、
撹乱情報をもたらし疑われたTNも口を封じられた。
「代用犯人」たる石川氏が死刑判決を受けた後、事件の背景に気付き、周囲に
そのことを漏らしていたPTA会長・M氏は急死し、被害者の次姉は「自殺」する。

そして殺害の実行犯と思われるITは、アル中で粗暴な性格が主犯の気にさわったのか
あるいは事件の「報酬」についてのトラブルがあったのか「鉄道自殺」を遂げる。
また数年後、被害者の次兄もなんの前触れもなく「自殺」してしまう。

事件は善枝さん殺害後を続いており、これを完全な単独犯の犯行と判断するのは無理が
ありすぎる。
決して被害者の兄を「擁護して」の推理などではない。
ひとりの人間が計画実行を考えてやり遂げられる犯罪ではないということを
理解してもらいたい。

765 :756:03/01/06 11:20
事件は善枝さん殺害後を続いており

事件は善枝さん殺害後も続いており

766 :山崎渉:03/01/06 12:33
(^^) 

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/06 14:17
756さんはいつも説得力あるなぁ

768 :679:03/01/06 15:29
盛況新聞氏、長兄オンリー氏

もし長兄が単独犯だったとしたら、義枝さんの殺害
現場はどこなのでしょう。
埋葬場所から祝儀用ビニール風呂敷が見つかって
いることから、OG氏の新居でしょうか。
単独犯である場合、OG氏に許可なく新居に侵入し
殺害、死斑が出るとされる8時間以上もその家に
遺体を放置したのでしょうか。

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/06 18:58
スレ全部読んできたら、長兄単独犯説にはいかんと思うがなあ。???

770 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/06 21:06
1*家族(或いは知人)に声を知られていること
2*「変死者」をどう捉えるか

1については、小生はそれほど声というものはその声を発した闇の中にいる者
が「誰」であるかを特定するのには、決定的な論拠にならないとおもう。
野外で聴く声、それも相手の顔が見えない場合に聴く声、かなり距離のあると
ころからの大声、これは家族であってもなかなかそれがすぐには家族であると
特定できないことがある。
そしてその際の「家族」は姉(長兄の妹)であったこと。
小生はこの姉が「共犯」とは言わないがかなりな程度、実の兄をかばったので
はと。結果的には幇助のような立場に追い込まれていたのでは、と見る。その
ことが、自殺につながっているのではと。

2ですが、
変死者は共犯者若しくはかなりな程度の関係者と見、それらを始末、口封じを
したと見るのか、そうではなくそれらの自殺あるいは事故が結果として事件を
複雑に見せていると見るかで立場と推理が違ってくると。
小生は後者なのであり、それでもかなり毛色が違っている存在が姉なのだと見
る。
どうしても、それだけ多人数な共犯関係を結べば、ボロが出てしまう、と。
現にそれらの変死者たちを共犯関係と見る立場からは、まさにおっしゃるとお
りにそれらの「自殺」「事故死」等がボロとなって、述べられたような推理が
成り立つことになっている。共犯関係を結んでこの事件を引き起こすことその
ものが、「声」よりも他のなによりも「危険」な賭になると。

771 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/06 21:11
(承前)
単独、複数、について考えた時、どうしても「共犯は危険」との考えが出て来
ることをおさえ切れないでいる。誰かがどこかで、1人でもへまをしたら、
或いは心変わりしたら、たいへんな危険を招いてしまう。
そこで、そのような危険を招く或いは招いたからこそ、そいつを葬ったのだと
しても、その葬ることそのものがまた、危険な行為になるのではあるまいか、と。

3*現場は?それはOGの家ではないでありましょう。OGの家だとすると、
彼「自殺」当時はまだ石川氏に捜査のマトはシボられてない時分ですから、
彼が死ねばその家屋も捜査するでしょうから血痕その他の痕跡が発覚するおそれがあります。
もっとも、それが発覚すれば疑いは死んだOGに行きますから犯人としては
良いようにも思えますが、犯行時刻にOGのアリバイがもし明確であった場合、
かえって危険なことになりましょう。
殺害現場はいまだ知られていないあるトコロ(屋内)トしか言えぬ(のが苦しい)。
そこが殺害現場であり、食事と性交の現場でもあった。

そんなら殺害時刻から8時間以上もの間、ドコに遺体を置いといたのか?それは
もちろん、その殺害現場でしょう。

そうして、
>スレ全部読んできたら、長兄単独犯説にはいかんと思うがなあ。???
ですので、はじめにも書きましたように、かなり動揺してはいます。

質問があります。
「撹乱情報をもたらし疑われたTNも口を封じられた」ですが、死亡時、
家族のいる隣室であったとのこと。これが殺害とすれば、どのような状況
が考えられましょうか?

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/07 15:34
狭山に行こうよ。
そして関係者と共にオフ会。

773 :盛況新聞 ◆15kd2wtP2Y :03/01/07 22:46
関係者と共にオフ会。
それはもちろん大賛成ぢゃヨ。

小生のコダワリ(説、トいうほど大それたモノではアリマセヌ)は、
マア、トノオカ説と甲斐説を足してカラ大分引いて少し足してカラ2で割った
トいうような、確かに「目新しいことはない」ようなコトなのですが、やはり
このスレでは「今さら…」ということになるのでアリましょうか。

それにしても、登美恵さんの「遺書」と日記を、兎も角も読んでみたいものぢゃ!
それさえ夜目利ャ…

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/07 23:07
登美恵さん、被害者の日記は現存するのだろうか?
どちらも焼却処分されていると思われる。


775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/07 23:09
当局の金庫にしまってある。


776 :長兄オンリー:03/01/07 23:36
僕への質問は盛況さんが代弁してくだすったようなんで、そちらへお任せ
します、すいません。
ただ、756さんへ質問ですが、それじゃあ具体的に、共犯は全部で何人で、
それぞれ誰でしょうか?とくに佐野やの晩の人物「軍隊で野戦訓練をつんだ夜目が利く中年男」
ていうことですけども、それは誰なんでしょうか。またどのような根拠で、軍隊で
野戦経験をつんだ夜目のきくひとということになるのでしょうか。また、用意周到で
狡猾な犯人が、「アル中で粗暴な性格」の人を、どうして共犯にしたのでしょう。
考えてみたら、そんなに共犯をつぎつぎと口封じしなくちゃいけなくなるなんて、全然用意不周到に
思えるんですけども。それとも、
最初から彼ら共犯者は、いづれ殺害する計画で、これも犯人のはじめからの計画だった
ということなのでしょうか…

777 :てにをは:03/01/07 23:45
ウムむむ。そうというとナニ甲斐、犯人は最大合計6人(いんやひョッとしてそれ以上)の
ひとたちを殺していたのですね。スゴイ殺人鬼!

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/08 07:08
テロリストじゃあるまいに・・・

779 :756:03/01/08 19:37
>>776
私は別に事件の真相を知っているわけではなく、事件の概要を推理しているだけなので
その点は誤解なきよう、お願いします。
その観点から、長兄オンリーさんのご質問について、自分なりに推理した根拠をもとに
お答えしたいと思います。

まず佐野屋に現れた男ですが、次姉に話しかける以上、被害者家族にも、また佐野屋の主人や
地元の警察官などにも面識がない(顔と声を知られていない)人間でなければならないことは
すでに述べた通り。
入曽歴3年さんが聞いたNSさんの話にも出てきた「元軍人の中年男」とは、実は事件当初に
すでに噂されていた人物でもある。

事件当時の佐野屋周辺は街灯がなく、当日は月は出ていたものの漆黒の闇夜であった。
後日の実験でも、犯人が潜んでいた畑から佐野屋の前に立つ人物を識別することは
不可能であることが立証されている。
しかるに犯人は30m離れた場所から次姉を認識し語りかけた上、
佐野屋に張り込んだ二人の刑事の存在をも見破っている。
普通の人間ならばこのような芸当は不可能だろう。

しかし、軍隊で野戦訓練やスパイ・謀略活動の訓練を積んだ者ならば、それが為しえるのではないかと、
実際、軍隊経験のある捜査官たちには、ピンと来るものがあったようだ。

780 :756:03/01/08 20:13
それと、次姉と会話した犯人が、張込みを感ずいていたにもかかわらず、
終始落ち着いていたことも、かなり場馴れした人物との印象を受ける。
歳が若く、修羅場をくぐった人間でないと、どうしても声がうわずったりするものだ。
この点でも、生死の境をくぐった戦場での経験が生かされているように思う。

元軍人となると、事件当時は昭和38年だから必然的に「中年男」となる。
また、張り込みに参加した陸軍中野学校出身のPTA会長・M氏も同様の感想を持っていたようで、
「佐野屋の男」は当時24歳だった石川氏ではないように思うと周囲に漏らしている。

おそらく「元軍人の中年男」は地元の人間ではないと思う。
ただ「おら」とか「べい」とかいう方言を自然に使っているところから、
埼玉県内に住んでいたのは間違いなさそうだ。

被害者周辺にその該当者がいなかったため、その男までは捜査が迫れないままに
石川氏が犯人に仕立てられてしまったのだろう。
主犯を特定できない以上、この男に行き着くのは不可能だったろう。

781 :756:03/01/08 20:50
最後に主犯の「完全犯罪計画」と,殺害実行犯と目される「アル中で粗暴な性格」のITの件であるが、
前にこの事件が「完全犯罪」と書いたが、それは、主犯が計画通り「代用犯人」を作り上げることに
まんまと成功し、警察の追及を免れた、という意味で使ったものだ。

厳密な意味での「完全犯罪」とは事件そのものが発覚しないことをいうのであるから、
その意味では「狭山事件」にも、犯人の計画通りに行かなかった「不測の事態」もあったろう。
その最大の「山場」あるいは主犯がもっとも緊張した場面は、TNがもたらした「撹乱情報」を
警察がその意図を見抜き、彼を厳しく責めたてた一件だったと思う。

警察から二日間、一人で歩くことも出来ないほどに責められたTNは半ばノイローゼ状態になり、
寝込んでしまった。これは主犯にとっての誤算だったと思う。
一刻の猶予もなく、危険を承知で寝込んでいた彼を襲い、鳥刺し包丁で心臓を一突きにして
「処分」している。
この「下手人」は、100%の確証はないがおそらくITでだろうと思う。
のちにITが「鉄道自殺」に見せかけて殺されたのは、この二件目の「殺人」が
遠因になっていると思う。

多分、さらなる「報酬」と「事後手当て」をITが主犯に要求し、主犯は先々のことを
考えて「抹殺」したのだろう。
また、ITの「自殺」は他の共犯・従犯者への「口封じ」として、これ以上ない
「無言の威圧効果」があっただろう。

782 :756:03/01/08 20:51
繰り返しになるが、「狭山事件」での主犯の犯罪計画は、「代用犯人を『刑札』に捕まえさせること」
その一点にあった。その意味では「大成功」だったといえるだろう。
なぜなら、事件の「犯人」が当局の手にある以上、その後いくら彼らが「真犯人」に気付いても、
「刑札」が捜査のやり直しをやることなど、絶対にありえないことを主犯は見抜いていたからである。

石川氏が逮捕されて、「刑札」が証拠を捏造(「証拠の一部は事件後、主犯の主導で様々な「偽装行為」が
施され、「刑札」はこの罠にも見事に嵌められている)した段階で、主犯の犯罪計画は成功をみたのである。
そしてその計画に手を貸したのは「刑札」に他ならない。

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/09 03:55

それでヨシエさんが殺された事とどう言う関係があるの?
ってかヨシエさんが殺されなくてはならなかった理由は何なの?

784 :??E`?1/2?I`???μ?e¨?E´?1/4?3?μ?3?n???E?E?E:03/01/09 07:11
TN@夜八時ごろ家で殺された の奥さんとお子さまもそれじゃあ、
きょうはん であると言うわけ?犯人は全部で何人いて、誰と誰?
動機はそれぞれ、ナニとナニ?

785 :??E`?1/2?I`??:03/01/09 07:12
集団テロ狭山事件。

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/09 17:30
早く前スレが見たい…

787 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/09 19:54
真犯人ではない以上、誰でもが100%、納得の行く推理を記すことは無理というもの。そして真犯人はもとよりナニも真実を話すわけがない(もしかしてこのスレに、真犯人が「撹乱情報」流してたりシテ…笑々)。
初めに事件の中で、どのような認識に重きを置くかで、その後の推理展開が異なってくるでしょう。
「犯人は用意周到、緻密な計画性を以て、犯行を開始した」
この認識はおそらく、この板でのかなりな人達が共有しておらっしゃることで笑。
小生の場合にはその後、
「共犯者が存在すると、その分アシがつく危険が増加」トの想いが、
マア認識というよりトラウマ状態とでも申しましょうカ。
「犯人は用意周到、緻密な計画性を以て、犯行を開始した」からこそ、敢えて危険を
増加する計画を実施するだろうか、ト。

出発点でそういうトラウマじみた考えがあるもんだから、そのあとの展開が、
複数犯人説(そして変死者は共犯者で、まさにそれが故に殺された)とは、全く
違うことになって来るノデス。

「共犯者が存在すると、その分アシがつく危険が増加」と共に、こんな想いもあります。
「犯人は徹頭徹尾、犯行の真相とは正反対に見える策略を展開した」
思いつくままにあげて見ると、
1、「友だちが車出いく」→真相=友だちはいない。車で来ない。
2、穴を90センチも掘った。とてもひとりで掘ったとは思えない→1人で掘る。
3、声を知られている(特に登美恵に)奴なら、佐野屋に来るはずがない。→行く。
4、等々。

788 :狂気の部落:03/01/10 11:17
5日夜、埼玉・狭山市で、焼き肉の焼き方で口論になり、姉と母親を包丁で切りつけた男が逮捕された。
殺人未遂の疑いで逮捕された無職、櫻井伸昭容疑者(25)は、姉の則子さん(29)と肉の焼き方で口論となり、
「殺すぞ」と文化包丁で左首を切り付け、さらに、止めに入った母親の優子さん(53)の
左ほおにも軽傷を負わせた。

櫻井容疑者は、「姉が細かいことをガタガタ言うので殺そうと思った」と話している。


789 :狂気の部落:03/01/10 11:25
朝日新聞 http://www.asahi.com/national/update/0106/012.html

焼肉で口論、姉と母切りつける 容疑の男逮捕 埼玉

 埼玉県警狭山署は5日、同県狭山市北入曽、無職桜井伸昭容疑者(25)を
殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。調べでは、桜井容疑者は同日午後7時ごろ、
家族6人で食事中に姉(29)と口論になり、台所にあった文化包丁で姉の首と、
止めに入った母親(53)の顔を切りつけた疑い。夕食の焼き肉の焼き方をめぐり、
姉と口論になったらしい。2人は軽傷。
 桜井容疑者は「姉がくだらないことを言ったのでカッとなり、殺そうと思った」
と話しているという。

790 :引き蛙:03/01/10 18:18
それと部落と



 どうつながりあんの?

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/10 18:23
訳の解からんテンプレはホットケ〜

792 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/11 17:11
*『動機』について
 
善枝と長兄とはそれ(事件)以前の家庭内のいろんなこと(異父であることなど)
もからみ、複雑な関係。あまり兄妹らしくない関係。そのせいだか、肉体関係。
登美恵にもうすうす、そうした兄妹間のおぞましい間柄は判明していた。ここに、
しかし当の妹の口から、その関係が家庭内はもとより世間にばれる怖れが。そう
なると、たいへんなことになる。おのれの立場はもとより、村内での家自体の立場
も没落、とてもここに住めたものではない。それでもずるずると続く肉体関係。
じょじょに、この清算は妹の殺害によってしか出来ないとの思いを募らせる長兄。
半年あるいは1年をついやした実行計画。もちろん、その1年間に発生した、
身代金目的誘拐事件(=ヨシノブちゃん事件)と身代金目的に見せ掛けた事件
を参考にした。
もとよりこれらは憶測ではある。

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/12 01:57
当時の地域性ってのが複雑に絡んでそうな事件ですね

794 :長兄オンリー:03/01/12 13:16
丁寧な解説とお答え、ありがとうございました。
読んでいて、ひとつ思い出したことがあります。
たしか、「祝儀用のビニール風呂敷」については家族が、
「それはふだんから善枝の自転車についていた(使っていた)」という
意味のことを供述していたということです。その一方で、
OGが婚儀直前だったことから、これをOG所有のものだったという話にも
なっているのだと思うんですが、どちらなのでしょうね。
まあ細かいことですけど…

795 :けんじ:03/01/13 10:20
最近動機に近親相姦説が多く出て来ましたが、どの程度の根拠があるんでしょうか。
今までのスレにはそういった関係があるのでは?という憶測はあっても証拠となる事実は出てきてません。
まだ町の権力争い説、営利目的説、母親にまつわる怨根説が具体性があるとおもうのですが。

756さんは動機についてどう思われますか


796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/13 11:16
様タジ剣何?

797 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/01/13 11:18
根拠の無い事をあれやこれやと言い放ち
有る事無い事勝手気ままに書きまくる巨大掲示板。

それが2ちゃんねる。

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/13 11:20
2ちゃん嫌い

799 :756:03/01/13 16:59
>>795
被害者家族の兄妹仲については、不仲というより険悪といってもいいくらいだったようだ。
この点は裁判で弁護士に問われた次姉が「無言の肯定」をしている。
次姉は弁護士から兄妹仲について何度も訊かれたにもかかわらず、それには直接答えず
「うちでは女はあたしと善枝だけだったので、なにをすればっていつも一緒でした」
と述べている。

普通、少々仲が悪くても、こういう法廷の場では「良かった」とか「普通です」と
答えるはずだから、このときの次姉の反応から、姉妹で兄と父に反発していたことが伺える。
それだけに善枝さんが中学生のとき、台風のため連絡なしに友人の家に泊まったときに
全然心配もしていない長兄が、あの日だけたった1時間ほど帰宅が遅いだけなのに
心配して豪雨の中を車で捜しに行き「動転して」しまうというのが不可解でならない。

それと次姉は「家では女はあたしと善枝だけ」と言って家出した長女の存在に触れていない。
このことから、長女も兄と父との折り合いが悪く家を出たと推測される。
その原因について追及されるのが嫌だったので長女について触れたくなかったのだろう。

真犯人の動機については、近親愛などを強引に持ち出さずともこのスレですでに出てきている、
水利事業を巡るトラブルと母親の不倫相手の子供の怨恨とで、十分に説明がつくと思う。
私はおそらく異なる動機を持つ両者の利害が一致したことで、両者が協力して実行された
計画であるように思う。
そしてOGや長兄も巧みに事件の従犯として「利用」された事件であると考えている。

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 03:31
とりあえず八百にしておいてから寝るかなと

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 03:52
もうどこも捜査はしてないの?

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 11:08
今更近親相姦説なんかを持ち出す人は
スレを読んでないか読解力が欠けているんだろうな
これから書き込みする人はちゃんとスレを熟読してもらいたいね
でないとループする

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 12:25
>>801
最高裁で有罪判決が確定した事件なわけだから、一応おおやけには「解決済みの事件」
ということになる。
石川氏の弁護団の再三の要求にもかかわらず、二審判決以降は事実調べは一度も
行われていない。
むろん、事件そのものはとっくに時効になっているので、仮に石川氏が再審で無罪になっても
真犯人がその罪を問われることはない。
現在再審請求中の石川氏は「弁護団が提出した証拠調べをやってさえくれれば私の無実は必ず
明らかになるでしょう」と訴えている。

過去の例を考えると殺人事件での再審開始=証拠調べは、すなわち原告無罪を意味する。
つまり狭山裁判での再審開始は石川氏の無罪を証明するまでが限界であるが、
証拠調べの段階で、裁判所が検察に非開示の調書や証拠について開示命令を出す可能性がある。
その課程で事件の一端が明るみに出るかもしれない。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 20:59
ひどい話だな。
日本の司法はどうなってんだよ。

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 21:49
狭山事件って何?

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 22:19
消えろ

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 22:24
>>806
消えろ

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/14 22:33
>>805

過去ログ嫁!

809 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/15 02:09
ル〜プするというんなら、自分の説を述べたらいいだろうゼ。
たしかにしょせんは「ツーちゃんねる」匿名板だが、
小生とは立場が全然違う756さんも含めて我々は(きっと)、
いろんな説を出すことがこのスレの場であるとの、
その程度の共通認識はあるとおもうがね。
いつも「あなたのうしろに名無しさんが」だけで、
それこそいいたいことをひとことだけ言ってから逃げるんヂャねい。

それで、
797 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/01/13 11:18
根拠の無い事をあれやこれやと言い放ち
有る事無い事勝手気ままに書きまくる巨大掲示板。
それが2ちゃんねる。
798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/13 11:20
2ちゃん嫌い

 ワシも前はそう思っていた。が、このスレ読んで来て、その認識が(このスレだけ
だけどネ)変わったから真面目に発言している。嫌いなら読まなくてイイゼ。
また、「〜事件てなに?」なヒトは、1にアドレス書いておろうが。

今夜はソレだけヨ。

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/15 13:04
リング・らせん・ループ

811 :679:03/01/15 14:23
盛況新聞紙をはじめ、脅迫状発見時の長男の不可解な
行動について、疑問を持っている方は多いと思います。
そこで、私なりにつたない推理を似てみました。

中田栄作氏とその長男は、義枝さんが「種違い」である
こと+αをネタに、誘拐事件が起こるよりも前から脅迫
されていた。犯人は金銭を要求したが、栄作氏と長男は
それを突っぱねた。
怒った犯人側は、義枝さんを殺害することをほのめかした
が、栄作氏と長男は、これも無視した。
このことは、ほかの家族には秘密にしていた。

5月1日、いつもなら5時頃には帰宅するはずの義枝さんが、
5時半になっても帰ってこない。そのとき、これまで脅迫を
続けてきた相手から、「義枝さんを誘拐した」との電話が
入る。栄作氏と長男は、すぐに警察に電話した。
<続きます>


812 :679:03/01/15 14:24
>>811の続き

栄作氏と長男は、中田家で相談する。ひょっとしたら
狂言かもしれない、などど……。
そこへ犯人から2度目の電話が入る。6時50分頃だ。
犯人は
「義枝さんの自転車は、○○に停めてある。カゴの中に
脅迫状が入っているので読め」と言う。
長男は父以外の家族には
「義枝を捜してくる」言い、トラックでまず義枝さんの学校
へ向かう。教師の話では、3時すぎに下校したとのこと。
やはり狂言ではないらしい。
その帰り道、長男は犯人の指定した場所に停めてあった
義枝さんの自転車を、トラックの荷台に積み帰宅。
納屋の中にトラックと自転車を停めた。
<続きます>


813 :679:03/01/15 14:25
>>812の続き

納屋の中で脅迫状を読んだ長男は、破いた封筒の
残りを庭に捨て、玄関へ向かう。
(父と自分がこれまで脅迫を無視したために義枝が
誘拐されてしまった。)と後悔すると同時に、この
脅迫状を自分が持ち帰れば、脅迫を無視したために
義枝が誘拐されてしまったことに、姉弟たちも
気づくかもしれない、と考え、脅迫状をガラス戸に
差し入れ、あたかも外部の何者かがそれを持って
きたように偽装した。

つまり、犯人の要求をつっぱねたために義枝さんが
誘拐されてしまったという、自責の念が、あのような
不可解な行動をとらせたのではないか。
これといった根拠もない素人推理ですが、いかがでしょうか。


814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/15 14:31
根拠の無い事をあれやこれやと言い放ち
有る事無い事勝手気ままに書きまくる巨大掲示板。
それが2ちゃんねる。

815 :679:03/01/15 14:49
もしかして私、煽られてます?

816 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/01/15 18:21
814は俺じゃないけど、
679さんの>811-813はなんとなくイイカモシンナイ

817 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/15 18:26
>679さん
の説もひとつの見方であると思いますよ。
小生が、長兄が少なくとも可成りな程度、事件の{加害者側}からの関わりがあると
どうしても思ってしまう最大の理由がそれ、{脅迫状発見時の奇妙な状況}にあるわ
けです。それがあるもんで、そこから、どうしてもその脅迫状発見が、長兄の供述ど
おりとは思えず、そこにある{裏}を感じてしまうのですよ。

極端に言えば長兄=犯人、あるいは重要な共犯、そうでなくとも{脅迫を無視したた
めに義枝が誘拐されてしまったことに、姉弟たちも気づくかもしれない}よりは、も
ッとさしせまった動機があるように思われるのですが。。。どうでしょうか。

小生今夜はちと出先なもんで、とりあえずこんなとこで。
(爾後、外野は無視)

818 :756:03/01/15 19:36
>>811-813
679さんのその意見に私も概ね同意します。

事件の発端についてはこれが最も真実に近いと思う。
少なくとも納屋に返されていた自転車の一件や、二審法廷での長兄の不可解な証言の謎については
この解釈によって無理なく解けるよう思う。

この推理ならば長兄が軽トラックで帰宅したとき、玄関で父親がそれを見守ったこと
(父親はそのとき自転車は納屋になかったと証言しているが時刻は既に7時半。
 あたりは真っ暗で電灯がない納屋の自転車が玄関から見えるわけがない)と、

長兄はなぜか靴も脱がず濡れた服を着替えずもせず、長男の威厳もどこへやら、
土間のテーブルでうどんをすすり、玄関の戸口に差し込まれた脅迫状を「発見」していること、

さらにその「手紙」を自分で取らずに末弟にわざわざとらせ、その封書を受け取ると
宛名が父親宛にもかかわらず、自分一人で読み、脅迫状は他の家族には触らせず、
「刑札には名知たら子供は死」と書いてあるのにもかかわらず5分後には父親と
駐在所び車を走らせた謎なども十分に説明がつく。

819 :756:03/01/15 19:56
さらに付け加えると、警察と中田家側が最初の脅迫を7時半としたのは、
両者ともに善枝さん殺害についての責任回避をしたかったからだと思う。
つまり父親と長兄は脅迫電話の後、警告を無視してすぐに警察に届けたことに
後ろめたさがあリ、またそれ以前の脅迫の事実を隠したかったのだろう。

警察は警察で初動捜査を犯人側に気付かれ、それが被害者殺害に
つながったという世論の批判を避けたかったのだと思う。

そんな両者の思惑が重なって、事件発覚は「午後7時半頃、犯人が被害者の自転車に
乗って来て大胆にも戸口に脅迫状を差入れ、自転車は濡れないように納屋に返して
立ち去った」という、誰が聞いても首をかしげる営利誘拐事件史上、空前絶後(?)の
「犯行事実」となったものと考えられる。

それにしてもこんな自白をさせられた石川氏も本当に気の毒だが
(彼はのちに「犯人がなぜ自転車をわざわざ納屋に返したのか今もって理解できない」
と言っている)、かかる「自白」を堂々と調書にとり、また裁判官もなんの疑問も
挟まずにこれを「事実」として認定したことに、驚くというよりあきれ返ってしまう。
これが法曹界のエリート達が下した判断かと思うと背筋が寒くなる。

820 :756:03/01/15 20:49
>>817
盛況新聞さんは「長兄主犯説」にご執心のようですが、そもそも彼が本当に
主犯(または単独犯か共犯)だとすると、「納屋に自転車を返却する」というような
自分が疑われかねない、無謀なことを本当に計画すると思いますか?
(事実、長兄は事件発生の数日後に原正主任刑事から、車で善枝さんを捜しに行った
 経緯について詳細な調書を取られている。この時点では長兄にも若干の疑い
 がかかっていたことが伺える。)

「納屋にあった自転車」は、長兄が「軽トラックに乗せた自転車を妹がいつも置く場所へ、
いつものように無意識に置いた」という全くの不作為の「日常的な行為」であったからに
他ならないことの証明ではないかと思う。

長兄も、その時点ではまさか自転車を返したのが犯人の仕業ということになるとは
思ってもみなかったのだろう。
真犯人による本当の犯行事実と家族による「不作為の日常行為」が交差し、
家族がその行為を隠したことが、事件を難解なものにしている原因であるように感じるのだが。

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/16 22:04
今、萩原佑介氏、亀井トム氏はどうしているのだろう?
高齢だとは思うが、当時の熱意溢れる戦いを再び見せて欲しい!

822 :756:03/01/17 18:10
被害者の死亡時刻について、解放出版社の『知っていますか? 狭山事件一問一答』に
興味深い説が紹介されている。
この本では、被害者の実家裏庭で電球照明にて行われた警察医による解剖の鑑定結果が、
十分信用に足る内容のものではなかったという指摘がなされている。

殺害時刻については、確定判決では誘拐されてすぐの午後四時半頃となっており、
弁護団は被害者の胃に未消化のトマトがあったことと、お昼に学校で食べたカレーの
色素が消えていたことで、もっと遅い時刻と想定しているようだ。
しかし、いずれにせよ殺害は誘拐当日と思われていることに変わりはない。
つまり犯人は、被害者を殺した後に、大胆にも佐野屋に身代金を取りに現れた
(または共犯者に取りに行かせた)ということになる。

しかし解剖鑑定が信用できないとなると、実際の殺害時刻は2日深夜(正確には3日午前零時以降)
である可能性も捨てきれない。
もしそうであれば、事件の様相は一変する。

つまり佐野屋で警察の張り込みに気付いた犯人は、、被害者家族の「約束違反」に怒り、
被害者を殺害した可能性があるということだ。

これは決して無茶な推理ではないと思う。
警察にとっては、佐野屋での犯人取り逃がしが被害者殺害につながったという顛末だけは、
なんとしても避けたかったに違いない。
したがって被害者の死亡時刻は「佐野屋の夜」以前の出来事でなければならなかったはず。
警察鑑定が「死亡時刻は1日夕刻」となったのは必然的とさえいえる。

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/18 11:48
そうでもないよ

824 :756:03/01/18 13:13
事件を難解なものにしている要因として、さらに挙げるならば
犯人側が用意した様々な「偽装工作」と、事件後の証拠の「偽装出現」の問題がある。

特に死体が埋没された農道の近くで見つかったスコップと、そのあと発見された教科書は、
大規模な山狩り捜査のあとに見つかっていることを考慮すると、警察ではなく犯人がなんらかの
意図を持ってそこに持ってきたものだと思う。
特に教科書の「埋め方」は異常である。
10数冊の教科書とノートをカバンとは150mも離れたところへ横に並べて
土をかけた程度。とても「埋めて隠した」というやり方ではない。
他にも、自転車のゴムひもや地下足袋なども同様に「偽装」の匂いが濃い。

カバン・時計・万年筆の「3大物証」は、いずれも石川氏の「自白」にもとづいて「発見」
されており、有罪判決の大きなよりどころとなったことはすでに述べられている通り。
これらはすべて警察が「用意」した「証拠物件」であることに疑いはない。

825 :756:03/01/18 13:14
その証拠に、「発見」の仕方がいずれも不自然な点が指摘されている。
カバンは山狩り済みの場所からS巡査による二度目の捜査で見つかっているが
二度目は近くの農夫を「立会人」にしている。

有名な「鴨居の万年筆」は、ニ度の大々的な家宅捜査で見つからなかったものが
いとも簡単に「発見」され、しかも刑事はそれを石川氏の兄にとらせ、写真に収めている。
(この点、脅迫状を末弟にとらせた長兄の不審な行動を思い出させる。)
人間、なんらかの偽装行為を行なうときは、第三者に立ち合わせることで、
その偽装がよりもっともらしく見える工夫をするものだ。

最後に時計であるが、これも石川氏の「自白」によって発見されたことになっているが、
警察が数日にわたって捜しても見つからなかったものが、散歩中の78歳の目の悪い老人が
「発見」して届けたというのだから、不可解を通り越している。
しかも1ヶ月以上も道端に放置してあったその時計は、バンドは新品状態で、
ネジを巻くとちゃんと動いたというのだから、まるでこの世の話とは思えない。

この老人Kさんであるが、弁護団の質問に答えて
「時計を拾って、テレビまで出ても五百円のお礼じゃなあ…」と口にしている。
ちなみに時計発見直前まではKさん宅には警察が入りびたりで、発見後は彼らはぴたりと
来なくなったそうである。

そのKさんも証言台に立つことはなく、二審の途中で亡くなった。

826 :山崎渉:03/01/19 05:06
(^^)

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/19 10:47
この論争に終止符を打つにはどうしたらいいのだろう。
それには当時の事件に関わった捜査員が証言してくれる以外方法はないと思う。
しかし皆かなり高齢になっているので、これから10年以内くらいまでに
そういった告発なければ、永遠に真実は闇の中である可能性が高い。
なんとか彼等が口を開く方法はないのだろうか。

犯人扱いされたI氏や無惨に殺されたヨシエさんを思うと、あまりにも残念でならない。

828 :てにをは:03/01/19 12:19
お久さでしたがちょっと疑問。
756さん、「つまり佐野屋で警察の張り込みに気付いた犯人は、、被害者家族の「約束違反」に怒り、
被害者を殺害した可能性がある」
ていうことはつまり、20万円をその雇った佐野屋中年の報酬にしようとしてたのに、
札が張り込んでたから取れなくて怒ったということですか?主犯の動機は被害者方を脅すことと、
それによって利権がらみの画策がうまくゆくことということでしょうか?
そのあたりがちょっと分かりにくいので、
  動機
  時系列での犯人(達)の動き(関連して被害者の動きと状況)
  変死者の死因についての各々記述
みたいに、分けて書いていただくと有り難いですが。

あと、証拠品の札によるでっちあげは、もうこのスレではごく一部の読者を
除けば、周知のことなんで、もうここで取り上げるまでのこともないと思うんですけど−
だってそういうことって、冤罪関係のサイトにもっと詳しく書いてあるから。

それからう〜ん、被害者の命日が5月3日の可能性があるということですけども、
佐野屋のあとに殺して、それをOG氏宅の付近の農道に埋めるのって、深夜といえども、
あるいは3日の夜であっても、相当に危険と思うんですけども、なぜならもう3日からは
山狩りとかしてるわけですし、佐野屋のあとは札の動きも激しくなると思うんですが。

それから、被害者が種違いはたぶん確実ということは今迄の書き子でわかるんですが、
それに兄弟がいるのというのは確実な情報でしょうか?なんだか、架空の人物のような
感じを受けるんですが。

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/19 14:08
身代金で直接犯人に手渡しなんて・・・

830 :入曽歴3年:03/01/19 17:46
>>828
>兄弟がいるのというのは確実な情報でしょうか
これは何とも言えません。森の次男=田中説を支持しているのはNSさんのグループ
の中でもNSさん、Tさん、Sさんの御三方でそれ以外のYさん、Oさんは最後まで本人
の証言が取れなかったことと、なんら物証が得られていないことから批判的なの
です。
Tさんが昔に週刊誌に書いた内容も田中が死んだ頃に森の長男の人にそれを告げに
行った時に長男の方に二度と私達を訪ねてこない条件として一つの答えを引き出し
た、という事のみに頼っているようなのです。
その内容というのがそれまで自分の弟は結核にかかり発病後2ヶ月あまりの内に
死んでしまったと言ってはいたが実は当時の縁者の紹介で現在の入間市内施設に
入れてもらったと言うこと。その施設と言うのが実は違法な施設でその縁者という
人物が長男や母親には無断で2,30円というお金を得ていたと言う事があり他人には
言うに言えぬ事情があったということだったらしいのです。
つまり次男は死んだと繰り返していた証言が翻り生きている可能性が極めて高く
なった事がNSさんらの頼るところという事になっているようです。
それに対してYさんとOさんはO,G主犯、従犯IT、長兄説をご自身では主張してい
ます。この話しも面白いのですが状況証拠的にはどうとでも取れる事が今になっ
ても複数の主張を生む原因であり語り継がれる要素であると思います。


831 :679:03/01/19 20:10
おお、入曽歴3年さん、お久しぶりです。
また貴重な情報をカキコしてくださることを期待しております。

>>817 盛況新聞さん

>極端に言えば長兄=犯人、あるいは重要な共犯、そうでなくとも
>{脅迫を無視したために義枝が誘拐されてしまったことに、姉弟
>たちも気づくかもしれない}よりは、もッとさしせまった動機がある
>ように思われるのですが。。。どうでしょうか。

これに対しては、私の書いた>>679-681のレスをご覧下さい。
>>811で私が書いた脅迫の「+α」がこれに当てはまります。
私の仮説に過ぎませんが、「さしせまった動機」には
なると思います。


832 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/19 20:49
ホント、本スレ古参者の方の登場ですね。小生は新参モノです。
その新参した初めのころにも書いたんですが、まあ小生も決して単独説(そして長兄)
に、それほど「御執心」といえるほど自信があるワケではありません。それは、
ことにこのスレ1、2、3と読んで来たらそうなったワケですが。

ただどうしても、「う〜ン、ワシが犯人だッたらば、共犯作るのはイヤだなあ」ト
思ってしまうもんで、絶対の自信はなくても、「コダワリ」を現在も持ち続けて
しまっておるのです。

で、「納屋に自転車を返却」の件ですが、いづれにせよ、それを返却したのが、
長兄であるとするほうが、蓋然性としては高いとは思うので。なぜなら他の人間
だと、車で運び込んだにしても(そして「乗って行った」ならなおさら)その場面を
目撃される危険性が高いからです。
問題は長兄が置いたとして、その「動機」なワケですねえ。
小生も今後チト、「長兄オンリー」なコダワリは置いといて、暫く考慮してみよう、
ト思います。
なお、小生は当初、「OG単独プラス長兄結果従犯」な状況などを、
考えておりました。

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 07:07
入間歴3年さん、会合に連れてってくださいな

834 :756:03/01/20 11:01
>>828
被害者殺害の日時については、警察の鑑定結果が必ずしも信用に足るのものではないことの
証左として、一部の支援者から指摘されていることの例として挙げたもので、
私がそう断定しているというわけではありません。

わたし自身は殺害は1日の夜と考えています。
そしてその殺害の事実は、2日早朝に犯行の従犯者によって、被害者家族に知らされている
はずです(理由は後述)。

石川氏の無罪については、裁判所が事実調べさえ行なえば簡単に証明されるはずなので
(というか有罪の証明をする方が難しいとさえ思う)、ここではもう触れないこととして、
自分なりに考え抜いた真犯人像と事件の真相について、私の(現時点での)推理をまとめてみたいと思う。

まず、真犯人の「動機」である。
果たしてこの事件は用意周到な計画のもとに実行されたものなのか、
それとも多分に偶発的・突発的要素を伴う、ハプニング的犯行であったのか。
まずこの大前提をどうみるかによって、真犯人像はかなり違うものになってくる。

これについては、私は前者と考えている。
理由についてはこのスレの中でさんざん述べられているのでくどくは繰り返さないが、
ひとつだけ強調したいのは、やはりあの脅迫状である。
あの文章こそ、この事件における真犯人の偽装工作の「結晶」であると考える。
それでは、真犯人はいったいなにを「偽装」したかったのだろうか。

835 :756:03/01/20 12:32
脅迫状の文章を「起草」した人物が、これを中田家当主の父親へあてた「脅迫文」とすると
同時に、これが警察に届けられた場合のカムフラージュとして、これを書いたのは行きずりの
不良と見せかける目的があったのだと思う。
したがって隠したかったことは、自分が被害者とは血縁関係にあることだったと思う。

第二の偽装は、佐野屋での身代金受け取りを成功させるため、また万一家族が警察に知らせていた場合でも、
安全に逃走出来るよう、犯人が「車出」やって来ると思わせることだったと思う。
この点は共犯の逮捕につながりかねない重要な部分なのでしつこく四度も繰り返している。

あと、細かい点を指摘すれば西武園の池に死体を投棄することを匂わせ、警察の動きを
把握しようとしたり、「友だち」を強調することで、主犯と共犯とが友人関係ではない
ことを隠そうとしていたり、「時間厳守」を命令することで主犯のアリバイ造りに支障が出ない
工夫をしている点など、挙げればキリがないほどこの短い文章の中に実に多くの情報と、隠された
犯人の意図が見え隠れする。

以上の点から推理して、脅迫文の「起草者」は被害者とは血縁関係にあったものという
結論が導き出せる。
この推理については、すでに多くの指摘がなされていて、脅迫状以外にも死体を埋めた方法が
「埋葬の逆形式」をとっていることや、被害者がいつも置く場所に自転車を返していることなどから、
犯人一味に被害者の近親者かかなり親しい者がいるのではないかと大いに疑われた。

ここから長兄単独犯説と長兄主犯・共犯OG説が生まれてくるわけである。
実際、私も長いこと長兄主犯説に同意していた。

836 :756:03/01/20 13:00
確かにあの脅迫文を書くには、相当の文章構成力が必要であるように思う。
サンケイ新聞に掲載された長兄の「追悼詩」や彼の経歴をみてみると、
被害者周辺で、近親者としてはその最適任者として長兄がまず浮かぶのは仕方がなかろう。

では本当に長兄があの文章を考えたのか。
私はゼロとは言わないが、その可能性は低いように思う。
それには理由がある。

第一に、被害者家族への憎悪の念と、異常とまで思える被害者への「殺意」が、
文面に強烈に表現されていることだ。
短い文章に数多くの命令・情報を織り込みつつ、自らの「怨念」が行間に漂っている。
この脅迫状を読んだほとんどの人が「恐ろしい」と感じ、この事件がオカルト掲示板で
語られている所以でもあり、真犯人の「動機」をそこに見ることができる。

長兄と被害者の仲は険悪だったそうだが、16歳になったばかりの妹に対し、
これほど凄まじい遺恨の念はさすがに持ってはいなかっただろう。
「善枝日記」によれば、仲が悪いとはいっても、事件直前までお小遣いのことで
兄妹喧嘩をしたり、少し前には兄にドライブに連れて行ったりしているほどだから、
仲の悪さが殺人計画にまで発展するとは考えられないし、
本当にそういう情況があったのならば、被害者の日記にもそういう記述が必ずあるはずである。

兄妹仲についての、次姉の法廷での証言は長兄と被害者とのことより、その質問が被害者の
出生の秘密(中田家のタブー)に触れられることを恐れたための「沈黙」だったのではあるまいか。

837 :756:03/01/20 13:47
自転車が納屋に返されていたことで、犯人一味に被害社宅の事情に詳しい者がいると
想定され、誰にも怪しまれずそれが出来る者として事件を推理した本では長兄が疑われ、
石川氏の支援者周辺では、かつて中田家で作男をしていたOGであると推理されているようだ。

以前に述べたように、私は自転車を持ってきたのは長兄以外にはいないと判断している。
しかし、「自転車返却の主」が即、真犯人とはならないことが、この事件の難解さに
拍車をかけていることはすでに書いた。

ではここまでの推理をもとに、事件の前半部分のあらましをざっと書いてみる。
ただしこれは私の勝手な推測に過ぎないことをお断りしておきたい。

中田家の四女の出生の秘密をめぐって、中田家に遺恨の念を持つAと地元の水利事業を
めぐる利権について対立する有力者周辺の人物Bは、お互いの利害が結びついたことで
協力して中田家当主を脅迫して意もままにする計画を立てた。

Bの意図は「中田家のタブー」の象徴的人物である四女を誘拐したと見せかけることで、
父親に恐怖感を与えることが主眼だったが、Aは全く別の図面を引いていた。
すなわち四女を殺害して、当家に「復讐」を果たすことである。

事件の実行者とその「役割」は以下の通りである。

838 :1−531:03/01/20 13:58
私も長い間、長兄犯人説をこよなく支持していました。それが・・・

 単独犯ー主犯ー従犯ー結果的従犯

と変わってくると、長兄とは、とてつもない被害者にもなるわけです。
しかし石川さんのことを考えると、そうとも言っていられないし、
社会的、道義的な責任はきわめて重大であると言わざるを得ない。
ま、それも刑札の責任に比べればその比ではないのですが。
犯人に翻弄され、刑札に翻弄され、マスコミ・社会に翻弄され、
すべてを墓場に持っていくつもりなのか?

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 15:09
756さん、私はあなたがスレッドの中で今までに何度か名前を変え、
数多くのレスと推理を書き込んでおられる方だと信じています。
そしてその書き込みからは、あなたが事件に関して膨大な知識と
資料を持つ事が伺え、とても趣味や単なる興味心から推理ゲームを
楽しんでいるようには思えません。
もしかして事件を追ってるライターさんですか?
それとも事件と深く関わっている人物ですか?

840 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 23:13
837の続きはまだ?

841 : :03/01/20 23:29
ていうか書き方が似てるよな、ほとんど一人で書いてないかここの「推理」とやらは。

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/20 23:45
そうだな、ここが名スレになったのも彼のおかげとも言える


843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 00:26
>>756さん
それだけ容易周到な犯人がなぜ
脅迫状でお金を手渡しにしようと考えたのか。
いくら文面を工夫しようが、犯人がくれば
それなりの大きなリスクが発生してしまう。
緻密な計画を立てたわりには
あまりにも矛盾点が多すぎる。
普通、緻密な計画を立てるとあまり矛盾点はでてこないで
一本のテーマ性が読めるはずだが。
偽装工作をするためには、『手渡し』はまず考えられない。
面が割れてしまう恐れがあるので、逆にウソだと思われてしまう。

844 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/21 01:52
>843の方へ
 カネの受け渡しを手渡しにしたこと。
それは逆に、まさに「犯人が用意周到」である結果であると思うのです。
まさにその「リスク」を取る覚悟というか、
そこにこそこの犯罪の決定的な用意周到さの象徴、
もっと言うと、そのリスクを犯さなければ、犯人の意図が達成しないとも
言えるほどの、「策略」であったと思うンですが、どうでしょうか。
具体的には、本来の動機を隠蔽し、これを「営利誘拐事件」と信じ込ませる。
そういうことでしょう。

小生はここまで。
もう少し(いや、もっと)756さんの推理を、伺ってみたいと思っています。

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 05:56
ここを読んでいる人達の中には、犯人がまるで相手の心理を読み取り、
人々の行動を全て予測できる、かなり高度な知能をもったスーパー犯罪
者のように考えている人が何人かいるようである。
常識では不可解とされるようなことも、全て犯人の計画の一部であったり、
完璧な用意周到さで説明してしまうのは、少し行きすぎではないかと思う。
脅迫状を書いた人物像にしても、確かに字が書けない無学の人間では
無理だが、かといって相手に恐怖感を与えるような心理的作用を計算し
ているとか、叙述詩のリズムを利用して相手の印象を操作しているなど
とはとうてい思えない。

当時の時代背景、地理的条件、近隣住民の民度。犯人像を読み取るには
これらの条件をもっと検証する必要がある。
他の計画的犯罪をみても、その環境的要因が犯罪の質に大きな影響を与
えるのは周知のごとくである。そして当時の狭山市に、ここで論じられている
ような犯人が発生する条件を満たしているのだろうか。

もし事件の本質が別にあったとするならば、なぜ犯人は営利誘拐事件に
偽装したのだろうか。理由は単純である。
それはまさしく3ヶ月前に起こった「吉展ちゃん事件」から発想を得たのだ
と思う。狭山事件との類似性を見つけるのは簡単だ。
そしてこの誘拐事件を完結させるために、最後が「金の手渡し」でな
ければならないのは、それが犯人達の精神的限界であったのではないか。

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 06:26
>人々の行動を全て予測できる、かなり高度な知能をもったスーパー犯罪
>者のように考えている人が何人かいるようである。

まあこの辺がオカ板の住人ってことだろうな

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 10:02
>>845
ごもっとも。

犯人の金の受け取り方、現場での姉とのやり取り、金額の低さなどから
犯人が果たして本当に身代金を奪おうとしたのか。
そのへんから偽装工作ではないかといわれているが、緻密な計画を立てる犯人がそのようなことまで考えていたのか疑問だ。

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 10:13
>>846

オカ板に限らず捕まらなかった犯人にはそういうイメージがつくものさ

849 :古参者:03/01/21 14:40
>846
脅迫状については、一見稚拙な偽装の裏に犯人が高度なテクニックを用いて、
相手に与える印象を操作していることは、亀井トム氏以外にも多くの鑑定人が
検証しています。
これが意識的に計算づくで用いているかどうかは別として、
高い教養と知識を持つ人物であることは確かであると思います。
ただしそう考えると、所々に見られる手口の幼稚さ・矛盾の説明がうまくいかない。
そうなると>756さんの考える推理の続きが気になりますね。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 15:11
neko-

851 :大村安和:03/01/21 18:57
俺的萌え萌え事件は狭山事件と名張毒ぶどう事件だ。
あと甲山も結構好き。

狭山の犯人は俺的には自殺した作男の人と思っている。
ただし共犯あり。彼一人では全て立ちまわるのは無理。
それはずばり電車に轢かれた人。
頭のよい黒幕がいるとこのスレでよくあるパターンに
なるけどこの場合残念ながらいない。
自転車を返したのは作男、サノヤに来たのはふたり。
埋葬したのもふたり。
ひとり中田の家の中に協力者がいる。それは次姉。

脅迫状の内容は次姉が考え作男が書いた。
動機は作男の場合関係を解消する為、次姉は実は
被害者にはあらゆる点でうんざりしており双方の
利害が一致したため誘拐事件を偽装した。
サノヤにわざわざ来たのは誘拐事件として完結
させるため。協力者が相手なのでサノヤの会話も
ふざけた物となった。
実はもうひとり協力者はいる。
それは植木屋。
埋葬に才能を発揮して事件後はうまくピエロを
演じている。
次姉の自殺は石川氏の私刑判決に触発されたわけ
ではない。
ある週刊誌記者と民間人が自分の事を疑っている
と思い込んだ為精神的に追いこまれた。


852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 20:23
>>851
では「ミスターひこつくし」が電車に轢かれたのは自殺?事故?
それとも植木屋OSが抹殺した?
奴にそんな度胸があるかな?ただの協力者なら殺す理由もないし。
逆なら分かるが。
事件発覚後の様々な証拠偽装工作はミスターと次姉が行なったもの?
ミスターは警察から監視されていて不可能と思われるが…
植木屋もその行動は警察が完全に把握していたはずだし、奴は警察とは
ツーカーの仲だったんでしょ?
やはりもうひとり共犯がいなければ無理なんじゃない?

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/21 20:45
>>852
姉が共犯とすると確かに佐野屋の逃走劇の辻褄は合うが、
彼女は「どうしても行きたくない」と泣いて拒んだはず。
「代りに婦人警官を行かせてくれ」と言って。
警察がいくら説得しても頑として拒否したらしい。
それで警察も弱り果てて一時は婦人警官の手配を考えたらしい。
ところが狭山署には姉の年齢に近い婦人警官がいなかったので、
他の署から派遣しようとしたらしいが、万一のことを考え、
PTA会長に説得役を頼んで、彼がそばについてやるという条件で
やっと納得したらしい。
さらに姉は善枝さんの中学時代の担任の先生のつきそいも要求している。
(先生の方は佐野屋から少し離れたところにいたそうだ。)
民間人を張り込みに参加させることは警察内部でも異論があったと聞くが、
そうしないと姉が承知しないとのことで、仕方なく了承したらしい。
彼女が共犯だとすると「行きたくない」と言い張ったことと知り合いを同行
させたことの説明がつかない。
共犯が地元の人間ならば、PTA会長はその声を知っている可能性が高い。
それに婦人警官が身代わりに行くことになったらどうするつもりだったのか。
泣いて拒んだのは演技で、いざとなったら「やっぱり行きます」というつもりだったのか。
そうだとすれば、たいした度胸と俳優並みの演技力。
とても民間人に疑われたぐらいで自殺するとは思えない。
「犯人」には死刑判決が下ったわけだから、高笑いしていそうなものだが・・・

854 :853:03/01/21 20:55
失礼!>>851へのレスでした

855 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/21 23:11
脅迫状が発見された状況を再現してある玄関の写真(外からと中から写した
もの2枚)。それをつくづくと眺めていた今宵このごろ。親切なことには、
ホント、チャンと封筒が差し込んであるヤツで。
その、中から撮影したものを見ると、硝子ばりの一部はスリ硝子ではなく、
透明。その透明部分はだいたい人間の腰から胸の高さぐらいで。
コレを見ていると、夜間、荒天の際にも、外からやって来る来訪者が丸見
えで。仮にしゃがんで、硝子透明部から見えないようにしても、ちょっと
無理があるようだ。それに第一、封筒を戸の隙間から差し込んだ時点で、
その行為そのものを家人に発見されるんだろうな。ト。

であるからどうしても、家中になんらかの形では協力者が存在するか、そ
うでなければ先の説のように、犯罪そのものの協力者でなくても、なんら
かの理由で、わざと脅迫状の差し込みを自作自演(脅迫状そのものは犯人
が書いたのだろうけど)をしないと、
 7時半に帰って来た長兄に見つからずに、庭に闖入してまず自転車を
 納屋に置き、ついで封筒を玄関戸に差し込む
ことは不可能なので。ちなみに納屋は玄関(母屋)の向かいにあって、母屋
からはまる見え。そして自転車は被害者がいつもそれを置いていた位置に、
きちんと置いてあったトイウ。その一方では、いつもは車庫に入れる車を、
この日この時に限って長兄、納屋に駐車。

で、あるのでどうしても、長兄(あるいは姉という説も上にカキコが)が
なんらかの形ではこの件にカマないと‥‥

その姉ですが、殺意を持つほど「ウンザリ」するには相当な動機が想定さ
れると申すもの。

がそれは兎も角、写真を見ればミルほどに、ですな。‥‥

856 :盛況新聞 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/21 23:17
外の写真では姉ご当人がいる。「こんな変なことって、ありますか」ト
逝ってるように見えるのは、まあきッと、小生だけなんでアリマショウが‥‥
この人も、ホントに逝ってしまったんぢゃなア、なぞ、推理も兎も角
しみじみトいたした次第。

857 :679:03/01/21 23:48
>>851
「次姉共犯説」は過去レスにもなかったかも(自信なし)。
なかなか斬新である、という印象を受けた。
しかし自分としては、長兄がこの事件に無関係とは
どうしても思えない(長兄を犯罪者と言っているわけでは
ないですよ、念のため)。
盛況新聞氏もおっしゃっているように、>>756さんの推理を
もっと伺いたいと思っております。

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/22 05:41
>857
長兄が妹の計画に薄々気が付いて、かばっていたなんてどう?

859 :1-531:03/01/22 08:56
耐えがたき苦悩の末、心と身体を蝕まれ死んでいった次姉。
トミエさん・・・苦しかったことだろう!

やすらかに眠らせてあげて下さい。

860 :大村安和:03/01/22 10:20
言うてはなんだが次姉は物ごころ付いた頃から
中田の家の家事を任せられていた。
朝は夜明け前に起きてカマドを掃除して湯を沸かし
米をとぎ、家族の食事の準備をしてから学校に
行っていた。
夜は仕事で糸つむぎをして農家の仕事の一辺を
任せられていた。
それに引き換え妹は自由気ままな人生を謳歌して
いる、まあ父親の方針がそうであったから仕方が
無いと言えばそれまで。
裁判で家で女は私と妹だけであったから、という
言葉だけで仲がよかったと思うのは大間違い。

サノヤにきっぱりと私が行きます、言うよりは
少しは抵抗した方が普通だ。
どちらにしても脅迫状を守るなら家に女は自分
ひとりなのだから必然的に自分が行くことになる。
自分が行くことは計画の内だったのだから。

真相を知るのは長男と婚約者だろう。

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/22 11:56
その推理には多くの点で破綻しているような・・・

862 :853:03/01/22 13:05
>>860
言うてはなんだが、そんなに家の仕事が嫌なら
ややこしい殺害計画に加担しなくても長女を見習って
家出すればいいことじゃあ、ありまへんか?
それに妹がいなくなったところで、家のうるさい四人の男どもの
おさんどんは続けなきゃあいかんわけだし。
腹いせに妹を殺してもなんもいいこたあ、ありませんぜ。旦那。
妹の日記には、事件の少し前遅く帰って台所仕事を手伝えず、
謝ったのに怒って口をきいてくれない姉と口喧嘩したことが綴られている。
でもこんなこと、どこの家庭でもあることじゃない?
妹はたしかに勝気な性格だったようだけど、家事については
まったくの姉まかせではなかったことが、これで逆に分かる。

問題は佐野屋での姉のセリフの方にある。
姉はPTA会長から言い含められて、
「犯人が現れたらおじさんがとっつかまえるから、できるだけ
こっちに引き寄せなさい」といい、あの有名な
「あんたも男だったらそっちこそ出てきなさいよ。」
という伝授された過激な(?)なセリフを吐いている。
なんでも一度犯人に近づいた姉を、身振りで引き寄せたのは
会長さんが姉の身の危険を感じたからだそうだ。
犯人は後ろを振り返りながら会長さんの指示に従う、その様子から
張り込みに気付いたらしい。このとき
「サツにいったんべえ、そこに二人いるじゃねえか。」
と姉をなじった。(だからこのセリフは最初に言ったのではない。)
姉は「私も時間どおりに一人で来たんだから、あんたも出てらっしゃい。」
と果敢に応戦(?)した。

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/22 13:13
このことから、会長さんも姉も、犯人は妹をかどわかした不良男か、
数多くいたボーイフレンドの内の一人が、素行の悪い「友だち」と組んで
やった犯行と思い込んでいたことがよく分かる。
鉄火場の姐御まがいの、あの名セリフ(?)は、文字通りの後見人(?)たる
会長さんが昔取った杵柄(元憲兵)で、若い粗暴犯はプライド(?)を
刺激する言葉が効果的との長年の経験知から導き出したものだったようだ。

このへんは警察も良く知っており、姉へのセリフの指導(?)は
彼に任せたようだ。
もともと警察は、犯人は道路を車でやって来ると思い込んでいたので
あのように姉が犯人とながい会話(?)を交わすなど考えてもいなかったので
言葉のやりとりの練習などどうでもよかったのだろう。
会長さんはのちに、
「はじめはボーイフレンドあたりかと思ったが、声を聞くとどうも
男は中年だったような気がする」と漏らしている。

というわけで、石川さんがつかまった後も、ヤクザな中年男と接点がある
善枝さんのボーイフレンドがいないか調べまわっていて、
学校からも警察からも煙たがられていたそうだ。
石川さんの死刑判決のあとすぐあの世に往ってくれて、
ほっとしている輩も、さぞ多かろうに。
ちなみに男が最後に言った、
「おらあ、帰るぞ。帰るぞ。」
は、畑に潜んでいたもう一人の仲間への、
「逃げろ。」という合言葉だったようだ。
えらい長ごうなってすんません。

864 :1-531:03/01/22 15:39
新聞紙を持って、泣く泣く出て行ったトミエさん。
必死に犯人と応戦したトミエさん。
婚約者と幸せな時を過ごすこともなく、
ボロボロになって死んでいったトミエさん。

865 :756:03/01/22 15:53
続きを書こうと思っていたら、実に興味深く面白い書込みが連発されているので
すっかり引き込まれておりました。
まだ続くようなのと、それによっては私の推理も若干の修正が必要かも
しれないので、ひとまずここで脱線して、別の犯人像について書いておきます。

それは、ジャーナリストとおぼしき人が「甲斐仁志」の筆名で上梓した
「狭山事件を推理する〜Vの悲劇」という本の中で「単独犯」として指摘されている
人物でもあり、この掲示板の第一スレで488さんが真犯人として挙げた人間でもあります。
(ただし488さんは「共犯あり」との説)

以下はお二人への反論でもあります。

ご両人ともその正体はぼかしているが、ズバリいってその人物は、
「川越在住の青年医師(あるいは薬剤師)」だと思う。
ここではお二人にならって「]」と呼ぼう。
]は、確かに父親の代から被害者家族とは知り合いだったようだが、
それほど親しいという間柄ではなかったらしい。むろん姻戚関係はない。

]は被害者と不倫関係にあり、それを清算しようとしたが気の強い被害者になじられた上、
別れるなら二人の関係を全てばらすと迫られたので彼女に殺意を抱き、
営利誘拐事件に見せかけて殺害計画を練り、実行したという図式になっている。
]は次姉とも関係があり、三角関係のもつれが事件の要因であり、次姉の自殺も
このことが関連していると述べている。(488さんは次姉は関係なしという説)

甲斐氏が本の中で展開した「事件は1ヶ月前に起きた吉展ちゃん事件を真似たように
見せかけているが、犯人が本当に真似たのは数ヶ月前の『洋裁生殺し事件』である」
との見方には全面的に賛成だが、真犯人の動機が「不倫と三角関係の清算」という
推理には疑問を感じざるをを得ない

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/22 16:20
「洋裁生殺し事件」とは?


867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/22 20:42
age

868 :長兄オンリー:03/01/22 23:57
そもそも‥‥
 『つまり時系列として、森とミツが密通して生まれたのが義枝さんである
ということに矛盾はない。』

矛盾はないんですが、それならほかの説にもそれほどの矛盾はない。
上に書いたのは一例でして、(過去記事ですいませン)

869 :盛況新聞 ◆c5DUniy.Og :03/01/23 00:13
「洋裁生殺し事件」とは、要するに他の動機があるのに、営利誘拐事件に
見せ掛けようとした事件です。狭山事件の前年11月に起きて、
上レスで756さんが挙げている「甲斐」氏がそのように(「洋裁生殺し事件」と)ト
名付けているモノです。
  
 ‥‥小生は「姉」と「長兄」の役割は大村さんとは逆と考えてるけど、
   いづれにしろこのお姉さんも、かなりいちまいカンでいたトは思う。
      だからこそ、亡くなった。(のは、他にもいるけど)

870 : :03/01/23 01:06
興味深い推理が出てきた
このスレで青年医師犯人説は初めてだよね?

871 :大村安和:03/01/23 09:31
俺は次姉は積極的に殺害に加わったとは思っていない。
作男に持ち掛けられ「いなくなってもかまわない」程度に
協力したのだと思っている。
長女のように家出ができれば当の昔にしていただろう、
それができなかったから不満はおとなしい仮面の裏に
つもり積もっていたと考えている。
最大の失敗はカバンの中身をスラスラ答えてしまった事。

関係者の中で大方は自殺者と思っている。
4分6で6の確率は作男の人、この人はひこつくしに殺さ
れたかもしれない。
薬研の目撃者も自殺だと思う、殺しだったらかなり面白いが。
ひこつくしさんも自殺だろうと思う、アル中で精神病んでて
借金があれだけあれば俺だって電車に飛びこむ。
植木屋は作男の人に殺しができる人という事でひこつくし氏
を紹介したと思う。
植木屋も結果的に長生きはできなかったからなにやら渦巻く
因縁みたいな物はあるかも、そのほうが事件は面白い。


872 :679:03/01/23 12:45
 <次姉共犯説に関する考察>
>>857
>長兄が妹の計画に薄々気が付いて、かばっていたなんてどう?
確かに、長兄が次姉をかばっていたのなら辻褄が合いますね。
それと、次姉の夫が葬儀に出席しなかったことや、証言台での
不可解な言動も理解できます。
しかし、
>次姉の「自殺」後、長兄はマスコミの取材に答えて、彼女が生前に付けていた
>日記の存在を明かし、
>「日記には常識では考えられないことが書いてあったんですが…」 。
>とコメントしている(このスレパート1の624参照)。
長兄が次姉をかばうつもりなら、こんなこと話さないと思うのですが。

>>871
>次姉は積極的に殺害に加わったとは思っていない。
>作男に持ち掛けられ「いなくなってもかまわない」程度に
>協力したのだと思っている。
誘拐殺人の加害者ですよ? 捕まれば、死刑もまぬがれない。
そんな重大事件に、「いなくなってもかまわない」程度で
協力すること自体、理解できません。

>最大の失敗はカバンの中身をスラスラ答えてしまった事。
これは、被害者が事件当日登校後に友人から借りたという
少女雑誌のことを指しているのだと思いますが、実際に次姉
が中身を見ずとも、事件前日に義枝さんが、
「あの雑誌、明日借りてくる」
とでも話していた場合、次姉がカバンの中身を知っていても
おかしくないのではないでしょうか。


873 :679:03/01/23 12:54
訂正。
最初のレス番、857じゃなくて>>858でした。失礼。

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 13:34
名スレを発見した
しかし過去ログから読むのに半日かかったぜ


875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 14:14
>>871
うーん。
家出も出来ない小心者の農家の娘(23才)が、なんと40年近く
あとになっても語り継がれる名文(?)を起草したという訳か。
事件当時は事件捜査のベテラン刑事も見事に騙されたあの文章を。
そして事件に関係していた人物は、みんなおかしくなって自殺か
早死にしたというわけですね。
そんな人間達が引き起こした犯罪に、いまだに振り回されている
われわれって…

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 15:18
>>875
皮肉ですね。
脅迫文を考えたとなれば、殺人の立派な共同正犯。
当時は肉親間の殺人に特に厳しい判決が出ていたから、
有罪ならばまず死刑は免れなかっただろう。
事実、行きずり犯で無計画だった(とされた)石川氏でさえ一審で死刑判決。
とても「『いなくなってもかまわない』程度に協力した」という
言い訳が通用するとは思えない。
もっとも当人にそういう認識がなかっただけなのかもしれないが。

877 :大村安和:03/01/23 18:30
まあ俺の意見に拒否反応が多いのは順応な頭と
事件に関しての知識の乏しさでは仕方が無いかも
しれない。
もともとここで入曽暦3年と名乗っている青年から
面白いから是非、と覗いてみたのだが幼稚な意見が
多く反論に値するものも無い。
意見にかんして論ずるならば面と向かって資料を突き
合わせて論じ合うより他無いだろうな。

と言うわけで俺は中座させていただく。
続きを希望したい場合は入曽暦君にアクセス方法を
聞き給え。

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 18:37
877がいちばん幼稚だったというお粗末。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 19:02
>>877
ちょっと待った!
中座するのはいいが、エラソーなこと言うのなら、
これだけは答えて消えてくれ。

姉はカバンの中身をうっかりしゃべってしまったということだが、
これは姉がカバンと教科書とノートを捨てた、ということか?
カバンは本物か?
なぜカバンと教科書を別々に捨てた?
姉の涙は本当に演技だったのか?
ベテラン刑事連中が、その涙にいとも簡単に騙されたが故の
事件だったのか?

事件の真相を、本当に知っているのなら、このスレを読んで
真面目に事件のことを考えている者も、少なからずいることは
判るだろう。
ならば斜に構えたりせず、「幼稚な意見」には大人の対応を
みせればいいだけではないか。
真実はひとつ。
これが真相とする根拠を示しさえすれば、
納得する者は多いだろう。

880 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/23 19:42
はじめに小生が示した疑問に、誰か答えてくれぬものであろうか。つまり、
  ?どうしても脅迫状差し込み及び自転車返却を、
   長兄が自分でやったとしか思えない。
   何故と言って、それらを他の人間がやるならば、
   まさに長兄にそれを目撃されるリスクが極大になるからだ。

これに対する答えとしては、
  *もっと早い時刻に電話かなんかで脅迫されていて、
   あとでまずくなって脅迫状を自分で作成して玄関にはめ込んだ。
   自転車も然り、自分でトラックから降ろして置いた。

  *姉が主犯側にいて、脅迫状と自転車を姉がやるか、
   長兄が結果的にか初めからか、
   それを手伝った(または黙認、かばう、など)した。

などが出ているが、他にこの件を説明する説はないかね。
『長兄オンリー』という小生自身の当初のコダワリは一応否定する場合、
それならばこの件をどう考えるか、であるが。
勿論、「7時半に帰って来た長兄に(他の家族にも)見つからないように
上手く自転車を置き、次いでほふく前進するなどなんらかの方法でもって
玄関のすり硝子にも透明硝子にも映らずに上手く脅迫状を差し込んでとんずら」
ってのは、ナシでやんすよ。

イヤ、長兄オンリーがダメというなら、小生がそのようにコダワッた最大の
理由である「脅迫状&自転車宅配の謎」を、誰かが説得力ある説で破折してくれるのを、
まあ期待しておると申すわけ。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 20:14
事件の真相を知っている者はもうすくないだろうし、彼らの口から真実が語られる
のは、もはや期待できないだろう。
ならばあとは石川氏の再審開始に期待するしかない。
再審についての運動は、様々な立場や党派性など政治的な絡みもあって二の足を踏む
人も多いだろうが、この掲示板にいる、ただ事件の真実が知りたいだけの人々にとっては
それ(再審開始)を待つしかないのが現状だ。
ただ、再審裁判の証拠審理の過程で紐解かれるはずの、隠された証拠を見ることができるのは
まだ先の話だろう。
大村安和さんが真相を掴んでいるのなら、ぜひ真摯にそれを語って欲しい。
「幼稚な意見」というが、大村さんの言うことが本当ならば、この事件は農家の娘とそこの
元作男とが考えた「幼稚な計画」が発端ではないか。
それにまんまと引っかかって一人の青年の一生を台無しにした当時の警察は「幼稚園児以下」
の頭だったのではないか。
「2ちゃんねる」は確かに評判が悪い匿名掲示板だし、自分も含めてここを覗いているのは
ただの興味本位の人ばかりだろう。
だが、狭山事件自体に興味を示す若者が一人でも増えること自体は、歓迎すべきことではないか。
数多くの国民の耳目を集めることで、事件の解明の歩みは進むだろう。
そして結果的に真相が明らかになり、「見えない手錠」を嵌められている石川氏の名誉が
回復されるのなら、この上ない「社会貢献」だとさえ思う。
70年代の差別裁判闘争は、あれだけ盛り上がったにもかかわらず、権力側の狡猾な策略に敗北した。
インターネット世代には、それなりの方法をもって関心を持ってもらうことが肝要だ。
このスレッドがさらに続くことが、その小さな一歩というと言い過ぎか。

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 20:43
大村安和なんてよくある煽りじゃないか
低脳をいちいち相手にするなよ

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 20:50
>>880
それって誰かが解明していたでしょ?
ホントかどうかは知らないけれど…
一応辻褄は合ってるよ。
どこにあったか自分で捜しておくれ。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 21:13
「自転車宅配」と「脅迫状差入れ」については
長男説と元作男説が業界の主流(笑)。
なぜなら暗闇の中で、善枝ちゃんがいつも置く場所に置けるのは、
中田家の家に詳しい者のはずだから、事件の登場人物(笑)の中では
この二人しか適任者がいない。
ただ元作男は、自転車はコソーリ置けるかもしれないが、
手紙の差入れはちょっと無理だと思う。
(てゆーかこの家、郵便受けはなかったのか?)
となるとやはり長男しかいないとゆーことになるが・・・
あっ、そーそー「次女説」ちゅー新説(爆笑)もあったねー

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 21:35
>>877
自分の意見をからかわれるとすぐすねて「俺は中座する」なんて言い出すところなんか、
サスガ全共闘世代!ついでに「2ちゃんねる撲滅闘争」でも始めれば?ウケまっせ。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 21:57
長男が持ってきたのを、
刑札の作り話にすりかえただけのことアルよ。
ループしつこいアル。

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 22:24
>>877
続き聞かせて(^o^)丿

888 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/23 22:27
>881『スレッドがさらに続くことが、その小さな一歩というと言い過ぎか。

言い過ぎどころか。
小生もそんな思いがあるもんで、よって、決して中座なんかせずに、
アクマでも、シツコくループをやる所存なワケヨ。ループ上等ぢゃないか。
その原因は、それだけ狭山には謎が多くて、誰もが納得する唯一の解答なんて
モノが無いからである。上に小生が掲げた「宅配問題」ひとつ問ったって、
 *長兄
 *OG作男 
 *姉
 *その他もろもろ
な説があるワケである。長兄の場合でも、
 *他の家族にヘマがばれない為に自作自演
 *札にそそのかされて自作自演(または脚本自作)
 *究極、長兄オンリー
と、解釈多々なワケである。

そう簡単にズバット解明デキル事件なら、こんなスレが長引く事もなかったろうし、
ナニよりも石川氏はとっくに救われておる。
その謎の解明に、なにしろ一番役に立つことが、そう、まさに再審であるわけで、
あらゆる説を流布し、関心を盛り上げてくのも、2チャンにあるまじき意義であると
ワシは思うが如何。

ちなみに小生はこのスレ以外、もう2チャン一般には興味が無いし、
まして「オカルト」には初めから全然。たまたまこのスレがソコにあっただけでネ。

889 :679:03/01/23 22:28
>>877
大村さん。ご指摘通り私のレスは確かに知識が乏しいうえで書いた幼稚
な内容だったかもしれない。
しかし、>>881氏がおっしゃっているように、真相を掴んでいるのなら、
ぜひそれを語って欲しいと思う。
そもそも2chに限らず、掲示板では異論、反論を繰り返しながら話題が
進行していくものだと思っています。
入曽歴3年さんも、大村さんに今後も書き込みを続けて欲しい旨、
伝えていただけないでしょうか。お願いします。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 22:32
ずっと気になってた、なぜ姉がカバンの中身を
知っていたのかという謎が解けそうな予感。

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/23 22:43
>>890
それは予感ではなく、錯覚。

892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/24 07:57
>884
元作男が中田家で働いていた時期って善江ちゃんが6つか7つのでしょ。
そして自転車は事件の2年前に購入した。
はたして作男が自転車の置き方を正しく知っていたかはっきりしてない。
もし作男がその後もちょくちょく中田家に遊びに来てて知っていたんだとすれば、
作男以外でも中田家にちょくちょく来ていた人物ならば誰でも知る事はできたわけだ。

自転車の位置がわかるほど中田家の様子に詳しい
→身内か作男しかいない
という断定はできないんじゃないか。

893 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/01/24 12:20
自転車と佐野屋の推理に明け暮れた、
そろそろ3rdも終わりに近づいたんでここいら辺で
「ズバリ、真犯人は誰?」を一人一票でやりまへんか?
そして4thに繋げましょう。

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/24 14:43
↑ お前から言え。
  このアホ野郎。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/24 16:12
>893
それこそ不毛な推理だな

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/24 16:41
初心に戻って、OGの単独犯説はありえないのだろうか?
被害者が最後に目撃されたガード下、そして加古街道付近と
誰かと待ち合わせをしていたといえる。
これはOGの新居近く?からなかなか来ない彼の会社方面へ移動しているようにも思える。
動機は結婚をまじかに被害者との清算。そして偽装誘拐。
当然に計画的犯行で、佐野ヤにも彼が登場した。
問題はOGが脅迫状の文面を果たして書けるかどうか。
長男と姉はOGの犯行だと薄々感じていたが、確証はなかった。
しかし、家のことを思うとOGと被害者の男女関係を世間に知られたくはなかった。
最終的にはOGは自殺。事件は闇の中へ。




897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/24 16:53
2つ目。
OGと被害者の男女関係は上記の通り。
家に戻った被害者は、納屋で長男にみつかり
OGとのことで言い争いが起こり、突発的に絞殺してしまう。
我にかえる長男、そこへ姉が登場。
長男をかばうため2人で共謀することになる。
長男らはOGに必要に被害者との男女関係を批難し、
OGは耐えきれずに被害者の葬儀にでる前に自殺。
この2人で共謀した場合、佐野ヤで逃げることも可能になり、
姉が犯人と会話した時に、妹の安否を聞かないという不自然な行動も
納得できる。またカバンの中身も当然知っていて問題はない。
長男がしっこく縛りをできるかどうかが?

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/24 19:59
O・Gは脅迫状を書いたかもしれないが、彼の学歴ではあの文章を
起草することはで絶対にできない。
次姉にしてもむろん同様である。

確かに独学で文学・語学を学ぶことはできるが、O・Gは農作業と
運送業の仕事の経験しかなく、彼が独学で文章の勉強をしたという事実はない。
何度も指摘されているので改めて言うのは気が引けるが、
脅迫状の文章は、かなり高い知的水準か、それなりの社会経験を
積んだ者の手のよるものと推定して間違いはない。

「いや、中卒程度の学力で十分だ。」
という人もいるかもしれないが、それは、短い文章で自分のいいたいことを
いかに合理的・効果的に相手に伝えるかに苦心したことがない人の単純な考えだ。
そして、文が短かければ短いほど、これは困難なものだ。
一流大学を卒業した者でさえ、それが容易でないことは、長年広告宣伝文の作成で
生計を立ててきた者として、はっきりと断言できる。

O・Gは脅迫文を考えてはいないが、主犯の指示でそれを書いた可能性はあると思う。
彼が生前に残した筆跡との比較では、その可能性は「五分五分」とのことだ。

死体の首に巻かれていたロープが「すごき結び(ひこつくし)」という
特殊な結び方だったことで、それをマスターしていた野犬狩りの名手、
I・Tが疑われているが、死体の足首を縛っていたロープの縛り方もまた
特別なものといわれている。
なんでも小包などの荷物を括る時の紐の結び方に似ているそうだ。

当時、西武通運入間川営業所の運転助手として働いていたO・Gも、
この結び方は知っていただろう。
ちなみに、この営業所は事件当日の夕方、善枝さんが人待ち顔で立っていた
ガード下から良く見える場所にあった。

899 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/25 00:52
小生も当初はOG単独説であって、
しかしそれだと周知の脅迫状と自転車宅配がかなりムリを来すので、
どうしてもそこに長兄の参加がなければならぬ。

ところで、事件の本筋には関係なく閑話休題という感じであるが、
 そもそもこの事件の解明(つまりは再審)を難しくしたのがだいたい、
 あまりにも「差別」ひいては「反動」トいうような持って行き方を、
 し過ぎたせいにあるのではないかと思っている。
 それは確かに石川氏をスケープゴートとして、その理由としては、
 「部落差別」であったかも知れないが、
 後の「裁判闘争」が政治的な「党争」とも化し、
 「狭山事件」がそういったセクトの政治闘争の象徴と化したがゆえに、
ではあるまいか。
亀井トム氏や萩原氏の解明した事実は重大
且つ卓越した推理は刮目に値する。だが、彼らのそういった姿勢が、
むしろこんにち迄の再審活動には、逆効果をもたらしてるのではないかと。
はっきり言って、亀井氏などの作品を読むと、そのあたりの「思想的」姿勢には、
閉口させられるネ。(曰く「東京弁護団はブルジョア自由主義云々‥」)
免田事件その他の、所謂「冤罪事件」では、そのような思想傾向に関係なく、
「無罪」を勝ち取っているのに、「真犯人」はともかく、あきらかな冤罪につき、
「無期懲役」が確定したままなのだ。

ここで急に推理に戻りますが、
>897『OGとのことで言い争いが起こり、突発的に絞殺してしまう。
我にかえる長男、そこへ姉が登場。』
そうであれば、それもひとつ「宅配問題」の解決でもあるけど、ただ、
そのように「突発的」な殺人で、そのあとあれだけ計画的に出来るかな?ト
いう疑問。

900 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/25 01:19
もとい。
 「部落差別」であったかも知れないが→部落差別であったのだが

小生は「部落差別」はけしからんト思っている。
が、「権力犯人」の追求と「真犯人」の追求は、別だと思っておる。

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 02:40
解同が真犯人追求しなくなったのは
犯人の中に部落ものもまざってたから?

902 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/01/25 02:47
あ〜、わしはOGとヨシエが性交中に長兄乱入で
真犯人は長兄に清き一票。
偶に本人観かけるが未だに元気そうだしね。

オタソコナスにアフォ野郎とか言われてもな〜>894

903 :ワスプ:03/01/25 02:48
まったくブラッキー・ローレンスな話だな。


904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 09:35
>>902
ご本人お元気ではありませんよ。

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 12:02
>>899
盛況さんの閑話休題ばなしに一言。
狭山事件の裁判闘争については、確かにそういう見方で当たっている面も
否定はできない。
特に高裁での法廷闘争で、党派性によって弁護団に対立が生じたのは
敗北の要因と言ってもいいかもしれない。
しかしながら、これだけ無罪の証拠が揃っている一般犯罪事件にもかかわらず
何故に司法側は寺尾判事の卑劣な「ほほえみ戦術」を弄して弁護団をペテンに
かけてまで被告有罪を判決したのか。

それはやはり、この事件が通常の冤罪事件とは違って、警察・検察が証拠の捏造と隠蔽を
積極的に行なって被差別部落の青年を生贄にしたことが明々白々だったからだと思う。
無罪判決は、その後の権力側への糾弾闘争として反体制勢力に勢いをつける要因となる。
政治状況は保革が伯仲していた時代。
司法権力が恐れたのは、正にあの時代のその状況そのものだったのではないか。

そして依然として自民党・保守勢力が政権を握っている現代。
野党側にかつての左翼勢力の面影は、もはやない。
労働運動は衰退し、大学キャンパス「おとなしい羊たち」が群れる場となった。
皮肉なことに、この状況がかえってプラスに働くかもしれない。
現在の再審闘争の見通しは、決して明るいものではないが、若い世代が
ノンセクトな視点で事件の真相に興味を持つことが、再審開始に向けての力にならないとは
言い切れない。

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 12:03

仮に再審が開始され、事実審理が始まった場合、またしても「有罪か無罪か」の
法廷闘争が再現されるのか、と思っている人も多いだろう。
だがそれは違う。
石川氏やまじめに取り組んでいる支援者達を愚弄する言い方かもしれないが、
過去の実例をみると、日本の再審裁判は一度有罪の汚名を着た人物の濡れ衣を取ってやる
ひとつの儀式に過ぎない。
確かに予断は許さないが、「再審開始イコール無罪確定」という図式であることに
間違いはなかろう。

ただその過程で、権力犯罪がどの程度暴かれるのか。
あるいは、結審後に司法権力側の既得権益のマイナスはいかほどのものか。
そのときの政治状況と世論、そして欧米社会からのプレッシャーともあいまって、
再審開始(すなわち権力犯罪を白日に晒すこと)か否かの判断はなされることだろう。

907 :わずらわしい。:03/01/25 12:42
>>905-906
おまえ、2度と来るな。

ここは、事件の謎を語るスレだ。



908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 12:48
ふうむ。横槍を入れてすまんが、やっぱ議論が堂々巡りしている罠。
われわれは所詮、2ちゃんねらの素人だから、ブレーンストーミングみたく
いろいろ推測を巡らすぐらいしかできんのだが・・。ちょっと水掛け論になっている。
決定的なものでなくていいから、物証なり当事者の証言なりがほしいところ。
確か第1スレに、当時の捜査官だった親せきのオジサンに話を聞いた人がいたよな。
埼玉近辺で、行動力のある人がいればいいなと言ってみるテスト。
今年は事件30周年だったはずだし。


909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 13:15
以前に誰かが「この事件は狭山事件というより佐野屋事件」と書いていたが、
確かにその通りだと思う。
大体この事件、佐野屋での犯人取り逃がしさえなければ、警察もあれほど
あせって身代わり犯人を仕立てる必要もなかったわけだし、
事件は「犯人のOGは追い詰められて自殺」ということで一件落着していたろう。
この場合、例に挙げられている事件数ヶ月前の「洋裁生殺し事件」と同じ構造となる。
「狭山事件」と「洋裁生殺し事件」との類似性は以下の通り。

 ○犯人が身代金要求の脅迫状を被害者の自宅玄関に投げこんでいること。
 ○身代金を持っていく指定時刻があいまいなため警察が二日間張込んだこと。

その他、「洋裁生」の方は、隣りに住む男が被害者を呼び出して暴行して殺害したが
それを営利誘拐事件に見せかけようとして、結局その後妻と心中自殺したのが真相だったが、
「狭山」の方も仮にOGの単独犯行ならば、「洋裁生」とほとんど同じ背景となる。

ただし、「洋裁生」の方では身代金を受け取りに現れてはいない。
もともと身代金(60万円)目的というのは偽装なのだから、犯人は、わざわざ捕まりに行く
ことなど最初から考えていなかったのだろう。
指定場所に犯人が現れなかったことと、誘拐されたのが19歳の女性だったことで
営利誘拐は偽装であると、すぐに警察に見破られた。
「狭山」の犯人はこれを参考に、偽装工作を成功させるには危険を冒してでも
佐野屋に現れねばならないという計画を立てたはずと、甲斐仁志氏は推理している。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 13:42
そして出現して安全に逃走できる最適の場所として、変形五差路の道路が
すぐそばにある雑貨屋を選び、刑事達を道路に分散配置することを意図し、
脅迫状に四度も「車出いく」と繰り返し、なおかつ大胆にも被害者の自転車を
家まで乗りつけて返却した(実際には裏口から運び込んだ)としている。
この点については、警察も「自転車は車で運んできたのでは」と考え、佐野屋にも
犯人が来るなら車でやって来るはずと思い込んでいたようだ。

「自転車返却」の件は様々な推理がなされているが、
「狭山」の、事件としての最大の注目点は、「サノヤ」にあると思う。
OGの単独犯では、この謎が解けない。家族とは顔見知りの彼が危ない場所へ
のこのこと出かけるわけがないし、そんな無茶な計画を立てるわけがない。

したがって、「OG単独犯」というのはありえないと思う。
身内が共犯だとしても、彼らにこういう計画をひねり出す経験知が
あったかどうか、甚だ疑問に感じる。
佐野屋で警察がまんまと騙されたのは、決して偶然ではないとも思う。
張込み配置の裏をかいた作戦を立てることができる人物、すなわち
警察組織の行動原理を熟知している者が、犯人か犯行グループの中に
いるような気がしてならないのだが。

911 :679:03/01/25 14:49
>>910
>警察組織の行動原理を熟知している者が、犯人か犯行グループの中に
>いるような気がしてならないのだが。
同意ですね。

ところで、義枝さんの死亡時刻について、法医学に知識のある知人に
聞いてみました。
角膜の混濁については乾燥によって起きることなので、検屍時に
被害者のまぶたが閉じていたかどうかがポイントとなります。
まぶたが開いていたのであれば、「微混濁」は死後8〜12時間程度
なのだそうですが、義枝さんは大雨の降ったあとの土中にうつ伏せで
「埋葬」されていたことから、たとえまぶたが開いていても、死後3日後
でも「微混濁」はあり得るとのこと。つまり、角膜の状態に限って言えば、
死後1〜3日、という検屍結果になるようです。

ま、それは置いといて。>>756さんに提案。
どこかで書かれていたように、あなたはこのスレの立役者なの
ですから、捨てハンでもいいので、あなたの発言だとわかる
ようにしたらいかがでしょうか。私の見る限り、あなたはこのスレの
誰よりも狭山事件についての知識があるようなので。
提案というか、さしつかえなければそうしていただきたい、という
お願いです。



912 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/25 15:07
>第1スレに、当時の捜査官だった親せきのオジサン
の話には、注目すべき発言があった。それは事件発覚の時刻にかかわることで、
そのオジサンがメーデー警備のあと「またしても誘拐事件発生」捜査開始の指示
を受けたのが、たしか「午後6時30分」となっていた。
 (引用)
 当日報告を書くか書かないか課内で雑談したり出前をとったりしている内に18時か
 18時半くらいであったかH署長名で召集がかかった。
 会議室に集まるとすでに20名ほど署員がおり署長の報告があった。
「本日夕刻狭山市内にて営利目的による誘拐事件が発生した」と。
「所沢署捜査課捜査員がすでに4、5名狭山署に応援に行っているので、ここに
 いる署員は西武園、狭山湖周辺の不審者または被害者の捜索にあたること」

ダトすると、亀井説の強力な援軍だネ得。
>907
まあエエぢゃないか。そもそもはワシが言い出したコトでネ。
再審問題も含めて、本件に関する一般の関心を高めて行くことも、
大いにこのスレの意義になりうると思うヨ。

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 16:23
>>912
犯人からの脅迫の第一報が、実はもっと早かったというのは、
亀井説というより栗橋豊氏その他の文珠社グループ説といったほうがいいだろう。
(ちなみにこの後、文春が事件探求から手を引いたのは不可解。多分、石川氏の
支援グループが過激な反権力闘争に走っていた時期だったので、体制派の文春としては
深入りを避けたのだろう。)

文珠社+亀井説では2日夜佐野屋での「劇団おまわり説」がトンデモ扱いされているが、
この「事件発覚時刻繰上げ説」は、かなりの信憑性がある。
898氏の伯父さんを含め、実際に捜査に携わった警察官などの証言が、
それが事実であることを裏付けているし、PTA会長もその件を周囲に漏らしている。
権力側の人間が、確定判決が覆るようなことをわざわざ嘘をついてまで語るとは
思えないから、これは真実と考えてもよいのではなかろうか。

となると、またまた話が戻って申し訳ないが、
「犯人が午後7時半頃に自転車と脅迫状を持って中田家にやって来た」という
「判決上の事実」は覆ることになる。

同時刻には、すでに警察も自宅周辺の警備に当たっていたはずだから、
そんなところへ、わざわざ「宅配便」を届けに来る犯人などいるわけがない。
「劇団おまわり説」はともかく、「事件発覚時刻繰上げ説」について弁護団が、
なぜこの「無罪の新事実」(亀井・栗崎共著本のタイトル)を法廷に持ち出さなかったのか、
当時は不思議に思ったものだったが、
察するに、あまりにも一見荒唐無稽に思えることと、それまで積み上げた主張を
もう一度立て直すことが結審直前という時期的な問題でできなかったのだろう。
あるいは支援団体・弁護団内での対立構図も影響したかもしれない。
いずれにせよ、この問題が法廷で審理されなかったのは残念だ。

詳しくは知らないが、再審請求の中でもこの件は触れられていないように思う。
しかしこれが事実とすると、「被害社宅に着いたのは7時半頃」という石川氏の証言は
検事に迎合したものということになり、彼の無実を証明する証しともなるはずだが・・・

914 :756:03/01/25 21:07
甲斐氏は本の中で]について具体的には触れてはいないが、「犯行現場は被害社宅のすぐ近く」
としているところから、現実に]の親戚宅が被害社宅の近くにあったことを考えると、
人物を特定し、その親戚宅の離れ(?)が殺害現場であったと想定していることは疑う余地がない。
これに対し、488さんは]の勤務先の、ある建物の中を現場と考えているようだ。

この]という青年医師(または薬剤師)が実際に存在していたことは事実であるが、
いくら調べても、被害者と交際していたという確証が得られない。
「善枝日記」にも]の名はまったく記されていない。
むろん秘密の不倫関係(当時]には妻子があった)となれば、そのことを日記に書くはずが
ないだろうが、どこかにそれを匂わせる記述があってもよさそうなものではある。

それに被害者とは性格が正反対の次姉とも関係があったとなると、あれだけの事件の後に
それが家族にばれないとは思えない。
ところが、事件後も]と被害者家族と普通に付き合っているところをみても、
これはただの憶測に過ぎないのではないかと思われる。
甲斐氏はぼかしているが、おそらく]が捜査線上に一度浮かんだ事実を
当時の操作関係者からの情報として掴んだことから、この推理が出発したのだと思う。

ただし、]が書いた葉書(年賀状)を見ると、確かに「様」のくずし字が似ていることは似ている。
このことから、脅迫状の文章作成者である可能性は捨てきれないような気もするが。

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/25 22:12
>>910
後半は同意しかねるねえ。
はっきりいってマヌケで完全にドジをふんだのは警察の方だよ。
投光器も用意せず、無線機も使わない、警察犬も用意しない、
なおかつ現場に不馴れな本店の刑事が佐野屋に張り込み。
畑から出てくれば誰でも逃げられるだろうよ。
張り込みの配置の問題は大きいにしろ、吉信ちゃん事件でさえ
本店の刑事が失敗している。犯人は別に裏をかいた訳でもないのに
現金をまんまとせしめている。

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 13:02
私も警察に犯人サイドの協力者がいたとは思わないですね。
「車出いく」を真に受けた配置ミスから佐野屋に行った犯人に有利に働いたとしか
思わないです。ただし姉と犯人のやり取りが行われた位置関係が私にとっては
ものすごく引っかかる。
犯人にとって有利なポジションを取りやすい場所であるように思えるからです。
たぶん姉の後方に支援者が潜めるスペースの問題だろうと思いますが姉の立ち
位置がもっと違っていたらどうなっていたでしょうか。


917 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/26 13:47
いづれにしろ、事件発覚の時刻が、被害者家族供述及び駐在所の記録そして
判決文 よりも以前であったことは、かなりの確率で確かなことであるよう
ダネ。
そうなると、「宅配」問題も、その核心部分は解決トあいなる。即ち、
 「宅配」した犯人がなにゆえに、長兄に目撃されなかったのか?
  =ヤッパ長兄の自作自演だったから。

ただねえ。もしそうなった場合、何ゆえに、わざわざ「脅迫状&自転車宅配」
の演技をしたのか?その答えは、
 *1 他の家族にヘマをさとられたくなくて‥‥
 *2 札とグルでそのように作為した‥‥
ナドがすでに挙げられておるのだが。
長兄或いは他の家族が、どこまで、どのレベルで事件及び真犯人に関わって
いたのか?ようく考えてみよう。

次、佐野屋での姉のポジションは、「サノヤの門」との指示であったから、
その門の前に立つしかなかったトいうことでしょうナ。
他の協力者や札の人々は、当時のサノヤ周辺の写真を見ても解るように、
生け垣その他の陰に隠れなければ、張っていることソレ自体見え見えにな
らざるを得ないから、そこに隠れておるしかなかった。すると必然的に、
広々と人のいない畑方面から、容易に接近することが犯人に可能トなった。

そう考えると、被害者家族周辺の人物であって、事件発生後ある程度は
札の張り込み情報も取り入れられる者が犯人ならば、容易に札の張り込み位置
を事前に想定することは可能。且つ、もちろん脅迫状の策略で、「車出いく」
を強調しておき、それに呼応した張り込み体制を誘導しておいたわけだ。札は
その犯人の目論みどおりに失態を演じた。

もとよりこれには、犯人が現場周辺の詳細な土地カンを持っていることが前提。

918 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/26 14:02
あと、「犯人が家族と顔見知りだとまずい」とイウのは、本件の場合は
犯人にとって問題にならないと思う。なぜならば、サノヤはただそこに
現れれば目的は達するわけで、別にほんとにカネを受け取らなくてもよ
かったからである。
カネの授受の為に、姉に相当に近づけば面も割れてしまうだろうが、
暗闇の30メーターくらい離れたとこでやりとりをすればそれでイイの
であるから、顔は初めから見られない前提であったわけで。
 (まあ顔なんぞ見られたらまずいのは、別に身内とか縁者でなくとも、
  見ず知らずの第三者が犯人であってもまずいことなのだネ)
問題は「声」ということだ。小生自身は、声もそんなに心配するこたない
ト思うが、まあどうなんだらうね。
札も、録音機くらい使用してれば、声紋分析とか、今日ではかなり高度な
分析が出来たのだろうが。まああの程度の張り込みで、犯人さえ現れたなら、
確実にフン捕まえる自信過剰であったのだろう。
そこがそもそもの間違いの元。

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 14:16
>>917
トム氏の本でも脅迫されたのが、発表よりかなり前にあったと
書かれていたが、どうも素直に信じられないんだなあ。
その後のトム氏の警察の自作自演劇が納得できないからかもしれない。
なぜ発表と食違いをみせたのか?
犯行時刻を遅らせる必要があったにしても
幾つかの証言?(脅迫状投函前の聞き込み、他の署からの応援など)
当時であればバレバレじゃないのかなあ。
雑誌、新聞記者などにすぐに判る嘘のような気もする。
当然に地元民からももっと確実な証言がとれていたはずである。

その辺が果たして脅迫状がいつ中田家に届いたのか?
1 長男の自作自演
  a 長男の犯行 → 単独か共犯か
  b 他の家族をかばっての自作自演 → 脅迫状と自転車を持ち帰る
2 警察からの要請 → 事件の背後関係を隠すため
3 実際の通り→ 第3の男が自転車に乗って脅迫状を届けた。



920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 14:27
サノ屋には門は無いのですよ。

921 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/26 15:47
>919 なかなかの整理で分りやすい。
がソノ前に。
>920
 ま、実際に「門」があるかないかはこの際問題無いと思われますが如何。
 つまり、玄関とか、入り口程度のことが伝達デ来たらよいので。

で、『どうも素直に信じられないんだなあ。』トいうのは、ホント言って
小生も同じであるのよ。ただ上(917)に、「かなりの確率で確かなことであるよう」
ト記したのは、公判でのいく人かと「親戚の元捜査官のオジサン」の、
「捜査開始の時刻」に関する証言を、一応ホントだとすると、そう(ホントは
もっと早く脅迫があった)思わざるを得ないトいうことでネ。

ただその際、もっと重大な問題を解決しなくちゃいけなくなる。それは、

 ?なんで札は、最初の脅迫時刻を偽って発表しなければならなかったのか?

公開捜査は5月3日。この時はまだ石川氏を陥穽に陥れようとの意図があった
わけではない。だからまた別の理由がそこにあるはずだ。
ところが亀井氏はこれを、「1日に本来の犯人取り逃がしがあって、そのことを
バレないようにした為」としている。これは小生もどうも信じられん。まして、
「それだから、佐野屋劇場をやった」などは、言語道断。それこそ劇団関係者
多数につき、そのメンバーから、そのうちボロが出る。

ただ、実際の脅迫が何時だったかに関わらず、
919の1のa
は、かなり有力だと思われるが‥‥

922 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/26 15:56
追加。
小生的には、1日の張り込みは勿論あって、その様子を観察した犯人が、
まんまと2日の佐野屋を成功させたと思う。そのためにこそ、脅迫状で
は、「12時」トいうのは1日の夜なのか翌日なのか、どちらともとれ
る記述にしておいた。
亀井氏の本などには、「警察がリハーサルをやったなんてトンでもナイ」
と書かれているが、リハーサルをやったのは犯人のほうでネ。

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 16:30
前レスからすでに記載があったと思うが
『さのヤの門』 → 佐野屋のかど
『五月2日の夜12時に』 → どう読んでも5/2の夜12時だけど。

トム氏らのいう1日隠し、取り逃がしの前に
5/1夜に犯人逮捕に失敗したことを隠すために
2日夜の犯人逃走劇が演出されたとのことらしいが。
(被害者の死が警察の不手際でない為に)
このスレでも以前にレスされていたが、大方?の人の方が多かったような。
気にな部分として、『脅迫状の5月2日と書き留められた部分に何か文字を
消したような跡が見られること。』
(狭山事件 無罪の新事実/亀山トム・栗崎ゆたか著)



924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 16:31
最初の脅迫時刻が実際はもっと早かったというのは、警察関係者だけなく、
当の中田家から誘拐の事実を知らされた親戚が、心当たりを探し回っていたという
民間人からの伝聞がある。
それによるとその親戚から「男の運転する車に乗った制服姿の女子高生を見なかったか、
もし見たら報せてくれ」というものだったそうだ。
時刻はすでに7時を過ぎていたころ。

このことから、最初の脅迫はおそらく有線電話で行なわれ、内容は
「娘を車で誘拐した。嘘と思うのなら○○に自転車を放置しているから行ってみろ。」
というものだったと思われる。
そして、その場所に兄が行ってみると善枝ちゃんの自転車があり、カゴには脅迫状が
入っていたのだと思う。
兄(と父)が、なぜこれを隠したのかは、すでに推理されている通り。

時刻についての差異は、「犯人」が逮捕され「自供」しその「自供」から証拠品
(時計や万年筆など)が見つかったとなれば、細かい時刻のことなど小さなこと
(実は重大なのだが)として忘れられてしまうだろう。

狭山事件が冤罪事件として一般に知られるようになってきたのは、事件後数年が経過してから。
運動が盛り上がるまでは、さらに年月を要している。
それまでは、一般人にとってはすでに「解決済み」の事件だったのだ。
これを反映してか、実質上の第一審となった高裁の法廷では、権力側の証人だけでなく
民間人の証人も「忘れた」「記憶にない」を連発する結果となった。
(その意味ではスピード審理となった一審の間中、石川氏が弁護士よりも信じていた
長谷部警視との「十年で出してやる」という「男の約束」は十分効果があったわけだ。)

「サノヤの門」については、甲斐説にあるように「もん」と「かど」の両方の意味を持たせて、
刑事が道路のかどに張り込むように仕向けたという見方が当たっているかもしれない。
「刑札」といい「車出」といい「気んじょ」といい、犯人は、表意文字である漢字の持つ
視覚効果を最大限に利用している。
やはり真犯人は、かなりの知的水準の持ち主と考えていいだろう。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 17:24
>>924
脅迫時刻が発表より早ければ、一連の中田家の行動は納得できるようではある。
しかし、その伝聞がどこまで信憑性があるのか。

娘を誘拐したと電話で受ける。まずホントかどうか確認する。
家族でまず探す。→学校へ電話する。→友人に聞く。
→親類にも相談する。
(脅迫内容に警察に話すなと言われた。)
行方不明→家族会議→警察に通報→警察が聞き込みを始める。

学校の友人関係での証言がでてないこと。
有線電話って交換を通すのであれば、その証言はあるのだろうか?
(有線だから当然記録が残っているはずである。逆にこれさえ提示できれば
脅迫時刻問題は解決できる。その点について追求したものがあるのだろうか?)
脅迫状があるからといって、そんなに迅速に警察が動き出すものなのか?
もしそうであるなら、事件の発端ともいえるこの一連の出来事を
ネタ探しにカギ回っている記者に感ずかれずに行えるのだろうか?





926 :?:03/01/26 17:57
ねえ、
 >>『五月2日の夜12時に』 → どう読んでも5/2の夜12時だけど。
ソウデモナイヨ
マ スナヲに読んだらソウダケド

 >>924 兄(と父)が、なぜこれを隠したのかは、すでに推理されている通り。
って、ソンナニカンタンニ ”断定”スンナヨ

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 18:25
>>926
なんだよー。

オレ様スナヲだからねえ。
『夜0時』だったらねえ。五月1日も行ってみるけど。
別に万が一に備えて張込んでも問題ないんだけどね。

長男と父親が隠す理由も出てきたが、なんていうの、
スケールの大きいことが。
よーく考えても隠す理由にはなっていないような気がする。
1 知られたくないまずい過去
2 ゆすられていた
3 最初の脅迫を断った
4 警察の要請
5 身近な犯行を隠すため
6 別に隠してもいない、そのまま。


928 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/26 19:21
1、『脅迫がもっと前の時刻に起こっていた』
2、『その最初の脅迫の時に、既に札に届けを出していた』
3、『1も勿論2も無くて、ヤッパ脅迫は長兄供述どおり7時半(彼は40分ト言っておるガ)』

1なのか。
1&2なのか。
ソレとも、3なのか。

小生のは、「長兄と父」の隠す理由よりも、
「札がそれを隠す理由」のほうナノヨ。
長兄と父には、>>927 でまとめてくれた、1〜6が出てるト。
 たしかにこれらが今市、説得力が小生には、ナイのデス。
札には、亀井氏等「第一回張り込みで犯人取り逃がしの隠蔽」ト。
 これは、小生的には、?ドコロか全然ダメデス。理由は記述した、
 劇団関係者が多すぎ。

で、1、2、3ドレにしても、長兄関与(まあ主犯トかどうかと、その理由は別としてネ)
がナイと、ダメだということには、皆異論はないのかな?


929 :フフ:03/01/26 19:46
推理は踊る。

930 :679:03/01/26 23:49
>>928 盛況氏
ハイ、私が書いた>>811-813は単なる推測に過ぎませんが、
「長兄関与」には異論ありません。
また、
>1、『脅迫がもっと前の時刻に起こっていた』
>2、『その最初の脅迫の時に、既に札に届けを出していた』
1&2が、ビンゴなのではないかと思っております。
さらに私の妄想を付け加えると、
A.義枝さんを誘拐する、という脅迫は、事件発生日よりも前から
数回にわたって行われていたのではないか。
B.事件当日の脅迫は、電話によって少なくとも6時30分よりも
前に行われており、このときの電話の会話では「警察に話すな」
とは伝えられていなかった。
と考えております。
犯人側は、この脅迫電話によって、
1.中田家が警察に通報するかどうか。
2.もし通報した場合、警察がどのように動くか。
を確認したかったのではないか、と思っております。

なぜ警察が、最初の脅迫時間を偽って発表したのか? に
ついては、脅迫状受け取り(夜7時30ごろ)の時間には、
すでに義枝さんが殺害されていることがわかったからでは
ないでしょうか。つまり、6時30分過ぎに行われた初動捜査に、
警察側の責任はなかった、とこじつける理由だと思われます。

931 :679:03/01/27 00:42
連続カキコ失礼。
>>910氏の
>警察組織の行動原理を熟知している者が、犯人か犯行グループの中に
>いるような気がしてならないのだが。
に反論が寄せられていますが、
>>915氏は
>投光器も用意せず、無線機も使わない、警察犬も用意しない、
>なおかつ現場に不馴れな本店の刑事が佐野屋に張り込み。
と書かれていますね。
犯人側は、上記のようにマヌケな張り込みであることを知って
いたからこそ、現場に現れたのでは、と考えているのですが。


932 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/27 00:44
>>679
ウムなるほどその推理は全体の筋書きとしては亀井氏ト同じだが、まあ札が
なにゆえ初動時刻を偽ったかについては、もし初動(つまりは最初の脅迫)
が、通説よりも以前だったならば、さもあらんとは言えるのでしょうネ。

がその後1日夜に「犯人取り逃がし」があったトか、それがゆえに2日夜の
佐野屋が「劇団刑札狭山公演」ナドと申すのは、それこそまさに亀井氏の
妄想の産物ダト小生は思うのでアリマス。

ダトすると、これ(最初の脅迫時刻の欺瞞)は、長兄や父に理由があると言う
より、
>>927 の『4 警察の要請』だと思うンぢゃが。
まず刑札は、自転車返却の状況と脅迫所の内容の分析、その他なんらかの理由
から、7時台の時点では、既に被害者が殺されてる可能性が強いと判断、
あとで(3日の公開捜査前に)刑札から、「今後の捜査の都合上」トかナンとか
言われて、長兄も父もそれに口裏合わせた?ト?

 *したがって「佐野屋」の時には初めから、被害者殺害の「責任」は
  無かった。取り逃がした責任は追求されたが‥‥

もとよりそうした札の要請は長兄にも都合が良くて、それで公判になっても
その供述を維持していた、ト。

933 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/27 00:52
追加。
ただし、小生は長兄がもッと、たんなる自転車と脅迫状を取りにいった被害者
の家族トしてではなく、犯人に近い者だと見ている。出来たら「犯人」−藁
だから679さんの説よりはもっと積極的理由で、脅迫状を戸に差し込んだ。

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 08:30
今週狭山に行きますが、見所スポットは何ですか。
写真でも撮ってアップしたいと思います。

935 :679:03/01/27 09:08
>>933 盛況氏
>長兄がもっと積極的理由で、脅迫状を戸に差し込んだ。
これについての仮説。
A.誰か(OG?)に頼まれ、「いたずらのつもりで」書いた脅迫状が、
  自分の妹の誘拐に使われたので動揺した。
B.結婚前に関係を清算したいというOGに協力した。しかし、義枝さん
  が実際に殺害されるとは思わなかった。
C.長兄も何らかの理由で、義枝さんの死を望んでいた。そのため
  OGと共謀した。
いまのところ思い浮かぶのはこの3つなのですが、Aなら無罪、
Bがグレイゾーン、Cなら有罪ですね。また思いついたら書き込みます。

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:32
2日夜の警察の張込みが、あまりにもオソマツだったので、事件当時は猛烈な世論の批判の嵐が
沸き起こり、今では逆にそれが「意図的な失敗」だったのではないかとみる人さえいるわけだが、
別に警察の肩を持つわけではないが、それらは全て「結果論」に過ぎないと思う。
当時はあの「吉展ちゃん事件」での警察の失敗が生々しく、警察としては万が一にも今回こそは
犯人に逃げられるという失態だけは、絶対に許されないことは重々承知していた。

にもかかわらず、その万に一つの事態は起こってしまった。
これは一体なぜなのか。
警察の張込み計画は、本当にオソマツだったのか。

「警察は吉展ちゃん事件に続いてまた犯人を取り逃がすという失敗をやらかした」
と、事件直後に警察はマスコミと世論に攻撃されたわけだが、二つの事件を比較してみると、
狭山事件での警察の失敗は、むしろ吉展ちゃん事件を参考にしたからこそ
起こったのではないかと考えられるのだ。

「吉展ちゃん事件」では、警察の準備が整わないうちに、犯人からの指定場所に母親が車で出発し、
あわてて刑事が走って追いかけたが、タッチの差で犯人は金を持ち去った後だった。
一刻も早く子供を返してもらいたいという家族のあせりと、誘拐事件での捜査の
手順のノウハウを持たない警察との行き違いが「犯人取り逃がし」という失態を生んだ。
そして犯人が逮捕されるのは、2年も後の話である。
狭山事件当時は、吉展ちゃん事件の犯人像も諸説紛々だった。
母親がぼろきれに包んだ身代金を置き立ち去った後、刑事がやって来るわずか2分の間に
犯人は金を持ち去っており、そのすばやい行動に「複数犯」とか「車を使った」とか
言われていて、まさか足の悪い男の単独犯行などとは誰も考えていなかったのである。

警察も、吉展ちゃん事件の失敗を繰り返すまいと、車でやって来るはずの犯人に対して
県警のお偉方が狭山署に乗り込み、万全の張込み体制を整えた・・・はずだったのである。
少なくともお偉方の計画上では完璧なはずだった。
ではなぜ無残にも失敗したのか。

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:34
第一には「車出いく」を信用しすぎたことが挙げられる。
近くに自動車を隠せる場所がないので、二人組の刑事を道路に配置してゆく手を遮るしかない。
佐野屋周辺は、五つの道路が交差するため、かなりの人員が道路に配置される結果となり、
これが致命傷となった。
警察犬や投光機も、それを隠しておく場所がないし、犯人に気付かれる危険がある。
したがって、やって来る自動車を網に引っ掛け、捕らえるという作戦に重点がおかれたのだと思う。

脚力に自信がない幹部刑事は、足手まといになるので佐野屋に近いところにいて、
そこで犯人逮捕の報を聞き、自分達の手柄にしようと意気込んでいたことだろう。
忠臣蔵で吉良発見の報を待つ大石内蔵助の心境か。
ところがこの隊長サン、意表をついて畑から声をかけてきた犯人に驚き、飛び出そうとしたが
大人の背丈ほどある茶垣に遮られて、飛び出そうにも飛び出せない。

おまけに犯人が間を空けて話し掛けてきたので、まだ会話が続くと思い込んで、
結局飛び出すタイミングを失ってしまった。
仮に少しくらい早めに飛び出しても、土地カンのない腹が突き出て老眼鏡をかけた中年刑事の足では、
犯人に追いつくことは出来なかっただろう。
そのとき、道路わきにへばりついていた刑事たちは、異変に気付かない。
つまり、犯人側が警察の張込み配置を事前に把握してさえおけば、逃走は割と簡単だったのではないかと
思えるのだ。逆に言うと、それが把握出来ていなかったならば、犯人は佐野屋に現れなかったのではないか。
こう考えると、狭山事件での「佐野屋逃走事故」は、必然的失敗だった。といえるかもしれない。

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:35
これも、吉展ちゃん事件を教訓に、張込み配置を早めに終えていたこと(午後10時前)と、
前日に念のための張込みを行なったことが裏目に出たのではないかと思う。
犯人が地元の人間ならば、事前に張込み配置の「穴」を知ることは容易だったのではないかと考えられる。

とはいっても、当時の警察を擁護する気はさらさらない。
しかし、彼らなりに考えた計画だったのは間違いなかろう。
要は、犯人の頭脳が、警察のそれよりを数段上であったということである。
そして事件の悲劇は、その汚名を返上するために警察が無実の青年を真犯人としてしつらえたことである。
もっとも、これも頭のいい真犯人の作戦の一つだったわけだが。

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 23:13
脅迫状で「車出いく」と「西武園の池の池の中」というトラップを使った
真犯人の真の意図は、善枝ちゃん殺害と佐野屋での逃走を成功させることに
あったと考えられる。
脅迫からまる一日の猶予期間を置いたのは、アリバイ作りのためもあったのかも
しれないが、警察の動きを探るための時間稼ぎだったように思う。

善枝ちゃん殺害の動機については、いろいろ推理されている中に、
おそらく真実があるのだろう。
脅迫状に漂う強い殺意は、身代金受け取りに失敗して殺したというものでは
ないことを感じさせるに十分である。

佐野屋での逃走は、自らに捜査の手が及ばないための重要な手段だったと思う。
真犯人は、洋裁生事件と吉展ちゃん事件を参考にして計画を練り上げた。
100%成功の確信があったればこその出現・逃走という「離れ業」だったろう。
真犯人としては、これが失敗すればどうせ自分に捜査の手が廻る。
そうなれば死刑は免れない。
生か死かを別けた、一世一代の「大舞台」だったのだろう。

そこまでして、善枝ちゃんを殺さねばならなかった真犯人の怨念は、
一体どこから来ているのか?
ここからは想像だが、おのれの惨めな半生の原因を作った相手が善枝ちゃんの身内にいて、
当人にその責任を追及しても相手は耳を貸さないとしたら、彼の家族を殺して相手に苦痛を
与え、恨みを果たそうと考えたとすると、殺人の動機としては十分ではないだろうか。

仮に佐野屋で捕まり、死刑になったとしても、善枝ちゃんの身内に対する恨みを
マスコミを使って訴えようと考えていたのではないだろうか。
真犯人に、それだけの度胸がなければこの計画は立てられなかったし、佐野屋にも
現れることはなかったのではないかと考えるのである。

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 00:13
最後の推理がどうして
そーいっちゃうのかなあ。

犯人が中田家を恨んでいる。→ 身内を誘拐し殺害、身代金を要求。
疑問点として、リスクを承知で身代金を取る必要性が感じられない。
身内を殺害するだけで充分と考えられる。
それをなぜ身代金要求をやったのか?
それは犯人がカモフラージュするために必要不可欠であったと考えたほうが
スジがとおる。(偽装誘拐)
犯人の目的はただひとつ。被害者の殺害か。
そして自分に捜査の手がいかないように誘拐を偽装する必要性があった。



941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 01:25
当時は誘拐事態珍しかったし
田舎警察ならノウハウもなかったんだろうね

942 :長兄オンリー:03/01/28 01:49
>おのれの惨めな半生の原因を作った相手が善枝ちゃんの身内にいて
だからそれは誰なんですか?善枝チャンの異父兄弟ということでしょうか。

実はぼくは、そういう(>>939 の推理がそうだとして)
「存在不確実な、存在」を、なにか、確かなものにするような推理が、
とても不可解なのですが。
推理小説でも、初めに出ていない登場人物が犯人というのは、とても不公平なことと
されています。
もっとも、狭山事件は推理小説ではなく、現実の事件ですが、
そうであればもっと、「動機」について、厳密でなければと思うのですが。

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 09:38
どうもスレの流れから見ると自分なりの解釈にそぐわないから反論というケースが
多いですね。
たしかに不遇な人生を送った血縁者がいて無念を晴らしたというのは面白いのです
がやや出来すぎ感がぬぐえない。
私は私感では作男O,Gが一番臭いと思っている。ただそう書くと彼にそれだけの
実行力があるかとか、脅迫状は彼には書けない、とか反論が起こる。
ただ実際の事件ではあるから物語のように人の思考通りの展開といくパターンは
逆に少ないと思う(実際の事件が解決したケースでもそういった部分は多い)
長兄が一番怪しいとしている意見もありますが長兄のその後の人生、事件後の
意見、はたまた十数年にわたる化けの皮を剥がしてやろうという記者らの猛攻に
なんら尻尾もださず対応したところを見ると真犯人とするのは私自身の意見では
難しいと思う。むろんその後の推理本による長兄を真犯人とする根拠は理解しが
たい物が多いのは皆さんご存知の通りだと思いますが。


944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 13:53
>>943
この事件で、OGが一番怪しいのは自明の理ですね。
ただ「また反論か」と言われそうですが、OGの単独犯では、
善枝さん誘拐・脅迫・殺害・佐野屋逃走・死体埋没までは
なんとか彼一人でやれても、その後の証拠偽装などは説明がつかないんですよ。
なんといってもそれは彼が死んだ後の出来事ですから。

それと相次ぐ自殺や事故死もすべて偶然ということになる。
こんにち、脅迫状で犯人が「友だちが車出いく」と繰り返したことと、
死体を1m近くも掘って埋めたことを併せて、
「それらは、単独犯の真犯人が複数犯に見せかけるための偽装だった。」
と見る向きが多いようですが、そうなると必然的に、
「OGは犯人ではない」という結論にならざるを得ない。

また堂々巡りになってしまいますが、結局OGの犯行とすると必ず共犯が
いなければならず、そうなると脅迫状の「友だち」は偽装ではなく本当で、
それは誰かという問題が生じることになる。
また、結婚と新居に貯金を使い果たしていた彼が、果たして殺人の共犯者に
払う報酬があったのかという問題もあります。

身代金の20万円を、それに充てる予定だったのか。
どんな人物かは分からないが、果たして手に入るかどうか分からない、
それくらいのカネで死刑になる犯罪を引き受ける「友だち」が
OGの周りに本当にいたのかどうか。

狭山事件の謎解きは、まずこの事件の犯人は単独なのか複数だったのか、
これを解明するところからスタートすべきだと思いますね。

945 :943:03/01/28 15:26
私はOGさんの共犯はITと思っています。
佐野屋事件も2人でいったのではと思います。報酬は無論、金二十万円となりま
す。そのくらいの金で死刑になる、とおっしゃりますが営利略取誘拐が重犯罪、
重刑と広く認識され始めたのは吉典ちゃん事件と狭山事件による反省から国家
公安委員長の発言が元と考えています。
実例を挙げると2事件以前の太治君事件のように幼児誘拐、殺害、身代金要求と
三拍子そろっていてもこの件の場合実刑は懲役15年です。他に上尾事件でも12年、
正樹ちゃん事件というのもありましたが、これは判決は上記の2事件以降だったと
思います。
もっとも犯罪者にそれほど量刑を計り知れる能力があればこの世の犯罪ももっと
少なくなると思います。
そしてOGさんに、あの後世までのこる天才的脅迫状が書けるかと問われると
思いますが私は皆さんほど天才的な文章とは思わない。確かに何やら表層の文面
より深層に訴える物があるように感じますがこれは後年事件の大枠を知る者が
結果的に思うだけであってそれほどの作為は実は無いのではと考えています。

遺体の件ですが埋葬状態から犯人にとっては出てくる予定の無い物だったと思い
ます。だから畑ではなく掘り起こされる可能性の薄い農道に埋めた。
誤算は雨後の湿った土を使用したため乾燥後も道と畑の段差にヒビが入ったこと
でしょう。遺体が見つかった為OGさんはノイローゼとなり自殺したと考えて
います。
こう書くとノイローゼになる者にはこんな犯罪は出来ないといわれるでしょうね。

946 :679:03/01/28 15:27
ずっと気になっていたのだが、このスレパート1で、事件当時警察官
だった伯父さんから、興味深い話を聞いてくださった898さんの発言
について。以下はパート2でのやりとりです。

98 名前:ななし 投稿日:02/07/29 17:23
898さん、貴重なレスご苦労さまでした。
質問ですが、鍵を握る被害者の母にまつわる秘密ですが
前スレの 652や 663 のような内容なのでしょうか?
それともまた違う内容なのでしょうか?


99 名前:898 投稿日:02/07/29 17:45
>>98
内容はほぼ合っています、しかしその件は半分なんです。
思わせぶりで申し訳ありませんが確実でない為残りの半分は
伏せさせていただきます。

この「半分」とは? 結婚式の日に墓石を玄関先に投げ込まれた
という、奔放な性格の母ついて。「半分」とは、これまでスレに
挙がった以上に、スキャンダルがあったということか……。
それとも、種違いと言われる義枝さんのほかに、もう1人種違いの
兄妹がいたという、文字通りの「半分」なのか……。

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 17:14
902 :( ゚Д゚)y─┛~~ :03/01/25 02:47
あ〜、わしはOGとヨシエが性交中に長兄乱入で
真犯人は長兄に清き一票。
偶に本人観かけるが未だに元気そうだしね。

こいつ本当にアホだな。

948 :944:03/01/28 18:31
>>945
確かにOG主犯・IT共犯という二人の犯行という見方ならば、
すっきりとはしますね。
OGの動機は不倫関係の清算。
OGは独身だったので、今の視点なら「不倫」とまでは言えないかもしれないけれど、
婚約中の身だし、相手はまだ高校生になったばかり。
40年前の農村社会では、とんでもないスキャンダルだったでしょうね。
(ただし、昔の日本の農村は今より性的に解放されていたと言う説もありますが。)

いずれにせよOGは、結婚を間近に控えて別れ話を切り出したが、善枝さんが承知しない上に
関係をばらすと言い出したので、思い余って殺害計画を立て、ITにその手伝いを依頼する。
ITがわずか20万円でそれを引き受けたとは思えないが、殺害自体はOGのみが手を下すというので、
仮に捕まっても死刑にまではならないだろうと思い、借金に苦しんでいたこともあり、
死体埋没と身代金受け取りについて協力した。

━━という図式ですね。
これは割と単純な推理ではあるけれど、最も真相に近いのかもしれませんね。
大村さんとかいう人の推理から次姉の協力を除いた構図でもあります。
ただ、一つだけ疑問があって、OGとITの二人を結び付けたと言われている、
OGの遠縁にあたる雑貨店経営の元植木屋・OSの存在。

彼が事件にどこまで関与していたのかが、謎といえば謎ですね。
OSはOGが自殺した日に、
「事件の日に薬研坂で怪しい二人の男を見た。一人は西武通運の制服を着たOG。」という
目撃情報を警察に提供していますね。
このニセ情報を喋った彼の真意はどこにあったのか、不可解ではあります。

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 19:02
論議が盛り上がっているところスマソですが、もうそろそろ950近いので
次スレのテンプレ私案をw

−−−−−−−−−−−−−−−−−
過去スレ

狭山事件
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1013392706/
底知れぬ暗黒、狭山事件2rd
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1027698303/
狂気の迷宮・狭山事件3rd
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1034680074/
過去スレミラー
http://de.geocities.com/zeroyaruki/

狭山事件って何?って人は、ここを御一読下さい。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/sayama.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
スレタイは、これだ!と思うようなものが思い浮かばなかったので、
お任せいたします^^;
part2スレのミラーがリンク消えているみたいでしたので、借りた洋塩に
Janeに残っていたログをhtml変換したものをアップしておきました。
このPart3もdat落次第、鯖にアップする予定です。

950 :>>ALL:03/01/28 19:12
もとスレの1ですが、新スレ建てていいでスカ?

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 19:20
私も>>945さんのいうことにほぼ同意だ。
単独か複数犯かはなんとも言えない。
上のスレでも書いてあったが、
犯人が複数犯を装って『友だち』と書いてるようにも見受けられる。
脅迫状では『友だち』が金を取りにいくと書いてあり、その主犯がこの
脅迫状を書いている。
これは逆に単独犯だからこそ仲間がいるようにカモフラージュしているように
思えてしかたがない。
この脅迫状を書いた犯人が、相当綿密に書いたにしては
なぜ封筒に父親の名前を書いたのか?
いくら中田姓が多いからといってもそこまで知るよしもない。
もしくは書かなければならない理由があったのか?
さらに『女の人が』『ちがう人がいたら』というのは
確実に中田家の姉に持ってこさせたかったのではないか。

>>948
その植木職人の証言ってなにに出てるんですか?
もう少し詳しく植木職人のことえをお願いします。

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 19:23
PART1と2のスレがいまだにhtml化されていないのはナゼ?
PART1なんて最後の書き込みからもう半年もたってるぞ。
他のスレは知らないが、オカルト板ってみんなそう?
「通常2〜3ヶ月」って書いてあるけど…
なんかの陰謀だったりして…

953 :公安:03/01/28 19:29
チッ、気づきやがったか。。。

954 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/28 19:59
>>949 奇特な人がいるものダ(注、皮肉ジャないのヨ)
>>948 その図式は可也納得は出来るケド、ただ一点、ホントに20万円を
取ろうと計画していたトいうのは、小生はソウじゃないように思う。コレは
ヤッパリ、佐野屋は金取りに見せ掛けたト。

ソシテその場合、デハ長兄は字義通りに7時半ごろに帰って来て、うどんを
啜ってるマに同40分ごろ、チャリンコと脅迫状を犯人が宅配した(または、
電話脅迫の後どこぞでチャリと脅迫状を受理、あとは自作自演した)而して
幸運なコトには、犯人は長兄には目撃されなくてスンだ‥‥ト
いう解釈(つまり彼はたんなる被害者の兄)でいいのデアリマショウか。

こう書くと長兄ノイローゼシツコイゼといわれるデしょうネ。
言われる前に逝ッとこウ。
「ソウです、小生はシツコインデス」

955 :1−531:03/01/28 21:26
「友だちが〜」っていうのは単独犯人が共犯の存在を明かすためのウソ
であると取れますが、私はこう思うのです。
「友だちが〜」は「車出いく」に信憑性を与えていると。
「車出いくから」・・・・ほんまかいな?
「友だちが車でいくから」・・・・なるはほど!
ってなぐあいに。

>>950
おねがいします。
<茶畑に眠る真実・狭山事件>  どう?

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 22:15
>>954
うーん。
長兄は別として、OGがITに依頼しての犯行だったならば、
佐野屋には、やはり20万円取りに行ったのではないかなあ。
でもそれなら、手渡しではなく「どこそこに置いておけ」となるはず。
となるとやっぱり身代金目的はみせかけか。
ということはOGがITに渡す資金もなくなり、OG・IT共犯説に矛盾が生じる。
金の面から考えると、たしかに裕福な人間が黒幕にいるような気もするなあ。
どう考えても難解だな。この事件は。

957 :てにをは:03/01/28 22:25
せっかくなのでそのhtml2ンドモ一度読んで見たン。たら、

 198 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:02/08/02 12:42
 君らなんにもわかってないね。 佐野屋で姉と犯人はおおよそ25mほど離れていたんだぜ。
 君ら誰かと25m離れて会話してみな、それこそ円滑には 会話はできない、大声で呼びかける掛け合いになる。
 これは事件直後に新聞記者有志らで実験さえされている。 犯人も最初おーいおーいと言ってるだろ。
 大声であるから至近距離のように声の分析はしにくい。 このことを頭に入れて最初から討論してちょんまげ。
 
 199 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:02/08/02 12:46
 大声の方が小声よりも誰かは判断しやすいのでは?
 
 200 名前:194投稿日:02/08/02 12:48
 >>198 ん?別に問題ないんじゃないの? だからこそ声じゃむりだぞといってるわけで。
 あなたの方が詳しそうなのでどーぞ参加してください

 201 名前: 投稿日:02/08/02 12:56
 >>197 でも彼女にしかわからないOさんのいいところがあったはず。
 その辺の人物像は関係ないですよ。 そういった例はいくらでもあります。
(中略)やっぱり 金は必要だったとしか思えない。

ワラタ。肥じゃバレないアル。今でもホンマにお金トルのがホンマだという人ヲヲいけど。
デモお金じゃないお金じゃない。

<墓掘り迷人の正体・狭山事件>
<暗黒の螺旋・狭山事件>

958 :?:03/01/29 00:09
前スレでも今でも、時々物事を断定的に言う人がいる。その自分の断定に
反する記事を見つけると、「ループ」とか「善スレ読んでないのか?」とか
書くのよ。でも異説を唱える人は、全スレを読んでもなおかつ唱えてるのね。
解明され難い事件だからこそ、このスレの存在意義があるんで、
自分のレスも証明はし難い説のひとつだというくらいの共通認識は欲しいもんだね。
その程度のことは、ここらでキチンとした上で、次期スレに突入してほしいんですわ。

959 :?:03/01/29 00:12
あ、958は>>926 の俺の追記デシ。

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 05:03
偉そうに、仕切ってんじゃね〜よ、ヴォケ↑

961 :ななし:03/01/29 07:05
阿呆を無視するのも共通認識↑

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 08:44
>>949


963 :943:03/01/29 10:35
OGさんとITさんのお金の関係で矛盾を指摘されましたがOGさんは結果的に
結婚がうまく行けば金銭的に新婦の持ちこみ金また結婚式のお祝い金などで潤う
予定があったわけでその時にITさんに支払わなくとも話しはついていたかもし
れない(あくまでも金銭契約があった場合ですが)
なので私は佐野屋事件は「これは誘拐事件である」とアピールすることが目的で
金銭の授受ができた出来ないは犯人が現れたという事実があれば問題ではない
と考えています。
脅迫状での私の考察は西武園、車出いく、殺すの連呼は犯人の方向付けと思い
ます、西武園は遺体は近くには無い、または実行者は遠隔地の者、車出いくは
皆さんご存知の通り、殺すは殺すのが前提である、の隠匿と思っています。


964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 13:38
>958
同意
大変だけど過去ログくらいは読んでもらいたい


965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 14:42
盛況さん、あなたのカタカナ混じり文は読みにくい、つか、変。
とんちんかんな長兄粘着説もウザイ。すっこんでろ!

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 14:50
しかし、あまりにも複雑なため前後およびループしてしまうのは
仕方ないと思う。
文献も一部しか手に入らないし、
新しい証拠がでてきてるわけではないので。

単独か複数犯か?
偽装誘拐なのか?
刑札の証拠隠匿や偽装は?
脅迫状は果たして7時40分前後に送られてきたのか?
中田家を取巻く過去との接点は?






967 :944:03/01/29 15:07
OGの結婚相手の持参金がいかほどだったのかは判りませんが、それは家具などの購入に
充てられただろうし、また当時の堀兼地区の結婚ご祝儀の相場も不明ですが、
いずれにせよ、OGは新居の建築費用に貯金を使い果たしていたわけで、
仮に持参金やご祝儀をあて込んでいたといっても、お嫁さんがいることだし、
自分一人で勝手に使えるお金ではないでしょう。

OGの実家の農家は、そう裕福な方ではなかったと聞いていますので、
実家からの調達はまず無理でしょうね。
「そんな大金、なんに使うんだ。」と問い詰められるのがオチでしょう。
殺人の共犯なので、その報酬は少なくとも5、60万はかかると思います。
問題は、OGがそれだけの大金を融通できる才覚があったかどうか、ですね。

身代金20万という金額は、真犯人の偽装であって、流しの不良が簡単に取れる額
として考えた金額だというのが定説になっていますし、実際に当時の警察も
新聞に「犯人は20万円を大金と考えるような生活水準と知的水準が低い者である。」
と公表したので、真犯人の目論みはこの点では成功したといえますね。

これは、前年に起こった田中恵太ちゃん(4才)誘拐事件の犯人2人組の
要求額が20万円だったので、それを真似たのかもしれない。
これが50万以上となると、善枝ちゃんは誘拐しづらい高校生だし中田家が裕福な農家
であることを知ってる顔見知り犯行と見破られるのを恐れたのでしょう。

968 :944:03/01/29 15:08
OGがITに、もし80万の報酬を共犯に約束していたとしたら、
「うまく身代金20万もせしめられたら合計100万になる。」
とのことで、ITは「あわよくば」との期待も抱いて佐野屋に行ったのかもしれない。
とにかく、OGがITに共犯を依頼したという図式が成り立つには、

1、OGがその報酬として50万円以上の報酬を事前に用意できていた。
2、ITがかなり金に困っており、20万円程度の報酬でも喜んで引き受けた。
3、報酬は「分割払い」との約束だった。(冗談ではありません)

以上の3つが考えられるのですが、どうでしょうか。

969 :679:03/01/29 15:35
もし自分がOGだったとしたら、義枝さんに「手切れ金」として
20万円払うなぁ。犯罪犯していつ捕まるかとビクビクしながら
生きるよりは(当のOG氏は死んでしまったけど)、まず始めに
「手切れ金」を考える。
それを義枝さんが拒んだのだとしたら……。「分割払い」で
なんとか(冗談ではありません)……かなぁ。

970 :944:03/01/29 16:27
あと、「OG主犯説」で引っかかるのは、死体を埋めた場所の件です。
薬研坂の雑木林の中ではなく、わざわざ自分の新居の近くの農道に埋めている。
捜査の眼は雑木林に向くだろうから(実際に山狩り隊は最初に雑木林を捜索した)、
その裏をかいて農道に埋めたというのは判るとしても、これから新婚生活をおくる
スイート・ホームの近くに埋めたたという心理状態が理解できない。

これも「まさか自分の家の近くなどには埋めたりはしないだろう」
という考えの裏をかいたともいえるとは思いますが、
もしそうならば、非常に危険な賭けと言わざるを得ない。
現実には、埋没場所の近くに善枝ちゃんとは顔見知りのOGの新居があったことで、
警察は彼に疑いの眼を向け、事情聴取の寸前だったことが、OGの自殺の原因と
言われているほどですから。

OGは、自らの策略におぼれて墓穴を掘ったのでしょうか。
私には、どうもそうは思えないのです。
OGが事件の主犯ならば、死体はできるだけ自宅から遠いところに埋める
はずだとは思いませんか。

OGが何らかの形で事件に関与した可能性は高いと、私は思っていますが、
死体発見場所と脅迫状の作文能力なども併せて推理すると、頭に浮かんでくる
真犯人像とOGの実像は、どうしても一致しないのです。
OGが犯行に関係しているとすれば、それは共犯か従犯に過ぎないのであって、
結果的に彼は真犯人に嵌められて死を選んだ、という見方のほうが
当たっているのかもしれませんね。
遺留品の見つかった場所もその近くだったことだし。

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:25
新居から200mほどでしたっけ。
時間的に遠くまで運べなかったのではないかと考えられますが。
ゆえに農道に深く埋めた。
あまり問題はないと思われる。
被害者が生前に肉体関係を持っていたならば、それも合意ならば
OGの方に完璧な殺意があったと考えられる。
(突発的な事故だったかもしれない。)
それをいきなり相棒にカネで頼むのは危険過ぎるような感じがする。
共犯者がいれば、計画的な犯行で
前もって相棒にカネで頼むことは可能かもしれない。
もしくは、身代金誘拐だけを相棒に伝え殺害したことは伏せておく。
しかし相棒はカネを取れずに失敗?
それを逆に強請られる。OG自殺。

もしも殺害し、それを他県なり雑木林に投棄しなかったのか?
誘拐偽装を企てる必要性があったのか?
中田家の者に薄々知られていたのか?



972 :建てます田:03/01/29 19:18
「殺意の因習、狭山事件4th」
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043835444/

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 19:55
確かにある程度のル〜プは仕方ないと思います。
しかし、途中からやって来て、読みづらい文章で、
ル〜プ上等! みたいな態度をされたらかないませんよ。
どうかな?

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 20:34
もちろん。
そういう輩は蒸し。

しかしあまりにも謎が多すぎる。
まあそれだけ解釈が多くなるわけだが・・・

975 :944:03/01/29 22:02
>>971
別に難癖をつけるわけではないですが、いかに時間がなかったとはいっても、
新居のすぐそばに死体を埋めることが「あまり問題はないと思われる」ことでしょうか。
それに時間に追われていたにしては、近くの家から荒縄を盗んできたり、どこから
持って来たのか玉石を一緒に埋めたり、近くの芋穴に棍棒とよじったビニール袋を
「人」の字に放置したりしている。

この不思議な「人」の字を形作る棍棒の先が埋没地点を指していたので、
これは「この先に『人』が埋まっている」との暗示だったのではないかと
考えている人もいるくらいです。
また、わざわざ農道に埋めたのは死体を早く見つけてもらうためだったと推理している
人もいますね。(甲斐仁志氏など)

時間がないのなら、どうしてこんなややこしい手間がかかる工作を施したのかが、
私にはどうしても理解できないんですよ。
他の皆さんはどうですか?
まあ、「あの埋没は死体遺棄ではなく『埋葬』だ。」という説があるくらいですから、
OGは毎日家を出るとき「墓」に向ってを手を合わせるつもりだったのでしょうか。
そう解釈すると、不可解ではありますが一応辻褄は合うような気もしますが。
かつては愛し合った仲だったのでしょうから、推理ドラマ風に表現すると
「愛と憎しみの犯罪」というところでしょうか。
(不謹慎ですみません。)

それにしても、自転車返却や佐野屋での一件も謎ですが、
この死体埋没をどう解釈するかも事件の大きな謎といえるでしょうね。
一体全体「狭山事件」に不可解な謎はいくつあるのでしょうか。
これほど謎が多い事件って、他にありますか?

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 22:25
新スレが立ったので、続きはそちらでやりませんか?

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 22:43
>>975
ご指摘ごもっともです。
埋葬ということもあるのかもしれません。
しかし、ズロースが下げられていた遺体と
玉石を置くことによって顔の破損を防ぐことが一致しないんですよね。
犯人はまずなんとか遺体を早く隠したいものです。
場所が決まれば、ある程度の落ち着きはでてくると思うのです。
この謎めいた埋葬もまさに理解しがたいものだと思います。

この事件で犯人がどこかにミスをしたことさえ解れば。

978 :あなたのうしろの名無しさんが・・・:03/01/29 23:31
>>976
そうですね


979 :?:03/01/30 00:01
973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/29 19:55
確かにある程度のル〜プは仕方ないと思います。
しかし、途中からやって来て、読みづらい文章で、
ル〜プ上等! みたいな態度をされたらかないませんよ。
どうかな?

インやそれはサ。あえてその「生協」のマネしてやるン度。
スレくらい読むのは当たり前だと思いますが、途中からやって来てって、
こんな板(ツーチャンネル自体のことさ)いつからやってるのよ?
「と中から」って、たいした前からやってないのにサア。

新参者はもう、次期スレではお呼びなしということで、これにて「3」は
終了、推理は4に移る。それでいいわけですね?

980 :679:03/01/30 10:31
>>973
次スレにこの話題を引っ張るのはイヤなので、ここで書いておく。
盛況氏の文章、私は別に読みづらいとは思わない。読みたくない
ならスルーすればよい。さらに盛況氏は、コテハンでトリップまで
付けて、持論を展開している。
それに対し>>973氏は単なる名無しさん。自分の書くことに責任を負うの
なら、コテハン付けるべし。
>「途中からやってきて」は筆がすべったのだろうが、>>973氏だって
コテハンがないのだから、いつからやってきた古参者なのかは不明。
新参者に文句言うならこのスレに来なければよい。


981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 13:33
盛況さんの文章はおもしろいと思うよ。


982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 14:10


983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 17:00
盛況、消えたな。

984 :973:03/01/30 21:06
>>980=679

それって全部あなたの主観でしょ。
私の主観は・・・

・読みたくないわけではなく、読みづらい。
・持論を展開していると思わない。
・責任に関係なく、コテハンうんぬんは自由。
・新参者だから文句言っているのではない。
   「途中からやってきて」が「ル〜プ上等!みたいな態度」
    にかかっている言葉であり、「途中からやってきて」は
    それだけで意味をなさない事くらいおわかりでしょう。
    筆がすべったわけではありません。


985 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/30 21:16
>>983
消えて無いゼ。(シツコイント申したであらう!)

既に新スレで議論が展開しているので、ちょうどいいからココで又閑話休題ト
行こうじゃないか。
もとより小生の意見に異論、それどころかウザイと思う者もあらうことは、
当然の如く解っていますヨ。そりゃ、ひと各々支持する説があるものでネ。
小生はたしかに『長兄粘着』だが、
それとは全く違う説を読む気はアルのヨ。いやむしろ、そういうの聞かせて
ホシイと思ってこのスレに来たのデアル。無論小生は小生で、長兄粘着な立場
から、他の異説に対し、「その場合、コレコレの長兄の行動はどう説明デキマスカ?」
と質問申し上げるが、それで至極納得イク推理がなされたなら、ソレでいいノダ
と思っているヨ。むしろ上述の如く、そういう推理を求めてもいる。

それからコテハンに関しては、別に誰でもがソレを使用しなくてもいいと思う。
小生は小生なりの考えと云うか、ナニがあって、コテハンにしてるダケなのです。
ただ、「片仮名混じりで読みづらい」「粘着うざい」トいうひとは、
まさにコテハン使ってるんだから、「盛況」の名が出た途端、そいつは飛ばして
読んだらエエぢゃない。そういう人は爾後、ソレでもいいノヨ。

他方、コテハンであっても、「匿名」には違いがないわけだ。小生は今でも、匿名による
言論には、どのみち限界があるものと思っている。限界どころか、そんな2チャン及び、
それに類するものを、ハシにも棒にもかからないトモ。
ぢゃが、このスレ発見して読んで来て、そんな限界は認めつつも、コレは2チャンには
珍しく、なかなかの言論の質を持ち合わせつつあるのでは?否、コレは「匿名板」
だからこそ可能になったのでは?トモ、思って来てるのヨ。

其処でたんにうざいとか、片仮名まじりだからトか、そういう理由で排除するのは、
結局はコノスレも他板他スレと同じか?トも感ぜられたがネ。
これは「ネット上の言論」のありかたに関わることであるのだゼ。


986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:22


987 :盛況 ◆cQ5CwQT2.c :03/01/30 21:34
追伸。小生の前に云った「ループ上等」に関しては、どうもなんでも自説に合わない、
または「以前に解決」されたと「思っている」事項に関し、また言い出す者がある場合、
それを「ループ」と云って排除したがる傾向が感ぜられたので、ちと挑発的に書いた
ものです。貴方には「ループ」としか思えなくても、小生には「こだわり」「未解決(過去
スレを読んでなお)」であったりもするんですヨ。
「読みづらい」については、自書き込みの系統立った部分については、あまり片仮名つかって
なかったとモ思うが、まあ多少は爾後、気を使いましょうぞ。多少ダケドネ。
「持論を展開していると思わない」については、それもつまりは自由ですヨ。

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:36


989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:37
>>985
そうねーえ。
個性的でいいかもね。
読みたくなければ読まないで、飛ばせばいい訳だしね。
その姿勢で良いと思うよ。

新スレでのOGとIT共犯説にどんどんツッコミを入れてくれ。

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:39


991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:39
a

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:41
ありえな

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:42


994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:43


995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:45
何ここ?

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:46
w

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:47


998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:47


999 :にゃん次郎 ◆X978Q7O/II :03/01/30 21:48
1000げっとにゃ♪

1000 :にゃん次郎 ◆X978Q7O/II :03/01/30 21:48
1000にゃ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

465 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)