5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アメリカンジョーク大好き

1 :名無し職人:02/06/16 01:56
 どうぞ
>>2

2 :名無し職人:02/06/16 02:08
いえいえ、どうぞ

>>1

3 :名無し職人:02/06/16 02:47
こわいです・・・

4 :名無し職人:02/06/16 02:56
アメ公のジョークなんか聞きたくねえな

5 :名無し職人:02/06/16 03:00
ここはジョークアヴェニュー

6 :名無し職人:02/06/16 03:02
ジョークアヴェニューへようこそ。
お代は見ての帰りだよ。

7 :名無し職人:02/06/16 03:03
ホームステイにきたジョンは、お母さんにこう言った!
「あの歌手におばさんは似てるねぇ〜」
だがその歌手はスキャンダルで有名になったような歌手で、
おばさんは怒ってジョンの晩飯はヌキにしたよ〜!
ハァッハァッハァッ!(笑)

8 :名無し職人:02/06/16 03:07
ここはジョークアヴェニュー

9 :名無し職人:02/06/16 03:10
スペースシャトルでアメリカとロシアの宇宙飛行士が出会ったとき、
両方の飛行機でトラブルがおきたそうな。
アメリカ人飛行士はこう言った「お前のところの飛行機が悪いんじゃねぇか?」
ロシア人飛行士は言い返した「そんなことはない。そっちが悪いんだろ?」
アメリカ人「どうすりゃいいんだ?」
ロシア人「たたけばいいんじゃないか?ロシアの自動車はみんなそうだ」
アメリカ人「アメリカの自動車もそうだ。なんだ万国共通なんだ」
・・・結局そいつらは宇宙の向こうまで飛んでいったとさ。
HA!HA!HA!

10 :名無し職人:02/06/16 03:12
ここはジョークアヴェニュー

11 :名無し職人:02/06/16 03:12
最近おざなりになってたワイフを久しぶりに抱いた。
事が終わった後眠っていると誰かがドアをノックしやがった。
そしたら寝ぼけたワイフが慌ててこう言ったよ。
「早くこの窓から逃げて!」


イッツ アメリカンジョーク!!

12 :名無し職人:02/06/16 03:13
ジョークアヴェニューへようこそ。
お代は見ての帰りだよ。

13 :名無し職人:02/06/16 03:16
今朝、犬連れたオバさんに声かけられたんだ
そのオバさんなんて言ったと思う?
「あなたも首輪付けなきゃね」だって
OH!WHA!HA!HA!HA!

で、なにが?

14 :名無し職人:02/06/16 03:19
ここはジョークアヴェニュー。
あっ、お客さん帰っちゃダメ!
次はきっと笑い転げるから

15 :名無し職人:02/06/16 03:25
娘がバスルームでオレにこう言った。
「あれ?ダディのおチンチン昔こんなのじゃなかったよ」
オレはビックリして娘に聞いた。
「それはいつの事だい?」
そしたら娘がこう言ったね。
「ママのお腹の中にいたときっ!」


ガッデム!!

16 :爆弾行進曲:02/06/16 03:29
子供「ダディ、ママは何処行ったの?」
父親「冷蔵庫の中にでも隠れてるんじゃないか・・・半分ぐらいは」

17 :名無し職人:02/06/16 03:29
ここはジョークアヴェニュー。
意味がわからなくても笑うんですよお客さん。
それが紳士淑女のたしなみってもんだ。はい次!

18 :名無し職人:02/06/16 03:36
>>1にお返ししま〜す

19 :名無し職人:02/06/16 03:39
どうやらワイフが浮気しているらしい・・・
ワイフは一向に口を割らない・・・
相手はいったい誰なのか・・・
オレは居ても立っても居られず町に出た。
そしたら道行く男達が皆オレに向かってこう言った。
「ようっ!ブラザー!」


オー マイ ガッ!!

20 :爆弾行進曲:02/06/16 03:44
「君んちのパパってマジシャンなんだって?」
「うん。こないだも新しいマジックに挑戦してたよ」
「へー、どんなヤツ?」
「身体をチェーンでグルグル巻きにして海に飛び込むんだ」
「凄いじゃん。それでどうなった?」
「うん、今はママが代わりにマジシャンやってる」

21 :名無し職人:02/06/16 03:46
ここはジョークアヴェニュー。
>>19はすこし笑たでしょ? クスクス
さ〜、これからどんどん面白くなるからね。
もう面白くなかったらお代いらない! 笑ってけドロボー!

22 :名無し職人:02/06/16 03:47
>>11激しくワラタ(w

23 :名無し職人:02/06/16 04:14
今日のワイフは一段と激しかった。
こんなに乱れたワイフを見るのは初めてだ。
ワイフは喘ぎながらこう言ったよ
「Oh〜スゴイ!スゴイはプーチン!」


マイネーム イズ ブッシュ!!

24 :名無し職人:02/06/16 14:24
あれ?・・・

25 :名無し職人:02/06/16 14:31
患者「先生、僕の病状はどうでしょうか?」
医者「ええ、大分良いですね」
患者「昨日よりですか?」
医者「いえ、明日より」

26 :名無し職人:02/06/16 18:23
ジョン「ねえ、スーザン、ビガーパンツ買ってきてくれない?」
スーザン「はい、bigger pants」

 グワッ ハッ ハッ  イッツ  クール !!

27 :名無し職人:02/06/17 04:49
バーで一人の女が声をかけてきた。
長身のグラマラスな女だ。
オレは彼女と一夜の恋に落ちた。
彼女のリップテクニックは絶品だった。
オレは何度も天国を見た。
オレの背中を愛撫しながら彼女は耳元でささやいた。
「貴方のお尻に入れたいわ」
「!!!」


メイ アイ ヘルプ ユー?

28 :名無し職人:02/06/17 06:36
片方のヘビが、もう1匹のヘビにこう聞いた。
「なぁ、俺たち毒ヘビだよな?」
「それがどうかしたか?」
「いやぁ舌かんじゃって・・・」

29 :ごう:02/06/17 13:56
深夜のスクラップ置き場で、3台の自動車が自慢大会をはじめたんだ。

ボルボ
「わしは、頑丈な体でオーナーを事故から守って、ずいぶんと感謝されたもんさ」
トヨタ
「わたしは、少ない燃料で軽快に走って、オーナーに随分感謝されましたとも」
クライスラー
「俺は、オーナーに、PL訴訟でずいぶん儲けさせてやったぜ!」

HAHAHAHAHA!

30 :ku:02/06/17 16:44
コールガールが風邪をひいたので病院に行ったら
医者にこう言われた。
「この薬を飲んで三日間、ベッドから離れていなさい」



31 :名無し職人:02/06/17 17:41
アメリカ人が宇宙に行ったとき重力、気圧の関係でボールペンが使えなかった
そこでNASAを中心として、アメリカの最先端の技術を結集して宇宙で使えるボールペンを開発したんだって。

一方旧ソ連の宇宙船では鉛筆が使われていた。

32 :お気に入り:02/06/17 18:02
熊に襲われたボブとマイク
逃げながらもマイクが突然リュックをひらきスニーカーをとりだす

ボブ「お前、正気か?そんなもん履いたって逃げ切れるわけがないだろ」
マイク「ああ、でもお前よりは速く走れるだろう」


HAHAHAHAHAHA-!

33 :副キャプテン翼:02/06/21 01:44
ジョン「おまえ、家が火事で燃えたんだって!!」
   「大丈夫かよ!!」
トム 「大丈夫だよ、またダンボールもらってくるから」

HAHAHAHAHA!


34 :名無し職人:02/06/21 02:04
沈没寸前のタイタニック号。
救命ボートが足りない。
船長は男性達に、女子供へ順番を譲るよう説得する。

アメリカ人に「君はヒーロー!」
イギリス人に「君はジェントルマン!」
日本人に「皆さんそうしていらっしゃいます。」

35 :名無し職人:02/06/21 02:07
ジョン「おまえ、家が家事で燃えたんだって!!」

トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」


36 :チャンピョン:02/06/21 02:09
医者「良いニュースと悪いニュースがあります」
患者「悪いニュースからお願いします。」
医者「あなたの寿命はもって半年です。」
患者「それじゃ、よいニュースは?」
医者「3ヶ月後にアルツハイマーが発病し何もわからなくなります。」

37 :名無し職人:02/06/21 02:11
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」

トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」




38 :副キャプテン翼:02/06/21 19:19
いつの間にかジョンとトム レギュラー!?

39 :名無し職人:02/06/21 20:09
ニューヨークのスラム街、此処に暮らす貧民浮浪者は口々にこう呟く
 「ここには飛行機をタクシー代わりに止めようなんてヤツ居ないから安心だ」

40 :並を大盛りで:02/06/21 20:23
医者「良いニュースと悪いニュースがあります。」
患者「良いニュースからお願いします。」
医者「あなたは明日で退院です。」
患者「本当ですか!やったー!・・・・って、悪いニュースは?」
医者「入院患者がゼロになるので、当院の収入が無くなります。」
患者「お 前 の 悪 い ニ ュ ー ス か よ !」

41 :名無し職人:02/06/21 21:28
アメリカ中西部、とある村にたどり着いたビルは出張先の日本より
持参した空手着を着て、自慢の演武を始めた エイ!ヤァー!
滝のような汗を噴出し激しく躍動する様に村人は集まり、歓喜の声援で
応えた、ビルは手ごたえを感じ「ここなら大丈夫、成功する」と心で呟いた
村を去るビルに一人の老カウボーイが近づき、何かを手渡すと言った
「あんた確か、これが好物だったよな」
葉巻を握る手は小刻みに震え、大きなため息を吐いた前大統領は「ドンマイ
ドンマイ」と勢力的だった。

42 :貧弱鮫:02/06/21 21:45
医者と大工と政治家が議論している。

医者「神はアダムのあばら骨からイブをつくった。外科手術を施す医者こそ世界最古の職業だ」
大工「いや、神はカオス(混沌)からこの世界を建設した。だから大工が世界最古の職業さ」
政治家「そのカオス(混沌)を作り出すものは誰かね?」


43 :?@:02/06/21 21:58

[お金貸してよ]


韓国「ちょっとワールドカップでお金を使い過ぎちゃったんだ、お金を貸してくれないかい?」

日本「えっ?でもこの前もスタジアム作るお金無いからって借りただろう?」

韓国「いやだからさ、また貸してって言ってるんじゃん。貸してくれないと・・・」

日本「貸してくれないと?」

韓国「日本は友達だって世界中に言いふらすぞ。」


44 :?@:02/06/21 21:59
[ワールドカップ韓国会場にて]


韓国サポーターA「なあ、俺たちやりすぎじゃないか?」

韓国サポーターB「何がだよ?」

韓国サポーターA「いや、相手チームが少し可哀想にになってきたよ。
 審判の判定を有利にしてもらったり相手チームを侮辱ばかりしててさ、
 このままだと他の国の人に嫌われないかな?」

韓国サポーターB「大丈夫、閉会式は日本だ。」

45 :名無し職人:02/06/21 23:04
先生「ワシントンが桜の木を切ったことを正直に話したとき、
   彼の父親はすぐに許しました。
   何故だか分かりますか?」

生徒「はーい。ワシントンはまだ斧を持っていたからだと思います」

46 :名無し職人:02/06/21 23:15
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」

トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」

ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」

47 :難民:02/06/21 23:20
44さんワラタ

48 :名無し職人:02/06/21 23:23
>>42-46

WARATA(w HAHAHAHAHAHAHAHA!

49 :48:02/06/21 23:27
>>42-45だった(汗)

50 :名無し職人:02/06/21 23:37
>>43-44
ワラエネー

51 :ルイ姉:02/06/21 23:47
俺は >>45 が秀作だとオモウ

52 :名無し職人:02/06/22 00:31
白雪姫がピノキオの顔の上にまたがってこう叫んだんだ

「嘘をついて!」

53 :名無し職人:02/06/22 00:46
ある国の砂漠に駐屯する部隊に新任の上官が赴任してきた。
 上官「この辺りは女っ気が少ないようだが,若い君らはどうしてるんだね?」
 兵士「女ですか?あぁ・・・アレを使ってますよ」
兵士が指差した先にいたのは何頭かのラクダ・・・
上官はそれを見て、内心ギョッとしたが、けしからんとしかめっ面

何週間か過ぎると、上官もまた1人の男だから、人肌が恋しくなる。
そこで、他の兵士がいないのを見計らってラクダを試すことにする。
なかなかうまくいかず、上官が悪戦苦闘しているところに
運悪く1人の兵士がやって来てこう叫んだ。
 兵士「上官殿!何なさってるんです?俺達は女に会いたい時は、
    そいつに乗って街まで繰り出すんでさぁ!」


54 :名無し職人:02/06/22 00:59
社長「どうやら我が社も大幅な人員削減が必要なようだ。
   家族がいる者でも止むを得ないだろう。至急リストアップしてくれ。」
重役「わかりました。ということは奥様を説得できたのですね?」

55 :第四住宅:02/06/22 01:06
トム「知り合いにスゴ腕のセールスマンがいてさー、
  なんとあのエスキモーに冷蔵庫を売りつけたんだぜえ」
ジョン「そいつはすげえ、どうやって売ったんだ?」
トム「「凍らせたくないものはこの中に・・」って」
ジョン「ホァット・ア・クレイジーガイ!!」

56 :名無し職人:02/06/22 01:09
その日もワイフと熱い夜を過ごしていた。
興奮たオレはこう言った。
「オーケー、今度は口でしてくれ」
するとワイフはこう言ったよ。
「ダメよダーリン、ダイエット中だから糖分は控えてるの」


アイム フロム モクモクムーラ(アンド リピート)

57 :名無し職人:02/06/22 01:11
ジム「この国で一番人気のあるスポーツは何だと思う?」
トム「野球じゃねぇか?俺は帰ったら野球しか見ねぇよ」
ジャック「いやバスケだね。うちは家族でテレビに釘付けさ」
ジム「ミック。お前さんはどうだい?」
ミック「うちじゃテレビなんか見られんよ・・・毎日カミさんと戦争さ!」

58 :名無し職人:02/06/22 01:19
先日、仕事でコリアンへ行ったときのことさ。
オレはエキゾチックなコリアンガールと恋に落ちた。
ワイフは拒んだが、彼女は喜んで口でしてくれた。
俺も負けじと彼女の陰部に顔をうずめたてこう言った。
「コチジャン?!」


イエス サイトシーン

59 :名無し職人:02/06/22 01:23
男A「今からあのバーの中で小便を撒き散らして、その始末を
   あのバーテンに笑顔でさせられたら100ドルくれるかい?」
男B「あぁいいぜ。でも、そんなこと出来るのか?」

しかし、男Aはそれをやってのけた・・・
男B「負けたぜ。ほら100ドルだ。しかし、なぜあんな無茶ができたんだ?」
男A「簡単さ・・・『50ドルやるから、俺の小便を笑いながら始末しな』って言っただけさ」

60 :副キャプテン翼:02/06/22 02:15
ジョン「おまえ、万引きなんてやめろよ!」
   「どこでそんな事覚えたんだよ!」
トム 「君と出会ってからだよ。」

HAHAHAHAHA!

61 :名無し職人:02/06/22 04:14
>>59
『デスペラード』のパクリだなw

62 :筆おろし姫 ◆SageQK7M :02/06/22 08:39
大女優Mさんの新婚時の実話
ダンナの月給明細を見て一言

M『へーアナタの会社って日給なの』

63 :名無し職人:02/06/23 01:27
料理屋で

客「すいません、このメニューの人魚鍋ってのは何の肉ですか?」
店主「そりゃあ人魚の肉です」
客「そんなバカな。人魚なんているわけないでしょう?」
店主「いるかどうかは分からないけど間違いなく人魚の肉ですよ。
   魚と半々ですから」

64 :名無し職人:02/06/23 01:53
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ケン 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」


65 :名無し職人:02/06/23 02:06
女:私熱があるみたい
男:俺の体温計で計ってあげようか?
女:水銀が漏れるから嫌!

66 :名無し職人:02/06/28 03:18
昨日見た映画「ザ・デプス」より
「お前はここで死んでもギネスブックに名前が残るからいいだろ。
一日に二回も核爆発を起こすなんて前代未聞だからな」

67 :目刺し職人:02/06/30 12:55
※地下鉄内にて
ジョン「きみの家どこだっけ?」
トム「次の駅さ」
ジョン「近いね、引っ越したの?」
トム「まあね」
電車、駅に到着。
ジョン「おつかれさま」
トム「おつかれさま」
言い置いてトムはホームの反対側の窓から出て行った。

おぅ・・まぃ・・ぐぁっ!

68 :目刺し職人文十:02/06/30 22:32
※地下鉄内にて(そにょ2)

・・・7丁目駅に到着
ジョン「・・・あれ? 次4丁目じゃなかったっけ?」
トム「そうだな・・・4から6丁目は通過かな」
ジョン「・・・通ってないが?」
トム「経費節減とやらで地下鉄路線をメビウス化した、ってタイムズに書いてあった。
   何の事だかわからないがこれがそうかな?」
ジョン「ふーん・・・15丁目が近くなっていいな」
トム「・・・そうはいかないんじゃないか」
ジョン「何で?」

トム「腕時計のカレンダーを見てみろよ・・・
          ・・・三日たってるぜ」




  ――― Hoooon・・・ほわあぁぁっつ??!!

69 :目刺し職人@文十:02/07/01 00:26
※地下鉄内にて(そーのー3)

ジョン「おや?トム・・・コロン変えたか?」
トム「まぁな・・・ナンシーのプレゼントだが」
ジョン「おとつい喧嘩してたんじゃなかったのか」
トム「昨日もらった。タヒチのまじない師が使うんだそうだ」
ジョン「ふーん・・・不快じゃないが、変わった香りだな。きついし。
・・・顔色が悪いのはそのせいか」

トム「いや・・・きのうから心臓が動いてないんだ」


(´ι _`  )ふーん・・・



っって・・・・のぉぉぉ!!!!   ほわあぁっつ! ゆ――――――!


70 :名無し職人:02/07/01 02:09
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ケン 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」


71 :名無し職人:02/07/02 01:13
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ケン 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ボブ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」 
サラ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
メアリー「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
マイケル 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」



72 :目刺し職人@文十:02/07/02 23:23
※地下鉄内にて(そおのぉぉ・・・4)

ジョン「最近、地下鉄も治安が良くなったよなあ」
トム「・・・そぉかぁ?」
ジョン「シートに寝てる酔っ払いもいなくなったし」
トム「結局シート取っ払っちゃったからな・・・」
ジョン「そと壁の落書きもなくなったし」
トム「外壁も取っ払っちゃったしな・・・」
ジョン「床のゲロももう無いし」
トム「床ももう無いしな・・・」
ジョン「なんだよ、お前さっきからケチばっかり・・・
    あ・・・荷物・・・」
トム「あ、ばか・・・手を離したら・・・・」
     WHuwaoooooooo━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

     Gutya


(|| ゚Д゚)・・・・・・・ぐっなぃ・・・じょぉん


73 :名無し職人:02/07/02 23:25
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
よしお「なんでやねん」


74 :名無し職人:02/07/02 23:31
クッキー
年老いた男性が、死の床に横たわっていた。余命数時間しかない彼は、
突然、チョコレートクッキーの匂いに気付いた。
彼は、チョコレートクッキーがこの世の何よりも好きだった。
最後の力を振りしぼり、ベッドから出て、部屋を横切り階段まで向かった。
そして階段を下り、台所の中へ入っていった。
そこでは、彼の妻がチョコレートクッキーを焼いていた。
つまみ食いをしようと手を伸ばすと、妻が手にした木製スプーンで
手の甲をピシャっと叩かれた。「取っちゃダメよ!」彼女は言った。
「葬式用なんだから!」

75 :名無し職人:02/07/02 23:59
昔からの親友のトムと今日は山に登って星を見ることにした・・・
ジョン「俺、昔は人が死ぬと星になるって思っていたんだ」
トム 「じゃあ、今すぐその星を一つ増やしてあげようか?」

HAAAAAAHAHAHAHAHA・・・・・
(;゚Д゚)AAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!

76 :名無し職人:02/07/03 19:28
   |⊃)
   |
   |■_  ダレモイナイ・・・・
   |m`)  アイム スキャートマーソ
   |⊂
   |

        (⊂⊃)
     ♪
   ♪   _■■_
      ヽ(´mm` )ノ  プッチン パポペー
         (  へ)
           く

        (⊂⊃)
   ♪
     ♪ _■■_
      ヽ( ´mm`)ノ エビバデ プッチン
         (へ  )
             >


77 :名無し職人:02/07/03 19:42
>>75ウリナリで似たのがあったなあ

78 :名無し職人:02/07/04 13:37
ジョン 「YO!ナンシー。君の好みの男性てどんなタイプだい?」
ナンシー「そうね、例えばジョン、あなた」
ジョン 「マジ!?」
ナンシー「じゃないことだけは確かよ」
ジョン 「ギャフン!!」

79 :ごう:02/07/04 13:51
外科医のトムの親友ジョージが、彼の勤務する病院で危篤状態に陥った。
そこでトムは、ジョージの妻を呼ぶように部下に伝えた。
「奥さんに呼びかけてもらって、意識を戻すってわけですね?」
「いや、そんなことしたら、あいつは天国に走って逃げていくさ」
「恐妻家なんですね。じゃあ、どうして」
「奥さんに、手作りのポトフをつくってもらうんだ」
「ああ!好物の匂いででこの世に引き戻すんだ!」
「いや、あの、この世のものとは思えない 匂いと味で安楽死させようとおもってな。
君もガスマスクを用意しておきたまえ」

80 :目刺し屋文十:02/07/04 23:51
※地下鉄内にて(すぉぬぉぉ5)

トム「そういえば・・・聞いたかい?」
ジョン「・・・何を?」
トム「・・・地下鉄のゴーストの話」
ジョン「もしかして・・・ここ?」
トム「そ」
ジョン「え。何だよそれ」
トム「ほら・・・歩いてくるあの爺さん。影は薄いし、
  なんだか・・・らしくないか?」
ジョン「やめろよ、その手の話は弱いんだ」
トム「ほぅら・・・来たぞ」
ジョン「わ」

老人「・・・・・若いの」
ジョン「な・・・何ですか?」
老人「・・・・・大丈夫かね?」

ジョン「・・・・?」
老人「飲みすぎかな?」
ジョン「・・・・???」


老人「さっきから一人で何をぶつぶつ言っとるのかね?」

   え?
Kyaa━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!!



81 :大佐:02/07/05 00:19
テリー「お前のギャグ寒いぞ!」
デーブ「黙れロンパリ!」

82 :名無し職人:02/07/05 00:51
男  「先生、コーヒーを飲むたびに目が酷く痛むんです。病気でしょうか?」
医者 「スプーン取ってから飲め。」

83 :名無し職人:02/07/05 00:53
>>82

思いっきり激しくワロタ!

84 :名無し職人:02/07/05 02:45
>>82
面白い!

85 :自作ではないが:02/07/05 05:25
その1
ある男が入院生活の末病院で亡くなった。
主治医「奥さん、このたびはご愁傷様です。それで大変お辛いところ申し訳ありませんがこちらの死亡証明書にサインしていただけますか?」
妻 「・・・はい。」(カキカキ・・)
主治医「?。奥さん、そこは私がお書きしますよ。そこは死因を書く欄ですので・・・」
妻 「ハイ、だから先生の名前を書くんです。」

その2
闘牛の盛んなスペイン。そのスペインのとある闘牛場には隣にレストランがある。そこでは、毎日闘牛士によって力尽きた哀れな牛たちの睾丸が珍味として振舞われていた。
客 「いつもの御願いするよ。」
給仕 「かしこまりました。・・・お待たせしました。」
客 「ありがとう・・・ん? 今日のはやけに小さいなぁ。今日は子牛が相手だったのかい?情けない闘牛士だな!hahahaha!」
給仕 「はい、情けない闘牛士でしたので今日は牛が勝ちまして・・・。」

その3
買い物に出かけたとある親子。その帰りのバスは満員。窮屈な車内に耐えられず子供がグズりだして・・・
母親 「静かにしなさい!他のお客さんに迷惑でしょ!静かにしないと今日は晩御飯抜きよ!」
子供 「いいもん、晩御飯抜きでも! 僕、お腹がすいたら自分のオチンチン食べるもん!」
母親 「まぁ!この子は何て恥ずかしい事を!オチンチンなんて食べれるわけ無いでしょ!!」
子供 「食べれるよぉ!ママだって毎晩パパのを食べてるじゃないか!!」


86 :名無し職人:02/07/06 02:46
うぐぅ上げ 

87 :名無し職人:02/07/06 04:19
age


88 :名無し職人:02/07/06 04:48
>>82を超える猛者はいないようだな。

89 :ビスマス:02/07/06 15:23
「プラグ&プレイってどういう意味だい?」
「自動的に差し込んだものを認識してくれるんだ」
「じゃあウチの女房と同じだな」

90 :名無し職人:02/07/06 15:26
トム :「隣のウチに囲いができたガッデムッ!!!」
ビリー:「ヘェ〜だファッキンッッッ!!!!」

91 :名無し職人:02/07/07 01:57
保守a


92 :並を大盛りで:02/07/07 10:24
インド人 「先生、ドリアを食べるたびに手が火傷するです。病気でしょうか?」
医者   「スプーン使って食え。」

93 :名無し職人:02/07/07 10:37
トム「やあジム、久しぶりに見たら見違えるほどマッチョじゃないか。どうしたんだい?」
ジム「これのおかげさ! エックソボーックソ!」
トム「ワァオ! マイクソソフトの最新ゲーム機エックソボックソなら、ゲームがつまらないからヒッキーオタをやめて、短時間で効率的に脂肪を燃焼させるプログラムだね!」
深夜なのでおかけ間違いのないよう、番号を(略

94 :名無し職人:02/07/07 15:25
>>92
パクリだがワラタ

95 :名無し職人:02/07/07 15:44
へッ このチキン野郎!

帰ってママとヨロシクやってな!!

96 :在日邦人:02/07/07 16:12
「ルルドの泉って知ってるかい?」
「ああ、どんな病気やケガも水に浸かれば治る奇跡の泉だろ?」
「そうさ。それでな、年老いた夫婦がルルドの泉に行ったんだよ」
「うん」
「旦那が車椅子に乗った奥さんを静かに泉に浸からせたんだ」
「うん」
「そして泉から引き上げたらどうなったと思う?」
「奥さんが歩けるようになったんだろ?」
「違うよ。車椅子のタイヤが新品になったのさ」

97 :名無し職人:02/07/08 09:23
「おい大変だ、ジョン。インドとパキスタンが核戦争をはじめたぞ。」

「ウチも昨日の夜ベッドの中で核戦争だったよ、スティーブ。」

AHAHAHAHA

98 :名無し職人:02/07/08 09:44
ジョン「頭が痛いのに薬飲んでも治らないんだ…」 マイク「それざやくだよ」 ノオォ〜〜〜〜!!

99 :名無し職人:02/07/08 09:49
ヘイ!マイケル。まあ、いける?

100 :副キャプテン翼:02/07/09 03:50
ジョン「桃太郎って知ってる?」
    「桃から生まれてくるなんて、非現実的すぎるよな!」
トム 「君はお椀に乗って流れてきたらしいよ。」

HAHAHAHAHA!


101 : きゃわの:02/07/09 14:00
理想の亭主とは?
毎晩若い部下を家に招待する男である。

102 :タダでセックス:02/07/10 19:16
ある田舎のガソリンスタンドの店主が売上を伸ばすようにキャンペーンをした。
「ガソリン満タンでタダでセックス!」

ある男がやってきた 「満タン、タダでセックスもね」
店主 「お客さん、タダでセックスはゲームに勝たないといけない。
    1から10までの好きな数字を一つ言え、俺の思った数字と
    同じならお客さんの勝ちだ」
客  「じゃあ8だ」
店主 「惜しい。7だったよ。今回は無しだ、また今度な」

数日後同じ男が友達を乗せてやってきた
男  「満タン、タダセックスもね」
店主 「ルールは知ってるな」
男  「2だ」
店主 「惜しい、3だったよ。今回は無しだ」

男は車を出して、友達に話し掛けた
男  「ぜったいインチキだよ。タダでセックスなんてやらせるつもりなんかない」
友達 「いや、インチキじゃない。俺の妻は先週2度も当った」


103 :名無し職人:02/07/10 19:32
>>102
うまいなぁ、ワラタよ

104 :名無し職人:02/07/10 19:39
コンセントにプラグ差し込もうとしたらマイワイフのアヌスホールにインサートしちゃったYO!
HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHA!

105 :名無し職人:02/07/10 22:11
>>102
うん、うまいね。82以来だね。

106 :コンドーム緊急援助:02/07/11 13:19
ロシアのプーチン大統領がブッシュ大統領にホットラインで電話をかけた。
プーチン 「ブッシュ大統領、われわれのコンドーム工場が爆発を起こした。コンドームはわが国の一般的な避妊法なのだ。
      国民はコンドームを必要としている。直ちに援助してもらえないだろうか。コンドームを送って欲しい」
ブッシュ 「プーチン大統領、われわれアメリカ国民は貴国を援助できることを誇りに思うだろう」
プーチン 「大統領、あなたがたの援助を請う。今すぐ100万個を送ってもらうことはできるだろうか?」
ブッシュ 「わかった、すぐ手配しよう」
プーチン 「一つ頼みがあるのだが」
ブッシュ 「なにか?」
プーチン 「色は赤、少なくとも25センチ以上。直径は10センチのものを」
ブッシュ 「了解した」

ブッシュ大統領はすぐコンドーム会社に電話をかけた 「今すぐロシアに100万個のコンドームを送ってくれ」
会社社長 「わかりました閣下」
ブッシュ 「ありがとう。色は赤、長さは25センチ以上、直径は10センチだ」
会社社長 「お安い御用です閣下。他には?」
ブッシュ 「ああ、あるとも。 全てに”アメリカ製 サイズ:スモール”と印刷するのを忘れないでくれ」


107 :名無し職人:02/07/11 14:01
>>102
HAHAHAHAHAHAHA!

108 :名無し職人:02/07/11 14:02
>>106
なるほど。

109 :元総理M:02/07/11 14:05
>>102
ワロタ

110 :遭難した夫:02/07/11 17:56
ある夫婦が船旅に出た。夫婦は客船の甲板で月を見ていたとき高波が押し寄せ、夫が波にさらわれてしまった。
数日捜索したものの、夫は見つからなかった。
妻を陸地で降ろし、船長は「奥さん、何か見つかったら必ずすぐ連絡するから」と言い残して出航した。

3週間後、妻は船からFAXを受け取った

  奥さん、残念なお知らせです。ご主人は見つかりましたが、場所は海底で、既にお亡くなりになっていました。
  ご主人を引き上げたら、たくさんの貝がついているような状態だったのですが、貝の中に5万ドル相当の真珠がありました。
  ご遺体はいかがいたしましょうか?

妻の返事はこうだった

  真珠は送って頂戴。そして「エサ」をまた沈めておいて。


111 :誤解:02/07/11 18:40
農夫がバーで飲んでいた。

友達 ヨゥ こんな天気のいい日に昼間っから飲んでるのか?
農夫 ああ、ちょっと事情があってな
友達 なにをそんなにふさぎこんでるんだ。(と言って隣に座った)
農夫 ミルクを搾ってたんだ。するとバカ牛がいっぱいになったミルク樽を左足で蹴り飛ばしやがった
友達 なるほど。でもそんなに酷い話でもないじゃないか
農夫 でもな、ちょっと事情があってな
友達 で?
農夫 ロープで左足で縛って、またミルクを搾った。するとバカ牛がいっぱいになったミルク樽を右足で蹴り飛ばしやがった
友達 (笑って)またかい?
農夫 ああ、でもちょっと事情があってな
友達 で?
農夫 ロープで右足も縛って、またミルクを搾った。するとバカ牛がいっぱいになったミルク樽を尻尾で蹴り飛ばしやがった
友達 ふむ
農夫 もうロープが無かったので、ズボンのベルトで尻尾も縛ったんだ。
   ちょうどズボンが下がったとき妻が入ってきて、それを見られてしまったんだ。


112 :今夜はおそくなる:02/07/11 18:46
今夜はおそくなる

女がベッドから出たとき、ちょうど電話が鳴った。女はOKといっただけで電話をすぐ切った。

男  誰からだい?
女  夫よ
男  じゃあすぐに行かなきゃ。彼はどこ?
女  急がなくていいのよ。夫はあんたとポーカーしてるって言ってたわ

113 :ダイバー:02/07/11 18:53
ダイバーが10m潜っていると、アクアラングなしで潜っている人が横に見えた。
「すげーな、装備なしで潜れるとは」
ダイバーはさらに20mまで潜った、しっかりついてくる。
「すげーな、装備なしとは超人的だ」

ダイバーは黒板にメッセージを書いた

  「どうすればアクアラングなしでこんなにもぐれるんだ?」

答えはこうだった

  「ふざけるな、おぼれてるんだ」


114 :名無し職人:02/07/11 19:07
>>112
俺もそういう嘘言ってしまうだけにワロタ

115 :神からのお金:02/07/11 19:18
少年は100ドルが欲しかった。2週間神に祈りつづけた。「神様、僕に100ドルを下さい」
何も起きなかった。
少年は手紙を書くことにした。封筒のあて名には「神様」

郵便局員は気を利かせて、その手紙を大統領に送った。

手紙を受け取った大統領は、その内容に感心したが5ドルを送ることにした。
少年に100ドルは多すぎると思ったからだ。

それを受け取った少年は早速礼状を書くことにした。

   神様、ありがとう。
   でも、僕は100ドルをお願いしたのに5ドルしか入っていませんでした。
   手紙の送り元がワシントンDCになってます。
   政府の役人が僕の95ドルを税金で持っていったってことですか?


116 :名無し職人:02/07/11 19:20
↑いいな、これ。

117 :名無し職人:02/07/11 19:29
ある老夫婦がハンバーガーショップで食事をしていた。
すると若いカップルが入ってきた。

男「俺はここのハンバーガーが一番すきなんだよ」
女「へぇ。他のハンバーガーとどこが違うの」
男「ピクルスに特徴があるんだよ」
女「それはすごく大きいということなんだね」

老夫婦はそれを聞き言った。
「そんなことはない。ピクルスは酸っぱいものだ。」

118 :島津寿:02/07/11 19:30
韓国人がやってきた。
どうなったと思う?

ゴミ箱は空、犬は妊娠さ。

119 :1:02/07/11 19:46
もうレスをすることに疲れました。
これ以上自分がレスをつける意味というか目的がわかりません。
正直言ってROMしてたほうが楽です。でもいつでも出来ることなので
今は一生懸命レスしようと考えていました。今日までは。
しかし誰からもろくなレスをつけられず、自分が誰にも
必要とされてないことが、わかったとたん前向きに考えることが
出来なくなりました。
もう自分という醜くてどこにいるのかわからないような存在を
2chから消すことだけが最後のレスをつける目的かもしれません。
そしてこの「書き込む」ボタンをクリックすることによりその目的が
遂行されるわけです。
さようなら。これからはROMに徹します。


120 :名無し職人:02/07/11 19:54
iikotoitta!

121 :悲劇的とは?:02/07/11 19:55
大統領が小学校視察に行った。4年生のクラスで実際に教壇に立ってみることになった。

大統領 「みなさん、"悲劇的"とはどういう意味かな?」
男の子が手をあげた 「隣の子が道で遊んでいるとき、車が来て轢かれちゃった」
大統領 「うーん。それは悲劇的というより "事故" だね。ほかには?」
女の子が手をあげた 「50人の子が乗っているスクールバスが崖からおちちゃった」
大統領 「それも悲劇的というより、 "大きな損失" だ。他には?」

誰も手を上げなかった 「だれかわかる子はいないかな?」

後ろの男の子がおそるおそる手をあげた 「大統領夫妻の乗っているエアフォースワンが撃墜されたときです」

大統領 「そうだ。それこそまさに悲劇的だ。すばらしい答えだ。理由を教えてくれるかい?」

男の子 「"事故"でも"大きな損失"でもないからです」


122 :名無し職人:02/07/11 21:57
ある男が車の修理工場にパンクしてしまった車を運んできた。

男「いやぁ、朝車に乗ろうと思ったらパンクしてたんだよ。参ったよ。」

修理人「いたずらでもされたんですか?」

男「そうらしいんだよ。本当に困るよね。」

修理人「最近流行っているようですからね。」

男「警察も警戒しているようだが。それでパンクはどれくらいで直る?」

修理人「そうですねぇ」

修理人は少し外を見てから答えた。

修理人「パンク犯が捕まってから考えましょうや。」


123 :名無し職人:02/07/12 00:00
良スレage

124 :名無し職人:02/07/12 00:47
女性をホテルに誘うとき
「絶対嫌だ」と答える女性の本心は「行ってみようかな」
「嫌だ」と答える女性の本心は「今すぐ連れてって」
そして、
「今すぐ連れてって」と答える女性は・・・
それはもう女性ではない。

125 :名無し職人:02/07/12 01:13
親愛なるデレク

ハーイ!久しぶり!日本の生活にはもう慣れた?
最近あなたのニポーンかぶれが伝染ったみたいで(笑)日本チックなモノが気になってしょうがないのよ :D
それでね、この前ついに行って来たの!タイムズスクエアのYOSHINOYA!!ビーフボウルの吉野屋!!
お店に入ってもうびっくり、ワーオ!人がめちゃくちゃいっぱいで座れないの!
よく見たらなんか垂れ幕下がってて、「$1.00お返しします!」だって(笑)
こいつら頭どうかしてるわ(笑)キ千ガイよ!(笑)
まったく、たかが1jでワラワラと集まってくんじゃないわよ!(笑)
1jよ?1j!日本円でいくらよ(笑)
なんかあからさまに「日本から来ましたっ!」って連中もいるし。なんでわかったかって?リュックのファスナーが開けられてるの(笑)ほんっとおめでたい人種ねー(笑)
なんか怪しいジェスチュアでオーダーしてるし。「Toquemorly Please!?」ってあいつらいったい何食ってんのよ?(笑)
もう、「100セントあげるから先に座らせてよ」って感じ!どーせ言っても通じないか…
でもまあお店の雰囲気は意外と普通ね。もっとすごいエキゾチックな食材(笑)とか並んでるかと思ってたけど。
Uの字テーブルの向かいに座った客といきなり居合いが始まるなんて演出とか結構クールだと思うんだけど。あ、あれ女人禁制だっけ(笑)
でね、やっと座れたかと思ったら隣の日本人がすごい訛りで「Large bowl ? juicy ? please ? 」とか言ってんの!マジでお茶吹き出しそうになったわ!(笑)
あのねぇ、ここの店員なら「Tsuyudaku」ぐらいわかるっつーの!(さりげに私も調べてるし :D )
得意げな顔して何が「Large bowl?」よ(笑)
この日本人が本当につゆだくを食べたかったのかどうか、小一時間かそこら問いつめようかと思ったわ!本気で!
あなたそれしか言えないんでしょ、みたいな(笑)
吉野家通の私(笑)から言わせてもらえば今、吉野家通の間での最新流行はやっぱり、並盛り2杯、これね。
特盛りを頼まず、あえて並盛りを2杯。これが通の頼み方!
特盛り1杯だと値引きは1j、でも並盛り2杯なら2j値引きで、ちょっと得した気分。ね?(笑)
その上量も特盛りよりちょっと多め。絶対こっちの方が得だよね?(笑)
今度吉野屋に行った時には、きっと私が席に着いただけで黙ってても並盛り2杯が出てくるわ!(笑)通ならではよね!
まあ、日本人は"Hamburger"の発音でも練習してなさいってこと!(笑)

長々とかいてたら、もうこんな時間!早く宿題やらなきゃ…
そんなわけで、今日はこの辺で。お返事くださいね!!

126 :名無し職人:02/07/12 01:30
男「友よ、ちょっと1千ドル貸してくれないか?」
友「で、担保は?」
男「なんだって、信頼できる親友の一言だけじゃ足りないって言うのか?」
友「いや、もちろんそれで充分さ。だから早くそいつを連れてこいよ」

127 :名無し職人:02/07/13 02:05
>>126
ワロタけど意味が良くわかってないw

128 :名無し職人:02/07/13 02:47
ロシアと宇宙開発競争を繰り広げていた頃のアメリカ:

男 『大統領、大変です!ロシアが月を真っ赤に塗ってしまいました!』
大統領 『よし!月にコカ・コーラって書いて来い。』

129 :名無し職人:02/07/13 04:40
男「マイケルジャクソンのライブがスタジアムであるらしいよ」
女「えっ!本当?絶対いきたい。いつなの?」
男「いや、僕達は入場できないんだよ」
女「どうして?」
男「だって皮膚科と美容外科の人でいっぱいだからさ。」

130 :千円殺@英語歌:02/07/13 05:08
男「いやぁ、部長に仲人を引き受けていただいて、本当にほっとしました」
女「有り難う御座います」
上司「いやいや、なに。私が一度失敗しているからかな?」
男「そんな!そういうつもりじゃ・・・・」
上司「はっはっは!すまんな!冗談だよ!今日という、君たちに
   とって人生最良の日に意地の悪いことを言って悪い!」
男「いや、気にしてませんよ!ところで部長、僕らが婚姻届を出すのは
  正確には明日ですよ?」
上司「だから、今日が人生最良の日なんじゃないか」


131 :名無し職人:02/07/13 19:09
最高の女房とは旦那がいない時、親戚が増えない女である。

132 :名無し職人:02/07/14 00:45
>>131
なんか意味が分からない。

133 :名無し職人:02/07/15 00:11
Q.あなたのものでないチーズのことを何と呼びますか?

A.ナチョチーズ

134 :名無し職人:02/07/15 00:26
ある動物園での会話。
「下痢をした像に何を与えればいいのかなぁ。」
「たくさんの部屋はどうだい?」

135 :巨乳のブロンド女:02/07/15 20:21
ブッシュ大統領とコリン・パウエル国務長官がバーで飲んでいた。

男が二人の席を通りかかった、「わお。お二人に会えるなんてなんて名誉なことだ。何の話をされてるのですか?」

ブッシュ 「第3次世界大戦を始めようと思ってな。われわれは今回4千万のイラク人と巨乳のブロンド女を一人殺す」
男    「ブロンド女だって!? なんでまた巨乳のブロンド女を殺すんですか?」

ブッシュはパウエルに向かってこうささやいた

「な、わしの言ったとおり、だれもイラク人のことなんて気にしないだろ?」


136 :名無し職人:02/07/15 21:12
>>82の意味がよくわからんのですが

137 ::02/07/15 21:15
その昔、まだ米ソ冷戦時代に、旧ソ連側がアメリカにゴム製品を発注することになりました。
コンドームですな。
普通に頼むんじゃぁ、くやしいってんで、
馬並みサイズのを注文してアメ公の度肝を抜いてやれ、てなことになったんですが、
いざ商品が届いてみたら、箱にはでっかく「Sサイズ」と記入されてたそうな。

138 :名無し職人:02/07/15 21:17
>>136
カップの中にスプーンが入ったまま飲むと顔に当たってじゃまでしょ。
スプーンの先が目に当たって痛い、ということじゃないかと思う。
ネタにマジレスカッコワルイ


139 :138:02/07/15 21:19
念のためマジレスカッコワルイのは138のことだかんね

140 :弁護士と酔っ払い:02/07/15 21:44
弁護士がバーに入ると一人の酔っ払いが指の間で何か転がして独り言を言っている。
「プラスチックのようでゴムみたいだ」
「プラスチックのようでゴムみたいだ」
ブツブツ...

興味を持った弁護士は近づいて男に話し掛けた

弁護士 「何を持ってるんだ?」
酔っ払い「プラスチックのようでゴムみたいだ」
弁護士 「ちょっと見せてくれ」
酔っ払い「いいよ」

酔っ払いは弁護士にそれを手渡した

弁護士 「ほんとにプラスチックみたいだな。これなんだい?どこで手に入れたんだ?」
酔っ払い「俺の鼻からでさ」


141 :名無し職人:02/07/15 21:57
とある小学校にて・・・
教師「では夏休みの宿題として次のテーマのうちどれかを盛り込んだ作文を
皆さん書いてきてください。テーマは、宗教、高貴、愛、神秘のどれかです」

子供たちは頭を抱えたが、5分もしないうちに一人の子供が挙手した。

ジャック「先生、できました。ちゃんと全部のテーマを盛り込んで」
先生「は?夏休みの宿題ですよ?・・・ま、どんなものか聞かせてください」
ジャック「はい!『おお神よ!と伯爵夫人は言った。妊娠したのに
誰の子供かわかりません!』」

142 :麻薬捜査:02/07/15 22:06
FBI本部の電話が鳴った。

「もしもしFBI?」
「そうですが、なにか?」
「隣の奴が薪の中にマリファナを隠してるぞ」
「情報をありがとう、で、住所は?」

次の日、その家に捜査官がやってきて、薪の中のマリファナを捜索した。
でも何も出てこなかった。「どうやらガセネタだったようだな」FBIは帰っていった。

次の日、その家の電話が鳴った。

「よう、俺だ。昨日FBIが来ただろう?」
「ああ、来たね。俺は何もしちゃいねえのにさ」
「薪を全部割っていったか?」
「ああ割っていったよ。それはそれで助かったけどな」
「よし上出来だ。今度は君がFBIに電話してくれ。女房に菜園を耕してほしいと言われてるんだ」


143 :GM:02/07/16 01:09
コンピュータ博覧会(COMDEX)でビルゲイツがコンピュータ産業と自動車産業と比較した。
「もしゼネラルモータースがわれわれコンピュータ産業のような技術をもっているのなら、
消費者は25ドルの車で、リッター300キロの低燃費を実現できただろう」

ビルゲイツの発言に関して、ゼネラルモータースは次のようなコメントで機関紙を通じて反論した。

われわれの車との違いは

1  日に2回も理由も無くクラッシュすることは無い。
2  新しい道路ができるたびに、車を買い換える必要は無い。
3  われわれの車はフリーウェイで車が止まることがあっても、全ての「窓」を締め、再始動して、
   運転を続けるためにまた「窓」を開けなくてもいい。
4  エンストで再始動できなくっても、エンジンをごっそり乗せ換える必要は無い。
5  一人しか運転しないと「CarNT」を買っても、運転者が増えたときに新たなライセンスを買わなくてもいい。
6  マッキントッシュ車は5倍早く、2倍運転しやすい。君のは道路の道路通行容量の5%しか使い切れない。
7  われわれの車はオイル、ブレーキ液、何が悪いか警告する。君のは「一般保護エラー」ランプしか点かない。
8  君のは同じシートサイズしか用意せず、ケツをイスに合わせろと強制する。
9  君のはエアバックが開くまさにその時、「よろしいですか?」と質問してくる。
10 理由も無く車から締め出され、何とかしようとするとき「ドアノブを引きながら、キーを回して、
   同時にカーアンテナを引き出せ」などということをわれわれは要求しない。
11 車を買った人に「道路地図帳」をつけるが、それを要らないと言われても車の性能は変わらない。君のは何かを要らないと
   断ると性能が半分以下に下がる。「道路地図帳」がついてくるからといって司法省から訴えられることも無い。
12 君のは新型が出るたびに運転方法を勉強しなければならない。われわれの車は新型でも運転の方法は変わらない。
13 エンジンを切るのに「スタートボタン」を押すなんて馬鹿げた設計ではない。

144 :ナマステ:02/07/16 01:09
「7(seven)つは奇数だよね。どうやって二つに分ければいいんだろう?」
「簡単なことさ。sを消せばいいじゃないか。」

145 :ナマステ:02/07/16 01:18
ある新婚の男が一人新婚旅行から帰ってきた。

新婚男「いやぁ、最高の旅行だったよ。」

男の友人「どこに行って来たんだい?」

新婚男「別れた女房を空港に送ってきたんだよ。」

146 :名無し職人:02/07/16 01:37
Q.ブッシュのは小さくて、ゴルバチョフのは長い。
マドンナはなくて、聖職者は決して使わない。
さて、これは何でしょう?




A.ラストネーム

147 :名無し職人:02/07/16 03:36
>>145
似たようなの知ってる。

「楽しい旅行から帰ってきたよ。義理の母親を空港まで送ってきたんだ。」

148 :ネタ:02/07/16 04:31
夜勤をいつもより早めに切り上げ家路に着いていた夫。
家の近くまで来ると前に行列が出来ているではないか。

妻の身に何か起きたのかと思い、人をかき分けて行こうとすると、
一人の男に捕まれこう言われた。

「おい、順番は守れよ」

149 :名無し職人:02/07/16 10:24
>>135 & >>148 ワロタ age

150 :ナマステ:02/07/17 01:10
すごく貧しい男がいたんだ。ある日、男は靴を一足だけ履いて歩いていたのさ。
僕は「どうしたの。一足失くしちゃったのかい?」って男に言ったんだ。
そしたら、その男はこう言ったんだよ。
「いや。一足見つけたのさ。」

151 :奇書:02/07/17 01:28
>>143 GMさんへ

自動車王ヘンリー・フォードが天に召された時、天国の門で神様が質問をしました。
神「あなたは生前、どの様な事をしたのですか?」
F「自動車を大量に普及させました。ソレにより世の男性は『乗る楽しみ』を満喫しています」
神「男性の『乗る楽しみ』ならば私は女性を創造しました」
F「いや、アレには重大な設計ミスがありますよ」
神「私に限ってミスはない。君の言うミスとはどんなことだね?」
F「肝心なカギ穴と排気口が近すぎですよ」

152 :名無し職人:02/07/17 01:31
阿刀田高のブラックジョーク集から。
うろ覚えなので違う部分もあるかと。

令嬢「写真屋さん、私の一番チャーミングなところを撮ってね」
写真屋「…貴女はその上に腰掛けているのですよ」

153 :ナマステ:02/07/17 02:00
間違えました。いやぁ、参りました。

すごく貧しい男がいたんだ。ある日、男は靴を片方だけ履いて歩いていたのさ。
僕は「どうしたの。片方失くしちゃったのかい?」って男に言ったんだ。
そしたら、その男はこう言ったんだよ。
「いや。片方見つけたのさ。」

154 :名無し職人:02/07/17 03:37
久しぶりに出会ったジョンとトムが、コーヒーショップの窓際の席で話をしていた。
すると通りの向こうから二人の女が歩いてきた。
「あれ、オレのかみさんと愛人が一緒に歩いてるよ!」とジョンが驚いて声を上げた。
すると、トムは首を傾げながらこう言った。
「おかしいな。オレも同じことを言おうとしたんだけどな」

155 :ナマステ:02/07/18 01:31
私の息子はいつも頭が痛い頭が痛いって文句ばっかし言うのよ。
だから息子にいつもこう言うの。
「ベッドから起きるときは足から降りるの!」



156 :ナマステ:02/07/19 03:04
もしGHがHiccough(しゃっくり)のようにPの発音を表せるなら、
また、もしOUGHがDough(パン等の生地)のようにOの発音を表せるなら、
また、もしTHがThailand(タイ)のようにTの発音を表せるなら、
また、もしEIGHがNeighbour(隣人)のようにAの発音を表せるなら、
また、もしTTEがGazette(新聞)のようにTの発音を表せるなら、
また、もしEAUがPlateau(高原)のようにOの発音を表せるなら、

Potatoは次のように書けるでしょう:GHOUGHTHEIGHTTEEAU

157 :キャンペーン当選:02/07/19 15:12
カリフォルニア州安全キャンペーンで、シートベルトをして走行していたドライバーがパトカーに止められた。
彼が安全キャンペーンで選ばれ、賞金5000ドルを獲得したからだ。

警官   おめでとう。賞金は何につかいますか?
運転手  そうだな、まず運転免許を取るよ。
警官   なんだって?
助手席  この人、飲んでると分けわかんなくなるの。
後部席  (寝ていた男が起きだして) ああ、捕まったか。この車たったいま盗んだところなんだ。

そのとき、トランクの中からスペイン語で

「もう国境は越えたか?」


158 :名無し職人:02/07/19 15:18
>>157

ワラタw

159 :名無し職人:02/07/19 15:36
安全キャンペーンってなんやねん(w

160 :名無し職人:02/07/19 22:21
某三流私大と東北大と東大の3人の動物学者が話をしていた

三流「いやぁ〜最近のカラスは賢いねぇ、この前カラスがゴミ袋にかかっていた網を取ってゴミを漁っているのを見たよ。」
東北「私はクルミをトラックに砕かせてから食べているカラスを見ましたよ、アレは賢いと思いましたよ。」
東大「私なんてもっと賢いカラスを見ましたよ。日本一地価が高い銀座の通りの木に巣を作って住んでいるんですよ。」



161 :ナマステ:02/07/20 02:35
BREAKFAST.COMがダウンしちゃったようだよ。
だって、シリアルポートの反応が無いんだもん。

162 :ナマステ:02/07/20 02:39
アップグレードの定義:
古いバグを取り除いて、新しいバグを入れること。

163 :ナマステ:02/07/20 02:47
空港で荷物を預ける時、チェックインカウンターの係にこう尋ねたんだ。
「荷物は3つあるんだが。この荷物をニューヨークに、これをロスに、
そしてこれはマイアミに送ってくれないか?」
そしたら係の人は
「荷物は到着地にしか運べませんよ」
っていうんだよ。
だからこう言ってやったんだ。
「だって先週はできたじゃないか」

164 :第四住宅:02/07/20 22:48
GMとトヨタが一台ずつ持ち寄って燃費レースを行った。
結果はトヨタの圧勝であった。
がしかし、レース直後にトヨタが恐縮そうにGMにレース
のやり直しを申し出た。
「GMさん、大変申し訳けございません。当方はサイドブレーキを
引いたまま走行しておりました。」

165 :C:\Windows:02/07/21 01:24
歯医者にで
患者「親知らずが痛むんです、面倒だから抜いちゃって下さい」
医者「じゃ、手摺りにつかまってふんばってて下さいね、・・・せーのっ」
 ガポッ
医者「おっと、失礼、頭蓋骨ごと抜けちゃったいました」

166 :ナマステ:02/07/21 02:02
ブロンドの女二人がそれぞれ湖の対岸にいた。
ブロンドの一人がもう一人にこう叫んだ。
「どうやってそっちにいったの?」
そしたら対岸にいたブロンドがこう答えた。
「あなたが対岸にいったからよ」

167 :ナマステ:02/07/22 23:55
テストがある限り、学校は教会でもある。

168 :ニッケル馬鹿:02/07/23 00:11
俺もワイフも白人だってのに生まれた子供は黒人だったんだよ。
ワイフに問いただすと、「人工授精のミスじゃない?」だってよ。
俺は精子を提供した覚えはないぞ。
誰と人工授精したんだよ。

169 :名無し職人:02/07/23 13:20
あげってんのー

170 :名無し職人:02/07/23 13:29
「何で息子をリチャードと名付けたんだい?」
「俺のティムポのように逞しくなってほしいからさ。」

171 :♪おおかみなんて:02/07/23 23:24
ビル・ゲイツにインタビュー。
記者「社名をつけたのは誰ですか?」
ビル「当時のガールフレンドだよ。ボクの息子につけたあだ名だったんだ」

172 :ナマステ:02/07/24 01:13
お前は本当に間抜けだな。
だって、反対側がどうなってるか調べるなんて言って
ガラスの壁を乗り越えたんだからさ。

173 :名無し職人:02/07/24 03:14
ある医者のところへ夜、女性から電話がかかってきた。「先生、うちの子がコンドームを飲み込んじゃって大変なんです」 
「わかりました。今から行きますから」   
医者が出かける支度をしていると、再び電話が鳴った。 
「あ、先生。来て頂かなくて結構です。別のが見つかりましたから」

174 :ゆたお:02/07/24 03:27
オジーオズボーン親子の会話
息子「ダディ、僕、自分の名字のスペルがなかなか覚えられないんだよ」
オジー「辞書を持ってきて「O」の項を見ろ。1ダースくらい載っているだろう」

175 :イギー:02/07/24 03:40
ナマステのネタは、半分くらい解らん。
なるほど、と言えるのもあるけど、説明不足も多い。
ネタ考えた自分では解っているのかも知れんが、どうも伝わらな
い。
とりあえず、163 167 172を説明してくれ。

176 :名無し職人:02/07/24 05:46
ナマスーテじゃないが、簡単に説明しちゃうと
163は航空会社の荷物ミス、つまり到着地じゃないところに持っていっちゃうミス
の皮肉で、
167はよくわらん
172はガラスという表裏同じでしかも既に見えているという事がポイント
じゃないか。

177 :名無し職人:02/07/24 20:12
>167はテストの答案が帰ってくるたびに生徒が「赤点じゃありませんように」って
神様に祈るのを教会とかけたんじゃないの?

178 :ナマステ:02/07/24 23:59
懺悔の時のエチケット

新米神父は人々の懺悔を聞くのにビクビクしていた。それで、新米神父はベテラン老神父に
告白の時に側に居てくれるよう頼んだ。
新米神父がある夫婦の告白を聞いていると、ベテラン老神父は新米神父に
その夫婦に助言をするため、告解聴聞席に進み出るよう言った。

ベテラン老神父は「胸にクロスを描き、もう一方の手で顎を軽くこすりなさい」
と助言した。

新米神父はベテラン老神父の助言通りにやった。
ベテラン老神父は新米神父にさらにこう助言した。
「さぁ、こう言うんだ。"なるほど","そうですか","さぁ話を続けて",
"その気持ち分かりますよ"、"そのことについてどう思ったのですか?"、と。」

新米神父は助言通り従った。そしてベテラン老神父がこう言った。
「どうだい?私の助言通りにすることは、こう言うよりましじゃないか?
”まぁそう慌てないで。それからどうなったのよ?”」


179 :ナマステ:02/07/25 00:11
ある夫婦には4人の男の子がいたが、ちょっと奇妙な点があった。
それは、上の3人の子は、赤毛で、肌の色も明るく、背が高かったが、
一番下の子は黒髪で、目の色も濃く、そして背が低かった。

やがて父親は病気になり、危篤の床となったおき、妻に向かって
こう言った。「最愛なる妻よ、私が死ぬ前に正直に言ってくれ。
本当に一番下の子は私の子なのかい?」

妻はこう答えた。「神に誓って言います。あの子はあなたの子ですよ。」
それを聞いて、安心したように夫は息を引き取った。
そして妻はこう呟いた。
「神様ありがとう。夫は上の3人の子については何も聞かなかったわ。」

180 :告白:02/07/25 19:50
男が懺悔席に入っていった。

男  祝福をお与え下さい神父様、罪を犯しました。私は女と通じてしまいました。
神父 それは本当のことか?
男  はい、神父様。
神父 だれと通じたのだ?
男  言えません。彼女の評判を落としたくないからです。
神父 うむ。言わなくてもすぐに分かることだ。今告白したほうがいい。ブレンダ・オマリーか?
男  言えません。
神父 パトリシア・ケリー?
男  言うつもりはありません。
神父 リズ・シャノンか?
男  ごめんなさい。言えません。
神父 キャシー・モーガンか?
男  絶対言えません。
神父 ではフィオーナ・マクドナルドか?
男  お願いです神父様、言うことはできません。
神父 (イライラして)そうか、君の強情さには感心したよ。でも罪は罪だ。償わなければならない。
   3ヶ月の教会の出入りを禁ずる。さあ、席に戻りなさい。

男が長椅子に戻ると友達がにじり寄ってきた。 「で、どうだった?」

「いやあ、3ヶ月の休みをもらって、5人のヤラせてくれそうな女がわかったよ」

181 :名無し職人:02/07/25 20:36
>179
自分が知ってるのは、オチが
「安心して、一番下の子だけはあなたの子供よ」
ですた。

ちなみに阿刀田高ね。

182 :名無し職人:02/07/25 22:44
ナマステ氏のネタ結構好きなんだが原典は何?

183 :名無し職人:02/07/25 23:15
原典は減点。

184 :名無し職人:02/07/25 23:26
コンピュータコンサルタントを務める女性が、
セクハラ男のコンピュータ設定を手伝っていた。

彼女はセクハラ男に、ログインに使用する
パスワードは何にするかと訊いた。

この男は、彼女を困らせてやろうという魂胆で、
「penis」と入力しろと言った。

瞬きもせず無言のまま、彼女はこの
パスワードを入力した。彼女は、
コンピュータの反応に笑い死にしそうになった。

”パスワードは無効です。短すぎます。”

185 :ナマステ:02/07/26 00:11
生徒:先生、何もしてないのに僕のこと叱ることあるの?
教師:そんな理不尽なことで怒ったりするわけないでしょ。
生徒:良かったぁ。先生、僕宿題してません。

(原点は昔にさかのぼります・・・まぁ、趣味ですな。)

186 :名無し職人:02/07/26 00:17
>>184
激藁!!

漏れもナマステさんのネタ好きだYO!

187 :名無し職人:02/07/26 00:21
>>180
すごい。秀逸。感心しました。

188 :ナマステ:02/07/26 00:49
技術用語解説

最新式コンピュータ: 高くて買えないコンピュータ

旧式コンピュータ: 今所持しているコンピュータ

マイクロ秒: 最新式コンピュータが旧式パソコンになるまでの時間

G4: 「すごい、数マイクロ秒前に同じ値段で買ったパソコンより4倍速いじゃん」
と言わせるアップルの新作マック

シンタックスエラー: パソコンショップにいって、"すみません。値段は問わないからパソコン買います。」と言うこと。

ハードディスク:特にシンタックスエラー後、コンピュータショップ店員が使う営業技術。

キーボード: コンピュータにエラーを発生させる標準装置。

マウス: コンピュータにエラーを発生しやすくする最新装置の一つ。

フロッピー: コンピュータ購入後の財布の状態。

ポータブルパソコン: 家に居るときでも、休暇中でも、旅行中でも
ビジネスマンを強制的に働かせる装置。

ディスククラッシュ: 重要書類提出最終日の典型的なコンピュータの反応

パワーユーザー: DOS画面からディスクフォーマットできる人

システムアップデート: コンピュータから全てのソフトを消す最も速い方法

189 :名無し職人:02/07/26 01:16
クウェートにおける男女の役割について記事を書いた、熱心なフェミニストの記者がいた。
それは湾岸戦争の何年か前のことだったが、当時のクウェートでは、妻は夫の3mほど
後ろを歩くのが当たり前だった。

その記者が最近クウェートに戻って来て気がついたことは、今度は夫が妻の何mか後ろを
歩いていることだった。驚きのあまり感動さえしてしまった記者が、理由を説明してもらおうと
一人の女性の方へ近づいていった。

「何年か前は妻は夫の後ろを歩いていたのに、今は夫が妻の後ろを歩いていますね。
本当に驚きました。一体どうして役割が逆転したのですか?」

クウェートの女性が答えた、「地雷よ」

190 :名無し職人:02/07/26 03:02
>>188
なかなか的を得ている。ワロタ

191 :名無し職人:02/07/26 05:01
>>189
うまいけどちょっと黒い・・・

192 :名無し職人:02/07/26 09:30

 農夫A:「最近は音楽界も豊作のようですねぇ」

 農夫B:「ほぅ、と言いますのは?」

 農夫A:「クラキ米に宇多田コシヒカル…なあんてなぁ」

193 :名無し職人:02/07/26 15:50
>>192
アメリカンジョークか?(笑)
うまいけど、日本的ダジャレだろ(゚▽゚*)

194 :名無し職人:02/07/26 15:55
クウェートで地雷?
湾岸戦争で地雷埋められたの?
なんか納得いかない・・・・ネタはうまいYO

195 :名無し職人:02/07/26 16:23
ある日のこと、一人の男が地獄に到着し、悪魔に出迎えられた。
悪魔はいくつかの罰の中から一つを選ぶことができると説明し、
これからそれぞれの案内をするという。

第一の部屋では、若い男が、鎖で壁につながれてムチで叩かれいる。                                               第一の部屋はでは、若い男が、鎖で壁につながれてムチで叩かれている。

第二の部屋では、中年の男が、火あぶりの刑を受けている。

第三の部屋では、年老いた男がゴージャスな金髪女性にお口で
ご奉仕してもらっている。

「これにします」と、男は声をあげた。

「よし」悪魔はそう答えると、金髪女性に向って歩いていき、
「オーケー」と言って彼女の肩をポンと叩いた。
「もう行っていいぞ。お前の代りが見つかった」

196 :名無し職人:02/07/26 17:24
「こちら機長。当機はロッキー山脈の上空を順調に飛行しています
 快適な空の旅をお楽しみ下さい」

副機長「今日は気流も安定してますし、楽なフライトですね」
機長 「そうだな。ここでコーヒーブレイクにするか。スチュワーデスの
    キャシーに熱いコーヒーを頼もう」
副機長「キャプテン知ってました。彼女、結構なヤリマンだって。特に
    あのかわいいお口でするフェラは最高らしいっすよ」
機長 「じゃあ、コーヒーブレイクのついでに、ちょっと、下の方の世話も
    お願いするか」
副機長「さすがに勤務中はまずいっしょう」
機長 「それもそうだな。あっはっは」

マイクを切り忘れ、お馬鹿な会話が機内に筒抜け。
血相を変えて、操縦席に向かうキャシーに客がひとこと

「コーヒー忘れんなよ」


197 :名無し職人:02/07/26 18:24
ある日のこと、一人の男が地獄に到着し、悪魔に出迎えられた。
悪魔はいくつかの罰の中から一つを選ぶことができると説明し、
これからそれぞれの案内をするという。

第一の部屋では、若い男が、鎖で壁につながれてムチで叩かれいる。

第二の部屋では、中年の男が、火あぶりの刑を受けている。

第三の部屋では、糞便の沼に首まで漬かった男達が煙草を吹かしている

男(臭いさえ我慢できればコレが一番マシだな・・・)
「これにします」と、男は声をあげた。

「よし」悪魔はそう答えると、男を糞便の沼に入れた
男が早速煙草を吹かそうとすると悪魔はこう言った
「さぁ 休憩は終わりだ 沈め沈め」


198 :ペンギン職人:02/07/26 18:39
ある朝、牧師は手紙を受けとった。
封筒の中に入っていた1枚の紙をとりだすと、
そこにはたったひと言だけ書かれていた。
「バカ」と。

次の日曜日、彼は説教のなかで知らせた。
「手紙の中身は書いたのに名前を忘れてしまう人はたくさんいます。
しかし今週、名前は書いたのに中身を書き忘れてしまった人から
手紙を受けとりました」

199 :じょーだん:02/07/26 19:16
ある映画の撮影風景。

監督「じゃぁ、次のシーンはここから飛び降りてもらえるかな?」

俳優「えっ!?ここから?死んじゃいますよ!!」

監督「大丈夫。これがラストシーンだから。」

HAHAHA〜

200 :名無し職人:02/07/26 19:35
つまんねー

201 :名無し職人:02/07/26 19:43
>200 だじゃれ専門か?

202 :名無し職人:02/07/26 20:29
>>195,>>197よく考えると1、2よりはマシなワナ

203 :名無し職人:02/07/26 20:32
>>202
>>197は世界の北野武のネタだよ

204 :名無し職人:02/07/26 21:13
母親「300円持ってお店へ行き、30円のお菓子を買いました。
   さて、お釣りはいくらかしら?」
子供「えーと・・・70円」
母親「どうしてそうなるの!300-30だから270円でしょう?」
子供「ごめんなさい、ママ・・・。でも、僕300円玉持ってないから・・・」

205 :名無し職人:02/07/26 21:32
トニー「へーイ!みんな来いよー」
ママ 「ノウ・ノウ・ノウ!トニー、カムヒヤーなんて言ッちゃダメ」
トニー「じゃあなんていうの?」
ママ 「プリーズカムヒヤーよ。みんな来てちょうだい。来てもらうんだから
    当然でしょ?」
トニー「わかったよ。ママ」
その晩、夫婦の寝室からは・・
   「オマイガッ!カム!カム!オ〜ゥ!」
トニー「ママのうそつき・・」

206 :名無し職人:02/07/26 23:17
>>195

爆笑問題の太田のネタやね。(確かクリントン大統領が不倫騒動を起こした頃のハズ…)

207 :名無し職人:02/07/27 00:22
「あなた!また賭事やってるんじゃないの?!」
妻のジェーンはウンザリした態度で言った
「何言ってるんだよ、もうキレイさっぱり足を洗ったよ」
と、夫のマイクが返す
「今度こそ、本当に本当でしょうね!?」
「本当だよジェーン、嘘だと思ったら僕が賭事をやめたかどうか賭けるかい?」

208 :名無し職人:02/07/27 00:23
あるところに、魔女に蛙の姿に変えられてしまった王子がいた。ある夜、王子は天のお告げを聞いた
「貴方のことを全て知りたいという美女に遇うことになるでしょう」
「おお!それはパーティーでですか?」
「いいえ」
「では、ナイトクラブでですか?」
「いいえ」
「それでは何処で?」
「来年にも彼女と会うでしょう。生物実験室で」

209 :名無し職人:02/07/27 00:23
社長秘書のキャサリンは、社長のビルに誘われるがままにホテルについていった。いざ、というときにキャサリンはあることに気付いた
「髪は真っ白なのに、あそこのは真っ黒なのね」
とが言うと、ビルの返して曰く
「そりゃ、ここには悩みがないからね」

210 :名無し職人:02/07/27 00:24
草木も眠る丑三つ時に、貧乏暮らしのジミーの家に泥棒が入った。物音に気付いたジミーが目を覚ますと、泥棒がピストルを頭に突きつけ言った
S 「騒ぐんじゃねぇ。俺がアンタの金を漁っている間に、騒いだりしたらドタマぶち抜くぜ!」
J 「何だって!!」
J 「それなら、ボクも一緒に探そう 」

211 :名無し職人:02/07/27 00:25
スリのデニスが捕まったので、留置所に仕事仲間のケビンが面会にやってきた
K 「立派な弁護士を頼んだから、もう大丈夫だ」
D 「かたじけねぇ。でも、高かったろ」
K 「手付けにロレックスをくれてやったら、すぐ引き受けたよ」
D 「すまねぇなぁ、あんなに大事にしていた時計を」
K 「なーに、奴はもう持っちゃいねぇさ」

212 :名無し職人:02/07/27 00:26
テッドの妻メグが顔面に酷い火傷を負ってしまった。彼女には移植に足る皮膚がなかったので、外科医は夫の尻から皮膚を頂戴することにした。しかし、そのことをメグには知らせないことにした。
手術は見事に成功。メグは以前にも増して美しくなったようだ。メグは感謝の気持ちでいっぱいになっていった
「テッド、なんとお礼をいったらいいかしれないわ」
「メグ、当たり前のことをしただけじゃないか。それどころか君のお母さんが君の頬にキ
スをするとき、お礼を言いたいくらいだよ」

213 :名無し職人:02/07/27 00:27
遊び人のジェイクは結婚したというのに、いまだに遊び癖が抜けない。三日ぶりに家に帰ると、妻が凄い癇癪で待ち受けていた
「待っていた私の気持ちが分かる?もし、私の姿が何日間も見えなかったら、あなたはどうなの?」
「ああ、嬉しいね!」
調子に乗って、うっかり口を滑らせたジェイク。お陰で、それから数日妻の姿が見えなくなってしまった。漸く反省したジェイク、瞼の腫れが引いてきて妻の姿がおぼろげに見え始めた

214 :名無し職人:02/07/27 00:29
J 「よう、サム。昨日泥棒に入られたんだって?」
S 「ああ、ジョー。バーで酔いつぶれている間にな」
J 「で、泥棒は何をもってったんだ?」
S 「顎は外れ、歯は六本も折られ、肋骨まで折られた始末さ」
J 「・・・」
S 「かみさんが、俺が酔っ払って帰ってきたのと間違ったちまったんだ」

215 :名無し職人:02/07/27 00:32
テッドが婚約指輪を買いにいった
T 「名前を彫って欲しいんだ」
J 「どのようにお彫りしましょう?」
宝石商が尋ねると、
T 「そうだな。『メアリーへ愛を込めて テッドより』と彫ってくれ」
すると、宝石商は慣れた感じで言った
J「悪いことは申しません、。『テッドより愛を込めて』とだけになさいませ」

216 :名無し職人:02/07/27 00:34
真面目な警官ボブは、猛スピードで走り抜けようとしたスポーツカーを停止させた。中からでてきたのは、車同様真っ赤なドレスに身を包んだタカビーな感じのブロンド
「免許証をお見せください」
「まあ!ロサンゼルス市警ってなんていいかげんなの!大体、やってることに一貫性がなさすぎるわよ。昨日は免許証を取り上げたくせに、今日は免許証見せろだなんて!」

217 :名無し職人:02/07/27 00:36
アメリカンジョーク
「乗客の皆様にお知らせ致します。良いお知らせと悪いお知らせがあります。まず、悪いお知らせからですが、エンジンが完全に停止してしまいました。為す術もございません。
復旧の目処も立っておりません。次に良いお知らせですが、これは飛行機ではではありません。電車です。」

218 :名無し職人:02/07/27 00:41

:ノックノック
:フーイズ?
:健二の父の間です
:健二の父の間、フー?
:♪間健二(ファーザーマッケンジー・by、ビートル)


219 :名無し職人:02/07/27 00:51
ワシントン・ポストだ JULY / 1998

220 :名無し職人:02/07/27 01:04
ノックノック
フーズ ゼアー?
エイブ
エイブ フー ?
Abe、C D E F G H........

221 :名無し職人:02/07/27 01:05
甘酸っぱい、腐ったような匂いをした男が地下鉄のシートにどすんと座る。
その隣には司祭が座っている。
男のネクタイは汚れ、顔は口紅で赤く、破れたコートのポケットからは半分ほど
入ったジンのボトルがのぞいている。男は新聞を広げて読み始める。
いばらくすると、このだらしない男は司祭の方に向いて言う、「なあ、神父さん。
関節炎っちゅうのは、どうすりゃぁなおるんだね?」

「あなた関節炎はね、だらしない生活をして、安いひどい女とつき合って、
アルコールを飲み過ぎて、隣人をまったく無視していると、そうなるんですよ」

「へえ、そりゃ驚いた」、酔っぱらいはつぶやき、また新聞を読み始める。

言い過ぎてしまったと考えた司祭が肘で男をつついて言う。

「すまなかったね。そんなきつい言い方をするつもりじゃなかったんだが・・。
で、いつから関節炎を患っているのかね?」

「いや、俺じゃないんだ、神父さん。この新聞に、ローマ法王が関節炎だって出てたんでね」

222 :♪おおかみなんて:02/07/27 02:02
「神父さんよ、俺の罪を許してくれるかい?」
「もちろんです。なにを犯したのか正直に言いなさい」
「それは勘弁して下さい」
「かまいませんよ、迷える子羊」
「なんで子羊ってわかったんだよ?!」

223 :ナマステ:02/07/27 04:17
ブロンド女が図書館に行き、元気な声で図書館員にこう言った。
「こんにちは〜、ちょっと先生に診てもらいたいんですが」
図書館員は静かな声で、「お嬢さん、ここは図書館ですよ」と忠告した。

するとブロンド女は声を低くし「あっ、すみません」と言い、
こうささやいた。

「ごめんなさい。ちょっと先生に診てもらいたいんですが」

224 :名無し職人:02/07/27 10:50
トム「おい、すごいじゃないか!君の犬が新聞を読んでるよ!」
ボブ「そんな訳無いだろう?所詮犬だからさ。
   こいつは4コマ漫画を読んでるだけさ」

225 :ナマステ:02/07/28 00:58
ペートとラリーは数年振りに出会った。会っていなかった間を埋めるため
彼らは今の自分たちの生活等について語り合った。そして、ペートはラリー
に新しく引っ越したアパートに遊びに来るよう誘った。

ペート「僕には妻と3人の子供がいるんだよ。是非、遊びに来てよ。」
ラリー「是非行かせてもらうよ。どこに住んでるんだい?」

ペート「これが住所さ。アパートの後ろには大きな駐車場があるよ。
そこに車を駐車したらアパートの入り口まで回って、入り口のドアを
蹴って開けてね。中に入ったら、エレベーターの所に行き左肘で
ボタンを押してエレベーターに乗ってね。6階で降りたら、廊下を
進んで僕の名前があるドアまで来て、右肘でドアベルを鳴らしてよ。」

ラリー「分かったけど、なんでそんなドアを蹴ったり、肘でボタンを押したり
しなきゃいけないんだい?」

ペート「そりゃもちろん、君の両手がふさがってるからさ。」

226 :ナマステ:02/07/28 01:48
何故私はこんなに疲れているのだろうか?
数年間、それは鉄欠乏性貧血だったり、ビタミン不足だったり、食生活や、
その他多くの持病のせいかと思っていた。
今、やっと本当の原因を見つけた。それは働き過ぎということだ。

この国の人口は2億3,700万だ。その内、1億400万人は退職者だ。
ということは、1億3,300万人が働いている。

そして8,500万人が学校に通っている。すると4,800万人が働いていることになる。

2,900万人が連邦政府関係者だ。すると、1,900万人が働いていることになる。

400万人が軍関係者だ。すると、1,500万人が働いていることになる。

この数から、国や地方公務員14,800,000人を引くと200,000人が働いていることになる。

それから188,000人が病院にいる。すると、12,000人が働いていることになる。

そして、11,998人が刑務所にいる。するとたった2人が働いていることになる。

あなたと私だけだ。

227 :ガルバリウム:02/07/28 02:12
ついに中国とロシアの戦争が勃発した。
開始一週間で、ロシアは圧倒的な戦力で中国人の兵士20万人を捕虜とした。
それから一週間後、さらに50万人の兵士を捕虜とした。
ロシアは中国に通告した。「降伏せよ。」

中国から返答があった
「降伏せよ。さもなくば来週中に少なくとも1000万人の捕虜を送り込む」

228 :名無し職人:02/07/28 02:30
>>226
激しく意味解らぬ。

229 :ガルバリウム:02/07/28 03:29
米同時多発テロの翌日、中国の首相がブッシュ大統領に電話をかけてお見舞いを言った。
「大変な悲劇でしたね。いろいろお困りでしょう。
 わが国にできることがあれば何でも言って下さい」
「はい、ありがとうございます」
「ブルドーザーが足りないなら、こちらにはたくさんあります」
「はい、ありがとうございます」
「ガレキを埋める場所がないなら、こちらには広い土地もあります」
「はい、ありがとうございます」
「ペンタゴンの機密書類が見つからないなら、こちらにはコピーもあります」

230 :ガルバリウム:02/07/28 03:35
列車の4人用の椅子に、クリントン元大統領、ブッシュ現大統領、
ナイスバディのブロンド美女、とんでもなく太ったおばさん、この4人が座っていた。
列車はトンネルに入ったが、同時に車内の灯りも消えて真っ暗になった。
その中でピシャッという大きな音がひとつ。
トンネルを出てみると、クリントンの頬にひっぱたかれた痕があった。
美女は思った。
『クリントンがあたしをさわろうとしたのね。
 なのに私と間違っておばさんをさわってひっぱたかれたんだわ』
おばさんは思った。
『どうせクリントンがあの若い娘をさわろうとしてひっぱたかれたんでしょ』
 クリントンは思った。
『ジョージが若い娘をさわろうとしたんだな。
 でも彼女はジョージと間違って僕をひっぱたいたわけか』

ブッシュは思った。
『またトンネルがあるといいなあ。ビルをもう1回ひっぱたける』

231 :ミドリレンジャー:02/07/28 21:10
ニューヨークにいる教授が電話をうけると電話交換手が言った
「ロサンゼルスから長距離電話がかかっています。」
すると教授は
「ロサンゼルスからだって?なら長距離なのはあたりまえだろう」
と言って電話を切った。

232 :名無し職人:02/07/28 22:07
>>229-230 誰でも知ってるスタンダード版 ごめんね

233 :名無し職人:02/07/28 23:29
個人的に名スレの予感

234 :名無し職人:02/07/28 23:31
※ジョン・レノンが殺された当時のもの

あと三つの弾丸で再結成さ

235 :名無し職人:02/07/28 23:33
>>228
役人は働いてないってことじゃないか

と激しく推測してみる

236 :ナマステ:02/07/29 01:14
ブロンド女2人が道を歩いていた。
一人のブロンド女が
「ほら見て!一つ目の犬が歩いているわ!」
と言った。
すると、もう一人のブロンド女が片目を手で隠してこう言った。
「どこ?」

237 :名無し職人:02/07/29 01:27
親類が事故にあったとする。それは不幸であるが惨事ではない。
ビルゲイツが事故にあったとする。それは惨事であるが不幸ではない。


238 :ナマステ:02/07/29 01:35
あるアメリカ人が日本に出張に来た。しかし彼は日本料理が大嫌いだったので
ホテルの接客係にアメリカ料理が食べれるところは無いか聞いた。

接客係は最近オープンしたばかりの配達もしてくれるピザレストランを紹介し、
彼にピザレストランの電話番号を渡した。

部屋に戻った彼はすぐに電話でピザを注文した。
30分後、ピザ配達員が注文したピザを持ってやって来た。
彼がピザを取るとクシャミが止まらなくなった。
「おいっ、一体ピザに何をのせたんだ!」

するとピザ配達員は深々とお辞儀してこう言った。
「お客様がご注文された通り、ペッパーオンリーでお届けしました。」

239 :名無し職人:02/07/29 01:45
あるプログラマーが死んだ。
彼が天国に行くか地獄に行くか、天使は本人に希望を聞いてみたところ、
それぞれどんなところか見てみたいというので、見せることにした。
最初に天使が連れて行った場所は、太陽の光がふり注ぐビーチで、
みな楽しそうにしていた。「ここが天国か?」「いいえ、地獄です。」
次に連れて行った場所はとある公園で、みなのんびりとすごしていた。
「ここは?」「ここが天国です。」
「わかった。俺は地獄に行きたい。」
天使は「わかりました。希望どおり地獄にお連れしましょう。」と言うと、
プログラマーを炎の中に投げ入れた。プログラマーはあまりの
熱さで苦痛に顔をゆがめながら「あのビーチはどうなった?」と聞いた。
すると天使はこう答えた。「あれはただのデモですから。」

240 :在日邦人:02/07/29 02:02
社長:今日、君はノーパンなのか。
秘書:セクハラで訴えますよ、社長。でもどうして分かったんですの?
社長:スカートをはいとらんじゃないか。

241 :名無し職人:02/07/29 06:04
>>238
今度は分かったかも。ペッパーオンリーとペパロニをかけてるんだな?

242 :ナマステ:02/07/30 01:10
結婚式に参加していた小さい女の子がお母さんに聞いた。
「ねぇ、どうしてお嫁さんは白いドレスをきているの?」
「それはね、幸せだからよ。」

結婚式も半分に差し掛かったとき、女の子はお母さんにささやいた。
「お母さん、お嫁さんは幸せだから白いドレスを着ているんでしょ。
じゃあ、どうしてお婿さんは黒い服を着ているの?」

243 :C:\Windows:02/07/30 01:13
>>242 意味はわかるが趣旨がわからん

244 :ナマステ:02/07/30 01:18
Q:ブロンド女が911をダイヤルできない理由は?
A:11を見つけれないから。

245 :名無し職人:02/07/30 01:30
911って何の番号?

246 :名無し職人:02/07/30 01:50
女子大生が一人放校になった。授業中にポーランドのソーセージをくわえたためである。むろん、そのポーランド人学生も退学させられた。


247 :名無し職人:02/07/30 01:53
>>245
レスキュー

248 :245:02/07/30 02:01
>>247
センキュー

249 :ナマステ:02/07/30 22:33
ある老人がハイウェイを運転していた。
その時、妻が心配そうな声で彼の携帯に電話を掛けてきた。

「あなた、気をつけて。ルート280号線を逆走している狂った男がいる
ってラジオで言ってたわよ。」

老人は「ああ、知ってるわい。でも、一台だけじゃないんだよ。
何百台という車が逆走してるんだよ。困ったもんだ。」

250 : ◆eFk6VeoM :02/07/30 22:38
>>243
男にとってケコーンは人生の墓場。
葬式で着る喪服の色は?

251 :名無し職人:02/07/31 00:36
トム「HAHAHAHAHA!!」

ジョン「HA〜HAHAHAHAHA!!!!」

252 :C:\Windows:02/07/31 01:15
>>250 解説 サンクス
 その意味はわかるのだけど、お笑いネタとして書く価値があるのかナァ?と。
 いやそれともアメリカンジョークっちゅうのは本来この手合いのモンなの?

253 :名無し職人:02/07/31 01:18
>>249
これこれ!
こういうのがアメリカンジョーク!

254 : ◆eFk6VeoM :02/07/31 01:28
>>252
寝る前にマジレス
「アメリカンジョーク大全」(だったかな?)って本持ってたけど、こんな感じだったよ。
原文翻訳しながら自分で読むのとまた違うだろうし風習とかスラングなんか知らないと面白くないのもあるし・・・
正直、日本人の僕にはつまらないのも多い(あくまでも僕の感性の問題)
ナマステさんのは結構好きだけどな。
とは言えブロンド女が11を見つけれないってのが分からないや(T_T)
誰か解説しれ!

255 : ◆eFk6VeoM :02/07/31 01:30
すみません
>>244が気になるので解説を期待してあげさせてもらいます。

申し訳ない

256 :碁ワールド:02/07/31 01:41
911をダイヤルするためには、ダイヤルの9に指を入れて回し、
ダイヤルの1に指を入れて回し、またダイヤルの1に指を入れて
回す。これが普通です。
しかし、9の後で、1を見つけることができないくらいの**だ、
という意味ではないでしょうか。

257 :名無し職人:02/07/31 01:45
いや〜この前、友達とオセロしましてね
え?勝ちましたよ
いつでも黒は負けるものですよ
ここアメリカではね・・・
HAHAHA

258 :名無し職人:02/07/31 01:51
911の11を二桁だと思ったって事かい?

259 :C:\Windows:02/07/31 02:11
アメリカでは頭の回転の速さを髪の毛の色で推し量る変な習慣がある
黒、赤、ブロンドの順に良い。

260 :名無し職人:02/07/31 02:16
「娘よ、昨日の夜、デパートの前でキスしていた若者は一体誰だね?」
「何時くらいの事?お父さま」

261 :C:\Windows:02/07/31 02:32
店員 「お飲み物は何になさいますか?」
日本人観光客「カルピス!」
店員 「Cow pis ? (牛の小便)」

262 :名無し職人:02/07/31 02:45
 無人島に二人の男が流れ着いた。
 5年後、彼等は無事救助されたが、互いに一言も口をきいていなかった。
 彼等は英国人だったのである。
 二人では紹介役がいない。

263 :名無し職人:02/07/31 02:52
 クリスマス。
 彼女の部屋でベッドを共にしていると、父が突然ドアを叩いた。

 「たいへん、ビル! すぐにこの窓から逃げて!」
 「でも、ここはマンションの13階だよー」
 「クリスマスだからって、縁起かついでる場合じゃないでしょ」

264 :名無し職人:02/07/31 03:33
>>235
亀レススマソ。
解説サンクス、と言いたいトコロだが、あの内訳だと職持ってい
る人間は全て役人か病院関係者か「あなた」か「私」のいずれか
になってしまうぞ?
そこもツッコミドコロなのだろうか?
やっぱり消化しきれない。

265 : ◆eFk6VeoM :02/07/31 07:11
おおっ!解説ありがとう>>256>>258
nine-eleven ってことですか・・・難しいやね

>>264もそうだけど、(アメリカ人に対して)外国人にはなんのことやらわからないネタが多いんだろうな。
ある意味、アメリカ社会でしか通用しないのがアメリカンジョークだったりして。

266 :名無し職人:02/07/31 08:12
>>265
そうですな。アメリカ人は911を9-11と分けて覚える。
日本だと110を1-10として覚えているのと同じですね。
アメリカンジョークはやはりアメリカ文化や英語が元になってるから、
分かり難いジョークは多いと思いますね。日本に来ると、純粋な笑い
というよりも、どこが面白いか分析する要素が追加されてなんかクイズみたいな
感じですね。

267 :名無し職人:02/07/31 10:05
ここ良スレなインターネットですね

268 :名無し職人:02/07/31 21:00
アメリカンジョーク以外にもイタリアンジョークとか
フレンチジョークとかあるのかなぁ?

269 :名無し職人:02/07/31 21:04
イタリアンジョーク:
女性をナンパする為に行列を作る。

270 :名無し職人:02/07/31 22:19
こないだ友人のトムとジョンでランチを食べに行ったんだ
ミーはカレー、トムも同じ物を頼んだ
そしてジョンはこう言った「おいしいカレーをください」
その日はジョンは帰ってこなかった




271 :名無し職人:02/07/31 22:44
訴訟大国アメリカのとある街角、大きな弁護士事務所の前で人がはねられた。
瀕死の被害者に我先にと駆け寄る弁護士達。
真っ先に被害者を抱き起こした一人の男が言った「あなたの弁護は私が引き受けます!」
すると残りの男達が口々にこう言った「ちぇっ、もう契約成立か。帰るぞ!」

272 :ナマステ:02/07/31 23:36
小さな男の子がバスに乗りドライバーの隣に座った。
そしてドライバーの向かってお喋りを始めた。

「僕のお父さんが雄牛でお母さんが牝牛だったらね、僕は小さい雄牛なの。」
運転手は訳が分からず小さい男の子のお喋りにちょっとイライラしてきた。
小さい男の子は更に続けた。
「僕のお父さんが像でお母さんが女の像だったらね、僕は小さい小象なの。」

男の子はその後何度も何度も親と自分を動物にたとえ続けたので、
ついにドライバーは怒り、男の子に大きな声でこう言った。
「じゃぁ、お前さんのお父さんがゲイでお母さんが売春婦だったらお前さんは何なのさ。」

すると男の子は笑って、こう言った。
「僕はバス運転手なの。」

273 :ナマステ:02/07/31 23:46
2人のブロンド女がディズニーランドに車で向かっていた。
道の分岐点に差し掛かったとき、標識にはこう記されていた。
「ディズニーランドは左」(Disneyland Left.)
それで、ブロンド女は諦めて家に帰った。

274 :名無し職人:02/08/01 01:33
 ある牧場主が、種馬を借りることになった。
 好奇心にかられた牧場主の妻は、馬主にこう聞いた。
 「この馬は、いつも何頭位の牝馬を相手にするのでしょうか?」
 「週に5、6頭位ですかねえ、奥さん」

 妻はこの時とばかりに夫に言った。
 「ほらあ、週に5,6頭は普通なんだって・・・」
 牧場主を気遣った馬主は、とっさにこう付け加えた。
 「もちろん、同じ馬ばかりが相手じゃ無理ですがね」

お下劣でごめん。
 

275 :名無し職人:02/08/01 04:26
ブロンド女が、電気屋で気に入ったテレビを見つけた。「このテレビちょうだい」
店員:「失礼ですが、それはお売りできません」
自分がブロンドなので売って貰えないのかと思い、女はカツラ、色つきコンタクト
等で変装して件の店に戻った。「このテレビちょうだい」
でも店員の答は同じ。女:「どうしてなのよっ!!」
店員:「お客様、それは電子レンジです」

276 :名無し職人:02/08/01 04:43
ある教授が嘘発見器の椅子を開発した。その椅子は人が嘘をつくと座った部分が開き、嘘をついた人を床に放り出す仕組みになっていた。
若いブルネットの女性がこの装置のテストに呼ばれ椅子に座った。
教授が指示する。「何か自分のことについてしゃべってください」。
「私、こんな風に考えてるんだけど、私ってこの辺で一番の美人で...。ひょっとすると世界中でも一番の美...」、ここまで話した瞬間、椅子が開き、投げ出された彼女は尻もちをついてしまった。
ぷんぷん怒って出ていったブルネットに続いて入ってきたのは若いブロンドだった。
「そこに腰掛けて、何か自分のことについてしゃべってください」
椅子に腰掛けたブロンドが話し始める。「私、こんな風に考えてるん...」
その瞬間、突然椅子が開きブロンドは大きな尻もちをついてしまった。


277 :名無し職人:02/08/01 04:59
亀スマですが、244はオリジナルのほうが解りやすいかと。
Why do blondes always die before help arrives?
They can't dial 911 there's no eleven on a telephone.

278 :名無し職人:02/08/01 05:02
ブロンド女が君に手榴弾を投げつけてきた。さあどうする。
答:ピンを抜いてから投げ返す。

279 :名無し職人:02/08/01 05:08
ブロンド女と結婚するといいことは?
答:障害者用の駐車場が使える。

280 :名無し職人:02/08/01 05:10
「ブロンド女が小鳥を殺そうとしてたんだ」
「どうやったんだい?」
「崖から放り出したんだ」

281 :名無し職人:02/08/01 05:13
頭の良いブロンド女とUFOの共通点は?
答:聞いたことはあっても絶対に目撃できない。

282 :名無し職人:02/08/01 05:18
ブロンド祭の会場はここですか?

283 :名無し職人:02/08/01 07:05
>>277
アメリカンジョークには様々な種類があり作者も様々である。
実は同じジョークでも表現を変えたものがいくつか存在する。
表現が変えられたものはそれだけ有名なものだと言う事だ。
私はそのジョークのいろんなバージョンを見たことがある。
確か「ブロンド911」というタイトルが付いている有名なジョークだ。

284 :名無し職人:02/08/01 07:31
ブロンド娘のママは娘が出かけるときこういう。
「10:00にベッドの中に居なければ帰っておいで」

285 :名無し職人:02/08/01 07:33
ブロンド女の避妊法:茶色のカツラ。

286 :名無し職人:02/08/01 07:37
ナマステさんと同じ元ネタを私も読んでるような気が・・・

287 :名無し職人:02/08/01 09:25
チャイニーズが愛しのブロンド女にラブレターを書いていると ジャパニーズが話しかけた

ジャパニーズ「君は英語が全然駄目なのに 手紙なんか書けるのかい?」  
チャイニーズ「大丈夫だよ 彼女も読めやしないから」

288 :名無し職人:02/08/01 10:50
ブロンド女シリーズおもしろい。
もっとがんばって

289 :名無し職人:02/08/01 17:47
   役人「あなたはどちらの州のご出身ですか?」
ブロンド女「マサチューセッツよ。」
   役人「ではこちらの書類に自筆でお願いします。」
ブロンド女「あ、やっぱりアイオワ州だったわ。」

290 ::02/08/01 18:41
ここしばらくはブロンドを
茶化す話ばっかりですね。
合衆国以外でも、金髪って
そんな偏見を持たれてるのかな?

では、僕も一発。

教師「今日はモーセの話をしよう」
生徒「先生! 彼ってとんだ失敗をやらかしたんですよね」
教師「馬鹿野郎、モーセはヘブライ人をエジプトから
   脱出させ、パレスチナに定住させた偉大な人物だぞ」
生徒「パレスチナへ行かずに南下してごらんなさい。
   巨大な油田があったのに……」

291 :ナマステ:02/08/02 00:25
若い頃「偉大」な作家になるのが夢だと皆に語っていた男がいた。
「偉大」の定義は何かと尋ねられた男は、こう答えた。
「世界中の人々が読み、人々の深い感情を揺さぶり、絶叫させ、
悲しみ、傷み、怒りさえも与える、それが私が言う「偉大」だ」

現在、彼はマイクロソフトのエラーメッセージを担当している。

292 :ナマステ:02/08/02 00:41
アンナというブロンド女が瀕死の状態であった。
先日、彼女は乗馬をした。彼女は乗馬を楽しんでいたが、突然馬が暴れだし
彼女はコントロールできなくなった。彼女は必死に堪えたが、遂に彼女は馬
の背から投げ出されてしまった。運が悪いことに、この時彼女の足が馬の鐙
に引っかかってしまい、頭から地面に落ちてしまった。彼女の頭は馬が飛び
跳ねるたびに地面に何度も何度も叩きつけられた。彼女は助かる見込みを捨て、
意識を失いかけた時、ウォルマートのマネージャーがゆっくり歩いてきて、
プラグを外してくれた。

293 :名無し職人:02/08/02 02:04
>290元ネタが全部USAだからですよ。
さすがナマステさん、元ネタはもっと広いよと判るネタですね。

294 :名無し職人:02/08/02 02:12
>290 元ネタがみんなUSAだからですよ。

295 :名無し職人:02/08/02 02:17
2重カキコスマソ。 女性患者が精神科医に訴えた。「先生、私が隣の部屋に
居るときに、赤ちゃんがベビーベッドの柵を乗り越えて床に落ちるのでは
ないかと心配で夜も眠れないんです。どうしたらいいでしょう?」
「何、簡単なことです。敷いてあるカーペットを取ってしまいなさい。」

296 :名無し職人:02/08/02 02:31
入院中の友人を見舞いに行ったときのこと、とても可愛い看護婦が何人か
皆リンゴデザインのピンを身につけていた。一人にそれは何のおまじない
か聞いてみると、彼女はにっこり笑ってこう答えた。「何でもないのよ。
ただこれがあるとドクターが手を出さないんです」

297 :名無し職人:02/08/02 17:39
>296 解説希望

298 :名無し職人:02/08/02 18:58
ピンで刺すとか。刺さないとか。

299 :ナマステ:02/08/02 22:52
セントルイスにあるワシントン大学の医学生として、私は難しい物理の授業を受けた。
ある日、我々の教授が、中でも複雑な物理の概念について講義を行った。
その時、ある学生が無礼にも教授の話をさえぎり質問した。
「なんでこんな難しいことを学ばないといけないんですか?」
「命を救うためだ」と教授はすぐに答え、講義を続行した。

数分後、同じ生徒が、しつこくまた質問した。
「だったら、どうやって物理が人間の命を救えるんですか?」

すると教授はこう答えた。

「物理は君のような出来の悪い生徒を医学部から追い出せるからだ。」

300 :ナマステ:02/08/03 00:55
私の子供は最近インターネットに凝っています。
子供のデスクトップを見るとポストイットにパスワードをひかえているようです。

最近気付いたのですが、パスワードがディズニーに関連しているんですよ。
GoofyMickeyMinniePluto
ちょっと長いパスワードだと思って子供に長すぎやしないか聞いてみたんですよ。

「それはね」と子供は理由を説明しました。

「パスワードは最低4キャラクターじゃなきゃいけないんだもん。」

301 :名無し職人:02/08/03 02:09
>>300
ワロタ
そして300GETおめ

302 ::02/08/03 02:15
鬼畜米英! 水爆落とせ!

303 :名無し職人:02/08/03 04:27
天井の電球を取り替えるには何人のベルギー人が必要でしょう?

答え:5人。1人がテーブルにのり、残り4人がテーブルを回す。

304 : ◆eFk6VeoM :02/08/03 08:37
>>303
オランダ人ネタもキボンヌ

305 :名無し職人:02/08/03 18:27
「ジャパンの2KYen札というのは偽造が不可能だそうだな」
「だからなかなか流通しないんだ。マフィアが印刷をあきらめたからね」

306 :イェンドレッド:02/08/03 22:37
生物学の時間に教授が尋ねた。
「人間の体で興奮時に6.2倍に膨張する唯一の器官は何かね、
キャサリン」
キャサリンはモジモジしながら言った。
「どうして私がそんな質問に答えなきゃいけないんですか?」
教授は深い失望を浮かべて冷ややかにこう言った。
「正解は瞳孔だ。君が何を想像したか知らんが、
人生に過度な期待は禁物だよ」


307 :イェンドレッド:02/08/03 22:41
第二次世界大戦中、イギリスはドイツ軍による海上封鎖を
受け、窮地に立たされた。
それを伝えるイギリスの新聞の見出しにはこうある。
「ヨーロッパ孤立す!」

308 :オゾネスB3:02/08/03 22:49
隣人のジョーンズが核シェルターを買ったと聞き、見せてもらうことにしたテイラー
テイラー 「へー何でも揃ってるんだな」
ジョーンズ「家族全員が3ヶ月間生活できる設備が整ってるんだ」
テイラー 「おや、何でライフルなんか置いてあるんだい?」
ジョーンズ「それは家族以外の人間が侵入してきた時撃ち殺すためさ」

309 :ナマステ:02/08/03 23:57
男「あれ?以前どこかでお会いしませんでしたか?」
女「ええ、ですからもう私は2度とあそこにはいきません。」

310 :名無し職人:02/08/04 07:54
キルギスのある峰にエリツィンの名前が付いた。
その登山道のいたるところにブッシュがあり、皆が踏んで通る。

311 :ナマステ:02/08/06 01:08
ある父親と息子がドラッグストアへ行った。コンドームが陳列されている
ところに来たとき、息子が親父に質問した。

息子「どうしてこんなにたくさんの種類のコンドームがあるの?」
父親「この3枚入りのを見てごらん。これはお前が高校生になってから使うんだ。
2枚を金曜の夜に、1枚を土曜の夜使うんだよ。」

息子「じゃぁ、この6枚入りのはどうなの?」
父親「これはお前が大学生になってから使うんだ。
金曜の夜に2枚、土曜の夜に2枚、そして日曜の朝に2枚という様にね。」

次に息子は12枚入りのものについて質問した。
息子「じゃぁ、この12枚入りは?」
父親「それは、お前が結婚してから使うんだ。
1月に1枚、2月に1枚、3月に1枚・・・・・・・・・」

312 :名無し職人:02/08/06 12:12
うちのワイフと星を見に行ったんだ。するとワイフはこう言った。
「私人が死ぬとお星様になるものだと思っていたわ」
だから俺は言ってやったさ、
「ほう、じゃあ今ここでその星を増やしてやろうか?」ってね。

313 :名無し職人:02/08/07 19:05
「あのブロンド、なんで緑の口紅なんか塗ってるんだろ?」
「赤=stopって教わったばかりなのさ」

314 :名無し職人:02/08/07 19:09
この世にブロンドジョークなるものはいったい幾つある?
ゼロ! だってあれはみ〜んなホントだから。

315 :名無し職人:02/08/07 19:11
ブロンド娘が一番好きなTシャツのロゴ知ってるかい?
「私は天然。だからゆっくり話してね」っていうんだ。

316 :名無し職人:02/08/07 19:18
ブロンド女の誘いの言葉:
「あたし・・酔〜っぱらっちゃったわ」
怒り狂ったブロンド女の誘いの言葉:
「ねえ! あたし酔っぱらったって言ったでしょ!!」
ブルネットの誘いの言葉:
「あのくそったれブロンド、もういなくなっちゃったわよ!!」

317 :名無し職人:02/08/07 19:20
なぜブロンド女は運転免許を取れないか?
車が止まるたびに後部座席に飛び込むから。

318 :名無し職人:02/08/07 19:23
ブロンド女がコーヒーブレークを取らないわけ:
休憩が終わったら仕事を教え直さなくてはいけないから。

319 :名無し職人:02/08/07 19:25
豚が離婚するお菓子はトンガリコーン、
ではカバが兄弟ゲンカするお菓子は何?

320 :名無し職人:02/08/07 19:41
王様が隣国へ招待された。
美しい女性に目がとまった。
王様は気に入って、二人で踊って飲んで、言葉は通じないけれど、夜の世界に・・・。
すると彼女、感きわまったか、
「オー、トルコパチョチョ」
何のことだかさっぱりわからないけれど、郷に入らば郷に従えで、王様も、
「トルコパチョチョ、トルコパチョチョ」
夜が明けると彼女は怒って帰ってしまった。
「あれ?何かあったのかな」と王様。
翌日はゴルフの接待。
王様がクラブを振った。
ボールが飛んで、狙ったホールの一つ先の穴に入ってしまった。
見物一同が、
「オー、トルコパチョチョ」

321 :名無し職人:02/08/07 20:00
ハリウッドの話。
「あなた、大変よ。あなたの子供とあたしの子供が、あなたとあたしの子供をいじめてるのよ」

322 :名無し職人:02/08/09 14:47
age

323 :名無し職人:02/08/10 09:19
age

324 :検尿マシン:02/08/10 22:03
「おい、マイク。ひじが死ぬほど痛いんだ。医者に診てもらったほうがいいかな」
「ジャック。医者なんて金の無駄使いさ。それより、そこの薬局に検尿マシンがある。
 小便のサンプルをいれて10秒待ったら治療法を教えてくれるぞ。確か1回10ドルだ。医者よりはるかに安い」

ジャックは早速小便を取って薬局に向かった。10ドル入れて、彼の小便を注ぎ込み待つこと10秒。
早速プリントアウトが出てきた。

「テニスひじです。ひじをぬるま湯に浸して、激しい運動を避けてください。2週間ぐらいで直るでしょう。」

こりゃすげえ! 科学も進歩したもんだな。 でも、ちょっとこいつをからかってやろう。

彼は家に帰って、水道の水と飼い犬のウンチと妻と娘の小便を混ぜたものを作って薬局に取って返した。

10ドル入れて、注ぎ込み待つこと10秒。結果が待ちきれない。
早速プリントアウトが出てきた。

1.水道のミネラルが多すぎます。フィルターを使いましょう。
2.犬は白癬に掛かってます。抗菌シャンプーで洗ってください。
3.娘はヤク中です。更生しましょう。
4.妻は双子の女児を妊娠していますが、あなたの子ではありません。弁護士を呼びましょう。
5.いいかげんにからかうのを止めないと、テニスひじが治りませんよ。

325 :名無し職人:02/08/10 22:04

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=snow1915

326 :名無し職人:02/08/13 15:48
若い女性が医者に訴えている。「先生助けて下さい。私、身体中が痛いんです。」
「どんな風にですか?」女は右の膝に触り「ここが痛いんです。」次に左の頬に
触ると「あ痛っ!ここもです」。右の耳たぶに触って「ここも痛いんです。」
医者:「貴女のブロンドは御自前ですか?」
女 :「ええ、そうですけど、何か?・・・」
医者:「貴女の人さし指は捻挫しています」

327 :名無し職人:02/08/13 16:00
「彼女、何だって腕なんか折ったんだい?落ち葉掻きしてただけだろ?」
「木から落ちたんだ」

328 :名無し職人:02/08/13 16:02
ブロンド女とビール瓶の共通点は?
どっちも首から上は空っぽ。

329 :名無し職人:02/08/13 16:28
ブロンド女が君にピンを投げつけた。さあどうする?
逃げろ!!彼女は口に手榴弾をくわえてる。

330 :名無し職人:02/08/13 16:49
ブロンド女が二人乗りの小型機で飛行中、パイロットが心臓発作で逝って
しまった。もちろん操縦なんかできない彼女は必死でマイクをつかむ。
女:「メーデー!メーデー!パイロットが死んじゃったのよ!助けて!」
管制センター:「落ちついて、言うとおりにすれば助かります。まず、
        そちらの高さは?どこにいます?」
女:「5フィート2インチよ!前側の席に座ってるわ!」



・・・これは失敗。I need you to give your height and position
を女が誤解するわけですが、日本語にすると高度:身長だからおかしさが
伝わらないですね。

331 :名無し職人:02/08/13 17:11
ブロンド女がポルシェを運転していた。道端に故障らしいポルシェが止まって
いて、そちらもブロンドの運転。先の女が車を寄せて、どうしたのか聞いた。
「ボンネットの中を見たらね、エンジンを盗まれちゃったみたいなのよ。」
「あら、ちょうどよかったわ♪、トランクにスペアのエンジンがあるわよ」


332 :名無し職人:02/08/13 17:44
ブロンド娘が大学の期末試験に臨んだ。(どうやって入ったんじゃつ〜の?)
席について5分ぐらい解答用紙をひねくり回したあと、問題が全て○×解答
だったので、財布からコインを取り出すと、トスしては表は○裏は×で用紙
を埋めてゆき、30分で全部解答してしまった。クラスの面々は固唾を飲ん
でなりゆきを見つめている。
ラスト3分間で、彼女は急にあせってトスと解答を始めた。監視員が気づき
どうしたのか彼女に聞いた。
「30分で終わったから、答を再チェックしてたんです」

333 :名無し職人:02/08/13 17:59
英仏海峡横断遠泳は、ブレストのみで行われる。お約束ブルネット・赤毛・
ブロンドの3人がレースに臨んだ。およそ14時間後、ブルネットが対岸に
到着し、1位。40分遅れで赤毛がクロールで到着、さらに4時間遅れて
ブロンドが上陸するとへたりこんだ。レポーターがなぜそんなに時間が
かかったか質問すると、・・・
「負け惜しみに聞こえるけどね、あいつら腕も使ってたよ、ぜったい・・」

334 :名無し職人:02/08/16 14:48
hossyuage!

335 :名無し職人:02/08/17 07:30
手のひらに穴を空けたブロンドが診察室に入ってきた。
医者:「これは銃創ですね。報告のため事情をお聞きします。どうしてこんなこ
とになったのですか?」 「はい先生、」女が答え始める・・・
「私、自殺しようとしたんです。それで最初、銃を口に入れたの。でも歯の治療
をしたばかりなのを思い出して、次に目の間を狙ったの。でも鼻を整形したばかり
だったし、それで胸を撃とうとしたの。でもおっぱいも整形したばかりでしょ。
それで銃を耳に向けたの。きっと凄い音がすると思ったから、耳をふさいだの」

336 :名無し職人:02/08/17 07:42
ブロンドサリーがキャンプに行くことになった。予定通りにキャンプ地に
到着。明日は登山だ。料理の得意なマイクは早速夕食の支度、ジョンは
テントの設営・・・ と、マイクが叫ぶ。「大変だ!火を起こせないよ、
サリー、君の持ってきたマッチが全部だめだぞ!」
「あら〜変ね〜?? 昨日試したらみんな点いたわよ」

337 :名無し職人:02/08/17 12:58
>>213
うますぎ

338 :名無し職人:02/08/17 14:47
ある若者がやっとこさブロンド娘とデートにこぎつけた。ま、彼女は多少尻軽との
噂はあったが・・・若者は大事なデートに備え日焼けサロンに行きたかったが、
(経済上の理由で)アパートの屋根に上がって寝転がることにした。
「日焼けライン」など付けないようにすっぽんぽんで日に焼きながら彼は寝入って
しまった。気がつくとそこらじゅうヒリヒリ、デートの時間は目の前。特に痛む
息子の頭に日焼けローションを塗りガーゼをかぶせ、それでも彼はデートに臨んだ。
デートは彼の部屋でビデオを見た後、彼の手料理でも、という流れになり(ラッキー)
リビングで彼女と居るうちに日焼けした息子が元気になってくると同時に痛み出す。
ちょっと失礼して台所に引っ込み、冷蔵庫から冷たいミルクをコップに注ぎ、そこに
痛む息子を浸した所へ彼女が台所を除きに来た。彼がやっていることを見て、
「あらあ!ごめんなさい、準備中だったのね!」

339 :名無し職人:02/08/17 14:50
脳味噌が2つあるブロンドを何というか?
答:妊娠中

340 :名無し職人:02/08/17 14:53
なぜブロンドはみんなVW(フォルクスワーゲン)を運転するか?
答:ポルシェの綴りは難しいんだも〜ん。

341 :名無し職人:02/08/17 14:54
ブロンド娘の目をじっと見つめてごらん、何が見える?
答:頭蓋骨の裏側。

342 :あぼ〜ん:02/08/17 14:59
あぼ〜ん

343 :名無し職人:02/08/17 15:00
デイブ

344 :名無し職人:02/08/17 15:08
なぜ彼女はチキンを焼くのに3日半もかけたんだい?
レシピに「1ポンドあたり30分」とあって、彼女は125ポンド
あったのさ。

345 :名無し職人:02/08/17 15:18
ブロンド美人が銀行にすたすた歩み入ってくると言った。
「この小切手を換金できますか?」
支店長が小切手を調べてから言った。「失礼ですがご本人確認をさせて
いただいてよろしいでしょうか」
ブロンドは慌ててハンドバックをあさりまわり、コンパクトを見つけ、
しばらく覗き込んでから言った。「ええ、だいじょうぶ、これは私よ♪」

346 :名無し職人:02/08/18 06:30
ブルネット・赤毛・ブロンドの3人が北極旅行に行った。3人が橇で走っていると
白熊が現れて橇を追いかけ始めた。熊は今にも橇に追いつきそう。3人の体重は
ブルネット150£、赤毛130£、ブロンド11£。ブルネットが「あたしが一番重い
から」と言って橇から飛び降り、熊に喰われた。それでも熊はまた橇を追いかけ
はじめた。「今度は貴女の番よ、貴女のほうが重いから」と赤毛に。それで赤毛も
橇から飛び降りて熊に喰われた。それでもまだ熊は追いかけてくる。頭に来た
ブロンドは喚いた。「やい、このくそったれクマ公! 見てろ、このライフルで
蜂の巣にしてやるわ!!」

347 :名無し職人:02/08/18 06:32
天井からぶら下がってる黒こげのものは?
ブロンドの電気技師。

348 :名無し職人:02/08/18 06:41
「彼女、アルツハイマーに罹ったんだって?」
「うん、でもIQが上がったらしいよ。」

349 :名無し職人:02/08/18 06:43
ブロンド女を数時間遊ばせておくには?
「これを裏返してください」と紙の両面に書いておく。

350 :名無し職人:02/08/18 07:25
ブロンド女が医者にコーヒーを飲むと目が痛くなると訴えている。
「ブラックで飲むと何でもないんですけど、砂糖とクリームを入れると、
右目か左目どっちかが痛くなるんです、先生」
医者は目を診察した後言った。「かき回した後スプーンはどけてください」

351 :名無し職人:02/08/18 07:39
ブロンドの目を輝かせるには?
彼女の耳の穴をライトで照らす。

352 :名無し職人:02/08/18 08:13
>>350

なんでパクるの?

353 :名無し職人:02/08/18 08:39
坊やだからさ

354 :名無し職人:02/08/19 02:43
すみません、だれか>>82を分かるように説明してください。

355 :名無し職人:02/08/19 05:07
>>354
>>350と同じです。

っつーかお前>>82だろ。

356 :350:02/08/19 09:51
すいません、ガイシュツでしたか。米語だけ読んで面白かったすが、見落としです。

357 :名無し職人:02/08/19 11:14
ブロンドが6歳のガキを連れてヌーディストビーチを歩いていた。ガキが訪ねる。
「ママ、あのブロンドのお姉さん達のおっぱい、ママより大きいね?!」
「そうね、でもおっぱいが大きいほどおつむが弱いのよ」
「ママ、オジサン達のおちんちん、パパのよりでっかいね?!」
「そうね、でもおちんちんが大きいほどおつむが弱いのよ」
まもなくガキが駆け戻ってきて言った:「ママ!あっちでパパが凄く頭の悪そう
なお姉さんとお話してるよ! そいでパパもどんどんバカになってくよ!」

358 :名無し職人:02/08/19 11:57
流しの腹話術師がある小さなバーでその晩の演技を始めた。よくある
ブロンドジョークをイントロに始めた所で、4列目に座っていた背の高い
ブロンド女性が立ち上がって言った。「もうその手の下らないジョークは
聞き飽きてるんだよ、クソ野郎。よくもまあ、女性についてそれだけ紋切り
型の考え方をやってられるな。人の身体的特徴がその人の値打ちを決められ
るのかい?あんたみたいな奴のせいで私達みたいな女性が職場や地域で尊敬
されることも自分の可能性を伸ばすこともできやしない。あんたやその同類
たちはユーモアと称してブロンドだけじゃなく女性一般を差別し続けている
んだよ!!」
恐縮した腹話術師がもごもごと謝罪を言いかけると、さらに女は続ける。
「あんたはすっこんでな兄さん、あんたの膝の上のちび野郎に用があるの」

359 :山本すご六:02/08/19 11:58
ある女性が病院にいった。「先生、音も匂いもしないんですけど、おならが止まらなくて
困ってるんです。今、こうしている間にも実は何度もおならがでているのです」
医者は
「お薬を出しますから2週間後に来て下さい」と言った。
2週間後診察にきた女性は怒っている。
「先生、あのお薬を飲んだら、おならの回数は減らないし、
しかも音がするようになりましたわ。
かえって悪くなってるんじゃないですか?」
医者
「はい、聴覚はだいぶ良くなりましたね。後は嗅覚ですね」

360 :名無し職人:02/08/19 16:34
二人のブロンド、トリッシュとアンバーが公園に散歩に行った。
車に戻ると、トリッシュがキーを残したままロックしたことが判った。
アンバーは、針金を使ってなんとかロックを外そうとするが・・・
アンバー:「くっそ〜、もう1時間もやってるのに、うまくいかないなあ」
トリッシュ:「ねえ、早くしないと雨がふりそうだよ。それにサンルーフは
       開けっ放しだし」

361 :名無し職人:02/08/19 16:38
息子がテストの答案を持って帰ってきた
全ての答えに×が付いていたが
先生の恩赦で「名前が書けている」ということで5点をもらっていた
父親は激怒してこう言った
「馬鹿野郎!なんでもっと名前を大きく書かなかったんだ!!」

362 :名無し職人:02/08/19 16:41
ブロンド達が氷上釣りに挑戦したが釣果はさっぱり。すぐ近くでブルネット
のグループが次から次と釣り上げている。ブロンド達は相談して一人を斥候
に送り出した。彼女はブルネット達のすることをしばらくじっと見つめ、
戻ると報告した。「私たち、氷に穴を開けなくちゃいけないみたい」

363 :名無し職人:02/08/19 16:55
NYからLAへの飛行の最中、機長からのアナウンスが流れた。「乗客の皆様に機長
よりお知らせします。ただいまエンジンの1機が停止しました。残り2つの
エンジンでの飛行になりますので、到着は1時間遅れになります」
20分後またアナウンス:「もう1機のエンジンが停止しました。到着はさらに
2時間の遅れになります」 ・・・後ろの席にいたブロンドが叫んだ。
「ったくもう!これでもう1つが止まっちゃったら、一日中ここにいなきゃ
 ならないじゃない!」

364 :名無し職人:02/08/19 17:11
ブロンドが美容院に入ってきた。カットをご所望だったが彼女はヘッドホン
を付けていたので、美容師はそれを外してくれるように頼んだ。
「え〜?でもパパとママはこれ外すと死んじゃうって言ってたわよ」
「それじゃ応援のスタッフを探してきますけど、私が戻るまでにはそれは
外しておいてください、お客さん」しかたなくヘッドホンを外すブロンド。
美容師が席に戻ってみるとブロンドは息絶えていた。ヘッドホンからは
何やら声が流れている。「息を吸って・・・息を吐いて・・・息を・・・」

365 :名無し職人:02/08/21 17:42
先生:えー本日のことわざは「朱に交われば赤くなる」です。
そう例えばお前ら。
なんでそんなに短気なんだよ!?
ふざけんな!俺の担当はこんなやつばっかだよ!
おい!お前等聞いてんのか!もうちょっと冷静に行動しろ!
おい!おぉいいいいぃぃぃぃぃ・・・

366 :いい知らせと悪い知らせ:02/08/21 18:02
公務員が役所で仕事中に大けがをして、病院にかつぎこまれた。そして数日間昏睡

状態の後、やっと目覚めた。

「ここは…?」

「病院ですよ。意識が戻ったばかりで早速ですが、あなたにいい知らせと悪い知ら

せを伝えないといけないんです。まず、あなたはもう仕事ができない身体に

なってしまいました」

「えっ。そうですか。仕事ができない身体に…」

公務員はつぶやき、そして言った。



「…で、悪い知らせの方は?」

367 :名無し職人:02/08/21 18:06
妻は泥パックのおかげで、2日間ほどすごくきれいに見えた


でもその後、泥を落とした

368 :名無し職人:02/08/21 19:03
パクーンマクーン

369 :ガイシュツスマソ:02/08/21 20:41
デビッドが仕事場から帰るなり新しい秘書の話を妻にし始めた。
「すごく可愛らしい人なんだよ、まるでフランス人形のようなんだ」
3歳になる娘のリサが父親に尋ねた。
「じゃあ、ベッドに横になると、おめめをつぶるの?」

370 :このスレが・・・好き:02/08/24 16:53
アメリカの中流家庭に、三人の娘を持つ厳格な父親がいた。

ある日、父親は「いずれ娘達はセックスに興味を持つだろう
から、早めに性教育をしておかねばなるまい」
と思い立ち、3人の娘をひとりづつ書斎に呼んで自分の性器
を見せ、「これは何のためにあるものだ?」と聞いた。

15歳の長女「知ってるわ、パパ。セックスのためよ」
14歳の次女「もちろんよ。セックスをするんでしょう?」

父親は姉二人の答えに失望しながらも、最後に12歳の
三女を部屋に呼んだ。
三女「うーん……なんだろう?」
父親は三女の答えに満足しつつ、知らぬ顔で聞き返した。
「どうした。お前には分からないのかい?」
すると三女は答えた。

「分からないわ、パパ。だってそれ、セックスをするには小さ過ぎるもの」


371 :名無し職人:02/08/24 19:16
ある大金持ちがホテルへ行き、一番安い部屋を予約した。
すると支配人に、「息子さんはいつも最高級の部屋にお泊まりになりますが」
と言われたが、大金持ちは一言、
「ああ、彼には大金持ちの親父がいるからな。だが、私にはいないんだ」


372 :ベッドの中で:02/08/25 04:38
妻が夫にたずねた。

妻「もし私が死んだら貴方はいつか恋人が出来て再婚するのかしら?」
夫『そんな事考えた事もないよ!でも…そうだな多分そうなるのかな』
妻「そしたらこの家に二人で住むのかしら?」
夫『君との思い出が辛いけど…きっとそうなるんだろうな』
妻「このベッドも使うのかしら?」
夫『君と愛し合ったこのベッドを?でもそうなるのかな…』
妻「じゃ私が大切にしているゴルフセットも使うのかしら?」
夫『いや、それは使わせない。』

ホッとしながらもそこだけハッキリと答えた夫に
妻「あらどうして?」
夫『彼女は左利きなんだ』

373 :名無し職人:02/08/25 04:47
バーナード・ショウの名言

「禁煙なんて簡単だよ。私はもう100回はやったね」

374 :遺言:02/08/25 04:58
事故から奇跡的に一命を取りとめた友人のお見舞いに行くと
チューブだらけだが、思いのほか元気そうで回復がめざましかった。
生まれつき口のきけない彼は筆談で答えていたがしばらくすると容体が急変した。
震える手で何かを書きつける頃、ドクターが来たがもはや手遅れで
彼は旅立ってしまった…悲しみの中、手に残された最後のメモを開くと

「君の足がチューブを踏んでいる。どけてくれ苦しい」

375 :名無し職人:02/08/25 04:59
【古典より】

ロシアにある「赤の広場」で、男が「スターリンは馬鹿だ」と叫びながら走り回っていた。
当然男は逮捕され、裁判の結果懲役25年が言い渡された。

刑期のうち5年は侮辱罪、残りの20年は国家機密漏洩罪であった。

376 :本当の事:02/08/25 05:18
圧倒的なカリスマでありながらアドルフ・ヒットラーは
自分が本当はどう国民に思われてるのか知りたくなり、
凝った変装で酒場へ行き、知的な紳士に近づいて聞いてみた。

紳士は、ここではそんな話は迂闊にできないと言って自宅へ招き
厳重に戸締りをして、地下室へ行き、ベッドの中に潜り込んでささやいた。
「私は閣下を敬愛しているんです」

377 :名無し職人:02/08/25 05:23
【古典より】

ある土砂降りの雨の日、一人の死刑囚が死刑執行の時を迎えた。
庭の隅にある絞首台までの道のりを歩きながら男は嘆いた。
「俺は何てついてない男なんだ。よりによってこんな土砂降りの日に死ぬなんて」
すると男に連れ添っていた看守が言った。
「お前はまだいい方さ。俺なんてこの土砂降りの中をまた歩いて戻らないといけないんだから」

378 :名無し職人:02/08/25 05:25
【古典より〜ポーランド人が糞真面目なことを皮肉ったジョーク〜】

ポーランド人はブリーフケースに何を入れているか

答え:ブリーフ

379 :名無し職人:02/08/25 05:26
【古典より〜スコットランド人がドケチなことを皮肉ったジョーク〜】

2人のスコットランド人が、どちらが長く水に潜っていられるかで1ペンスの賭をした。

2人とも溺死した。

380 :名無し職人:02/08/25 05:32
【古典より〜チャーチルの名言〜】

チャーチルと対立している党派の女性議員が彼にこう言った。
「もしあなたが私の夫なら、あなたの紅茶に毒を入れるでしょう」
するとチャーチルはこう答えた。
「もしあなたが私の妻なら、私は喜んでその紅茶を飲みますよ」

381 :大好き!:02/08/25 05:34
イギリス人と中国人がドッグショーで知り合った。

イギリス人「熱心に見てますね。犬はお好きですか?」
中国人『もちろんですよ。家族もみんな大好きなんです』
「ほう。今はなにか飼われてますか?」
『ココに出るような犬は高くてとても手が出ません』
「よろしければウチの仔犬をわけて差し上げましょう。もちろん血統書付ですよ」
『そんなもったいない!良いんですか?』
「ええ。珍しい種類なのでみなさんにこの犬の素晴らしさを知って欲しいのです」

送った後、中国人からお礼の手紙が来た。
『ありがとう!とても美味しかった。でも家族全員には足りなかったかな』

382 :名無し職人:02/08/25 05:41
数人の朝鮮人がこんな話をしていた。
「我々は、何かというとすぐ日本人のせいにしてしまう」
「うむ、その通りだ。いったいなぜなんだろう」
「私もわからない。なぜ日本人のせいにしてしまうのだろう」

答えが出ないまま、朝鮮人たちはしばらく話し合った。
そして次の瞬間、全員が同時に叫んだ。
「日本人のせいだ!」

383 :名無し職人:02/08/25 05:52
ブロンド女が上司にコーヒーを買ってくるように頼まれた。
彼女はさっそくポットを片手にコーヒーショップへと出かけた。

店に入ると彼女は「このポットに6杯分入るかしら」と訪ねた。
店員はポットを見て、「大丈夫、入りますよ」と答えた。
すると彼女はこう言った。「よかった、それじゃあレギュラーとブラックを3杯ずつお願いね」

384 :名無し職人:02/08/25 06:07
ある晩、いつものように夫が妻の体を愛撫し始めた。
すると妻は言った。「今日はダメ。明日は産婦人科に行く日なのよ」
夫は残念そうに言った。「そうか、それなら仕方ないな」

夫は眠りにつこうとして目を閉じたが、しばらくして目を開き、妻にこう言った。
「明日、歯医者に行く予定はあるのかい?」

385 :名無し職人:02/08/25 06:42
ある日本人がアメリカでタクシーに乗った。

しばらくすると、一台のホンダ車がタクシーを追い越した。
日本人は自慢げに言った。「やっぱり速いねぇ。日本製だからね」

またしばらくすると、今度は一台のトヨタ車がタクシーを追い越した。
日本人は自慢げに言った。「やっぱり速いねぇ。日本製だからね」

またしばらくすると、次に一台の日産車がタクシーを追い越した。
日本人は自慢げに言った。「やっぱり速いねぇ。日本製だからね」

そうこうしているうちに目的地についた。料金を尋ねると運転手はかなりの高額を要求した。
いくら何でもそれは高すぎると、日本人は運転手に文句を言った。
すると運転手は料金メーターを指さしてこう言った。
「速いだろう? 日本製だからね」

386 :もらい物:02/08/25 15:21
A married couple went to the hospital together to have their baby delivered.

Upon their arrival, the doctor said he had invented a machine that would transfer
a portion of the mother's labor pain to the father. He asked if they were willing to
try it out, and they both agreed enthusiastically.

The doctor set the knob to 10 percent for starters, explaining that even 10 percent
was probably more pain than the father had ever experienced before. But as the labor
progressed, the husband felt fine, so he asked the doctor to go ahead and bump it up
a notch. The doctor then adjusted the machine to 20 percent pain transfer.
The husband was still feeling fine, so the doctor upped the percentage to 50% and finally
100%, since the wife was obviously benefiting from the transfer. The wife delivered a
healthy baby with virtually no pain. She and her husband were ecstatic.

When they got home, the mailman was dead on their porch.

387 :名無し職人:02/08/25 16:24
>>386

ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ケン 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ボブ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」 
サラ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
メアリー「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
マイケル 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」


388 :もらい物:02/08/25 20:39
>>ジョン >>トム >>ナンシー >>ケン >>ボブ >>サラ >>メアリー >>マイケル

A guy goes to see the doctor, because he's been a little too well endowed.
In fact, it's 25 inches long. Can't get any women to have sex with him.
Anyway, the doctor says there's nothing he can do medically, but sends him
to see a witch whom he thinks might be able to help.

The witch takes a look at the problem and tells him to go to a particular pond,
deep in the forest, and talk to the frog that lives there. "Ask the frog to marry
you and each time the frog says "no", you'll be 5 inches shorter. "Worth a try,
he thinks, and off he dashes into the forest. Finds the pond and sees the frog
on the other side, sitting on a log.

"Will you marry me?" he calls to the frog. The frog looks at him,
disinterested at best, and calls back, "no". The guy looks down, sure
enough, he is 5 inches shorter. Hey, this is great he thinks, let's try
that again. "Will you marry me?" he asks the frog. The frog rolls his
eyes, and shouts back again, "no". Twitch!! the guy's down to 15
inches. Well, that's still a bit excessive, he thinks. Down another 5
inches would be perfect. So he calls across again, "will you marry me?"

The frog yells back, "look, asshole, how many times do I have to tell
you? No! No!! No!!!"



389 :名無し職人:02/08/25 23:11
>>388

ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ケン 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ボブ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」 
サラ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
メアリー「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
マイケル 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」


390 :名無し職人:02/08/25 23:21
あるスコットランド人が宝くじを2枚買った。
うち一枚が一等当選した。
さっそく友人がお祝いに駆けつけると、スコットランド人は哀しそうな顔をしている。
理由を聞くと…

「なんで2枚も宝くじを買ってしまったんだろう」

ガイシュツだったらスマソ。

391 :名無し職人:02/08/26 06:02
386、訳そうとオモタけどベタなオチでやめた奴でした。388はお初でした。
387,389みたいなレスうざいから付けないでね<--と、上のほうにありました。

392 :名無し職人:02/08/26 08:34
男がある晩家に帰ると、ブロンド妻がスッポンポンで階段の手すりにまたがって
滑り降りている。「何やってんだ、お前?」


「お夕食を暖めてたの」

393 :名無し職人:02/08/26 08:55
女教師が問題を出した。「へいにアヒルが3羽とまっています。猟師が1羽
鉄砲で撃ちました。何羽残っていますか? ジョニー、判りますか?」
「ゼロです、先生。」 「・・・どうしてなの?ジョニー」
「あとの2羽は鉄砲の音で逃げてしまいます」
「う〜ん、この授業での正解とは違うけど、君のその考え方は好きだな」

「それじゃ先生、僕から問題出していい? 3人の女性がアイスクリームを
食べています。一人はちょっとずつかじり、一人はパクパクかぶりつき、
一人はなめています。この中で結婚してる人はだーれ?」
先生、ちょっとどぎまぎしながら「なめてる人だと思うけど・・・何で?」

「ううん、正解は結婚指輪をしてる人。でも僕、先生のその考え方好きだよ」

394 :名無し職人:02/08/26 09:04
386,388みたいなの、なんかちょっとズルしてるような気が・・・
いや、別にいかんとは書かれてなかったのは確かなんですが、んじゃ
訳さずにコピペばんばんもありかよとかやる厨房が出そうな気がして。

「これのどこが面白いのか誰か教えてちょ」みたいな意味で原文書いたら
「語学板へ逝け」とか言われるのだろうか?
でもあっちの板にはここみたいなスレ見つからなかったし。

395 :名無し職人:02/08/26 09:26
ある少年の両親がとても躾に厳しかった。なにせ親類以外には女の子に
会うのすらダメ! あるとき彼は、友達がガールフレンドにキスをする
のを目撃した。あれは何かと聞かれた母親は「あれはキスといってね、
男の子はみんなあ〜いうことをしたがるのだげど、すると3分後に死んで
しまうのよ」 と教えた。

この少年も21歳を迎え、ガールフレンドとつきあうようになった。
彼がキス1つしないのを訝った彼女の質問に「ママがね、こんな話を・・」
「あなた、そんな話まだ信じてたの?試してご覧なさいよ。痛くないわよ」
と、濃厚な奴をたっぷりしてあげた。 すると彼が悲鳴を上げた。
「大変だ!やっぱり死ぬんだ!」 女:「どうしたのよ?!?」

「今キスしたばっかりなのに、もう死後硬直が始まってる!!」

396 :信じられるもの:02/08/26 18:44
戦地に赴くダンはセクシーな妻のケイト心配でならなかった。
悪いとは思いつつ、貞操帯をつけたが自分が死んだらはずせなくなると考え、
母に「信用できる人に預けておいてくれ」と行って出兵した。

1年後、復員するとケイトは臨月になっていた。ダンは母に聞いた。
「あれほど信用できる人にと頼んだじゃないか!!」
『ひどいわ!あなた自分のパパが信用できないって言うの?』

397 :名無し職人:02/08/26 19:06
>>395
似たような話を聞いたことがある

俺が聞いたのは「女性の裸を見ると石になる」と言われて育った男がストリップを見に行く話

398 :名無し職人:02/08/27 13:00
>>395
落ちがわからない、解説キボンヌ

399 :名無し職人:02/08/27 13:33
キスしたり裸を見たり(397)すると身体の一部が固くなるでしょ。

400 :キリ番ゲッター:02/08/27 14:26
400get

401 :名無し職人:02/08/28 16:15
ひさしぶりにきたら結構増えてる。。。
面白いなぁ、このスレは^^

402 :名無し職人:02/08/28 17:06
ホッシュage

403 :もらい物:02/08/28 23:12
>>394
たまたまこのスレを見つけたので、前も読まずに貼り付けてしまいますた。
スレ違い、メンチャイです

404 :名無し職人:02/08/30 05:55
>403 386も訳したわけじゃないからいいんですよ。米語のままのほうが笑える
のはけっこうありますし。 下がってるからまたなんか訳そうかな。

405 :芝を食う男:02/09/01 11:38
ある日の午後、裕福な弁護士がリムジンから外を見ると2人の男が道端で芝を食べている。
弁護士は運転手に命じて車を止めさせ、男に近づいた。

弁: なぜ芝など食べてるのかね?
男: 金がねえんでさ、だんな。
弁: そうか、なら私と一緒に家に来るがいい。
男: 女房と2人のガキもいるんでさ。
弁: いっしょにつれてきたまえ。

弁護士はもう一人に男に話し掛けた

弁: 君も一緒に来たまえ。
男: 女房と子供が6人いるんですがかまわねぇかい、だんな。
弁: みんなつれて来るがいい

貧しい家族の全員がリムジンによじ登って弁護士の家に向かった。
男の一人が「うれしいねぇ、だんな。あんたは親切な人だ。家族まで世話してもらえるとは」

「君たちはきっと私の家を気に入るはずだ。庭の芝が膝まで伸びている」


406 :ザ・ジョーカー:02/09/02 16:19
爆薬にかけては世界一と言われるテロリストが、ホワイト・ハウスに完璧な時限爆弾を送りつけた。
…二日後、料金不足で返送されて来て、自分の部屋が吹っ飛んだ。

407 :ザ・ジョーカー:02/09/02 16:34
英国人、フランス人、日本人の動物学の権威が、アフリカのサバンナで3ヶ月にわたってアフリカ象の生態を研究した。
帰国後それぞれが、その成果をもとに本を書いた。
英国人は『アフリカ象の生態』、フランス人は『アフリカ象のセックス』、
そして日本人は『アフリカ象から見た日本人』という本だった。

408 :名無し職人:02/09/02 16:59
宇宙人と地球人がそれぞれ子孫の作り方を教えあった。

最初は宇宙人。オスとメスが手を合わせるとメスは瞬時に妊娠し、
1分とたたない内にカプセル状の物体を口から出した。
見ると、これまた1分もたたない内に中から宇宙人の赤ちゃんが出てきた。

次は地球人。一組の男女が選ばれて、宇宙人の前で性交してみせた。
宇宙人がそれを見て言った。「で、赤ちゃんはいつ頃出てくるのか?」
地球人が言った。「上手くいけばだいたい260日後ですね」
宇宙人が驚いて言った。
「260日後?じゃあどうして最後はあんなに急いだのですか?」


409 :目刺し屋文十:02/09/02 19:13
>>408便乗 ネタは頂きもん

宇宙人がやってきた。
出迎えた多数のブロンドとひとしきり握手攻め。
ブロンドの一人が訊いた。
「あなたの星でのセックスはどうやるの?」
宇宙人いわく
「いまやっていたのがそれです・・・。こんなにたくさんの女性と一度にやったのは初めてです」

疲れた宇宙人はとっとと帰っていった。


410 :ザ・ジョーカー:02/09/02 23:07
>409さんに近いネタです

いかがわしいクラブに、一晩に10人の女性を相手に出来ると豪語する男が売り込みに来た。
その晩、さっそくショーが始まったが、1人をこなし、2人をこなして3人目あたりで脂汗を出し始め、4人目でダウンしてしまった。
マネージャーが「だめじゃないか、どうしたんだ!」と詰め寄ると、男は
「すみません、昼のリハーサルは完璧だったんですが…」…だと。

411 :名無し職人:02/09/02 23:59
ジョニー「なあ、トム」
トム  「なんだい?ジョニー」
ジョニー「俺、船乗りになりたいんだけど、泳げないんだよ」
トム  「そんなこと気にするなよ。俺、パイロットだけど、空飛べないぜ」

412 :名無し職人:02/09/03 22:59
ageage

413 :名無し職人:02/09/04 17:43
age

414 :名無し職人:02/09/04 19:10
テネシー「ヘィボーイ今夜はロレッタの膝枕でスローバラード?それとも激しくブギウギ?」
トム 「心配ご無用!オイラァ根っからのドンファン タフガイ ガソリンボーイさ!」
テネシー「オッケイガーイそれじゃ消防車呼んどくべきだわね!!」

ワハアッ ハァッ ハァッ はぁ〜あ


415 :名無し職人:02/09/08 00:10
おもろい

416 :あんこ ◆QuhfI5kc :02/09/08 00:13
411のは結構好きだけどなあ

417 :名無し職人:02/09/08 15:50
>>120
あなたは困った人だ・・・・・・・

418 :名無し職人:02/09/10 15:17
age

419 :名無し職人:02/09/10 19:04
ブルネット・赤毛・ブロンドが脱獄し、とある農場へ逃げ込んだ。
近づく追っ手の気配に3人はそれぞれ木に登って隠れた。
追っ手の警官が農場へ入って来る。警官は木を見上げ、「なんかガサついてるな」
そこでブルネットは「ニャア」と鳴いた。「なんだネコか。こっちの木は?」
赤毛は「ホー・ホー」と鳴いた。「ああ、フクロウか。こっちの木はどうかな?」
ブロンドが鳴いた。「モ〜!!」

420 :名無し職人:02/09/10 19:09
上のネタのせいかどうかはともかく、その3人が銃殺になることに・・・
銃の前に立たされたブルネットは「地震だ(earthquake)!」と叫んで
逃げ出した。赤毛は「洪水だ(flood)!」と叫んで逃げ出した。
ブロンドもそれをみて叫んだ。「火事だ!」(Fire!)

421 :名無し職人:02/09/10 19:18
「楽天家な男」

フランクは、とても陽気な男だった。
しかし、時としてそれは、彼の友人を苛立たせる原因にもなった。
超楽天主義の彼の口癖は、いつもこうだ。

「でも、その程度で済んで良かったじゃないか!」

彼の友人達は、その楽天主義を何とか直そうとしたが、
どんな絶望的なシチュエーションを持ってしても、
結局、彼の口癖をくつがえす事を出来ないでいた。
そんなある日、フランクは友人とゴルフコースに出かけた。
その中の一人が、彼に絶望的なニュースを話し掛けた。
「おい、聞いたかい。」
「トムのヤツ、昨日の晩、仕事から帰ったら・・・」
「奥さんと知らない男が、ベッドの中にいるのを見て逆上して、」
「二人を銃で撃った後、自分もその銃で自殺したらしいぜ。」
フランクは、思わず両手で顔を覆って言った。
「オーマイゴッド、それはヒドい。」
「でも、その程度で済んで良かったじゃないか!」
「何、何だって、フランク!!」
「まだこれ以上、悪い状況があるってのか!」
驚いている友人を尻目に、フランクはニヤリと笑って返答した。
「いやね。」
「もし、それがおとといの晩だったとしたら・・・」
「死んでるのは、オレ、なんだもん。」



422 :名無し職人:02/09/10 19:20
ブルネットとブロンドがお喋りしながら公園を歩いていた。
すると突然、ブルネットが悲しい声で言った。
「かわいそうに、小鳥が死んでいるわ。」
それを聞いたブロンドは、空を見上げて言った。
「えっ、どこ、どこ?」


423 :名無し職人:02/09/10 20:18
問:鼻水を垂らした娼婦がいます。彼女はどうして鼻水を垂らしているのでしょう?

答:満杯だから。


424 :名無し職人:02/09/11 18:59
なぜブロンドジョークはあんなに短いのか?
答:男でも覚えられるように。

425 :名無し職人:02/09/11 19:00
毎晩、夫がどこにいるか確実に知っている女性は?
答:未亡人。

426 :名無し職人:02/09/13 12:12
age

427 :(`_`) ◆vBLPIiOc :02/09/13 20:17
いえちょんって………

428 :(`_`) ◆vBLPIiOc :02/09/13 20:18
スマソ、誤曝した

429 :名無し職人:02/09/15 18:36
age

430 :名無し職人:02/09/18 03:44
先生が生徒に尋ねた。「アルファベットの最後の文字は何ですか?」

すると1人の生徒が答えた。「はい先生、Tです」

431 :名無し職人:02/09/18 05:55
う〜ん、惜しい。日本語に訳すと面白さが飛んじゃう例なのですね〜。
「はい、先生、トです」とでもするのかな。

432 :あふろ:02/09/18 06:43
A「日本じゃ北に拉致された人が問題だぜ」 B「目には目をで、北の奴等を拉致しろよ」 C「おいおい、それじゃ希望者殺到で逆効果でんがな…」

433 :名無し職人:02/09/19 02:45
なぜ教会内では静かにしなければならないか

答え:みんなが寝ているから

434 :名無し職人:02/09/19 19:12
ttp://www.americanjoke.com/

435 :名無し職人:02/09/19 19:33
age

436 :名無し職人:02/09/21 20:24
まるhage

437 :名無し職人:02/09/22 11:54
保守age

438 :名無し職人:02/09/22 11:54
http://gifu.cool.ne.jp/nch_ruiji/

439 :名無し職人:02/09/25 04:05
age

440 :名無し職人:02/09/25 05:11
怒った顔の上司と、包帯を頭と手に巻いた平社員が話している。

『遅刻の理由は何だね?』
『申し訳有りません課長、自宅の階段から転げ落ちたもので・・・。』
『階段を転げ落ちるのに3時間もかかったのかね?』

441 :ナマステ ◆F5HKxuIM :02/09/26 16:11
勇敢の定義
「下痢の状態でおならを出す人」

442 :自粛:02/09/26 16:26
ジョンは馬並の自分のナニが自慢だった。
ある日交通事故で自慢のナニを失った。
意気消沈するジョン。でもある日突然元気になった。
理由を聞くと「これよ」。見るとジョンのナニが巨大な筒で作られていた。
「これは何で出来てるの。」
「馬だけにホースよ。HAAAAHAHAHAHAHAHAHA!!!」

443 :名無し職人:02/09/26 18:14
ナマステさんお久しぶりです。これはアメリカンぽくないですね。
オリジナルかもしれないけど。

444 :PPR:02/09/26 18:19
俺になついてる鶏がいた。俺の行くところはどこでも着いてきた。
ある日、おれは屋根の上から飛び降りてみた。
一緒に鶏も飛び降りて、両脚を折った。

445 :名無し職人:02/09/26 18:29
ナマステキモい。トリップなぞ付けるな(#゚Д゚)ボケ
スレにコテがいるだけでうぜぇってのに

446 :名無し職人:02/09/26 19:08
「俺のガールフレンドはわがままだ。『世界一美しいものが私の部屋に欲しい』だなんて言われても
 いったい何をプレゼントすればいいんだ?」

「大きな鏡でもくれてやれ」

447 :名無し職人:02/09/26 19:11
先生「飛行機を操縦する人は誰かな?」
生徒「ハイジャッカー」

448 :名無し職人:02/09/26 23:03
A「お前もとうとう禁煙にチャレンジだってな。親友として嬉しいよ」
B「ああ。みんな勧めるし、やれるだけやってみるさ。そういえば、お前も禁煙中だろ?」
A「おう、今日はもう6時間も禁煙してるぜ!」

449 :ナマステ ◆F5HKxuIM :02/09/27 02:42
小さな男の子が父親に神様について聞いた。

男の子「ねえ、お父さん。神様って男なの女なの?」
父親「神様は男でもあるし女でもあるんだよ。両方を含んでいるんだよ。」

しばらく経って、また男の子は父親に聞いた。

男の子「じゃぁ、神様は白人なの黒人なの?」
父親「神様は白人でもあるし黒人でもあるんだよ。」

数分後、男の子は父親にまた質問した。
男の子「お父さん、マイケルジャクソンは神様なの?」

450 :元ネタあり:02/09/27 03:13
黒人とユダヤ人と白人が散歩していると、道端に壺が落ちていた。
壺をこすると中から魔人が出てきて、「あなたたちの望みを叶えよう」と言った。

魔人「(黒人に向かって)あなたの望みは?」
黒人「われわれ黒人がアフリカの大地に帰れますように…」
魔人「わかった、望みを叶えよう。(ユダヤ人に向かって)あなたの望みは?」
ユダヤ人「われわれユダヤ人が聖地イェルサレムに戻れますように…」
魔人「よし、叶えよう。(白人に向かって)で、あなたは?」
白人「え? アメリカから黒人とユダヤ人がいなくなるの? じゃあ、シャンパン」


451 :名無し職人:02/09/27 03:21
>>411 激藁

452 :名無し職人:02/09/27 03:24
元ネタって、挑戦と勧告?

453 :450:02/09/27 03:52
>>452
いや、元ネタっていうか、ネタ元からそのまま転載。

454 :名無し職人:02/09/27 14:02
>>445
禿同w

455 :名無し職人:02/09/27 18:14
ナマステは名無しでやったらどう?

456 :名無し職人:02/09/28 01:17
>450
確かこれに似たのが「処刑人」って映画にあったなぁ

457 :名無し職人:02/09/28 10:44
>>420のオチって、
つまり「fire!」=「撃て!」だってこと?

458 :450:02/09/28 12:18
映画だけど『処刑人』ではない。何だったけなあ。
『シンプル・プラン』とか『ファーゴ』とか、そういうやつだったような。

459 :名無し職人:02/09/28 13:00
95 名前: 名無し職人 投稿日: 01/09/05 20:37 ID:ZJmToA5I

年寄りの看護婦が若い看護婦に言った。
「401号室の患者さんを剃毛したら、彼のあそこ
にアダムと刺青がしてあったのよ。あなたも見て
きなさいよ」
若い看護婦は見に行って、帰ってきた。
「ね、アダムって彫ってあったでしょ」
「いいえ、アムステルダムと彫ってあったわ」


460 :名無し職人:02/09/28 13:02
105 名前: 名無し職人 投稿日: 01/09/06 16:25 ID:dEZAh9nM

「あのー、表につないである犬の飼い主はあなたですか?」
「そうだが?」
「すみません、私の犬が、あなたの犬を殺してしまいました」
「えっ!あのライオンのように強く牛のように大きなボクサー犬を?
あんたの犬はいったいどんな犬なんだ?」
「チワワです」
「えっ!チワワ?いったいどうやって殺したんだ!?」
「あなたの犬が、私の犬を喉に詰まらせたんです」



461 :名無し職人:02/09/28 21:16
>>459
解説きぼんぬ

462 :名無し職人:02/09/28 21:27
>>461
考えるな!感じろ!!

463 :名無し職人:02/09/28 21:50
>>461
年寄り Adam

若い看護婦 Amsterdam

ノビールってことよ

464 :ナマステ ◆F5HKxuIM :02/09/28 22:18
ある若いビジネスマンが自分の会社を起こした。
彼はすばらしいオフィスを借り、アンティークで飾った。

彼はオフィスの外に男が来ているのに気付いた。
彼は見栄を張って、電話を取り大きな契約をしている振りをした。

そして電話を切り、外の来客に忙しそうに「何かご用ですか?」と聞いた。

すると男は言った。「あのー、電話回線を取り付けに来たんですが」

465 :むうみん:02/09/28 22:20
>>464
イタすぎ。オモシロ。

466 :名無し職人:02/09/29 02:11
>>463
グレイト

467 :かんじゅー:02/09/29 02:24
客「おい!スープに小さい虫が入ってるぞ!」

ボーイ「失礼しました。大きいものとお取替えいたします。」

468 :名無し職人:02/09/29 07:30
医者が道に落ちている千円札を見つけたが後ろから人が歩いてくるのに気づいて
拾おうかどうしようか迷っていると後ろから歩いてきた坊主がすかさず拾った。
医者「それは私が先に見つけたのに」
坊主「医者が見捨てたものは坊主のものと決まっておる」

469 :名無し職人:02/09/29 09:24
>>468
OH !


470 :クール船長:02/09/29 13:56
面白age

471 :名無し職人:02/09/29 15:33
ある女性が、自分のモチモノが大きすぎるのを悩んで産婦人科で診てもらった。
診断にあたった医師が
「なんて大きな穴!」
「なんて大きな穴!」
「なんて大きな穴!」
と叫ぶのを聞いて女性が抗議した。
「3回も叫ばなくていいじゃありませんか!」
「いいえ、私は1回しか叫んでませんよ。後のは、エコーです。」

472 :名無し職人:02/09/30 00:02
>>471
最後の「後のは、エコーです。」がなければもっとイイ感じ

473 :名無し職人:02/09/30 04:38
>>462はリー

474 :名無し職人:02/10/01 01:04
age

475 :名無し職人:02/10/01 03:18
トム「お寺の鐘がどっか行っちゃったらしいぜ!」
ジョン「gone.」

476 :名無し職人:02/10/01 03:21
>>471
プレデターで言ってたネタと同義だけど、大元の出典でもあんのかな

477 :名無し職人:02/10/01 21:32
保守

478 :瀬戸内ジャクソン:02/10/01 21:40
あるバーで、一人の男がうなだれていた

バーテン「きょうはどうしたんです?」
男   「俺は男のほしがるすべてのものを持っていた。金、車
     別荘、そして器量よく気立てのよい女・・
     しかし、今日すべてをうしなってしまった・・・」
バーテン「それまたどうして?」
おとこ 「カミサンにばれたんだよ!」 

479 :名無し職人:02/10/01 23:43
楽観的なセールスマンと悲観的なセールスマンが
アフリカの奥地に靴の営業に行った。
一週間後、会社に悲観的なセールスマンから電話がかかってきた。
「先行きは非常に悪い。この辺りの人々には靴を履く習慣がない。」
そのすぐ後、楽観的なセールスマンから電話がかかってきた。
「先行きは非常に良い。この辺りの人々はまだ誰も靴を履いていない。」

480 :名無し職人:02/10/01 23:52
老人が右足が痛いといって医者にかかった。
医者「うーん、検査の結果では特に異常はありませんね。」
老人「じゃあ、この痛みは何です?」
医者「まぁ、お歳のせいでしょう。」
老人「先生、いいかげんな診断はよしてくださいよ。」
医者「どうしてです?」
老人「だって先生、左足も同い歳だ。」

481 :名無し職人:02/10/01 23:53
479は実話じゃなかったか?
で、そののち、楽観的なセールスマンは成功したって言う。


482 :名無し職人:02/10/02 02:15
>>481
実話っていうかリーマンの多くが知っている(聞かされた)話ですな

これとセットになるのが「瓶に半分残ったウヰスキー」の話

483 :名無し職人:02/10/02 02:18
>>475が素敵だ

484 :名無し職人:02/10/02 03:29
犬ってキュートだね

君のオシリみたいだ

485 :名無し職人:02/10/03 16:41
保守age

486 :名無し職人:02/10/04 08:36
age

487 :名無し職人:02/10/04 13:04
agaってないよ

488 :名無し職人 :02/10/04 13:38
http://i.cnn.net/cnn/2002/WORLD/asiapcf/east/10/02/korea.usa/vstory.poster.ap.jpg
北朝鮮のポスター
アメリカ連邦議会にミサイルを落とす構図で
星条旗が引き裂かれている





489 :名無し職人:02/10/04 19:31
ニュースご覧になりました?これが世界一のジョークだそうで。
「米ニュージャージー州のハンター2人が狩りに出た。
1人が木から落ちてしまった。仰天した連れのハンター
が携帯電話で『息がない』と緊急通報した。救急隊の
オペレーターが『落ち着いて。大丈夫。まず死んでる
のか確かめなさい』と声をかける。一瞬の静寂後、オ
ペレーターの耳に1発の銃声。続いて、『死んでる。こ
れからどうしたらいいの?』というハンターの声が響いた」
私にはここの名無し職人の方が面白いです。文化の違いですかね。


490 :チャンピョン:02/10/04 20:07
A couple of New Jersey hunters are out in the woods when one of them falls to the ground.
He doesn't seem to be breathing, his eyes are rolled back in his head.
The other guy whips out his cell phone and calls the emergency services.
He gasps to the operator:
“My friend is dead! What can I do?”
The operator, in a calm soothing voice says:
“Just take it easy. I can help. First, let's make sure he's dead.”
There is a silence, then a shot is heard. The guy's voice comes back on the line.
He says: “OK, now what?"

オペレータの言葉をこう解釈もできる。
「まあ、落ち着け。わたしの言う通りにしろ。まず、彼を確実にしとめろ。」

491 :名無し職人:02/10/04 20:22
「ハイ! こいつは僕の愛犬のロイ、これからウサギ獲りに行くところなんだ!
 さぁロイ、あそこのウサギを獲ってこい!



 ………ロイ! チラシ配りをしてもウサギは捕まらないと思うぜ!」

492 :名無し職人:02/10/04 21:25
>>489
490が既に述べているが、
"make sure 〜"=「〜を確かめろ」「〜を確実に行え」
の意味があるからだろう。
日本語に訳したのでは意味が通じなくても仕方が無い。
「Mr.Been」の日本訳版が、なんだかつまらないと感じた人も多いように。

493 :489:02/10/04 21:27
なるほど!ザ・ワールド!

494 :名無し職人:02/10/05 01:29
男A「あのインド人のピッチャーが投げた珠は誰も取れないって話だぜ!」
男B「どんな魔球を投げるんだい?」
男A「いや、奴はサウスポーなんだ」

495 :名無し職人:02/10/05 02:20
>494
汚いけどプチワロタ

496 :電話:02/10/05 02:44
両耳をヤケドしたブロンド女が医者に飛び込んできた

医者:なぜ耳をヤケドしたのだね?
女 :ちょうどアイロンかけてるときに電話がかかってきたの。受話器と間違えて...
医者:で、反対の耳はなぜヤケドしたんだね?
女 :救急車呼ぼうと思って911に電話しようとしたの、そしたら..


497 :名無し職人:02/10/05 02:50
>>496
絵を想像すると笑える系だね。
でも、何ゆえブロンド?

498 :名無し職人:02/10/05 02:52
>>497
学習能力がないってことを皮肉ってると解釈するもヨシ

499 :名無し職人:02/10/05 02:53
>>494
すまん
理解できんので説明してもらえんか?

500 :名無し職人:02/10/05 02:56
494ではないが、左手は宗教上の理由で不浄の手とされているので
その手で投げられた珠は忌み嫌われる。ということだと500ゲトは考える

501 :名無し職人:02/10/05 03:01
お前はやさしいな500ゲト。
インドというフレーズがキーな訳だな。

502 :名無し職人:02/10/05 10:58
インド人は左手でうOこを拭く

503 :名無し職人:02/10/05 16:54
>497,498 ブロンドジョーク・ビオラジョーク・弁護士ジョーク・医者ジョーク
など、ジャンルがあるのです。ブロンド女はおつむが弱いというネタを色々
展開するのがブロンドジョーク。上の方にイパーイありますよ。

504 : :02/10/05 18:02
もっとジョークを知りたいなら
http://homepage2.nifty.com/1079

505 :名無し職人:02/10/05 18:16
宗教など似たような話では世界史板のジョーク集がかなり笑えるので紹介
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/whis/1019233845/l50

506 : :02/10/05 18:20
俺がアメリカにいたときはおおつきたまよと小沢一郎が好き
小沢一郎を紹介
http://www.laugh.com/main_pages/newcomicpage.asp?cid=153

507 :世界で2番目のジョーク:02/10/05 22:28
SECOND PLACE

In second place came the joke that was leading the pack
when we announced our preliminary results in December:

Sherlock Holmes and Dr Watson go on a camping trip. After a good
dinner and a bottle of wine, they retire for the night, and go to
sleep.
Some hours later, Holmes wakes up and nudges his faithful friend.
"Watson, look up at the sky and tell me what you see."
"I see millions and millions of stars, Holmes" replies Watson.
"And what do you deduce from that?"
Watson ponders for a minute.
"Well, astronomically, it tells me that there are millions of
galaxies and potentially billions of planets. Astrologically,
I observe that Saturn is in Leo. Horologically, I deduce that
the time is approximately a quarter past three. Meteorologically,
I suspect that we will have a beautiful day tomorrow. Theologically,
I can see that God is all powerful, and that we are a small and insignificant
part of the universe. What does it tell you, Holmes?"
Holmes is silent for a moment. "Watson, you idiot!" he says.
"Someone has stolen our tent!"



508 :名無し職人:02/10/05 22:29
↑誰か訳してどうして面白いか説明して

509 :シェンロンMarkU:02/10/05 22:35
>>508
空見上げてごちゃごちゃうんちくたれてたらテント盗まれた

っつーこった

510 :名無し職人:02/10/05 23:17
>>507は確か昨年、一番面白いジョークに選ばれたやつ
ちっとも面白くねー

511 :各蕪し織入:02/10/06 01:33
患者「先生、屁が良く出るのです」
医者「それが何か?」
患者「不思議な事に音もにおいもしないのです」
医者「ここは消化器科です。耳鼻科へ行って下さい」

512 :名無し職人:02/10/06 10:01
>>507本文訳(一部意訳)

シャーロックホームズとワトソン博士がキャンプにでかけた。
楽しい夕食とワインを味わい、夜もふけてきたので2人は眠りについた。
数時間たった頃だろうか、ホームズはふと目を覚ますと、頼れる友人をつついて起こした。

  「ワトソン君、空を見てくれ。一体何が見える?」
  「何百万もの星が見えるよ、ホームズ。」
  「うむ、それを見てどう思うかい?」
ワトソンは少し考え込んだ。

  「ううん…天文学的に言えば、何百万の星雲、そして恐らく何十億もの惑星があるという事だろうね。
   占星術を鑑みるなら土星が獅子座に…つまりはサタンがレオの処にかかっているね。
   星の位置からすると、今は3時15分くらいだろうか。
   気象学的に言っても、明日は気持ちのいい晴れになりそうだ。
   また神学の見地からすれば、神は偉大で、そして我々人間はちっぽけで宇宙の塵のようだよ。
   君はどう思うんだい、ホームズ?」
ホームズは絶句して言った、「君は何てバカなんだ!」

  「誰かが僕達のテントを盗んだんだよ!」 


折れはまあまあ面白いと思った。

513 :名無し職人:02/10/06 15:05
>>512
長セリフで難しい単語を並べたてているにも関わらず
そこには伏線はほとんど無く、実に間抜けなオチに持っていく手法はわりと斬新かもしれん

一番面白いかっつーとアレだが、俺はけっこう好き

514 :パクリ太郎 ◆bBPCRTAYag :02/10/06 15:13
カーネルサンダースは、ケンタッキーじゃ有名人だぜ。
チキン野郎って呼ばれて。

515 :名無し職人:02/10/06 16:08
>>509
> 空見上げてごちゃごちゃうんちくたれてたらテント盗まれた
>
> っつーこった
ちょっと違う。盗まれたのは二人が眠っている間だ。

516 :magetest:02/10/06 16:38
ひどく運が落ちているように見える男を発見した人が
その妻に言った。
男「あなたの夫がかこの最近不幸に見えるのですが?」
妻「ええ、夫は以前森で魔女を怒らせてしまったため不幸になる呪文をかけらてしまいました。
  おかげでギャンブルには負けまくり、犬にかまれるし、成績はがた落ちよ!」
 男は魔女の呪いという話に驚きながらも聞いた。
男「よくそれなのに結婚生活を続けていますね」
妻「ええ。彼がギャンブルに行くときはついて行きますの。」
  彼が何かに賭けたらそれの反対のことに夫の書けた金額の何倍も賭ければ
  丸儲けですのよ。」
男「スロットなどをやったらどうするのですか?」
妻「スロットの無い店に行くだけよ」

下二行はいらないかも。

517 :magetest:02/10/06 16:44
夫「どうしてトイレのドアを取り外したりするんだい!?」
妻「あなたのOOOがくさすぎるせいよ

518 :名無し職人:02/10/06 18:12
>>507の「SecondPlace」はどういう意味なんですか?

519 :名無し職人:02/10/06 18:28
多分>>507にある通り「第二位」でいいと思うなぁ…
折れはこのジョークを「世界で一番面白い」って聞いた気がするけど。
前文は恐らくこんな所。

第二位
第二位はこのジョークだ。
12月に我々が途中結果を発表した時には、このジョークが群を抜いていた。

520 :519=517:02/10/06 18:34
あ、どうやら第二位でいいらしい。
優勝は上の方にあった2人の猟師のジョークだった。

http://www.laughlab.co.uk/

521 :名無し職人:02/10/06 18:36
519=512=520の間違いだた、鬱氏

522 :名無し職人:02/10/07 19:13
あげとくよ

523 :名無し職人:02/10/07 19:38
「キミ、パンツはいてないでしょ」
「なんでわかるの」
「オレ田代まさし」

524 :人名オチから:02/10/07 20:19
後ろから きれいな女の子が おれの名をよんでてん
「まってー、とまって、いかないでー」って
でも おれ全速で走って 逃げたね。
なぜって、彼女とおれの間に、
でかいセパード犬がいたからさ! ( いぬの名前。)


525 :名無し職人:02/10/07 23:51
ある教授が、医師、電気技師、そして銀行家に、次のような質問をした。
「出る量より入る量が多いとき、生じる問題は何か?」

医師は「肥満」と答え、
電気技師は「過負荷」と答えたが、
銀行家は、「それが、なぜ問題なのですか?」と答えた。

526 :名無し職人:02/10/08 01:21
男 「先生、オレほんとはウシじゃないかと思うんです」
医者「いったいいつ頃からそう思い始めたんだね?」
男 「子ウシの頃からです」

527 :名無し職人:02/10/08 01:30
喪主 「これですか、新しい省エネ霊柩車というのは」
葬儀屋「はい。さようでございます」
喪主 「どこがいままでと違うんです?」
葬儀屋「はい。ホトケさまを焼きながら、そのエネルギーで走るんです」

528 :名無し職人:02/10/08 01:47
「年金をもらうには」と係員が40歳のブロンズ女性に根気づよく説明した。
「65才みたいに感じるだけじゃ不十分なんですよ。じっさい65才になる必要があるんです」

529 :名無し職人:02/10/08 01:48
漏れは政治ジョークも結構好きなんだが、最近十年ほどの政治ジョークで面白いのキボンヌ。


ちなみに
「ヒトラーとゲッペルスとゲーリングの乗った飛行機が落ちた。
助かったのは誰か?ドイツ国民である」
は、古典的名作だwn。

530 :名無し職人:02/10/08 01:48
兵士「なぜ北と南で戦うのでしょうか」
将軍「アメリカのマネ」

531 :名無し職人:02/10/08 01:59

父親が小便しているのを見た娘が、睾丸を指差して「これはなあに?」とたずねた。

「これは、生命の木になるリンゴだよ」

父親は詩的な表現でその場をきりぬけた。その話を娘から聞いて、母親は、

「それで、その上の、枯れちまった小枝のことはなにか言ってたかい?」


532 :名無し職人:02/10/08 02:09
>>135 が今のところ一番のもろかった。


533 :名無し職人:02/10/08 03:14
>>532も、のもろいよ。

534 :名無し職人:02/10/08 04:14
たしかに、のもろいねw

いや〜〜
全部読んだけど、マジで面白かった。
ウィットに飛んだ奴がやっぱ面白いよね。



535 :爽快:02/10/08 04:19
A「ものすごく嫌いなやつに会ったら、おまえどうする?」

B「もちろん無視して逃げるさ。・・・おい・何処行くんだよ、おい!無視すんなよ!」

536 :パクリ太郎 ◆bBPCRTAYag :02/10/08 09:25
ユダヤ人はなぜ何年も彷徨ったの?

砂漠に1セント落したからさ。

537 :名無し職人:02/10/08 21:54
>>535
これ程つまらぬジョークは久しぶりに見た。

538 :名無し職人:02/10/08 22:15
あ「ものすごくつまらないジョークを見たら、おまえどうする?」

い「もちろん無視して次を読むさ。・・・おい・どこ読んでるんだよ、おい!無視すんなよ!」

539 :538:02/10/08 22:17
でもやっぱりつまらない。大変申し訳ない。

540 :名無し職人:02/10/08 22:21
「「でもやっぱりつまらない。大変申し訳ない。」と言われたら、お前ならどうする?」
「お前は立派な東洋人だと思う」
ヽd´ι`bノ haha-

541 :名無し職人:02/10/08 22:32
何故アルキメデスは裸で街をかけまわったのか?

愛用のタオルにカミさんのししゅうが付いていたんだろ。

542 :爽快:02/10/09 00:30
>>537
昔、お笑い芸人になりたいと思っていた頃のネタ。「これ程」の部分がかなりショック。

いいですか、タバコは辞められるんです! 要は意志の問題なんです!
皆さんもいい大人なんだから、タバコが健康に悪いことはご存知でしょう?
長生きしたいでしょう? 私はタバコなんて吸ったこともありませんよ・・・
いいですか! コントロールです! 自分をコントロールするんです!
自分の意志の弱さに負けて恥ずかしくないんですか!

と、散々我々を説教した挙句、その太った医者は部屋を出て行った。

543 :名無し職人:02/10/09 01:14
甲虫類には約30万種いて、地球上で最多種を誇る生物である。

生物学者J・B・S・ホールデンは、ある宗教家から、
「神が創造物を通して伝達したいメッセージは何でしょうか」という質問を受けたときに、
「甲虫が大好きということではないでしょうか」と答えた。

クリフォード・A・ピックオーバー「コンピュータ・ワンダーランド」
白揚社、1996、ISBN4-8269-0071-6、5150円。

544 :名無し職人:02/10/09 01:26
ある五十歳の男性が言った。
「やっぱりビールは最高だね。一杯飲む度に10歳は若返った気がするよ。」
「じゃあ五杯のんだらどうなるのさ?」
「生まれ変わった気分になるんだよ」

545 :名無し職人:02/10/09 01:43
>544
10杯飲むと正体を無くすね

546 :名無し職人:02/10/09 02:08

母ウサギが子ウサギに言った。

「坊やは手品師の帽子から生まれたのよ。さあもう尋ねるのはおよしなさい」

547 :名無し職人:02/10/09 02:11
>>545
んまい。

548 :名無し職人:02/10/09 02:25
初舞台を踏んだソプラノ歌手が、アンコールのたびに同じアリアを歌った。
一向に鳴り止まない拍手に感激した彼女は
「皆さん、今晩わたくしは世界一の幸せものです。でももう疲れてしまって歌えません」
観客席から激しい声が飛んだ。
「いいか正しく歌えるようになるまで何回でも歌うんだ!」

549 :名無し職人:02/10/09 02:29
酔っ払いが広告塔につかまって、手探りしながら2度3度とそのまわりを回った。
それからばったり倒れてすすり泣いた。
「たいへんだ、閉じ込められてしまった!」

550 :名無し職人:02/10/09 02:40
自分をイヌだと信じ込んで入院させられていた男が、ようやく人間らしい生活態度になった。
そこで医者は、彼を退院させることにした。
男はそれを聞いて喜んだ。
「私は自分がよくなってることは判りましたよ先生」
彼は続けて言った。
「鼻がぬれているのを感じてたんです」

551 :名無し職人:02/10/09 02:57
2chにウンコ板ができました。
さっそく新スレが立ったようです。

☆便秘が治りました!☆

1 名前: モナ子 投稿日: 02/10/19 02:56
  今日やっと便秘が治ったんです!
  2週間付き合ったウンチともお別れです。
  でも今ごろウンチはどうしてるでしょうか。

2 名前: ウンコさん@必死だな 投稿日: 02/10/19 02:57
  糞スレ立てるなって言ってんだろが!

552 :名無し職人:02/10/09 21:46
>>549
激しくワラタ

553 :名無し職人:02/10/09 21:47
>>552
マジで?

554 :名無し職人:02/10/09 23:28
男二人が自分のモノについて話し合っている
「どうだい?俺のマグナムは立派だろう?」
「入れてるホルスターはロクなもんじゃないけどな。」

555 :552:02/10/10 06:12
マジ。

556 :名無し職人:02/10/10 06:14
まじ

557 :パクリ太郎 ◆bBPCRTAYag :02/10/10 09:41
死体置き場にて

警部「ご主人に間違いありませんか?」
夫人「確かに、ウチの主人です。でも、腑に落ちない点があるんです」
警部「気がついたことがあったら、おっしゃってください」
夫人「どうやったら、このシーツ、こんなに白くなるんですの?」

558 :電車ごっこ:02/10/10 21:30
母親が台所にいるとき、リビングルームで五歳の男の子が一人で新しい電車のおもちゃで遊んでいた。
母親にはその子の遊んでいる声が聞こえてきた

  おいクソ野郎ども。良く聞け。降りたいクソ野郎はここで降りろ。ここが地獄への最後の駅だ。
  乗ってたいクソ野郎どもは、テメエのケツをしっかり電車にしばりつけておけ。いまから落っこちるぞ。

それを聞いた母親はリビングルームに飛んでいった

  そんな汚い言葉は使ってはダメ! 部屋に入ってなさい! 2時間したら出てきてもいいわ。
  そしたらまた電車で遊んでいいから。ただ綺麗な言葉を使うのよ。わかった?

2時間後、その子は部屋から出てきてまた電車で遊び始めた。母親にはその子の声が聞こえてくる。

  乗客の皆様。お忘れ物なきようお願いいたします。ご利用ありがとうございました。またのご利用をお待ちしております。
  引き続きご乗車のお客様。この電車は禁煙でございます。どうぞ快適な旅をお楽しみください。

それを聞いた母親は微笑んだ。男の子は続いて

  2時間の遅れにムカついてる方は、台所にいるクソ野郎にどうぞ


559 :名無し職人:02/10/11 16:30
>>558
物藁

560 :名無し職人:02/10/11 22:09
>>558
元の英文あったらきぼん
「汚い」英語ってどんな風か興味ある。

561 :558:02/10/11 23:44
ほれ >560

A mother was working in the kitchen listening to her 5 year old son playing
with his new electric train in the living room. She heard the train stop
and her son saying,
"All of you sons of bitches who want off, get the hell off now
.. cause this is the last stop! And all of you sons of bitches who are
getting on, get your asses in the train cause we're going down the tracks."

The horrified mother went in and told her son, "We don't use that kind of
language in this house. Now, I want you to go to your room and you are to
stay there for TWO HOURS. When you come out, you may play with your train...but
I want you to use nice language."

Two hours later, the son came out of the bedroom and resumed playing
with his train. Soon the train stopped and the mother heard her son say...

"All passengers, please remember to take all of your belongings with you.
We thank you and hope your trip was a pleasant one. We hope you will ride with
us again soon."
She heard her little darling continue...
"For those of you just boarding, remember, there is no smoking in the train. We hope you
will have a pleasant and relaxing journey with us today."

As the mother began to smile, the child added,

"For those of you who are pissed off about the TWO HOUR delay, please see the bitch in the kitchen.."

562 :名無し職人:02/10/12 01:08
>>561
> "For those of you who are pissed off about the TWO HOUR delay, please see the bitch in the kitchen.."
> 2時間の遅れにムカついてる方は、台所にいるクソ野郎にどうぞ
bitchはクソ「野郎」ではないと思うが...。直訳すると「売春婦」だけど、
「クソ尼」とか「クソ女」とでもすりゃいいかな。

563 :558:02/10/12 02:06
このジョークのbitchの初出はson of bitchesなので、特に性別を意識していないが、これを意味する
日本語としては「クソ野郎」程度がいいと考えたわけだ。すると最後のbitchに対して、561のいう
「クソ女」など違う言葉に置き換えると原文でbitchで掛かっているニュアンスが弱くなってしまう。
そこでわざとクソ野郎にしたんだ。
son of a bitch に対応する適切な語彙が日本語にあれば、それを使うことでこのような問題は
起こらないなんだが、558としてはしっくり来るものが思いつかない。性別を殺して仮に「クソ」に
すると笑い飛ばすべきジョークがかえって重くなってしまう。最後に母親のことを「クソ」という
ことになるわけだからね。
ご高説たまわらなくてもわかってるんだよ。指摘するより漏れを粋なジョークで笑わせてくれ。

564 :560:02/10/12 07:03
>>561
お、サンクス
ちなみに562は折れじゃないよ

565 :名無し職人:02/10/12 09:25
527はアメリカンなジョークではないよね。吉本ネタみたいな気がする。

566 :名無し職人:02/10/13 02:04
ナンシー「もう七時半だわ。七時からずっと彼を待っているのに。」
ジョン「何時に会う事になっているんですか。」
ナンシー「五時ですわ。」

567 :名無し職人:02/10/13 02:15
「あなたから頂いたこの指輪、お返ししますわ。あなたとは結婚出来ませんの。
私には他に愛している方がおりますの。」
「それは誰だ」
「あなた、その人を殺すつもりですか」
「いや、この指輪を売りたいんだ」

568 :名無し職人:02/10/13 06:34
>>567
(゚д゚)ウマー

569 :名無し職人:02/10/13 11:06
>>566->>577 普通にワラタ

570 :少し違うけど:02/10/13 21:57
−−−カーター元大統領がノーベル賞を受賞しましたが
「彼は素晴らしい元大統領だ。
 最初から元大統領ならさらに良かった」
(元アメリカ代表選手@モスクワオリンピック)

571 ::02/10/15 18:36
保守sage

572 :名無し職人:02/10/16 02:11
  __,,,―-、 .'ハ、   .__,,.―-、 .リ'-、     .,、、            ,.-、、          .,,,,,     
  ヽ l''''" ,/ ....ヽ、  .`-.イ'┘.,i´ ,.ヽ,     ヾヽ-、, t-.   '〔'i、 /l゙゙| .ヽ,_   .〔ヽ   ,//'''ミ'i、   
    | .{, ,/ .,/,2、.゙'i、   .| .|、.,i´ ,/∠.゙ヽ   _丿 ,,ッ ゙i、ヽ\   | .|.,l゙.ニi、 r、\  .| ゙l  ,i´l゙ .| ゙l   
  rニ′.,,,i´_ iソ^,,,八. ゙l tこ .,,,i´_ iソ^,,,八. ゙l .ニ丶 ..,i´.| .| .゙l ゙i、 .|  ゙゙i、.| .} | ゙l ゙l  l゙  | l゙ .,|  .| .}  
    | .|゚゙゙゙lニニ「'゙.゙>.゙″  .| .|゚゙゙゙lニニ「'゙.゙>.゙″  ./ ,l゙ |  | .|  |  |  /.}.゙l | .| l゙ .|  |  l゙ .l゙ l゙  .|  ゙l  
  ,izi" ."ナi二.-/「.\  ,izi" ."ナi二.-/「.\  .,i´ l、 l゙ .|n,i´ ,l゙ .|  | .ヽ.゚" 〃 丿 .゙l ゙l_/ ;|、,,,,,l゙  |  
  .广 ,,/.,,,-‐".,,/^  .゙l"`,,/.,,,-‐".,,/^  ( ./゙''ミ゜ ../ `''''′ .゙-ノ .,ノ ._--‐′  \,,,,,ノ゙`''-.,, _,l゙   
   .゙'''゜ .゙“''ー'''"      ゚''" ゙“'ー‐'"      .゙"  `'''"         ~゙"''″            `    

573 :名無し職人:02/10/16 14:51
>>527 そうか・そうか
田中の演説聞いて
A「彼女こそ典型的な演説の大家という気がする」
B「なぜ」
A「最大限の言葉を、最小限の思考で使用している」
これはチャーチルがマクドナルド議員に言ったののパクです。
だから、イギリスジョーク。

574 :名無し職人:02/10/16 23:31
ナンパその1
「ねぇ彼女!どこいくの?」
「あなたのいないところ」

ナンパその2
「君の願い事、かなえてあげるよ。」
「じゃ、近づかないで。」

575 :名無し職人:02/10/16 23:56
A「今回ばかりは、ロシア人のコンピュータ技師を見直したよ」
B「いつも、けなしている君がめずらしいな 又どおして?」
A「例の新型理論のコンピュータの問題点は知っているだろう」
B「あぁ、回路間のタイミングがミリセコンドで合わずに難儀しているアレかい?」
A「それを、ロシア人は見事にクリアしたんだ!」
B「そいつは、凄い!! でもどうやって?」
A「その分の長さの配線を這わしたのさ」

576 :名無し職人:02/10/17 13:00
ある病院がカラスの被害に悩んでいた。
超音波でカラスを撃退するという装置を購入、
使ったところ、カラスは1羽も来なくなった。

代わりに、ハゲタカが集まるようになった。

577 :名無し職人:02/10/17 20:45
アメリカの某州で、だれが一番えげつないモノを食えるかコンテストが行われた。
3位は、残飯を食った
2位は、人のヘドを食った
1位は、なんと、糞を食った
ところが、表彰の途中に1位のヤツが気分が悪くなりその場で
ゲーゲー吐きはじめてしまった。
すかさず、2位がそれを食い逆転優勝してしまった。

578 :名無し職人:02/10/18 01:56
すまん。
>>549の解説頼みたし。

579 :名無し職人:02/10/18 01:56
あげなくちゃ

580 :名無し職人:02/10/18 06:55
>578 酔っぱらってるから「内側を」回ってると勘違いした。

581 :在日外国人用:02/10/18 06:59
ベットがベットんだ!(布団がふっとんだ)の英訳。

582 :見習い工員:02/10/18 08:05
>581は駄目?結構考えたのですが…

583 :名無し職人:02/10/18 12:28
鳩の夫婦が仲睦まじく暮していた。
ある夜、夫が家に帰らなかった。
妻は心配で一睡もできなかった。
明け方近く、夫はようやく帰宅した。
妻:(眼を真っ赤にして)「アナタ、昨夜はどうしたの!?」
夫:(済まなそうに)「ゴメン、月がキレイだったんで歩いて帰って来たんだ」

584 :名無し職人:02/10/18 13:34
>>580の解説を聞いても>>549、わからない・・・

広告塔って何?どんな形?
>>580の「内側」ってどういう状況?

鈍くてスマソ・・・

585 :名無し職人:02/10/18 13:37
壁ずたいに(壁を手でなぞりながら)歩いてる状況

586 :名無し職人:02/10/18 13:38
テス

587 :在日邦人 ◆u2YjtUz8MU :02/10/18 13:40
>>584
広告塔を上から見ると □←こういう形

広告塔の面を伝って歩いてどこにもドア(開いている部分)がなかったから閉じ込められたと勘違いしたものと思われ。

588 :名無し職人:02/10/18 14:01
>>585
>>587 なーるほど!!サンクス!心のつかえがとれますた

589 :筆½おろし姫 ◆upSAGEmu9I :02/10/18 14:25
このネタ好きです
http://www.americanjoke.com/jokes/m-011183.shtml

590 :名無し職人:02/10/18 14:34
村で一番不細工で、一番細い女性がオリーブを種ごと丸飲みしてしまった。
...村から若い男が全部逃げ出した。
※解説が必要かも。何せデーブスペクターが言ってたジョークだから。

591 :名無し職人:02/10/18 14:40
>>590
たしかに分からない。解説キボンヌ。
マウスツーマウスと関係あり??

592 :名無し職人:02/10/18 14:50
591は上に目が行ったわけね。俺は解らないなりに「下から出るほう」のネタ
かとオモタ。どっちが当たりかな?

593 :へう:02/10/18 15:24
男1「女房の奴、俺がゴルフを止めないと離婚するって言うんだ。」
男2「そいつは気の毒になぁ。」
男1「ああ、いい女房だったのに。」

594 :名無し職人:02/10/18 17:12
>>593
cool!

595 :590:02/10/18 18:02
オリーブを飲み込んだだけで妊娠したようにみえる位細い女(ブチャイク)
がオリーブを飲み込む
  ↓
「オレは父親じゃない」「オレも違う」「オレも違う」…
  ↓
全員逃亡

とデーブが解説してますた。が、面白くなかったので※を付けてみますた。
デーブごめんちょw

596 :名無し職人:02/10/18 21:04
とりあえずデーブ落第。

597 :名無し職人:02/10/20 06:16
テキサスの大柄なカウボーイに、あるご婦人が言い寄っていた。
「立派な胸板ねえ。どの位あるの?」 「30インチです」
「まあすごい、それは周囲なの?」  「いえ、直径です」
「ウェストはどのくらいなの?」   「22インチです」
「それも直径なの?」        「はい、そうです」
「それじゃ・・あの・・・あちらのほうは?」 「7インチです」
「まあ、それも直径なの?(ポッ)」   「いえ、床からです」

598 ::02/10/20 15:35
離婚後の子供の親権をめぐって夫婦が口論をしていた。
なかなか決着がつかないので夫がこう切り出した。
夫:「では聞くが、自動販売機にお金を入れてボタンを押すとジュースが出てくるだろう。
じゃあこの出てきたジュースは誰のものだ?」
妻:「何よ、突然。そんなのお金を入れた人に決まってるじゃない。」
夫:「じゃあ子供は俺のものだ。」

599 :名無し職人:02/10/20 15:55
>598
妻:「じゃぁ聞くけど、自動販売機に入れたお金は一体どこにいくの?」
夫:「何だ、いきなり。ジュースを買ったんだから自動販売機の中に入ってるんだろう。」
妻:「じゃあ私達の通帳は私が貰っていくわね。」

600 :名無し職人:02/10/20 18:08
場所は西バージニア州の遠く離れた小さな山村。
年老いた登山家とそのうら若き妻が離婚をするということで、地元裁判所にいた。
問題は子供の引き取り権だった。
妻はさっと立ち上がり、子供を産んだのは自分なのだから子供の引き取り権は当然自分にあると、
裁判官に主張した。

旦那も子供の引き取り権を望んでいた。裁判官は、彼の主張を述べるよう求めた。長い沈黙の後、
旦那はゆっくりと椅子から立ち上がり、こう言った。
「裁判官、25セントを飴玉の販売機に入れ、飴玉が出てきたとします。
その飴玉は私のものですか、それとも販売機のものですか?」


601 :名無し職人:02/10/21 03:37
>>600
裁判官「そりゃ詭弁だよ。君は販売機と結婚したのかね?
    ここは法廷だぞ。アメリカンジョークを言ってる場合かね?
    うまい事を言ったとでも思っておるのかね。
    子供を飴玉と例える君の神経を疑うね、私は。
    君は法廷侮辱罪というものを知っておるかね?
    君は最初に聖書に宣誓したはずだ!あまりふざけた事を言うな!!!!」

旦那 「ネタにマジレス カコワルイ」

602 :名無し職人:02/10/22 00:00
>599
(・∀・)イイ!
>601
(・Α・)イクナイ!

603 :へう:02/10/22 13:01
ある男 「大家さん、私は一体いつまで雨漏りを我慢しなきゃならないんだ?」

大家  「知らんね。わたしは天気予報官じゃないんだ。」

604 :ナな:02/10/22 14:07
ターザンは30年間ジャングルの王として生きてきた。友達といえば猿だけだったし、
セックスの相手といえば木々に開いている適当な形をした穴だった。

レポーターのジェーンがこの伝説的人物を捜しにアフリカにやってきた。
荒野を深く入っていくと開けたところがあり、そこでターザンを見つけた。

ターザンはジャングルのオークの木を相手に元気よく運動しているところで、
恐ろしいものでも見るようにジェーンは見入ってしまった。

そしてこの動物的な情熱に負け、最後には出ていって彼に身を任さざるを得なくなった。
ジェーンが草の上に横たわると、走ってきたターザンが彼女の股を思いっきり蹴る。
痛さのあまり彼女が叫ぶ、「一体何をするの?」

ターザンは答えた、「中にリスがいないかどうかいつも確かめることにしてるんだ。」



605 :名無し職人:02/10/23 05:26
ジョン「君、結婚指輪どうしたの」
スコット「ああ、今週は女房の番なんだ」

606 :名無し職人:02/10/23 05:39
先生「君のお父さんが1000ドルを3%で3ヶ月貸す。3ヶ月経ったら
いくらになるかね。」
生徒「たったの3%ですか。そんな商売はうちじゃしてませんよ。」

607 :Kc ◆a/q5ElAE0E :02/10/23 19:34
簡単にアメリカンジョークを作る方法:

1、風刺のきいた話やマヌケな話などを用意する。
2、無駄に文章を長くする。
3、読み手より馬鹿な話にする。もしくは読み手の差別心を利用する。
4、どこが面白いのかは絶対に説明しない。

608 :名無し職人:02/10/23 22:08
差別ネタはこちらの人格が疑われる諸刃の剣

609 ::02/10/23 22:45
ある日、男が家に電話をかけると、彼の妻ではなく知らない女が電話を取った。
不審に思った男は彼女にたずねた。
「誰だね君は?」
「私はこの家で働いているメイドです」
「うちではメイドは雇ってはいないはずだが…」
「ええ、でも私は今日奥様に雇われたばかりなので、ご主人にはお会いしていません」
夫はまたかと思い、苛立ちを隠さず言った。
「妻に替わってもらえるかね?」
「奥様は今寝室で休んでおいでです。いっしょにいる男性がご主人だと私は思っていたのですが…」
それを聞いた男は何かを考え込むようにだまり、そして思いきったように言った。
「君は5万ドルほど稼いでみる気はないかね?」
「…どうすればいいんですか?」
男は静かに言った。
「電話台の下の引き出しに拳銃が入っている、弾は既にこめられている。君がやるのは二階へ行って二人を撃ち殺すことだ。できるかね?」
「分かりました。やりましょう」
受話器が置かれる音がした。そして階段を上っていく足音が聞こえた。そのあと2発の銃声が聞こえた。そしてまた階段を降りる足音がした。メイドが電話に戻った。
「もしもし」
男はほくそえんで訊いた。
「やってくれたかね」
「ええ、死体はどう処分しましょう?」
「そうだな、プールにでも放り投げておいてくれ」
「プール?家にはプールはありませんが…」
「…」
二人の間で長い沈黙が続いた。そして最後に男は訊いた。
「ええと、お宅の番号は533−9876ですか?」

610 :名無し職人:02/10/23 23:44
>>609
なんかスゲーワラタ

611 :名無し職人:02/10/24 00:25
アメリカンジョークを楽しむ方法:
1、ある程度の予備知識は蓄えておく。
2、長くても一息に読む。
3、登場人物や書き手を馬鹿だと思う。
4、どこが面白いのかは考えない。

612 :名無し職人:02/10/24 19:31
保守age

613 :名無し職人:02/10/25 18:27
アメリカンジョークというか、ジャパニーズジョーク

昔、とある寺の和尚様が弟子の小坊主にお布施の請求書を書くよう言った。
しかし入りたての小坊主はまだ読み書きができない。
和尚は漢字の教科書を渡し、
「まずは簡単な漢字から教えよう。一、二、三・・・簡単じゃろう?
 漢字なんて簡単なものじゃ。この教科書を見ればすぐに書けるようになる。
 これで勉強して、十万円の請求書を書いて欲しい。できるかの?」

小坊主は「はい、和尚様明日には仕上げておきます」と答えた。
和尚はそれは凄い、では頼む、と言い残しその夜は床についた。

翌朝、起きてきた和尚は作業している小坊主に聞いた。
「例の請求書はできたかの?」
「はい和尚様、あと千本ほど一を書けばできあがります」

614 :職業安定所:02/10/26 00:56
若いメキシコ人が職業安定所にやってきて、彼はまっすぐカウンターに向かった、”おい、仕事が欲しいんだ”

担当官 「ちょうどいいときに来たな。いま金持ちのオヤジから娘を守る屈強な運転手兼ボディーガードの募集がある。
      娘は結構イケてるらしいぞ。でかい黒ベンツを運転するんだ。制服のスーツは全て支給される。
      長時間勤務になるからな、食事もつくぞ。
      娘の休暇に海外にもつれてってやらなきゃならん。年俸は20万ドルだ」

メキシコ人 「おい、からかってるのか?」

担当官  「おまえが始めたんじゃないか」

−−−−
難しいので解説

「おまえが始めたんじゃないか」 

安定所はメキシコ人に仕事を与えることは無い→それがそもそも担当官をからかっていることになる。


615 :感想:02/10/26 02:00
>>609
> ご主人にはお会いしていません
のに
> いっしょにいる男性がご主人だと私は思っていたのですが…
は矛盾してない?
でも面白かったよ。ショートショートみたい。

616 :名無し職人:02/10/26 15:42
>>614
「おまえがだろ」の方が分かりやすいかも

「オマエモナー」でも可

617 :名無し職人:02/10/26 23:35
「おまえが始めたんじゃないか」でいいよ。
>614

618 :名無し職人:02/10/26 23:51
>>615
会ってはいないけど声だけ聞こえたんじゃないの

619 :名無し職人:02/10/28 23:21
ほしゅ

620 :名無し職人:02/10/29 00:03
レストラン小咄

その1
「店員さん!僕のスープの中に蝿が入っているんだけど…」
「ご心配なく。そいつはちゃんと泳げますから」
「…って、こんな物喰えるわけないだろ!?支配人を呼べゴルァ!」
「誠に残念ですが、当店支配人はあなたのお口には合いませんよ」

その2
「スープに死んだ蝿が入っているんだけど…」
「申し訳ございません。今すぐ新鮮な蝿を用意致します」

621 :名無し職人:02/10/29 00:11
「ジミー、もう起きる時間よ」
「ぼく起きたくないよ」
「学校に行かなきゃダメでしょ!?」
「行きたくないよ!だって先生達はぼくを嫌っているし、
 他の生徒達にはからかわれるし…」
「それでも"必ず"行きなさい!」
「何で"必ず"行かないとダメなの?」
「だって、あなたは…学校長でしょ!?」

622 :名無し職人:02/10/29 11:15
87 名前: 名無し職人 投稿日: 01/08/31 15:16 ID:cLpbRQhw

 アダムとイブが居た「楽園」とはどこか?

 イギリス人は答えた。それはイギリスに違いないと。
 「まず女性からリンゴを食べる、というレディ・ファースト精神。
  この紳士精神は、イギリス人ならではのものじゃワイ」

 フランス人は答えた。それはフランス内に間違いないと。
 「大体です、リンゴ一個でアダムと寝るなんて、フランス女
  しか考えられないじゃぁないですか」

 ロシア人はニタァーと笑ってこう言った。
 「いいですか、皆様。リンゴ一個しかないのに「楽園」といわれる。
  これは、もう、わが国としか思えないではないですか」

              出典^^; 米原真里著「魔女の一ダース」

623 :名無し職人:02/10/29 11:16
84 名前: 無名 投稿日: 2001/08/22(水) 23:56

ありがちなブラックジョーク
日本人がある黒人に対して、「いったいどうしたら君のようにペニスが30センチにもなるんだい?」
それに対して彼は、「簡単だよ、折りたためばいいじゃないか」
ということは・・・・?



624 :名無し職人:02/10/29 11:19
75 名前: 名無し職人 投稿日: 2001/08/18(土) 16:18

 ナチス時代の地獄のドイツ。
 動物園から逃げたライオンが目前、危うし!の少女を一人の勇敢
な若者が救った。

 新聞のインタビューに答えて曰く「・・・実は私はユダヤ人です;」

 翌日の朝刊の第一面トップ
 「ユダヤ人、無抵抗のライオンを虐殺」

625 :名無し職人:02/10/29 11:21
58 名前: ゆたお 投稿日: 2001/07/30(月) 01:54

新聞書評欄より
『ボケ防止に効くこの1冊!』
今週のベストセラーに輝いたこの本は、アメリカの
大脳生理学分野の権威といわれる作者の原作を読みやすく意訳したものだ。
なんでも各書店では連日飛ぶように売れつづけ、
店頭に平積みにしてある分が、入荷しては即発注を繰り返しているという。
ある書店の職員によると主な購買層は60〜80代で、男女の区別無く
同じ人が毎日同じ時間にやってきて同じ置き場所から同じように
レジまで持ってきて同じ支払いで同じお釣りを持って帰って行くという。


626 :名無し職人:02/10/29 11:24
42 名前: 爆弾行進曲 投稿日: 2001/07/27(金) 02:15

NY○番街にて。
ある白人商社マンが、マンホールの上でジャンプを繰り返す
黒人青年を見つけた。青年は実に楽しそうに跳ねている。
「21! 21! 21!」
その様子があまりに楽しそうだったので商社マン、自分にも
やらせてくれるように頼む。が、黒人青年は譲らない。
どうしてもやりたくなった商社マンは100$払ってやらせて
もらう事にした。
黒人青年は100$を受け取ると場所を商社マンに譲った。
さぁ、どれだけ楽しいのかと商社マンがマンホールに乗り
飛び跳ねた瞬間、青年がマンホールのフタを外した。
落ちていく商社マン。またフタを乗せる青年。
そして青年は何事も無かったかのようにまた跳び続ける。
「22! 22! 22!」

627 :名無し職人:02/10/29 11:41
「左側通行」

ある英国人が、イギリスはなぜ左側通行なのかを説明している。
「多くの人って、右ききだよね。」
「したがって、大部分の人は剣を自分の左側に差すわけだ。」
「と言う事は、剣が触れないように馬には左側から乗るよね。」
「道の真ん中で馬に乗るよりも、道のはしから乗る方が安全だろ?」
「つまり、馬は道の左側にいるべきなんだ。」
「だから、イギリスは左側通行なのさ。」


628 :名無し職人:02/10/29 11:42
「ゴリラ捕獲大作戦」

ある朝のことだった。男は起床すると、いつものようにリビングルームへ行き
部屋のカーテンを開けて窓の外を見た。
すると、彼の庭にある木に大きなゴリラが上っているではないか。
仰天してパニックになった男はすぐさま911をコールした。
オペレータは、ゴリラを捕獲する為のスペシャルチームを組んで
すぐに現場に向かう事を男に告げた。
20分後、1台のワゴン車が彼の家に到着し、救急隊の男が走ってきた。
「ご安心ください。もう大丈夫です。で、ゴリラはどこに?」
男は木の上のゴリラを震える手で指差した。
「わかりました。」
「実はゴリラを捕獲するにあたって、あなたにも少々手伝って頂きたい事があります。」
「手伝うだって!?。わたしは何をすればいいんだ?」
救急隊の男はワゴン車の後ろのドアを開けて
1組の手錠と、狂暴そうなブルドッグと、散弾銃を取り出した。
「それでは捕獲作戦についてお話しします。」
「まず、この私があの木に登って、ゴリラが落ちるまで木を揺さ振り続けます。」
「そうして、耐え切れずにゴリラが地面に落ちたら・・」
「すかさずブルドッグが、奴の大事なところに思いっきり噛み付きます。」
「奴はあまりの痛さに両手を空中にあげるでしょう!。」
「その時にあなたは奴に手錠をかけてください。」
「作戦は以上です。何かご質問は?。」
「オーケー。実に簡単かつ確実な作戦だ。しかし・・・。」
男は首をかしげながら言った。
「その散弾銃は、いったい何の為に使うんだ?」
「おっと、言い忘れてました。」
救急隊の男は言った。
「もし、わたしがゴリラよりも先に木から落ちたなら・・・」
「すぐさま、それでブルドッグを撃ってください!」

629 :名無し職人:02/10/29 12:18
「臓器移植」

ある売春婦が、心臓移植をしようとしている同僚を見舞いに行った。
彼女は友人を心配して、医者にいろいろ尋ねた。
売春婦「先生。移植に関して、拒絶反応とかは無いでしょうか?」
医者「ふむ。ご心配はもっともです。ところで・・・。」
医者「彼女は今36歳ですが、何歳から今の仕事に就いていますか?」
売春婦「19歳だったかしら。それが何か?」
医者「それならば、少なくとも17年間は拒絶反応なんて無いでしょう!」

630 :名無し職人:02/10/29 12:18
「名案」

老人ホームの玄関に3人の老人が座っていた。
最初の老人が言った。
「わしは、ある問題をかかえておってな。」
「わしは今、70歳じゃ。」
「朝はきちんと7時に起床し、トイレに行ってまず小さい方をするんじゃよ。」
「一日中、頑張るんじゃが・・・」
「どんな薬を使っても出ないんで、困ってるんじゃ。」

631 :名無し職人:02/10/29 12:18
「名案」

老人ホームの玄関に3人の老人が座っていた。
最初の老人が言った。
「わしは、ある問題をかかえておってな。」
「わしは今、70歳じゃ。」
「朝はきちんと7時に起床し、トイレに行ってまず小さい方をするんじゃよ。」
「一日中、頑張るんじゃが・・・」
「どんな薬を使っても出ないんで、困ってるんじゃ。」

2番めの老人が言った。
「わしが思うに、それはあんたのやり方が間違っておるのぉ。」
「わしは今、80歳じゃ。」
「朝はきちんと8時に起床し、トイレに行ってまず大きい方をするんじゃよ。」
「一日中、頑張るんじゃが・・・」
「どんな薬を使っても出ないんで、困ってるんじゃ。」

3番めの老人が言った。
「わしが思うに、それはあんたのやり方が間違っておるのぉ。」
「わしは今、90歳じゃ。」
「毎朝7時に、小さい方をしてじゃな・・」
「毎朝8時に、大きい方をしてじゃな・・」
「9時に起きるんじゃ!」

632 :名無し職人:02/10/29 12:19
「今日の晩御飯」

とあるジャングルに人食い人種の親子がいた。
パパは、まだ幼い息子にジャングルでの生き残り方を教えていた。
毒矢の作り方や、乾いた石で火を起こす方法、エトセトラ・・・。
これらの事はジャングルで生活する為にとても必要なことだった。
そんな事を教えていると、突然、岸の方から人影が近づいてくるのが見えた。
親子は慌てて物陰に隠れて、人影に目をこらした。
どうやら、難破した船の生存者らしい。ブロンドの若くて美しい女性のようだ。
幼い息子は小躍りしながら言った。
「わーい、パパ。今夜のディナーはあの女に決まりだね!」
パパは首を横に振りながら言った。
「いや。今夜のディナーは、うちのママだな。」

633 :名無し職人:02/10/29 12:19
「神の鉄槌」

あるところで、牧師と船員がゴルフをしていた。
船員はまったくひどい出来で、ミスをする度に大声で叫んだ。
「くそったれの神様め!ミスっちまったじゃねぇか!」
牧師はしばらく黙って聞いていたが、ついにたまりかねて言った。
「これこれ、そんなこと言うもんではありません。」
「あんまりひどい事を言うと、神の裁きがあるかもしれませんよ。」
しかし、船員の神への冒涜は続き、船員は相変わらず叫びまくった。
「くそったれの神様め!ミスっちまったじゃねぇか!」
牧師は顔をしかめながら、ちょっと強い調子で男に言った。
「神の怒りがあなたにあっても知りませんよ!」
しかし、男は牧師の言ったことなどどこ吹く風だった。
牧師の心配をよそに、男は失敗してまたしても叫んだ。
「くそったれめ神様め!ミスっちまったじゃねぇか!」
その直後、突然、大音響とともに空から雷が落ちた。
ところが、雷は船員ではなく牧師を直撃し、牧師は死んでしまった。
すると、雲の中から荘厳な神の声が響いた。
「くそったれ! ミスっちまったじゃねぇか!」

634 :名無し職人:02/10/29 12:19
「神様の性別」

幼い少年がママに尋ねた。
「ねぇ、ママ。神様って男なの、女なの?」
「そうねぇ・・・」
ママはニッコリ笑って答えた。
「きっと、両方じゃないかしら。」
「それじゃあ、ママ。神様は白人かなぁ、それとも黒人かなぁ?」
「そうねぇ、やっぱり両方じゃないかしら。」
「じゃあ、ママ。」
「なぁに?」
「マイケル・ジャクソンって神様なんだね!」



635 :名無し職人:02/10/29 12:20
「忙しい日々」

あなたを一日中、忙しくさせる方法。

とにかく丸い部屋に行きなさい。そして・・・
その部屋の隅に座りなさい!



636 :名無し職人:02/10/29 12:20
「再検査」

とても裕福で、とても聡明な女性が医師の元へ行った。
彼女は医師にうつむきながら言った。
「先生、すごく恥ずかしいことなんですが・・・
実は最近、おなかが張ってしまってガスが止まらないんですの。
それがすごく大きな音で、なおかつ頻繁になってしまって。
でも、幸いなことに臭いは全然ありませんのよ。」
医師は真面目な顔で言った。
「ふむ。ひょっとしたら良くない病気の前兆かも知れませんね。
よろしい、徹底的に調べてみましょう。」
医師は彼女にに衣服を脱いで、診察台に上がるよう指示した。
そして、彼女の症状を調べるために身をかがめた。
その途端、部屋中に凄い音が鳴り響いた。
BAAARRRUUUMPPP!!!!!
「こ、こりゃ、たいへんだ。」
医師はすぐに立ち上がって言った。
「あなたは、もう少し大きな病院に行った方がいい。
そこできちんと精密検査をするべきです!」
女性は両手で顔を覆い、肩を落とした。
「オーマイゴッド!」
「やっぱり、癌だったのね。」
「それで、先生。腸の癌は治るんでしょうか?」
「癌! 癌だって!」
医師は大きく首を横に振りながら答えた。
「あなたの腸は、素晴らしく健康ですよ。
よく聞いて下さい。あなたが検査しなくちゃいけないのは・・
鼻です!」

637 :名無し職人:02/10/29 12:20
「夢のお告げ」

ランド、フィルモア、アンソニーの幼い3人組が、とあるキャンプに出かけた。
その道すがら、彼らはパジャマの入ったリュックを失くしてしまった。
仕方なく3人はその夜、アンソニーを真ん中にして、裸で寝ることになった。
次の日の朝、ランドが興奮して言った。
「聞いてくれよ、フィルモア。俺さぁ・・・」
「昨日、すごくきれいなお姉さんに、えっちなことされる夢を見てさぁ。」
「あれ。その夢なら俺も見たよ!。」
フィルモアは目を丸くしながら言った。
2人はわくわくしながら、アンソニーに尋ねた。
「おい、アンソニー。お前も昨日、えっちなお姉さんの夢を見たかい?」
「いいや。」
アンソニーはストックを握る動作をしながら言った。
「僕が見たのは、スキーの夢さ。」

638 :名無し職人:02/10/29 12:21
http://www1.ttcn.ne.jp/~badtz-maru/joke.htm
これをみよう

639 :名無し職人:02/10/29 16:51
>>634 >>449
>>636 >>359

640 :名無し職人:02/10/29 19:03
>>629
解説キボンヌ

641 :名無し職人:02/10/30 07:14
男に拒絶反応はなかった、というのとかけてるんだよ。
訳が下手だから伝わらなかったのかと。

642 :名無し職人:02/10/31 07:08
久しぶりに見たらたくさん…

おもろい(;´Д`)ハァハァ

643 :目刺し屋文十:02/11/01 00:55
精神病院で、ある患者が風呂桶に釣り糸を垂れていた。
巡回中の医者がからかい半分に訊いた。

「どうです、釣れますか?」
「・・・釣れないねえ」
「なぜなんです?」
「・・・ここ、風呂場だからね」

644 :名無し職人:02/11/01 01:40
↑なんかワラタ
あんまりアメリカンじゃない気もするが

645 :爆弾行進曲:02/11/01 01:54
「先生、最近夫がベッドの相手をしてくれないんです」
「マンネリ化してるんじゃありませんか?いつもと違う事を試してみては?」
「たとえばどのような?」
「そうですね、体位をバックに変えてみるとか」
「先生、夫はハリネズミなんですが…」


ヨクカンガエタラコレ アメリカンジョークジャナイナ・・・

646 :バーベキューグリル:02/11/01 21:24
ある夫婦が庭いじりをしているとき、夫が妻に言った

「おまえの尻でかくなったなぁ。ほんとにでかくなったなぁ。そこのバーベキューグリルよりでかいんじゃないか?」

と、夫はメジャーを取ってきて、グリルと妻の尻を計ってみた。

「ほらやっぱり。おまえの尻のほうが2インチでかい!」

妻はそれを無視していた。

−−−

その夜、ベッドで夫はムラムラとしてきて妻の体を触り始めた。が、妻はそれを払いのけた。

「いったいどうしたんだい?」

「あんた、そのちっちゃいので私の大きなグリルに火をつけられるとおもってんの?」


647 :名無し職人:02/11/01 21:51
>「ほらやっぱり。おまえの尻のほうが2インチでかい!」
オチと関係ないところでワラタ


648 :丸八真綿:02/11/02 00:49
無人島に男2人女1人が流れ着いた。
この男女3人が…

イタリア人の場合、男同士が決闘し、勝った方が女と結ばれた。
フランス人の場合、3人で仲良く3Pをはじめた。
ロシア人の場合、女には目もくれずウォッカを飲み始めた。
イギリス人の場合、男同士で絡み始めた。
日本人の場合、男達はどうしてよいかわからず本社にFAXを送った。

ガイシュツだったらすいません。

649 :名無し職人:02/11/02 10:16
↑そんなアメリカンジョークありません!

650 :名無し職人:02/11/02 23:28
昔人から聞いた話しですが・・・

ある砂漠の真中で、一人の男がラクダに食料と水を乗せて旅をしていました。
1週間も過ぎた頃、男は性欲が我慢できなくなりました。
しかし、砂漠のド真中で性欲の処理をどのように・・・・・と男は考えました。
フト目をやると、一緒にいたラクダは雌だったので男はラクダを犯す事にしました。
ソッと後ろからラクダに近づき襲い掛かった所、ラクダの後ろ足で蹴られてしまいました。
しばらくは、ラクダに蹴られた怪我の為に変な気を起す事もなかったのだが、
怪我も治った頃、また男はムラムラしてきました。
そんな時、砂漠の先に人影がみえました。
男はその人影の方に行った所、綺麗な女性が倒れていました。
男 「大丈夫ですか?」
女 「3日間何も口にしていないんです。」
   「水を分けて頂けませんか?」

男は、その時これで自分の性欲が満たせると思い言いました。

男 「俺の言う事を聞くなら分けてやってもいいぞ。」
女 「はい、なんでも聞きますから水をください。」

男は、水と食料を女に与え、女が落ち着いた頃に言いました。

男 「ラクダの足を抑えてくれ!」


651 :にはは:02/11/03 01:08
マイク「将来、画家になったら言いか、詩人になったらいいか迷って
いるんだ。」

トム「そりゃ、画家になりなさいよ。」

マイク「ぼくの絵を見たのかい。」

トム「いや、君の詩を読んでみたんだ。」

652 :にはは:02/11/03 01:17
ジョン「あそこの家は暮らし向きが思わしくないようだな。」

ナンシー「どうしてそんなことをおっしゃるの。」

ジョン「だってさ、二人の娘さんが同時に一台のピアノを
弾いていたぜ。」

653 :名無し職人:02/11/03 02:29
これは中国にスキンを大量注文した時の話。なんとサイズを聞いてきたので馬並みのサイズを教えてやったんだよ。さすがの中国人もタジタジさ。ところが今日、ロシア経由で届いた中国製のスキンの箱にはおおきなマークが付いていたんだ
・・『サイズ#S』・・

654 :名無し職人:02/11/03 08:57
ガイシュツかどうか調べてから書けよヴォケが(゚Д゚#)

655 :名無し職人:02/11/03 12:32
ある男が妻に言った。
「君は食いすぎる。今は痩せていて綺麗だけど、
 そのうちぶくぶく太って目も当てられなくなるよ。
 一時の欲求に引かれるなんて醜いことだと思わないか?
 結局その欲求は死ぬまで続いて、今日満足できても
 明日にはまた空腹が訪れる。そんな繰り返しは空しいことだと思わないか?
 その為に偉大なる美をそこなってしまうんだよ。」
妻は言った。
「でもアナタは今だけのSEXに満足できないで
 つまり、一時---私が若くて痩せてる今だけじゃなく満足したいから言ってるんでしょ。」

656 :名無し職人:02/11/04 00:06
ある一人暮しの女性が顎が外れてしまったので病院に行った。

先生は言った。
 「顎は外れてしまうと癖になって外れやすくなるのであまり大きく口を開けない様にして下さい。」

しかし女性は次の日も、また次の日も、そしてそのまた次の日も・・・

次第に苛立ち始めた先生が女性に聞いた。
 「大きく口は開けるなと言ってるのに一体なんでこう毎日毎日顎が外れるんだね?」

女性は言った。
 「弟が先週旅から帰ってきたんです。でも明日また旅立ってしまうんで・・・。」

医者は一言
 
「明日の弟さんの出発時刻を教えて下さい。その後に予約入れておきますから。」

657 :名無し職人:02/11/04 01:32
>>656
野暮で悪いが説明求む

658 :名無し職人:02/11/04 01:40
>>657
>>656の文章を熟読したところ、弟さんのイチモツがBigだという事が導き出されます。

659 :名無し職人:02/11/04 02:34
>>658
656ですが、やはりその解釈でよかったんですか。
(姉と弟というシチュエーションに無理があるように思えたので・・・)


660 :名無し職人:02/11/04 18:58
原語にこだわらず、「弟」を「彼」とすれば良く通じる訳になったと思われ。

661 :名無し職人:02/11/05 00:40
「一人暮らしの」って前置きが重要なんだね。要するに恥ずかしいから「弟(又は兄)=brother」って嘘をついてるわけだ。うーん、しかしイマイチおもしろくないな。

662 :名無し職人:02/11/05 05:46

 酒場で医師のマックスが深酒をしていた。悩み事がある様子を見て、
隣に座った男が尋ねた。
「あなた、何か悩み事でも?」
 マックスは答えた。「実は…私は医師なのですが…つい出来心で患者と
セックスをしてしまったのです」
 男はニヤリと笑って言った。「患者と寝た医者なんて数え切れないほど
いるさ。うらやましいくらいだね」
 しかしマックスは首を横に振ってから言った。
「でもね…私は獣医なんです...」

663 :名無し職人:02/11/05 05:52
タイヤと黒人の違いを知ってるかい?
…タイヤはチェーンをつけても歌わない。

664 :名無し職人:02/11/05 08:03
そ〜そ〜、短いけどちょっとブラックで、こんなのがアメリカンジョークらしいね。

665 :名無し職人:02/11/05 10:21
>>662
意味わからん。ペットの飼い主とセックスしたってこと?

666 :名無し職人:02/11/05 10:29

 ある部族で、成人の儀を迎えた若者を前に長老が言った。
「これから勇者の儀を執り行う」
 若者は鋭いまなざしで頷いた。
「よいか、あそこに3つのテントがある。1つ目のテントの中にはひどい巻き爪の鷲がいる。お前はその鷲の爪を切って来るのじゃ」
 若者は黙って聞いていた。
「次のテントにはひどい虫歯のライオンがいる。お前はそのライオンの虫歯を抜いてくるのじゃ」
 若者はごくりと生唾を飲み込んだ。
「そして最後のテントには、ひどい不感症の女がいる。お前はその女と交わって、女を昇天させるのじゃ。よいな?」
 若者は黙って頷くと、盾と短剣を持って鷲のテントに入っていった。
 しばらく鷲の激しい羽ばたきと鳴き声が続いたが、やがて若者がテントから出てきた。その手には鷲の爪が握られていた。長老は満足そうに頷き、あごをしゃくって若者を次のテントへと促した。
 若者はライオンのテントへ入っていった。しばらくライオンの獰猛な吼え声が響き渡り、ときおり若者の呻き声も漏れてきたが、やがて若者は血まみれになってテントから出てきた。そして若者は長老に向かって叫んだ。
「残りは虫歯の女だけだ!」


667 :名無し職人:02/11/05 10:51
ある酔っ払いが、太った婦人を見てこう言った。
「やあ、ひどい豚がいるぞ!」
それを聞いた婦人は、
「あなたみたいな酔っ払いにそんなこと言われたくないわ!」
と激しく非難した。
言われた酔っ払いは平然とこう言った。
「わたしの酔いは明日になればさめるが、あなたのデブは明日になっても治らない」

668 :名無し職人:02/11/05 13:59
>>665
おまえアフォやろ?読解力なかったらみるなや

669 :名無し職人:02/11/05 14:33
>>668
まあまあ・・
>>662のネタは、患者であるペット(動物)とセックスしてしまった、と
悩んでいたっていうオチでしょ。

670 :名無し職人:02/11/05 14:40
ついでに、667の元ネタはチャーチルの議会での言動。

671 :名無し職人:02/11/05 14:52
What's the difference between parsley and pussy???


NObody eats parsley.

672 :名無し職人:02/11/05 15:00
セックスにマンネリを感じ始めていた一組のカップルがいた。
wife『新しい体位でもないの?あなた。』
husband『さぁ、でも一ついいのを思いついたよ』
wife『どんなポジションかしら?』
husband『まず俺たちが向かい合って抱き合う』
wife『うん、それで?』
husband『そして、背中合わせにしたもう一組のカップルを間にはさむのさ』


673 :名無し職人:02/11/05 16:15
>>666
おもしろい。

674 :665:02/11/05 16:31
>>668
アフォで悪かったなっ(´・ω・`)ショボーン
>>669
意味分かって大笑いしますた(職場で読むべからず)
アフォついでに教えて欲しいんだけど、>>666はどういう意味なのでつか?
虫歯はライオンなのではないのでつか?

675 :名無し職人:02/11/05 16:46
>>673
マジで?
>>666って女とライオンを間違えてライオンとやってしまったって事で良いのかな?
俺の理解力が弱いのかチョット考えてしまった・・・・

676 :名無し職人:02/11/05 16:48
>>674
>>666は、部族の若者が3つの儀式(鷹の爪、ライオンの虫歯、女の昇天)を
混乱してしまったことが「残りは虫歯の女だけだ!」 の一言で分かる。
つまり、間違えてライオンを昇天させてしまったということ。

677 :名無し職人:02/11/05 18:01
映画「フルメタルジャケット」から

「黒人5人が女を犯そうとしている。どうやってやめさせるか」

答え バスケットボールを投げる

678 :674:02/11/05 18:45
>>676
なるほど分かりますた。もうちょっとじっくり
読むことにしますm(_ _)m


679 :名無し職人:02/11/05 18:56

 いつもの酒場に行ったサムは、一人で嬉しそうに酒を
飲んでいる三十歳くらいの男を見つけた。あまりに嬉しそう
なので、サムはその男に話しかけた。
「何かいいことでもあったのかい?」
 するとその男が答えた。
「よく聞いてくれた。俺さ、この年になって初めてセックスって
ものを経験したんだよ」
「そうか! そいつはめでたいな。今夜はしこたま呑もうぜ!」
 二人は意気投合し、夜中まで呑んでから別れた。
 次の晩、サムはまた同じ男に酒場で出くわした。
「よう相棒! 今日は生まれて2回目のセックスを楽しんだのかい?」
「…いや、今日はやめておいた…」
「ほう、そいつはどうしてだ?」
 サムが尋ねると、男は肩をすくめて言った。
「夕べから…ずっと尻が痛いんだよ」


680 :名無し職人:02/11/05 22:20
 酷寒のミネアポリス(ミネソタ州)に、ジャック・スミスと
ジャック・ブラウンという、互いに見ず知らずの男が住んで
いた。どちらも、妻の名前は偶然にも同じメアリーだった。
ジャック・スミスは、寒さに耐えかねて2週間の休暇を取り、
フロリダ旅行へ出掛けた。同じ日、ジャック・ブラウンは
心臓発作を起こして死んでしまった。
 フロリダに着いてホテルにチェックインしたジャック・
スミスは、仕事の都合で出発が1日遅れている妻のメアリーの
元へ電話を入れた。ところが、ジャック・スミスは電話番号を
間違えて、ジャック・ブラウンの家に掛けてしまった。夫を亡く
して沈んでいるメアリー・ブラウンが電話に出ると、ジャックは
自分の妻だと思いこんで、明るい声で言った。
「メアリーかい! ジャックだよ! こっちは天国だ! 明日君が
来るのが待ち遠しいよ!」
 メアリー・ブラウンは失神した…

681 :名無し職人:02/11/05 22:40
 クリスマスも近いある日、ブラウン神父は全国カトリック
集会に出るため、教会を修道士たちに任せてコロラドへと
向かった。飛行機に乗ったブラウン神父は、クリスマス慈善
パーティの飾り付けの指示を忘れたことを思い出し、空港に
着くとすぐに、教会に電話を入れた。電話を受けた修道士は、
聞き間違いがあってはいけないからと、飾り付け用のリースに
入れる文面と、リースのサイズを電報で打ってくれるようにと
ブラウン神父に頼んだ。
 ブラウン神父は近くの電話局へ行き、文面とサイズを手短に
まとめて電報を打った。しかしその電報は、一人娘の出産の
吉報を待っているルーシー夫人の元へ誤配されてしまった。
ルーシー夫人は電報を受け取ると、いそいそと開けて中身を読んだ。
    「シュクフクセヨ、オサナゴ、タンジョウセリ。
     タテ2メートル、ヨコ3.5メートル」
 ルーシー夫人は卒倒した…

682 :名無し職人:02/11/07 14:57
あまりにもお腹が減っていたので、ドーナツの穴まで食べちゃったよ。

683 :名無し職人:02/11/07 15:01
>>682
今まで一番おもろない。死ね

684 :名無し職人:02/11/07 15:26
chotto omoroi

685 :名無し職人:02/11/07 15:44
 ある男が旅先で泥棒に遭い、旅行カバンと財布入りのバッグを
盗まれてしまった。帰りの航空チケットは運良く背広の内ポケットに
入っていたが、空港までタクシーに乗る金がなかった。男はホテルの
前で客待ちをしていたタクシーに乗り込み、運転手に事情を話した。
「…というわけなんだ。自宅に戻ったら速達で倍の料金を送るから、
空港まで乗せていってくれないか?」
「ふざけんな、こちとら商売なんだぜ。金がねぇんなら俺の車から
出ていきやがれ!」
 男は何度も頼んだが、運転手は頼みを聞いてくれなかった。男は
やむなくヒッチハイクをして、どうにか空港にたどり着いた。
 一年後、男は同じ土地を訪れ、今度は無事に旅行を楽しんでから
帰路に着いた。ホテルの前で客待ちをしているタクシーの列を見つけ、
先頭のタクシーに乗り込もうとした男は、一年前の非情な運転手が
列の最後尾にいるのに気付いた。
 男は、あの慈善の心を持たない運転手に仕返しをしてやろうと考えた。
男はまず、先頭のタクシーに乗って運転手に尋ねた。
「空港まではいくらかかる?」
「15ドルくらいだね」
「じゃあ、50ドル払うから、途中で俺にケツを貸してくれないか?」
「なに!? ふざけるな! 俺はオカマじゃねぇ! とっとと車から降りろ!」
男は先頭のタクシーから降り、2台目のタクシーに乗って同じ質問をした。
2台目のタクシーの運転手も激昂し、男は車から降ろされた。男は同じ質問を
3台目、4台目…と、次々に繰り返しては、車から降ろされた。
 そして最後の、あの運転手のタクシーに乗り込み、男は言った。
「空港まではいくらかかる?」
「15ドルくらいだな」
「じゃあ、空港まで頼む」
 運転手は何の疑問も持たずにタクシーを出した。前に並んでいるタクシーの
横を通り過ぎるとき、男はそれぞれの運転手に笑顔を向けながら親指を立てた。

686 :名無し職人:02/11/07 15:46
このチョークは、MADE IN USA

アメリカンチョーク

687 :名無し職人:02/11/07 15:55
685と686のネタの質の落差がすごいなw

688 :名無し職人:02/11/07 16:04
ボブ「お前何歳だっけ?」
マイケル「19!!」

アメリカンジューク

689 :名無し職人:02/11/07 16:09
前田「お前友達にアメリカ人がいるんだろ」
今田「いるよ・・・おっアイツだよ」
ジョージ「ハーイ!イマダ!!」

アメリカンジョージ

690 :名無し職人:02/11/07 16:37
>>689
え?

691 :名無し職人:02/11/07 16:45
>>683
いや、下がりすぎてたから。ていうか見ぬけよアホ。

んじゃ、超ガイシュツっぽいのを。

マンションで火事が起こり、女性と赤ん坊がベランダに取り残された。
「赤ん坊だけでも下に落としてキャッチさせろ」という声が飛んだが、当然女性は躊躇した。
そこにラグビー選手が現れ、 「大丈夫だ。俺なら確実にキャッチしてみせる」と言ったので、
女性は意を決して赤ん坊を落とした。

選手は見事キャッチし、そのまま50ヤード走り、赤ん坊を地面に叩きつけた。


692 :名無し職人:02/11/07 16:55
>>691
いいネタだね。面白い。
でもラグビーはかなり前からメートルで統一されているんで
ヤードの部分はメートルにしておいたほうがよかったと思う。

693 :名無し職人:02/11/07 17:03
>>685
これ二回読んでみてわかった。
乗ってやったのにって考えてたら、
「じゃあ、50ドル払うから、途中で俺にケツを貸してくれないか?」
これがみそなわけね。


694 :名無し職人:02/11/07 17:05
>>691 アメフトの方がよかったかな?

695 :691:02/11/07 17:34
どっかのサイトで見つけたもんで、オリジナルじゃないよん。結構前からあるみたいですね。
ジョークも時代を越えていくのだね・・・。(おおげさ

また、なんかあったら投稿します。


696 :名無し職人:02/11/07 17:51
>>694
アメフトは叩きつけないからね

697 :名無し職人:02/11/07 18:47
>>691


698 :697:02/11/07 18:48
ワロタ

699 :名無し職人:02/11/07 18:53
>>691
最初の2行が無ければ笑っていたと思う

700 :685:02/11/07 19:07
>>695
そうそう。何も知らずに男を乗せた運転手は、前に並んでいたタクシーの
運転手達に「あの野郎、50ドルに目がくらんでケツを貸すんだな」と思われて
しまう、というのが仕返しになっているのです。

701 :名無し職人:02/11/07 19:22
 ある男がWendyという女に恋をした。男はWendyへの愛の証として、
自分のペニスにWendyという入れ墨を入れた。そして男はついにWendyを
口説き落とし、一緒にタヒチ旅行へ出掛けることに成功した。
 タヒチでのバカンスを過ごしていたある日、男がトイレで用を足していると、
隣で屈強なタヒチ男が用を足し始めた。男がタヒチ男のペニスに目を遣ると、
男のペニスにはWという入れ墨が彫ってあった。
「よう、あんたの恋人もWendyって名前なのかい?」と男は尋ねた。
「どうしてそんなことを聞くんだ?」とタヒチ男は訝しがった。
「いや、ほら、ペニスにWの入れ墨があるじゃないか。俺のにもWの字が見える
だろ? 勃起すりゃWendyって名前が現れるってことさ」
「いや、俺のペニスに彫ってあるのはWendyじゃなくて ―」
 タヒチ男はにやりと笑って続けた。
「Welcome to Tahiti! It's a paradise on the Earth! Enjoy yourself! だよ」

702 :名無し職人:02/11/07 20:10
>>701
でかっ!

703 :名無し職人:02/11/08 03:27
ここ読んで面白かったジョークを友達に話したのだが、笑いどころがわからないと言われ
「だから○○が××だから△△なんだよ」と説明してあげた・・・

ジ ョ ー ク の 説 明 を す る 時 ほ ど 空 し い 瞬 間 は な い ね 、 正 直

後日もっと簡単でわかりやすいのを話してあげたら「途中でオチが読めた」と言われた・・・

こ れ も こ れ で 空 し い 瞬 間 だ ね

704 :名無し職人:02/11/08 06:17
>>703
生`…゚・(´Д⊂)

705 :名無し職人:02/11/08 10:29
682の同ネタ:「ドーナツは穴が嫌いなんだ」「穴だけ残しとけよ」
こっちのほうがちょっとシュールかも。

>>696 アメフトはタッチダウンのあとパフォーマンスで叩きつけるよ。
ラグビーのトライは「置く」感じだけどタッチダウン時のパフォーマンス
ではおもいっきり叩きつける。

706 :名無し職人:02/11/08 11:23
>>703身振りもふまえて話そう

>>637こういうのなんか、ストックを上下する動作を出来るだけいやらしく。



707 :名無し職人:02/11/08 11:40
つれションしているマイケルとジョニー

マイケル「ヘーイジョニーお前のチンコちっせーなー(プ」
ジョニー「ファッキンぶっ殺すぞテメー!」
マイケル「うぷぷぷ。ほーけーがいきがんなよ(藁藁藁藁藁」
ジョニー「てめーマジコロス」
マイケル「むひょひょひょひょ。ちっちぇーよー、おまえのチンコどこにあんだよ(ゲラゲラ」
ジョニー「きぃいぃぃぃぃぃぃっぃぃっっっ!!!!!!!」


hahaha-

708 :名無し職人:02/11/08 11:55
直行便ニューヨーク 〜アブフレックス編〜

モニカ「ジョン、まだそんな腹筋運動やってるの」
ジョン「えっ、どうしてだい」
モニカ「ちょっとコレ使ってみてよ」
ジョン「どれどれ」
     ・
     ・
     ・
ジョン「うわぁ!すごいよモニカ!!腹筋から火を吹きそうだよ!!!」

709 :名無し職人:02/11/08 13:11
 しこたま呑んだジャックとサムは、それでも呑み足りなかったが、二人合わせて1ドルしかポケットに残っていなかった。通りを歩いていると、ホットドックの屋台を見つけたジャックが言った。
「サム、その1ドルでホットドック買ってこいよ」
「ホットドックだと? 俺ぁもっと呑みてぇんだよ」
「いいから買って来いって。俺にいいアイディアがあるんだ」
 サムがジャックの言うとおりにホットドックを買って来ると、ジャックは説明した。
「いいか。俺がこのホットドックをズボンの中に仕込んでおくからよ、これから二人であそこのバーに入ってウィスキーを注文してな、出てきたらぐいっとあおっちまうんだ」
「おう、それで?」
「で、バーテンの野郎が勘定払えって言ったらよ。俺がズボンのチャックを開けてホットドックをにゅっと突き出すからさ、お前はひざまずいてホットドックをくわえるんだよ。フェラチオするみてぇにさ」
 二人は店に入り、ジャックの言う通りにウィスキーを注文して飲み干した。
「お客さん、ウィスキーの勘定頼むよ」
 バーテンが催促すると、ジャックはおもむろに立ち上がり、チャックを下ろしてホットドックを突きだした。バーテンが驚いていると、サムはジャックの前にひざまずいてホットドックの先端をくわえた。するとバーテンは顔を真っ赤にして怒鳴った。
「おい、俺の店で何てことやってんだ! 勘定はいらねぇから、とっとと出ていけ!」
 まんまとタダ酒にありついた二人は、同じ方法で何軒ものバーをハシゴして、呑んではバーテンに追い出され、十分にタダ酒を堪能した。12軒目の店を追い出されたとき、サムはジャックに言った。
「おいジャック、次の店から役目を変わってくれねぇか? 何度もひざまずいてるからさ、もう膝が痛ぇんだよ」
 するとジャックは言った。
「膝が痛ぇくらい何だよ。そんなの我慢しろって。俺なんてよ、3軒目の店でホットドック落としちまったんだからな」

710 :709:02/11/08 13:14
1行が長くて読みづらくてスマソ
最後の台詞は:
「...3軒目の店を出てから、ホットドックどこかに落としちまったんだからな」のほうが分かりやすかったですね

711 :名無し職人:02/11/08 13:18
「俺はメロンパンが大好きだ!!
どんな時でもそいつだけは欠かさず食べている!!
ある時、友人のトムがそいつを山ほど俺にプレゼントしてくれた・・・
ありがたい事なんだが、俺はその時吐き気がしたね! なぜかわかるかい?」
「・・・・さあ、わかんねえよ・・・」
「・・・その前に一万個喰ってたからさ!」


アメリカンジョークではないけど、漫画「漢魂(メンソウル)」に入ってて
おもしろかったから、のせる

712 :名無し職人:02/11/08 13:26
「暗がりでカミさんの尻が見えたからよ、槍で撫でたら
 蹴飛ばしやがった。よくみたらトムソンガゼルでやんの」

ンババンバ ッホッホッ ドンガガ ドドンゴドン!
(↑ボンゴのリズムに合わせて踊る)

アフリカンジョークでした

713 :名無し職人:02/11/08 14:03
アメリカ人の女の子が「日本のカルチャーはスゲースゲー」って
居酒屋で大興奮してたんだよ...
何?って聞いたら「遂に私は日本文化を克服した!キーッ!」って
どうもトイレに行ってたらしくて...
俺もトイレに行ったら、
ドア閉まってるんだけど、有るんだよね洋式トイレ。
手前を見たら男用にひっそりとティシューが捨ててありました。

714 :名無し職人:02/11/08 14:07
>>701どこがWendyになったん?

715 :名無し職人:02/11/08 19:22
>>708
めちゃめちゃ笑った
火なんか吹かねーって!

716 :名無し職人:02/11/08 19:25
>>715
キンキの剛→光一へ伝授したネタ

717 :名無し職人:02/11/08 21:05
>715
(・∀・)ニヤニヤ

718 :名無し職人:02/11/08 21:38
>>714
男のチンコにはWendyって入れ墨があって、普通のときはWしか読めないけど、
勃起するとWendyって読めるわけ。で、屈強なタヒチ男のチンコにも
Wって入れ墨があったから、勃起したらWendyって名前が出てくるのかと
思って聞いたら、そいつのチンコには
Welcome to Tahiti! It's a paradise on the Earth! Enjoy yourself!
って彫ってあるというお話。

>>715>>708
自作自演だろ?

719 :名無し職人:02/11/08 23:35
言ってやるなよ・・・。

720 :名無し職人:02/11/09 03:08
長文よりも短くズバッといこう
ジョークはキャッチーであれ

721 :名無し職人:02/11/09 05:15
長文のジョークは落語に通じるものがあるね。
たとえば「皿屋敷」。お菊が皿を数える、あの有名な怪談の落語ね。

9枚しかない皿を夜な夜な数えるというので評判になり、お菊が現れる井戸には見物客が。
ただし9枚目を数え終わると近くの人を祟り殺すというので、客は7枚目くらいで逃げていた。
その日も多くの客がお菊を見物していた。7枚目を数えたあたりで逃げようとしたのだが、
あまりにも見物客が多くて井戸から離れることができない。そのうち8枚目も数え終わり、
とうとう9枚目まで数えてしまった。殺されると思っていたら、「10枚・・・11枚・・・」
なぜかお菊は皿を数え続け、18枚まで数えてから井戸の底に戻ろうとした。
呆れた見物客がお菊に訊ねた。「ふざけちゃいけねぇよ。なんだって18枚も数えんだ」
するとお菊はこう答えた。「倍数えて明日休むんだよ」

もちろん落語はオチまでの話術も楽しみの一つなので、純粋に比べることはできないけどね。

722 :大野先生:02/11/09 09:14
ラクダに乗り、砂漠を旅している男がいた。
もう数週間、男は食欲や睡眠欲よりも、なにより性欲をもてあましていた。

ふとラクダを見ると、メス。
男はムリヤリ獣姦を試みたが、ラクダは激しく暴れて思うようにコトがすすまない。

あきらめて更に旅を続けると、向こうに車が一台見えてきた。
行ってみると美しい女性が「エンストしちゃって、困っているんです」と。
男はここぞ!とばかり奮起し、やりなれない車の修理に没頭した。

待つこと数時間、男はとうとうエンジンをかけることに成功した。
女は大変感激し
「ありがとう!お礼になんでもします、何でもおっしゃってください!」
男は待ってました!とばかりに切り出した「では、申し訳ありませんが」

「このラクダ、ちょっとの間おさえといてもらえませんか」

723 :名無し職人:02/11/09 11:55
ちがうちがう
Welcome to Tahiti! It's a paradise on the Earth! Enjoy yourself!
この文章のどこがDとかYとかになったってことさ。
Wは最初の文字だからわかるけど

724 :名無し職人:02/11/09 12:49
>>723
Wしか見えなかったんだよ。
後の文章は、縮んでて見えなかったってこと。

725 :名無し職人:02/11/09 13:49
 小心者でさえないジョンという男が死に、天国の門の前で、
天国にふさわしい人間かどうかの審査を受けていた。天使は
ジョンの経歴を調べながら、困惑した顔で言った。
「あなたは地獄へ行くような悪人ではありませんが、天国に
入るほどの善人でもありません。生きているときにした善い
行いはありませんか?」
「一つだけあります」とジョンは答えた。
「ほう、それはどのようなことですか?」
「あるとき、私が車を運転していると、道端で一人の女性が
荒くれライダーたちに絡まれていたのです」
「それで?」
「私はとても恐かったのですが、よく見るとその女性は
とびきりの美人でした。私は勇気を出して車を停め、やつらに
言ってやったのです」
「なんと?」
「おい、お前ら! その女性から手を放せ! さもないと俺が
こてんぱんにしてやるぞ!」
「ほう、それは勇気のある行動をしましたね。それはいつ頃の
話ですか?」
 天使の質問にジョンは胸を張って答えた。
「5分ほど前です」

726 :名無し職人:02/11/09 14:04
 天国行きかの地獄行きかの審判を受ける列に、3人の男が
並んでいた。審査係の天使が、最初の男になぜ死んだのかを聞いた。
「私は今日、頭痛が激しかったので会社を早退し、昼前に自宅の
マンションに戻りました。妻が出迎えないので変だなと思いながら
寝室へ向かうと、妻が慌てた様子で下着を身につけているではない
ですか。妻の浮気を確信した私は、ベランダへ出ました。すると
ベランダの外に、パンツ一枚で、両手でぶら下がっている男がいたの
です。私は、台所にあった冷蔵庫を引きずってきて持ち上げ、その男
めがけて投げ落としました。その後、人生に失望した私は、書斎の机に
しまってあった拳銃で自殺したのです。」
 天使は次の男にも死んだ理由を尋ねた。
「私は今日、仕事が休みなので朝寝坊をしました。昼前に目を覚まして、
シャワーを浴び、気持ちがいいのでパンツ一枚でベランダで日光浴をして
いたのです。そのとき不意に、女がセックスで喘ぐ声が聞こえてきました。
耳をすますと、下の部屋からの声であることが分かりました。私はもっと
よく聞こうと、ベランダから身を乗り出し過ぎて落ちてしまいましたが、
どうにか階下のベランダの柵にしがみつくことができました。落ちない
ように必死に両手でぶら下がっていると、突然、怒り狂った男が私めがけて
冷蔵庫を投げ落として来ました。私はその冷蔵庫と共に落下して死んだのです。
 そして天使は最後の男になぜ死んだのかを尋ねた。
「私はその冷蔵庫の中に隠れていたのです」

727 :名無し職人:02/11/09 14:05
>>725-726 イイネ!

728 :名無し職人:02/11/09 14:14
 ある男が死に、審判で地獄へ行くことになった。地獄で出迎えた
悪魔は、男に言った。
「これからお前に見せる3つの部屋の中から1つを選べ」
 悪魔が1つ目のドアを開けると、男が逆さ吊りで水責めにあって
いた。あまりに苦しそうなので、男はその部屋を拒否した。
 悪魔が2つ目のドアを開けると、男が首まで生き埋めにされて
ゴミを喰わされていた。男はその部屋も拒否した。
 悪魔が3つ目のドアを開けると、男が全裸で椅子に縛り付けられ、
全裸のブロンド美女にフェラチオをされていた。
「この部屋にします!」と男が迷わずに言うと、悪魔は部屋の中に
向かって叫んだ。
「この男と交代しろ!」
 その言葉を聞くと、ブロンド美女が立ち上がって部屋から出て行った。

729 :名無し職人 :02/11/09 14:16
>728 既出

730 :名無し職人:02/11/09 14:50
どこで?

731 :名無し職人 :02/11/09 14:56
↑ 自分で調べろ

>>195


732 :728:02/11/09 15:00
ガイシュツスマソでした
ちなみに728=730ではない

733 :728:02/11/09 15:17
お詫びにもう1本...

 ビリーとメアリーが深夜のドライブを楽しんでいた。
「ねぇ、ちょっと刺激的なことしない?」と言うと、助手席のメアリーは
着ている物をすべて脱ぎ捨て、ビリーのジッパーを下ろしてフェラチオを
始めた。
 運転の緊張と快感に挟まれ、ビリーはかつてない興奮を味わったが、やがて
快感に負け、ビリーは運転を誤ってしまった。車は道路を外れて街路樹をかすめ、
道路脇の芝生に横転した。メアリーは衝撃で車から放り出されたが、ビリーは
屋根が潰れた車の中に閉じこめられてしまった。
「ビリー! 大丈夫!?」
 車に駆け寄った全裸のメアリーが運転席のビリーに向かって言った。
「ああ、大丈夫だよ…でも身動きができない。閉じこめられちゃったよ」
 おろおろするメアリーにビリーは続けて言った。
「メアリー、ちょうどあそこにガソリンスタンドがあるから、助けを呼びに
行ってくれないか?」
「でも、あたし裸なのよ! 服も車の中だし、どうすればいいの!?」
 ビリーはかろうじて動く首を回して当たりを見渡し、自分の靴が片方だけ
外に投げ出されているのを見つけた。
「メアリー! あそこに僕の靴がある。あの靴で大事な部分を隠して行けば
いいじゃないか」
 気が動転していたメアリーは、ビリーの言う通りに靴で股間を隠して、
ガソリンスタンドへと走って行った。店の中に飛び込むと、メアリーは
靴で股間を隠したまま言った。
「お願い、助けて! 彼が中から出てこられないの!」
 突然現れた全裸の女に驚いた店員の男は、メアリーの股間の靴を見てから
言った。
「そこまで入っちまったら、俺一人じゃ引き出せそうにもねぇな」

734 :在日邦人 ◆u2YjtUz8MU :02/11/09 15:20
>>733
ワロタ

735 :名無し職人:02/11/09 15:43
 ドラッグストアで、美人だが少し頭の足りないブロンド娘の
ジェイミーが働いていた。ある日、男性客がジェイミーに言った。
「すまないが、あの一番上の棚にあるワセリンを取ってくれないか」
 ジェイミーは脚立に昇り、頼まれた品物を取った。その間、男性
客はジェイミーのスカートの中を見てにやにやしていた。
 次の日、同じ男性客が再びジェイミーに言った。
「あの一番上の棚にあるワセリンが欲しいんだが」
 ジェイミーはまた脚立に昇り、男性客はまたジェイミーのスカート
の中を見て楽しんだ。客が帰ると、見かねた同僚の女性がジェイミーに
忠告した。
「気を付けなさいよ、あの客はあんたのパンティが見たくて毎日
同じことさせてんのよ」
 騙されていたことを知ったジェイミーは悔しがった。
 翌日、また同じ男性客が来て、ジェイミーに一番上の棚にある商品を
取ってくれと頼んだ。ジェイミーは脚立を取り出し、一番上まで昇って
から、男性客を振り返り、あかんべーをしながら言った。
「残念でした! 今日はノーパンですよー、だ!」

736 :名無し職人:02/11/09 19:23
>>733
素敵だ

737 :名無し職人:02/11/10 09:23
>733
秀逸

738 :名無し職人:02/11/10 19:41
ここはジョークアヴェニュー
次のジョーカーはまだかい?

739 :タクシー運転手の夢:02/11/10 22:01
タクシー運転手が尼さんを拾った。尼さんは運転手にジロジロ見つづけられていたので
不審に思い運転手に尋ねた。

運転手 「頼みがあるんだけど、気を悪くしないでくれるかな」

尼さん 「あなたが私の気を悪くすることはできないわ。私とあなたが同い歳ぐらいでも
     私はずっとキリストに仕えてますからね。あなたに疑問があるならそれを解決するいい機会
     でしょう。あなたがどんなことを聞いても気を悪くすることはありませんよ」

運転手 「実は、尼さんとキスすることをずっと思い描いているわけなんで」

尼さん 「そう。条件次第ね。一つはあなたが独身であること、もう一つは
     カトリック教徒でないといけないわ」

運転手 (興奮して)「は、はい。独身でカトリック教徒です!」

尼さん 「じゃあ、次の路地に入ってくださる」

路地に入ると尼さんと運転手は口紅の後が残るほど熱いキスをし、運転手は思いを果たした。
元の道に戻ると運転手は泣き出した。

尼さん 「なにを泣いているのですか?」

運転手 「お許しくださいシスター、罪を犯しました。ウソだったのです。
     私は結婚してますし、ユダヤ教徒です」

尼さん 「いいんだよ。俺はケビンっていうんだ。ハロウィンの仮装パーティにいくところでね。」


740 :名無し職人:02/11/11 00:39
ワラタ!どんでんがえすぃ!

741 :名無し職人:02/11/11 00:49
HAHAHA!

742 :在日邦人 ◆u2YjtUz8MU :02/11/11 00:59
精神病院でのひとコマ

ある患者が大声で「俺はナポレオンだ!」と叫んでいる。
看護婦があわてて主治医を呼んだ。
駆けつけた主治医が訊ねた。「いつからあなたはナポレオンになったのですか?」
するとその患者は言った。「今朝からだ。夢の中に神様が現れて『お前はナポレオンだ』と仰ったんだ」
それを聞いていた同室の患者が言った。「俺はそんなことを言った覚えはないぞ!!」

743 :名無し職人:02/11/11 01:00
ニヤッときた

744 :743:02/11/11 01:01
>>742の感想ね

745 :名無し職人:02/11/11 01:30
age

746 :まさしくその通り:02/11/11 01:45
あなたが悲しい時............誰もあなたの涙には気づいてくれない
あなたが痛がっている時......誰もあなたの痛みはわからない
あなたが心配している時......誰もあなたの心痛を理解してくれない
あなたが幸せなとき..........誰もあなたのほほえみには気づかない

あなたが屁をこいたとき......誰だってすぐわかる


747 :名無し職人:02/11/11 12:00
http://www1.ttcn.ne.jp/~badtz-maru/joke.htm
これを全部みて勉強して
それから自分の考えたジョークをのせよう

748 :名無し職人:02/11/11 23:30
>>733ガイシュツ

749 :名無し職人:02/11/12 09:34
雨人に日本のジョーク聞かれたんだけど
何かいいのある?

750 :名無し職人:02/11/12 09:41
あるアメリカ人の脳に腫瘍があることが分かった。
おまけに大きすぎて手術もできないとのことだった。
残された道は脳移植しかない。
担当医の説明によると、日本人の優秀な技術者の脳は 50ドル/100 g、
イギリス人の由緒ある貴族の脳は 60ドル/100 g、アメリカ人の脳はなんと 13,000ドル/100 g。

怒り狂ったアメリカ人が言う、「それじゃ、ボッタクリでしょうが。何でアメリカ人の脳がそんなに高いの?」

医者が答える、「あなたね、100 g の脳を集めるのにアメリカ人が何人いるか分かってますか?」

751 :名無し職人:02/11/12 10:48
>>749
・僕の中学ん時の友達に、村井って奴がおったんですよ。
そいつ不治の病に冒されてまして、もう医者も匙を投げるほどの・・・その投げた匙が曲がったっちゅう話もあるらしいんですけど。
僕も1回見舞い行ったんやけど、もうはっきり顔に「死」という文字が浮かび上がってましたね。

そんである日の夜ね、僕が自分の部屋におったら、窓の外に入院してるはずの村井がおるんですわ。
僕が「どしたんお前、病院抜け出してきたんか?」って言うたら、
「いや、それはもうええねん」って言うて「さよなら」って言うから、
僕も「ああ、ほんならまた・・・」って、
遠ざかっていく村井の後ろ姿を見てたんですけど、
ふと気付いたんですよ「ここ2階やん・・・」あいつが居た場所に屋根あらへんし。
急いで窓の外に顔出して見てみたら、
もんのすごい長い足の村井が・・・・・・・・・・・・・・

752 :名無し職人:02/11/12 11:14
>>751
?ネタは

753 :恐るべしアメリカ軍:02/11/12 11:26
ついに北朝鮮とアメリカの間で戦端が開かれた。
士気に勝る北朝鮮軍の某小隊がアメリカ軍駐屯地を急襲し、物資を捕獲した。
偉大なる将軍様は、食料以外の捕獲物資を功績のあった兵士に分配した。
捕獲物資の一つであるコンドームも兵士に分配された。
そして特別休暇が許され、兵士は故郷に帰った。
兵士は褒美にもらったコンドームを自分の恋人に自慢気に見せた。
目を輝かせてコンドームを見つめる彼女。

数日後、彼女はアメリカに亡命した。


754 :キュービックルーブ:02/11/12 11:49
753続き
 
北朝鮮のコンドーム製造会社は
20センチサイズのコンドームを製造して
兵士に持たせた。
兵士はアメリカ兵士にそれを見せつけた。
(これが我が国での標準サイズだ)

アメリカ兵士は30センチのコンドームをみせた。
そこには{size M}
とあった。

755 :名無し職人:02/11/12 13:04
>754
この手のネタもういいかげん秋田


756 :名無し職人:02/11/12 14:10
>>751
これっぽっちもアメリカンじゃないがワラタ

757 :名無し職人:02/11/12 14:14
港のバーに、黒人の船員が肩に巨大なオウムを乗せて入ってきた。
「こいつはすごいな。どこで捕まえたんだ?」とバーテンが尋ねると、
「アフリカさ!」とオウムが得意げに答えた。


758 :名無し職人:02/11/12 19:22
>>757
オチは?

759 :名無し職人:02/11/12 19:25
>>758
分かんねーの?マジで?

760 :758:02/11/12 19:32
>>759
オウムの産地を聞かれて、黒人が答えるかわりにオウム自身が
「僕はアフリカ産だよ」って答えたんでしょ?チガウノ?

761 :759:02/11/12 19:43
違う。
マジレスするのもはばかれるが、バーテンが尋ねた「こいつ」はむろん
オウムを指すが、実はその問いに答えたのはオウムで、「俺(オウム)
はこいつ(黒人)をアフリカで捕まえてきたのさ!」って答えたんだよ。
分かる?
ちなみに俺は757ではない。

762 :758ではないが:02/11/12 19:57
なるほど納得

763 :丸八真綿:02/11/12 20:27
ありがちなネタ

昔あるところに父、母、息子の3人家族がいた。
この息子は非常に両親に愛されており、とても幸せだった。
しかし、しばらくたつとこの家族に娘ができた。
それからというもの、両親は娘にかかりっきりで、息子はあまり構ってもらえなくなった。
そこで息子はひそかに娘を殺そうと夜中に眠っている母親の乳首に毒を塗っておいた。
次の朝、父親が死んでいた。

764 :758:02/11/12 22:34
謝意。
漏れとしたことが...不覚...



765 :名無し職人:02/11/12 22:36
>>763
ガイシュツ
「次の朝、隣家の亭主が裏庭で死んでいるのが見つかった」に
してみるとか?

766 :名無し職人:02/11/12 23:04
>759=761
お前痛すぎ

767 :名無し職人:02/11/12 23:43
>>766
いちいち、そんな指摘しなくって(・∀・)イイ!!じゃん。
楽しく行こうぜ!

768 :名無し職人:02/11/13 00:59
>>763
初期のキン肉マンに似たネタがあったよ。

生まれてから一度もしゃべらない子供がいて、ある日「おばあちゃん」としゃべった。
すると4日後、その子の祖母が死んでしまった。次に「お母さん」としゃべった。
すると4日後、今度はその子の母親が死んでしまった。1人残された父親は、いつ
自分の名前が呼ばれるか恐ろしかった。そしてある日、子供は「お父さん」としゃべった。

すると4日後、八百屋のおっさんが死んでしまった。

・・・一番の不覚は、消防だった俺がこれを「怪談」として記憶していたこと、かな

769 :名無し職人:02/11/13 05:30
捕鯨船の荒くれ男たちは性欲をもてあましていた。
そこで毎日オナニーをし、鯨油を入れる樽の中に
毒液を放出していた。

やがて捕鯨船はアメリカに戻り、鯨油の樽は
ローソク工場に運ばれた。

それからしばらくして、アメリカ中の修道女が
一斉に妊娠するという珍事が発生した。

770 : :02/11/13 06:10
ジョン「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
トム 「HAHAHAHAHAHAHAHA!」
ナンシー 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ケン 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
ボブ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」 
サラ 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
メアリー「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!」
マイケル 「HAHAHAHAHAHAHAHAHA!

771 :名無し職人:02/11/13 06:50
>>766
>>759=761なのは誰が見てもわかるが、何で痛いの?
>>757の解釈は合ってるでしょ?


772 :名無し職人:02/11/13 07:15
俺も>>761のように解釈したけど違うの?
じゃどういう意味っすか?>>766

773 :名無し職人:02/11/13 08:20
>>771
>>772
逆にこういう考え方はどうだろう。
>>766の言い分は、実はこうだった。
「ジョークに説明は不要である。ジョークが語られた時点で笑うことのできなかった者は
 説明を聞いたところで本来の面白さを体感できることができない。したがって、ジョークの
 わからない者に説明をすることは、3日前に開けたシャンパンの残りをうまいといって飲む人に
 ドンペリのうんちくを語るのと同じほど愚かな行為である」

また、こういう考え方もできる。
「ジョークは非常に洗練された言葉の遊びであり、それの説明をすることは、手品師に
 タネを尋ねるのと同じほど野暮な行為である」

他に、こういう考え方もできる。
>>766は、無節操な荒らしである」

774 :名無し職人:02/11/13 14:14
>>765どれ?

775 :名無し職人:02/11/13 14:14
>>773
良レス

776 :771:02/11/13 14:32
>>773 あ、なーるほど(←字にするとやばい)
766善人説に一票

777 :セルジオ苺 ◆BiaqeFWdXE :02/11/13 14:49
〜自動車教習所にて〜

教官「じゃあ、出発しようか」
ボブ「ハイ」
   ・
   ・
   ・
教官「その調子!ギアをトップにいれて」
ボブ「はい」
教官「おいっ、そこはシフトノブじゃなくてオレの足だ?」

778 :アメ冗というよりエロ小説*長いので4分割です*:02/11/13 17:25
キムはLA郊外でテコンドーの道場を開いている。
IDも取得し、意気揚揚の24歳・・アメリカンドリームを信じてやまない若者である。
しかもキムの容姿はブルース・リーそっくり。小柄では有るがなかなかのイケメンで
コリア系ばかりか日系・中国系の独身女性にとってアイドル的な存在だった。
しかし彼女達にいくら誘われてもキムはデートには応じなかった。
「もしかしてゲイ?」と噂が立ってもキムは全く気にしなかった。彼には信念があった。
彼のアメリカンドリームには女性も含まれていたのである。
そう、キムの標的はブロンド美女なのである。それもビューティーコンペに出場するような
飛び切りのパツキン!勿論上も下も・・ナチュラルブロンド・・
キムはその夢のために東洋系の女性には全く興味を示さなかったのである。
キムの母はサウスコリア、しかし父はノースである。おそらく父譲りのイチモツを、
キムは自ら「テポドン」と命名していた。この弾道弾でブロンドを仕留めたい!
そう想像しただけでキムのイチモツは瞬く間に膨張し、臨戦態勢モードに突入する。

そんなある日、キムの前にノーマが現れる。


779 :アメ冗というよりエロ小説*長いので4分割です*:02/11/13 17:26
ノーマは19歳。キムのお気に入りバーガーショップの店員である。
透きとおるような真っ白い肌・・そして眩いばかりのプラチナブロンド!
ヘアダイなど使用していないと言い張る。身長は6フィート。コークボトルのような肢体。
まるでプレイメイトがグラビアから抜け出してきたようである。
ノーマの故郷はカロライナの田舎町。ダンサーの勉強をするために働く事にしたのだという。
「LAでアパートを借りる為の資金作りかい?」キムは思い切って話しかけた。
「ビンゴ!あなたキムでしょ。テコンドーの」ノーマは天使のようなの笑顔で答えた。
「おおお・・俺を知っているのか?」キムの声は完全に上ずった!
「勿論よ。ここに来るオリエンタルガールがいつも貴方の話をしているわ」
「どうせゲイとか何とか言っているんだろ」「それもビンゴ!」
ノーマは笑いをこらえながら答えた。
「全く何て娘達なんだ。試してもいないくせに」キムは顔を赤くして思わず呟いた。
「ドント、ウォーリー。少なくとも私にはゲイに見えないもの」 ノーマが続ける・・
「今度、テコンドーを教えてくれる?東洋のパフォーマンスにダンサーとして興味があるの」
「OK。服を着ないのならいつでもいいよ」ヤバッ!あせりすぎか・・とキムが思った瞬間
「わたしもOKよ。ベッドのテコンドーにもとても興味があるわ」
思わぬ答えが返ってきた・・・           


780 :アメ冗というよりエロ小説*長いので4分割です*:02/11/13 17:27
「アア・・どうしてそんなに上手なのォ・・身体がとろけちゃう・・アア・・」
その日の夜・・こんな事が・・現実なのか・・そう思いながらキムは愛撫を続けていた。
アメリカンドリーム実現のためにキムは勝負をかけていた。
股間のテポドンはすでにロックオン状態である・・しかしキムは我慢をした。
テコンドーというよりカラーテの精神で「一撃必殺」を狙ったのである。
じらすだけじらし、ノーマの身体を舌が痛くなるほど舐めまわし、ノーマの絶叫を誘った。
白人男はガサツで直ぐに入れたがる・・しかし白人女は前戯がことの他好きだ。
このギャップをキムはついた。キムの愛撫は2時間以上も続いたのである。



781 :アメ冗というよりエロ小説*長いので4分割です*:02/11/13 17:27
「アア・・アア・・」もうノーマの口からはまともな単語は出てこない・・
芯からほてったノーマの身体をキムの唾液の気化熱が冷やす・・もはや拷問である。
「カ・・カミン・・カミン・・プリーズ・・カミン・・プリーズ・・」やっと声にしているノーマにキムは決断した。
「よぅし、入れてやる・・・テポドンを入れてやる!」するとノーマが、
「KISSをして・・KISSをしながら入れて・・」と、ディープキスを求めた。
キムはノーマの要求に応えコークボトルを這い上がりノーマの唇を舌でこじ開け
激しく舌と舌を絡ませながらイッキに挿入した。
「アン・・」ノーマのふさがれた口から小声が漏れた・・・
生暖かい感触がキムのテポドンを包みキムは征服感に酔った。
「ここだ!」キムはその瞬間思いっきり腰を使った!150回転/分以上!
男の威信をかけたピストンである! ズドドドドドドドドドドドドドドド・・
さらにズドドドドドドドドド・・・200回転/分!
キムは全開モードで果てそうになった。
その時ノーマが唾液だらけの唇を離し囁いた・・
「キム・・あなたの『でべそ』がわたしの『おへそ』に当たってくすぐったいの」


782 :バカ笑いできないのでsage:02/11/13 17:38
第二次大戦でドイツ軍との前線から戻って来たアメリカ兵がロンドンに向かう列車に乗っていた。
列車はとても混んでいて、空いている席は無いか端から探し回っていたとき、席はあったものの、
そこには中年女のつれている犬が席を占領していた。

疲れきっているアメリカ兵が尋ねた「奥さん、ここに座らせてください」
中年女は見下げた目つきで兵士を見て「アメリカ人ってなんて無礼なの。私の可愛いフィフィちゃんが座ってるのが見えないの?」

アメリカ兵は他の席を探そうとその先の車両に行って見たが、やはり空いている席はそこしかなかった。
アメリカ兵は再度、「すみません。とっても疲れているんです。座らせてください」
中年女は「アメリカ人って無礼なだけじゃなく、傲慢ね。わかってるの!」

アメリカ兵は何も言わず、犬をつかんで窓から放り投げた。
中年女は金きり声をあげて、このアメリカ兵をなんとかしてと叫んだ。

すると席の向かいのイギリス紳士がこう言った

「あなたがたアメリカ人はなんでもわれわれイギリス人と反対のことを好んでいるようだね。
 フォークは反対の手に持つし、車は逆の車線を走っている。
 いま窓から放り出すべきヤツも違うようだ」


783 :名無し職人:02/11/13 22:50
ある男が医精神科医を訪ねて悩みを打ち明けた。
「私は他の人と比べても変わった所はないと思っていますが
 馬とファックしたくてたまらないんです。それも夢に見る位に」
医者は訪ねた。「ほう、それはメス馬ですか、それともオス馬ですか?」
男は憮然として答えた。「もちろんメス馬にきまっているじゃないですか!私はそんなに変態じゃないですよ!」


784 :名無し職人:02/11/13 23:10
(荒らしのつもりじゃないけど)
最近気に入ってよく読みに行くコラムがあるんだけどさ
http://journal.msn.co.jp/articles/nartist2.asp?w=226328

> 「下ネタを使うようになっちゃあ芸人もおしめぃだよ」

その通りだなあと思った。そんだけ。

785 :名無し職人:02/11/13 23:20
差別ネタモナー


786 :名無し職人:02/11/13 23:28
でも、アメリカンジョークはそんなんばっかじゃん。

787 :名無し職人:02/11/13 23:48
それを言ったらおしめぃだよ。
まあシモと差別はブーイングと紙一重ってことで

ここはジョークアヴェニュー


788 :名無し職人:02/11/14 02:06
差別ネタ、シモネタって言っても日本のそれとは違う気がする。

アメリカンジョークの場合、いかに核心に触れないか、って部分が重要なんじゃないかな。
日本の場合は直接的で、それこそ小学生が見聞きしても笑えるっていうものでしょ。

【板の皆を】世界で最も下品なジョーク【笑わせろ】
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/ogefin/1033873987/

これはお下品板だけど、ここの354〜にシモネタ系アメリカンジョークを書いておいた。
もちろんストレートなネタもあるけど、そうでないネタの方が多いと思うのだがどうか。

789 :名無し職人:02/11/14 03:09
>>782
十分笑えるよ。気に入った。

790 :名無し職人:02/11/14 16:19
男は,今日も仕事で疲れきって,遅くなって家に帰ってきた。すると,彼の5歳になる息子がドアのところで待っていたのである。彼は驚いて言った。
「まだ起きていたのか。もう遅いから早く寝なさい」
「パパ。寝る前に聞きたいことがあるんだけど」
「なんだ?」
「パパは,1時間にいくらお金をかせぐの?」
「お前には関係ないことだ」男はイライラして言った。「なんだって,そんなこと聞くんだ?」
「どうしても知りたいだけなの。1時間にいくらなの?」男の子は嘆願した。
「あまり給料は良くないさ・・・200ドルくらいだな」
「わあ」男の子は言った。「ねえ。パパ。ボクに100ドル貸してくれない?」
「なんだって!」疲れていた父親は激昂した。「お前が何不自由なく暮らせるためにオレは働いているんだ。それが金が欲しいだなんて。だめだ!早く部屋に行って寝なさい!」
男の子は,黙って自分の部屋に行った。

しばらくして,父親は後悔し始めた。少し厳しく叱りすぎたかもしれない...。たぶん,息子はどうしても買わなくちゃならないものがあったのだろう。それに,今まで息子はそんなに何かをねだるってことはしない方だった・・・
男は,息子の部屋に行くと,そっとドアを開けた。
「もう,寝ちゃったかい?」彼は小さな声で言った。
「ううん。パパ」男の子の声がした。少し泣いているようだ。
「今日は長いこと働いていたし,ちょっとイライラしてたんだ・・・ほら。お前の100ドルだよ」
男の子は,ベットから起きあがって,顔を輝かせた。「ありがとう。パパ!」
そして,小さな手を枕の下に入れると,数枚の硬貨を取り出した。
父親はちょっとびっくりして言った。「おいおい。もういくらか持ってるじゃないか」
「だって足りなかったんだもん。でももう足りたよ」男の子は答えた。そして,100ドル札と硬貨を父親に差しのべて...
「パパ。ボク,200ドル持ってるの。これでパパの1時間を買えるよね?」




791 :名無し職人:02/11/14 16:30
>>790
その子がパパを一時間でどうしたかったのか気になる・・・

792 :名無し職人:02/11/14 17:03
>>791
「忙しいお父さんを気遣う作戦なんだよ」と言ってみるテスト


793 :名無し職人:02/11/14 17:41
とある心霊番組で、アメリカ人のタレント、リチャードの母親の霊を、
霊能力者にのりうつらせることになった。
霊能力者 「今おりてまいりました・・・リチャード!リチャードなのね!私よ!
お前と話したくて、あの世からおりてきたの・・・」
番組終了後、霊能力者は、リチャードの母がまだ死んでないことを知った。
事前によく調査してなかったミスであった。しかし母ではなく、実は霊は祖母だった、
ということにして、事を乗り切ろうと思った。そして楽屋に、怒りをあらわにした
リチャードがやってきた。「交霊なんてインチキじゃないか!!」
「まあまあ、あれはあなたのお母様でなく、実はおばあ様の間違いで・・・」

「俺の本名はリチャードじゃねえ!」



794 :名無し職人:02/11/14 17:50
↑ちなみにこのネタ、実際にあった話だそうで。

795 :名無し職人:02/11/14 18:37
>>790
えぇ話や…。ほろり…。

796 :名無し職人:02/11/14 19:06
>>788
面白かった。転記してもいいんじゃないかな。

797 :名無し職人:02/11/14 19:13
>>790
「時給200$」って・・・。ここで仮説。

1:週給200$の誤植である
2:時給20$の誤植である
3:エリートビジネスマンの微笑ましいエピソードである

心情としては3だけは外れてほしいのだが

798 :名無し職人:02/11/14 21:23
ふとんが牛小屋までふっとんだ ウモー

799 :名無し職人:02/11/14 21:37
ペットショップにて

ホットドック一つくださ〜い

800 :名無し職人:02/11/14 22:27
>794
高名なマジシャン、ハリー・フーディーニのエピソードでつ。

801 :名無し職人:02/11/14 22:38
>>798
てめえ!


あちこちにコピペしてやる

802 :名無し職人:02/11/14 23:17

 共に60歳を過ぎたジョンとサムがボートで釣りをしていると、
近くの橋の上を葬送の列が通り過ぎた。ジョンは釣りを中断して
立ち上がり、帽子を取って胸に当てながら葬送の列を見送った。
その様子を見たサムは驚いて言った。
「ジョン、お前さんとは長い付き合いだが、そんなに敬虔な
人間だとは知らなかったよ」
 ジョンは釣り針の餌を付け替えながら答えた。
「まあ、40年近く連れ添った女房だからな」



803 :名無し職人:02/11/14 23:26

 ビジネスで成功し、ある会社の社長に納まっている男が、ふと妻に尋ねた。
「僕は君を裏切ったことはない。君もだろう?」
 ところが妻はうつむいて答えなかった。男は妻に言った。
「もし君が僕を裏切ったことがあるのなら、正直に言ってごらん」
 妻はしばらく黙っていたが、意を決したように言った。
「あなたが若い頃、仕事でミスをしてクビになりそうだったことが
あったわよね?」
 聡明な男は妻の言葉の先を読んだ。
「…つまり、君が僕の上司と寝て、僕を窮地から救ってくれたんだね?」
 妻は小さく頷いた。男は妻の心遣いに感謝し、不貞を許した。
「あと、あなたが心臓病で死を宣告されたとき、タイミングよく心臓の
ドナーが現れたわよね?」
 男は再び妻の言葉の先を読んだ。
「…と言うことは、君が医者と寝たことで、僕の命を救ってくれたんだね?」
 妻は再び頷いた。男は妻に再び感謝し、また妻を許した。妻は言葉を続けた。
「もう一つあるの」
 男は少し驚きながら言葉の続きを待った。
「あなたが出世して重役になって、とうとう社長の座を賭けた役員会に臨むとき、
社長になるには15票足りなかったわよね?」



804 :名無し職人:02/11/14 23:34
3連発カキコ。

 倦怠期の中年夫婦がカウンセリングを受けた。男性のカウンセラーが夫に
夫婦間の問題について尋ねると、夫が答えた。
「女房は、とにかく俺に文句ばかり言うんです」
 その答を聞いた妻は激昂し、一方的に文句をまくしたてた。妻の文句を5分ほど
聞いたカウンセラーは、夫からの愛情不足が原因であると判断した。そしてカウン
セラーはおもむろに立ち上がり、妻を抱きしめて情熱的なキスを1分ほど続けた。
すると妻は、憑き物が落ちたように言葉を失い、柔和な顔に戻って椅子に腰掛けた。
カウンセラーは夫に向かって言った。
「わかりますか? 奥さんには、最低でも週に3回、これが必要なのです」
 すると夫は困惑した表情で答えた。
「俺がここに来られるのは月曜と木曜だけだ…あと1日はどうしたものか…」



805 :名無し職人:02/11/14 23:57
チョー有名な話しなので、がいしゅつだったらスマソ (細部はテキトーです)

認知心理学の学者が、チンパンジーの行動パターンから知能というものの
秘密を探ろうと、ごく普通の部屋を用意してそこへチンパンジーを入れ、
隣の部屋から観察することにした。
学者が、壁の覗き穴からそっと覗くと、チンパンジーもこっちを覗いていた。

806 :筆½おろし姫 ◆upSAGEmu9I :02/11/15 01:27
ワタクシもガイシュツダッタラスマソ

隣人「まぁまぁ若いのに夫婦喧嘩だなんて。どっちが悪いの?」
女「ダンナのほうに決まってるじゃない!だって殴り返してくるんですもの!」

807 :名無し職人:02/11/15 02:30
>>793
テレビで稲川淳二も似たようなこと言ってた。
交霊会で霊能力者に「淳二!淳二なのか〜」と語りかけられたが、
彼の本名は 淳 二 で は な い 。

808 :ゆたお:02/11/15 02:49
ここは無人島。そこに飢えた男が3人。そして目の前に1匹のわたりガニ。
A「なあ、頼む、無事に帰ることが出来たときには金でもなんでも好きなだけやる」
B「ふざけんな。いま食わねえと死ぬのは誰だって一緒だろ」
C「ところで俺は昨日誕生日だったんだ。つまり蟹座だ」
B「俺は昔気絶して本当に泡吹いたことあるぞ!」
A「埒があかねぇ。恨みっこなしでここはジャンケンだ。」
―― で、全員パー ――
B「あいこか」
A「だな。ふぅー」
C「彼の勝ちじゃないのか?」

809 :名無し職人:02/11/15 05:42
わたりガニの勝ち

810 :名無し職人:02/11/15 05:57
>>790
。・゚・(ノД`)・゚・。うええええん

>>805
禿藁

811 :名無し職人:02/11/15 06:29
802-804の3連発さん
>>803は分かるけど >>802>>804 は何度読んでも笑いどころがワカラナイ(普通の世間話に読めちゃう)
野暮とは分かってるけど、オチの意味キボンヌ!!!

812 :名無し職人:02/11/15 07:33
日本が誇るジョーカー立川志の輔「バールのようなもの」より

「エイのヒレってどこまでがヒレなんですか?」
「切っていって『痛い!』ってとこまでがヒレだな」 
「爪みたいなものですか」 
「深く切りすぎたものは、これをフカヒレと言ってな」 
「キリンってなぜ首が長いんですか?」 
「あんなに高いところに首があるんだ、繋ぐしかないだろう」 
「蚊に刺されるとどうして痒いんですか?」 
「痒くなかったらどこを掻いていいかわからないだろう。教えてくれてるんだ。親切だろ」 
「新聞で死体とか遺体とか書いてありますよね。死体なんですか遺体なんですか」 
「・・・・・それはまあ、二つあるんだよ」 
「二つ? どういうことで?」 
「男と女だな」 
「男と女?」 
「男がシタイで、女がイタイ・・・」

813 :名無し職人:02/11/15 07:34
>>811
野暮だからあきらめるってのはどうだろう

814 :名無し職人:02/11/15 07:38
>>811

>>802
「おまえなんで今釣りなんかしてんだよ!」

>>804
「家でキスしてやれよ、ってゆーか自分でキスする気ないのかよ!」

815 :811:02/11/15 09:40
職場からヒソヒソ
>>813 その言い方が無性に可笑しくて笑っちゃいました
>>814 納得です。オチが分かると可笑しい。読みが浅くてすみません(あたしの思考回路が悪いんですね。修行します)

816 :811:02/11/15 09:41
さらにヒソヒソ
>>812 ワラタ!!!

817 :名無し職人:02/11/15 09:53
自分のネタのせてる?

818 :名無し職人:02/11/15 10:23
8 :名無しさん@ピンキー :02/10/06 13:59
ひっ!臭い!(1931)マン臭事変が勃発だ!


9 :名無しさん@ピンキー :02/10/06 14:24
      (`д´)  ン? オレノコトカ…?
     ノ(  )ヽ
      / ω \


\タマちゃ〜〜〜〜〜〜ん!/

10 :名無しさん@ピンキー :02/10/06 14:54
大きなノッポノ古チンチン
お爺さんのチンチン
........................
100年休まずにシコシコシコシコ
今はもう動かないこのチンチン


819 :名無し職人:02/11/15 10:23
12 :名無しさん@ピンキー :02/10/06 15:22
ぼくの大好きなオーナホール
パパから貰ったオーナホール
とっても大事にしてたのに
破れて締まりが悪くなる
どーしよ(グィーン!)
どーしよ(ブルブル・・・)
オーシーマラナイヨシーマラナイヨ
パーオパオ パンパンパン
オーシーマラナイヨシーマラナイヨ
パーオパオパン

111 : ◆43fuCKMETk :02/10/13 15:18
男が裸で鏡の前に立ち、自分の肉体に見とれて言った。
「あと5センチあれば、俺は王様だ!」

女が冷ややかに言い返した。
「あと5センチとれば、あなたは女王様ね」


820 :散髪屋:02/11/15 13:08
男が散髪屋のドアから首だけ出して聞いた「切ってもらえるのにどれくらいかかる?」
散髪屋は待っている客を見渡して「2時間ってとこだね」と答えた。男は去っていった。

数日後、同じ男がドアから首だけ出して聞いた「切ってもらえるのにどれくらいかかる?」
散髪屋は待っている客を見渡して「2時間ってとこだね」と答えた。男は去っていった。

数週間後、同じ男がドアから首だけ出して聞いた「切ってもらえるのにどれくらいかかる?」
散髪屋は待っている客を見渡して「1時間半ってとこだね」と答えた。男は去っていった。

散髪屋は、店にいた友達に「おいビル、あの男がどこに行くかつけてくれ」。
しばらく後、ビルが大笑いしながら帰ってきた。散髪屋は「で、ヤツはどこに行ったんだ?」

ビル 「おまえの家さ」


821 :天国の門:02/11/15 13:26
天国の入り口で待っている女2人が話し始めた

「あなたなぜ死んだの?」
「凍死よ」

「それはひどいわね、凍死ってどんな感じだったの?」
「とても気分は悪いわ。最初震え始めて、指先とかが痛くなるの。
 そのうち感覚が無くなって最後には眠ったようになるわ。ところであなたは?」

「心臓麻痺。夫が浮気してると思って突然家に帰ってみたの。ベッドルームには夫がいたわ。でも女はいなかった。
 女が隠れてると思って、急いで地下室、次は2階、屋根裏まで走って上がって探して回ったの。
 すると突然心臓麻痺になったってわけ。きっと急に激しい運動したからだと思うわ」

「皮肉なものね」
「なにが?」

「あなたが最初に冷蔵庫を探してくれたら2人とも死ななくてよかったのに」


822 :名無し職人:02/11/15 18:33
>>820の説明きぼん

823 :在日邦人 ◆u2YjtUz8MU :02/11/15 18:35
>>822
旦那が床屋にいるのを確かめてから浮気相手の人妻の所に行ったものと思われ。

824 :名無し職人:02/11/15 19:22
>>823
なるほどね。説明聞いたら笑えてきたよ(w
説明サンクス!!

825 :名無し職人:02/11/15 19:47
>>823
単に家で髪を切ってもらうつもりなんだと思ったよ…

精進が足りませんですた。で直してきます。

826 :名無し職人:02/11/15 22:50
ていうかジョークの解説は白けるから勘弁しろや(゚Д゚#)ボケ
>>811とか>>822とかよく考えればすぐ分かるだろうが(゚Д゚#)タコ

827 :名無し職人:02/11/16 00:13
>>826

まあ、そう言うなって つ旦~
昨日の質問者が今日の理解者、明日の演者になるかも知れんじゃないの?
アメリカンジョークなんざ日本じゃそんなに裾野広いジャンルでもないんだから。

828 :名無し職人:02/11/16 03:34
折衷案として、解説はメル欄に書く、というのはどうだろか

それとbloomとかいう頭のおかしなヤシが荒らしてるので、しばらくsage進行よろすく

829 :名無し職人:02/11/16 15:28
 ある男が女に求婚した。女は男のことが好きではなかったので、無理難題を
言って諦めさせようと考えた。
「あたしはね、ペニスが45cmもある男としか結婚する気はないのよ」
 その言葉を聞いた男はショックを受け、がっくりとうなだれたまま言葉を
失い、やがてメソメソと泣き始めてしまった。5分ほど泣いた男は、顔を上げて
意を決した表情で女に言った。
「わかった...君のためなら切るよ」

830 :829:02/11/16 15:29
しまった! sageんの忘れた!!! スマソ

831 :829:02/11/16 15:31
>>829は「ペニスが45cmの男としか」と書いたほうが分かりやすかった鴨

832 ::02/11/16 15:34
金太マスカットナイフで切る

(、‘∪‘、)<金太負けるな〜

833 :爆弾行進曲:02/11/17 01:20
春風亭小朝のネタ

子供「お母さん、アメリカって遠いの?」
母親「黙って泳ぎなさい」

・・・ダカラ、アメリカンジョークジャネェッテ・・・

834 :ネタバレスマソ:02/11/17 01:52
>>832
おっ、なつかしいな。

言った奴は、ウォルト・ディズニーだから、ぎりぎりアメリカンだ。

835 :名無し職人:02/11/17 11:36
>>834

こんなのもあった
こっちはアメリカンジョーク

「ママ、パパの顔は何でこんなに青いの?」
「うるさいわね。黙って掘りなさい」

836 :名無し職人:02/11/17 11:47
>>835
2行で笑えるところが好き!

837 :名無し職人:02/11/17 22:11
オカルト板、後味の悪いスレより。

肝田さんは、お腹の調子が悪くて病院に行きました。
「先生、どうなんでしょう?」
「心配ないですよ。よく効く座薬がありますから、それを使いましょう。準備をしてください」
肝田さんはパンツを脱いで、お尻を先生の前に突き出しました。先生は肝田さんの肩に手
をかけました。
「いいですか?いきますよ。はい力を抜いて」
「うっ」
座薬はいくつか入ったようでした。
「この座薬を毎朝、1週間続けてみてください」
「どうもありがとうございました」
翌朝。
言われた通り座薬を入れようとしましたが、どうもうまくいきません。そこで肝田さんは、
奥さんに頼むことにしました。
「これをお尻に入れればいいのね。わかった。いくわよ」
奥さんは右手で座薬をつまみ、左手を肝田さんの肩にかけました。
そのとき。
「うわあああああああああああああああ!!!」
「どうしたの?!ごめんなさい、痛かった?大丈夫?」
「うわああああああああああ!!違う、今気づいたんだ!うわああああ!」
「なに?何に気づいたの?」





「あのとき先生は、おれの肩に両手をかけていた!!」


838 :名無し職人:02/11/17 22:58
>>837
>>788にもあった

839 :名無し職人:02/11/17 23:37
>>837
warata

840 :名無し職人:02/11/18 05:24
「お父さん、お巡りさんて悪い人を捕まえるのが仕事だよね」
「黙って逃げろ!」

841 :名無し職人:02/11/18 05:43
お父さん、つまんないネタはウケないんだよね?
黙ってsageろ。

842 :名無し職人:02/11/18 07:06
>>840 結構面白いけどな…

843 :名無し職人:02/11/19 08:10
差別ネタ:

 二人の白人と一人の黒人が天国の門にたどり着き、順番に審査を受けた。
 天使は三人に向かって言った。
「天国はあなた方を迎え入れるでしょう。ただし、そのためには簡単な質問に
答えられなければなりません」
 そして最初の白人に問題を出した。
「南極にいるヨチヨチ歩く鳥の名前を言ってください」
「ペンギンです」
 最初の白人は天国に受け入れられた。天使は二番目の白人に質問した。
「“太陽”のスペルを言ってください」
「S・U・N」です。
 二番目の白人も天国に受け入れられた。天使は一人残っている黒人に問題を出した。
「フェルマーの最終定理を5分で解いてみな」




844 :名無し職人:02/11/19 11:10
レストランで
店員「おまたせいたしました。本日のスープでございます」
客「なんだその持ち方は。親指が入ってるじゃないか」
店員「大丈夫です。やけどはしておりません」

845 :名無し職人:02/11/19 11:11
レストランで
店員「おまたせいたしました。本日のスープでございます」
客「おい、スープの中に虫が入ってるぞ」
店員「大丈夫です。虫の飲む量はごくわずかです」


846 :丸八真綿:02/11/19 13:21
ある小学校に文部省の役人が視察にやってきた。
その役人が一人の生徒を捕まえて「この地球儀はなぜ傾いているんだね?」と聞いた所、
その生徒は「僕がやったんじゃありません。」と答えた。
彼は呆れて、担任の教師にことの仔細を話したところ、その教師は「買ったときから傾いていたんですよ。」
とうとう彼は激怒して校長を散々怒鳴りつけて、帰っていってしまった。校長はただひたすら平謝りするしかなかった。
その後、校長は担任を呼び出して怒り混じりに言った。
「だからジャックの店で備品を買うなといったんだ!!」

847 :名無し職人:02/11/19 14:05
ある受験生が、あまりの勉強の苦しさにノイローゼになり、自殺した。
彼は地獄に落ちた。
「うわー!想像してたよりあの世はひどいな!!!こんなことなら死ななきゃ
よかった!」
神様「君は運がいいな。今地獄は満員なんだ。特別に生き返らせてやろう」
「ありがとうございます!生き返ったら、一日一日を大事に生きます」
神様「よし!出所をみとめる!


・・・ただし春に受験に失敗した後、再出頭すること!以上!」

848 :名無し職人:02/11/19 16:59
アメリカンジョークじゃないけど、それに近い雰囲気のお話。

映画「ダイ・ハード」で、パトロールに来た黒人警官がテロリストに気付かず、ビルの
ロータリーをパトカーでグルグル回っている。それを見たテロリストが一言。

「あいつらメクラなんじゃねーの」(日本語字幕)

「What a Fuckin' Stevie Wonder...」(実際のセリフ)

849 :名無し職人:02/11/19 17:07
機械科試験より

問.発光ダイオードはアルファベッドでいうと何か  答.ED

850 :名無し職人:02/11/19 19:11
シャア専にこのスレを移植したよ、ボブ!
ttp://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1032660613/l50
HAHAHAHAHA!!

851 :名無し職人:02/11/19 19:18
>>850
ちゃんとスレタイも書いといてあげなきゃ。

さて、君達はまた騙されたわけだが
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1032660613/l50

852 :名無し職人:02/11/19 21:34
>>849
意味が分からない

853 :名無し職人:02/11/19 21:51
>>852
erection deficiency(スペルわからん)だっけ?
にたようなので
ドイツ語の”時間”はstuendeですが、りゃくてしてSTDと書きます

854 :名無し職人:02/11/19 21:51
Erectile Dysfunctionだった 鬱

855 :名無し職人:02/11/20 02:02
ゲシュタポ(ナチスドイツの国家警察)のユダヤ人担当者でガス室などユダヤ人皆殺しに
腕をふるったアドルフ・アイヒマンが戦後イスラエルの法廷で絞首刑を宣告された。
裁判長は、ユダヤの律法により死刑囚はひとつだけ希望を述べる事ができる、とアイヒマン
に説明した。
アイヒマンは小考の後、ユダヤ教に改宗したいという希望を述べた。これは、つまりユダヤ人
になりたいということと同じ意味である。
裁判長は、その理由を説明することをアイヒマンに求めた。
アイヒマンは、こう答えた。
「そうなれば、またひとりユダヤ人が死ぬことになるからです」

856 :名無し職人:02/11/20 02:55
この世に生まれて
色んな人に逢って
誰かに恋をして
振られて傷ついて
また他の誰かに恋をして
結婚して
子供が出来て
子供に傷つけられ
最後に年をとって死ぬんだ

そんなイイこと見のがす手は無いだろ?



アメリカンとゆうか宇宙のジョークになるんだろうなぁ
アルフが元ネタ

857 :名無し職人:02/11/20 10:33
>848
テロリストじゃなくて、主人公のマクレーン刑事のセリフ。
テロに気付かない黒人の巡査に毒づいて言ってる。
セリフも「What a Fuckin' Stevie Wonder...」ではなく
「Drivin'car is Stevie Wonder?」だったはず。
字幕は「目がみえないのか?」。
俺もそこで爆笑したのでよく覚えてる。

858 :名無し職人:02/11/20 10:40
>>857
そのセリフって、差別問題にうるさそうなアメリカで
問題にならなかったんだろうか・・・。
日本で言ったら、縄でしばられて動けないヤシを見て、
「ありゃZ武くんなのか?」って言ってるようなもんでしょ。
・・・すげー反感くらいそうな気がするんだが。

859 :名無し職人:02/11/20 18:20
>858
>差別問題にうるさそうなアメリカ
うるさいのは日本。
アメリカはそんなに堅苦しくないぞ。
別に日常的に差別が行われているって意味じゃなくて、そこまでギュンギュンに固めてないって意味でね。

860 :名無し職人:02/11/20 18:27
>>859
いい意味で「作り話」だと理解してる、って考え方はどうかな。

日本だったら「あの人はあんな暴言を吐いた=毒舌系」みたいに、
メディアが何であれ、すぐに偏ったイメージが定着するし。

861 :名無し職人:02/11/21 08:36
「臭いものに蓋」で差別対象自体なかったことにしてしまう日本
とはちがうみたいだね。あっちじゃバービー人形のシリーズに
車椅子に乗った友達がいて、あだなが「ホイール」らしい。
存在して当然のものを描かない方が失礼、という考え方なんだろう。 


862 :名無し職人:02/11/21 12:00
最近≫ワロタ、が少ない…
面白いのに…
ここお気に入りなヤシ!
ワロタら素直にカキセヨ!

863 :名無し職人:02/11/21 16:07
 赤ん坊を抱いた女性がバスに乗ると、運転手が赤ん坊を覗き込み、「こんなに
醜い赤ん坊は初めてみたよ」言った。
 母親は憤慨して一番後ろの席に座り、悔しくて涙をこぼし始めた。すると
隣に座っていた男が尋ねた。
「奥さん、何かあったんですか?」
「...実は今...あの運転手にひどく侮辱されたんです」
 その言葉を聞くと、男は母親に同情して言った。
「奥さん、遠慮なんか要らないから今すぐ運転手に文句を言ってやりなさい!
その猿は私が預かってあげるから!」

864 :名無し職人:02/11/21 16:15
>>863
ニヤリとしますた

865 :名無し職人:02/11/21 18:58
黒人は、いつもセックスのことを考えているという。なぜか?
頭に陰毛が生えてるから。

866 :丸八真綿:02/11/22 00:08
差別ネタ下さい。

867 :名無し職人:02/11/22 01:49
ユダヤの男が、町の売春宿に出かけた。
彼は、ゴム製品を買う金を節約して、そのかわりにコートから商標をはぎとり、
それで彼のモノをくるんだのだった。
もちろん、その即製サックは、コトの最中にとれてしまったが、彼は、そのことに
気付きさえもしなかったのである。
そのあと、こんどはアイルランド男が、その同じ女のサービスを受けることになった
するべきことをして彼は、何かが女のアソコからのぞいているのに気付いた。
それをつまみ出すと、そこには、「ロス・アンド・スタイン洋服店」と書かれていた
のである。
「チェッ、なんてことだ」アイルランド人は舌打ちした。
「ユダヤ人め、この次にはどこに広告を出すつもりなんだ」

868 :名無し職人:02/11/22 21:33
>>867
女も気付けよなw

869 :名無し職人:02/11/22 21:51
>863
ガイシュツ

870 :名無し職人:02/11/22 23:27
仕事が思ったより早く終わったので、ジョージが早めに帰宅してみると、何と医者先生が、妻とベッドに入っていた。
「おいおい先生よ。一体何をしているんだい?」
「いや、奥さんの体温を計っている所なんだが……」
「ああ、そうかい。でもな先生、女房に押し込んでいるあんたのものに、目盛りがふってなかったら、承知しねえからな」


871 :名無し職人:02/11/22 23:40
新婚の部屋で、若い夫が裸で鏡の前に立ち、自分の肉体に見惚れていた。
「後、2インチあれば、僕は王様さ。」誇らしげに彼は言った。
「そうね」と妻は言った。
「反対に2インチとれば、貴方は女王様よ」

872 :りんご:02/11/22 23:49
『Aくんの将来の夢って国際病院?』
『うんゥ国際病院ゥ』
ウンコ臭い病院

873 :爆弾行進曲:02/11/23 00:07
アメリカを訪問したチャーチルが国賓としてホワイトハウスに逗留した。
その晩、ルーズベルトと内密の打ち合わせをする予定だったが、ルーズベルトが
遅いのでチャーチルは風呂に入る事にした。
ところが折悪しくチャーチルが風呂に浸かり始めたその時、ルーズベルトが部屋を
訪れた。
ノックが聞こえたと思ったルーズベルトはズカズカ部屋に入ってチャーチルを呼んだ。
誰かと思ったチャーチルはバスローブを羽織るのも忘れて風呂を出た。
素っ裸のチャーチル、ルーズベルトを見て仰天するが、ルーズベルトはフルチンの
チャーチルを見てもっと仰天した。
しかし此処で慌ててはいけないと思ったチャーチルはフルチンのまま腕を悠然と広げ

「ようこそ大統領。ご覧のように英国首相チャーチルは合衆国大統領に対して何一つ
 隠し立てするものはありませんぞ」

ウソのようで割と有名な逸話。

874 :名無し職人:02/11/23 00:12
>>871 ガイシュツ
>>872 スレタイ読んでから逝ってよし

875 :名無し職人:02/11/23 00:39
フランス人の女中

 フランス人の女中が奥様に、ファックってどう言う意味でしょうか、と尋ねた。
「それは貴女、もてなす、ということなのよ」と夫人は答えた。
 あるパーティの晩餐の時、女中は給仕に言った。
「ビリー。そのローストダックをファックしなさい」


876 :名無し職人:02/11/23 05:27
人類最古の下ネタジョーク
アダムが初夜の晩にイブに言ったとされる一言。
「下がれ!まだこれがどれだけ伸びるか分からんぞ!」

877 :名無し職人:02/11/23 05:34
史上初の笑い
神様が初めて裸のアダムを見た時に起きた。

878 :名無し職人:02/11/23 09:11
史上初の笑い
神様の思い出し笑い。

879 :名無し職人:02/11/23 13:57
夫「どうする?夫婦でって招待状にあるけど…」
妻「行くわよ。決まってるじゃない」
夫「おぃおぃ、もう8ヶ月だろ?ヤバイんじゃないか?」
妻「大丈夫よ!それに日本で生まれたら日本国籍も得られるし出産費用も要らない し
良いこと尽くめじゃないの」
夫「それもそっか」

…出産後…

医者「じゃあ費用は200万円になります」
夫婦「え!?日本で負担してくれるんじゃないの?」
医者「そんな事ある訳無いじゃないの」
夫婦「じゃあ国籍は?」
医者「韓国ですよ」
夫婦「アイゴー訴えてやるニダぁ!」
---------------------------------------------------------------
現実は小説よりも‥(笑)


880 :名無し職人:02/11/23 14:07
サッカーW杯の韓国戦での話。


観戦しているひとに、 「今、何体何?」 と聞くと返ってきた答え‥


「今のところは、11対11」

881 :871:02/11/24 01:16
スマ、
>>874

882 :名無し職人:02/11/24 03:37
こっちに書いた方が笑ってくれると思って転載

笑いの修行場 PART2
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1038074507/

4 名前:1 投稿日:02/11/24 03:02
最初のお題は
なお、事故を起こした旅客機の乗員乗客に、○○○は含まれていない模様です。

54 名前:名無し職人 投稿日:02/11/24 03:34
なお、事故を起こした旅客機の乗員乗客に、善良な弁護士は含まれていない模様です。

883 :名無し職人:02/11/24 07:56
>882
弁護士とかブロンドとかユダヤ人はもう使い古されてるから、
余程良いネタじゃないとこのスレでは笑ってもらえないんじゃないだろうか。
はやく自スレに(・∀・)カエレ!

884 :名無し職人:02/11/24 11:22
>>882
そんなのがアメリカンジョークだと思われたら困る。
もっと勉強しろ。

885 :名無し職人:02/11/24 12:09

道路上におけるリスと弁護士の違い:

自動車で轢きそうになったとき、リスなら運転手は急ブレーキを掛けるが、
弁護士ならアクセルを踏み込む



886 :名無し職人:02/11/24 14:01
始めての海外旅行で,得意の英会話を今こそ役立てようと張り切っていた日本人観光客。
しかし,ニューヨークの空港に降り立った途端,彼は,ひどい眩暈がして倒れてしまったのである。
通報を受けて,さっそく医師が駆けつけ,その日本人を抱え起こした。
 "How are you?"
日本人は,かすれる声で答えた。
 "I'm fine thank you, and you?"



887 :名無し職人:02/11/24 14:16
>886
アメリカンジョークか?
どっかの首相と大統領の挨拶の方がまだ面白かったな…

888 :名無し職人:02/11/24 14:20
>>887
森タン? はぁはぁ

889 :名無し職人:02/11/24 14:22
A「よぉ、あのブロンド女を落としてみせようか」
B「おいおい、あれはデュークの奥さんだぜ。パーティで会ったじゃないか」
A「大丈夫さ!デュークのメガネを借りてきたから」

890 :名無し職人:02/11/24 19:40
そ〜そ〜、あんまり美味しくはないけどこういうのがアメジョ〜のパターン。

891 :名無し職人:02/11/24 23:37
あ、アメジョーですって!?

892 :名無し職人:02/11/25 00:50
カルロスが死んだ。彼は、地獄には酒樽と女があると聞いて地獄の方を選んだ。行って
みると、実際、女がいて酒樽があった。だが、女には穴がなく、酒樽には穴があいていた。

893 :名無し職人:02/11/25 00:58
>>888
忘れていたことを思い出しますた。

894 :名無し職人:02/11/25 08:27
>>887
森タンのって、クリントン元大統領とあったときに「How are you?」と言うべきところを
「Who are you?」と言っちゃって、クリントンが冗談で「I'm Hillary's husband.」って
答えたら、「Me too.」って答えちゃったやつでしょ?

895 :名無し職人:02/11/25 11:44
>>894

それ、森タンじゃなくて、韓国大統領の逸話という話もある。

どれが本当なんだろうねぇ。

896 :全裸の客:02/11/25 17:09
ある土砂降りの夜。タクシーが流していると手を振る人影が見えた。
拾おうと車を近づけると、車が完全に止まる前に、その人影はで乗り込んできた。
運転手がミラー越しに見るとそれは全裸の女だった。濡れた体からポタポタとしずくを落としている。
「どちらまで?」「ユニオン駅」「わかりました」
運転手は車を出した後もちらちらとミラー越しに見ていると女は「何を見てるの?運転手さん」
運転手は、「いや、お客さんが全裸なもんで、運賃を払ってもらえるものかどうか気になるんでさぁ」

女は股をおっぴろげて運転席に突き出した、笑いながら「これで払うってのでどう?」
運転手「細かいのはお持ちじゃないですかね?」

---------
ちきしょう、上手く訳せない。そこで解説。

「細かいのはお持ちじゃないですかね?」原文は Got anything smaller?

これは小額の支払に対して1万円札(向うでは100ドル札)を出したときなんかに、釣銭がない(面倒)ときによく使われる言い回し。

運転手は「その何はデカすぎて締りが無い」「もっと小さい(よく締まる)のがいい」ってことを言いたかった。


897 :名無し職人:02/11/25 17:22
「すいませんね、大きいのはお釣りが無いんですが」てのはどう?

898 :名無し職人:02/11/25 17:39
>885誰でも知ってる、ありふれててつまんない
>889同上


899 :ぶらっくこーひー:02/11/25 18:46
>>895
アメリカの記者が日本をコケにするためにでっち上げたんだと、石原慎太郎が言ってた。

900 :名無し職人:02/11/25 21:56
>>898は私怨か?
889はそんなに悪いネタではないが。

901 :名無し職人:02/11/25 22:20
>>900
898は誤爆ではと言ってみるテスト
889に同上って意味不明だし

902 :898:02/11/26 00:12
大抵のジョークサイトでお馴染みのネタでホントにつまらないです。
誰かの評価よりは、もうちょっとジョークに慣れた方が良いと思います。
ごめんね、、



903 :名無し職人:02/11/26 00:20
>>902
あなたのレスが一番つまらないのれす…

904 :名無し職人:02/11/26 08:58
>>903
禿同。大体そんなケチをつけるぐらいなら、
898がジョーク上級者とやらのネタを出せばいい。

905 :名無し職人:02/11/26 13:56
>>902
そうか、じゃああなたが、
今までで一番面白いジョークを持ってきてくれるんですね。

 ど れ だ け 楽 し い か 楽しみだ。






            逃げんなよオメー

906 :903:02/11/26 14:23
>>905
おいおい またーりいこうよ

昨日、科学者たちはビールに微量の女性ホルモンが入っていることを発見しました。それを証明するために、100人の男に6リットルずつビールを飲ませたところ、
100%の男がくだらないおしゃべりをはじめ、車を運転することができなくなりました。

907 :885:02/11/26 22:57
道路上におけるリスと弁護士の違い

自動車で轢いてしまったら、リスなら運転手はバックして生死を確かめるが、
弁護士ならバックしてもう一度轢く

908 :名無し職人:02/11/26 23:16
>>907 warota

909 :名無し職人:02/11/27 10:39
>>907
リベンジはジョークでの姿勢にカンシン

910 :名無し職人:02/11/29 01:28
完璧な女性とは?
耳が聞こえず、口がきけず、眼も見えない淫乱症で、酒屋を所有している女性。

911 :ガルバリウム:02/11/29 04:13
アメリカで「第1回犯人逮捕選手権」が行われました。
多数の警察が参加して予選を闘い、決勝に残ったのは、CIA、FBI、シカゴ警察の
3者。決勝戦は、森にウサギを放しそれを捕まえた者が優勝です。
まずはCIAが森に入りました。
CIAは、あらかじめ情報提供者を森に送りこんでいました。そしてありとあらゆる動
植物、虫、石ころにいたるまで聞きこみを行い、目撃証言を集めました。調査は
3ヶ月に及んだものの、結局ウサギは存在しなかったという結論に達しました。
次にFBIが森に入りました。
2週間探しましたが見つからなかったので、FBIはいきなり森に火を放ちました。そ
して問題のウサギはもちろん、一般の動植物もみんな焼き殺しました。ウサギを捕
まえるためには仕方なかったと言って、詫びませんでした。
最後にシカゴ警察が森に入りました。
1時間後、シカゴ警察はひどく傷だらけのクマを連れて森から出てきました。クマ
はおびえた様子で言いました。
「わかった、わかりました。私がウサギです・・・」

912 :名無し職人:02/11/29 06:00
>911
(・∀・)ヌッヘッホー

913 :名無し職人:02/11/29 18:03
>>911
warata

914 :名無し職人:02/11/30 05:21
ガンマンがビールを飲み終わって店を出た。
彼はすぐに戻ってきて銃を抜き、天井に向けて二発撃った。
「誰が俺の馬を盗みやがった?
 いいかおまえら、よく聞け。
 俺はこれからもう一杯飲む。
 飲み終わるまでに馬が戻らなければ
 いつかテキサスでやったのと同じことをやらねばならん。」
飲み終わって外に出ると、馬は杭に繋がれていた。
バーテンがついてきて尋ねた。
「それで、テキサスでは何をなさったんです?」
「歩いて帰ったんだ。」

915 :名無し職人:02/11/30 06:40
>>914
爆笑!

916 :名無し職人:02/11/30 13:04
>>914
ほのぼの

917 :名無し三等兵:02/11/30 13:27
既出かもしれんが・・・
 
第二次世界大戦でのイタリア軍の話
 
彼らは一週間かけて60km進軍した・・・・イギリス軍の反撃を受けて60kmを一日で後退した・・・
 
イタリアの戦車には前進1速・後進6速の戦車があるらしい

918 :ノアの箱舟:02/11/30 17:55
2002年のこと。カナダに住むノアのもとに主が来られ、ノアにこう告げられた。
「ノアよ、大地は汚され人口は多すぎる。箱舟をを造り全ての生物のつがいと善なる者を救え。これが設計図だ。急げよ、半年後私は40日の昼と40日の夜に渡り雨を降らせる」

半年後、雨は降り始めた、主が下界を見ると、水浸しになった庭で泣いているノアを見つけたがそこには箱舟はなかった。
「ノアよ、箱舟はどこだ?」

「お許しください主よ。状況がわるくなりまして、建造するのに建築局の許可が必要なんです。ずっと検査官には文句を言ってたのですが、近隣が境界を侵していると文句はいうし、建築高さ規制にも引っかかるとかで、開発許可委員会にもお願いしてるんですが。
それに陸運局と交通局は箱舟の移動にかかる費用を負担せよとかで、電線と橋の移設費がかかるとか。私が海がこっちに来るといくら説得してもまるで信じない。

木材の調達も問題でして、地元の木を切ることはフクロウの保護で禁じられているんです。環境保護論者にフクロウを助けるために木を切らないといけない。
救うために動物を集めてるのに奴らは私を訴えやがった。奴らは野生動物たちを狭い箱舟に押し込めることは残酷で、動物の権利を侵害していると主張する始末。
カナダ環境局は私の言っている洪水が環境に与える影響が明らかになるまで建造をしてはならないとの決定をしています。

私が何人の少数民族を建造のために雇い入れるか人権委員会とももめてまして、労働者組合は組合員以外を雇うなとも言っています。
もっと悪いことに、カナダ税関は私が不法出国を企んでいるとのことで私の財産を没収しました。
お許しください主よ。10年はかかりそうです。」

突然空は晴れ渡り太陽が輝き、虹がかかった。

ノアは尋ねた 「主よ、世界を滅ぼさないことにしたのですか?」

主は言われた、「いや、政府が既に滅ぼしている」


919 :在日邦人:02/11/30 17:59
>>918
うふふ

920 :ぶらっくこーひー:02/11/30 20:48
>>918
アメリカンジョークじゃないかもしれんが拍手。

921 :名無し職人:02/12/01 00:36
ジョーンズ氏はクマ猟を趣味としていた。が、
最近視力がめっきり弱くなり、人をクマと間違えて撃ちそうになる事がしばしばであった。
これに困った友人は考えに考えた末、
「私は“クマ”ではありません」と大きく書いた張り紙を自分の背中に付ける事にした。

猟の当日、友人はこれで安心だと猟場を一人で軽快に走り回っていたが、
突然、真後ろから… … …ズドン!
幸い銃弾は頭をかすめただけで怪我はなかったが、友人は怒り心頭で発砲したジョーンズ氏に掴みかかった。
「やいジョーンズ!てめえはこの張り紙を見てなかったのか!?」
「いや、ちゃあんと見……おお、こりゃいかん。
 わしゃ、“クマ”しか見てなかったよ」

922 :名無し職人:02/12/01 09:26
英会話スクールでの会話。異母兄弟を英語で言う説明。

先生 "What do you call a brother who is not your mother's son?"
オレ "Enemy."

大ウケしました。(実話)
ちなみに正解は brother in law.

923 :名無し職人:02/12/01 10:26
>>922
板違いも甚だしい。


924 :名無し職人:02/12/01 12:54
>922
自分が言った事を「面白い」と紹介する時点で痛いです。
こっちが恥ずかしくなります。

925 :名無し職人:02/12/01 15:24
オレは笑ったけどね。

926 :名無し職人:02/12/01 16:25
男は大道りを高速で突っ走っていた。
他の車も同じ速度で突っ走っているから大丈夫だと思っていた。
しかし、スピード違反監視区間を通過したとき、男は赤外線速度探知器にひっかかり、
車を寄させられた。

巡査が男に違反切符を手渡し、署名をさせて立ち去ろうとすると、男が訊いた。
「おまわりさん、オレがスピードを出していたのは認めるよ。けどよ、不公平だろっつーの。
同じスピードで走ってた車は、周りにたくさんあったっしょ。
何でオレだけ切符きられなきゃなんねーの?」

「釣りをしたことはあるか?」 巡査が不意にきいた。

「う〜ん、はあ・・・」 男はどぎまぎして答えた。

巡査はにやりと笑ってこう言った。 「泳いでる魚をぜんぶ釣ったことはあるかね?」



927 :名無し職人:02/12/01 16:32
>>926
なかなか

928 :名無し職人:02/12/01 17:50
926ワラタ

929 :902、926:02/12/01 19:15
927−928♪ありがと

930 :名無し職人:02/12/01 20:07
>926誰でも知ってる、ありふれててつまんない
>929同上

931 :926:02/12/01 20:21
>>927-928
どうもです。
それから私は>>929=>>902ではないです…

932 :名無し職人:02/12/01 21:11
どうでもいいです。
死んで下さい。

933 :名無し職人:02/12/01 22:01
今更902を持ち出してくる929萎え

934 :名無し職人:02/12/02 00:29
問い: 電球を取り替えるのにアメリカ人は何人必要か?

答え: 2人。1人がマティーニを作り、もう1人が電気屋に電話する。

935 :902、926:02/12/02 22:54
sage

936 :名無し職人:02/12/03 04:18
age

937 :目刺し屋文十:02/12/03 12:49
アメリカ人「Excuse me,Can you speak English?」(スペル合っとるんかい)
おっさん「すいません、英語わかりません」
アメリカ人「Thank you・・・ Excuse me,Can you speak English?」
をやぢ「日本におるなら日本語喋れや、ぼけ」
アメリカ人「???・・・ Excuse me,Can you speak English?」
小娘「Yes I Do」
アメリカ人「Oh・・・! Where is near station?」
小娘「Yes I Do」

アメリカ人「WoWAAAAA!!」


938 :丸八真綿:02/12/03 23:36
ある男がフランスを旅行し帰国するとき税関で呼びとめられた。
官吏:「このビンはなんだね??申告していないようだが。」
男 :「それは有名な教会で汲んできた霊験あらたかな聖水だが、何か??」
官吏:「ウソをつけ!!どう見てもコニャックじゃないか!!」
男 :「なんてこった、奇跡が起こった!!」

939 :丸八真綿:02/12/03 23:44
1次大戦の頃ロシア戦線で捕虜になったドイツ人が見張りのロシア人に向かっていった。
「わがヴィルヘルム皇帝は偉大なお方だ。毎週一度は前線にお出ましになる。」
「なあに、わがニコライ皇帝様はもっと偉いよ。自分で動かなくたって前線の方から出向いてきてくれるんだから。」

940 :名無し職人:02/12/03 23:47
カサ◆oSWxd3.CUo シュウリョオ ペラペーラ!

941 :丸八真綿:02/12/03 23:49
昔ロシアである男が兵役を逃れようと必死で言い訳をしていた。
「私は結核なのです。」
「ボロシロフ将軍は結核だが立派な軍人だぞ。」
「私の目は片方見えないのです。」
「イワノフ将軍を見ろ。片目だが軍人の鑑だ。」
「私は精神薄弱なんです。」
「バカをいえ。皇帝様をそれでも職務を果たしておられるぞ。」

942 :名無し職人:02/12/04 00:34
>>941
ロシアの政治ジョークだけどわらった(w

943 :ガルバリウム:02/12/04 00:43
「偉大なるスターリン同志は8歳で現在と同等の知能を身に付けておられた」

ってのがあったな、そう言えば

944 :ガルバリウム:02/12/04 00:46
ソビエト広場である男が叫んだ
「スターリンは大マヌケ〜!」
すぐに当局者が駆け付け彼を連行した
「お前の罪状は二つ。同志への侮辱罪と、国家機密を漏洩したことだ」

945 :名無し職人:02/12/04 00:51
>>944
ナチスネタ

946 :ガルバリウム:02/12/04 01:13
そうなんか。漏れはソ連verで聞いた。

947 :名無し職人:02/12/04 01:16
>>946 おなじく
>>950 次ぎスレお願い

948 :名無し職人:02/12/04 09:16
これって発言者がカナダ人じゃなくてNATO以外の国だったら
空爆してたんだろうな。あの罪で。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021127-00001020-mai-int

>>950
次スレがんがれ

949 :おまいら:02/12/04 22:37
冗談じゃないですよ、、

950 :国家侮辱罪:02/12/04 22:42
>>944 刑量は言わなくてよかった

951 :名無し職人:02/12/05 00:05
アメリカ人 「おい、うす気味悪い笑顔浮かべてんじゃねえぞ」
日本人 「いえ、あのー、そのー」
アメリカ人 「だからその気味の悪い笑顔をやめろってんの」
日本人 「あのー、ずれてますよ、カツラ」


952 :名無し職人:02/12/05 01:10
>>951
つまんない

953 :名無し職人:02/12/05 01:20
>>937
それ、FENのコマーシャル(?)でやってたね、
軍人、軍属向けの日本語講座の紹介PR。
はじめて聞いたときは笑ってしまったw

954 :名無し職人:02/12/05 03:59
>>950
次スレよろ

955 :名無し職人:02/12/05 17:43
ある一家がキノコ狩りに出かけた。家に戻ると、毒キノコのことが気になった。
そこで、キノコを自分の家の猫に食べさせたのだ。
そのかわいがっていた猫が何ともないことがわかると、
家の者はすぐにキノコを食べ始めた。
ところがひとりが窓の外を見ると猫が芝生の上で硬くなって死んでいるではないか。
全員、あわてて胃を洗ってもらおうと救急病院へ急いだ。
家にもどると、牛乳屋が置き手紙をしていた。

「お宅の猫を誤ってひいてしまいました。申しわけありません」

956 :名無し職人:02/12/05 20:23
>>955
可愛がってたのに毒見させたのかよ!

957 :名無し職人:02/12/05 21:47
>>955
もう一ひねり欲しいな。
牛乳屋がもう少し絡んだ方がいい。

958 :名無し職人:02/12/06 03:22
http://caramel.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1039110015/
これが新スレ?

959 :名無し職人:02/12/06 19:10
とりあえず、ここが埋まるまでは移動はしないでよいと思われ

960 :名無し職人:02/12/07 01:27
あるブロンド女が眼鏡屋に行き、メガネを作った。
ところが後日、メガネを店に突き返しこう言った「これじゃ全然ダメだわ。
新聞すら読めないのよ!」店主は不審に思いつつ再度検眼した。異常は無い。
店主はふと思いつき紙にbitchと大きく書いて彼女の鼻先に突きつけた。
「読めますか?」 「いや、読めないわ」
店主は呆れた顔で言った。「お嬢さん、まずは学校に行って下さい。」



961 :名無し職人:02/12/07 12:25
「朝寝坊のトム」

あるところにトムという朝寝坊の男がいた。
彼は、そのせいでいつも仕事に遅刻していた。
ある日、ついにボスの怒りが爆発した。
「おい、お前、いい加減にしろっ!」
「明日も遅刻するようなことがあったら、お前はクビだっ!」
びっくりした彼は、早速、医師の元を訪れた。
そして、1つの丸薬を処方してもらい、その日はそれを飲んで寝た。
次の日、彼は目覚まし時計の音で、すがすがしい朝を迎えた。
彼はゆっくり朝食をとると、ウキウキして仕事場へ向かった。
そうして現場に着くと、彼はボスに満面の笑みを浮かべて言った。
「や、ボス!あの薬のおかげで、ちゃんと起きれました!」
「そうか、そうか。やれば出来るじゃないか。」
ボスもニコニコしながらうなづいた。
「ところで、1つ疑問があるんだが・・・」
「何でしょう?」
「昨日は何で休んだんだ?」

962 :名無し職人:02/12/07 23:07
ブロンドねたはつまんねえ。未熟だね

963 :名無し職人:02/12/08 00:22
↑はブロンド

964 :名無し職人:02/12/08 14:01
若い息子が、父親の牝牛をつれて、隣の農場へ出かけた。そこの牡牛と交尾させようという訳だった。
 農場へ着くと、そこの若い娘も出て来て、二人で交尾するのを見物した。
「凄い牡牛だね。」
 と息子は娘の家の牡牛を褒めた。
「ええ。」
「見事な働きぶりだね。」
「ええ。」
「俺だってね。」
 と息子は娘を横目で見ながら言った。
「あの牡牛がやっているぐらいの事は出来るんだぜ。」
 すると娘はもじもじしながら言った。
「やってみたら。貴方の牝牛でしょ。」

965 :名無し職人:02/12/08 18:31
う〜ん、ラスト2行の訳がちょっと?・・・だなあ。
娘がXXしながら言う、で「あたしにしてみてもいいのよ」か、
「牛としなさいよ!このヘンタイが!」のどちらかの意味になるんじゃ
と思って見てたのだが、↑の訳だと、どっちかわからんのよね。

966 :名無し職人:02/12/08 18:31
>>965
禿。

967 :名無し職人:02/12/08 20:38
漏れはこれで十分ワラえたが…
ちなみに原文きぼんぬ。

968 :名無し職人:02/12/08 23:57
>>965
何故?
>>964ので十分伝わるでしょ?
しかも、「牛としなさいよ!このへんたいが!」って言う
ニュアンスはチト違わない?


969 :名無し職人:02/12/09 00:20
>>968
要するに>>965は2通りのオチを想像していたのだけど、
どっちも違った。でもそれがわからなかった>>965
「そうか、これは訳が悪いんだ」と解釈したわけだ。

正しい意味はマナー違反なので割愛


970 :ガルバリウム:02/12/09 02:03
「パパ、ごめんなさい。裏庭のトイレをつぶしたのはボクたちなんだ」
「パパ許して。あのトイレボロいから、遊びでやってたらすぐに倒れてつぶれちゃったんだ」
「このくそガキ!!!てめえら今日は晩飯ぬきだ!とっとと部屋にすっこんで寝やがれ!くそったれめが!!!」
「パパ、そんなのひどいよ。ちゃんと正直に話したのに」
「そうだよ、ワシントンのお父さんは叱ったりしなかったんだよ」

「ワシントンのおやじは、桜の木の中でうんこしてる最中じゃなかったんだよ!!!」


971 :名無し職人:02/12/09 02:22
>>955のオリジナル(?)発見

お客さんを大勢招いてのホームパーティ。
奥さんはお手伝いさんと一緒にはりきって料理を用意し、もてなしました。
サーモンのマリネを出した後で、お手伝いさんが顔色を変えて奥さんを呼びました。
「奥様、残っていたサーモンを猫が食べてしまいました」
「どうせ残り物だからいいわよ」
「でも奥様、食べた後で猫は死んでしまったんです」
「ええっ!大変!」
客はもうサーモンを食べてしまっています。夫妻は事情を客に説明し、病院代として
かなりの金額を全員に渡しました。みんな帰った後でお手伝いさんに、
「死んだ猫はどこに?」
「まだ道路でひかれたままです」

972 :名無し職人:02/12/09 11:40
懲りずにブロンドネタ:

事務所でファックスを受け取ったジェイムズは、先方に電話を入れて訊いた。

「今こちらにファックスを送ったのはあなたですか?」
「はい、私が送りました」
「もしかしたら、あなたはブロンドではないですか?」
「ええそうです。どうしてわかったのでしょうか?」
「原稿に切手が貼ってありましたから」


973 :名無し職人:02/12/09 18:07
ほしゅ

974 :名無し職人:02/12/10 20:56
老人が若い男と、どちらが男らしいか賭けをした。<br>
老人は飲みっぷりでも、食いっぷりでも、若者を凌いだ。<br>
最後に売春宿へ行き、<br>
乳房や尻を見せつける女達の前で、老人はペニスを結んで見せ、若者に同じようにやってみろ、と言った。

975 :もお<br>はつけません:02/12/10 22:45
3人の男の子と裏庭で遊んでいた8歳のエイミーが家に飛び込んできた。
「ママ、ママ」エイミーは息を切らしながら尋ねた。「あたし、赤ちゃん産める?」
「いいえ」ママは静かに言い聞かせた。「後、6,7年経たないと産めないのよ」
「いいわ、皆!」ちっちゃなエイミーは再び裏庭に飛び出して行きながら叫んだ。「ママとパパの遊びをしましょう!」


976 :名無し職人:02/12/11 00:19
>>974
>>975
頼むから、その直訳をなんとかしてくれよ。

977 :名無し職人:02/12/11 23:23
まー楽しいのであげ

978 :名無し職人:02/12/12 11:33
ごめん.なんともならない、、
>976

979 :名無し職人:02/12/12 23:34
おいおい!新すれまだか!?

980 :ゆきえ:02/12/12 23:36
くわっぱ!!

981 :名無し職人:02/12/13 01:46
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1039110015/
これだろ?

290 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)