5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ほんのりと怖い話スレ、その11

1 :前スレ956:03/03/14 00:50
“シャレにならない”ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり……
他スレガイシュツOK、都市伝説OK、何でもOK!ほんのりマターリヒヤーリと……
■過去ログ
『ほんのりと怖い話スレ』
http://curry.2ch.net/occult/kako/987/987296535.html
『ほんのりと怖い話スレ、その2〜〜 』
http://piza2.2ch.net/occult/kako/993/993172851.html
『ほんのりと怖い話スレ、その3〜〜 』
http://piza2.2ch.net/occult/kako/997/997665026.html
『ほんのりと怖い話スレ、その4〜〜 』
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10117/1011757878.html
『ほんのりと恐い話スレ、その5〜〜』
http://curry.2ch.net/occult/kako/1016/10163/1016348927.html
『ほんのりと怖い話スレ、その6〜〜 』
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1025561998/
『ほんのりと怖い話スレ、その7〜〜 』
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031831925/
『ほんのりと怖い話スレ、その8〜〜』
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038937955/l50
『ほんのりと怖い話スレ、その9〜〜』
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1043651685/
『ほんのりと怖い話スレ、その10〜〜』
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045420974/

それではあなたのお話お聞かせください。

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 01:10
2?

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 01:39


4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 01:42


5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 01:43
また>1に過去スレがああああああ!
でも乙

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 12:36
6?
666番まであと、660(w

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 12:42
死地

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 12:49
破地

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:03


10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:08


11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:08


12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:11
そろそろ怖い話しようぜ 昼間っから

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:13
>>5
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1045420974/21
21 あなたのうしろに名無しさんが・・・ sage 03/02/17 18:33
>>1
1に過去スレいれるなよ
携帯から見るとすげー邪魔なんだよ!!

これってお前?
携帯だとパケ代大変じゃねぇのか?
PDA+Air-H"にすれば幸せになれるぞ。
Air-H" Phoneてのも出たがな。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:33
>>1
今度からメモ帳に書いてからカキコしてってかいといてね。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:35
よぉ〜し
パパ、知り合いのおねーちゃんから聞いたちょっとだけ怖い話
今から張り付けちゃおうかなー

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:45
>>15
まだ?


17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 13:48
>>16
たぶん

今から張り付けちゃおうかなー ×
今から全文を書いてそれから張り付けちゃおうかなー ○

だと思われ

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 14:04
>>16がまだ?と思うのも無理ないと思われ。


19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 14:20
私の家の近所に土建屋をしているお宅があって
そこの女の子とよく昔、遊んでいました。今思えば幼なじみみたいなものです。

私は幼かった当時、よくわからなかったのですが、
親はその子の家に私が遊びに行ったりするのをあまりよろしく思ってなかったみたいです。
もしかしたらそこの家は、暴力団とつながりがあってあまりよろしくない噂でもあったのかもしれません。
というのも最近、ふと思い出したのですが
そこの家の庭にはよくドラム缶が転がっていたのです
幼い私はその家のご主人に「なぁ、おっちゃん。あのドラム缶いっぱいおいてあるんなにに使うん?」
と無邪気にも質問したことがあったのです。
その時、お父さんはとても困った顔をしてなにかほかの話をして話をそらした覚えがあります。
小さい頃はその様子を見て、変なの。ぐらいにしか思いませんでしたが今思えばもしかしたら
昔のやくざ映画なんかでよくあるように
人を殺してコンクリート詰めにして海に落とすためのに使うために
ストックしていたかもしれないということです。

先述の「ある事件があって引っ越しした」というのは
上記のこととはあまり関係がないですが、お父さんがその娘さんを
近所で車でひき殺してしまい、そのショックからかお父さんは会社を売り払って
自分の田舎に引きこもってしまったそうです。

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 14:20
これだけ待たされると言うことは!!


大作ですか?

21 :19:03/03/14 14:32
あ、なんかコピペ間違った
すみません 補足


先述の「ある事件があって引っ越しした」というのは
上記のこととはあまり関係がないですが、お父さんがその娘さんを
近所で車でひき殺してしまい、そのショックからかお父さんは会社を売り払って
自分の田舎に引きこもってしまったそうです。

ここの所は、もう現在ではその家はずっと昔に引っ越しして無い というところが抜けてました
だいたい私が5〜10歳くらいの頃で
その後、すぐに事故があって、お父さんはアル中みたいになって
仕事が手につかなくなって奥さんと一緒に里に隠居したらしいです。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 15:04
あー はいはい怖いね。

次いってみよー

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 15:15
>>22
馬鹿にするならおめーがなんか書けよ。クズ人間。

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 15:57
おとついの明け方に、ぼんやりと目を覚ます。

「がさがさがさっ」

という、ぎゅ〜っと握ったビニール袋がもどっていくような音で。
どうやらテレビの前に夜おいたドラッグストアの袋がなっているらしい。
が、中身はもう片づけたので、中の物が倒れて鳴ることはありえない。
十分程がさがさと鳴って、突然止まった。

飛び起きたけど、何もいなかった…
こうやって書くとそうでもないけどほんのり怖かったです…

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:12
>>24
ゴッキー。またはネズミ。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:16
うちもある。
スーパーの袋ががさがさ言うのと、ペットボトルが
ぱきぃん!と鳴るの。踏み潰したのが戻るときみたいな音。
気圧かなんかの変化でなるんだろうけど、びびるよね。


27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:41
「電車の中で遭遇した俺が一番ビビッた霊」

霊感の強い人であれば、意外に電車の中に
霊が集まるのは判っていると思うが、
今回は電車の中で見たすさまじい霊について語ることとする。

先にも触れたが、電車の中にはたくさんの霊をみた。

特に多いのが、犬の霊である。
何をするわけでもないが、最終近い電車では、
車内でうろうろしている。
猫もいる。猫の場合は目が合えばにらむやつが多い。
特に、やはり、こちらが何もしなければ何をするわけでもない。

やはり怖いのは人間の霊だ。

これは、やはり今日みたいな蒸し暑い夜であった。
久々に故郷の親友と飲んだ後の出来事だ。
親友と別れ、俺は電車へ乗った。
(駅名は伏せておくが、00:30分の最終前の電車)
時間も遅かったせいか、人はあまり乗っていなかった。

一区目の駅は特に何も起こらなかったが、駅を出た後、
それは起こった。


28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:42
たぶん27は逃げたな。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:48
ビニール袋・ペットヴォトルははよく鳴るね。
あとPC・モニターもよく鳴る。

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:49
いつものように霊が出る前のあれが来た。
まもなく、霊が現れた。

20〜30代の女性であった。

前から歩いてくる。状況がすごい
髪が頭の半分無く、服はグチャグチャ
片目の目玉は少し飛び出し血を流し、足が一本ひざから無く、
そこからは、大量の血が流れていた。
後ろからは、白犬がくっつき、その血をなめなめしていた。

「これはやばい!見えると思われたら最後だ」
と俺はとっさに思った。

すかさず、俺は目をそらし、目をつぶった。

1分半ぐらいであろうか、何処へいったか
気にかかり、目を開けた。

あたりを見回したら、そこらにはいなくなっていた。
俺はホッとし、ため息をついたかつかないかの時
俺の横にその女性と犬が現れた。


31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:51
>なめなめしていた
萌え

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:52
おもわず俺は「うわ〜」と叫んでしまった。
数人の乗客が驚いて俺を見た。
※先ほど書き忘れたが、この女性は靄版だ。

そのまままた目を閉じ、下を向いた。

そして、次の駅についた時、目を開けると
更にビックリさせられた。

なんと、俺のひざの上に座っていた。

そして、「あなた見えるんでしょう」
と声は聞こえずとも、口の動きでわかった。

俺は、「うん」といった。

すると、今でも怖い顔を更に怖くし、
とてもまともに見れる顔じゃない。
早口で何かを言い始めた。

俺は勇気を振り絞って、心の中で
「私はあなたが見えますが、声は聞こえません。許してください。」
と何度もいった。

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:53
すると、その女性は口から血を流し、血のりがいっぱいついた
手で俺の首を締め出した。

最初は「やばい」と思ったが、痛くも痒くも無いことに気付き、
「いいかげんにしろ!、俺は死んだ人にはようはない!、どこかへいけ!」
と心で叫んで、その女をにらみつけた。
すると、ゆっくり「死んでない、フン ばか」
と言い(口パクで理解)窓から、犬と一緒に消えていった。

俺はホッとし、あたりを見ると、皆俺を見ていた。
多分、俺が変人に見えたのだろう。

俺はいづらくなり、次の駅で電車を降り、
その日は最終電車で帰った。


とにかく、電車の中は霊の溜まり場である。
あまり、電車の中では、霊の話はしないほうが
いいだろう・・・
とにかく、怖かった・・・・

次回はの白昼堂々あらわれた霊について語ることとする・・・・・・
そこで靄のことについても説明する


34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:53
「長文はメモ帳等のエディタに一度書き込んでからコピペで投稿するように」

という一文が>>1には必要だな。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:54
>>34
二重投稿の制限がきたのだ
すまんな

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:56
「白昼堂々あらわれた霊」

これは、夜勤明けの出来事である。
午前9時に勤務が終了し、
同僚と一緒に帰宅についた。

いつも、勤務が一緒の時はこの同僚
と帰るのであるが、この様な出来事
に遭遇したのは初めてである。

いつもの駅を下り、そこから俺の家まで15分
同僚は10分先まで俺と道が一緒である。

その日も疲れていて、言葉少なめで2人で
歩いていた。
帰り道途中、半径15mくらいの池がある。
夜は不気味であるが、日中はさほどではない。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:56
そこを通りかかったとき、霊を見る前に感じる
それを感じた。
「まさか、日中に」
と思ったのが早いか霊が出たのが早いかの
タイミングで現れた。

6歳くらいの男の子である。

距離にして10mくらいの距離である。
この子はリアル版である。

前にも説明したが、俺が見る霊はリアル版と靄のような
不透明版である。

リアル版の場合はほとんど現実の人と変わらない。
ちょっと見逃すと普通の人と間違えてしまうほどだ。
気をつけてみれば、全身(人の輪郭)に靄がかかっている。
そのため、1回目に書いた女性の場合は気付かなかったほどだ。
しかし、現れる前には今では必ず霊感が働く。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:57
不透明版の方はいわゆる透き通ったものである。
これは、霊の力かおれの霊能力に関係があると
思われる。

ちょっと脱線してしまったが、男の子の霊が現れ
こちらに歩いてきた。
「トコト、トコト」てな感じである。
そして、こちらを見ていた。
俺は、見えないふりをし、目を合さなかった。
正解であった。
相手も自分が見えてないものと判断したのか、
同僚の方を見ていた。

すると、「うわ〜、子供のお化けがいる!!!」
と同僚が叫んだ!

その声にビックリし、「何処に!」と俺が聞いた
同僚「そこそこ」と指を指した。
俺「わからない」とうそをついた。

そして、その男の子が同僚のそばを回りだした。
そのとき、俺はとてつもないものを目撃した。


39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:58
>>27,>>30
だからね、一旦すべてメモ帖に書いてから一気に貼り付けろと先祖代々言われてきてるのに
なぜそれを守らないのかと小一時間ほど問い詰めたい。(略さず)

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 16:58
それは、男の子の後ろにいる悪魔(鬼)だ。
同僚にもそいつが見えるの確認するため
「他にも何か見えるか?」
と聞いた。
すると
同僚は顔面蒼白の状態で「子供1人だけ」
と小さな声で言った。
俺「見えてないのか」と思い
様子をうかがっていた。

すると、男の子は顔面蒼白の同僚が面白いのか
先ほどより早く「トコト、トコト、トコト」
と走り回っていた。
先程話すのをわすれていたが、男の子はコナキジジー
を若くしたような顔で服は真っ赤なTシャツのような
者を着ていた。顔はいつも笑っている・・・

しかし、俺が見えているのは未だに気付いていないらしい。

同僚は気が動転したのか座り込んでしまった。
おれは、悪魔(鬼)にほんの1秒目を合わせた。

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:00
すると、悪魔(鬼)は間違いなく俺が見えている
のを確信していたかのように、目をひん剥いた。
この悪魔(鬼)はよくテレビに出る悪魔を肥らせて
角を生やしたような異様な感じだ。
こいつは不透明版だ。
イキナリ現れたら、俺でも気を失いそうだ。

そうこうしているうちに、男の子は「フッ」
といなくなった。

同僚もそれを見たのか、「消えた!」
と叫んだ。

しかし、実は悪魔(鬼)は残っていた。
俺だけしか見えないらしい。


42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:00
>>39
>>35に理由が書いてあるぞ。ちゃんと読んどけ。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:00
俺に何かを叫んでいる。
しかし、俺にはその声はまったく聞こえない。
15秒程叫んで、その悪魔(鬼)も消えた。

そのあと、同僚と二人帰ったが、ほとんどはなすことは無かった。

1つだけ同僚が言ったのは、「俺、お化け始めて見た」
見えたお化け(男の子)は透き通っていた」
といっていた。

今思うと俺と一緒にいたから、見たのではないか?
もし、そうであれば、悪いことをしたとおもう。

この出来事は同僚が「誰にも言わないでくれ」と
いったので、会社はもちろんのこと誰にも話してはいなかった。
もちろん、俺を知っている人には話すつもりは無かったけど・・・
それでは・・・・


44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:02
面白かった。サンクス!

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:02
乙華麗!
うん、なかなか怖かった。
もれも怖いのは好きだが霊は見たくないなあ。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:05
作り話でも面白かった。
また書いてくれ。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:10
それでは、「ホテルの霊」について語ることとする。
(もしかしたら連続投稿で遅くなるやもしれないことを
すみませんが断っておきます)

これは、超有名なホテルでの話だ。
俺はホテルのテナントの警報を受け現場に向かった。
そこで、検索し、無事に終了。異常なしであった。
そして、


48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:11
帰る途中、客室を通りかかったとき、正しく背筋が凍りつくような
霊感が働いた。〇4〇3号室からであった。
別に、ここから警報が出たわけではないから、立ち去ろうと思ったが、
その部屋の前で足が止まってしまった。
すると、身の毛もよだつような霊が出現した。
顔と切り刻んだ血まみれの中年男である。ナイフを片手に・・・・・
霊は下を向いたまま身動きひとつしない。
俺は怖くなり立ち去ろうとしたとき、霊が俺の方を向いた。
そして笑いながらこう言った(声は聞こえない)

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:12
つづき

「女もいるぞ!ぐちゃぐちゃ(もしくは、めちゃくちゃ)」
そのあと、女性の頭が男の手に現れた。
切り刻まれて悲しげに泣いていた。そして俺を見つめていた。
「ウッ」と思った瞬間、金縛りが取れ、俺は全速力で走り去った。

俺は、フロントへ行き、そのことを思い切ってしゃべった。
「・・・・です。だから部屋を空けて調べてください。」
すると、フロントのボーイはいやな顔をし←(当たり前かましれないが)、
「大丈夫、そこには今日とまってません」といった。
俺も頑張って「私は時々霊を見ることがあります。あの部屋は間違えありません」
すると、ボーイ「わかってます。貴方で2人目ですから・・・」
俺「エッ」
ボーイ「貴方も知っているでしょう。ニュースにもなったし」
俺「いや、見てません」


50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:13
つづき

ボーイ「あの部屋でノイローゼの人が自分の奥さんを殺して自分も自殺した事件ですよ」
俺「でも、すごかったですよ。奥さんの頭を切ったんですか」
ボーイ「頭を切ったどころか、おなかの赤ちゃんまで取り出していたよ」
「警備員さんここの契約先だから、言わないと思うけど、変な噂ながさないでよ」
俺「わかりました」
後で、調べてると、小さい記事ではあったが、記載されていた。
その記事ではただ「夫ノイローゼで妻刺す」程度の記事であった。
※もしかしたら見た人がいるかもしれないので、ここまでしか書かない
実は子供まで取り出していたとは書かなかったようだ・・・

余り、リアルすぎてスマンがこれが全容だ・・・・・

それでは、次回は「焼死体の霊」について語ることとする

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:17
作り話UZEEEEEEEEEE
失せろ

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:18
>>51
お前が失せなさい。

>>50
面白かった。またおながいします。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:24
創作のお披露目大会ですか?(プ

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:25
>>53
はいはい。お姉さんが遊びに行ってあげるからカエレ。

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 17:34
作り話でもいいんだよ、タコ。
ネタを提供しないてめーよりぜんぜんましだよ。
さっさと氏んでくれよw

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 18:03
>>55
激しく同意
「実話に限る」なんてどこにも書いてないし。
ほんのり怖けりゃなんでもありってことで。
もちろん洒落にならないほど怖くてもOKなわけだがw

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 19:39
自治厨uzeeeeee!

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 19:43
>>57
じゃ出てけよw


59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 19:49
55=56=58
わかりやすくてワロタ

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 19:51
いいかげん雑談やめろ。
55=56=59
57=59
これでいいだろ。痛み分けだ。

怖い話カモーン

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:00
>>51-56
この前にもこんな動きあったような。
創作でもスレに合ってれば良いじゃないか
ほんのりにすら当たらない話は勘弁だが

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:12
>>61
この前って、創作話の熊の時か?


63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:28
熊氏は洒落スレで名無しでコソーリ書いてると思うよ。
似たような文章の話を多々見つけたしな
実話チックで前よりかなり怖くなってたが・・・

さて、そろそろイイほん怖話が出ても良い頃だが

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:37
まああんまり立て続けに書くとちょっかい出すヤシが出て来るよね
なか三日くらいでコテハン付けずにおながいしまつ

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 20:38
>>63
創作は逝って良しって言いたいの?

66 :63:03/03/14 21:30
そうではない。前の熊の創作臭い話みたいなのとは
全く違くてビックリしたって言いたかっただけ。
漏れは創作自体は嫌いではないよ

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 21:48
弟が職場から電話して来て、家に携帯を忘れたのでメールの着信履歴から
アドレスを教えて欲しいと言いました。自分とは違う機種なのでその作業中うっかり何通かのメールを開いてしまったが、なんとかアドレスを伝えて
電話を終えました。ふとさっき開いてしまったメールの中に病気が云々と
いうメールがあったのに気がつき悪いな〜と思いつつ探して読んでみると、「そういう生き方も否定はしないけど、病気には気をつけろよ」という
友人からのメッセージが…。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ ネエチャンビックリダヨー
ちなみに開封済みのメールだったので私が読んだことには気がついて
ないと思います…。

68 :67:03/03/14 21:50
あれ?改行がめちゃくちゃになってますね。スイマセン

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 22:08
>>66
つまり怖ければどっちでもイイ!でOK?
しかし自分も洒落スレも見てたが、
やっぱ名無しでも熊らしき話が何個かあったな。
実話でも、熊らしい文章が目立ってたから
すぐ分かってシマタよ。話は前のより良かった。
>>67
少し気まずいけど、弟さんに
本当の事を聞いてみた方が・・・というか
「そういう生き方」って気になる。
その前の弟さんの送信メールキボン


70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 22:47
>>67
人のメール勝手に見るなよ。
弟はどうせやりまくってるんだろ。

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 23:12
神君臨だな

見える人、続きカマン

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 23:38
>>63,>>69
洒落スレ見て来たけど、どれが熊さんのかよくわからない〜
私、けっこう好きだったんですけどね。どれでつか?

73 :山崎渉:03/03/14 23:45
(^^)

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/14 23:57
>>72
63でも69でもないが、
Part28にあった「反抗期」とか、それっぽくない?
あと、個人的にPart30の155も近いものがあると思う

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 00:22
>>30>>36は創作よりもどこかで見た話なのが気になる。
確かオカルト板でだったと思うけど。
出だしは微妙に違うのに、具体的なところからはコピペなのはなんで?

つーか、出だしだけ変えてコピペって悪質だな。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 01:06
2年ほど前、知人が自殺しました。
自室での首つりでした。
仕事上のトラブルが原因だったようです。
葬式がすんで1週間ほどたったころ、
「お気に入り」に入れていたその知人のHPにアクセスしてみると、
まだ削除されずに残っていました。
そのHPは趣味の話題、日記などを並べたよくある内容で、
いつしか更新されなくなり、しばらく遠ざかっていたのですが、
亡くなってしまったことへの感慨もあって、
その時、あらためてじっくり見ました。
最終更新日は、自殺のちょうど3日前でした。
半年近く中断していた日記がその日だけ書き込まれており、
そこには、ぽつんと

「つらい」

とだけ記されていました。

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 01:11
>>75
ガイシュツOK
お前は>>1が見えないのか?

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 01:49
>77
コピペはコピペって書いて欲しいかも。
これはどっかのスレの警備員の話のコピペかな。
どこかで読んだ事はある。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 07:33
食品加工の工場にはネズミが付き物です。それも凄い数。
私が働いてたちゃちい食品工場では、仕事終わりにネズミ捕り仕掛けます。
バカみたいだけど、これが結構ネバネバに引っかかんですよ。
それは良いんだけど、問題は朝出勤した時もまだ生きてるってとこで、
そんな時、工場長は黙って私にデッキブラシを渡します。
バッキン!バッキン!バッキン!
チューチュ、ギョワギュエ……チュチュ−!!!!……ブルブルブル……
シーン……ポイッ
そんな一日の始まり……。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 07:44
>>79
そのデッキブラシで工場長をやっちゃえばよかったのに。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 09:49

前スレ埋めてくれ〜

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 09:55
>>79
そのあと君はハッピーピープルの主役に抜てき。

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 10:56
何年か前の会社のお気楽な上司の話なんだけど
知り合いのガソリンスタンドの人に会社まで車を取りに
来てもらって、給油・洗車・ボンネット内の点検をお願いしました。
で、その後そのスタンドの人から会社に電話があり、
「○○さん(上司の名前)最近、車の調子おかしくなかったですか?」との事。
上司は「別になんでもないけど、何かあった」と答えた。
するとそのスタンドマンは「ボンネットの中に干からびた猫がからまって
ましたよ、猫をつんだままですいぶんと走りましたねぇ・・・」その言葉を聞いて
上司はとりあえず笑ってました。その猫はスタンドの方で処理してくれたようですが、
かなり時間が経過してけっこう巻きついていたようでした。
スタンドの人も「いやー取るのに苦労しましたよー」なんて言って笑顔でした。

何がほんのり怖いかってそれは「そういえばいつも駐車してた所の猫、
最近見かけないと思ったんだよねー」って、笑顔で言うこの上司と
笑顔で猫の事を報告に来たスタンドマン両方です。

ちなみに上司はその後も4〜5年その車に乗り続けました。
別に事故もなく、今は別の車に乗っております。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 11:19
この似非動物愛護家が
お前は肉くうな


85 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 11:37
かわいそうなネズミタン

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 11:53
>75
たしか「もと警備員」氏の話だったと思う。

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 11:55
昔に山道走ってて
帰りになんかやけにクッション悪いなと思って
GSで見てもらったらサスペンションに猫の頭がはさまってた

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 11:58
>>87
勘弁してくれ。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 12:12
>>84
この似非肉が
お前は動物愛護家くうな

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 12:39
もものあいだはグッチョグチョ
          
          by加藤鷹

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 13:08
霊が見えるとか堂々と言ってるやつは異常者

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 13:27
>>91


93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 13:45
>>86
もと警備員さんってどのスレだっけ?

94 :sageでやるよ:03/03/15 19:10
先輩に聴いた話2

先輩の奥さんは看護婦さん。
以前勤めていた大きな病院では深夜の見回り時に
女の子が目撃されているそうです。
何人もの看護婦が何度も見ているらしいのですが、病院側から箝口令が
敷かれているとの事で、職場では話題にする事もできないとか−。
ですので詳しいいわくとか事情は分からないのですが、
目撃されたのは地下の霊安室前の廊下
(廊下から霊安室に入っていったり、逆だったり)なのですが…

先輩「いや、それが一人やないらしいんよ」
 私「は?」
先輩「なんか最低二人、女の子がおったらしい。
   10歳くらいの子と、中学生ぐらいのが、ね。
   服装とか、見たヤツの話が食い違っててわかったって言ってた。」

先輩、深夜の残業中はやめましょうよ〜。 ・゚・(ノД`)・゚・



95 :sageでやるよ:03/03/15 19:12
先輩に聞いた話3

先輩の奥さんは婦人科の看護婦さん。
前回とは違う病院での話です。
オカルトとは違うんですけど。

ずいぶんと可愛らしい娘が診察に来た。
二十歳の娘だったらしいが、先生の問診にもどこがどう悪いのか要領を得ない。
イラついた婦長さんが「子供じゃないんだから、はっきりしなさいっ」とキツく言うと
ポツリ

「ま●こがヘンなの(/。\)」

と鈴を転がすような声でおっしゃいました…
(ホントにそう言ったらしい…)
性病(病名は知らん)でアソコにブドウの房みたいなのができてたって。
(;゚ロ゚)ヒイイイイイーーーーー!

婦長さんは
「貴女ね、子供じゃないんだから“ま●こ”なんて言っちゃいけませんっ」て
説教してたとか。
つか、論点が違う(藁



96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/15 22:21
昔は明記はされてないものの、創作体験ごちゃ混ぜが「洒落にならない」スレで、
「ほんのり」は体験(たとえ創作でもそれと分からないようなの)がメインだったような…

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 00:40
>>95
おなりますた。

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 00:44
コンジローマ?

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 01:50
ガイシュツならガイシュツで引用元があることを提示すればいいんだよ。
オカルト板なんだから、他のスレチェックしてる奴いるし、本やテレビやラジオ
とか公共のものだったら、見てる奴は絶対いるんだしさ。
そこで、得意げな顔して自分の体験のようにして書き込むから
突っ込みが入るわけで。

前々から言われてるのに、どうして
ガイシュツOKのところにコピペはコピペと入れる
を書かなかったんだろう。



100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 01:54
昔父の入院の付き添いで、町で一番大きな総合病院に泊まっていた事が
あった。
その病院はとても古い病院だった。
今は場所も変わって新しくなってる。
その古い病院での事。
付き添いは母と二人で交代にだった。
私が昼で、母は夜父の側につく様にしていた。
夜の付き添いと言っても何もする事は無いから、ベットの横に布団を引いて
寝ているだけ。
時々看護婦さんが見回りに来るし、気が付いた時に父の布団を直してあげる
くらい。
その間私は、付き添いの人やお見舞いに来た人達が休む部屋で寝ていた。
畳敷きで、たいていは他の付添い人達も居て5〜6人位は居る。
電気も消えて、廊下の薄明かりや非常等の灯りしか無い広い部屋だった。
温度は病人に合わせているので、私達には夜でも暑くて中々寝付けない。
部屋の隣がエレベーターだったので、夜中にも時々「ブ〜ン」と音を立てて
動いてたし。

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 01:55
この病院は前にも書いたように総合病院なので、内科から外科、耳鼻科に
眼科、産婦人科など歯科を除くすべての科がそろってる。
生から死まで。
夜中に突然看護婦がバタバタ走り出して医者を呼びに行くとか、家族のススリ
泣く声なんかも聞こえてくる。
最初は雰囲気もあってとても不気味だったけど、人間慣れて来るもので、
またかって思うようになっていた。
ただ、やはり寝付けない状態ではあったけど。
そんなある日の夜中に、突然この世のものとは思えない女性の叫び声と
それに続く悲鳴にも似た泣き声。
それが何処から聞こえて来るとかじゃなく、建物全体から聞こえてくる。
壁から床から天井から。
暑いのに、一瞬で鳥肌が立ったよ。
寝ていたので半身起こした状態で固まっていたら、もう何年も泊まっている
おばさんが「まただよ。」って言った。
この病院は総合病院なので、精神科もあった。
精神科のある棟は、他から隔離された状態になっていて普通は家族以外一切
行く事が出来ないから、ある事も知らなかった。
建物が古いので、配管等を伝ってその女性の声が建物のありとあらゆる所から
聞こえて来ていたんだ。
原因が解っても、やっぱり病院の雰囲気とあの声は合い過ぎていて怖かった。
あと珍しく付添い人が誰も居なくて、一人で広い部屋に泊まっていた時の
夜中に赤ちゃんの声とかも不気味だった。(産婦人科から)
途切れ途切れに壁や床から聞こえる「オギャ〜・・ォギャ〜・・・」

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 01:58
あまり怖い話じゃなくてスマソ。
ただ、自分的には未だにあの時の病院はほんのりどころじゃなく鳥肌ものの
怖さがあった。

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 02:04
>>102
いや、十分怖さは伝わったよ

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 02:37
>102
大部屋だったからヨカッタけど、個室だったら。。。怖さ倍増ですね
父上は大丈夫でした?

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:13
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が重症の
様だったらそのままバックして殺してしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に障害をもって生きているとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:24
>>105
既出。
前に出たときは、警察は二度轢きかどうかわかるとレスが付いていた。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:49
まあ105は>>99も読めない春厨なわけだが。


108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:14
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が重症の
様だったらそのままバックして殺してしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に障害をもって生きているとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 09:29
>108
洒落にならん

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 10:09
殺してしまえ

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 10:12
嘘に決まってるじゃん。バックして轢きなおしたら絶対バレるって。
警察はそんな甘くないでしょ。

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 10:35
既出とかコピペ以前に昔からよく聞く話でつね<2度ひく
しかし人情的には実行した人はかなりの鬼畜だな

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 11:49
重症だったら生きて苦しむより、二度轢きでトドメをさしてもらった方がいいかも。

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 12:19
何回轢いたかわからないぐらい轢いてみるとか
すると二度轢きってのはわからない

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 12:51
>>114
ワロタ

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 13:05
>>114
何回も轢くなら2度轢きじゃない罠

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 13:14
>>114
過失致死じゃ済まない罠。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 13:56
殺人罪になりまつ。

119 :695:03/03/16 14:00
>>113
でも、実際にはどんなに重症でも、そのときは「助かりたい!」って思うんだろうな・・・

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 15:28
>>119
エニグマの同人女さんですね?

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:13
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が女性の
様だったらそのままバックでやってしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に正常位でやるとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。



122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:52
>>121
ε= (Д‐,,)y━・~

面白いと思ってるのかな。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:53
まあ122は>>99も読めない春厨なわけだが。

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:54
25歳。
去年まで職無し君だったけど、スーパーの従業員をやってて
二年で350万同じ話を聞いた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、突拍子もない話なので冗談としか思えない。
聞かされるだけ聞かされて聞き流すこともできるし、複数の運送会社の人に
思い切って聞いてしまえば50パーセントで「本当かな?」と思う気持ちが二倍になる。
「金なきゃ何回も轢いてヤっちまえばいいだけ。」暇つぶしにもなるらしい。
過失致死とか殺人罪とか色々あるのでマジでお勧めらしい。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:55
まぁ123はスレタイも読めない春厨なのだが。

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:57
盛り上がってまいりました

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:58


( ´∀`)明日発売のジャンプにモナーハケーソ(´∀` )

1 名前:作者の都合により名無しです 投稿日:03/03/16 14:33 ID:Kw0so6Pl
おい!明日発売のジャンプの天下一漫画賞の
「昇昇船」って漫画のカットにモナーらしきものが・・・

17日発売の週刊少年ジャンプの紙面に2ちゃんねるのマスコット・モナーの姿が!!
スキャン画像がうpされ祭りになってるぞ!!

ジャンプにモナーが!!!
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1047479574/


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 17:58
>>121
ε= (Д‐,,)y━・~

面白いと思ってるのかな。


129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:08
おぃおまいら オレ今日で25だ

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:12
>>129
若造、まだまだヒヨッコだの カッカッカ

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:17
たろー たろー たろー うるとらまん たろー

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:24
シャレにならないぐらい恐い話スレに書いたらこっちに書けと叩かれたので
(あたりまえか!)こっちに書かせていただきます


昔ある町の商店街を歩いていたら、前に母親と父親と5歳くらいの男の子の
三人家族が歩いていた。結構近くを歩いていたので会話が聞こえてきた。

男の子「ねぇねぇ、うちって4人家族だよねぇ?」

母親「何言ってるの!うちは昔から3人家族でしょ?」

何気ないけどよく考えるとちょっと恐い...。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:26
今日で25歳。
おととしまでまでサラリーマンだったけど、
今年で無職二年目。一度やってみなよ。


134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:28
>>133
当方、今年で無職四年目 
でもまだまだ上には上が居ます

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:29
  _, ._
( ゚ Д゚)
( ´_ゝ`)フーン
 (  )
 / )


136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:36
>>132
恐がることない。中の人も合わせれば当然4人だろ。

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:39
中の人??

138 :ななしのごんべぇえ:03/03/16 18:51
怖いかな?どうでしょう。
僕が夜寝ていたとき、『ガシャン』と、隣の部屋ガラスの割れる音がしました。
当たり前だけど起きてお母さんおこしにいきました。(両親の寝室は隣の部屋)
「おかー、なんかガラス割れる音した。」
「ん?なあに?そんなのしなかったよ。」
「でも音したの・・・この部屋だよ。」
それで部屋の電気をつけたら、やっぱりなんにもありませんでした。
で、
「ねぼけてないの!」
と最終的に頭はたかれて、おしまい。

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 18:53
潜宙艦だ! ソナーをあげろ!!!!!
        W
        \ГΤ
      /__|□≒]_____/                             __  ____
       ̄Γ___ ̄ 》 ̄                           /⌒ / \ .ヽ、
      / /ЩШ_ ̄'|                          _ ζ   (   )  \
  <   \|_________]\                        /(__ノ  r-=`二´ _    |
    \√#/    ]_/                   ___,--'   _/ / //⌒ヽ   |
     /   /    |                   __/    _,--=  // / ノ / |   |
    ЩЩШ   ///                ,/    __/    r' // / //ノ   ノ
 ¶ __√   \____| ̄|///        __,-=== ̄\  /      / ̄ヽ///   /
  ||/шшшш___y---| ̄∃/∠---=/_________==-(仝)      |   )≦ラ/    ノ
 r" ̄ ̄r ̄      ̄ ̄ ̄______〒日〒      ___ r' ̄ ̄ヽ、   ゝ-┴〜'    /
├──┼===/__  (∈二∋)/   _____ 「 」      ノ           /
 \   \    | ̄ ̄ ̄ー――─┼==__L___|  ̄                 /
   L    \   ヽ            ┌─┐----===ー――----------(
    ゝ    \   \      |     └─┘                  \
  ∠_     \   \    \     l                      |
      \___ゝ__ ゝ    ゝ   \                      |
       ┴┴   ̄ー--⊂二⊃─===________ ゝ                  ノ
                            ⌒ー------==_______      /
                                        ⌒=――'


140 :132<:03/03/16 19:05
小学校に入学するまで(7歳)数字なんて知らんだろ?普通。
大人:「僕何歳?」
子供:3本の指出しながら「4さい!」なんてよく見る光景。
怖くもなんともない。

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 19:33
いや、でも1の位ぐらい数えられるだろ・・・

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 19:41
昔TVで樹海捜索(恒例の・年一回だっけか?)をやっていて
見てたんだけど 
遺体の顔にモザイク入れて映してました。
身元を探す為にだけど 今考えたらチト怖い。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 22:28
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が女性の
様だったらそのままバックでやってしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に正常位でやるとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。


144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 00:19
数年前、友達と妹と3人で東京ドームに行った時だ。
地下の駐車場からエレベーターで上ろうとして、銀の扉の前でしばらく喋ってる内にカゴが来た。
俺は最初に乗り込んで開ボタン押したまま全員乗るのを待っていた。
友達が乗り、妹が乗って来た。
そのまま押してたら、妹が「何してんの、閉めなよ」って言う。
俺が「まだ乗ってないじゃん」って言ったら「何言ってんの」って嫌な顔をした。
外にはもう誰もいなかった。
でもさあ、俺、女の人がいると思ってたんだよね。
さっき銀の扉には、俺たちの後ろにストレートのロングヘアーの背の高い女が映ってたんだもん。
顔は覚えてないけど、色が真っ白で、真っ赤な口紅だったのは覚えてる。
ドームにも出るんだなって思った。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 03:05
こええじゃねえか

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 03:41
えここじゃねぇか

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 03:47
>95
亀レスだが、じゃあなんて言えば良いんだろうか?とおもてしもたよ。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 03:50
ミントたんに言って欲しい ハァハァ

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 04:11
>>129
漏れは9日で25歳にナターヨ


150 :ちんぎす:03/03/17 09:34

おひさしぶりです。
しばらく集中的に書き込みましたが、
自分自身が体験した恐怖体験が尽きたので
しばらくROMに徹しておりました。
が、ひとつ興味深いエピソードを思い出しましたのでご報告します。
さてさて、これはわたしの曽祖父が体験した不思議な出来事。
19の時、私が祖母から直接聞いた話です。
記憶を呼び覚ましながら書いたのですが、
大変な長文になってしまいました。
すいません。
すでに文章は完成してますので、それでは一気にコピペします。


151 :ちんぎす:03/03/17 09:35

1

太平洋戦争中、曽祖父は兵役で東南アジアに出征していたそうです。
と言っても戦闘要員ではなく、現地に補給用の鉄道のレールを敷く
工兵部隊の小隊長を命ぜられていました。
小隊長といってもふんぞり返っていられるわけではなく、
自分自身も一緒に作業していたそうです。


152 :ちんぎす:03/03/17 09:36

2(書き忘れましたが全13回です)

ある日、いつものようにレール敷きの作業をしていた祖父は
探していた工具がトロッコの下にあるのを見つけて取ろうと思い、
トロッコの下にもぐり込みました。
すると向こうの空から、聞きなれないプロペラ音が聞こえてきました。
その時曽祖父はトロッコの下にもぐり込んだまま
心臓が止まるかと思ったそうです。
それは敵の戦闘機のプロペラ音だったのです。
「敵機ぃーーーーー!!!!」
隊員の誰かが言うが早いか、機銃掃射が始まりました。
運良くトロッコの陰にいる形になった曽祖父は
戦闘機の照準にはなりませんでした。
そしてトロッコの下から
「みんな逃げろ!逃げろ!それか隠れろ!!!!」
とわめいたそうですが、逃げ遅れたり、隠れられなかったものは
次々と弾丸に倒れて行ったそうです。


153 :ちんぎす:03/03/17 09:37

3

何人もを殺した後、戦闘機は気が済んだのか
はるか遠くの空へ消えて行きました。
プロペラ音が聞こえなくなると、生き残りが周囲の物陰から
わらわらと這い出してきました。
うろ覚えですが、たしか生き残りは20人くらいだったと憶えています。

曽祖父は小隊長として、本部にこの事を報告せねば
ならなかったならなかったのですが、
運の悪いことに先ほどの襲撃で通信機が破壊されてしまい、
仕方なく全員を連れて
徒歩で熱帯雨林のジャングルを突っ切って
本部に向かう事になりました。



154 :ちんぎす:03/03/17 09:40



4
地図を元に座標や方角を確認した後ぞろぞろと行軍を始めましたが、
ジャングルと言えば何しろ悪路も悪路。
歩けども歩けども本部には到着しません。
空が暗くなってきて月が昇った頃、ようやく全員気付きました。

「…我々は迷った……!」

すでにその時は、地図を見ても一体今自分たちが何処にいるのかさえ
わからない状態。
疲労の色が濃い隊員を前に、小隊長として責任を感じていた祖父は、
ひどく焦ったそうです。
通信機が無い今、こんな広いジャングルで迷ったら
誰も助けに来られない。
はっきり言って、シリアスな状況です。

155 :ちんぎす:03/03/17 09:41

5

しかし曽祖父は気丈を装って言いました。
「こうなったらじたばたしても仕方ない。
とりあえず今日はここで野営して、また明日本部を目指そう。
なあに、朝になって太陽が出れば方角が分かるわ。」
曽祖父の空元気溢れる発言を受けた隊員たちでしたが、
バレバレの空元気では勇気付けられるはずも無く、
その場に腰を下ろして、口数も少なく持っていた食料を
ポリポリかじっていたそうです。
曽祖父も同じように食料を口にしていた時、隊員のひとりが
「たっ、たっ、隊長っ……」と、
密林の向こうを指差しながら大慌てで曽祖父の方に駆けよって来ました。


156 :ちんぎす:03/03/17 09:41
6

指差す方を見ると、何やら暗がりの中で
黄色の明かりがユラーリユラーリと揺れている。
夜目の遠目ではっきりとはわからないが、
目測では大きさ30センチくらいか。

「…敵……!?」

隊員達に緊張感が漂いました。
もしあれが敵部隊のライトだったら…こんな状態で戦闘になったら…。
そう思うと心臓は駿馬のひづめの様に拍を打ち、
冷や汗は滝のようにいくらでも出てきます。


157 :ちんぎす:03/03/17 09:43

7

全員ノドをカラカラにしながら
しばらくその明かりを観察していましたが、
皆じょじょに怪訝な顔をしはじめた。
どうやらその黄色の明かり、様子がおかしい。
普通ライトを手に持っていれば、その明かりは
こっちに近づくなり、遠ざかるなりするものです。
しかしその明かりは近づかず離れず、
誘うように同じ位置でずっとユラリとゆれているのです。
そのゆれ方は、8の字を横に倒した無限大「∞」のカタチを
なぞるような動きだったそうです。


158 :ちんぎす:03/03/17 09:44

8
そして、もっとも驚くべき事がおこりました。
皆がその明かりをまじまじと見つめていると、
なんとその明かりが、「ちょうちん」になったのです。
そうです。時代劇やなんかに良く出てくる、あの提灯です。
現代では全くみかけませんが、当時まだ夜歩きの照明として使われていたそうです。
しかしここは日本から遠く離れた戦地。なぜこんなところに?
ありえない、ありえない。と、曽祖父は頭を振りました。
しかもそのちょうちんには、何やら文字と家紋が書かれている。
目の前で繰り広げられる不思議な映像に呆気にとられながらも、
皆、そのちょうちんに目を凝らして文字を読もうとしました。
そして曽祖父はここでまた、心臓が口から飛び出すほどおどろくことになりました。

「………な、なぁ!!??」

なんとそのちょうちんには、曽祖父の苗字が書かれていたそうです。
しかも家紋は、見まごう事無き我が家の家紋!


159 :ちんぎす:03/03/17 09:47
9

隊員達も同じものを目撃し、全員頭の上に巨大な?マークを
何個も浮かばせて曽祖父の顔を見ておりました。
曽祖父は混乱する頭を必死に整理しながら、
実家の家族の事を思い出していました。

『……そう言えば帰りが遅くなった時、いつも家族が
ちょうちんを持って迎えに来てくれたっけ。
そうそう。丁度ああ言う風にちょうちんを揺らして、
おれが見つけ易いようにって……。』

あれは…。あれは、ひょっとしたら、神の助けかもしれない!


160 :ちんぎす:03/03/17 09:48


10
何故かそう思った曽祖父は、隊員達にあれは確かに我が家のちょうちんだと告げ、
「あのちょうちんについていくぞ!」と言いました。

まともな判断だとはおもえません。

しかし隊員達も不思議現象を目の当たりにした直後でしたので
かなりパニくっておりまして、
口々にあれは狐火じゃ、
いやきっと狸じゃ、
化かしてワシ達を食おうとしとんるじゃーと、
およそ論理的でない反論をしていたそうです。


161 :ちんぎす:03/03/17 09:49

11
結局、何だか知らないが、強烈な確信のある曽祖父の猛烈な説得により、
隊員達はしぶしぶ曽祖父に従うことになりました。
曽祖父は、ちょうちんに向かってずんずん進んで行きます。
その方角は、曽祖父たちがおもっていた方角とは全く別の方向でした。
ちょうちんは、前と同じようにゆらゆら揺れながら、
常に一定の距離を保って離れていきます。
曽祖父たちは足の痛みも忘れて、そのままちょうちんを追いかけ続けました。
何時間歩いたでしょうか、東の空が白み始めた頃、
曽祖父率いる小隊は突然にジャングルを抜け出し、本部にたどりつきました。
いわく、一心不乱にちょうちんを追いかけ続け
急に眼前が開けたかとおもうと、本部に辿りついていたらしいです。
その時、さっきまではっきり見えていたちょうちんは
どこを見回しても影も形もなかったそうです。



162 :ちんぎす:03/03/17 09:50


12
日本に帰ってきた曽祖父は、両親にそのことを報告しました。
すると両親から、驚くべきことをきかされました。
なんと曽祖父が出生した後、曽祖父の父は息子の生還を願って、
毎晩近所の山中にある稲荷神社に出向き、行水をしていたのでした。
それは雨の日も風の日も一日とて休まず続けられたそうです。
曽祖父が遭難しかけた前後は、何故かこれまでに無いほどの
イヤな胸騒ぎが猛烈にしたらしく、
風邪の身を押して稲荷神社にでかけ、普段より気合をいれて
行水をしていたのだそうです。



「お稲荷さんが不憫におもって、お使い狐を東南アジアにまで飛ばしてくれたんかねぇ…。
あのちょうちんは きっと、狐火が化けてくれたんじゃわ…。」


とは、私にこの話しを教えてくれた祖母の言葉です。


以上です。
長文失礼しました(;^∀^)


163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 09:51
オモシロカッタヨ(・∀・)オツカレ

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 10:04
ちんぎすたん、なんだかジーンときますた。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 10:12
おもろかった
ちょうちんイイッ(・∀・)

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 10:40
(・∀・)イイ!
でもちょっといい話スレの方が良かったかもね。

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 10:56
乙。ヨカタ

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 12:23
ほんのりしました。

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 13:32
最高でした。というか神。

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 13:42
トロッコの下に偶然隠れられた事も、もしかしたら・・・。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 13:52
いい話じゃねぇかよ
ジーンとしますた

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 14:27
高校の時の同級生のy(女)。
ブルーハーツとハイロウズの大ファンということ以外は、特に印象のない
目立たない子だった。でも、優しい子で男女ともに好意を持たれていた。
そのyと隣の席になった。
授業中、何か一生懸命ノートに書いている。ふと見てみると、
「○○→方法 だるま又は何々(忘れた)
    備考 泣いて私に命乞いするだろう。
       また、食事は2日に一回で〜〜。」
と、教師や同級生の拷問方法?を延々と書いていた。
始めて背筋が本当にゾーっとした経験だった。

173 :ちんぎす:03/03/17 15:05
うわー。いっぱいレスしてくださって嬉しかったです(^ー^)
喜んで頂けて光栄です。

>166さん
>でもちょっといい話スレの方が良かったかもね。
自分でも貼りつけてる最中に気になってたんですよ。
この話こわくないなー、スレ違いかな、と。
でも自分はこのスレ以外殆どチェックしないんで、いい話スレの存在を
忘れていました。すいませんでした。

>170さん
>トロッコの下に偶然隠れられた事も、もしかしたら・・・。
そういえば祖母は、
「トロッコの下にもぐった『瞬間』に、敵の戦闘機が来た」
と、タイミングの良さをやたら強調していました。
それに、その時の作業はいつもなら曽祖父はしないはずの作業だった、とも。
なんか、お導きって感じでいいですね。

この話は昔田舎に帰ったとき、祖母と2人で酒を飲みながら
親戚の昔話をしている最中に出てきたんです。
あとで母親に話したら、母親も知っていました。
(ていうか親戚の年寄りはみんな知ってるらしい。)
ちなみに、ちょうちんに浮かび上がっていたという我が家の家紋は、
今でも祖母の家の随所に飾られています。
わたしはこの話、茶の間に飾られた家紋の額の下で聞きました。
話の後ふと額を見上げて
「この家紋がかぁ……」とおもうと、
なんだか不思議な感じでしたよー。

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 16:47
私の家と裏の家との間は、人一人がやっと通れるくらいの狭さで、
裏の家の住人が階段上り下りする音まで、ハッキリ聞こえる。

ある夏の日の夜、勉強してたらいつものように「ddddd」と、
階段を上ったり下りたりする音が聞こえてきた。
ああ、またかと、最初は気にしないでいたんだけど、
なんだかその日は、しつこいように何度も上り下りを繰り返すので、
うるさくってしかたなかった。
でも、「階段の上り下りがうるさいから、静かにしろ」とは言えないから、
我慢してその日は寝た。

次の日バイトから帰ると、母が珍しいデザインの箱に入ったお菓子を
食べていた。
母は普段からケチで、お菓子といえば田舎から送られた乾燥芋オンリーな
人なので、驚いて「どうしたのそれ?」と聞いてみると。
「裏の家の○○さんの旅行の土産」だと言う。
なんでも、家族全員で海外旅行に行った土産だそうだ。

母の話じゃ○○さんは、今日の昼頃帰ってきたばっかで、
この四日ほどは、裏の家には誰も居なかったらしい。

(゚д゚)?じゃあ、あの階段のddddddは誰?
(゚д゚)?ドロボータン?

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 16:55
?????…
フフ、俺には四角の羅列だ。
シカクシカクシカクシカクショウフクテイニカクシカクゥゥゥゥゥゥ!!

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 17:06
>>174
機種依存文字は使わないほうが良いよ。

>>175
トントントントンって書いてある。

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 17:08
>>176
アリガトントントントントン。

178 ::03/03/17 17:51
特に恐くはないが実話です。

昨年のある日曜日の昼下がりに、友人とごくありふれた農村の農道をのんびりとドライブしていた。
私は友人が運転する車の助手席に座って、会話をしつつぼんやりと外の景色を眺めていた。

友人越しに車右側の風景をみていると、車がなにかをよけるような動きをした。
その時、私は前方を全く見ていなかったのだが、猫かなにかの死骸を避けたのだと思っていた。
それから2、3分直進していると、また同じように車がなにかをよけるような動きをした。
その時は私は車前方を見ていたが、道路上には何もなかった。

「どうしたんだ?何か路上にあったのか?」と私が聞くと、考え込むような表情で友人が言った。
「いや・・・同じお婆さんを2回避けただけだ。・・・・・・変だな。・・・・・・まぁ、たまにはそういうこともあるのかな。」


割烹着を着て、手押し車をおしていたお婆さんで、間違いなく同一人物だったそうだ。
私には姿形すら見えなかったけどね。



179 ::あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/17 18:56
会社の先輩に聞いた話です。

先輩が結婚する前、奥さんとつきあっていた頃、ドライブ先でラブホにお泊まりしたそうです。
ソコは山の中にぽつんとあるホテルで、夜になれば外は真の闇。
木々に遮られて明かりも見えないようなトコだったそうです。
先輩は若い頃は頻繁に金縛りにあっていたのですが、そのホテルで寝てる時に久しぶりに金縛りが来ました。
そして先輩の耳にはお経のようなものが聞こえてきたそうです。
「あ、まずっ」
なんとか隣の奥さんを起こそうとしますが、身体が動きません。
声も出せなかったそうです。必死にもがき、身をよじる先輩。
その間も声は聞こえ続けています。何人ものお坊さんが読経しているような感じだったそうです。

どれくらいそんな状態が続いたか、突然声が途切れ“フッ”と身体の自由が戻りました。
次の瞬間−「ドスン!」
先輩の身体がベッドの上に落ちたのです。
そのショックで横で寝ていた奥さんも飛び起きました。
「ど、どうしたん!?」
「いっ、今…オレ、(空中に)浮いとった…?」
奥さんも同じ頃、ずっと誰かの話し声がしてるのを聴いていたらしいです。(お経ではなかったようですが)
先輩は汗でびっしょり、身体は緊張でガチガチ、筋肉痛。
窓はもう明るくなり始めていたそうです。

チェックアウトした後で分かったのですが、その山、
先輩達がクルマで上がってきた逆側一帯が大規模な墓地(霊園?)だったそうです。




180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 21:20
               ∧_∧
オツカレチャ━━━━━━(´∀` )━━━━━━ソ!!!!!
              /     ヽ
             / 人   \\   彡
           ⊂´_/  )   ヽ__`⊃
                / 人 (
               (_ノ (_)


181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 22:07
電車にて、中年夫婦が並んで座っている。
夫『俺、あんまり色が分からないんだよね』
妻『え?』
夫『(路線図を指差しながら)○○線って青だよね?』
妻『え・・・黄色よ・・・(驚いてる)』
夫『○○線は赤でしょ?』
妻『・・・緑よ』
夫『あー、全然分からないな』
妻『・・・』

その話聞いてたこっちが(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
奥さんカワイソだった。
結婚前に色盲かどうかなんて分からないよね〜。

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 22:19
>162 ちんぎすさん
面白い話でした。アリガト
ただ曽祖父のお父さんが毎日したのは「水垢離」だと思います。
「行水」はお風呂同様、身体を洗うことだから。

183 :パルナス:03/03/17 22:56
とってもいい話!!!

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/17 23:56
ちょっとイイッか?昨晩(時間はよく解らん)赤い服を着たヤツが来ました。
10年前は少女だったのに、今回はネガメのオッサンでした。

185 :174:03/03/18 00:14
>>175
>>176
>>177
そうです、トントントントンだす。
機種依存文字だったのか(;´д⊂ヽごめんよう
しかも、たいして怖くなくって(;´д⊂ヽごめんよう
四角い顔で、まーるく治めるおじさんも(;´д⊂ヽごめんよう

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 01:00
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が女性の
様だったらそのままバックでやってしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に正常位でやるとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。



187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 01:23
10年くらい前、うちの家の前を白いもやもやしたものが横切っていくのをよく見ました。
うちは下町の袋小路の奥にあるから、すぐ先は行き止まりなんですが。
玄関は中が表面を凸凹に加工してあるガラスの付いた引き戸で、
人が来るとなんとなく見えます。そこを白いものがすーっと通るんです。
たまに覗いているときもありました。じっと見つめるとすぐ引っ込みますが、
目をそらすとまた覗いてる。不思議と怖くありませんでした。
それが来るのは決まって昼間で、東から西へ行くんです。さっき磁石で測りました(w
両親に話したら、「気のせい」と言われたので私もずっと気のせいだと思っていました。
そしていつの間にか見えなくなってしまいました。当時、思春期の真っ只中でしたね。
ハタチ過ぎてから母親に「実はお父さんもお母さんも見ていた」と告白されました。
私が怖がると思ったので話さなかったそうです。私はもう見ることはなくなりましたが、
母は今でも頻繁に見ているようで、「今日来たよ」とか夕飯食べながら話したりします。
やっぱり昼間に東から西へすーって流れるように…。
父が見たときは必ず身近な人や親戚が亡くなります。最後に見たときは2年前でした。
父にはあんまり玄関に居て欲しくないし、なるべく見せないようにしています。
家の前は何かの通り道なのかもしれません。

白いのは怖くありませんでしたが、先日、JR品川駅の普段使われていないホームを
黒いのがすーって通っていったのを電車の中から見たときはぞっとしました。
何だったんだろあれ…。白いのですら10年以上見てなかったのに。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 02:40
ちんぎすの話、「全13話です」って書いてあるのに12までしかないところが怖い

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 03:03
>>147
亀レスだが、「デリケートな部分」でいいんじゃないだろうか

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 04:29
金縛り体質だった10年位前の話しなんだけど、いつもの如く金縛り状態にあった私は、
金縛りを解くために、右手に神経を集中させてたんだわ。
いつもだったら、徐序に解けるんだけど、その日は一気に解けちゃって、
力入れまくってた自分の右手で、思いっきり顔面パンチを喰らわせて、鼻血が
止まんなくなった事があったな。
それ以来、金縛り解除は右足に力を入れる様に心掛けてました。

全然怖くなくてすみません。


191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 06:54
いや、ほんのり怖かった。
自分は自分の顔、鼻血出るほど殴った事ってないし・・・

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 13:57
正月とか、盆休みになると田舎に親戚一同が集まるんだけど。
俺のいとこの2歳になる女の子は、ナゼか誰も居ない床の間に行っては、
掛け軸に向かってキャッキャ話し掛けてる。
なんてことない虎の絵の掛け軸、むしろ子供が見たら怖がる代物なのに。
俺は、変わった子だなとは思いはしたが別に気にしてはなかった。

でもつい最近、昔のアルバム見てて驚いた。

ある一枚の写真。

その写真には、赤ん坊が写っていた。
あの床の間の掛け軸の前で、いとこの子と同じように掛け軸に向かって
話し掛けているような赤ん坊が。
いとこの写真が紛れ込んだかなと思ったが、それにしてはなんか随分前の写真みたいだ。
しばらく見てた……なんかおかしい、違和感がある。
赤ん坊を写しているのに、赤ん坊は背を向けていて肝心の表情がハッキリしない。。
どちらかというと、掛け軸中心なアングルだ。
パラパラと前後の写真を見てみると、どうやらその赤ん坊は俺だと言うことが分かった。
もちろん、まったく記憶に無い。
驚いて、お袋に聞いてみたけど、そんな写真は知らないらしい。
親父も兄貴も誰も知らない。

赤ん坊の俺は、床の間で何を見たんだろう?
いとこも、同じ何かを見ているのだろうか?
つーか、この写真を撮ったのは誰?

今度田舎に帰ったら掛け軸を調べてみることにする。


193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 14:21
>>192
報告ヨロシク!

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 17:02
俺が中学生のとき、夜中二時ごろ部屋で本を読んでいた。テレビも何もつけてなくて
部屋は静かだった。
そんな時、なんの前触れも無く窓付近の壁から「ドンドンドンドンドン!!!」という衝撃音が鳴り出した。衝撃の強さで言うと
ボクサーが軽くサンドバックを叩くくらいの強さ。かなりでかい音で家中に響いたと思う。
あまりに突然の出来事で心臓が飛び出るほどビビッタ俺は少しの間動けなかった。確かにうちは、窓の外に屋根があり人が動き回れる構造になっているけど
それにしても光が漏れる部屋の壁を強く叩きまくる自己主張の強い泥棒なんているはずはない。
勇気を振り絞って窓を開けてみると誰もいなかった。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 18:30
そういや、こないだ(夜中の2時頃)、一人で仕事していたら、
背後の窓がいきなり、コンコンとノックされてマジびびった。
部屋は2階で、その窓には足場なんぞねぇよヽ(`Д´)ノウワーン

ナンだったんだろう・・・・。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 18:59
>>194-195
そういうのは、たいがい気のせいなんだと思うんだけど、どうよ?


197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 19:07
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が女性の
様だったらそのままバックでやってしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に正常位でやるとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。


198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 19:09
>>197
もう飽きた。

199 :平成維新軍:03/03/18 19:10
しかしあれだねーせんそーはじまるねー

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 20:25
>>196
ちゃんと読めよ!気のせいで済ませられるような音じゃなかったんだよ

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 20:43
>>200
心配するなよ。こういうことだろ。

 _______
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||   ドンドンドンドンドン!!!
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||       ドンドンドンドンドン!!!
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                       ∧_∧
                              ___\(・∀・; ) <!?
                             \_/⊂ ⊂_ ) >>194
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 20:46
 |  ごめんください。突然ですが、さいたましてもよろしいですか?
 \____  __________________________/
    /||ミ  V          
   / ::::||
 /:::::::::::||____ 
 |:::::::::::::::||       ||
 |:::::::::::::::||│ /  ||
 |:::::::::::::::|| ̄\   ガチャッ
 |:::::::::::::::||゚ ∀゚)   ||
 |:::::::::::::::||_/    ||
 |:::::::::::::::||│ \   ||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/  .||
 |:::::::::::::::||∧ ∧∩ ..||
 |:::::::::::::::|| ゚∀゚)/ . ||
 |:::::::::::::::||    〈......||
 |:::::::::::::::||,,/\」......|| 
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄                       ∧_∧
   \ ::::||                       ___\(・∀・; ) < ・・・真夜中なので、音量は控えめでお願いします。
    \||                       \_/⊂ ⊂_ )
                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 20:46
>>201
うん

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 20:52
>>203
すぐに開けてあげればさいたま見れたのに・・・。

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/18 22:44
>>191
ありがとうございます。

それ以来、鼻がちょっと曲がってます・・・。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 01:39
僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が女性の
様だったらそのままバックでやってしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に正常位でやるとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。

文句を言う奴はテンプレ読んでこい

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 01:58
つまり、ある意味ストレートにテンプレ改正を要求していると言うわけだね?


208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 02:02
>>206
春の訪れを感じさせてくれる

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 02:39
>>206
このスレのルール的に問題がなくても人間として失敗だな、アンタみたいのは。
そうすることが、おもしろいと思ってるの?
頭おかしいんじゃないかな。

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 03:01
>206
バカだな、文句を言ってる香具師なんていないじゃないか。( ´∀`)σ)´Д`)

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 03:04
まったくだ
こんなのはどうだ?

僕はスーパーの従業員です。スーパーに商品を運んでくるトラックの運ちゃん
から聞いた話です。

 彼の勤務する運送会社では事故を起こしてしまった際に被害者の方が女性の
様だったらそのままバックでやってしまえと言い聞かされているらしいです。
下手に正常位でやるとものすごい賠償金が掛かるからだそうです。

 僕は最初冗談だと思っていたのですが複数の運送会社の人から同じ話を聞いた
ので気になっています。


212 :ちんぎす:03/03/19 07:26
さっき思い出した実体験をひとつ。
大阪の千里中央に住んでいる幼馴染の家に遊びにいったときの話。

駅につくとオバさん(幼馴染の母親)が車で迎えにきてくれてました。
おばさんと喋りながら車の助手席に乗って、家まで行く途中でのことです。
車が信号待ちで停車したとき、
左手にある歩道のガードレールの切れ目から、何かが飛び出してきた。
視界の左端で見ると、白い服をきた男のコでした。

「あぶないなぁ」

とおもってそっちをむくと、誰もいない。
見てから左を振り向くまで、0.5秒となかったのですが、
子供なんてどこにもいない。

当時からオカルトづいていた僕は、おばさんに
「ここで事故あった?」と聞くと、
「ああ、一週間くらい前かな、そこの歩道から飛び出してきた子供が
はねられたんよ。」

あらら、やっぱり。
なんだか凄く自然に見えたのでその時は全然こわくはなかったのですが、
夜眠る直前にこのことを思い出して「あの子が来るんじゃないか」と
おびえたのをおびえています。

以上です。
お粗末さまでした。

213 :195:03/03/19 10:18
>>196
いやぁ、それがその時は俺一人だったんだが、後日同僚に言ったら
「私も聞いた事ある・・・」という人が複数・・・ココ呪われとんとちゃうか・・・(汗

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 14:54
ふと思い出しました。

昔、研修でちょっと遠くの公共施設に出張したときの話。
研修の最中、突然脹脛に痛みがはしりました。
騒ぐわけにも抜け出すわけにもいかず、そのまま我慢して受講、休憩時間にトイレにてズボンのすそをめくってみると、ネコかなにかに爪で引っかかれたような蚯蚓腫れが縦に3本付いてました。
翌日には痕跡もなく消えてましたが、いったいなんだったのやら。

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 19:14

    ∧∧
    /⌒ヽ)  >>214 それ、オレ。
   i三 ∪  
  〜三 |   
   (/~∪   
   三三
  三三
 三三

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 20:09
>214
カマイタチってやつかいな。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 20:48
カマイタチなら鋭利な刃物で切ったようになる。蚯蚓腫れみたいにはならない。

218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 22:25
これは自分が子供のころの話なんですけど・・・
団地に住んでたんですよ。
自分の家は四階だったんですけど、向かいの棟の一階の窓にポスターが貼ってたんです。
そのポスター・・・なんとも不気味なポスターだったんですよ。
なんていうか、顔が異常に大きくて、ボロボロの布を身にまとっている人のポスターでした。
毎日毎日そのポスターが怖くて、見ないようにしていました。
でも、やっぱり気になるので、ある日母に聞いてみたんです。あのポスターはいったいなんなのか。
でも母親はそのポスターを見たことがなかったらしいです。
だから二人で見に行くことにしました。
・・・ところが!!
なんと母親はそれを水着のお姉さんのポスターだ、とか言い出すんです!
びっくりしました。
自分は何回見ても怖いポスターのようにしか見えませんでした。

あれから十数年、もうポスターは貼っていません。
見間違いだったのか、おかしなポスターだったのか・・・

以上です。

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 22:36
乱視???

220 :218:03/03/19 22:42
>>219
そうだったのかも・・・
とりあえずすごく怖かったです。


221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 23:02
コワー

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/19 23:39
>>218
オカデミー賞にノミネートしたいくらいだ。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 00:08
>217
そっか。

実は自分も肩に心当たりの無い蚯蚓腫れが出来たことがある。
ブラのひもが擦れたかと思ったけど、微妙に斜めでブラひもとずれてるし。
でも、今思えばちょうどその頃だった。弟が行方不明だったペットの犬の
写真飾って毎晩お水あげるようになったのは。
もし呼びかけてたなら、気付いてあげられなくてごめんなって思った。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 00:52
もう13年も前。新宿のとある商業ビルのトイレで用を足していたら(小)、横に
来た奴が突然『何だかんだ言っても、日本は幸せじゃねーかよ!』って2回くらい
叫びながら、壁にパンチしだした。
この手のが、考えようによっては、一番怖い。
折れは、これに何か答えなくちゃいけないのかな〜って、ちょっと思っちゃった。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 01:31
今日マクドで注文するために並んでた。
何の変哲もないスーツ姿のリーマン風の男が隣で注文したメニューを待っていた。
そしたらそいつが急にビクンビクンって痙攣しはじめた。
バラエティ番組でよくある罰ゲームで電流流されてるみたいな感じ。
んで、5秒間くらい痙攣してたと思ったら、パッと元に戻って
何もなかったかのように普通にバーガーセットをもって帰っていった。
ほんのり怖かった。

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 01:41
>>225
M男君調教中

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 01:59
>>225
逝ったんじゃないの?
男の前には精子が。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 02:07
もうずいぶんと以前だが、通学(帰り)の電車の中での事。
3〜4才程と思われる女の子(お母さんと一緒にいた)に、ある女が『かわいいね』という感じに
話し掛けてた。折れは本でも読みながら、何となく意識はしていたのだが、ふと気が付くとちょっと
変な事に。女の子がだんだんとおびえ始め、母親は後ろにかくまおうとしている。どうやら、
話し掛けていた女を、怖がっているらしい。聞くと、『わたし怖い?何で!どこがこわいの!何で!?』
って確かに普通じゃない迫り方だ。母親は『もういいです』ってかわしてるに女は『わたしのどこが
怖いの?ねえ!』って、食い下がっていた。折れも割って入ろうかと思いつつ、結構硬直してしまうくらい、
鬼気迫る迫力の電波だった。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 02:17
>>228
まさか・・・口裂け・・・・。

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 03:02
>>228
偽りの仮面を否定されてキレてしまったのですね。
子供がなついてたらきっととびきり「やさしいお姉さん」だったに違いない。

231 :電波少女:03/03/20 03:51
愛なんてこの世にないのよ

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 18:48
今このスレ見てたら
『…ネ』
と聞こえてきた。でも母親は聞こえてない。

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 18:52
そろそろ、桜の季節
で、思い出したんだけど友人のだんなさんは某K察官。
花見客の多い時は、O山墓地の警備に借り出されていた。
彼は見える人なので、それがいやでいやでたまらなかったらしい。
「皆よくあんな所で、花見ていられるよな」と言っていた。
いっぱいいるらしい。

234 :233:03/03/20 18:55
あ、O山じゃない、A山っす。
全然、ちがうやん<自分 ・゜・(ノД`)・゚・



235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 20:09
少し前のラジオ人生相談で聞いたんだけど、
その内容は
「30になる娘が職場の先輩と折り合いが悪く、
欝病の様になっている。自殺でもしないかと心配だ。」
というものだった。
それだけなら別にフツーなんだけど、
自称50歳というその相談者の声が、どう聴いても70は過ぎてそうな老婆の声なんだよね。
ただの老け声なのか、
あるいは、
その娘さんはすでに自殺してて、母親である相談者の女性はその事実を受け入れることが出来ずに、ずっと時が停まったまま...
娘の事を相談し続けているとしたら...

ちょっと怖いなと思った。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 20:19
>>235
考え過ぎじゃない?

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 20:20
http://wideshow.net/nchat

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 21:13
ヤバイ! 月がまんまる赤い

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 21:34
そんなばかな

240 :エゥーゴ井上:03/03/20 21:40
>>238
大丈夫だよ。月が赤くなって不幸がっていうのはどっかの宗教の考え
だから・・・
でも正直、怖い(◑д◑)<ガタプル

241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 21:57
マジで赤いの? 

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:00
騙しやがって!!
全然フツーじゃねえか!

こちら埼玉。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:01
こっちは赤かったなぁ。雲がかかって、この上ない不気味さを
かもしだしていた・・・こちら九州。

244 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/03/20 22:04
こっちは濃い黄色。 神奈川県です。

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:06
月が赤いかどうか確認しようと思って窓から覗こうとしたら
向かいの家の窓に自分の姿が映って ビクッ

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:22
月が赤く見えるのは上空の塵のせいだと聞いたよ。
中国から飛んでくる砂塵がどうのと。

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:30
海を越えて月を紅く染める……浪漫だな

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:33
8時前に車から見たんだけどめちゃめちゃデカくて真っ赤な月だったよ。
なんだか戦争のこといろいろ考えちゃった・・・・。
ちなみに宮崎です。

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 22:35
南の方は赤くなってんかな。

250 :243:03/03/20 23:32
>>248
ワロタ、同じ月見てますわ(w
ホント不気味でしたね。

251 :248:03/03/20 23:48
>250
>雲がかかってて
コレもしかして・・・と思ってレスしたんだけどビンゴだったのね(w
同じ県の人にあったのはじめてだからすっげーうれしくてスレ違いスマソ>オール

252 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/20 23:52
中学生の時の事です。

夏休みのある日、お菓子買いたさに家中のタンスや水屋の引出しを漁って、
小銭は無いか、と探していた事がありました。
しばらく探したら、水屋の引出しから一枚の写真が出てきました。
それは、何年か前に亡くなった、祖母の葬式の祭壇の写真でした。
「なんで、こんなものを写しているんだろう・・・」と、いぶかしくも、その写真を
しげしげと眺めてみると祭壇中央に祭ってある、丸い鏡の中に何か写っている
のが見てとれました。(うちの家は神教なので、鏡を祭壇に飾る。)

それは、毛糸の帽子を被った、祖母の顔そのものでした。


婆ちゃん子で、可愛がってくれた私の、浅ましく、情けない姿に
亡くなった祖母が戒めのために出て来てくれたのかな、と思うと
なにやらもの凄く申し訳ない気持ちになってしまい、小銭は諦めました。

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/20 23:54
月が東から昇り始めるときって、たいがい赤くないか?

254 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/03/20 23:56
俺、陸自殿が洒落こわスレにいたときからのファンです。

今回のお話は怖いというよりほんわか系の話ですね。
やはり鏡というのは何か特別なちからを持っているのでしょうか。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 00:03
鏡なんて光の反射だと花京院が言っているだろう

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 00:11
>255
光の反射を通り道にして婆ちゃんが…

257 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/03/21 00:17
Jガイルの旦那かよ。
と突っ込んどいてコテ付けたままだったってことに気がついた。

258 :195:03/03/21 00:33
ノックされたノックされたノックされた!
今、さっき背後の窓がコンコンってノックされた。
もう仕事きり上げて帰るわ。

259 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/21 00:35
>>254

私のような者の書く、拙い文章をファンだと言って読んで下さる方が
いる事に大変驚いてます。

ありがとうございます。

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 11:39
「大統領支持率下がったらとりあえず空爆」というのが定石になりそうで
ほんのり怖い…

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 13:28
俺が8歳ぐらいの時の夏休み、よく一緒に遊ぶ友達二人と山へ虫取りに行った。
かなり熱中していたので、知らず知らずの内に山の奥深くまで迷い込んでしまった。
だんだん暗くなり不安になった俺達は、誰とも無しに帰ろうと言い出した。
帰路につく俺達。しかし、行けども行けども先刻 昼飯を食べた沢も、目印の大きな杉の木も見つからない。
遂に歩き疲れてその場に座り込んでメソメソ泣き出してしまった。その時奇妙な動物が俺達の視界に飛び込んできた。
青白くぼんやりと光っているしっぽがふさふさした猫のような動物。
何だか不思議な気分になり、さっきまで泣いていたのも忘れてその動物についていった。
時間にして10分だろうか、気が付くと山の外だった。
親が捜索願を出したらしく、パトカーと警官、村の青年団、三人の両親が居た。とにかく無事に山を下りることが出来た。

今から十年以上前の話だから記憶違いかと思ったが、その時の友達二人に聞いてみたら、
二人とも鮮明に覚えていたので記憶違いではないようだ。


262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 14:09
>>261
不思議だよね。エニグマスレ向きだね。

不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part10
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044337340/l50

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 14:37
俺が小3のときだったかな。
マンションの自分の家に入ろうとしたとき視線を感じたんだよ。
んで、そっちを見ると5歳ぐらいの男の子が立ってて。
特に気にもせず、普通に家に中に入って鍵を閉めたんだ。
それで居間にカバンを置いてテレビをつけようとしたら
玄関からガチャガチャって音がすんの。
焦って見に行ったら さっきの男の子なんだろう、「ママー、ママー」って言ってるんだよ。
必死でドアノブ ガチャガチャやっててさ。
怖くてその場から動けないでいたら、今度は郵便受けを閉じたら開いたりしててよ。
俺もまだ子供だったし かなり恐かったよ・・・。
もし あの時家の鍵閉めてなかったら・・・と思うとブルッとくるね。

読みにくくてスマソ

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 14:39
>>263
怖っ(゜Д゜;

265 :ぼお:03/03/21 14:54
うpって

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 16:45
アメリカに旅行したときのお話。
レンタカーして、アイダホ州の高速道路を
夜中に長距離移動してました。
真っ暗な道を飛ばしていたら、遠くに白い明かりが見えたんです。
高速の出口の街灯かパーキングエリアの明かりかな?
と思ったんですが、次のインターやレストエリアまでは
何十マイルもあるはず。。。横に乗っていた彼女と
「あれは何だろ?」と話をしていました。
そのうちに距離が縮まってきたんですが、その明かりが
白い発光体なのに気づきました。2〜300メートルまで近づいた
ときにその発光体が空中数十メートルに浮いているのがわかりました。
うお!?と思ったが、こっちは120か130キロで走っているので
とまるにとまれず走り続けてました。そしたらその玉が
スーッと降りてきて、車と同じ高さになって真正面から
つっこんできたんです。
とんでもないスピードだったと思います。
あ!と思った瞬間には車のフロントガラスのすぐ前まで
来たんです。思いっきりブレーキを踏んだのですが、その
バスケットボールぐらいの大きさの発光体は車の形に沿って?
フワリと上を滑っていきました。
びっくりしまくっている彼女を車からひきずりだして、
私も車から降りました。車の後ろを見るとまだその
発光体は何百メートルか後方でフワリフワリと飛んでいました。

私たちは目をあわせて首をひねるばかりでしたが
あまりに気持ち悪く、Xファイルがはやっていた時期
だったので、そのままとっととその場を立ち去りました。
今でも語り草になる妙な体験でした。

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 18:04
>>263
異父兄弟だったとかさ。
・・・くわばらくわばら くわばらもいち

268 :?O???g???q:03/03/21 18:58
電車の中で寝てて気がついたら降りる駅!
慌てて立ち上がったら、座席(4人がけの向かい合ってるやつ)の
立ってる人がつかまるとってのとこに顔をぶつけた。
痛かったけど、そのままホームを歩いていたら、
みんな驚いた顔して私を見る。なんでかなーと思いながら、
仕事の待ち合わせの場所にいったら、相手が真っ青な顔に。
そう、私はまぶたを切って大量に血が流れていたのです。
でも、夏で暑かったので、汗だと思ってた。
まぶたって、切ると、すげー血がでんの。

269 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 19:20
いまこのスレ見てたら(ビロードを下に下ろしていたとき)画面に小さい顔写真みたいなのがツラッと見えた。
たぶん男の人。背景は青っぽかった。顔はよく見えなかった。なんなんだよ。

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 20:12
卵割ったら透明な白身の中の黄身に赤い血みたいのが付着して出てきた。
ほんのり・・・。

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 21:37
>>261
イイ!こーいう狐狸妖怪系の話大好き。
皆、あったら頼む!!

272 :ダヌル・ウェブスター:03/03/21 21:38
「ごんぎつね」を読むと、泣いちゃうな。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 22:39
>>270
よろしかったらこちらへ。

卵を割ったら血が・・・・・・!
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047722272/

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/21 23:49
厨房の頃。テスト期間中で早く帰宅して家に一人だったのをいい事に、
机に向かったは良いが勉強もせずマンガを読んだり落書きしたりしていた。
すると突然、本当に急激にものすごい睡魔に襲われ、椅子に座った姿勢のまま
首だけカクンと倒して半寝状態。ちなみに机に突っ伏してはいなかった。
前夜に徹夜していたわけでは全然ないし、やせてたから睡眠時無呼吸症候群による
瞬時の熟睡とかでもない。
目も閉じて体は寝てるっぽいけど意識は残ってて、ヘンだなあと思っていたら
すぐ背後で話し声が。
なんかボソボソしてたけど、内容は若い男女が「行こう」「でも」
「大丈夫だから」「今の内」みたいな会話をしていた。
次の瞬間、背後をスッと風みたいのが通りすぎ、間をおかず耳元で
「怖くなかったでしょ?」という優しげな女性の声が。
ハッとして目を開けると、周囲には何もいないし、窓は閉じてたし、
つーか二階にいたし、近所も人通り無かったし。

……せっかく配慮していただいたようだけど、すげー怖かったです。

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 01:10
>>274
俺こういう不気味なのに怖さを感じるタイプ

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 01:12
>274
その男女は何したかったんですかねぇ?

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 01:54
>>274
と、通り道なのか?そこ

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 01:57
>>274
死んだ人間もいろいろあるんだろうな。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:04
数日前新宿駅構内の便所に行った時の話

大のほうを使おうと思ったら全部塞がってたんよ。それで待っていたらひとつ個室の
ドアが開いて人が出てきたから入ろうとした。そうしたらドアがまた閉まったのよ。
開けようとしたらカチャンと鍵がしまった状態になった。おかしいなと思ったけど
なんかの加減で鍵がかかってしまったのかもと思い、ほかの個室が空くのを待った。
そしたら隣の個室が空いて人が出てきたのでそこに目を移したら・・・
出ようとしている人の後ろにもうひとり男がいた・・・
便所の大の個室にふたりで入ってなにやってたんだ・

なんだったんだ・・あれは

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:06

     /ロ≠   ヽ
    i|    ノ!ノ)从)           
     ヾ、イ (! (! i     
      ゞ!!  ヮノ           _      キャイン  
      /      )           _     _
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /  >>ダヌル・ウェブスター
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
     ヽ、_ヽ
 


281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:07
>>279
わかりきってることに疑問を持つなよ。

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:07
>>274
怖がらせないようにしてくれたわけか。
なんかいいね。こういうの好き。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:17
浪人時代、朝起きたら机の上の白紙のノートに女の子文字で
「がんばってね」
って書いてあって怖くて実家に帰ったことがありますた。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:19
10年以上前。当時仲良くしていた友人がバレンタインのチョコをつくろうと
うちに泊まりに来た。
夜中過ぎに買出しに行こうと散歩がてら外に。
そいつが実は霊感バリバリ(自称)で、地面を見ながら歩くと時々「顔」が地面
に見えるので、踏みかけて「すみません!」とか叫んじゃうので歩くときは
まっすぐ前を見るようにしているとかいうような奴だった。
ふらふらと歩いて家から少し離れた小学校の前を通った。
突然彼女が
「…ごめん、ついてきちゃった…」
…何が?!(汗)
「ついさっきから後ろくっついてきてるよ…」
「…今、それどこらへんにいるん?」
「うんとね、君の斜め後ろ。」
「…どこからついてきたん?」
「小学校のとこからだね」
…どうりで痛むはずだよ俺の背中の左半分…(泣)。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:23
ちなみに、今はあまりそういうことはないが霊感があるという奴らが
「これはやばい」というような写真を見せられた時や話を聞いたときには
同じような状態になることがある。
でも怖いので頻度が下がってるので大丈夫さ〜と空元気を出すことに
している(^_^;
でも俺の友人の友人位の関係には超霊感強し!って奴が多いのは何故だ。
俺の友人と、友人の友人の友人以上遠くなると途端にいないのに。

286 :しまった:03/03/22 02:25
霊感があるという奴らが→奴らに

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 02:37
>>285 漏れのクラス調査では、だいたい2〜5%だ、霊感が強いヤシは。
    まぁ漏れ的には色々条件が付くんだけどね
    一クラスに1人や2人いても、それはデフォルトです。(漏れ的

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 11:59
>>282
そのままだとその現場を目撃することになったのかな?

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 17:58
>283
んで、がんばったのか?

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:16
ばあちゃんちで、従妹と久しぶりに会った。
従妹に「○○君(俺)って、モテるの?彼女居る?」って聞かれた。
俺は「いや、モテないし、彼女も居ないよ。」って答えた。
そしたら、その従妹が「だってよ。良かったね!△△ちゃん(俺の妹)」と言った。
その妹に対する従妹の喋りのトーンが、まるで、俺を好きな女を囃したてるようなトーンだった。
妹も「ちょっとぉ!やめてよ◇◇ちゃん(従妹)」って顔を真っ赤にしてた。
なんだったんだろう。ほんのり怖い。
「△△ちゃんより○○君のほうがモテてなくて良かったね」ってヤツだったんかな。

スレ違い?

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:31
…一部のヲタがヨダレたらしそうな話だな(w

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:33
ダラダラ
そのまま押し倒せ

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:33
…(;´Д`)なのそれ。殴るよ

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:36
>>290
いいなぁ。俺もそんな妹ほすぃ〜




と、世の一般男性は思います。もちろん私も例外ではありません。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:40
>>294
実際に妹がいると、まずそんな考えはおこらない。

296 :290:03/03/22 18:40
妹に恋されてるなんて考えたら、ほんのり通り越して洒落にならない行くんですけど・・・
カワイイ妹なら気分良いがw
そうは上手く行かんね。

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:41
>>290
従妹「290君って、モテるの?彼女居る?」

選択肢
1、「うん、今つき合ってる娘がいて」
2、「いや、モテないし、彼女も居ないよ。」

2を選んだ>>290には妹フラグが立ちますた。

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:42
>>296
そんなに妹が嫌いなら俺がもらう!
全く神様の思し召しをなんだと思ってるんだ プンプン

299 :290:03/03/22 18:44
>>297
エロゲw
「にはは」と笑い、「がお」が口癖の妹だったら良いなぁ。

いや、良くないな。実際いたらキモイだろう。

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 18:47
>>299
一度フラグが立ったのにつれなくするとバッドエンド一直線なので気をつけれ(w
おそらくおまいを慕う妹の生霊に取り憑かれるオチだ。
その場合は洒落怖スレへの移行を。

301 :290:03/03/22 18:54
>>300
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

つうか、誰か「△△ちゃんより○○君のほうがモテてなくて良かったね」が正解だと言って安心させてくれ。

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 20:19
>>292,>>294,>>298
どんな妹でもイイのかい?
眼鏡外したらびっくりする位可愛い妹なんかでなく
誰が見てもビックリする様な化け物でも?
妹だけで飯3杯食える君等に完敗。

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 20:33
眼鏡外したらびっくりする位可愛い妹だと信じたい

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 20:37
妹はずべからく美人ですが?

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:07
妹と俺の家の両親は、都合の良い時ばかり外出しますが?

例外なくエチーに突入ですが?

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:10
うちの妹は、自慢じゃないがかわいい。
でも、そういう感情は持ったこと無いな〜

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:15
>>306
俺にしてみれば「俺の妹カワイイぜ」って言える時点で異質・・・。
いや、可愛くない妹を持ってる俺が言っても、何の意味も無いがw

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:17
どぞ。

 【濡れた】 桜 の 木 と 妹 【蕾】 
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1048327584/


309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:20
お前ら間違って妹スレにきたかと思ったじゃねーか。

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:21
>>290
まぁ、あれだ、はしかみたいなもんだ。
ほっとくのが吉。

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:25
妹がいたら毎日犯すのになぁ。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:29
>>311
いない人はそう言うが実際妹がいてそんな話をされた日には洒落怖レベルだぞ…

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:30
姉とデキテますが何か?

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 21:54
俺の高校時代の同級生は、3つ年下の中学生な妹とデキてたよ。
奴の家に遊びに行って、偶然部屋でペティングしてるの見たときは正直
あせった。
その後、小一時間問いつめて白状させてなんか下半身むらむらだったわけだが(w

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:00
お前らこういう話はめちゃくちゃくいつきますね。

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:01
不可解な話だ

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:03
そりゃみんなえっちですから。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:07
知り合いからごく普通に妹とやってると聞いたときには
正直激しくひいたんだが・・。
実際にいるもんなんだな。漏れには無理だ。

とか書いててなんなんだがそろそろほんのりな話題が欲すぃ。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:08
ほんのりな妹が欲しいな。

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:10
夜中、近所の立ち入り禁止の工事現場に何人かの人たちが
ボケーっと立ってるから、そんなところに集まって
何してんかなー。立ち入り禁止だぞー。
と思ってよーく見てみると…


なんと、足が無い。

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:13
血の繋がりがある人と子供作ると、奇形児が生まれやすいんじゃなかったっけ。

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:14
昔俺は団地に住んでました。
んで、結構前に引越したんだけどつい最近、母が食事中にこんなことを言っ
ていた。
「昔住んでた団地の家の中でさあ、何度か小さい子共を見かけたことがある
んだよね…五階に住んでたから誰かがふざけて入ってくることはないだろう
し…」
母の話はこうだった。当時住んでいた団地は廊下とキッチンをスリガラスの
ドアでつないでいたのだが、とのスリガラス越しに時々ちっちゃい子がスッ
と横切るのを見るそうだ。背丈は当時まだちっちゃかった俺と同じくらいで
最初母は俺だと思ったらしいが俺はキッチンにいる。んでそのスリガラスの
ドアを空けて見てもいつも誰もいないそうだ。母は看護婦で結構そういう不
思議体験を病院でしたことがあるらしく、その手の話を母から何度も聞いた
ことがある俺としてはかなりの年月が経った今、昔の家の話をされてもそん
なに怖いとは思わなかったがその話を聞いた姉がこう言った。
「その子っていつも白い服着てなかった?アタシもスリガラス越しに見たこ
とあるよ…」 
どうやら姉と母は同じ者を同じ場所で見たらしかった。俺が見たことないそ
の子どもとは何だったのだろう…とりあえず我が家では座敷わらしを見た、
ということになっている。もしかしたら本当にその子どもは座敷わらしだっ
たのではないかと俺は思ってる。なぜなら団地から引っ越した直後の俺は結
構不可解な体験をしたから…
表現がわかりにくくてスマソ。でも実話です、マジで。

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:16
>なぜなら団地から引っ越した直後の俺は結
>構不可解な体験をしたから…

そこんところを詳しく
不可解スレでもいいけど

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:18
>321
それデマ。
問題にならないくらいわずかは率上がるけどね。
数世代繰り返すつもりないなら問題ないよ。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:20
>>324
これがデマでなければ漏れの野望を阻むものは
もう何もないわけだが。生でもいいとは。

326 :322:03/03/22 22:24
>>323
ぜんぜん怖い話じゃないんだけど…
ただ壁にかけてあった鏡がいきなり俺に降ってきたり(無傷だったけど)
タンスの重い扉が俺に向かって落ちてきたり…頭を掠めただけだけど多
分あたったら死んでた(落ちた扉が畳をすっごいえぐってた)
あと誰もいない時に帰宅するとCDコンポの電源がかってに入ってたり
(これは今も時々あるけど)
そんな現象をみて不安に思った母は家にしばらくの間清めの塩を置いてた(w

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:28
>>325藻前はどうでもいいが、妹の一生がめちゃくちゃになるからやめれ。

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:52
>>325
倫理的問題ってやつだ。わかるか?

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:56
>>325
へー、問題にならないくらいの差なんだ。知らなかった。
何世代も繰り返すとだめなんだね。

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 22:57
モラルやマナーに縛られるなんてくだらないことだよ

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 23:09
その程度で急激に奇形率上がったら、各国の古代王朝とか
我が国のやんごとなきお方達も、あっという間にあぼーんですがな(w

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 23:12
タブー視されたのは主に社会的な理由だしね
ぐぐればいろいろ出てくるよ



333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 23:30
お前、DNAのかなり被ってる妹を好きになるってナルシシズムの一歩手前ですがな。

というわけで俺は義妹でよろしく(´ー`)y−~~

334 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/22 23:50
とある弾薬補給処での話です。

そこの補給処は元からいる隊員の数が少なく、あちらこちらの部隊から
定期的に警備のものが編成されて任務に就きます。

その日は雨でした。
夜間体制に移行した私達の哨舎には、司令を除いて数人しか起きていませんでした。
先輩の歩哨係が言いました。
「なぁ・・・、いきなりで悪いんだけど、○○号弾薬庫の巡察一緒に行ってくんない?」
「えっ・・・」と、私。
先輩は続けました。
「いや、分かってるって。嫌だよなぁ、自殺者の出た所に深夜の1時に行くなんて・・・」
「仕方ないんでしょ。いいですよ、ご一緒しますよ」
シフトの関係で、今行っておかないと巡察に行けなくなる事を、知っていた私は
引き受けてしまいました。

続きます。

335 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/22 23:51
続き

大粒の雨の降る中、合羽がわりの外被というパーカーのような物を身に着け、
ジープを走らせてモノの3分もせずに、目的地の弾薬庫に到着しました。
入口のフェンスのカギを開け、歩く事150メートルほど先にある弾薬庫の前まで行きました。
当の本人、先輩はジープに乗ったまま、ハイビームにして道を照らしていました。
二つ、並行にならんだ入口の奥側に巡察箱があり、そこに時間と点検者の氏名階級を
記入せねばならず、急ぎ足で巡察箱に向かい施錠の有無を確認した後、必要事項を記入しました。

「別段、おかしな事も起きなかったな」
と、私がジープの元に帰ろうと踵を返した途端、「ターーーーン」という大きな音を立てて
巡察箱が床に転がりました。
逃げ出したい気持ちでいっぱいでしたが、雨水に記入用紙が濡れてしまうのが気になって
そのままにしておけず、壁の釘に巡察箱を再び取り付けようとしたのですが、何故か付きません。
確認しようと、懐中電灯で釘を照らした私は、思わず巡察箱を床に投げ出したままジープに
向かって走り出してしまいました。
車で、のほほんと待っていた先輩が、あまりの様子に何事かと聞いて来るので先程の出来事を
話しました。
「偶然だろ。錆びて折れたんだよ、きっと」
簡単に言ってのける先輩に、私は首を振ってこういいました。

「何かでスパッと切ったかのように、釘が切れていました。」

しばらく無言だった2人は、逃げるようにその場を離れたのは、言うまでもありません。


336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 23:53
>>333
あんたのレスに惚れた。
抱いてくれ。義弟だが・・・。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 23:54
妹ネタならよそでやってくれ。

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/22 23:57
あの俺の友達が今年の春から陸自に入るんですけど、
訓練とか厳しいんですか?あと、やっぱいじめとか、先輩の夜の世話とか
させられるんですか?

339 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/23 00:01
>>338

・陸自→会社
・訓練→仕事

先輩の夜の世話←論外!

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:05
>>339
あ、そうなんですか。
考えて見ればそうですよね。

俺の友達が先輩に犯されるのを怖がってまして、就職先を陸自に決めたことを
後悔してたんですが、ないんですね。今度言って安心させてあげます。
ありがとうございました。

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:07
>>338
それが事実だったらほんのりではなく洒落怖スレ行きだと…

342 :テスト ◆1S.teZ/fDg :03/03/23 00:23
ガイシュツだったらスマソ。
小学校のときいとこがやってくれたテストです。

目をつぶって自分の家の玄関前にいるところを思い描いてください。
描いたらそのまま頭の中で、実際に自分が歩いているつもりで
玄関のドアを開け、家の中に入り、
家の中にあるすべての部屋という部屋に順番に入っていってください。
2階、お風呂場、トイレも全部です。
あと、押入れやクローゼットがある部屋は、その扉も開けて中を見てください。
順番に全部の部屋を廻り終えたら、玄関まで戻り、家を出るところまで思い描いてから目を開けてください。

これで終わりです。回答は1時間後くらいに。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:28
>>342
すげー答え言いたいんだけど。
打目?

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:38
>>343
我慢汁!

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:51
早く回答キボンヌ

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:58
洒落にならないほど怖い話スレってもう消えたのですか?


347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:59
>>346
確かにこのごろ煽りや厨が増えたけどまだ健在だよ。
検索してみ。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:00
>>346
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047906776/

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:02
>347、348
ありがとうございます。
書き込もうとおもってたので。
でも、キシュツの話かなぁ…

350 :魔界十一号 ◆fuN.ceGibA :03/03/23 01:03
http://www.atopy.com/study/37condyloma.JPG

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:10
>>349
あっち厨房多いし、こっちで書きなよ

352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:30
きのう、友人とマックで食事してたときの話だ

隣に座ったのはオタク風の3人組みで大声でネットゲームの
ラグナロクの話をし始めた
話してるうちに声はだんだん大きくなる。最初のうちはアコはどうのこうのと、
顰蹙物ではあったが平和な話だった。しかしそのうち彼等の話題は韓国の
プレイヤーの話となった。
「それにしてもチョンはさー……」
「在日逝ってよし!!」
「ギャハハハハ」
と耳をふさぎたくなるような騒ぎだった

あまりの痛さに食事は途中だったが友人を促して店を出ようとしたとき、
彼等が黙った。目をやるとガラの悪い男5人に隣のテーブルが囲まれている。
その柄の悪い連中は奥のテーブルにいた連中で、入店時に目をあわさな
いようにしたのを覚えている

その後オタク3人はガラ悪5人に囲まれて店を出て行った。その3人が今どう
してるか、少し怖い

公共の場所での会話には気をつけような

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:44
ネタばらし、まだかい!

354 :343:03/03/23 01:47
一時間経ったし、かわりに俺が言っていい?

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:48
>>354 おながいします。

356 :テスト ◆1S.teZ/fDg :03/03/23 01:50
342回答にきたのでつが…

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:50
>354
おながいします

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:50
>>354
( ・∀・)イイ!

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:50
>>356 おながいします。

360 :343:03/03/23 01:51
いや、テストが来たから彼に聞いてくれ・・・・・・・・

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:51
>>356
遅刻

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:51
もちろん、誰も考えていなかったような意外な回答なんだろうな

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:51
はよせな

364 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:51
>>360 ムキー!おながい!

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:52
テストはああやって楽しんでんだろ
>>354が書いてくれ

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:53
すっとろいぞ!
どっちが言おうが関係ねえじゃん。
結果が聞きたいだけなのに。

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:55
こうやってスレを荒らすのかあ

368 :343:03/03/23 01:55
そうか。よし。書こう。


もし、君が想像した家の中で一人でも人を見つけていたら君には霊能力がある。


あんま期待するほどのもんじゃなくて悪かったな。

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:56
>>368
( ´・∀・`)へー

370 :テスト ◆1S.teZ/fDg :03/03/23 01:56
扉を開けたとき、見たことのない人物がいた部屋もしくは押し入れ等はありませんでしたか?
もしいたら、それはほんとにそこにいる霊なんだそうです。

遅刻スミマセン。萎えさせちゃいましたね

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:57
>>370
( ´・∀・`)へー                            

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:57
>368
へぇ!!
そういや人は出てこなかった。
最後玄関出る時に出て来そうになっただけだ。

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:57
>>370
それから?それから?

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:58
俺には霊感が無いらしい。
ってか、霊の存在自体を信じてない俺は当然だな。

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:59
>>373
あのレスで完結だろ。
それからもくそもない。

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:59
ひいた割にはつまらんな

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:06
どの部屋にも髪の長い白い服を着た知らない女性がいました・・・・。
コワヒ…。

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:08
とりあえず玄関から家に入ったんだが
いつものように台所から母が出てくるのを想像してしまったよ。

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:10
>>377
まぁ!すごいね。
俺は想像上での部屋めぐりで人という概念が一切なかった。
スゴイ静かで、鳥一匹泣かない。
そんな中、何かを探すように、なぜか小走りで部屋を回ってドアも物凄い勢いつけて開けてた。
霊感以前に精神的に欠陥があるのではないだろうか?と、ほんのり怖くなった。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:12
>>378
なんか、なごんだ(w

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:15
>>378
それも、テストに言わせりゃ、母ちゃんの霊ってことになんのか?
生霊?

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:17
349ですが、既出だったら、どーーーしよーーこわーーー
と思って、向こうに投稿した話が、やっぱり思いっきり既出
でした。2ちゃんって怖いです。

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:18
>>381
「見たことのない人物」

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:19
>>378
母ちゃんはお化けかも(わ

385 :381:03/03/23 02:19
>>383
ありゃ、ホントだ・・・
すまん。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:20
>>382
まぁ、ドンマイだわ。
次回作に期待する。

387 :381:03/03/23 02:22
>>382
あっちのスレは風当たり厳しいねぇ。

388 :387:03/03/23 02:22
名前、消し忘れてるし・・・。
寝よう・・・。

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:23
すぐ他人の落ち度に目をつける人がいっぱいいるんだよ。
気にしないこった。

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:35
さっきまでエロ動画見てたから裸の女が出てくる。 >家の中

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:23
>>368
最後に入ろうと思った部屋が、何か怖くて入らずに目を開けてしまった。
家に帰ってきて、ここ見てぞーーっとしてます。

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 05:10
>368、370

まいったな。
おれ玄関入ったら、人が何人もいてどの部屋に行っても人がぎっしりいた。
家族とか親戚、友人、知人、他にも見覚えのない人たちでいっぱいだった。
押入れとかも開けろってことになってたけど、人が大勢いるから開けられなかったよ。
思わず途中で目を開けてしまったんだが。
なんと判断すればいいのやら。

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 11:43
>>382
あの話読んだよ。
確かに激しく既出だったが・・・w
いずれにしろあのスレにはもう書き込まないほうがいい。
あのスレはもうリア消と○チガイ自治厨と荒らしの巣窟になっている。
無料で書き込んで煽られて何の得も無いぞ。
ヒマつぶしにロムるだけで十分。

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 11:57
中学校の時の友人A子の話。

もうすぐテストも近づいて来ていたので、夜の2時頃まで勉強していた。
もうそろそろ、疲れてきちゃったし眠ろうかなぁ〜…と思っていると

電話が掛かってきた。

思わずビクッ…とした。なんで、こんな時間に電話掛かってくるの?

当時は携帯電話というものは無く、家の固定電話が主流になっている。
もちろんA子は実家に住んでいるんだから、
常識のある人、友人とかだったらこんな時間になんて掛けてこないに違いない。
こんな時間に電話を取るのは怖いけど、このまんまじゃ家族が起きてしまうだろうし
もし親戚なんかに何か不幸があったら困るだろうと、言うコトで恐々ながら電話を取った。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 11:58
電話を取ったA子

A子「はい、もしもし○○です。」
耳に受話器を当てると、何だかキーンと音がする。そして聞こえてきた言葉。

「オネェチャンアソボウ?」

A子「…は?」
聞こえてきたのは子供特有の高く澄んだ声、だけど男の子なのか、女の子なのかわからない。

「オネェチャンアソボウ?」

そう何度も聞いてくる。

おかしい、何でこんな時間に子供が電話掛けてくるの?
親とかどうしてんの?
そして何でさっきから電話からキーンという金属音が聞こえてくるの?

ムチャクチャ怖くなったA子は
「ごめん、遊べない!」と言って電話を切った。

あの時、遊ぼうと言われて「うん、いいよ。」と言っていたらどうなってたんだろう?
…ほんのり。

396 :J.稲川:03/03/23 13:17
友達のお父さんが川に釣りに行ったとき、釣竿が落ちているのを見つけラッキーとばかりに家に持って
帰ってきました。 でも川に落ちているものって何らかの人の念みたいなものが入っていることがある
らしいんです。 その釣竿もそうだったようでした。
その夜、家族3人で寝ていると子供が起きて言いました。 「ママ起きて!ママ!廊下にだれかいるよ
・・」  お母さんはなんとか起きて耳をすませましたが何も聞こえません。 「もう、静かに寝てち
ょうだい。 玄関の鍵もしまってるし、誰もいないわよ。」   でも子供は怯えた様子で、「でも・
・、誰か歩いてるよ・・・ほら・・」   でもやはり何も聞こえません。 聞こえるのは隣で寝てい
る旦那のいびきのみ。  「もう、いいかげんにしてちょうだい! 早く寝なさい!」
そう言うとさっさと寝てしまいました。 子供は両親の間で、その音が聞こえないように耳を塞いで
寝ました。 
次の朝、ドアを開けて廊下を見た瞬間お母さんは息を呑みました。 廊下に明らかに足跡がついている
のです。 しかもびしょびしょの服をきて歩き回ったかのような足跡でした・・。 泥棒じゃないと直
感で思ったお母さんは祖母に電話しました。 お母さんの実家はお寺なので、こういう現象によく遭遇
している祖母に助けを求めました。 電話でその話を祖母にすると、祖母は電話口で「最近水場で何か
拾ってこなかったかい?」と聞きました。 お母さんは??なぜわかるの???と思いましたが、昨日
旦那が拾ってきた釣竿のことを話すと、その竿には念がこもっており供養しなければいけないというこ
とでした。 すぐに祖父のお寺で供養してもらい、その後はそういった現象はなくなりました。
後日談ですが、祖母には電話の向こうで歩いている音が聞こえていたそうです。 それは水浸しの足音
だったそうです。  川に落ちている石なども人の念が入っていることがあるそうです。 気をつけま
しょう。          

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:18
>>393
おまえよっぽど下らない話書いて叩かれたんだな

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:36
リア消必死だな(プ。

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:55
>>397
はいはい、ここは違うスレですよ〜♪
洒落恐に帰ってね〜ボウヤ(w

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:55
ここにも困ったさんが来てるよ。

オカ板でも春の弊害がきびしいなぁ。

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:12
春とか言ってるお前が一番痛いな


402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:14
すぐ噛み付くし。


403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:16
>>382が厨だっただけだ。
お前らマターリしる

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:16
あはは
2ちゃんだから……(w

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:23
マータリマターリ 歩こうよぉ

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:58
以前、私と妻と二歳になる息子の三人で海外旅行に出かけたときのことです。
観光を楽しんだ次の日の朝、私は息子の声で目を覚ましました。
時間は五時頃でしょうか、息子は歌を歌ってるようでした。
とても流暢な英語でPerry Comoの"FLY ME TO THE MOON"を歌っていたのです。
息子はまだ簡単な言葉しか話せませんし、英語なんてもちろん喋れません。
あの時は怖かった。

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:06
>>406
エヴァンゲリオン見てなかった?その子

408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:07
>>406
子供は吸収が早い。
でもさすがに一日じゃムリか・・・?

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:11
まだお腹にいる頃に聞いていたとか・・・

410 :406:03/03/23 15:20
>>407
旅行に行ったのは1992年でした。エヴァは97年でしたっけ?
>>409
一度も聞かせたことはありません。

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:33
>>410
奥さんが聞かせてたとか。奥さんにはあなたの知らない一面があるのかも
しれないよ。

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:35
>>406
今12歳くらいだね。
今すごく英語が得意つーことはないのかな?


413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:38
>>411
実はその当時、子連れでアメリカ人と浮気をしていたのかも・・・?

414 :406:03/03/23 17:02
>>411
妻にも聞いてみましたが聞かせたことはないと。隠しているなら解りませんが。
>>412
現在13歳。中学で英語を習っていますが成績は中の下です。
>>413
。・゚・(ノД`)・゚・。

415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 17:33

              戦争ワッショイ!!
       \\    戦争ワッショイ!! //
   +   + \\  戦争ワッショイ!!/+
                            +
.     +   /■\  /■\  /■\  +
        ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´ー`)
   +  (( (つ   ノ(つ  丿(つ  つ ))  +
         ヽ  ( ノ ( ヽノ  ) ) )
         (_)し' し(_)  (_)_)





416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 17:52
魔に感染したものは肉体が滅びても魂は滅びません。
不完全な死なのです

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 17:56
>>406にちょっと似てる(?)んだけど、
わたしの友人の息子(当時4歳になったばかり)の話。

その友人宅に遊びにいったときのこと。
その子は、TV(放送)でアンパンマンを見ていました。
わたしも一緒に見ていたのですが、放送が終わると、
そそくさと他の部屋に行ってしまいました。
しばらくすると、両手いっぱいに、アンパンマンやバイキンマンのぬいぐるみと、
同じぐらいの大きさのぬいぐるみ(UFOキャッチャーサイズ)を数個持って
戻ってきました。

その様子を微笑ましく眺めていると、彼は、
今TVで見た内容をそのまま再現しているんです。
セリフも一字一句そのままに・・・。30分間・・・。鳥肌が立ちました。

友人いわく、毎週日曜日の朝になると、アニメやヒーローものを連続で、
1時間半ぐらいやっているんだそうです。

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:24
>417


    恐  ろ  し  い  子  ・  ・  ・ ! ! ! (白目)




419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:26
>>417
恐ろしいというか、要するに写真記憶能力みたいなもんなんだろうな。

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:47
>418
あ、亜弓さん?

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:13
>417
私も2時間ドラマくらいだったら、台本起こせるくらいはできますよ。
ただ、内容が面白くてのめり込んで見ないと覚えてないけど…。
大好きな番組だったら、子供なら余計に可能なのかも。
集中の度合いが違いますからね、大人とは。

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 20:56
>>417 サヴァンかも
   多分年とともに失われるから、モーマンタイ
   失われなくてもモーマンタイ

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 21:09
>417
4才くらいってみんなそうじゃない?
うちのダンナはその日見た車の車種とナンバーを
覚えてお絵かき帳に書いてたらしいし。
友達の子供はデズニーの映画を再現してくれたし。

424 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/23 22:56
小学校の時の体験を(不思議スレのほうが適切かもしれないですが・・・)
(大した内容じゃないですが、長文です。)

小学校5年生の時、電力会社のクイズに正解すると抽選で原子力発電所
見学ツアーに招待されるという企画がありました。
見事、そのツアーに参加する事が出来た私は、ツアー先で、ある趣味
をもった中学生と知り合うことが出来ました。
彼は、旅先の宿泊施設に、私が今まで見た事も無い、
奇妙なラジオを持ち込んでいました。
それは短波を受信する事の出来るラジオで、海外の放送を受信して、
その受信状況について現地の放送局にレポートし、受信照明を貰うという
「BCL」という趣味でした。
様々な言語、聞いた事もない音楽などに私はすっかり、はまってしまったのでした。
しばらくの後、親に無理をいって短波ラジオを買ってもらった、私は普通の
放送だけでは飽き足らずに、様々な周波数に合わせて受診を楽しむようになりました。

つづく

425 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/23 22:57
そのうち、慣れてくると知識も増え、CB無線を聞く事を憶えて暇さえあれば
受信して楽しむ日々が続いていました。しかし、聞けば聞くほど不満は溜まりました。
「自分も、この人たちのように会話に参加したい」「可愛い声の女の子だなぁ、話したいなぁ」
無線を聞けば聞くほど、募る思いは抑えきれません。
ある日、いつものように周波数を合わせ、無線を聞いていると年の頃なら17歳くらいの
女性同士の会話が受信できました。
会話の内容は他愛の無いもので、学校の事、家族の愚痴、友人の噂などなど・・・
しばらく聞いているうちに、私は思わずラジオのスピーカーに向かって、叫んでみました。

「おーーーーい」

と。 勿論、何の意味もありません。
しかし、その時信じられない異変が起きました。
普通なら、何事も無かったかのように会話を続けるはずの二人が、プッツリと沈黙してしまったのです。
その後、自分の耳を疑うような会話をしだしたのです。

つづく

426 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/23 22:57
「今、なんか聞こえなかった?」  「・・・聞こえた。『おーい』って」
「でしょ?やだ、気味悪い」    「うん。止めようか?」
「止めよ止めよ、終わり。またね」 「じゃあ、またね」

信じられぬ事に、ラジオに向かって喋った私の声が無線機のスピーカーに届いたのでした。
初めは「やった!これで話が出来る」と喜んでいたのですが、その後、いくら呼んでも再現できませんでした。
しばらくたって、冷静に考えてみるとおかしな点がいくつもありました。それは、

・当然ながら、ラジオに幾ら叫んだって無線機にはならない。
・よしんば、なったとして両方の無線機のスピーカーから、自分の声が同時に出るのはおかしい。
 (シンプレックス:片方ずつ送信と受信を切り替える方式。一般的なトランシーバーと同じ)

自衛隊に入隊後も通信関係の職に就き、無線機を取り扱い、修理する現在においても
納得がいかない不思議な体験でした。

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 23:08
偶然・・・・・・・・・・・・としか考えられないよね・・・・。

428 : ◆gSJCqF7IGA :03/03/23 23:37
>>424-426
BCLなつかしぃ。
ボクの持ってたラジオはソニーのスカイセンサーでした。
何処から飛んできたとも分からない電波。
何を喋ってるんだか分からない言葉。
ドキドキしながら世界を感じてました。
-----
その女の子達って陸自さんちの近くで無線やってたとかね。
叫んだら聞こえる程の近所で(w

429 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/23 23:54
>>428 SINPO:55555です。

たしか件の中学生が私に見せてくれたラジオも「スカイセンサー」だったと思います。
うろ覚えですが、チューニングが複雑で縦と横に合わせなきゃいけないやつ。

私のは当時出たての、ナショナル プロシード2800でした。
電卓みたいな電光表示が、小学生の私の心を掴んで離しませんでした。
(しかし、安定性が悪く、しょっちゅう補正をしなきゃいけなかったですが・・・)

スレの本質から外れますので、この辺で。

430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:02
ラジオと無線機の中の人も大変だな

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:18
大学生のころの話です。私は当時、音楽系のクラブのマネージャーを
していまして、翌日にコンサートを控え、楽器の積み出しやスケジュールの
最終調整などしていて、終電にやっと間に合うほど遅くなってしまいました。
で、そのがらがらの電車の車内で本を読んでいたら、目の前を何かが通り過ぎ、
何だろうなと顔を上げると、上半身だけの若いパーカーを着た女性が
つり革をまるで学校とかにあるウンテイのようにして、その車内を移動しているのを
見てしまいました。
 一瞬、私はすごいひとだなぁと思っていたのですが、その女性は上半身しかないし、
そもそもつり革に手が届くわけがありません。
「やばいものがいる!」と思ったのですが、終電なので途中下車するわけにも
いかず、びびっているしかありませんでした。その上半身女はむちゃくちゃ楽しいのか
つり革を伝って私のいる車両を何度も往復もしていました。
私が見回すと、乗客の何人かはその女性の存在に気づいているようで、
 40か50ぐらいのスーツを着たおじさんが見上げて顔をしかめていました。
私は最寄り駅に着いたのでさっさと降りましたが、
あの後、どうなったのか、今でもふっと思い返すときがあります。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:23

こ、こわひです・・


433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:25
物の怪かケニーマンかの差で、恐怖の質が変わるな。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:36
>>431
もしオカ板に、オカデミー賞があったら、この話に受賞させる。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:58
顔をしかめるおじさんが助演男優賞。慣れている感が良い味

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:01
>>433
ケニーマンって何ですか?

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:03
>>436
ググれや、糞厨

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:05
世の中に幽霊を見た人は結構いるだろうが、知的障害者の幽霊を見た人間はそうはいないだろう。
俺もその一人。
小学生の頃、近所に双子の知的障害者が住んでいた。
その双子は親でも見分けがつかないほどそっくりだったんだが、兄貴の額に巨大な切り傷があるので、
それでどちらか判別することができた。
過去に兄弟喧嘩した時、弟に包丁で切りつけられた時の傷らしい。
俺やクラスの友達は、その双子ととても仲が良かった。
彼らはドラゴンボールが大好きだった。
「かめはめ波は本当に出来るんだぞ」と言うと、彼らは一生懸命かめはめ波の練習をしていた。
本当に出そうな勢いで。



439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:09
その双子が、電車に轢かれて死んだ。
轢かれたのは線路のかかっている橋の上で、線路沿いに歩いていて橋を渡っている時に運悪く
電車が来てしまい、よけきれずに死んでしまったとのこと。
あと少しで橋を渡りきれるという場所の事故で、正面から電車が来たのだが、猛ダッシュで橋を渡りきり、
横にやりすごせば助かったのだが「向かってくる巨大なものから逃げる」という本能的な行動から
彼らは橋を戻り始めてしまい、事故に遭ったのだ。
なぜ彼らは線路の上をひたすら歩いていたのか友人の間でいろんな説が飛び交ったが、
多分乗ろうと思っていた時間の電車に乗り遅れてしまったため、
「じゃあ線路沿いに歩いていけば次の駅に着くんじゃないかな?」という理由で線路を歩いていた
という説が有力だった。その事故は新聞の三面記事にもなった。


440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:09
数日後、死んだ双子の幽霊を見た、と言う奴が現れた。
また数日後「俺も見た」「俺も」と、双子の幽霊の目撃談はどんどん増えていった。
俺はそいつらが何かと見間違えたのだろうと思い、その話を信じていなかった。
・・・・・・が、彼らは俺の前にも現れた。
夜中、布団に入ったまま部屋を暗くしてテレビを見ていた時の事だ。
だんだん眠くなってきて、俺は半分意識が遠のいてきて目をつぶっていた。
その時気づいたのだが、部屋に人の気配がするのだ。両親は下の部屋。
一体誰が・・・と思い目を明けると、そこにはあの双子がいた。
その双子の幽霊は別に何をするでもなく、普通に部屋のソファに座ってついているテレビを
見ていたのだ。ほんとただそんだけ。
俺は恐くなって目をつぶりそのまま寝てしまい、朝になったらその双子はいなかった。


441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:10
今思うと、その双子はあの世に行く前に、俺達に最期の別れを言いに来たのかもしれない、と思う。
なんか涙が出た。
俺もあと数十年したらあの世に行くと思うので、あの世であいつらに会って今度はフュージョンを
教えてやりたいと思う。もちろんその双子が死んでからのドラゴンボールのストーリーも教えてあげたい。



442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:13
>>441
お前いい奴だな。泣けてきたよ。

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 01:55
>436
ケニー スケボー
でぐぐれば分かるよ。

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 02:03
>>441
ドラゴンボールのストーリー、教えてやれるといいね。
「もうちょっとだけ続くんじゃ」とかいって、エンエンと…。

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 02:15
やたらと私の周りの蛍光灯が切れる。
学生時代教室の私の席の上の蛍光灯が良く切れた。
今は会社で私の席の上の蛍光灯がなぜかよく切れる。
席替えがあったら今度は替わった席の上の蛍光灯が切れる。
元の私がいた席の上の蛍光灯は切れなくなる。
家にいても私の部屋の蛍光灯はなぜか他の部屋にくらべると切れて
取り替える頻度が格段に多い。
いや、切れるのはきっと単なる偶然なんだろうけど、そのタイミングが
ほんのり怖い。

446 :三等陸曹:03/03/24 02:23
富士の演習場は出る…

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 02:42
なにしている陸曹 早く寝なさい!

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:05
ここも洒落恐みたいな、過去ログ倉庫あるといいなぁ・・・

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:14
自衛隊って、長い間男だらけの生活してて溜まらないの?

溜まったらどうしてんの?

450 :茶巾法師:03/03/24 03:20
>>441
すげーよ禿同

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:20
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/swf/1048429084/l50

犯罪のにおいたまらないスレ
祭りのよ・か・ん

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:46
>>441
どっかの外国ではあまりの人気に勝手にDBの続編が書かれてるらしいが
それも教えてあげるんだぞ?

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:51
>>448
>ここも洒落恐みたいな、過去ログ倉庫あるといいなぁ・・・
いいね。是非作ってちょ。

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:52
昨日、近所の銭湯に行ったときの話。

閉店間際だったから、客は俺1人しかいなかったのに、
サウナの中に設置されている非常ベル(気分の悪くなった人が助けを呼ぶ為のベルです)
が突然鳴り響いたので、かなりビビりますたw

以前その銭湯で、鏡越しに見える誰もいないはずの湯船に
生気の無い顔をした爺さんが座っているのを見たことがあるのですが
もしかして、その銭湯に通ってた風呂好きの爺さんが
亡くなってからも毎晩来てるのかな…(((((((;゜д゜))))))))))

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:54
>>454
近所に銭湯が無いとサウナ行くからね、おじいちゃん。
安らぎの場だったんだろうねぇ。

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 04:16
>>453
私PCの技術ないの、ごめんね。

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 06:00
え〜、御霊さんはいりませんか〜?
あなたの人生をより楽しくする御霊さんはいかがでしょうか〜?
三八歩兵銃を担いで被弾している御霊さん〜。
江戸時代、茨城の竜ケ崎で修験者やりながらインチキ祈祷で人を騙した御霊さん。
結核で亡くなった、ただの明治の頃のおばさんの御霊さん〜。
いろいろご用意してございます。
こちらの皆様、人助けがしたくて我慢できない方たちばかりでございます。
皆様人生お疲れの折、ここらで御霊さんのご助力をお試しになってみてはいかがで
しょうか?
ただ今、無料配付中でございます。
どんな時も、あなたの側に御霊さん。
たとえ、セックス中でも、オナニー中でも、泥棒中でも、暴行中でも、御霊さん。
あなたの援助者、御霊さんはいかかでしょう。

わたし独りじゃもう持ちきれないんで・・・・・・。

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 10:25
>>448-453
それは(・∀・)イイ!!

459 :436:03/03/24 11:38
>>443
どうも有難う御座います。

>>448
私も思ってました。
どなたかサイトを作ってくれると嬉しいですね。


460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 12:32
作ってもいいんだけど、管理が大変そうだなぁ・・・。
その前に話の一つ一つにタイトルつけるだけでも大変そうだし。

461 :無言のおやじ:03/03/24 14:40
かれこれ5年くらい前の事、深夜1時ごろ、彼女の家の近くの駐車場の出口近くに
車を路駐して彼女と後部座席でエロい事を行おうとしていた時の事です、
駐車場の遠くの方から人が1人歩いてくるのが見えました、
でもこっちに向かってくる様子もなかったので気にせずエロい事を続けてました、
で、ちょっとすると彼女が俺の肩越しに窓の外を見て、
「あっ」みたいな感じで声を出しました、エロくない声を。
んで俺も振り返ると窓の外に見知らぬおやじが立っているのが見えました。
多分さっき駐車場内に居た人物だと思われます。
で、そのおやじは突っ立ったままジーッと俺を睨んでるんです、
俺はそこで、あー駐車場の出口近くだから、ちょっと邪魔だって言いたいのかなぁ
と思って窓をちょこっと開けて
「何ですか?」
って聞いたんです、それでもそのおやじは黙ったまま俺を睨んでます、
「えっ、何、なんなの?」と再度聞いても黙ったまま、睨んでいる、
彼女がただならぬ雰囲気を察して「やばいよ、行こう、行こう」と言うので、
俺もそうだな、と返事をして窓を閉め、チャックも閉めてエンジンをかけて車を動かしました。
そんでバックミラーに目をやりながらゆっくり走り出すと、
そのおやじがゆっくり後を付けて来ているんです!


462 :無言のおやじ:03/03/24 14:40
そこで思いました、彼はいわゆる健常者では無いんだな、と。
とりあえず追いつかれない程度のスピードでダラーっと走っていると
いつの間にやらおやじは消えてました。
でも、なんとも言えない恐怖感と好奇心が俺を煽り、もう1回おやじの様子を見てみようと思い
ぐるっとその駐車場の周りを回って、駐車場の出口付近にさしかかった時、
そのおやじが居ました、どうもちょっと追いかけてすぐ諦めたようでした。
でも俺の車に気付くと、またすごい形相で近付いてくるんです、ジェイソンみたいに。
せっかくのムーディーな時間を台無しにされた事で少し腹が立っていたのもあり、
俺はそこで、おやじに
「バーカ!わけわかんねーだよオヤジが!」などと煽り立ててしまいました。
今思えば大人気ないのだが、そのまま帰るには勿体無いと正直思ってました、
普段は俺より強気で好戦的な彼女に止められたりもしましたが
俺はちょっと興奮してました、チンポはとっくに収まってましたが。
で、煽られるとそのおやじは歩くスピードを上げて近付いてきました!
恐怖です!ホラーです!ガクブルです!
うわー来たよ、などと半分楽しみながら車のスピードを調節して逃げてると、
おやじは途中で見つけたゴミ捨て場の傍に立ててある看板を引っこ抜こうとしてます!
そいつで一体何をする気だ!?と振り向いて見ているとどうしても引っこ抜けないのか、
諦めて再び早足で追いかけてきました、で、このおやじは一体どこまで追ってくるのか?
その場から5kmくらいは離れてる我が家までも追ってくるのだろうか?、
と興味はそっちのほうに向いてしまっていたのですが、
彼女に止められて結局普通に走り出しておやじを振り切り、ちょっと時間を稼いだ後、
彼女を送るために再びその場に戻ってきましたが、もうそのおやじの姿はありませんでした。
以上が俺が体験したひと夏の恐怖体験です。
こんなのはダメですか?

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 14:43
そうか!(・∀・)東北か!

>わけわかんねーだよ


464 :無言のおやじ:03/03/24 14:51
>>463
しまった、「ん」が抜けてますね。
でも実際生身の人間って怖い・・

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 15:24
>そこで思いました、彼はいわゆる健常者では無いんだな、と。

なんかここが気になったけど
話の中ではあまり触れられてませんね。


466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 17:43
>窓を閉め、チャックも閉めて
ワロタ。

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 19:07
>>420
亀レスだが、月影先生の方では?

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 19:45
>>461-462
怖いとか何とかより、投稿者のドキュソぶりのほうが目につく。
そら親父もカーセクースしてるエロガキにキレられたら、
ムカッと来るんじゃないか?

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 19:58
で、そのおじさんは何だったんだろうね?
ホームレスの人?

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 20:12
漏れも路上でカーセクースしてる馬鹿に煽られたら、エアガン持ってきて
反撃しそうだ。

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 20:35
ほんのり怖いかどうか分かりませんが、この所ずーっと電気を付けたままで寝てます。

と言うのも電気消して寝ると大体夜中の2〜3時位に酷い物音がするんです。
その物音は "ドン" だったり、"パシ" だったり様々です。
物音がし始めたのは去年の冬2月位からなので、最初は空気の温度差による
建物の軋みか水道配管が鳴っているのかと思っていました。
でも先週のある夜中あまりの音の多さに嫌気がさして、一人しか居ない部屋
にもかかわらず大声で
「 うるさいっ!! 」と叫んでしまったのです。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 20:36
>>471
続きはあるの?

473 :471:03/03/24 20:36
すると不思議な事にピタッと物音がしなくなりました。
なんだか良く分からないけど静かになったので、これで安心だと勝手に思い
そのまま布団を被り直し寝ようとしました。
それから20分位したでしょうか。またドン…ドン…と音が聞こえ始めたのです。
(なんだよ。せっかく寝られそうなのに…またかよ。)
と思いつつ起き上がろうとした所でした。

474 :471:03/03/24 20:37
いつもより大きな音で「ドンッ」と言う音とともに、
目を閉じているハズの瞼の裏で強烈な閃光が走りました。
強烈な光でした。

すぐに起き上がりました。
「…なんだ今の…」
自分がこれまで経験した事の無い事だったので訳が分からず、
タバコを1本吸おうと背広のポケットを探っていた所でした。

475 :471:03/03/24 20:38
「これって、もしかして…ラップ・・・」
そう思ったとたんに、暗い部屋がなんだかイヤ〜な雰囲気で
妙に居心地が悪くなってしまいました。
それから真夜中でも蛍光灯を1つ点けて寝るようにしています。
すると不思議な事になんの音もしないんです。
なんなんでしょう?自分にもさっぱり分かりません。

以上ほんのりも怖く無くて、すみません。

476 :金井田 ◆.qkANEI.DA :03/03/24 20:43
>>475
隣接している部屋の人が夜通し、ひとりプロレスしてるんですよ。
大家さんに文句いいましょうー。

477 :471:03/03/24 20:52
>>476
そうですね。そう解釈した方が良いかもしれません。
でも、あの光がなんなのか全く分からないんです。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 21:07
ギシギシアンアンだな

479 :無言のおやじ:03/03/24 22:41
>>465
うーん、なんというかちょっと精神病院脱走系かなあって感じで、
とにかくいつの間にか、車の傍に来て何も喋らず、
じっと睨んでて車出しても追いかけて来て、って
普通の人だったらそういう行動は取らないよなぁっていう。

>>468
>>470
んー、俺が煽る前に向こうが意味不明な行動をとってきましたからね、
ていうかそもそも車ん中でそういう事してたこと事態が気に入らなかったのかも。

>>469
ホームレスっぽくは無かったですね、見た目そんなに汚くないし、
普通の服着てて、ただ片手にコンビニ袋を持ってましたね、それもちょっと怖かったです。

あと関係ないですけど、俺がガキの頃銭湯に行ったとき、
見ず知らずのおやじが俺を指差して口をぽか〜んと開けて、
ものすごいびっくりされた事があります、数秒間目が合ってました。
湯船に浸かるとそのおやじは入れ違いで出て行ったと記憶してます、
なんかそういうのもほんのり怖いですね。

480 :471:03/03/24 23:37
>>478
音源は壁だけでは無く天井からも鳴っています。
それとこれを書いて気が付いたのですが分からない理由として、音が部屋のあちこちから
する事です。(寝ていて頭の方、足元の方等ランダムです)

まあ共振とかの可能性は否定できませんが…
ちなみに自分の部屋の上に住人は居ません。
これ以上はスレ違いなので、ROMに戻ります。
お騒がせしました。

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 00:11
深夜2時に裸足で乳母車押してる婆さんがほんのりコワー

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 00:57
オカスレ読んでると幽霊集まってくるとか、消したディスプレイを覗き込んでる影が数体いたとか、
かわいい女の幽霊が来ないか、今か今かと待ち焦がれているのに、全然来ないのはどういう事だ。

いつも素っ裸でいつ来てもいいように準備してるってのに・・・。


483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 01:03
>482
まあまあ、そのうち後ろから
「ヤラナイカ……」って声が聞こえるから。

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 01:05
>>482
幽霊も人を選ぶってこったw

485 :無言のおやじ:03/03/25 01:05
>>482
布団敷こう、な?

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 01:12
>>480
もしかして、いたちが屋根裏や壁の中を伝ってネズミを追い掛け回しているのかも?
けっこう、ドサドサとかドンドンとか大きい音がしますよ。

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 02:15
>>460さん
がんばれ!

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 03:30
ここの板初めて来たけど読んでたら怖くて寝れなくなっちゃったよ・・・・゚・(ノД`)・゚・

んで、自分が体験した怖いというか不思議な話。
昔、家に納屋があって、そこで戦後間も無い頃に牛を飼ってたらしい。
で、俺が生まれた頃には単なる納屋だったんだけど
子どもの頃何か悪いことをしてそこに閉じ込められた時は決まって牛が鳴く声が聞こえた。
今はもう建て替えてその納屋はないんだけど未だにあの牛の鳴き声は謎です。
その納屋は昼間でも真っ暗だったし本当怖かったなぁ。


489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 04:02
玉袋に毛が生えたときは怖かったなぁ

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 04:27

     ヘ( `Д)ノ イマダ! 高速デ駆ケ抜ケル!!
   ≡ ( ┐ノ     
  :。;  /

僕の妹2人が体験した話です。
年が近い妹をA、離れている方をBとします。

祖父の初盆のために家族で帰郷してました。
盆が終わると直ぐにAだけが家に変える予定でした。
しかし盆の最中にBが熱を出してしまい、
安静にしてないといけない状態(見ていてかなり辛そうだった)でしたが
急遽AとBと母が帰ることになりました。(Bが家へ帰ると言ってきかなかった)

491 :490:03/03/25 04:27
家へ帰り着くと嘘のようにBの体調は回復したそうです。
でもBは母に甘えて帰った初めの日は母と一緒の部屋で寝ました。
Bが夜中の3時頃(確かそんな時間だと言っていた)目を覚ますと
玄関の前でAが正座をして座っていたそうです。
母の部屋は玄関を入って直ぐに左で、いつも襖を開けているので
玄関前の廊下が見えます。
「Aちゃん?」Bが呼ぶとAは直ぐにBに気付いて母の部屋に入り
「怖かった〜。いっしょに寝ていい?」と言ってBの布団に入り
その夜は3人同じ部屋で寝たそうです。
後からAに何が怖かったのか聞きました。

492 :490:03/03/25 04:27
Aはその夜仰向けに寝ていると、夜中に何処からともなく
鈴か風鈴みたいな音が聞こえてきて金縛りにあったそうです。
そして腹の上に何かが乗ってくた感覚があり、「変なもの」が来たと
思ったAは目を開けまいとつぶったそうです。
しかし腹の上に乗ってきたものはAの目を開こうとぐいぐい力を目に加えてきたので
Aも負けるものか!といっそう目をきつくつぶったそうです。
それからなぜAが玄関前を玄関に向かって正座で座っていたのか、
Aは記憶がないそうです。

僕はこの出来事を聞いたとき、祖父は孫の中で一番Aを可愛がってたので
祖父がAに会いに来たと思っています。
後最後に、B曰く玄関前に座っていたAはほんのり青く光っていたそうです。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 04:29
「友達の友達」の話です。スマン(w
(一応オレも会ったことあるヤシではある)
そいつはかなり霊感が強いらしいのだが、
深夜に九州某県の某海岸をドライブしていた。
午前2時ぐらいの話だったと記憶しているが、道路脇に老婆が――。
「なぜこんな時間、人家もないこんなところに老婆が!?」
と思った彼が同乗者に言うと、同乗者はそんな人はいなかったという。
「いた」「いなかった」で言い合いとなり、「じゃあ戻ってみよう」
と来た道を戻ると、ちょうど彼が老婆を目撃した地点には、
花束が置かれていたそうだ。

まぁありがちな話だが(でもオレは聞いたときほんのり怖かった)


494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 07:21
>>467
俺も遅いが、亜弓さんでよろしくてよ。

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 19:25
入院してる時、金縛りにあった。
来た瞬間、「あっ、やばい!」
と思って身をかわそうと思ったが遅く、
全身コンクリートに沈められたように
ピクリとも動かない。
胸を押さえられて息が出来ず
そのまま死ぬかと思った。
翌朝、看護婦さんに言ったら
何故か、看護婦さんが涙ぐんだ。
過去に何があったんだろう?

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 19:45
>>496
頭の可哀相な人だと思ったからです

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 19:51
ガラスの仮面の話か。
俺も好きだけどわからなった。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 20:02
>>496
何処に突込みを入れているのか

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 20:27
>495
金縛りは、身をかわせれるものなんですか?

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 20:28
500

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 20:37
>>499
かかる前に起き上がろうとしたんでしょ。たぶん。

簡単そうで、ウトウトと寝入りばなだから、結構な精神力がいる(w

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 14:28
金縛りをかわす、という話、昔一度はやったことがあるよ。

いつもいつも上から押さえつけられるような感じの金縛りにあう男。
いい加減慣れて来たとはいえ、うっとうしいことに変わりはない。金
縛りにあう予兆が大分分かってきたので、ある夜今金縛りにあう!と
いう瞬間に布団から転がり出た。すると布団の上にぼすん、と何か大
きくて重たいものが落ちる音がした・・・

503 :495:03/03/27 01:37
>>499
かわせると思った。

>>502
同感。何かが覆いかぶさる“瞬間”を感じた。
大熱は出てたが、意識はハッキリしてた。直前まで寝てたが
悪夢から一気に覚めるように目が覚めて時計を見た。AM2:00
空気の揺らぎも気配も無かったがいきなりやられた。
金縛りが解けた瞬間、半年前死んだじいさんの後姿が見えた。
身内の励ましにしては洒落にならん苦しさだった。
連れに来たのか?


504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 01:40
漏れも昔、金縛りが結構多くて
酷いときは毎日の様にあってた

で、慣れてくると「あ、来る」って感じでわかるので
直ぐに体を起こせば回避できた

505 :おまいら:03/03/27 02:16
そんな嘘ばっかりついてるからホントの友達が出来ナインよ!
もし、嘘じゃないとしたら、自分はなにか特別だ。
とか、たわけた事考えてるからそんな妄想に取り憑かれるんじゃよ。
耳心ヲ知れ!

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 02:28
...と友達が出来ない椰子が自分にイイ聞かせてるタワゴトですた

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 11:22
金縛りなんて普通にあるけどな
慣れたから別に恐くはないよ…

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 13:51
あんまり恐くないかも・・

先日ストーンズのライブ見に行った時の事。
ななめ前の席に妙なヤツがいてさ
アゴを引きぎみに上目づかいの三白眼でニタニタ笑いながら
ボクシングのアッパーカットのような動作で
ゆっくりガッツポーズしながら、うんうんとうなずく、
ってのをずっと繰り返してた。

その時はヘンなやつだな、ぐらいにしか思わなかったんだけどさ
さっき唐突に思い出したんだよ。5年前のストーンズのライブの時にも
同じような顔つきで、同じような動作をするヤツが隣の席にいた事を。
しかも前回見たのは東京ドームだけど今回は大阪ドームなんだよね。

ヘンなやつが複数いるのも恐いけど
同一人物だったら、(その偶然性が)ほんのり恐い・・・

長文にて失礼

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 15:53
>>508
そんなのが複数いるほうが怖くないか?

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 16:15
http://curry.nonedust.com/imga/img-box/img20030325192449.jpg
こいつのこと思いだしたよ・・・

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 17:48
>510
思いっっっっっきりスレ違いでつ 
「むっっっちゃくちゃ恐い&イタイ椰子」スレでも立てて下さい(w

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 18:08
>>510
映画のフルメタルジャケットを思い出した。

513 :460:03/03/28 11:24
>>487
う〜ん・・・もう少し考えさせてね。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 00:50
寝てる状態ですごいでかい耳鳴りがした。
なんだと思って起きようとしたけど起きれない。体も動かない。(足の指だけは動いた)
目を開けたけど顔の上を自分の腕で覆っているらしく何も見えない。

そうこうしているうちに腕だけ動かせるようになった。
んで、なんか、気配がしたというか、すごい警戒心が働いたのね。布団の上に。
それで動くようになった腕を思いっきり前に振ってパンチしてみた。
手応えは無い。

それから目を開けようとしたら、まだ顔の上に腕があるらしく暗くて何も見えない。

・・・って腕は今振り回して布団の上のはず・・・??

なんだなんだと思ってる内に、普通の状態に戻った。(完全に起きた?)
腕は・・・顔の上を覆っていた。

振り回したと思った腕は一体・・・?スタンドでも発動してたのか?
夢?にしてはしっかり記憶がある。寝ぼけてたのだろうか・・・。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 11:39
「いつまで寝てるの!」
お袋の声で起きますた
で、いつものように階段をドンドンドンって鳴らしながら
お袋は1階へ・・・
しばしボーっとしてて気がついた
今日はお袋の月命日だった

516 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/29 11:55

中学生の時の話です。

母親から譲り受けた、当時流行りの4Chスピーカーのステレオで、いつも音楽を聞いていました。
メインのスピーカーは床に据え置くタイプの大型。後の2つは壁にかけるタイプでした。
ある日の晩、夜遅くに声がしたような気がして、目が覚めました。

「なんか、声か柱時計の音がしたような・・・」と、ボーッと考えながら寝返りを打った瞬間、

ドシーーーン

と、私が先程まで頭をのせていた枕の上に、壁掛けスピーカーが落ちてきました。
壁掛けタイプとはいえ、アタッシェケースを2つ張り合わせたくらいの大きさがあり、
重量も3kgほどはある、木製のそれは無防備に頭部を直撃すれば、大変な事になるところでした。


今思えば、死んだ爺ちゃんが知らせてくれたのかなと、ほんのりしています。

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:08
>>516
死んだ爺ちゃんは寂しいのであなたを引き入れようと・・・
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:43
友達の友達の友達の話なんだけど(遠くてすまん)
ある夜目覚めたら、突然金縛りにかかって、ふと気づくと自分の寝ている
ベッドと自分の体の間に男の人が寝てたんだって。自分と重なって。
「あれ?どういうこと?」と思ってたらいきなり下から羽交い締めにされて
ぎりぎりとしめつけられて、声が出ないから「やめてやめてやめてー!」
って心の中で願ってたらフッといなくなって金縛りもとけたとか。
それ以来その人はでてこないけど、金縛りにはたまにかかるようになったん
だって。    ほんのりこわかった…。

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:48
親友がパンツ一丁でベッドで俺の横に寝てた事があったな。
馬鹿騒ぎして酔っ払った末なんだろうが、
思わずケツ穴を確認しちゃったよ……ほんのり。

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 14:16
最初、>>519が友人の穴を確認したのかと思ってほんのり恐かった。

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 14:36
激ワロタ

522 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 15:08
>>520
アアッ!!てっきりそうだと思った!安部高和に毒され過ぎてる自分にほんのりだ

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 15:10
無意識のうちに、酔った親友の尻穴を陵辱してしまう>>519がほんのり怖いです。

524 :ありがちなのに本当の話:03/03/29 15:29
ちょっと昔の話です。
彼女と車で旅行していて宿泊するところがなく、とある地方都市の片田舎のラブホテルに入りました。
ラブホテルといっても、建物は旅館に近い雰囲気で、建物の中に入っても誰もいない。
きょろきょろしていると、声がするので振り返ると、いつの間にかお婆さんがいて、
(ここで怪しいと思うべきだった)部屋に案内してくれた。
「ここって、普通の旅館だったんだ・・・」
と思いながら、部屋の中を見ると、夏だというのに、壊れかけた石油ストーブが置いてあり、
部屋中埃だらけで、湿っぽい感じがしている。
イヤーな予感がしていると、トイレに入った彼女が真っ青な顔をして出てきて、
「水洗の水が真っ赤だった・・・」
「こんなところ、もう居られない!」と、部屋を出、苦情を言おうとさっきのお婆さんを探したが、
やっぱり誰もいない。
結局、そのまま車に乗り立ち去ることにしたのですが、
最後に振りかえって建物を見ると、さっきまで見ていた建物とはまったく違った外観に
いつの間にか変わっていて、そこには崩れかけた廃屋が建っていました。
そのあとは、二度と振り返らず、30分くらい車を飛ばしつづけました。
お婆さんや、トイレの水くらいは、偶然でありえることですが、
最後の、普通だった(と見えていた)建物が一瞬のうちに、廃屋に変わっていたのだけは、
今でも理由がわかりません。



525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 15:31
こりゃ、九州の有名な話だね。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 15:38
タヌキの仕業だ。
問題無い。
 
次。

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 16:11
>525
そうなんだ? どこら辺の話?

528 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 16:21
>>519
「ほんのり」…? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 21:45
やるなあ、九州のタヌキ。

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 23:18
昨日の夜のこと。
うちのマンションの自転車置き場は、となりの2階建てボロアパートの
階段下になってるんで、夜3時頃に帰宅してそこに自転車置きに行った。
そしたら廊下に面してる1号室の風呂とキッチンの窓から、やたらと明るい
光が漏れてるんで「こんな時間だと逆に不気味だな」とか思いながら、さっさと
鍵かけて立ち去ろうとしたとき、ちらっとその部屋のドア見て違和感に気づいた。
郵便受けが開いてる?ついでにそこから両手分の指が出てる?

めちゃくちゃビビッたけど、そんな時間に郵便受けから指出してるような奴には
たとえ幽霊のたぐいじゃなくても気づかれたくないと思ったんで、必死に音立てない
ようにして自分の部屋に逃げ帰った。

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 23:48
漏れが小学4年生だったころの夏休み。
故障中の筐体のレバーをいじっただけで
「店の物壊したから警察呼ばないと」って言われて
漏れはマジでガキだったんで(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
涙目で「御免なさい、警察だけは止めてください!」とにかく謝る。
店員が「じゃあ黙っててあげるからこっちに来て」
とスタッフルームらしきところに連れ込まれる。
そしていきなり「裸になって」とのお告げ。
漏れさらに(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
裸にされた後は、体中舐められてティムポこすり付けられて、
泣き叫んで、顔射3回決められて終了。
フェラとか、アナールとかは無事だった。

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 00:14
漏れは友達んとこに泊めてもらって夜中に起きてなんか暑かったので自らパンツ脱いで
フルチンになった事がありまつ。
漏れがモゾモゾしてたの気づいた友達に一部始終を見られてますた
朝立ちしなかったことだけが救い

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 01:25
何年か前、通勤で都営新宿線使ってた。その朝も普通に混んでた。
俺は車両の真ん中あたりで立っていた。
新宿でまた人が乗ってきてかなり満員になり、俺の背中に人が密着してきた。香水とか感触で女だと分かった。俺の首筋に女の息がかかった。ちょっとラッキーと思った。だけどそううまくは行かなかった。
電車が走り始めたら歌が聞こえてきた。「のんたNとい〜っしょ、いっしょに
おどろぉ〜 のんたNとい〜っしょ、いっしょにうたおぉ〜 」背中の女が
歌ってる。なんだこの女?俺は苦笑いしてた。
「いつでもぴょんぴょんぴょんぴょん! どこでも〜」女は歌い続けてた。
で、「〜はろーはろーはろー」と、一曲歌いきった。ヤレヤレと思った。
でもまた女が「のんたんと〜」歌い始めた。淡々と、でもほんとに楽しげに。

次の駅に着いて扉が開いたが、俺の居たあたりは人の動きがない。女は俺に
密着したまま歌い続けた。
「〜はろーはろーはろー」二回目が終わった。もう勘弁して欲しかった。
振り返って文句を言おうと思った瞬間、女は三回目を歌い始めた。まるで俺に
歌って聞かせるように。俺はさすがにやばいと思ったが、どうしていいか分か
らなかった。ここで歌を止めさせたら刺されるんじゃないかと思った。
女はそのまま歌い続けた。俺はホントに冷や汗が出て固まってしまっていた。
そして電車が神保町に着いた。女は何回目かの「のんたNといっしょ」をちょ
うど歌いきり、何事もなかったように降りていった。すれちがいざまに女を
見たが、取り立てて美人でもないごく普通のOL風だった。
サイコさんなのか躁女なのかは分からなかったが、俺本人にはかなり怖い体験
だった。
今となっては笑い話なんだがね。

534 :1号室の住人:03/03/30 01:34
しゃべりやがった


しゃべりやがったな!!!

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 01:47
>>533
千秋本人だったりして
彼女ならありうるかも

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 02:34
>531
強く生`

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 07:08
>532
 お ま い が 激 し く 恐 い(w

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 13:31
>>471 俺もよくそういうのあるよ。 音がする瞬間、一瞬まぶたの内側に光を
感じるんだよ。 でも目を開けても真っ暗なんだけどね。 
俺が思ったのは、何かその音がしたコンマ何秒か後に光ってるような気がする。
実際は同時じゃないんだと思う。 たぶん脳が音に反応してなんらかの信号を送
るんだろうね。 それが何を意味するのかわからないけど。 俺はそう思ってる。
だから特に怖くないな。 気の持ちようだよ。

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 13:59
>>531
つまりオマ○コは無事じゃなかったんでつね(;´Д`)ハァハァ







・・・・・・「オレ男」とかいうオチはナシですよ?

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 14:08
>>539
>>531は男だと思ってほんのりしてたんだけど・・・
で、小学4年で3回イケる店員は洒落にならないと思った。

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 14:19
つーかそれ実話だったらモロ警察ざただろ 普通

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 15:11
裏返しの話って既出でつか?二時間以内(時間あってたっけか)に誰かに話さなきゃ、一瞬で裏返しになって死んじゃうってやつ。こういうの怖い怖い(゚□゚;)

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 15:13
ハアハアハアハア

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:06
>>542
ガイスツでつ

545 :542:03/03/30 16:10
そうでしたか………。逝ってきます(;´Д`)

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:11
裏返しの話って既出でつか?二時間以内(時間あってたっけか)に誰かに話さなきゃ、一瞬で裏返しになって死んじゃうってやつ。こういうの怖い怖い(゚□゚;)

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:14
俺はパンツが代わりに裏返って一命をとりとめたよ

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:17
>>533
電車の中って偶にサイコ野郎と出会うよな。

俺が会った奴は先頭車両の進行方向にかぶりつきで、
『出発進行……』とかブツブツ言ってんの。
それがもう、一時停止とかポイント切り替えの度に、
一々もそもそとなんか言っているのよ。
最初は『ん? 鉄っちゃんか?』くらいに思ってたんだけど、
電車が入るホームや降り口の方向を間違えて言い直すわ、
ソイツが鉄道関係に大して詳しい訳でも無いって気付いて……。
電車から降りるまで、気味が悪くてどうしようか思った。



549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:18
>>545
けど、書いてイイヨ。もう1回見たいから

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:36
>>545
激しくガイシュツだから>>549のヴァカは無視してクレ
~~~~~~

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 16:42
激しくどころか気持ち悪くなって目ん玉からゲロ吐くくらい既出

552 :531:03/03/30 17:16
>>539
実は、男な罠(;´Д`)ハァハァ
あの精液の臭いが今でもトラウマですが何か?


553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 19:47
>>552
お前も発射するだろ。精液くらい。
なのにトラウマなのか・・・。
大変だな。

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 20:00
私は女だけど、自分のうんこは臭くないけど他人のは臭く感じるもん、
自分にもあるものがトラウマじゃああんまりにも気の毒だなぁと思うよ。
マジ話だとしたらその店員許せん。切られてしまえ!

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 20:12
>>554
なるほど・・・
だが俺的に自分のうんこも臭いんだがな(ボソ

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 20:19
成長した今では、逆に陵辱プレイとして楽しめる余裕ができたのかも・・・

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:04
ここは厨が少なくていいね´Д`)

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:24
前に出てたまとめサイトの話だけど、
いま洒落コワのサイト作ってる人にお願いしたらどうだろう?
もうすぐ洒落コワつぶれそうだし、そうしたら暇になるよね

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:32
>>558
あつかましぃ気がする・・・
その人が、ここ覗いてるんなら、まだしも。

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:33
いや、向こうに書けば問題ないでしょう
いっそ併合してもいいかも

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:36
止めてくれ…
あそこはオカ板の隔離スレなんだから
潰れてもらっては困る

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:41
>>560
559の言いたいことが分かるか?
行ったことも無いスレの倉庫を作れって言うのも変な話だろ。

563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 21:52
今日の朝に寝返りをうったら、枕もとにあったギターのスタンドに目の上の骨をぶつけた。
しかも立ててあったギターが頭に倒れてきた。
「いてぇ〜!」ってなったのに眠気が勝って、そのまま2度寝した自分が、ほんのり怖い。
起きたら、頭にでかいコブが出来てました。

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:08
>>562
うーん、ふつうに見てるんじゃないかな?
ほん怖住人は洒落コワ住人を包括するだろうし

っていうか反対するなら代わりの案を出してくれないかな?

565 :562:03/03/30 22:19
>>564
559タンは「見てないとしたら、あつかましい」って言ったわけで
見てるんなら、何も問題ないけどな。

反対すんなら案を出せかぁ。
まぁ、反対してるわけじゃないんだけどよ。
とりあえず460タン待ったら?
そんな急に倉庫が必要なわけじゃないし。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:28
ほん怖と洒落怖は、包括されるほど深い関係だったのか・・・
漏れ行ったことないな。
今考えると何でだろ?
「ほんのり怖い」っていうタイトルの軽さが好きなんだな、たぶんw

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:47
つーかさ、他人にまとめさせようとするあつかましさはどうなの
本人が見ていたって、他人がその仕事を押し付けるのはどうか。
自分がやりたくないことを他人に押し付けて当たり前だと思ってる
クズだな。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:51
オウムの地下鉄サリン事件があった直後の頃、仕事で地下鉄に乗ってた。
忘れもしない丸の内線。
電車はガラガラだった。無理もない、あんな事件があった直後だ。俺だって
仕事でなければ地下鉄など乗りたくなかった。
数少ない乗客みんなが緊張していた。怪しい奴は居ないか、不審な荷物はない
か。誰もが疑心暗鬼に囚われていた。
そんな時突然、はす向かいに座っていた小学低学年ぐらいの子供が立ち上がっ
た。体をひきつらせ、次の瞬間ゲロゲロと吐き出した。
あの瞬間マジで人生終わったと思った。他の乗客も情けない悲鳴を上げつつ
腰を抜かしたように子供から少しでも遠ざかろうとした。

きっと子供は極度の緊張で戻してしまったのだと思う。だが隣にいた母親と
おぼしき女まで子供を置き去りにして逃げかけたのは、子供はきっと忘れない
だろうな。

569 :562:03/03/30 22:52
>>567
それは俺に対してっすか?
確かに、見てようが見てまいが関係ないね。
ごめんよ。

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:52
>>567
んじゃぁ、貴様がやれ。
くず。

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:54
まだ野放しだからな Ωは

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:56
>>569
キミじゃなくて、洒落怖の倉庫作った人にやらせようって言った香具師じゃねえの?
まぁ、漏れも他力本願だからクズってやつだな

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:57
つーかすぐクズ呼ばわりする人ってなんなんだろう。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 22:59
オームの事件って本当だったんですか?
NHKで爆弾の煙がジョジョに立派な勃起したチンポになっていくシーンが
先週の日曜日にあって司会の人もなんか怪しい人ばかりだから。
マスコミが嘘を垂れ流しているのかと思った。

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:00
まぁ、みんな落ち着いてK-1でも見ようぜ(´∀`)

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:07
     /ロ≠   ヽ
    i|    ノ!ノ)从)           
     ヾ、イ (! (! i     
      ゞ!!  ヮノ           _      キャイン  
      /      )           _     _
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /  >>ダヌル・ウェブスター
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
    

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:28
は〜る〜だ〜ね〜(涙 ここもかよ

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:29
うぎゃぁ、サップがワンパン・・・

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:35
サップ、隙が多すぎ。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:36
     /ロ≠   ヽ
    i|    ノ!ノ)从)           
     ヾ、イ (! (! i     
      ゞ!!  ヮノ           _      キャイン  
      /      )           _     _
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /  >>ダヌル・ウェブスター
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
    


581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 23:48
>>538
ありがと。
同じような現象に会った人がいるってのを聞いて、安心できました。
おかげで今日は久しぶりに電気を消して熟睡出来そうです。

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 00:56
うし、まとめサイト、漏れが作るよ。
バイトもあるし、時間かかるかもしれんが、必ず作るから。
待っててくれ。

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 00:59
>>582
ガンガレ!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 01:09
神降臨
しかし良スレにつきsage

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 06:12
もうスレストくっちゃったけど、ニュー速に立ってた、

本当にあったチョット怖い話
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1049018921/

オカ板で見たことないネタとかあって新鮮だったよ。

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 16:41
心霊話じゃないんですが私的にほんのりしたことを。
雨が降ってる時に、車から子供を降ろそうと思って右手に傘を持って、左腕に子供を乗せ、
なおかつ荷物を取ろうとしたとき子供がバランスを崩して、1mほど下のコンクリに落ちました。
(正確にはとっさに服をつかんだので、ゆっくり落ちましたが。)そのあとすぐ、病院に駆け込みました。
幸い、落ちた瞬間泣きましたし、レントゲンを撮ってみてもらったところ、骨折もしていませんでした。
今は、元気に遊んでいます。何もなかったので、ほんのり。



587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 16:44
何もなかったことにしようとしている >>586 がほんのり

588 :586:03/03/31 16:50
>>587
書き方が悪かったです。何もなかったんじゃなくて、頭を打ったことで吐き気や、顔色が悪くなった、
痙攣をおこした・・・というような症状が出なかったのでほんのりってことです。
すいませんでした。


589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 17:10
子供の扱いはこわいよな。
親戚の子供とよく遊ぶんだが、
階段とか危ない場所でも平気でジャンプして体重預けてきたり、
抱き上げてるとふざけて無茶な体制とったり。
ただ身体が柔らかいから落としても意外と大丈夫だったりするんだけどね。

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 17:30
>>586
今度からきーつけんさい

591 :586:03/03/31 17:39
>>590
きーつけます、ハイ。

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 17:43
>>586
そしてもう、その手の用件でここには来ないで。
はじめから板違いなんだから。

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 18:30
586にとってはほんのりだったかもしれないけど、子供にとっては
洒落にならないくらい怖い体験だったかもしれないね。



594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 19:48
そんな話をこんな所に投稿しよう!なんて思い立つ神経にほんのり。

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 20:06
数時間たってるのに粘着レスつける神経にもほんのり

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 20:26
ほん怖のまとめサイト一応あるよ↓
ttp://members.tripod.co.jp/honkowa/

できてからかなり経ってるけど更新の気配無し
管理人さんどーしちゃったんだろう……面倒なのか?

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 20:44
かなしばられた……と思ったら酷い筋肉痛で動かせないだけでした。

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 21:33
>>595
みんながみんなは2chにべったり張り付いてるわけじゃないよ

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 21:53
みんながみんなは

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 21:55
ろ、ろ、ろ、ろっぴゃくー

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 22:11
>>596
今、見てきたんだけど、
広告のウィンドウがいちいち前面に出るのがウザいのですが、
こういうときって何か手はないの?

602 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/03/31 22:30
高校生の時のことです。

無線をやりたかった私は遠方の高校に進学しました。
バスも有ったのですが、定期代や時間的自由を考えると
バイク通学のほうが経済的なので、2年生のときからバイク通学に換えました。

ある日の事でした。
試験日のため、早めに終わった私はお昼前という事もあって
まったりとした速度で帰り道を流して・・・
あるカーブに差し掛かった時、妙な感覚が前輪に伝わってきました。
なんと言うか、前輪が手のひらに乗ったような感覚、というか不思議な感じです。
”滑る”というのではなく、例えるなら片足だけエスカレーターに乗っけたような感じ。
実はそのカーブの近くでは、海砂を採取して陸揚げする施設があり、滑りやすく
危険なため、いつも速度を落として通行していたんです。
その日は、いつにも増してトロトロ運転だというのに・・・

ズズーッ、ズズーッ、ズズーッ・・・

訳が判らないままに、滑る(移動する)前輪に任せて、対向車が来ないのを
確認してから反対車線のガードレール手前でゆっくりと停車しました。
「なんやねん、今のは?」と、狐につままれたような気持ちで、顔を上げた先には

”交通死亡事故現場”

と、死亡事故現場に警告のために建ててある、先っぽがドギツイ蛍光色で彩られた
ポールがありました。

しかも、ピッタリその方向を向いて吸い寄せられていました・・・

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:19
>>586
障害とか残らなくて良かったね〜。
ほんのりと言うか、ほっとした。

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:45
さっきお湯を入れたカップラーメンがみつからない。
どうしよう。

605 :ダヌル・ウェブスター:03/03/31 23:47
>604
車ん中じゃない?

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:55
>>604
そ、それは大変だ・・・
早く見つけないと伸びちゃうよ!

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:56
それどころじゃないぞ!
そのまま見つからなければ、未知の生命体が・・・

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:01
>>604
来るとこを間違えていませんか?

おまいら!カップ麺の粉末スープが見当たりません。
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1048257365/

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:02
マジレスすると宇宙人に食べられたんだと思うよ。
テレビでやってた。

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:02
カップラーメンみつかった?

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:03
>>608
お湯入れた後だからそれはないと思いたい。

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:09
>>608
そのスレ1のオチが非常に弱いな。

613 :604:03/04/01 00:16
沢山のレスありがとう御座いました。
冷凍庫の中に携帯電話と一緒に鎮座していました。
焼酎の氷を入れるときになぜか入れ替えたようです。


614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:16
604!! うしろうしろ!!

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:16
Σ(゚Д゚;)カコワルー!!

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:17
失礼、614=615。

617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:21
みつかってよかった、よかった

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:23
忘れられてた携帯がかわいそう

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:24
608のスレより、ここの604タンのオチのが好きw
もっとも、ネタじゃないんだろうけど( ´∀`)
ヨカタね、604タン!

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:24
>>601
そういうのを・・・・・消す・・・・フリーウェア・・・・・あるよ?・・・・

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:27
>>604
お一人様ごあんな〜い!

【探し物は】アルツハイムの住人達 4棟目【冷蔵庫】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1040692525/

622 :604:03/04/01 00:33
カップヌードルのシーフードなんだけどとりあえずスプーン
で喰ってみたら美味かった。

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:38
>>620
そうなんだ・・・・知らな・・・・かった・・・・
おし・・・・え・・・・て・・・・・・

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:39
ちゃんと冷やしラーメン風になるのか?

625 :604:03/04/01 00:47
>>624
味はシーフード
口当たりは粉球がやけに長い失敗したチーズケーキ


626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 05:16
>>602
怖ぇー。
あの「死亡事故現場」っていうの見ると
怖がったりするのは失礼だと思うんですが
そういうことがあるとやっぱり怖いっすね

結果事故らなかったなら、注意を促してくれたととれなくもないけど・・・

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 05:50
何で毎度毎度的確なスレを張れるのか。ほんのり
なんでそんなスレがあるのか。ほんのり

そして、今帰宅、8時にはまた出社。ほんのり

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 14:25
>>627
お疲れ様
体に気をつけなよ

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 12:56
下がりすぎやろ

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:49
昔どこかの恐怖サイトに書き込んだ話ですが、チョロッと怖かった体験です。

小学校三年生の夏休みのある日の夜中、
ふと目を覚ますと部屋がほんのりと明るくなっているのに気がつきました。
暗い部屋でテレビをつけたときのような明るさだったのですが、
その時間には家族は既に寝ているはずだったので、
「おかしいなぁ?」と思いながらテレビの方に目をやると、
部屋には俺以外誰もいないはずなのに、何故かテレビがついていました。

つづく

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:52
単なる消し忘れですた


632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:57
>>631
確かに茶々入れたくなる間だよね(w

633 :630:03/04/02 15:03
テレビ画面は真っ白なだけで、他には何も映っていませんでした。
俺は「誰かつけっぱなしにしたのかな?」と思ったのですが、
起きたばかりでボーッとしていたので、
上体だけ起こして、何も考えずしばらく画面を見つめていました。
一分くらい見つめていたでしょうか、そろそろ消そうかと起き上がろうとすると、
白い画面の中心に、いつの間にか人差し指の先ほどの大きさの、
小さな黒い点が現れていることに気がつきました。
「なんだろう?何か始まるのかな?」
そう思っていると、黒い点が徐々に大きくなっていきました。
それは、二次元的にではなく、
奥いきのある場所から、こちらに向かって大きくなっているように感じました。
俺は気付くのにそう時間はかかりませんでした。
黒い点は、人の形をしていたのです。
 
つづく


634 :630:03/04/02 15:14
いまいち状況が飲み込めず、動けないままでいると、
それはどんどん大きくなっていき、細部がはっきりとわかるほど大きくなっていました。
「お化けだ!」俺はそう思ったのですが、
それは当時の俺が持っていた恐ろしい幽霊のイメージとはかけ離れていて、
スーツにメガネ、七三分けのおっさんという、
絵に描いたようなサラリーマンの姿をしていました。
サラリーマンは、俺に向かって必死に身振り手振りで何かを伝えようとしているように、
激しく動いていました。
不思議なことに音は全く聞こえず、隣の部屋で寝ている兄貴の寝息すら聞こえていました。

つづく

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 15:15
スーツのモジモジくん

636 :630:03/04/02 15:31
俺はそのあまりの間抜けな姿に恐怖を感じることができず、放心状態で見つめ続けていました。
その間にもサラリーマンはどんどん大きくなっていき、
気付けば画面の半分以上の大きさになっていました。
しかし、意味もわからないうえに、ただ大きくなっていくだけなので、
俺もいい加減に飽きてきてしまい、「もういいや、ほっといてねよう。」
と布団に潜り込みました。
次第にうつらうつらしてきて、まだ映っている画面を見ながら最後に見たものは、
 
貞子のようにヌルリと画面から這い出てくるサラリーマンの姿でした。

つまんない上に読みにくい文章を最後まで読んでくれてありがとうございました。

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 16:26
お父さんお帰りなさい。

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:00
たった今、まったく意識しない間にウンコが出た。
どうしよう

639 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:01
不思議なホムペ??????                            

http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html
http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html
http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html
http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:59
このスレッドの1とか
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/lobby/1049263155/


641 :ほんのりと怖かった一言:03/04/03 01:01
「冷蔵庫にらくだを入れる三つの手順を言ってみて」ってのありますよね。
大きい冷蔵庫にするとか、中のものを出すみたいなことを言わせといて、
「冷蔵庫を開ける、らくだを入れる、冷蔵庫を閉める」でした〜っておとすやつ。
それをこの前彼女にやったんです。
そしたらまず「らくだを切る、ばらばらにする」って言いはじめて、
「いやできたら生きたままで」と注文したら、
「じゃあ、挽肉にして、、」
「いや、だから生きたままでって言ってんでしょ」

「だから、生きたままで挽肉にして」

ほんのりと彼女が怖かったです。

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:08
>>641
彼女をぜひオカ板の住人にしてあげて下さい。

643 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:20
>>641
いいキャラw

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:46
>>641 君の彼女で悪いが・・・惚れた

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:47
>>641
あー、それ知り合いにやったよ。
俺「「冷蔵庫を開ける、らくだを入れる、冷蔵庫を閉める」でした〜!」
友「ハァ?冷蔵庫にらくだなんか入れねェよ馬鹿」
俺「いや、だから、冷蔵庫…」
友「大体お前冷蔵庫にらくだ入れて何がしたいんだ馬鹿」

俺「「冷蔵庫を開ける、らくだを入れる、冷蔵庫を閉める」でした〜!」
友「待て。お前の方法で入るのか試すから、らくだを一匹持って来てくれ」
俺「いや、それは……難しいと思うけど……」
友「じゃあお前、そんな机上の空論で入るか否か論じているのか!ほんとに開けて入れて閉められるのか!」

屁理屈ばかりの友人達をどうにかしてください(つД`)

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 02:07
>>645
>友「大体お前冷蔵庫にらくだ入れて何がしたいんだ馬鹿」
友にワラタw

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 08:19
>>645 イーッてなるね

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 08:45
生きたまま挽き肉になる駱駝

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 08:57
らくだもらくじゃないね

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 08:59
>>649キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 12:00
>>649ddト━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━ン!!!!!!!!

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 12:56
>>641の意味がわかんないんですけど
誰か教えてくれませんか?

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:04
>>652
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
の猿夢ってやつを見れ
生きたままひき肉にされる恐怖

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:08
>>653 すいません

「冷蔵庫にらくだを入れる三つの手順を言ってみて」ってのありますよね。
大きい冷蔵庫にするとか、中のものを出すみたいなことを言わせといて、
「冷蔵庫を開ける、らくだを入れる、冷蔵庫を閉める」でした〜っておとすやつ。

これがわかんないんです。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:19
>>654
あー それのこと      おれもわがんね

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:22
>>655 そうですよね。わかんないですよね。

「でした〜っておとすやつ。」って全然落ちになってないし・・・
どこにおもしろみがあるのか、謎です。

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:26
冷蔵庫に物を入れるときの手順は、
「冷蔵庫を開ける、物を入れる、冷蔵庫を閉める」
でしょ?

入ることはそもそも大前提だったということなんじゃないかな?
問題出された側が勝手に家庭用冷蔵庫を思い浮かべるのが、
この問題のキーポイントじゃないかな?

ただ、問題出す人がこの点を理解してないで問題文と解答だけ
知ってると、突っ込みどころ満載で納得させることができなくなっ
て、混乱しちゃうんじゃないかと思う。

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:26
漏れもわがんね

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:31
>>657さん、ありがとうございました。理解できました。

しかし、やっぱりこの話おもしろいんですかね?この話で盛り上がれますかね?
なんか場がしらけてしまいそうですよね。私だけですかね・・・

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:32
>>655-656
お前ら>>645の友達か!?

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:35
>>660
うれしいこといってくれるじゃないの

662 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:53
>>659
聞かされる側が理解できれば「あーあー。なるほど」って盛り上がるかもしれないけど、
一度聞かされただけでは理解しにくい人の方が多いのでしらけるっぽいね。

個人的にはこういう話は場を盛り上げるためではなく、
後で一人で思い返して納得するためのものっぽく思うので盛り上がりは期待しないほうがいいかと。

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 14:12
夜中にひとりでパソに向かってオカ板読んでると、ふっと後ろを振り向いてしまうよね。
まあ何もいないんだけど、いつかは何かを見てしまうんだろうな…

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 14:15
会社で怖い話考えてPCに向かってたら、気づいたらみんな帰ってた。
ふと、出口を見るとドアが半開き。

いや、なにもなかったんですけど、なぜ半開き?

665 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 14:17
>>664
最後にドア閉めた人は猫を飼っている

666 :死蝋@発熱中 ◆WhpEztJj9g :03/04/03 14:23
失礼します、不吉ゲットさせてください…。(ドアは閉めていきますから)

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 14:32
【深夜】一時間おきに後ろを振り替えるスレ【二時】

なんてどう?
最近はカメラ付き携帯も増えたし、なにか見たらその場で一枚。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 14:37
>665
身に覚えありすぎ ほのぼのワロタ

669 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 14:45
>>659
「ガダラの豚」式に、続けて
「キリンを冷蔵庫に入れる四つの条件」をやると良いかと。

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 15:01
>>659
うるさいよ、お前。しつこいよ、お前。流れを読めよ、お前。>>657で話は落ちがついただろ?しらけるんだよお前のせいで。
知り合いにウザイよって目でよく見られるだろ?友達はいないだろうからなw
友達って思っていても、向こうは知り合いとしか思ってないぞ。しかもうっとおしい知り合いだ

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 15:05
2年ほど前の話です
その頃チャットにはまってて平気で夜中の2時3時まで起きてました
その日も3時頃にチャットを終えて寝ようかとしていました
すると1階の方からドンドンと壁をたたくような音と「ウェァァァーウァェェー」って感じのうなり声が聞こえてきました
1階のリビングに降りて行くも誰も居ませんでした
どうやら外から聞こえてくる音のようなので恐る恐るカーテンを引いて外を見ると
そこに居たのは


「真っ暗で何も見えねぇぇぇぇ」と家の外壁を叩いている呆けたうちの祖父でした
どうやら祖父の部屋の窓から外に脱出してさまよっていたみたいです
呆け老人は怖かった…

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 15:20

私のじいさんも死んだ瞬間、自宅に来ました。
(魂が)帰ってくるなり、誰もいない部屋から、大きないびきが聞こえました。

犬だけが異常に吠えてました。

夜中の3時です。
私と母と小さな弟で留守番してたのです。
親戚一同、その時病院で。。。。
いびきが聞こえた時間と、亡くなった時間が同じでした。



673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 15:54
>>672
ほんのりか?ほんのりなのか?微妙だぞ。

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:04
昨日家で留守番していた時の事。
夕食の時、母から
「お母さんが帰ってきた時、急いで2階に上がっていったでしょ?」と言われた。
階段をドンドンと音を立てながら上って行く音を聞いたそうだ。
私は母が買い物に出かけてから夕食までずっと2階で
N速+の名古屋通り魔スレを読んでた。
少し怖くなったので家の中を確認した。
風呂場の電気をつけて中を確認すると風呂の蓋がグラグラ揺れてた。
バスタブの中を見たけど何もなかった。
ちょっと怖かった。

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:42
何年か前に車で岩に正面からぶつかった。
地域の風習なんで、霊能者のような人に見てもらったところ、
「その岩はかなり昔に墓石に使われてたもの。女の人が憑いている。時期も悪かったし、
引っ張られたね」
とのこと。
岩までの助走距離(?)が短かったんで、かすり傷ひとつなかった。

後日、修理工場から電話が入った。
「ほんとに誰もケガしてないんですか?通常ありえないんですが、アクセルが踏み抜かれ
て根元から折れてるんですけど」

……ほんのり。

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 07:31
流れを読めてない>>670

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 12:28
>地域の風習なんで、霊能者のような人に見てもらったところ、

地域の風習?

678 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 13:39
>>677
事故とかしたら、超常的な原因があるかもしれないってことで霊能者に見てもらう風習があるんじゃないの?
仕事うまくいってない時に風水師に家相見てもらうようなもんかと。

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 14:03
その地域はみんなそうなのか・・・

オカルト板にふさわしい地域だな。

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 15:34
じいちゃんが死んだ夜、PS2のメモリーカードのセーブデータが
全て破損データになった。じいちゃん…ゲーム嫌いだったもんなぁ…

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:35
小学時代の同級生をバス停などでときどき見かけるが、いつも白ずくめ
の格好をしている。白いベンチウォーマー、スエット、スニーカーとか
比較的カジュアルな格好だが、いわゆるDQN仕様の白いスポーツウェア
スタイルとかではない。小学生の時は普通の格好だったのになあ…。


682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:49
何のことは無い。
白装束じゃないですか。

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:53
お母さん間違って全部漂白しちゃったのね・・・

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:32
>>678
そういや車二回当てられた時にすすめられて御払い行ったよー。

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:42
夜中に仕事から帰宅途中、猫がついてきた。こっちの顔を見ながら。
俺は3日前に自転車で猫を轢いたことを思い出した・・・
「車にびっくりして飛び出したところに轢いたんだから、俺のせいじゃ・・」
「轢いた後も何事もなかったように走り去ったじゃないか」
とかいいわけじみた事を考えながら、怖くて走っていた。すまん、すまん・・・・
階段を上がって部屋のドアを閉める前に外を確認した。猫はいなかった。
ホッとして、テレビをつけた瞬間、外から にゃあ と。
その夜はあまり眠れなかった


686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:47
>「轢いた後も何事もなかったように走り去ったじゃないか」

祟られろ

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:49
>>686
すまん、すまん・・・・




688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:51
>>687
祟られたようですね。
めでたし、めでたし…

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:53
えっ、自分とか身内とか会社の周囲で不幸や事故が続いたら
お祓いするって、フツーじゃなかったのかっ( ̄口 ̄;)!


690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:48
>>686
轢かれた猫は無事だったって事でしょ?

にゃんこは飛び出すから轢かれても正直仕方がない。

691 :king of 100 stories:03/04/04 19:22
私の知人から聞いた話・・・
その知人のそのまた知人Aはその昔大阪で仕事を持ち、そのAの彼女は東京で2人は遠距離恋愛をしていた。
その年の夏になって彼女は久しぶりに大阪のAの元へ行く事になった。
そしてその前日の夜、Aは夢を見た・・・

片腕片足、そして頭半分しかなくしかも脳味噌が垂れている彼女がAに向かって手を振っているのだが、
Aはなぜかただ突っ立っていることしかできず、それが悲しいのかただ泣いているだけ。
やがて彼女はAから離れ、やがて消えていった・・・

翌朝、Aは嫌な夢を見たもんだなと思いつつも、会社へ向かい、ほどなくして仕事は終わった。
その日の夜彼女が来るわけだが、帰宅してまもなく彼女の母親から電話が入ってきた。

そう、その日は1985年8月12日、群馬県御巣鷹山中に日航機が墜落し、彼女はそれに搭乗してたのだという・・・
数日後、Aが御巣鷹のふもとで見たのは、そう、右手右足、そして脳味噌が垂れた右頭部しかない彼女の遺体だった・・・

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:48
ままある話だ

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 20:19
身内とか知り合いだと、捜索活動に参加できるのか?

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:19
できないだろ。
ただ、遺体の確認したってことでしょ。
その時の墜落現場の写真あるけど、普通の人が
できるようなもんじゃないって。
自衛隊の人たちが頑張ってやってる様子が写ってるよ。


695 :ななす ◆n2EempR7X2 :03/04/04 23:13
ほんとほんのり程度の話ですけど。
最近引っ越して、神奈川県民になったんすよ。
ずっと東京だったんだけど。
駅から家までが、やっぱり東京に比べると暗い。
それはいいんだけど、ある地点で、
前方20メートルくらいの所、
薄く白く光る、子供くらいの大きさのカタマリが、
すーっと道を横切ったのね。
ちょうど、ネコが走り去るくらいの速度で。
ああ、小ネタかな…などと思いながら、帰宅して、
風呂入って眠くてすぐ布団に入ったら、
どうも、胃が痛い。
私、胃腸系だけは強くて、自信あるんだけど、
ああ、珍しいな、しかし痛くて眠れないな…などと
思いながら、突然昔のことを思い出した。

696 :ななす ◆n2EempR7X2 :03/04/04 23:13
昔、父さんが何やら車を運転してる時におかしなものを見たっつって、
家族の間でその話題がちょっとばかしブームになってたことがあった。
普通に勤め先から帰る途中だったんだけど、
巣鴨の染井墓地が通り道だったのね。
狭い道を車で、クネクネと降りていく途中、
目の前を、白くて曖昧な形の…ちょうど大きめのコンビニ袋みたいなモノが、
ふわふわと、意思を持っているかのように飛んで、
ゆっくりと横切っていったんだって。
ただそれだけのことなんだけど、普段、大抵のことには動じない父が、
この時はやたらと嫌がって、二度とその道を通らなくなっちゃった。
ところでその、父がその体験をして、帰宅した時、
出迎えた母の胃がキリッと痛んだという。
それからずっと激しく痛み続けるんで、検査まで行ったらしい。
別に異常はなかったみたいだけど。
ま、別にほんと、それだけのことなんだけどさ。
なんか、懐かしくなって、書き込んでみちゃったよ。


697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 23:18
>>695-696
♪ほんとほんのり〜程度の話ですけど〜 最近引っ越して〜♪と
ギターの弾き語りでさだまさしあたりに歌わせたい文だ。

698 :ななす ◆n2EempR7X2 :03/04/04 23:27
思いもかけないレスをありがとう
嬉しいよ

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 23:30
バイクで通ってる通勤路に、出ると評判の坂がある。
自分も街灯の下に女性がいるのを見て、ミラーでいた場所を確認したら
誰もいなかった・・・とか数回ほんのりしたことがあった。
今日、その坂を車の後ろに付いて下っていたら、
その車のトランクあたりに自転車を押すおばちゃんの姿が見えた。
一瞬で消えたけど、あれは坂のせいなのか、車のせいなのか、
それとも自分の目のせいなのか・・・

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 23:39
アタイこそが 700げとー   

701 :king of 100 stories:03/04/05 00:06
福井県にある東尋坊って知ってます?日本海に切り立った崖で、眺めがいいんだけれども、
自殺する人が後を絶たない名所・・・
そのむかし、日本TVに『たけしの元気が出るテレビ』っていうお笑い番組があったんだけど、
それでコメディアンの島崎俊郎(アダモちゃんという土人の格好をして笑いをとってた)が
アダモちゃんの格好をして東尋坊から海面へ飛び込めるかという企画があった。結局のとこ
ろアダモちゃんは怖くて海面へ飛び込む事が出来なかったんだけれども、それでもかまわず
TV局ではこの企画を放送すべく、スタッフは編集作業にとりかかった。

スタッフはその恐怖におののいた・・・
アダモちゃんが崖から飛び込むのを沖から船で撮影していたカメラがあったのだが、その映
像には海面から生え出す無数の腕が映っているのである!!
結局実際のオンエアではその映像は放送されず、お蔵入りになったという・・・

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:08
海面から手、はガイシュツキングです

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:13
ほんのり、というほどでもないですが、
昨日近くの公園の横を通ったら、誰もいないのに、
4つあるうちの左端のひとつのブランコだけがゆーらゆーらと揺れてる。
周りには全然人はいないしなんだか不思議な光景だった。

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:15
海面から足はどうよ?

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:21
>704
崖の上まで蹴り戻されるのだろうか……

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:26
>>695
胃は治りましたか?


707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:32
>>704
海洋版犬神家?

708 :ななす ◆n2EempR7X2 :03/04/05 01:01
>>706
ああ、それはもう、とっくに…
ありがd。

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:18
東尋坊って、坊さんの名前だったんだって?

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:26
>703
谷中で花見をした帰りですか?

711 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 11:52
>>701
何で知ってんの、当時のスタッフさん?

712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:05
>>710
なぜ限定して谷中・・・?

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:21
近頃妹がすぐ俺に抱きついてくる。
俺が寝てるとベッドにもぐりこんでくる。
理由聞いても教えてくれない。ちょっと怖い。

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:22
>>713 市ね

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:37
>>713の妹↓
ttp://210.136.179.129/source/nekomoe488.jpg

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:39
>>715
わかったぞ!
>>713はドラえもん体系で勘違いされてるんだ!

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:39
スタッフはその恐怖におののいた・・・
アダモちゃんが崖から飛び込むのを沖から船で撮影していたカメラがあったのだが、その映
像には海面から生え出す無数のチンコが映っているのである!!
結局実際のオンエアではその映像は放送されず、モザイク入りになったという・・・


718 :717<:03/04/05 16:00
おめーマジでしょーもない。そこまでしょーもない事恥ずかしげもなく書ける
ことのほうが怖い。

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 18:16
>>715
かわいいやん

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 19:54
>>715 ああん、もう!

721 :king of 100 stories:03/04/05 20:48
別に怖いというわけではないが、日航機墜落事故の話その2・・・

明石家さんまは当時人気絶頂で、東京での仕事の他、
毎週月曜日の深夜には大阪でラジオ番組を持っていた。
いつもは羽田―伊丹の日航123便を利用していたんだけれど、
その日8月12日に限って、さんまは東京での仕事が長引いて飛行機を利用できず、
急遽東京駅発の新幹線で大阪へ移動したらしい。
そして大阪について自分が乗るはずだった日航機の墜落事故を知る・・・

その深夜番組は事故の詳細を伝えるのが概ねの内容になってしまったが、
それ以後一週間ぐらい、さすがにさんまも憔悴し、TVに出てもうわの空で、
話を滑らせてばかりだった・・・






722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 21:18
なんか、芸能人ネタが続くがそろそろダウンタウンや室井ネタが出て来る悪寒…

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 21:48
>>722
 何故か、二時間以上も前に『身内に起こった怖い話 3話目』に
 誤爆されていたりしてるよ、ダウンタウンネタ…。(ひょっとして本人?)

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 22:19
>>713の話はほんのりどころか洒落にならんほど怖い。
・・・だって自分が人形だという事に気づいてないのだから・・・

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 22:34
>>713
こわいね

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 22:52
よく2chで動物愛誤粘着厨の書きこみがあるんですが、もしかして憑かれてるんですか?

2chの神秘です。

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 22:53
十年ほど前のこと。
深夜、男二人で荷物満載の1BOXバンで中央自動車道上り線を走ってました。
で、燃料が乏しくなってきたので、談合坂SAで給油しました。
代金を支払い、駐車スペースに駐めました。
その後、二人でトイレへ行って戻ってきました。
ほぼ同時に、運転席側と助手席側のドアを開けたときのことです。
後ろのシートから、
「はやかったね」
と、男の声が。
二人で顔を見合わせ、後ろに目をやると荷物満載で、人が入れるところはありません。
急いでいたため、そのまま出発しました。

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:25
>726それによく絡ンでる香具師もかなり粘着さんだらけ。
傍から見ると同じ。



729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:45
>728
オレが行く板では書き込み見たこと無い。うーんほんのり。

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 01:37
留守電が入っていたのだが、、、延々と続くBEEP音。FAXの音ならまだしも。。。

731 :ベア ◆39biq780cE :03/04/06 05:27
俺は人の隅でうずくまった。
怖い。

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 05:39
>>727
談合坂SA、上がりも下りも良く寄るので怖い。
どちらも綺麗だし、食事も美味しいのに。

733 :まさる:03/04/06 05:42
今日、中2の妹にセックスさせてと言ったら
成人するまで待てと言われました。
なぜでしょうか?

734 :まさる:03/04/06 05:57
誤爆スマソ

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:02
>>734がほんのり怖い

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:14
>733
そのくらいになれば、おまいさんにも分別が付いていると思ったんだろうよ。
若しくは兄の対象年齢を熟知していて、そこまで逃げ切れば安全だと思っているか。

737 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 10:54
オカルトとは別の趣味の人が喜びそうな話なんだが、私的には
ほんのり怖かったので・・・。

姉の職場の若い女の子が話していたという話です。又聞きでスマソ。
@合コンで知り合った男数人に、「送っていくよ」と言われて、友達と
 2人で車に乗ったら、山の中に連れて行かれて、「やらせるかくわえ
 なかったら、ここに置いていく」と言われたので、全員分くわえた。
A家族と兄弟の彼女達と一緒に飲み会をしたら、お兄ちゃんが酔っぱらい
 過ぎて、自分の彼女と間違えて、妹とセクースしちゃった。

ほんのり怖いのは、「あるあるそういう話〜」という答えが返ってくる
と思って話していたということ。周り全員が「ねーよ!」って言ったそうで
ヨカターよ。
どっちも犯罪じゃ・・・?

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 11:34
>737
@犯罪
A事故

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 12:02
>>736
最近の中学生は頭が良くなったんだなw

740 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/06 13:46
中学の時の文化祭での劇の名前・・・ネズの木の話。
登場人物は・・・
母親と父親と養子の主人公と妹で
内容は、なんか母親が主人公にムカついていて、ある日、
「りんごが入っている箱からりんごをとって来い」
と母親が言う。
実はその箱にはりんごを取ると斧が降ってきて、首がとれる。
案の定 主人公は首が飛ぶわけだが・・・・
母親は自分が殺したことを隠すため、首と胴体を包帯でぐるぐる巻きにして、
くっつけて、椅子に座らせた。
妹が帰ってきて、りんごを食べて、自分の部屋に行こうとしたら、
主人公が椅子に座っていたので、「お兄ちゃんはリンゴ食べないの?」と腕を引っ張ると
椅子が倒れて、首がもげて転がってしまう。
妹は泣きながら「お兄ちゃんを私が殺しちゃった」と母親に言う。
母親は「じゃあ見つからないように首と胴体だけあの木の下に埋めておいで」という
妹は従い、母親は主人公の手足を鍋で煮て晩御飯に出した。
妹は知っていて食べなかったが、仕事から帰ってきた父親は
「なんてご馳走だ」と笑いながら食べる。(完食)
次の日の朝、主人公の家からはずれた町に緑色の鳥(かなりでかい)があらわれ、
とても奇妙な歌を歌う。

To be continued the next story.

741 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/06 13:51
This story is >>740 rast.

その歌とは、
「おかあさんが〜僕を殺し〜♪お父さんが〜僕を食べた〜♪
妹のマルレーンが僕の骨を残らず拾い〜絹に包んでネズの木の↓にうめてくれた〜♪」

その歌に影響された人たちが、カマと鎖と土管をもってくる。
鳥はその人達に「お礼にこれをageよう」とその鳥は自分の羽をあげる。

その頃、主人公の家では母親が高熱を出し、寝ていた。
そのときあの歌が聞こえ、母親はおかしくなる。
突然、ネズの木からカマが降ってきて母親の手足が跳び、身動きが取れなくなったとき
鎖が跳んだ手足をしばり、土管のなかに胴体と手足を入れ、逆さまにして地中に埋める。

そこであの鳥が「おかあさんと〜ぼくは〜いつでも〜なかよし〜♪」

これで話は終わり。
いっておくが、これは中学校での文化祭の出し物の話。
かなり過激な劇になったw
まず首は風船に仮面をかぶせ、飛び散る血は炭酸水を赤く染め、本番前によ〜〜く振っておいた。
カマと鎖は本物を用意、地中に埋めるシーンはわざわざグランドの砂を用意。
骨はプラスチックの人体模型。
この劇の最中にちっちゃい女の子や男の子は泣き出し、血が飛び散るシーンでは最前列の人が叫んだw
残酷な話だし、この出し物が、シンデレラの後で、男の子の話の前
だったこともあり、吐く奴もいた。
そのあと、主役と母親役が3日の間学校に来なかった。


この話はノンフィクションです。
-~-~ Fin ~-~-

742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 13:55
わかっていると思うがこの話で一番後味悪いのはこの劇を文化祭でやることにした
クラス担任だな。

743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:01
厨房の時に夜、塾へ行く途中に前から自転車がきた
車のライトに照らされたら、その自転車の人は鼻血を
出しながら笑って走っていった。失禁するところだったよ。

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:03
喧嘩し終わってかなり爽快だったのだろう
または激しく思い出し笑いすぎて鼻の毛細血管が知らないうちに切れた。

745 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:36
>>743
仕事が忙しくて深夜残業を連荘してた頃、
帰宅途中に自転車で走っていて、
気持ち悪くなって咳き込んだらそのままゲロしたことある。
自転車に乗ってても上手くゲロできるもんだなぁと、
妙な関心してしまったのを思い出した。

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:37
>>741
文化祭の劇なんて退屈なもんだとばかり思っていたが、
そんな過激な劇なら見てみたい

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:51
>>741
rastってネタ?
それともホントに低学歴?

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:01
英語覚えたてて、使いたくてしょうがないんでしょ。

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:04
文法もおかしいしな、短文なのに。

750 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/06 15:16
>>746->>749
日本人が英語使えなくてなにがわるい!!

と、自分の心に問いかけてみる

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:22
使えないのは悪くないが、使えないなら無理して使うなということだよ。

752 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:35
>>750
使えないなら使うな。使いたいなら、せめてもうちょっとはまともな文を書け、恥ずかしい。
めちゃめちゃなんだよ・・・リアル小学生?中学生のはずはない、まさかそんなことはないよな?

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:54
じゃあネタってことで。
一件落着。

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 16:06
さすが日曜日の昼時
リアルタイムに進んで面白い

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 17:54
春休みは楽しいな〜


756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 18:10
娘が生まれたので、義母がベビーベッドを中古で買ってくれた。
で、それが家に来てからというものの、突然MDラジカセの電源が入ったり
電気スタンドが点いたり、おかしな現象が多発した。
結局、気味が悪いので売り飛ばした。
それ以来、平和だ・・・。

あーいう物は、中古で買うものじゃないね。

757 :かえる。 ◆Wire/B.VOY :03/04/06 18:48
過去にあった金縛り、見たっぽい話を…その1

初めての金縛りは実家ででした。
窓とかドアとかが正面むいてる(通り道になれそうな)場所は
ヤヴァイと聞いたことがありましたが、
その晩、わたしは窓と窓に挟まれてるような所で寝ていました。

夜中にふと体が強張ってる感覚で目が覚め、
「金縛り??」と思いました。

でも疲れからや、うつ伏せで寝ているとそういう状態になるということは
聞いていたので、その類だろうと思い、また寝ようと思った途端。

突然、腰の部分に人がしがみついているような感覚に。
うつ伏せで見えるはずもないのに、荒れた老人のような手が
つかんでいるのまで見えました。

そしてそのまままるでジェットコースターで下るくらいなスピードで
落ちる感覚というか、引っ張られる感覚がして、
必死でもがきました。

もがいた結果、金縛りが解け、慌てて階下の両親の寝室に。

翌日考えてみると引っ張られた方角は鬼門の方角。

ちょと怖かったです。

758 :かえる。 ◆Wire/B.VOY :03/04/06 18:53
その2。

これも実家であった話です。

その初めての体験以降、その位置には布団を敷かないことに決めたわたしは、
頭を押し入れ(西側)、足をまた別の窓側(東)に向けて寝るようにしていました。

そしてまた初回同様、急に強張った感じになり目が覚めました。
今回はあお向けでした。

そして、布団の周りをグルグルと回る子供たちの足だけが見え、
こわいーーーーーーーと思った瞬間。

なぜか透明?な蠍のようなものが布団の中に潜り込んできて、
そのまま失神したようになってしまいました。

これと同じ体験はその後、もう一度だけありました。

759 :かえる。 ◆Wire/B.VOY :03/04/06 20:02
スレストなんで。その3。

これは当時付き合ってたカレの部屋に泊まった時の話。

カレの右側に寝ていたわたしがやはりなぜか夜中に目を覚まし
目撃?したのは左側のカレのそのまた左に
横たわる女性。

むこうがすけてるのですが、あごくらいの辺りで
切りそろえたボブカットに
白い着物?えっと和服詳しくないのですが、
着物の下に着るようなもののような感じでした。
襟の部分が赤く、
なんて言うんでしたか、
右手を自分の右耳の辺りにもっていき、
肘をまげてる体勢。

そして、空いている左手で自分の髪を手ですいているのです。

わたしが気付いたことに気付かれてわたしの隣りに横たわれたら怖いので
(カレには申し訳ないが)
目を急いで閉じて見てない見てないと自分に言い聞かせました。

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:26
>>759
添い寝されてたんですね。

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 01:27
疲労による幻覚又は、夢と現実の区別がつかなる症状です。
浅い眠りの時に起きやすい。
夢での感触は現実と全く同じなので注意が必要です。
例えば夢で殴られたら同じ痛みに相当するものを感じます。
夢で足をつかまれても、現実と全く同じ感触があるわけです。


762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 10:45
小4くらいのとき、マンコが穴だなんて思いもしなかった。
が、年の離れた兄貴のいるMは「ヤッターマンコーヒーライター」
などという言葉を知っているいわば勇者的存在であった。
で、穴があることを知った俺たちだが、どうしてもそれが信じられない。
で、むしろ逆にガキであることを利用して調べようと思った。
ターゲットは音楽の教師である。美人だった。
今にして思えば20歳くらいだったのではないだろうか。
短大出てすぐだったように思う。
実行はいたって単純。ガキ特有のカンチョーというあれである。
あれを前に突き刺すというのだ。
ガキなら許されるであろうという勝手な発想だが、
たしかにマンコすら知らない奴がほとんどだったからナイスな判断だったろう。
で、実行はMだった。
Mはなんの躊躇もなくやった。
思い切り。
思い切ってやっちゃいかんだろ、と思った。なぜにおまえはフルパワーなのだ、と。
音楽教師は泣いた。20歳前後という年齢を考えればギャグでもきつい。
ガキからすれば大人だったのだが、今思うと娘だ。
むしろ、処女だった可能性すらある。すまん先生。
が、Mも泣いていた。
両手人差し指骨折だった。第2関節より下で折れていた。
もろに刺さったんだと感心した。やはり勇者だ。
しかも、救急隊員に、マンコに指が刺さって折れましたと泣きながら事情を説明していた。
あの姿も相当かっこよかった。

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 10:49
せんせい (;´д⊂

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 12:18
>>762
俺、大喜び。あんたおもしれーな。

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 12:25
いやコピペ

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 12:31
>>762はコピペ。コピペはコピペって書いとけ油デブ。
>>763>>764藻前等も反省汁!

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 15:07
>>766
そんな怒るなよ・…
もう笑いすぎて死にそう。

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 16:00
電車で登校中、何気なく座席に腰を下ろしたところ向かいの席の男が何か呟いている。

「絶対違う。絶対違う。絶対違う。(エンドレス)」

半時間以上その状態ですた。恐かったんだよ…

769 :かえる。 ◆Wire/B.VOY :03/04/07 20:03
では、も一つ。金縛りネタ。
これは高校時代の男友達の身に起きたことです。

冬でこたつに入っていたA君。
カレの前にはカレのお父さまが。

と、突然、A君は体も動かせない、声も出せない状況に。
必死で向かいに座るお父さまに目で訴えるが…










「なんだよ、じろじろ見やがって、気持ちわりぃーなぁ」
と、冷たい言葉が返ってきました。


落ちが弱くてすみません。でも実話です。
その後、動けるようになったA君とお父様が喧嘩したのは言うまでもありません。


770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:13
つまらない話だけどな。@

今日、電車での出来事。

目つきの悪い中年男が、おもむろに持っていた新聞(因みに産経)を開いたかと思うと、
新聞の折込広告を座席に敷いて折れの隣に座ったんだ。
それから、新聞を読み始めたのだが、読んだページを何故か2つに破いて座席のスペース
に置いていくんだ。

次に、ジャージの懐から白い広告で丁寧に包まれた長方形(縦10cm×横40cm×幅1pくらい)
の物体を取り出し、背もたれと男のケツの間に隙間に置いた。重量もそれなりにありそうだ。

771 :770:03/04/07 20:15
ほんとつまんない話だけどなA

そして、男には更にもう一つの所持品があった。半透明のビニール袋なんだが、
これを床に置いていた。折れは何と無しに透けて見える袋の中身を見た。
それは札束だった。ゆうに1000万はあったと思う。

「おいおい無用心なやっちゃなー。ひったくられるで。」とベタなことを
思ってたのだが、何となくいやーな雰囲気を感じたので、係わり合いにならない様に
することに決めた。

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:16
ついさっきのことです。
仕事も終わり、マンションに戻ってみると、オートロックの入口がオートオープンになっていた。。


何度鍵をかけても自動で開いちゃうんですけど、、、、
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン


773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:22
オトロしいね

774 :770:03/04/07 20:24
とにかくB

男は突然立ち上がったかと思うと、俺の対面に移動した(電車は始めからガラガラだった)。
そして、俺の隣に座った時と同様に、順序良く広告を座席に敷き新聞紙を傍らに置いて座った。

気になるのはビニール袋だ。それはまだ折れの隣に置いたままだった。
男は新聞を広げて読みふけっている。ビニール袋の札束なんて忘れてしまったかのようだ。

折れは「こりゃ、停車中にダッシュして置き引きしたら余裕でパクれるな」と思ったが、
根が小心者だし若くもあり、また捕まりたくもないので、なるべく札束のことを考えない様にして、
折れの横にある窓から隣の車両の風景を眺める事に専念した。

 

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:39
終わり?

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:41
>>759
彼が、の女性を後ろから突いていた最中だったのです。

777 :770:03/04/07 20:42
メモ帳で書けば良かった。終わらないC

折れは横目で男をチラチラ見ていたのだが、相変わらず男は新聞に夢中で
こちらから顔は見えない。

だが、電車がトンネルに入り車内が暗くなった瞬間、突き刺すような視線を感じた。
男は窓ガラスを鏡代わりにして、新聞ではなく折れを睨んでいたのだ。

男と窓ガラスを透して目が合った。折れはこんなにも殺意に満ちた目を見た事がない。
折れはすぐに窓から目をそらして男を直視した。

男は例の包装された長方形の物体を背中越しに掴んでいた。
男が手に力をいれた為か包みが変形し、それに「柄」があることが解った。



778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:53
小刀とか??・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:54
先日、終電間際の快速電車で。
私のすぐ前で、私に背を向けて立っていた若い男性、突然
びくっと小さく体を震わせ、急にくるっとこちらを向いた。
私と目が合い、2、3秒見つめあったあと
なにやら口を動かして喋ったが、電車の音に消されて声は聞こえなかった。
思わず「え?どうしました?具合が悪いの?」と言ったが
首を小さく左右に振り、次の駅に着くまでじっとうつむいて動かなかった。



780 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:00
「や・ら・な・い・か」

781 :新谷さん。 ◆fol93NnSzA :03/04/07 21:02
痴漢と間違われたのよ。男の人は「やめてください」って言ってたのかも。
私もそういう経験があるわ…。

それよりも770さんの話の続きが速く読みたいわ!

782 :770:03/04/07 21:05
これで最後D

柄の部分の逆の端を見ると微妙に鋭角だった。
「もしかして、これって出刃包丁ちゃうん!?」
折れはパニくった。まだ男の視線を感じていた。

・・・そのまま1分程(折れには1hにも思えたが)経過し電車が駅に着いた。
折れの目的地ではなかったが、ダッシュで下車し改札口方向に足早に向かった。

とりあえずホッとして後ろを振り向くと、ちょうど奴が降りてくる所だった。

「折れを捕まえて殺す気だ(そん時は本当にそう思った)」

一目散に再度ダッシュ、そのまま駅を出た。
男はそれ以上は追ってこなかった様だ(でも今にして冷静に考えれば
折れを追ってたんじゃなく単に「鈍行」に乗り換える為に降りた可能性が大)。
あの男は一体なんだったのだろう。

PS:今にして思えば切符代が無駄になった事が一番悔やまれる・゚・(つД`)・゚・



783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:16
シーザーサナダ・新谷

784 :ふにゃ ◆kJOq8Zhosg :03/04/07 21:26
会社の重要書類と鍵を持って帰ってきた…。
もう戻しに行くのも面倒だし、って自宅でコナンを見てたら次長から電話が!
マジでガクブルもんだった…


785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:50
>>770
((((; ゚Д゚))))ガクガクブルブル
まじで怖い。たまたま電車で隣になった男に殺意を感じるとは。
なんか、都会の闇の部分を見せられたって感じがする。
その札束も本物ならきれいな金ではないんだろーな
ほんと、無事でよかったですね。

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:24
>>770を試していたのか。w

札束をパクったら刺されたな。
逆に何もしなかったので電車を降りて>>770に「や ら な い か ?」と言おうとした・・・と?


787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:26
その札束に手をかけた瞬間に刺そうと思ってたんだよ。

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 00:59
>男と窓ガラスを透して目が合った。折れはこんなにも殺意に満ちた目を見た事がない

ここ、ちょっと「走る取的」っぽいね。

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 01:15
ねたですたぁ 楽しかった?


790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 01:42
別に・・・

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 01:58
>>790
本音言っちゃダメー

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 02:45
>>740-742
あー、それ
本当は怖いグリム童話2だかに載ってたな。
……それをやろうといいだす担任もだが、
止めないお前らもほんのり怖ェ。

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 05:26
夜、こたつで寝ていて「そろそろベッドで寝よう。」と思い、廊下にでた。深夜一時。
すると足下に冷たい感覚・・・・。
廊下が濡れていた。
ひょっとして幽霊かもと冷静に思いつつ、そのへんを歩き回る。
すると風呂場のほうから濡れていることが発覚。下水があふれたとか?
とりあえず行ってみると洗濯機のまわりもびっしょり。
犯人は壊れた洗濯機でした。

買い換えだ。そしてなにげにスレ違い。

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 05:31
もひとつ。駅で電車を待っていると、隣りに若い女性が並んだ。
手には黒いスポーツバッグ。小さめ。
ふと、女性がバッグを置いてどこかへ消えた。

なにげにバッグを見ると南京錠がついている。普通のバッグなのに。あやしい。
ひょっとして爆弾?と思ってビクビクしていると、女性がもどってきた。
そして何事もなく電車に乗り、降りていった。

・゚・(つД`)・゚・またもスレ違い。

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 05:53
>>793-794
日記は日記帳に書け。

796 :>>793-794 :03/04/08 06:02
>>795
すみません。

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 06:19
>>793
> 廊下が濡れていた。
> ひょっとして幽霊かもと冷静に思いつつ、

ここで真っ先に幽霊と冷静に思うあんたが、
ほんのりじゃなく怖い。


798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 06:32
うむ。幽霊と思ってる時点で冷静ではないな。

799 :1/4:03/04/08 16:47
帰省をした時の話。
工業系の営業もどきな仕事をしている友人S。
ある時、飲んでいた時に、己に相談を持ち掛けた。
「会社の事務所で子供が煩いんだよな・・・」
「会社で子供・・・・・・会社の人の子供さん?」
「んん?。どうだろ?。
 話を聞くとそうじゃないかな、ってことらしいんだけど。」
「わかんないのか?」
「ああ、小学校が終わるだろ?。
 その下校くらいの時間に事務所に来て、
 オレの机の隣とかに居たりするんだけど、
 他の人に確認する間もなく別のトコに行っちゃうからさ」
「別の・・・・・・ソイツ等も煩いだろうに?」
「うん。営業1課とかの事務所の方とかに行ってる時があって、
 いいのかなぁ、と思う時があるけど。
 営業1課って海外とかのハードな奴等だから神経ボロボロだし、余裕無いし。」
「へぇ。そしたら、怒鳴られたりするだろうから、子供もすぐに行かなくなるんじゃ?」
「いや、気付かれないからな。」
「・・・・・・・・・煩いんじゃ、無かったのか?」
「あぁ、うん。オレは煩いよ。
 直ぐ横で覗き込まれたり、笑われたり、
 ふざけて、どんっ!って腰にぶつかったりするし。
 こっちは、急ぎの書類を上げてるのにな(溜息)」
「・・・・・・・・・営業1課の奴等にはしないのか?」
「いや、してるよ。」
「・・・・・・・・・なんで気付かないんだ?」
「いやぁ・・・その子供に気付いてるの、オレともう一人、
 ちょっと話を聞いた、その人くらいだもん」
己は、運ばれてきた、ほっけ焼きを解体しつつ、Sに頷いた。
「成る程・・・・・・・・・・・・・。」

800 :2/4:03/04/08 16:50
「S君よ。それは己に相談しても仕方が無い、って言わんか?」
霊感ゼロを自負している己は、とりあえず確認する前に言った。
話の途中からしきりに顔の左側を気にしているSは左目を擦りながら
「あ、いや。んで、相談はこれから」
「・・・ほう?」
流石、慣れている人間は違う。ここまでは状況説明か。
「その子供がさ、ちょっと前からオレが気付いてるのに、気付いたみたいなんだよね。」
「・・・他人の不幸ながら、マズイな」
「んで、遊ぼう、って言う機会を何となく、狙ってる気がするんだわ。 
 っていうか、そのもう一人の人に聞いたら、明らかに声を掛けようといろいろ伺ってるらしいし。」
その人の席は向かいらしい。つまり、子供の様子は丸見え。
「・・・・・・お前は、気付かなかったのか?」
「何となく、嫌な予感がしたから、その子供が近づいてきそうな感覚がしたら、席を立って、別の所に行ってた。」
「追いかけてまでは来ないのか」
「うん。何だか、一定の決まった所でしか動けないみたいでさ。事務所の受付ンとこと、
 オレの居る事務所、それから繋がった、営業1課の事務所・・・ぐらいだったかな。」
「・・・・・・何かいわれがあるんだろうな。多分。」
「そうだろうね。でも、一々、聞いて回る訳にもいかんし。」
「そうか。しかし、お前の机を他の部屋に移動できる訳でもないだろうしな。
 話し掛けられるのは時間の問題か」
「・・・・・・イキナリ、相談したい所をさっくりと切り捨てないでくれ・・・。」
「しかし、その机で仕事してる以上、離れられん事もあるだろう?」
「ある。」
「やっぱり、時間の問題だ」
「・・・・・・だから、相談してるんじゃないか」
「・・・この際だから、話し掛けられてしまうのは仕方ないとして、その後の対処・・・・・・目にゴミでも?」
Sは、しつこく左目をごしごしと擦っていた
「あ、いや、すまん。なんか左の視界にちらちらゴミが浮いてるような気がするんだ。」
己はその時、珍しく霊感というか、囁きじみたものを感じて、Sに聞いた。
「・・・・・・・・・子供が覗き込んでくるのって、お前の左後ろからじゃないか?」
「・・・・・・・・あっ。」
左目を擦っていたSが、呆然と、その手を止めた。

801 :3/4:03/04/08 16:51
「確かに、いつも見てるのは左目・・・ってか左の視界。」
己も話している時に何故かその子供がSの向かって右側(つまりSの左後方)から
覗き込んでいるイメージで話しを進めていた。
「・・・まあ、オレのはきっと、Sが左目をさっきから気にしてるから何となく、
 気のせいで、だろう。暗示みたいな感じでな。」
「・・・・・・ゴミみたいなのって・・・・・・」
「・・・・・・左目、気を付けろよ」
「・・・だから、相談してるのに・・・」
「だから、何で己に相談かね?。まだ、Dとかのが霊感あるだろ?」
共通の友人でSほどではないが霊感があるらしいDという友人が居た。
彼の方が適任だろう。
「いや、その・・・まあ、Dにも相談するけどさ」
「己に相談しても好転しないと思うが・・・・・・
 アドバイスとしては、話し掛けられても無視するのが良いじゃ?、ぐらいしか。
 そういうのって、大体、下手に相手をすると纏わりつかれて。という・・・」
「やぱ、そう思うか?」
Sは憂鬱そうな顔でうめくように言った。
「てか、霊感無い人間にはそれくらいしか言えんだろう?」
「・・・まあ、いいや。おっちゃん(己の仲間内の呼ばれ方)に話ができたし・・・・・・」
この時の、Sの言葉は普段合わない己に怪談話のネタとして、この話題を振れたの

で、まあ、いいや。
と、思っているのだろう、という程度にしか考えたなかった。


802 :4/4:03/04/08 17:20
帰省も終わり、関東に戻ってある程度時間が過ぎた。Sの話はすっかり忘れていた。
メールをチェックしていると、Sからのメールが届いていた。

工場へ行った時に、ガス漏れ(というか噴出)事故があり、それに巻き込まれて、左目をやられた

という話だった。
その内容を見た時に、一瞬、ほっ、とした感覚があった。不謹慎だとは思わなかった。
取りあえず、メールでは「死ななくて良かったな」と、励ましの返信を出して、次の帰郷の時に、また飲みながら話しをした。
「・・・そう言えば、めでたく、左目を。」
「ああ、うん。」
その時は、もう、完治していて眼帯も何もしていなかったSが曖昧に笑った。
「失明しなくて良かったなぁ」
「っていうか、死ななくて良かったよ。」
言うしても大袈裟か。と思って話を詳しく聞くと、そのガスというのがかなりケミカルな劇薬で
(工場においてあるような物なので当たり前と言えば当たり前)
目の粘膜から吸収された量だけでも致死量に成る可能性もあったのだと。
「へぇ・・それで、良く失明しなかったな?」
「いやあ、運が良かったのか・・・・・・・」
Sは曖昧に酒を飲むと己を見て笑った。
「・・・おっちゃんに話をしたから、耐性が出来てたんじゃないかと。」
「・・・・・・どういうことでい?」
「ガス、浴びちまう時、一瞬、子供の声がしたんだよ。小さい、女の子の笑い声。
反射的にそっちを振り返ろうとしたんだけど、おっちゃんと話、したの思い出して振り返るの堪えたんだわ。」
Sは自分の左後ろに手を翳すと
「そしたら、そっちから、ぶわっ、ってな具合にガスが。」
「・・・・・・振り返ってたら、直撃?」
「うん。多分。いやあ、洒落にならん感じだった。脂汗でまくりだったし。」
このSの感想を聞いた時、不謹慎にも思わず、失明しかけた、とのSのメールを見て、
ほっとした訳が解ったような気がした。
その時出した、返信通りの心持ちだったのだ。
「死ななくて良かったな」と。

803 :蛇足/4:03/04/08 17:22
その後、Sに話を聞くと、その子供は相変わらず居るらしいが、
もう、Sには構わなくなったとの事。
それからも、Sは時折、自分がやばそうな体験をすると、己に話をする。
大体、話の内容が中々に深刻なので、笑って怖い話が聞けるからいいや、と構えてられない。
Sよ。霊感がある人間が、霊感ゼロの人間に霊障の相談をするな。
前例があるだけに、こっちは、怖くて仕方が無いぞ。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 17:58
うーん 読ませるねぇ (((;゚д゚)))ガクガクブルブル
自作にも期待してまつ

805 :デパートな男:03/04/08 19:20
何年か前、気の弱そうな作業服のおっちゃんがヨレヨレの財布に
万札パンパンに入れてやたら買い物してた。
おれが案内していたのだが、見ると小指が無い。
ヤクザには見えないよなーと思ってたらおっちゃん上機嫌で
機械で指落としちゃったら、労災やら保険やらで100万以上
手に入った。こんなんだったら働くの馬鹿らしーね。のような事を
言ってきた。ちょっと電波混じりみたいだったので適当に愛想笑いして
接客してすっかり忘れてたんだけど・・
先日、足引きずりながらやたらガンガン買い物している客に呼ばれて
手伝ってあげたら、あのおっちゃんでした。
指は両手とも親指と人指し指しか無く目も火傷のようにただれていた。
でも上着の各ポケットには札束が無造作に入っていてそれで買い物。

・・・人間がコワイヨー

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 19:45
ぜんぜんほんのりじゃない・・・ 怖い!!
もはや駄目人間の領域をもぶっちぎってる

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 19:50
駄目人間というか、詐欺だよね。

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 20:20
>>807
ハイリスクハイリターン

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 20:23
>>808
いくらなんでも赤字だろ

810 :業務連絡:03/04/08 20:48
↓このスレに鬼が出ました。

【同人系】相武紗季【大型新人】
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/girls/1047533215/l50

96 :萌える名無し画像 :03/04/07 13:02 ID:Y+Y8ue/i
このスレって
一人ものすごく彼女が好きな人がいて
その人がずっと保全してるだけなんだね

というカキコから始まって、それからひたすらカキコを続けてらっしゃいます。
睡眠をとってる様子もアリマセン。 (前日ID:Y+Y8ue/i=今日ID:x/ftwPgf)

なんだかスゴイです。楽しくってしょうがないです☆
皆さんもお誘いあわせの上、是非いらっしゃってください。カシコ


811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 21:09
>>810
おまい・・・・本人だろ?w 哀れだな・・

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 21:41
>>810
実にスレタイ通りのレスありがとう

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 21:55
>>805
知り合いが仕事中事故にあい、脚の付け根を骨折。
労災と生命保険でサーフを新車で買ったよ。
骨折が直ってもまともに歩けなくなったけどね。

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 00:25
>>810
化粧板のヤシだな?
あっちこっちでご苦労様。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 00:33
>>792
マザーグースのほうでない?

816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 00:36
>>805
DQNも神の領域に入るとオーラが出てくるな w

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 01:03
>>814
化粧版って・…???
これ化粧とは全く違うんじゃないの?
アタシもさっき兆度化粧板(アルディープ?)のを
後味悪いスレでぜんぶみたばっかりなので。
そのことかなと思った。ぜんぜん勘違いだったらすみません。
でもあれはおもしろかった。

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 01:09
>>817
つまり、>>810=アルディープスレのリンクはった奴だろうって事。
=817ってことか。

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 14:13
817です。どうでも良いんですが違いますてば。
(後味悪い話とほんコワは超お気に入りで毎日のように読む。)
814さんと趣味が同じと言うことか?
もしかして、死んでしまった人との最後のコミュニケーションとか
貴方の側の犯罪者とか、エニグマスレとか見まつか?
家系にまつわる怖い話って好きだったなぁ。


820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:15
オカルトでもなんでもないけどすごーくトラウマになってる話

小学校の時、みんなでスケートリンクに遊びに行ったのさ
みんなはじめてなんでよちよちと滑ってるわけです
その横をちょっと悪そうないけすかない感じのおにいさんがすいすいと滑っていくんだわ
「ガキはどけ!」なんて怒鳴られたよ

そのおにいさんが何周目かしてまた近づいてきたとき・・・・・・
転んだのよ、そのおにいさん。氷のくぼみかなんかに刃をとられたんだろうな
つぎの瞬間・・・・・・・・・・・・・・

後ろを滑ってたおじさんがおにいさんの手を轢いちゃったんだよおおおおおおおおおおおお
みちゃったのよ、おもいきり。手の上をスケート靴が通過するのを・・・・・・
みしっ、とも、ぐちゃっ、とも、めりめりとも聞こえるいやーな音も聞いちゃったよ。

当然おにいさんは絶叫してる、あたりは血の海、大パニックさ
ぼくらはみんな次の瞬間リンクをあとにしてた。あんなもの見せられたらこれからすべろうなんて誰も思うものか。
以来、ぼくらはだれもスケートリンクに行ってない。スケート競技のテレビ中継も見ない。
だってこわいもん

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:18
>>820
俺はスケートをやるときはいっつもそういうことあるかもと思うけど、
やっぱ実際にあるんだな。

822 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:30
>>820
おー、こわぁ。
つうか、痛い・・・。

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:50
俺が轢いたオサーンだったら、119番電話する振りするか、
救急箱持ってくる振りしてそ〜〜っと逃げる。

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:56
轢き逃げw

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 00:01
昔、田舎の小学校に通ってるころの話。

通学路の途中の竹やぶの傍らに、お地蔵さんが安置されていました。
花やお供えものも時折見かける、何の変哲もないごくごくふつーのお地蔵さんでした。

が、

なぜか、そのお地蔵さんの土台?(足元辺り)にはひどく稚拙なつくりの石の人形の
首だけがポツンと置かれていたのでした。
凛としながらも穏やかな表情をたたえるお地蔵さんとは対照的に、彫刻としてのバランスを欠き
やたら目だけが大きく、無表情あるいは虚ろといった印象でした。
大きさはほんの握りこぶしほどで、うっかりすると見過ごしてしまいそうなほどでした。
ちょうど、お地蔵さんの陰からひょいとこちらを覗いてる…あたかもそんな感じに置いてあるか
のようで、小学生だった私たちには「怖い場所」のひとつでした。

もっとも、何年もそこを通っていながら、気がつかなかった人も居たわけですが。
とにかく、悪童たちでさえもちょっかいを出したがらない特別な場所であったわけです。


826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 00:02
件の石の首が怖がられた理由のひとつが次のような噂(あるいは小学校に代々伝わる伝説か?)
でした。

曰く、石の首の後ろには恐ろしい別の顔が彫ってあり、その顔を見た者は呪われ、
そのときから石の後ろの顔は、それを見た者の顔に変わる・・・云々

田舎の小学校には珍しい転校騒動が起こった時も
転校していった○○はそれを見たらしいとか、見たから転校する事になったとか、
後ろの顔は○○が叫び声をあげる恐怖の表情になっているとか、いい加減な噂も飛びました。

時がたち、今になっても石像の由来はついに聞く事はありませんでした。
「そこ」が何かいわくのある場所であるという話もありませんでした。


それでも

私は今でもこの石像が怖いです。
二度と見る事はないでしょうが。

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 01:18
>>823
無理でしょう。目撃者多すぎ。

小学生のときそんな恐ろしい光景を見てしまっては
トラウマになるでしょうな。ガクガクブルブル

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 01:46
特に日本人は事勿れ主義者が多いので、
案外見つからないものです。
交通事故のような物なら別だけど、
スノボで小学生にぶつかって、怪我をさせてそのまま逃げた人がいますが、
混雑したスキー場にもかかわらず結局誰も止めず、
その小学生は植物状態となり、加害者は闇の中。
そんな事件がこの冬ありましたね。


829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 01:56
梅流にとって蔵馬はもうアニメや漫画の世界の架空の人物と言う存在ではありません。
ただのミーハー的なファンじゃなく・・ひとりの人間として、ひとりの男性として
本当に心から愛しています。こんなこと言ったらおかしいって思われるかも
しれませんがたとえ相手が誰であろうと人を愛する気持ちは何ひとつ変わらないと思います。
蔵馬に出逢い、好きになって梅流は人を愛することの本当の意味を知りました

■関連URL■
メルタンと蔵馬の愛のサイト
ttp://kohakufox.cool.ne.jp/

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 01:59
>825
子供にとっての恐怖って、現実ですよね。
「いいかげんな噂だろう」と頭では分かっていても、
いつのまにか想像のほうが現実より大きくなってしまう…。


831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 02:00
そうそう
下手に首突っ込んで面倒に事に成るのは嫌だしね

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 02:58
ちょっとおっちょこちょいで、噂の好きなC子さんが僕に話し掛けてきました。
「ねえねえ知ってる!?この学校の7不思議なんだけど!」
「へえー、知らない。どんなの?」
「あのね!ひとつ目は、夜中に音楽室のピアノが勝手になるの!」
「…うちの学校、ピアノないじゃん」

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 05:09
俺、厨房のころにスケートリンクでこけて、
右人さし指をひき逃げ(笑)されたよ。
切断はしなかったけど、ぱっくりいった。
何よりも恐かったのは、
救急車で病院に行ったんだけど、
待ち合い室で他の病人に混じって小一時間程待たされたこと(笑)。
意識が朦朧として来て、死ぬかもって思った。
まぁ何針か縫ってなおったけど。

820の言ってるのが自分だったら鬱だ(笑)。

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 10:03
>>820 >>833
ご出身はどちらでつか?

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 10:58
消防の頃スケートリンクの氷の中に50円玉が埋まってるのをハケーン!
喜んで掘り返したさ!
もう50円玉ゲト!ズサーー!って感じで。
でもその掘り返した穴に誰かつまずいて事故ってたら鬱だ・・・

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 11:10
>>820 >>833 >>835
ご出身はどちらでつか?

837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 16:10
私もスケートリンクでひき逃げされたけど相手が自分と同じくらいの消防だったんで
無傷だったな。手袋は大事だわ、やっぱ。

私は関西出身ですよ。

838 :835:03/04/10 16:29
何処のリンク掘ったかハッキリ覚えてない。
東海3県の何処かでつ

839 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 17:03
潮の流れが早い有名釣り場にて。
釣り人の竿に流れてきた人間の死体がひっかかった事件があった。
釣り人は「巻いてる時・・動いてましたよ・・」って周りに駆けつけた人達に
言ってたらしいです。

840 :JT ◆2S3JsLpDAQ :03/04/10 18:28
こないだテレビでやってた富士の樹海で首吊り死体を
発見しちゃうホームビデオは恐かったね。凄く臨場感が伝わったよ。

841 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:08
担任の先生から聞いた話
先生が中学の時、教室で仲の良い5人まとまって昼食の弁当を
食べていたときのこと。
冗談を言い合ってバカ笑いしながら食べていると、
「おまえ、弁当にうどんいれてんの?吹き出した時、
鼻からちょっと出たぞ。ハハハ」
指差されたヤツを見ると2センチ程鼻からうどんが出てるので、
他の皆も大笑い。
「おっかしいなー、そんなはず無いんだけどなー」とその子が
手鼻をかむ要領でフンッていきばると、そのまま50センチくらいの
白いうどんだと思っていたものが床に落ち、
そこから教室をはいずり回ったのです。教室は阿鼻叫喚に、、、
そうです、うどんに見えたのはギョウ虫(サナダムシ?)
だったのです。
先生はそれ以来、うどんが口に出来ないそうです、、、

                  私も出来なくナリマスタ。





842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:17
今外から「ウウー」って音が聞こえた。
いつもなら車か何かの音かと思うんだろうけど、このスレ見てたんでちょっとこわかった.
そんな今日この頃。

843 :833:03/04/10 19:25
横浜出身です。
スレ違いスマソ。
820のトラウマじゃない事を切に願う。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:52
>>841
回虫だろうな。
しかし激しく鬱な話だ

845 :業務連絡:03/04/10 19:55
鬼は千まで頑張りました。怖かったです。

【同人系】相武紗季【大型新人】
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/girls/1047533215/l50

            終     了

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 20:08
>>819
お、同じとこにいますなあ。
常駐はかっぱさんとこですが。


847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 20:15
>833
あなたは『ちょっと悪そうないけすかない感じのおにいさん』だったのでつか?

848 :820:03/04/10 20:26
東海出身です・・・・・
掘ったんだ・・・・

849 :走り屋:03/04/11 01:14
1週間ほど前に私が体験した話です

その日、私は遊びに行った帰りに一人で中央高速を走っていました。
時間はもう深夜で周りには走っている車もほとんどいなく、私は快調に車を飛ばしていました。
そして、それは車が相模湖インター付近を走っているときにおこりました。
知ってる人も多いかと思いますが、中央高速の相模湖インター付近には
事故の名所と呼ばれている場所があります。
1ヶ所、とてもカーブのきつい場所があり、
飛ばしすぎた車がよく曲がりきれずに事故を起こしてしまう、
というような話だったと思います。
そして私の車がそのあたりを通過していたとき、
ふと私の車の後ろに一台の車が走っているのに気付きました。
私はその車を見た瞬間、場所のせいもあったでしょうけど
何とも言えないような嫌な感じがしました。
その車はいやに車高の低い車で、色は真っ黒なんですが、
それだけじゃなく、なんとなく暗くて不気味な感じのする車でした。
なんて言うんでしょう。なんかその車の周りだけなんか光が弱くて暗い感じがしたんです。
まあ、きっとヘッドライトの光がちょっと弱いんだろう、と私は無理矢理納得し、
気を紛らわすためにCDの音量を上げ、アクセルを踏んでちょっとスピードを上げました。
早くその場を離れて引き離してしまおうという気持ちも少しあったと思います。
しかしその車はピッタリと私の車の後ろをついてきました。
引き離すどころか少しづつ距離が縮まっているような気がします。
私はさらにスピードをあげました。

続きます

850 :走り屋:03/04/11 01:21
しかしかなりスピードを上げたはずなのに一向に車間距離が広がる気配はありませんでした。
ふと、そういえば運転してる人はどんな奴なんだろう?と思い、
ルームミラーでその車の中を見ようとしましたが、
暗いせいもあり、運転席の中はよく見えませんでした。
そうこうしてるうちに、どんどん車間距離が縮まってその車が私の車に徐々に接近してきました。
すると近づくにつれ、なんとなく車の中がボンヤリと見えてくるようになりました。
そして運転席の中がなんとなく確認できるようになった瞬間、私は戦慄しました。
なんとその車の運転席には誰も乗っていなかったんです!
ルームミラーには運転席のシートだけが写っていました。
そんな馬鹿な・・・!!!
私は怖くなり、さらにアクセルを踏みスピードを上げました。
しかし何故かその車を引き離すことはできません。
それどころかさらにどんどん近づいてきます。
そしてとうとう、その車は私の車のすぐ後ろにまで接近してきてしまいました。
・・・そのとき私は気付きました。
運転席は誰も乗っていないのですが、助手席の方には何か影のようなものがいるのです。
「・・・まさか・・・幽霊か!!??」
私はもう恐怖でその車を見ないようにしようとするのですが、
何故かその影のようなものから目を離すことは出来ませんでした。
そして・・・私は見てしまったんです。

続きます

851 :走り屋:03/04/11 01:26
その車が私の車の直後にまでせまったとき、
私はその影が人間の形をしていることがわかりました。
しかし顔は暗くてよく見えません。
帽子をかぶっているようにも見えました。
着ているものはよくわかりませんが、なんとなく黒っぽいトレーナーのようなものに見えました。
なんてことはありません。
その助手席に乗っている人影はその車の運転手だったんです。
そうです。単にその車はアメ車で左ハンドルだったというだけでした。
直後、その車は車線変更して私の後ろを離れ、
となりの車線から私の車を追いぬいていきました。

その後、私はとくに事故を目撃することも起こすこともせず、
無事に家に辿り着きました。

糸冬

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:30
こういうオチの読める話は勿体ぶらずにさくっと書いた方がよいよ。

1時23分の時点で何度外車って書こうかと思ったことか。

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:36
左ハンドルだったって落ちなら ヤツの仕業だ

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 02:09
外車の話 外車の話 

855 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 04:15
オチが単純だったな。

856 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 05:17
そういうのは 笑える怖い話のスレへいって書けよ。
で、馬鹿にされて来い。

857 : ◆HWEqDERTTc :03/04/11 05:19


858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 05:24
で?

859 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 10:07

なんか最近「ほんのりと怖い」っていう意味を忘れていないですか?

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:07
夜中にトイレで用を足していると何やら視線を感じ、窓の方へ目をやると 眼鏡をかけた太めの中年らしい男が覗いていた。凍りついたが、覗きと気付き大声をあげた次の瞬間気付いた… 俺の部屋は5階で窓の外は足場もない…

男の幽霊にのぞかれた俺…

861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:30
やらないか と

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:30
いい男専用しおり
_____________________________________________________________________
   | │                   〈   !
   | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
  ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
 | | /ヽ!        |            |ヽ i !
 ヽ {  |           !           |ノ  /
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                    ここまであまさず読んだ


863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:30
“シャレにならない”ほどではないけど、なんかちょっと怖い話。
実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり……
他スレガイシュツOK、都市伝説OK、何でもOK!ほんのりマターリヒヤーリと……

↑ これを忘れてる人ならいるね。
ただでさえ書き込みが少ないっつうのに「つまんない」っていう感想をわざわざ
書き込む馬鹿が。お前の感想なんてどうでもいいのよ
無駄レス読まされる立場にもなってほしいsage

864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:44
金縛りの類は気のせいだと済ましている私だが、ある時
「あ、金縛りだ」と感じた瞬間、イタチのような小動物が
向こうの部屋から小走りに近ってきた。なんだ?と思う間もなく、
動けない私の喉元に小さな身体を躍らせ噛み付いて来た時は、怖かった

865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 12:00
↑ つまんない

866 :1/2:03/04/11 12:56
今住んでるアパートに引っ越してきて、しばらくたった頃。
失意の転居だったせいか、毎日気持ちが不安定だった。
そのせいか、毎晩あまり寝られなくて、何度も何度も夜中に
目が覚めて…なんてことが続いた。

そんなある夜、ふと目を覚ましたら居間のドア付近で何か気配がする。
誰かドアを開けて入ってきて、そこから寝ているあたしを見ているような。
あたしは目をつぶったままなんだけれど、確実に気配を感じた。
「気のせい。気のせい。疲れてるだけ。」そう自分に言い聞かせた。

だけどそれから、その気配を一晩おきぐらいに感じた。
余計寝られない日が続く。

そしてある日、また気配がした。
誰もいるはずのないドアを開け、またこちらを見ている。
ドアに背を向けた状態で横になっていたあたしは
思い切って、その気配を見てやろうと体の向きをそちらへ変えた。

867 :2/2:03/04/11 12:57
目に入ってきたのは、
紺のチェックの部屋着を着て、長い髪を下ろして
首を少し右に傾けこちらを見ている女だった。

そのとき、気づいた。
女はあたしがその日着ていた部屋着と同じものを着ていることに。
そしてなにより、
その女自体が、あたし本人だったのだ。
あたしを毎晩怖がらせて、苦しめていたのは、自分自身だった。

それっきり、真夜中に何かの気配に起こされることはなくなった。

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:08
↑ わかんない



869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:13
865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/11 12:00
↑ つまんない
868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/11 13:08
↑ わかんない

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:13


871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:08
ある夏の日の朝5:00ころ。
普段はこんな時間に目を覚ますことないのに何故か目が覚めた。
薄っすらと明りが差し込め、外からは雀の鳴き声が聞こえる。
しかし、よーく耳をすますとどこからともなくお経が聞こえてくる。
どこかの家にお寺さんが来てるのかな?とも思ったが、こんな朝早くから??
そう思うとぞっとした。
結局金縛りになったわけでもなく、その正体はわからずじまい。

実家にて、彼女と事をしようとしてた時のこと。
○ー○○の枕もとに男の人が立ってるよ。
こらぁ、いきなり怖いこというんじゃない・・・。

872 :ふかわ:03/04/11 14:15
「アホ男」(実話)

 アパートに一人暮らしをしています。 まじめな俺は部屋で音楽を聞くときはヘッドホンをして、
テレビも出来るだけ小さい音にして観るなど、両隣の住人に迷惑をかけないようにしています。 
俺の部屋の右隣の住人も同じタイプの人らしく、迷惑になるような騒音が聞こえてくることはほと
んどありません。

 しかし、左隣の住人は180度反対の性格の男だったのです。 まずなによりうるさいのが足音。
アパートの階段を上がってくる音が異常にでかい。 ものすごいデブなのかと思っていたが、いつ
か自分の部屋のベランダから、そいつが帰ってくるのをチラッと見たことがあったが、見かけは普
通のサラリーマンでやせ気味だった。 なんであんなやつが? もっとヤンキーみたいなやつかと
思ってた俺は少し驚いた。

ドン、ドン、ドン、ドン!と階段をあがってきて、さらにすごいのがドアを閉める音。 なにかよっ
ぽど嫌なことがあったのか?と思うほど、ドッッッ、バターーーン! と毎回閉める。 早朝であ
ろうと夜中であろうと関係ない。
友達を大勢連れてきて騒ぐ(またその友達がやっぱりかなりのアホ)、洗濯は毎日夜中の1時過ぎ、
あるときは、夜中にベースをアンプにつなげて弾いてたもんだから、さすがの俺も我慢できなくて
速攻ピンポーン! で、少し間があった後でインターフォンの向こうに、「...はい...」 俺はか
なりむかついてけど、出来るだけ冷静に「夜中に楽器弾くのやめてもらえます!?」  すると
「...すいません...」 で俺は、「お願いしますよ!」 と、とても大人の対応をして、以後彼は
ベースを弾くことはなくなりました。 それ以外は相変わらずだったけど。

873 :ふかわ:03/04/11 14:16
 ある晩熟睡してたら、隣のアホが友達を大勢連れてきたらしく、騒いでる声で目がさめてしまった。
月曜の夜中2時。当然次の日も会社。 さすがにむかついて、ベッドの中で「うるせー!!!」と
怒鳴り、近くにあった灰皿か何かを壁に投げました。 効果はかなりあったらしく、一気に静かに
なり、その後も話し声は聞こえるもののひそひそ声になっていました。 
翌日の昼休み、アパートの管理会社に注意してもらおうと電話しました。 今までのいきさつや、隣
のアホ男の馬鹿ぶりを話していると、すんなり「わかりました。電話してみますね。」と言ってくれ
たので、俺は安心してそれからを過ごしましたとさ。めでたし、めでたし。 


とはならなかった。 それからもアホ男は同じ行動をとり続けました。 1週間後くらいにまた管理
会社に電話しました。 担当者に、「ぜんぜん改善されてないんですけど! なんて言ったんですか
?」 と苦情を言ったところ、驚くことを言われた。  「えっ? 204号(右隣)じゃなくて、
202号(左隣)のこと言ってるんですか? 今は誰も入ってないんですけど...。 もしかしたらホ
ームレスが勝手に入ってるなんてことないですか?」 と逆に聞かれてしまった。 でも俺はスーツ
姿のアホ男を見てるし、声だってわかる。 顔はよく見えなかったけど、よくいるタイプの顔に見え
た。 確かに毎日帰ってくるわけじゃないみたいだけど、そんなに頻繁にホームレスがくるか? 来
るわけねーだろ! とか思いながらも、担当者はとりあえず調べてみますみたいな、そっけない返事
しかしてくれないので、俺は自分で調べようと思った。 

874 :ふかわ:03/04/11 14:17
アパートのベランダなんて、薄い板切れ一枚でふさいでいるだけ。 体をベランダから乗り出せば、
隣の部屋なんていくらでも見られると、俺はアホ男の部屋をベランダから覗いた。 が、、、

自分の目が信じられなかった。 本当に誰も住んでいなかったのだ。 カーテンの代わりに紙のよう
なものがかけてあるが、隙間があって中は見えた。 しかしただのがらんどうなのだ。 あきらかに
誰も住んでいないのは明白だった。 しかも、いつもベランダから聞こえてきた洗濯機のスイッチを
入れたときに聞こえる音(ちょっとしたメロディーが流れる)を出していたはずの洗濯機がない。
かたずけた跡もない。  頭の中がパニックだった。 俺が友達と自分の部屋で飲んでたときに、ア
ホ男が帰ってきて、一連の騒音を友達に説明しながら酒を飲んだこともあった。 でも、現実に隣に
は人が住んでる気配はない...少なくとも人は住んでいない。 

さすがにその日は友達の家に行き泊めてもらいました。 週末だったので連泊させてもらい、友達と
いろいろ話し合った結果、近所のヤンキーがたまに来てたむろってたか、ホームレスか、その他って
ことで納得しました。 で、昨日帰ってきました。 まだ昼間なのでアホ男は帰ってきません。 夜
になったら帰ってくるのでしょうか。 またあの洗濯機の音が聞こえたら、今度は写真でも取ってみ
ようかなと思っています。

今住んでいるアパートは安くて場所も良いのに人が入らないんですよ。 10部屋くらいあるうちの
半分くらいが空いてるんじゃないかな。 夜帰ってくると、アパートのどの部屋からも光が出てない
ときってしょっちゅうですしね。 ちなみに、アホ男の部屋に面してる部屋は、俺の部屋以外全て空
いています。 まぁ、でも家賃とか場所とか考えたら、引っ越すほどたいした問題じゃないなって思
ってます。  アホ男、今度騒いだらマジでぶっとばす!




875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:17
がんがって継続レポート望む。
しかし怒ると静かにするなんて、幽霊だとしたら慎み深い香具師だな。

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:21
神経質な人って怖いね

877 :1/2:03/04/11 15:26
短くて、地味な話。

帰省時、実家に帰っていた頃。連休も初日の夕暮れ時。
その日休みだったSに付合って貰い、実家での服を買ったその帰り。
助手席に座ってSと適当な話をしていた。ふと、車道に目を落とすと黒い何かが転がっている。
「あ。」
「・・あ。」
己が声を上げ、ほんの少し遅れてSの声がして、車が大きく蛇行した。
それを避けるつもりだったのだろう。
同時に、ぐわらん、という感じで嫌に大きく車が跳ねた。
何かに乗り上げたように。
「うをっ。」
横Gに軽く踏ん張って体勢を戻す。
素早く振り返って、離れるその黒い物を確認しようとした。
俗に言う黄昏時で物の明暗がつきがたくなっており、それは上手く見る事が出来なかった。
捻って背後に乗り出していた体を戻しつつ。
「いやあ。今のは、何かヤバかったんちゃうか?」
と、Sを見るとSが左腕をだらり、と下げ、何かに引きずられるように身体を曲げながら、
右腕一本で車を運転している。
「・・・今ので、何か、落ちたか?。己がひろお」
「いや。何にも、落ちてない・・・・・・。」
一応言ってみただけの言葉には予想通りの返事が返ってきた。
車がゆらり、と左に曲がる。
「・・・・・・っとぉ。」
直ぐに、ハンドルが切られ、戻った。
Sを見ると、もはやハンドルにふせるようにして運転している。
左に左にと、小刻みに車が揺れた。
「く・・・・・おっちゃん(己の事)、ゴメン、悪いけど、左肩、叩いてくれッ」
「左肩?」
「そう、強く、バシッ、と」
「・・・・・・気合入れてのが、良いんだろな」
「お願い。」

878 :2/2:03/04/11 15:27
そんなことはやった事は無かったが、Sの言わんとしている事は解った。
TVなどで良く、お祓いする時などに見る、あの叩き方を真似てみる。
ひゅっ、と小さく息を詰めて、強めに左肩を三度叩いた。

バン、バン、バン

叩き終わると、同時にSは背筋を伸ばし、ふぅ、と息を吐いた。
左腕を軽く振りながら、ハンドルを握り直して車を安定させる。
「大丈夫か?・・・・・・・・・猫?」
「いや・・・・・わかんない。ホントは何も無かったかも。」
「何かに乗り上げたよな?」
「猫に乗り上げた程度じゃ、あんなに大きく揺れないと思わん?」
「・・・・・・経験が無いからワカラン。」
「おっちゃんが、声を上げたから、何?、と思って見たら、すぐ、ああ、ヤバイ、って分かってさ。
 せめて踏まない様に、って避けたつもりだったんだけどなぁ。
 あれだけ、避けたのに駄目だったし。」
「・・・・・・・・・追い越し車線に突っ込んでたな。」
「いやあ、そしたら、案の定。左肩から先が動かないわ、身体と車は左側に引っ張られるわ。」
「それでフラフラしてたか」
「うん。・・・多分、人じゃあ、無いと思うんだけど。あの高さだと、そう、かなぁ・・・・・・・・。」
Sは最後に己が敢えて確認しなかったことをさらりと言った。
仕方が無いので追求してみると、ここまで引っ張られたりしたのは始めてだが、”揺れる”ことは良くあるらしい。
「・・・・・・犬とか猫だと、もうちょっと揺れが小さいけどね。」
だから今のは、犬、猫じゃないと思う。Sは自分の前言を吟味するように、最後にそう付け加えた。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:32
ピアノの音がうるさくて殺人事件を思い出すな。

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:04
>>877
ちょっと待て、おまえらまじで人ひいたんじゃないか?
俺も車道で倒れてる人間ひきそうになったことある。
自転車に乗った酔っ払いが自分で転んでそのまま寝ていたようだ。
歩道に引きずって、すぐ警察に連絡したぞ。

881 :G:03/04/11 16:09
わしも何となく肩を三回バンバンバンってやる時がある。もの凄く気が小さいので。
それではわしの話を...

部屋で寝ていると、突然金縛りにあった。
よくある事なので冷静でいたつもりだったが、体に異変がおきた。

口を大きく開けて歯をカチーンカチーンとしている自分がいる。(何これ。)
意思とは反して勝手に口が動いている。
(寝ぼけて歯軋りをしているのか)と考えたけれど、歯軋りではない!
口以外動かない..完全に目が覚めた。本当に意識ははっきりしている。

カチーンカチーンカチンカチンカチン...カチカチカチ....

リズムがどんどん早くなる。(やばい絶対やばい!!)

その瞬間、黒いセーターを着たおじいさんが部屋の中にスーっと現れた。
そして、私の妙な口の動きが止まった。おじいさんには恐怖は感じなかった。
全く知らない人でしたが。

しばらくして気配がなくなったので、
電気を点けて一服して眠った。ほんのり怖かったというか謎だな。

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:44
いいよ!こういう流れ!

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:03
人なんて50億以上いるんだ。
たかだか一人殺したくらい、気にスンナ

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:08
っていうか死んでないよ その人
だってこうやって書き込んでるし

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:13
883がいいこと言った

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:18
>>883>>885
のような考えがほんのり怖いぞ。
ってことでいいのか?このスレ的には・・・。

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:25
>>883
今一瞬あなたの顔がラムズフェルドに見えました。

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 19:40
↑ それ気のせい

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 20:47
>>883
お前を頃しても気にしなくてもいいでつか?




























と、新聞屋のおっさんが言った。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 21:41
↑ 他人が言った事にするようなヘタレは氏ね。

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 22:13
すぐ氏ねって言う奴が氏んでくれ。

892 : ◆MZE8PCD5tA :03/04/11 22:15
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1038969803/898

893 : ◆WBRXcNtpf. :03/04/11 22:18
ということで、みんな逝っていいよ

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:06
>>881さんのカチーンカチカチ
俺も最近それと同じことなった

以前に金縛りが多かったけど、そのときはいつも目つぶってるのに非常にハッキリした夢を見るんです。
以前家で飼ってた犬が突然現れて何かに吠えて金縛りがとけるってパターンも多いんだけど、そのカチカチなったときも
夢でその犬が出てきてね。
でも、なんか怒ってて生前の何倍もの大きさでトラみたいに大きくなって牙をむいてスンゴイ形相になってた。
可愛がってた犬なんで「なんで怒ってるんだろう?」と思いつつ
会えた嬉しさで飛びついて顔をスリスリしてたんです、俺がね。
で、そこで目が覚めたんだけど起きても夢の中と同じスリスリ状態。
意識ははっきりしてるのに布団にスリスリしてるのが止まらない
よ〜やくおさまったと思ったらクチがパクパク勝手に動いてて何かしゃべってる感じが30分くらい続いた。
同じく「何これ!」と思ったけどまったく止まらなくて歯がカチンカチンいうばかり。なんというか、入れ歯のお年寄りがお経となえてるような感じでした。
その後はなにも見えたりしなかったので>>881さんとまったく同じではないけど
他にもなった方がいることを知ってちょっと安心しましたよ

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:27
>>866-867
シューベルトの影法師を連想しました。
辛いと言うか切ないと言うか。今は大丈夫なら良いですけど・・・。

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 00:00
夜中に目が覚めたら、ジャロジーを開けたままだったみたいで
ブラインドが風でシャラシャラ音を立てていた。
「窓閉めなくちゃ・・・」とブラインドを上げたら窓の外に男の人の顔が見えた。
暗い中に顔だけぼんやり光ったみたいで変なの・・・・ていうか、
ここ4階なんですけど???
寝ぼけていたから一瞬気づくのが遅れたけど、ぞっとした途端に、その人がニヤーって笑った。
怖くなって窓閉めて、布団被ってガタガタ震えながら眠った。



っていう夢を見ました。ホントに怖かったよー(w
あんなにガクガクブルブルな夢を見たのは久々でした

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 00:04
夢じゃねーよ

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 00:38
酔っぱらって長文が読めない

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:32
>>898
怖っ・・・

900 : ◆mYxqU/4ODI :03/04/12 06:43
ふぅ・・・で、アホ男は帰ってきたのかな?

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 09:14
>>896
ジャロジーってなんのことか分からずに調べちまったよ…

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 11:31
>>901 俺も始めて聞いた・・・鬱

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 11:42
(・∀・)ジャロジッ!!

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 11:48
うちの風呂の窓ってジャロジー窓って呼ぶんだ・・・。
知らずに10年も住んでた。

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 11:50
今朝、階下から名前を呼ばれてビックリして跳ね起きた。
しかし夫は隣でまだすやすや快眠中、ここはマンションでロフトもない。
(よーするに内階段でつながった階下はない)
だれに呼ばれたんだろう。
五時から起こさないで欲しかったな。

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 11:51
勉強になるね、2ちゃんねる


ジャロジーマンセー!!!!

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 12:04
>>896
正夢になるかも...

908 :896:03/04/12 12:25
ジャロジーってわかりにくかったみたいですね、スマソ。
全開だと外が見えるけど、閉めてると見えないわけで「ガラス窓」とちょっと感じが違うのです。


909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 14:07
ガラスが横割りの数枚の短冊になってて、
レバーまわすとそれぞれが回転して開閉できるってやつでつね。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 14:15
ジャロジーの窓なのに、どしてブラインドするのかと小一時間・・・。

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:24
ジャロジー風呂?

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:28
921 名前:水先案名無い人 本日の投稿:03/04/12 04:29 ID:OtHgSsSe
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1039597069/558-561

913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:45
血液検査で針を抜いた瞬間血が噴き出た

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:45
ちゆ12歳ポータルは今どうなっているんですか?
http://tiyu.jp


915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 22:37
今郵便受けの中にラベルなしののビデオテープが入ってるのを発見した。

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 22:42
>>915
ガレッジセールが来たんじゃないの?
笑わないと死んじゃうよ(w

917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 23:45
>915
貞子だよ貞子

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 23:54
>915
エロビデオだよエロビデオ

919 :915:03/04/13 00:47
ガクガクしながら確認した。
(リングのダビング映像とか入ってたらイタズラでも怖い)

中身hchgcdszcfghcvmcなdmんヴぃk、ぅ

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 01:42
>>919
どんなエロビデオだった?

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 01:49
>>920
業者の宣伝かとも思ったけど
その辺にあるような普通のモザイク入りの日本人のエロビデオ。


謎だらけ。

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 01:57
915は女?男?
女だったら、それを入れたのは男で、915がそのビデオを見た時の反応を想像してオナニーしてるんだろう。ストーカー。
男だったら、それを入れたのは男で、915がそのビデオを見て915がチンコを硬くしてるのを想像してオナニーしてるんだろう。ホモ。

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 01:57
友達に「おい!エロビデオ返せよ!ちゃんとポストに入れといただろ!」
と言われてうろたえてる915の弟

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:01
>>915
ああ それ、後で勝手に開けたって事で料金の請求がくるやつだよ。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:03
>>924
そんなんあるんか・・・。
ヤクザな世界だな。

926 :エロビデオにはご注意を:03/04/13 02:04
知り合いの女性もエロビデオらしきものを投函された。
それだけでなく、その時に在宅の気配を覚られて
いやらしいことを言いながら、部屋に侵入して来ようとしたらしい。
彼女は恐ろしく、て戸締まりを確認することしかできなかったそうだ。

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:09
ぐふふふふ 綺麗な女を見ると、その女が泣き叫んでる姿を見たくてたまらねえ。

928 :915:03/04/13 02:22
女だけど…ハァハァするならもっと過激なのキボンヌ。

>>924
剥き身で入ってたんですけど…。ケースもパンフもなんにもなし。
>>926
一人暮らしではないんですが…気をつけます。

ちなみにポストはアパートの入り口なんで、ランダムに入れたのか間違ったのかも。

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:26
↑ 過激なのって、例えばどんなの?

930 :915:03/04/13 02:28
>>929
モザイクがでかすぎるんですコレ。
女もマグロだし。

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:29
>>930
じゃ、あんたがやってみれば?

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:30
え? 女なら女の状態なんてあんまり見ないんで無い?

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:33
>>932
女は自分を出演してる女に置き換えて見るんだよ・・・

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:33
>>931
だったらおまえがやれ。
ごーどん。
まどん。
げりきるどん。
おまえなんて、さんどんだ。
よろこべまぐろ。
きせいちゅう。

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:33
>>933
そうなんだ・・・

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:34
んふあああああああああ

とか言って逝く奴→935

937 :915:03/04/13 02:36
この女の子あんまり気持ち良くないのかしらとか思ってしまいました。
作業っぽくて…。

いや、内容は別にどうでもいいんですけど。中身確認したらもう見ないし。
捨てていいものなのやら思案中。

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:37
もう、そういうこと止めませんか?

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:37
>>936
ナニソレ

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:38
>>938
あんたダレ?

941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:39
とっとと捨てちまえば?


942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:39
ていうか普通捨てるだろ。
よっぽど抜けるのなら別だが、そうでなきゃ誰が入れたのか知らんモン
いつまでも持っとくのも気味悪い。

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:41
でもまあ、確かにモザイクのデカイAVは萎えるな

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:44
万が一何かされた時証拠になるから、しばらくは捨てない方がいいと思うよ

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:59
>>934
斜め読みだね。


 −
  ん

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 20:26
そろそろ次スレ立てなきゃね。
いつも>1に文句言ってる香具師、今度は自分でスレ立てたら?

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 20:29
今日街を歩いていたら向こう側から小学生達が
「めちゃめちゃワラタ!」
「めちゃめちゃワラタ!」
とか言いながら走っていました。日本の未来はどうなるのだろう。

948 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 20:35
イヤイヤ
おれなんて
「人妻っていいよね」
って二人組みの小学生が言ってたの聞いたんやでー
ちなみに戸塚ストリートで マジデ

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 20:57
近いな。
俺にも人妻きぼn(ry

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 22:20
そういう名前のお菓子じゃないのか?

「ひとつつまんで」

「人妻で」

なんか似てるだろう?

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 22:43
>>950
ありえなくもないが
当時、人妻好きでもなかったオレが聞き間違えるとも思えん

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 22:54
学校の帰り歩いてたら、すれ違った小学生が
A「どうする?ケンカだし自転車で突っ込むのもアリだな・・・」
B「自転車使うの?まぁ、ケンカだしね」
とか喋ってた。
『おいおい「まぁ、ケンカだし」って怖いな。』と思いつつ家へ。
家に着いてから近くのコンビニへ買い物に行った。
さっき喋ってた小学生数人が、他の小学生とデッカイ木の棒で殴り合ってた。
小学生は、ほんのり怖い。

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 01:51
>>952
とめろよ!

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 01:55
新スレたててきます

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 02:05
丑三つ時にたてました
新スレ↓
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1050253293/

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 02:07
>954
行ってらっしゃい。

>952
まず「うつるんです」等でその場を数枚撮影する。
同時に「動くな!学校と家にちくるぞ!」と脅して足止め。
その後両者の間に割って入って棒は取り上げ素手での再試合誘導で決め!
・・・までやったら金八の世界だったのに。上の二行は演出ね。

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 02:08
あげ

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 02:23
>>852
けんかなんて、健康的でいいじゃんよ。

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 03:11
>>952
将来有望なDQN候補やね

960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 05:05
実家に住んでた頃、夜中の3時くらいになるとよく鈴の音と犬のハァハァとゆう
息遣いが外から聞こえてきた。家の周りは道路と畑なのだが2階の部屋から
見回しても何処にもいない。何だったのかはいまだに不明。

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 05:06
投票日 .. 4/14(Mon) 00:24[1095]

昼過ぎに近所の小学校へ都知事選の投票に行く。今回は候補者が少なかったです
な。ドクター中松はもはや立候補が趣味なんでしょうか。ところでそのあと怖い話
が。うちの妻も同行していたが、道を自転車で走行していると、道行く子供が「3人
来るよ〜」という。その母親が「2人でしょ」。その直後に寄ったとある商店で食品
など物色していると、我々のそばで買い物をしていた女性が、こちらが身に覚えが
ないのに「あら、ごめんなさい!」という。「いまぶつかったでしょ」「え、ぶつ
かってませんが…」。なんか我々、誰か連れて歩いてたのか…???


962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 14:33
>>961
ドクター中松がジャンプしながらついてきてました。

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 15:16
↑ クソつまんねー

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 00:10
>>963
何がくそつまんねーんだよ。
まじならすっぱりあきらめな。
あたまにかにがいるよ。
るーちんだ。るーちん。
てめーがもんすいもん書けよ。
たにんまかせか。
げろりん。

965 :962:03/04/15 01:19
書いた本人もつまんねーとおもた。
1000近いんだからまたりいこ〜よ。

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 18:37
埋め上げ

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 21:36
>>964 てどこかの方言?
なんかほんのり怖い。

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 21:47
数年前のこと。
近所の公園で自殺があった。
何で死ぬことを選んだんだろうなぁとか考えてたら

さみしかったの。

と、頭の中に女の人の声が聞こえた。

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 22:10
>>968
君と一緒だからもうさみしくないね。

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 00:35
   
   ひゃぁ〜

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 08:35
朝日新聞によると、
15日開かれた道路関係4公団民営化推進委員会に提出された資料
から、日本道路公団のお抱え運転手がファミリー企業に660人おり、
1人当たりの委託料は月額69万円で総額は年間55億円に上ることが
判明した。

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 08:43
誤記部李ほいほいが頭にくっついた。
1年くらいかえてなかったのでゴキブリだらけだった。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

973 :堕天使:03/04/16 13:00
http://life.fam.cx/

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 20:51
このスレなかなか埋まらんな。

誰もいないことだし、歌でも歌うか。

♪いむぁは もー 動かニャい おズィーさんの時計〜

てか?

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 21:19
90年動かずに

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 21:21
>>975
100年だよ。





と、つっこんででもネタを提供したくなるほど、ネタがないスレですなぁ。

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 21:37
英語のやつは90年だよ。




と、言ってみたのね。んあ〜。

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 21:59
>>977 語呂の問題だすな

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 22:40
「おじいさんの時計」は実話を元にしてるんだそうだ。
ある双子の老兄弟が経営するホテルがあって、
そこの大時計は十分古かったのにもかかわらず、きわめて正確だった。
ところが、双子の片方が病気で死ぬと、
その日から時計の調子が狂いだした。
そしてもう一人が兄弟の後を追うようにして死んだ時、
時計はぴたりと止まったという。
ホテルは今も続いてるようだ。
なんかほんのりな話ではある。


980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 00:15
よ〜く考えよ〜 おばけは大事だよ〜

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 00:45
おーおーきな のっぽの ふるどけい
おじいーさんがー とけいー

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 04:01
>981
年寄りを尊重しろよ

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 09:05
埋め立て協力

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 09:56
1000
と ら な い か ?

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:00
あと15…

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:17



987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:17


988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:21
ヌ?

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:34
週1ペースで行ってる近所のカラオケボックスで、十数年程前に殺人事件があったらしい。ガクブル

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:44
にゅるぽ

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:45
ご協力ありがとうございました!
ご協力ありがとうございました!
ご協力ありがとうございました!

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:45
ご協力ありがとうございました!
ご協力ありがとうございました!
ご協力ありがとうございました!




993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:47
ぐわしっ

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:48
ほんのりと怖い話スレ、その11

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:54
    彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < 君はよくがんばった!1000をとれ!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/


996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:55
996

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:56
ほんのりと怖い話スレ、その11 でした。

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:56
協力。

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:57
乙。

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 10:57
ご協力ありがとうございました!
ご協力ありがとうございました!
ご協力ありがとうございました!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

295 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)