5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほんのりと怖い話スレ、その9

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 16:14
“シャレにならない”ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり・・・

過去スレは >>2 以降に。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 16:15
■過去ログ

『ほんのりと怖い話スレ』
http://curry.2ch.net/occult/kako/987/987296535.html

『ほんのりと怖い話スレ、その2〜〜 』
http://piza2.2ch.net/occult/kako/993/993172851.html

『ほんのりと怖い話スレ、その3〜〜 』
http://piza2.2ch.net/occult/kako/997/997665026.html

『ほんのりと怖い話スレ、その4〜〜 』
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10117/1011757878.html

『ほんのりと恐い話スレ、その5〜〜』
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10163/1016348927.html

『ほんのりと怖い話スレ、その6〜〜 』
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025561998/

『ほんのりと怖い話スレ、その7〜〜 』
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031831925/


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 16:16
前スレ
『ほんのりと怖い話スレ、その8〜〜』
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038937955/l50

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 17:20
>1
おつかれ。

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 20:02
a

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 21:42
>前スレ986
>サバゲでアンブッシュしてると、目の前を蛇が通り過ぎた事が
>ありまつ。怖くはないけど、ビクーリしたよ。動けないしなw
>
>怖くないのでsage

アンブッシュしようとしたら蜂に襲われたよ
怖かった。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:04
ああん

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:12
ていうか、アンブッシュってなんだよ。
説明しる!

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:13
>8
「待ち伏せ」です。

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:35
石川秀美が夕暮れの街角でアンブッシュsage

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:38
父親が転勤して、かなりの田舎に引越しすることになった
頃の話。
中学も転校して、社宅から二キロ離れた学校に自転車通学。
当然ヘルメット着用。
街中で生まれ育った僕には慣れないことが多くて、最初は
かなりつらかった。
それでも半年くらいすると友人もでき、どうにか生活にも
楽しみを見出せるようになっていった。

近くには海や山があり、そこで遊ぶことは新鮮な体験だったし、
自然を満喫することができた。自分の性質に合っていたのかも
しれない。


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:39
ある日、山ふもとの入会に池があるという話を友人から聞いた。
そこには大きなナマズやフナ、亀がいるとのこと。
僕はどうしてもそこに行きたくなった。
しかし、そこには子供が立ち入ることができないらしい。
何でも、水遊びしていた子供が溺死して、小中学校が立ち入りを
禁止したそうだ。
友人の一人が言うには、その池には死んだ子供の幽霊が出て、遊びに来た
子供達を池の中に引きずり込むとのこと。
友人らは素朴にそんな話を信じていることに、僕は少し反感を覚えた。
周りを説得して、その池に連れて行ってもらおうとしたが、皆嫌がって
やめとけと言うばかり。
何とかならないものかと考えたあげく、僕は実際に子供が溺死したか
確かめることにした。


13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:39
┐('〜`;)┌

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:39
今なら役場に行って調べるなり、村の長老?みたいな人物から訊いてみたり
するのだろうが、当時の僕にそんな発想はなかった。
思いついたのは、村の墓地に行って、墓碑銘を片っ端から調べる事。
というのも、幽霊話がある程度具体的なものだったからだ。
初めに子供が池で溺死したのが二十年くらい前。翌年の同じ時期、
また子供が溺れ死んだ。その翌年もまた同じように・・・・

墓碑銘には享年が刻まれている。
村の墓地を調べれば、その話が事実かどうかすぐに分かるはずだ。
僕は友人の中でも一番地味で大人しいAを誘うことに成功した。
Aは乗り気ではなかったが、こちらの熱心な説得に仕方なく付き合った
ようだった。


15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:40
墓地に到着すると、僕らは端に分かれて調べ始めた。
そしてすぐに、それが結構骨の折れる作業だという事に気づいた。
強い日差しの中、同じ姓に混乱しながら古い墓碑銘を読むうち、
僕はなぜか罪悪感みたいなものも感じていた。
(知らない子供が死んでいる)というより、(村の子供が死んでいる)
という事実が重くのしかかった。
それに、二十年前に亡くなった子供の名前は見当たらなかった。
やがて一時間ほどすると、嫌気がさしてきた。
Aの方に目をやると、墓石の間から時折頭を覗かせているものの、
声をかけても返事が無い。
この区画を調べたらもうやめようと思いながら、苔むした墓碑銘の前にしゃがみこんだ。

それは僕と同じ苗字だった。
名前も僕と同じだった。
享年十四歳・・・・・僕の年齢だった。
二 十 年 前 に 死 ん だ 中 学 生 が 
僕 と 同 姓 同 名 だ っ た。


16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:41
立ち上がると、眩暈がした。
平衡感覚を失い、よろけて墓石に手をつくと、目の前にAがいた。

Aは僕の手を取って、強く引っ張った。
無表情で、僕をどこかに連れて行こうとした。

その時、僕は相手がAじゃないことに気づいた。
姿かたちはAなのだが、彼の印象がまったく感じられなかった。

怯えながらも必死にその手を振り解こうとしたが、Aらしき者はとても強い力で
引っ張り、僕は思わず悲鳴をあげた。

すると、背中から水が降りかかった。
誰かが読経していた。

Aらしき者は、急に僕の手を離し、墓石の間に姿を消した。



17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:42
「もうここに来ちゃいかんぞ」
背後に見知らぬ老婆が立っていた。

僕は返事もせず、走って逃げ帰った。

翌日、僕はAと学校で会った。
昨日のことを話すと、その日は家族と町に出掛けて家にはいなかったと言った。

    
                お わ り


18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/27 22:58
こえぇよ。他のやつが墓石見たら、他のやつの名前になるんだろうか。
それとも>>11だけ・・・?

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 01:23
>>18
ならねえよボゲ

って言うツッコミはこの板ではなしですか?
オカ板初めてで様子がわからん。

20 :血まみれの男:03/01/28 02:23
結構よくある話っぽいけど、実話です。

大学2年の定期試験の時でした。
私はあまりマジメな学生ではなかったので、テストの時はいつも
友達からコピったノートで一夜漬けしていました。
その日は水曜日、テストは朝1限のみで、
夜明けまで勉強していて寝ていなかった私は、
そのテストが終わると同時に家に帰りベッドに倒れこみました。

まぶたは重かったけど、夏の暑さのためかなかなか眠れません。
うとうとしているうちに浅い眠りで夢を見始めました。
交通事故、車と車が正面衝突し見事なほどに大破していました。
場所は見知った国道の交差点で、家の近所で事故の多い場所でした。

21 :血まみれの男:03/01/28 02:24
私はそろそろと一台の車に近寄りました。
割れたガラスの内側で、血を流した男がハンドルに覆い被さっているのが見えました。
私は更にそば、ドアのところまで近寄りました。
するとその瞬間、それまでピクリとも動かなかった男ががばっと起き上がり
両腕を伸ばして私の首をぐっと掴みました。
その血まみれの形相に悲鳴をあげた私は、ショックで夢から目覚めました。

現実に戻った瞬間、私は我が目を疑いました。
視線の先には夢と同じ血まみれの男がいたのです。
ベッドに横になっている私の上に、馬乗りになって首をしめていました。
驚きに目を見開いたまま、声も出せない私に向かって、
男は「夢じゃない」と言ってにやりと笑いました。
思わず私が両腕を男に向かってぶんぶんと振ると、男はすっと消えました

22 :血まみれの男:03/01/28 02:26
結局それがなんだったのか、数年たった今でもよくわかりません。
男が消えた直後、私はすぐにベッドから飛び起き、
階下の台所で昼の用意をしていた母のもとへ駆け込み恐怖のあまり号泣しました。
母は勉強疲れが見せた幻覚だったのだと一笑に付しましたが、
どうしても怖かった私は、それからしばらくの間弟と部屋を交換しました
今では大分トラウマも消え、その部屋を使っていますが、
時々その男の顔と「夢じゃない」という声を思い出します。

ちなみに件の場所でその頃そんな大きな事故はなかったと思います。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 06:32
タイトルがついてる話はネタっていう合図なんすか?

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 10:26
最近、4歳の息子が猫と会話するんです。

2ヶ月位前から、飼っている猫(雑種6年くらい飼っています)
その猫以外の猫の鳴き声が聞こえてたんです。
野良猫の声だと思い気にしなかったんですが
深夜トイレに行こうとして子供が寝てる部屋の前を
通ると部屋から猫の鳴き声しました
トイレから戻るときに飼ってる猫と違う鳴き声して
野良猫が部屋に居る?おかしいな?
子供が寝てる部屋に入ると4歳の息子が猫の鳴きまね
をしていました。
私が少し見ていると、飼っている猫に話しかける様に
鳴きまねをしています、時折猫の方も鳴きまるで
会話をしてるようでした。
そんな事が何度かあり、息子に○○ちゃん猫と喋れるの?と聞くと
息子はニコニコしてるだけで答えませんでした。
私も深くは問い詰めなかったので、真似だけしてるのか?
何か会話してるのか?わかりませんが・・

どう思います?皆さん?


25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 10:48
>>24
   _、_ 気にすんなって!
 ( ,_ノ` )     n
 ̄     \    ( E)
フ     /ヽ ヽ_//

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 12:07
>>24
幼児の鳴き真似に面倒見のいい猫が付き合ってやっているのでは

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 13:07
俺の住んでるとこは田舎の地方都市なんだけど、この前道歩いてたら小さい女の子が
脇道でしゃがんでた。
横通る時にチラッと見たら人形燃やしていた。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 13:21
赤い日は勘弁して(;´Д`)

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 13:22
子供は想像力を使った遊びをよくするから
猫と会話してる気になってるだけだよ。大丈夫。
ちょっと前見かけた園児は一人遊びで、「透明人間さんこれあげるぅ〜」なんて
いちょうの落葉空中につきだしてたから。
見えるのか、透明で。(ツッコミ)

想像力の発達の無理な阻害は情緒障害起こす例がある。ほっといて平気よ。

30 :ぴかぴぃ:03/01/28 14:09
 私が高校3年生の時のバイトでの出来事です。

 高校生のクセにクラブ(踊る方ね)でバイトを
していました。
 当時 女の子は私しかいなかったのですが、
全ての営業が終わって、お店で皆で雑談を
していました。
 そろそろ帰ろうということになり、
男性陣が着替え始めました。
 私はボックスに座って ノンビリ
皆が着替えるのを待っていました。
 皆が着替え終わり、その中の一人が
「さぁ帰ろうかぁ〜」と言った時です。
 私がボックスから立ち上がると同時に
女の人の声で
「 ねぇ  待って」と聞こえました。

 私の背後 4・5メートルあたりからでした。
 その時は「はぁ?誰かなんか言った?」ってカンジで
あまり気にしていませんでしたが、帰宅後
ベッドの中で さっきの出来事を思い出しました。
 「あの人 なんだかさびしそうだったなぁ」
 「やっぱ霊って、人が集まるところにくるのねぇ」
などと思っていました。
 
 ほんのりこわいお話でしたぁ。
このクラブには 他にもイロイロとありました。
 また仕事の合間にでも書かせてもらいます。

31 :ぴかぴぃ:03/01/28 14:11
・・・あ。省略されてるじゃぁん(悲
読みにくくなってゴメンナサイ

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 14:58
>>29
それ系のをさっき目撃した。
マンションの隣の部屋に住んでる女の子が空き家になってる部屋のドアの前に
しゃがみこんで新聞受けを覗いて笑ってた。
なにしてんの?と訊いたら「この中に小さいおじいさんとおばあさんが住んでるの」
と楽しそうに話してくれた。時々新聞受けから腕だけ出してじゃんけんをして
遊んでくれるらしい。
ちょっと怖かったよ。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 15:39
>>32
いやそれマジで怖いから

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 16:38
>>29とよく似ている話で.

私の義父がガンで余命幾ばくもなく自宅療養しておりました.
リースで借りた医療用ベッド(病院にある入院用ベッド)で寝起き
されていたのですが,当時1歳半くらいの姪がそのベッドの足と
ボソボソ会話をしていました.

ベッドの高さは70cmくらいあってその娘の目線より高いので
義父と目はあうわけがなく,そのときは寝ておられたので義父と
会話していたのではありません.それどころか,パパ,ママくら
いしか言えないのに...

それから5年ほど経つのですが当時の事を聞いても憶えている
はずもなく,何だったのかいまだに謎です.

ほんのりにもならず,スマソ.

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 22:14
信じるかどうは別としてとにかく実話である。

高校の頃までは、けっこう金縛りに遭う方だった。
ある日、また霊的なモノが出るとき特有の急速な金縛りを食らった(体の疲れからくるときは、ゆっくりと動かなくなっていくのを知覚するヒマがあることが多い)。
「きたっ」
と思うと、足元の辺りに大きな青白い顔が浮かんでいた。
顔そのものの長さが1mくらいか?
とにかく大きく見えた。
性別はわからない。
顔は俺をじっと見つめ、どうしようもないので俺もガンをたれ返す。
数分か、それとも数十秒でしかなかっただろうか?
やがてソレは消えた。
俺は恐怖に駆られて頭から布団をかぶり、固く目を閉じて朝を待った。

この青白い顔事件は俺が出会った中でも怖めな出来事だったが、実をいえば俺は幽霊やらそういったものを、本心ではあまり信じていないフシがあった。
そして、ゆっくりと時を経るに任せて忘れていった。
(つづく)

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/28 22:17

しかし。
大学に入ってから、自称霊感少女(割とかわいかった)に出会った。
二人で喫茶店で話していると、何の拍子か怪談話となり、彼女は自らの恐るべき体験談を次々と話す。
半信半疑だったが、とにかくリアリティに富んだ話をにこにこしながらさらりと述べるので余計に怖かった。
話を聞きながら、俺はほとんど忘れかけていた、例の青白い顔事件をはたと思い出した。
「あっそうだ、俺も昔金縛りとかあってさ。これこれこんなことがあったんだ。まあ、半分夢じゃないかと思ってるんだけどさ」
「ふーん」
 ひとつうなづくと、彼女は微笑みながら言った。
「それ、本当の話なんだね」
「はぁ? なんでそう思うの?」
「だって、今○○さんの後ろにその人がいるから」
「なっ……!?(硬直する俺)」
「女の人だね。でもいいひとっぽいから大丈夫、守ってくれてるみたいよ」
「あ、そう……はは、そう、ならいいんだけど、はっはっは」

電波か? 電波なのか?
否。彼女はいたってマジメで、よくできたふつうの大学生であった。
俺はそれ以来、なんとはなしに霊的なモノを本気で信じるようになった。

長文スマソ。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 00:17
ある日、海外勤務していた友人から至急の電話があった。
日曜の明け方、シンガポールからだったか。
寝ぼけ眼で受話器を取ると、
「社宅のトランクルームに私物を預けてあるんだが、
それを取って来てもらえないだろうか」
挨拶もそこそこに、友人は切り出した。
「管理人に話は通してあるから、悪いが今日中に取りに行ってくれ
ないか」
切羽詰った様子は受話器の向こうからも感じ取れた。
「黒い蓋つきのビニールケースなんだ。それがすぐ必要なんだ」
友人のたっての頼み、こちらにも断る理由がなく、勢いで受けてしまった。


38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 00:18
荷物の引き取りはスムーズにいったのだが、肝心なことを忘れていた。
友人の電話番号を控えていなかったのだ。
確か年賀状があったはずだと家捜ししたが、途中でひどく面倒臭くなってしまった。
今日中に連絡あるだろうと思い、そのまま部屋で待機した。

夜更かしして朝早く起こされ、そのまま電車で郊外の団地まで行き、
昼過ぎにはすっかり疲れていた。
そして、うたた寝してしまった。

夢うつつに、赤ん坊の泣き声が聞こえていた。
ふっと目を開けると、視線の先にビニールケースが。
そう言えば中身は何か聞いていない。
もし国際郵便で送ることになれば、内容を知っていなけりゃなあ、
そんなことをぼんやり考えていた。
このまま送って構わないのか?などと自分に言い聞かせながら、
ケースを厳重に梱包してあるテープを剥がした。


39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 00:19
中からは色々なベビー服が出てきた。
そして一番奥から、バスタオルに包まれた、赤ん坊のマネキン人形が。

まさか、さっき聞こえていたのは・・・・・

マネキン人形は柔らかい樹脂か何かでできた、かなり精巧なものだった。
こんなもの売っているのか?と思いつつ、人形の体に触れていると、
背中に何か感触があった。
タオル地の服をめくると、一通の手紙が出てきた。
友人には悪いと思ったが、ここまで来て止めるわけにはいかなかった。
 


40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 00:20
「この人形を、あなたの赤ちゃんだと思って可愛がってください。

あなたの愛情が人形に伝われば、あなたは再び身ごもるはずです。

その時が来たら、この人形をすみやかに、同じ境遇の女性に渡して

ください。手元に置いてはいけません。もし手放さなければ、

あなたは一生この人形を愛しつづけることになります」

手紙にはそう記されていた。

友人は結婚していた。
子供はいなかった。
いろいろ思いを巡らしていると、電話が鳴った。
友人からだった。
「間違いがあったら困るんだ。Fedexで会社宛に郵送してくれ」
こちらも人形のことは黙っていたし、友人も口にしなかった。

数日して、友人から、荷物が無事に届いたという知らせがあった。
その後、音信不通になったが、時々考えることがある。
あの人形の行方について。


41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 00:48
うわ

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 00:57
>37-40
仕事に疲れてるヤツが帰ってきたみたいだな。あいかわらず***だが。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 01:19
そうかな?

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 02:49
洒落怖スレが持ち直してきたと思ったら今度はこっちが・・・。

別に創作でもいいじゃない。
作り話だと萎えるっていうのもわからないでもないけど、
創作には創作なりの怖さっていうのもあると思う。

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 04:34
俺も実話を書いたら創作扱いされたことあるなあ。
こっちは数少ない体験だから一生懸命書いたのに。
変に構えると嘘っぽいと思われるみたい。
「記されていた」より「書いてあった」とかね。
ま、俺は創作も好きだけど。

46 :37:03/01/29 07:01
実話だよ。そのまま書くとたいして怖くない話だから、ちょっと物語風にしたけど。
赤ん坊の泣き声が聞こえた、というのは嘘ですが・・・・それ以外は本当だ。
やっぱり都市伝説のスレに書くべきだったかな。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 07:23
>>46
ん? でも伝説じゃないんだろ?
ここでいいよ。アフォは気にすんな。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 08:16
>46
人形の話聞いたことがあります。私の友人から聞いた話とにている…。


49 :ぴかぴぃ:03/01/29 10:13
バイト先のクラブでの ほんのり怖かった出来事。
バイトのほとんどが大学生で、営業終了後、電車の時間まで
クラブのソファーで寝て帰る人がいました。
 その人から聞いた話・・・。

 ある日、寝過ごしてしまい、朝8時まで寝ていたそうです。
クラブは吹き抜けの2階建てなのですが、どこからともなく
「ゴゴ・・・ゴゴ」と何かが動く音が。
 その人は、じっと様子をうかがっていました。よく聞いてみると
2階から聞こえてくる。そして、その音がだんだん自分のいる
1階へと近づいてきたのです。2階へとつながる螺旋階段のそば
から、奥のボックスソファーまで少しずつ・少しずつ



50 :ぴかぴぃ:03/01/29 10:17
 つづき。

 薄暗闇の中、目を凝らしてみてみると、
イスが順番に動いていたそうです。
 そして、VIPの前まで来て、その動きは止まりました。
彼曰く「2階から、階段を下って、VIPへ向かっていくように
順番にイスが動いていた」そうです。
 そして、VIPの中へ入ったであろうソレは 彼がジっと
見ているのをしっていたかのように、VIPの総ガラス張りの
まどが、地震でも来たかのようにバリバリいいだしたそうで、
彼は腰を抜かすほどビビリ、急いで非常口の鍵をしめ
家路についたそうです。
 VIPギャルだった私としては、ソレは聞いてはいけない
出来事でした。その後にも私はほんのり怖い思いを
VIPですることになるのでした。 おわり☆

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 10:27
>>39
やっぱり股間にまっさきに触った?オレならそうするけど

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 11:17
>>51
あなたってほんのりね。

53 :ビビり君:03/01/29 11:48
僕の住んでるマンションは、築25年程のちょっぴり古めかしく夜中は、ほんのり怖いマンションです

僕の部屋は、10階でよく友達が遊びに来る部屋です
その日も(4年前の年末の金曜日)友達が遊びに来ていて夜中にコンビニ行こうという事になったのよ
マンションの入り口は、正面玄関とゴミを捨てたり駐輪場に行く為の裏口とあるんですが
友達の車がマンションの裏手に止めてあったので裏口から出たんですよ
ウチのマンションは、「コ」の字型になってて裏口から出ると「コ」の真ん中に出るんですよね
で中庭みたいになってるんですが そこにおばさんが寝てるんでよ 傍に男性が二人立ってて

もしかして・・・

的中でした おばさんの足が不自然だったんですよね
仰向けに寝てるんですけど爪先が両足とも横に倒れてるんですよ 落ちた時に骨が砕けたんでしょうか
ウチは10階だったので全然音は聞こえなかったんですが
先に来ていた男性は、2階に住んでいてドスンって音がして降りて来たそうです
その時怖いと言うより友達と一緒に居てたので不謹慎なんですがちょっと興奮してました・・・
僕達は、そのままコンビニ行ったんですが帰ってくると救急車と警察が来ていて先ほどの男性と話してました


54 :ビビり君:03/01/29 11:49
つづき

それから2日経った月曜日の昼なんですが部屋に帰ってくると
線香の匂いがするんです で部屋の中が煙で充満してるんですよ
僕は、その時「あぁ やっぱりここの住人の誰かだったんだ」なんて事考えて
自分の部屋に線香の匂いと煙がある事を不思議に思わなかったんですよねぇ

もう4年経ったんですが未だにヤな感じで夜中に一人でそこを通るのは嫌ですね
だから駐輪場に自転車止めずに路駐してますw

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 12:01
深夜2時に新聞の勧誘チラシが投函された。
起きていたけど、ポストの音に強烈にビビりました。
何でそんな時間に来るんだよ。

しかもチラシを撒きに来た人が乗ってきた原付を
たった5戸しかないうちのアパートの前に10分も止めてました。
(その間エンジンかけっぱなしだったので音で分かった。)
何でチラシ撒きがそんな長い間いるのさ?
微妙に怖い・゚・(ノД`)・゚・

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 12:28
昨日、終バスに乗って帰宅した。
僕はバスの最後尾のシートに座ってぼんやりと窓の外を眺めていた。
他には、小学1年生くらいの男の子を連れたちょっと疲れた感じの女の人。
バスの中ほどに二人で座ってた。
どういうわけかその子供はちらちら後ろを振り返って僕を見る。
じっと僕を見つめた後、前に向き直って隣に座っている母親になにやら囁く。
母親は無視しているのか、子供の話を聞いている様子もなく真っ直ぐ前を向いたまま。
そんなことを何度も繰り返す子供に「嫌なガキだな…」と思ったが、僕は無視していた。
しかし、しつこく振り返りその度に母親に何か囁く男の子。

突然その子の話す声が聞こえた。
「お母さん、あの人幽霊だってば」
はぁ?
「さっきからいるよ、あの幽霊…」
ふざけんなクソガキ! 頭にきて、僕はその子を睨みつけていた。
それでもやめない男の子にかなり腹を立てた僕は、自宅そばの停留所で降りる時に
母親に向かって「あんた、子供の躾がなってないんじゃない?」と言った。
はっと顔を上げたその女性は、とんでもなくびっくりしているようだった。

その時、突然気が付いた。
女性の隣には誰も座っていない。そして、その女性は喪服姿だった。
泣きはらしたように真っ赤になった目を大きく見開いて何かを言おうとする女性。
僕は瞬間的に何かを悟って慌ててバスを降りた。
走り去るバスの中からまだ僕を見ている喪服姿の女性。その隣にはやはりあの子がいた。

あの子は何だったんだろう・・・



57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 12:30
風呂に入ってる時にふと「今何時だろ?」と考えたら
脱衣所の方から「11時20分よ」と言われた。
ああサンキューって思ったんだけど
その時家には一人きりだった。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 16:10
>>37
こわいけどおもしろい。文章が読みやすいです。
もっとキボン。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 16:44
自分の友人の話です。

彼女が前に、彼氏と同棲していた時のこと。
南麻布の某マンションに住んでいたのね。
彼も彼女も夜の仕事の人で、当時OLだった私は休みの前の日になど、
六本木の彼女たちの店に行き、店が終わるまでただ飯と酒を飲んでたりして、
そのまま彼らのマンションに泊まりに行ったりしてました。
朝まで3人(時には4、5人にもなったけど)泊まっていくのは私だけの事が
多かったかなあ。んで、そのマンションでいろんな経験をしたのですが、それは
今回の件と関係あるか分からないので、とりあえず置いときます。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 16:50
ある日、彼女から珍しく朝っぱらから会社に電話があって、
「ちょっと見てもらいたいものがあるから、帰りに店に来てよ!」と言うのです。
その日は平日だったし、「行ってもいいけど、ご飯食べて帰るよ〜」と言うと、
「それでもいいから、来て!!」と言うので、会社帰りに寄ってみました。
まあ、美味しいただご飯が食べれるから位の気持ちで。

その時に、つい先日に撮った写真を見せてもらったんです。
店で撮ったものや、何枚かは彼らのマンションの前で撮ったものなど。
その中の1枚。彼女が彼にもらった大きなぬいぐるみを抱えた一枚に、
女の人が写っているのです。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 16:58
彼女の頭の上に、大きなツバのついた女性が浮かんでいる。
「なにこれ?心霊写真じゃん!」とちょっと面白半分でしたが。
この写真を撮ってから、彼があまり家に帰ってこないので、怖いから今日は
泊まりに来てよ!と言われ、仕方がないので店がはねるまで待っていました。
マンションに着いて、しばらくビールなんか飲んでくつろいでたら、突然、
「うおぉぉぉーーー」という感じの声が響きました。
「ひゃあ!」とビックリしたのに、彼女は何にも聞こえなかったと言います。
写真は封筒に入れて窓の所において置いたんですけど、なにか、その写真から
聞こえてきたような気がして。
「ねえ、もう一度あの写真、見てみよう」と言うと、彼女も躊躇しながら、
封筒から出してきました。すると、その女性がさっき見たときよりも鮮明に
浮き出ているのですよ。もう、帽子のツバに花のような飾りも見えて、顔も
目がより開いてきて、口も開いているし。

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:13
その日は結局泊まる事になって、二人で抱き合うように寝ました。

そんで、次の日にまた見ちゃったんですよ、写真。
すると、今度は今まで何にもなかった後の壁から、彼女が抱っこしてる
ぬいぐるみの胴体にも、どくろ?のような顔がたくさん浮き出るように
写っているんです。そして、着物をきたおばあさんのようなものまで。
昨日までは確かにそんなのは、なかったはずなのに!
そして、その女性はまるでカラー写真のように、真っ赤な口紅を塗って、
口を大きく開き、目も化粧ばっちりで大きく見開いている。
もう彼女の写真なのか、その女性の写真なのか分からないくらい。
どっちがお化けなの?くらいに、はっきりと。

時々、オカ板覗いてるけど、こんな写真はなかなかないと思う。
麗奈タソは恐かったけどね。。
続きもあるけど、とりあえずこんなところで。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:16
>59
その写真うpできまつか?

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:20
>>63
スキャンしようとすると、スキャナが壊れるのが基本w
または正常に動かなくなる

>>59
でも漏れも見たいのでキボン

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:24
>>63
もったいつけてるみたいで申し訳ないが、もうありません。
正確に言うと、供養したんですが、それがまた大変でした。
焼いても焼いても、燃えない。カスが残るんです。
それに…これは彼女が言ってたんですけど、燃やしたはずなのに
店から帰ってくると、またテーブルに乗っていたそうです。>写真

最後は結局、プロの手にゆだねたんです。

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:32
65です。
「ありません」と言いましたが、もしかしてまだ彼女が持っているかも知れません。
実はちゃんと焼ききれなかったそうなんですよ。
「持ってるのは気持ち悪いけど、その方が何にもないのならいい。
ヘタになんかして、またテーブルにあったりしたら怖いから」と言ってたので。
今は前ほど親しくないんですが、あの写真の話はタブーになってます。

もし、これを読んでたりしたら、ごめんね。勝手に語っちゃって。。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 17:57
>66
その後は何にもなかったの?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 18:33
その友達、人を騙すのが上手ですね。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 20:03
私は、南米に半年ほど滞在していました。
南米で働きながら文化と語学を学びたいと思っていましたが、
生活苦のため、日本に帰ってきました。

滞在した時にとても世話になった日系人の人がいまして、その人には、
本当にいろいろと世話になったのですが、最後に、
こう言われました。

「キミに、ちょっとした仕事をしてもらいたい。二万円あげるから。
日本にいる僕の友達に、水晶を持って行ってくれないか?
そいつは風水マニアで、南米の水晶に凝っているんだ」

南米が水晶の産地だなんて初耳でしたが、世話になった人なので、
私は快諾しました。

そして・・・成田空港。
「荷物に・・・なにか入ってますね。開けてもいいですか?」
「あ、どうぞ」
「中はなんですか?」
「えーと、水晶だと・・・・・・・・・!」

私は、ドキッとしました。
水晶だと言われて、言われるままに持ってきただけなので、
それが本当に水晶かどうか、私は自分の目で確認はしていないのです。

・・・・・・結局、荷物を開いてみて「水晶に間違いないですね」
という話になったので事無きを得たのですけど・・・・・。
あの一瞬は、本当に怖かったです。

・・・こんな話で、このスレに合ってますか?

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 20:05
       ↑
水晶じゃなくて白い粉の結晶だったりしたら・・・
という怖さを狙ってみたんですが。

71 :59:03/01/29 20:47
>>69
いろいろあったが長くなるので。
>>68
私も騙されたと思いたいくらいなんですけどね。
写真を供養する時には、私も同席したんです。
塩を振って、お線香を立てて、火をつけて。

ネガの方は何とか焼けきったようですけど、その女の人の部分だけ、
きれいに焼け残るんですよ。…怖かった。
なんか写真の紙ではなく、何か燃えない素材みたいに。
その2日後に「テーブルにあった!!」と同じ写真(それがまた、更に鮮明に
強烈な表情になってた!)を見せてもらったので、本当だと。。
もし、ネガを供養する前に焼き増しをしていたのなら別ですが。
お互い恐怖で、そんな余裕どころではなかったと思います。

実はその後あまりにも怖くて、つい忙しい振りをして、彼女に頻繁に
会わなくなってしまったんで、ちょっと罪悪感があるんですけど。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 21:42
見たいゾヌ

73 :あなたのうしろの名無しさんが・・・:03/01/29 22:58
見たくない・・・

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/29 23:13
じゃ、おそまつですが体験談を・・・

高校生の時、帰宅途中に小雨が降ってきたので
急いで自転車をこいでました。
小暗い森の下り坂を通過しようとした際、道中央に人らしき影を確認。
ぶつからないように横を通過したところ、そいつが異様に小さいことに
気付きふと横を見ました。(自転車のサドルぐらいの身長)
奴はおじぎするような体勢で両腕をぴったり腰につけ
カタカタカタカタカタ・・・・・
と、小刻みに速く歩いてました。
ギョッとしてブレーキをかけて振るかえると、
奴は一度立ち止まり、
今度は手を前に突き出し、また
カタカタカタカタ・・・
とこっちに向かってきました。

びっくりして逃げたけど、いまだにあの光景は夢に見ます。
俺は洒落にならんくらい怖かったんだよー
近所のババアかもわからんけどね。



75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 23:30
4階建てエレベータ無しマンションにて・・・
自分の部屋は4階の端っこ405号室。階段の上り下りが結構きつい。
さっきゴミ出しに行ってきたんだけど…
ゴミ出すのに1分かからないしマンションの1階部分にゴミ置き場があるから
鍵かけなくて大丈夫かとそのまま出しに行って、またせっせと階段を上る。
で、自分の部屋のドアを開けようとしたら開かない!!!
オートロックなわけでもないし鍵かけずにでてきたのもしっかり覚えてる。
なんか引っ掛かってんのかとドアノブをガチャガチャ回してドアを引っ張ってみたり
覗き穴部分からは光が漏れてる!誰かいる!!
どうしようとオロオロしつつ…ふと視線ずらした先305号室の表示…
階を間違えてた!猛烈ダッシュかつ4階に上がったと悟られぬよう足音をしのばせ自室へ。

中に居た人ほんのり怖かっただろうなぁ・・・。

スレ趣旨と違ってゴメン…ほんのりだから許して。



76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/29 23:48
オカ板見てるときにドアノブがちゃがちゃいったら死にそうになるよ

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:03
大した話じゃありませんが、ドキっとした話を。
夜中に喉が渇いたもんで、自宅アパートの横にある病院駐車場の自販機まで
缶コーヒーでも買いに行こうと、2階の部屋出てアパートの階段をトントン
降りてひょいと駐車場の方に歩き出したら、道の脇の塀沿いに立ってる電柱
に妙な膨らみがあったんで「ん?」と思ったら、電柱に隠れるように人が
立ってたんですわ。
それが、近づくまでジーっとしてるんで全然分からなくて、ドキっとしたん
ですけど、2メートルくらいの距離になったら急にフラ〜っと動いて電柱
から出てきやがりまして。
辺りはあんまり明かりもないんで、墨絵が動いてきたような感じでしかも、
髪の長い女の人っぽい。顔が分からないからほとんどリングの貞子です。
すれ違う瞬間に飛びついてきやしねえかと、ビクビクもんでした。
すげぇスローに歩いてくるんですもの。
缶コーヒー買った後で、しばらくアパートの方に帰れませんでしたわ。

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:04
前に済んでたマンションで1階上のオヤジが良く酔っ払って帰ってきて
同じことやられますた。何度も警察に通報しますた。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:04
>>55
チラシ撒きのバイトをしてたことがあります。
下記のような理由だと思うので御安心下さい。

昼間だと管理人がいるような大きいマンションには撒けないので、
夕方から夜中にかけて撒いたと思われ。

配達とは違い契約してない家にも撒かなければいけないので、
バイクを停めた近辺を徒歩で集中的に撒いたあと、またバイクで
移動の繰り返しをしたと思われ。

だけど非常識だよねぇ。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:06
>>78>>75へね

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:18
ちょっと前、リング・らせんが流行っていた頃のことです。
私は夜中に1人で「バースデイ」(映画化もされたリング続編?)を読んでいました。
そろそろ3時も近くなってきたので寝ようと思い、
こたつのスイッチを切ったとたん、
テレビがぼうっという音をたててついたのです。
画面には、水中でゆらゆら揺れる可愛いマナティーの姿が!
(カワイイけどコワ!)
リモコンを確認するとこたつの上にあったし、
本で押さえてついたわけではありません。
読んでた本が本なだけにほんのり怖かったです。

今思うと、きっとこたつのスイッチを切ったときに
赤外線かなんかの影響がテレビに出てしまったんだと思うんですが。
貞子じゃなくてマナティーで良かった(w

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:23
>75
>さっきゴミ出しに行ってきたんだけど…
こんな時間にゴミ出し?

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:29
>>82
75ではないけど、そんなもんだ。
かくいう私もゴミ出しは夜間でつ。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:36
怖いよぉー写真のやつ

85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:45
まあ、うぷするやつの方が少ないだろーな。
こういう写真は表に出ないものの方が多いんだろう。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:48
全然ほんのりじゃないじゃん

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:49
彼女は看護学校の学生でした。
まだ10代で遊びたいさかり。
ある日ナンパされて、同じ年頃の男の子と付き合うようになりました。
二人は急速に深い関係となり、彼女は妊娠してしまいました。
しかし、お互い学生同士だった為、出産するわけにもいかず、
子供は諦めることにしました。
そのことがきっかけで、二人は別れてしまったそうです。

彼女はひどく落ち込みましたが、学業に専念することで立ち直り
無事に准看護婦の試験に合格することができました。
勤務する病院も決まり、仕事に没頭する毎日を送っていたのですが、
心のしこりは大きくなるばかり。
過去の過ちを誰かに相談することもできず、精神的にも不安定になっていた
ある日、彼女は自分のシコリを見つけました。


88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:50
それは、母親学級の実習に参加した時のことです。
お母さん達の手に、彼女の不安は託されていました。
赤ん坊のマネキン人形です。

誰もいない実習室、彼女はそっと人形をカバンの中に入れました。

月日は流れ、彼女も笑顔を取り戻し、他人からは親しみ易い印象を
持たれるようになっていました。
そして、友人の紹介で知り合った男性と恋に落ち、仕事にも充実した日々が
訪れました。
「ママ、結婚しようかな」
彼女は物言わぬ人形に、一人静かに語りかけました。
「安心して。あなたはずっと私と一緒だから」
人形が寂しげな表情を浮かべると、彼女は優しく抱き上げました。



89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:51
男性の熱烈なプロポーズによって、彼女は自分の秘密を打ち明ける気になりました。
過去をすべて告白すると、「本当の事を言ってくれて嬉しい」と、なぜか感激した様子。
彼女は安堵したというより、拍子抜けした気分でした。
生命を守る仕事に就きながら、生命を軽んじたことの罪悪感。
そのストレスをどうやってやり過ごしたか、彼女は相手に人形を初めて見せました。

その時です。
彼女の暮らす部屋の中で、突然赤ん坊の泣く声が響き渡ったのです。
「あー、人見知りしてる。ずっとママと二人きりだったからね」
驚いたのは男性の方でした。
平然と人形をあやす彼女を目にして、尋常でないと感じました。
しばらくすると泣き声は止み、彼女はにっこり笑って言ったのです。
「寝ちゃったみたい。ほら、寝息が聞こえるでしょ」
男性は呆然としました。
人形の口元に耳を寄せると、微かに寝息が聞こえるのです。


90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:52
自分の見聞きしたものが信じられず、男性は混乱しました。
あの人形はラテックス製で、教材として販売されているものです。
声を出すような仕組みにはなっていません。

思い余った男性は、さる有名な霊能者に見てもらうことにしたそうです。
そして、彼女に黙って人形を持ち出し、霊能者の家を訪ねました。
「ああ。これはだめだわね」
その女性の霊能者はすぐに答えたそうです。
「想いが強すぎて、寄り依が人格を持ったみたいね」
男性がその意味を問うと、霊能者は言ったそうです。

「この人形の持ち主は、子供を産めません。流産させられますよ」

「ここまで来ると、もう浄霊できないでしょうね」

「何とかなりませんか」
男性はすがりつきたい気持ちで尋ねたそうです。
すると、その霊能者は声をひそめて言いました。

「この持ち主よりも、この人形を可愛がってくれる人。そういう人が
いたら、何とかなるかもしれませんよ」

   37に続きます。



91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 00:54
>59
もしや、そのマンションって仙台坂付近ですか?



92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 02:18
スレの伸び早いなー。
久々に来たので、既出かどうかも調べてません。
悪しからず。

■DTの「ガキの使い」より〜(うろ覚え)

松本:オマエ、このハナシ恐いでぇ〜
浜田:え、どんなん?
松本:俺も今田と飯食うてる時に聞いてんけどな。

Aさん(←※ピー入った。芸能人らしい)が仕事終わってマンションに帰ったんやて。
エレベーターの扉開いたら、帽子目深に被って、俯き加減で顔もよう分からん奴がジーっと立っとったんですよ。
Aさんも「何か気味悪い奴やな…」と思ったみたいやねん。
で、すれ違いざまにドンって腕にぶつかった。
Aさん咄嗟に「あ、すいません」言うたけど、その男さっさと行ってもーた。
で、ぶつかった所見てみると、服に血ぃ付いてるんですよ。
「うわ、なんや、これ」言うて部屋に戻った。
次の日、(←※何日か後だったかも知れません)ドアの向こうから呼ばれたから「誰やろ?」思て覗き窓から見たら、警官立っとっるんですよ。
「昨晩、このマンションで殺人あったんですけど、何か御存知ありませんか?」言うんです。
昨日の男のこと思い出したけど、下手に知っとる言うて事情聴取やらに時間取られたらかなんでしょ?
仕事も忙しいし。
で、その時は知らん言うことにしといたんですって。
数日後にテレビ見たら、そのマンションのことやっとるんですよ。
「ほんまにこのマンションなんや」とか思いながら見てたら、テレビで「犯人は捕まりました」って。
写真見たら、この前来た警官やったんですよ。
(観客、どよめく)

浜田:え、それどういうこと?
松本:顔見られた思て消しに来たんですよ。

この後、「警官やったら普通開けてまうよな」「事情聴取って二人ほど来おへん?」「住人調査とか一人やで?」などと話が続いた。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 02:23
>松本:顔見られた思て消しに来たんですよ。
ここ違ったかな…?

松本:ああ、知ってます知ってます言うてドア開けてたら…

って言ってたかも。
ま、こんな感じの話でした。

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 02:50
>>92
┐('〜`;)┌


95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 03:08
いい加減にしろよ

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 05:17
友達数人とカラオケに行った時のこと。
友達の一人は二歳になったばかりの子供Sちゃんを連れてきてました。
Sちゃんを座らせしばしみんなと雑談をしてたところ、Sちゃんがニコニコと笑いながら手を振り始めたんです。
誰もいない、部屋の壁の角、上部にむかって。
「S!誰に手ぇ振ってんの!?」
と母親が聞いても、Sちゃんはニコニコするばかり。
「もう、やめてや〜」
と、一同顔面蒼白。
逃げるようにカラオケ屋を後にしました。

ほんのり怖かったデス。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 07:04
今やってたニュースで、
『どこへ行くか行き先がわからない』が売のミステリーバスの
ブレーキが利かなくなって横転し、バス乗客40人以上が重軽傷だって。
あの世行きになった人がいなくて良かったね。

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 07:51
>>87
37の海外出張の友人はその旦那さんなんですか?
小説みたいで面白い

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 07:57
>>96
私の姪も風邪をひいて寝ていた時「僕のおもちゃで勝手に遊ばないで」
と誰もいないところにむかって怒っていたそうです。
小さい子供や動物は見えるっていいますよね。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 09:16
100とってみます

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 09:20
うちの押入、半間で手前に引っ張ってあけるやつで、まぁ、上下二段にわかれてるんだけど、
昔その下段に布団出し入れしてた。
一人暮らしだから布団一組で、結構下段にも余裕があったのね。
ある日布団敷こうと押入あけたら、布団の上、そのスペースのとこに、体操座りした子供の下半身が見えた。
見なかったことにして、とりあえず押入を閉めて、その日は近所の友達んちにとまり、次のあさ、その足でベットと布団を買って当日輸送してもらった。
それから暫く押入はあけず、(布団以外特にいれてなかった)たまたま遊びにきた友達に、
「布団ならその押入にある」
と開けさせた。
その時は別に何もなく、押入を閉めようとする友達に
「開けっ放しにしといて」
というと、不審がられた。
そして次の日、布団をもう一組買い、押入下段をギュウギュウにして、やっと落ち着いた。
うちにはそれ以来来客用布団が、無駄に二組ある。

怖かったんだもん。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 10:36
>>87

なんで「開けっ放しにしといて」なの?
開けっ放しの方が恐くない?
…と思ったんだけど、自分で押入開けてまた見える方が恐いよね。
読解力ねーな、私(w

103 :102:03/01/30 10:38
すみません!!間違いです (;´Д`)
訂正 >>87>>101

104 :55:03/01/30 11:03
>79
どうもありがとうございます。
それなら安心ですね。

でも心臓に悪いので夜10時以降は勘弁してホスィ(;´Д`)

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 13:43
>>104
う〜ん、安心するのは早いかもしれないよ。
本物の人間かどうか、分からないし。

昔の話だけど、明るくて感じの良い新聞配達のお兄ちゃんがいた。
ある日、朝刊配達中にバイクの事故で亡くなってね。
おじちゃんに替わったんだ。

でもね、見た人がいるんだよ、新聞を配達するお兄ちゃん。
霊感の強い人とか、猫が見たとかじゃなくて、普通の人。
それも大勢の人が見てる。
「おはようございま〜す」
なんてバイクで駆け抜けていったそうだ。

夜道に青白い顔して、こっちに歩いてくると怖いかもしれないけど、
お兄ちゃんは違った。
夕飯の買い物に出た近所の奥さんに
「こんにちは〜」だもん。
奥さんだって、反射的に、
「あら、ご苦労様〜」

で、その後気づく。亡くなってるのにって。
責任感の強そうな人だったから、未だに配達を続けてるのかなあ。
って、事になった。
「心ゆくまで配達したら、きっと成仏するよ」
皆がそう言ってたなあ。


106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 15:04
>150
ほんのり… イイ話?

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 15:17
小学校の頃、通学途中に工場の入り口があった。
そこには銀色に輝くものが落ちていた。
丸い粒だけど、摘み上げようとしても指先から逃げる。
椿の堅い葉で掬い上げたり、手のひらに載せたり。
低学年の頃みんなで連日立ち寄っては遊んでいた。

もう少し成長して、知識がついて気がついた。

水銀だったんだ、あれ。

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 15:42
怖いって

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 15:45
ほんのりシャレになってない

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 15:45
こえーよ

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 16:36
水銀って、接触毒だろ?
大丈夫だったの?


112 :107:03/01/30 16:39
レスありがとうございます。
もう20年程経ちますが一応健康なので大丈夫ではと(w。

ただ、その工場の安全管理や排水管理はどうなっていたんだ。
ころころと何粒も転がっていましたんで。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 16:41
>90の続きは?

114 :107:03/01/30 16:45
上記112、レス頂いたのが嬉しくて、変な文章で送ってしまいました。
失礼いたしました。

銀色なのに液体で、でも金属質で、子供の心をそそる物体でした。
私は不器用&へタレだったんで実際に直接触れたことは少なかったと思います。
葉っぱで掬い上げるのが主でした。

ただ、直接触れることが多かった人がどうなっているかはわかりません。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 16:54
>99
姪なのに「僕」?

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 16:55
>>113
>>37に続くって書いてあるよ

ところで>>150はほんのりといい話を書かねばならないわけだが

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 18:53
小説風味がいいという人には悪いが、そういうのは商業ベースの
本やビデオでいくらでも見られるし、漏れはやはり実体験を朴訥と書いた話の方が
ここで読む分には面白いな…。
あまり怖くない状況でも、リアルな体験ぽく書かれているとより怖い。
ここいくつかほんのり怖くて好きだ(・∀・)

>116
漏れも >>150 の話にはチョト期待してる



118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 19:35
>115
たとえばどのはなし?

119 :118:03/01/30 19:37
115≠117でした。すいません。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 19:54
駄作、名作、小説風、実体験風、どんなのも気軽に書けるからスレだからパート9まで続いてると思われ。
某スレは限定したために廃墟化。

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 20:03
>>105
恐怖新聞。

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 20:17
120がいいこと言った!
117のは感想文。もっとも読みたくないレス。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 20:25
59さん来ないかな
私の知り合いも南麻布に住んでいてメタこわい体験したんです
同じマンションかなと思い聞いてみたいです

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 20:26
>>107
水銀…昔ながらの体温計に入ってるヤツだったら私も小さい頃触って遊んでたよ。

前TVで子供が体温計を過って噛んでしまった時の対処法やってて、
水銀は飲んでしまってもそのまま排出されるからガラスだけに気を付けましょう
って言ってたから、丸くてコロコロの状態の水銀は大丈夫なんじゃないかな?

125 :母の子:03/01/30 20:53
私がまだ実家にいた頃の事です。
夕方、自室のベットでうたたねをしていると、部屋の入り口に人の気配がした。
私は、母が私の様子を見に来て部屋をのぞいているのだと思った。
すると、なんと母はふざけて私の上にのしかかってきた。
身動きできないほどしっかりとおおいかぶさる母!
驚きつつも、母にしてはめずらしくちゃっめっけのある事をするなぁ。。
などと思っていたら、彼女は突然耳元で「うふふふふ」と笑った。
声とともに生暖かい息がかかった。
「お母さん、きもちわるいよ!」と思って目をあけると
そこには誰もいなかった。

確かに母の声だったんだけどなあ。。。


126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:15
>>107
私の父もガキの頃同じ事して遊んでました。
私は健全な体ですが、一緒に遊んでいた父の妹の子供は障害を
持って生まれてきました・・・
少なからず影響はあるかもしれませんよ。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:18
>>125 ザ・ワールド?母はスタンド攻撃したと思われ

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:23
気化した水銀が極めてデンジャラス。
そのトリックを使った殺人ものの小説もあった。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 21:37
畳の目につまって取れなくなった水銀を放置したなぁ。
あれも気化したんだろうが、一家全員とっても元気よ❤


130 :母の子:03/01/30 21:42
>>127
なるほど?

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 22:03
水銀といえば…ガキの頃、体温計割って飛び散らしたっけなぁ・・・。

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 22:05

お母さんの中の人も大変だな。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/30 23:59
中 の 人 な ど い な い っ !

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 00:11
中の人?
ttp://wasi.mods.jp/imgboard/img/img20030131000848.jpg

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 00:45
水銀で思い出したけど蛍光灯にも水銀入ってるんだってね。
頭上で割れたことあったから心配になってググってみた。

>蛍光灯に入っている水銀の量は?
>日本:一本に10〜15mgの水銀が入っている。
>アメリカは25〜30mg。ロシアは50〜60mgくらい。
>――日本の電池はもう水銀が入っていない。外国はまだ入っているところがある。
>水俣病は、付随神経がいかれてくる。水銀が使われていて害が出てくる。無機水銀は害がない。
>有機水銀は腸が間違って吸収してしまう。バクテリアによって無機から有機に変わる。
>厚生省がきちっとした処理をしていない。胎児性が高い。環境ホルモンにもかかわりがある。
>女児がたくさん生まれた。有機は怖いが無機は怖くない。
>蛍光灯は小さな粒子がたくさんガラスについている。目に見えない水銀の粒子が怖い。
>呼吸器に入ると、人体に影響がある。割ると70%くらいが人体に影響がある。
>活性炭入りのマスクをしたほうが良い。

ほんのり恐くなってきた…


136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 01:34
以前住んでいた賃貸アパート。
引っ越した時点で築15年という代物だった。

入居してまもなく、納戸の戸の裏に以前の住民が
貼ったらしいお札を発見。
これが、手書き?の、みたこともない模様?のお札。
下のほうに漢字が書いてあるが、達筆すぎて読めない。
かろうじて「鬼」という字だけ読める。「鬼」…??
家が神道なので、台所等にお札とかが貼ってあるのは
子供の頃から珍しくもない風景だったが、納戸?
しかも一見ではわかりにくい場所だ。

剥がそうかどうしようか迷って、結局転勤で引っ越す時にも
そのままにして出てきた。
住んでいる最中は特に怪しいことも起こらなかったし、謎。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 01:40
>>136
納戸に何かが封印してあった

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 02:27
私の住んでるアパートは外に鉄の階段があるような古い2階建てなんです。
その日も夜の12時半過ぎた頃にバイト終わって
自転車で自分のアパートに帰ったんです。
で、駐輪場に自転車止めようとおもったら、なにやら人影が。
でも他の部屋の人かな〜、ぐらいで大して気にもとめなかったんです。
それで自転車置いて私の部屋は2階なので外の鉄の階段を上がっていくと、
後ろからカンカンと階段を上がってくる音が聞こえました。
「ああ、駐輪場の人か、やっぱりココの住人だったんだ」と思って気にも留めずに
自分の部屋を開け中に入り、そのまま後ろ手でドアの鍵をしめました。
靴を脱いで玄関を上がって、何の気なしにドアの方に振り向くと
ドアノブがゆ〜っくり回ってるんですよ!音を立てないようにそ〜っと
回して開けようとしてるんです!すごい怖かったんですが
思い切ってのぞき穴から外を見たんですよ。そしたら・・・
サッと黒い人影が通り過ぎ、カンカンと外階段を人が降りていく音が・・・。
その時鍵をかけたのはたまたまだったし、もし、鍵を閉めてなかったらと思うと、
怖くなってしばらくその場から動けませんでした。



139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 02:31
>>138
こわいよぅ
ストーカーかな

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 08:08
>>138
(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
音を立てないようにそ〜っとって部分が一番怖い…
鍵が開いてたら、物音を立てないようにドアを開けて
その後迅速に…(((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
これからは駐輪場でも十分注意した方がいいよ。
夜駐輪場に入る前は防犯スプレーとかいつでも出せるように
準備してた方がいい。あと、警察にも一応言っておいた方が
いいかも。
大屋さんとかに言って、住民に注意を即してもらうのも
いいかも。そしたら不審な人物に対して皆も注意するように
なると思うから。

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 09:51
携帯電話に、彼から着信があった。
ところが、よーく見ると、その携帯は1ヶ月も前に解約したもの。
私の携帯からその番号は削除してあったのに
彼の名前もしっかり表示されていた。どうして???
その電話に出ていたら、どうなっていたんだろう・・・。


142 :借家での話:03/01/31 10:28
数年前まで家族で住んでいた借家での話です。

とある休日、私は家に妹と二人でおりました。
二人ともアイスが食べたくなったため、妹がアイスを買いに行き、
私が食事の片づけを行うということで話がつき、妹は出かけていきました。

台所で洗い物をしていると、5分くらいして「ただいま」と玄関から
聞こえてきました。私は水仕事をしながら「おかえりー、早かったね」などと
声を掛けました。でも、水仕事をしながらの返事だったため彼女にはその声が
よく聞こえなかったらしく、今度は台所の入口で不機嫌そうに
「ねぇ、ただいまってば」と言います。「はいはい、聞こえてるよ。おかえりなさい」
と返すと静かになりました。

そんなこんなで水仕事が終わりアイスでも食べようかと思ったとき、
玄関の扉が勢いよく開き、妹が元気よく「たっだいま〜!」と帰ってきました。
 ……ん?一度帰ってきた妹がなんで外からまた来るの??
私「あんたさっき帰ってきたよね、もう一度出かけていたの?」
妹「あ?何言ってんの。今帰ってきたばっかじゃん」
そこで気付きましたが、玄関の扉は立て付けが悪くどんなに静かに開けても
大きくきしむ音がするはずなのに、さっきの「彼女」が帰ってきたときは
その音が全くしませんでした。おまけに、その日は台風だったのに
「彼女」が帰ってきたとき外の音もしませんでした。
(妹が帰ってきたときは、風の音が凄かったです。)

恐くはないけど、ちょっと不思議な気分でした。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 14:05
>142
こえーよ!!
帰って来た(?)人はその後ずっといたのかな…

144 :まりこ:03/01/31 14:08
昨日TSUTAYAで新作コーナーにあったアンビリバボーを借りて来て見てたら変な声が入っているのに気付いてしまいました‥

145 :142:03/01/31 14:23
2回目のおかえりを言った後は、何の言葉も聞こえませんでした。
でも、今でもあのときのちょっと拗ねたような「ねぇ、ただいまってば」は
耳に残っております。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 15:37
5年位前の話。
母方の親戚が墓を建て直した。
立派な墓が出来たので、家族全員で墓の前で写真を撮ったそうだ。
その時、長男が写真を撮ったんで写真には写ってないはずが、現像
してみると、墓石にカメラを構えた長男が写っていた。
墓があまりにピカピカだったので、撮っている人が鏡に映ったように
なっていたんだと思う。
それは普通にあってもおかしくない話なんだが、その後暫くして
写真を撮った長男が事故で亡くなった。
建てたばかりの墓に一番最初に入った事になる。
後でその事を墓石屋に話したら
「その写真を現像した時に話して欲しかった。」と言われたそうだ。
何でも、墓に写って写真に撮られた時は、お払いしないとそのまま
写っている人が墓に入ってしまう事になるんだと。
墓が新しい場合、入る人を待っているんだそうだ。
新しい家とかアパートに入った時とかに、その家(部屋)に自分の
先祖を祭らないと、家(部屋)が仏を欲しがるから、新しい家を
建てると身近に誰かが死ぬらしい。
実際、折れの知ってる範囲でも家を新しくすると、家族に一人
死人が出てるし。
それはそれで保険が降りて良い様な気もするが。

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 16:22
♪もうすぐ〜150♪

 たのしみィ 涌く、涌く

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 16:44


149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 16:45


150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 17:33
水仕事してる側は水に近いからその音で相手の声がかき消される事はあってもその逆は無いだろ。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 17:43
>>150

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 18:07
>>146
怖い。・・・・怖すぎる。

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 18:09
>>142
2人ともよっぽどアイスが食いたかったんだな(w

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 18:29
1年ほど前のこと。
当時私はコンビニでバイトをしていた。
閑静な住宅街にあるそのコンビニはいつも暇で、通常従業員は一人。
その日もたった一人で店番をしていた。
夜9時頃、ジュースの前だしをしにいった。
ガラスケースに入った飲料は手前からお客さんが商品を取っていくので、従業員は裏手にまわって後ろからジュースを押さなければならない。
ジュースの冷蔵庫に入って商品の補充をしていると、なにやら視線を感じた。
お客さんでもきたかな??と思い、ジュースの隙間から店内を伺った。
そしたら白髪のおじいさんが向こうからこっちを見ていた。
一瞬ビックリしたが、お客さんだ、と思ってあわてて冷蔵庫から出ていったら店内には誰もいなかった。
おじいさんと目があってから5秒もたっていなかったはず。


155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 18:47
パソコンが突然起動した 触ってないのに
正直ビビッタ

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 18:52
電気屋に持っていったほうがいいと思う

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 19:04
布団に入って電気消して
寝ようとしているときだからビビッタよヽ(`Д´)ノ
パソコン使用中に突然再起動することはよくあるんだけども
シャットダウン後、10分ぐらい経ってからだし

158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 19:30
トラックの違法電波か。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 19:52
>157
パソコンの中の人もたいへんだな。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 19:57
まだ私が3歳の時家を購入した。そして数ヶ月後じいちゃんが他界。
で去年2つめの家を購入。「きっと誰か死ぬよ」なんて言って5ヶ月後
ばあちゃんが死んだ。

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 19:58
家のテレビなんて、突然妨害電波みたいなので
オンタイマーになってしまう。
なんだ〜〜〜ダンナはチョソの呪いなんて言っているんだ。
んなあほな。

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:05
昔、不思議な体験をしました。

当時高校生だった私は、しょっちゅうゲーセンに行ってました。
ある夜、あまりに暇だったので「ゲーセンにでも行くか。」と思い、
いつものゲーセンに向かいました。もう夜ということもあり、私の他には
2人しかいませんでした。そしていつものように100円玉を50円玉に両替しようと
しようと両替機に100円玉を入れると、なぜか入りません。
原因は100円玉のフチが潰れていたためでした。100円玉は引っかかってしまっていて、
取り出す事は不可能でした。「まぁ後から店員に言えばいいや。」と思い、私は別の両替機に向かいました。
そして新しい100円玉が潰れていないことを確認し、100円玉を投入しました。
そして出てきた硬貨を見て、私は「?」と思いました。
普通は50円玉2枚が出てくるはずなのに、なぜか100円玉が2枚出てきていました。
出てきた100円玉を良く見てみると、なんと1枚はフチが潰れていました。
さっき両替し損ねた100円玉にソックリだったのです!
あわててさっきの両替機に行ってみると、最初に両替しようとしたフチの潰れた100円玉はもうありませんでした。
この間、時間にして2分以内だったはずです。ちょっと怖かったけど、
それ以上に「ラッキー♪」と思いました。


163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:10
そしてなぜか勝手に
「このコンピュータを使うには、ユーザ名とパスワードを入力する必要があります」
にチェックが入っていてちょっと迷惑 Σ(´Д`ズガーン

>>159 中野人などいない
>>160 うちも似たような不幸ジンクスがあります

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:10
お盆の時に運転していたら、対向車線の後部座席から子供が落ちた。
同乗していた人たちがあわてて、それはこの世で聞いたことのない声を
張り上げてた。
怖かった・・・・

次の日新聞では何もでてなかったので軽傷ですんだと思います。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:11

馬鹿でつか?

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:12
>>164
すんません、誤爆りました

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:14
165は 誰に言ってるのさ?

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:15
誤爆だろうが誤爆でなかろうが、うっとうしい煽りは無用じゃない?

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:22
   _、_
  ( く_,`_)   <168がイイ子と逝った 
  /  枠  \
  (_|    |_)
 (______)


170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:24
>>168
なんかむかついた

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:37
>169
168は女と心中したのか…

ご冥福をお祈りします

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:38
>>163
うちもまったく同じだよ!
シャットダウンしてから一時間後とかに起動して、眠い目擦りながら見に行くと
「このコンピュータを使うには、ユーザ名とパスワードを入力する必要があります」
って出てるときがたまにある・・・。アパート暮らしなのでマジで怖いっス。

見えない誰かがマウスでもいじってるのかなあ、と思うときがある。霊感ゼロだけど。


173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 20:55
1人で家にいるとき、寝室に入ったら
センサー式のルームライトが点滅していた。
あまりに怖かったので、以後使ってません。
なんだろう〜〜〜


174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 21:12
ADSLとかの常時接続だったりしない?
だったら、ネットワーク越しに攻撃されている可能性が高い。


175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 21:18
>>172 を見て、うちのパソコンの中の人と
   172のパソコンの中の人になにか関連性があるのかと思ったら
>>174 常時接続です そうかも winny最近やり始めたから

これ以上は板違いなのでダウソ版で聞いてみます

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 21:31
この間、梅田の地下街の雑踏を歩いてた時に幻を見てしまった。
二十歳くらいの地味な女の子の前を犬がすたすた歩いてた。
細い茶色の、目の大きな日本犬系の雑種で、
その女の子を守らなきゃ!という風に気張って、
でもちょっと怖いのか耳を伏せて歩いてた。
あんまりリアルにはっきり見えたんで、本物かと思って振り向いてしまった。

・・・疲れてるのかなぁ・・・?後でちょっと怖くなった。

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 22:19
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ   < ふー。何度言ったらわかるんだ。。
(゚Д゚ )_∧,,∧ .\____________
ミ  ̄ ⊃ミ゚Д゚彡
 ミ  ミ   ̄  
 U U

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ    < 中の人などいないっ!!
.( ゚Д゚ ) ∧,,∧ \_______
ミ  ̄ ⊃ミ゚Д゚彡
 ミ  ミ   ̄
 U U

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 22:46
さっきフロ場の横の洗面台で歯みがいてたら
鏡でフロの扉がちょっと開いてるのが見えたのね。
で、そこから女の子がこっち見てるのよ。
ワッて思って見たけど、もういなかった。
見たことない子だったけど
誰?って感じで今ガクブル。

179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 22:49
>>178
かみそりをくわえて、夜中の12時に鏡を見て欲しい。

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:01
東京,大阪,愛知等と、何処を歩いていても必ず通行人に
道案内を頼まれるのですが、一体なぜなのでしょうか?。

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:13
>>180
今度モスクワとか歩いてみれ。

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:13
頼み事断れなさそうな、気の弱そうな顔してんだろ。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:16
>>178
ナナちゃん?

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:16
>>180  オレもオレも
>>182  否定はしない…

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:17
>>180
私もそうなの。何処歩いていても道を聞かれる。
それから、観光地でも写真を撮ってくれと頼まれるのよねぇ。


186 :180:03/01/31 23:30
消防の頃、京都へ修学旅行へ行く途中に大阪の地下鉄に乗ったんだけど、そこでも道を聞かれたよ。
聞いてきたのはサラリーマン風の二人連れだった。
大きなバッグを持った小学生の集団の中に居る俺になんでわざわざ道を尋ねるんだろう?って少し不思議に思った。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:35
なんか、オーラみたいなのが出ているんだろうか?
道を聞かれやすい人・・・。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:35
>>180
NY で道を聞かれたことがあるぞ。当然わからんかった。

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:35
外人によく道を聞かれる。
英語で聞かれるんだけど、ごにょごにょブロークンイングリッシュ
で返答するとだいたい何か励まされて苦笑を浮かべて
去っていかれる。

190 :180:03/01/31 23:37
>>182
ちなみに外見は、よく初対面の人に「いかつい」とか「貫禄がある」とか言われます。
内面はいたって草食動物なのですが。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:42
私は、丸顔で目が大きい。
お店でよく、おまけを貰う。
5000円のものを買って、5000円分のおみやげ物を
貰った時にはさすがに驚いた。
4万のエアコンを3万にしてもらったこともある。


192 :180:03/01/31 23:48
厨房の時も、国籍不明(中国か朝鮮の人?)に大声でまくし立てられながら
謎の紙袋を押し付けられそうになった事がある。
もちろん受け取らずに速攻逃げたけど。
黒人の二人組にも似たような事をされたことがある。


193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:50
へえ〜、そういうのがほんのり怖いのかあ。
よー分からん?

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/31 23:53
>>193
うーん、私もちょっと怖いんですよ。
値切っているわけじゃないのに、安くしますよ。
おまけが欲しいなんて一言も言わないのに
「これも持ってって」と言われる。
一体どうしてなんでしょう?


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:02
まあネタ的にはこっちだったかもね。

http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1040093555/l50

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:02
>>194
不憫なオーラがプンプンしてるとかw

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:05
>>196
私は、不憫なのか〜w
でも、不憫がられるようなミジメな格好はしていないんだけどなぁw


198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:11
話し掛けるのも嫌な人間もこの世にいるってことだ

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:21
>>197
>ミジメな格好はしていない
そうやって皆から貰ったもので生計立ててるくせにw

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:22
200

201 :八木沢勇気:03/02/01 00:22
201

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:23
>>197
相手にするな

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:33
高校生の頃、友人がチャリで事故った。
チャリを飛ばしていると、どっかのおばさんが車の助手席のドアを
不注意に開けて、それに激突したらしい。
友人は頭から道路に落ちて気絶した。
そのまま三日間意識不明に陥ったのだが、四日目に意識を取り戻した。

俺は絶対安静が解けた友人を見舞いに行った。
先に見舞っていた連中から、アイツ様子が変だ、という話は聞いていた
のだが・・・・

病室に入ると、友人はぱくぱくと夕食を食べていた。
俺の姿を見ても、誰だか分からないらしい。
「おい、元気か?俺だよ、○○だ」
友人は箸を止め、まじまじと俺を見つめた。
そして、話し掛けようとする俺に、手のひらを見せて目を閉じた。
しばらく何かを思い出しているようだったが、目を閉じたまましゃべりだした。


204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:34
「三ヶ月前、電車に乗って一緒にストリップを見に行った」
俺はいきなり何を言い出すのかと思って驚いた。
「ステージで元AV女優の××がポラロイドカメラを渡して」
友人は冷静に話しつづける。
「○○(俺の名前)は一枚千円の写真を二枚買った」
すべて事実なのだが、なぜそんなことを言うのか訳が分からんかった。
「一枚はピンぼけだったので、五百円にまけてもらった」

記憶喪失がどんなもんだか知らんが、友人はそれらしかった。
自分でもそう言った。

俺は勘で違うと思った。
うまく説明できないが、目の前の男は友人じゃなかった。
なぜなら、鳥肌が立ち、背すじがぞっとしたからだ。



205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:36
中の人は別人って事か。怖いな。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:37
妖怪「手の目」?

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:54
>>204
親戚のおじさんも同じような感じになったよ。
3年くらい前に、事故にあってから別人のよう。

歩き方も話し方も雰囲気も、以前とは全然違う。
ビックリしたのは、退院してしばらくして皆で集まった時。
御寿司をとった時、今まで大嫌いで食べれなかったイクラを
平気な顔してつまんで食べたのよ!皆、黙ってみてたけど。
去年、いとこ(おじさんの子供)に会った時「絶対、お父さんと違う…」と
悲しそうに言ってた。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 00:57
そーいや、ダンナの従兄弟で、頭を割るような事故のあと
性格が激変した人がいた。
彼ももしかしたら・・・・(コワッ

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:00
皆、妖怪手の目でつか?

210 :コピーぺ:03/02/01 01:04
765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/25 13:15
小学校に上がる前だと思う。

ある朝目を覚ますと隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。
家中を見て回るが、誰もいない。

不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。
どんなに激しく揺り動かしてもぐにゃり、ぐにゃりとするばかりで死
んでいるかのようだ。

私は怖くなって家の外に出た。雨が降っていて薄暗かった。家の周り
を泣きながら歩き回ったが、家の外にもまったく人の気配はなかった。
泣きながらまた家に帰りぐずぐずしていると、ふいと両親が現れた。

211 :コピーぺ:03/02/01 01:05
766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/25 13:16
「どこにいってたの」と聞いても答えてくれず、「お父さんはここにい
るよ」「お母さんはここにいるよ」と答えるばかりである。

訳が分からなかったが、とにかく両親は戻ってきて私は安心した。と、
そこに兄が現れた。兄の顔を見た私は息を飲んだ。

そこにいた兄は兄ではなかった。背格好は似ている。しかし昨日まで
の兄、さっきまで隣で寝ていた兄と顔が全然違う。目つきがきつい。
鼻が細く高い。ほほがこけている。髪がぺたんとしている。

あの不思議な朝のようなことはあれが最初で最後だったが、兄自体はそ
れからもずっと兄とは思えない男の子のままだった。


212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:06
魂が入れ替わるってこと、あるんでしょうか?

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:08
>>212
魂云々はわからないが頭打って性格が変わることはあるんじゃないか?

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:23
本で読んだのですが、中国の宋の時代のお墓にはある不思議なものが
あるそうです。
本によると貴族の墓の石室?の一番奥に、偽物の扉を作って置くとのこと。
偽の扉なのでその向こう側には壁があるだけなのですが、その扉は半開きに
してあって、その隙間から女の人の像がまるで墓の中を覗いているような、
半身を乗り出した形で置かれているそうです。何の目的で置かれているかは
不明だそうで、本にはその写真も載っていました。
暗い墓の奥から死者を見守る婦人…。薄笑いを浮かべながら扉の向こうから
顔を覗かせているのです。見た途端ぞーっとしました。
しかも、この時代の墓には人面を持つ魚とか不気味な副葬品も多いらしいです。

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:33
きっと頭打って脳みそロボトミーしちゃったんだね・・・

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:36
でも飼っている犬が吠えるようになっちゃったんですよ。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:38
>>216
きっと事故をおこした身内がいるという家族の緊張がつたわっちゃうんだろう

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:41
そうなんかなあ。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:47
>>218
犬ってとっても敏感だからね。
主人の緊張やストレスがあるときにかく汗の臭いを嗅ぎ分けるそうだ。
だから計算のできる犬は本当に計算が出来るわけじゃなくて、
飼い主の微妙な声のトーンや汗の臭いを嗅ぎ分けて正解のときにほえる。
身内に怪我人がいれば少なからず家族は緊張やストレスを感じるだろうし。

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 01:57
>>219
218の話をなんとかして妖怪手の目から離そうとしてまつか?

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 02:00
  _  __
 _ )|//
 ))川_、/つ   _, ‐''"⌒ヽ.,,
く `Y ●「 |´  /  -=‐-.、___,)
 ヽゝ_ノ ノ  /    ´⌒`) ・ ・.)
  >  /   |  i⌒ヽ  //´二`ヽ
./  /     |  iiJ ) (_ノ    }
   /      `Tゝ_)   __ノ
   /     _ノ    ( ̄

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 02:01
こりだ!

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 02:03
>>223
お、おじさん?

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 02:55
>>223は30代の童貞であるとカミングアウトしたわけだが。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 03:15
>>224
はずれ(w

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 04:08
>>214
   | \
   |Д`)    ダレモイナイ・・・
   |⊂      オドルナラ イマノウチ ・・・
   |


     ♪  Å
   ♪   / \  ランタ タン
      ヽ(´Д`;)ノ   ランタ タン
         (  へ)    ランタ ランタ
          く       タン


   ♪    Å
     ♪ / \  ランタ ランタ
      ヽ(;´Д`)ノ  ランタ タン
         (へ  )    ランタ タンタ
             >    タン



227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 04:12
さげるなよw


228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 05:59
msn開くと喋りますよね、最近その声が
変なんです。
呻き声とか叫び声なんです
スピーカー、パソコンが変だと思い調べて
見ましたがとくに異常も無いんです。
今は少し怖いんでスピーカーを外しています。


229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 06:16
MSNって開くと喋るの?うちのはうんともスンとも…

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 06:45
うちも喋らないけど……((((;゚Д゚)))

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 06:58
msnメッセンジャーのことでつか?msn関連のHPでつか?
いずれにしろ喋ったことなんて一度もないでつ。

232 :228:03/02/01 07:29
え!喋るじゃないですか?

「おはようございます」
「こんばんわ」
とか・・msnエクスプローラーで

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 07:48
あぁ、エクスプローラーか。
使ったこと無いからわからんかった。ちょっと試してみよう。

234 :233:03/02/01 07:54
と思ったら残ってないや。アンスコしちゃったみたい。

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 11:20
駅なんかでティッシュ配ってるやつが、
誰もいないとこにティッシュ出してることがあるけど
あれ、何か見えてるのかな?
最近見たやつは、ティッシュ出した手を離して
ティッシュ落としていた。
何かに渡したつもりだったんじゃないかな?

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 11:20
>203 が高校生でストリッピ行った事は放置でつか?

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 11:40
他人の手症候群(エイリアンハンドシンドローム)怖いね。
自分の意志とは無関係に手が動くらしい。
中には手が勝手に自分の首絞めたり自分の体を傷つけたり
オナー二したいのにさせてくれなかったり ガクガク(((°д°)))ブルブル

つか今ディスカバリーチャンネル見ててそう思いまちた。
実体験でなくてスマソ。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 11:43
>>237
友達の前でアイドルハンズの真似してたら
思いっきり友達の顔を殴ってしまい、
しばらくのあいだ険悪でした。

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 11:48
>>237
ヤダッ!恥ずかしい・・恥ずかしいのに、止まらないよー!!
ってやつ?

240 : iadj油女  ◆2bmoujqRHk :03/02/01 11:48
さわやかに240げっと

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:00
>237
微妙にハァハァな気もしますがまぁそんな感じでしょう。

カミソリで無駄毛処理しようとすると手が勝手に頸動脈に・・・コワッ
こういう場合、自殺扱いなんでしょうかね・・・?イヤン。

242 :237:03/02/01 12:09
自分にレスしてどーするw
241は239さんに対してのレスです。

>238
似たような事経験有り。当方は鉄山こう(字忘れた)でしたが。
懐かしき高校の頃・・・。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:15
中学3年 15歳
去年まで万引き見つからなかったけど、
今年に川崎の書店で万引きして発覚した。一度やってみなよ。
最初のみだけど、エロ漫画6冊万引きできる。
万引きするだけして、警察振りきって逃げることもできるし、
思いきって電車に飛びこんでしまえばほぼ100パーセントの確率で死ぬ。
あとはオヤジにまかせて書店潰せばいいだけ。暇つぶしになる
近所のDQNババアとか色々仲間がいるのでマジでお薦め。

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:18
>>243
わからん

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:20
age進行でやると、この手のコピペ馬鹿が嬉々としてコピペしやがる。

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:21
スレ違いだろ

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:29
スレ違いかも知れんが。

ある日、茶の間で本を読んでいた妹が突然笑い出した。
しかも、すっげえ楽しそうに。
表紙を見ると、図書館から借りてきたらしい都市伝説
系の本らしく…どう見ても、笑える内容じゃなさそう
なんだが。
ひとしきり笑うと、『聞いて聞いて〜』と楽しそうに
言ってきた。

「ある家でね、インコ飼ってたんだって。ピーちゃん、
て名前で、本と、家族の一員、て感じで大事にしてた
んだけど、ある日そのピーちゃん、いなくなっちゃっ
たんだって。
 そんで、夕食の時、お父さんは元気ない女の子励ま
そうと、お母さんに『今日の鳥のから揚げおいしいね』
て言ったら、お母さん、『今日は鳥のから揚げは作っ
てない』って言うの」
「お父さん、コンガリ揚がったピーちゃん、食べちゃったんだって(大笑)」

 ……妹が、ほんのりと怖くなった瞬間。

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 12:32
>>247
のんのり怖い

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:42
すぐにペットを与えたまえ!

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 17:51
>>249
ダメだよきっとすぐに揚げて(ry

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 18:06
深夜番組で見たんだけど。
飼っていた小鳥を死なせてしまって、小さい姉妹が喧嘩していたら
お母さんが何故かいきなり小鳥をフライパンで焼き始めたそうな。
少し焼いたら小鳥は見事生き返ったそうだが・・・。
お母さん、何で焼いたの?

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 20:55
鳥が具合悪い時は、とにかく暖めろ教わったyo

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 21:58
プライパンは暖めすぎだろw

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 22:00


255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 22:01
>>252-253
warata


256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 22:06
昔、就職したばっかで、寮暮らしをしていた時のこと。

食堂に、寮生が共同で使う巨大冷蔵庫がありました。
ある日、私が、入れておいた自分の牛乳を飲もうと、
冷蔵庫を開き、自分の名前が書いてある牛乳パックを取り出し、
ラッパ飲みで一気にあおりました。

「・・・!!」

口の中に、ヌルヌルしたナタデココのような物体が一気に流れ込みました。
謎の液体を口いっぱいに含んだまま、パックの中を覗いてみると・・・。
白い液体の中に、透明な何かが浮いていました。
しかも、なんか墨のように黒いものも・・・。
製造年月日をみると、2ヶ月前の牛乳でした。

同じ寮生で、名字が一緒の人が、同じ種類の牛乳パックを買って、
放置したものらしかったっす。
トイレに駆け込んで、一気に吐き出しました。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 22:12
ご愁傷様です。

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 23:41
>>256

火で焼かれて復活する、不死鳥だったと思われ。

259 :258:03/02/01 23:42
256->251

260 : iadj油女  ◆2bmoujqRHk :03/02/01 23:44
260もらったぁぁぁぁぁ!!!

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/01 23:58
>>256
一瞬、誰かが精子入れたのかとオモタ
…どっちも嫌だぁ

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 00:44
>256
俺も腐った「藻」みてーなのが浮いてる牛乳を気付かず飲んだ事ある。
タマランね、あれは。。。

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 03:04
数日前、会社から帰宅途中に歩行者信号青の横断歩道を渡ってたら、
フラフラ運転のセダンが突っ込んできて、横断歩道通過したくらいの
所まででやっと急ブレーキで止まりやがった。
その時、轢かれかけてむかついたんで止まった車の運転席見たら、
運転してる奴が「惚けた顔、止まらない視線、口半開き」な30代くらいの
モロ知障な奴…
助手席には、その母親くらいの年齢の女が無表情に前方凝視してて、
なんかめちゃくちゃ不気味だった。

俺が運転席のぞき込んだ直後に、そのままアクセルベタ踏みでその車、
またも信号無視状態で走り去って行ったんだが、あれは一体何だったんだ?


264 : :03/02/02 03:32
>>263
・・・ひかれなくて良かったね、としかいえんな。

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:27
1945年8月6日、マリアナ諸島のテニアン基地を飛び立ったB29”エノラゲイ”は
広島上空を目指し飛行を続けていた。
同日8時15分、広島上空に到達したエノラゲイはウラン型原子爆弾「リトルボーイ」を投下。
キノコ雲に包まれた広島を眺めながら、エノラゲイの搭乗員はこう叫んだという。
「ラッキーストライク!」
実はタバコの銘柄である「ラッキーストライク」は、この時のパイロットの言葉から
名前を取られた、原爆投下を記念して作られたタバコなのだ。
あの白地に赤丸のデザインは原爆を命中させた日本の象徴である日の丸をデザインしたもの、
あるいは広島の街に爆風が広がって行く様子を表現したものである。

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:31
以前吸ってた時期のある煙草だが、そう言う意味があったのか。
外道ですなぁ。
しかも美味くないし。

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:32
恐い話のスレってどこ行ったの?
教えてエロイ人

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:35
>>267
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043828461/

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:39
>266
たしか戦前からある銘柄のはずだが

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:51
夜中になるとベランダから『あけてよ』って
男の声が聞こえて来るんだけど、カーテン
あけても誰も居ないんだよね・・
その他色々何か喋ってるんだけど
何喋ってるかわかんないの。
家マンションだし登ってこられる階でもない。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 17:52
>>270
開けてみなさい。あなたも向こう側にいけます。

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 18:00
>>271
よく読めよ。


273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 18:15
>272
あけたのはカーテンだけでは?

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 18:36
>>265
戦争前からあるぞラッキーストライクは!
間違った事いうなよ知ったかが!変なこというな

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 18:38
>>272
不親切な文章ですまんね

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 18:42
        _________
      /∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
     /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
    /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴\
   /∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵ \
  /∴∵∴∵∴∵∴/ ヽ   / ヽ ∴∵∴|
  /∴∵∴∵∴∵∴ | ● |  | ● | ∴∵∴|
  |∴∵∴∵∴∵∴ ヽ ノ  ヽ  ノ ∴∵∴|
  |∴∵∴∵∴/     / ̄ヽ    \ ∴.|
  |∴∵∴∵/  ‐‐--  ヽ\/  --‐‐ \ |
  |∴∵∴ /   ‐‐--    |   --‐‐   |
  |∴∵∴/    ‐‐--    |   --‐‐   |
  |∴∵∴|   \         |     /   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵∴∵|    \_____|__/    / <
  \∵ |      \       /     /   |  >>272 うるせー馬鹿
    \ |        \__/    /     |  


277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 18:48
キタキタ…

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 19:17
見つけた、以下コピペ

ラッキーストライクは日本への原爆投下を記念して作られたというのは、
ただの噂でラッキーストライクの発売は1871年です、
名前もそのころからありました。その名の由来は、ゴールドラッシュ。
金を掘りに来た奴らが砂金や金脈を見つけたときの「やったぜ!」的なセリフとして
「Lucky strike!」が生まれ、そこから命名されたそうです。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 21:36
いつ頃の話か詳しくはわかりませんが、昔、青森県に杉沢村という村があったそうです。
そこは人里離れた山奥にあり、村の人々は一つの集落に住んでいました。
ところがある日、一人の青年が発狂し、村人を一人残らず斧で殺してしまったのです。
その後、青年も命を絶ってしまったとか。こうして村人の一人もいない、村としては機能しなくなった
杉沢村は、おそらく青森市と合併して地図上から消滅したのです。
この話は昔の話ということもありますし、おそらく自治体が覆い隠したということもあって、
他府県には全く知れ渡っていません。
また、知っている人もほとんどが年配の方で、若い人は知らない人も結構多いようです。

さて、今の杉沢村はどうなっているのでしょうか。
これは人から聞いた話ですが、実際行ってみる人は多いようです。
また、見に行っても辿り着けなかった人もいるぐらいなので、相当山奥なのでしょう。
場所は青森空港付近と聴いていますが、その集落に行ける道は一本しかなく、その入口には鳥居があり、その辺で
引き返す人も多いとか。

実際に入った人は、その時は数人で行ったそうです。その集落はその当時のまま
残されており、家の壁にはベッタリと血が付いていたそうです。
そして青年の邪悪な霊か、それとも青年に惨殺された村人の怨念のせいか、
その中の一人が発狂し、あわてて帰ってきたそうです。

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 21:52
>>279
少々矛盾らしきものが混ざっています。ほんのりつらいです。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 21:53
・・・・・・・・・。

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 22:00
こうダイナミックにガイシュツものを持ってこられると、新鮮さすら覚えるね。

283 :ほんのり?:03/02/02 22:01
ビデオを見終わった後、しばらくしたら勝手にビデオがビデオデッキから出ている。
もちろん親はデッキに触ってもいないし、デッキに自動排出(?)の機能なんかない。

夜中に一階にいると、二階でギシギシ人が歩く音が聞こえる。
逆に二階にいると、一回で人が歩き回ったり食器を洗ってる音がする。
ひどい時には家族全員が二階で寝てるのに、
一階でゴミ箱をひっくり返したかのような音がする。
もちろんどちらも音がする階に人はいない。

一階の台所にある蛍光灯の垂れ下がっている電源の紐が、
下からデコピンをかましたかのごとく跳ね上がる。2回も。
もちろん家族はその周りにいない。

自分の部屋でパソコンいじってると。周りを黒い影が横切る。
隣の本棚の本が突然倒れる。
もちろん部屋に霧が出るはずもなければ、地震もない。

その他、家中からパキンパキン音がするときがある。
謎の電磁波障害(蛍光灯やテレビ、ラジオ、ネットなどがビビビビビビ)なども。



この家には何かいるんでしょうか?
それとも家族の誰かに何か憑いているんでしょうか?
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

284 :広告:03/02/02 22:08
☆ちょっとお邪魔します

体験を書き込んだら「つまらん」「もうこなくていいよ」といわれ、
もっとネタがあるのに、それ以上書く気が失せたという経験はありませんか?
しかし、それではネタがあまりにもったいない。
そこで、よろしかったら
【安住の】あなたのスッドレこちらです【場所】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044077726/l50
で、そのネタを披露して頂けませんか。
書き込むほどのネタかどうか迷ってる場合なんかも、よろしかったら是非どうぞ

失礼致しました。お続け下さい

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 22:18
>>283
まっくろくろすけ、ってことにしときなよ。
ちょっと厳しいけど、、、。

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 22:19
ラッキーってさ、箱の横にインディアンの絵が書いてあるだろ?
あれを横にしてみると家が爆発してるように見えるんだよ。
で、俺が中坊のころ友達が言ってた戯言なんだけど、
昔アメリカがインディアンの家に爆撃してて当たったら「ラッキーストライク!」
と言いながら至福の一服をしていたことから付いた名だと聞いた。


┐('〜`;)┌

287 :283:03/02/02 22:48
>>285
まっくろくろすけっスか(笑
うちの家族全員霊感強いけど(特にオレ)、
あんまり気にしないほうなので、「またおじいちゃんがきたよー」とか笑ってまつ。

そういえばドライブの帰り途中、深夜に閉まってる中古車センターの車の中に、
青白く浮かび上がる家族連れを見たこともあったなぁ。
楽しげな幽霊家族だった(笑

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 23:22
http://www.candytower.com/link/1779.jpg
ラッキーストライク

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/02 23:48
>>286
インディアンの家ってテント?
爆撃って、飛行機で?

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 00:10
ラッキーストライクは広島の原爆だろ

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 00:12
>>290
>>265
>>278

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 00:38
私の小さい頃のお話。
当時、茶の間の壁側に大きいイスがあったんだけど、
ある日、私と弟と母親でそこで寝転んで遊んでいた。
イスの下は狭くって、なんだかおさまりが良かったので
足を何気なくそこに突っ込んでた。

が、急に足をひっぱられた。結構強い力だったから
こりゃ母親のしわざだと思って「やめてよー」
って言ったら「ハァ?」って顔するから、絶対からかってる、
まねして脅かしてやろうと思って、狭いイスの下に潜り込んだ。
が、
そこに白い手が見えた。壁から生えてるみたいに。
びっくりして見てたらそのまま引っ込む様にふわーっと消えた。

よーく考えてみなくても、そんな狭いイスの下に大人が入れるワケ
ないのだ。あの手の冷たさは今でもはっきり覚えてるよ((((;゚Д゚)))
あれは女の人の手だと、小さい私はなぜか思った。
その後のことはよっぽど怖かったのか、全然覚えてない(w

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 00:44
椅子の中に人が居るってのは、もうお約束なのです。


294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 00:46
椅子の中の人も大変だな。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 00:50
そうですね

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 01:20


    ,,-‐、______,-''三ヽ     中
   ( ミ,,-――――――-- 、丿     の
   /::/   U        `ヽ     人
  /:/   (;;;;;;;;;)ノ ハU(;;;;;;;;;)U ヽ    な
 /:/ U  i||| -     l - lli   i     ど
 |;|         、__丿     U i   い
 ||      U   ,ニ,ニ、      i.    な
 |::|   U     | |  ̄ | |  U <三三 い
三三>       U l iエエ,i      人    !!!
 |:::::::::ヽ、______ー___,,-'':::::
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 01:36
いい加減くどいな

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 02:09
今ね、今ね、テレビずっとつけっぱなしにしていたんだけど
日曜日の深夜ってすぐ砂嵐になるでしょ?
テレビ東京系列のチャンネルつけたままにしていて
砂嵐になってもそのままつけていたら
リモコンも何も触ってないのにテレビの電源が切れた・・・
どして?

こういう時に限って誰も帰ってこないって
思っていたら急に電話がなってビクーリしちゃった・・・


299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 02:16
タイマー?

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 03:14
300っと!

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 03:17
携帯のメロディ添付って着信時に鳴らすように設定できるでしょ
このスレ見てたら友達から夜中に女の叫び声が着声で送られてきて焦った

お返しにオナラの音を送ってあげた

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 04:44
>>298
そういう機能のついたTVなんじゃないの?
うちのもそう。

>>301
> お返しにオナラの音を送ってあげた
素敵な関係。


303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 05:12
授業中あまりにも眠かったんで机に突っ伏して寝てたら
金縛られた。
動こうと思って上半身を思いっきりあげたら
激痛とともに抜けた。
幽体離脱だ。
目の前に自分の後頭部があったのだ。
ヤバイと思ってまた突っ伏したらもどれた。
でも以降結構癖になってて困る。
全身抜けるわけじゃないから移動できないし。
痛いし。

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 09:41
ある冬の日、自宅でぐっすり寝ていたら地震が起こった。
すげー、こわかった!と思いつつも、次の日学校だったのでさっさと寝ることにした。
朝起きて学校近くの坂道をテクテク登っていると、なんだかとっても変な臭いが
ふんわり漂ってくる。異臭、というか、あんまり心地よくない臭い。
しかもどこかで嗅いだことのある臭いに首を傾げているうちに学校にたどり着いた。
校門にはなぜか先生が立っていて「こんな日に学校があるか、早く帰れ!」と
言われたので仕方なく帰宅して、はっと気が付いた。
あの臭いは、ガスの臭いだ。
通り中にガスの臭いが充満していたんだ。
その日は今から8年前の1月17日。関西大震災が起こった当日だった。
学校の回りはガス管が破裂していたらしい。
タバコとか吸わなくてよかったと心底思った。

305 :298:03/02/03 10:12
>>299 >>302
テレビにはタイマー機能ついているんだけど
昨日はテレビのリモコンをソファの横に落としていたのに
気づかなくて、ビデオのリモコンで電源入れたりチャンネルかえたり
してたのです。

家族からは「まぁ、そんなこともたまにはあるわさ」と片づけられました。
たまにあるもんなのかぁ??

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 10:22
ま、電化製品はね…
電気が激しく点滅し、温風ヒーターが消え、コンセント抜いてあるテレビに見たこともないキモイ風景が映り、部屋内にキーーーーーーンとか耳を劈く音が響いたりしたら「!?」と思うけどな。

307 :298:03/02/03 10:27
>>306
そういうことになったら私の中では
「ほんのりと怖いスレ」から「洒落にならないくらい・・・」になりまつ。

電気が点滅して、その後に電気が落ちてきたことはあるんだけどなぁ。
家族の他にもう一人誰か住んでいたような気がした前のおうちでのお話。

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 11:06
小さい頃よく遊びに行ったAちゃんの家は、すりガラスのはまった引き戸が多かった。
ある日Aちゃんの家で遊んでいたとき、誰もいないはずの部屋で大人(くらいの大きさの人影)が
動いているのがすりガラス越しに見えたことがあった。
この時間帯に家にいるのはAちゃんのおばあちゃんくらいだから、おばあちゃんだと
思っていたが、1時間後にAちゃんのおばあちゃんが外から帰ってきた。
(人影の見えた部屋から外に出るには、私たちが遊んでいた部屋を通必要があった)
Aちゃんに言ったら「誰もいなかったよ!」とおびえて泣き出すし、Aちゃんの家族にも
何も見えない様子。
で、子供心にも「Aちゃんの家で動く人影が見えても言ってはいけないんだ」と理解する。
Aちゃんの家で、誰もいない部屋で動く人影が見えることはその後も何回かあったが、
それ以降は一度もAちゃんやAちゃんの家族には告げなかった。

それから20年ほど経った後、父と酒を飲んでいるときに幽霊の話になり、この話を
父に話した。すると父が重々しく「あぁ……あの家も色々あったからな」と呟いた。
父の口調が重かったのでそれ以上は聞けなかったが、一体あの家で何があったのか気になる。

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:28
鳥って不思議。

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:33
エニグマスレってなくなっちゃった?

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:36
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1040093555/

これ?まだ新スレできてないよね。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:47
>308似たような事高校生の時友達 の家で見たよ
人の形の白い景がすり硝子のドアの向こうで行ったり来たりしてたよ。友達に言ったら
『止めて!家そうゆうのよくあるの恐い!』って何故か怒られた

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 14:58
>>311
さんくす。エリマキトカゲの話書こうと思ったけど、みつからなかったんだ。
ただ自分の検索文字列間違いだったんだけど。。。

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 15:09
えー、私は元家電量販店にいたので、>>298>>305 にマジレスさせていただくと
最近のテレビは放送や信号を受信していないときには、何分かすると自動的に
電源が切れる機能が付いてます。省エネの為なんだけどね。
ビデオのリモコンでテレビのチャンネルとボリュームは変えれますよ。
メーカーが同じでもいけるし、メーカーが違っても、メーカー設定をすれば、
他メーカーであってもビデオのリモコンでテレビが操作できます。
ただし、画質調整や音質調整はできません。やり方は説明書を見てね。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 16:44
>>312
似た経験があるから怒った友達の気持ちもよくわかる。
「こっちは住んでるんだから、今更そんな事言われなくても分かってるんだよ。只でさえその事で神経すり減らしてるんだから。空気読めよ!。」
って気持ちだったのでしょう。
もちろん言った方に悪意のない事はよく理解しているのですが…。

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 16:55
いまテレビで、蛸焼きの正義の味方と、焼そばとおでんの悪者が戦ってるアニメをやってたんだけど、
子供の頃の俺がもしこれを観てたら多分焼そばとおでんが食べれなくなってただろうなあ。けっこうグロな造形だった。

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:26
>>316
アンパンマソみたいな話なの?

318 :298:03/02/03 17:33
>>314
マジレスどもです。
電源が切れる機能っていうのがあるんですね〜。
勉強になりました。

ひょっとしたら勘違いさせてしまったかもですが・・・
ビデオのリモコンででテレビのチャンネルや音量を変えられるようには
すでに設定はしてますです。

電源切れた時にテレビのリモコンが近くにあったら
オフタイマーか何かを無意識におしちゃってたかなと
思うのですが、テレビがある部屋の隣にいたもんですげー
驚いた次第でございます。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:45
っていうか、たこやきマントマンとアンパンマンは作者が同じ

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:50
実家は、仏間と居間が襖で仕切られているけど、
普段は襖を両側に開いて続けて使っている。

左右に寄せた襖の陰になって居間から見えない場所に、
仏間と玄関をつなぐ引き戸がある。
これは木の重めの引き戸。
この引き戸だけが、昼間突然
ガタガタガタガタガタガタと音をたてて震え出す。

家の内側だから、風って関係ないはずなんだけどな。
居間と仏間の襖や障子やら合計17枚ある中、
死角にあるこの引き戸だけがガタガタなる。
だんだん激しくなっていって
家族も犬も呆然として、そちらを見ていた事があったよ。
怖くて襖の向こうを見に行けなかった。

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 17:54
速報!!中学生の裸を見たいがために
fusianasanトラップに某国立大学生が引っかかりました。
現在祭り中、大学に通報したとのことです。
http://cocoa.2ch.net/test/read.cgi/qa/1038326011/88

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:12
まあ機械だって完璧じゃないから、予想外の誤作動が起きることもある。ゲームのバグと同じですな。
うちのテレビもやたらそういう事があったので、電気屋に持っていったら
「もうちょっと持ってくるのが遅かったら、テレビが火を吹いて大変な事になるところでしたよ!」
って言われた。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:16
ビデオデッキでレンタルビデオ見た後、停止するの忘れていた。
すると、突然、ニョキッって感じでビデオが出てきてびっくり。
テープの最後まで普通に見た状態で、
自動的に巻き戻し、排出、する仕組みらしい。

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 18:41
>319
いや、全然違うだろ。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 20:34
>>308>>312>>315
家の中の人?

326 :しおり:03/02/03 21:17


327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 21:19
>>325
中の人などい(ry

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 22:09
>>279
この話って、山岸涼子のまんが(実話を元にしたらしい)と似てる。
斧と猟銃の両方じゃない?

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/03 22:24
>328
山岸凉子の漫画の元話はこれ。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/tuyama.htm

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 00:24
でってゆう

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 00:31
親戚のおじさんが脳溢血で急逝した。
もともと高血圧の質で、ずっと薬を服用していたのだが、まだ五十代だった。
おじさんは二十年くらい前に離婚して独り暮らし。
柴犬を飼っていたのだが、引き取り手のないその犬を、うちで飼うことになった。
しばらく家族で世話していたのだが、その年の冬は今夜みたく寒い夜が続き、
散歩がなおざりになっていた。
ある日、元気のない犬を見て、ちょっと散歩に連れ出すことにした。
いつもは商店街の方に出掛けるのだが、その夜は犬の自由にさせてやろうと
思った。
うちで飼って三ヶ月ほどになっていたが、まだ以前の飼い主のおじさんを
覚えているかもしせない。


332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 00:31
自宅とおじさんが住んでいた家は四キロほど離れている。
もしかしたら元の主人の家まで行くかもしれない、などと思いながら自由にさせていると、
いつしかこちらを引っ張っていた。
犬は二十分ほど歩いて、人気のない住宅地に入り込んだ。
区画整理の遅れた、細い路地が続く旧市街、コンビニもゲームセンターもない
寂しい町並み。
犬は目的地が分かっているのか、勝手に進んでいく。
そして、立ち止まったのが、一軒の古い木造平屋の家。
あたりの家々はぽつぽつと明かりを灯しているのだが、その家は真っ暗だった。
庭も荒れ放題。
この家に、おじさんの犬を可愛がってくれた住人でもいたのだろうか。
耳をピンと立てた犬を眺めながら、ちょっと様子を窺っていたのだが、
不意に悪寒がした。


333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 00:32
犬が鉄製の門に足をかけ、吠え始める。
門の向こうに、あたかも誰かいるかのように。
慌ててロープを引っ張り、逃げるようにその場を後にした。
おじさんが亡くなったのは、犬の散歩から帰ってすぐだったはずだ。
なぜかはっきりと思い出し、ここに居てはいけないと感じた。
犬が足を踏ん張って、思わず振り返った瞬間だった。
さっきまで誰も居なかった門の前に、
やつれた感じの中年の女性が立っていた。

その夜、おじさんの犬は帰ってこなかった。
今も行方が分からない。


334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 00:39
>>333
面白いと思うんだけど最後がわかりにくいです。
犬を引っ張って連れて帰ったんだけど、その後どっかに逝っちゃったってことですか?

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 01:13
>>333
もしかしてワンちゃん置き去りにして、逃げて来ちゃったの?

・゚・(ノД`)・゚・ ワンちゃん可哀想・・・。


336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 01:17
犬の中のおじさんも大変だな

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 01:38
私が大学1年生のとき、クラブで合宿に行ったときだったか。
小豆島のある旅館で合宿したんだが、普通一回生はだいたい玄関から遠く、
自販機からも遠く、さらに風呂からも遠く、景色もあんまりよくない部屋が
あてがわれるものなんだけど、このときだけは一番便利で景色もいい部屋だった。
その時は、私たちは先輩達が気づかずに部屋割りをしたのかなと思った。
で、それから、荷物を片付けて、上着を押入れに入れようとして、戸を開けたとき、
押入れの中に、蛇らしいものが押入れの壁を登って行くのを見た。
私は、やばいと思って、クラブの同期の子に変なのを見たって言うと、
そいつも「今、私も引き出しの中に人の手が伸びてくる所を見た」と言った。


338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 01:48
二人も変なもの見るなんて相当ヤバイ所だな。

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 05:59
中学の時の話です
付き合ってた彼女が霊が見えるという人でした。その彼女をうちに呼んだ時の事です。
それまでも何度かうちに来て、その度に霊の居場所を指摘して僕をびびらせてくれましたが、その日はなにか違っていました。
うちは以前、仏壇の真横にテレビを置いていたのですが、彼女は部屋に入ってくるなりそのテレビから目を逸らして、それからその方を向こうとはしませんでした。
以前は普通にテレビの前でゲームをやったりしていたし、何より霊を見ても怯える事など今までなかったのです。

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 06:19
僕がなにごとかと聞いてみても、彼女は黙って俯いたまま返事もしてくれません。
そのまま暫くして、緊迫した空気に耐えられなくなった僕はその場をなんとかしようとしました。
そしてテレビの方を見てみると、テレビと仏壇の隙間に…、

「乱縛制服&ブルマー」その他十本…。

しまった!、エロビデオ隠すのを忘れてた!。

月並みな話ですいません。ネタじゃありません実話です。
ビデオを見られた上に、おまけに隠していた性癖がばれた僕はもちろん振られました。

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 07:11
朝っぱらからワラタヨ。
しょうがないよな、そんなビデオもってちゃ。

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 07:34
> 乱縛制服&ブルマー

こりゃまたフェチっすねー…。

343 :339:03/02/04 07:57
スレ汚しで申し訳ない。
それからオ〇ニーは客を入れない離れの部屋でする用にしました。
壁から女の人の手が生えてこっちに手招きしてきたり、夜寝ようとして電気消してベッドに横になったら何物かにデコピンされたり、
パソコンで心霊系のサイトとか開こうものなら窓ガラスが風もないのにブルブル震えだすような部屋ですが。
聞いたら昔、末期癌で亡くなったうちの祖母が死ぬ間際に居た部屋だそうです。
まあでも今まで特に実害は受けた事がないので、気にせずに45してます。

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 08:11
>>343

そんなおまいを見てシンだばーちゃんは泣いているぞ!

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 08:18
非常に不謹慎な話だけど、昔母親が亡くなった時に
「これからはオカンが俺の事をいつも見てるかもしれないから、オ〇ニーがやりずらくなるなあ。」
と思った。まあ一週間で慣れたけどね。

346 :しおり:03/02/04 17:40


347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 18:25
漏れのすんでいる近くで、2年位前だったかな。
犯人が離れた川にそのひいた女の子を投げ捨てたというひき逃げ事件が起きて
未だに犯人は見つかっていないんだけれども、その事件の半年後に
会社の後輩と一緒に飲みに行った帰り、女の子の遺体発見現場に通りがかった。
そこにはお供え物の花やお菓子が置いてあったので、漏れとその後輩はなぜか
そのとき、その現場で手を合わせて「かわいそうに」と言った。
そしたら、そこには漏れら二人しかいないのに、お供え物の所から、
鐘の叩くような「コーン」て音がしたので、怖くなって急いで帰った。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 18:27
昨日の夜11時くらいのこと
駅から家までの道で、歩道の端に蓋付きの排水溝があって
そこに何か所かグレーチングっていう、金属製の格子がはまってるんだけど
その上を歩いてたら、足の裏にグニャっていう感触。
足元を見たら、下からグレーチングの格子を掴んでいる手の指が・・・
ビックリして車道の方に逃げたんだけど、しばらくガチャガチャ音がしてた。
排水溝は幅も深さも30センチくらいで、大人が入れるようなトコじゃないんだけど・・・


349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 19:13
>>343
「まったくウチの孫はしょうがないねー」と言いつつ
339にデコピン喰らわしてる おばぁちゃんが見えるようだ。

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 20:09
少し前の休前日、明け方近くまでオカルト板で怪談を読んでたんですよ。
そしたら午前4時頃だったかな?窓がコンコンって鳴ったんです。
「おいおいこんな時間に誰だよ〜」って少し驚いたけど、
その後何も無かったので大して気にしませんでした。

で、さっきふと思ったんです。
ウチの窓の外って、砂利がある上に背の低い木が植えてあるんです。
窓を叩こうと近付けば、砂利を踏む音とか葉が揺れる音とか聞こえますよね。
でも聞こえたのはノックの音だけ。
ノックの音がしてからしばらく耳を澄ましていたけど、他は何も無し。

「コレを読んだらアナタのところにも・・・」系の話しをたくさん読んだから
その中に本物の幽霊話が混ざってたのかなぁ。
もしカーテンを開けていたら、何が見えたのやら・・・。

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 20:57
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
http://www.atnavi.mlcgi.com/cate/category.cgi?jl=13

必勝競馬!
難解!?な、昨年の有馬記念。
3連複を5点で的中!!
的中よりも、回収率に自信アリ!(^^ゞ

http://www.atnavi.mlcgi.com/cate/category.cgi?jl=13
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 21:08
夜10時過ぎに、車で友人宅から峠越えで帰ろうとしたときのことです。
同乗者が3人の内、2人が寝ていたので、私と運転してくれていた友人の
2人で話をしていました。
しばらく行くと、峠にさしかかりました。
峠の入り口のドライブインに、うどん屋がありました。
うどん屋のガラス張りの窓から、麺をこねている人が見えました。
でも、お店の電気はついていません。。。
同乗者に聞いても「怖いから言わないで!」と言われてしまいました。
思い返してみると、麺をこねていた人は青白かったです。
ほんの数秒しか見ていないのに、服装・・・白くて胸の所がVの字のような服と、
頭にはラーメン屋さんとかでも見るような、正面からだと横に長い四角の帽子・・・
まで覚えています。 あんな時間に電気もつけずに麺を作るのか?と、
未だに謎な出来事でした。

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 21:44
>>337
その部屋がヤバいって先輩達は知ってたんだろうね…。
>>352
次の日の仕込み。経費節減のために電気はつけないor手の感触だけで製麺できる達人。
だということにしとこう!
実はそのドライブイン、昼間行ってみたら既に廃屋だったり?

354 :352:03/02/04 22:08
>>353さん、レスさんきゅうです。
あれからまだ行っていませんが、お昼に行く機会があったら行ってみたいです。
お昼なら怖くないかも?ですね。でも廃屋だったら・・・(怖っ

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 23:18
3年くらい前の話です。その頃、私は職場まで徒歩で通っていました。
朝は9時過ぎに出て、だいたい帰りは夜の9時過ぎぐらいになるのですが、
その途中に、田舎道で街灯の少ない道があります。普段は、駅からニュータウンの
抜け道になっているので通りがかる人が多いのですが、電車が来るまでは
ほぼ誰も通る人はいない、そんな道なんです。
で、お盆のある日、私は夜9時すぎぐらいにその道を通りました。
さすがにお盆なので、その道沿いの民家ではお坊さんを呼んでるらしく、
お経を唱える声が聞こえます。すると、私の正面から制服を着た女子高生が
私のほうに向かってきました。5m3m2mと距離が縮まります。
そして、私と彼女がすれ違ったその瞬間、急にその女子高生が身をよじらせて、
顔がくっつく位まで近づけて私の顔を覗き込んだのです。
私はあまりに急なことだったのでびっくりしました。が、すぐに「失礼な子だなあ」
と思い、振り返ったその瞬間、その女子高生は消えていました。

356 :同時多発テロとwindows:03/02/04 23:24
エクセルやワードが入ってる人はやってみて。
字体をwingなんとか(忘れた)にして、
Q33NY→貿易センタービル住所を入力すると…!

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 23:25
>356
古いぞ、それ。(笑)

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 23:27
>>355
嘘だろ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/04 23:34
子供が、深夜に高熱を出したので、近所の救急病院に行きました。
診察は無事終わり、あとは薬と会計だけということになって
子供と夫は車で待つといいます。
私は1人で、病院の待合室に向かいました。
ところが、深夜のため待合室は真っ暗。
薬局と、会計のところだけ電気がついていたのです。
私は、何気なく真っ暗な待合室の先の方を見つめていました。
すると、白い影がチラチラ見えます。
看護婦さんでした。フラフラと待合室の隅を左右に歩いています。
妙なことに気が付きました。
彼女は、宙に浮いているんです!!
その時、薬局の人に名前を呼ばれました。
一瞬目を離した後、再び看護婦さんの方に目を向けると
誰もいないのです。確かにその時までいた人が・・・・。


360 :しおり:03/02/04 23:59


361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 00:25
age

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 00:39
>>360-361

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 00:55
>>356
Wingdingsだろ?
Q33NY→貿易センタービル住所
ジャンボジェットにビルが二つに髑髏マークとダビデの星か(w
懐かしいね。
これ初めて見た時は「見つけたヤシ凄い!」とオモタけどな。

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 01:05
昨夜のマジでなぞな話・・・

自分は夢を見ていました
古い箪笥が寝ている視野に入る風景で
「これは古いなあ・・・」
「30年はとうに昔のだ・・・」
と誰かが話してるのか、思っているか・・・の夢でした
自分はその夢の中で、この部屋でHしたいと思いました
それはまずい・・親戚もいるのに・・・???
でも相手に「してくれ・・・」と頼んだとき
夢から覚めました

朝6時前後に目がさめました(起きるのは7時過ぎごろ)
どうしても寝付けなくて、空気が重くて、寝返りを打っていました
しょうがない・・夢の続きでHなことでも考えよう・・・と
早朝なので自己解決しようと思い、一人ことに及ぶことにしました
でもなんか集中できないんです

つづく


365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 01:12
364つづき

なんか空気が重いというか・・・だれか見ていそうで、集中できないんです
でもこれが終わらなければ寝れない!仕事に差し支えある!と思って
気にせず続けました
なんとか終わって自分は眠りにつきました
その朝・・・小さな畑をはさんだ向かいの家で、近所の人が数人話し込んでいました
自分は会社に遅刻しそうで、お構いなしに出勤しました
帰ってくると、配偶者が「お向かいなんかあったのかな?」と言う
この辺は昔からいる人がほとんどで、新参者の自分はなにが起きているのか
まったく知らない・・・誰か亡くなったのか??
もしかして、今日の朝に亡くなったのか?
もしかして自分の自己処理を見られたか???
なんかどうしようもなく自己処理を後悔するのです・・・

わかりにくくてスマソ

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 01:14
またしても続くんだけど
近所の人にことのあらましと、向かいの家の中や、死亡したのなら
時間を聞いてみようと思ってる

つまんなくてほんと悪い・・・

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 01:33
>>356
ttp://osi.cool.ne.jp/UL/n95.htm

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 18:00
つまらなかろうが文がわかりにくかろうが書かない奴よりはまし。
がんばってくれ>366

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 18:21
>>355
近所と似た感じの場所なので余計怖かった・・・

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 20:09
>>365-366
一番わかりにくいのはあなたの性別です
女性だったら俄然興味深くな(ry


371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 20:17
親戚のおじさんの葬式に行ってきました。
やっぱり葬式が終わるまで、霊って家に居るんですね。
葬式が終わっておじさんの話しをしていたら、仏間の壁に飾っておいた
おじさんの写真がガターンと落ちました。
あと、昼間にはインターホンが鳴って、出ても誰も居なかったし
電池を抜いて放置してあったベッドの傍の目覚まし時計がリン・・と小さく鳴りました。

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 20:29
野良犬の「おっさん」とにかく顔がのっぺりしてたからついた名前。
イイ奴だったのに、近所のヤクザ一家が保健所に通報してそれっきり。
その後、ヤクザの家は原因不明で出火、全焼。それを機に一家離散・・・
うーん、こうやって書くと「ちょっとイイ話」の範疇だな。

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 20:42
>>372
「おっさん」かわいそう。
・゚・(ノД`)・゚・  

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 20:45
野良犬を「イイ奴」と評する372の人柄が伺えるな。
ほんのりいい話だ。

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/05 21:02
のらいぬは捕まえる決まりだもんなぁ

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 00:02
つい最近の話。

去年の夏、折れの親父が亡くなった。
親父は長年入退院を繰り返していて、病院に入院する度にチョットづつ
痴呆が進んで行っていた。
最終的には寝たきりになって、折れは病院に詰めっきりなってた。
その親父が亡くなった後、仕事の事や家庭の事、それに長年の看病で
精神的にウツ入ってしまった。
正月明け後仕事に行くのも辛くなって来て先々週、一週間の休みを
もらった。
何をするでもなく布団も敷きっぱなしにして、パソだけ立ち上げて、
ただ横になってばかりいた。
ボーっとしていて瞬きした瞬間に、何故か違和感がある。
部屋の中は変わりなく、側にあるパソも変化無く。
でも、何か変なんだ。
フッと横を見ると親父が横に座ってた。
横を向いて座ってて、折れは何の疑問も無く親父に
「これ、食べる?」と側にあったシュークリームを(何故だかあった)
差し出してて、親父は少し笑って「ん。」と受け取ってた。
そこで瞬きすると、親父は消えてたよ。
真昼間に夢を見ていたんだろうな。
ただあまりにリアルで、しかも一瞬で夢の中に居て、一瞬で覚めた。
やっぱ、折れの事心配してるんだろうか。
全然怖いと思わなかった。
チョト不思議な体験だったよ。

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 00:08
↑何か良い話でつ・・・

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 06:15
>>376
こういう話って、自分の無意識が見せる幻なのかな?
私としては、376さんのお父さんが心配して(というより、安心させようとして?)
出てきたと思っちゃいます…
お父さんに守られてる376さんに幸あれという気持ちです。
ほんのり怖いというより、心霊いい話向きですね。

379 :376:03/02/06 08:44
>>377-378
ありがとうございます。
あまりにリアルで、すごい不思議でした。
何でシュークリームなんだろうと、そっちが気になってしまった(笑)
現実には側にシュークリームは無かったんです。

まだチョトウツ入ってるせいか、今読み返すと彼方此方文章が抜けてて繋がらない
処がありました。

>何をするでもなく布団も敷きっぱなしにして、パソだけ立ち上げて、
>ただ横になってばかりいた。

の後に
”三日間、朝起きてそのまま着替えもしないで布団の上でボーっと
してた。
4日目もやはり朝起きて、そのまま何をするでもなくただ布団の上
に居るだけで、そのまま昼になってしまった。
掛け布団だけ畳んで、それを背もたれにして寝るでもなく転がって
居た時だった。”

>ボーっとしていて瞬きした瞬間に、何故か違和感がある。

と続きます。
読み難くてすみませんでした。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 09:26
コレガイシュツ?
下の方の画像が・・・
ttp://homepage2.nifty.com/nariki/diary_special_1.htm

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 09:53
>>376
ちょっといいな。私も死んだばあちゃんが出てきてくれたら
話したいことあるのに。たぶん自分の死んだ家族がそういう形で
でてきても、ちっとも怖くないんじゃないかと思う。

382 :しおり:03/02/06 18:14


383 :しおり:03/02/06 18:31


384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 18:37
>>382-383
海原さおり さんですか?

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 21:27
まあ、むちゃくちゃどうでもいい話だけど、家電量販店の店員って
メガネかけてる奴、多くね?
漏れ、以前店頭で頼んでる品物があって、それ入ってるかどうか
聞きに行ったんだけど、頼んだ店員の人の名前を忘れてしまってて、
他の店員の人に聞いてみたけど埒があかなくて、
その人呼んでくださいって言ったんだけど、名前知らないもんだから、
「メガネかけてる人で、170cmぐらいの背でやせてる人はいませんか」
って言ったら、控え室みたいな所からメガネかけて170cmぐらいの背丈の
やせてる人が6人ぐらいゾロゾロ出てきて、「このうちの誰ですか?」だって。
みんな同じ顔だったから、怖くなって飛んで帰った。




386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 21:37
>>385 ワラタ

387 :しおり:03/02/06 22:09
>>384
そうです

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 22:13
同じ顔といえば、高速の料金所のおじさんはみんな同じ顔をしている。
あれ?! さっき100km手前の料金所でカード渡しましたよね?! みたいな。

389 :モルダー ◆ugwYGoa3C6 :03/02/06 22:38
中学一年の夏、俺は霊感が強かった。(1999年)

●毎夜2時に絶対目が覚める。
●目を瞑ると確実に人(霊?)がいくつもでてくる。
●夜道を一人で歩くと耳元で名前を呼ばれる、生暖かい吐息もかかる。
こうゆうのが続いてた。

ほんのり恐い体験は。

ある晩、俺が2階に居たとき、1階に居る母に用があったので「お母さーん。」と呼んでいた時の事。
返事がないので何度か呼んでいると、外から「なあにい?」と聞こえる。小さな女の子の甲高い声(かんだかいこえ)だった
耳の錯覚か?外に居た誰かの勘違いかなぁ?と思ってもう一度呼んでみた。
するとさっきとまったく同じトーンで「なあにい?」と声がする、んでびびった俺は一階に行って母親に確かめた
俺の声は全く届いていなかったという。



390 :しおり:03/02/06 22:47


391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 23:06
高校の修学旅行に行った時の話。
消灯時間が過ぎていたが、友達の部屋に遊びに行った。
ドアをあけると部屋が真っ暗。
前もって行くことは言ってあったので真っ暗はおかしいなと思った。
廊下からの薄明かりもなく、目の前に誰かいてもわからないくらいの暗闇。
とりあえず電気をつけようと壁を探ると、誰かに足を捕まれた。
びっくりして廊下に出て、すぐに部屋のぞくと普通に電気がついていて、友達が遊んでいた。
「今、電気消して驚かそうとしてた?」と聞いたら、そんなことはしていないし、私は部屋に入ってきていないという。

考えてみると、ホテルだったのに廊下からの明かりも入らず、足元灯もあったのに真っ暗になったのがおかしい。

腑に落ちないまま、友達とトランプをし始めた。
すると友達が「シッペでもされたの?」と聞く。
自分の腕を見てみると、さっき真っ暗闇で捕まれたところにすごく長い指の跡らしきものが2本くっきりと残っていた。

あんまり怖くない話でごめんなさい。




392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 23:14
>とりあえず電気をつけようと壁を探ると、誰かに足を捕まれた。
>自分の腕を見てみると、さっき真っ暗闇で捕まれたところにすごく長い指の跡らしきものが2本くっきりと残っていた。

捕まれたのは足腕どっちなんだ




393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/06 23:18
>>393
何が省略されたんだ?

394 :391:03/02/06 23:21
>>392
腕でつ・・ごめんなさい間違えました。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 01:58
中学校の時、部活で遅くなって結構暗くなってしまった。校舎の廊下を歩いていたら
向こうから見たこと無い女の子が歩いてきた。学校大きかったから知らない子がい
て当たり前なんだけど。その子はうちの制服を着ていて、手に何かを持っている。
こっちの方は全然見て無くてひたすら前を見てる。まるでマネキンみたいに姿勢が
動かない。
すれ違う時にみたらその女の子が手に持っていたのは生の生理用ナプキンだった。
血がべっとり付いたヤツ。そして「うふふ、うふふ」と前を凝視したまま笑いながら
歩いていった。
怖かった・・・あれは誰だったんだろう。


396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 02:36
二年前、まだバスジャックの事件がニュース番組とかで盛んに取り上げられてた頃の話です。
スクールバスでの下校途中、信号待ちでバスが止まってるときにふと窓の外を見てみると
青白い顔をした男がバスに駆け寄ってきた。何をするのかなと思って見ていると、その男は
悲痛な顔でバスの扉を開けようとしていた。10秒ほどドアと格闘して、開かないと判断したのか、今度は
バスの前に立ちはだかって運転手に向かってなにやらドアをあけろみたいなことを喚いていた。
そのとき私は時期が時期だけにバスジャックするつもりでそんなことをしてるんだったらどうしようと思い、
運転手さんドア開けないでと祈っていた。運転手さんがその男に向かって「あっちに行け!」とどなると
男は一瞬びくっとしてどこかに走り去っていった。あれ以来その男は現れないいけど、今でもそこを通ると
辺りを見回してしまいます。

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 04:12
>>337
遅レスすまそ。
私の部活も毎年小豆島で合宿をやっているのですごい気になりまつた。
島の西半分には山一面墓地みたいなところがあって合宿場所はそのすぐ
近くなのよね。
で夏とか悪ふざけでそこで肝試しをやったりするんだけど、わしはキャラ
で脅かし役をやらされることになって…。
一人でポツンと待ってっても誰も来ない。
私の隣には立派な無縁仏で、1時間くらい粘ったけど誰も来ない。
その時不意に猫がニャオンって鳴いたのを聞いて、取り乱し足に擦り傷を
おいながら一目散に逃げますた。
帰ってから他の奴らに詰め寄ると気分悪くなった奴がいてそいつを宿まで
おくってたんだと。俺を忘れるなよ!
全然怖くとも何ともないが、小さな島ってそれっぽい雰囲気があるよね。
一つ二つ怖い話があってもおかしくないよねぇ。

398 :しおり:03/02/07 05:14
8

399 :ネスカフェの怪:03/02/07 10:06
さっきコーヒーを飲もうと、飲みかけのマグカップを洗って拭いてインスタントコーヒーを
スプーンで掬ってカップを覗いたら、すでにいくらかインスタントコーヒーの粉が
底に入っていた。

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 10:38
>>399
病院へ行った方が良いのでは

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 14:51
>>399
何故だか分からんがワロタ

402 :しおり:03/02/07 18:15


403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 18:37
シオリーアヒャ(゚∀゚)ノ

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 18:53
去年の夏ごろのことです。或る不思議な体験をしました。
私は趣味で西洋人形を作っています。で、その日は人形の全てのパーツが出来上がったので
組み立てて、その日は夜も遅くなったので寝ることにしました。
朝4時30分ぐらいだったでしょうか、空がほんの少し明るくなり始める時間。
当然、私もその時間は眠っているのですが、天井からドタドタと音がしました。
私の家は2階建ての一軒家で、私は2階に寝室があり、その上は当然屋根です。
目を閉じたまま「うるさいなあ、鳥かな」とぼんやり聞いていましたが、よくよく聞くと
結構重量の或る生き物のようで、2つの方向からドタドタと言う音がしました。
それが部屋の上をぐるぐる回りながら追いかけっこしているような感じでした。
私はネコが屋根の上で追いかけっこしているのかなと思い、「うるさい!!」と怒鳴り
起き上がった瞬間、目を疑いました。
作りかけの西洋人形が、2体さかさまになった状態で、照明器具を中心にして
輪を描くように追いかけっこをしているのを見てしまいました。
私は気を失って、そのまま眠ってしまった・・・・。
で、朝になって目が覚めて人形を確認すると、昨晩机の上に寝かせて置いてあった筈が、
私の椅子に2体並んで座るように置かれてありました。

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 19:14
>>404
西洋人形に限らないけど、人形には人の念みたいなものが
つきやすいから、そういう話はよくあるみたい。

個人的には西洋人形は怖いので・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 19:52
オレの作ったエロいフィギュアも動き出せばいいのにな…(;´Д`)ハァハァ

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 19:58
>>406
ザーメンでもぶっ掛けて念を込めてみるとか?(w

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:10
>>407


409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:21
>>407
その図が、ほんのり怖いw

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:25
>>407
それでフィギュアが身ごもったらw

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:29
知り合いのナースの病院であったことなんだけど。
意地の悪いおばさんナースがいて、患者さんからの評判も
悪かったんだって。病院の食堂で患者と見舞いに来た家族が
食事をしていることがよくあるんだけど、その意地悪ナースが
受付を担当すると、「規則で患者以外の人は利用できません」と
追い払ってしまう。体の産毛を剃る時も乱暴で、そいつが担当すると
患者は切り傷が残ってたりする。
で、或る時期、個室に入院していたお婆さんを、その意地悪が担当したんだけど
お婆さんが担当医に意地悪ナースの告げ口をした。
意地悪ナースは注意されて根に持ち、その後容態が悪化して、食事もとれず
口が利けなくなったお婆さんに辛く当たっていたらしい。
お婆さんの体につねったような痕が残ってたり、夜中にうめき声が聞こえてきて
人が駆けつけてみると、部屋に意地悪ナースがいて、「声がしたので様子を見ていました」と
言い訳していたそうだけど、周囲は意地悪ナースが何かしているのでは?と噂していた。


412 :つづき:03/02/07 20:30
ある夜、当直室にいた意地悪ナースに異変が起こった。突然体が揺れ始めて
床にしゃがみこみ、失禁した。「う〜う〜」と唸ってうずくまり、同僚達に
助けられて病室に運ばれた。そしてその同じ夜に、例のお婆さんは亡くなった。
異変が起きた時と時間帯が同じだったらしい。
その後意地悪ナースは入院。でも原因がわからない。そして
なぜか口が利けなくなっていた。みんな、お婆さんが仕返ししているんだと
怯えた。夜中になると、時々意地悪ナースは、あのお婆さんのように
うめき声をあげた。いつまでたっても容態がよくならず、半信半疑ながらも
噂を訊いた例のお婆さんの家族がお見舞いにきて「おばあちゃん。もしいるなら
この人を許してあげて。早く天国で安らかに眠ってください」と手を合わせた。
そうしたら、意地悪ナースが「許して〜!!」と倒れてから初めてしゃべった。
その日を境に容態は回復し退院して、ナースは仕事を辞めた。
霊感があるという評判の某ナースは、夜中に意地悪ナースの部屋の様子を見たときに
お婆さんが意地悪ナースの上にまたがり、ナースの口を両手でグイグイと抑えているのを
一瞬見た・・といっていたそうだ。





413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:38
誰か「世田谷区、目黒区の心霊スポット」スレにあった
ダイエー裏の怖い家の話をとってある人がいたらアプして
ください。
よろしく。

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:50
>>406
うちのガンプラも動き出して
「当たらなければどうということはない!」「ちいっ、させるかー!」
とか言ってくれたらいいのに。

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:54
>>406
うちのデーポ人形も動き出して
「ヘイ!!テメーのキ○タマ!!噛み切ってやるぜメーン!!!」
とか言ってくれたらオラオラ1000発叩き込むのに。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 20:57
自演?(w

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 21:02
>>416
少なくとも2人以上はいるので安心しる。
空気読めない奴って言われない?

418 :広島にて:03/02/07 21:27
俺が広島にあるF級DQN大学の学生だった頃の体験談です。
当時の俺は入っていた体育局系クラブを途中で辞めたものの、そのクラブの
部員である同期生や後輩たちなどと麻雀ばかりしている馬鹿者でした。
十一月になった頃だったと思いますが、友人の部屋でいつものように麻雀を
していると、後輩がやってきて「○○○(某コンビニ)の前で、すごい事故
やっとりますよ」と教えてくれたんです。
すでに四時間くらい麻雀をしていた我々は、休憩がてら事故現場の野次馬に
行くことにしました。
現場に着くと、すでに事故の被害者は救急車で運ばれた後でしたが、ただごと
で済んでいないことは明白でした。
単独事故のようでしたが、車のボンネットが潰れて運転席・助手席も圧縮
されたように潰れていたこともありましたが、それより現場に漂う臭いです。
血と糞とゲロが混じった臭いが現場に漂っていました。
その臭いのせいか俺は、「車に乗っていた人は生きていないだろう」と直感的
に思いました。
さて、現場に着いた我々はしばらく事故処理を眺めていましたが、その日は
とても寒かったし腹もすいてきたので事故現場の真ん前にあるコンビニに入り
、暖かいコーヒーや夜食を買って部屋まで帰ることにしました。
前置きが長くてすいません。問題はここからです。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 21:27
http://www.m-n-j.com/town/meeting/sogen/cosplay/cos2002/63com371.jpg
ほんのり怖い・・・・。

420 :広島にて:03/02/07 21:28
コンビニに入るとすぐに、通路に座り込んでいる女性いました。
「ん?何じゃ?へんな所に座りゃーがって。邪魔じゃ!」とちょっとムカついた俺は
女性の顔に視線を向けたんですが、次の瞬間「!!……(汗ヽ(`Д´)ノウワァァン!! 」な状態に。
なぜならその女性の顔ときたら、まるでボクサーにでも殴られまくったように顔中
青あざ・赤あざだらけで腫上り、口は半開き、床にペタンと力無く座って、ぼーっとした表情で
虚空の一点を見つめているという状態でした。
ひどい怪我人だと思いましたが、当時の俺は冷たいもので「もし事故の被害者でなくても、
これだけの怪我をしているんだから、表にいる警察がなんとかするだろう。それにコンビニ
側の人間もこんな怪我人が座り込んでいたら商売の邪魔だからなんとかするさ」と放置する
ことにして、そそくさと店の奥に進みました。
そして、コンビニの一番奥にあった雑誌コーナーで立ち読みをしばらくしていましたが、
さっきの女性が気になり、その女性が座り込んでいたところを見ると、女性はいなくなって
いました。
「あー、警察か店の人が病院に連れて行ったのかな?それなら良かった」と安心し、
さっさと帰って麻雀の続きがしたかったので、仲間がどこにいるか店内を見回しました。
ところが「!!!!!!!!」です。あの女性がまだ店内にいるのです。そればかりかあの酷い状態
なのに店の中を飛び跳ねながら移動しているのです。
首には力が入らないのか、飛び上がったり着地するたびに頭が前後左右に揺れています。
表情は相変わらず呆けたような感じで、視線は上目を向いたままです。
小柄な女性なのか、その女性が飛び跳ねながら商品棚の向こう側に行くと、着地した時は
姿が棚で完全に隠れるものの、飛び上がった時は顎から上が棚の上に現れて、不気味さえも
醸し出しているような状態でした。

421 :広島にて:03/02/07 21:30
その女性が怖いというより痛ましさを感じた俺は、その場にいるのが辛くなってしまったので、
さっさとコーヒーを買って店を出ることにしました。
コーヒーを持ってレジまで行くと、店員はもう一人の店員と「明日は、あのパチンコ
屋のあの台に座ろう」とか馬鹿話をしています。
俺は、女性を放置した自分のことは棚に上げて「お前らは店員じゃろーが!変な客がおるんじゃけん
何とかせーや!」とも思いましたが、何も言わず清算を済まして、あの女性を横目にしながら
店を出て、外で仲間を待つことにしました。
外に出てコーヒーを飲みながら待っていると、後輩Aが出てきたので先ほどの女性のことについて
話しかけると「そんなの見んかったですよ。そがあな女がおりましたか?」とか言いやがります。
続いて出てきた後輩Bは「見ましたよ。気色悪かったですね」とその女性がいたことを
肯定したのですが、後輩Aは「店に入ったときからそんな女はいない」と言い張ります。
その次に同期生のCとDが出てきたので、そいつらにも「変な女」がいたかどうか聞いてみると
Cは「そんな女はいなかった」、Dは「そういえば女の人が座っていたかなあ」といいます。

422 :広島にて:03/02/07 21:31
その女がいたかどうかで意見が割れたところで、その店の前に俺のパチスロ仲間がやってきたので、
俺はそいつに、店の中に顔をボコボコに腫らした女がいるかどうか確かめてきてもらうことに
し、パチスロ仲間は店に入っていきました。
そして出てきたそいつにいたかどうか確かめると「居なかったよ。ひょっとしたらもう
店を出たんじゃないんか」との返事。
でも少なくとも俺が店を出てからそれまでの間に、例の女性は店の外に出ていないのは事実です。
はっきりと目撃した俺と後輩Bは「?」「どういうこと?」と顔を見合わせました。
よくよく考えてみたらおかしな話です。
あれほど顔が腫上った女性がいて、しかも気が狂ったような行動をしていて、店員も店のすぐ外
いる警官も放置している。
目撃しなかった同期生Cと後輩Aはともかく、他のお客さんも別に変わったそぶりを
みせていなかったことに気づきました。その様な女性がいたら、普通、まわりの何人かは
その女性を助けるか眺めるか、眺めるほどでなくてもチロチロ見るはずです。
でもそんなそぶりを誰もしていなかったことに俺と後輩Bは気づいたのです。
気味が悪くなった俺たちは、さっさと部屋に帰ることにしました。
友人の部屋に帰るとすぐに何故か俺は急な高熱を起こし寝込んでしまいました。

423 :広島にて:03/02/07 21:33
あの女性がいったい何者でどうして店にいたのかわかりません。
ひょっとしたら通りすがりの怪我人だったのかもしれません。
俺が熱を出して寝たのは偶然だったのでしょう。
ただ後日聞いた、その交通事故で女性が亡くなったことと、その現場付近では割と見通しがいい
直線にもかかわらず交通事故が多発していること・その近辺で飛び降り自殺が何回かあったこと
は忘れられません。それがもしデマであろうとなかろうと。
それからというもの交通事故現場を興味本位で見に行くのは止めてしまいました。

もしその事故で本当に人が亡くなられているのなら、心からご冥福を
お祈りします。

話のオチがないスレ汚しの駄文長文ですいません。


424 :桜少年:03/02/07 21:45
>広島にて
コワ〜。
今でもその女性のことは脳裏に焼きついていますか?

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 21:51

「死んだはずの弟がコタツで寝ていた」

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030208-00000094-mai-soci

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 22:03
長くて読むの面倒

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 22:05
番組内で『笑福亭○瓶』が心霊体験のお便りを扱うコーナーがあり、
女子高生から一通の手紙と写真が送られてきた。
その写真には本人と友人が2人写っていました。
2人の友人は写真に写っていない部位があり(足と腕)
その写真を撮った後、2人は亡くなったそうです。
その2人の遺体は写真に写つらなかった部分が無くなっていました…
そして本人は首が写っておらず「怖くて外出できません」
と言う意味合いの手紙でした。

それを読んだ○瓶は、
「そんな事、あるはず無い!きっと偶然やっ!今から局に来い!」
と言いました。
だが女子高生は中々了承せず○瓶が、
「局からタクシーをよこすから、それなら安心やろ!」
と彼女を説得しスタジオにくる事になりました。


428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 22:06
しかし…
いくら待っても彼女は現れず結局放送時間も後わずかになりました。
しばらくして担当のADが慌てて○瓶の控室にきて、
「彼女を乗せたタクシーが事故にあった!」と告げにきました。
彼女の身に何が起きたのか…
VTR収録中電話でTV局に来る様に説得され彼女は、
母親同伴でTV局には着きました。
だが、タクシーから降りようとした時に暴走してきたバイクが
タクシーに追突…

彼女は首が切断され即死…それを目の当たりにした母親が錯乱し、
自分の娘の返り血を大量に浴び、スタジオへ、
○瓶に血だらけの手で掴みかかろうとしました。
しかしスタッフに静止され、母親は事故現場に戻り、
『切断された娘の首』を持ち再びスタジオへ…

あまりの異様な状態に誰も母親を止める事ができず…
公開放送だった為観客は悲鳴を上げるだけ。
カメラは天井を写し続けたままCMに雪崩込みその時点で
放送は終わったそうです。
その後当然番組は打ち切りになり、
○瓶は責任を感じ活動を自粛したそうです。
何でもこの話は業界では禁句になってるそうです。


429 :広島にて:03/02/07 22:18
>>424
覚えてます。
今でも若い女の子が床にペタンと座っているのを見ると、あの女性の顔を
思い出してしまいます。

>>427
どうもすいませんね。ごめんなさい。

430 :広島にて:03/02/07 22:20
>>427
ではなく
>>426さんでした。またまたごめんなさい。

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 22:32
>>427-428
それって本当なのかなぁ〜
あまりにも色々なバージョンがあるんだよな。
(TV→ラジオ、女子高生→男子大学生 とか。)
都市伝説と化してるよな。

432 :桜少年:03/02/07 22:40
>広島にて
新聞にその事故の記事載ってなかったの?その女性の顔写真とか・・・

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 22:45
>>418-432
ほんのりなのにコワイじゃんうそつき!

今、自分の部屋で2ちゃんロムってて
部屋のドアの外で、フライパンのようなものが落ちる音がしました。
結構大きい音でした。
トイレに行こうと思い廊下に出たら、なんとリビングといい廊下といい
キッチンといい、照明がすべて消えて真っ暗闇。
暖房も見事に切られている
ついさっきまでいた父や母や妹の姿も見あたらない
数十分前まで、こたつでバックトゥザ未来見てたやん。
オレ以外、みんなフロ入って寝間着着てたじゃん。

みんな一体どこに消えたんだ?
不安になり、妹の携帯電話に電話してみた。
したら、今すっごい近くで宇多田の新曲の着メロが流れてきた。
オレの部屋の中。マジでビビリ。
ダメだ。
なんか1人で部屋の中にいたくなくなってきた。
きしょすぎ。というわけでコンビニかどっかに消える。

あ。外の車を見てくれば、みんなどこ行ったかわかるかも…
それじゃ。しばらく回線切る
さらば

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 22:57
>>433
とりあえずもちつけ。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 23:06
>>433
うむ、もちつけ。
私的な日記を綴るスレじゃないから。

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 23:22
>>427
その番組って「突然 ガバチョ」とかいう番組だったねえ。
見たよ・・・・・・・・・・・。


437 :433:03/02/07 23:27
>>434-435
ただいまコンビニから帰宅。おちつけませんよ。
まだ帰ってこないし、車あるけどみんなの靴はない。
家族が行方不明なんですよ。

で、このレスで最後にしますから聞いて下さい。
オレの部屋にあった宇多田の着メロの妹の携帯
今よくよくみたら妹のじゃないみたいなんです。
というのも最新型のカメラ付だし、色も違うような気がする。
試しにもう一回、オレの電話から妹の携帯番号に電話かけたんですよ。

そうしたら、この回線は使われていない…と
カメラ付携帯の着信履歴をずっとみたら、公衆着信がたくさん
あと家の電話番号。とアドレス帳には1件も登録なし、
発信履歴なし。
これってどういうことでしょう?

オレの家族の身(妹)に何か良くないことが起こったのでしょうか?
とりあえず12時過ぎて帰って来なかったら、親戚の家に電話します。
それではスレ汚しごめんなさいでした。

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 23:29
気になるんで結果報告よろしく(ノ゚Д゚)

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 23:39
たまにはライブものも良いかと。
続報待ってます。

440 :広島にて:03/02/07 23:42
>>432
当時は新聞を取っていなかったし、暫くは熱出して寝込んでいたので
テレビのニュースも見ていません。
ニュースを見た当時の友人の話では、その事故で亡くなられたのは、
当時広島市で開催されていたあるイベントの関係者とのことでした。
誰かが亡くなっているというのは俺が直感的に思ったことですが、
それが妄想で、俺の友人もうそを言っていたのならいいのになあ。

>>433
鈍い俺にとっては、ほんのりと怖いと言うか
ほんのり気味の悪い体験談なんです。
ごめんなさいね。

441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/07 23:49
怖くないよね?

442 :しおり:03/02/07 23:52
7

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 00:09
>>433
きっとおまえに内緒で、みんなでおいしいものを・・・・。

444 :桜少年:03/02/08 00:10
>広島にて
図書館に行って当事の新聞を検索するという手もあるけど・・・
まぁそこまでせんでもね。

>>433
ほんのり気になる

探偵ナイトがつまらんかったな。もう寝よう。

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 00:13
>>433
今日はお前の誕生日だ。
きっと押入れの中で三角帽子かぶって待ってるよ。

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 00:20
>>433
家族は生きています。
そんなに遠くには行っていません。

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 00:29
母は若い頃和裁をやっていました。

私が通学していた中学校はなぜか秋の体育祭の時に女子が浴衣を着て
地元の民謡を踊る、というのが恒例になっていて、
私はどうせなら自分で縫った浴衣で踊りたいと思い、母に教わりながら
浴衣を縫い始めました。

その日、片方の袖を身頃に縫いつけて、疲れたのでもう片方の袖は明日
身頃に縫い付けることにして針をしまおうとすると、母が言いました。

「片方の袖を付けたら、必ず同じ日にもう片方の袖も付けてから寝なさい。
そうしないと、なぜ片方の袖のまま放っておくんだと着物がやって来るから」

…着物が恨みがましくやって来ると…?はぃ?お母さん、それはギャグですか?

笑う私に母は青ざめた顔で言ってくれました。
「昔、和裁を習っていた先生が、寝ている時に恐い目にあったと言って…。
お母さんも信じてなかったから、一度片方の袖を付けたままで寝たら…」
母、沈黙。しょうがないので眠い目をこすって両袖を身頃に付けてから寝ました。

普段、滅多な事で驚いたり恐がったりしない母の怯えた顔が恐かった。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 00:34
>>447
ホントかどうか確認すべきだったなぁ〜(w
怖いことがホントに起こったら「洒落にならないくらい怖い話・・・」に
昇格だったのに (違

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 00:57
>>436
この話都市伝説かと思ってたけどマジなのか!

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:09
ガバチョは最終回まで欠かさず見てたけど、そんなのあったっけ?。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:09
うちの母は若い頃盆栽をやっていませんでした。




452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:13
>>200

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:22
433が気になってしょうがないんだが…

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:26
今家族が帰ってきたでしょ。
捜索願い出さなくて良かったね。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:44
>427-428
2年くらい前に、ツルベ自身が出演する関西の番組で、その噂の検証
やってたよ(w
ちなみに4年程前、その番組でライターやってた人に聞いたところ
「嘘だよ」と言ってました。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 01:55
エロい事を考えるとペニスが固くなるのが怖いです

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:08
ツルベの話はさんざん既出のヤツだよな。
ラジオの話もあったっけ。
長いこと同じ板みてるとネタがループするな・・・

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:13
>>456

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:15
あ〜うんこしてぇ

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:15
鶴瓶の話は本当だよ。
うちのおばさんがスタジオに見に行ってたです。

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:16
ほんのり板なんで書きます。てか全然恐くないけど
私はよく白い蛇やトカゲをみるんです。で、毎年大体十回ほどみるんですが、毎年大体五月頃に必ず見る小さな御社があります。やはり、これは神様なんでしょうかね。
不思議な話でした。

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:26
ふざけんじゃねぇ

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:28
ネタもとが関西人っていう時点で俺的に信憑性0。
目立つためなら誇張や捏造は平気でするからな。

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:34
関西人はチョンが多いから仕方ないよ

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:36
関西人で何が悪い!!

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:37
東夷野人よりかマシ

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:46
東野の頭は固焼きそば

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:53
ネタ元が関西芸人となったらほぼ捏造確定。
話してる間じゅう
「どう?俺こんな怖い体験したんだぜ。すごいだろ?」
つーオーラ出まくってて萎える。

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 02:53
深夜の山の中でカップルがドライブしてたら、女の子が出てきて、実は・・
ていう話のコピペありませんか?

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/02/08 03:28
デジタル表示の数字が目に入ってきた時には、
その数字が必ずゾロ目とかなんですよ。

あたい死んじゃう

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 03:33
>>470
デジタル表示のスロットでもやれ。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 03:48
>>470
自分では気付いてないかも知れないけど、頻繁に時計見てんだよね。
無意識にチラチラと。
で、ゾロ目の時だけいやに印象に残る。
俺も昔気になった時期があったよ。

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 07:41
うちの祖父曰く、我が家の庭に昔、白蛇がおったそうな。
たまに家のなかを徘徊したりしてたけど、神の使いで有り難いから追い出したりはしなかったそうな。
生卵をあげたらキレイに丸呑みしたって。
それにしても我が家にはなんで神棚が二つもあるんだ?。
しかも一つは押入れの中なんかに置いてあるし。

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 08:40
家に帰って玄関で「ただいまー」って言ったら
中から妹の声でが「おかえりー」って聞こえた
家には誰もいなかった。

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 09:14
>>433
責任持って経過報告してくれ。
気になって眠れん。(まぁ今起きたばかりなんだが)

476 :しおり:03/02/08 09:17


477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 09:55
偶然なのかもしれないけど、未だに不気味な思い出がある。
子供の頃、幽霊屋敷と噂されている木造の平屋の空き家があった。
家の傍に生えている雑草の中に、茎を折ると赤い汁が出る草があったりして
(名前は知らん)血の出る呪いの草が生えていると言われていた。
怖い物見たさで、そこに友達数人と肝試しにいった日のこと。
(怖いから昼間に行った)
家の中に入ることはできなかったんで、荒れ果てた庭を探検することにした。
縁側から家の中を覗いてみると、障子や壁がボロボロになっていて、ゴミが畳みの上に
散乱していて、割れた三面鏡がその奥の部屋に置いてあった。その光景は凄く不気味で
結構強く記憶に残ってる。
で、一緒に来ていたA君が「中に人がいるよ。」って言うんだよね。
「ほら、奥の鏡の前にいるよ。着物のお姉さんが、こっちを見てるじゃん。」
A君以外は誰も見えないんで、みんなA君が怖がらせようとして言ってるんだと思ったんだけど
急に怖くなって競争するように庭から逃げ出した(ワラ
それで次の日学校に行ったらA君は休みだった。「どうしたんだろ?みんなで
放課後にお見舞いに行こうぜ。」なんて話していたら、先生が入ってきて
A君が交通事故に遭って救急車で運ばれたと。
A君は命の別状はなかったけど、長い入院で結局1学年遅らせることになってしまった。
あの家が関係していると思うのはこじ付けかもしれないけど、気になるんだよね。
その後、その家は取り壊されて新しい家が建てられて売りに出されたんだけど
住民がころころ変わるので有名だったりする。





478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 11:07
有名な心霊スポットにドライブに行った時なんだけど
あるトンネルへ入る入り口の草むらに作業服着た男の人が
うずくまってたのね。
何しているんだろうと思いつつも、怖くて何も言い出せなくて・・・

帰ってきてから、運転をしていた子に聞いてみた。
「トンネルの入り口にうずくまっていた男の人何していたんだろうね?」って。

その子は「え????」みたいな顔して
「トンネルの入り口って前に男の人が焼き殺された場所じゃん」って。
割と有名な事件だったんだけど、現場がどこかは知らなくて・・・。
被害に遭った男性って確か作業員さんだったような・・・

こんなことがあってから、おもしろ半分で心霊スポットへ行くことはなくなりました。
その場所も今は封鎖されて一般車両は通行できないようになっています。

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 11:42
>>437
家族は無事に戻って来てた?
気になるので報告してよ!

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 11:53
ネタではなかろうか

481 :433:03/02/08 11:57
いっぱい釣れた








       って言えばいいのに。

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 11:58
オハヨウゴザイマース

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 12:06
なんか信じられないよね 433の話に反応する人がこんなに多いのって???

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 13:11
漏れも普通に>>433 の経過報告を聞きたい。

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 13:43
>>433は回線を切った後行ったコンビニで顔がぼこぼこの女が跳ね回ってるのを目撃します

486 :しおり:03/02/08 13:48


487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 13:52
>>485
(゚听)ツマネ


488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 13:56
>>478
犬鳴か?

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 14:15
おやすみなさい。


490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 14:30
心配しなくても、>>433は家族に会えたと思う。










ネットも電話も通じない、遠い場所でね。

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 15:03
>>433は時空の裂け目にいたのです
こちらの世界にかろうじて繋ぎ止めていたネット回線を自ら断ってしまった今、彼が再び現われることはないでしょう

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 15:10
へぇ

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 15:17
自演だろ

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 15:25
ふぅん

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 18:39
さっき、かちゅ立ち上げてからコンビニとうんこ行って来てPC見たら、
何故かレス書き込みウィンドが開いてて「とーもんかー」って書いてあった。
怖いのか笑えるのかよく分からん。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 19:15
妖怪とーもんかー発見

497 :しおり:03/02/08 19:27
7

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 19:29
しおり しおり しおり
しおり しおり しおり
おしり

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 19:38
495がローマ字入力として。
カナ打ちに直すと

からーもらみのちー

になるな。意味分かんなくてほんのり怖い。

500 :どれだろうな:03/02/08 19:39
とーもんかー

1.問うもんか
2.稲門下
3.東門下
4.「とーもん」かー
  仙台には「とーもん」という喫茶店がある(あった)らしい
5.to monk a (僧侶Aへ)

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 19:42
くすくすくすくすっ・・・・・
苛めたね?
ああ、苛めた。
ミキちゃんを苛めた。
自分のうさを晴らすためだけに。
かわいそうなミキちゃんを・・・・・
苛めていいの?
自分が苛められっ子だからってミキちゃんを苛めていいの?
何の罪も無い美しいミキちゃんを苛めていいの?
くすくすくすくすっ・・・・・
闇の臭いがするよ。
マキちゃんは僕等に近い闇の臭いがするよ・・・・・。
居るのさ・・・・・マキちゃんの中には居るのさ。
居るよ。
ああ、居るね。
マキちゃんの中には獣が居るよ。
黒い
黒い
闇の獣が・・・・・。
渇いていくよ。こいつがいると・・・・・。

為るよ。
きっと為るよ。
ああ、為るね。
マキちゃんは怪物に為るよ。


502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 19:43
by船田生人

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 20:24
忍者仮面?

504 :しおり:03/02/08 20:27
しおりしおり
しおりしおり




しおり

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 20:44
to monk aではないだろう

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 21:53
>>495
訪うもんか


507 :478:03/02/08 22:35
>>488
当たり。

508 :しおり:03/02/08 23:30
しおり   しおり
しおり しおり
しおりしおり
しおり

509 :しおり:03/02/08 23:31
9

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 23:33
>>504>>508>>509
いいかげんヤメレ


511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/08 23:52
ひょっとしたら犯人が急いでいて「と」に濁点を付け忘れたのでは、と仮定する。
であるとすれば「どーもんか」であり
「同門か?」と読める。

すなわち物語は、じつは>>495は謎の格闘技を伝承する集団に所属しており
それを知った一門の人間がアクセスしてきたもので、
さらに対立する悪の一味が(中略)というように進展する(はずだ)。

ともあれ、とーもんかー、だけでは情報が少ないな
>>495
のPCの今後の動向を熱く見守りたい。

512 :しおり:03/02/08 23:55
8

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:04
495がカナ打ちだと仮定し、最後に確定のエンターを押していると推測すると、
sを除いて右手周辺にキーが固まっている。

キーボードを知らない何かが押した、または何かが落ちたのではないか。
猫を飼っているなら猫。
飼っていないのなら、他の何か。



っていうか洒落コワの新スレを立ててホッスィ。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:10
今さっき風呂に入って、浴槽のなかでかかとを爪でひっかいてみた。
俺はダメ人間なのかと思った。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:16


516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:19
救いようがないダメさだな

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:24
>>514
あぁ、、、俺もダメ人間だったようだ、、、

知らなきゃよかったよ(´ゝ_.`)アラヘロー

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:27
>>513
俺洒落コワ26を立てようとしたんだけどさ、なんかエラーもなにも出なかったのに
立ってないんだよね。どういうことだろ???

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 00:47
>>514
俺も(´ゝ_.`)アラヘロー

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 01:04
もしかしてスレ違いかもしれないんだけど、今から不安な事ができてしまった。
過去スレで、臨済宗のお葬式って、お坊さんが「喝〜!」って叫ぶとか、
シンバルみたいな楽器(?)が出てくるとか、お経が「むりむり〜、もきもき〜」
って聞こえるとか知ったんだけど、夫に聞いたら本当にそうらしい。
葬式で吹き出したりしないか心配でつ。そんな事したら親戚の視線が刺さって
ほんのり痛いどころじゃないだろうなぁ・・・。

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 01:29
>520
漏れの実家は真言宗なんだけど、
漏れがリア厨の時、ひいじいさんの法事があって、
そのお経の途中で坊さんが歌い出した。
歌うって言うか、歌のように節(といっていいのか)をつけて
お経をよんでたわけなんだけど、
隣に座ってた妹が震えながら笑いをこらえてるのに気づいたら
こっちも笑いそうになってもうたまらんかった。
その後かーちゃんにすっごく怒られて
ほんのりどころじゃなく怖かったけど(w

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 01:35
>>520-521
1年くらいの間に親戚3件くらい不幸があったりして
お葬式行く機会があったんだけど
不謹慎ながら笑えることが多かった気がする。

正座したままだったせいか、焼香の時に倒れる人続出とか
お坊さんが木魚を叩いていたのに急に音が変わって
どうしたんだろうと思ったら木魚が転がっていたとか
実の父親が親族代表で挨拶したんだけど緊張のあまり
最後の方はアナウンサー真っ青な早口になってしまい
「〜たまわりまして」という箇所を「〜またわりまして」なんて
言うモンだから笑いをこらえるのに必死だった。

宗教のことは詳しくないけど、宗派によっては
今まで経験のなかったことがあったりでビクーリすることが多い。

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 02:50
  / ̄ ̄ ̄ ̄\
    / ̄ ̄`ヽ、   ノヽ
  / #  \`ー‐'/ l
 〔|     <・> < ・> |
  |     ""  〉"" |
   |      ___   |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \    /__/ /  <いいかげんに画像をうpしろや
   /ヽ       /\   \____________



524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 02:56
外は豪雨ですね。こんな夜は雨音に紛れて人殺しがやってきますから

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 02:58
お前ら>>514に書いてあること実行してみろ。
自分が嫌いになるぞ(笑)

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 03:07
このクズども め

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 04:01
そういうのがツボに入って笑いが止まらなくなる人って、ちょっと大げさかもしれないけど、
自分の(狭い)常識から外れたものが滑稽に見える痛い人。
真面目なとこでとちったり転んだりなんてのも、ちょっと笑ったり苦笑する程度の事でしょうに。
子供ならしょうがないけど。

>>525
それ、よくやってるから(笑

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 05:14
おしり


529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 05:50
>>524
大丈夫
オレは人殺し殺しだから

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 10:42
>>518
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part26
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044719886/

やっと立ったようだね。

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 12:45
520でつ。
>>527
>そういう人って、自分の(狭い)常識から外れたものが滑稽に見える痛い人。
ご指摘ありがとう。しかもいい大人です。
人の感じ方や考え方には色々あるんだっていう事については、結構心が広い方だと
思うんですが、慣習なんかについては、本当に自分の知らないものが滑稽に
見えちゃう事があるんですよ。そんなに痛い人だとは自分で思ってなかったので
チョトびっくりしますたが、なかなかうまい事言うね〜。つー事は、今から葬式の
心構えをしとけば、本番は笑い出さずに済むって事か。
そう言えば「NASAでは宇宙人が50人くらい働いている」って聞いた時とか、
「死んだはずの弟がこたつで寝ていた」ってヤフーニュースで読んだ時も、やっぱり
自分の常識から外れてたからか、しばらく笑っちゃって止まらなかったなあ。

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 12:52
あ、でもね、一つ言わせてもらえば、葬式でちょっとした事で笑い出しやすいのは、
やっぱり精神的にも肉体的にも疲れてしまってるからだと思うんだ。自分の母の
葬式の時、葬儀の片付けの頃には、疲れすぎてみんなハイになりかけてた記憶があるわ。

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 13:42
>>525をやるとどうなるの?怖い事になるの?

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 13:42
>>524でした。

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 13:43
あれ?>>514でした。

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 13:54
けつ

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 13:58
俺は全身ダメ人間だった…

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 14:01
>>537
ほんのり怖い

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 14:54
ネタを説明することほど悲しいものはないと思うんだけど、すまんが
全然わからん。こんなに好評(?)だと気になって仕方ないので、
誰か >>514を説明してくれ〜。
そもそも爪ってどの爪?手?もう片方の足??

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 15:41
単にイヤになるくらい垢がたまっていたということでは

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 16:42
パソコン見てると猫が覗き込んできたりすることがあるんだけど、
この前、俺がトイレに立って戻ってきたら猫がキーボード叩いてたんだよ。
んで「くぉら、イタズラすんじゃねーぞ」ってどかしたら、
『さんまくい』って入力してあったのな。
で、なんとなく次の日サンマ食わしてやってしまいますた…。
猫はウマウマ食ってやがりましたが、こいつそのほかにも、
天井の隅っこから窓にかけて視線でずーっと追ってやがったり、
俺の布団にもぐりこんでくると地震が起きたり、
いろいろ挙動不審の行動が目立つ。
中の人も大変だなという2ちゃんのカキコを見るたびに、なんかこう…

……ファスナーついてないだろうな(泣

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 16:51
きっとついてる!
はよせな・・・!

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:20
>>541
その猫ちゃんは、キ○レツ大百科のテーマを歌っていたりしませんか?

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:21
2ツに分かれるという・・・・

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:31
家で格ゲーしてたらコントローラーが刺さってもないのに
乱入された(乱入の仕方は2コンのスタート押し)
欝になってやめました。

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:34
>>541
美夜子さんだよ!

満月の夜に月の光を当ててみれ!

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:40
ところで遅レスで葬式の話なんだが、私も痛い人なんだが、
おじさんの納骨の時、お寺に行ったら一人一人に木魚が渡されて
お坊さん「さぁご一緒に」
ちょっとびっくりした。でも宗派によって色々あるんだろうと思って、
「なんまいだぶなんまいだぶ」
ってリズミカルに木魚たたきながら唱えていたら、
おじさんが一人だけずれるんだわ。
おばさんが笑いそうになって必死に堪えてるのに、
おばさんの木魚のバチの先がすぽーんと飛んでしまって
もうだめぽ
でも必死に堪えて誰一人笑うことなく無事に終わった。

で、お墓にお骨を収める時に、急にお墓の周りだけにわか雨が降った。
お別れしてくれたんだといってしんみりしたよ。


548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:53
一番最初の「おじさん」は「おおおじさん」の間違い。
あとに出てくるおじょさんとは別人。
ごめん。

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 17:53
541ダス

>>542
なっ、何を早くすんだよぅヽ(`Д´)ノウワァァァン!!

>>543
カレー(甘口)なら食ってる…かも…。

>>546
月夜は良く出かけてるんだよ…
あれ絶対猫の集会に行ってるよ…

俺によくセミだの虫だの取ってきて見せにくんのな。
知人に話したら「それはな〜、おまえがロクに餌も取れないヘタレだと
思ってて、しょうがねえ、俺が養ってやるかー。という親切心から持って
くるんだよ」と言われたんだけどさ。
サンマもやってるのにっ チャムだって食わせてやってるだろっ(たまには)
猫にこの甲斐性なしって思われてるみたいでクヤシイーっ
やっぱファスナーか!? 付いてんのか!?

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 18:27
ねこの中の人もたいへ(ry

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 18:33
中の人などいない

552 :しおり:03/02/09 18:38


553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 20:23


        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ   < 中の人などいないが…
(゚Д゚ )_∧,,∧ .\____________
ミ  ̄ ⊃ミ゚Д゚彡
 ミ  ミ   ̄  
 U U

         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ΛΛ    < しょうがねえ、俺が養ってやるかー。
.( ゚Д゚ ) ∧,,∧ \_______
ミ  ̄ ⊃ミ゚Д゚彡
 ミ  ミ   ̄
 U U

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 21:10
>>24
今年50のうちの母も同じことやってます…。
今実家にいるその猫は1?代目の猫なんだけど(今は1匹だけど私が生まれる前からずっと常に何匹か猫がいる環境なので)、歴代の猫に比べてものすごくよく喋る…らしいです。
母デムパ?
確かに呼ぶとよいお返事をしてくれる子だけど。
遅レス&スレ違いスマソ

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 22:58
>>549
それ本当みたいだよ。だからその時怒ったりすると猫は混乱するらしい。

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/09 23:39
>>549
ほめてほしくて持ってくるって聞いたことがある。
確かにトカゲとか蛇とかスズメとか持ってきて
お座りして何か訴えてるんだよね。
ほめてあげてくださいな(w

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 00:22
あんまり誉めると何度も何度も繰り返すようになるよ。

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 02:13
私が以前勤め先に通っていたときの事です。当時、私は車で通っていました。
道中、険しい峠があり、そこには一本のトンネルがあります。
そして、トンネルの入り口には電話ボックスがあり、そこは車2台ぐらいが
止められるスペースになっています。私が、ある夜そこを通りがかったときでした。
その電話ボックスに20代ぐらいの女性が電話をかけているのが見えました。
私は車も無いのにあの女性はどうやってここまで来たんだろうと
不思議に思っていました。トンネル自体が長い物ではないので、トンネルの
向こう側から歩いてきたのかなと、そのときは考えていました。
で、次の日も同様にその女性が電話ボックスで電話をかけているのを見ました。
そして、幾日も私が通りがかるたびにその女性はそこにいるのでした。
さすがに私も気味が悪くなったのですが、その道でなければ、職場から帰れないので、
ガマンして通っていたのでした。
で、ある日その女性がいませんでした。私はほっとするのと同時に
やはりあの女性はトンネルの向こう側に住んでいる人なのかなと思いました。
そして、次の日、私が勤め先へ向かうとき、トンネルの入り口にお社みたいな
ものが新しく建てられていたのを見つけました。
どんどん私の車がそこに近づいていくと、お社の屋根の上に
あの件の女性が両手を広げて、突っ立っているのが見えました。

559 :(o・ω・o)?:03/02/10 02:25
うちの猫は時々デッカイ蜘蛛を捕まえてきます
そんで俺の寝てる布団に入ってきて、一眠りして
蜘蛛だけ置いて出ていきます

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 03:13
中学の修学旅行での話しです。
場所は三重県の某ホテル。未だに俺らの間では酒の席でやたら語られる話です。
先に部屋の間取りですが、玄関を入って右に便所、左に風呂、フスマを挟んで
12畳位の和室、すりガラスの引き戸をはさんで板の間があり、ほんで窓でした。
ちなみにそこは三階で、窓からの景色は中庭の木々が見えるだけという感じでした。

夜、消灯時間が近づいてきた頃でした。先生が
「お前ら、はよ寝えよ!」と、玄関から入ってきました。と、続けて
「おい、お前らアレ見てみい」と窓の方を指しました。そこにはカーテンを閉めた
窓に中庭の木々の影が映っていたのですが・・・・・もう一つ、中庭の照明に
照らされた、「女の人」にしか見えない影もいっしょに映ってました。
先生と俺らは、「なんじゃアレ〜!気色わる〜!」とか何とか言いながら、
とりあえずカーテンをめくってみまたのですが、もちろん窓の外には木が生い茂って
いるだけです。そしてカーテンを戻してみると、またもや女の形の影が・・・
「どの木がどう映ったら、こんな形に映るんや?ホンマ気持ちの悪い」
と言いながら、先生はカーテンを開けたり閉めたりしています。が、そのうち、
「もうエエ、気にせんと早く寝ろ」と言いながら、電気を消して出て行きました。
俺らはもちろん気になりまくりで、何回もカーテンを開閉しながら検証してました。
でもその内飽きてきて、「もうええやん寝よや」と一人、また一人と寝てしまいました。
俺も影には飽きて、隣の布団のヤツとエロ話なんかしながら、時折気になって、
チラチラ見るだけになりました。
2時間ほど経った頃でしょうか、突然先生が、「お前らまだおきてんのか〜!!」
と怒鳴って入ってきました。しかし・・・続けて
「・・・・・今、動きよった・・・・・」とポツリ。
「???」俺らもとっさに窓の方をみました。
          
          消えてました。女の影。






561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 03:14
すると先生が、
「今、平行移動で、、、こうスゥ〜っと、、、、、」
俺らは死ぬほどビビッて、しかしなぜかとっさにカーテンを開けに行きました。
窓の外には、もちろん何もなし。中庭の木々が生い茂ってるだけです。
「これ・・・人間には無理やろ。」先生はマジです。現実、女の影は消えてるし
俺らも「マジですね・・・」と変に冷静を装いながら寝てる奴らを叩き起こして
それぞれ、隣や向かいの部屋に逃げました・・・

次の日はもちろんその話題でもちきり。しかし「今日の晩見に行くわ〜」とか女の子ら
に言われ、俺らは内心ニヤニヤしてました。

その日の夜、俺らと女の子らと、先生までまきこんで「女の影を見るツアー」
が開催されました。そして・・・・・・・
みんなの恐怖心と、野次馬根性の視線にかこまれ、いざ引かれたカーテンには・・・

       なにも映っていませんでした・・・・・・・・



562 :560・561:03/02/10 03:18
長くてすんません。とりあえず、このスレ向きの話やとおもったんで・・・


563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 03:22
>>560-561
長い!・・・・・・・でも不思議な話ですね。

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 03:24
>>562
良かったよ、ほんとの話し?

565 :560・561:03/02/10 03:34
>>563-564
ほんとの話ですが、いまだに心霊現象かさえ決めかねてます・・・


566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 03:48
↑あげてやる

567 :4連休:03/02/10 04:02
じゃーおれが実際に見た話でもするか

568 :4連休:03/02/10 04:03
ありゃ?あげ

569 :4連休:03/02/10 04:16
えーとあれだ。
まずおれは霊感とかそういうものは全くない。

おれが最初あれ?って思ったのがある事件から
おれは大学で実家を離れて暮らしていた。
けど実家のほうではいろいろトラブルがおきてた。
父が両足骨折したり、母親がガンかもしれないとかいわったり(結局は腫瘍)、
姉が事故でムチウチになったり。
そんなとこにでてきたのが父方のばあちゃん。
死んだじいちゃんが宗教の人(親父は血はつながってない)だったこともあって
お祓いをするってきかなくなった。
んでおれも渋々帰郷してお祓いに参加することになった。
実家につくと客間が神社の祭壇みたいなのがおかれてて
正直「まじかんべんしてくれ」と思った。
どこにでもいる農家のおっちゃんみたいのが祈祷師だってきいて
「ああ?」と思った。
話してても「親孝行せなあかんで」とかそういうふつうの話しかしなかった。

570 :4連休:03/02/10 04:25
で次の日お祓いの日
俺久しぶりの帰郷だったこともあって二日酔い
でも朝早く起こされてまじはよ終わらせてくれって感じ
で、家族全員祭壇の前に正座させられてお札を持って合掌しろと。
いわれたままにしてると何か背中からいやな感じがあって
苦しくなって、寒気がして、寝不足もあったからかそのまま眠り込んだらしい。
あとで家族に聞くと痙攣してておかしかったっていわれたけど。
まーそれでお祓いは終わり。
俺も一泊して次の日には東京に戻りました。

571 :4連休:03/02/10 04:34
でもどってからが変だった。
霊が見えるとまでいかないけど気配がわかるようになった。
怖いながらもそっちをみて姿をみてしまったこともある。
すぐ目をそらしたので見間違えかもしれないけど
明らかに感覚が変わってるのがわかった。

一番怖かったのが、アパートに帰ると、子供が俺の部屋のドアの前に
座ってる。
怖かったけど部屋に入りたいので近づくとおれの横を通りすぎて逃げてった。
断言できるのはあれは生身の人間じゃない。
輪郭が違うっつーか・・・
それが生まれて初めて幽霊なるものをみたってことでおれは理解している。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 06:32
>>571
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

573 :339:03/02/10 09:26
>>344
>>349
何年か振りにインフルエンザにかかってダウン中です。
お婆ちゃん御免なさい……。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 11:17
前の夫の話。
友人達と海水浴をしていたら、海の中で突然なにかをふんだそうです。
すぐにソレは流れていってしまったようだけど、グニャッとした、人の腕みたいだったと・・・
気づくと、近くで大騒ぎしている人たちが。
聞くと、子供が流されて行方不明だったそうです。
「たぶん、アレ子供の手だったんだろうなあ」と彼。
なんで探している人たちに教えてやらないんだよ、と思いますた。

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 11:47
>>574
色んな意味で怖い(藁

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 12:03
>>574
「お子さん踏んじゃったみたいなんすけど・・・」とは言えまい。

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 14:37
今現在会社の付近を強盗が逃走中…恐いよぅ。

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 15:40
>577
会う人会う人に先制攻撃をかませばだいじょぶ。

579 :577:03/02/10 16:02
>>578
拳銃もった相手に先制攻撃は難しいかと……。
まだ捕まっていないみたいだし……イヤな感じだなぁ。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 16:30
>>577
ダイジョブ。 逃走しているなら付近にはいないでしょう。
人間の心理として遠くに逃げたがるもんよ。
でも、戻って来ちゃうんだなぁ。
てなわけで、後ろ気を付けてね。

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 16:40
夜中の3時頃にお風呂に入ったダンナが
「風呂に入っている時に、誰かが家から外に出ていった」って言い出した。

ドアがバタンとしまる音がして、コンビニの袋を持っているような
シャラシャラした音までしたという。

風呂上がりに玄関を見るとカギも締まっている。
気のせいかと思って、こんなこともあるんだね〜と話をしていた。

それから就寝して、私が先に起きて玄関を見ると開いているんだな・・・
カギが。

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 16:56
>>581
奥さん!泥棒に入られてますよ!!

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 17:11
俺が高校生の頃の話。

テスト期間で部活がなかったため、早めに家へ帰ると
庭に面した窓から、スーツを着た男が「ヒョイ」という感じで家の中へ入るのが見えた。

ビックリして、まだ開いているその窓から中へ入ると、
妹がソファーに座ってテレビを見ていた。

「いま、知らないヤツがここから入ってこなかったか?」
「ナニ言ってんの?お兄ちゃんじゃない。」

妹がキョトンとした顔でそう言った。

「バカ。俺の前に入ってきたヤツがいたかって聞いてんだよ。」
「だから上の・・・」

そこで、ハッとした表情を浮かべて妹は黙り込んでしまった。

そういえば、俺の上に兄貴がいるハズだった、という話は聞いたことがある。

俺は、いまさっき見た男より、妹の何気ない口調に背筋が寒くなった。

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 17:12
>>578
(・∀・)ソレダ!!

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 17:30
>>583
スーツ着てるのか。
どこに勤めてるんだろうね。

586 :1:03/02/10 17:41
地方都市に住んでいます
三階建ての家で
南側には深い森があります
小さいころはこの森でよく友達と遊びました
今僕は17歳で、妹は8歳です
妹は最近よく一人で森で遊びにでかけます

587 :2:03/02/10 17:51
(ごめん森でじゃなくて森に)
妹が最近変な絵を描きます 
木と木の間に
馬の頭をした人間が立っている絵です
これは何?と聞いても
笑うだけで答えてくれません
ときどき別のパターンの絵も描きます
虹色の水溜りから上半身だけが出ている
馬の頭の男…とか
馬の頭の男から機械部品みたいなものを
受け取っている自分…とか


588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:05
        ヾ∧
      / ・ |ミ
     (_'...  |ミ
      (゚Д゚; )..|ミ  < ヨンダ?
      (|  .、)|
       |    |
       ヽ.._人
       U"U

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:10
>>587
絵をうpすれ。
スキャナない、デジカメない、という理由は認めません。

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:13
>>587
馬は男性の象徴といわれているらしいね。心理学の分野では。
欲求不満の女性はよく馬がでてくる夢とか見るらしいよ。
でも8歳だろ・・・・。

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:25
>>587
この話がネタでなく、マジだとするとやばいよ。

人間は言いにくいことがあると事実を受け入れやすいように、
多少婉曲して表現する傾向がある。
心理学では馬が男性を象徴するもので、尚且つ、かなり性的な意味合いがある。
もしかすると、妹さんは森の中で変な男にいたず(ry


592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:43
>>587
地獄に、牛の頭の鬼と馬の頭の鬼がいるっていうよね。
妹さんはあちらの世界に…

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 18:48
>>591
とすると機械部品っていうのは、まさかバ(略

594 :アルル:03/02/10 21:22
 私は今、二重人格に憧れています。どうすればなれるんですか。
虐待以外になる方法ってないですか?

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 21:23
>>594
浴びるほど酒を飲め

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 21:24
>>594
人間っていうのは、気が狂ったフリをすると本当に気が狂うんだよ。
だから二重人格のフリをすれば確実に二重人格になれるよ。
本当だから。
でもやめときな。元通りにはなかなか戻らないから。

597 :アルル:03/02/10 21:48
>>595-596
ありがとうございます。さっそく試してみます。
もしなれたらココで報告しますね。

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 21:59
ほんのりと怖い話

うちの実家はものすごい田舎で、舗装されてる道路のほうが珍しかった(当時)
しかし工事現場(今思うと採石場とか)が近くにあったので
車の往来は結構あった。
そのせいもあってかよく道端には犬やタヌキの死骸が転がってた。
ある日の学校の帰り、轍のついた道を歩いてた。
すると道の端にタヌキか犬か(多分タヌキ)の死骸を見つけた。
気色悪いと思いつつ見てみたらピクピクと動いてる。
「まだ生きてるかも?」
と思って、木の枝でつついてみると・・・

そのタヌキの腹から「何か」がいくつも飛び出してきた!!!!

・・・幼心に残ってるのは、
どす黒い、でっぷりと太ったネズミ(多分)の姿でした・・・



                                         まじでトラウマ・・・・

599 :しおり:03/02/10 22:03


600 :アルル:03/02/10 22:13
600ゲトー!!

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 23:38
今住んでいるアパートはひとつの階に3部屋あるんだけど、
私が住んでいる階はうちと隣しか入っていない。
先週、ずっと隣の部屋から物音もしないし、
洗濯物が出ている様子もないので出かけたのかなぁと思った。
先週の金曜、夕方買物して帰ってくると隣の部屋の換気口から
湯気がふわーっと漂い出てシャンプーの香りがしてるから
あー帰ってきたんだな、死んだりしてなくて良かったと思って
家に入り、台所に行くと隣で水を出していると必ずそうなるように
流しのあたりからキューという音がしてた。

ところが、昨日の夜、うちの前をガラガラスーツケースを
引っ張っていく音がして、今日の夕方、隣の奥さんが
「昨日ヨーロッパから帰ってきました」とお土産を持ってきた。
あれ、と思って「先週の金曜に戻られたんじゃないんですか」
ときくとそんな事はないと言う。留守番もいなかったって言うし、
じゃああの湯気とかはなんだったんだろう・・・

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/10 23:54
飛行機内にて機内アナウンスを流した後 機長がスピーカーのスイッチを切るのを忘れてしまった
らしい。となると当然 操縦室の音は乗員客に筒抜けになるわけだ。そこでスピーカーからはこんな
話声が聞こえてきた
操縦士「はぁ、空の旅ってのは退屈で疲れるな・・・。」
副操縦士「あぁ こうゆう時はコーヒー片手に美女にペニスをしゃぶって貰いたいものだなw」
・・・・・スピーカーから漏れたこの話し声に、ハッとしたスチュワーデスは急いで操縦室に駆け込んだ
すると乗員客から そのスチュワーデスに一言
「オイ! コーヒー忘れてるよ」


603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 00:43
>>602
グッドウィルハンティング見たくなってきた。

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 00:46
>>602
それブラックユーモアスレに貼っていいか?

あとほんのり怖い話見つけたんだが、長い上に激しくガイシュツしてそう。
でも貼る。

605 :コピペ:03/02/11 00:47
ミイラ船「良栄丸」資料。

 1927年10月31日、 カナダ西海岸バンクーバー島。
 ワシントンのシアトル港への帰路についていたアメリカの貨物船「マーガレット・ダラー」号は、行方不明になっていた小型漁船「良栄丸」を発見した。
 ボロボロに朽ち果てた船体、ミイラの転がる甲板、激しい氏臭、白骨体、足の無い氏体。
 船室には、頭蓋骨を砕かれた白骨体とミイラがあった。
 船室奥の部屋には、おびただしい血痕が染み付いていた。
 船尾の司ちゅう室では、海鳥の白い羽が至るところに散らばっており、コンロの上にあった石油缶の中には、人の腕が入っていた。
 船内には食物も飲料水も無く、エンジン機関部は全て破損していた。
 ところが、船長室から見つかった3冊のノートには、信じられない惨状が書かれていたのだった。
 そのノートによると、良栄丸の情報は以下の通りだ。


重量は19tで1本マスト

船主は和歌山県の藤井三四郎

船長は三鬼時蔵

機関長は細井伝次郎

乗組員は12名

神奈川県の三崎港を出港したのは1926年12月5日

約1年間漂流していた

 ここで疑問が浮かぶ。
 発見されたし体は9体、記録には12名とある。
 3名はどうなったのだろうか。


606 :コピペ:03/02/11 00:47
●不幸な漁船

 1926年12月5日、神奈川県の三崎港を出港した良栄丸は、千葉県銚子沖にマグロを求めて進んでいた。
 天候も思わしくなく、エンジンが調子の悪い排気音を立てていたため、翌12月6日に銚子港に寄港した。
 しかし、エンジンに故障はなく、銚子の沖合いで大量のマグロを水揚げした。
 が、暴風に見舞われて航行不能に陥ってしまった。
 そして12月15日、銚子の東方沖合い1000マイルほど流された時、紀州船によく似た船が現れたので、信号を送ったり船員が叫んだりしたのに、応答も無く通り過ぎてしまったという。
 三鬼船長は漂流を決意、記録には「4ヶ月間は食べられる」と書いてあった。
 12月16日にも「東洋汽船」と書かれた船が近くを通ったが、応答はなかったという。
 なんとか日本へ戻ろうと努力したが、どうやっても逆に流されていった。
 記録にはこう書かれている。


「どう工夫しても西北へ船は走らず絶望。ただ汽船を待つばかり。反対にアメリカへ漂着することに決定。帆に風を七三にうけて北東に進む・・・・。しかし、漁船で米国にたどりつこうとするは、コロンブスのアメリカ大陸発見より困難なりと心得るべし」


607 :コピペ:03/02/11 00:49
●恐怖の記録

 ここからは説明は要らないだろう。
 記録文のみで充分に迫力が伝わってくる。


「12月27日。カツオ10本つる」

「1月27日。外国船を発見。応答なし。雨が降るとオケに雨水をため、これを飲料水とした」

「2月17日。いよいよ食料少なし」

「3月6日。魚一匹もとれず。食料はひとつのこらず底をついた。恐ろしいうえとしに神がじょじょにやってきた」
「3月7日。最初の犠牲者がでた。機関長・細井伝次郎は、「ひとめ見たい・・・日本の土を一足ふみたい」とうめきながら死んでいった。全員で水葬にする」

「3月9日。サメの大きなやつが一本つれたが、直江常次は食べる気力もなく、やせおとろえて死亡。水葬に処す」

「3月15日。それまで航海日誌をつけていた井沢捨次が病死。かわって松本源之助が筆をとる。井沢の遺体を水葬にするのに、やっとのありさま。全員、顔は青白くヤマアラシのごとくヒゲがのび、ふらふらと亡霊そっくりの歩きざまは悲し」

「3月27日。寺田初造と横田良之助のふたりは、突然うわごとを発し、「おーい富士山だ。アメリカにつきやがった。ああ、にじが見える・・・・。」などと狂気を発して、左舷の板にがりがりと歯をくいこませて悶死する。いよいよ地獄の底も近い」

「3月29日。メバチ一匹を吉田藤吉がつりあげたるを見て、三谷寅吉は突然として逆上し、オノを振りあげるや、吉田藤吉の頭をめった打ちにする。その恐ろしき光景にも、みな立ち上がる気力もなく、しばしぼう然。のこる者は野菜の不足から、
壊血病となりて歯という歯から血液したたるは、みな妖怪変化のすさまじき様相となる。ああ、仏様よ」

608 :コピペ:03/02/11 00:50
「4月4日。三鬼船長は甲板上を低く飛びかすめる大鳥を、ヘビのごとき速さで手づかみにとらえる。
全員、人食いアリのごとくむらがり、羽をむしりとって、生きたままの大鳥をむさぼる。血がしたたる生肉をくらうは、
これほどの美味なるものはなしと心得たい。これもみな、餓鬼畜生となせる業か」

「4月6日。辻門良治、血へどを吐きて死亡」

「4月14日。沢山勘十郎、船室にて不意に狂暴と化して発狂し死骸を切り刻む姿は地獄か。人肉食べる気力あれば、まだ救いあり」

「4月19日。富山和男、沢村勘十郎の二名、料理室にて人肉を争う。地獄の鬼と化すも、ただ、ただ生きて日本に帰りたき一心のみなり。同夜、二名とも血だるまにて、ころげまわり死亡」

「5月6日。三鬼船長、ついに一歩も動けず。乗組員十二名のうち残るは船長と日記記録係の私のみ。ふたりとも重いカッケ病で小便、大便にも動けず、そのままたれ流すはしかたなし」

「5月11日。曇り。北西の風やや強し。南に西に、船はただ風のままに流れる。山影も見えず、陸地も見えず。船影はなし。あまいサトウ粒ひとつなめて死にたし。友の死骸は肉がどろどろに腐り、
溶けて流れた血肉の死臭のみがあり。白骨のぞきて、この世の終わりとするや・・・・」


609 :コピペ:03/02/11 00:51
日記はここで切れている。
 だが三鬼船長は、杉板に鉛筆で、以下のような家族宛ての遺書を残していた。


「とうさんのいうことを、ヨクヨク聞きなされ。
もし、大きくなっても、ケッシテリョウシニナッテハナラヌ・・・・。私は、シアワセノワルイコトデス・・・ふたりの子どもたのみます。
カナラズカナラズ、リョウシニダケハサセヌヨウニ、タノミマス。いつまで書いてもおなじこと・・・・でも私の好きなのは、
ソウメンとモチガシでしたが・・・・帰レナクナッテ、モウシワケナイ・・・ユルシテクダサイ・・・・」


610 :コピペ:03/02/11 00:52
●奇妙な事実

 しかし、記録を調べるうちに、奇怪な事実が浮かびあがった。
 数十回に渡って他の船にであっていながら、救助に応答する船は一隻としてなかったことだ。
 そして、吉栄丸は太平洋横断の途中、たった一つの島さえも発見できなかったのである。
 しかし、アメリカの貨物船「ウエスト・アイソン」号のリチャード・ヒーリィ船長は、次のように述べている。


「1926年12月23日、シアトルから約1000キロの太平洋上で波間に漂う木造船を発見したが、
救助信号を送っても返事が無いので近づきました。しかし、吉栄丸の船窓や甲板に立ってこっちを見ていた10人ほどの船員は、
誰一人として応えず、馬鹿らしくなって引き上げたのです」

 だが吉栄丸の記録にこのことは書かれていない。
 一体、彼らにはなにが起こっていたというのだろうか。


611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 00:52
以上、某ネットゲーム掲示板からそのまま転載しますた。
長くてスマソ。

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 01:04




  ま  た  良  栄  丸  か  !  !




613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 01:16
ttp://www2.saganet.ne.jp/ktsuyosh/

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 01:18
お疲れ・・・
読むのに疲れた寝る。

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 03:25
外出杉
  
        次

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 03:38
あのー、こんな時間にどなたもいらしゃらないと思いますが…。
メモ帖にまとめてたら、こんな時間になっちゃったんで。
ホヤホヤの出来事書かせていただきます。
メンドーだったら、読み飛ばしてやってください。


617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 03:49
>>616
キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!!

618 :616 その1:03/02/11 03:53
今日あった(正確には昨日だけど)私的ほんのり。
長文で、怖くなかったらごめんなさい!
しかも、現在進行形かもしれない…。(鬱)

ことの起こりは、今日の午前中。11時半頃、玄関チャイムがなった。
セールスだったりするとウザイので、こっそりと覗き窓から覗く。
厳つい感じのおじさん3人。

おじ1「あ、202号(私の部屋)じゃなくて201ですよ。」
おじ2「お、間違った!隣か…。」

そしておじ2は、すみやかに201号のチャイムを押す。
その様子をじっと眺めてた私は、3人のおじ達がおそろい(笑)の
紺のジャンパーを着てるのに気がついた。
しかも、おじ3はなんかドラマで見たことがあるような帽子も着用。

(ん?このおじ達は、もしや警察?)

なんか不安になった私は、遅れ馳せながら(本当にな)コソっとドアを開けて、
まだ外にいたおじ3に訪ねた。

私「あのぉ…何かあったんですか?」
おじ3「あ、失礼しました。私、○○警察の鑑識です。いや、お隣に泥棒が入った
    らしいんですよ。」
私「ド、ドロボウですか…。」

ま、その段階で、(ひょ〜!隣で良かった!(お隣さんゴメン)うちじゃなくて良かったぁ。)
と軽くほんのり…。
ちなみに隣は、40〜50才の間。労働者風のおじさん(ちらっとしか見たことないので、
はっきり解らないけど)の一人暮し。(と、思う。)

619 :616 その2:03/02/11 03:57
それから約30分後。
またドアチャイム。
なんとなく予想した通り、刑事さんが警察手帳を差し出して立っていた。

刑事「ちょっとお聞きしたいんですけど。」
私「はぁ…。」
刑事「昨日の夜の8時頃、叫び声とか助けを求める声とか聞こえませんでしたか?」

刑事さんのこの質問に、ちょっと違和感を覚えた私。

(え?叫び声?助けを求める声?え?隣に入ったのは泥棒でしょ?強盗じゃないんでしょ?)

『ドロボウ=空き巣』と勝手に認識してた私は、その質問にちょっとビビリながら、
声は何も聞こえなかったと答えた。
その後の刑事さんの質問が、またなんか私をビビらせる。

刑事「普段隣から、わめき声とか叫び声とか聞いたことないですか?」
私「いえ、ないです…。」

なんか変。この質問。

(昨日ドロボウが入った(らしい)のに、普段のわめき声って何?)

なんか違和感溢れる刑事さんの質問に、またほんのり気分。
実はドロボウなんかじゃなくて、もっと恐ろしいことが隣に起こってるんじゃ?
という疑念が湧く。

そして私は、3時間後さらにほんのりすることに…。

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 03:58
>>618
最初にあなたの家のチャイム鳴らしたのはわざとだねw
どんな人が住んでいるのかかるーくチェク入れたんだよ(嘘

怪しまれないようにね☆

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 03:58
ドキドキ

622 :616 その3:03/02/11 04:02
それからほどなくして、あんなにワラワラいた(10数人いました)警察の方達は、
すみやかに撤収。
それでちょっと安心した。
もし凶悪な事件なら、そんなに早く撤収することもないだろうから(単なる思い込みですが(笑))
やっぱ、隣は単に(?)ドロボウに入られただけなんだろうと…。
で、安堵と共になんか身近にあったこの出来事に、私は妙に興奮して(←ばか?)
友達に電話しまくり。
ひとしきり自慢げに(←なんとなく(笑))報告し終わって、まったりした頃、
その電話はかかってきました。

「もしもし、△△ですけど。ちょー、あんたとこのマンション、今朝警察来とったやろ?」

それは、仲良くしてもらってる近所のクリーニング屋のお姉さんから。
私は「そうやねん…。」と、今朝あったことのあらましを、そのお姉さんに話した。
私の話を「ふんふん。」と聞き終えたお姉さんは、「それがなぁ…。」
と話してくれた事は…。

623 :616 その4:03/02/11 04:06
今回の被害者であるらしい201号室のおじさんは、そのクリーニング屋のお客さんだった。
表札が無かったので私は名前を知らなかったが、『高橋さん(仮名)』というらしい。
にも関わらず、時々『鈴木(仮名)』という名でクリーニングを出すことも
あったらしい。(謎)
最近右腕を骨折していたらしく、ギブスをはめていた。
どうしたのかと聞くと、「転んだ」と答えたらしい。
でも…。今日、刑事さんに伴われて、何故かそのクリーニング屋にやってきたおじさんは、
普段の感じからは想像もつかないくらいイカレテタらしい。
クリーニング屋にやってきた意図は、イマイチ判然としなかったらしいけど、
そのクリーニング屋の伝票(商品を受け取るための)を出して、
『自分の預けてあるモノは、他の人が取りに来ても絶対わたすな。』
とか、
なんかスーパーの伝票を取り出して
『ここに電話してくれ、ワシは手が震えてかけられへん』
とか、
とにかく言うこともすることも支離滅裂で、しかもおじさんの右手(ギブスをはめてる方)の
薬指と小指が無かった…らしい。
そして『高橋』だか『鈴木』だかなはず(爆)のそのおじさんを、そこにいた刑事さんは
何故だか『小島(仮名)のアニキ』と呼んでたらしい。

刑事「小島のアニキ、もうええやろ。迷惑やからやめとけ!」

と…。



624 :616 その5(最後です):03/02/11 04:11
お姉さん曰く、まるで”薬中(知らないけど)か、もしくは少し精神を病んだ人”
みたいだったと。
そして、その刑事さんがお姉さんにポロリと言ったことは、

刑事「本人は、『えらい大金盗まれた、犯人はマンションの上か下の奴や!!』(隣とか言われ
   なくて、心底ホッとした私( ゚▽゚;))とか言うとるけど、どうもドロボウが入ったと
   いうのは狂言臭いんやなぁ…。」

そしてそのおじさんは、刑事さんに伴われて(別に逮捕され訳ではなさそうだけど、
もしかしたら任意同行なのかも?)去って行った。

お姉さん「なんやようわからへんけど、なんかあのおじさん変やったから、
     あんたくれぐれも気ぃ付けやぁ。今頃警察で尿検査とかされてるかもしれへん。
     なんかあって、逮捕されたら話しは早いけど、薬物でなく変なんやったら
     そのまんまお隣さんかもしれへんからな。」
私「ぅ…ん…。解った…。アリガト…。キヲツケルネ…。」

まぁ結局、真相はまだ闇の中なんですが。
てか、永遠に闇の中なのかもしれないけどさー。
どーも、隣の住人は警察に行ったまま、まだ帰ってきてないようです。(布団干しっぱなし)
どっちかーてーと、私的にはこのまま帰ってきてくれないほうが、なんかちょっと、その…。
じゃないと私のほんのりな日々が、この後も続きそうじゃないですかぁ。(涙)


真相がわからないので、果たしてこの話を他の人が聞いて
ほんのりでも怖いことなのかどうか、自信(?)は無いですが、
日頃、しごく平凡に日々を送ってる私にとっては、かなり刺激の強い
出来事でした。(まだ終わってないかもしれないし。(怖いっす。)
ちっとも「ほんのり」でなかったら、お目汚しスミマセン!!
長文のお付き合い、ありがとうございました。

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 04:12
なんかウミガメのスープを地でいく話だね・・・

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 04:14
なんかウミガメのスープを地でいく話だね・・・

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 04:14
リアルでほんのり怖いな・・・

気をつけるように・・・。といってもマトモじゃないから無駄なのか・・・

628 :616 :03/02/11 04:18
初心者なんで、初の書き込みです。
一生懸命まとめてみたけど、意味不明だったらごめんなさい。
今日は、一日ビビってたんで…。(涙)

>625さん
すみません。
ウミガメのスープってどんなお話ですか?

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 07:51
たしかにリアルでほんのり怖いですなぁ。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 08:02
>>628
「ウミガメのスープ」でgoogleで検索してごらん。

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 08:18
オカ板一覧を「ウミガメ」で検索した方が早い気もするが…

632 :死おり:03/02/11 12:43


633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 13:04
なんか今ゴミ箱(高さ60cmぐらいの筒状)がいきなり背後で倒れたんですけど…
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 13:11
ゴミ箱の中の人は大変だな。

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 14:20
ゴミ箱の中に人など…

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 14:24
>>604が誰の意見も待たずに、長々貼ったのには参った

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 14:39
>616 でも、本物の警察ならテレビドラマみたく警察手帳なんて見せないよ。
その鑑識が本物かどうかもあやしいね。

638 :616 :03/02/11 14:54
>630さん、631さん

どうもありがとうございます。
「ウミガメのスープ」の話わかりました。

ちなみに、昨夜干しっぱだった布団、さっき見たら
取り込まれてました。
おじさん、ご帰宅されたんだろうか?
それともどなたか、身内の人でもが入れたのかなぁ。


639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 15:21
おじさんの中の人も大変だな

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 15:58
そうだね

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 16:33
>637
そうなんですか?
以前うちに警察手帳をもってやってきて、
「隣であやしい物音がしませんか?」と聞いてきた人はなんだったんだ

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 16:35
>>641
刑事は警察手帳を見せるよ。
1度、刑事が聞き込みに来た。
カッコイイ人だったなw

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 16:38
背広から取り出したのが、うっかりピンサロの会員カードだったりしたら警察手帳よりビクーリするに違いない。

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 18:06
夢ネタ。その1。
昔、自宅に強盗が押し入って殺される夢を見た。
「ちゃんとカギをかけないからだめなんだ!」と
元彼に言われて怖くなって目が覚めた。
玄関のカギが気になり見に行くと、かけてなかった。

夢ネタ。その2。
幼少期に叔父さんが火事で焼死した。
不審な点もあったらしいが、結果、寝タバコが原因だとされた。
そんな事も忘れて何十年後かに、その叔父さんが夢に出てきた。
「おっちゃんは、アノ女に殺されたんや。」と…。

夢ネタ。その3。
寝る前に落ち武者が出てくると必ず金縛り。
寝てる時に足首を掴まれたりもした。
幽体離脱か、目が覚めると天井のボコボコしたコンクリーが目の前にあった。

夢ネタ。その4。
最近は、夜中にインターホンの音や玄関の戸を叩く音がする。
夢か?現実か?


645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 18:16
今ニュースで見た話。
公園で通行人が首のとれた男性の遺体が車の中にあったので
警察に通報したんだそうだ。
警察が付近を調べると近くの気にロープと首がぶら下がっており、
男性は木にロープを括りつけ、それに首をかけて車を発進して
自殺したらしい………

              ちょっと斬新な自殺方法。それともガイシュツ?      

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 18:17
×近くの気に
○近くの木に

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 18:43
A君はよく同じ夢を見る。
それはたわいもない。平凡な夢。
どこか分からない見たことも無い街。
しかし夢の中のA君は場所を知っているように先へと進む。
とある建物に辿り付いた所で目がさめる。
そんな夢を何度も見る。

やがて高校に入り、自宅を出て寮ずまいとなる。
寮の部屋に荷物を一通り置き、その辺の地理を確認するために
ちょいと散歩へと出かける。
初めて来る土地なのにやけに見覚えがある。
そう、夢で何度も見た風景そのものだったのだ。
夢の中で進んだ通りに、先へ先へと進む。
やがて見えてきた一つの建物。それはまぎれもなく夢で最後に見る建物
であった。
夢の中では分からなかったが、それは良く見るとビルであった。
惹かれるようにビルの中に入ると、部屋の一室から出てくる壮年のおじさんが居た。
そのまま無視して通り過ぎようと考えてると、そのおじさんが一言漏らした。

「やぁ。また君か」


ほんのりってか不思議な話でスマソ
俺の友達が体験したという実話らしい

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 19:04
夢遊病だったと

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 19:55
>>647
こういう話は面白いけど、ただの夢ネタはつまらんな。
怖いも何も、お前の脳内の話じゃんって感じ。

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 20:03
>>644

寝る前に落ち武者が出てくる、ってアンタ(w

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 20:50
ちょとトイレいてきまあす。



652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 20:56
【埼玉】で男女3人自殺?目張りした部屋の四方に七輪
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1044964010/


653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 21:26
あんまり怖くないかもしれないですけど、実体験書いたんで貼っていいですか?
ちょっとだけ長いかもしれないんですが・・・

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 21:38
>>653
わざわざ聞かなくていいよ

655 :653:03/02/11 21:42
これは俺が高1だったころの話なんだが。
校外授業とやらで、民族博物館行ったんですよ。
その日俺と一番仲のいい友人が休みで、俺は友達は正直少ないんで、
微妙に親しいグループに入れてもらって、周ってたんですね。
それで感想文を書けと言う課題がありまして、どうせ皆書かないだろうと思ってほっといた(そのグループの奴らも書いてなかった)んですよ。
それで時間が終わって、先生にレポート書いてないって言ったら、残って書けって言われたんですよ。
その場所は多少離れてはいたものの駅へはまっすぐ歩けば着く場所なんで帰りもまず迷う恐れはない場所でしたし。
レポート書いてないのは俺らのグループだけだったんで、俺らだけで残ったんですよ。
俺は優柔不断なんでどれにするか迷ってたんですが、他の奴らはすぐに決めて書き終わりまして、
大して仲が良くないこともあって、先に帰るって言って帰ったんですよ。


656 :現職(陸自):03/02/11 21:42
>>653
読みたいです、よろしく。

657 :653:03/02/11 21:42
んで俺は一人取り残されたわけですが、取り合えず村の集落みたいなジオラマで書くことに決めたんです。
行った事ある人なら分かると思うんですが、ああいうとこって静かにしてると凄い空調が五月蝿いじゃないですか。
それがまた不気味なんですよ。
俺の他には向こうの方にいる警備員しかいないし。
流石に怖くなってきまして、慌てて書いていたんですが。
何か向こうを誰かが歩いているようなのが一瞬見えたんです。
慌ててそっちを見たら誰もいない、文章では上手く伝わらないですがその雰囲気がめちゃくちゃ怖かったんです。
警備員もいるって事だけを支えに必死でレポート書いて、書き終えたんですよ。
それでさっさと帰ろうと思って、警備員の方向に(そっちに出口があるから)歩いていったんですが、
誰もいないんですよ、そこに・・・レポート書いてるときに横目で青色の服を着た警備員、少なくとも人であったものが確かに見えてたんです。
移動したのかもと思うかもしれませんが、座ってた(ように見えてた)椅子もそこにはないんです。
そのあたりには民族の着ていた服などがガラスの中に飾ってあったのですが、どこにも青らしき色の物も無いし、座っているようにも見えるものも無かったんです。
俺は無性に怖くなって慌ててその博物館を出たんですが、そこでさらにもう一つの驚きがあったんです。
時計を見ると同じグループだった奴らが帰った時間からおよそ一時間も経っていたんです、どう考えてもそんなにあの場所にいたようには思えないし・・・
熱中してて時間を忘れたんだろと言われますが、せいぜい長めに考えても20分ぐらいしか経ったように思えないんです。

以上、実体験なんですが、俺はすっごい怖かったです。
怖い話というより、どちらかと言うと不思議な話ではあるんですが。

658 :653:03/02/11 21:47
あぁ、実際貼るとあんま怖そうじゃないなw
文章書くのそんなに上手くないんで、読みづらかったらスマソ

659 :現職(陸自):03/02/11 21:48
>>658
博物館とかって、結構そのような怪奇現象が多いらしいですね。


660 :現職(陸自):03/02/11 22:14
それでは、私もほんのりと…

 私は高知県出身なのですが、高校生の頃、四国一周めぐりをしようと
友人達とバイクでツーリングに出掛けました。
原付しかもっていない私達は、なかなか距離が伸びず、仕方なく近くの無人駅で
野宿をする事にしました。愛媛県の伊予土居駅というのが近くにあるというのが
分かり、当てずっぽうに田んぼのあぜ道を右往左往しながら向かいました。
途中、先頭を走る者が足を滑らして田んぼに単車ごと倒れてしまいました
後に続く私達も急ブレーキでバランスを崩して同じく田んぼの中へ・・・ドロんこになりました。

やっとの思いで到着し、すぐに就寝。
朝、始発の列車に起こされ、乗客からの好奇の目に
晒されながら、朝もやのなかを松山市にむけ出発しました。
出発して、すぐ、「あ、家に無事の連絡をいれておこう」と思い立ち、公衆電話から
自宅に電話をしました。数回のコールの後、母が電話口に出ました。

自分「あ、おかあちゃん。今、愛媛の伊予土居ってところ。みんな無事やき。」
母 「あんた、ほんまに大丈夫かね?おかあさん、変な夢見たぞね・・・」
自分「はぁ?何?」
母 「あんたらみんな土の中に首まで埋まって、助けてくれー言いよった・・・」
自分「・・・・・・・・・」

私は思わず、受話器を落としそうになりました。



661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 22:33
お母様は魔女?

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 22:34
>>660
ワラタ

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 22:37
うちの旦那が霊感が強い人で(私は全無)・・・

我が家ではベッドメーキングは旦那が帰宅して
着替える時、ついでにやって貰ってたんですが
なぜかその日は、「いつもやって貰ってるから
今日は自分でやろうかな・・・」なんて思い
旦那帰宅前に自分でやりました。
そうして旦那が帰宅し、いつものようにまず着替えに
寝室に行き着替え終わり、リビングに来て一言

「さっき寝室に行ったらベッドに女の人の霊が寝てたよ。
○○(←私の名前)の寝てる場所で。目が合ったら
ビックリしたみたいで消えちゃったけど」

それ以来普段やらない事は思いついてもやらない事に
しました。
全然ほんのりとも怖くないかもしれませんが
自分的に怖い〜&なんで〜・・・と思ったので思わず
書きました。スマソ。


664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 22:59
>>663の旦那にワラタ

幽霊でもびっくりすんだ‥w

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 22:59
>>663の旦那にワラタ

幽霊でもびっくりすんだ‥w

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:04
気が付くと、ホットカーペットがダニハンターになっててハントされそーになった時


667 :現職(陸自):03/02/11 23:04
>>661
かなり霊感があります。幼い頃から視力がかなり弱いもので。

同じく高校生の頃、バイクで事故に遭いました。
カーブで対向車線に飛び出してきた大型のバイクに、正面衝突です。
救急車で病院に担ぎ込まれた、私の自宅に警察から電話がいきました。

母は、その日の朝から市役所に行く用事があり、昼頃まで市内をあちこち
まわっていたそうです。ところが、行く先々でカラスが「ギャーギャー」と
しつこく鳴いて付きまとったそうです。帰宅して家の中に入ってからも、ずっと。
そこで電話のベルが鳴ったとき、母は「あ、息子に大変な事が起こった・・・」と、
直感で分かったそうです。
幸い、大事には至らなかったのですが、これにも後日談があります。

事故の瞬間から約20分ほども、気絶していただけはあって、しばらくは
事故の前後の記憶が飛んでいました。しばらくして記憶は戻ったのですが、
事故の直前、カーブに差し掛かるまえに、頭上から声が聞こえていたのです。

「誰もいないよ〜、誰もいないよ〜」って。

この声については、その7年後に、もう一度聞く事となりました。
その時も交差点でバイク同士の正面衝突でした。もちろん救急搬送されました。

それ以来、虫の知らせや胸騒ぎなどに、とても気をつけるようになりました。


668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:14
ブルーベリーオムレツの夢を見た
怖かった

669 ::03/02/11 23:22
メモ機能使えないため連書きできません、
sageて書くのでタイムラグはご容赦ください。


母から聞いた自分が生まれる前の話。
家を増築することになったのですが、大工さんに怪我や病気が頻発し、
なかなか工程が進まず、なにかあるかもと、お坊さんに見てもらったそうです。
すると「中学生くらいの子供が怒っている」とのこと。
実家の前には踏切があるのですが、
以前そこで事故で亡くなった子だそうです。
そこで御祓いをする事になり、
亡くなった子の両親にも来ていただいたそうです。
しかし、その霊は思念が強すぎて成仏は難しいとの事。
とりあえずは怒りもおさまったし、
ご両親についていくから大丈夫という事になったそうです。
その後特に問題は発生せず、無事増築は終了しました。
最初、この話を聞いた時は恐かったですが、
その後何もなかったのでしばらくしてほとんど忘れていました。
……続く……

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:30
>>663の旦那にワラタ
幽霊でもびっくりすんだ‥w

つか、霊って寝るのか

671 ::03/02/11 23:40
自分が中学生になり、中間テストの勉強のため夜更かししてました。
時計を見ると既に深夜2時をまわっていました。
そろそろ寝るかなと、電気を消し床につくと、
「トントン」とドアをノックする音がしました。
てっきり親が様子を見に来たのかと思い返事をしようとしたんですが、
声が出せませんでした。それどころか身動きひとつできなくなっていました。
金縛りに合うのはこれが初めてだったので、なにが起こったのか全くわかりませんでした。
「トントン…トントン」ノックはまだ続いてます。
すると少しずつノックの調子が変わってきました。
「トントン…トントンッ…ドンドン…ドンドンッ……ドンッドンッドンッ!」
そして…
「亨〜…亨ぅ〜…とぉおぉるぅ〜!とぉおぉるぅぅぅぅ〜!!」
という不気味な叫び声が激しくドアを叩く音と共に聞こえてきたんです。
僕はそこで気を失ってしまい、気づくと朝でした。
……続く……

672 :現職(陸自):03/02/11 23:42
亨さん、ちゃんと読んでますよ〜。
待ってますんで、頑張って下さい。

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:45
あたいも読んでるよ
その人知り合いかも
さっき会った人

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:46
彼氏さんがやったら霊感強い人で彼女さんと同棲を始める時に
霊を説得(?)したって人がいた。
ネタっぽいけど・・。

彼「彼女と同棲することにした・・・」
霊「え? じゃ、私はどうなるの?」
彼「悪いけど出ていってくれるか?」
霊「そんなのイヤッ」

みたいなやりとりがあったかどうかは知らない。

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:50
>>674
霊「死んでやる」

…にして♪

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:52
小さい頃、夏に母の実家に遊びに行った。
蛍を見に連れて行ってあげると祖父母に言われて近所の小川まで行った。
帰り道疲れて祖母におぶってもらった。

家に向かっている途中で、ある一軒の家からほわ〜んと白い光が浮かんで
山に向かって飛んでいってふっと消えた。祖父母もその光を見ていた。
そして山に消えたとき、祖父母が話した。
(はっきり覚えていないけど、↓だいたいこんな感じで)
「ああ、行ってしまわれたねぇ」
「ずっと、つらそうに寝ておられたから、楽になって良かったんかもしれんなぁ」

私は光の事も、祖父母の話していることも不思議で、祖母に聞いた。
「ばあちゃん、何?」
「あの家から一人いなくなったん」
その時は何もわからずに祖父母が急に暗くなった雰囲気を感じ、
それ以上話し掛けるのを止めた。

次の日、その家の長く臥せっていたおじいさんが昨夜亡くなった事を知った。

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/11 23:53
>664、665(2重カキコかも)、670
レスサンクスです

正確には寝てたと言うより私が寝る場所に霊が
よこになってた・・・と言う方が適切みたいです。
旦那曰く、霊にも何の主張もなく只漂ってるのも
いるらしいのです。(死んだと言う実感がない霊)
そう言うのが現世の人と目が合うとビックリして
消えちゃうらしいです。

自分は全く霊感が無いのでその辺はよく分かりませんが
本当スレ汚しスミマセン。

678 ::03/02/11 23:55
その朝、家族にその話をしても誰も部屋には行ってないと言われました。
それから、自分の部屋では不思議な事が起こるようになりました。
金縛りにはしょっちゅう合い、変な声もしばしば聞こえるようになりました。
ドアに背を向けて昼寝している時に、首筋に氷をつけられた感触があり、
びっくりして振り返ると、青白い人の形の輪郭のみがみえるという事もありました。
さすがに、耐えられなくなり親になんとかしてくれと頼み、お坊さんを呼ぶ事になりました。
そして自分の部屋をみてもらったところ。
「血だらけの子供がドアの前ですごい形相で立っている」
というのです。
また、あの子が帰ってきていたのでした。
とにかく、その場で御祓いをしてもらい、
後日そのこの親のところへ報告に家族で出向きました。
……続く……

679 :現職(陸自):03/02/12 00:14
>>677
スレ汚しだなんて、とんでもないですよー。
怖かったっす・・・

680 :674:03/02/12 00:16
>>675
彼「お前はすでに死んでいる・・・」

で返してみるテスト♪

681 ::03/02/12 00:17
僕は初めて合うそのこの両親に挨拶し、
事の全てを話ました。すると…
「あなた、亨君ていうの…、うちの子間違えてしまったのね…」
「えっ…?どういう事ですか?」
「うちの子が事故に合った時、友達もその場にいたの。その友達が亨っていう子なの。
その子の話によるとね、うちの子線路に足が挟まって身動きできなかったんですって、
それで亨君に何度も助けを求めたんだけど、もう遮断機もおりていて恐くて動けなかったんですって。
亨君、お葬式の時泣きながら私にあやまってくれたの。
私はあなたが悪いわけじゃないから気にしないでっていったんだけど、
家の子が最後に言った言葉が忘れられないって。
「亨ーっ!どうして助けてくれないんだーっ!友達だと思ってたのにーーっ!」
って、あの子きっとあなたを友達の亨君と間違えてあなたの所にいったんだわ。
背格好も似てるし、ちょうど同じ年だし…。
ごめんなさいね、迷惑かけて…」
その話を聞き、恐さよりも悲しくなりました。
その後ご両親と共に本物の亨さんが家まで来て、
もう一度御祓いの儀式を行ないました。
本物の亨さんは涙を流してあやまっていました。
それからは何事もおこらなくなりました。



682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 00:22
>>669
霊も人違いするのでつね・・・


それにしてもすごい体験でつね。
乙かれ〜

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 00:24
どちらの亨さんも大変でしたね。

684 ::03/02/12 00:28
長文、駄文失礼いたしました。
以上が僕が中学時代に起こった出来事です。
僕にとっては恐い話というより悲しい話なんですが、
ここには合うかなぁと思って書きました。
本物の亨さんはこの件があるまでは現場にきた事はなかったのですが、
それ以来、毎年命日にお参りしにきています。


685 :魔界一号:03/02/12 00:29
>>669
亨氏、大変な経験を。
俺、今年の一番(;゚Д゚)コワヒー話、あなたの話に決めました。

ここを読んでるときに俺も一緒に失神しそうにこわかったです

>「トントン…トントン」ノックはまだ続いてます。
>すると少しずつノックの調子が変わってきました。
>「トントン…トントンッ…ドンドン…ドンドンッ……ドンッドンッドンッ!」
>そして…
>「亨〜…亨ぅ〜…とぉおぉるぅ〜!とぉおぉるぅぅぅぅ〜!!」
>という不気味な叫び声が激しくドアを叩く音と共に聞こえてきたんです。


686 :陸自(現職):03/02/12 00:34
>>684
大変お疲れ様でした。
私も幼い頃、近所に越してきた3〜4歳の子供が無人踏切で
列車にはねられて亡くなってしまいました。
ご両親の心痛は、計り知れないものがあったと思います。
私には亨さんのような体験は無かったですが、列車事故の悲惨さを思うと、
胸が詰まるおもいでした。

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 03:50
踏切事故で思い出したんだけど
リアル消防の頃に隣のクラスの子3人が電車にはねられて亡くなった。
通学途中のことだったので目撃した人もかなりいたみたいで
あっという間にバラバラになったとか話していた子もいた。

雨の日にその踏切を通ると子どもの笑い声が聞こえるって
噂も聞いたことある。

不慮の事故などで知っている人が急にいなくなっちゃうのって
何だか寂しいね

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 07:11
現職(陸自)と陸自(現職)は違うヒトなんだろうか。
どっちでもいいんですが、陸自関係でコワイ話あったらきかせてくれくれ。

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 09:28
私の部屋は築10年くらいなのに家鳴りがうるさくてうるさくて・・・
夜になると決まった位置でパシメキといってたんです。
ラップ音かなぁとも思っていましたが、まあ違うだろうと放置してい
たのですが、一昨日、モノは試しと部屋のあちこちに盛り塩をしま
くったら、

家 鳴 り が ピ タ リ と止 ま り ま す た 

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 09:34
>688
陸自だけとは限りませんが・・・過去スレにありますた。

自衛隊@オカルトネタ
http://natto.2ch.net/jsdf/kako/975/975484312.html

691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 10:39
自じゃないけど、おととしあの国と銃撃戦やった官庁の研修施設はでるらしい、
とういうか、出まくった。
たいへんだったよ、季節に関係なくいろんな形で来るんだもん。
俺はなんだかんだで一年間住んでたんだけど、ちょっと霊感ある人は、
「こんなとこに一年も住めない」
って帰った人もいたな。

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 11:49
幽霊も寝るんじゃないですか?
特に寝る必要はないかもしれないけど
習慣ってなかなか抜けないし

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 11:59
>>691
おにぃちゃん、そういうのを蛇の生殺しっていうんだよ。
そこまで言うんだったらちゃんと詳細を訓えてくんなきゃ。

694 :長文1/4:03/02/12 12:27
3年ほど前の事です。

当時、私は倉庫会社の配送担当をしていました。
その日は、仕事が終わってから仲間と一緒に飲みに行き、
その後2軒3軒と飲み歩くうちに、気が付くと終電は無くなっていました。
翌日は早朝から積み込みと配送があったので、
私は会社に泊まることにしました。
倉庫の横にある事務所の2階に休憩室があり、
早番や遅番のドライバーは、そこで仮眠を取ることが良くありました。
ただ、深夜には「出る」という噂があって、
そこで夜を明かす人はほとんどいませんでした。
その噂のことは知っていたのですが、
生まれてこの方、怪異などとは縁がなく、まるっきり心霊音痴だった私は、
かなり酔っていたせいもあって、あまり深く考えることもなく、
休憩室の畳の上で横になるとすぐに眠ってしまいました。

どれぐらい眠っていたのか、私は電話の音で目が覚めました。
ピリリリリッピリリリリッ
事務所の電話が鳴っています。
(こんな夜中に誰だろう?)
そう思いながらも、起きるのが面倒臭かったので放っておきました。


695 :長文2/4:03/02/12 12:28
しかし、電話は執拗に鳴り続けました。
ピリリリリッピリリリリッ
ボリュームが最大に設定してあるせいか、物凄くうるさい。
いい加減うんざりして、身を起こそうとした時、
ドンドンドンッ!
1階にある事務所の入り口のドアが叩かれる音がしました。
不審に思って動作を止め、耳を澄ますと、
今度はドアを引っ掻くような音がします。
ガリ・・ガリ・ガリ・・・ガリ・・・
何だか怖くなって、私は畳の上に半身を起こしたまま息を潜めていました。
ピリ・・・・・
と、不意に鳴り続けていた電話の呼び出し音が止みました。
同時に、ドアの物音もしなくなりました。
すると今度は、ぼそぼそと人の声がします。
ドアの外で誰かが喋っているようですが、話の内容はわかりません。
何が起きているのか全くわかりませんでしたが、ひどく嫌な予感がしたので、
私は耳だけに神経を集中して、物音を立てないようにジッとしていました。
話し声は断続的に、ぼそり、ぼそり、と聞こえてきます。
複数の男の声のように思えました。
やがて、女の声が加わるとすぐに声は止み、周囲には静けさが戻ってきました。

何が何だか良くわからないまま、しばらくは様子を伺っていましたが、
そのうち、張りつめていた気が緩んだのか、いつしか私は眠ってしまいました。


696 :長文3/4:03/02/12 12:30
次の日、私は早朝に目を覚まし、倉庫側のドアから倉庫に入り、
一人で積み込み作業をしていました。
すると、事務所の入り口の辺りに人が集まっているのが見えました。
作業の手を止めて行ってみると、
昨日物音がしていたドアに引っ掻いたような傷が残っています。
「空き巣狙いなんじゃないのか?」
私の話を聞いた部長がそう言って、一応警察に連絡することになりました。

夕方、配送を終えて事務所へ戻ると、
私の顔を見た部長が、警察へ行ってくれ、と言い出しました。
「今日、近所で倉庫荒らしが捕まったらしいんだが、その関連で昨日の話が聞
きたいそうだ。」
私は部長の車で警察に行くことになりました。

警察署では、簡単な事情聴取を受け、捕まった倉庫荒らしの話を聞きました。
警察によると、犯人は中国人の窃盗団だということでした。
彼らは、狙いを付けた倉庫会社に電話を入れて不在確認をし、
そのうえで、電話が鳴りっぱなしであれば、多少の物音を立てても
気にすることなく、工具でドアをこじ開けて中に侵入し、
金品を奪ってトンズラする、という手口で倉庫を荒らしていたそうです。
「万が一の時に備えて、奴ら拳銃も持っていたんです。」
取り調べの警官がそう言うのを聞いて、
あの日侵入してきた窃盗団に見つかっていたら、と思うとゾッとしました。


697 :長文4/4:03/02/12 12:31
続けて、警官が気になることを聞いてきました。
「昨夜、あなたは電話には出なかったとおっしゃいましたが、本当ですか?」
私が、はい、と答えると、警官はしばらく考え込むような素振りを見せてから、
こう語り始めました。

「・・あいつら、あなたの会社へかけた電話に誰かが出たと、そう言ってるん
ですよ。だから、ドアをこじ開けるのを止めて、様子を伺っていたらしいんで
すが・・・その時、そこで何があったのか、誰も話そうとしないんです。」
警官は、ちょっと困ったような顔で言いました。
「捕まった時には、あいつら、あなたの会社の近くに止めた車の中でブルブル
震えていたんですよ。大の男が4人揃って。どう考えてもおかしいでしょう。」
「男が4人・・・ですか。」
「ええ、一網打尽って訳でして。それについては、私らもホッとしておるんで
すがね・・・」

それで、私は昨日の事を思い出しました。
電話が切れた後、ドアの外にいたのは凶器を持った中国人の男達だった。
するとあの時、声がふっつりと止む直前に聞こえた女の声。
あれは誰の声だったんでしょう?

698 :元自営官:03/02/12 12:32
俺がいたときも怖い話はいっぱいあったねぇ〜
俺は少し厳しい学校にいたんだけど上級生から色々な話を聞かされたよ。
でね、最後にその上級生が言うんだよ!
「お前等、俺の事を鬼だと思っているだろう?(シゴキが厳しいから)
 だけどなぁ〜
 俺はお前らを取って喰いやしねぇ〜ぞ!
 幽霊に呪われるよりはいいだろう。
 だから、明日から頑張れよ。」
って終わってた。
軍隊の怪談話は旧軍からの伝統で
生と死を学ぶ(自殺防止)
それと厳しい訓練を耐える為の一つの息抜きだと
その人から教わったね。

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 12:35
>>694みたいにやってれると実に助かるよ。

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 13:09
>>690
読んできたよ!おもしろかった。ありがチョー

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 13:20
>>694
怖い話しだなぁ…。
強盗と幽霊、どっちも怖い。

でも倉庫とあなたの命を守ってくれたんだから
いい霊ってことだよね。

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 13:40
>698
硫黄島はかなりヤバィらしいですね・・・

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 14:13
>547
一人一人に木魚・・・もしかして浄○宗?
あれは確かにもにょります。

私がさらにもにょったのは
お墓にお骨を納めるときに
骨箱の隅の粉骨を住職から
残す訳にはいかないから
皆で食べろと言われたこと。
ええ、そうしましたとも。

これは浄○宗のデフォでなく、
住職の悪ふざけだったようですが・・・



704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 14:37
札幌で働いていたときの話です。
季節は3月くらいだったでしょうか。
当時僕は飲食店でバイトしていて、店が終わったあと夜景を観に行こうとなりました。
夜中1時くらいに出発して同僚の女の子(直美 仮名)と男(純也 仮名)と僕の計三人で
隣町まで行って夜景を楽しみました。
夜景スポットからの帰り道、後部座席の純也が「そういえばあの家ここから近いですよ」と
言いだしました。 あの家とは札幌では有名な一家心中があったという幽霊屋敷でした。

ここは何年か前に行ったときも不思議なことが起こり、他にも色々聞いていたし
あまり行きたくなかったのですが運転していた直美がどうしても行きたいと言うので
車から降りずに見るだけという条件でOKしました。
周りには何もない一本道に面してその家はポツンとあります。 その家の前に車を止めて車内から家を窺いました。
直美は降りたいと言い出しましたが僕と純也が断固拒否したので直美は渋々車を発進させて、5分ほど走った先にある
コンビニに向かいました。 コンビニでタバコやジュースを買いこみ、さあ帰ろうとなり今来た道を戻りました。


705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 14:39
札幌に帰るにはまたその道を戻り家の前を通るしかないのです。 
まだ寒い時期ですから車内には暖房がきかせてあり、コートを着て運転していた直美が途中で
「ちょっと暑いから車とめてコート脱ぐね」と車を止めました。

ふと車の外を見ると何と家のまん前です。かなり嫌な感じがしました。
大きな通りに出るまでの道沿いにはその家しか建造物がないのですから。
「おい、おいこんなところで止めるなよ」 「ほんとだ。ごめん、ごめん」
「はやく車だせよ」 「あ!ベル鳴ってる。ちょっと待って」
直美はポケベル(笑)を取り出しました。ベルを見た直美は「ひぃあっ」と小さく叫んで固まっています。
「おい、見せてみろ」直美の手からベルを取り上げ液晶を見るとグリーンの画面に一言

            タスケテ

あわてて僕と純也はショートメール(藁)が入らないように携帯の電源を切りました。

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 14:45
ボスケテ

707 :魔界一号:03/02/12 14:46
>>705
おつ。

不謹慎だが、ボスケテって出たらよかったのにね。

708 :魔界一号:03/02/12 14:48
>>706
おい、人のネタ取るなよ。
俺、読んだ瞬間から言いたくて言いたくて仕方なかったんだぞ。



709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 16:13
でも、ホントに”ボスケテ”って出てもいろんな意味で恐いよね。

710 :705:03/02/12 16:30
いやぁ、怖さ紛らわすためにあちこちに電話しまくってから帰ったら
次の日からしばらく「タスケテ」メールが入るわ入るわ(藁
間違って「タテスケ」っていれてる奴もいるし。
ちなみに直美が帰宅した直後にももう一回「タスケテ」と入ったらしいんだが
二回目のは悪戯じゃないかと思っている。誰もいれてないと言っているけど。
 
当時、マサルさん連載してたかなぁ。

711 :死おり:03/02/12 17:09


712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 17:17
>>702

硫黄島の話をさりげなくだすのは・・・
どこの学校か探りを入れてるねぇ〜

ちなみに、
硫黄島の砂を持って帰ってはいけないのは・・・
これは国家秘密だから話せない!


713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 17:48
>>712
いや、軍事板とか自衛隊板とかで怖い話が出ると、必ずと言って
いいくらい話題に上る有名な話でしょ?
詳しくは知らないけど。


714 :魔界一号:03/02/12 17:51
俺としては幽霊云々より
>硫黄島の砂を持って帰ってはいけないのは・・・
>これは国家秘密だから話せない!
ここが気になって仕方がないんだが。

715 :712:03/02/12 18:59
硫黄島の砂

話せないものは話せない。
ただあまり期待しないで、聞くとなぁ〜んだって話なんだ。

しかし、今でも幹部が
「硫黄島の砂を絶対に持ち帰ってはいけない。」
とやってるのかな?
その理由を誰もしらない?
秘密は守られてるんだね・・・
ふぅ〜ん

716 :魔界一号:03/02/12 19:08
>>715
じゃあ、ヒント頂戴よ。
ヒント出さなきゃ、君のこと釣り師って呼ぶからね。

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:13
次はこのスレでフィッシングですか?
学習しろカス。

718 :712:03/02/12 19:22
同期の日記

私が硫黄島に降り立ったのは22歳の時だった。
輸送機で降りた時に凄く暑かったのを覚えている。
飛行場の待合室には
「歓迎 島倉千代子」
の横断幕があり慰問で島倉千代子が今度くると聞いた。
史上最大の激戦地とも言われる硫黄島に降り立って
少し興奮したのは若かったからだと思う。

中略


719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:22
壕は予想以上に狭く
(注:日本軍は壕を掘って上陸して来た米軍と戦った。
   硫黄島の海岸が血で真赤になったとまで言われている。)
事前に聞いていた激戦の内容だけでなく。
怪談の事もあったのだろう。普通の隊員以上に
訓練されて統制の取れているはずの私達の中に
パニックを起した者がいた。パニックは連鎖的に広がろうとしたが
教官の叱責でみんな冷静さを取り戻した。

中略


720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:23
同期の一人が昔の鉄帽(ヘルメット)らしき破片を拾った。
そいつがそれを私に見せ
「記念に持って帰るか?」
と言ってニヤリと笑った。私は
「マジで持って帰る根性ある?」
と聞くと同期は
「ウッソ!」と言って放り投げた。
硫黄島の砂一粒も持って帰ってはいけない。
なぜなら、硫黄島の砂には国に帰りたくて帰れないかった
兵士の血が染込んでいるいるから。
間違えてでも持って帰ればその兵士に呪われる。
来る前に聞いた怪談を私はその時思いだした。

中略


721 :仕事に疲れてる俺:03/02/12 19:23
私達はついていた。本来は海自の輸送船で帰るはずだったが
帰りも飛行機に変更になった。
滑走路で整列していると○○2尉が
「よ〜し!お前等、ポケットの中身を互いに確認しろ・・・
 半長靴は一度脱いで靴底を叩いて砂を落とせ・・・
 昔、嫌いなヤツの雑嚢に小石を
 こっそり忍ばせたヤツがいたが
 絶対にするな。」
いつも陽気な○○2尉がそう言った。
オイオイ!まじかよ防大出の幹部のセリフかよ・・・
幹部自衛官の公式の命令として硫黄島の砂を持って
帰っちゃいけないのかよ。


722 :仕事に疲れてる俺:03/02/12 19:25
が初めてネタでない
本当の話をしました。

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:30
>>653
佐倉の歴博?

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:35
>>712
ありがとう。そしてお疲れさま
って?

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:43
>>712

それって、どこにでもある硫黄島の話ぢゃん。
一般人だと話を誤魔化してるだろう。

俺は米軍も砂を持って帰らないって聞いたぞ!!!

なぜか理由を言えよ!!!


726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:46
日本に帰りたい霊のために、
砂は積極的に持って帰ってやるべきではないのか?

727 :725:03/02/12 19:49
マジで持って帰ってはいけないと言われるらしい。

理由は呪われるからだと。

て軍事板で言ってた。

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:56
お国に連れて帰ってもらったお礼に呪うの?
ワケワカラソ♪

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 19:56
理由は呪われるから・・・

それだけじゃ無いことだけは明白だな。

730 :魔界一号:03/02/12 20:00
>>712
話してくれてありがとう。
考えさせられるね、その話。
ちょっと考えてみることにするよ。

>>727
戦没者に哀悼の沈黙を捧げようぜ。


731 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:02
こりゃ仕事に疲れた俺の復讐だよ。

知らない人が増えたようだが
少し前に仕事に疲れた俺って人が
ネタばかり披露していたんだ。
俺的には好きだったんだけどね。。。
笑い話やいい話の怪談やほんのり怖い話をしてた。。。

だけどね。。。
実話系の連中が追い出したんだよ。。。

シャワー室の怪談なんか良かったんだけどね。。。

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:13
些細なことであっても、ネタよりは実話のが面白いと思うんだけどな。

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:17
内容のつまらない実話より震え上がるようなネタの方が面白い。
このスレはネタOKなはずでは?

実話しか許せないヤシは、他スレに逝けばいいと思うんだけれど。

734 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:18
>>726
>>728

とにかく持って帰っていけ無いのは有名

おかしいだろう?
日本軍の遺骨を回収しにフィリピンや中国に行ってるのに
なぜか硫黄島は駄目みたいなんだ。
712はその理由を知っていると見た。

ちなみに712の話が今まで聞いた中で
一番信憑性がある。
だから712はそれ以上の何かを知っているはず。



735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:22
712の同期の日記のおかしな点

人の日記と言う感じに書いているけど・・・
>少し興奮したのは若かったからだと思う。
と昔を振り返るミスをしている。
これは712の実体験だとオモオ

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:25
例えば話が本当だとしても、
その発端が陸自の伝統的なネタって可能性には誰も突っ込まないご様子。

結論が出ない話は釣りと同じなので、もうこのスレで硫黄島の話はやめような。

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 20:32
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (    )< 1の時から思ってたが・・・
 ( O   )  \_________
 │ │ │
 (__ (__)

  ∧_∧
 ( ´∀`)彡 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( O   )  < キザじゃなくてギザなんだね
 ││ │   \_________ 
 (__(__)


738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 21:11
パソコンの近くで携帯のセンター問い合わせをするとスクロールバーが
上下するのでほんのり怖い。

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 23:08
>>738
俺はすごい雑音が入るんだけど・・・
まさか俺だけ?

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/12 23:49
>>738,739

普通に電波障害。特にパソコンは弱いかも。

電車で携帯の電源オフしましょうというやつと同じ。 ペースメーカを付けている人のペースメーカーが
動かなくなって死んでしまうかもしれない(殺人?)といやつ。 実際のところ、携帯のせいで死んだと
いう話は聞かない。そういう人は満員電車などに乗らないのかもしれないし、ペースメーカー自体が
そんな程度の電波では誤動作しないつくりなのかもしれない。ペースメーカをしている人自体が少ない
のかもね。

解説はスレ違いで、すまそ。 逝って来ます!

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 00:34
今書き込んでる職場のPCは、メールが来ただけでも100%電源落ちる。
余りに弱いんで今は製造中止らしいですわ。

742 :741:03/02/13 01:00
職場のPCの話してもしょうがないんで、職場で体験しつつあるほんのり話を…文章下手やけど許してね。

私はビジネスホテルのフロントをしております。
部屋数が少ないこじんまりとしたホテルなので基本的にフロントは1人です。
数カ月前から、夜になるとどこからともなく「ピッピッピッピー」という
電子音のような音が聞こえてくるようになりました。
全く聞こえない日もあるのですが、聞こえる時は数分間の間をおいてひっきりなしに。
最初はロビーに置いてあるラジオのノイズか何かかな?と思っていましたが、
聞こえてくる方向が全く違うのです。追求すると恐くなってくるので考えるのを止めていました。
ずっとその音の正体が分からなかったのですが、数日前に判明しました。
フロントの横に身障者用のトイレがあるのですが、そこの洋式便器の前に人が来ると
センサーが感知して自動で蓋が開くようになっています。
その後一定時間人が座らないようならばまた自動で蓋が閉まるようになっています。

〜続く〜

743 :741:03/02/13 01:07
その時に鳴るセンサー音が『ピッピッピッピー』でした。
それを知った時は「なんだ…長い間ビクってて馬鹿みたいプ」と思いました。
でもその直後、気付きました。
『ピッピッピッピー』と鳴るためには、その前に蓋が開いていなければならないということを。
つまり、夜になると何かにセンサーが反応し、暗闇の中でひっきりなしに蓋が開いたり閉まったり…。
このホテルは裏通りにあり昼間も静かなので、昼間も鳴っているのに気付いてない
ということはありません。むしろ夕方〜夜の方がお客様の出入りで騒がしいのです。



744 :741:03/02/13 01:19
後日(?)談。

同じ時間帯に入るもう1人のフロントにこのことを話したら
「そういえば霊感の強い友達に、今あのホテルでバイトしてるっていったら
あそこ滅茶苦茶おるやん…って言われた」とのこと。
このホテル出来てまだ3年程しか経ってないのですが、最初の1年くらいは
ラップ音がしたり、誰もいないロビーから大勢の人の話声がしたりと
霊感のない私でさえも「なんかたくさんいそう…」と思える雰囲気でした。
最近は特に気配も感じなかったし、もういなくなったと思っていたのに。
因みにそのトイレ、他の従業員も口には出していなかったのですが、
何故か嫌な雰囲気があり、あまり近づきたくなかったそうです。
さらに蛇足。
半年前程まで私の母も昼間にパートでフロントにいたのですが、
そこのトイレのドア(身障者用なので引き戸)が突然人が入ってるかのように
ガタガタガタッと揺れていたそうです。毎日のように。
母は風がどこからか入って来てるんだろう、と自己解決していたそうですが
私はそれは1度も経験がありません。風ならば私も気付いているはずなのですが…。



745 :741:03/02/13 01:24
大したことない話なのに長々とスマソ。
この前デジカメでトイレを中心に撮影してみましたが、
オーブ以外は特に何も写っていませんですた。
デジカメは写りにくい、と聞いたことがあるので
その内、普通のカメラで再チャレンジしてみます。

それでは仕事あがります。

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 02:47
うちの主人が硫黄島に行ったときも、砂を持ち帰っちゃいけないと
言われたそうですが、その理由は砂だと思ったら骨だったりする事が多いから
絶対、持ち帰っちゃいけないと言われたそうです。
激戦地だったから、砕けた骨が砂のようになって今も漂っているとしたら、
とても、悲しい話ですよね。


747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 03:52
先日、自室でくつろいでいた時の話。なにやら放屁がしたくなり、なんならより大きな音を炸裂させようと腹に力をいれ、ぎりぎりまで肛門を絞めて放出したんだ。そのときだった。炸裂したのは屁ではなかった。

う ん こ だ っ たの だ。

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 05:52
>>747
自室でよかったでつね。

実は私もあるからその気持ちよく分かる。
外出先での出来事だったら・・と思うとほんのりどころか
カナーリ怖いでつ。

749 :軍事板:03/02/13 07:13
硫黄島がなぜ史上有数の激戦地となったか。

それは、日本兵が天皇万歳と言って戦ったからではない。
自分達が一日頑張れば一日空襲を防げる何百人の日本人の命が助かる
その事を兵士が知っていたから
水も食料も弾も無いのに最後まで抵抗したのだった。

東京爆撃を考えた米軍は爆撃機の基地が欲しかった。
そして
飛行場が作れる唯一の島が硫黄島だった。
そこで米軍は物量にものを言わせ大部隊を派遣したのだ。
迎える日本軍は弾も水も食料も僅かだった。

まず米軍は島の形が変るほど艦砲射撃を加えて
上陸用舟艇を派遣した。
しかし、日本軍はまったく抵抗しなかった。
なぜなら。。。一日でも長くここに留まる事が目的であった
日本軍は砲撃して陣地を敵に知られたくなっかたからだ。

そしてまさに敵の顔が見えるほどの距離での白兵戦が始まったのだった。
海は死体で覆われ、海岸は血にそまり。米軍は仲間の死体を盾にして
日本軍の壕に手榴弾を放り込んだ。



750 :軍事板:03/02/13 07:14

雨水しか利用できない硫黄島の日本軍に飲み水はほとんどなかった。
そしてその飲み水も
多量の出血で水分を本能から欲しがるもう助からない者のみが
飲むませてもらった。

三交代制で攻撃を加えた米海兵隊は占領した海岸に
簡易プールまで作って英気を養っていた。
それ程の物量を持ってして
この小さな島をやっとの思いで占領した米海兵隊にとって
ここは史上最大の激戦地となった。

NYテロで消防士が星条旗を掲げ有名となったワンカット
四人の兵士が星条旗を掲げようとする絵や銅像は
この硫黄島での実話である。


751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 07:27
硫黄島って言ったら
西男爵の話が泣けるね

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 07:53
昔彼氏の友達に防衛大学の人がいて
その人の話。胡散臭いけど(^^;

防衛大生は必ず硫黄島に研修に行くんだって
昔、硫黄島に行って
キレイな石を持って帰って部屋に飾ってた人がいたんだって
帰って来て
一週間後にその人心臓麻痺で死んじゃったの

それから防衛大では
硫黄島の石を持って帰ってはいけない
事にになったんだって

すごいのが、彼氏の友達が上司に
なぜ持って帰ってはいけないか聞いたら
上司は
「死にたくないなら持って帰るな。」
とだけ言われたんだって。

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:02
>>751

西男爵の話おしえて

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:15
オレの親父、元自衛官(空自)で硫黄島に勤務した事のある

に聞いてみた。硫黄島には空自と海自のキチらしい。
親父に
>>712を見せたら
712にはネタでなく実際に硫黄島に来たことある者が書いた日記だと思うと言ってる。

親父に硫黄島の石を持って帰ってはいけない理由をしってるかと聞いたら。知ってると答えたが
712が掲示板に書いてないのなら教えないと言って教えてくれない。
オレが掲示板に投稿するのを見透かされた!!!!

本当の理由を知ってる自衛官がいるのは確かだ

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:26
>754
鹿島建設の社員も硫黄島に派遣されるらしいよ。
社員なら民間人だから教えてくれるんじゃない?

756 :734:03/02/13 09:34
>>754

754の親父さんに>>746も見せた?
骨が砂になっているから持って帰っていけないと言う説
どうだ?

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:38
うぉぉぉーーー!面白くなってきた!!!
>>754頑張れ!!

758 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:39
犬鳴村
マウンテン
虹の杖

に次いで
硫黄島キィ----------------------------------た


759 :754:03/02/13 09:46
>>756
たぶん見たはず、俺は気がつかなかったがしばらくこのスレを最初からじっくり読んでいたから
>>757
駄目だオレの親父の性格ではもう絶対に教えてくれない。
機能の晩、しつこくせがんだら
「ちゃんとした理由があるから教えないんだ。」
と言ってそれ以上は何も言わなくなった。

オレのが思うに712が話してくれるか鹿島の社員か
辞めた自衛官に聞くほうが早い。
親父の口ぶりでは知ってる自衛官は少ないみたいだ

760 :754:03/02/13 09:48
>>758
マウンテン系のネタじゃない気がする。
712そしてオレの親父と
本当の理由を知っている者がいるのは確かだ。

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:49
>754
752さんの書いてる話でもう十分と思ったけど、
ぐぐったら、石とは書かれていないが、それらしい事に少し
だけ触れた文章を見つけたよ。

ttp://www.jp-paradise.net/halo/horror/hikouki01.html

(-人-)ナムナムと最後に拝んでおこう・・・。

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 09:53
>759
恐らくさ、親父さんの同期か何やらで、物持ち帰って
事故にあったりした人がいるんじゃないか?
もしくは怖い体験した人がいるとか・・・。

(´ヘ`;)ハァ・・硫黄島の話題、出さない方が良かったかな・・・。

763 :734:03/02/13 10:01
自衛隊は
「呪われるから持って帰っていけない。」
としているようだが、実際に自衛隊がそんな事を認めるだろうか?

それに712のレスをじっくり読んでいると。
本当の理由を隠すために
呪いという普通に伝わる話で誤魔化している気がする。

それに
754の親父も712が掲示板に書いて無い事を見抜いている。
自衛隊は防衛大の話や761の話にしておきたいようだ。

本当の理由があるはずだ!

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:05
何もしないで待っていたら?
もしも、712がホントに仕事に疲れた俺さん
だったら本当の理由を教えてくれるよ。

あの人の話は何か優しい感じがしたから
いい人みたいだったし

765 :763:03/02/13 10:11
>>762

本物の実話のほんのり怖い話だと思わないか?
実際に日本の自衛隊と言う公式の組織が認めるオカルト!

もしかしたら、本当の理由があって
ネタでも何でもなく実際にそれを知ってる者がいる。

どっちに転んでも面白いぞ!

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:13
>>762

本物の実話のほんのり怖い話だと思わないか?
実際に日本の自衛隊と言う公式の組織が認めるオカルト!

それに、本当の理由があって
ネタでも何でもなく実際にそれを知ってる者がいる。

友達の友達から聞いた自称実話よりも興味がある。

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:22
西男爵と硫黄島の話

知ってるつもりでもやっていたが
今までの硫黄島の話を聞いて

「バロン西、出て来て下さい、あなたをうしなうのは惜しい・・・」
これを読んだら少し涙が・・・・・・・・・・

ttp://homepage2.nifty.com/hi-rose/ijinden/7gatu/0712.htm

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:37
釣りをするなら別にスレを立ててやってくれや。
どうで、仄めかすだけで最後はドロンだろ

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:37
>>762
自衛隊がオカルトを認めてるんじゃない。
硫黄島に行った民間人に

「しかし、夜ともなると、かなりの静けさが島全体をおおう。
夜は、水を求めて島内を兵士の霊がさまようとも言われ、
かならず、部屋にはペットボトルの水を置いておけとまで言われた。」

って指示してるよ。
ttp://www003.upp.so-net.ne.jp/BigAppleClub/t-jp-iou9909.htm



770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:44
>>769
>>761のリンク先読んでみ。

771 :770=762:03/02/13 10:50
>769
ごめん間違えた。スマソ

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:50
>>770

つぅより何で部屋にペットボトルの水を置くんだろう?
猫よけ????

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 10:57
確かに硫黄島オカルトだけでスレが出来るな〜
誰か作ってよ

この話なら釣られても価値があると思う。

774 :770=762=713=702:03/02/13 11:01
硫黄島の話題ばっかりだね。
ごめんよみんな、私が話題を振ったために、スレの雰囲気が
傾いちゃったね・・・。
硫黄島の話は自衛隊板か軍事板に聞けば済む話だったよね・・・。
ごめんよ・・・。

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 12:02
そういうわけで、硫黄島は他スレで。
以降『ほんのりと怖い話』を継続しましょう。

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 12:06
硫黄島のはなし、もっと現実的な問題があるんじゃないの?
何故か放射性物質が含まれているとか、
化学兵器の痕跡がのこってるとか。


777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 12:07
>>775
うは。すません。タイミング悪かったみたい。
気にしないで、次行ってください。

778 :sage:03/02/13 12:36
無粋なレスだったらごめんね。
ねえねえ。硫黄島の話って最近の砲撃演習のせいでしょ?
湾岸戦争で有名になった…
マスコミでも報道してたと思う。

779 :初心者です:03/02/13 12:46
ここまで来たら私も硫黄島の話が気になります。

780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 12:50
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045108149/
硫黄島のスレ立てといてやったからこっちでやってくれ

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 12:52
>>767
読んでいて泣けてきた。ありがとう。

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 13:05
>>772
>猫よけ????
                          ゴメン、すごく笑った・・・

783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 16:57
>694
書き込み作法も美しい上に、ほ、ほんのり…

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 17:35

>>694
今、読み終えた。
コレいい話だね。
ところで、電話に出たのも女の霊ってことなの?

785 :死おり:03/02/13 17:42


786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 20:27
ネタでも小説系でもいいんだけど、仕事に疲れてる俺は
「ねっ、面白いでしょ?」って語り口がウザいですsage

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 20:38
などと自己厨な感想を述べる奴がウザい。

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 20:48
ちょっと昔の事だけど、なんか背後を黒いものが通るような気配がしばしば。
なんというか視界の端っこで気配を感じるの。
んで、お恥ずかしい事に私、トイレのドアを半開きでよく用をたす習性があるんだけど
その半開きのドアの隙間を横切る黒い何かの気配。用を足す間に2、3回は横切ったり。
他にも毎晩お経が聞こえたり、窓に手形がついてたり等等
「フーム」といった具合にあまり気にとめてなかったんだけど
どうもそのなんか異様な気配は私だけじゃなく家族も感じてたらしくて
お祓い?してもらったところ、この土地で昔戦時中に亡くなった人たちがどーしたこーしたというもので(お祓いには立ち会ってないのでよくわからん・・スマン)(供養して欲しかったんだと思う)
お守りのようなものを各自持たされ、朝晩お祈りをするようにと言われ実践したところピッタリおさまった。。。
というか、トイレ覗かれてた!?と思うと別の意味でほんのり…

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 22:23
妖怪フーム

790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 22:37
>>788
うちもそういう事がしばしば。
怪しいといえば、庭に沢山ある庭石。うちの家を建てた祖父が、戦後の焼け跡から拾って来た物で。
焼けて黒ずんでいるんですよ。小判状の石が爆弾の直撃喰らって縦に真っ二つに裂けているのもある。
あきらかに怪しい波動を放っているのですが、元僧侶の百歳近いうちの祖父は全く意に介さず。
祖父に話したところ、「何か居る」が「わしが建てた家だから、勝手に住み着いてる奴に悪さはさせん」
そうで、なるほど、祖父が家に居る(普段は別の所に住んでいる)時は、なにも起こりません。


791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 22:55
しばしば梅しば

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 23:09
この間から知らない電話番号から携帯に電話が掛かってきて
それに掛け直すと「現在使われておりません」
今日も掛かってきて、掛け直したらまたそれ。
ほんのりどころか、物凄く怖いんですが(;´Д`)

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 23:16
>792
とりあえず、出てみる。
話はそれからだ。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 23:19
>>792
とりあえず出てみて「電話の中の人もたいへんだな」と言ってみると

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/13 23:34
とりあえずがいしゅつすぎとも逝ってみる

796 :792:03/02/14 00:07
>>795
ええっ!?
がいしゅつすぎって事は結構ある事なんですか?
あたしマジでビビってたんですけど!

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:09
とりあえず、着メロをちんこ音頭にしてみる

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:10
同じ番号から2回かかってくるのは初めてじゃないっけ?
1回だけならイタズラの可能性あるけど。

799 :792:03/02/14 00:13
もう3回掛かってきてます。
1回は何週間か前。で、2回が今日。

800 :792:03/02/14 00:14
2回が今日・・・ってなんかおかしいですね。
今日は2回です。

801 :妖怪フーム(788):03/02/14 00:15
>>790
そういや親父が他界してから怪しげな気配とか現象が起こり始めた気がする...
ジイちゃんを大切にね!

ところでー怪談話だか昔話か分からんけど
トイレのスリッパ(草履?)の裏側と裏側を叩くと・・・・みたいな怪談話誰かご存知無いでつか...?

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:16
>>792
因みにそのかかってくる番号は携帯電話なのですか?

803 :792:03/02/14 00:18
いえ、普通の電話番号?03-ってやつです。

804 :792:03/02/14 00:19
書いちゃマズいかなぁ?
ちなみに番号は03−3570−1898なんですが。

805 :ダヌル・ウェブスター:03/02/14 00:19
>804
メチャクチャまずいぜ、それ。

806 :792:03/02/14 00:21
嘘!?どうして?でも使われてない番号ですよ?

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:24
まずはNTTに聞きましょう。調べて貰うだけならタダ。

808 :ダヌル・ウェブスター:03/02/14 00:25
じゃ、いい。

帰ってよし。

809 :792:03/02/14 00:27
NTTに聞くと調べてくれるんですかね?
この電話番号から掛かってきてるって言えば大丈夫でしょうか?

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:27
>>792
今かけてみたら話し中でしたよ…。


811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:28
調べて貰って「実はそこは以前・・・・」とかいう展開木骨。

812 :アンゴルモアの大王 ◆k7ZXkTU0mw :03/02/14 00:30
ダヌル・ウェブスター

早く死ねよ、バーーーーーカ



813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:30
あからさまに怪しいし、まあ相談してみることです。

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:31
>>792
結果報告松。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:32
書いちゃマズいよな…

816 :792:03/02/14 00:34
>>810
本当に話中でした?
でも友人の携帯から掛けても使われてませんアナウンスだったんだけどな・・。

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:37
同時に複数人が同じ番号に掛けると話し中になるんじゃないかな。


818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:41
>>792
使われている使われてないにしても電話番号や住所を
ネットで出しちゃうのはマナー違反なので
いちお、アボーンしてもらっては?

仮に今は使われてなくても、後でその番号を選んだ人が迷惑するよ。
スレが1001越えて完全になくなっちゃうんだったらいいけど
いつまでも見られるでしょ?

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 00:59
>>816
今またかけてみましたが、やはり話中ですた。
使用されてない番号でも集中すると話中になるのかな?

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 01:01
多分、それはビル電話だからではないでしょうか。

821 :792:03/02/14 01:11
>>818
あっ!そうですよね・・・考え無しでした。スイマセン。

>>820
ビル電話ってなんなのですか?

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 01:31
俺も知りたい。ビル電話って何だ?

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 01:51
ビル電話あげ

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 04:24
小学生に入ったばかりの頃の体験談です。
学校の遠足で、県内の ある山に登った私達は昼食も終え、自由時間を楽しく過ごしていた。
男の子たちは広場で鬼ごっこをしたり、探検と称して林の中へ入ったりもしていた。
しかし集合時間の少し前、突然 林の奥で男の子たちが騒ぎ出した。他のクラスの生徒達も
次々とそちらの方へ駆け出して行く。不審に思っていると「死体がある」という声が聞こえてきた。
友達は怖がって行かなかったが、私は興味を引かれ、男子たちの群がっている場所へ行ってみた。
薄暗い林の中には道が無く、一部が少し窪んでいる。私は男の子たちの流れに添ってそこに降り、
ふと見上げると、そばの大きな木の高い枝から、一本の「首吊り縄」がぶら下がっていた。
ずいぶん古く、黒っぽく変色していたが、形は明らかにテレビドラマ等で見たものと同じ。
輪の部分は地面からかなり高い位置だったが、死体は無かった。
それでも、ものすごく不気味で、私はすぐに元の集合場所に戻った。
ひとけたの年齢でそんなものを見てしまった私は かなりの衝撃を受けたらしく、当分の間
夜になると思い出して悩まされた。今でも、あの光景は鮮明に覚えている。
当時はニュースも新聞も見ない子供だったので、あれが一体何だったのかはわからない。
本当に自殺があったにしても、死体が無い以上、遺体は発見されたわけだから、縄を
そのまま放置しておくはずはないし。
もし「未遂」で、縄をひっかけてはみたが死ぬのはやめたとかいうオチなら、迷惑かつ
人騒がせな話だが、真相は不明。

……あんまり怖くないね。

825 :824:03/02/14 04:26

小学生に入ったばかりの頃の体験談=×
小学校に入ったばかりの頃の体験談=○

sageと共に逝ってきます。

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 12:57
俺は実家に帰るとき、最寄り駅から家までツレに送ってもらってた。
が、今までに3人のツレが迎えに来る途中に事故っている。
次に帰るときは嫌いなヤシを呼んでみようと思う。

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 13:51
>>821
電話番号をカキコすると自動でK察に通報されるって、ひろゆきが言ってた。

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 14:34
>ビル電話
ググったら「事業所集団電話」のことみたいですた。

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 15:01
>>827
>792、>821には「ほんのり」怖いどころじゃなくなったな(w

それにしても、ここでスミマセンって謝ってもしようがないだろうよ >792

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 16:24
818はやさしいなぁ…
自分だったら「とっとと削除依頼出せ!このうすらばか!」とか
言っちゃいそうだなぁ。

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 16:36
この電話番号、ワンギリ業者からの番号を検索できる某サイトに登録されてたよ。
でも被害報告件数は2件。普通の業者なら何千何万件の被害報告になる。
というわけで、業者ではないがあなた以外にもこの番号から電話かかってきた人は
いるみたいね。

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 16:40
産後尚、いわくは…

833 :しおり:03/02/14 17:16


834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 17:34
去年のゴールデンウィークの話です
僕は関西出身で01年の4月から東京太田区に住んでるんですが連休を利用して友達が遊びに来てくれてました
次の日は、男3人でディズニーランドに行くと張り切って早く寝ようと1時には布団に入ってたと思うんですが
やっぱり友達が集まると楽しくてなかなか寝れなかったんですよね
それからどれだけ起きてたかわかんないんですが だんだん眠くなってきて友達二人より先に眠ってしまったんです

「ゴンゴン」と鉄の扉をノックする音で目が覚めたんです
「開けて」と声がしまして何故インターホン押さないんだろうと寝ぼけながらも布団から出たんですよね
とりあえず誰か確認しようとカメラ付インターホンの画面で確認しようとモニタ映したら誰も居ないんです
でも ノックも「開けて」の声も、ある一定の間隔で続いてるんです
そこで ハッ!と気付いたんです 声がモニターしてるインターホンから聞こえていないノックしてるのウチの中からだって事に・・・
そこでちょっとパニクって友達を起こそうとしたら一人居ないの
じゃあ 友達がやっるのかと思ったら玄関が開いて友達が帰ってきた
腹減ったんでコンビニ行ってたらしいんだが鍵かけずに行ってた
帰って来た友達は、玄関前にも部屋の中にも人は、居なかったし自分もそんなイタズラはしてないって言うんですよね
結局 その後もなんにもないしやっぱり友達のイタズラだったのかなぁと思ってるんですが 僕的にほんのり怖かったです


835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 17:50
男3人でディズニーランド!? Σ(゚Д゚;)コワッ

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 17:55
いくとこまでいくとすがすがしいよ 男3人って

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/14 17:59
数日前のめざましテレビでボブサップがキダムに行くって
コーナーがあって、その時後ろで首の無い男が傘を差してたのが
ほんのりと怖かった。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 01:50
彼女がPCを購入し、俺自身ネットをちょっと齧った程度でしたが。
優越感に浸るために面白い画像などをメッセンジャーで貼り付けて楽しんでいました。
彼女にも検索の仕方や、コピぺの仕方など調度いい機会だったので教えていました。
そして、オカ板の心霊写真スレを紹介した時のことでした。
彼女が怖がるを面白がって貼り付けていると、彼女も仕返しとばかりに貼り付けてきました。
俺は全て見たあとだったので、別段驚くこともなかったのですが、「ガイシュツ」などと恥ずかしくて言えないので驚いたフリをしていました。
心霊写真スレには時たまおかしな画像が張られ、削除さsれることがあります。
そのとき見ていたスレにもそういったレスがありました。
そんなやりとりを繰り返していると、彼女が何気なく張ったURLのレス番が削除済のものであることに気が付きました。
オカ板を覗いているものの、そういった類のものは信じない質なので、何気なくクリックしてしまいました。
間違いでした。
その写真には

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 02:14
>>838
その写真には

この後は何なんだぁ〜〜〜〜?(叫

840 :838:03/02/15 02:43
彼女との羽目取り写真があったのです

841 :839:03/02/15 03:30
その写真には、顔から上が切れている女性と(顔を見えなくするためですが)
後ろには民家の壁らしきものが写っていました。
問題なのはその壁でした。
合成でもしたかのような、絵でもなく、人間そのものでもない。
壁ににベッタリと張り付いたもう一人の女性でした。
立体感は全く無く、かと言って描かれたものでもない。
見た瞬間にすぐに分かりました。
これはマズイものだと。
しかし、ヤバイ!と思った瞬間に既に部屋に強烈な存在感が漂っていました。
ノートPCをベットの上で操作していた俺は、彼女に「ヤバイ!PC落として早く!」とメッセンジャーで伝えてすぐに電源をおとしました。
外界からの繋がりを絶たれ、耐え切れないほどの恐怖が押し寄せました。
マズイ、これは殺される。間違いない。
布団からそっと覗くと、壁には先ほどの写真に写っていた女性がベッタリと写っていました。
死ぬ、死ぬ、死ぬ、死にたくない、死にたくない。
そんなことばかり考えていました。
どれほどの時間が経ったでしょうか、だんだんと息が苦しくなり、いよいよ死ぬのかと思いました。
嫌だ、殺されてたまるか!と思った俺は、思い切って起き上がり「フザケンナコラァ!」と叫んだところで目が覚めました。
何だ、夢だったのか、と思うところでしょうが、すぐにソレの強烈な存在感に気が付きました。
今度は身体が動きません。
だめか、もう終わりか。。。。
するとスっと身体が軽くなりました。
今度こそ本当に夢から抜け出した。。。
どうやら布団にもぐっていたのが原因で酸欠状態だったようでした。
慌ててPCを起動して、レスがやはり削除されているのを確認して胸を撫でおろしました。
新着レスのチェックをしていました。
あるURLをクリックすると、彼女と、彼女の家の塀にベッタリとくっついたあの女が写っていました。


842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 07:37
むかし通ってた小学校の体育館なんだけど、舞台の裏に扉が付いていて、開けて中に入ると下に下りる短い階段と降りた先にまた扉がある。
でその扉を開けたら部屋があるんだけど、壁から天井まで全面タイル張りで、何も置いていない。
通気孔も水道管も無く、ただタイルだけの部屋。
一緒に探索に行った友達が部屋に入った途端、物凄い叫び声を上げながら半狂乱になって逃げてったけど、
俺は霊感が無いので何も見えなかった。
生徒の間でもいろいろ噂になってたけど、結局なんの部屋なのかは分からなかった。

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 10:20
「壁にベッタリとくっついた女」を恐いと思うか思わないかで
感想が変わってくる内容だと思われます。
題材次第では、とても恐い話になったかも・・・
もう少し具体的な、例えば「金槌を持ち不気味に笑う長髪の女」等の方が
恐怖心を煽ったかもしれません。

次回作に期待します。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 10:36
>>843
それだったら「壁にべったりと・・・」のがいいよ。
「金槌を持ち不気味に笑う長髪の女」なんてくどすぎ。
センスないなら批評すんな。

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 10:48
漏れは840が怖いと思う

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 11:10
>>842
舞台に詳しいやつに聞いてみれ。
演劇板に誰か出張よろしく。

847 :しおり:03/02/15 13:58


848 :コピペ:03/02/15 18:57
私は樹海で一生忘れられない不思議な体験をしました
それは何年も前の夏、まだ私が短大生だった頃
同じ短大に通う友達4人で樹海に行った時の話しです
突然、友達が樹海にきもだめしに行こうと言い出し
私と他のみんなは面白そうだったので、軽い気持ちでOKし
それで、私たち4人は、車に乗って樹海に行くことになりました。そう、4人で。

樹海に着いた頃、辺りはすっかり暗くなってて、樹海に入るのをためらったけど
せっかく来たんで、私たちは車を道端に停めて、持ってきた懐中電灯を手に持ち
樹海の中へ入ることにしました。入ってみてビックリ、森の中が思った以上にゴツゴツしてて
なかなか前へ進めなかったんです。40m位進んだところでギブアップ
友達も、戻ろうと言い出し、みんなで戻ろうかと話をした時、突然、どこからともなく
お坊さんの御経を読む声が聞こえてきたのです・・・。
なんだか怖くなった私たちは、急いで
来た道を戻ろうとした時、今度は岩陰で首を吊ってる女の人を発見してしまい
もうみんなパニック状態になり、無我夢中で道路に走って出ました
やっとの思いで道路に着いた私たちは、すぐに警察に電話しました
それから警察を待つことになったのですが、一人いないことに気づいたんです。。。
樹海に行こうと言い出したM子がいないんです。。。M子はまだ樹海の中に。。。
そう思った私たちは、怖くて中に入れなかったので、大きな声でM子の名前を
叫んだのですが、M子からの返事はありませんでした
音が聞こえた場所から道路は(車が通るとき)かすかに見えたので
迷ったとは考えられず、怪我でもしたのかな?などと考えてるうちに
警察の人が来てくれて、事情を話して、とりあえず、私たちが
入ったルートを警察の人と行くことにしました
女の人の死体は見つかったのですが、M子がみつかりません。。。
それから警察の人がたくさん来てくれて、M子を一緒に探してくれました

849 :コピペ:03/02/15 18:57
しばらくすると、警察官の人が私に妙なことを質問してきました
「あれ、今行方不明なのは‘F本M子’さんだよね?」
そう質問された私は「そうです」と返事をしたら
ある免許証をみせられました。それは、まぎれもないM子のでした
M子が見つかった、そう私が思った瞬間、警察官が信じられない事を
口にしました

「この免許証、君たちが見つけた首を吊った女性の物なんだよね」

・・・ウソだ。。。私は信じられなかったので、亡くなった女の人を
友達と一緒に見てみることに・・・そしたらM子でした。。。
私たちは呆然となり、しばし無言の時が流れました
私たちは警察の人に、M子は同じ短大の生徒だと言ったのですが
信じてもらえず、結局、虚言として片付けられ、そのうえ説教まで
されて、家に帰らされました。
地元に着いた私たちは、早速、学校で撮った写真を見てみることにしました
そしたらどの写真にもM子の姿はありませんでした。。。
いつも一緒にいたはずなのに。。。手帳を見ても駄目で
他の友達に聞いても誰もM子を知る者はいませんでした。。。
あの記憶はなんだったんだろう・・・私たち3人は
もう、ただ途方にくれるしかありませんでした
しかし、どうしても納得いかなかった私たちは、それから一ヵ月後
免許証に記載してあったM子の実家に、行くことを決意しました

850 :コピペ:03/02/15 19:00
M子の家に着いた私たちは、そうそうとM子の家のチャイムを鳴らしました
するとM子の母親が出てきて、今までの事情を話し家の中に
入れてもらうことになりました
もう、M子のお葬式はすませてあり、灰になったM子がそこに居ました
それで母親と話しているうちに意外な事実がわかり、私たちは驚きました
幼い頃から幼稚園の先生になりたかったM子は、幼稚園の教諭資格が取れる
私たちが今通っている短大に、その年の春から入学が決定してたらしいのですが
家庭の事情で入学を断念せざるを得なくなり、しかたなく働くことになったM子は
不幸にも会社では上司にいじめられ、長年付き合っていた彼氏に突然の別れを突きつけられ
夢と心の支えを失い、M子は酷く落ち込み、自ら命を絶ってしまったそうです。。。
それを聞いた私たちは
ひょっとしたら、友達になっていたかもしれないM子の位牌を前に
私たちは悲しくなり涙が止まりませんでした。。。
幼稚園の先生になりたいというM子の思いが、私たちを樹海へと連れてきたのでしょうか
私たちはそう思いながら家路へと向かいました。

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 19:39
>>848-850
コワーァァ!
こーゆーのに弱い。
虚実のあわいに彷徨うよーな話。
で、3人がM子と行動してる(と思っていた)時
はた目には、どう見えていたんだろう?




852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 19:43
やはり、良スレはサゲ進行が基本ですなぁ。

>>848
めちゃくちゃ不思議な話だね。
霊とずっと一緒にいたなんて。

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 19:45
夜寝てたらいきなり母が「3!2!!1!!!・・・」と大声で叫びました
何が起こるんだ((( ;゜Д゜)))と思い怖かったです

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 19:59
近くに大柄でアゴの長い紳士がいませんでしたか?。

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 21:00
2、3日前、足立区の江北橋でまた事故があり、両側のガードレールが激しく壊れていました。
あんなに明るくまっすぐな橋でなぜこうも事故が続くのでしょうか?
心霊スポットであることが関係してるのかな?

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 21:21
>>849
>他の友達に聞いても誰もM子を知る者はいませんでした。。。
ここで終わってたら腑に落ちない話ヴァージョンみたくなってたかも
面白かったです.

857 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 21:27
父がガンの手術をして寝ていたら、知らない男性が病室に
入ってきて、一緒に行くか、楽になるぞと誘われ、首をふって
行かないと言ったらいなくなったそうです。
何年かして、病状が悪化してまた入院したら、
何度も寝ながら手をシッシッとあっちいけみたいにしていたので
目が覚めた時聞いてみたら、ベットのそばに知らない人が
たくさん入れ替わり立ち代わり見にきていたそうです。
その後、3週間くらいで父は亡くなりました。


858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 21:31
>>857
今はあちらで楽しく過ごされていることを願うのみ...

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 21:40
>>857
ほんとに?
それ、ほんとなの?
死神ってほんとにいるの。

860 :857:03/02/15 21:46
>>859 たぶん死神ではなくて、その病院で亡くなった人ではないかと思います。
それと、入れ替わり立ち代わりきたのは、先祖とか身内関係
ではないかと・・中には祖母がいたときもあったそうです。

861 :859:03/02/15 21:48
>>860
へー。
死ぬのを勧めるなんて、やっぱ死ぬと楽になるのかなぁ。

862 :857:03/02/15 22:03
父の場合病気で、体が痛みとの戦いだったから
死んで楽になったと思うよ。



863 :樹海の糸と鶏:03/02/15 22:04
ドラマ化できるな。その話。

864 :857:03/02/15 22:10
ついでに、私がつきっきりで看病したけど
なんにも見ませんでした。恐くなかったし、平気で夜中にトイレ行ったりしてますた。


865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 22:21
>>855
あそこは事故大杉。
友達はくるぶしから下が落ちてるの見たって言ってた。
バイクの男性の足がちぎれちゃったのを見たみたい。
私は車が原チャにつっこんだの見た・・・。

やっぱり何かあるのかなぁ・・


866 :樹海の糸と鶏:03/02/15 23:00
>>96
定番だよな。怖いが。

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:07
卒業式のシーズンになると、時々思い出すことがある。
最近ふと思い出したので、書いてみようかな。
まあ、いろいろとプライバシーの問題などあるので、詳細は勘弁
願いたい。

高校入試も終わり、あとは卒業式を待つだけの日々。
クラスの女子連中が、サイン帳の交換で盛り上がっていた。
男は半数くらいやってたかな。
俺は遠慮して、回ってきたサイン帳にもっぱらテキトーなことを
書きなぐっていた。
他のクラスメイトは何を書いているのか、ぱらぱらページをめくって
いると、誰がやったのか、悪質な書き込みがあった。

お ま え が 死 ね ば よ か っ た の に

まっさらなページの隅に、ボールペンの小さな文字でそう書いてある。


868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:08
こりゃ何か騒ぎになるなと思いつつ、サイン帳の持ち主に一言言っておくか、
それとも何気に消しとこうかと迷った。
でも持ち主はそんなに親しくない女子だし、あまり口きいたことなかった。
とりあえず、ちょっと仲のいい別の女の子に相談すると、

「もしかしたら、クラス全員のサイン帳に書き込まれてるかも」

とっくに騒ぎになっていた。
そして、うるさ型の女子グループが、密かに内偵を始めているらしいとのこと。
うわあ、女同士の陰湿ないじめかよと突っ込みを入れると、その女の子が耳打ち
してきた。

「真面目で地味なT子だけど、あの子だけイタズラ書きされてないみたいなんだよね」

だからって犯人扱いはないだろうと言うと、彼女もそれには同意した。
まあ、クラス全員が無事に卒業できそうだから、あんまり縁起でもないことで騒ぐ
こともないだろ、そんなふうに落ち着いたような気がする。


869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:08
二十歳になって、その時のクラスの同窓会があった。

参加しなかった俺にも、名簿が郵送されてきた。

T子の欄だけ空白だった。
同級生に電話すると、病死したとのことだった。



870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:10
以上、いつもの創作でした

871 :樹海の糸と鶏:03/02/15 23:13
>>869
このスレのシリーズの定番台詞だが、まさに『ほんのりじゃねえよ』

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:15
>>870
つまんねえ煽りだな。
何か工夫しろよ。
頭悪すぎ。

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:16
さらっと流してくださいね。

私のいとこにあたる人が、病院で検査を受けたら肺ガンだってことが
分かったのね。
身内だから、ガンって診断されてからはどんなささいな事でも
ワラにもすがる思いでいろいろ試していたんだけど
あまり効果がなくて、病状は悪化するばかり。

ある時、テレビでガンに効く水が紹介されていたらしくて
私の母の実家の側ということで、母と私がそのお水をいただける所に
行くことになりました。

あるお寺の井戸のお水らしいけど、かなり遠いところから
お水をもらいに来ている人もいるらしくて
ペットボトルに入れてもらってお経をあげてもらって
帰ってきました。


874 :873:03/02/15 23:31
おばさんが寝込んでいるいとこにそのお水を送って
お薬飲む時に使っていたらしいのですけど
少しずつ症状が良くなってきて、ずっと病院で寝たきりだったのに
家に帰って通院する程度でよくなった・・・というところまで回復。
おばさん一家も喜んで、時々はお水をいただきに通っていたみたいです。

でも、そのお寺は交通の便の悪いところだったから
なかなか行くことが出来なくなって、体調も良くなったからと
お水を飲まないでいたら、急変してしまい、それから少ししていとこは
肺ガンで亡くなりました。

お水飲まなかったから、症状が悪くなったとは思いたくないのですが・・・
それを境にして親戚が年に3人くらいずつ亡くなったり、病気したりしてる。

スマソ。書いているうちに訳分からなくなったので逝ってきます。

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:34
なんとなく雰囲気は分かる。

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/15 23:39
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!


877 :しおり:03/02/15 23:41


878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 00:49
7階建てのマンションの6階に住んでるんです。
東向きにベランダがあって、
奥行きはそれ程でもないんですが、横幅に広くってココを
選んだ理由の一つなんだけど。

そのベランダにね、時々居るんですよ。
人が。
決まって今くらいの時間に。

引っ越してきて四ヶ月くらいなんですが、
二週目くらいの夜から、多い時で月に3度くらい
居るんです。
ベランダに。



879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 00:57
最初すりガラスのサッシにナンか見えて
洗濯物でも取りこみ忘れたのかな〜って思ってたんですが。
風になびくワケでもなく、変だな〜って思って・・・
開けて見たんです。

開けると何もないんです。
その後は閉めても何もなくて、
気のせいかな〜って思ってたんです。

同じ様な事が時々あって、
段々気味悪くなってきてた、先月の週末の夜なんですが

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 01:13
ねぇ〜ま〜だ〜。ルパ〜ン。

881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 01:17
絶対気のせいじゃない。
確かに誰か居る。
って確信して、サッシを思いきって開けたんです

居たんです。
サッシを開けた僕の目の前に。
女性だったと思います。
こっちを向いて立ってたんです。

驚いて(多分悲鳴を上げたと思います)
慌ててサッシを閉め様にも訳がわからず
カーテンを閉めたんです。

少し落ち着いて、あらためて見たんですけど
もう誰も居ませんでした。

ソレからも時々ベランダに、人影らしき物が見える時があるんですが
怖くて確かめられてません。

今さっきカーテンでベランダを見えなくしたんです。
気のせいかもしれないけど、人影らしき物が見えたんです。

今日も来てるみたいなんです。


882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 01:22
こわいょぅ

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 01:29
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!


884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 01:31
痴女じゃねえの?

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 01:32
皆勤賞狙いとみた

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 02:13
結構怖いね。
私なら速攻引っ越しちゃうかも。

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 03:01
>>886
そうしてください。敷金礼金でウハウハです。

八年前、一人の女性が押しいった泥棒に自宅で刺された。
命は取りとめたが、なぜそんなことになってしまったのか。
彼女は泥棒を幽霊と勘違いし、布団を被ってガタガタ震えていたのだ。


888 :878です:03/02/16 03:48
具体的な被害があったわけでもないし。
28歳の大人の男が幽霊騒ぎって言うのも・・・

僕自身は心霊現象だとは思ってないンです。
でも、開けた瞬間目と鼻の先に立ってたんですよ。
こっち向いて・・・
今は必死で夢だったンだ、って自分に言い聞かせてますけど。

ちなみに、両隣は男性の一人暮らしだそうです。

人影は今はもう無いです。

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 04:21
28才、オカルト好き…なら確認してほしかったなあ。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 07:49
携帯からなのに昨日の夜から一晩かけて全部見てしまったょ…。来週引っ越しなのにするのが怖くなってきた(>_<)つーかパケ代も怖っ( ̄□ ̄;)!…ついでに900ゲトー♪

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 07:54
>>890
もしもし、890みたいですが?

892 :↑でつ:03/02/16 07:58
900かと思ったら890ですた(-_-X)スマソ…。どなたか神楽坂のマンションの心中事件知ってます?不動産屋に聞いたんだけど2ちゃんにスレがあったって…。今そのマンションに男の人がひとりで住んでるらしいんだけど今でもその部屋は血のの臭い(鉄のような)がするらしいでつ…

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 10:18
>>892

内容読んでないけど、これの事かな?

◆◆幽霊マンションに引っ越しました!◆◆
http://piza2.2ch.net/occult/kako/999/999795645.html

894 :892:03/02/16 10:44
>>893さん〜そうだと思います。今パソ壊れて携帯からなので見れなかったのですが…。不動産屋さんの話だと悲惨だったらしく2ちゃんにスレがあるから見てみたら?って…パソがなおったら見たいと思います。教えてくれてありがとー!

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 11:17
父が数年前体験した事です。
父はいつも広めの公園を横断して通勤しています。
ある日の早朝、いつものように公園を急ぎ足で歩いていると、
ふと、違うルートで会社に行こうと思い立ったそうです。
そう思うと、会社からはかなり遠回りになるルートに自然に足が向き、
そのまま俯き加減でテクテク歩いていると、突然目の前に足がプラーン。
びっくりして見上げると、そこには木にぶら下がった首吊り死体が。
死体の第一発見者になった父は警察に知らせたり事情徴集されたりで、
「面倒くさかった。」とプリプリでした。
私が「死んだ人がお父さんに見つけて欲しかったんじゃない?」というと
父は「違うぞ。オレがたまたま、そこを通りたかっただけだ。オレが決めたんだ。」
と申しておりました。



896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 13:09
そのうち携帯の着声に登録した憶えのない声が!ってのが出てくるに違いない。

897 :しおり:03/02/16 13:39


898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 13:47
不動産関係(分譲マンション)の仕事してるんだけど、
最近売り出しかける度に近所で殺人事件が起こる。
被害者には申し訳ないけど、売れ行きに直撃するのでとてもしんどい。。。。

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 15:42
マンションの一階のテナントにある店で働いています。
今年に入ってから毎晩、真上の部屋の住人が「ドドドド・・・・」と、
まるで長州力ばりのストンピングを披露してくれていて、うるさくて
いい加減迷惑だったので、文句を言おうと思って二階に上がったら、空き部屋でした。

なんかベタベタな展開だなーって思うけど、現実なんてそんなもんだな。





900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 16:21
アタイこそが 900げとー

901 :ィルカ ◆6awU4IRUKA :03/02/16 16:54
>>899
たぶんそれは長州力の幽霊だよ

902 :しおり:03/02/16 17:02


903 :sage:03/02/16 19:54
>>851,>>852
遅レスだが、>>848の話は、この短大生3人がM子の霊と
ずっと一緒に過ごしてたというより、ある時M子の霊に
捏造された記憶(M子を交えた学園生活の)を植え付け
られたうえで、樹海の中のM子の自殺死体のある場所へと
誘われた…という風に漏れには読めたし、その方が
話としてしっくり来るように思えるのだが、どうかな?

904 :sage:03/02/16 19:57
しまった!メール欄と名前欄間違えた…鬱なので逝ってきます。

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 19:58
>>904
死ね

906 :ィルカ ◆6awU4IRUKA :03/02/16 20:01
>>903
ちなみに、どこまでが記憶で、どこから幻想なんですか?ちと気になりますた

907 :903:03/02/16 20:12
なんか書き込む直前にクッキーが効いて同じ間違いが
繰り返されてしまいますた…スマソ

>>906
漏れの解釈では、「突然、友達が樹海にきもだめしに行こうと言い出し」た時点で、
捏造された記憶が植え付けられたんではないか、と。
ま、あくまで漏れにはそう読むのがしっくり来る、というだけのことだけど。



908 :ィルカ ◆6awU4IRUKA :03/02/16 20:35
>>907
そうですね、それが一番自然ですね

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 20:35
>>904
「かちゅ〜しゃ」使うといいよ。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 20:41
ある雷の日のこと。家で一人、心霊番組を見ていました。そんで確か心霊写真がアップになった時だったかな?
ものすごい轟音とともに部屋の明かりが消えました。落雷で停電したんですね。
まあ一分くらいで部屋に明かりは戻ったわけです。でもね、そこで気づいたんですよ。
停 電 の 間 俺 テ レ ビ 見 て た ん だ よ ね ・ ・

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 21:51
>>910
無停電電源搭載テレビジョンですね。

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/16 22:00
こわひ


913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 00:12
携帯の着声に登録した憶えのない声が。

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 00:23
あげ

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 00:25
妹の部屋から男の声が・・・・

妹は俺の事が大好きなはず。将来オニイチャンと結婚するーっていつも言ってた。

これは霊に違いない・・・・・

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 00:28
915がほんのり怖い

917 :   :03/02/17 00:33
 俺の家の廊下は赤外線センサーつきで人が通ると灯りがつくしくみ。
俺が夜中目がさめてみると、ふすまの間から廊下に灯りがふっとついた
光がもれてきた。俺以外家にいなかったのに。

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 00:35
そうそう、霊ってあったかいからね。
俺も冬になるとコタツの中に入れてる。

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 00:36
54歳。
今まで霊感が無い凡人君だったけど、呪われたひな人形のおかげで
2年でギボ愛子に匹敵するくらいの霊力を得た。一度やってみなよ。
初回のみだけど、五寸釘もついてくる。
お祓いをしてさっさと捨ててもいいし、誰かを呪うのに使ってもいい。
焼け焦げてるのとか首無しとか色々あるのでマジでお勧め。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b31568636


920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:38
チョトワロタ

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:41
怖いって言うか・・・不思議な話なんですが
私去年の10月に離婚して、京都の実家に帰ってきたんです。
で何気なく小学校の卒業アルバム見てて、フト
おかしなコトに気付いたんです。
当時の事は、結構ハッキリ覚えてるんですけど
(あっ31歳x1の女です)
私のクラスは男子18人、女子18人の合計36人だったんです。
勘違いでなく、男子と女子が同じ人数だったんで、ハッキリ覚えてるんです。
(他のクラスは確か男の子が一人づつ多かった)
なのに、私のいる6年2組の写真、37人いるんです


922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:45
そんで?

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:47
で?

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:47
全員知ってるの?

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:50
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!


926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:50
921です。
判りませんか?36人なのに37人写ってるんですよ!怖いでしょー

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:51
先生もいるんじゃないの。集合写真なら。

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:52
だから、全員知ってるの?

929 :921:03/02/17 01:52
その時のクラスは皆仲良しで、今でも全員の
フルネームが言えるくらいなのに、
女の子が一人多いんです。19人いるんです!
その女の子の事どうしても、思い出せないんです。

私が単に忘れてるだけかも知れないから、今でも
仲良くしてる当時の同級生に聞いてみたんです。
彼女も覚えてないんです!
心霊写真とかじゃないんです。
ちゃんと、皆と並んで写ってて
名前もちゃんと印刷されてあるし・・・
でも思い出せないんです。
皆と一緒に笑って写ってる、この子誰なんだろう?
絶対おかしいンです
6年2組は36人だったのに


930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:54
誰も知らなかった、不登校の子とか。


931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:55
>>929
その頃の友達とかに確認取ってみたら?

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:56
実物見れば怖いんだろけど
話だけだといささか・・・

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:56
卒業間際の転校生に1000エクトプラズム

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:57
個別写真で全員植木のチューリップだったら怖い。

935 :921:03/02/17 01:57
もちろん先生はいます。
今は亡くなられましたけど、年配の男の先生です。

友達は気味悪がって、連絡つく同級生何人かに
聞いて回ったらしくて、
でも皆不思議がってるって。
誰も覚えてないんです。

勿論皆のアルバムにもちゃんと写ってるんです。
で今まで誰も気付かなかったんです。

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:58
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!
糞ダヌル・ウェブスターは早く死ね!


937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:58
1000エクトプラズム、没収ート!

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:58
住所録なんかで確認できない訳?

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:59
>>929
同級生にシャムの双生児居ナカッタ?

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 01:59
>>921

その女の子は貴女自身だよ

941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:00
ウミガメノスープ調で1000取りだあ。

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:01
ネタに突っ込まれると、困るわけで。

943 :921:03/02/17 02:01
実物は怖い写真でもなんでも無くて
普通に笑ってる女の子。

卒業間近に転校してきた子なら、余計印象に残ってると思うし・・・
それに!修学旅行のスナップ写真のページにも、他の何人かの同級生と
写ってるのも有るんです。


944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:02
名簿は無いの?

945 :921:03/02/17 02:02
以上、ネタでした

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:04
はいはい、ご苦労様。

947 :921:03/02/17 02:04
確かアルバムの後ろの方が住所録になってたかも
調べてみます


948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:04
将軍様の策略にキマってんだろ

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:04
なるほど。

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:05
ほんのりと怖いかどうかは分からないが、
俺、傷口にウジが湧いたことある。
しかも、取ろうとしたら中に潜り込まれてしまったんで取ってない。
ちゃんと死んでくれたんだろか。

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:06
>>950
死ぬ程洒落にならない位怖い

952 :921:03/02/17 02:07
アルバムに住所載ってました
確かに学区内です。
結構近い。内の家から


953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:09
>>952
同級会でもして本人に確認を。

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:09
>>952
今から行くんだ!!

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:10
>>950
戦争中の南方の生還者の話しみたいだ。

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:11
>>950
あ〜ぁ!
ミギーの幼生体入れちゃったんだ。

957 :921:03/02/17 02:11
近くにいる同級生達は
変に盛りあがっちゃってて
同窓会やるぞ!ってなってるらしいです。

な〜んだそうだったのか!っていうオチがつく事を
本心から祈ってます。

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:13
>>957
確認ついでに新しい亭主でも見つけて下さい。
                  以上。

959 :sage:03/02/17 02:13
数年前実家に住んでいた頃の話。
当時、深夜、明け方を問わずピンポンダッシュに悩まされて板。
(不思議と昼間はなかった・・。)
腹に据えかねて、兄と2人待ち構えて外に飛び出すが決まってあたりに
人の気配はなかった。
そんな日々が数日続いたある日の深夜
(2時か3時ぐらいだったと思う。)
なんとインターホンが連打する奴がいた。

「バカヤロー!」と叫びながら外に飛び出すと

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:17
>>959
お前
>>903だろ?
名前sageのまんまだぞ!
直してから書き込め!
カコワルイ


961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:17
>>921
後日談をちゃんと書くように!

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:18
速く飛び出せよ

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:19
まだか

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:21
書いてからレスつけるという頭はないのか?

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:22
無い。

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:23
ちゃんとオチを考えてから
レスをつけるという頭はないのか?

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:24
なさそー

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:26
中学の卒業アルバムの話しです
俺はあまり卒業アルバムなんか殆ど見ないんだが
この前なにげなしにアルバムを手にとって見てみた
すると、自分の写真を見てみると…
…ズボンのチャックが開いている、それも全開だ!
中学卒業して10年になるけど今まで全然気付かなかった
悲しい・・・辛い・・・死んでしまいたい

969 :959:03/02/17 02:29
やはり人の気配はありませんでした。
しかし相変わらずインターホンはなり続けている。
しかたなくドライバーを持ってきて解体するとそこには
蟻がびっしり。

しょうもない話ですみませんでした。

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:29
>>968くんはチンチンの先っちょ真っ黒です

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:30
しょうもないくせに遅くて最悪

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:31
15分以上かかって
オチがそれかよ〜

センス無し!逝け!

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:34
はーーーーっ

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:34
>>969はたった4行だ。
やはり「早く早く〜」「お願〜い」ってな声を待って書き込むつもりだったんだろう。
最悪。

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:37
まさかこのまま線鳥になるのか?

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:41
爪が二重に生えてくる話。


977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:48
学生の頃の話。
友人が北区王子に住んでいたので都営住宅のエリアを通る
ことになった。時刻は10月の18時ころ。あたりは薄暗く
なっていた。途中、小さな児童公園があり奥には稲荷神社があつた。
おれは尿意を催しその公園の公衆トイレを使うことにした。
小用を済ませたおれはトイレを出て奥の稲荷社の方を見ると
4,50代のオッサンが1、2,3で鞄を交換しているのを見た。
どう見てもエロ本の交換には見えない風情であったが
何だったのだろうか。


978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:48
それがどうした

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 02:54
>>977
ごめん。976に言ったつもり。

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:02
>>977
ブツの交換でしょうか((((;゚Д゚))))ガクガク

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:07
来週築30年のアパートにお引っ越しなんだけどオカスレ見てたら憂鬱になって来たょ…(-_-X)離婚するはずの旦那呼び戻そうかなぁ…二匹のわんこと旦那とどっちが頼りになるかな?

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:07
あそこは昔、薬の噂がよくあったね。

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:08
>>981
わんこ。

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:09
>>981
俺も古いアパートに引っ越したとき、出た。仕方ないよ。

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:10
しかしわんこには夜のお相手はできまい。

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:11
>>985
何故出来ないと思うのかが不思議。

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:20
犬より猫のほうがいいよ。夜のお相手じゃなく、お守りとして。

988 :981:03/02/17 03:21
ヤーパリ旦那に帰ってきて貰おうかな…モチロンセークスはナシでねん(笑)

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:21
犬の遠吠えは魔除けの効果があるんじゃなかったっけ

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:22
>>988
つうか離婚寸前でそんな簡単に帰ってきてもえらえんの?

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:23
>>988
旦那に鎖に繋げて首輪をつけて寝てください。
そして、わんこを抱っこして寝る。

992 :981:03/02/17 03:25
同棲してた女に追い出され今会社の寮に居候中って昨日電話がありました。

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:25
>>991
旦那の生霊が出る罠

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:27
↑ワラタ

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:28
>>992
情けないというか。
私の妹も離婚カウントダウン入ったよ。

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:28
で、次スレは?

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:29
面倒くさいからよりを戻せ

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:29
そですな。そろそろ。おやすみ!

999 :Whiter ◆Y6/DARKGAY :03/02/17 03:29
EL ELOHIM ELOHO ELOHIM SEBAOTH
ELION EIECH ADIER EIECH ADONAI
JAH SADAI TETRAGRAMMATON SADAI
AGIOS O THEOS ISCHIROS ATHANATOS
AGLA AMEN

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/17 03:29
1000ゲットした奴立てる!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

315 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)