5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part28

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/18 01:06
死ぬほど洒落にならないくらいの「怖い」話を集めるスレです。
オカ板の看板スレです。心霊、実在は問いません。
書籍や映画などの引用は、引用元を示して下さい。
オリジナルを投稿する時は、その時点で著作権を放棄臭いです。
マターリ楽しみましょう。
人の話に点数つけたらおしおきよん

[注意]
◎実話でなくてもいいので「半端じゃなく恐い」話しを
 本から探すなり、友達に聞くなり、ネットで探すなりして下さい。

◎1回で投稿できない長文をupする時は、投稿前にメモ帳で
 ぜんぶ書き終えてから、連続投稿してください。


◆ベスト集計サイト、過去ログ倉庫
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/

前スレ
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part27
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045050965/

332 :クリップの男:03/02/20 19:06
みなさんは爪の垢が気になりませんか?
私は昔は気になって仕方がありませんでした。
子供の頃
クリップを少し曲げて真っ直ぐにして暇があれば
ほじくっていました。

私が高校に入学した時の事です。
小さな中学から入学した私はクラスに知った者など誰もいませんでした。
だから、最初はたまたま席が隣になった奴と仲良くしていました。
隣の席の奴は伊東と言っていつもニコニコしている男でした。
性格も温和でおとなしいタイプだったです。
お互い妙に気が合いすぐに打ち解けあったのです。

ある日、休憩時間にいつもの癖で
私はクリップで爪の垢をほじくっていました。
伊東がいつもの様にニコニコしながら
「何してるの?」と聞くので
「うん、チョット」と少しうわの空で返事を返すと・・・


333 :クリップの男:03/02/20 19:06
突然、伊東が
「俺を無視するな!!!!」と叫んで
私のクリップを持っている手を強く叩いたのでした!
クリップは当然、私の中指の爪の間に深く突き刺さりました。
爪の上からクリップが1cmは突き刺さっているのが見えます。
そして一瞬遅れて痛みが走りました。
私はあまりの激痛に
「うぉ〜〜!!!!!!!!!」と叫ぶと
その場で失禁(小便を漏らした)をしてしまったのです。

後日、伊東の中学の同級生に話を聞くと・・・
伊東は突然、何でも無い事に激しい怒りを発する男だったそうで・・・
中学時代も訳も無くキレるので誰も側に近づかなかったそうです。
彼は翌日、自主退学しました。
私はそれいらいクリップを見るたびに鳥肌が立ちます。

ちなみになぜこんな体験談をお話するかと言うと
私は現在、上京して東京の大学に通っていますが・・・
今日!JR横浜駅のホームでその伊東を見かけたからです。


334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 19:11
ヌッ殺せ。

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 19:18
マジ、洒落にならん・・・

ちなみに俺、横須賀に住んでんだけど・・・

336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 19:37
伊東を見つけ次第ヌッコロススレはここですか?

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 20:29
このあいだ、古アパートに入居したんです。ボロアパ。
そしたらなんか深夜、腰まで髪を伸ばした女が、枕もとに立って俺を睨んでいたんです。
で、よく見たらなんか首に縄の跡があって、目玉と舌も飛び出しているんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前な、勝手に自殺してくたばったくせに、敷賃はらって入居した正当な人間を脅してるんじゃねーよ、ボケが。
逆恨みだよ、しかも自己中。
なんか「ここは私の部屋…」とか世迷言言ってるし。部屋借りてそこで死ねば自分のものか。おめでてーな。
よーし出ていかないと呪っちゃうぞー、とかブツブツ言ってるの。もう見てらんない。
お前な、誰だって死んだら幽霊になるから、全然特別じゃねーんだよと。
幽霊ってのはな、もっと殺気立っているべきなんだよ。
意味もなく、心を病ませて病院いれさせたり、自殺させたりする、
発狂させるか自殺させるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。ただ脅かすだけの根性なしは、すっこんでろ。
で、それとはべつに、墓地の近くをドライブしたら、なんか窓いっぱいに顔が映って、ベタベタと俺の車触ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、覗くだけなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、「こいつじゃない、こいつじゃない」だ。
お前は本当に恨みをはらしたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、幽霊っぽいことしたいだけちゃうんかと。
この道20年の俺から言わせてもらえば今、本職の間での最新流行はやっぱり、
背後霊に頼んで逆襲、これだね。
「裁くのは俺だッ!オラオラオラオラオララオオラオラ!」。これがいい徐霊のし方。
背後霊ってのは本体の強さは関係なくて、そん代わり意思=パワー。これ。
で、死んじゃった連中は基本的に弱いから一撃。これ最強。
しかしこれを実行すると吸血鬼に「仲間にならないかね?」と勧誘されるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前、夜は電気つけて寝てなさいってこった。

338 :かくれんぼ:03/02/20 20:32
漏れが厨房の頃の話。
小学校の同窓会で、前の友達とかみんな集まって盛り上がってた時、
その頃一緒に遊んでたメンバーで久しぶりにかくれんぼしようって事になって、
漏れらだけ途中で抜け出して、神社の近くのいつもの林に行ったんです。
消防の頃からその林で度々遊んでたもんで、大体隠れ場所とか決まってて、
それも限られてたんです。だからすぐ終わったらつまんないって話になって、
その小学校の旧校舎に行ってやる事にしたんです。

その旧校舎って、いかにも怖いぞって感じの、かなり不気味な校舎で、
消防の頃はみんな怖がってその旧校舎ではできなかったんですが(漏れも含んで)
今はどっちかというと度胸試しって感じで、みんな乗りに乗ってそこでやる事になりました。
けど正直まだ怖がりな漏れは「いつもの所でいいってー」とか反対し続けたんですが、
みんなに押し負けされて、やはり旧校舎でやるハメになったんです。

しかも、ジャンケンで負けて鬼になってしまい、最初から一人行動です。
空も少し暗くなってきたから、これ以上暗くなるとヤバいと思い、
さっさと見つけて終わりにしようと思ったんです。何しろ、旧校舎と言っても
一応2年生まではこの校舎に通ってたのだから、大体の場所は分かってたんです。
それで、本当は1分数えるのがルールなんですが、怖いからちょっとズルして
20秒ぐらいで探し始めたんです。



339 :かくれんぼ:03/02/20 20:33
そうじロッカーとか、棚の下とか、当時在り来たりだった隠れ場所を
くまなく探したんですが、少しも見つかりません。この旧校舎は全部で
2階までしか無くて、2階丸ごと隅々まで探したんですが、やっぱりいません。
そろそろ一人くらい見つかってもいいよなーって思ってた頃、上で何か
叫び声がしました。確かにそれは友達の一人の声だったような気がしました。
漏れはすかさずダッシュで2階に行ったんです。そして長い廊下を
見渡しましたが、いません。とっさでどこかに隠れたのだと思い、
他の所も探したんですが、やっぱりいませんでした。
さすがに嫌気がさした自分は「どうせ漏れだけ置いて家にでも帰ったんだろ」
とふてくされ、自分も家に帰る事にしました。漏れはガキの頃から
けなされキャラ、とでも言うんですか、とにかくそういう感じで、
けっこうこういう時があったりもしたのです。漏れは後味悪くも、
1階に降りて、昇降口から出ようとした時、また向こうで大きな声が
聞こえたんです。しかもまた友達のような声・・・。しかし、
とにかくふてくされてた漏れは、無視してそのまま家に帰ったんです。



340 :かくれんぼ:03/02/20 20:33
そして夜9時ぐらいだったか、家に電話が来たんです。
出てみたら、当時通ってた中学の担任でした。そして何故か
急に怒られたんです。「今すぐ学校に来なさい!」と。
行ってみると、そこには担任と、一緒にかくれんぼをしてた友達全員が
向かい合ってて、みんな漏れを見るとムスッとするのです。
担任には「どうしてこんな遅くまで・・・」みたいな事を長々と説教された
だけだったんですが、その後です。

みんなで帰ってる途中に、冷たく言われたんです。
「お前知ってて何で逃げたんだよ」と。
漏れはもちろん知らなかったので「何を?」を繰り返しましたが、
みんなそれから無視です。とぼけてるとでも思ったのでしょうか?
しかし、漏れは実際何も見たわけではありません。ただ、聞こえはしました。
あの友達の、今まで聞いた事も無いような奇妙な叫び声を、2回。

今漏れは工房ですが、ついこの前その友達が、その旧校舎の近くの道路で
事故に遭い大けがをしたという事で、ついこの話を思い出してしまいました。


341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 20:42
原因究明してくれたらいいのに。

342 :出会いNO1:03/02/20 20:42
http://asamade.net/cgi-bin/pc_i_j_ez-index.cgi
            ↓
   出会えるサイトはここ出会い率NO1
     http://asamade.net/web/
            ↓
   業界初こんなシステムどこにも無い
    なんたって無料で稼げるサイト


343 :遭遇率NQ1:03/02/20 20:48
http://asamade.net/cgi-bin/pc_i_j_ez-index.cgi
            ↓
   怪奇現象と遭遇できるサイトはここ遭遇率NO1
     http://asamade.net/web/
            ↓
   業界初こんなシステムどこにも無い
    なんたって簡単に呪われるサイト


344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 20:49
ラブホでやっているとき、ふと横を見ると、
半透明のカップルが同じようにやっていた。
立つものも立たないね。

345 :うんぼ:03/02/20 20:54
僕の友人、Kさんの体験です。

ある休日、Kさんは部屋の掃除をしていました。
乱雑に本が並んでる本棚を整理しようと思い、
本を全て本棚から取り出す作業をしていました。
三段目の棚の本を抜き取った奥に何かあります。
それは、未現像のインスタントカメラでした。
Kさんには、そのカメラは記憶になかったそうですが。
好奇心も手伝い、現像に出して見る事にしたそうです。
残数を見ると、あとフィルムが一枚余ってます。
Kさんは何か適当に撮ろうかと思ったのですが、
回りには特に撮るものもないので、
カメラを自分の顔の前に持ってきて、カシャッと
自分の顔を撮ったそうです。


それから数時間後・・・・
Kさんは現像して貰った写真を店から受け取ると、
近くの喫茶店に入り、現像された写真を見ました。
そこには・・・
Kさんを含む5人の男女が観光地みたいな所で、
写ってる写真でした・・・
Kさんは思い出したそうです。
その写真は大学の友達と旅行に行った時のもので、
もう5、6年も昔の事なので、すっかり忘れていたそうです。
どの写真もその旅行の時の物で、
友達の懐かしい顔が並んでいます。

??・・ふと、妙な違和感を感じたそうです。
3人までは知っている顔なのに、
最後の一人は記憶にないのです。


346 :うんぼ:03/02/20 20:56
髪が長く、陰気な感じの女で、
みんなが笑っている中、無表情な顔をしているその女を
Kさんはどうしても思い出せなかったそうです。

もう一つ変だと思ったのは、何泊かした旅行なので、
写真によっては、みんな服装が違うのに、
その女だけは、どの写真も灰色ぽい、
ワンピースを着ていたそうです。

・・・・あっ!! Kさんは全て思いだしました。

その旅行はKさんの当時つき合ってた彼女と、
Kさんの男の友人とその彼女で行った旅行だったのです。
だから計4人なのです。

灰色のワンピースを着た女は全然知らない女なのです。

髪の長い女は、Kさんの写っている写真には、
必ず写っていて、Kさんの隣によりそう様に写っている・・
偶然写ったとは考えられない・・

何とも言えない恐怖がKさんを襲ったそうです。
おそる、おそる最後の一枚・・・
今日、適当に自分を撮った写真を見ると・・・

Kさんの顔の隣に、あの髪の長い女のニヤリと、
笑った顔が写っていた・・・・

唖然としているKさんの所に、
水を持ったウエィトレスが来る。
コトッと、テーブルに水を2つ置いたそうです・・・・

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:20
>345
オチがコワ

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:21
>>338
怖いけど、真相が気になる!
友達に聞いて突き止めてクレロン

>>345
その二人はケコーンって事でつか?
けどなかなか怖カタヨ

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:36

    _、_  ウンボグッジョブ!!
   ( ,_ノ` )    n
  ̄     \    ( E)
 フ     /ヽ ヽ_//

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:38







        天からふりそそぐものが世界を滅ぼす












351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 21:38
遅い時間まで仕事が長引き、
自宅近くの某駅を降りたのはすでに夜の12時をまわっていました。
田舎の無人駅なので、一緒に降りる人もほとんどいず、
しばらく家へ向かって歩くと、私一人だけになりました。
ふと人の気配を感じて、後ろをふり向くと浮浪者のような人が、
なにか歌のようなものを歌いながら、ピョンピョンとジャンプして、
こちらに近づいてくるのが見えました。
少し怖くなったので、小走りし、また後ろを振り返るとその人は居なくなっていました。
どこかに行ったのかな、と思い、安心して歩速を緩めると、
また後ろで人の気配と、妙な歌声が聞こえてきました。
振り返るとさっきの浮浪者がまた、ピョンピョンジャンプをしながら
私に近づいてくるのが見えました。
もう怖くなって、走って逃げようとしたその瞬間、浮浪者がフッっと消えました。
驚いて立ち止まっていると、次の瞬間、私の目の前にフッっと浮浪者が現れました。
そしてニヤニヤ笑いながら、妙な歌を歌いピョンピョンジャンプしていました。

その日、私がどうやって家に帰れたか良く記憶がありません。


352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 22:07
>>345
ウンボグッジョブ!!

>>351
案山子の話を思い出した。

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 22:13
インスタントカメラって店に出さなくてもその場で写真が見られるものなんじゃなかったけか・・・

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 22:36
インスタントカメラ=写るんですとか
ポラロイドカメラ=その場でってやつ
違った?

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 22:45
写るんですとかは使い捨てカメラでしょ

ポラロイドカメラ=インスタントカメラじゃなかった?

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 22:47
喉の奥がひっかるみたいで気持ち悪いからググってみた
http://55camera.com/instant.html
http://www.roke.co.jp/c_instant/instant.htm
こんな感じ

357 :354:03/02/20 22:51
失礼しました…

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 23:17
>>345
なかなか良かった。
いい感じにコラージュしたという感じかな

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 23:55
age

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/20 23:55
正直、いつぞやの熊に実話を書いて貰いたい。

361 :293-296:03/02/21 00:13
遅レス申し訳。

>298
持ってないんです。
私もアップ希望。

>300
おお、マジすか!
大体どの辺か覚えてないでしょうか?
あまりに膨大なログなので、いつくらいかだけでも・・・(汗)
とりあえず自力で探してきます。

>302
やっぱりネタかー。
でもネタにしても割と面白かったと思います。見つかるといいなぁ。

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 00:17
>>360
胴衣。ほんのりスレで「フィクションやめます」みたいな事言ってたから
おそらく別HNか名無しでいつか書いてくれるだろう

363 :Jねじん:03/02/21 00:30
たたりのようなもの(?)に本当に洒落にならない
くらい 襲われたことがあります。。


364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 00:31
>>363
書いて!書いてよ!

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 00:37
天神スレ立てようと思ったのに立てられなかった者ですが、
次の日からnetに接続できなくなって、なんでー?と思って、
いろいろやってみたんだけど駄目で、プロバイダに連絡して
もう一度最初から設定をし直したら接続できた。

気味悪すぎて誰かに話したかったです。

366 :Jねじん:03/02/21 00:54
私の田舎に、あぜ道ではめずらしいY字になっている場所があり、
そこは5Fくらいの空き地というかなんというか
よくわからないスペースが出来ていました。
そこは小 中学生の頃の通学路で 通学路にはよくある「いわく付きの」物が
あったのです。。
それは通称「魔女岩」という つるつるした人の腕で抱えきれるくらいの岩で
みんな「その岩にはたたりがある」と言っていたのだが
実際 その岩にのっかろうと、小便をかけようと何をしようと
たたりらしきものに 襲われた人はいなかったのです。
しかし、私はなんとなくその岩には 触れたくなかったというか
あまり興味がなかったのでした。

そして。。これはこの間社会人になった私がひさしぶりに実家に帰った時の
話です。。。

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 01:04
長文はメモ帳で(ry
頼んます。・゚・(ノД`)・゚・。 ホント

368 :Jねじん:03/02/21 01:23
その空き地は、中学生の時に引っ越してしまった家の近くにあったのだが
何となく懐かしくなり、夕暮れ時空が赤くなった頃に自転車にまたがり
今ではスッカリ変わってしまった 風景を 微かに残る懐かしさを 感じながら
走っていました。ふと、民家の裏の路地にある空き地に目をやると
生い茂った雑草の中に頭半分くらい見えている 大きな岩があったのです
それを見た私はなんだか懐かしいというより
かわいそうに思えてきて 人目を気にしながら生い茂った
光を遮る雑草を、何かの衝動に駆られてブチブチ毟っていると
「バリバリッッ!!」
と明らかに雑草とは違った感触が手に伝わってきました
そして
泥にまみれた私の手に握られていたのは。。。
藁のような繊維と髪の毛?のような黒い繊維の束でした。。。


369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 01:56
(((((;゚Д゚))))ワラタ

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 02:04
>>Jねじんまだ?それともおしまい?

371 :Jねじん ◆Gv599Z9CwU :03/02/21 02:08
一瞬頭のなかが真っ白になってしまった。
しかもよくみると ボロボロになった白いカミキレが
その辺り一面に バラバラ何枚も何枚も転がっていて
背中に強烈な寒気を感じたわたしは 肘や膝をぶつけながらも
なんとか自転車にまたがり家の門をくぐった

夕飯を「魔女岩」のことを気にしながらも食べていると
どうやら部活で遅くなった弟が帰って来たらしく
玄関から足音が聞こえてきました。
すると弟がさりげなく「お兄ちゃん事故ったの?」
と聞いて来たので(嘘だろ!)と思いながら庭の自転車を見ると
ステップが完全に外れていて 倒れている
また 後ろの泥よけの付け根の辺りから サドルの下に渡って
二色の繊維がグルグル巻き付いていた。。


372 :Jねじん ◆Gv599Z9CwU :03/02/21 02:17
動揺しながらも部屋に戻ろうとすると
「ばたん!」「ばたん!」
と階段の上から戸を閉めるような連続音が聞こえてきました
弟はまだ居間でテレビを見てるし…
嫌な予感がして階段をのぼるのを やめて 振り返ると、
私が歩いて来た廊下に無数の足跡と あの二色の繊維が!
(来るときは気付かなかったのか?)と疑問に思いながらも
「魔女岩」との関係を 頭の中で必死になって消していた。

それから小一時間私は 居間で弟とテレビを見て笑ったりしていると
廊下から「なにこれ!?汚い!」という母の声
(やっぱりな)と思いながらも
「ああ、それ何か自転車でこけたとき僕に付いてたみたい。」と言うとしばらくして
「ええ?!これが?」と片手に何か持っている母がしかめっ面で言った
その手にはなんと ボロボロに汚れた小鳥の屍が。。。

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 02:21
メモ帳も使わず延々と書き続けるJねじんが洒落にならないほど怖い今日この頃、、、、

374 :Jねじん ◆Gv599Z9CwU :03/02/21 02:40
しかもその鳥と言うのが 私が借りているアパートの
大家の毎朝うるさいあの小鳥に 酷似していた。。正直殺したかった。。。
なんとも言えない空気が 我が家全体に重くのしかかった。

その次の日
何事もなかったかのように私は 懐かしい顔ぶれと酒の席を設けていた。
新車を自慢しながら 友人Kが
「帰り検問引っかかりたくないから Yの部屋に泊まろうぜ」
と言い出した。
「ええ!じゃあ Yも誘うのか?」と邪魔くさそうに私は言った
実は私はその Yとは学生時代の 金を貸した借りてない
といった ちょっとしたトラブルからかなり気まずい仲であった

375 :Jねじん ◆Gv599Z9CwU :03/02/21 02:46
できれば久しぶりに帰って来たんだし 気兼ねなく楽しみたいところだった
そうこう考えているとほどなくして Yの家についた
豪邸だった。
そして車を運転していたKが
「お!緊急車両だ、ちょっと寄せるわ」と言うと
前方からけたたましいサイレン と共に救急車が向かって来た
そしてなんとそのサイレンは 私たちの目の前で鳴りやんだのだ。。。
まさかとは思いながらも車を飛び下りると
担架に乗せられ運び込まれていく懐かしい顔

死因は心不全とのこと あの若さにして。。。


376 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 02:56
終わり?

378 :Jねじん ◆Gv599Z9CwU :03/02/21 02:57
(Yはもともと体の弱い奴だったし。。。)
と思いながらも 葬式を済ました私は 数日後アパートに帰った。
(まったく、とんだ帰省だったなあ)
一息ついていると『こんこん!!』とドアをノックする音
(大家だな。チャイムあるんだから鳴らせよ…)とドアを開けると
「いやあー、実はうちの鳥が逃げちゃってね、○○さん見てないかな?」
と言う 大家 の
持っている籠には 「魔女岩」の 藁と 髪の毛が びっっっしり。。


379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:02

◎1回で投稿できない長文をupする時は、投稿前にメモ帳で
 ぜんぶ書き終えてから、連続投稿してください。


380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:04
もう寝るわ。オヤスミ。

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:06
もうだめぽ

382 :Jねじん:03/02/21 03:10
てきとーにかきますた
めんどいから
てきとーにおわらせますた

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:17
Jねじんって何か怖い。
途中からトリップ付けてるし、最後だけsageるし、メモ帳使わないし。
んでもって、内容も分かり辛い。

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:18

◎作家気取り野郎のオナニー場ではありません

もテンプレに加えてくれ。

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:20
もう終わりなの??

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:40
まだ始まってもいない

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:44
まあ全員が感じている事だと思うが

全霊込めて書いといて予想外に不評だったから「てきとーに書きました」か…。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 03:46
>387
見てて痛々しい。

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 04:48
>>382はただ単に偽者なんでないの?
結構面白く読ませてもらったけど、Jねじんさん。

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 04:57
>382は偽者。>389でJねんじ本人が言ってるので間違いない。

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 05:13
私が昔、同棲していた時…
夜寝ていて、夢を見ました。
夢の中で、足下から男が這い上がって私の上に乗り上がってきました。
薄気味悪い顔でニヤッと笑いながら、犯そうとするのがわかり
『あっ逃げなきゃ』と思っても、夢の中で金縛りにあっていて動けません。
犯されている感覚がわかった瞬間、隣で寝ていた彼の腕が飛んできて
揺り起こされて目が覚めました。
「どうしたの?」と聞くと、「今おまえの上に男がいたんだ。僕は
金縛りになっていたけど、全身の力を出して男を叩いたら消えたんだ」
と言われました。私もやっと覚醒して、さっきまでの夢のことを思い出し
ました。恐かったのは、体に感触が残っていたことです。ー実話



392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 06:22
どうせなら彼氏に

「斬るなら俺を斬れ!!!俺の命で済むなら・・・安い物ッ!!」

と言って貰いたいな。

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 06:24
>>391
エロいなぁ。濡れてたって事か。

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 07:17
やられちゃったんだろうな

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 07:37
なめられたんじゃ・・・・

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 07:52
青の娘。体験談
 
小学2年の時、旅館に家族でおとまりに
いきました、深夜に声がして何故か僕だけが
飛び起きました。
泣くような声と気配がしたので足元をみました
すると、そこには顔を青くした髪の長い女性がいました。
僕は恐くて震えながら布団をかぶって目を閉じました、
すぐに寝てしまい起きたら朝でした。

今はその旅館は火事でなくなってしまったそうですが、
その時に、旅館の主の人からきいた話では。
そこでは首吊り自殺があったそうです。ちなみに
この話を聞いてから、旅館に止まると同じ人が
出るらしいです、友達に話したら。そんな体験をした!っと
怒られました。きっと居場所がなくなってしまい。
各地をてんてんとしているのかもしれませんね?(終)

397 :黒崎 歩:03/02/21 08:40
(´`)

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 09:37
(゚Д゚)ハァ?

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 09:43
妄想提供:船田生人

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 09:55
今日で43歳になります。独身で少し肥満ぎみでのハゲです。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 10:16
>392
どうせなら

「掘るなら俺を掘れ!!!俺のケツで済むなら・・・安い物ッ!!」

でしょう。

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 10:18
おめでと
43年間生きてきて怖い体験なかった?

403 :佳代ちゃん:03/02/21 10:29
おにいちゃん。あの・・・ネ、私、おじいちゃんの、おうちに行くところなの。

ううん。べつに・・・ネ。よくはないのよ。
そうなの。ぜんぜん・・・ネ。よくはないのよ。おにいちゃんは知らないから・・・。

あの・・・ネ。おじいちゃんの、おうちは・・・ネ。悲鳴がするのよ。
そうなの。悲鳴なの。とてもとても大きな・・・ネ。広い広い、おうちに・・・ネ。
悲鳴が、いきなり、おうちいっぱいにひびくのよ。

ぎゃああああぁぁぁぁッ!!って・・・ネ。

誰なのかしら・・・ネ。おじいちゃんの、おうちには、おじいちゃん一人っきりなのよ。
ほかにはだあれもいないの。でも、やっぱり、悲鳴がするのよ。
何度も何度も何度も。・・・おかしいでしょ?


404 :佳代ちゃん:03/02/21 10:30
ふふふふ・・・そのうちに・・・ネ。
おじいちゃんは、いろいろなものが、嫌いになっていったの。

だってTVを見ようとしたら、TVに変なものが映るのよ。
どんな変なものかは知らないけれど・・・ネ。

ごはんを食べようと思って冷蔵庫を開けるでしょ?
そうしたら、そこに、こわいものが入っているの。
ふふふふ・・・こわいものって、何かしら・・・?

それから・・・ネ。寝ようと思っておふとんに入るでしょ?
ウトウトしていると、いきなり足を、つかまれるのよ。

そうよ。冷たい、とおっても冷たいものに。冷たい、冷たいものなのよ。
それはそれは冷たいの。それはそれは冷たいのよ。


405 :佳代ちゃん:03/02/21 10:30
そうして・・・ネ。おじいちゃん、病気になっちゃったの。
かわいそうに・・・ふふふふ。
それからすぐに、おうちから火が出て・・・。

そうよ。火事になっちゃったの。おじいちゃんのおうち。半分焼けちゃったの。
それで私、これからお見舞いに行くのよ。

で・・・ネ。
おじいちゃんのおうちの変なことって、火事になるのを知らせていたんじゃないかって・・・
そんなことを言う人が、いるのよ。
世の中にはよくないことがおこる前には、よくないキザシというのが、あるんだって。
おいちゃんは、どう思う?

406 :佳代ちゃん:03/02/21 10:30
でも・・・ネ。それで終わりじゃあないの。
なぜって?
だって火事のあとも、やっぱり、おじいちゃんのおうちでは悲鳴がするもの。
昼も夜も、わすれかけたころにすごい悲鳴がひびくのよ。
おもわず、耳をふさぎたくなるような、ものすごい悲鳴が。

悲鳴が聞こえるってことは・・・ネ。まだ続きがあるんじゃないかな。

まだまだ、何か、あるんじゃないかな・・・おじいちゃんも、まだ死んでいないし・・・
・・・ふふふふ・・・うふふ

・・・まだある、まだある・・・


407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 10:47
・・・ふふふふ・・・うふふ

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 11:48
( ´,_ゝ`)ふふふふ

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・  :03/02/21 12:04
つっこむのもイヤなんだが佳代ちゃんは嫌がらせか?
素で書いたんなら普段新井素子とか読んでないか?
メガネかけた女か小太りの男かどっちかじゃないか?

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:10
         |
         |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        <`Д´ >  < ウフフフフッ
       / l   \  \______________
      /,‐、 ,‐、 | |
     // /|/ / |//|
     (_つ⊂ニ'イ |
___/ / / /   |
     レ' レ'`ー―'\
              \
               \


411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:15
以下はある人の話です。

 彼はある日、2時過ぎまで上野で飲んでいたので帰れなくなり、
ちょうどいいやっていうんで、ぽんびきの女性を逆に引っ掛けて
ホテルに入りました。やることやって4時ごろになりましたが
なかなか帰らないでぐずぐずいっています。よくよく話を聞いてみると
お金が欲しい様子、それだったら初めからいわないとダメだとさと
すがしぶとい。仕方ないなと思い、「これで朝ご飯でも食べて」と千円渡し
やっと帰すが数分後ドアをドンドン叩く音が!

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:16
サイコ系短編小説の引用か何か?

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:17
あ、412のレスは、「うふふ」の人にね。

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:33
Jねじん、トリプ付くまでは面白かったな。
トリプ以降は別人だと思いたい。

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:49
千円って…そこまで貧乏なのか?

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 12:50
>>411
続きまだ〜?ヽ(`Д´)ノ

417 :マジレス(w:03/02/21 12:56
そして奴はドンだった
以上終了

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 13:02
かよちゃんは夢野久作の超劣化コピー作品のようだな。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 14:25
(つづき)
絶対やくざと一緒に戻ってきた!と思い、彼は真っ青になりました。
「どうしよう、どうしよう、こういう場合どうしたらいいんだろう?」
 フロントに電話?警察に電話?いやいやだめだよなー。
とりあえずワイシャツやらズボンやらを身につけてベッドの上で震えていました。
しばらくするとドアを叩く音がやみ、どうやら帰った様子。
「ふー、なんだよー、おどろかしやがって」と思いながら寝ようとすると、
また激しくドアを叩く音が。「まだいるのかよ、ちくしょー」
 結局7時ごろになって、会社に間に合わなくなるので
覚悟を決めてドアをそーっとあけると、そこには


420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 14:32
覚悟を決めてあけましたよあたし… イィィィィィーーーーッッ …したら…

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 14:46
(つづき)
先ほどの彼女と一緒に数名の女性が・・・
何事かと尋ねたら「サービスするから私たちにも千円ください」と。
どうやら彼女たちも喰うものにも困っているようだった。

終わり


422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 15:10
深いね

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:09
(つづき)
 そうしたら誰もいませんでした。もう逃げるようにホテルを出て、
後ろを振りかえり振りかえり、上野駅まで行きました。
そんなに恐くなくてごめんなさい。でもはじめドアをドンドン
叩かれた時は、もう絶対やくざに殺されるか半殺しにされると思いましたよ。


424 :超党派笑いの鉄拳 ◆UXUJJUbRMk :03/02/21 16:11
 ◎ ◎
(・∀・)オッス

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:22
オラ、ソンソン。

426 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:23
てすと。なぜかけない?

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:30
HTMLが更新されていないだけか。

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:43
そこまでされてJねじんは無事だったのか?
もうちょっとおとなしめの霊でも
そこまでやったら「ついでにサクッと殺っちゃえ」とか思いそうなもんだが

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:48
兵庫県三田市でロリコンの中学教師が児童にイタズラ!!
教師ってのはみんな ロリコンで社会に適応できない精神障害者だ
から仕方がないんだけど それが1にかぶるわけよ。
それよりさー、吉野家の祭り 2月22日 明日だぜ 行かないの?おまいら
俺は勿論 「大盛りねぎだくギョク」で決めるけど


430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:50
てす

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:51
a


432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/21 16:58
iモードからはサクサク書けるよん。

325 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★