5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

結局、現像液って何がいいの(モノクロ)

1 :名無しさん脚:03/12/24 18:41 ID:Jbk204HJ
私はD−76つかってます。

2 :名無しさん脚:03/12/24 18:42 ID:4iYmZAZb
暗室から2ゲト ズザザザァァァ

3 :名無しさん脚:03/12/24 18:42 ID:tAw4+vGd
ミニコピーに、ポタ現最強〜

4 :名無しさん脚:03/12/24 19:03 ID:ZjBGNHRw
重複なので誘導しておく

■□白黒フィルム専門その8 秋深し水温適温□■
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/camera/1067594793/


5 :名無しさん脚:03/12/24 19:05 ID:tAw4+vGd
あと印画紙は密着用に、自作のプラチナムプリントな。

6 :名無しさん脚:03/12/24 19:13 ID:UzmHBTfV
パンド−ル

7 :名無しさん脚:03/12/24 19:13 ID:576VEa0g
D-76でええやん。

8 :名無しさん脚:03/12/24 19:16 ID:Zb1E+X6V
馬鹿や労!!イルフォテックLC-29を忘れてもらっちゃ困る!!

9 :名無しさん脚:03/12/24 19:18 ID:tAw4+vGd
既製品使うようじゃ、まだまだ。。
天秤で調合汁!w

http://www.polaroid.co.jp/product/productlist/film/film/clearing.html
これで十分だな。

10 :名無しさん脚:03/12/24 19:52 ID:3kkYAeSj
最近、コノ手のが沢山たっているが意味あるのか?


11 :名無しさん脚:03/12/24 20:23 ID:tAw4+vGd
>>10
冬厨の仕業

12 :名無しさん脚:03/12/24 22:21 ID:eWx+BUTh
肝心なのはタンクの振り方じゃ
マスコに一票

13 :名無しさん脚:03/12/24 22:22 ID:Zb1E+X6V
LPL両溝ステンレスタンクこそ基本にして王道

14 :名無しさん脚:03/12/24 22:38 ID:tAw4+vGd
>>13
ムラで泣くに、一票。w

マスコに、二票目。

15 :名無しさん脚:03/12/25 07:03 ID:dGt139Nn
マスコって液がたくさん要るんでしょ?
あと現像時間も違うって聞いたけど本当?

16 :名無しさん脚:03/12/25 07:11 ID:e3jdNo23
LPLに二票

17 :名無しさん脚:03/12/25 08:24 ID:xKfgeRA3
>>14
慣れればムラでないっすよ。ナイコール。

18 :名無しさん脚:03/12/25 10:59 ID:XbbMkUES
D18

19 :名無しさん脚:03/12/25 11:38 ID:1ySL17IW
マスコに3票め。
あとD-76の1:1に投票。

20 :名無しさん脚:03/12/25 12:00 ID:YPBl19SM
LPLは、水洗いも4倍時間が掛かるらしい。w

21 :名無しさん脚:03/12/25 12:36 ID:6YA+ozo0
ここは現像タンクのスレですか?

22 :名無しさん脚:03/12/25 12:40 ID:+5SfkP+v
漏れはパターソンのタンク愛用
現像液はT-MAXデベロッパー

23 :名無しさん脚:03/12/25 12:50 ID:YPBl19SM
>>22
パタ損は、LPL以上にムラムラくるらしい。w

24 :名無しさん脚:03/12/25 12:58 ID:+5SfkP+v
>>23
いままで村になったこと無いけど…

25 :名無しさん脚:03/12/25 13:19 ID:YPBl19SM
>>24
気付いてないだけと思われ。w

26 :名無しさん脚:03/12/25 13:39 ID:OqPAGwDF
熱くなってウンコ厨の相手をするな。ID:YPBl19SMはスルーで。

27 :名無しさん脚:03/12/25 14:28 ID:YPBl19SM
ID:OqPAGwDF ここにも、ウンコ厨が!w

28 :名無しさん脚:03/12/25 20:25 ID:+PjcXyoC
キングのベルト式タンクに、ペ-パ-用現像液の3倍希釈溶液。

29 :名無しさん脚:03/12/26 08:57 ID:Jast/A7k
数本続けて現像する時はベルト式は辛いですね

30 :名無しさん脚:03/12/27 21:50 ID:2mk9Teot
マスコ以外は、ムラ・傷のオンパレード〜w

31 :名無しさん脚:03/12/27 23:18 ID:PEiiEXQ5
かあちゃんのマスコ

32 :名無しさん脚:03/12/27 23:26 ID:gn3+ljpG
マスコって、奥さんの名前だろ?マジで。

33 :名無しさん脚:03/12/28 00:27 ID:hDRPS3fK
マスコって、そんなにイイのけ?
ホントにイイ!なら買ってくる、ビッグの棚に放置状態だし。

135をLPLで全紙プリしても特に不具合ないのだけど

34 :名無しさん脚:03/12/28 00:42 ID:Dau54/Tm
マスコ房ウゼー

35 :名無しさん脚:03/12/28 12:09 ID:1Qd+Q7iw
>>33
LPL捨てたくなる出来だよ。w

36 :名無しさん脚:03/12/29 02:02 ID:7nNCdDpi
>>33
明室、少量処理なら、マスコで十分だよ。

37 :名無しさん脚:03/12/29 02:57 ID:NBCE4XZO
PAN!( ^-^)∠※.。・:*:・゜`☆、。・:*:・゜`★ ドール

38 :名無しさん脚:03/12/29 18:05 ID:oQE0Xdxo
>>32
そうらしいね。社長の奥さんがそう言ってた。

39 :TTR:04/01/02 21:01 ID:u3oJ16Wb
35mmの場合T-MAXDev、1:7の希釈、24℃、撮影状況により8分〜9分現像。

高いけどマスコは良いよ。
大事なネガにムラ作っ男泣きすることを考えれば安いけどね。

40 :名無しさん脚:04/01/06 21:47 ID:gALdje7b
そろそろスレタイの現像液に話しを戻さない?
漏れは最初っからD-76で、不満もなくそのままなんだが皆の経験を
聞きたいのよ。
あ、スレ立てた1じゃないよ。
でも他人さまが何使ってるかは気になるんでね。
ちなみに漏れは、TRI-XかT-MAX。フィルムまでフツー過ぎ。

41 :名無しさん脚:04/01/06 22:29 ID:XFmSboD3
ろじな〜る

なぜかいつも

ろじな〜る

42 :連動爪:04/01/07 22:26 ID:vmBdRcfM
シュテックラー氏

43 :名無しさん脚:04/01/07 23:02 ID:HfKCpG/X
HC-110に一票

44 :名無しさん脚:04/01/07 23:27 ID:rjLTtLCP
使用済みコレクトール5倍希釈

45 :名無しさん脚:04/01/08 00:01 ID:808TGo2r
ミクロファインなんですけど・・・

46 :名無しさん脚:04/01/08 00:17 ID:pfp/BaOi
ちょっと良くわかんないんだけど。

ステンレスタンク = ナイコール?
マスコ = パターソン?

漏れならステンレスタンクを薦めるけどね〜。
ちゃんと保温用の水は張るように。

パターソン式は温度が逃げにくいから、冬場とかお勧めよ。

ただ問題があって、
中心の棒にプラスチックリールを差し込んで、
その棒を回転させて攪拌するタイプ…。
アレは中心と外側で現像ムラが確実に出ますよ。
鮮液に触れる速度が中心と外とで違うので、
回転速度が速い外側の方が現像が進みます。

ためしに、一定の露出で撮影したフィルムを現像してみてください。
段々と濃くなっていきます。これだって立派な現像ムラです。


47 :名無しさん脚:04/01/08 00:57 ID:DxUU4uoT
マスコもステンレスだよ。
ナイコール型とは違う構造だけどね。

パターソン型、俺はそんなにムラ出たことはないよ。
夏に液温が高すぎて撹拌過多になってしまった時にうっすらと出たけどね。

いつもマスコとLPLが比較されるが、俺には違いがわからなかった。
もちろんLPLでもムラは確認できないし、マスコも出なかった。
マスコの欠点は高額なのと液量が多すぎ。

48 :教えて君で恐縮です:04/01/08 01:23 ID:LLxb0/Sv
現像主薬の superadditivity に関して
詳細なデータのあるサイトか出版物を
どなたかご存じの方がいらしたら教えて下さい。

49 :名無しさん脚:04/01/08 01:30 ID:w8Rutb0i
何との組み合わせですか?
アスコルビン酸系の話でしょうか?

50 :名無しさん脚:04/01/08 01:40 ID:w8Rutb0i
追加
必要なのは、ph幾らですか?

51 :名無しさん脚:04/01/08 01:46 ID:ETp6vG9y
やっぱXTOLだね

52 :名無しさん脚:04/01/08 01:51 ID:S9UgKBKf
おいおい、マイクロドール1:3希釈が出とらんぞ。
最近流行んないのかな。。。

53 :名無しさん脚:04/01/08 01:52 ID:w8Rutb0i
寝ますが・・・
必要な条件を書いてください。似たようなのを持っている場合があるかも。
それと、データでは、化学現像と物理現像(ss100g)が混在する
データーです。

54 :名無しさん脚:04/01/08 05:10 ID:GchvAxwY
>>51
オマイエラいぞ
>>52
オマイ渋すぎだぞ

55 :名無しさん脚:04/01/08 12:26 ID:glSUsUDn
ペーパー用現像液が使えるとはしらなんだ

56 :名無しさん脚:04/01/08 17:52 ID:0SmsvQXt
テクニドール出てこないのも仕様?ブクブク



57 :名無しさん脚:04/01/08 20:19 ID:4RNrOxrs
>>55
ペ-パ-用の現像液は濃度が濃いから、
原液なら数秒で現像終了、ただし現像ムラに注意。
2倍希釈(だったかな?)で増感現像液なみ。
10倍希釈で通常現像液ぐらい・・・だったはず。



58 :名無しさん脚:04/01/09 11:28 ID:/QTEzC4/
ペーパー現像駅ならチョ‐特もやっていた。

59 :名無しさん脚:04/01/09 21:08 ID:ePzylK3+
テクニドール・・・

60 :名無しさん脚:04/01/09 21:51 ID:F+ttMPOW
新宿ヨドの現像液価格表

D76  320円/P
MdX  500円/P
TMXd  236円/P(900円のボトルのものを1Pに換算)
HC110 231円/P(1665円のボトルのものを1Pに換算)
フジドール   205円/P
ミクロファイン 190/P
SPD       170円/P

根が貧乏性なオレは自然とフジの薬品に手がいってしまう。
特にマイクロドールXとミクロファインの価格差は大きい。
プレストとトライXも1本で100円差があるんだよね。

61 :名無しさん脚:04/01/10 00:04 ID:5gwfIisr
感度が高いときは、ネオプロドールの高温現像処理が良い。

62 :名無しさん脚:04/01/10 00:20 ID:WFLxb/3c
>>1
フイルムや現像液、頻繁に変えてもどれが良いか解らないよね。
俺は、同じく見合わせなら、数十本撮らないと解らないな。

ただ、一ついえるのは、シャドー部感度が上がる奴は、使いにくい
とおもう。

63 :名無しさん脚:04/01/10 11:38 ID:QM+sUo6I
>>55
濃い…んですかね。
個人的には、メトールとハイドロキノンの割合の違い…だと思った。
どっちかが現像速度が速くて、もう一方が細かい描写、みたいな。

64 :名無しさん脚:04/01/10 15:04 ID:WFLxb/3c
>>63
いいえ、特にPQなら、殆ど比率は関係しません。
phの違いで活性の差です。さほど濃くもないです。
フイルム用が微粒子ph8 標準8.5 くらいで印画使用は、ph10.2-11
程度です。例えば、D−76に炭酸ナトリウム30gも入れれば良好に印画紙
現像が出来ます。

D−72が印画紙現像の代表のように扱われていますが元々、一般的な
現像液として作られたものです。フイルムには、1:4−1:6で使われ
ていました。今のフィルムの多くは、良好に現像できませんが代替処方PQ
印画紙現像液では。1:8程度なら、そこそこ、感度も出てノーマルトーンに
仕上がるフィルムがあるようです。しかし、液が薄いのとアルカリが
高いので粒子は、荒れますね。

65 :名無しさん脚:04/01/10 17:22 ID:gocl23mF
シュ氏現像って、むちゃくちゃ扱いやすいのに、普及してない理由は?
今の時期、湯の入ったバケツに突っ込んでおくだけでキレーなネガできるのに

66 :名無しさん脚:04/01/10 18:56 ID:1L1BkAYX
>>64
それちょっと疑問だな。もし比率関係無いなら Dr.Beers の
コントラスト調節2液混合処方(印画紙用)なんかはどうなん?
フィルム用のPQ超軟調処方も軟調過ぎる場合はヒドロキノン添加して調節する訳だし。
それとD-76に炭酸ソーダ添加して印画紙用にするのは余り奨められないよ。
印画紙用としては亜硫酸塩が過剰で紙の種類によっては
AgXの溶けすぎで黒の締まりが悪くなる。KBr無いからカブリも出やすい。

67 :名無しさん脚:04/01/10 21:34 ID:WFLxb/3c
>>66
誤解され易い書き込みでした。
>Dr.Beers
先ず、PQの場合、アルカリが低いとPだけでしか最初は、現像されません。
Qは、Pを再生します。アルカリが高いとPで現像された銀にQが接近して
Q単独で爆発的に現像します。これがフイルム用だと甚だ弱い。また。アルカリが
強いとPの再生スピードも速くなり、Q量が多くても然程、コントラストは、変わらない。
MQは、違います。単独で反応する割合が大きくなるから。
でも、76と72の比率でph同じなら、同一感度でコントラスト比べるなら、そんなに
変わりません。PQもMQも違わないとは、書いてないです。そして、PQは、その傾向が
更に小さい。アンスコA−120使っても変化0.5号が良いところでしょ。

POTAへQ添加するとコントラストは、変わります。しかし、PとQの比率で
コントラストが変わる表現より、上記の考え方で再生され、活性が上がるから
現像が進行すると考える方が自然です。

68 :名無しさん脚:04/01/10 21:35 ID:WFLxb/3c
>>66さんへ続きです。

D−76の件ですが何も使えと書いているわけじゃなくて主薬比率が違っても
アルカリが高ければ印画紙現像ができる例えです。

>亜硫酸塩が過剰
今回の件と別として一寸だけ考えて見てください。
写真工業誌などの本に書かれている限りなら、極理にかなった考えですが本当に
そうなりますでしょうか?溶解されたハロゲン化銀は、何処へ行くかと言いますと
近くにある銀粒子上で還元され銀となります。勿論、液中に出てくるものもあります。
黒化銀になるか液中に出てしまうのか比率の問題ですね。。。しかし、溶解作用速度
は、アルカリ度に比例していません。(マイクロドールなどは、低アルカリ)
1分30秒程で殆どの反応が終わる印画紙現像では、溶解速度より、黒化が早く、
後に黒化した部分の残り(未現像)のハロゲン化銀が溶解すると黒濃度が上昇するとは、
考えられませんか?亜硫酸ナトリウムに加え塩化ナトリウム使うマイクロドールXも
ph8程度の現像液として最大濃度は、低くありません。ミクロファインも・・・・

>>KBr無いからカブリも出やすい。
D−72も初めの印画紙から、1−2枚は、「捨て」と言われています。
同じ事です。現像され、KBrが多量に出てきます。D−72作るなら、
最初からKBr入れないほうが補充ができるので何かと便利です。


69 :66:04/01/10 23:32 ID:1L1BkAYX
>>67,68
ボリュームのあるレスどうも。PQについてなら多分そんなところでしょ。
ただ現像液の中で起きてる事は一筋縄じゃ行かない複雑さだから
簡単にそれで片付ける気にもなれないけど。ゼラチンは曲者だし、いろいろな添加物もあるし、
もし主薬が、例えばパイロ・アスコルビン酸・フェニドンと三種混合だとどうなるんだ、
とかね。天体力学の三体問題ならぬ三主薬問題だ。

印画現像と亜硫酸塩濃度の事は、普通のブロマイド紙ならほぼ大丈夫だった。
人像ブロマイド辺りから多少黒の締まりが悪くなる。
クロロブロマイドではかなり明確に濃度低下する。
カブリ防止剤については、D-72ならそうだろう。俺はKBr省きはやらないけどね。
というのも、近頃の紙は乳剤にいろいろ細工が過剰で現像液に対する反応が鈍いが
以前あった非常に基本的な薄手バライタ(いわゆるドラッグストア印画紙)等では
液の差が非常にはっきり出た。MQでもかなりやるまでカブるし、
PQだと、たとえ有機カブリ防止剤入りでも相当多量に処理しないとカブリが止まらん。
カブるなあと思うから早めに上げる->早く上げると溶け出しも減りBrイオン濃度上がらん->
カブりが続く、となる訳だが。
それが KBr入れると嘘のように止まる。だから今でも常に入れて使ってる。

70 :名無しさん脚:04/01/11 00:29 ID:vUhLnY8k
>>69
そのように考えるより、何が仕上がる写真を左右する影響を与えるのかを
考えるだけでいいのだと思います。殆ど作用しない事を考えても仕方があ
りません。
3主薬は、何かで見たこと在りますが合理的でない方法と思います。
例に上げられた組み合わせは、初めて見るのですがパイロの発色現像で何か
メリットがあるのでしょうか?組成自体で色素生成をすこし、阻害するよう
に思います。でも、アスコルビン酸塩を保恒剤として使うなら、面白いかも
しれませんね。

実用化できる出来ないは、別にして溶解剤+高アルカリで最高濃度が高くなる
のは、測定すると明らかです。

古い薬品名で申し訳ないですがベンゾトリアゾール添加の色調が嫌いでKBrを
多量に入れていました。カブリより、色調コントロールが目的でしたがえーっと
ID−62でしたっけ?もう、25年も昔の事です。何グラム入れていたか忘れま
したね。当時、コダックのバライタ紙を4分くらい蓋付きのバットで現像してい
たけどノーマル処方で被った記憶は、ないですね。以降、トーニングするから、
押さないようにしてます。
それと、今の印画紙は、ブロマイドといっても殆どがクロロブロマイド紙ですよね。
人像と付くブロマイドって有るのですか?初めて聞きました。ガスライトとクロロ
ブロマイドの感度の低いタイプしか私は、知らないです。最近出たのでしょうか?





71 :名無しさん脚:04/01/11 20:39 ID:NhQUDgWF
シュテックラー氏二浴現像のベストな調合を教えてくらはい

72 :名無しさん脚:04/01/11 21:13 ID:vUhLnY8k
>>71
と書くのは、上手く現像できないからですね。

過去の現像液と思います。2浴は、コントラストのコントロールが難しいだけじゃ
ないですか。

73 :名無しさん脚:04/01/12 01:39 ID:oyx5qLUJ
2浴もいいところはあるさ。面倒だからやらないけど

74 :名無しさん脚:04/01/12 07:55 ID:2NcpjqO+
>>71
ttp://www.baw-photo.info/development.html

75 :名無しさん脚:04/01/15 23:58 ID:vdDmsexI
↑現像液の処方を参考にするだけなら良いが
内容は、間違っている。他のコンテンツも同じ
読んで信用する人がいるのが怖い。

驚いた

76 :名無しさん脚:04/01/20 00:22 ID:QrTN0CHp
結局、現像液って何がいいのって、処理液を簡単に作るならT-MAX現
像液などの液体タイプ。コストパフォーマンスなら、D-76とD-76Rを
自家調合。粒状性重視ならミクロファインなど超微粒子タイプ。

フィルムとの相性もあるけど。

結局、どういった仕上がりを求めるかでしょ。

77 :名無しさん脚:04/01/23 02:23 ID:ws5tCtdu
粒状性よりエッジの出方や濃度のカーブの付き方、
アンダー描写の性格、ハイライトの崩れ方/崩れ無さ、などにむしろ関心があるな。
気付いてみたら常用してるのは高鮮鋭度系か調整現像っぽい液ばかり。

78 :名無しさん脚:04/01/23 09:52 ID:KITKQ+PE
俺は、フイルムで選んでいる。エッジは、別として

79 :名無しさん脚:04/01/23 19:41 ID:/44Q+AQC
結局、どの現像液でもいいんだよ。
ただ微粒子現像液か、増感現像液ぐらいの違いぐらいでしょ。

80 :名無しさん脚:04/01/24 00:59 ID:XuhhwXkZ
>>77
ときどき「エッジ効果」を力説するのを拝見しますが、僕にはよく分からないのでお教え願いませんか。
どういうのを「エッジ効果」というのですか。
1:1の希釈現像で23℃とかが良いとか言いますが。

81 :名無しさん脚:04/01/24 20:30 ID:Wv2Vebx2
ハロゲン化銀を溶解する亜硫酸ナトリウムが微量のために微粒子効果は、
期待できないが物理現像が行われないために鮮鋭度の低下は、無い。
また、強いアルカリと少ない主薬量で現像進行中に液は、著しく疲労する。
このため、露光された部分の端では、露光されていない部分(現像され
無いために主薬が存在している)からの主薬供給で端だけ濃度が上がる。
露光されていない部分の端には、疲労した液やハロゲンイオンが供給され
現像が妨げられて濃度が上昇しない。これにより境界線部の濃度差は、
大きくなり粒状が鮮鋭に見える。>エッジ効果 

標準現像液の1:1程度では、顕著な効果が得られないので期待するのなら
専用の現像液を調合するか、効果は、減るけれどPQタイプの印画紙現像液
を1:6−8程度に稀釈して使用すれば得られる。
メーカー推奨範囲なら、マイクロドールX 1:3が一応効果を期待できる。

いずれにしても、標準タイプ現像液を稀釈して鮮鋭化といろんな本に出ているけど
倍に薄めて効果的とは、思わない。ph依存度が大きい反応だから。 

82 :名無しさん脚:04/01/25 00:54 ID:DEBOqvVt
>>81
詳細なご説明ありがとうございます。でも専門的過ぎて正直、難しいですね。
しかし、印画に超微粒子を望むこととエッジ効果は、あい矛盾するのですね。
1:1というのは小生のうる覚えの誤りです。たしかに3倍希釈だったと思います。


83 :名無しさん脚:04/01/26 01:01 ID:fgVNCMG4
>>76 えらそうに書いておきながら、自分自身わかってなかったりする。

そこで、PRESTO400,ACROSの2種類について、貴方なら何を使って
どうやって(希釈とか攪拌とか)、どんな感じに仕上げます?

これ以外にも、お勧め(長巻が安い事限定)があれば教えてくらはい。

84 :名無しさん脚:04/01/27 02:31 ID:Z1bQk6uq
>>83
私は両方ミクロファイン原液でやります。
撹拌方法・時間は箱に書いてある通りです。

85 :名無しさん脚:04/01/27 12:29 ID:iO5HjBC9
アクロスはミクロファイン

プレスト400はSPD1:1希釈
でも減感する時はミクロファイン




86 :名無しさん脚:04/01/27 14:23 ID:c0sUbKPk
>>85
同感。

87 :名無しさん脚:04/01/27 23:54 ID:bFUQZ9Nd
>>85
ミクロファインって、結構、粒子が目立つので、使っているけど何かほかに良いのがありませんか。
少なくともアクロスのときは避けています。せっかくのアクロスがもったいない。
アクロスのときはパーセプトールにしています。


プレスト400用の超微粒子現像液ってなんだろう。

88 :名無しさん脚:04/01/28 00:48 ID:9urqt/ic
>>87
高感度フィルムと微粒子現像液の組み合わせで、微粒子を求めるのが
まずおかしいですからね。アクロスに関しては、D-76系現像液でも、
通常の露光と現像処理ならば、かなり期待できるはずですけど。


89 :85:04/01/28 00:54 ID:BQ/UbcF9
>>87
現像液はプリントのしやすさで選んでるから、現像液による粒状性の違いはあんま気にしてなかったりする。


90 :名無しさん脚:04/01/29 12:03 ID:mn8cWIRF
>>89
アクロスを使いながら、粒状性の違いをあまり気にしないというのは、
なんとももったいない話に思います。

アクロスのキメ細やかに、なだらかに描写される階調性は、フィルム面に超微粒子を
育ててこそ最大限威力を発揮してくれるように思っているのですが。

91 :名無しさん脚:04/01/29 12:19 ID:1wEBu8lR
test

92 :85:04/01/29 13:12 ID:qAskSDTx
>>90
アクロスはミクロファイン(M単液系)以外にSPD(PQ)やD76(MQ)でも処理してみたけど、どれも充分微粒子でしたけど。


93 :85:04/01/29 13:44 ID:qAskSDTx
>>92自己レス
文法的におかしかった、失礼…。

あとアクロスは相反則不軌特性で選んでる部分もあるんで、粒状性が全てという訳ではないです。
単純に粒状性だけでいえば、プレスト400・ミクロファイン処理でも充分満足してます。


94 :名無しさん脚:04/01/30 23:51 ID:t6sZvUFX
アクロスならミクロファインが最強ですよ。
でもD-76現像でもトップクラスの粒状性が得られます。



95 :名無しさん脚:04/01/31 05:13 ID:/iE/CHpm
フジはフィルムはとても良いけど、現像液は感心しない。
ただネオプロドールだけは、高感度の場合お勧め。

96 :名無しさん脚:04/01/31 12:24 ID:BCKTG00P
まあ、(デジカメでも)
「写真を撮ったらお店に任せましょう」、とCMしてる会社だからなあ。>フジ


97 :名無しさん脚:04/01/31 22:23 ID:NaRJ4L1A
人生の貴重な時間を無駄にしてるな。SPDで十分。それともA0にでも延ばすのか?

98 :名無しさん脚:04/02/11 02:31 ID:oc4C4FM7
ミクロファインなら1段減感して撮影するのがいいかな。
SPDは漏れは使わない。高温現像したみたいにならないか?

結局D76ばっか使ってまつ。

99 :名無しさん脚:04/02/11 22:40 ID:FSzddp98
ねぇねぇ、しゅてっくらー氏ってやつ?2液現像ってのかな、
アレ使ってる人イル?なんかぁ、どんなフィルムでも同じ様に
処理出来るらしぃんだけどぉ、Doかなぁーって、おしえて。

100 :名無しさん脚:04/02/11 23:07 ID:LjH3BNsi
明日辺り、HPアドレス貼り付けるのか?
間接的な誘導などせずに直接表現で行こうぜ!

こう度々、同じ展開を見ると勘ぐりたくなる。


101 :名無しさん脚:04/02/11 23:08 ID:xm/63sSN
99って何度も似た様な事きいてねーかぁ?

ウゼエ

102 :名無しさん脚:04/02/11 23:25 ID:FSzddp98
悪かったな。初めてだよ。

103 :名無しさん脚:04/02/11 23:34 ID:LjH3BNsi
じゃ、過去ログ読むニダ


104 :名無しさん脚:04/02/11 23:42 ID:FSzddp98
そうするわ。

105 :名無しさん脚:04/02/17 00:07 ID:SMavQu8a
使ってみた。シュテックラー氏。結果、良いですね。粒状性も良さげ。
手順が1つ増えるのが面倒いけどPRESTO400とSCROS100を同じ条件で混ぜ
て現像出来るので、トータルの処理時間はむしろ短くなりそう。コスト
も安い。しばらく使ってみる事にした。

106 :名無しさん脚:04/02/17 00:54 ID:MyRoB2xt
そうかなあ?
むしろ、微妙なコントロールしにくいし、2種類のフイルム
を同時に上げる事ができるとか書いてあったけど実際は、調子が違うから
別々の現像しなけりゃならなかった。
兎に角、画像が出て焼ければ良い、調子コントロールなんてどうでもいい
初心者向きとおもったな。
メリットとかいてる部分が欠点の思えるのは、俺だけか?

ヌケ悪いしな。

107 :名無しさん脚:04/02/27 23:13 ID:bj3sIoeY
増刊ならD19
普通にならテクニドールリキッド



逝ってきます。

108 :名無しさん脚:04/03/05 00:35 ID:4GefE1q0
400プレストをISO200で撮影してミクロファイン氈F氓ナ
現像してるんですが、プレスト特有のあの軟調の仕上がりを
も少し硬くするにはどのような現像が向いてますか?
あとハイライト部も出したいんですが。諧調がありつつすこし
硬めに仕上げたいんですが。ご教授願います。


109 :名無しさん脚:04/03/05 01:16 ID:sI3fdWDY
ちゃんとしたデータを取ったわけではなく、単なる印象だけど、
ミクロファインは柔らかめの調子になるように思う。
焼きで調整できませんか?

110 :名無しさん脚:04/03/05 03:16 ID:WDZjspJs
>>108
とりあえず減感をやめてみる。

111 :108:04/03/05 03:30 ID:4GefE1q0
んー増感をやめてもやっぱりあの軟調な感じはとれませんよね?
でもなんとかプレストで硬めで諧調豊かに仕上げてみたいんです。

112 :名無しさん脚:04/03/05 03:40 ID:WDZjspJs
感度上げれば粒子大きくなって階調も損なわれるし、感度落とせば軟調になるし…。
109の言う通り焼きで調整するのが一番かな。


113 :名無しさん脚:04/03/05 03:53 ID:PY1GWmcG
硬調にするにはむしろ増感するのがセオリーなんだけど。

114 :113:04/03/05 03:59 ID:PY1GWmcG
 露光量はノーマルで現像押し気味にしてみな。
黒くて焼きにくけりゃ若干露出切り詰める。

115 :108:04/03/05 10:59 ID:AbtARZzA
増感と減感間違えてかいてましたね、すいません。
ブロー二ー版プレストでISO400でで撮影して
ミクロファイン1:1希釈で22度で10分30秒ほどですが
なにかネムイというか軟調な仕上がりになるんですね。
確かに焼きで調整すればいいんでしょうがまずネガを
完璧に仕上げたいので。

116 :名無しさん脚:04/03/05 11:14 ID:6ZruhMMC
ミクロファインで希釈の逆、つまり濃厚液でやると
割とうまく減感できるというのは聞いたことあるが。
それからD-1 ABC など古いパイロ単主薬の処方は、もともと感度低下する上に
臭化カリの添加量を加減して4絞り減感から1絞り減感くらいまで
幅広く調節できたそうだ。

117 :名無しさん脚:04/03/05 11:32 ID:WDZjspJs
>>115
根本的にミクロファインは向いてないんじゃないかと。
D76原液で普通に処理してみれば?

118 :109:04/03/05 11:56 ID:sI3fdWDY
>>117
私もそう思う。
自分の焼き方だと、ネガは柔らかめに仕上げておいて、必要なら焼くときに硬くするのが好み。
(逆に硬いネガから軟調なプリントを作るのは難しい)
それで、減感+ミクロファインで現像している。
でも、ネガの時点で硬めなものが欲しい人がこれをやっては逆効果だと思う。



119 :名無しさん脚:04/03/05 13:24 ID:B+y22zgW
ミクロファインの希釈現像は良いことが無いからやめろ。
なんかねらいがあれば別だけど。

120 :名無しさん脚:04/03/06 01:35 ID:kMmGhcQg
温度上げれば

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)