5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【高効率】車用ライトバルブ統合スレ…H5【明るく】

645 :まぢレスしてやろう:03/03/17 01:07 ID:uw3IjV15
>>642

現代の漢字では「青」も「蒼」も、訓読みでは「あお」である。どちらも色を表現している。
その差は、クレヨンや色鉛筆、あるいは絵の具などでは鮮明だが、現実にはどう違うのか?
それを日常生活のなかできちんと区別するのは、絵やデザインの世界に無関係な一般人には難しい。
これをわかりやすく言うと、「青」は春と夏の「あお」で、「蒼」は秋と冬の「あお」である。
「青」という文字は、もともとが「生」と「丼」から成り立っている。生は生えるともいうように
土から草などが芽を出す事である。丼は井戸の中に綺麗な水が湧くことを表わしたもの。これは
春になって芽生える若草や井戸の水というわけだから、ブルーというより「あおみどり」に近い。
一方の「蒼」は草冠に「倉」と書く。倉を農家の納屋と言い換えれば、刈り取って納屋に納められた
草の色と理解できるであろう。つまり秋から冬にかけての生気のない青草の色と考えていただくと
理解しやすいであろう。
なお「青」は「生」と鉱物を表わしている「丹」から成り立つという説もある。
しかし、この説に立つとしても、「生」という草の生えるという字が含まれる以上
グリーンの要素が「青」には含まれてくる事に違いはない。

247 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)