5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

すいません。

1 :DQNなんで・・。:03/03/16 03:54
自分じゃ調べられないんで、ヒントでも何でも
いいので情報下さい!
埼玉県坂戸市通称一家心中(線対称の家)です。
お願いします!

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:54
(・∀・)チンポー!!

3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:55
初2GET

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:55
鯖落ちてるよな?

5 ::03/03/16 03:56
ッ・・・!!

鬱だ・・・

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:57
うむ。落ちてるぽ・・・

7 ::03/03/16 03:57
>>4
落ちてるな・・・

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:57
>>4
落ちてるよね

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:57
さば落ちとる

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:57
ネコの話見たいのに!
(´・ω・`)

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:59
座敷牢なんて酷すぎるだろ!

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 03:59
ウチのネコ発情期

ネコがうるさい・・・(涙

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:00
みんな1の問いに答えなさいよ

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:00
>>13
単発質問スレに答えるほど暇じゃない
つーか>>1でつか?

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:01
1=13

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:02
ここは今から鯖落ちの為、避難場所も兼ねた雑談スレッドと化しました

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:03
雑談なんかしてないで1の問いに答えてあげなさいよ。

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:03
鯖ー

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:04
>>1>>17
とりあえず寝ろ

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:04
この座敷牢で何をして遊べと?
外の世界が見えてるのに!!!
なにもできない
格子から手を出して触れようとすると
緑色の魚がすごんでおどすんだ
いやだいやだいやだいやだ
お願い外にだしてお願い

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:04
1の問いなんかより鯖をどうにかしなさいよ

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:04
みんなマスドルンの話を聞いてください。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:05
鯖・・・(TдT)

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:05
エクレールかわいいな

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:05
>>1
なんで1はそれを知りたいんだ?

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:06
鯖いつから落ちた?自分はさっきまで見れてたんだけど・・・

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:07
もう寝よっと

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:07
>>27
雑談しようぜ!!

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:07
ウチ実家が坂戸や・・

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:08
1はどこいったんだよ

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:08
>>1
単発立てるな

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:09
今オカ板、10人くらいしか居ないから

なんか連帯感沸かない??

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:10
>>32
そんなに少ないか?

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:10
>>32
そのうち半分は幽霊ですけどね

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:10
やだよ。マスドルンと連帯感なんて

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:11
俺久しぶりに来たんだけど、めっちゃ怖い話をまとめてるサイトとかない?
洒落スレの人は冷笑とかでサイト見られませんですた。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:11
>>33
そんなもんでしょ
>>35
たまには馴れ合いもいいじゃないですか

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:12
>>34
(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:12
うふふ。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:13
おまえはEPOか

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:13
>>34
そんなもんでしょ
住人の半分以上が幽霊さ

>>35
マスドルンも霊さ

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:14
>>39
幽霊キタ━━━ヽ(ヽ(゜ヽ(゜∀ヽ(゜∀゜ヽ(゜∀゜)ノ゜∀゜)ノ∀゜)ノ゜)ノ)ノ━━━!!!!

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:14
個人的には宅配便を届ける話が怖かったな
おまえらはどの話が怖かったのか?

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:15
下の方のスレ見れないね。なんでですか?

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:15
やっぱマイナスドライバーかな。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:15
>>43
それってどんな話?
詳細キボン

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:16
>>42
何だか可愛く見える・・・。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:16
>>44
鯖落ちだ
ここでマターリしていくがいい

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:16
>>43
カシマさん
たまげた話
かな

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:16
俺は深夜零時の怪かなぁ
あれを読んで眠れなくなった!

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:18
呪怨のCMが今、一番(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:18
>48さん
ありがとう。

53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:19
>>51
確かに怖い。

誰か見た人詳細and感想キボンヌ

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:20
>>53
だよね!!
あれは精神的ブラクラですた

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:22
>>46
くわしくは忘れたけど・・・
宅配便を届けようとしてその家に電話したら、なんかおばあさんが
でて、何か(忘れたけど、ちょっとおかしな事)喋る。
で、その家に行ってみるとチャイムを押しても誰も出ない。
もっかい電話したら、やはりおばあさんが出る。
でも実際にその家に行っても誰も出ない。

しばらくしてその家の前を通ったら、家族連れがちょうど帰ってきた
ところだった。
話を聞くと、家には誰もいない、と。
「今開けますねー」という奥さんたちと一緒に家に入ると、中は真っ暗。
腑に落ちないまま荷物を渡し、家を出ようとする。
ふと思いついてもう一度その家に電話をかけてみる。
その家の電話が鳴り出す。
逃げるようにその家を出て、配達に戻る。

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:22
>>53

子供の目が怖い…
しかも白過ぎ…夜中に見るとおしっこチビりそう

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:25
オカ板の住人なら誰か見たと思ってたけど

以外に映画は見ないのかな

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:26
>>55
((;゚Д゚)コワー

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:27
>>55
どうもありがd(=゚ω゚)ノ

自分、宅配業者じゃなくって良かったYO!!


60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:30
そろそろ1の問いに答えなさいよ!

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:31
他にも怖かった話を貼りませんか?

62 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:31
だんだん人が増えてきましたね〜

1は帰ってくるかな?

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:32
ねぇねぇ鯖治ったぽ

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:32
>>1-60
もう良いよその話は・・・

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:32
>>61
おながい
いたこさんところの一人でロッジで目覚める話は怖かったんだけど
さすがに貼れないからね

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:34
>>65
題名分かれば死ぬほどスレで見つけられるかも。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:36
>>65
ゴメン…今の状態ではむりぽ…
鯖落ちてなかったらなぁ…言い出しっぺなのにマジゴメン(;´Д`)

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:37
鯖(・∀・)ナオッタ!

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:37
鯖治ってないかえ?>>67

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:38
よそのスレ行く前に1の問いに答えなさいよ

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:39
今直った

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:41
答える必要なんてないわよ

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:43
このスレいいわっ

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:46
そうね最高よっ

75 :67:03/03/16 04:47
>>69
直ってた!!
では残業でのこわいお話スレから

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/15 18:03
>>127
サービス業ならしてる人いるかも。
でも、ネットできる環境の職場じゃないよね。きっと。

客先の人から聞いた話ですが。
かれが残業で11時過ぎまで会社に残っていた時のこと。
社内には2〜3人、見える範囲の場所に人がいるだけ。
電話が1台チンと鳴り、「こんな時間に誰だろう?」と顔をあげた瞬間
社内の電話20台以上が、内線の呼び出し音で一斉に鳴ったそうです。
鳴ってる時間は1秒位だったのですが、不思議に思いながらも
そのまま仕事を続けたそうです。

夜中に読んだので怖かった・・・

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:47
もっと怖い話を出しなさいよ

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:48
>>75
朝市にはちょうどいい怖さだね

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:49
>>67
なかなか怖いわねっ
その調子でもっと怖い話を出しなさいよ

79 :67:03/03/16 04:50
>>76
ゴメンネ(;´Д`)

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:51
他にももっとコワイ話あるだろう?
他の香具師も出してくれ

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:54
怖い話怖い話〜聞かせてくり〜

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:56
これ見れ
http://thanx2.com/file/.fa10347.wmv


83 :1/3:03/03/16 04:56
865 名前: 853 投稿日: 2001/01/28(日) 23:22

  「カシマさん」見つけた!

みんな一度はきいたことのあるコレを書いときます。
さっきこれを見つけて、シャレにならないくらい怖かったので。。
これで何かあったらここに書いてね。>ALL

時は第二次世界大戦の日本敗戦直後、日本はアメリカ軍の支配下に置かれ各都市では
多くの米兵が行き交う時代でした。
ある夜、地元でも有名な美女(23歳の方)が一人、加古川駅付近を歩いていた時
不幸にも数人の米兵にレイプされその後殺すにも苦しみながら死んでいくのを楽しむため
体の両腕・両足の付け根の部分に銃弾を叩き込み道路上に放置したまま立ち去りました。
瀕死の状態をさまよっていた時、運良くその場を通りがかった地元でも有名な医者に
発見され腐敗していた両腕・両足を切り落とすことを代償に一命を取りとめました。
しかし、自分の美しさにプライドを持っていた女は生きることに希望が持てず国鉄(当時)
加古川線の鉄橋上へ車椅子で散歩につれられているスキをみて車椅子を倒し、両腕・両足
のない体で体をよじらせ鉄橋の上から走ってきた列車へ身投げし自殺しました。
警察、国鉄から多くの方が線路中で肉片の収集をしましたが、不思議なことに首から上の部分の
肉片は全くみつからなっかたとのことです。
しかし時代が時代だったもので数日経過すると、その事件を覚えている者はほとんど居なくなりました。
事件が起こったのは、数ヶ月後のある日です。
朝は元気だった者がなぜか変死を遂げるようになってきました。
それも一軒の家庭で起こるとその近所で事件が起こるといった具合です。
警察も本格的に動き出し、事件が起こった家庭への聞き込みではなぜか共通点がありました。
それは死亡者は必ず、死亡日の朝に「昨日、夜におかしな光を見た」というのです。
実際に当時の新聞にも記載された事件であり加古川市では皆がパニックになりました。
加古川所では事件対策本部がおかれ事件解決に本腰が入りました。



84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 04:56
>>82
さっき見てめちゃびびった

85 :2/3:03/03/16 04:57
866 名前: カシマさん2 投稿日: 2001/01/28(日) 23:24

そこである警察官が事件が起こった家庭を地図上で結んでみると、あることに気がつきました。
なんとその曲線は手足のない、しかも首もない胴体の形になりつつあったのです。
こうなると当然 次はどのあたりの者が事件に遭うか予測がつきます。
そこで前例にあった「光」を見た者は警察に届け出るように住民に知らせました。
やはり、曲線上の家庭では「光」を見たといい死んでいきました。
しかし、実は「光」ではなかったのです。
 死者の死亡日の朝の告白はこうでした「夜、なぜか突然目が覚めました。
するとかすかな光が見え、見ているとそれはますます大きな光となります。
目を凝らしてみると何かが光の中で動いているのが見えます。
物体はだんだん大きくなりこちらへ近づいてきます。
その物体とはなんと、首もない両腕・両足のない血塗れの胴体が肩を左右に動かしながら這ってくる肉片だった。
ますます近づいてくるので怖くて目を閉じました」というのです。
 次からも、その同じ肉片を見た者は必ず死にました。
そこで次は自分だと予想した者が恐ろしさのあまり加古川市と高砂市(隣の市)の間にある鹿島神社(地元では受験前など多くの人が参拝する)でお払いをしてもらいました。
すると「暗闇のむこうに恐ろしい恨みがあなたを狙っているのが見えます。
お払いで拭いきれない恨みです。
どうしようもありません。
唯一貴方を守る手段があるとするならば、夜、肉片が這ってきても絶対目を閉じずに口で鹿島さん、鹿島さん、鹿島さんと3回叫んでこの神社の神を呼びなさい」といわれました。

86 :3/3:03/03/16 04:57
867 名前: カシマさん4 投稿日: 2001/01/28(日) 23:27

その夜、やはり肉片は這ってきましたが恐怖に耐え必死に目を開いて「鹿島さん」を 3回唱えました。
すると肉片はその男の周りをぐるぐる這った後、消えてしまいました。
通常、話はこれで終わりますが、やはり恨みは非常に強く、その男が旅へ出てもその先にて現れました。
その後、その方がどうなったかは知りません。
ただ非常にやっかいなことにこの話は、もし知ってしまうと肉片がいつかはその話を知ってしまった人のところにも現れるということです。
 私(兵庫県出身)が知ったのは、高校時代ですが私の高校ではこの話は人を恐怖に与えるためか、迷信を恐れるためか口に出すことが校則で禁止されました。
皆さんはインターネットで知ったので鹿島さん(地元では幽霊の肉片を鹿島さんと呼ぶ)を見ないことに期待します。
もし現れたら必ず目を閉じず「鹿島さん」を3回唱えてください。・・・・


87 :3/3:03/03/16 05:01
>>82
音割れ激しいわよっ

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:01
>>83
乙です

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:02
見づらいわよっ>私
さあどんどん怖い話を貼りなさいよぉっ

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:04
>>83
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
見なきゃ良かったよ!!
怖いよ!!マジで怖いよママン!!
これ来た人居るの?

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:06
>>90
ついさっき来たわよっ

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:06
>>83
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:07
>>91
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
マジで怖いって!!
ちゃんと消えたの!?
怖い事されなかったの!?

94 :1/2:03/03/16 05:08
>>45
ドライバーの話よっ

907 名前: 関西人 投稿日: 2001/05/09(水) 14:51

今から4年ほど前の今ぐらいの季節の話です。
夜の11時頃、東大阪まで彼女を車で送って、
奈良の自宅へ帰ろうとしていたんですが、
阪奈道路の登り道に入ってすぐちょっと眠気が出てきたため、
空気を入れ換えようと指が出る程度に少し窓を開けました。
平日だったので周りには他の車が走っておらず、とても静かでした。
2,3ヶ月前ににねずみ取りにやられたばかりでそれ以来おとなしく走っていたのですが
この時間で周りに誰もいないし、この道はねずみ取りの場所が決まっていたので
ちょっとアクセルを踏み込んで夜景の見える場所まで飛ばそうと考えました。
何度かカーブを切った後、直線になったのでスピードを緩め、惰力で走っていると
ピチピチピチという音が聞こえてきました。
すぐタイヤに石が挟まった音だと気づき、広くなった場所で車を路肩に寄せて
後輪のあたりをチェックしていると、突然背後から馴れ馴れしく
「どうしたん?」と声をかけられました。
一瞬心臓が飛び出るほどビックリしたんですが、すぐ気を取り直して
相手の顔を見ると、20歳くらいの気の弱そうな青年でした。


95 :2/2:03/03/16 05:09
908 名前: 関西人 投稿日: 2001/05/09(水) 14:52

別に大したことじゃないので内心放って置いてくれと思いましたが
邪険にする理由もないので「タイヤに石が挟まったみたい」というと
すぐ、「これちゃう?」といって彼が指さしたので
そこをみるとけっこう深く石が突き刺さっていました。
手や木の枝では取れそうにないので車に積んでいる工具を出そうとすると
彼はすかさず「これ使い?」とドライバーを差し出してくれました。
すぐ石ころを取ってドライバーを返そうと立ち上がると彼はいつの間にか
車を離れ道の上の方に向かって歩いていました。
「ありがとう!これ!」と結構大きい声で呼んだのですが彼は気づかずに上の方に止めてある
白い車に向かって歩いていき、ドアを開けて乗り込んでしまいました。
車までは60mくらいの距離でしたが僕は自分の車に乗り、
彼の車のそばまでゆっくり寄せようとして唖然となりました。
さっき開けるところを確かに見たのに車にはドアが無いのです。
そればかりか停めてある場所は草むらの中、タイヤもなく窓ガラスもなく
捨てられている車だったのです。もちろん人の気配はありません。
慌てて手に握っているドライバーを見ると手に赤錆が付くような
サビだらけのドライバーでした。
僕は急に怖くなり助手席の窓を開けて草むらへドライバーを投げ捨て車を加速させました。
すると突然耳元で「乗せてってや!」という声が聞こえました。
無我夢中で家までたどり着いたのですが、途中の信号が青だったのか赤だったのか
どの道を通ったのかも覚えていません。
その後身の回りにはおかしなこともなく平穏に過ごしています。
不思議な出来事でした。


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:09
>>90
俺のダチが見たってよ。でも、夢だったかもとも言ってたけどな。

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:10
>>94-95

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:10
>>96
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
もう今晩眠れないよ!!

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:11
>>93
節々が痛むだけよ
唱えたら消えるから平気だわ

>>96
印象が強いと夢にも出るものよ

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:12
あら?マイナスドライバーはこっちねっ

175 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/06/15(木) 12:06

そんなに怖くないのですがきいてください
私がまだ4〜5歳の頃の話です。
当時家には風呂が無く、よく母親と銭湯に行っていました。
まだ小さかったので母と女湯に入っていました。
或る日のこと、身体を洗った後飽きてしまった私は、湯船の
中でプールよろしく遊んでいました。
今迄気付かなかったのですが、湯船の横から階段状になりドア
が付いているんですね(何処もそうなのかも知れません)
私はふとそのドアが気になって段々を昇りドアの前まで行った。
ドアノブの直下に大きな鍵穴があるのです。
ワクワクして覗きました。・・・・・向こう側は何かに覆われて見えない。
なんだ、ツマらない。いったん顔をあげました。
何を思ったかもう一度鍵穴を覗き込んだのです。
ぼんやりとした明かりの中、ボイラーとおぼしき器械が見えました
おわースゴい。夢中になって覗いていました。
ドアの向こうの気配、それとも何かが知らせてくれたのか
突然、私は目を離し身を引いたのです。
そして次の瞬間、鍵穴からはマイナスドライバーの先端が狂ったように
乱舞していました。・・・・・・
私は息を呑みそこを離れ、コワくて母親にさえ話すことが出来ませんでした


101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:13
後日談よっ

子供の私は、あの出来事も速攻で忘れて日々を過ごしていました。
間もなく我が家は引っ越すことになり、家の大掃除した後、あの銭湯に行きました。
私は大掃除で見つけた色々なガラクタを後生大事に持っていったのです。
私は例によって風呂の中で遊んでいるうち、あのドアの鍵穴のことを思い出しました。
しかしあの恐怖を忘れていた私は、ガラクタを入れた洗面器を抱えて鍵穴を覗きに行
ったのでした。また向こう側は何かに覆われて何も見えない。
私はガラクタの中にあった箸を取り出し、おもむろに鍵穴に突っ込んだのでした。
瞬間、ドアの向こうでのドタバタする気配にたじろいだ私は、箸から手を離しました。
箸はブルブル震えながらそのままでしたが、やがてこちら側に落ちてきました。
先から数センチが折れていました。私はまた母親に何も言いませんでした。
その日を最後に、我が家は隣の市へ引っ越して行ったのでした。


102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:13
>>99
でも、奴はちゃんと「かしまさん」って三回となえたら消えたって、消えて安心したら寝ちまったんだってさ。

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:14
>>94
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
これも怖いよう!!
見なきゃ良いのに見ちゃうよう!!

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:14
後日談続きよっ

数年後、小学生の私は、かつて住んでいたあの町に遊びに行きました。
真っ先に子供の社交場でもあった神社の境内に赴きました。
そこに行けば昔の友人達に会えると思ったのです。しかし予想に反し誰も居なかった。
いや、境内の裏の大木の前で、一心不乱に何かをやっている大きな男が居ました。
瞬間、かつての記憶が蘇りました。彼は我々から‘ミッキー’と呼ばれ怖れられていた
青年でした。透明に近いシルバーの髪、兎の様な赤い目、今考えるとアルビノであった
のかも知れません。そして彼は病的に粗暴で、メンコやベーゴマに興じる我々の中に
乱入しては、物を取り上げたり殴りつけたりを繰り返す素性が不明の人物でした。
その彼が目の前に居る。私は金縛りに会ったようになり、話し掛けることも逃げること
も出来なかった。彼は動作を止めると、ゆっくりとこちらを向いた。
彼の片方の目は潰れていました。


105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:17
マイナスドライバーって続きあったんだ。初めてみた。ありがとう

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:22
有名どころでクレヨンよ

235 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/08/11(金) 05:38

不動産屋で働く友人から聞いた話。

その友人が担当するマンションの空室に
一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。
その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、
ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。
他の部屋よりも短い廊下が、いつもこの部屋で感じる違和感の原因なのかと
友人は思ったそうだ。
しかし、なぜ短いのだろうかと思い、廊下の突き当たりの壁を叩いてみると
どうやら本来の壁と、今叩いている壁との間に空間があるようだった。
イヤな予感がした友人は支店長の許可をもらい管理人と一緒にその壁を壊してみた。

友人:「白骨死体でも出てきた方がスッキリしたんだけどさ。」


でも実際は、その空間の壁一面にびっしりと赤いクレヨンで
"お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん・・・・”
と書かれていた…そうだ。

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:22
もうどれもこれもこわいよう・゚・(ノД`)・゚・

>>99
出てきたらがんがって唱えるよう!!
でもネタだって言って欲しいよう!!
おながい!!ネタだって言ってくらさい!!

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:24
>>106
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
言った矢先から又見ちゃった!!怖いよう!!


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:27
クレヨン、懐かしい・・・。お化けとかじゃないのに、ほんのり恐いよな

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:29
>>102
疲れから見る夢と混じった映像なら呪文による安心感から解放されるわね。
本物がきても経津霊剣が唱えた者を守ってくれるはずだわっ

>>103
気にせずどんどん見るのよっ。そのうち恐怖感も麻痺するわ

>>105
礼には及ばないわっ

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:32
>>110
本当に?(´・ω・`)
怖いもの見たさで見てしまうよう…
でも怖いよう…・゚・(ノД`)・゚・


112 :1/6:03/03/16 05:32
これは学校にまつわるっていうか俺の体験談なんだけど。

うちの学校(とはいっても十数年くらい前の卒業生なんだが)は
半寮制の学校で学校から遠い人は学校の近くの寮に入るっていうシステムだった。
ちなみに中高一貫教育で 大体中1〜中2、中3〜高1、高2〜高3で別の寮って
いう感じに3つの寮があった。

んで俺が高1の時、つまり2番目の寮に移った時の話なんだけど。

その寮は地下1階地上3階の造りで(正確に言うと傾斜地に立てられているので
見方によっては4階建て)各階がL字型をしていた。問題の話は3階の部屋に
部屋替えで移ってきた時に起こった事なんだ。
ちなみに各階にトイレは2ヶ所づつあるんだけど、なぜか3階のトイレだけは
1ヶ所にしかなかった。他の階のトイレがある位置はなぜか「あかずの間」に
なっていた。俺は丁度その「あかずのトイレ」の隣の部屋に移ってきたんだ。
丁度学校は2学期を迎えるくらいの時だったから9月の上旬くらい。まだ夏の
蒸し蒸しした感じが強い頃だった。

113 :2/6:03/03/16 05:34
俺が移ってきたその部屋は、入ったときからいやーな感じがしていたが、
その寮自体が老朽化していた事もあり、ぼろいからこそ嫌な感じがするんだろう
なーくらいにしか感じてなかった。ちなみに部屋の構成は2段ベッドが2つ
高1が二人で中3が二人といった感じで俺は2段ベッドの上の方にいた。
大体高1がベッドの優先所有権を持っていて大体の奴は下を選択していたが、
その寮は極めてぼろく、部屋の中にムカデやゴキブリがたくさん出るような
状況だったから、その手のモノが大嫌いな俺は、迷わず上のベッドを選択していた。

そんなある日の夜、俺はなかなか寝付けずに、寝苦しい夜を過ごしていた。
周りからは周囲3人の寝息くらいしか聞こえない。なんかやだなーといった
漠然とした不安があった為、どうにかして寝ようと悪戦苦闘していた。
そんな時、不意に俺の体が動けなくなった。いわゆる金縛りの状態だ。
よく金縛りにあう状況の時はラップ音を聞くとかいうが、そんときはそんなもんは
聞こえず、いきなり固まった。

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:34
じつは今の時間って、一番、お化けが出やすい時間なんだってねぇ。明け方や夕方。
そんな時に恐い話、読んでる次点で俺は既に恐怖が麻痺してると思ふ。

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:36
>>114
そんなことは無いよ
あなたの後ろに呪念の子供がいると思えば・・
ほら後ろにいるよ〜

116 :3/6:03/03/16 05:36
しばらくその状態でもがいていると隣の「あかずのトイレ」が開く音がした。
「ギイィィィィ。。。。。」
「うわっ やばいっ!!」
俺は必死で目を閉じた。(金縛りだったがどうにか目を閉じる事は出来たので)
すると「あかずのトイレ」からは

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

と何者かが出てくる気配がする。そして「あかずのトイレ」の前の部屋に止まる。
(この時そのモノがどこにいるのか、何故か明確に把握出来ていた)
「俺の処に来るなーーー!!」
そう念じてみるものの、そのモノは俺達の部屋の前まで移動を開始した。

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

「うわぁぁーーー」心のなかではまさに半狂乱。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:37
>>115
ワリィ。俺ぁ、呪怨のCM見たことねえんだ

118 :4/6:03/03/16 05:38
しかしそのモノは、俺の心が通じたのかどうか、また移動を開始した。

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

ホッとはしたもののまだ金縛りは解けない。でも自分の部屋を通り過ぎた安堵感で
正直嬉し泣きしそうだった。

そのモノは各部屋の前で一旦停止し、また動くという事を繰り返し、結果として
3階全部の部屋をまわった(見てないので はずだ。)
L字の先のところまで辿り着いたはずだ。
相変わらず俺の金縛りは解けない。そしてそのモノはまたこちらのほうに向かって
歩き出した。

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

今度は各部屋の前で止まらずまっすぐ開かずのトイレに向かっている様子だ。
「はやく自分の居場所に戻ってくれーーーー」
俺はずーーーっとそう念じていた。
ところが、、、

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:39
>>117
う〜ん、じゃあ後ろに壁をドンドン叩くマスドルンがいたら・・

120 :5/6:03/03/16 05:39
そのモノは俺の部屋の前で止まった。
その上俺の部屋に入って来た!!

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

「うわぁぁぁぁ!!!!!!」(号泣)
もう半狂乱どころの騒ぎではない、大泣きである。不思議と涙は出なかったが(笑)

そして俺のベッドの前に来てしまった(涙)
もう、そいつが人間のようなものであるという事が、鋭敏に伝わってきていた。
なにしろ、前述の通り俺は2段ベッドの上の方。

121 :6/6:03/03/16 05:40
そいつの顔が俺の真横にあるのを感じるのだから・・・
そいつの鼻息のようなものまで、リアルに感じる。

その時そいつはこう言った。

「オレノベッド・・・・」

俺はその言葉を聞いた瞬間に、遠のく意識を感じた。
ようするに気絶してしまったのだ。ちなみに気絶したのは先にも後にもこれが初めて。
2度としたくない。


122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:41
>>119

    |                   \
    |  ('A`)           ギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        アンアン/


           |
           | ドンドンッ
_____  ('A`)ノ 
          ( ) \
        ┘┘  \
 

    |               \
    |('A`)>        ギシギシ
   / << ) ̄ ̄ ̄ ̄  アンアン/



123 :7/6 後日談よっ:03/03/16 05:41
その日の事を「どうせ信じて貰えないだろう」と舎監に話したところ、

「そうか、お前も会ったのか・・・」と一言。

それを話したその日に、俺の嘆願通り部屋替えをしてくれた。
舎監が言うには、大体2年か3年に1度くらいは
そういう事を言ってくる輩がいるとの事。

さらにこれは卒業後に聞いた事だが、昔心臓に病をもった俺の先輩にあたる人がいて
その人はその病を苦に現在「あかずのトイレ」になっているそのトイレで自殺を図った
らしい。そしてその自殺をした時に使っていた部屋は俺の部屋で、
当然寝ていたベッドは俺の寝ていたその場所だったらしい。
以上、いままで経験した一番怖かった霊体験のお話でした。


124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:42
>>119
うーん、それは恐い。奴は少し狂ってると思ぉ。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:44
>>123
ありあとー!面白かったー!
もっと既出の恐い話ない?

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:45
うう…怖いよう…
怖さのあまり変なAA貼り付けてごめんよう…>>119

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:46
>>126
>>119とマッチしたんで全然OK

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:48
>>127
ありがd(=゚ω゚)ノ

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:49
>>107
残念ながらまだ少し肩が重いわっ でも一応「ネタよっ」
満足かしらっ

>>111
強い心を持つことが大切よっ

>>119 >>124
マスドルンもある種の霊障よ
でも夜中にラップ音が鳴ってもマスドルンだと思えば
怖さも半減することができるわねっ

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:52
>>126
マッチしてるに同意なので私もOKよっ

>>125
持ってるファイルあさってみるから少し待つといいわよ

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:52
>>129
ネタと信じてがんがるよう!!
強い心で立ち向かいまつ!!
オカ板歴浅いからこれからがんがる!!

でも怖いよう…(;´Д`)

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:54
>>126
ありがd(=゚ω゚)ノ

怖いのにがんがって慣れよう…
ここの皆さんはどうやって慣れたの?
元から怖いの平気なの?(´・ω・`)

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:54
>>130
おぉ!まぢすか!
ありがとうです^^

134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:55
あはは

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:57
>>134
また霊が来た

136 :1/5 猿電車よっ  :03/03/16 05:57
私は、夢をみていました。昔から私は夢をみている時に、たまに自分は今、夢を
みているんだと自覚する事がありました。この時もそうです。何故か私は薄暗い
無人駅に一人いました。ずいぶん陰気臭いを夢だなぁと思いました。
すると急に駅に精気の無い男の人の声でアナウンスが流れました。 それは
「 まもなく、電車が来ます。その電車に乗るとあなたは恐い目に遇いますよ〜」
と意味不明なものでした。 まもなく駅に電車が入ってきました。それは電車というより、
よく遊園地などにあるお猿さん電車のようなもので数人の顔色の悪い男女が一列に
座ってました。

私はどうも変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与え
られるか試してみたくなりその電車に乗る事に決めました。本当に恐くて堪られなければ、
目を覚ませばいいと思ったからです。私は自分が夢をみていると自覚している時に限って、
自由に夢から覚める事が出来ました。


137 :2/5  :03/03/16 05:57
私は電車の後ろから3番目の席に座りました。辺りには生温かい空気が流れていて、
本当に夢なのかと疑うぐらいリアルな臨場感がありました。
「 出発します〜」とアナウンスが流れ、電車は動き始めました。これから何が起こるのだろ
うと私は不安と期待でどきどきしていました。電車は ホームを出るとすぐにトンネルに入りま
した。紫色ぽっい明かりがトンネルの中を怪しく照らしていました。

私は思いました。(このトンネルの景色は子供の頃に遊園地で乗った、スリラーカーの景色だ。
この電車だってお猿さん電車だし結局過去の私の記憶にある映像を持ってきているだけでちっとも
恐くなんかないな。)

とその時、またアナウンスが流れました。「 次は活けづくり〜活けづくりです。」
活けづくり?魚の?などと考えていると、急に後ろからけたたましい悲鳴が聞こえてきました。
振り向くと、電車の一番後ろに座っていた男の人の周りに四人のぼろきれのような物をまとった
小人がむらがっていました。よく見ると、男は刃物で体を裂かれ、本当に魚の活けづくりの様に
なっていました。強烈な臭気が辺りをつつみ、耳が痛くなるほどの大声で男は悲鳴をあげつづけました。
男の体からは次々と内臓がとり出され血まみれの臓器が散らばっています。


138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 05:58
>>136
横からスマソ。題名は猿夢です

139 :3/5  :03/03/16 05:58
私のすぐ後ろには髪の長い顔色の悪い女性が座っていましたが、彼女はすぐ後で大騒ぎしてい
るのに黙って前をを向いたまま気にもとめていない様子でした。私はさすがに、想像を超える展開に
驚き、本当にこれは夢なのかと思いはじめ恐くなりもう少し様子をみてから目を覚まそうと思いました。

気が付くと、一番後ろの席の男はいなくなっていました。しかし赤黒い、血と肉の固まりのような
ものは残っていました。うしろの女性は相変わらず、無表情に一点をみつめていました。
「 次はえぐり出し〜えぐり出しです。」とアナウンスが流れました。
すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざスプーンの様な物でうしろの女性の目をえぐり出し始めました。
さっきまで、無表情だった彼女の顔は、痛みの為ものすごい形相に変わり、私のすぐ後ろで鼓膜が
破れるぐらい大きな声で悲鳴をあげました。眼かから眼球が飛び出しています。血と汗の匂いがたまり
ません。私は恐くなり震えながら、前を向き体をかがめていました。ここらが潮時だと思いました。
これ以上付き合いきれません。しかも、順番からいくと次は3番目に座っている私の番です。私は夢から
覚めようとしましたが、自分には一体どんなアナウンスが流れるのだろうと思い、それを確認してからそ
の場から逃げる事にしました。

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:00
>>138
一緒じゃん

141 :4/5  さんくー>>138:03/03/16 06:00
訂正っ 猿夢よっ

「次は挽肉〜挽肉です〜」とアナウンスが流れました。最悪です。どうなるか、容易に想像が出来た
ので神経を集中させ、夢から覚めようとしました。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)いつもはこう強く念じる
事で成功します。急に「ウイーン」という機会の音が聞こえてきました。今度は小人が私の膝に乗り変な
機会みたいな物を近づけてきました。たぶん私をミンチにする道具だと思うと恐くなり、
(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)と目を固くつぶり一生懸命に念じました。
「 ウイーン 」という音がだんだんと大きくなってきて、顔に風圧を感じ、もうだめだと思った瞬間に静かに
なりました。

なんとか、悪夢から抜け出す事ができました。全身汗でびしょびしょになっていて、目からは涙が流れ
ていました。私は、寝床から台所に向、水を大量に飲んだところで、やっと落ち着いてきました。恐ろしく
リアルだったけど所詮は夢だったのだからと自分に言い聞かせました。

次の日、学校で会う友達全員にこの夢の話をしました。でも皆は面白がるだけでした。所詮は夢だからです。
それから4年間が過ぎました。大学生になった私はすっかりこの出来事を忘れバイトなんぞに勤しんでいました。
そしてある晩、急に始まったのです。

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:01
フジの人形こえーよ

143 :5/5:03/03/16 06:01
「 次はえぐり出し〜えぐり出しです。」あの場面からでした。私はあっ、あの夢だとすぐに思いだしました。
すると前回と全く同じで二人の小人があの女性の眼球をえぐり出しています。
やばいと思い (夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)とすぐに念じ始めました。。。。。。
今回はなかなか目が覚めません。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ)。。。。。。。。
「次は挽肉〜挽肉です〜」
いよいよやばくなってきました。「 ウイーン 」と近づいてきます。(夢よ覚めろ、覚めろ、覚めろ、覚めてくれ)
ふっと静かになりました。どうやら何とか逃げられたと思い、目をあけようとしたその時
「 また逃げるんですか〜次に来た時は最後ですよ〜」とあのアナウンスの声がはっきりと聞こえました。
目を開けるとやはり、もう夢からは完全に覚めており自分の部屋にいました。最後に聞いたアナウンスは
絶対に夢ではありません。現実の世界で確かに聞きました。私がいったい何をしたと言うのでしょうか?

それから、現在までまだあの夢は見ていませんが次に見た時にはきっと心臓麻痺か何かで死ぬと覚悟しています。
こっちの世界では心臓麻痺でも、あっちの世界は挽肉です。。。。。。



144 :6/5:03/03/16 06:03
サルの電車の夢って見るとヤバイですかね?この話しをまったく知らない弟が
ほぼまったく同じ夢見ちゃったんですけど・・・状況も一緒で
オチも一緒です。何かに呪われたんですかね?

実はここのスレにこの夢の話しがあるって友達に聞いて
やってきたんですよ。だから私も今マジ恐です。

弟はこの夢を一夜で3連続で見たとのこと。
9の方は4年間があいてたみたいだけど、弟はこの日
3回目にして、起きる直前夢の中のサルに
「またですかぁ〜?お客さん・・・」って言われて恐ろしくて寝れなかった、って言ってた・・・。
本気で詳しく知ってる人いないかな?


145 :7/5:03/03/16 06:03
じゃぁ詳しく夢の内容を・・・
自分は駅にいておサルさん運転の汽車ぽっぽが駅につく。おサルは「お乗りになりますか?」と聞いてきて「はい」と答えて一番前に座る。自分の後ろには2人のお客さんがすでに乗っていて、出発。
一つ目の駅は「えぐりだし駅」そこで一番後ろの人が
目からえぐられて内臓をえぐられてしまう。次の駅は
「きりきざみ駅」自分の後ろのお客さんが文字どおり
きりきざまれてしまう。ここにきて「次は自分だ!早く起きなきゃ!」って思って必死に起きようとして、なんとか
目を覚ました。んで安心してもう一回寝たら、また同じ
夢(汽車に乗るところから)同じ場面で目を覚ました。
んでもう一回寝たら、また同じ夢(最初から)同じ場面、
でもこの3回目の夢では目を覚ます直前におサルに「またですか?お客さん・・・」と言われてしまった。
この日弟はここから眠れなかったって。
気持ち悪いほど似てませんか?9さんの夢と!


146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:05
猿夢って、創作なの?小説とか?
それとも、体験談なの?もとはどこにあるんだろ?
んー、それにしても何度読んでも面白いね。
暫らくは寝られなくなるしね

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:10
書き忘れたけど6,7は後日談よっ

>>131
何かあったら私が守ってあげるわっ
>>132
昔から霊障にさらされてる者は免疫がついてるものよっ
>>133
礼には及ばないわ

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:13
>>147
ありがd!!・゚・(ノД`)・゚・
がんがるよ!!

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:15
>>146
元ネタはたぶん洒落怖だわ
書き込まれた時は体験談みたいな感じで書かれていのよっ
寝ないで今日1日過ごしなさいよ
こっそりハイな状態でいるのも乙なものよっ

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:17
>>149
そんなんだ!ありがとう、教えてくれて。
うん。今日は一日寝ないつもりw

151 :1/3 猫:03/03/16 06:18
あの恐怖体験をする迄は、私には猫をいじめる癖がありました
猫は用心深く、人の姿を見るなりパッと逃げてしまうので、どうにも気に入らなかったのです
皆さんは、「猫は自分より低い場所に居る物に対してあまり警戒しない」と言う事をご存知でしょうか?
ブロック塀や自動車の屋根の上の様な高い位置に居る猫には、実は容易に近づく事が出来るのです
まず関係のない所に視点を置き、時々猫の方をチラチラうかがいながらそっと近づけば、大抵の場合その場から逃げずに待って居てくれます
(この時チラチラ見る理由は、こちらに敵意がない事を知らせる合図なんだそうです)
私はその方法で難なく猫を捕まえる事に成功しました
それが凶凶しい恐怖体験の始まりだったとは....

そいつは近所で良く見掛ける丸々と太った白い猫で、飼い主は特に居ないらしく皆して餌をやる為これほど太ったようでした
私はその猫の両脇を持って2度3度自分の股の間をぶらぶらさせ、勢いがついた頂点で思い切り空中に放り上げてやったんです
勿論、幾ら猫嫌いの私でも別に地面に叩き付けて殺すつもりはありません
アクロバチックに近くの家の窓の片屋根(ひさし)の上へと着地させる積もりだったのです
ところが、その猫は想像以上に運動神経が鈍かったらしく、あれよあれよと屋根の傾斜を転がって下まで落ちてしまいました
猫は自分の体重を足だけでは支え切れず顔から地面にぶつかり、短く「ぎゃん」という苦痛の悲鳴を上げました


152 :2/3 猫:03/03/16 06:19
猫というのは私の経験上、ちょっとやそっとでは苦痛の態度を現わしませんから、悲鳴を上げたと言う事は落下のショックで脳か内臓にでもダメージを受けたのかも知れません
この時初めて私は罪悪感に襲われました
心配ですぐに駆け寄ろうとしましたが、猫はおびえて脱兎のごとく逃げてしまいました
それっきりです
以後その猫の姿を見る事は全く無くなってしまったのでした


282 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2001/05/24(木) 17:59
しかし!
それから随分月日がたった頃.....
夏の蒸し暑い夜の事でした
私はもうすっかりあの猫の事など忘れてしまい、
彼女と二人で扇風機を回しながら楽しくテレビを観ていました
その時です
不意に、
「ニ″ャーーン、ニ″ャーーン、ニ″ャーーン....」
と、粘り付く様な猫のしゃがれた鳴き声が家外の暗闇からネットリと響いて来たんです
咄嗟に目をやると、片側に開け放った曇りガラスの向こうに、
いつの間にやら、

153 :3/3 猫:03/03/16 06:21
白い影がゆらゆらと揺れて居ました
私は直感的にあの白い猫だと悟りました
次に蛍光灯がゆっくりと薄暗くなって行くのが分かりました
彼女はそれを見上げながらオロオロするばかりでしたが、
私は彼女越しに見える窓の白い影から全く目が離せませんでした
なおも薄気味悪い鳴き声が続きます
それはだんだんと、
「ニ″ャーーン、に″ゃーーン、に″ゃーーん....」
猫と言うより人がふざけて猫の物真似をする様な声に変わって行きました
さらにその内、
「ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん、ぎゃーーん......」
と、大人の男が赤ん坊の泣き真似をするような不気味な声に変化して行ったんです
私も彼女も逃げる事すら忘れ、完全に怯えて固まってしまいました
そしていきなり!!!
網戸の所から真横に寝た男(人間)の頭がにゅっと出てきて大声で怒鳴ったんです
「ぎゃーーん!!」
私達は余りの光景に自らの目を疑いました
その男の首は、白い猫の横っ腹からキノコの様にニョキッと生えていたからです
(其の他にも気味の悪いぐにょぐにょした何か?もいっぱいくっついていました)

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:26
>>148
今後ともオカ板で恐怖耐性、霊耐性をつけなさいっ
慣れてくると心霊写真のサイトを見てて、
いつの間にか気絶したにもかかわらずその翌日に
また心霊写真を探す自分がそこにいるわ
>>150
ならば私は寝ずに貴方を応援するわっ

二人とも頑張りなさいよっ 

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:29
>>154
はい!!
>>154タンを見習ってがんがりまつ!!(`・ω・´)シャキーン!!


156 :1/3 あなてっとも:03/03/16 06:36
これもなんだかんだで有名ね

はじめて、お便りします。あずさといいます。
近鉄電車のお話です。
私は奈良の富雄という所に住んでいて、大阪から帰るときは近鉄電車を利用します。
大学生の頃、神戸の方まで通っていました。

夜、21:30くらいに、近鉄の大阪側の始発駅である難波から電車に乗りました。
富雄駅の手前から生駒、東生駒、富雄と電車は止まります。
生駒を過ぎ、東生駒から女の子を連れた女の人が乗ってきました。
女の人は緑色の三角布を首の下で結んでいて、何重にもスカートをはいていて、床まである長さのものを着ていました。
何だか昔風の、最近の人じゃないみたいな感じでした。
女の子は首の上まで刈り上げたオカッパで、頭のてっぺんで噴水みたいに髪を赤いリボンで結んでいました。
服装は覚えていませんが、女の子も昔風の感じがしました。


157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:36
>>154
おぉ!
ありがとうです。頑張ります、って何をだw

158 :2/3:03/03/16 06:37
そのときの車両は、ちょうどすべての座席に人が座っていて、不思議なことにみんな女の人でした。
私は、車両のなかの一番はしっこに座っていました。
その席は三人がけで、席の端に私が座り、真ん中を空けて
別の端に若い女の人が座っていました。
その車両で空いている席はそこしかありませんでした。
東生駒から乗ってきた女の子を連れた女の人は、女の子を私のとなりに座らせて、
別の席のほうにいき、その前で吊革を持って立っていました。
どうして女の子の近くにいないんだろうと思ったことを覚えています。

やがて、女の子は眠り始めました。
眠り出すとこっちのほうにコックリコックリと、もたれてきました。
それがイヤだったので、意地悪かったのですが軽く押し返しました。
すると女の子は別の端の若い女の人のほうに、もたれかかりはじめたようでした。
女の子はその女の人にも押し返されたようで、今度はもたれかからないで真ん中でゆらゆらと揺れながら「ママ、ママ…」と言いはじめました。
何度も「ママ、ママ…」と言うので、そのとき、どうして女の子の近くに来ないんだろうと思ったことを覚えています。

159 :3/3:03/03/16 06:38
何度「ママ、ママ…」というのを聞いたでしょうか。
突然「やっぱりそうなるとおもってたんや」と低い男のダミ声がすぐ耳もとでしたのです。
「えっ!」と驚いて、女の子のほうを見ると、ニヤッと私のほうをじっと見ていました。
ゾオッとして、気がつくと降りる富雄駅だったのです。
飛び降りてからも、ゾオッとした感覚は残っていて、電車の中を見ることができませんでした。
あのダミ声は強烈でした。
[あずさ@inet-osaka]
とても怖い話ですね。皆さん、何が怖いのかわかりますか? 言葉の意味よりもむしろ…。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 06:50
うう…今晩は本当に怖かったよう…
ではこれからご飯食べて出かけまつ(´∀`)ノ
皆さんどうもありがd!!
がんがって怖いのに慣れまつね(`・ω・´)シャキーン!!
ではではお疲れ様でしたヽ(´▽`)ノ

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:02
生き人形がなかったわっ 残念ね

>>155
その意気よっ
>>157
じゃあ日々の生活をよっ
>>160
ゆっくりしてきなさい

あと↑の話の補足も書いておくわね


162 :4/3:03/03/16 07:03
コメントの「言葉の意味よりもむしろ…。」の意味がわからず気になって皆で考え 
スレまで立ったわね。やっぱりそうなると〜部分をひっくり返して

 あなてっとも おつらぬおしらっぱい
 anatettomo  oturanuosirappay    とかやってみたり。

 「父親の生霊が女の子の口から「やっぱりそうなるとおもってたんや」
  という言葉を言わせたんではないでしょうか?」
 「女の子座る→眠り出す→投稿者にもたれておしかえされる
  →反対側の人にも押し返される→数えられないほどのゆらゆら&「ママ」
  駅間が2分なら、これは、無理だろ」
等の憶測が飛び交い、
  「わかっちまった・・。マジこぇぇぇ・・・・・・・・・。
   電車の中振り返ってたらどうなってたかと思うと・・ぶるぶる」
  「セリフ(つまり「」の中)をじっくり読み返してみそ。
   わかるから。いやわからないほうが幸せかも」
  「でもよ〜〜く読むとわかる ヒント  席を空けて座る」
等の「自称わかった人」が現れ話がずんどこべろんちょ化したりもしたわ。

163 :5/3 実際には:03/03/16 07:05
生駒トンネルは10年以上前に火事があって、
死者も出ておりはその時の霊が終電車なんかで現れる

電車を普段使ってる人は 一度くらいは生駒トンネルにまつわる
怪談を聞いたことあるはずで、だからもともとこの話を投稿した
「あずさ」は怖かったんです 終電近くにあの電車に乗って
奇妙な体験をすると曰くを知ってる人なら
誰でも恐怖するよ。だから言葉の意味なんてどうでもいいの・・・

というのが真相なのよっ

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:10
あー、そうなんだ。
そんな意味なんだ。
自分、奈良に住んでんだけど分からんだよ。
へぇー。為になりました!

165 :>>155及び歴短い方へ:03/03/16 07:11
話がずんどこべろんちょ(牛の首)化するケースは多々あるので
巻き込まれないようにするといいわねっ。

牛の首=実態がなく誰も知ってる人がいないのに
    怖いと呼ばれる話。誰も知らない(或いは内容が無い)のに
    「自分はわかった」といい場を混乱させることが多々ある。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:13
え。じゃあ、スレまで立ってるテンジンキギャクリョウキョウも、牛の首系?

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:16
>>164
奈良スレは今vol2が立ってるのでそれも見るのもいいわ。
近場の心霊スポットを探すのも楽しいものよっ

>>166
真相はわからないけどアレのレスの内幾つかは牛首系レスよ

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:20
最近のものを見たら幾つかじゃなくていっぱいあったわね
でもあのスレの運転手と魔界のエピソードはちょっと良い話なので
みてみなさいよっ

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:20
テンジンキは分からないかー。皆、知らないんだろうね。本当は

奈良はあんまし、恐いとこないと思うなー。
トンネルの話とか、狂った婆さんの話ぐらいしか、知らないけど。
奈良スレは見たけど、じっくりは読んでないな。また、いってみるよ!

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:22
ぢつはあのスレの住人ですw

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:31
>>117
遅レスだけど呪怨のフラッシュが見られるから行ってみなさいよっ
私も初見だったわ。男のコは可愛いわよっ
ttp://www.cine-tre.com/ju-on/

なるほど、住人だったわけねっ
あのエピソードがあっただけで
スレが立った価値があると思うわっ 私的にっ

奈良に限った話でなく近場のスポットスレが
立っていたら見ると楽しいわねっ 楽しみなさいよっ

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:34
谷みよ子「現代民話考」にでていた話。
終戦から幾らもたってない頃と思われます。
当時の家は、台所が土間のままってのいうのも多かったんですね。
記憶を頼りに書いてるので細部はちがうかも。

タクシー運転手の奥さんが、まだ五才になったばかりの子を
残して亡くなった。
父親は仕事ででかけている時間が長く、そのあいだ隣の家に子どもを
預けていたのだけれど、深夜になっても帰ってこないのものだから、
親切で面倒をみていた隣人もさすがにしびれを切らして、子どもを
ひとりの家に帰してしまうことも多かった。
子どもは寂しくて、父親が帰ってくるまで、親の名を呼んで
泣いていたそうだ。
ある晩、子どもの泣き声がぴたっと止まり、笑い声が聞こえてきた。
隣人は、「ああ父親が帰ってきたのだな」と納得したのだけど、
そのしばらくあとに父親の帰宅する音が聞こえてきて、
「父ちゃんおかえり」と子どもが出迎えている。
そうした夜が何晩かつづいて、不審になった隣人はある晩、子どもの
様子をみにいった。
子どもは、暗い部屋でひとりで喋っては笑っている。
その様子が、だれかと話しているもののようなので、翌日、父親に
そのことを話した。
父親は、子どもに毎晩だれと話しているのか、とたずねた。
「母ちゃんだよ。おいらが寂しくて泣いてると、母ちゃんがきて、
だっこしたり、頬ずりしたりしてくれるの」
「それで母ちゃんはどっから入ってくるんだ?」
子どもは、土間の縁側を指さした。
「あの下から、にこにこしながら這ってでてくるよ」

それから父親は仕事をかえて、早く帰宅するようになったそうだ。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:35
おお、イイ人ですね、あなたは。
女の人なのですか?
もしや、ネカ・・・。
と、とりあえず、スレ探しにいってきまーす!今日はマジでありがdでつよ!

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:39
呪怨のページ。どうやらフラッシュじゃないみたいだわ。
男のコの壁紙もあったので是非使いなさいよっ
このサイトに怖い話あるから転載してみるわねっ

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:39
>>172
にこにこしながら這い出てくるって恐っ!
いや、いい話なんだけど、やっぱ恐っ!貞子、思い出した。

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:43
>>173
礼には及ばないわっ
一応女だけど普段はこんな喋りじゃないよw
なんかいまいちこのキャラが自分でも把握出来てないけど
このまま続けてみよう。みようかしらっ


177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 07:49
>>175
日常の微妙なズレというのは確かに恐怖よねっ
貞子は人型なのに下手なモンスターよりよほど怖い
呪怨もただの白塗りの子供達なのに圧迫感はかなりのものよっ


178 :呪怨ページの:03/03/16 07:51
1年半ほど前の夏の出来事でした。
僕は、前職が航空自衛官でした福岡にある、ある基地で起こったことです。
そこの共同の風呂はとても大きくて結構気に入ってたんですが
「ある日」を境に行きたくなくなりました・・・
その「ある日」と言うのは本当なら、ただの夏祭りのはずでした。
その日は入浴時間が特別で11時まででした。祭りが終わって
同期の友達と3人でいつもどおり風呂に行きました。 風呂に着くと誰もいなく、
3人ではしゃいで入ってました。最初に風呂に飛び込んで、その後体を洗い始めました。

ここから、始まりました。さっきまで誰もいなかったはずの風呂の中に6人くらいの
人影が鏡に写ったのです。最初は3人で「さっきまでだれもいなかったよな〜」
とかいってたんですけど、また風呂に入ろうとしたら誰もいませんでした・・・
それから風呂を出て着替えて、しばらくして風呂場を覗いてみたら大勢の人影が
じっとこっちを観察するように見ていました・・・
次の日そこに長い教官に話を聞いてみたところ
「あの風呂場は、戦争当時死体置き場で、夏祭りの時は色んなことが起こるから、
だれもいなかっただろ」と笑いながら話してくれました。
次の日からは怖くて風呂場には行けませんでした


179 :呪怨ページの:03/03/16 07:53
夜、パソコンが、かってに、動いて、何かを、印刷し始めた。
死、死、死・・・・・。
そして、布団にはいったその時、急に、かなしばりにおかされた。
とけた、後ろを向いた。
すると、若い女性が、古い日本刀を持って、立っている。
女は、死、死、死と、つぶやき、こっちをにらんでいる。

朝起きたら手首に、切り傷があった。


180 :呪怨ページの:03/03/16 07:55
これは私が小学5年生ぐらいの時私に起きた出来事です。
 (※霊に取り付かれやすい人、霊に弱い人は読まないで下さい)

夏休み、図書館で私はある本を借りてきました。
それは何の変哲もない怖い話が書いてある本でした。
家に帰り私は、さっそく本を読み始めました。
そして私は読んでしまいました……。
翌朝、この日は旅行に行くため、朝から車に荷物を積んでました。
その時きづいたんです。……私の後ろを歩き付いて来る『足音』を。
その足音は、私が歩くと歩いて、止まるとそれも止まります。
ちなみに聞こえてたのは私だけでした。そしてそれは1週間程続き、
日にちが経つことに大きくなっていました。。。。

 これを最後まで読んだ方、「つまらない」と、思った人が
ほとんどだとおもいますが、たぶんこれを読んだ何人かのかたは、
明日から気を付けて下さい。本当です。私もそうやって
この罠にかかりました。私は責任を負いません。貴方の無事を祈ります。


181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 08:00
とりあえず3つよ
他にもあるので色々見てみなさいよっ
内容見ないで載せるのもなんだか悪いので手持ちの
ものから載せることにするわっ

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 08:03
>>181
まめな人ですね。それがっ、あなったの、いいと・こ・ろ♪

183 :生き人形1:03/03/16 08:08
発見したわっ 長いので幾つに分かれるか予想つかないけど。

稲川さん曰く、
「この話しは私自身・・・怖いです。それに危ない。
出来れば話したくはなかったんですがね・・・。」

稲川さんがニッポン放送の、深夜のラジオ番組に出演していた頃の話しである。
当時稲川さんと仲が良かった人で番組ディレクターの東さんという人がいた。
彼が稲川さんに 「淳二、一緒に帰らないか?」 と誘ってきたのだ。
というのも、稲川さんは当時国立に住んでおり東さんは小平の辺りに
住んでいたので方角はほぼ同じだったのである。そして車は
当時開通したばかりの中央高速道路に向かって走っていた。
高速道路に乗っても、深夜なので行き交う車はほとんどいない。
道路灯も完備されていなくて辺りはほとんど真っ暗だった。
稲川さん達の車の、前にも後ろにも車はいない。
二人は普段から気の合う友達ということもあり、雑談に花を咲かせていた。
「淳二、油揚げはな、こうやって食うとうまいんだぞ。」
「やだな〜、東さんは。アハハ。」
しばらく走っていた頃だ。三鷹を少し過ぎた辺りだろうか、
道路脇の塀の上に道路標識らしい丸い物が立っていた。
(あれ?珍しいな・・・。)

184 :生き人形2:03/03/16 08:10
その頃中央高速には標識はほとんど立てられていなかったのである。
しかし稲川さんは特に気にも止めず、標識は遥か後方へと過ぎて行った。
東さんは相変わらず面白い話をして稲川さんを笑わせている。
しばらく走っていると、また同じような丸いものが見えてきた。再びその標識らしき物を通りすぎたのだが、
人間というのは面白いもので、同じ出来事が複数回続くと
「またあるんじゃないか?」
と思うものである。多くは偶然なのだが、稲川さんはさらに
同じような物をはるか前方に発見した。しかし、形が先ほどまで
見ていた物と違うのである。 距離はかなりあるはずなのだ。
しかし稲川さんはそれが、
「人の形をした物」
だと、すぐに気づいたそうだ。
人間の目というのは曖昧なのか正確なのか、良くわからない点がいくつかある。
信じられない程遠くにある「なにか見なれた物の形」、この場合は人の形なのだが、
「あっ、○○○だ。」とすぐに認識できる場合がある。
例えば東京タワーのような高い建物の頂上に人が立っていれば、「人間が立っている!」と
下から見上げる人達で大騒ぎになるであろう。
しかしその時は深夜、辺りは真っ暗である。なのに稲川さんは、その人間が
「黒い着物を着た、黒髪の少女」だという事が分かったそうだ。
その少女が真夜中の高速道路の塀に立っているのだ。道路の方ではなく
外の方を向いて腰を少しかがめながらである。

185 :生き人形3:03/03/16 08:10
(うわっ、自殺だ・・・!)
とっさにそんな事を思ったそうだ。しかし、その少女の周辺には車やバイクを停めている様子は無い。
(どうやってここまで来たんだろう・・・?)
そう不思議に思ったが、車はだんだんとその少女が立っている辺りに向かって走り続けている。

ガーーーーーー!!!

稲川さんも東さんも冷房が苦手だということもあって、窓は全開にしてある。
その為風の音や車の走行音でものすごくうるさい。
まるで吸い込まれるかのようにその少女を見ていた稲川さんだったが、
そのうちその少女の首から下が風景と溶け合うようにしてス〜ッと消えて行き首だけが残った。
その首がカクッ、カクッ、とぎこちなく角度を変えて稲川さん達の方を向いてくるのだ。
人間が首を横に回すときのように「スーッ。」といった感じではなく、
ぜんまい仕掛けで首を変に規則的に回す人形のような、そんな感じであったという。
そしてさらに近づいた頃だ。稲川さんはその「首」が、
明らかに「半透明」である事に気づいた。透けて向こうの景色が見えるのである。
しかし顔は確かに存在している。
おかっぱ頭、目は切れ長で口も横に長くて、気味が悪いほど肌は真っ白。それでいて無表情。
その「首」が、気がつくと稲川さん達の車のすぐ前方に浮かんでいたのだ。
そうかと思うと首はフロントガラスをすり抜けて車内に入ってきた。
そしてスポーン!と後ろに抜けて行ったのである。

186 :生き人形4:03/03/16 08:12
(うわーっ!な、何だ!?今の・・・。)
しかし稲川さんは東さんにはその事は言わなかった。
不思議な事だが気づいていない様子だったし、稲川さんを降ろした後は
東さん一人で自宅に帰らなくてはならない為、変に怖がらせては申し訳無い、と思ったからだそうだ。
(疲れてるのかもしれない・・。)
そう思って気を落ち着かせようと努めた。やがて車は稲川さんの家に到着した。
「どうもありがとうね、おやすみー。御疲れさ〜ん。」
わざと明るく挨拶をして稲川さんは東さんと別れた。しかし、何となく肩が重いのである。
(あぁ・・・疲れた。)
2階に上がってみると奥さんが寝ていた。疲れているはずなのに眠たくは無い。
稲川さんは下の部屋のソファーの上で横になっていた。
しばらくすると稲川さんの耳にミシッ・・・ミシッ・・・という階段を降りる音が聞こえてきた。
見てみると奥さんが下に降りてきたのだが、稲川さんの顔を見るなりこんな事を口にした。

「お帰り・・・。お友達は・・・?」
「友達?そんなのいないよ。」
「もう帰ったの?さっきあたしが寝てるときにあんたと一緒に入ってきた人だよ。」
「いや、この家に入ってきたのは俺一人だけだよ?」
「ウソ。さっきあんたの後から部屋に入ってきて、
あんたが出て行ったあとも部屋の中でグルグル歩き回ってたの、誰よ?」
「・・・何だそれ?気味が悪い事言うなよ・・・。」
寒気を覚えながらも、やがて夜が明けた。
すると稲川さんの元にTV局から一本の電話が入った。東さんである。
「おぉ、昨日はどうもね!」
「・・・淳二さぁ、昨日は悪いと思って言わなかったんだけど・・・。」
「何の事?」
「昨日・・・誰かと一緒に車を降りたよな?」
「・・・何それ?」

187 :生き人形5:03/03/16 08:13
「いや、隠さなくてもいいよ。分かってるから。」
「・・・ちょっと待ってくれ、隠してるわけじゃないよ。・・・今から局に行くからそこで話すよ。」
局に着いた稲川さんは、さっそく東さんに事情を聞いてみた。
「・・・俺は実際に何か見えたわけじゃないんだけど、気配で感じてたんだよ。
俺と淳二の他に、車の中に誰かが居たんだ。そいつが、淳二が車を降りたら一緒に降りたんだよ。」
「・・・実はさ・・・。俺も昨日こういう事があって・・・。」
稲川さんは昨夜目撃した少女の事について詳しく東さんに話した。

東さんとの話も終わり、仕事も終えて帰宅すると
稲川さんに電話がかかってきた。人形使いの前野さんという人物からであった。
「うわ〜、久しぶりだね〜!元気?」
二人は懐かしい話しで盛り上がったのだが、前野さんが稲川さんにこんな事を言ってきた。
「稲川ちゃん、また今度舞台やるんだけど、そこに座長として出てくれないかな?」
聞けば、新しく手に入れる人形と一緒にお芝居をやるという企画の事だった。
前野さんという人はこの道ではかなり著名な職人で、評判の良い人形師の人だった。
今回のそのお芝居も大勢の有能なスタッフ、魅力的な俳優や女優、声優を用意した大掛かりな物になるとの事。
以前から演劇や戯曲等に興味があった稲川さんは、親しい前野さんからの頼み事ということもあって快く承諾した。
「いいねぇ、やろうよ。」
やがて段取りも順調に進み、出演者やスタッフ一同で顔合わせがあった。

「どうもはじめまして。」
「よろしくお願い致します。」

自己紹介で一人一人が挨拶をして行く。一通り済んだ頃、前野さんが今回使用する人形についての説明を始めた。
話しによるとその少女人形は、身長が125cm、かなり大きい。
普通の子供とさほど変わらない大きさで重量もある。よって操作は黒子さんに扮する男性が3人がかりで動かすのだ。
黒子Aは頭と両腕、Bは胴体、Cは両足。といった具合の役割である。
すると前野さんが、申し訳無さそうに室内の関係者に向かって口を開いた。
「え〜、皆さん。大変申し訳無いんですが、肝心の人形はまだ出来ていないのです。
ですが、今日皆さんにご説明するという事で、絵図面ですが持ってまいりました。」


188 :生き人形6:03/03/16 08:16
稲川さんも含めた関係者達の視線が前野さんに集まる。
「こちらです。」
ピラッと図面を関係者達に見せるように両手で広げる。それを見て稲川さんは驚いた。
以前稲川さんが中央高速道路で見た少女とまったく同じ顔形なのである。
ふいに、イヤな感じがした稲川さんだったが、余計な事は言うまい・・・と思い黙っていたそうだ。
それからしばらくして、人形が出来あがってきた。
「へ〜、良く出来てるじゃない?」
稲川さんも変な事は考えないようにと思い、その人形について前野さんと色々な話をしていた。
すると前野さんが、思い出したように不思議な顔をして稲川さんにこんな事を言って来たのだ。
「でもね〜、稲川ちゃん。この人形ちょっとおかしいんだよ。見てみな、
ほら、右手と右足がねじれちゃうんだよ。」
人形であるから操作しやすいように、関節の部分は丈夫な糸で連結してはいるが
隙間は十分に空けてあるはずなのに、である。
しかも放っておけばダラ〜ン、となって自然にまっすぐになるはずなのだが
右手と右足だけがまったくいう事をきかないのだ。
「前野さん、俺が直してあげようか?そういうの出来るからさ。」
「う〜ん・・・。いや、やっぱり作った人がいいから、先生のところに持っていくよ。悪いからさ。」
「それもそうだね。」
こうして初稽古の日は終わった。

189 :生き人形7:03/03/16 08:17
自宅に帰った稲川さんは、人形の事を聞いてみようと思い前野さんに電話をかけた。
すると前野さんも丁度良かった、といった口ぶりで稲川さんに話してきた。
「おかしいんだよ、稲川ちゃん。人形を作ってくれた先生なんだけどさ。」
「うん、どうしたの?」
「行方不明なんだって。」
「え?何それ?」
「うん、こっちから先生のところにはどうしても連絡がつかないから、
色々な人に聞いてみたんだよね。そしたら
’あの人今は行方不明なんだって’って言うんだよ。」
「なんだ・・・しょうがないね・・・。」

人形の修理は出来なかったが、そうこうしているうちに今度は台本が出来てきた。
文学座関係の作家で、純文学家の斉秀一さんという人物である。
さっそく稲川さんや演出家の人達と共に原宿で打ち合わせが行なわれた。
「先生、ここどうしましょうか?」
「あぁ、ここは稲川ちゃんがアドリブでやってよ。その方が面白いからさ。」
「アハハ。はい、分かりました。」
打ち合わせは順調に進み、その場はお開きとなった。
「僕は今日これから、帰ったら台本仕上げちゃうよ。」
「あ、どうもすいません。よろしくお願い致します。」


190 :生き人形8:03/03/16 08:18
その日の夜。稲川さんの元に前野さんから電話があった。
「やあ、前野さん。どうしたの?」
受話器の向こうで表情は分からなかったが、前野さんの様子は只事ではなかった。
「稲川ちゃん大変だよ・・・!」
「・・どうしたの?」
「先生の家、火事で全焼しちゃったんだよ・・・。」
「えぇっ!?」
「さっき僕が電話したときは燃えてる途中だったみたいなんだけど、
今さっき連絡が取れたんだよ。・・・全焼なんだって。」
「原因は何なの!?」
「分からない・・・でも先生が書いてた台本の原稿、書斎から
出火したもんだから全部燃えちゃったって・・・。」
しかし舞台の稽古は続けなくてはならない。仕方が無いので
台本無しという緊急事態のまま稽古は本格的に始まった。

稽古が行なわれていたある日の事。突然前野さんが稲川さんに
「稲川ちゃん、ちょっとごめん。電話してきていい?」
と尋ねてきた。稽古熱心で途中で席を外したりする事が普段は
ほとんど無いという前野さんだった為に稲川さんは不思議に思ったが、
「あぁ、いいよ?行って来なよ?」
「うん、ごめんね。」

191 :生き人形9:03/03/16 08:19
そして階段脇の公衆電話に向かった前野さん。しばらくすると、
通路の方からタッタッタッタッタ! と、駆け足の音が聞こえてきた。
前野さんだった。大柄な人のため足音も大きいのだ。
「ごめん、稲川ちゃん。帰らなくちゃ・・・。」
「どうしたの、前野さん。何があったの?」
当時前野さんは家庭的にもめてる事があった。兄弟同士で
みにくい争いがあったのだが、前野さんは普段そういった事には
無関心な純粋な人であった。前野さんを含む兄弟には中野に住む
年老いたお父さんが居た。
しかし親をそんな争い事に巻き込んでは可愛そうだという事で、
稲毛にある自分の家に引き取り、当時45歳になる従兄弟の
男の人に面倒を見てもらっていたのである。
この時前野さんは自分の家に電話をかけたのだが、出たのは警察の人だったという。
前野さんのお父さんの面倒を見てくれていた45歳の従兄弟の人。

この人が急死したのである。原因は警察が調べているところなのだが不明らしい。
とにかく帰ってきてくれ、と警察に言われたのである。
「イヤな事が続くねぇ・・・。」
稲川さんは思わずつぶやいた。

192 :生き人形10:03/03/16 08:21
そして、色々とゴタゴタが続いたが舞台はいよいよ公演の日を迎える事が出来た。
評判は上々で、稲川さんや他の出演者達がTVに出演する事もあった。
そんなある日の公演。朝、稲川さんが現場に出向くとその場所にいる人達の様子がおかしい。気が付くと、美術さん、照明さん・・・ありとあらゆるスタッフや出演者達が怪我をしているのだ。包帯を巻いたり湿布を貼ったり・・・。
「ガラスで切った。」
「包丁をすべらせて刺してしまった。」
理由は人によって色々あるのだが、怪我の場所は全員が同じ「右手と右足」。
そして、その日の公演「昼の部」直前の事である。
稲川さん以外の出演者が全員倒れてしまったのである。
熱を出したり下痢を起こしたり・・・。とにかくお昼の公演は無理である。
お客さんには事情を説明して、お昼の部のチケットでも、その日最後の
「夜の部」を見られるように、見ない人にはチケットを買い戻すという措置が取られた。
そして稲川さんの発案で、大変ご利益があるというお寺に行って
関係者一同御払いをしてもらう事にした。
夜になる頃には具合の悪かった出演者達もいくらか回復し、夜の公演が無事に行なわれる事となった。
お昼の部のチケットを持っている人は、ほとんどが帰らずに夜の公演を見ることにしたらしく、
会場は立ち見客を含めて満員だった。そろそろ暖かくなってくる時期だし
それほどまでに人が大勢集まっているにもかかわらず、客たちは声を揃えた。

「この会場寒いよね・・・。」

193 :生き人形11:03/03/16 08:22
稲川さんは舞台の袖で待機していた。そこへ、稲川さんの家に居候していた人がやって来た。
何とも奇妙な顔をしている。
「稲川、おかしいよ・・・。」
「何が?」
「黒子さんの衣装を着た出演者は何人居る?」
「えーと、そうだなあ。少女人形3人、少年人形3人、それと舞台監督さんだから全部で7人だろ?」
「・・・8人居るんだ。」
「・・・ウソつけ!」
舞台の背面にある壁には、ホリゾントという幕が天井から舞台の床まで垂れ下がっている。
その幕に色々な光を当てたり影を投影させたり、特殊効果を与えて演出して行くのだが、
そのホリゾントと壁の間のわずかな隙間に人が立っているというのだ。
「・・・お前それ誰かに言ったか?」
「いや、言ってないよ。」
「言うんじゃないよ?・・・皆気にするからさ。」
とは言ったものの稲川さん自身も気になって当たり前である。
目は自然とその「誰かが立っている辺り」を見てしまう。すると、小さな明かりが2つ見えた。
(あぁ、なんだ。舞台監督さんか。メガネに光が反射してるんだな?)
と思って少し安心した。しかし、しばらく見ているとその小さな光2つが、
ゆっくりと稲川さんの方を見るように角度を変えてきたのだ。
(そんなはずって・・・ないんだよね・・・。)
この時の様子を、稲川さんは思い出すとゾッとするという。それもそうである。
もしメガネに光が反射しているのであれば、角度を変えた瞬間光を反射させている
「光源」からメガネまで光が届かなくなり、消えるはずだからだ。

194 :生き人形12:03/03/16 08:25
しかしこの時点では稲川さんは気が付かなかった。舞台監督さんの声が聞こえて来たからだ。
「稲川さん、こちらです。稲川さんこちらです。」
小さな声で誘導してくれる。
舞台が暗転、つまり真っ暗闇のうちに稲川さんは舞台に上がり、
所定の場所まで歩いていく。だが暗くて足元が見えないために舞台監督さんが誘導してくれるのだ。
舞台の真中辺りに稲川さんが差し掛かった時である。稲川さんはハッ!とした。
少年人形、少女人形の黒子さん6人は自分のすぐ間近に居る。
舞台監督さんはホリゾントの後ろ、つまり小さな光が2つある場所とはまったく違う、
舞台の反対側の袖に居るのだ。
居候の彼が言っていた事は証明されてしまったのである。

やがて稲川さんがスタート位置に付き、ホワイトスポットが稲川さんに当たり舞台が始まった。
その瞬間。
パーン!
という乾いた音と共に少女人形の右手が割れたのである。中からは骨組みが見えていた。
舞台も佳境に入り、ある役者さんがその少女人形を棺桶に入れて引っ張るというシーンでの事である。
棺桶は丈夫な木で作られた物で重さが8kgもある。
しかし大の大人が二人掛りでも持ち上がらないというほどの重さでもない。
しかし、持ちあがらない。まったくビクともしないのだ。
やがて棺桶からはフワ〜ッとドライアイスを入れたように霧が立ち込めてきた。

195 :生き人形13:03/03/16 08:25
「わ〜・・・。すご〜い。」
お客さん達は上手な演出だと思いこみ、拍手をしながら見つめている。
仕方が無いので棺桶はその場に置いておくこととなった。
やがて棺桶を引っ張る役の役者さんが戻ってきて舞台監督さんに尋ねた。
「・・・ドライアイスなんていつ入れたの?」
「・・・いや・・・入れてない。」
そして舞台は最後の場面を迎えた。声優の杉山和子さんという女性が、
後ろを向いたかと思うと老婆の格好から綺麗な女性に一瞬にして早変わりする、
というとても美しいラストシーンでの事である。
なにしろ外国の取材人が見て絶賛したほどの、最後の見せ場であった。
杉山さんが後ろを向いた瞬間の事だ。
なんと杉山さんがかぶっている頭のかつらに火が付いたのだ。
確かに演出で火は付く事になっていた。しかしそれは本当の火ではなく、
例えばボール紙を切りぬいて火の形を作り色を塗ったような、作り物の火なのである。舞台は騒然。
お客さん達もそれが演出ではなく事故だという事に気が付き大混乱となった。
そうでなくともあまりにも不可思議な現象が多発していた為にスタッフですらパニック状態である。
結局この日を境に舞台は、事情をお客さん達に説明して、公演その物を中止せざるを得ない状況にまでなってしまった。

そんな事があってしばらく経った頃。稲川さん達が行なったこの公演で
不吉な出来事が多発しているという事を知った東京にあるTV局の人間が、
「その怖い話を、TVで紹介するみたいな、そういう番組をやらせてくれないか?」
と、稲川さんに連絡してきたのである

196 :生き人形14:03/03/16 08:27
「いや〜・・・。それは・・・やめた方がいいんじゃないかな〜・・・。」
そう穏やかに警告した稲川さんだったが、TV局の人は熱心に稲川さんに相談してくる。
その熱意に押され稲川さんは結局、
(前野さんという、今は人形の責任者みたいな人がいるから、その人に聞いてみてあげる。)
と約束してしまったのだ。前野さんはすぐにTV局の人の要望を承諾したのだが、
前野さんは最後にもう一度だけ、中止になっていた舞台をやってからTVに出たい、と言ってきたのである。
しかし稲川さん自身は、あまりにもその舞台には不吉な出来事が起きていたので、
TVの仕事も舞台とも、縁を切りたいと思っていた。
しかし、いつもらしくない前野さんの半ば強引な勧誘に誘われ、シブシブ承諾してしまったのだ。
「じゃあ稲川ちゃん、明日TV局だよ。忘れないでよ!」
そういって前野さんは自宅に一度帰って行った。
自宅には、その日の朝まで元気だった父親が原因不明の死を遂げている事を知らずに。
この事を知った稲川さんは、人形について少し自分なりに調べてみようと思い立った。
従兄弟に続いて今度は前野さんの父親が死に、ますます状況は良くない。
それを聞いたTV局の人も「それはますます凄い!」
と、不謹慎にも大喜びしている。あの少女人形には何かあるはずだ・・・。
稲川さんの耳に不気味な話が入ってきたのはその頃だ。
行方不明となっていた、少女人形を製作した本人。彼が見つかったのだ。
京都の山奥で一人仏像を彫っているというのである。
しかし彼は東京から京都まで、いつどうやって行ったのか?
何の目的があったのか?完全に記憶が失われていた。まるで世捨て人のように。


197 :生き人形15:03/03/16 08:28
その場所にTV番組のレポーターとして小松方正さんがスタッフと共に向かう事になった。
小松方正さんを含めた関係者達は取材の前日、同じホテルに全員分を予約している。
しかし、ホテルに着いた関係者全員が今でも首を傾げるというのは、
いざ皆で取材に行こうと皆で待ち合わせ場所に行っても、全員がそろわなかった事だという。
同じ日に同じホテルである。インターホンもあるし、
連絡はいくらでも取れるはずだ。現にスタッフの一人が、
「これから皆で現場に向かうので、1階のロビーまで来て下さいね。」
と、確認の電話を全員に入れたらしいのだ。
後日稲川さんが小松方正さんに聞いてみたところ、小松さんの場合は
集合の電話をもらってまもなく1階のフロントまで行ったのだが、
誰もいないのでしばらく待っていたそうだ。それでも誰も来ないので
場所を間違えたかと思い、スタッフ達を探しに周ったらしい。
あるスタッフによれば、やはり集合の電話をもらってから間もなく
1階のロビーまで行ったのだが誰もいない。
つまり全員が全員「行き違い」だったのだ。
結局この撮影ではスタッフ達が集まらない為に撮影は中止。
全員で東京に引き上げたのである。
しばらくしてから、今度は一度スタッフだけ先行して
現地に向かおうという事になった。 しかしである。
TV局の人間が手配した新幹線の切符は、全員が全員、乗る時間、乗る電車、目的地が
バラバラで使い物にならないという事態が起きていた。
切符の手配をした人にもJRにも、まったく不手際はないのだ。

198 :生き人形16:03/03/16 08:29
そういった混乱がありながらもTV局も今度は強行日程である。
全員で到着するなり京都にいる人形の製作者にインタビューをして、
日帰りで東京まで帰ってきたそうだ。
ところが、東京に戻った彼らを恐ろしい出来事が待ち構えていた。
自宅に戻ったこのTV番組のディレクターの奥さんの、
首から下が真っ赤に腫れ上がっていた。原因は不明。
そして新幹線の切符を手配した女性の息子さんが交通事故に遭って入院していた。
更に脚本の構成家、彼の家で飼っている犬が、
前足がガクガクになってしまってまったく立てない。同じく原因は不明。
誰ともなしにそれらの出来事が起きた時刻を話してみると顔色が変わった。
ほぼ同じ時刻だったのだ。
稲川さんも含めたTVスタッフ達の間にも重苦しい雰囲気が立ち込めていた。
しかし撮影は進んでしまっているし番組も放送の構成をされてしまっている以上続行しなくてはならない。
稲川さんの家にもカメラは入って少し撮影して行ったそうだ。
そしていよいよ、今度はTV局のスタジオ収録の日がやって来た。
収録はそのTV局の最上階にあるリハーサル室で行われる事となった。

スタジオ内のほぼ中央にあるイスに腰掛けて合図を待つ。
目の前のカメラを操作している人や照明さんは、稲川さんとは旧知の間柄。
和やかに準備は進む。やがて開始の合図が出て収録が始まった。

199 :生き人形17:03/03/16 08:31
「・・・え〜、私つい最近人形と一緒に芝居をする事になりまして・・・。これは人形にまつわる」
「ごめ〜ん。カメラ止まっちゃった。」
仕方なく別のカメラを持ってきて撮影は再開された。
「・・・え〜、私つい最近人形と一緒に芝居をする事になりまして・・・。これは人形にまつわる」
「・・・また止まっちゃった・・・。」
故障が立て続けに起きてしまったのだ。今現在使えるカメラがここには無い、
という状況になった為、倉庫においてある古いカメラを持ってくる事となった。
用意されたカメラは、太いワイヤーの付いた巨大なカメラ。
今から20〜30年前くらいに使われていたようなカメラである。
しばらくのセッティングの後、撮影は再び始まった。
しかし、この頃になると稲川さんを含めたその場にいる人間たちの間に
いいじれぬ恐怖が漂っている。
そうでなくても色々な事故や不吉な出来事が起きているお芝居の話であり、
今はその話を扱うTV局にも降りかかってきているのだ。
しかし稲川さんは恐怖を我慢して気分を落ち着かせ、冷静に話し始めた。
「・・・え〜、私つい最近人形と一緒に芝居をする事になりまして・・・。これは人形にまつわる」

ドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!

突然リハーサル室の扉を叩く音がスタジオ中に響き渡った。
カメラは回っている。外の壁には「本番収録中」を知らせる赤いランプが点灯している。
それにそもそもここはTV局である。 そんな事をする人間はTV局内には一人もいない。
しかし扉を叩く音は段々と大きくなって行く。
ドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!

200 :生き人形18:03/03/16 08:32
稲川さんもその音のあまりの大きさに驚きながらも、
カメラは回り、本番の撮影中であったため話を続けた。
しかし、ふと稲川さんは視線を感じた。番組のディレクターである。
彼は稲川さんの様子を見て、観客を見て、スタッフを見た。
明らかに困惑しているのである。 尚も扉を叩く音は鳴り止まない。
ドンドンドンドンドンドンドンドンドン!!!
するとディレクターが真っ青な顔をしながら扉の方に向かって走って行き、扉を勢いよく開けた。
バーン!!!
誰も居ないのである。
現在稲川さんたちが居るここのスタジオは通称「Aリハーサル室」と呼ばれており、
廊下を挟んだ向かい側にもう一つ「Bリハーサル室」がある。
しかしこの時「Bリハーサル室」は使用されておらず、扉には鍵がかかっていた。
さらに、この階は廊下が1本道で、奥の突き当たりにエレベーター、
そしてエレベーターの横に階段が一つあるだけで他に隠れるような部屋は無いのである。
それにも関わらず誰も居ないのだ。
パタパタパタッ・・・!
と走り去るような音が聞こえるのであればまだ、いい。 そんな音すら何も無かったのだ。
結果的にこの番組は、その後関係者達やTV局に事故があまりにも
多発したために収録は中止。放送もされる事は無かった。
しかししばらくすると、今度は東京にあるもっと大きなTV局から
稲川さんの元に依頼があった。その少女人形にまつわる色々な怪奇な出来事を、
紹介してくれというこの前のTV局とほとんど同じような内容であった。
当時稲川さんはこのTV局で放送されていた芸能人の私生活追跡!
みたいな番組で突撃レポーターといった役で出演していた。
そして時期も丁度夏場であった為、この番組のディレクターが
稲川さんに声をかけたのだ。
稲川さんもあまり深く考え無いようにしていたため、これを承諾した。

201 :生き人形19:03/03/16 08:34
そして収録の日、TV局に着いた稲川さんが楽屋で休んでいると
前野さんが例の人形を大事そうに抱えて到着した。
その人形を見たとき、稲川さんはある事に気が付いた。
人形の髪が伸びているのである。
以前稲川さんがその人形を見た時には、おかっぱのセミロングであった髪が、
この時点では完全に肩にかかっているのである。
一瞬自分の気のせいかとも思った稲川さんだったが、
どうにも釈然としなかったらしい。
やがて前野さんは、楽屋にいるメイクさんからクシを借りて人形の髪をとかし始めた。
その様子をなにか背筋に寒い物を感じながら見ていた稲川さんに、
前野さんが話しかけてきた。前野さんは当時51歳であった。
「他の人形は売ったっていいんだけど、この人形とだけは絶対に別れられないからね・・・。」
尚も前野さんは笑顔で人形の髪をとかしている。
その後リハーサルが行なわれ、45分後に本番が始まった。
この番組は生放送である。しかし本番が始まったとたん、停電になってしまった。
他のスタジオや調整ルームに連絡してみると、不思議な事に他の場所は停電になっていなかった。
やがて電力も回復し、あらためて本番が始まる事となった。
人形には紙風船が付けられてイスに置かれ、床には玉ジャリが敷かれ、
背後に黒い大きな幕が垂れ下がっている。
そして番組司会の野村さんという人物が
「次は火曜日に出演している稲川さんのお話による、人形にまつわる怪奇なお話です。」
といった紹介をした後に人形が映り、CMに入る・・・という段取りであったのだが、
人形が映った瞬間に背後に下げてあった幕を天井につないでいる何本ものヒモが
スパッ!!!

202 :生き人形20:03/03/16 08:35
と音を立てて一斉に切れ、幕が床に落ちてきたのだ。
1本1本、プツンプツンと切れるのではなく、同時に切れたのである。
そして落ちてきた幕が人形に当たり、人形はあたかも人間が
床に崩れ落ちるかのようにガクガクッと体中の間接を動かしながら床に落ちた。
そして次の瞬間、TV局においては絶対に起きてはいけない、
というよりは起きないはずの事が起きてしまった。
天井に設置してある照明が落ちてきたのだ。
照明一基とはいえ、一つ一つは大変な重さである。
それ故落ちてきたらこれほど危険な物は無いため、絶対に落ちないように
鎖で何重にもつなぎ、固定してあるのだ。 落とそうにもなかなか落ちない物なのである。
それが落ちてきてしまった。 さらに、照明が落ちてきた地点とは
離れた場所にあったカメラが壊れてしまったのだ。
そして、この時スタジオに居たスタッフが一人、後日亡くなったそうだ。
原因は不明。この番組にアシスタントとして出演していた
女性のタレントも、後日交通事故を起こし、
雑誌で一斉に騒がれた為に、その後芸能界から完全に引退してしまった。
こういった事件が次から次へと起きる事を知った稲川さんは、
前野さんに相談を持ちかけた。
「もう、この人形を人目にさらすのはやめよう。舞台の事も
その後の事件の事も、この人形にまつわる色々な
不幸を番組で話すのも、いい加減にやめよう。」
という事であった。それほどまでに色々な事が起きすぎていたのだ。

203 :生き人形21:03/03/16 08:37
前野さんも稲川さんの話に納得し、稲川さんと前野さんは2人でこの人形を、
久慈玲雲さんという有名な霊能者の方が居る事務所に持っていき、供養をしてもらう事にした。
その後はお寺に納めてもらおうと思ったのだが、久慈玲雲さんは
「イヤだ。その人形は見たくない。」
と言って稲川さん達の申し出に応じないのである。
久慈玲雲さんはこの人形を今まで一度も見たことが無いのだが、
まるで全てを知っているかのように2人に説明してきた。
「こういうのは怖い。人間には魂があるけれど、人形には当然魂は無い、
だから色々な念が入りやすい。もし動物や子供の霊が入ってきたらたまらない、私にも手に負えない。」
しかし2人も必死にお願いして、結局久慈玲雲さんもしぶしぶではあるが供養してくれる事となった。
2日後。
稲川さんと前野さんの2人は人形に宿っているかもしれない
得体の知れない何かが成仏してくれたという事を話題にしながら久慈玲雲さんの事務所を訪れた。
お礼を言いに来たのである。しかし、事務所は閉っていた。「あれ・・・?おかしいな。」

仕方が無いので電話で連絡を取ってみてもつながらない。
仕方が無いのでこの日はあきらめる事とした。
やがて1週間後に、今度は稲川さんが1人で事務所を訪れたが、
やはり閉っている。しかしいつの間にか事務所の看板は無くなっていた。 それっきりであった。

稲川さんは久慈玲雲さんとまったくの音信不通となり、完全に行方不明となってしまった。

204 :生き人形22:03/03/16 08:39
それから随分と経った頃の話である。
稲川さんが、久慈玲雲さんが亡くなっていた事を知ったのは。
稲川さんの知り合いで、雑誌記者の人物がおり、この人も久慈玲雲さんの事を
探していたらしいのだ。この人が久慈玲雲さんの様子を克明に調べ、雑誌に掲載したのである。
それによれば、稲川さんと前野さんの2人が人形を持って訪ねた日の夜、
突如倒れたのだ。しかしその場に居た人にも原因が分からなかったために病院に運んで行ったのだという。
久慈玲雲さんというのはかなり大柄な、体重も80kgを超える太った
女性の方であったのだが、3日でガリガリにやせ細ってしまったそうだ。死亡時の体重、なんと30kg台。
首を傾げ、不可解な笑みを浮かべた死に顔だったという。
「・・・そんな事あるの・・・?」
とても信じられない話に稲川さんも驚いたという。
その後稲川さんは前野さんに、この人形は写真を撮って、
その写真だけ大事に持ち歩いているようにして、人形はお寺に預けようともう一度持ちかけた。
前野さんも納得し、稲川さんは知り合いのカメラマンの方に相談してキレイな写真を撮影してもらう事にした。
久慈玲雲さんの事務所から引き取った人形を前野さんが撮影スタジオに持って行き、撮影は行なわれた。
稲川さんと前野さんの2人は建物にある休憩所で待っていたのだが、写真を現像し終わった
カメラマンが、悲鳴を上げながら暗室から飛び出してきた。
驚いた稲川さんはその、たった今現像した人形の写真を見て思わず声を上げた。
今3人の目の前にある人形はまったくの普通である。しかし、
写真に映ったその人形の姿は、すでに少女の姿ではなかったのだ。
髪は床まで伸び、目は切れ長で妖艶な唇を持ち、真っ白い肌で顔立ちはほっそりとしていた。
それは紛れもなく成人した女の姿で映っていたのである。
3人はその場に立ち尽くすしかなかった。

205 :生き人形23:03/03/16 08:41
しかし、稲川さんはこの時の事を思い返して悔やまれるのが、
2人でお寺に人形を預けに行けば良かった、という事だという。
前野さんはその後、稲川さんから 「間違いなく預けるようにね。」
と念を押されていたにも関わらず、預けずに自分の家に持って帰ってしまったのだ。

その後、今度は大阪にある有名なキーTV局から稲川さんの元に依頼があった。
もはや3回目となるのだが、やはり時期も丁度いいしあの人形についての番組を
撮りたいから稲川さんにも出演して欲しいという事だ。
この番組は毎週月曜日から金曜日のお昼14:00から放送している大変な人気番組であった。
「稲川さん、おすぎさんから聞いたんですよ。今話題に
 なってますよね?シーズンも夏ですし、ぜひやりたいんですよ。」
「いや・・・もう、やめて下さい。あの話はしたくないんですよ。
申し訳ありませんが行けません・・・。」
稲川さんはハッキリと断った。もはやあんな恐ろしい思いをするのはご免だったのである。
しかし、ディレクターの話を一度は断った稲川さんの元に、
何度も誘いが来る。その内稲川さんと親しい人物も依頼をして来た為、
とうとう断りきれずに番組への出演を承諾してしまったのだ。
「分かりました、では人形使いの前野さんという方と一緒に出ましょう。」
こうして稲川さんと前野さんの2人は新幹線で大阪に向かった。
そして番組のリハーサルが始まった。稲川さんはスタジオの真中に置かれたイスに座り、
話す事となっている。稲川さんの背後には黒い大きな幕が天井から垂れ下がっている。
黒い幕の前には番組のタイトルを書いた大きなパネルの吊り下げられている。
リハーサルが始まり、いざ稲川さんがイスに座ると天井の方から
ヒューーーーーーーーーーー・・・。
という、笛の音のような音が聞こえてきた。

206 :生き人形24:03/03/16 08:42
(おぉ・・・雰囲気でてるなぁ・・・。)
思わず稲川さんもそう思ったほどその音はハッキリと、大きく聞こえてきた。
ここのスタジオは通常とは違い、実際に収録する場所と音声等を調整する調整ルームが同じ床の上にある。
通常は調整ルームだけが同じ階とはいえ階段を上っていった天井近くのスペースにあり、
管理するのだ。その調整ルームから声が聞こえてきた。
「いいかお前ら!今日も番組成功させるぞー!失敗しても幽霊のせいにはしたらいかんぞ!」
「何言ってるんすかー、アハハ。」
楽しそうに話している声である。
本番まではまだ時間があるため、稲川さんは前野さんを誘いコーヒーでも飲もうと、休憩コーナーに向かった。
するとそこではなにやらトラブルがあったらしく、複数のスタッフが大声で怒鳴り合っていた。
何事かと思い遠巻きに様子をうかがう稲川さん。
「おい!なんじゃい、あの音は!」
「い、いえ・・・。それが俺達にも分からんのですわ・・・。」
「分からんって・・・お前ら音声だろうが!?」

するとその場に居た別のスタッフが、スタジオ内の音声を管理する現場の責任者を見つけた。
先ほど調整ルームでスタッフに気合を入れていた人物である。 この管理者もこの場に呼ばれたのだ。
「あ、来ました。チーフです!」
「なんすか?」
「さっきから聞こえてるあの音はなんなんですか!?」
「いや〜・・・俺らにもサッパリ分からんのです。」
「あ・・・分かった。ふざけてそんな事言ってるのとちゃいます?」
緊迫した空気が少しやわらいだ。笑い声も沸き起こる。
「そんな事しませんって!バカにせんといて下さい!!!」
「またまた〜、何言っとるんですか〜。この、この〜。」
「・・・わし、やっとらんぜ!!!」

207 :生き人形25:03/03/16 08:45
管理者は本気で怒り出してしまった。その様子を見た周りのスタッフたちの間に、再び重い空気が流れる。
稲川さんと前野さんは邪魔しないように静かに缶コーヒーを飲んでいたのだが、
その稲川さんの元に遠くから廊下を走ってくるスタッフが1人いた。
もの凄い勢いで走ってくる。そして息を切らせながら稲川さんに話しかけてきた。
「す、すいません稲川さん。今・・・番組に出演するはずだった霊能者の方が、
局の前の道路で車にはねられちゃったんです・・・!」
「・・・えぇっ!?」
思わず窓の外に目を向けると、外からはパトカーや救急車のサイレンの音が聞こえてくるのだ。
ファンファンファンファン!!!
「・・・あれがそう・・・?」
「そうなんです・・・!」
「で・・・どうするの?」
「えぇ、ですから本番に間に合うかどうか分からないんですが、別の霊能者の人を
呼びますから、番組の中でつないで欲しいんですよ。」
「うん、分かった。つなぐよ。」
するとその場に、同じ事を稲川さんに報告しに、プロデューサーがやって来た。
「稲川さん、実は大変な事になっちゃって・・・。」
「えぇ。今ADの彼から聞きましたよ。大変ですね。」
「いや・・その事だけじゃないんですよ。」
「・・・?」

208 :生き人形26:03/03/16 08:45
聞くところによると、その霊能者の人は「2人目」だというのだ。
最初の1人目は、前日の夜にそのプロデューサーがTV局の
向かいにある大きなホテルのバーで会っていたのだという。
その場では翌日の収録についての軽い打ち合わせのような事が行なわれていたのだが、
その霊能者の人がそれまでは翌日の出演について特に
何も言っていなかったにも関わらず、打ち合わせの最中急に
「・・・やっぱり、申し訳無いんですが明日の出演はやめさせていただきます。」
と言って来たというのだ。
「えぇっ!?ど、どうしたんですか、急に!?」
「いえ、申し訳ありませんとしか言えません。わたしは行かない方が良いみたいです。」
「そ、そのような事を今になって急に言われても・・・。どうしたんですか?一体・・・。」
「・・・これはちょっと、私の手には負えないようです・・・。」
「なにがですか?」
「・・・さっきからあそこで・・・女の子が私の事をジーッと見てるんです・・・。」
と言ってプロデューサーの背後の方角を指差した。
思わず後ろを振り向くプロデューサー。
「・・・誰もいないですよ・・・?」
「・・・いえ、わたし見えてますから・・・。多分・・・人形の女の子だと
思います・・・。私行ったらきっとまずい事になります・・・。」
「・・・いや、あの・・・そんな事はないですよ。」
「いや・・・まずいです・・・。」
「そこをどうにか・・・頼みます!」
「・・・分かりました・・・。では行きましょう。」

209 :生き人形27:03/03/16 08:47
こうして1人目の霊能者の人は出演してくれる事になったのだが、
プロデューサーと別れた後、この霊能者の人は原因不明の高熱を出し、倒れてしまったという。
その為に出演は無理という事になり、仕方がなく大急ぎで別の霊能者の人物を探し出し、
TV局に来てもらう事となった。
その2人目の霊能者の人もまた、局の目の前で車にはねられるという事故に遭ってしまった訳である。
そして霊能者の人が不在のまま番組は始まった。生放送である為に本番である。
稲川さんはイスに座り前方を見た。
しかし丁度真正面から強いライトが当たっている為に、まぶしくて前がよく見えない。
話し始める合図は誰が出してくれるのか分からない稲川さんは横を見た。
すると、背後にある黒い幕が引っ込んでいるのだ。
分かりにくい状況の為補足すると、稲川さんたちがいる側を黒い幕の表として、
そして幕を隔てた向こう側を裏とする。裏側にもし人が居たり何か物が置いてあるのであれば、
幕が稲川さん達が居る表側の方に向かって出っ張っているはずだ。
しかしそうではなくて、稲川さん達が居る表側の方から裏に向かって幕が引っ込んでいるのである。
当然、何も無い。 その引っ込みが、徐々に稲川さんに向かって進んでくるのだという。
(うわ・・・イヤだなぁ・・・。)
そう思いゾッとした稲川さんであったが、カメラに向かって話し始めた。

やがて話も一段落して、稲川さんはゲストの席に座る。
3人目の霊能者の人も本番中に間に合って、稲川さんの横に座った。そして挨拶をする2人。
「今回はよろしくお願い致します。」
「いえ、こちらこそ。・・・ところで稲川さん、今何か感じませんか?」
「えぇ、今こんな事があったんですよ・・・。」
と言って稲川さんは黒い幕の所で見た不可解な現象について説明した。
すると霊能者の人はこんな事を口にした。
「えぇ・・・ここに居ます・・・。」
と言って稲川さんの肩の上のあたりを指差した。

210 :生き人形28:03/03/16 08:48
「え・・・?」
「・・・居るんです・・・。今稲川さんの上に男の子が1人・・・。」
そしてさらに、番組の段取りには無い事を言い出した。
それによれば、番組を観にスタジオまで来ている奥様達が大勢座っている観客席の上に、
照明がたくさんセットされている太くて長い棒がある。その棒が
この時にはちょうど観客席の真上にあったのだが、
「お客さん達が危ないから、皆さんどかして下さい。」
と言って来たのだ。稲川さんもさすがに(何を言い出すんだろう。)と思ったという。
この事を聞いたスタッフが、
「すいませ〜ん、ちょっと移動して下さ〜い。」
と言いながら観客の奥様達を誘導して別の席に移した。
すると次の瞬間、
ガシャーーーーーーーーーーン!!!
という物凄い音を立てて、その太い棒をつないでいる2本のクサリのうち、
1本が切れて棒が宙吊りの状態になって、音を立てて揺れている。
ガシャン!!!
ガシャーーーーーーーーーーン!!!
ガシャン!!!
その光景を見た番組司会のタレントの男の人は、口を開けたまま呆然と見つめている。
「な・・・なんや、これ・・・どないなっとんや・・・。」
そう言ってブルブルと震え出した。
観客の奥様達も恐怖のあまり泣き出してしまった。
すると別のフロアからスタッフが1人、大声で叫びながら本番収録中のそのスタジオに駆け込んできた。
「い、稲川さーん!!!た、大変でーす!!!電話が鳴りっぱなしです!!!
視聴者の人達からで、稲川さんの斜め上と少女人形の斜め上に男の子が1人映ってるというんです!!!」

211 :生き人形29:03/03/16 08:49
この言葉を聞いた司会者が、半狂乱で叫んだ。
「モニター回して見せてみー!!!」
スタッフの誰かがモニターを司会者や稲川さん、霊能者の人、
番組のアシスタント達に見えるようにクルリと向きを変えた。
視聴者が生放送中の番組をTVで見たら霊が映っていた、などといった生半可な状況ではない。
現在出演中の稲川さん達タレントやスタッフたちにも、実際の場所には
誰も居ない場所を映し出した映像上に、ハッキリと確認できる程鮮明に男の子が1人映し出されているのだ。
「イヤーーーーーー!!!」
それを見たアシスタントの女の子は泣き叫んでしまった。
現場のカメラマン達もガタガタ震えている。相変わらずスタジオ内では
ガシャン!!!
ガシャーーーーーーーーーーン!!!
ガシャン!!!
と天井からぶら下がっている棒が音を立てて揺れており、
ヒューーーーーーーーーーー!!!
という笛の音のような音も先ほどよりも明らかに大きくなっている。
プロデューサーはただおろおろと狼狽するだけである。
「なんや・・・どないなっとんのや・・・この番組どうなっとんのや・・・!!!」
「キャーーーーーッ!!!」
「ヤダーーーーーッ!!!」
ガシャン!!!
ガシャーーーーーーーーーーン!!!
ガシャン!!!
「おい!!!あの音何とかしろって言ってんだろうが!!!」
「こっちだって何がなんだか分かんねーんだよ!!!」
ヒューーーーーーーーーーー!!!
「ウワーーーーッ!!!」
「おい!鎖持って来い鎖!あとハシゴ!」
「ギャーーーーッ!!!」

212 :生き人形30:03/03/16 08:50
スタジオ内は騒然としてパニック状態である。
番組はあわててCMを流し、事態を収拾しようという事となった。
しばらくしてスタジオ内に居た観客やスタッフ、稲川さん達出演者もだいぶ落ち着いてきて
怪現象も収まったのだが、もはや番組としては成り立たなかった。

放送を終えた稲川さんは前野さんに声をかけた。ちょっと寄り道して行こうと思ったのだ。
当初の予定では稲川さんと前野さんの2人は、先ほどのお昼の番組の放送を終えた後、
大阪に居る稲川さんと親しい友人の3人でお酒でも飲んで、その夜はホテルにでも
泊まって翌朝東京に戻り、稲川さんは夕方からの番組に出演するという事となっていた。
しかしあまりにも状況がひどかった為稲川さんも落ち込んでいた。早く大阪から離れたいと感じていた。
そういった事情を説明して大阪の友人と会う約束を丁重に断り、稲川さんは前野さんを
西伊豆の戸田という場所にあるホテルに寄って行こうと誘ったのだ。
というのも、このホテルは稲川さんの所属する事務所の女性の父親がこの場所で経営しており、
この日は稲川さんの家族やマネージャーの家族、その他友達や事務所の人間、
タレントではロス・インディオスのリーダーといった稲川さんと親しい人達が事務所の女性に
誘われて泊まりに行っていたのだ。
重苦しい気分を払いのけたかった稲川さんは、こういった人達と楽しく遊んで行こう、と考えたのである。
「それでいいかな?前野さん。」
「うん、いいよ。」
こうして2人は人形を持ってTV局を出て、新幹線「こだま」に乗って西伊豆の三島駅に向かった。
しかしここで、今だに稲川さんが理解に苦しむ不可解な現象が起きた。
大阪で生放送が行なわれたお昼の番組は、先ほども述べたように
お昼の14:00から1時間放送される。15:00に終了するのだ。
それから新幹線に乗るために駅に向かったとしてもせいぜい30分かかるかどうか?といったところである。
大阪から伊豆の辺りまでは新幹線で正味4時間ほど。20:00前後には到着する、はずだ。
だが実際に2人が伊豆の三島に到着してみると時間はすでに真夜中の0:00近くになっており、
稲川さん達が乗った新幹線がこの日の最終だったのだという。

213 :生き人形31:03/03/16 08:52
その三島駅から戸田のホテルまでは、一度バスに乗って小さな港まで行き、
そこから船で行く事になっていたのだが、バスも船もすでに運行を終了している。
仕方なくタクシーで行こうとしても、タクシーの運転手達はどの人も
「あそこはもう今の時間だと、陸の孤島となっちゃうから遠くて行けない。」
という事で乗せてくれないのだ。仕方が無いので稲川さんはホテルの管理人、
つまり事務所の女性の父親に連絡をとり、迎えに来てもらう事にした。
そして車に乗りこみホテルまで向かったのだが、行きの道中に前野さんが
稲川さんに心配そうに話しかけてきた。
「稲川ちゃん、大丈夫かな?」
「・・・なにが?」
聞いてみると、少女人形は紙に包んで袋に入れて、車のトランクに
入れているのだが夜道で、しかも舗装も荒れた道路の為に車はガタガタ揺れている。
その為人形が壊れないか心配だと言うのだ。
「稲川ちゃん、大丈夫かな?」
「ちょ、ちょっと前野さん、やめなさいよ・・・。」
稲川さんは小さな声で前野さんに注意した。せっかく乗せてくれている
管理人のお父さんに失礼だと思ったのである。
そうこうしている内に、今度はフロントガラスの向こうからこちらに
向かって白い光が幾つも飛んで来るのが見える。
まるでムササビのようなその光は、止むどころか段々と増えてきた。
しかし不思議な事に車を運転している管理人さんにはまったく気づいていない。
稲川さんと前野さんの2人はその様子を息を呑みながら見つめていた。
「あ・・・、あぁ・・・。」


214 :生き人形32:03/03/16 08:53
光が飛んでいくたびに前野さんは声を出す。
「・・・やめなさいよ。あれはムササビなんだから・・・。」
前野さんだけでなく自分にも言い聞かせるように、稲川さんはそう言った。
やがて車はホテルに到着した。中には親しい友人達が待っている。
稲川さんもみんなに早く会いたかったし、大勢で盛り上がろうと思っていたために
大きな声で挨拶をしながら大広間の扉を開けた。
「お〜い、みんな元気か〜!?」
「・・・・・・・・・・・・。」
シーン・・・として声は無い。その場に居る誰もが表情をこわばらせ、
無言で座っていた。頭を抱える者。小刻みに震えている者・・・。
その様子を見た稲川さんは驚いて事情を聞いてみた。
「ど、どうしたの?・・・みんな?・・・何があったの!?」
しかし、特に理由は何も無いのだという。理由も無いのに、みんなが
示し合わせたかのように口をつぐみ、落ち込んでしまっていたのだ。
予想外の状況に戸惑った稲川さんだったが、そのあとから前野さんが静かに部屋に入ってきた。
挨拶もせずに黙って入ってきた前野さんは稲川さんやその他の人達の前を素通りし、
部屋の一番奥まで人形を抱きかかえて持って行き、人形を置いて包みから出そうとする。
稲川さんをはじめその場の人達は何気なくその様子を見ていたのだが、
袋から出てきた少女人形の姿を見て、アッ!と息を呑んで驚いた。

それは人間の顔ではなかった。
切れ長だった美しい眼は顔の半分以上はあろうかという位に醜く腫れ上がり、
静かな微笑を携えていた口はだらしなく開いて、横に大きく裂けている。
髪はボサボサに伸び、乱れている。。
それはまさに「化け物」といった方がいいような、そんな代物であった。
その場に居た全員が、稲川さんと前野さんが出演した舞台を観たり、
あるいは楽屋で見かけたりして、以前その人形がどういう姿形であったか?
という事を知っている為に、あまりにも恐ろしいのだ。
とうとうみんなは怖くてその夜は眠れず、翌朝早々に引き上げたそうだ。

215 :生き人形33:03/03/16 08:56
うわ・・・何だよこれ・・・。」
その気味が悪いポスターが気になりながらも、稲川さんは扉を開けて玄関に入った。
「ただいま〜。気持ち悪いポスターだね、誰が貼ったの?」
すると家の奥から声が聞こえてきた。
「稲川ちゃん・・・。」
前野さんであった。 驚いた稲川さんは前野さんに色々な事を質問して行く。
「ど、どうしたの前野さん!?どこ行ってたの!!!」
「稲川ちゃん大丈夫だよ・・・。今日家を出て来る時に三角の
白い紙を置いて来たからね・・・。あれが四角になれば全てが丸く収まるよね、稲川ちゃん・・・。」
しかしこの様な訳のわからない事を言って来るだけで、何も答えようとしない。いや、答える事が出来ない。
2ヶ月半の記憶が失われていたのだ。
だから自分がどこに行っていたのか、どうやってそこに行ったのか?まったく分からない。
さらに何も身分を証明する物を持っていなかったためにどこの誰からも連絡が無かったのだ。
前野さんは体格も良く、髪も長く伸ばしているおしゃれな紳士だったのだが、
服装は浮浪者さながらであり、髪は真っ白に色が落ち、頬はこけてやせ細っていた。
その様子を見て只事ではない状況を察した稲川さんによって急いで病院に担ぎ込まれた前野さんは、
周囲の人達の看護の甲斐もあってか徐々に回復し、意識も正常な状態に戻って行った。
「あぁ〜、良かった〜。前野さんが元に戻って・・・。」
「心配かけてご免ね、稲川ちゃん。」
「でも、ほんとにどこに行ってたの?」
「う〜ん、それが全然思い出せないんだよね。」
前野さんの回復を喜んだ稲川さんは毎日のようにお見舞いに行き、前野さんを励ました。
それからしばらくしたある日の事である。
今ではすっかり回復した前野さんの元に、東欧の方の芸術団体から誘いがあった。
もともとこの前野さんという人物は、日本でも屈指の日本人形使いであり、
その舞台の高い芸術性は海外でも広く紹介されるほどの才能を持った人であった。

216 :生き人形33 ↑は34:03/03/16 08:58
後日。
その話を聞いたそのホテルの管理人の奥さん、つまり事務所の女性の母親が、
その人形を供養するという意味で自分が人形の着物を作ってあげましょう、
という事を稲川さんに伝えて欲しいと言って来た。
この事務所の女性の実家というのは、代々着物を作り家紋を染め上げるような
仕事を生業として来た由緒ある家柄であった。
そして稲川さんは前野さんに頼み、人形をそのホテルにもう一度持って
行ってもらい奥さんに渡して、人形の着物を作ってもらう事にした。
この日の夕方。
TV局に仕事に向かう準備をしていた稲川さんの元に前野さんがやって来た。
「やぁ、前野さん。どうしたの?」
「うん、稲川ちゃん。今人形を置いて来たんだけど、茶巾寿司とお茶を置いてきたし、
お腹も空かないしのども乾かないよね?」
という事を言って来たのだ。
(あぁ・・・前野さんもきっと怖かったんだな・・・。)
稲川さんはふとそう思ったという。
そしてこの年の秋。稲川さんと前野さんはこの人形を使って最後の舞台を
公演する予定だったのだが怖いので使わず、別の人形を使って公演を行なった。
やがて舞台は順調に進み、千秋楽を迎えた。
その後事務所にはスタッフや出演者、その他関係者達が集まり打ち上げ
パーティーが盛大に執り行われた。しかし稲川さんはこのパーティーには参加できなかった。
その翌日の事である。 稲川さんはパーティーに出ていたスタッフの1人から奇妙な話を聞かされた。
パーティーの途中から、前野さんの姿が見えなくなり、いくら探しても見つからなかったというのだ。
誰に聞いてもその行方は分からない。 前野さんといえば、
稲川さんと並んで実際に人形を扱う影の主役のような大切な人物であるから、
八方に手を尽くして探してみたがどうしても見つからず、忽然とその姿はどこかに消えた。
行方不明となってしまったのだ。 その後も稲川さんやスタッフたちは前野さんの行方を
探したがまったくつかめず、月日だけが過ぎて行った。
1ヶ月・・・2ヶ月・・・そろそろ3ヶ月が過ぎようか? という頃。
その日の仕事を終えた稲川さんが自宅に帰ると、玄関の扉に大きな目玉のポスターが貼ってある。

217 :生き人形35:03/03/16 08:59
その前野さんにヨーロッパで公演を行なって欲しいという誘いがあったのだ。
これはもう大変な名誉である。この事を聞いた稲川さんも大喜びで祝福した。
「良かったね〜、前野さん」
「「あぁ、ありがとう稲川ちゃん。ついでにアメリカの方も寄って行きたいね。」
毎日こんな事を話しながら前野さんの出発は近づいて行った。
そんなある晩の事である。
自宅でくつろいでいた稲川さんの元に1本の電話があった。
前野さんからであった。
「はい、もしもし?」
「やぁ、稲川ちゃん。」
「あぁ、前野さん。どうしたの?」
「いよいよ明日出発なんだよ。」
「そうか〜、頑張っておいでよ。」
「うん、楽しみだしね。」
「それでさ・・・。」
稲川さんは前野さんを激励し、その後2人はとりとめも無い会話を少し交わした。
そして、稲川さんは何気なく人形の事を思い出して前野さんに聞いてみた。
「あ、そういえば前野さん。人形はどうした?」
「あぁ、人形は作ってくれた人の所に今日持って行って、預かってもらう事にしたよ。」
「そうなんだ。それなら安心だね。」
人形を作ってくれた人というのは、今は京都で仏像を彫っているという例の人物である。
そんな事を話しながらも、稲川さんは時間も遅いので電話を切る事にした。
「じゃあね〜、おやすみ〜。」
ガチャン。
翌日。

218 :生き人形36:03/03/16 09:00
仕事を終えて帰ってきた稲川さんに、稲川さんの奥さんが話しかけてきた。
「ただいま〜。」
「あなた・・・大変よ・・・。」
「なにが?」
「前野さん死んだみたい・・・。」
「なんだそれ!?死んだみたい、って、どういう事なんだよ!」
あまりに突然の話に動揺しながらも、稲川さんは奥さんに事の真相を
聞いてみた。
「焼け死んだんだって・・・。」
「いつ!?」
「夕べ・・・。」
「???らしいってのはどういう事なんだよ!?」
というのも、この火災は新聞やニュースでも取り上げられたのだが、
遺体の身元がどうにもハッキリしないらしいのだ。
この時点、当然警察による検死は行なわれていたのだが
未だ不明なのだという。
深夜に前野さんの家から出火したのだから、出てきた焼死体は
当然前野さんである可能性が高いにもかかわらず、である。
「そんな訳ないよ!!!だって俺、夕べ前野さんと電話で話してたんだもん!!!」
・・・しかし残念ながらその遺体は前野さん本人であった。
しかし稲川さんはどうにも釈然としなかったという。
稲川さんはこの前野さんとは長い付き合いであったから前野さんの
人柄というものを熟知している。

219 :生き人形37:03/03/16 09:00
それによれば前野さんという人物は大変几帳面であり、
寝タバコはしない、お酒だっていい加減な飲み方はしない、という性格であった。
ましてや翌日には海外への出発を控えた大事な夜に、酒を飲んだくれて
潰れてしまうような事など、考えられない事だというのだ。
それにそもそも酒には相当強いというのもある。
結局、前野さんが泥酔して火事を出したという事でこの件は落ち着いたのだが、
ある日稲川さんは奇妙な事に気が付いた。
警察が割り出した前野さんの死亡時刻の事である。
よくよく思い出してみれば、稲川さんが前野さんと電話で話していたのは
「火事の真っ最中なのである。」
もし仮に稲川さんと電話で話した後に前野さんがお酒を飲み、酔ってしまって
火事になっている事にも気が付かないほどに意識を失うまでには
相当の時間がかかるはずだ。
しかし前野さんは稲川さんに電話をかけてきた・・・。
稲川さんはこう言う。
「・・・という事は、俺と話しているときには前野さんの周りはすでに
炎に包まれていたか、もしくは・・・すでに前野さんは死んだ後だった
という事になるんですよね・・・。」
稲川さんは前野さんという親しい友人の死ををきっかけに、この事件にはほとほと嫌気が差し、
完全に忘れようと心に誓った。
その後も何回かこの話をTVの怪奇特集で取り上げたいという話が
持ちかけられたのだが、もはや稲川さんはまったく聞く耳を持たなかった。
一刻も早く忘れたかったのだ。
それにこの話をする事によって周囲の人間に不幸が訪れるのもイヤだった。

220 :生き人形38:03/03/16 09:02
そして10数年の年月が流れた。

もはや人形やそれにまつわる色々な事件の事も人々の心から忘れ去られようとしていた。
稲川さんの元に一本の電話があった。 電話の主は、西伊豆のホテルを経営する父を持つ女性からであった。
今は結婚して会社を退職している。 関西のTV放送の後、この女性の父親の経営するホテルがある西伊豆まで
稲川さんと前野さんの2人が向かった、という事があったのはご存知の通りだ。
「やぁ、久しぶりだね。」
懐かしさに色々な昔話を楽しく交わしていた稲川さんと女性であったが、
ふと女性が稲川さんに相談事を持ちかけてきた。
「稲川さん、ちょっと相談があるんですが・・・。」
それまでの明るい話し声とはうってかわった深刻な口調に、稲川さんも真剣に耳を傾けた。 それによると、
この女性には結婚して可愛い女の子の子供が出来たという。 今ではもう4歳くらいになり、
言葉もちゃんとしゃべれるようになったのだが、 この子の様子が最近おかしいのだという。 夜の夜中にこの子が、
「・・・へ〜、そうなんだ。ふ〜ん面白いね〜。アハハ!そっか〜・・・。」
このような寝言を言うようになったのだという。 しかし正確にはこれは寝言ではなかった。
(随分ハッキリした寝言を言うんだな・・・)
と思い、思わず目を覚ました女性だったが、子供の様子を見て 背中に冷たいものが走ったという。
真夜中の12:00を回った、深夜である。 にもかかわらず4歳の子供が布団の上にキチンと正座をして、
誰も居ない場所、空間に向かって楽しそうに話をしているのだ。
しかもそれはこの晩だけではなくしょっちゅう、今も続いているのだという。 しかし、
「寝言を言っている子供には話しかけてはいけない。」
という事をどこかで耳にしていた女性はつとめて冷静に、子供には 話しかけなかったのだという。
だがさすがに気味が悪くなった女性は、ある日怒鳴り声のような大声でその子に 話しかけたという。
「誰と話してるの!!!???」
するとその子は平然と答えたという。
「うん、お姉ちゃんとお話ししてるの。」
「お姉ちゃんって・・・どこに居るの!!!???」
「お姉ちゃんここにいるもん。」

221 :生き人形39:03/03/16 09:04
とその子が指を指した方向を恐る恐る見てみても、誰も居なかったという。
恐ろしくなった女性は子供を無理矢理寝かしつけ、自分も眠ってしまった。
その翌朝、女性は子供に質問してみた。
「・・・お姉ちゃんってどんな子だった?」
「お姉ちゃんはねぇ、すごくちっちゃいの。おかっぱ頭でね、お着物を着てるの。」
「でも稲川さん・・・あたしそんな知り合い居ないです・・・。」
女性は恐ろしさに声を震わせながら電話口で話している。 そこで稲川さんは女性にアドバイスをした。
「じゃあね、その子に今度お姉ちゃんが来たらそのお姉ちゃんは
どんなご用事があって来ているのか聞いてもらいなさい。」
「はい・・・。」
それからしばらくして稲川さんの元に再びその女性から電話があった。 相変わらず子供は
「ふ〜ん、そう。そうなんだ〜。面白いね〜。アハハ!」
といった具合に、様子は変わらない。 しかしその女性はもはや眠るどころの話では無い。
恐怖のあまり布団をかぶって、中でガタガタ震えていたのだという。 そして翌日。
「お姉ちゃんはどんなご用事があったの?」
「うん。お姉ちゃんはねぇ、お姉ちゃんのお母さんを探してるんだって。」
「?お姉ちゃんのお母さんって・・・誰なの?」
「お姉ちゃんのお母さんっていうのはねぇ、お姉ちゃんのお着物を作ってくれた 人なんだって。」
この時の様子を克明に電話口で話しながら女性が口を開いた。
「そういえば稲川さん・・・。あたしの母が「例の人形」の着物を作りましたよね・・・。」
女性はこの話を自分の母親にも話したという事だったが、それを聞いた
女性の母親が、あの人形のことが気になるから一度見てみたい、と言っているらしいのだ。
稲川さんは了解し、現在人形を預けているお寺の人と連絡を取る事を約束した。
人形は最後に前野さんが預けたお寺に、今も安置されている。
電話でお寺の方に確認してみたところ、毎日お供え物をあげて、着物や
体もたまに掃除して大事に奉ってあるのだという。
稲川さんは事情を話し、一度人形に会いに行ってもかまわないかという事を
聞くと、お寺の人は快く承諾してくれた。

222 :生き人形40:03/03/16 09:05
安心した稲川さんは女性にこの事を伝えようと思ったのだが、
たまたま仕事の仲間から電話が入り、話し込んでしまった。
電話が終わった後に稲川さんは女性に電話する事を思い出し、受話器に手を伸ばした。
すると、まさにその瞬間である。 電話が鳴った。
「ハイ、稲川ですが。」
「あぁ、こんにちは、先程はどうも・・・。」
電話をかけてきたのは、ついさっき稲川さんが電話で話した、人形を預かってもらっている お寺の人であった。
「あぁ、こちらこそ。先程はどうも。今週中にでも私とその女性、それと母親で そちらに伺おうかと思ってるんですよ。」
「実は・・・その事なんですが・・・。」
「?どうかしましたか?」
「・・・居ないんですよ・・・。」
聞いてみると、稲川さんとの電話の後、そのお寺の人は人形の様子を 見てみようと思い、
奉ってある場所に行ってみたのだという。 すると信じられない事に人形の姿が無かったという事であった。
そばに置いてあった人形用の着物も一緒になくなっていたのだという。 結局人形に
会いに行く事は出来なくなってしまった。 それからしばらくして、再び女性から電話があった。
「稲川さん・・・。最近娘が以前とは違う事を言ってるんです。」
「・・・どんな事?」
「お母さ〜ん。お姉ちゃんはねぇ、あっちの方でバラバラになってるよ?」
それ聞いたとき、稲川さんの頭にはなぜか「四国」が思い浮かんだという。 なぜなのかは
稲川さん自身理解できなかったという。 しかしよく考えてみると、四国というのはあの前野さんの
菩提寺がある土地なのだ。 つまり前野さんの実家が、四国にはあるのである。
だがこの話を聞いても特に稲川さんは驚かなかった。 むしろ納得したようにこの話を聞いていた。
というのも、この電話を女性からもらう直前に稲川さんの身に不思議な事が起こっていたのだ。
稲川さんの部屋はマンションの最上階にある。 稲川さんはクーラーが苦手な為、
夏の暑い日は窓を開けて寝てしまうのだという。 最上階なので風通しが良く、心地よく寝られるのだ。
枕元の窓にはスダレがしてあるのだが、たまにマネージャーが入ってくると
そのスダレがこすれるような音がするので、すぐに目が覚めるという。 この日も稲川さんは寝ていたのだが、

223 :生き人形41:03/03/16 09:07
「パタパタパタ・・・。」
という聞き慣れた音で目が覚めた。
「・・・ウ〜ン。ガンちゃんかい?どうしたの?」
ガンちゃんという愛称のマネージャーなのだが、この日は稲川さんが声をかけても返事をしないで
部屋の中を歩き回っている。 不審に思った稲川さんだったが、眠たかったので特に気には留めず、
再び眠ってしまった。 後日稲川さんはガンちゃんに聞いてみたのだが、稲川さんの部屋には行っていないと言う。
しかしそれからずっと、である。 その不審な物音は一向にやむ気配が無い。
稲川さんが眠っている最中だけではなく、起きているときにもハッキリとその音は確認できるほど鮮明なのだ。
稲川さんはそのうち、
「・・・来る・・・。」
と、感じ取れるまでになってしまったという。
稲川さんにはその足音の主が誰なのかはほぼ見当がついていた。
「・・・恐らくあの人形は生きていて、今も自分に関わった人間を求めて
さ迷い歩いているんだ・・・。という事は・・・。」
その時である。
稲川さんが「という事は・・・。」と考えた瞬間に稲川さんは自分に向けられている不気味な視線に気が付いた。
ビックリして辺りを見渡してみる。するとフスマの隙間が開いていた。
そこには・・・。
おかっぱ頭で真っ白い肌をした女の子が顔を半分隙間から覗かせて、稲川さんの方を
「ジーッ」と見つめているのだ。
来ているのです。
稲川さんの方を見ているのです。
それは今も続いているのです。

「・・・進行中なんですよ、この話・・・。」

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 09:11
生き人形全文終了よ。ていうかsageるの遅すぎよっ
一箇所間違えたしもう見てられないわ>私

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 09:14
>>183-223

226 :屑野郎:03/03/16 09:17
リアルタイムで書き込みを追っかけてますた「次100」連打状態
現在進行ですか・・・。
生き人形ing。


・・・・こんなギャグかまして呪われませんように。

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 09:21
>>182
ありがとう。そして懐かしいわねっ
コピペし終えてから見たんでなんかありがたかったわよっ

鯖落ちも越えたしスレとしての役目は果たしたわねっ。
このまま沈むといいわっ。そんなわけで落ちるわっ。
ょっ

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 09:27
あらま。屑野郎さんからレスが来てたのねっ。
これも見た人に色々おこるという謂れがあるわっ
呪いが来るかどうか気にならないで済むように
私が代わりに呪詛を送っておくわねっ。
これで本当に落ちっ
ょっ

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 22:40
足噛み男は恐い。
足噛み男は恐い。
階段上っているいる途中に足が重くなったら、後を向いてはいけない。一気に上がれ。
そのあとは人のいるところにいけ。
足噛み男は、一人きりの時に襲う。
この話を一番初めに読んだ人のところに送る。

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/16 22:46
>>34
亀レスでマジレスだけど・・・

>そのうち半分は幽霊ですけどね

それは嘘だろ〜?!








全員だろうが。

231 :屑野郎:03/03/17 01:36
>>229
今、家の2階でネットやってるんだけど
降りる時はだいじょぶなんだよな?

な? な? 
大丈夫って言えよぉ〜〜〜!!(泣

あっ、ちなみに
>行き人形ing
「いきにんぎょういんぐ」と素直に読むがよろし。

232 :229:03/03/17 03:23
>>231
あんた、読んじまったのか?
いや、でもあんたが、最初とは限らないよ。まあ、そうだとしても、後に気をつければいいだけ、後に気配を感じたら振り向くな、と。んで、だれかに送ったらもう大丈夫だから。
それまで、後に気をつける事。
はぁ、助かった、誰かに渡せて。

233 :DQNなんですけど。:03/03/19 03:37
いや、その廃墟に行って噂では一家心中があったらしいんですが、
その家まるっきり中が線対称なんですよ!設計をしたのがその家の家主
らしいんですけどね。そこに何度か行ったことがあって
一度、凄い量の血があってガラスに肉片がついてたんです!
気持ち悪くてすぐ逃げたんですけど・・・・。
何だったんだろぅ?っと思ったのと、
そこに行った人の話によればお風呂に大量の血がついてたらしくて
気味悪くって。事件があったのか分からないし、ただの噂かも分からないんで
調べたかったんですよ。ほんと、すみません。

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 15:45
age

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 15:48
家中に紙貼った成○お札の家の情報キボン。
あれは何ですか?

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 15:49
       人
      (_)
      (___)
     (,,・∀・) ウンコー
      ( O┬O
  ≡ ◎-ヽJ┴◎  キコキコ









237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 15:51
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |祝ウンコinオカルト! |
 |_________|
    人   || 
   (__) ||
   (__) ||
   ( ・∀・)||
 〜(__ づΦ




238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 15:56
山本麻衣子アナマンセー!!!

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 16:00
>>238
舞衣子ダローニ

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 16:03
       人
      (_)
      (___)
     (,,・∀・) ウンコー
      ( O┬O
  ≡ ◎-ヽJ┴◎  キコキコ












241 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 16:11
       人
      (_)
      (___)
     \(,,・∀・)/ ウンコー


242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 13:11
age

243 :?a`:03/04/06 20:51
もうタバコ吸うんじゃないぞ。

244 :ひよひよ:03/04/14 22:55
ひよひよ

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 02:59
age

246 :山崎渉:03/04/19 23:36
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

247 :山崎渉:03/04/20 01:48
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 12:33
http://gamaor.s17.xrea.com/ossu/maguron0127.avi

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 23:16


250 : ◆xjbu1j4ikM :03/04/25 19:29


251 : ◆dbykJNUA2g :03/04/25 19:29
 

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 10:45
.

128 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)