5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part11

1 :あなたの後ろにエニグマ…:03/03/23 00:07
ピンピンの第11弾!
******************************************
ありえない場所、もう会えない人、今ではない時間、
幼い頃の不思議な記憶、見えるはずのないもの。
そんな、怖くはなくても奇妙な経験を書き込むスレッドです。
******************************************
◆煽りは放置。 できれば点数つけもやめよう。
◆金縛り・幽霊はなるべく別スレで。
◆それと、論評もほどほどに。

[前スレ]
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part10
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044337340/
過去スレは >>2 以降に。


マターリと(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。


2 :[過去スレ]:03/03/23 00:08
不可解な体験、謎な話〜enigma〜
http://curry.2ch.net/occult/kako/1005/10052/1005282490.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part2
http://curry.2ch.net/occult/kako/1011/10114/1011415660.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part3
http://curry.2ch.net/occult/kako/1019/10198/1019891278.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part4
http://curry.2ch.net/occult/kako/1023/10235/1023599400.html
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part5
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1026842308/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part6
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1029514246/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part7
http://curry.2ch.net/test/read.cgi/occult/1031470261/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part8
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1037471207/
不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part9
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1040093555/
enigmaスレ過去ログサイト
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/7672/enigma/index2.htm


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:13
>1
乙curryです〜

4 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/23 00:13
>>1
otu-

5 :5ゲト:03/03/23 00:34
>>1


6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:38
さあ後は前スレの960を待つだけだ

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 00:47
あら、立ちたてなのね
とりあえずスレ立てモツカレ

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:02
960age


早く降臨して〜

9 :前スレ1000ゲトしてもうた:03/03/23 01:03
前スレ埋まってしもた
960カモン!

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:05
960こっちに移動したのわからないで
全スレに書き込んでエラー…なんてことに???

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:07
もう、もどかしいなぁ。

俺が960だったらすぐこっちきて自分の体験を書くのに。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:08
わかってないんじゃねえの?
2ch初心者ぽかったしw

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:09
釣りか?

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:10
2ch初心者だったら2ch専門ブラウザは使ってないはず。
IEかネスケだろうから、あげれば気づいてくれると思う。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:10
もどかしいなぁ

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:12
960〜

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:13
960をまってまた徹夜か…
それよりも960は大丈夫か?なんか心配に…

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:13
960あげ

19 :ジルバ:03/03/23 01:13
人気ですね960さん〜

20 ::03/03/23 01:14
まだかなまだかな〜

21 :北村:03/03/23 01:16
皆さん、すいません。文字が小さいので少し目を離した
すきにわからなくなってしまいました。先ほどのところ
で書き込んだものは無くなったようです。
私はキーを打つのが遅いので、しばらく待ってもらえま
すか?書いてもいいと自分で判断できるものを、これから
書き込みしますから。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:16
お〜い


くも〜よ ひぐれ までに まぁにあぁえよ〜

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:16
気づいてぇぇ
早くすっきりさせてくれ
安芸

24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:17
神降臨age

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:18
>>21
どうぞどうぞ
ごゆっくり♪

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:19
じゃ、北村神が見つけやすいように常時ageしとくか。

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:31
ムラムラするなあ〜

28 :北村:03/03/23 01:32
皆さんは、今までの人生のなかで、様々な人々と
出会ってきたことと思います。私もそうです。
そのなかで、なにをされたということでもなく、
日常の生活に一瞬入り込んできた人物が、妙に
印象に残る…ということはないでしょうか?
その人物が現れたときだけ、風景が霞む、というか
その人物だけが極彩色に包まれたように背後の風景
が霞み、突出して視界に飛び込んでくる、たとえ
集団の中に紛れ込んでいようと、こちらにははっきり
と見える…というような。あちらは存在を気付かれない
ように、誰かの肩越しにこちらを窺っているつもりでも
意志をもったその視線は、こちらには伝わるものです。
私には、幼少の頃より6度程そういう経験があるのです。
一度、ここで書き込みます。

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:33
わくわく

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:34
おおっ
世にも奇妙なのオープニングのような。

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 01:57
>北村っち
このスレをブックマーク(お気に入り)に入れれば、見逃すことは
なかろうて。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:00
続き楽しみだな

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:02
キッッッッッタァァァ(゚ ∀ ゚)ァァァァァァァァァ

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:02
っていうか北村弁護士、まだ?

35 :北村:03/03/23 02:03
あの男に最初に出会ったのは6歳のときでした。
公園で友達と遊んでいるときです。
男はいつの間にか…という風情で、私の視界に
滑りこんできたのです。まっすぐに私の目前に立ち、
頭を撫でられました。悪意はないことは子供心にも
わかったのですが、男の様子…黒いサングラスに
やはり黒い洋服を身につけていることから、なんとなく
彼のことを見上げて顔を見ることに抵抗がありました。
彼は他愛もないこと…楽しいか、とか友達はたくさん
いるのか…などを聞いてきたように憶えています。
しかし、去り際に「生きつづけることだけ考えろ」と
いい、私ははっとして(このとき、恐怖が走りました)
黒い後姿をはっきりと直視しました。彼はいきなり振り向く
と横顔だけ見せました。その顔は笑っているようでした。
私は慌てて顔をそむけました。
一度、書き込みます。
(実は、先ほどもこれを書いて送信したはずなのに文章が
消えてしまいました。今度はちゃんと書き込めることを
願います)

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:07
大丈夫ですよ〜
ささ、続きをば

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:09
キッッッッッタァァァ(゚ ∀ ゚)ァァァァァァァァァムラァァァァァァァァァァァァァ

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:21
キタ━━━━━━(≧∀≦)ノムラ━━━━━━ !!!!!

39 :北村:03/03/23 02:28
こういう出来事は、恐怖を伴って心に残るの
ですが、普段の日常に戻れば存外に忘れてしまう
ものです。子供でもあるし、私はその後普通に
生活し、なんの変哲もない子供として成長して
いきました。中学3年生、高校受験の頃のことです。
志望高(たいしてレベルが高いわけではないです。
自分が入れるギリギリのところ)を受けた帰り、
一人電車に乗り込みました。空いている席に身を
沈め、受かるかどうか、試験の出来栄えなどを頭に
よぎらせているとき、隣に座った人物がこちらを
気にして窺っているのが気配でわかりました。
私には横を向く勇気はなく、なんとなく鬱陶しかった
のですが、視界にはいるのは黒い身なりだけ(この
ときは子供の頃の黒い人物とは関連させて考えて
いなかった)で、地下に入ったとき、窓に反射する
隣の人物の様子を窺ったのです。
私は、一瞬胸が凍るかと思いました。
黒いサングラスの男だったのです。しかも、彼は
私がそうするだろうと予想していたように、口元に笑み
を浮かべ、はっきりと、サングラス越しに、窓に映る
私の視線を捉えたのです。
一度、書き込みます。少し、気分が悪くなってきました。

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:32
タイムスリップとどう関係してくるのか…
非常に興味深い…

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:37
がんばれ、がんばれ、北村氏。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:39
http://www.mib2.jp/index2.html
今、俺、ごっつこのイメージ。

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:41
>>42
どんな感じなの?画像?こわい?
こわくて開けないYO〜

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:43
>43

"mib"ってかいてある段階でわかれよ

45 :42:03/03/23 02:44
>>43
いや、別に怖くもグロくもないよ。
っていうかちょっとベタかも。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:45
新展開キッッッッッタァァァ(゚ ∀ ゚)ァァァァァァァァァ


47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:46
>>46
やっと気づいたか。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:49
風呂に入ってたのよ

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:50
ウザくなってきたのは俺だけ。

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:51
気にスンナ

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 02:52
>49
寝て朝に一気読みをお勧めする。

52 :北村:03/03/23 03:00
彼は次の停車駅で降りました。立ちざまに、
「生きつづけることだけ考えろ」と、やはり幼少の頃
に投げつけたのと同じ言葉を、私にだけ聞こえるよう
につぶやきました。私は混乱しました。もう、彼の背
を見送るのはやめました。また、こちらに振り向き、
あの横顔を、笑っているような横顔を見せられると予想
できたからです。私はただまっすぐ前を見詰め身じろぎ
もせずに電車が動き出すのを待ちました。
こうして、私は彼との遭遇…いろいろな場所、時間に
…をその後も4度ほど体験し、いったい彼は何者なのか
考えたのです。そして、現在26歳の私が途中で気付き
また胸が凍ったのは、最初の遭遇から20年を経た今でも
彼の様子がまったく変わっていないという「事実」でした。
6歳の頃、単に大人としてしか認識していませんでしたが
多分30歳を過ぎた頃の年代だと思います。
そして、もう一つの恐ろしい事実があるのです。
年を経るに従い、彼の顔に私は見覚えがある、彼を
知っている、サングラス越しでも「わかる」。
私は


53 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:03
>>49
そゆこというと北村氏
が書いてくれなくなるでつ

54 ::03/03/23 03:04
北村さんを待ってる間に俺もカキコを…
ほんのりスレでも書いたけど昔俺は団地に住んでて結構前に今の家に引っ越してきました。
んで、引っ越した当初は怪現象がたびたび俺に起こった。
・壁に掛けてあった鏡が俺の頭に落ちてきた(無傷だけど痛かった)
・背の高いタンスの重い上扉が俺の頭に落ちてきた、あたらなかったが落ちた畳は大きく
えぐれてた。などなど…その後母が玄関に清めの塩を置いといたら自然と何もなくなった
けど…塩って利くのか?
本当は他のスレで書いたことなんて書くべきじゃないんだろうけどなんとなくほんのりよ
りこっちむけの話だったので。
引っ越した当初の家は縁起がよくないという話を聞いたことがあるのですが、他の人でこ
ういう体験したって人いませんか?

55 ::03/03/23 03:09
間違えました
× 落ちた畳は大きく……
○ 扉が落ちた先の畳は扉の重さにより大きくえぐれてました
です。スイマセン

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:20
マダカ─(゚ Д ゚)──!!

57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:21
>>54
怪現象だとすると何かが君を守ってるのかな?
大きな怪我はないみたいだから
CDは無線かなんかだと思うけど

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:23
狐氏の問いとは違いますが、鏡が落ちてきたにちなんで。
この前、朝うつらうつらしながら、机の2段目の引き出しを少しあけて、そこに鏡を
たてかけて、シェーバーでひげを剃ってて、ねむ・・と思て、手をとめてそこに座
ったまま寝てたら、ガタン!と鏡が目の前に落ちてきて、びっくりして完全覚醒したよ。
引き出しも結構動きが重たいやつだけど、かなり手前に飛び出ていた。
誰かに起こされたか・・?と思った。
鏡の中の自分が怖い思いながら、残りのひげをそりました。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:23
はやくしろ〜!だから
レベル低い有志中退なんだぞ〜

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:24
はやくしろ〜!だから
ひきこもりになるんだぞ〜

61 ::03/03/23 03:26
>>57
たしかに変な現象はいろいろ経験したけどそれによって実際怪我をしたりしたことは
ないです。あとCDコンポが勝手につくのは俺も最初無線とかだと思ったんだけど、
ウチには俺の部屋のコンポ以外にも二つ他の部屋にコンポあるんだよね…なぜに俺の
コンポだけ勝手に電源が入ったりするんだ…怖いよう。

62 :57:03/03/23 03:31
>>61
守られてるから悪さをしようとしてもできず
イタズラ程度でおさまってるとか
イタズラされる理由はわからんけど

63 :目玉のおやじ:03/03/23 03:34
キタムー!

64 ::03/03/23 03:37
もしかしたら俺って結構霊感強いかも…
ウチの母が看護婦でよく病院で見たりするらしいし…
姉と母がそろって同じモノみとるし。よくよく思い返せばそれなりに変な現象経験
しとるし。やだなあ…また今日も電気つけなきゃ寝れなくなってしまう…


65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:37
>>64
じゃあ電気つけて寝ろ。




北村さんはまだなの?

66 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:42
>>65
なにかに巻き込まれてたりしてね・・
北村さん


っていうのはどう?

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:47
北村さんは自分の体験を書き記して
おくのにいい機会だといっていた・・
そして何者かがそれを何らかの力で
阻止しようとした・・
北村さんが黒い男とまさに今遭遇して
いたら・・

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:50
キタムラさん、がんがれ!!
( ゚Д゚)

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:51
>>52
なんで唐突に
私は
で終わるねん。気になるやん

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:52
MIBのウルトラマンに変身しそうなあの光るやつをシュバッっと
浴びて ここは何処?私は誰?てなことに。
って発想がとぼしいし・・ってかキタムゥゥゥー!!

71 ::03/03/23 03:53
北村さんは寝たのではないかと…
北村さんは書き込みのなかで『そして、現在26歳の私が途中で気付き
また胸が凍ったのは、最初の遭遇から20年を経た今でも
彼の様子がまったく変わっていないという「事実」でした。』
と言ってたけど俺の親戚の方に、今の顔と20年前の顔(髪型含む全て)がほとんど
変わらない人がいますよ。その人はいま五十代だけどどう見ても三十代にしか見
えなくてまるでサイボーグのように今と昔の姿が変わってません。
ええっと何が言いたいかというと、そういう風に姿が変わらない人もいるのでは
ないかと言うことです。まあ、まったく変わらない人ってのはさすがにいないだ
ろうけど…
話に水をさすような形になってしまったらすいません。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:54
北さん、もう寝たのか。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 03:55
細胞分裂で細胞のコピーが完璧に出来る人は
老化した顔になっていかない。
そういう人も世の中にはいます。

74 :73:03/03/23 03:58
でも北村氏のは、他のわけありみたいですね。
何度となく出てきて「生きることだけを考えろ」と言って
去るのは。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:00
960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/22 16:52
はじめて書き込む者です。

みなさんは実際に「タイムスリップ」というものが「在る」と

お考えですか?こういうことを訊ねるのも、上記レスで肯定的な

雰囲気を感じたからですが…ここでなら私の体験が煽られたり

馬鹿にされたりすることなく聞いてもらえ、御意見をいただける

ことも可能かと思いました。そうであればこのような掲示板に出会え

たのも決して偶然ではなく、もうここいらでカミングアウトするべき

だという何かの啓示さえ感じるのです。2チャンネルというのは、今回

いろんなところを拝見しましたが、本当にたくさんの人々が集っている。

噂通りの掲示板ですね。いろんな事件に関わった本人が書き込みをして

いる。いろんな不可解な体験をした者が書き込みをしている。

現実離れしたことであっても、誰かは、それを受け止めてくれるのでは

ないか…そう感じさせるものがある。

前置きが長くなりました。私は語ってもいいのでしょうか?

それともこれから先も理解できないものを胸に抱えて生きていくほうが

賢明でしょうか。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:01
なんかすごく嫌な展開なんですが

このまま再び降臨しないまま1000へ・・・・とか無いよね('A`)

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:01
ネタ空気ムンムン話の続き、まだか!?

78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:02
979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/22 23:45
遅くなりましてすいません。
まだ、あの「感覚」があるので最近おかしいんです。
しかし、ここに書き込みをしてから考え直したので
すが、もしかして「体験者」がほとんど表ざたにしない
のはしないのではなく「できない」からかと…
先程、ここに書き込んだ、そのあとで「或る人物」が
また私の前に現れたからです。
いったん、ここまで書いて、しばらく様子をみてみます。
あちらがどう動くのか、観察してみようと思います。
危険そうなら止めておきます。
実は少しだけ怖いです。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:04
997 :960北村 :03/03/23 00:59
皆さんありがとうございます。
パソコン自体が、あまり慣れないため、ご迷惑を
おかけします。
2チャンネルは有名なので今回お邪魔したのですが
不思議な話に耳を傾けてくれる方たちがいるという
ことが、ありがたいです。
先ほどは一度外にでて「或る人物」と遭遇しました
が今は家の中にいるので、余程のことがないかぎり
大丈夫でしょう。わたしも記録としてどこかに残し
ておきたいという気持ちもありますし。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:06
なんかよくわからんが最後の終わり方
今までのカキコと違う…一度送信するとか
と違うからなんなのだろうーと。

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:06
>>75
>>960 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/22 16:52
これまで書いちゃダメだろ。(W

う〜んきたむー!。

82 ::03/03/23 04:09
文の終わり方がすごく気になる…
寝たのならそれはそれで仕方ないが黒い人と何かあったのでは!?


83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:11
>>78
>もしかして「体験者」がほとんど表ざたにしない
>のはしないのではなく「できない」からかと…
っていうのが北村さんの身に起きてたらどうする?


84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:13
どうする?アイフル〜。

85 ::03/03/23 04:15
生きることだけを考えろ
というセリフ等から黒い人が北村さんに何かするというのは考えにくいが…
そもそもなぜあんなに北村さんはおびえているんだろう?

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:19
>>52の後に、その答えがわかる出来事が起きるんじゃないか?

87 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:20
>>85
でもさ、ニヤニヤ(?)笑ってたり、身体的な危害
は加えたりしないにしても、気味が悪いし精神的に
は追い詰めていくやり方じゃない?
生きることだけを考えろ
っていうのも脅迫めいていて嫌な感じするよ。



88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:22
コマーシャルはさむわけじゃあるまいし。
すっげーいい所で終わるなよ。(W

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:23
この>>52を書いたところでぷっつり切れてる
のも「黒い男」とは誰だったのかを語ろうと
するところで終わってるじゃん。
正体を明かされたくない何かが、北村さんを制止
したとか…

90 ::03/03/23 04:24
>>87
確かに。自分の境遇だったらかなり((;゚Д゚)ガクガクブルブル
つーか知らないオッサンにそんなことされたら洒落にならんね…
俺だったらすぐさま2chに書き込む(w

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:27
北村さんは律儀に一回ごとのレスで
「一度、ここで書き込みます。」と
断ってからレスしていた。最後は中途半端
で途絶えそれっきり…なにがあったんじゃ???


92 :88:03/03/23 04:27
ってかそういうネタだったのね。
まま面白かったよ。
じゃ、みんな おやすみー。

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:33
北村氏は寝た・・・「ネタ」だったりちて

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:33
ちょっとミステリ小説好きなら、すぐわかると思うけど、ありがちな
導入といい、ベタな釣り…ま、ネタだって知ってて楽しんでんだよな。
じゃなかったら、そっちの方が不可思議な体験だよ。

95 :北村:03/03/23 04:35
これ以上先の展開考えてなかったし、もう面倒になったから、
これで辞めます。皆さん、ごめんなさい。

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:36
ニセモノクサイ

97 :96:03/03/23 04:37
いや95がね…

98 :96:03/03/23 04:38
いや95がね…

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:43
何かあったって言ってるやつってこの話信じてんの?

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 04:50
洒落こわスレで、さんざんこの手の釣りに遭遇したからなぁ。
enigmaでも出てきたか、という感じ。



101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 05:02
釣りと言うかこの手のはネタだと割り切って読んでるわけだが。

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 07:47
結局黒い男=自分ってオチでしょ

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 08:25
サンジャルマン伯爵キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 08:26
サンジェルマンでした。

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 11:37
話は面白ければよい。

106 :モルァッ ◆8j8p8a5rBY :03/03/23 11:38
神楽坂に住んでた人みたいな展開だ。
あのスレ読んで以来オレは・・・

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 12:01
>北村
このスレはネタ書くスレじゃないだろ。


108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 12:19
漏れの判断では、黒男の正体は「ビューティフルマインド」のエド・ハリスな訳だが
北村、とっとと精神病院へ逝け

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 12:26
150レス消費してこんなか。

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 12:32
北村氏がネタかどうかはどっちでもいいんだけど、読んでてグレーの人を
思い出した。3つぐらい前のスレだっけ、グレーの顔の人を時々見るっての。
あの人どうなったんだろう。(このスレじゃなかったらごめんね)

111 :よくある話かと思いますが:03/03/23 12:56
なんかこんな感じも後味ワルーなので、オイラの体験書きます

今から10年ほど昔、オイラが大学2年生だった頃、夏休みが終わって学校に行った時の事です。
オイラはばったりと学内で部の先輩(A先輩とします)と出会ったのですが、A先輩は私を見るなりニヤニヤと笑って
「おい、XX(私の名前)、お前も中々やるじゃねーか」と言うのです。
私は完全に (゚Д゚) ハァ? 状態だったので「何のことですか?」と尋ねました。
A先輩は「またまた」とか言いつつも「お前、この夏海に言っただろ?」といい始めました。
オイラはその夏は海水浴になど行ってなかったのでその旨を伝えると、先輩は「そんなはずはない」
「よく思い出してみろ」というばかり。
でも本当に海には行ってなかったので「いや、いってません」と言い切ると、A先輩は驚いた表情になりました。
A先輩に詳しく聞くと、オイラとA先輩には共通の知り合いのBさんがいるのですが、その人が近くの海水浴場に行った時、女の子を連れたオイラを見たというのです。
オイラは女っ気が無い事で有名だったので、Bさんが驚いてオイラじっと見ていたら、オイラの方もBさんに気づいて会釈したのだそうです。
この会釈した事でBさんは完全にオイラだと思い、大喜びでこの事をA先輩に伝えたという訳です。
でもオイラはこの年は本当に海に行ってないのです。その事を伝えるとA先輩もオイラの言う事を信じてくれて不思議そうにしていました。
下宿に帰って友達に話すと「それは多分、ドッペルゲンガーだよ。会うと死ぬから会わなくてよかったね」
等と無責任な事を言います。

でもオイラが一番不思議なのは、ドッペルゲンガーだかどうかではありません。
オリジナルに彼女がいないのに、ヤツには彼女がいた事です。
オイラが童貞を捨てるには後7年の月日を要するのですが、カゲのほうはひょっとして・・・・・・・

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:10
>>111
やり手のドッペルゲンガーだね。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:24
北村さん、またこのスレ見失ったかもしれないから
ageます・・・

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:28
北村は釣り師認定されてるから、呼ぶのヤメレ
自演扱いされるぞ                 >>113

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:40
いやっ・・・俺はまだ北村さん
を信じてる!!!

北村さんイツでも書き込んでくださ〜〜い

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:46
>>115
こういう奴うざいんだよなぁ。

北さんが来るにしろこないにしろ他の人がなかなか書き込めない雰囲気に
なっちゃうだろ。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:48
スマソ・・・

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:55
というかネタだろーがなかろーがあんまり面白くないし。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 13:58
ここで、話題を変えて違う話きぼん

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:06
北村さんの話にゾットしました!
普通ならネタと思ってスルーしちゃうん
だけど 
一年前から友達で行方不明な人がいて
その人と仲が良かった友達にお母さん
(行方不明の人の)が「黒い服着て
サングラスかけてる人ってお友達にいるかしら?」
て聞かれました。それで私にも間接的に
訊ねてきたんだけど…
なんか部屋にメモみたいなのがあって、その
黒い人がどうたらとか書いてあったらしいです。
(くわしい内容忘れた)夜外出した気配もない
まま部屋から忽然と消えたようにいなくなった
のでお母さんもワケがわからないようでした。
そういうことがあったので、今すっごくこわいです。

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:09
ここで一つの真実が浮かびあげった




北さんはネタじゃない!!

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 14:48
120もネタかも。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:08
北村が必死になって自演してるな

もうちょいしたら
「先日は途中ですみませんでした。あの後大変なことがあって・・・
 落ち着いたら書き込みします」
とかってのが来るんだろうな。

春厨ども、これから北村を呼ぶな
そして北村、来るんなら続きを全部書け
話を書かないのなら来るな

124 :108:03/03/23 15:36
>>120 だから、心の病だっつーの

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:54
>>120は北村

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 15:56
北村さん大人気だな。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 16:04
120の中の人も大変だな

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 16:16
>>123
「お騒がせしてすみませんでした。大した話でもないので
これ以上書き込むのはやめます」
のパターンもあるな

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 16:21
「おまえらまだやってたの?」
もあるな。
(ねーよ(w)

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 16:33
>>120 もだが、むしろ >>113の方が北村度が高いと漏れは見ている

誰かお話キボン

131 ::03/03/23 16:40
ネタでもそうでなくても面白ければいいような…(よくない?)
でもこのまま北村さん待つだけなのは退屈なので俺の体験書きます。
えっと、2〜3年前の夜中、ふと目覚めたら自分の布団の中ではなく階段に立って
たことがあります。で、『なんで俺こんなとこに立ってるんだろ…』ってよく考え
たら夜中にむくっと起き出して『ヤバイ、階段下りなきゃ!』と階段を降りた記憶
があったんですよ。夢遊病とかじゃなく、ちゃんと起きて『階段降りよ』という気
分に…結局その一度だけだったんだけど…俺は何をしたかったんだ?

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 16:49
>>131 寝ぼけていたと思われ

面白ければいいけど、北村はマウだから

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 16:58
>北村はマウだから

本当か!?

134 :132:03/03/23 17:00
>>133 悪い、「マウンテンバイクのように気を持たせて引っ張るだけ引っ張って
    逃げていくタイプのやつだから」の意味

もう北村って言うの、やめよう

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 17:04
http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%8E%B7%8E%C0%8E%B0

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 17:06
つか>>120は北村でしょ。改行の仕方がソクーリ

137 :40年前の話しです。:03/03/23 17:11
なにげに空を見上げたら、丸くて銀色のモノが飛んでた。
これはナンだろ? 飛行機ではないとわかった。
私は北海道出身で、アメリカ、ソ連、日本の飛行機は何度も見てる。
飛行機と、そうじゃないものを勘違いしない。

呆然として、その姿を見ていたけど、フット消えた。

目の錯覚と思うには、あまりにもはっきり見た。
親,兄弟に見たものを言った。
「くだらないウソ。頭がおかしい。」
誰も信じてくれなかった。


138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 17:15
ううむ、>>137氏は何だと思ってるの?

・雲 ・風船 ・プラズマ ・気球 ・人魂 ・星 ・スカイフィッシュ

ざっとこのくらい思いついたけど
人工衛星はまだないよねえ

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:24
>>138
燃え尽きる直前の隕石・・・?
どのくらいの大きさかも気になるよね

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:27
>>138 風船おじさんを忘れてますよ。

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:58
今日のちょっと不思議な話を書きたいと思います・・・

覚悟はいいでしょうか?

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 18:59
>>141
宜しくおながいします。

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:13
キタムー、私は  で終わってるけどちゃんと送信は出来てるんだから演出なのかな?



144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:13
>>141
おながいします。

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:20
>>141
長くなるんだったら、メモ帳に書いて一気に書き込んでね。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:24
>>141
どんな覚悟がいるのか・・・

147 :141:03/03/23 19:36
実は、今日・・・・










携帯買いました!!

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:36
>>147
そんだけかよ?(w

149 :141:03/03/23 19:38
田舎もんにとっては携帯は摩訶不思議なのさ!!

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:42
>>149
どんな田舎に住んでるんだよ?

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:43
http://www6.ocn.ne.jp/~majy/fear-photo.html

ここはケッコウおもしろい・・・エロとかブラクラじゃないから安心して

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:43
そうか携帯にまつわる不思議な話か
そりゃ楽しみだ、期待してるぞ>>149

153 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/23 19:45
>>151
わぁ すごい こんなこわいがぞう はじめて みたよー

154 :141:03/03/23 19:46
>>151

うおっ・・・マジでビビッタ!!

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:46
爆弾の煙が立派なちんぽにみえたんだけど。不思議だ。

156 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/23 19:48
つーかさんざん既出だっつーのん

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:50
恐くて見れない
どんなのなんでつか?


158 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/23 19:51
>>157
ドッキリ系でつ

159 :141:03/03/23 19:51
>>157
簡単に言うと心霊写真かな・・・

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:52
音を小さくしてみれば大丈夫でつか?

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:52
>>152
先走り汁

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 19:56
>>152
カウパー

163 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/23 19:56
>>160
しばらく見てると女が通りすぎてく有名フラッシュ
わかってれば全然こわないYO

164 :みなみ:03/03/23 20:00
こわくてちょっとしか見れなかった。すぐに眼を背けてしまった・・・。グロい系だったらさっきバーミヤンで喰した物全部戻しちゃいそう。

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 20:02
トモカクケイタイハフシギキワマリナイ

166 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/23 20:02
だーかーらーグロ系でも心霊系でも無いのでつ(@TωT@)

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 20:04
読んだけど北村゙しょうもな過ぎ ハァ〜

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 20:11
そんなことよりヤバイ。オナニーヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
オナニーヤバイ。
まず疲れる。もう疲れるなんてもんじゃない。超疲れる。
疲れるとかっても
「フルマラソン20回ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何回とか何?hとかを超越してる。無限だし超疲れる。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通はセックスとか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
シックスナインが伸びて、一年のときは10分だったのに、三年のときは二時間とか泣くっしょ。
だからセックスとか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けどフェラはヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する精子とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、クリトリスの端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超暑い。約100度。摂氏で言うと700度。ヤバイ、暑すぎ。バナナでバイブの代わりの暇もなく死ぬ。怖い。



169 :160:03/03/23 20:12
>>163
前に携帯のチェンメで見たことある。
ちょっと恐かったけど大丈夫だった。

170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 20:13
そんなことよりヤバイ。オナニーヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
オナニーヤバイ。
まず疲れる。もう疲れるなんてもんじゃない。超疲れる。
疲れるとかっても
「フルマラソン20回ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何回とか何?hとかを超越してる。無限だし超疲れる。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通はセックスとか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
シックスナインが伸びて、一年のときは10分だったのに、三年のときは二時間とか泣くっしょ。
だからセックスとか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けどフェラはヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する精子とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、クリトリスの端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超暑い。約100度。摂氏で言うと700度。ヤバイ、暑すぎ。バナナでバイブの代わりの暇もなく死ぬ。怖い。  


171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 20:20
(゚〜゚)ふぅぅぅん

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 22:00
(´-`).oO(春だなぁ・・・)

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 22:45
>>151
ビビッた・・・

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 22:55
(´-`).oO(恋をしてみませんか・・・)


175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 23:18
(´-`).oO(はい・・・)

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 23:48
(;゚Д゚)エエ-!?

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 23:46
(;゚Д゚)エエ-!?

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/23 23:57
>>174 (´-`).oO(オサーンハッケソ・・・)


179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 00:18
(;゚Д゚)オエ-!?

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 02:00
>>176-177
一分ならたまに見かけるけど、二分戻ってるの初めてみたかも…。
結構あるのかな?

181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 03:14
>>134
マウ=MTB (笑

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 09:21
これ、自分の着送信画面にしてる。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 19:28
>>182
え? 北村の話し?

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 20:46
北村さん、まだ来ないの?

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 21:02
北村なら、黒づくめの人に連れて行かれちゃったよ。
つーか、もう面倒だから辞めるよ、って上で言ってるよ。

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 21:06
北村は星になったとさ。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 21:14
あの時点で既にネタは完成してるので。
あとは他の人が折に触れて
「結局あの話ってなんだったの?」と話してくれれば良し。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 21:18
>>187 そうだそうだ
        次いこーぜ

189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 21:32
(´-`).oO(でも今誰かが話してくれても、北村が荒らすんだろうな・・・)


190 :憂さ晴らし:03/03/24 22:02
何が北村や!
ああああああぁぁぁぁー!
わーお。ほーう!!すっきりー。

191 :176:03/03/24 22:30
>>180
あの二重カキコしたの漏れだけど、送信したときにギコナビがエラー起こしたのよ。
そのせいかも。
あと、漏れが女装原理主義者だからっていうのもあるかもしれない。

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 22:34
>>191
それだ!

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 23:12
>>191
あぁ、やっぱり。>女装原理主義者

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 23:33
だろうとは思ってたよ。

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/24 23:36
俺なんか、
23日の 23:45には薄々気付いてたよ。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 01:19
>>195   俺漏れも  

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 07:07
いつか鮫島に並ぶ2chの怪異になって欲しいな。 >北村

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 12:49
不可解と言えば、小学校の頃に体験したのが一つだけあるな

当時小学校2年で2個上の先輩と本屋に行ったとき、
なんかカラッと晴れた八月の真っ昼間だというのにずぶ濡れの男の子がいた。
裸足で茶色いボロボロの服を着て、滴はしたたり落ちてた。
しかも何をするでもなく駐車場にぼんやり立ってる。
あまりに気になったからその先輩が話しかけて見たんだけど、
なんだか支離滅裂なことを言うもんで手に負えなくて。
どうも家出少年くさいと踏んだんでその本屋の店員呼んだ。

なんか不気味だったし、片方が残るのも怖かったし、二人で店行って。
店員はすぐ出てきて、たぶん20秒は立ってなかったと思う。
だのにそこにもうその彼はいなくて、その周辺結構回ったんだけど、
どこにもいなかった。

しかもあれだけずぶ濡れでボトボト雫を落としてたと言うのに、
全くその跡が残ってなかった。

たいして怖くないけどこのぐらいだなあ、自分の経験したのは。

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 13:55
対して面白くない話ですが、似た経験を持つ人がいるならば、レスお願いします。

氏神をまつる神社に行きました。これまで神社には小学生時に、
学校のなんらかの行事で行ったことがあるだけで、
それ以降は随分と長い間縁がなかったのです。

そんな自分がある事情で神社へとゆくことになり、
細々とした神前でお祓いを受ける前の登録手続きのような作業を済ませ、
名を呼ばれ祈願を受ける神前に赴く前の催し物を見学しようと、
階段を登り、つまり徐々に神前に近づきある時に、
首筋にライターの火でも吹き付けられたかのような熱さを感じびっくり。

何事がおこったのかと周りを見回してみても何事も無し。
あれは一体なんだったのでしょうか。
その昔悪ガキだった自分を恨む人の、未だ根に持つ嫌がらせではないのかと、
冗談を知人に言えるのですが、実のところ自分としては釈然としません。

憑き物が落ちたような日々を過ごしている現状と関係があるのでしょうか。


200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 15:20
ある夜布団の中で金縛りに遭って、それ自体は身体の疲れからくるものでよく経験してるから
怖くなかったんだけど、その日のはいつもとちょっと違った。
動けないまま天井を見つめながら解けるのを待ってると、布団がちょっとづつ足元へ引っ張られている。
私は一人暮らし。
は?何?どういうこと?泥棒?頭の中はパニックなんだけど身体は相変わらず動かない。
そのうちにもだんだん布団は引っ張られ、肩や胸が冷たい空気に触れた。
畜生、なんなんだよ!と身体に無理矢理力をこめて、えいっと起き上がろうとしたが
やっぱり首がちょっと動いただけだった。
でも、布団を引っ張ってるモノを見ることは出来た。
そこにあったのは、なんか…今思っても意味がわかんないんだけど
その時別れ話がこじれてた男の顔でした。しかも、実物の1/2くらいの大きさの。
私のこと驚いた顔でじいっと見つめた後、
「ビックリシタ?」と何故かロボットみたいな合成の音声?で言って消えました。

ちなみにそいつは死んだりとかしてないし、全然元気なまま今でも暮らしてます。
あれはホントに、なんだったんだろ。

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 15:25
夢か。

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 15:46
夢だな。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 16:02
夢だろ。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 17:03
夢としとこう。

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 17:06
夢っていいね。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 17:20
神社にある小さな社をくぐったら中華街に出ました。
門を曲がったら神社に帰れました。
後日その場所に行っても何も起こりませんでした。

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 17:22
その日は縁日やってたとかじゃない?

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 17:53
>>197
いや、この手法はわりとよく使われてるし。
これを使って2ちゃんレベルで有名になったのはマウくらいか。

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 21:21
>>208
マウは後でまとめて読んだが、それでもすげー面白かったからなあ・・・
ところで鮫島とわ何者?優しい人教えてキボンヌ

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 21:53
>>209
簡単に言うと、「牛の首」の2ちゃんバージョン。
怖がる人は大勢居るが、本当は誰もその話のことを知らないってやつね。


211 : ◆M3KxHxXh2A :03/03/25 21:59
少し長くなってしまいますが聞いていただけると幸いです。

子供の頃の話。
梅雨の時期、スイミングスクールの帰り。
公園の植込みの中に、黒いビニール袋に入った何だかぼったりとしたものが置いてあった。
大きさは、普通の大きさのゴミ袋が少しダボつくくらい。
何だろう?とちょっとワクワクして、持っていた傘の先で突っついて穴を開けた。
ブニっとした嫌な感触がして、中から赤黄色い半濁とした汁が染み出てきた。
それに伴っての悪臭。
梅雨の蒸れた空気と交じり合って、それはもう半端無い匂い。
一度退散し、少し離れた場所から様子をうかがいつつ、
傘の先についてしまった汁を地面に擦りつけて拭いていた。
動物の死体かな?
誰か、あの袋を開けてくれないかと辺りを見まわしたが、
雨の公園に人はいなかった。
中を見ないことには帰れない。好奇心はあの匂いに勝ったんだな。
意を決して袋のもとへ行く。

212 : ◆M3KxHxXh2A :03/03/25 22:01
持っていた傘の先で、先程開けた穴をめくってみる。少しだけ中が伺えた。
犬か何かだと思っていたが、予想に反して白っぽいつるんとしたものが見える。
ドキっとして一歩下がる。
なんだろう?暫し迷ったが、やはり好奇心には勝てず
その穴を一気に引き破いた。
ビニールの中で引っ掛かっていたであろうものがズロンと出てきた。
足だった。汁で覆われた白くつるんとした一本の足だ。
細過ぎる。それに長過ぎた。過ぎるという表現がぴったりくると思う。
人間?人間じゃない。
動物?それも違う感じがする。
足よりさらに細い足首からそのまま指が生えていた。
その指も細過ぎたし長過ぎた。
ついに好奇心は恐怖に負け、逃げるようにして家路についた。

213 : ◆M3KxHxXh2A :03/03/25 22:03
帰宅し親に話そうかとも思ったが
何だか言ってはならないような気がして、言わなかった。
そういう子供だった。
傘が無いのに気が付いたのは翌朝学校へ行くときだった。
毎日降り続く雨にうんざりしていたと思う。
母に傘を無くしたことを伝えると、また無くしたのかとしたたか怒られた。
家にあった花柄の古い傘をもらう。
こんな傘は嫌だと思ったが、また怒られるのも嫌なのでそのまま登校した。
案の定、友人たちに冷やかされたが、天の邪鬼だった私は
昨日の出来事を友人たちにも話さなかった。
あの場所へ行くのは嫌だったが、傘を取りに行かなければならない。
学校が終わった後、一度帰宅し、公園へ向かった。

214 : ◆M3KxHxXh2A :03/03/25 22:05
雨の公園の中でしばらくうろうろし、誰かいないかと辺りを見まわしたが
やはり、誰もいなかった。一人で行くしかない。
遠巻きに見てみるとやはり自分の傘が落ちていた。
この場所からでは植込みに隠れて袋までは見えない。
少しずつ近づいていくと見えてきた。
袋は昨日と同じくそこにあった。
もう少し近づこうと思ったそのとき
ガサゴソと袋が動き出した。
恐怖で声が出そうになったが何とか踏みとどまった。
いや、出せなかったんだと思う。
生きてたんだ!
私はソレに気付かれないようにそーっと何歩か後退り
そのまま背中を向けて一目散に逃げ出した。
公園を出て、小道を抜けて、多少大きな通りまで出ると
人通りがあったので、速度を落として小走りになった。
けれど、家に着くまで一度も後ろを振り返れなかった。
殺される。そればかり考えていた。

215 : ◆M3KxHxXh2A :03/03/25 22:06
その日の夜は一睡もできなかったと思う。
自分の様子がおかしいのを両親が気付いたようで
どうしたのか聞かれたが、やはり誰にも言わなかった。
新しい傘はその日のうちに母が買ってきてくれていた。

梅雨の時期が過ぎた夏の盛りに、友人たちとその公園に遊びに行った。
本当は行きたくなかったが、事情を知らない友人たちに押しきられたからだ。
あれから幾日か経って、恐怖心もいくらか癒えていたんだと思う。
あの植込みを遠くから見てみたが、何も無くなっていた。
ほっとして遊びに集中していると
ベンチにあのときの自分の傘が立てかけてあることに気付いた。
しかし持ち帰りはしなかった。


長文の上駄文、失礼しました。

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 22:15
>>214
>生きてたんだ!

な〜いない、そんなことない(´ゝ`)ノ

217 :女装原理主義者:03/03/25 23:05
つい最近の話だが、私はその日、亀戸のE会館という女装主義者のサロンのようなところにいた。
この手のサロンに出入りしていない人は知らないだろうが、こういうところではまず更衣室で
女装と化粧をし、談話室に移動して話をしたり、互いの女装について評しあったり、写真撮影を
したりする。
更衣室に入った私はちょっと大胆にキャミソールに茶髪のウィッグ、メイクは時間をかけてバッチリ
コギャルメイクにしたのだが、話の本筋とは関係ないので略す。
談話室に行くと、すでに数人の先客が談笑していた。みんなあでやかで、常連のKさんは特に綺麗で
うっとりと見とれてしまった。
「ちょっと!これを見て!」
そのとき、Fさんが手に何かをつまみながら談話室に入ってきた。
異臭を放つそれは赤黒く、Fさんがつまんだヒモの下でぶらぶらと揺れていた。
「タンポンじゃない!」
「しかも使用済み!」
談話室の中が騒然となった。言うまでもなく、このサロンの客は女装原理主義者の男ばかりである。
スタッフも男性しかいない。つまり、タンポンなど使う者はいないはずなのだ。
しかし、ナプキンならともかくタンポンとは・・・
「痔の奴がいるんじゃないのか!?」
取り乱したKさんがセーラームーンのウィッグをかきむしりながら叫んだ。
しかし、その独特の臭気は径血以外の何者でもなかった。
サンクチュアリ
男しかいない聖域でなぜそのようなことが起きたのか、今でも謎のまま日々女装に励む毎日を送っている。

218 :女装原理主義者:03/03/25 23:08
ずれたわ。鬱だ

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 23:11
>>211
乙っす。
非常に不思議で怖い話です。他にもあれば是非書き込んでください。

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 23:11
ネタスレになりつつある予感

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 23:16
>>217
キモッ

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 23:22
おい!217
とっても異常な事を、普通に流してカキコすな。書かれてる内容よりも、
前提となってるシチュエイションの方が不可解なんです!

…ハア〜ハアー…ってマジレスしちゃった。

223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/25 23:40
>話の本筋とは関係ないので略す。

って略してないやん マジレスしてスマソ

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 02:27
>211
ビニールに入っていたのは嬰児の死体で
袋が動いたのは中に小さな動物が入りこんで
食っていたからだと予想。
なんだ全然…怖えぇよ!

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 05:18
>>224
ありそで怖い、、、。

226 ::03/03/26 07:40
長文はネタっぽく見えるよぅ。

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 07:52
>>217
ほのぼのとしたいい話だね〜。

感動した!

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 11:57
>>217
>その独特の臭気は径血以外の何者でもなかった。

男がそんなことどうやって知るわけ?ここが一番薄気味悪ぃ〜。

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 12:27
大きなカエルの死体です

230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 15:21
小学校のころ近所の子3人と朝いつもの時間7時半くらいに登校したら、
学校に着いたとき、散歩中のおっさんに「早いな〜」って言われて、
「え、今何時?」て聞いたら、「まだ、6時前」。3人で「はあ?」。

「新耳袋」にも似たような話あったけど、こういうのけっこう多いのかな?
他の板から、来ますた。オカ話好きなんで、暇つぶしに来て見て、初カキコ。
たいした、体験じゃなくてスマソ。


231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 16:29
たった今、体験した事なんだけど、さっき2chやっていたら、
右肩を触られたと思い右肩を見たら、
血のようなものがついてるよ〜。

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 16:38
>>231
右肩にヒルでも落ちてきたんだろ

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 16:39
>>231
左肩を三回叩くといい

234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 16:42
>>206
どこの神社ですか?

235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 17:41
だいぶ前にさなんか悪い奴が出てきて彼女は俺が守るとか言って
白い翼が出てきたみたいな、電波の話
あれが一番笑えた
本気でこんなこと考えてるひとがいると思うと日本も終わりだなって思う

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 20:44
( ´,_ゝ`) プッ

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 20:49
>>230
おっさんがすっとぼけていたのでは?

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 21:39
>>217
中に、女装者の真似をして興奮する本物の女がまじっていたのでつ。

>>228
え? だって生理中の女とすれ違うと鉄の匂いがするよ。

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 22:54
>238
女装しててもイカ臭いしね

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 22:59
>>238
だからどうしてすれ違っただけの女が(略

241 :238:03/03/26 23:39
俺はハイウェイスターを手に入れてから
鼻が良くなったの!

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/26 23:53
女装者の中の人も大変だ。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 00:29
>>240
整理中の女性には独特のにおいがあるよ。
俺もすれ違うだけで分かります。
その臭いの強弱は人それぞれあるにしても・・・。

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 00:29
金縛りぼーん破ったら、
自室で霊界の産物と思われる方々とばったり。
そんな星占いだったらご遠慮申しあげてみたい
けど、実は体験しちゃった方々はいませんか?

245 :洒落怖17の55:03/03/27 00:40
>>235
斬るなら俺を斬れ! 俺の命ですむなら安い物!

246 : :03/03/27 02:53
僕の右手を知りませんか?
行方不明になりました・・・

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 03:02
>>246
またなくしたの?
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1048521652/174-175



248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 03:14
今、過去ログ読み終わったところなんだけど(ねむ…)
全国のオカ板好き北村さんは、不快な思いをしているだろうね、
たったひとりの北村氏のせいでさ。

私もその一人なんだけど。友人たちが誤解しないか心配だよ…。

249 :金栗:03/03/27 04:00
失礼させていただきます。

最近の話なのですが、洗面所で私が風呂から上がり、
洗った頭を乾かしていると、洗面台がすこし詰まり気
味なことに気づきました。
まぁこのままでも問題ないだろうと思った私は、頭を
乾かしたときに落ちた毛を、そのまま流しました。
すると案の定詰まってしまい、困った私はそのまま水
を強めにかけていると、運良く変な音を立てて詰まっ
たものは流れていきました。
その際、「ぐごごごごご」と異様な音を立てて流れた
瞬間でした。
「シッ」と風の音がした瞬間、自分の左小指を見るとバ
ックリと縦に割れていました。
不思議なことに傷からは全く血が出なかったのですが、
あれは何だったのでしょうか?




250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 04:02
実は髪が一本左小指にかかっていて
それが一気に引きずり込まれたので
指がぱっくり説

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 04:04
かまいたち?

252 :無名さん:03/03/27 04:27
小学二、三年生の頃、登校途中に信号待ちをしていると右の道から黒人の若い男が俺の方に向かって歩いてきた。
俺に何か聞いてきたけど、英語が分からないので俺は何も言わずに信号を渡った。
で、それから一年位した後同じところで信号待ちをしていると、同じく黒人がやってきて俺に何か尋ねてきた。
俺わまた何も言わずに信号を渡って、黒人は近くの八百屋に歩いて行った。
既視感というものを初めて体験した。

253 :名無し君:03/03/27 10:10
俺 さっき「未来の俺へ」っていうスレたてたんだ。
未来の俺よ 来てくれ。不思議体験に「未来の自分」を見たっていうのがありません?
来るかな来るかな 早く来い そしてこのさきの俺の運命を教えろ。


254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 10:19
>>253
未来を聞いたら洒落恐へ書き込んで下さいね。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/27 12:07
>>246
ブルーハーツ(!?)の曲の歌詞ですか・・?

256 :246:03/03/27 13:31
>>247
見つかりました、アリガトーヽ(^▽^@)ノ

>>255
もっと自分に自信持ってください

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/28 20:22
>>252
どうしてもその黒人がボブサップのイメージになってしまいます。

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 05:50
俺はゲーリー・グッドリッジが浮かぶ

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 11:45
親の右手に鉛筆が刺さった跡があるが、
漏れの手にも同じような所に傷がある。ただし左手。
傷って遺伝するのかね。

260 :257:03/03/29 11:52
そういえば一つ思い出したので書きます。

かれこれ8年ほど前なんですが、今のヨメさんと当時まだ付き合っていた頃の事。
自分は大阪港のマンションで一人暮らししておりまして、
毎年正月休みになると長期連休なのでヨメが何日か滞在しに来るんです。

ただ、自分は家の事情で3日間ほど実家に帰らなくてはならなかったため、
その間はヨメは一人で留守番というパターンでした。

取り合えずそんな正月休みの数日(数ヶ月?)前くらいだったでしょうか、
自分はいつもの如くワンルームの部屋で布団をひいて寝ておった所、
どうやら自分の部屋の夢を見ておりまして、その夢の中で
誰かが“コンコン・コンコン”とドアとノックするんです。

「あれ?誰か来たかな?」とドアを開けた所、赤いスカートの
おかっぱの女の子がスタスタと部屋に入き、そのまま突き当たりの
壁に“スッ”と消えて行ったんです。

その直後、現実の自分は金縛りに合いましたがそのまま寝てしまい
朝がやって来ました。

つづく(というか昼飯喰いに行って来ます)

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:04
なんだよ、このスレ「長いときはコピペで」って書いてないのかよ
>>1 の失態だな

262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:06
>260 ハンパナトコデ トメルナyo!! ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン


263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:10
北村の再来かもしれんから、過度な期待は無用だ >ALL

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:15
>>260
俺はこういう奴の続きは意地でも読まない

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:16
いや、敢えて俺は
>>260の昼飯をジョナサンの かつ煮膳(ご飯・みそ汁・漬物つき)
と予想してみる

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:18
>>264
禿同

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:28
このやろー俺が続き書いちまうぞ

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:32
いやいや俺が

269 :257:03/03/29 12:48
つづき(スミマセン、コピペにしました)

取り分けその頃はマメに金縛りに合っていたので、
また疲れからかなぁ、とか思っておったのですが
夢だけは何故か(トイレの花子さんか何かに良くある
おかっぱの赤い服の女の子に似ていたので)ずっと
覚えていたんです。

それから時は経ち、正月にはヨメが来て自分は実家に帰り、
何事もなく普通に年を越しました。

数ヶ月後だったでしょうか、たまたま友達とヨメ含めて
ファミレスで飯を食う機会がありまして、
そん時の話の流れで自分はその夢の話を友達にしたんです。


270 :257:03/03/29 12:49
つづき

自分:「それで、ドアを開けたらなんかおかっぱの女の子が
入って来たんよ。そしたら壁に消えていったら金縛りに
あったんよ。まぁ単なる夢やけど」

友達:「こわ〜い;;(ちなみに恐いのがキライな人)」

ヨメ:「え?!わたしもそのおかっぱの女の子みたよ?」

一同:「?!」

ヨメ:「正月に部屋で一人寝てて、夜中にたまたま目が開いたの。
そしたらなんか寝てる側におかっぱの女の子みたいなのが見えたんだけど、
そのまま寝ちゃった。夢だったのかなぁ〜?」

自分:「まじかいな?(初耳)」

一同:((寒気))

そう、自分が夢だと思っておった女の子をヨメも夢ながらに
見てたという、ありがちな話かもしれませんが自分はヨメに
そんな話を一個もしてなかったのでかなり驚きました。

取り合えずは「座敷わらし」だろう、という結論に
達したのですが、それ以来そんな座敷わらしは見ることは
ありませんでした。

あんまり面白く無くてごめんなさい。

271 :257:03/03/29 12:51
>>265

ちなみに近所の生姜焼きセット550円でした。

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 12:53
北さんカモ〜〜ン


273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 13:04
小学校の時体験した通学路での話。
その周辺は日が当たらなくて薄暗くて草ぼーぼーで、何年も放置されたままのやってない銭湯と、これまた放置された病院があったんです。(今考えるとかなり不気味な場所だったけど当時は普通に通ってた・・・)
で、竹やぶの奥に小さなほこらがあったんです。これももうボロボロなんですが。
で、一緒にいた友達と「行ってみよう」と言って竹やぶを掻き分けてほこらに行ったんですね。
そしたら、ぼろぼろのほこらの中には、きつねの置物が2体あったんですが・・・
1体のきつねは普通でした。だけどもう1体は首がなくて倒れてたんです・・・・。

今、その道はすっかり舗装されてしまいましたが、あのきつねがどうなったのか気になります・・・。




274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 14:12
この間主人が金縛りにあいました 
隣で寝ていた私が異変に気がつき体をゆさぶっておこしました
そしてそのあと眠った私が今度は金縛りに・・・
今度は主人にゆさぶっておこしてもらいました
夢の中で主人は誰かに追われていて女の子に地下室のようなところに
かくまってもらってたそうです 
そのあと女の子はここに隠れていてと言い残し去っていき 
追っ手に見つかりそうになった主人はカギのかかったドアを思いきりたたいたのです
その女の子がさる間際ににおまえは誰だと問い掛けたところ
覚えてないの?もういいよ そっちへいくからと謎の言葉
そのあとに私が金縛りにあったので2人でちょっと怖くなりました
主人のこぶしにはなぜかどこかにぶつけたような怪我があり血がでていました
寝ているそばには壁はなく怪我するはずはないのですが・・・
ここのところ部屋のラップ音?がすごくて 気のせい気のせいと
思い込もうとしていたのですが 何か関係あるのでは・・?と思い始めた瞬間でした
建売で買ったの新築なのにあまり音がすごいので もしかしてこの家どこか
欠陥があるのではと思っていたのですが
ここのところ主人が腰を痛めたり 仕事がうまくいかなかったりするので
気休めに 27日 宜保愛子さんが以前ゴーゴゴーで言っていた厄除けを
やってみたところ(ほんとに信じてなかったのですが)
今までならない日がないってくらいなっていた音がピタッととまってしまいました
まだ三日目ですがほんとにならなくなったのです
もしこの静かな日が続いたら まじでなんかいたの?と逆に怖くなりそうです

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 14:54
>>261
正直、失敗したと思いました。ゴメソ。

**************************************************************

 何回かに分けた長文を書く時は、メモ帳などに全部UPしてから
 コピペで 一 気 に 投 稿 を !

**************************************************************(血の叫び)

「続きが10分以上書かれなかった場合は、以降は無視されます」
とかも入れていいよね。

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 18:35
今日、M町っていうところにバスで行った。
そんで、途中でトンネルを通るんだけど、
そこのトンネルの真ん中らへんでさ、何故か部屋があって、
そこで顔は見えないんだけど背の高い男の人が女の人をテーブルの上に載せて腕を切ろうとしてるの。
僕は驚いたんだけど、他の乗客は見えてないみたい。
降りて見に行こうと思ったけど、急いでたから行かなかったけどね。
本当に何だったんだろう。。。

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 18:41
私と年子な妹がリア消防の頃の話。

ローカルな話になるんだが、
九州では、夜遅くに「さざんがきゅうでん」かなんかいう吸収電力の番組があってたのね。
ある日、その番組をみてた妹が、それに使われてる音楽が耳から離れなくなっちゃった。
番組が終わっても、かえるの歌みたいにリピートがかかって、
「さ〜ざんがきゅう〜〜〜っでん!」というのが延々と聞こえてくる。
耳をふさいでもモチロン聞こえてきて、ずーっと、
「さ〜ざんがさ〜ざんがさ〜ざんがさ〜ざんが」と聞こえる。
注意してもっとよく聞くと、小さく「きゅう〜〜〜っでんきゅう〜〜っでん」と
ちゃんと最後まで言っている。
いっときそれは続いて、それが治まってから妹は私に話してくれた。
「ノイローゼになりそうだった」と言っていた。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 19:49
>>276
S市杜王町にお住まいですか?
でもそれはエニグマではなくハイウェイスターの仕業ですよ。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 21:10
>>277
何が言いたいのかがわからんティムポ

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 21:24
ジョジョヲタうざい

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 21:31
(゚Д゚; ≡ ;゚Д゚)<エッ?ジョジョネタドコ?

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 23:26
さざんがきゅうでん・・・・
くだらない駄洒落を延々と聞かされたらたまらんわな。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 00:03
>>281

>>276 >>278

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 00:26
>283
省エネというか、無駄のないレスだな(W

285 :伊藤:03/03/30 09:10
確に

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 10:31
そんなことよりヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。宇宙ヤバイ。まず広い。
もう広いなんてもんじゃない。超広い。広いとかっても「東京ドーム20個ぶんくらい?」とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何?fとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。だって普通は地球とか膨張しないじゃん。
だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと−272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、
演算子使ったりするのに、宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 12:50
子どもの頃公文に通っていた。
冬になると帰る時刻はもうまっくらだった。その頃住んでいた家の三軒隣くらいに
住んでいた子と一緒に帰ってた。
帰り道は二つあって、すごく遠回りになるけど、明るい商店街を通って帰って行くのが一つ、
もう一つは暗くて殆ど人通りがないけど、近道で自分のうちの裏の門まで通じている家の塀と塀に
囲まれた細い路(外灯が一つぽつんとついている)があって、不断は怖くて商店街の道の方から
帰っていた。

或る冬の日、すごく雨が降っていた。もちろんすっかり日は暮れている。
すごく寒かったし、なにやら見たいテレビがあったとかで、早く帰りたかった自分は細い小道から帰ることにした。もう一人の子は嫌がって商店街の方から帰る、といっていた。
怖かったけど、意を決して一人でその暗い道を帰ることにした。

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 12:51
外灯がぽつんとついている中、人一人通らない道を、雨の音だけが響く中夢中で下をむいて歩いた。
舗装されていない細い小道に入ったとき、なんとなくパシャパシャと人の足音が聞こえていた。
少し小道を進んだところで、「○○ちゃん!」と呼び止められた。振り向くと、先ほど通り過ぎていた
外灯の下に、先ほど別れたいつも一緒に帰る子がいた。私は「何や、やっぱりきたん」と、内心ほっと
しながらも直ぐ前を向きなおして、歩き始めた。「〜やね。〜やね。」と心細さからいろいろ話してみたが
後ろ(人が一人しか通れるほどの幅しかないから、前後でつらなって歩いた)から今思えば返事はなかった。

やっとのことで小道を抜け、裏の門から入って自分のうちの玄関についた。
見回すとその子がいないので戸を開けて、通るのをまっていた。
(うちの前を通らないと、その子の内にいけない)
が、待てど暮らせどこないので、ひょっとしてさっさといってしまったのかな?と思い、
そのまま戸を閉めて家に入ってしまった。

あくる日、その子に出会うと「もう〜、なんで黙ってかえってしまったん?まっとったのに」と
文句をいった。するとその子は「え?私商店街から帰ったよ」と不思議そうに言った。
そんなはずはない、と何度も聞いてみたが、知らぬ存ぜぬの一点張り。
じゃあ、あの子は一体だれだったのか?
知らない子だとしても、何で私の名前をしっていたんだろうか。

今でもその子が外灯の下に傘を差して立っていた光景はくっきりと思い出すことが出来る。

20年くらい経った今なら、色々説明は出来ると思いつつ、子どもの頃感じた
不思議な思い出としてとっています。

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 19:46
>>288の怖い怖いとゆう心が産んだ幻?かも。


290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 19:51
連続すまん。
じゃなけりゃ>>288が怖い怖いと思ってたから守護霊が
お友達の姿になってあらわれたとか。

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 00:31
いまさらだけど
北村の話って先日の世にも奇妙な物語の最後の話じゃないの?

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 06:44
あげ

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:41
>>291
聞きたい。語ってくれ!

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 14:42
あげ

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 15:46
>>293
影の世界ですよ

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 19:05
影の世界・・ あの話とは何だか微妙に違うような・・・

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:44
微妙にってか全然違う気が・・・

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:01
全然違うのに、同じと思った事自体が不可解で謎なわけで。

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:00
久々に書き込もう

この前親父の友人の家(大阪)に親父と行ってきたんだけど
その人は50なのに1歳半ぐらいの子供がいる
その子としばらく遊んでいると
なぜか俺や、その子の母や、親父の友人に絵本を
「アイ」って言いながら渡し始めた。
可愛いなぁと思って「ハイ、ありがとう」とか言いながら受け取っていた
しかしその子はしばらくすると虚空に向かって
「アイ」
と絵本を差し出し、しばらく虚空を見つめた後、また俺たちに絵本を渡していた

(何かいるのか・・・・?)と思ったが誰も気づいていないので皆には言わずじまいだった

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 18:20
>>298->>299
24時間書き込みが無いっていうのも寂すぃ話しだなぁ

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:01
うぬも何か話を書きなされ

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:24
すみません。突然ですが、どこで聞いていいかわからなかったので
スレ違い重々承知ですが質問させてください。

よく、あまりにも人を想ったり、何かを強く望んだりすると
念が飛ぶとか、生霊を飛ばすとかって言われますよね。
そういうのが話題にされてるスレって、今オカ板にありますか?
もちろん過去スレでもいいのですが、知ってらっしゃる方
いたら教えて下さい。
検索も一応してみたのですが、上手く見つからなかったもので…。
よろしくお願いします(´・ω・`)

303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:24

  |
 |・ω・`)
  |⊂ノ
  |∪ ソー…


  |
Σ|・ω・`)
  |⊂ノ
  |∪ パキッ


304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:26
誰だ!

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:26

              ヽ(  )/  ← >>303
               ( * )っ
    彡'⌒`ミ       ノ ゝ
 (ヽ(     )ノ)     ∧_∧
  ヽ ̄ l  ̄ ./    (ヽ(    )ノ)
  | . .  |つ     ヽ ̄ l  ̄ ./
  (___*__ )      | . .  |つ
   ; 丿 し       (___*__ )
  ∪           ∪  ; 丿
                 ∪


306 :ちりめんじゃこ:03/04/03 19:45
こんなところでなんですがはじめまして。

で、いきないりですが、僕が幼稚園のころ、
夜寝るときにちょうどカーテンに
男の人の顔がボンヤリ見えてました。
カーテンのシワかなんかだと思うのですが、
毎日毎日それが見えるんです。
べつに怖いとは思わなかったんですけど、今思うと不思議です。



307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 20:33
>>306
いきないりですね。

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 20:40
>>306
その男は
>>306が生れて間も無く亡くなった本当の父だ!! に 500いきないり!

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 20:51
>>306
        | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
       /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
       ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |

        や   ら   な   い   り   か   ?

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 21:23
>>306
こんなところとはなんじゃ、こんなところとは、チミー。

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 08:22
小学校に上がるくらいの年の頃。
鼻をほじっていたら鼻の奥の方になにか大きなものがある
のが判ったので、巨大な鼻糞だと思って苦労して掘り出したら
直径1cmくらいの球体に小さなトゲトゲが沢山ついてる奇妙な
物体が出て来た。

その時は大きい鼻糞くらいに思って捨ててしまったけど、あの
大きさの物が鼻からどうして出てきたのか不思議。今の鼻の穴の
大きさでも取り出せないくらいのもの。材質は木の実みたいな感じ
で軽かったと思う。

映画トータルリコールでシュワが鼻から取り出したものとほぼ同じ
形で、映画を初めて見たときは吃驚というより人間全てが持ってる
ものなんだと納得してしまったくらい。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 08:36
>311
オナモミの実が鼻の中に入っちゃってたとかは…ないか。

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 09:05
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047400331/444

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 10:47
>>302
http://www.google.com/search?q=%E7%94%9F%E9%9C%8A+++2ch&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=UTF-8&c2coff=1&start=70&sa=N
生霊の飛ばし方を教えてください。
http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1044/10442/1044285306.html
◆生霊って、信じる?◆
http://piza2.2ch.net/occult/kako/1001/10019/1001942383.html
http://piza2.2ch.net/occult/kako/1000/10003/1000388491.html




315 :302:03/04/04 11:37
>>314
うわ〜!ご親切にリンクまで貼って下さって、本当にありがとう!!
さっそく見てきますね。

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:40
>>311
それってオナモミでは?

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:51
>>312 >>316
二人とも、口をそろえてオナニーオナニーって・・・

はしたないぞ。

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:22
>>317

  Λ_Λ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´∀`)< オナモミモナー
(    ) \__________
 | | |
(__)_)


319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 23:56
>>302
生霊飛ばせるようになったら報告よろ!

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 14:56
「オナニーがいちばん。」
「オナニーがいちばん。いちばん。」
「オナニー、オナニーって・・・・・ハッ」
レッツギョ! ウォンチューシマイヘー

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 15:02
>>320
あの黒いレオタードの上からオナニーなのか?
ゾクゾク!!!!

322 :コピペデス:03/04/07 01:17
不思議な話ですが、怖いといえば怖いかも・・
新婚の頃、主人と2人で夜遅くまで、
みかんを食べながらテレビを見てました。
真冬の夜だったと思います。

眠くなったので、
みかんをテーブルの上にほっぽり出したまま、
2人で眠ってしまいました。6〜7個あったでしょうか。
ちゃんと籠に入れようよとか何とか旦那ともめたので
散らばっていたことは確かです。

翌朝・・
テーブルを見て私はぎょっとしました。
みかんがきれいに・・1列に並んでいたのです。
テーブルの端から端まで・・
変だなと思いつつ、旦那に尋ねると知らないと言います。
昨夜、お酒も飲んでいなかったし・・
どちらかが寝ぼけたんだろうとけんかになりました。
でも絶対・・記憶がないのです。私にも彼にも・・

その時は変だな〜で忘れてしまいましたが、そのアパート
では、妙なことが起こるようになりました。

寝室の頭側がキッチンにあたるのですが、夜中台所で水の
流す音がしたかと思うと、食器の洗うガチャガチャという
音がするようになりました。
行くと誰もいないし、水も流れていないのです。
怖くてたまらなかったけど、新築だし、引っ越すお金も
なかったので、結局2年住んでました。
みかんも台所も、誰か私たちより前に住んでいたのかも??

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 04:55
今も住んでるんだよ

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 09:39
むこうの方でも「何か、音するよね」とか言ってたり。

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 13:49
>ちゃんと籠に入れようよとか何とか旦那ともめたので
>どちらかが寝ぼけたんだろうとけんかになりました。
もめっぱなしですねw
今では仲良く暮らされてることを祈ります

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 14:11
もめるくらいなら籠に入れるべきだ

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 00:30
       ,,,,,,.,,,.,,,,.,,
     ,.:''      '':;.
     ミ         ミ. 
     ミ    ( ・。・) ミ  <ほっしゅ!
     ミ.,   ⊃'',⊂,:ミ'
      '''',,,,.,,.,.,,,,,;::''
         U U




328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 00:47
>325-6
ミカンをダシにいちゃついてたんでしょ。

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 01:00
ミカンで取るダシはあまり美味くなさそうだな。

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 16:23
何故か俺の脚、ふとももの表側の方に、へこんだ痕がいくつもある。
そんな場所の怪我は一度もしたことがないし、しかもその痕に気付いたのが12歳ごろ。
このごろは更に時たま痛むこともある。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 16:23
(゚∀゚)

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 21:06
>>330
記憶操作?

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 23:05
水疱瘡の痕じゃない?

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 00:28
ずーりずーり
            ∧_∧  
           / ・ω・)
         ...../____ノ

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 21:55
昔、友達数人とテニスをしていて、自分がプレーしてない時、
何気にそばの生垣を見ると、隙間から赤ん坊くらいの大きさの
緑色の人が笑いながらおいでおいでをした。びっくりして
行くべきかどうか迷っていたら、今度はその人は何か私に話しかけた・・・
口は動いたのに声はまったく聞こえなかったので「えっ?」
と良く聞こえるように耳に手を当ててしゃがんだ瞬間
テニスボールが頭の上をかすめていった。
友人曰く「危ない!と思った瞬間しゃがんだから、すごい運動神経
してると思った。」私は痛い思いをしなかったけど、緑の人は消えていた。
おばあちゃんに話すと「それはキジムナァだ!」と言う。



ばぁちゃん此処は沖縄じゃないってば!


336 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:06



り,,,,,,.,,,.,,,,.,,
     ,.:''      '':;.
     ミ         ミ. 
     ミ    ( ・ω・) ミ  
     ミ.,   ⊃'',⊂,:ミ'
 ・・・・・・・・,,,.,,.,.,,,,,;::''
        


337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:07
時々あるね、緑の人の目撃例

地蔵の後ろに...って話は怖かったな

338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:08
JOJOヲタ氏ね

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:10
>>335
ダウンタウンDXでの的場浩二の話を思い出した。

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:13
緑の人って河童じゃないの?

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 23:16
俺、河童じゃないからな!

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 23:22
カッパッパ〜キザクラ♪

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 00:32
緑の人の中の人などいない

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 00:45
>>339
ゴム男だね。

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 01:19
>>344
気になる...教えておくれ


346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:10
マンションの四階に住んでいたとき。
道路に面したリビングの窓の外、目と鼻の先に電線が横に通っていて
カラスやらなんやらがよくとまってたんです

ある日。俺はメッチャクチャ怒った。理由は話とあまり関係ないんだけど、
確かバイトの面接の結果(要するに落選通知)が来たとかそんなもの。
でも当時私生活で色々疲れることがあって精神的にやばかった所にその
通知。やるせなさと自己嫌悪が怒りとなって一気に爆発した。
後にも先にもこの時ほど感情が爆発したことはなかった気がする。
で、閉め切っていた窓の外に向かって、怒りの念を放出したのよ。


その途端。
目の前の電線にとまっていた数十羽のカラスが一気に飛び立ったんです。
まるで映画や漫画のワンシーン見たいに。邪悪な気配を感じ取った鳥たちが
一斉に飛び散っていくような。


断言するけど、他の部屋に親の知り合いが来ていたので声は一切発して
いないし、壁や窓を叩いたりなど音は一切出してない。ただ猛る想いを
窓の外に向かって吐き出しただけ。

窓を閉めると表の音が殆ど遮断されるから、ちょうど下を爆音轟かせた
車が通ったりしたのかも知れないけど、そもそも普段から交通量は多い
道路なのでそれを理由に飛び立ったとは考え難い(と思う)。

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:57
話自体は他愛ないが>>346の筆力にちと萌えた。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 20:04
その念を放出する行為を繰り返しすぎると、いずれ人の皮膚が切れるぐらいになり
ナイト・ヘッドさながらの惨劇が
ってことは無いと思うが
ストレスは病気のもとになるし、あんまり溜め込まないほうがいいと思た

たしかにカラスってそこら辺敏感そうだな。鳩とか雀なんかより

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:02
そういや先輩も吠える犬に殺意送ったらだまったって
言ってたなぁ
殺意、とか殺気って不思議よね

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:43
とにかく誰にでも吠えまくるバカ犬がいるんです。
で10年前に死んだ愛犬ゴンが側にいると仮定して
「ゴン。この犬うるさいから何とかしてよ」って頭の中で言うと
そのバカ犬1時間は吠えないんです。ちょっと不思議。

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:45
やっぱ念ってあるよね。
俺も昔、数メートル先をのうのうと歩いてるねこに向かって、
何の気なしに冗談のつもりで額の真中に「殺」という字をえがいて、
息を吸い込んで一気に「ふんっ」とその字をぶつけるように送ったら、
…そのねこいきなり腰抜かして座り込み、血のしょんべんもらしてた。
その反応にこっちのほうが驚いたよ。

その後近づいてくる俺を見てヤツはこけつまろびつ逃げたんだが、
その逃げ先が俺のアパートの入り口なんだよね。
追い詰められて(別に追い詰めたわけじゃなくて、ただアパートに帰ろうと
してただけなんだが)へたり込み、命乞いするように「にゃ、にゃっ」と小声で
言ってるさまが、まるで「ジェイソンに追い詰められた美女」みたいだったよ。

ねこさんには悪いことしました。ごめんなさいm(_ _)m



352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:50


353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:52
>>351
あなたひどい。
ひどい。
かいだんふみはずしてねんざしちゃえ。

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 00:02
と、ただいま353が念を送りました。

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 00:08
人間て何でも自分の都合よく考える生き物だね

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 00:14
そういうセリフは人間以外の生命全ての思考を理解してる方で
なくては吐けませんよ。

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 00:14
>>351
あなたひどい。
ラーメン屋さんに行ったらオヤジの鼻ほじりの
指が、運んで来るときずっぽり入ってますように。

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 00:26
と355が自分に都合よく考えているということか。
そしておれも。

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 00:42
漏れは暗室に火のついた2本のローソクを立てて片方だけ凝視すると減りが早いという
話を聞いた事があるが、誰か試したヤシいる?
誰でも出来る実験だが、漏れやった事無いんだよなあ
手から癇の虫が出るってのはやった事があるんだが

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:15
それどうやるの?

361 :359:03/04/11 01:38
癇の虫の方だろうか?
新倉イワオ方式と松任谷由美方式(←オールナイトニッポンで言ってたらしい)がある
まずイワオ式
1.硯と墨を用意し、粗塩を加え墨をする
2.手の甲とひらの両方に「南無妙法蓮華経」の中の一字を六つ書く
(ここうろ覚え。般若神教だたかもしれんし4つだったかもしれん)
3.日光で墨をかわかす
4.流水で手をよく揉みながら洗う
5.軽く手を拭き、日光で乾かす
つぎ、ユミ式。こっちの方が簡単だが、試してみたら出が悪かった気がする
1.手を湿らせ、たっぷりの粗塩でよく両手を揉む
2.流水で洗い流し、軽く手を拭き、日光で乾かす

ちょっと油断しているとアラ不思議!!手から細い糸のような物が出ています
(よく見ていたが、出る瞬間は未確認)
コレが癇の虫です。
たとえば爪からも出ますが、軽く引っ張ったくらいでは取れないくらいしっかり
ついているものもあります。

ただ、これも色々胡散臭い所もあるので、とりあえずはここまで試してみて下さい

362 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 03:29
>>351
あなたひどい。
ひどい。
自動改札でなんどもチャイムならされて、後ろに居た女子高生に聞こえよがしに
「んだよこいつ、馬鹿じゃねーの」って言われちゃえ。


363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 05:40
今まで皆さんは、心霊スポットと言われる所に行った事はありますか?私は何度もあります。
ですが、霊感のある子が「あそこっ」と言っても、見えた例がありません。
こんな私ですが、いくつか不可思議な体験をしています。
今から、そんな不思議な話をしていきましょう。

364 :田での出来事:03/04/11 05:41
最初に、何歳の頃かも忘れてしまった、幼い日の出来事から・・・

山や田んぼには、神様が住んでいると言う話を聞いた事がありますか?
私の生まれた町では、お百姓さん達からそんな話を聞かされて育ちました。

ある日、私は幼馴染A君と、彼の家の近所の神社の裏手の田んぼのあぜで、2人で遊んでいました。
親からは「明るいうちに、帰っておいで」と、きつく言われてはいましたが、
楽しい時間はあっという間にすぎ、あたりが薄暗くなってきてしまった時、それは起こりました。
苗の植えられている田の水面が鏡のように調い輝いて、その中では、怒り心配している私とA君の母親と、
近所に住んでいる同級生の母親が映っていたのです。3人の母親の会話まで聞こえた記憶があります。
早く帰らないと酷く怒られると思った我々は、急いでA君の家の前まで駆けて行きました。
そこには、水面に映ったのと同じ服装、構図の母親たちの姿がありましたが、なぜか不思議には思いませんでした。

365 :田での出来事:03/04/11 05:41
その後か先かは忘れましたが、田んぼに石を投げ込む遊びをした事があります。
まだ苗の植わっていない田んぼは見晴らしが良く、大きな石を投げ込むと爆発するように泥と水飛沫を上げる事から、爆弾投げと呼ばれていました。
その年、私の家の前の田は「神田」(その田の収穫から、神社に一束の稲穂をお供えする)となっており、お神酒と、注連縄で飾られていました。
私たちは、いつもの年のように、大きな掴み易い丸めの石を選んで投げ込む事にしました。まるで注連縄がプロレスのリングのようで、
幼い心に特別な思いを抱かせたのでしょうか?私は、石垣に隠しておいた、模様の入ったお気に入りの宝物の石を投げる事にしました。
石の大きさは、多分大人の握りこぶし位だったのではないでしょうか。私は一番乗りで石を投げ、石は放物線を描いて水面へ。
大きな水飛沫が上がった時、私は頭に強い衝撃を受けて、意識を失いました。
目が覚めると、そこには母と、友人達。そして近所の医院のお爺ちゃん先生が覗き込んでいました。
「この石が頭にぶつかったんだよ」と聞かされて、先生が見せてくれた石は、確かに自分が投げ込んだはずの宝物の石だったのです。
周りにその事を訴えると、皆、急に押し黙り、その後両親に連れられて神社と田んぼに、お供えをしに行った記憶があります。


366 :山での話:03/04/11 06:18
今の年代の人に、狩りをした事のある人は少ないでしょう。
昔、私は祖父に連れられて、狸を捕る為に数度、山にトラバサミを仕掛けに行った事があります。
山にも色々な約束事があります。うろ覚えですが、女山でしたので立ちションベンは、女神様に見える様に頂を向いてする事
(性器を見えないように隠すと女神様が怒って、山に遭難します)とか、お弁当は半分食べたら残りは家まで持って帰る事とか、
狸の後足は、1本は女神様に御供えする事とか、他にも細かな注意が沢山あったはずでした。

ある夏休みの日、祖父の家に遊びに来ていた私は、川に泳ぎに行こうとして、気が付くと何故か山の中に居ました。
昼御飯前に出たはずなのに、あたりは真っ暗で、訳が判らず泣いてしまいました。どのくらい泣いていたでしょう?
辺りがスゥ〜っと明るくなって、顔を上げると、目の前に青い光が浮いていました。
その光は優し、暖かくて、何故か彼女が助けてくれるのだと解りました。そして、漂い始めた光に付いて行き、山の麓に下りました。
山の麓には幾つもの懐中電灯の光が集まっていました。その中に祖父の姿を見つけ、「おじいちゃん」と声を掛けると、祖父は飛んで来て私を抱きしめました。
そしてすごい剣幕で怒り始めたのです。私が帰ってきたのは、家を出た翌日の夜でした。その時です。私は変な事に気が付きました。
私はたった今山の麓に降り立ちました。ですが、周りを見回すと、そこは山から1キロ程離れた祖父の家の前だったのです。
青い光は何時の間にか消えていました。
その事祖父に話すと、祖父は宴会をすると言って近所の男の人達だけでご馳走を持って、山の祠の前で宴会をしました。
僕や、従兄弟達、近所の男の子達も付いていきましたが、皆お酒を飲み、歌って楽器を奏で、踊って、大騒ぎでした。
後で聞いたのですが、「女神様が最近、人が山に入らないので寂しくなってお前を呼んだのだろう」と祖父達は言いました。
その後、他にも一晩だけ、山へ消えた男子が出た事から、毎年夏祭りの後には山の祠で宴会をする様になったそうです。

367 :夕暮れの話:03/04/11 06:58
狐やイタチが人を化かすと言う話を聞いた事があるでしょうか?

そのころ、私達の間では「秘密基地」作り、中に蛇の抜け殻や黒曜石、気に入った棒などの宝物を置く事が流行っていました。
その日、私は学校から帰ると、500Mほど離れた川の堤防に埋まっていた土管の中に作られた「秘密基地」に向かっていました。
学校が終わって、川に向かったのは15時頃だったでしょうか?田んぼ道を歩いていると、あぜに置かれた椅子に黒い人が腰を掛けていました。
(この椅子は、近所のお爺さんが、大きな声で詩吟を唸っても良い様に、田んぼのあぜに置かれていたものでした)
顔も何も覚えていません。ただ、黒い感じの人でした。その人は、私の事を「○○○」と、忌み名で呼んだのです。
(父方の家では、生まれた子供に、両親が秘密の名前を付ける風習があります。両親と本人しか知らず、私も姉の忌み名は教えて貰っていません)
私は、忌み名を呼ばれたのに何故か驚きもせず「はい」と返事をしてから、丁寧に挨拶をしてそのまま基地に向かって歩き出しました。
歩き続けました。しかし、堤防は近づきません。嫌な予感がして私は必死に走り始めました。しかし、走っても走っても堤防が近付いて来ないのです。
どのくらい走っていたでしょう?日差しに焼かれ、息が切れ喉はカラカラになり、足がもつれて転倒しました。すると突然辺りは夕暮れの風景に変わりました。
フラフラになりながら回りを見回すと、そこは椅子の前でした。家から200M程の所で、私は立ち止まっていたのでした。
家に帰ると18時頃で、夕食の準備が出来ていました。ビールを飲んでいた父にその話をすると「化かされたのか」と言って大笑いされました。
忌み名を呼ばれた時は、絶対に返事をしてはいけない。知っているのは、父母と化生(人外。神も含む)だけだからだそうです。
なぜ忌み名を付けるのか聞いてみたら、人と化生を見分ける為だそうです。忌み名を呼ばれた時は気が付かない振りをして通り過ぎる様教えられました。

368 :川での話:03/04/11 07:29
皆さんは「水虎」と言う言葉を聞いた事がありますか?では「河童」なら解りますね。

私の父親達の年代はプールなどは無く、夏になると近所の河で泳いだそうです。
ある年の夏、父親は淵で溺れました。その日は発見されず、次の日の朝、水面に浮かんでいる所を漁師さんに発見されたそうです。
知らせを受け駆け付けた祖父は、息子(父親)の亡骸を背負って、村の人達と家路に付きました。祖父が泣きながら息子を背負っていると、
突然「バチーン、バチーン」という音が、どやし付けられる衝撃と共に背中からしてきました。驚いた祖父と村人が背中の息子を見ると、
息をしています。皆が驚いて息子をよく見てみると、その背中には、6本指の手形が二つ付いていたそうです(父親の田舎では水虎は6本指だそうです)
後日水虎へのお礼に、祖父は豚を5頭売って、淵に岩屋(洞穴)を作らせ、中に石の寝台を作りました。

姉も私もその河でよく泳ぎましたし、岩屋にも行きましたが、残念ながら水虎に出会った事はありません。

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 07:41
>>346>>351
似たような体験が俺にもあるよ。

小学生の頃、教室で次の授業が始まるのを待っていると
1匹のスズメバチが入ってきた。

天井あたりをブンブン飛びまわっているそれを、ぼーっと眺めてた俺は
何気なく指で狙いをつけて「パンッ」って撃つマネをした。

その途端、ぽとんとハチが落ちた。

まわりにいた友達も、俺自身も「えっ?」ってな感じで一瞬かたまった。

落ちたハチは死んだわけじゃなくて、ふらふらしながら?
すぐにまた飛び立った。

その後、クラス中が俺の真似をして「バンバンバンバン」やりだしたんだけど、
ハチはそのまま教室中を飛びまわって窓から出て行った。

落ちたハチが死んでたら、俺は超能力者だったんだがな。(´ー`)

370 :夜にカーテンを開けた時の話:03/04/11 08:04
小学校の低学年の頃でしょうか?その日、私は友人の家に生まれて初めてお泊りしました。
友人の家は山の中腹に建っており、その下には市道が走っています。お泊りに興奮していた私は、夜遅く(多分21〜22時頃)まで話をしていました。
すると市道の方から、「キキー」と急ブレーキを踏む音が聞こえたのです。
「事故っ?」と、木に遮られて見えるはずも無いのに、興奮していた友人と私はカーテンを開けて外を見る事にしました。
「シャー」っと、カーテンを開けると、そこには血塗れで、裂けそうなほど大きな口を開いて、聞こえない絶叫を放っている女の人の顔が、
窓ガラス一杯に映し出されていました。私は、そのあまりにも恐ろしい姿を見て、悲鳴をあげる事も出来ず、そのまま意識を失いました。
友人は、気を失う事も動く事も出来ずに、顔が消えるまで体が固まっていたそうです。
あの女性は、下で事故を起こした人だったのでしょうか?死んだのでしょうか?そもそも事故だったのか、それすらも記憶にありません。

ただ、その後の私は、中学生になっても夜カーテンを開けることが出来ませんでした。

371 :room351:03/04/11 08:06
>>353>>357>>362
全部まとめて恨み返し〜。ぎゃは。
俺んちは平屋で宅勤だから階段なんかねえよ。
ラーメン屋なんかいかねーよ。
電車なんか乗らねえんだよ。ビンボ人ども。

喪前らが言ったとおりになるよ、今日。
不安だろ。(プ


372 :スキーの帰りの話:03/04/11 08:40
皆さんは、飛騨川のバス転落事故現場(www.google.com/search?num=50&hl=ja&lr=lang_ja&q=%94%f2%91%cb%90%ec%83o%83X%93%5d%97%8e%8e%96%8c%cc)
と言うのを知っていますか?慰霊碑と、道に設置されたフクロウ型の眠気防止装置。そして、昔はそこに公衆トイレがありました

家族でスキーに出掛けた時の話です。夕方にスキー場を出た私達は、父親の運転する車の後部座席に乗っていました。
すごい渋滞で、飛騨川の蛇行に沿って、赤いテールランプが続いていました。深夜、長い時間乗っていたので、父親の休憩がてら、トイレに寄る事になりました。
父親が選んだ場所は、慰霊碑の傍にある公衆トイレでした。特に気味悪くも思わず車から降り、慰霊碑の方を見てみると、お婆さんがお祈りをしていました。

後で話してみると、家族全員が「ああ、家族を亡くされたのだろうな」と思っただけだったそうです。私もそう思っただけでした。
お手洗いが済み、外に出てきてもお婆さんはお祈りをしています。声も出さず、熱心に両手を合わせていました。
全員が車に乗り込み、ふと母が疑問を投げかけました。
「あれ?あのお婆ちゃん、どうやってココまで来たの?」
そうなのです。注意してみると、光の当たっていて見える範囲には、自動車はおろか自転車もありません。時刻も12時近く。
皆、顔を見合わせてから、恐る恐るお婆さんを見ると、ゆっくりと立ち上がったお婆さんは、そのままゆっくりと慰霊碑に中に消えて行きました。

373 :琵琶湖釣行の話:03/04/11 09:21
皆さんは、釣りをされるでしょうか?私の趣味はブラックバスを釣る事でした。今は海釣りですが。

あれは、久しぶりに日曜に休みが取れた日。土曜20時に、兄と待ち合わせて琵琶湖へ釣りに出かけました。
2月、長浜では遠投&バイブレーターずる引きで、50cmオーバーの大物が狙える時期でもありました。
前年、私と兄は、それぞれ数匹の大物をあげており、兄は先週60cm近い大物を釣り上げたばかりでした。
意気揚々、鼻歌交じりで運転する我々。広域農道を走り伊吹山を越えて、信号待ちをしていた時です。我々の眼に信号待ちをする歩行者の姿が見えました。
22時過ぎ、こんな時間に子供です。ですが現代日本。田舎とはいえ、信号の先にはコンビニもあり、別に22時に子供が居てもおかしくないのですが、
妙な違和感を感じました。しかし、信号が変わったので、その時は特に考える事も無く走り始めました。
そして、次に信号で止まった時、驚きました。また子供です。そして、我々は違和感の正体に気が付いたのです。
『2月のこの寒い時期に、Tシャツに、半ズボン』
広域農道の伊吹付近では、一部積雪もあったのです。愕然と見つめる我々。すると、その子がこちらを向こうとしたのです。
恐慌状態に陥った私は、信号が変わっていないにも拘らず、慌ててアクセルをいっぱい踏み込みました。
「キキーーーー」
兄がサイドブレーキを引き、また相手が避けてくれた事もあって、事故は免れました。90度ほどスピンし、固まっている我々の歩道に、
不機嫌そうな顔をした少年の姿があり、そのまま暗がりに歩いていきました。妙な存在感。生身だったのでしょうか?
避けてくれた、運転手に誤りに行き、車に戻ったあと、兄とさっきの事について話をしました。兄も振り向かれる時、パニックになったそうです。
そして、無謀な運転を誤り、サイドブレーキを引いてくれた事を感謝すると、
「腕が引きずられて、無理やりにサイドブレーキを引かされた感じがした」と言います。
冬の出来事でした

374 :夏にあった話:03/04/11 09:41
夏の北海道。本土とは気候の違う別天地。さわやかな風、広い大地。ツーリングFOX片手の気ままな一人旅。
バイクに乗って、下道を走りながら初めて北海道に向かったのは、10年近く前になります。

秋田の海沿い、沖合いには油田(?)らしき物が見え、体力の限界から地面に倒れこむと、満天の星空。吸い込ませそうで恐ろしかった。
青森ではフェリーに乗りそこね、下北半島最北端まで走って、フェリーに乗りました。恐山にも行った。風呂に入った。賽の河原も見たさ。
山に登る途中。所々に地蔵菩薩が置いてあって、赤と緑と石仏の色合いと、回る風車が、否応無しに雰囲気を盛り上げてくれました。

そして、函館。展望台から眺める地球の丸さ。最高旅の始まりです。

375 :ライダーズハウスでの話:03/04/11 10:16
とりあえず、外周を時計の逆周りに回ろうと決める。目指すは襟裳岬。運がいいとアザラシが見られるそうだ。
その前に、日高で牧場見物でもしようと海沿いから左折。迷う。暮れてくる日と、焦りと戦いながら、やっと現在地を割り出し、宿を探す。
あった。さっそくライダーズハウスに向かう。途中で3人組のライダーと出会い、彼らの目的地も同じと聞き、安心。さっきまで泣きそうでした。

そこは民芸店の裏にあるライダーズハウス。まず荷物を置き、体を寛がせる。3日ぶりに屋根の下。風呂にも入れる。
雑魚寝の宿なので、我々4人以外にも人がいる。白いワンピースの女の子が声を掛けてきた。
「こんにちは、何処から来たのですか?」いっせいに伸びる4人の鼻の下。清楚な感じの女の子。
雑魚寝だけに、不文律として、SEX、イチャイチャは厳禁ではあるが、女の子が居れば嬉しいに決まっている。
こちらの自己紹介と、回ってきたルートを話していると、部屋の隅に居たチャリダー(自転車の旅行者)の女の子も話に加わってきて、
今夜の宿泊客は、男x4、女x2の模様である。しかし、汚いなりで嫌われてしまうのもアレなので、男は近所にあるという温泉に入りに行く。
さっぱりした所で、表の民芸店に今夜の宿代を払いに行く男4人。
「こんばんはー、今晩お世話になります。いやー、大将。女の子2人も居ますね。なんか、ウキウキしますよ」
「は?2人?今夜は、自転車の子だけだろう?新しく誰か来てた?」
「ええ、ワンピースの可愛い子が一人。トホダー(歩きで回る子)電車組じゃないですか?」
覗きに行く男x4&大将。部屋に入ると、いるのはチャリダーの娘だけ。
「あれ?さっきの娘は?ほら、ワンピースの。6人で情報交換したでしょ?」
「え?最初から私一人だよ。そっちが4人で話し始めたから、私は混ざりに行ったけれど・・・・え?・・・・6人?」
「・・・・・・・・・・・(私」「・・・・・・・・・(男」「・・・・・・・・・・・(男」「・・・・・・・・(男」「・・・・・・・・・・・・(男」「・・・・・・・・・(チャリダー」「・・・・・・・・・(大将」

北海道最初の夜は、皆で外にテントを張って寝ました。外で食べるジンギスカンは、美味しかったです。

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 10:29
>>365
俺も似たような経験がある
俺が小学生のときの話なんだけど、友達の家の近くに池があった
直径3Mか5Mくらいの、まあるくて小さな池。
その池の周りをぐるりとなんかしめ縄みたいな縄で囲んであったし、
すぐそばにちっさい祠とかあったからたぶん神様の池とかだったんだろう。
そのときは同い年の子3人と、いっこ上の子1人とで遊んでた。
いっこ上の子の名前がひろあき君、同い年のこの中の一人の名前がきよたかくん。
何でそんなことしたのかよく覚えていないけど、なんか自然な話の流れで
ひろあき君がその池の中に子供の頭くらいの大きさの石を投げ込んだ。
どっぼーんと大きな音がした、それとほとんど同時にきよたかくんが勢いよく倒れた。
頭から大量の血を出していて、その近くに少し血のついた石が落ちていた、
たった今投げ込んだ石と同じような大きさと形をしていた。


377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 10:30
その場にいた全員が何が起こったのか全く解らなかった、
俺は倒れてるきよたかくんを暫くじっと見つめていた、
もう一人の同い年の子も崩れるように倒れこんだ(後で解った事だが大量の血を見て貧血で倒れたそうだ)
俺はそれを見て我に返って、ひろあき君を見た
ひろあき君はまだほうけている、俺は走って友達の家に行き大人の人を呼んできた
その後のことは実はあんまり記憶にない、確か大人の人にじっとしてなさいとか何とか言われてじっとしてた気がする
救急車が来てきよたかくんが運ばれていったのを見届けてからすぐに俺は高熱を出した。
2日くらい経って大分熱もさがったころ警察の人が来ていろいろ聞かれた、
きよたかくんは頭蓋骨がわれていて相当やばかったらしいが、たまたま運ばれた病院に凄い先生がいて助かったそうだ。



378 : :03/04/11 10:36
久しぶりにこのスレが面白い
>>364-368を読んで民俗学とかを研究したくなった

379 :橋を渡る話:03/04/11 10:39
朝。すばらしい朝。日高での生活も約1週間。その後2度ほど挨拶したワンピースの彼女にも慣れ、朝一番の取れたてトマトに感動。
あまりの居心地の良さに、滞在してしまったが、今日こそは出発である。荷物をまとめ、挨拶をして、出発。
見送りの中に、ワンピースの姿を探すが、居なくて少し残念。見ているだけなら可愛くて好みでした。

目指すは帯広抜けて一路釧路、和商市場へ。新鮮取れたての海産物が私を呼んでいる。
アクセル全快。日高大橋が見えてきた。ココを渡ると市街地へ。すると、後ろから迫る排気音。ち、抜かされたか・・・。
すごい速度で走り去るレーサーレプリカ。もうすぐ橋に差し掛かろうとした、その時!
「え?消えた?」
陽炎のように、ゆらいで橋の手前で消えて行きました。こだましていた排気音と共に。
私は、そのままUターンして、函館方面へ。一路、富良野を目指す事にしました。

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 10:43
>>376-377
よかった、同じような経験の人がいて。田舎では信じてもらえたのに、
街に出ると、誰も信じてくれなかった(つ_と

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 10:54
>>380は >>363-368 の人でしょうか
失礼ながら、コピペではないの?

面白い話の出血大サービスでビビリました
忌み名の話は怖かった。けっこう昔の風習にも思えるけど
今でもつけてる地域ってあるんだろうか

水虎の話はイイ(・∀・)b!!ですね

382 :最後の北海道:03/04/11 11:17
富良野で最高の宿と仲間達に出会い、富良野を拠点に北海道を回りました。途中熊にテントを襲われた人に会ったり、
キタキツネと戯れてしまった人(キタキツネは伝染病持ちです)が検査入院する事になったり、海辺にテントを張って、満潮でずぶ濡れになったり
前々年、白バイを振り切って、ヘリコプターまで出動させた挙句捕まって、免許取り消しされた人が飛行機と電車で駆けつけたりと、
楽しく過ごしました。そして、学生生活最後の夏。4回目の北海道。富良野での生活もこれで最後。明日は本土に帰り、国家試験に向けて勉強です。

最簿の締めくくりは、私の提案したジンギスカンパーティーでした。高い牛肉は却下。ホクレン職員に頼み、40Kgのマトンを格安で入手。
他のライダーズハウスの人々も交えての、総勢30人以上の宴会になりました。1Kgづつダンボールに入ったお肉も、残りわずか。
手に取った箱が、やけに軽い事に気が付いたジョニー(日本人)。空箱かと思ったそうですが、封が空いていません。
何かを感じたのでしょう。懐中電灯をかざし、辺りを索敵。足元には横腹を食い破られた、2Kg分の肉のダンボール2個と、地面を引きずった血の跡。
その跡は、狭い道路を横切り、袋小路へと入って行き、塀に血痕を残しながら向こう側に消えていました。

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:21
>>381
貼り付けては居ますが、さっきから、ワードパットに書いているものを貼り付けています
05:40〜11:17まで、さすがに疲れました。
厄払いの意味も込めて、書かせて頂きました。

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:24
>>383
大変失礼しました
いやいや、すごい。面白い話を多くお持ちですね
ありがとうございます

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:37
363-368.370.372-375.379.382
迷信ではあるのですが、実家の方で、怪談、奇譚を文章にすると、
この世にある実体と、文章に宿る文体とに化生が分かれて、物の怪の力が弱まると言う伝承があるのです。
恐い物に会ったら、文章にすると呪いから逃れられると言う迷信ですね。

某電撃文庫作品や、スニーカーとは逆説になりますが、一応迷信深い田舎者としてはこれで厄払いです
長文失礼いたしました。

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:50
ということは
読んだヤシのところに化生が...(((((゚Д゚)))))
えーっと、差し障りがなければ。
実家はどの辺りで?


387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:56
正直、改行のなってない文章はそれだけで読みたくなくなる。
確かに面白そうではあるんだけど。

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 12:01
実家は愛知県。父親の実家は岐阜です。
ただ、父親の実家は寺の過去帳を調べると、800年以上前に京都から来た一族で、
元は、神道の祭祀の一族です。古い分だけ変わった風習も残っているようです。
あと、母親の家が百済渡来系なので、文章うんぬんの話は母に言われたので、百済の風習かもしれません

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 12:55
愛知、岐阜ですか
遠野の方とか、かなり山奥のほうかと思っていたのでちょっと意外…
不思議な体験はご先祖のルーツにも関係あるのかな。
レスどうもです

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:13
大変面白かったです。
書くことによって厄落とし、というの、わかる気がします。
話が共有される事によって自分の一人のものでは
なくなるわけですよね。
山のお話は登山版のほうに、コピペさせていただいたのですが
一応ご報告します。


391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:47

ふむ…すごく深〜く楽しませていただきました。ありがとう。

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:47
テンパってる長文は読む気しないけど今回の人は
かなり読ませる文章で凄く良かった!!
長文ってだけで読む気なくしてたら勿体ないよ
なんか今住んでる所によく似た田舎っぷりでいいなぁ

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:49
バイクの話や兄さんと釣りに行ったときの話をした人と
同じ人ですか?>>388

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:52
小学生の時、毎朝ラジオ体操に出てたんだけど
ラジオ体操が終わった後は山の上の神社までマラソンがあって
その帰りに友達とだべりながら歩いてた
ふと山(竹山)を見ると縦が5メートル以上、横が3メートル以上の
大きな天狗の顔が竹によって現われてた
友達を呼びとめ、「な、な、あれ、天狗じゃないだらぁか?」って訊くと
どうやら友人にも見えてる様子
後に神主さんに聞いてみても分からないと言われた
友人ももう覚えていない

395 :394:03/04/11 18:54
訂正
後に神主さんに聞いてもそういった類のものが山に居るかは
分からないと言われた

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 01:52

みなさん 先日は途中で頓挫してしまい、すいませんでした。
もう忘れられたとは思いますが、このスレを見つけて思い出しました。
実は、昨日まで入院をしていたのです。
書き込みをしたあと気を失い、朝まで倒れ込んでいたらしく、家族に
発見されてそのまま入院、ということになってしまいました。

つづきを書くことが怖いです。ただ、頓挫してしまった手前、「あの男」
とは誰であるのか…だけは記しておこうと思います。
あの男は、今は亡き友人Kです。学生時代に知り合った彼が、幼少の頃より
私の周囲に見え隠れしていたということ自体、在り得ないことですよね?
彼と私は同年であるはずなのに、彼は常に一定の年齢で、存在し、私と関わって
いたのですから…。そして、先日も。この世に存在しない彼が、生きている
ように(とはいっても、彼のまわりだけ空気が異質です。漂っているように
存在しているのです)私の前に、人込みになかからこちらを窺っているのです。
書きたいことはたくさんありますが、このへんにしておきます。
私も自分の身がかわいいのでしょう。
私のせいで不快な思いをされた方には謝罪します。すいませんでした。

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 01:57
出たな。電波北村。ほんと訳わかんねーな、お前。


398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:06
>>396
続きを思いついたら、また書いてくださいネ。(プ

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:26
>>396
キモッッ!!

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:41
Kが生きてる頃にタイムスリップしてたんだろ?
で、何でそれを書こうとしたら気絶すんのか
なぜ北村に付きまとうのかが不明だな。

401 :あげ:03/04/12 03:08
キタムーキター!

402 :あげ:03/04/12 03:10
あげ失敗した。あほやった。

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:20
まあまあ、俺はキタムーを信じるよ。
文章は途中でもきっちり書き込んでから気絶する律儀な奴だからね。
書きたい事があるなら書きなよ。どんな話か忘れちゃったけどさ。

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:31
北村への403なんかの評価は、もはやお約束伝統芸能に近いものがあるな。
G・馬場のプロレスや恐山のイタコに対する扱いと同じって訳か。

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 04:33
キタムウー!続き早くしてくれよおおお
俺は信じるぞー

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 08:25
私が中学生の時、新宿の駅ビルの4階かなんかで友達と買い物をしてたんです。
色々と見尽くし、買い物が終わったので下に降りようとしました。

そこはフロアの両はじにエスカレーターがあるので近い方のエスカレーターへ向かいました。
するとあるはずのエスカレーターがない。
あれ?と思いつつも気にせず逆のエスカレーターへ向かうとそっちにもない。
友達と”なわけないよね?”とかいいながらもぅ一度確認したけどやっぱり
ない。あるはずのエレベーターもない。

店員に聞くと不思議な顔して同じ場所を説明された。怖くなって二人で泣きそう
になりながら行ったり来たりして4回目、やっとエスカレーターがその場所に
現れ、帰ることができました。

いまだになんだったのか不明です。とても不思議な体験でした。
こういうこと体験したことある人いませんか?

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 10:55
ネタにしてもそこそこの面白さではあるんだけれど
引っ張りすぎで興味をそがれる。
もういいよ。聞きたくない。

408 :407:03/04/12 12:37
>406
あ、君のことじゃないよ。

409 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 13:47
>>406
例えば東と西を探して無くて、南or北にあったということはないんですか?

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 14:16
赤い花        赤い花 

白    緑          赤い花


411 :陸自(現職) ◆7bKeljT8EE :03/04/12 14:22
>>406
私もその経験ありますよ。
中学生の時だけど。

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:04
>>407
なんで、わざわざお前のどーでもいい感想を聞かされなきゃいかないんだ?頼むから、もう来ないで。

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 16:03
>>412
>>407は北村氏のことを言っているのだと思われ。

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 17:46
>>373
その子供、実はその辺りの守り神で、
「俺を化け物扱いしやがって」
と不満ながらも仕方なく相手のサイドブレーキを引いてくれたんだったりして。


415 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 17:55
>>409
それはないんですよ。何度もしっかり確認してるし、私一人だった
わけでもないし、何よりもいつも行きなれて行ってるとこだったので間違える
なんてこともないと思うんです。
そこは確信あるんですけど、説明のつかないことなので腑に落ちないというか・・・。
>>411s
同じ経験があるんですか!?
どんなものだったんですか?同じ経験をしたことある人が一緒にいた友達
しかいなかったので人に話すといつも怪しまれてたんです。
やっぱりいるんですね。。。

416 :407:03/04/12 19:04
>>413
わかってくれてありがトン

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:10
>>406
俺の知りあいにもいるよ、「このデパート、出口がないんですぅ〜」って
泣きながら電話してきたのが。

…ドはずれた方向音痴なんだけどね。
地元の親切なおばちゃんに手を引かれて出てきた。(W

418 :ビン ◆BiN88nmwIE :03/04/12 19:14
突然ですがーーー、明日は投票に行きましょう。

419 :空亀:03/04/12 19:47
子供の頃俺の家の近所に教会があって
友達らとよくそこに集って遊んでた。
そこの牧師さんってのが優しい人で
俺らはよくその人にお菓子とか貰ってた。
それである日、いつものように教会に遊びに行ったら
その教会が閉まってた。
俺らは裏口に回ってみるけれどやっぱり閉まってる。
しばらく教会の側で座ってたら中から牧師さんが出てきて
俺らを中に入れてくれた。
しばらくたって教会の中で遊ぶ事も飽きて、俺らは外で遊ぶ事にした。
教会の中庭で遊んでたら、
隣りにある幼稚園(教会付属の)からシスターが出てきた。
シスターが「僕ら、どうして入ったの?」と訪ねるから
僕らは牧師さんだと答えた。
しかしシスターはそんな牧師は知らないという。
俺らはそんな筈ないと教会の中に戻り
いつも牧師さんが座ってるオルガン付近を見渡したが誰もいない。
それから二度と牧師さんを見ることはなかった。
地元の友達と遊ぶと未だに必ず会話にのぼる、
一体あの人は誰なんだろう。

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 20:04
>>406
アハハ。私も方向音痴だけどさすがにいつも行ってる
ところは分かるからなぁ(笑
その人かわいいですね☆

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 20:11
方向音痴って、言語を絶するような人いるよねえ。
ウチの死んだ祖母も、田んぼから家まで帰ってくるのに
逆方向へ歩き出してぐるぐる迷って、「狸にバカされた!」って怒ってたよ。

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 20:12
>>419
最初からそんな牧師さんはいなかったつうことですか?
うーむ、謎だ。

423 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/12 20:13
自分はお墓に入ると方向感覚が無くなりまふ(;´Д`)

424 :空亀:03/04/12 20:22
>422
わからないんだよね…
友達の間では
1.牧師さんは最初からいなかった
2.牧師さんに憧れコスプレをした一般人
3.俺らが勝手に牧師さんだと思い込んでただけで
  教会で無断に寝泊りしてたホームレスの人
って議論が交わされてるが、答えは以前謎です…

425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 20:27
>>423は土葬された経験あり。

426 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/04/12 20:40
俺もひどい方向音痴だからなぁ。

夜、学校から塾に行くとき、はじめての道を通ろうと思ってツタヤのわき道を曲がったんだ。
一時間チャリで走って、進行方向に頂上まで階段のある丘があったからこれを上れば
そろそろ目的地につくだろと思ってチャリを担いでその階段を上って、反対側を下って
少し行ったら、元のツタヤのわき道に出た。

あの時ばかりは俺も狸にばかされたと思いたかった。

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 21:30
前々から思っていたんだけど寝ているときに金縛りにあって
幽霊を見たって人は、電気をつけて寝ているのだろうか。
例え薄明かりでも服の色とか、細部なんかは全然わからんよね。
霊自体が発光するのかな。

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 21:52
ちょっとだけ不思議な話なのですが・・

10年位前の学生時代の夏に帰省した時の話です
私の家は山の中腹のちょっとけずった場所に建ててあり、
周りには家はなく数10メートル下のほうに隣家があるだけです
家の脇の削った崖の上のさきには山道があり、ちょうど二階にあった
私の部屋と同じ高さ位の位置で、夜などは月明かりがないと
真っ暗で何も見えません。

で、その帰省した日の夜の12時頃でした。
その時は涼しくて、窓はほとんど閉めてカーテンもかけていました。
部屋でぼけっと過ごしていたので外の様子はあまり
わからなったのですが、突然夕立ちのような大雨が降り出し、
1分も立たずに止みました。少ししてからまた同じように降り出して
またもやあっと言う間に止みました。
止んだ頃に、突然うちの犬(窓の下に犬がいた)が猛烈に
吠え出したので別に何も思わずになだめようと窓から
顔を出しました。そのとき、ハッと周りが全く濡れてないのに
気付きました。しかも空には星も出ているのです。
不思議に思ったまさにその時、脇にある山道の上の方から
音を立てて何かが降りて来るのに気付きました。

429 :428:03/04/12 21:53
つづき
その時は冷静でしたので最初はただ単に誰かが降りてきたと
思っただけでしたが、ふと、こんな夜中にこんな道を通る人は
生まれてこの方いなかったと思い、カーテンを閉めて隙間から
様子を伺っていました。
音の主は明かりらしきものをもっていず、しかしながら暗闇を
ちゃんと道に沿って進んできます。
その音というのは「からん、からん」といった感じの鈍い音で、
あえていうなら直径20センチ位の大きい鈴を両手のひらで押さえて
鳴らした感じです。鈴の澄んだ音ではありませんでした。
そしてその音は家の脇を同じテンポで通り過ぎそのまま向こうの方に
消えていきました。(道は家から離れる様な方向に続いています)
その間も犬は吠え続けていました。

まあ、これだけなのですが(盛り上がりを期待した方ごめんなさい)
霊体験など全く無縁に過ごしてきた自分にとってあまりに不思議だった
もので・・・
霊などでなくても、人なら人でかなりコワイです


430 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 21:57
幽霊が見えるのは、精神に直接働きかけてくるからで、周囲の状況や視界、視力は影響しないと言われてます。
たとえば、背後にいる幽霊がどんな幽霊かがみえるようにわかったりするのが、まさにそれです

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 22:48
なら目を瞑ってても見えるんだ。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 23:02
>>430
つまり幻覚だろ

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 23:18
>>428
修験者じゃないの?

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 23:41
「ドッペルベンガー」と「ドッペルゲンガー」
どっちが正しいの?
一応綴りは「doppelganger」となるらしく
英語の発音では「ゲンガー」の方が近いみたいなんだけど。
元々はドイツ語だよね?

ちなみに自分は子供の頃から「ベンガー」の表記しか
見たこと無くてそう思ってた。
ネットでカナ検索かけても「ベンガー」は山ほど出て来るけど
「ゲンガー」ではほとんど出て来ない。
そしたら最近スタートレック(ネメシス)の解説が
「ゲンガー」になっててさ。

どなたか詳しい方、すっきりさせてください!


435 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/04/12 23:45
ゲンガーのほうがいっぱい出てきたけど?
ベンガーって聞いた事ない。

ドイツの発音だとベンガーっていうの?

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 00:06
あんなにいっぱいいるカラスの死骸(自然死の奴)を
見たことがないのがちと不可解
象みたいに墓でも作ってんのかねぇ



437 :428:03/04/13 00:15
>433
いえ、その道は上は畑につながっていて、
農作業の時以外はまず使いません。
山頂付近にもつながってますが、別のちゃんとした道も
あるのでわざわざこちらを通るとは考えられません。
というか地元の人位しか知らない道だと思います。
地元の人でも夜は通るとは考えられないのです。

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 00:17
Doppelganger
aはウムラウト有なので発音はドッペルゲンガーが正しい。
・・ベンガーは単なるカコワルイ間違い。

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 00:43
>>436
集団ねぐら周辺には良く死骸が落ちてるぞ。

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 00:45
勉強になります
俺はいまだに”ドッペルベルガー”と言ってます


441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 00:56
>>439
集団ねぐらってなに?


442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 00:58
集団のねぐら

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 01:00
そのまま「集団でねぐらにしてる場所」だろ

そういえば、俺も今日町で何百人もの人々を見かけたが
その中に死んでる奴、死にかけた奴はいなかった
これは不思議じゃないのか?

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 01:17
>>440
ベルガーは違いすぎるだろw

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:32
車椅子に乗ってボウガン撃ってくるわけだ。

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:57
ドッペンベンガル

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 02:59
>>440
ワロタ。

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 03:46
ドッペルゲンガー  ドッペンゲルガー 
ときどき、どっちだったかわかんなくなる
スペルを見れば一目瞭然ではあるんだが
会話の途中なんかだとスペル調べてる余裕なぞ
なかったりするしなぁ。

で、「ドッペル ドッペル ゲンゲンガー」と頭の中で復唱し
「ドッペルゲンガー」が正解だと思い出せるようにしている

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 04:06
公園とかに鳩は沢山いるのに
卵や子鳩は見た事がない。
先日友人とこの話題で盛り上がった。(我ながらくだらない.....)

450 :25才。:03/04/13 06:03
>>449
日本では、町内に一定の割合・間隔で「ハトおじさん」の家を設置することを義務づけられています。
日本のハトたちはそこで身ごもり、産卵し、そして巣立っていきます。
ちなみに俺は去年までヒキコモリ君だったけど、ハトおじさんをはじめて
二年で350万羽貯めた。一度やってみなよ。
初回のみだけど、1ドル以上のチップを買えば30ドル(4000円くらい)分のパンくずを貰える。
もらうだけもらって食の足しにすることもできるし、ベランダでスズメかハトに
思い切って餌付けしてしまえば50パーセントで二倍群がる。
金なきゃ群がってきたハトを捕まえて(自主規制)すればいいだけ。暇つぶしにもなる。
姿焼きとか醤油の煮付けとか色々あるのでマジでお勧め。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 12:12
ポケモンのやつはゲンガーだったな。

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 12:13
>>450
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ
ワロタ

453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 13:10
>>450
俺には無理だよ・・
昔ハトに襲われてからトラウマになって

454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 14:46
>>445
誰にもできん生き方をさせてやる、なわけだ
スレチ失礼。

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 14:56
>>453
なぜハトに襲われたかきぼん。
普通にしてたら襲われないと思うが

456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 15:08
>455
エサ袋持って近寄ったら一斉にたかられた、とかかな。
ちっちゃい頃だったら、トラウマもんの恐怖だろうな…。

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 15:39
未来が見えた
この能力を持ったのは確か小学校五年ごろ
夏だった気がする。
雨の日に教室で山中っていう女とゴリラの話をしていた。
デジャブーってあるよな、あんな感じだったと思う。
『雷が学校の避雷針に落ちた』
『皆が騒ぐ』
『山中は雷を無視してゴリラの話を続ける』
なんかよく分からんが、違和感を憶えた。
最初はこんな感じだった。


ちなみにネタじゃない




            

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 15:53
そいでその年のクリスマス
友達の家でパーティーやって家に帰ってきて。
特にすることないから、ラジオかなんか聞いてた。
そしたら、あのDJっつうの?が言う事が全部予測できた。
そして自分が気持ち悪いと思いながら
ラジオを消す事も予測できた。
そしたら、家の母親が俺を呼ぶ事も予測できた。
もう気持ち悪いから無視して寝た。これも観えていた事だった。

次の朝は元に戻っていた。
でも工房の今もたまにある。

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 16:05
それらのことが起きる前にメモつけようとしてみると、多分観えなくなるよ。

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 16:11
誰にでもよくあること。特に若いうちは。

461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 19:31
既視感ですな。
疲れてるんだよ。

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 19:32
誰にでもあることなら話したりしても引かれないかな?

最近あったのだと、友達がクリスチャンなんだけど。
朝起きて聖書読むじゃん、言う事が全部予測できた。
そしてそれにビビルのも予測できててビビッタ。


463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 19:39
>>462
だから、そういうのはその事象が起きる前にメモか何か残してないと、
記憶の改竄かどうか判断できないんですよ。

後になってから、そういう体験をしたという記憶が残ってても、実は
記憶を勝手に入れ替えたりして、そう思い込んでるだけだということ。
それが、概視感(デジャヴ)の実態だと言われてます。

本人はもちろん自発的な記憶改竄をしてるわけじゃないので、気づか
ないんですよ。

メモとって、それが符号するなら、そういう能力があると確信してもいい
でしょう。

464 :457:03/04/13 19:59
ふーん、まぁそういう捉え方もあるんじゃん?
俺聖書なんか読む機会もなかったし、、



465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 00:38
既視感ってのは体験した出来事と今現在の間に一瞬ですごい間が
あいて、もっと前に体験したはず→でも今さっき起こった→以前から知っていた
という記憶の混同が行われるもの。割りと普通にあることだよ。

クリスチャンが朝聖書を読むなんてのは幾らでも仕入れられる情報だし。
本でも、テレビでも。ホテルに泊まれば大抵聖書は置いてるし。

物事を何でもオカルト的に捉えるのは危険、つーかカッコ悪いですよ。

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 14:33
>>462
ビビルの大木がどかしたんでつか?

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 14:49
大学のときの心理学のテキストの中に、未来予測法だとかいうテスト方法が載っていた。
それは老人と青年の二人が向かい合っている絵で、それにストーリーをつけるというもの。

わたしはその絵に「この青年は非常に才能がある音楽家だけれども、非社交的な性格が
災いしている。老人は青年の先生にあたるがこの青年の作品を盗んで自分のものとして
発表している。二人の確執は続くのだが、青年の方は30歳あたりで夭逝する、、、」
という内容のストーリーをつけました。

音楽家ではなく芸術系の職業についたのですが、、、そのとおりになってしました。
それに今29歳。
どうなる?自分。しかも2ちゃんしてるし。

468 :457:03/04/14 16:58
一般人ならまーこんなもんだよなー

469 :457:03/04/14 17:08
参考になったよ、ありがとう。

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 17:27
>>457
>>463,465で言ってることは457の予知能力の可能性を否定してるわけじゃない。
デジャヴの可能性が高いといってるだけ。

簡単な実験方法は、メモとってみることですね。
メモ用紙と筆記用具をすぐ使えるところに置いといて、何か感じたらメモ取るんです。
タバコ吸いそうだなと思ったら、「タバコ」とメモしておいてそれを確認する。

もし、デジャヴによるものだったら、メモすることが出来ないはず。
逆にメモが取れれば、能力だった可能性があるかも。
さらに実際に起これば、能力があると思っていいと思う。

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 18:46
>>467
その通りって何が?

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 18:48
このスレには二種類の人間がいるね。
自分の理解不能な体験談を論理的に説明されると激しく
反発する人と、合点がいって感謝する人。

前者は大抵厨房。

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 18:52
>>471
その青年と自分が同じような道を
歩んでるって事だと思う

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 20:00
>467
芸術系って漫画家とか小説家とか?

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 20:04
なんにしても影武者でやってるってことか?

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 20:07
論理的に説明というかこじつけというかね
いや、両方か

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 20:14
>>472
2種類じゃないでしょ。

自分の理解不能な体験談を論理的に正しく説明されても激しく
(1)反発する人と、(2)合点がいって感謝する人。

自分の理解不能な体験談を間違った論理で説明されると激しく
(3)反発する人と、(4)合点がいって感謝する人。

この中では(1)が大抵厨房、(2),(3)は普通の人、(4)は騙されてる人。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 21:21

自分の理解不能な体験談を 茶化された説明されて
(1)おおらかに対応する人

もいるよね

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 21:24

自分の理解不能な体験談を 茶化した説明されて
(1)おおらかに対応する人

は心に余裕がある人。

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 22:45
>>476-480
おいらが大人と認定

おいらも含めちゃったw

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 23:21
どうせ誰も読まないんだから関係無い事書かないでくれ

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 00:00
>>481
スレの流れだからしょうがねーべ、なっ同類w

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/16 23:34
347 名前: 10年前だけど 投稿日: 01/10/09 03:52

  車(5DrHBセダン)で事故った。時速120kmでカーブを曲がりきれず自爆。
  中央分離帯にぶつかり、数回転後、宙を20m飛んで屋根から着地。(目撃者談

  自分は何が起きたかわからず、ふと気が付くと車外に立っていた。
  柵が15mにわたって倒れ、車の方も前後左右上下クチャクチャ。
  当然ガラス全割れ、屋根はペッチャンコ。
  何故かドアは閉じたままだったし、どうやっても開かなかった。

  しかし、幸い怪我は左肩の打撲だけで湿布でおわり。
  頭も骨も全く損傷なし。頭の異常は先天的だった(W
  でも、飲酒で罰金7万円。(対物は保険でよかった。

  いつ、車外にでた(放り出された?)のだろう?不思議だ。記憶にない。
  目撃者もわからないと言っていた。ほんとに奇跡だ。
  次の日、車内の荷物を取りに行った事故車置き場の人は最後迄本人だと信じなかった。

  ただ、現状を考えると、運をだいぶ使ったみたいだ。
  まあ仕方ないか・・・。

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 23:07
ネタ切れですか?

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 23:17
シャリならあるんだがな…

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 23:48
HBセダンてどんなの?

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 00:04
ハミリア

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 00:23
今日、仕事終わって家に帰り、何か音がするのでふとコンロを見たら
なぜかナベでお湯が沸いていた。

いやマジ怖いんですけど。包丁握り締めてトイレとかクローゼットとか見て回ったよ…
出かける前から付けっぱなしだったらとっくに全部蒸発してるはずだし
自分で無意識にやったとも思えないし、だいいちそんな短時間で沸騰しない。

しかも昨日部屋のカギ無くした…

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 00:29
きっと同居してて、488が外出した時に出て来るんだよ。
ベッドのマットの中(下じゃなく)に住んでないか?

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 01:20
マットの中の人も大変だな。

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 01:48
488が帰る時間を知っている者。
488の部屋に自由に出入りできる者。
488に熱湯を飲ませてあげる事が幸せだと考える者。
488に熱湯をかける事が幸せだと考える者。
488をいつも見ている者。






・・・・見ています。


はyくきづいて

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 03:25
方向音痴ばなしですが。母の叔母の話です。

ある夜、夫である叔父が山一つ向こうの親戚の結婚式に行ったまま、帰ってこない。
昔の田舎の話で、徒歩だったそうです(すげー健脚)。
朝方になってやっと帰ってきた叔父に問いただすと、
同じところをぐるぐる回ってしまい、家に辿り着けなかったという。
まあ、酔いのせいだろう、という話になりました。
でもその後、叔母が叔父の紋付を洗濯しようとすると
紋付の袂から、黒くて硬い獣毛がウジャウジャ出てきたそうです。

狸に化かされたのね、って何事もないように話してました。

>>488
こわー。人間だった場合が一番怖い。カギつけかえた方が良いよ。

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 09:36
>492
さらっと、「狸に化かされたのね」ですましちゃう
叔母さんの方が怖いyo-!!

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 17:24
ウホ!

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 20:10
>>493
田舎では、それが常識

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 21:39
>492
いや、そのおやじが実は狼男。

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 21:49
>>496
いや、俺も読んでてそうなんじゃないかと思ったよ。
それなら納得行くよな。
実際のところ、そうそう不思議な話は転がって無いよな。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 21:54
>>492
わざわざそんなもの仕込んでまで言い訳したいのか?
と思った俺はどうすれば?

499 :492:03/04/18 23:44
信じられない人は普通の現代人だと思う(w
ただ、男尊女卑の田舎なので、男が浮気しても大した問題
にならず、言い訳の必要も無かった筈。
自分も信じられるかというと?なんだけど、
母の親戚の年配のグループは、狸とか火の玉とか、
そういうモノの存在を前提として話をしてる。
あと河童話(w

夜中、子供だった母が一緒に寝ていた大人に起こされた。
河童が川くだりをしてるのが聞こえるよ、と。
すぐ近くを流れる小さな川から、
聞いた事の無い鳥の声のようなざわめき(複数)が聞こえる。
それはゆっくりと川上から川下の方へ遠ざかっていったという。

群ってあたりが河童っぽくなくて、動物の産卵行動かなんかかと
思うんですが。

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/18 23:59
うちの祖父の若いころの話です。

その日は仕事が終わってから3時間くらい 飲み屋で過ごしたそうですが、
家まで(5kmくらい)自転車では無理だけど、歩いて帰れる程度の 酔いだったそうです。
(田舎だし、昔だしでバスとかは走っておらず 自転車で通勤していたそうです)

そして家までは別に山越えをするような道ではなく普通に平坦を歩くはずなのに
何を迷ったのか、山へ分け入ってしまったそうです。
自分でも何故そんなところへ行ったのかもわからず
それでも家に帰らねばと、とりあえず 目の前の道を歩いたそうです。

すると一軒の家が。家の人に道を確認しようと声をかけたところ
「今日は婚礼なんでよかったら飲んでいってください」
と言われ、図々しくあがりこんで さらに飲んだそうです。
婚礼の日らしくひな壇には新郎新婦がいるものの
かなり盛り上がっているらしく座敷の中はぐちゃぐちゃ。

いくらか杯を重ねるうちにいつのまにか 眠ってしまい、 目を覚ますと下着姿。
場所は見覚えのある自宅の後ろの山のなか。

一体祖父はどう迷い込んで だれに服を取られたんでしょうか?
やっぱり酔っ払いのたわごとなんでしょうか(苦笑)



501 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/19 00:03
>>500
なんだか柳田國男の本に出てきそうな話題だね。
山人か狐狸の類かなぁ。


502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 15:13
e

503 :山崎渉:03/04/19 22:50
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 23:40
ヤッパリオマエカ
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >__Λ∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        /  ←>>503


505 :山崎渉:03/04/20 01:18
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 01:36
昨日の晩、ふと目が覚めて何気なくベッドの横のテーブルの上に目をやると、
ハッピを着てねじり鉢巻をした2〜3cmの背の小さな人たちが、
御みこしを担いでワッショイワッショイと楽しそうに踊っていた。
部屋は電気を消して暗い状態だったんだけど、その人たちの周りだけぼんやりと
青白く明るかった。人数は10人くらい。音はしていなかった。
訳が分からないまま、ボーっと見てたら30秒くらいで消えた。
一体なんだったんだろう。同じようなの見た香具師いますか?


507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 02:12
良スレだ。
よし次の人
どんとこーい!

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 02:35
>>506
そういうのを見たお仲間はたくさんいますよ。
安心してください。

ところで、精神科の診察を受けることは決して恥ずかしいことではありません。
話の種にでも一度行ってみてはどうでしょう。

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 09:05
つまらん煽りだな。

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 10:21
>>506
多分このスレか、このスレの過去ログだったと思うけどあったよ、似たような話が。
ある晩目を覚ますと、自分のお腹の上で祭をやっていたってやつ。出店もあったとか。

ほのぼのと読んだ覚えがある。

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 23:55
いちおうマジレスしとくが、小人(リリプット)幻覚は典型的な精神症状だぞ

512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 02:48
脳底動脈片頭痛の前兆として
小型動物や小人が幻覚(Lilliputian hallucinations)として現れることがある
Hallucinatory miniature figures may appear during migraine
(Cephalalgia 2001;21:990-992.)「リリパット」はガリバー旅行記の小人国です。
小人幻覚はpeduncular hallucinosisの特徴で椎骨脳底動脈循環不全の症候である。


513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 09:21
>>511>>512
へー、ちゃんとした(?)病気だったんだ。
>>512
例えば手術とかで直るのですか?
もし小人が見えたら脳神経科に行けってことかな?
しかし医者には「小人が見えます。」とは言いにくいな。

「リリパットアーミー」って「小人の軍隊」って意味だったんだ。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 09:37
>513
お、あなた芝居が好きだね?

ちなみにその劇団名は、わかぎえふが「体がちっこいのに
乱暴者(すぐ手が出る)や」いうことでつけられた、という説を
聞いたことがある…なんか説得力あるわぁ…

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 12:18
>>509
このスレ初心者?

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:23
昔の体験談を一つ。
もう15年以上前なんだけど、小房だった俺は、キン消し(キン肉マン消しゴムね)
で遊んでた。
居間のテーブルに乗せて遊んでたんだけど、そのうちの1個を下に落としちゃった。
すぐにテーブルの下の床を探したんだけど、みつからなかった。
1分くらい探してた時に、台所の母親に「ボンカレーできたよ」って呼ばれた。
キン消しのことは忘れて台所に行ってカレー食べ始めたら・・・
カレーの中にさっきのキン消しが入ってた。
どう考えても不思議。母親はずっと台所にいた。
台所と居間の間のドアは閉めてあった。
不思議でしょ?実話なんだけど。

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:25
>>513
釣られるなよ。

518 :aa:03/04/22 00:27
>>516
袖口に入った金消しが、食べようと手を上げた拍子に出てきて
皿の中のカレーに入ったものと思われる。

519 :aa:03/04/22 00:30
すなわち金芥子はテーブルの下に落ちたのではなく、
君の袖口に入ったものと思われる。

520 :516:03/04/22 00:31
あー、どういう服着てたかは覚えてなかったけど、
カレーに最初から入っていたように深くはいってた。口の中で気が付いたからね。
盛った上に乗っけたかんじではなかったよ。
うまく入ったのかな。

521 :aa:03/04/22 00:35
>>520
その禁消しがジャガイモ、ニンジン、または肉に似た色であれば
口の中に入れるまで気づかないと思われる。

522 :aa:03/04/22 00:39
なんにしても、この見解に納得してもらう必要はないけどね。
「可能性としてある」と言うだけなので。

523 :辺見:03/04/22 00:46
横レスですが、ちょっとロングで書き込んでもいいですか?

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:48
「カレー出来たわよ」と母親、居間に移動
          ↓
テーブル脇に落ちている物体(禁消し)を発見
          ↓
その色からニンジン辺りと間違える「いつ落ちたのかしら」
          ↓
「バレてないわよね」と母親、拾った禁消しをカレー鍋に入(ry

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:49
>>523
いちいち聞くな、DQNが。
書きたきゃかってに書け。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:51
>>525
てっめえ何様? ああ?
おまえどこ住んでンの?

いまから会うか

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:55
とりあえず書いてみれば?
メモ帳に書いてないんだったらダメだけど。

528 :辺見=526:03/04/22 00:55
人が礼儀通して書こうとしてんのに、お前みたいな気狂いの一言で

もうぶっこわし。。

よかったらいまから会うか? 俺は渋谷の幡ヶ谷に住んでる。(マジ)
近いなら来いや! いやこっちからいってもいいぜ!

捨てメアド探してくるから待ってろ! ガキが

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:57
晒しage( ´,_ゝ`) プッ

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:59
>528
そ、それで会ったら「やらないか?」って言われちゃうんでつか?

531 :aa:03/04/22 00:59
なんだか荒れてる。
私のせい・・・じゃないよねw

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 00:59
>>529
自演に釣られんなよ ( ´,_ゝ`)プッ

533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:00
捨てメアド探す前に話載せりゃいいのに。
久しぶりに電波かな。

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:00
やれるのか!!!オイ!!!!!!!

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:00
行くよーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:01
いーーーーーーーーちーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:01
にぃさんしぃご

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:01
にーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:01
さーーーーーんーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:02
辺見に一票。

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:02










             しーん                     








542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:03







ダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!









543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:07
捨てアドまだかなー

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:10
>>543
・・・・・・・

545 :辺見:03/04/22 01:22
てめえ
捨てメアド拾得して来たから入れろ!

あんまり調子こいてると殺すぞ!

因に携帯は、、って書きたいけどここまでやると大人気ないからな。

どうせ使い捨てだから別に書いてもいいけどよ

おまえなーマジで見つけ出して殺す!

京都の小田ッてガキ見つけるのも大して時間は掛からなかった

なにしろ「教えろ!」「はい! 喜んで!」

吉野やみたいだからな2chは

546 :辺見:03/04/22 01:27
まずオメー悪いけどよ! お手間とらして申し訳ないが
このメアドにお前の捨てメアドいれろ

そしてじっくり話そうや。いきなり暴力なんて今はしないから


547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:29
   |
   |Д`) ダレモイナイ・・ツウホウスルナラ イマノウチ
   |⊂
   |



   ビシッ
       (´Д`;)    
        ゚(   )−   ツウホウシマスタ
          / >



   ビシッ  
       (´Д`;)    
        ゚(   )−   ヤパリヤメマスタ
          / >



548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:35
なんだこりゃ

549 :辺見:03/04/22 01:40
おい一通も来てないぞ! メールボムでもなんでもいいから入れてこいや



550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:48
偏執者のおかげで活気が出てきた…かな?

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 01:59
若いってのはいいですなー。


552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:02
しかも、オカ板で渋谷系ですからね〜。
時代は流れ変わりましたね。

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:04
晒しage(´∀`)
どんな奇怪な現象に巻き込まれるか期待

554 :辺見:03/04/22 02:05
偏執者だとお?
お前は正論がわからないのか? ええ?
俺は話が盛り上がってるから横レスで申し訳ないが書きこしていいか?
と聞いただけだよ。それにたいして525のあの受け答えはなんだ! ああ!
怒ったら偏執者なのかい? お前たちは面倒を避けて変に怒らないで暮らしてるから
その反動が凄いんだよ。お前50代になったら鬱病で自殺するぞ! 

555 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:07
2タン初心者でつか?(´_ゝ`)

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:11
>>555
単なる釣りと思われ。

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:13
釣り師必死だな(´,_ゝ`)プ

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:16
自分が偏執者扱いされているのに気付く辺り、全然普通の反応じゃん。
変換も何事もなかったかのようにする辺り、釣り師の香りしかしません。
怒る前に話うpすれ。
それとも、話があるってのもネタかな?

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:18
2ちゃんだからって礼儀なしか?
おまえら根本的に違うんだよ!!
誰もが書きこめるから余計、一期一会を
大事にしたいと思うよ。だから辺見氏に
同意。禿同ってゆうのか?


560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:24
>>559
よかったー。
まだこういう人もいたんだ。
ほっとしたよ。

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:26
そんな事より釣りよ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、近所の釣り釣りんです。釣り。
そしたらなんか釣りで釣りんです。
で、よく見たらなんか釣りんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、釣り如きで普段来てない釣りに来てんじゃねーよ、ボケが。
釣りだよ、釣り。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で釣りか。おめでてーな。
よーしパパ釣り、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、釣りから釣りと。
釣りってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
釣り奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
釣るか釣られるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと釣りかと思ったら、隣の奴が、釣り、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、釣りなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、釣り、だ。
お前は本当に釣りを釣りのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、釣りって言いたいだけちゃうんかと。
釣り通の俺から言わせてもらえば今、釣り通の間での最新流行はやっぱり、
釣り、これだね。
釣り釣り釣り。これが通の頼み方。
釣りってのは釣り。そん代わり釣り。これ。
で、それに釣り釣り。これ最強。
しかしこれを頼むと次から釣りにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、釣りってこった。

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:26
最初に一言ことわってから書き込むって姿勢はいいことだよ。
ここが2ちゃんだからとか抜きにしてさ。
細かい煽りなんか無視して書き込めっての。
今までだってあの程度の煽りなんか日常であるの。
みんなそれでも気にせずに書いてるだけ。
噛み付き返すから偏執者とか言われるの。わかった?

563 :釣り師多すぎ:03/04/22 02:28
そんな事より釣りよ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、近所の釣り釣りんです。釣り。
そしたらなんか釣りで釣りんです。
で、よく見たらなんか釣りんです。
もうね、アホかと。馬鹿かと。
お前らな、釣り如きで普段来てない釣りに来てんじゃねーよ、ボケが。
釣りだよ、釣り。
なんか親子連れとかもいるし。一家4人で釣りか。おめでてーな。
よーしパパ釣り、とか言ってるの。もう見てらんない。
お前らな、釣りから釣りと。
釣りってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。
釣り奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、
釣るか釣られるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。
で、やっと釣りかと思ったら、隣の奴が、釣り、とか言ってるんです。
そこでまたぶち切れですよ。
あのな、釣りなんてきょうび流行んねーんだよ。ボケが。
得意げな顔して何が、釣り、だ。
お前は本当に釣りを釣りのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
お前、釣りって言いたいだけちゃうんかと。
釣り通の俺から言わせてもらえば今、釣り通の間での最新流行はやっぱり、
釣り、これだね。
釣り釣り釣り。これが通の頼み方。
釣りってのは釣り。そん代わり釣り。これ。
で、それに釣り釣り。これ最強。
しかしこれを頼むと次から釣りにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、釣りってこった。

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:29
>>560
レスがないので自演ですか?それとも、釣りですか?

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:30
30点だな(´∀`)

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:31
燃料不足かな

567 :>>559:03/04/22 02:31
>>559

なにが「一期一会」だよ。

山田く〜ん、座布団(ry

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:33
>559
ありがとう。少数派でもそういってくれるとじ〜んとくるよやっぱ

はなしはほんのりの方にカキこしますから、ひまなら読んで!

ここは「洒落怖」みたいになってきてるね。

いいスレッドだったのにね。

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:33
なめねこを発見した気分になった。

570 :560:03/04/22 02:34
>>564

560ですが、何か?

誰の自演だと思ったのですか?
正直な感想を書き込んだつもりですが。

571 :559:03/04/22 02:41
>>570
まあまあ、被害妄想ですわ。

(゚ε゚)キニシナイ!! (゚ε゚)キニシナイ!!

572 :辺見:03/04/22 02:42
>>562   最後に一言!

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/22 00:49
>>523
いちいち聞くな、DQNが。
書きたきゃかってに書け。

お前これで書き込めるか? ああ?
まじでぶちきれですよ。そりゃ怒りの沸騰点は個人差があるだろう。

でも俺はやだ! 誰が書き込むかあ! こんなこといわれて書き込んだら
それこそそのほうが変だよ。人間謙虚さや、感謝を忘れたらお終いだよ。

例え匿名の掲示板でもね。559や560がいってるじゃん。人間の条件だよ

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:42
>>571




必     死     だ    な    (w






574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:44
>>ALL








 必           死            だ           な             (w


















575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:45
>>574
ソレイイ!!
一生懸命生きようよ。


576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:49
日常のストレスをここで発散されてもなあ

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:50
どうでもいいが
TPOとやら弁えようぜ?

572必死だがココは2chだ。


578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:52
やっぱDQNだったな。

579 :560:03/04/22 02:52
いいスレだと思っていたけど残念だ。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:52
>>578
それは火を見るよりも明らかだってw

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:52
もういいよ〜殺伐としないでよぉ。
雰囲気変えるために、お話を書き込みしたいけど、
私一度もそういう経験無いので書けなくて・・・ウトゥ

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 02:55
((((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

583 :henmi:03/04/22 03:01
>>577
お前まったく人の事考えてないね。

よく言われんだろ? 自分勝手だって。。というより筆記ーでちか?
ここがどこであろうが別にいいの! シリアだろうがアメリカだろうが
中国だろうがさあ。

お前この板で怖い話書いた事アル?
俺はよく書いてるんだよ。長いといわれりゃ、簡潔に書く努力してる。
まとめて書けっていわれたらそうかなーってそうするさ。

でもね、時間使ってるんだよ。長文だと試行錯誤しながら一時間半とか
ね。書いて反応ないと寂しいし、駄文とか書かれた日にャ。。。

でも他人が怖がってくれたらいいな〜って書いてるのよ
そ う 何 回 も ! !

それを言うに及んで、書きたければ勝手に書け! だと??
もういいよ。 はっきりいってもうだめだね。2ちゃん




584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:01
なぜに荒れるか…

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:05
>>583
数人のカキコがすべての代表だと思わないでほすぃな。
漏れ、一度も恐い話体験無いし、そういうカキコもした事ないから
カキコしてくださる方にはいつも感謝してるです。

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:06
つうか2ちゃんに向いてないんだろ。
あなたが必死になるべきなのはこんなところではないはずです。

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:06
>>583
藻前様、頭冷やしてこい。
支離滅裂もいいとこだ。

マターリシル!(゚∀゚)

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:08
そういえば変なこと思い出した。

一年位前だったかな。一人暮らしなので近所のampmに晩飯を買いに行った。
それで家に帰って飯を食おうとしたときに知らないメアドからメールがあった。
メールには○○夕飯食べる(○○は自分の名前)と書いてあった。
コンビニで知人には会ってないしメールに返信しても返事はなかった。
あれはいったいなんだったんだろう。

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:09
辺見くん、丁寧に断った…つもりだろうが、一応ここは老若男女、誰もが自由にカキコ出来る「いわゆる公共の」場所だ。
それをいきなりタメ口で書かれたら、カチンとくるDQNも存在する。
君の怒りは解るが、発火点が低過ぎやしないかね?
揚げ句に「捨てアドに…云々」と意気がるのもいただけないね。
カルシウムは足りているか?ささいな事でトラブル起こすだろ?
礼儀云々を述べる前に、少し自省してみてはどうかな?
老婆心から忠告申し上げる。

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:16
>>辺見
怒るのも分からんでないが荒らすなアホ

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:17
>>589
>カチンとくるDQNも存在する。

そういう煽りが不用

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:17
>>588
メールで思い出したが
昔不思議なメールを貰った事がある。
j本のスカイメールだったのだが、
内容は普段友達と交わしているような内容。
ただ、名前登録していなかったので番号通知で来た。
友達が携帯変更し、漏れに変更報告を忘れてメールして
きたものとばかり思い何とは無しに電話を掛けてみた。

電話口から流れてきたのは「現在使われておりません」の
アナウンスだった…… 一体何だったのか。

593 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:18
せっかく>>588がカキコしてくれたのに・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

>>590
アホとか言うと、また荒れちゃうよー。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:18
で、辺見さん、もう気は済んだかい?

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:19
>>59
((((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:19
>>592
((((((( ;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:20
>>594
いいかげん釣りうざい。

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:22
>>589
名無しですが、辺見氏のDQNぶりは演技と思われ
相手の理不尽さに腹が立ったのでは?
だいたい文面にそれが現れてます。
ダレカさんみたいにサラリとかわす事も必要だと思いますが
体験談を真剣に書き込んで、茶化されたら良い気はしないです。
怒るフリもたまにはしてみたい気もします。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:24
もういいよ。辺見ネタはタブーってことで、次いこ、次。

600 :henmi:03/04/22 03:32
>>589  はぁぁあ?
一応あんたの相対的な御忠告は耳に入れといてと。。
タメ口ごときで怒ってたら、もうオカ板にはいないちゅーの!
お前さぁもういちど525のカキコみて来いや!

京都の小田君はハングル板でお痛がすぎて、住所洗ったの
え〜と俺は朝鮮系みんじゅく団体じゃないよ。
でもね、この御時世朝鮮人が粛正掛けるのはやっぱ問題だからさ。





601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:35
丁度一月ほど前の、明け方の4時くらいだったかな?
漏れの部屋玄関の隣なんだけど、誰かが家に入ってきたのね。
同居してる甥が飲み会で遅くなるって言ってたから、帰って来たんだと思ってたんだが、
朝7時ごろに確認したところ帰って来ていない。
親兄弟に話しても「あんた寝ぼけたんじゃないの?」と馬鹿にされる始末。
実際、一晩中起きていて寝ぼけるも糞も無かったのだが。
そして夜8時ごろ、家に一本の電話が。
子供の頃、漏れを可愛がってくれた叔母さんが亡くなったとの事。
そして亡くなった時間は丁度朝方の4時頃だったと。
この手の話は良く聞くが、まさか自分の身に起るとは思わなかったよ。

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:35
>>600
すみません、なんで突然ハングル板とかが出てくるの?
そちらでも何かがあったのですか?
ひそーりと、キリ番ゲトおめでとーと言ってみる。

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:37
オーイ、ミンナー(゜Д゜≡゜Д゜)シカト デ イイカナ?

604 :588:03/04/22 03:47
もう一個思い出した。怖くはないけど不思議。

よく覚えてないけど小学校の四年生くらいだったと思う。
その日もいつもどおり母、姉、兄、自分の四人で夕飯を食べてた。
そしたら玄関のドアがガラガラっと開いて廊下を歩いてこっちに向かってくる
足音が聞こえた。四人とも当然のごとく父だろうと思った。でも部屋に入る直前で
足音が止まった。しばらくしてあれっと思って廊下を見ても誰もいない。
そしてたぶん一時間後くらいに父が帰ってきた。一時間くらい前に一度
家に帰ったかと聞いても帰ってないといっていた。
あの足音はなんだったんだろう?

605 : :03/04/22 03:47
今吸ってたはずのたばこがなくなった
灰皿の上にも机の周りにもない
ってか、フローリングの床できれいに片づいてるから
見つからないはずがない・・・いづこへ・・・???

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:48
>>605
ドキドキ。もしや、食べちゃった?

607 :605:03/04/22 03:54
無い・・・
煙出てないから大丈夫だよね?
もう一本試しに吸ってみて灰皿の上に置いておいたけど
ぴくりとも動かない・・・
もうちょっと探して寝ます


608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 03:55
>>605
もう、ねます。
おやすみんじ裁判。

609 :605:03/04/22 04:00
>>608
おやすミンドゥリン・プロジェクト

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 04:01
>>605
ひょっとして近くに布団の類ないかな?
座布団とか・・・
以前おれも吸ってたタバコがきえて、30分ほどしたら座布団が燃えだした。
座布団の中のワタって、煙出さないで燃えちゃうんだよ。じわじわと

611 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 04:24
 声

612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 04:29
>>611
なに?なに?どうしたの?
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 04:33
>>610

漏れは昔、寝煙草してて布団が燃えてた。
きな臭い匂いに巻かれて、目が覚めたら周りは灰色の煙。
気がつかなければ、漏れはベーコンになってたかも。

614 :1/2:03/04/22 04:35
中学校2年生の時に起こった、どうにも不可解な事をお話します。

当時私は塾に通っていて、ある日いつも通りに塾へ行きました。
普段は同じ塾へ通う友達と一緒に学校帰りに直接塾へ向かうのですが、
その日はたまたま学校が早く終わったため、いったん自宅へ帰って制服を
着替えてから塾へと向かいました。

塾へ着くと、授業がある予定の部屋へ入りました。まだ誰も来ていません。
そのまま待っていたのですが、とうとう授業が始まるはずの時間になっても
先生も生徒も誰も来ないのです。

今日は臨時で他の教室で授業をやっているのだろうかと、他の教室も
まわってみたのですが、他の教室では違う学年の授業が行われて
いました。

私は腕時計を何度も確認し、さらに念のため教室にあった掛け時計の
時間まで何度も見直しましたが、どう考えても授業が始まっている時間です。

馬鹿馬鹿しくなってそのまま帰宅し、母親に塾であったことを話しました。
母親は、ああそうだったの、何でだろうかねえ、という程度の反応でした。

615 :2/2:03/04/22 04:36
翌日学校へ行くと真っ先に同じ塾に通う友達に昨日の件を尋ねました。
何で昨日来なかったんだよ?って。

そうしたら友達に、昨日は授業はいつも通り行われていたし、
おまえだけ来てなかったんじゃないか、と言い返されたのです。

私はからかわれているのだと思って、半分脅すようにむなぐらをつかんだり
して問い詰めたのですが、友達の答えは変わりません。

結局、私が塾をさぼりたかったから嘘をついたんだってことにされて
しまいました。

念のため断っておきますが、当時、塾に行くのは嫌ではなかったし、
他に大きなストレスを抱えていたということもありません。
一時的に記憶喪失になった、あるいは記憶が自分に都合よく修正
されたとはどうしても思えないのです。
家から塾まで移動した時の記憶もはっきりありますし、移動時間から
逆算しても授業開始少し前に塾に到着したことは間違いないのです
(よって、腕時計と塾の掛け時計が両方壊れていたとしても、大幅な
時間のまちがいはないはず)。

この件だけは、いまだに不可解でなりません。

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 05:34
もう何年も前になるが実家に帰った時の事。
家の裏手には公園があって、自分の子供の頃とそこは殆んど今も変わってない。
久々に地元の友人と会い家路に着く途中、その公園で少し一服する事にした。
するともう夜中にもなろうと言うのに一人の子供がベンチに座ってた。
こんな時間に子供が何やってんだ?と思い。
お父さんかお母さん待ってるんか?と聞くと首を大きく横に振った。
はよ家帰らな家族の人心配するで〜近所やったら送って行ったろか〜?と聞きました。
下を向きながら相変わらず首を横に振り、あんまり干渉するんも何やし
自分も結構疲れてたんでもう放ッとこと思ったんですわ。
するとその子が突然走り出し逃げて行くように行ってしもたんですわ。
おいおいどないしたんや!?と思いこっちがびっくりしましたわ。
何やあれ、せわしない子やな〜と思いながら家に帰ろうとすると
何やら前にもこんな事あったな〜とふとそんな気がしたんですわ。
ん、ちょっと待てよ!?
どっかでこんな事あったぞ!?
あったと言うのは今日の様な事が前にあったんやなくて、つまり逆の立場。
自分が子供の頃、親に叱られ家を締め出された時にこの公園でウロウロしてた事があったんですわ。
その時に見知らぬ人が自分に話掛けて来て自分めっちゃ恐くて、家にすっ飛んで帰った記憶があったんですわ。
その事を思い出し、びっくりして後追っかけ様としたらもうどこにも姿見えませんでしたわ。
何やねんコレ!?と思い家帰るなり親にさっき俺帰ってきたか?と聞くと何言うてんのんアンタ、頭おかしなったんか?
と言われ呆然自失としていました。
いや、だから俺が…と説明する様な気にもなれんかったです。
結局あの時自分は過去の自分と遭遇したんやろかと今でも謎です。


617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 09:10
ふすぎですな(´ー`*)。・:*:・

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 12:38
>>615
教室は全てワンフロアにありましたか?
シンプルな間違いほど、思い込みは揺ぎ無いものとなりますので。

>>616
まさにその子供もプチ家出中だったのでは?
夜中に見知らぬおじさんに声をかけられれば、子供はみな同じような
反応を示すでしょう。

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:26
ある日、叔父の一家が遊びに来た。昼食の後大人達は茶の間で
おしゃべりをし、私と私の兄弟、いとこ達は隣の部屋で遊んで
いた。
茶の間と隣の部屋を遮るふすまは開け放たれて二つの部屋は一体
となっていた。大人たちのおしゃべりと子供達のはしゃぐ声でそ
こは明るいにぎやかさでいっぱいだった。
子供達の間で追いかけっこのようなことが始まりった。私は押入
れを開け、上の段によじ登った。

押入れの布団の上に登ったところで、暗がりに妙なものがあるこ
とに気がついた。2体の人形が、押入れの私がいるのと反対側に
鎮座している。

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:27
それはいつもはその部屋のガラス戸棚に飾られている人形だった。
7センチほどのお雛様とお内裏様の人形で、形自体はだるまのよ
うに丸く、そこに着物と顔が描きこまれていた。顔は真っ白で、
雛人形らしい切れ長の目をしていた。私はそのお雛様に特に注意
を払ったことはなかったが、そこにその人形があることは意識す
るともなく意識していた。

それが押入れの暗がりに、ちょうど自分に向かうように2体並ん
で立っている。

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:28
あれ、と思うまもなくその人形達は、
  ひょい、ひょい
とその場で小さく跳ねた。私は何がおきたかも分からずあっけに
とられた。しかしすぐに大きな恐怖に襲われた。人形達が跳ねな
がら私に近づいてきたのだ。しかも近づきながらその姿はどんど
ん大きくなってくる。
  ひょいひょいひょい。
私の目の前に迫った時には私よりも大きくなっていた。
「うわっ!」
私は手をむちゃくちゃに振り回した。その弾みで押入れから転げおちた。

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:29
畳が目の前に迫る・・・!ばしん、と畳に手をつき、顔を上げた。
すると・・・誰もいなくなっていた。駆け回っていた兄弟やいとこ達。
隣の部屋でおしゃべりに興じていた大人たちも。部屋はがらんと
して、気がつくとさっき昼食をとったばかりだったはずなのに、
部屋には夕方の光が斜めに差している。

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:30
何が起きたのか分からないまま、しばらくぼうっとしていると
母親が現れた。いとこ達はどうしたのか、と聞くともう帰ったという。
あの人形は?と思い、戸棚を見てみた。すると人形達は無くなっ
ていた。私はお雛様はどうしたのかと聞いてみた。しかしわたし
がいくら説明しても母親はそんなものはない、初めからなかった
、というばかりだった。

それから数ヶ月、寝るたびに薄暗い路地であの自分より大きくな
ったお雛様達に追いかけられる夢を見た。途中で夢だと気づくこ
とも多かったが、それでも醒めずいつまでもいつまでも追いかけ
られるのがつらかった。

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:31
蛇足。子供の頃の不思議な経験というのはだいたい記憶の錯誤で
説明がついてしまう。これもそのうちのひとつだろうと思う。押
入れに入り、寝てしまい、怖い夢を見て、ないはずの人形がある
と思い込んでしまった。しかし押入れに入るまでと落ちるまでの
記憶は連続している。それまでそういう経験はなかったし、それ
以降も一度もない。人生で1度しか経験しなかったという意味で
は自分にとっては不思議な経験だ。

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 13:32
さらに蛇足。このスレは不思議な話の不思議さを味わえばいいの
で、少し考えれば思いつくような合理的説明など興ざめさせるだ
けだと思う。不思議な体験が書き込まれるたびに、無理やりでも
説明をつけようとする人がいるが、そういう人は夢中で映画を見
ている人に「これはフィクションだよ、これはフィクションだよ」
といちいち耳打ちしているのではないだろうか。
上記の蛇足は書く必要もないかと思ったが、分かったようなふり
をした人に自分の経験談に土をかけられるのは不愉快なので、自
分で埋めることにした。興ざめだがしょうがない。
 

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 15:10
>>625
同意


627 :615:03/04/22 15:53
>>618
教室は全てワンフロアにあったのです。
しかも全部で3部屋しかありません。
惜しむべきは、そのフロア内にあった塾講師の控え室に入って、
授業がなぜ始まらないのか聞かなかったことです。

628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 17:29
>>625
繰り返し議論されてきた事です。
不思議さを感じない場合に状況を確認するのは自然な事では?
無粋かもしれないが、それほど不躾とはいえないと思うが。。
話の提供が無償の善意だとしても、不特定多数の目に曝される以上
そのお話がいろんな運命を辿ってしまうのは仕方ない事では?

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 17:49
>>628
同意。
>>625
さらに言えば、様々な検証仮説が話の書き手等によって明確に否定されたとき、
多くの読み手の心の中の、その話の不可解さに対する疑念は払拭され、
結局その話の持つ不思議さ・不可解さは、興醒めどころか
より深みを増す事になると思うのだが?

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 18:09
不可思議なようでいてとりあえず合理的説明はつき、
理屈で説明できそうでいてどこか不合理な、
この「昼のものとも夜のものともつかぬ黄昏時」な感じがいいんだよ。

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 18:21
おもいません。
ここはいつから不思議な話を検証して古き良き淡い思い出をぶち壊すスレになったのですか?
検証スレならほかにいっぱいあるので、そちらでやられたらよろしいかと。
あくまで、素朴な、個人の体験談を知りたい、聞きたい、読み物として楽しませてもらいたい、
と考えてわたしはここに遊びに来ています。だめ?

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 18:42
不思議な話を披露してくれたレスのみを読むしかあるまい。
>>628の後半のくだりは避けられないでしょう。
たしなめたり注意を促したりはできるけれど、不特定多数が出入りする
生きたスレではそれもなかなか.....
流れがイヤなものだったら話を提供して変えるか、しばらく来るのを
控えるしかない。
でもまあ結局残るのは印象的な話の方だ。それを拾って読むよ。

633 :わたなべりゅういち(・。 ・):03/04/22 18:49
        動く待ち合わせ場所ってどこなんだ!?

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 19:03
>631
リアルでだって、不思議な体験談を人に話せば必ず「それって○○だったんでないの?」
と質問される事だろう。それは自然で、ごく当たり前の事だ。

>ここはいつから不思議な話を検証して古き良き淡い思い出をぶち壊すスレになったのですか?
検証する事で、古き良き淡い思い出がぶち壊れるかどうかは疑問だが、
少なくともその質問に答えるなら、「このスレの1が立った時からだ」
とだけ言っておこう。

635 :634:03/04/22 19:09
633の「このスレの1が立った時からだ」は、
「このスレのPart1が立った時からだ」と書いた方がいいな。
紛らわしくてスマソ

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 19:36
635の言ってるレス番も相当まぎらわしいな

637 :625:03/04/22 19:54
議論することは目的ではないのだが、とりあえず。
過去何度も議論されてきたことであることは百も承知。
その上で自分の意見を表明した。これに反論したい人を全否定
するつもりもない。
ただ、書き手としてではなく、読み手としても合理的説明をし
ようとする人はうざいと思うので、そのあたりは補足しておきたい。

個人的には検証などばかばかしいと思っている。大抵の不思議体験
は本人の勘違い、思い込み、記憶の錯誤、願望に基づく記憶の変質
で説明できてしまう。その意味でこのスレの過去のどの話も、これ
から将来書き込まれる全てのお話も、すでに検証は完了している。

638 :625:03/04/22 19:54
このスレに来る人は日常からちょっとはみ出した話を聞きに来て、
ひと時現実から逸脱した不思議さを楽しみにきていると思う。
そしてその不思議さをどこまでも果てしなく本気にしている人な
どいない。(一部の書き手は違うかもしれないが)

わざわざ説明をつけている人は、そうした常識的な読み手に、すで
に終わっている検証をもういちど突きつけている。それは、映画を
フィクションだと指摘するのと同じように、読み手をずいぶんしら
けさせる行為だということを本人は自覚しているのだろうか。

そしてしらけるというマイナス以上のプラスをこのスレにもたらす
と考えた上でやっているのか、はなはだ怪しいと思う。

639 :625:03/04/22 19:55
無論、たまには変な人もいるだろう。
このスレで「自分が超能力で次々と奇跡を起こしている」とかいう
書き込みがあったら私自身も「んなわけないだろ、お前の思い込み
だ」と突っ込みを入れるだろう。しかしそういう人は例外的だ。

繰り返しになるがこのスレにいるほとんどの人はちょっとした不思
議体験談を読んで楽しむためにここに来ていると思う。
合理的な説明を試みることにどんな意味があるのか?
映画をフィクションだと指摘するのと同じくらい、無意味でつまら
ない行為ではないのか?

640 :625:03/04/22 19:57
以上が私の意見。無論こういう場だから、「だから書くな」と言う
ことも無意味だし、検証がなくなるわけではないことも百も承知。
しかし私が他の人を黙らせることができないのと同じように、私の
発言も自由。たくさんある中の一発言として一応書き込んでおく。

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 20:34
百も承知

642 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 20:36
>>625
概ね同意。
だが(書き手には大変失礼な行為なんだろうが)、
一つの不思議な話を読み、
「こういう可能性は?」「ではこれは?」等、考えつくことを書き手に聞き、
それらへの書き手からのレスを読んで
「やっぱ合理的解釈は難しいな・・・こりゃ怖い ((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル」
という怖がりかたもあることを知っていて欲しい。

自分の猜疑心を、書き手に払拭してもらいたいが為の行為とでも言おうか。
本当に書き手にとっては迷惑なのだろうが・・・

643 :642:03/04/22 20:41
例えば、
>>618(質問者)に対する>>627(書き手)のレスを読んで
俺は益々不思議な話だと思った訳だ。

クドくてスマソ。

644 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 22:27
>>643
あなたに同意

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 22:47
一夜明けたら、真面目なスレに…感激で涙が。・゜・(ノД`)・゜・。

646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 22:50
でもオレ単に不思議な話を読んでみたいだけなんだよぉ。

・゜・(ノД`)・゜・。

647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 23:04
ああ、前から言いたかった事を綺麗にまとめてくれた625に
烈しく感謝したい
パート1からずっと見てるけど禿しく電波なお話をする人や
思い込みが禿しい人にツッコミを入れる意味で、解釈、指摘は
理にかなってる。だけどそれ以外の解釈、指摘はなんか無駄

648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 23:19
まーいいじゃないか。なんでも。
次ねーのか、次。(^O^)

649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 23:26
前から言いたかった事を綺麗にまとめてくれた648に
烈しく感謝したい
さー次だ次。

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 00:09
ちょっとずれるかもしれませんが・・・

中学生のときに買ってもらった自転車が盗まれた。
ちょっと高かったので親に相当ねだったのを覚えてる。
それが盗まれた。

雪が降る中近所を探しまくった。が、見つからない。
せめて近くに乗り捨ててあれば、と思ったけど駄目だった。

すごく悲しかった。
もう見つからないだろうからせめて犯人にも罰があたりますよう、と思った。
自転車盗む奴だから、そういう感じの罰だな、その人の自転車も盗まれるか、
交通事故にでもあえば良い、と思った。

そしてその時何故か同級生男子2人の顔が浮かんだ(一人は近所に住んでたし)。
あいつらに違いない、と根拠はないがとにかく何故かそう確信した。

その数ヵ月後、学校から帰ると母親が「○○さんところの子と友達が倍事故に逢ったって!」と。
私が自転車を盗んだと勝手に決め付けたまさにその二人が事故ったのだ。

偶然だとは思うけど、驚いた。
真相は分からないけど十数年たった今もたまに思い出す。
あの時自転車を盗んだのはやっぱりあの二人だったのかなぁ、とか。


651 :650:03/04/23 00:11
つけたし

同級生二人が事故ったのはバイクにのっててです。
二人乗りだったのか何なのかは知らないけど。
とにかく一緒に事故ったそう。

652 :650:03/04/23 00:19
なんかとてつもなくすれ違いだった気がする。。。
すみません。

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 00:23
おい!そんな事ないぞ!650よ。なかなか面白かったぞ。
もしほかにもあったら、またカキコしてや。

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 01:22
母の話なのですが…

母は社交的な人で毎日家の前を掃除しながら
いろんな人と話をしていた。
ある日母が「いつも、○○さん、家の前で話してくんだけど、
今日はなんか急いでたみたい。そこの角まがって自分ちのほう歩いていったわ。
挨拶もせんなんて、あの人らしくないなあ。でもなんか顔色悪かったわ。」
となにげなく話してた。
その2日後新聞の死亡欄にその人の名が。
葬式に行った母は首をかしげながら「○○さん自殺やったんやと。
でも変なんや。首つったの見つかった時間、この間うちの前通っていった
時間なんやけど…。」
母は今も○○さんが最後の挨拶に来てくれたと言っている。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 02:27
>>637
「検証は完了している」、って言い切ちゃったらもう「オカルト」
では無いような気がするんだけど。
それこそ、創作文芸?とかで発表するようなジャンルじゃないの?

完了してない中で、もしかしたら「オカルト」ってあるのかなって
追及する人が、疑問を持って質問をするのだと思うけど。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 03:07
既出だったらご免のプチねた。
以前、漫画家のなにわ♪あいさんが書いてた。
子供のころ、壁が一部、ぼぅっと透けていて
向こうに灰色のスチールデスクがひとつ、見えていたんだって。
人とかいないの。机だけ。
机の幽霊ってあるのかなあ?って話。

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 04:37
>>650
隣町でゲロまみれになって発見された漏れの自転車を盗んだ香具師も呪ってくれ。

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 04:41
>>655
議論繰り返してもせんないよ。考え方は人それぞれだから。
ここを「議論スレ」にしたくなければ、そこまでにしとこうや。
ってことで、次の話に期待 age

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 07:33
>>647=>>625


660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 09:04
外を歩いていたら、ゴミ漁りに精を出している烏に襲われました。
鳥類に頭を捕まれたのは生まれてこのかた初めてでした。

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 14:19
>>616
その話、似たようなのが星新一のショートショートにあったな。
パクリですか。

662 :黄桜:03/04/23 14:39
大学の女子寮に入っていたときの話。

深夜なんとなく嫌な感じがして目が覚めた。
ベットの上から部屋中を見回して、窓から人の顔が覗いている。
しかもべっとりと窓ガラスに張り付いてる感じ。
かなり不気味な顔で♂だと思われたが、とにかく気味が悪くて
布団にもぐりこんで震えてた。
「あ、窓に鍵かけてない。入ってきたらどおしよぉーーー」
意を決してもう一度布団から顔をあげる。
窓を見る。

・・・・・・。
薄緑のブラインドは下がってた。
じゃぁわたしが見たものは何?
ちゃんと外の景色は見えてたし・・・
っていうかわたしの部屋は地上3階だーーーーー
しかもひさしはないから足場もない。

幻覚だったんだろうか??でも目は覚めてたんだけど・・・??

663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 15:03
(;´Д`)ハァハァ

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 15:06
「ガラスにべっとりと張り付いた男の顔」の絵模様のブラインドだったのでは

665 :黄桜:03/04/23 15:12
>>664
きゃはははは、それサイコー!!
きっとそうだったのね〜〜〜♪(なわけないやん!!(爆))

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 15:18
(;´Д`)ハァハァ

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 18:46
>666
ハアハアしながらの不吉ナンバーゲトおめ。

668 :K氏の隣人:03/04/23 21:06
以下に書くのは私が高校三年の頃の話です。
こちらのスレではドラマチックに書いたほうが受けがよいと判断したため、
小説調に書いています。ただし、以下の内容のすべては誇張など一切して
いません。すべてそのときの体験や感情をもとにした「実話」です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はっ、と布団から飛び出さんばかりに目が覚めた。
とてつもなく恐ろしい悪夢だった。(残念ながら内容は覚えがない。)
悪夢にうなされて夜中に起こされることはここ最近なかった。「あぁ久しぶ
りに嫌な夢見ちまったなぁ」と暗くて狭い自室の布団の中で私は恐怖体験の
余韻に浸ろうとしていた。
そう、そういえば部屋がやけに暗いことに気が付いた。まだ深夜なのか?ふ
と今何時であるのか気になり、私が横たわる布団に面した左壁上部に設置さ
れた時計に目をやる。部屋も暗いままで、位置的にも見づらい。だがめんど
くさがりの私は日頃から寝ながら壁の時計を確認する技術を身につけていた
のだった。午前2時を指しているのが確認できた。
いわゆる丑三つ時というやつだが、まだ頭の中がぼ〜っとした状態にあり
「あぁ2時か」と思うだけだった。 今思えば悪夢の始まりを象徴する出来
事かのように思える。


669 :K氏の隣人:03/04/23 21:08
そして私が左壁上部の時計から視界を真正面に戻したときのことだ。この
まま瞼を閉じて二度寝しようかというところなのだが、それよりも先に私
の目は私の足もとの黒い人型のシルエットを見つけてしまった。嫌な予感
だ。暗闇の中ではっきりとしないのだが、全身に黒装束をまとった、例え
るならばしにがみのような姿をしている人物?がそこにたっていた。顔が
あるはずの場所は真っ暗で表情も何も見えない。しかも身長もある。天上
付近に頭があったことを考えると2mは越えている。当たり前だが、こん
なものを見たのは初めてだ。恐怖という感情しかない。
そしてその異様な存在に圧倒されるとともに、私の自室にもうひとつの目
に見えない変化が起きていることに気づいた。空気感だ。何と例えたらよ
いのか。室内全体が異様な緊張感につつまれ、負の力が室内に圧縮してい
るような重苦しい感じ・・。明らかに私の自室(テリトリー)でありなが
ら、私以外の者のテリトリーであるかのような空間感。マンガチックに
「異界化」と例えても表現が確かであるかのように、別の空間が自室の空
間に重なり合うように内部に満ちていたのだ。


670 :K氏の隣人:03/04/23 21:13
以前、寝ぼけて暗闇の中、枕元近くに置いた荷物の事を忘れて、正座する
老婆と見間違えたバカな経験がある。そのときは泥棒が入り込んだのかと
思ってわずかな間だが怖い思いをした。だが今回は泥棒でも荷物でもない
と瞬間的に悟っている自分がいた。それこそが、そのとき部屋全体を覆っ
ていた嫌な空気感なのだ。(これが強い霊感を感じたという経験なのか?) で、話を戻す。

その目の前の黒い奴を見たのは時間にして、20秒もなかった。20秒以
上見ることもなく、私はなぜか驚くべきほどの睡魔に襲われていた。まさ
しく「睡魔」で瞼を開こうとする私の意思に反して、瞼が重くなり、意識
も遠のいていく。何者かの力によって“眠らされようとしている”と書い
たほうが表現が正しいのかもしれない。そして私はいつの間にか眠ってし
まった。
・・・つづく。
長文のためいったんコピペを終了します。反響があればコピペ再開します。


671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 21:13
>>631
古き良き淡い思い出なら、にちゃんなんかに晒さないで
胸にそっとしまっておきなさい。
にちゃんの、しかもオカルト板に晒しておいて「汚された」は
ねーだろ(笑

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 21:15
長文投稿も小説形式もいいけど、演出過剰なのはちょっと…
怖さ半減

673 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 21:16
>>668
>こちらのスレではドラマチックに書いたほうが受けがよいと判断したため、
>小説調に書いています。ただし、以下の内容のすべては誇張など一切して

正直、普通に書いた方がいいと思う。

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 21:22
>669
何故か「斬るなら俺を斬れ!!!」を思い出したのですが

675 :K氏の隣人:03/04/23 21:28
誤解かもしれませんが、演出は一切していません。

過剰に思われるかもしれませんが、そのときの感情を的確
に表すために小説的な文章表現をしたものだと思ってください。
また事実、そのときの経験自体、非日常的な印象に満ちていま
して、日常的に書くと、私にとってはむしろ嘘になってしまう
のです。
読み手にとっては自然に書いたほうが本物らしさが伝わるかも
しれませんが、、。それでは次からの文章を多少書き直してます。

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 21:42
面白かったがドラマチックに書きすぎ

677 :K氏の隣人:03/04/23 21:42
やっぱ無理です、、。私の文章のせいじゃないことに気が付き
ました、、。そもそも「出来すぎた話」であることに今回の体験
の奇妙さがあるわけで、どのように書いたところで出来すぎた話
になってしまいます、、。

678 :K氏の隣人:03/04/23 21:49
・・面白くないかもしれないけどつづき。
(そのときの体験、感情を小説的に整理して書いています。)
気が付くと、よく行くデパートの本屋に私はいた。(当然ここは夢の中だ。今まで
の出来事も夢の中の私は何も知らない。)私は目当ての本を探しているようだ。左
右を見回し、いろいろな本を見ながら前方に歩いている。そして現実の私もよくの
ぞいている漫画本のコーナーへと向かい立ち止まり、一冊の本を手にした。
・・・・・・・・・ここで目が覚めた。・・・何のことはない夢だった。

朝か?いや部屋の中が暗い。カーテンの隙間からは光が入ってこない。
まだ深夜のようだ。そしてさきほどまでの一連の出来事について思い返し、
最悪の夢を見てしまったと鬱になった。と同時に夢でよかったとほっとした。
・・・・・だが悪夢は終わっていなかった。

目が覚めてから5分もしないうちのことだ。またとてつもない睡魔が襲って
きたのだ。とにかく怖かった。未知の出来事と直面する恐怖。何が起きてい
るのか理解できない。夢か現実か?マンガのような展開。テレビドラマでも
あるまいし、こんなことが起きてもいいのか? 瞬間的にいろんな思いが頭
の中を巡る。そして自分ではどうにもできないことがわかり、助けを呼ぼう
とした。廊下を挟んだ向かい側の部屋に親が寝ている。声を出せば呼べると
思った。いや体さえ起こせば、眠気もなくなるのではないか。だが体が動か
ない。声も出せない。金縛りというやつか?(こんなことも以前には経験し
たことがない。)なんなんだこれは?何が起きているのか?しゃれにならな
い。そしてどうにもできないまま意識が薄れゆくのが分かる。そして薄れゆ
く意識の中で私の自室にあの嫌な空気感があることがわかった。


679 :K氏の隣人:03/04/23 21:50
そして私は夢の中にいた。(当然先ほどのことを忘れている。)
洋館にいた。茶色っぽい色調の落ち着いた室内。(細かいことは覚えていない)
暖炉とよくある鹿の剥製でもありそうないかにも洋館らしい大部屋に私はいた。
目線の先にはソファーがある。そしてソファーの横に人が立っていた。なぜか中学
3年生の頃の同級生だったK氏だ。K氏のそばに寄るとなぜか彼は手に持っていた
スプレーを自分の頭部に持っていき、上部についたボタンを押した。スプレーから
は白い泡が出てきた。ムースのようだ。だがムースをつける量が半端じゃない。
白い泡が出続け、いつのまにかK氏の頭部全体を多い、さらに顔面半分を白いもの
が覆った。しかも怖いことにK氏は表情を変えない。白い泡だけが彼の頭部を埋め
尽くしていく。しかも口元がかすかに笑みを浮かべる。K氏は顔揺れ人形のように
だんだんと顔を小刻みに揺らしながら、声を出さない含み笑いをし始めた。そして
それを呆然と見つめる私がいた。

680 :K氏の隣人:03/04/23 21:52
・・・・・・・・・ここで目が覚めた。部屋の中は暗い。
そしてさきほどと同様に今までのことがすべて悪夢だったのだと、ほっと胸をなで下
ろしたい気持ちになったと同時に、まだ悪夢が終わってないことを気づかされる。そ
うあの嫌な空気感が部屋をまだ覆っている。私の体もいうことをきかない。
いったいなんだというのか?
そして私の足もとには悪夢の最初に登場したあの黒装束の人物が立っている。
ただしひとつ違うことがある。絵に描いたような、しにがみがもつ大きな釜をもって
いるではないか。そして私が恐怖に震える間もなくその大きな釜をふりかざし私の横
たわる布団に空を切るように一気に振り下ろした・・。
ここで目が覚めた。

部屋の中は暗い。まだ悪夢は続くのか?と思ったのだが、あの嫌な空気感はそこには
なかった。直感的に悪夢の終焉を確信した。私はゆっくりと立ち上がり、電気をつけ
た。とてもじゃないが、部屋を暗くして二度寝する気にはなれなかった。時計も見た。
午前3時だった。
とにかく明るい部屋の中でさきほどまでの恐怖体験にショックをうけていた。夢か現
実か?考えすぎて頭がおかしくなりそうだった。まじで震えた。

次の日、寝不足ながら友人たちに奇妙な物語の住人にでもなったかのように得意げに
話したことはいうまでもない。・・・・end


681 :K氏の隣人:03/04/23 21:53
未だにあの悪夢のどこまでが夢でどこまでが現実なのかがわからない。夢であると仮定
してもここまで物語的な夢があるのだろうか。自分で体験しておきながら、あまりにも
出来すぎた話だ。
だがこの不思議な体験はこれで終わらない。この夢を見たことを境にして月1回、奇妙
な夢を見るようになる。そして後に私は不思議な能力が身に付いてしまうことになるの
だが・・・・・・・。反響次第でつづく。
(またマンガのような展開ですまん、、。)




682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 21:58
>681
乙カレ。
当時のあなたの興奮が伝わってきた。


(ただの入眠時レム睡眠中の幻覚じゃねえかと思ったのおれだけ?)

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 22:22
(=゜ω゜)ノ つづきまだでつか・・・・・?

684 :K氏の隣人:03/04/23 22:26
上の話はあれでおわりです。後の不思議な能力の話はまだ書いていません。
別に超能力的なものではないので期待しないでください。
ただその可能性もなきにしもあらずといった不思議能力、、。
いつか書きます。

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 22:59
そんな状態で大きな釜なんか振り下ろされた日にゃ爆笑して目がさめちゃうよ

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 23:03
小学3年生くらいのときだったと思う。
塾へ行こうと歩いていると、向こう側の歩道を
OL風の綺麗なお姉さんが同じ方向へ歩いていた。
こんなに綺麗な人ははじめて見たというくらいの美人
だった。お姉さんの後姿を車道越しに見ながら、ちょっと
うきうきした気分で塾までの一本道をどんどん歩いて……

はっと気づくとそこは目的地とはまったく違う場所だった。
あれ?お姉さんは?ときょろきょろしてみても、歩いている人は
誰もいない。今いる場所がどこなのかわからないので
公衆電話から家に電話して迎えに来てもらったが、親も
「よくまあこんな遠いところまで歩いた」と呆れていた。
自分ではお姉さんに見とれていたのは、ほんのしばらくの
つもりだったが、2時間くらい歩き続けていたらしい。
狐に化かされたというのはああいう感じなのだろう。
あんまり謎な話じゃなくてすいません。

687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 23:10
シンプル且つ不思議で良い。

688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 23:13
おい!!686、キミいいねー!折れなんか、きつめの怖い話に飽きちゃって、
もっぱらこの手のがいちばん面白いよ!他にもあれば、待ってるよん。

689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 23:58
小学校低学年頃だったかな?
母と一緒にデパートに買い物にいきました。
デパートといっても、あまり客も多くなく寂れた感じ

それで母と二人、エレベーターにのりました。
目的の階に到着したので外にでたら・・・
そこはトイレでした。
母と「あれ?」って首をひねった。

子供の頃の出来事で、記憶がごちゃまぜに
なってるのかもしれないとは思う。
だけど、あの時感じた不思議な感覚は今でも
覚えてる。あんまりおもしろくもない話でごめん。

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 00:05
個人的には辺見祭りに参加できなかったことが残念だ・・・


691 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 03:20
綺麗なお姉さんに化かされた>>686


692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 10:02
>>685
死神に大きな釜で撲殺。それはそれで怖いと思うがw

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 20:24
昨日、駅の改札口でおっさんが駅員に何か言っていた
その時間はそこしか通れないのでおっさんをよけ定期を見せながら通り過ぎた
大きな荷物を抱えていたのでおっさんに少しぶつかり、そっちを向いたら
おっさんがこっちを怒った顔で見ていた
(皮ジャン着てる・・・・あ、こっち見てる。なんか怒ってるな。顔赤いから
 酒呑んでるのかな。うっざいなー。)
と通り過ぎてる間に思った。2番ホームなので階段を登る。
おっさんは改札を抜けた後俺を追い抜いて行ったが、階段をのぼりきると追いついてしまった
おっさんの顔を見る
なんと、顔が変わっている
短くてラフ目にしてある髪は七三分けに
赤かった顔は青白く、ひげが青々している
痩せ気味だったのがえらが張った横に広い顔になってる
それに元気のない、穏やかな顔になってる
皮ジャン、ズボン、荷物が全て一緒だからさっき見たのはこの人に違いないのだが
とっても不思議だった


694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:08
近くの湖で自殺体が発見された。検死の結果、死亡したのは10月あたりのようだ。
何故、今まで誰も気付かなかったのか。
近くには遊歩道が整備されており、人通りは多い。特に視線を遮るものはない。
仏は湖の脇の木で首を吊っていたのだ。

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 23:49
>>693
その大きな荷物の中には
幾つものお面とカツラと付けヒゲが。

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 00:11
>>694
それって殺しじゃ。。

697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 00:59
辺見とかいうチンカスもういないの?

698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 01:00
>>694
何で誰もきづかなかったんだろうね・・・

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 01:00
>>697
DQNを刺激すると荒らしに変わるからもうほっとけ。


700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 01:01
ドッペルゲンガーかドッベルベンガーかで迷ってるやつは
http://www1.neweb.ne.jp/wb/soutou/monku.swf
↑これ見て解決しる!

701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 10:33
初カキコしてみます。読みにくくても勘弁してくださいな。

こどものころ自分の家の階段を一段飛ばして二段づつのぼるのが好きだった。
ある夜のこと、遅くまで居間でテレビをみて深夜に自室へいくため一段飛ばしで2階への階段をのぼった。
左足からのぼりはじめると最後の段は右足で踊り場につく。
しかしこのときは左足からのぼったのにそうはならなかった。
なぜか最後に一段余ってしまった。
ちょっと不思議な感じがしたがどこかで段をひとつ飛ばし忘れたかなと思い、そのまま自室へはいろうとした。
しかし、妙に気にかかって一段づつ数えながら階段を下りることにした。
1、2、3、・・・降りは22段。
異常はないように思え、なぜかかいていた冷や汗をぬぐって自室に戻ることにした。
1、2、3・・・23段。


それから絶対に階段は一段づつしかのぼれなくなった。

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 11:01
  Γ3 上るときは全ての段を数えるけど
 Γ2
Γ1

  Γ 降りるときは足を踏み出す数を数え
 Γ1 最後の段は平面になるから数えない
Γ2  こうすると下りは上りより1段少なくなるってことかも

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 12:51
先日TVからふと目を逸らすと…

廊下に犬がいた

ふさふさした茶色の後ろ姿が爪音をたてて奥へかけていった
何故犬が?廊下は折れ曲がっているけれど、犬はいない
玄関の戸も部屋の戸も閉まっていてどこにも犬なんかいない

あの犬はなんだったのか?

704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 14:22
それ、うちの犬かも。
ときどきワープするから。

705 :そこにないはずの夕陽:03/04/25 15:25
子供の頃、犬を飼ってました。犬の散歩は家族で交代制でした。
ある春の夕暮れ時、私が散歩をさせていた時の事。
家を出て散歩コースの坂の上から、犬と一緒に美しい夕焼けに
見とれていました。夕陽が沈みきったのでまた歩き出し、
帰りに同じ場所を通りかかったとき、なにげに夕陽の沈んだ方向を
振り返ると、ある。真っ赤に燃える夕陽が目の前にあるのです。
あたりに人影はなく、私は犬に向かって自分に言い聞かせるように
話しかけました。「夕陽はさっき沈んだよねぇ、じゃ、あれは何?」
犬も眉間にシワをいっぱいよせて、首を90度もかしげて見つめていました。
すると坂下から自転車に乗ったおまわりさんが二人、こちらへ向かってきた
ので、この光景を検証してもらおうと思ったのに、二人が坂上に登りつく前
に、とろける様にそれは消えてしまいました。彼らに事の次第を話すと、口に
は出さないけれど顔中でバカにしているのがわかりました。

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 15:34
>703
そういえば、私も犬のいないはずの場所で犬を見た事ある。

子供の頃、明るい茶色でゴールデンレトリーバーっぽい犬が
家の外の階段を上っていった。
弟や親がそばにいて階段の方を向いてて
「あ、犬が階段上ってるね」って言ったら
「ハァ?そんなのいない」と言われてしまった。
私にしか見えていなかった?と思ってよく考えたら、
犬が階段を上る所「だけ」しか見なかったような。
上る前も上りきった後の犬は見えなかった。不思議。

707 :いつも見る夢:03/04/25 15:35
小さな頃に、繰り返しいつも見ていた夢があります。
目の前にある太い丸太の山が、自分に向かってワラワラと落ちてくる。
逃げたいけれど固まって動けない。夢の中のせいなのか、音はせず
ズシンドシンという振動だけが響く。落下する丸太の間を真っ白な
モンシロチョウがヒラリヒラリと舞っている。
今自分がキコリ稼業やってるのと何か関係あるのか?

708 :灯篭流し:03/04/25 15:48
15〜16の頃、こんな夢を見た。砂浜のようなところを裸足で歩いて
いる。あたりは薄闇に包まれてたくさんの人がいるけれど、顔も服装
もわからない。何が始まるのだろうと見ていたら、水際にひとつ、また
ひとつと灯りがともる。灯篭流しかぁ!とほのぼのした夢。
2年後、これと全く同じ光景をインドのリシケシの町で実際に体験し
た。その時まで夢の事はすっかり忘れていた。

709 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 16:03
今から16年前のこと、実家に居候していた私達親子3人に都営住宅
が当たった。喜び勇んで引っ越したが何か変。いつも誰かに見られて
るような、「人の気配」を感じていた。夫に話しても「環境が変わっ
て、気持ちが高ぶってるんだろう」と一蹴。家族をいたずらに怖がら
せても、と思い以後は黙っていたが気配は1年近く続いた。私は気配
のするほうに向かって心の中で、時には口に出して言った。
「抽選でこの部屋が当たったの。これからずっとここに住むの。
 だからもう見ないで。」2年目位から「それ」はいなくなった。

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 16:17
>>702
いや、その説明だとどうかんがえても両方3段って数えると思うが。
つーかその図だと、下りのほうは一段手前で止まってることになるのでは。
最後が平面、ったって踏み出さなきゃ降りられないでしょ。

711 :あれは誰?:03/04/25 16:23
夫と子供が3人で風呂に入っている。小さな足音がトテトテと居間の
方へ走っていく。下の子のほうである
ふすまを隔てた隣の部屋にいる私からは、その姿は見えない。
「ちゃんと拭いてもらったのー?」と声をかけたが応答なし。
「○○ちゃん、お返事して!」少々大きな声で呼びかけると、居間の
方から折りたたみ傘を広げるような、シャカシャカという音がする。
スッポンポンでずぶぬれのおチビが傘をいたずらしているところを、
目に浮かべながら「なーにやってんのかな?」といいながら居間に入
っていくと、誰もいない。あちこち探してから風呂場をのぞきこむと、
おチビが湯船の中にいるではないか。「あら、また入ってるの」と言
うと「また、って何が?」3人がキョトンとしている。
「今、○○チャン出てきたと思ったらまた入ってる」
「誰も風呂から出てないよ」「えっ、でも今...」
「へんなお母さんだねぇ」ってじゃあ、さっきのは誰よ。

712 :俺の子供の頃の話:03/04/25 17:01
幼稚園の時、一人で公園で遊んでいると、
近所のいつも遊んでる友達が
虫かごにはいったクワガタを持ってきて、
「いいだろー。お父さんと一緒に近くの森で捕まえたんだ〜」
とか自慢しにきた。

最初は2人でクワガタをいじったり、
木片をはさませたりして遊んでいたが、
あまりその友達が「いいだろいいだろ。」
と自慢するもんだから、
つい俺は「ボクもカブトムシ飼ってるもん!」
と嘘をついてしまった。
友達はにやにやしながら、
「本当かよ!?じゃあみせてみろよ!」
と突っ込んできた。
俺は子供らしいバレバレの嘘をついてしまったのである。

713 :つづき:03/04/25 17:09
しまった!と思ったが、引っ込みもつかなくなって
「じゃあお前の家まで見に行こう!」ということになり、
2人で俺の家まで歩いていくことになった。
俺はもう内心「どうしよどうしよ」とあせりまくり、友達はずっとにやにや。
「俺のクワガタと対決させようぜ!」なんて意地悪なことを言ってくる。

公団住宅の3階まで階段を上り、玄関のドアの前で俺は
「じゃ、じゃあ、持ってくるからここで待っててよ」
と言った。友達は意地の悪い顔をして「あんまり待たせんなよ」と言った。
カギを開けると、熱気がこもっていた(8月終わり位だったかな?)。
当時は母親もパートで働いていたので、その時家の中には誰もいなかった。

すると、ダイニングのテーブルの上にカブトムシの雄(10センチくらい)が
ゆっくりと歩いていたのである!

714 :つづき:03/04/25 17:11
俺は本当に本当にびっくりした。
「なんでこんなところに?!」と思い、「どこから入ったんだろ?」と思った。
でも、どの部屋も窓は締め切ってあって熱がこもっていたし、
そもそも近くにカブトムシが生息するような森や林はないのである。
そしてなんでダイニングテーブルに?!

俺が頭のツノの所をつまんで持ち上げると、カブトムシは元気に足をばたつかせていた。
もう頭の中は「???」な状態で、はっと我に返って、外で待たせている友達に見せにいった。

友達も本当にびっくりしてた。「えっ!本当に飼ってたの!?」と目をぱちくり。
その日はカブトとクワガタの対決を心ゆくまで楽しんだ。

うちに帰ると母親はもう戻っていた。
興奮しながらカブトムシを見せると、
「気持ち悪いからあんまり見せないで」と相手にしてくれなかったが。
母親の仕業でもなかったのだ。
あんまり不思議な体験だったので
20年以上経った今でもそのときのことを
覚えている。たいしたオチなくてすみませんが。

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 17:36
テーブルにでかいカマキリがいた。
マンションの八階なんだけど。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 18:44
小学生のころ
友達がウサギの飼育係だったらしい。
その日も、いつもどおりウサギ小屋の掃除を済まし
エサを与え、ウサギ小屋の鍵を職員室に返しておいた。
オレは友達がウサギの係だったことは知らなかったが
次の日の事件の話は全校集会で聞かされたのを憶えている。
友達は次の日の朝、いつもどおりウサギの世話をしに
鍵をとってウサギ小屋に行った。すると
ウサギが小屋の前で血を流して死んでいたらしい。
なぜか小屋も鍵が締まっているし
抜け出た穴もなにもない。しかも小屋の前で死んでいる。
普通ではありえない状況だった。
考えられるのは、教師が何かの腹いせに
夜中に学校にしのび込んで
鍵を盗んで小屋を開けウサギを虐待し
鍵をもとに戻していったということだろうか。
それとも、人間の力でははかりしれない
何かの呪いだろうか。
どちらにしても
不可解で気味の悪い事件だった。

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 19:59
うちは都内、マンションの12階だけど、
一昨年の夏コオロギが1匹ベランダに・・・
後にも先にも、それっきり。
ご近所で飼ってるという話も全く無し。

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 20:36
お前ら昆虫を舐めんなよ、ってこった。

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 21:26
>>711
トシオです。
面白かったよ

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 22:06
虫スッゲ。

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 22:12
小さな頃、よく年上のいとこたちがウチに来てみんなによく遊んでもらってた。
ウチはお寺だったし集まりやすかったんだと思う。
そんな頃、一番背の高いSくんにおんぶしてもらって喜んでるときに、
ウチの塀の外で奇妙な動物の死体を他の従弟が見つけた。
茶色い体毛、長いしっぽ、小さい顔、とんがった耳・・・
「カンガルーや!」だれかが叫んだ。
そう、それは横向きに横たわった30センチくらいのカンガルーの死体だった。
私はSくんの肩越しにはっきりと見た!

・・・・・と、思うんだけど、誰も覚えてないんだよな・・いとこも私の兄姉も。
何だったのかな?イタチかな?

722 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 22:30
>茶色い体毛、長いしっぽ、小さい顔、とんがった耳・・・

あっさりイタチ。


723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 23:03
 たまにニュースなんかにもなるんですが、携帯電話に夢中で、踏
み切りを気づかずに越えて電車に轢かれてしまう、って事故があ
るじゃないですか。
 巻きこまれた本人もさることながら電話の相手も大変だ。友人知
人が、あるいは肉親が電車に轢かれるまでを電話口にきかされる
ことになるのだから。そしてそのなかには、電話先が留守電であっ
たためにその一部始終が録音されている場合もあるわけです。友
人の彼女、A子もそういう経験を持ってるんです。以下の話はA子
から聞いた話。

 A子の友人にB子というのがいたのですが、このB子がまさにA
子の留守電にメッセージ入れてる最中に電車に轢かれたそうで
す。よくある旧式の踏み切りで、遮断機がなくて警笛だけの踏みき
りでの事故だったとのこと。なんでも次の日にA子のところへ泊まり
で遊びに行く予定だったのだが、行く時間がずれるので連絡いれ
てた最中に踏み切りで轢かれたらしい。
内容はだいたいこんなものだったとか。カーンカーンという警笛の音がかすかに聞こえるなか・・・・
「B子です・・・・・明日ね、ちょっと遅れそう・・・・・一時間くらい遅れ
(衝突音)」

 そんな事故があったとも知らずに家に帰って留守電を聞いたA
子。ほんとにびっくりしたらしい。メッセージの途中でものすごい衝
突音がいきなりするわけですから。B子の家に確認の電話を入れ
たら、やはり事故に巻きこまれたことがわかった。むろん即死だっ

724 :723:03/04/25 23:04
ごめんへんなとこできれたみたい

たとのこと。

 友達が死んでいく最後の声の入った留守番電話。いやだとは思いつつもB子のことを思ってメッセージを消すに消せずにテープに入れたまま残しておいたそうです。
 一年後の命日。A子はそのテープをもう一度だけ聞こう、そして供
養にとお寺に預けてしまおうと思って聞くことにしたそうです。そし
てテープを聞くと、一年前には気づかなかった変なことに気がつい
たのです。
A子「電話がかかってきたときにもう警笛がしているのよ。というこ
とは、かける前から鳴ってるはずでしょ、なんでB子気づかない
の?」
残念ながら、私がこの話を聞いた時点では先にも書いたとおりに、
寺へ供養で預けたあとで、実際のものを聞いてないのでそのあたりなんとも判断できないのですが、もうひとつ不思議がある、とA子はいうのです。
「それにしゃべりはじめてからぶつかるまでがけっこう短いのよね。
警笛鳴ってから電車がくるまでって、少し間があるじゃない。でもね
あっという間なのよ」
A子が再現してくれたテープの内容は上の通りです。文字にすると
わかりづらいですが、普通の速さで口に出して読んでみてくださ
い。確かに短いんです。

 結局、こういう推測しかできないんです。
 警笛がすると同時、もしくはその直前に電話をかけはじめ、A子
の留守電が「メッセージをどうぞ」といったあと、しゃべり始めると同
時に電車が来ると分かっているはずの踏みきりにむかって歩きは
じめた。
 こんな妙なことってあるものなのか、いまだにわからない話なの
です。


725 :723:03/04/25 23:06
さらにごめんね
変な改行でよみにくいね

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 23:06
謙虚な723タン(;´Д`)ハァハァ

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 23:19
723タン、お友達のことは残念だったね。
今日は俺の胸で寝て良いよ。

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 00:02
子供の頃、布団の中でうつらうつらしてたら手が痒くなってきた
ずっと握り締めてたから汗で痒くなったんだと思った
しかし、手の中で何かが蠢いているのに気づいた
なんと、知らぬ間に足長蜂が手の中にいた

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 00:20
漏れは小さい頃、明け方足がチクチクするので捕まえてみたらサワガニだったYO!!


単に漏れん家が田舎だっつー話な訳だが


730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 00:34
>723
似たような話が井出らっきょか柳ゆーれいかイトジュンの持ちネタであったよね。
車を運転しながら携帯をかけてたAがそのまま事故にあって死亡。
電話をかけてた相手B(Aの恋人)の家の留守電にはそのままのメッセージが。
「もしもしAだけど、今からむかう……あーーーーっ!!!」(キキーッドン、ツー・ツー)
恋人を亡くし、ショッキングな内容の留守電まで入っていたBは
家から出なくなってしまい、心配したBの友達達がBに引っ越しを勧め、Bもそうすることにした。
引っ越し当日、荷物も殆ど搬出し終えた時、その留守電が突然再生され、
Bや友達達は恐怖のどん底に…何故ならその電話はコードも抜いていたし、
誰も触っていなかったから……という。
勿論723さんのが作り話だという批判ではないので、ご了承を。
私もそんな留守電入ってたら、しばらく立ち直れない…

731 ::03/04/26 00:35
高房の時チャリ通だった僕は、交通量の多い国道の歩道をシャカシャカこぎながら行っていた。
すると足元に突然犬が現れ、
そしてハッハッと息をし、尻尾を振りながら僕の足元に近づき、
僕の右足にクルクルとマフラーのように巻きついたと思った次の瞬間消えた。
ほんの1,2秒のことだった。
後で調べたらアイリッシュコーギーという犬だった。

732 :どうなんだい?:03/04/26 00:46
このスレでは話のタイトルを名前欄に
書き込むのが流行っているのかい? そうなのかい?

733 :真実:03/04/26 01:32
>>732
流行っているというかローカルルールと化してるな。

734 :全部が全部:03/04/26 11:25
「あなたのうしろに名無しさんが...」よりおもしろいじゃん。

735 :キコリのはなし 1:03/04/26 11:35



朝、林道を車で走って現場へ向かう途中、前を歩いてた登山者が道の
脇によけてくれたから窓越しに会釈をした。
運転してた相方は「おまえ何してるんだ」と言い、
「よけてくれたから会釈したんじゃねぇか、人が歩ってても徐行も
 せんと」と返したら、
「誰もいない」と言う。
振り返ったらやっぱり誰もいない。隠れるところもわき道もない。
道の山側も谷側も絶壁。



736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 11:41
お、落ちたとか?((((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

737 :キコリのはなし 2:03/04/26 11:42
ちょっと長い隋道をいつものように車で走っていると、後ろからターボエン
ジンの爆音が聞こえてきた。
「えらアオってんなぁ」とバックミラーを見たが後続車はない。
車の影はないのに暴走族のような不規則な爆音だけがピッタリとついて来る。
相方  「聞こえるか...」
オイラ 「聞こえてる...」
相方  「後ろにゃなんもねえよなあ...」
オイラ 「なんもねえ...」

「うわあああ!」と二人でひっくりかえった声を出し、ブレーキを踏んで
減速すると(隋道の真ん中で停車するのも怖い)
ターボエンジンの音だけがオイラ達の軽トラを追い越して行った。
翌日落ち着きを取り戻した二人は
「昨日のアレは自分の軽トラの音が隋道の中で反響して聞こえたのだ」
「追い越されたように思ったのは、軽トラが隋道の半分を過ぎた時
 音の跳ね返る向きが変わったのだ、
 行くのか来るのかわからない救急車のサイレンと同じだ」と結論を出し、
なぜか
 「今日も聞こえるはず」と決めてかかり、同じ時刻に同じ隧道を通り抜けた。
あの音があの日だけのものであったことは言うまでもない。
忘れもしない10月13日、埼玉県成木の吹き上げ隋道での出来事。


738 :キコリのはなし 3:03/04/26 11:46
またあるときは枝打ちをしていると20mほど下の方で二人連れ
らしき女の話し声がする。楽しそうに笑っている。
たまに鉄砲撃ちが犬をつれて入ってくる事はあっても、
一般のハイキングのオバサンが歩けるようなところじゃない。
もちろん道なんかない。
風に乗って遠くの人声が聞こえてきたのではと思ったが尾根にも
ハイキングコースはない。
これは相方も聞いていて、気味悪がっていた。


739 :キコリのはなし 4:03/04/26 11:52
夏の草刈の時に、現場のすみの方で小柄な老人がジッとこちらを
見ていたことがある。好意も悪意も感じられず、ただ仕事振りを
見ている、というカンジだった。
オイラが会釈をしても全く意に介さないふうで、相方に
「あのジイサン知ってるかよ?」と訊いたんだが、見えてたのは
オイラだけだった。その日は小雨のそぼ降る梅雨近い日だったが、
ジイサンは4〜5時間は
そこにいたろうか。百姓のような身なりで、古くからの地元の人、
という印象だった。



740 :キコリのはなし 5:03/04/26 11:59
別の草刈の現場ではこんなこともあった。敷地の境近くを刈って
いると、境界の向こうの隣の敷地から草刈機の大きな音がする。
エンジンの調子が悪そうな大ぶかしの音。
でも隣の筆には作業者なんか入ってなかった。その音はすぐやんで
それっきり聞こえなくなったので、空耳だろうということにして
作業を続けていた。そのうち煙草が吸いたくなったので、
きりのいいところで休もうと考えていたら、耳元で誰かが
「一服だんべぇ」とささやいたのだ。あわてて相方を探すと、
はるか遠くに草刈機をふるう姿が小さく見える。とても声の届く
距離じゃない。
「わかったから話しかけねぇでくれ」と思わず声に出して
言っちまった。
そのあとも「一服だんべぇ」は3〜4回オイラにささやき続けた。
山を降りて、ふもとの部落の人に「昔誰か作業者が死ななかったか」
と訊いてみたが、そういうことはなかったそうだ。
あの声の主は誰だったんだろう...。


741 :キコリのはなし 6:03/04/26 12:06
さらに別の草刈の現場では「3人」に囲まれてかなりパニクった。
その時ばかりはすごい悪意と害意を全身で感じた。
一体何が気に入らなかったのか解らんが、
「何かされる」と感じたオイラは
「仕事してんだよっ、忙しいんだよっ、
 たのむから邪魔しねぇでくれよ!!」と大声で怒鳴った。
自分が呼ばれたと思った相方はエンジンを止めて
「呼んだかぁー」
真夏の昼下がり、気温は40度を越えていたが、冷たい汗を
ベッタリかきましたとさ。



742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 12:09
一服だんべぇ、とは?
一服しましょう?

743 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 12:10
一服するか、じゃないの

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 12:19
うーん、山の中に入るといろいろあるのね…
相方さんにも聞こえたり聞こえなかったりする、
その差はどこにあるんだろうな。

面白かったです。>キコリさん

745 :小峰峠:03/04/26 12:22
東京は八王子、小峰峠。あそこは出る。ホントに出る。
真昼間でも出る。自家用車で通る時はなるべく山の中を
見ないように走るんだが、たまにバスなんかに乗った時、
ついつい窓の外に目が行っちゃうじゃんか。すると木立の中に、
あっちに一人、こっちに一人...。Yシャツ姿のリーマンみたい
なのもいれば、ニッカボッカの土方風情のオヤジもいる、
手ぬぐいかぶったモンペのバーサン、小さな子供も...。
みんなこっち見てやがってウウウッ(^^;)昼間でも一人で歩ける
トコじゃねぇ。


746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 12:31
>731
今更だが、アイリッシュコーギーじゃなくてウェルシュコーギーじゃないのか。
尻尾があったということは断尾してないって事だから、その幽霊(?)結構珍しいかも。
ここ最近は日本でも尾のあるコーギーが増えてきたみたいだけどね。

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 13:58
厨房のころ電車が好きで、ある電車の写真集を持っていたんだ。
しかし、その本のある1ページだけ、なんかおかしい。
いつも風景やイメージが、見るたびにすこし変わるんだ。
ページはなんのへんてつもない、電車の正面写真(アップ)で、
運転士の顔もはっきり写っている。

ある日、また「おかしいなあ?」なんて思いながら眺めていると、
駅のホームに移っている、男の人がすこし動いた気がした。
後姿で、リュックを背負っているんだけど、2〜3歩ゆっくり動いたんだよ!
一瞬「えっ」と思ったんだけど、目の錯覚だと思いそのまま放っておいた。
白の帽子を被って顔は見えないはずだった・・・
(続く)


748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 14:05
ところが、また一週間くらいして、なにげなくまたその本を見たんだよ。
そしたら、そのページのホームの男の顔が真横向いてたんだ!!

「うわーーー!! なんだ!?」なんて思って、思わず本を落としてしまった。

そしてもう一度恐る恐る見てみると・・・
まだ真横向いたままだ。
そして電車に目をやった瞬間・・・
写っていた電車の運転士のおじさんが、

急に目が動き、目が合って「にやっ・・」と笑ったんだよー!!

誰に言っても信じてもらえないんだけど、これは本当なんだよ。
夢でもないし、まっ昼間だったし。
ソッコーで捨てました。

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 14:41

キコリさんは山じゃないところ、仕事以外の時間に
そういうものを見ることはあるんですか?

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 16:18
キコリシリーズ面白かった。
その5の話のオチが、実は死亡者がいましたってんなら
ツマランかったけど、いないからよけいに謎で面白い。
また何かあったらおながいします。


751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 17:19
うちのオヤジ、若い頃は鉄砲ぶち(狩猟)が趣味だったんだけど
ある年、「山にとりこまれる」と言い出して、それ以来ピタッとやめた。
なんでも、鳥や動物の次の動きがすべてわかるようになってしまって
自分は山にとりこまれつつあると感じ、無性に恐ろしくなったんだと。

飛び立つ前のキジの飛ぶ方向も、ウサギが隠れてる雪の下の穴も
キツネの足跡がとぎれていても、どこに潜んでいるか等々が
何もかも気味が悪いほど直感でわかるようになってしまったんだと。
その時、「これは人間の感覚ではない」と感じたんだそうな。

一緒に狩りに行ってた仲間は、オヤジと一緒に行くと、面白いように
ウサギやらキジやらがとれるので、オヤジが突然狩りをやめたことを
非常に惜しんで何度も誘われたが、オヤジは二度と山には行ってない。
おかげで70歳こした今も元気だけど、あのまま狩りを続けていたら
どうなっていたんだろう・・・?

752 :>>749:03/04/26 17:32
自分んちで庭いじりをしてた時、こないだ死んだはずの隣んちのネコが
目の前をすまして通り過ぎていった。うっすら透けてた。
オイラはネコが大嫌いで、いつも追い散らしてたから、オイラと目が合うと
透けてるくせに(生きてないくせに)逃げていく。
アイツは多分、自分が死んだ事をぜんぜん解ってないか、気にしてない。
でも最近見かけない。成仏したか?

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 17:37
>>751
ただ単に猟師の才能が常人よりけた外れにあっただけかもね。
そのまま狩りを続けていたら猟師の神様と呼ばれる人物になってたりして。

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 17:52
>>753
しかしそこで山というものに畏敬の念を表して(?)狩を辞めたオヤジ殿は漏れ好みの思考の持ち主だ

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 17:54
>>751
オヤジさん自身が怖くなったと言う事。
>「これは人間の感覚ではない」と
思ったことに重要な意味がありそう。
自然に生きる動物でさえ、狩の成功率は低いのに
あまりにも獲物を取れる確率が高くなると逆に
恐ろしくなる。オヤジさんは自然の摂理を理解して
いるから、なおさらの事。。


756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:27
>750
ハゲ同。キコリさんの話いい!
遠野物語の現代版って感じ。

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 19:06
>>745
小峰峠って、八王子市と五日市町(現あきる野市)にかかっているあの峠ですよね?
その手前の留原(五日市側)に10年程前まで住んでいたのですが、
あそこは本っっ当に怖かったです。
あそこには色々噂もありましたし。
追い剥ぎが出るとか、その他色々。
今はどうか知りませんが、私が住んでいた当時は、それこそ電灯も殆どなく、
八王子市側でバイトをしていた姉が、それこそ死ぬ思いで原付バイクで夜な夜な通っておりました。






でも、五日市側の峠入り口右手の山、『桜山』って言いまして、
地元民には花見や初日の出の場所として有名でした。
小学校の時の遠足コースでもありましたし。


758 :>>757:03/04/26 19:39
日中ポカポカした陽射しの中、留原(トドハラって読むんだぜい)の村の中
を歩ってると、のーんびりして「ああ、いーとこだなぁ」って思うけど、
夜はおっかないんかい? オイラが嫌いなのは峠越して八王子側。

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 20:30
   _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)

    _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ O   ガシャ
  と_)_)   __
       (__()、;.o:。
         ゚*・:.。


760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 21:12
>>759
どのレスに対しての反応だ?
ってかズレてる

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 21:41
>>757
小峰峠、今はすっきりと工事されて道も広くなり、つづれ折の
コーナーの数も曲率も減ったよ、八王子側に近い方は。
走り屋にとってはちと寂しいが、何年か前の暗く不気味な
雰囲気も大分和らいだと思う。
ちなみに俺は、工事される遥か以前からよくこの峠を
深夜とか夜明け前とかに往来したものだが、幸いというか
今まで一度も変なものに遭遇した事は無いな。
ま、俺は元々霊が見えたりした体験自体が人生で一度も
無いんだが。

小峰峠は、八王子側のバス停付近によく女の霊が
立ってるらしいな。他にもいろいろいるらしいが忘れたスマソ 
何ぶん俺には何か居ても見えんから、あまり気にせんのよ。

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:48
>>747-748
ちょっと小粒だけど、充分怖いね。

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 03:20
てす

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:10
友人の話ですが。
友人の同僚に霊感のある人がいて、その人から
「あんた旅行にでも行った? 変なもんいっぱいついてるよ」
と言われたらしい。
たしかに。友人は家族旅行で登山し、夜はホテルに泊まり、特に何も怖い体験はなかったけれど、
それ以来体が妙に重たくなっていたそうだ。まるで石でものっけられたみたいに。
怖くなってどうしたらいいかと聞くと、同僚は
「大丈夫、今払っておいたから。でも、一体まだ残ってるから、明日の朝までに全部とれるよ」と。
友人は、半信半疑で帰宅。
翌朝、携帯のアラームよりも早く目が覚め、ベッドに起き上がった瞬間、急に、体からふわーっと何かが抜け出るような妙な感覚があって、天井を見上げたら、黒いものが浮かんでいたという。
同時に、何となく携帯を手にし、スイッチを入れた。が、待ち受け画面が映らない。
数回スイッチを入れたらやっと画面は映ったものの、何故か、保存しておいた友人・知人・仕事先の電話番号データが全て消失してしまっていたらしい。
後で同僚に聞いたら、霊が抜け出ると同時に、何か影響があったんだろうとのこと。
但し、同僚も、どういう霊で、どういう影響があってデータ消失したのか、理屈は全然分からないということだったそうだ。


765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:02
あげ

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:14
既出かもしれないが35年位前四国あたりに隕石
落ちたことありませんでしたか?
漏れの乳が言ってるんだが。ちなみにぼけてもいません。
夜だったのに昼みたいに外が明るくなったそうだ。


767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:15
とりあえず乳だけじゃなくて息子にも聞いてみたらどうだ?

768 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:20
>>767
変換ミスをあげつらうな。

769 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:29
ムキになるなよ

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:40
馬鹿ばっかり

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:48
先生のかば

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:49
ガイシュツだったらスマソ
このスレで前話題になった白装束の集団
http://news.tbs.co.jp/20030425/headline/tbs_headline738418.html

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 18:36
http://www.mmd.co.jp/monohito/seijikeizaisyakai.html
766>>これの宇宙からの飛来物と同じじゃないか

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 19:03
平井ブツ

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 19:11
>>772

まあ、可視光線も電磁波だから、白で防げるって話あながち間違ってはいないんだろうけど、
車だって、走らせれば電磁波出すだろうに、それに自分たちが出す赤外線はどうなんだろ。
群れていたらかえってやばくないのか?

ソボクナギモン

776 :お塩ラヂヲ:03/04/27 19:31
4ヶ月くらい前の話。
夜1時からのお塩のオールナイトを聞いていたら、
怪談特集をやっていた。そして、そのときのゲストが
帰り、普通の放送に戻ったら、急に女の声で
「うぅ・・・」という声が。

そのときはラジオドラマっぽく素人が演技する
というヤツだったから全くそんな効果音を入れる必要は無い。
しかも、その後、漏れの部屋のクローゼットにしばらく
居ついたらしく時々「ゴトゴト」となにかを動かしたりした。

今はいなくなったようだが、そのときのことは誰も信じてくれない・・・。

777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 19:32
>>772
こいつら例のアザラシを
拉致ろうとしてた
カルト教団だぞ。

778 :キツネのお客:03/04/27 19:34
キコリです。およそ40年前、相方がタクシードライバーだった頃の話。
相方の同僚のドライバーが、八王子駅前から(その頃は国鉄)学生風の若い男
を乗せた。「どちらまで?」「聖パウロ学園」
そいつを聖パウロで降ろして都道に戻ると、本人は町へ帰るつもりが、何故か
陣馬山方面へハンドルを切った。関場を通り過ぎ、案下の部落を抜け、行き止ま
りの明王林道のドンツキまで行ったんだって。そいつからの無線が全く無くな
って、心配した会社が現在地を言わせたら「山ん中だなあ」。
どうも酔っ払ったようなおかしな様子なんで、相方が他の同僚を乗せて迎えに
行ったら、雪の中エンジンもかけずに車内でそいつがふるえてた。
会社へ連れ帰って銭箱をあらためると木の葉がたんと入ってたんだとさ。




779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 19:35
うちの近所の猫に、ときどきごはんをやっているのだけど、
あるときごはんを食べる猫を見ていたら急にめまいがして、
目の前に霧がかかったようになった。すると猫のそばに
太めのおじさんが立っていて、猫がかわいいのか持ち上げようと
していた。猫はびくっとして、そのまま5メートルばかり
離れたところに逃げていって、こちらをじっと観察する。

肝心なのは、そのおじさんが半透明だったこと、、、。

780 :ダヌル・ウェブスター:03/04/27 19:38
そこは肝心ですね。

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 19:47
>>779
人を見た目で判断してはいけないと思う。

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 21:00
4年ぐらい前の夏、ヨーロッパを長期1人旅していた時、ローマのコロッセオの
広場の前で、顔の右側から首にかけて血まみれの日本人と思しき30ぐらいの女性が
座り込んでいて、何かトラブルにでも巻き込まれて怪我したのかなと思った俺は、
「日本の方ですか?大丈夫ですか?」って聞いたんだよ。
そしたらその女が、俺の顔を下からグーゥッと覗き込んで来て、
「大丈夫も何もないわよ!このバカッ!!」ってでかい声でキレるわけ。
俺は、まぁキレるぐらいなら、怪我も大した事も無いだろうし、何かこの女もキチガイ
っぽいし、連れもいないで1人で旅行して血まみれの女って冷静に考えて怖いと思った
ので、放置してそのまま旅を続ける事にしました。で、何よりビビッたのが、
俺がその女から2mぐらい離れた時に言った女の一言。「アンタ、あたし見えるの?」
サーって血の気も引いて、幽霊だろうがキチガイだろうが、どちらにしろ怖いと思ったので
振り返らずに一目散に逃げました。

783 :>>782:03/04/27 21:56
サブイボ出ちゃった。

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:06
tp://www.gulf.or.jp/~houki/essay/zatugaku/itarihi.html
ローマで日本人女性が死亡(ひったくりに遭い頭部強打)

785 :ヨーダ ◆3Yix5UnzdM :03/04/27 22:12
>>782
もう一回いってこい。

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:25
似たような経験ってあるんですねえ。
学生の頃、東京の井の頭公園に夜中に友人たちといったときに
友人たちが公園トイレに入って俺は外で待っていた。
井の頭公園は割りとデートコースなので夜でも人が多い。

ふとトイレの方を見ると白っぽいワンピースの女性が暗がりに
立っていた。
あれ?光の加減か?・・・その女性の首から上がなかった・・・

目をこらして見ても、ワンピースと足ははっきり見えるのに
首から上は向こうが見える・・・

全身鳥肌が立ちましたね。
友人たちがトイレから出てきても震える足で付いていくのがやっとでした。
友人には話していません、笑われるのがオチですから。


787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:33
>>782
>>784
ちょうど4年前の夏の事件なんだねえ・・・

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:35
>>776
お塩って、平山あやをモノにしたので有名なあのお塩のこと?
そんなヤシのラヂオなんか聞くな。
ヤシが妊娠させた女のツワリの声じゃないの?

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:36
キコリさんではないけれど、子供の頃に山で経験したことが
一つあります。
田舎に住んでいて裏山を夕刻に一人で歩いていたとき、
突然後ろの方から、がやがやと子供たちらしき声が付いてくるのに
気が付きました。
そもそも、その道は普段人があまり通る道ではないし、こんな時間に
変だなと思いながらも歩いていました。
しかし、自分でも本能で解ったのでしょうか、私はだんだん
早歩きになりしまいには逃げるように走っていました。
しかし、子供たちのがやがやいう話し声はすぐ後ろにずっと
ついきます。
山の下の民家が見えるところまで来ると急に話し声が消えました。
もう、怖くて怖くてふもとにたどり着くまで生きた心地が
しませんでした。

790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:40
昔、近所の川岸を歩いていたら、河童がいた。

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:41
>>790
悪い。俺だ。

792 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:49
人間の幽霊を見たという不可思議体験はあまた耳にするが
私が経験したこれはどう解釈したものか、全く理解できない
ことです。

小学生の頃、姉とその友人二人の計4人で警察学校の庭で遊んでいたとき
のことだった。
夕方ではあるがまだ明るい時間だったが、一人が「あれ?何?」と
見上げている。
見ると、何だか茶色い50センチくらいのやや長方形の物体が
木の天辺あたりにふわふわ浮かんでいるのだ。
高さ約10mくらいだったか。
初め風船かと思った、しかし、それは上昇もせずかといって落ちも
せず、ただふわふわゆっくり上がったり下がったりして漂っていた。
それに風船にしてはやや細長いしこげ茶色だし、球体ではない。
私は何だか確かめたくて当たれとばかりに石を投げた、
が遠すぎてあたらない。
他の三人もそれを見ていたが、やがて飽きて去っていき、私だけが
ひとりずっと見上げていた。

793 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:51
それで?

794 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:59
>>790

河童の話、詳しく聞かせてほしい。

795 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:01
792の続きです。

そのふわふわした物体はゆっくり上がったり下がったりしていたが
ゆっくり下がったときにそれを見て愕然とした。
なんとそれは猫らしきものだったのだ。
下からは背中が見え、頭はあったのか無かったのか両前足の
間に曲げているようで見えなかったがはっきりと両肩と
前足のらしきものが見えた。
と、その瞬間にまたそれはすうっと上昇し、よく見えない高さ
まで上がっていった。
子供ゆえそれ以上の追求はやめ、そのまま帰宅してしまったが
帰る道すがら、かなり遠くから見たときまだふわふわ浮かんで
いたのをよく覚えている。

四人で見えたのだから幻覚ではない。
猫ではあったと思うが、もちろん自然に浮かぶわけが無いので
いたずらで毛皮にヘリウムガスを詰めて浮かばせたのだろうか?
しかし何のために?
しかし、毛皮の重さと容積では浮かぶはずが無い。
木の天辺より高いいちまで浮いていたので吊るすことは
できないはずだ。

物理的には説明できないなぞだ。

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:10
>>795
お疲れ。
ぬーべーの異次元の人の話を思い出しました。
あなたが見たのもまさか異次元の生物が猫を連れて行こうとしていた瞬間かも。

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:16
河童かあ。
ある寺で、先祖代々保管してある「河童の頭の皿」を奉っていたんだけど
テレビ局でそれが放映されることになった。

スタジオでそれが披露され、司会者が同席した動物学者に
それを見せたところ、学者は手にとって良く見てから言った、
「ああ、これはクジラの骨ですね」
先祖代々クジラの骨を崇め奉ってきた坊主形無し・・・

その番組ではやはり河童のミイラを保存してある寺から
それを持ってきてこの学者に鑑別してもらったら、
一瞥しただけで、「ああ、これはカモノハシのミイラですよ」
と見抜いた。
今まで河童大明神にお布施を捧げてきた人たちって・・・

798 :今も夢?:03/04/27 23:17
少し前の出来事ですが。
朝、いつも通りに目覚め、朝飯を食べようと起き上がり椅子に座って
朝飯を食べ始めたところで、布団の中で目が覚めました。
『ああ、なんだ夢か』と思って、再び(?)布団から起き上がり、朝飯を
食べ・・・ていたはずが、いつのまにか場所は学校の教室に移動
そして、また布団の中で目が覚める。
『あれ?』と思って、布団から起きて朝飯を食べて、また布団の中で目が覚める
『また夢か?』と思っても、それ以降何度も布団の中で目が覚め続ける。
次第に『このまま夢から覚め無いのではないか』と恐くなってきたのですが、
また布団の中で目覚めるという夢を見続けました。
その後、何とか夢のループからは抜けたようなのですが
何故か何回目でどのようにして目が覚めたのかは覚えてないです。

799 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 23:23
>>798
今 も 夢 だ よ

ってか子供の頃、今自分が生きてる世界は夢で、いつか目覚めるとか考えてた。
(漫画で言う夢オチみたいな)

800 :>>798:03/04/27 23:23
これが一番怖いぞ。

801 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:31
遥か昔、タッキーが主人公を演じていた木曜の怪談って番組があったんだけど、
それに798のような話があった。世界各地で報告されているらしいよ。

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:32
>>797
長いこと祭られてきたんだからその土地の人々にはそれなりの意味があったんだろう。
むしろどういう経緯で祭られることになったか知りたいな。
まあテレビ番組としては茶化したほうが面白いんだろうけど。

803 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:32
>>798
夢の夢の夢とかよく俺も見るよ。
普通の夢ならいいけど怖い夢のときとか狂いそうになる。
目が覚めて悪夢から抜け出した時、だいたい涎がだらだら垂れてる…鬱。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:34
カモノハシって河童に似てないことも無いよな。
ジュゴンが人魚に見えるくらいの拡大解釈なら河童
にしてもいい!!・・・かな。
関係ないけど、
朝起きると家がシーンとしている、こりゃ遅刻だ!!とあわてて
着替えて大騒ぎしながら出て行こうとすると、奥から母親が
「どこ行くの?」と聞く。
「学校に決まってんだろ!!」
「へ?行ってらっしゃい」
変だなと思いながらも小走りに行くがなんか風景に違和感が漂っている。
校門についたが学校はシーンとなぜか静まり返っている。
その時校舎の時計を見て気が付いた、時刻が五時つまり夕方だってことに。

家に帰ると母親が大笑いで「あんた今日帰るなり、疲れたっていって
すぐ寝ちゃったじゃない、それが夕方起きだしていきなり制服に着替える
し、学校いくしで笑いが止まらなかったよ」


805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:36
時計くらい見てから学校行けよ。
俺は九時くらいに目覚めていこうとしたときはあったけどな。

806 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 23:37
金田一のトリックでありそう

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:43
>>798
熱あるときよくそんな夢見る
起きてからだと色々矛盾してたりするんだけど夢見てる最中きづかんのね
夢の中でトイレに行ったりしませんように・・(((;゚Д゚)ガクガクブルブル

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:46
>806
客船に乗る話であったよ。
船の向きが…ってヤツ。

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:48
>778
タヌキ! イイ!

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:05
私の左の太ももに、イギリスの国の形そっくりの小さなアザがあります。
地図と比べてみればみるほどそっくりです。
あと、私の左眼にはホクロがあります。
謎だ。

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:08
>>810
そのアザこそ、オゲレツの証拠です。





嘘ですゴメン。

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:08
おまんこ

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:09
>>804読んで思い出したんだが。
中学生の夏休みのとき、午後の4時頃からちょっと部屋でウトウトしてしまい
気がつくとあたりは薄暗くなりつつあった。時計を見たら5時半過ぎだったが
なんか腹が減っていたのでそろそろ夕飯の時間かと思い部屋を出て台所へ
行くと・・・。

おれ「腹減った〜、夕飯まだ?」
お袋「・・・何言ってんの?今は朝だよ?」
おれ「・・・え?」(12時間以上寝ちまったのかよ・・・)
お袋「それより、お前昨日はどこに行ってたの?」
おれ「・・・え?昨日って?」(わけがまったくわからない)
お袋「・・・一日中居なかったからどこに遊びに行ってるのかと思ってたんだよ。」
おれ「・・・?」

丸々一日半(37時間ちょっと)眠っていたようだ。

814 :目覚ましテレビ:03/04/28 00:16
今から5,6年前のこと。
明け方にいきなり、バキィッというけたたましい音、
続いてバリバリバリという怪奇音でいきなり叩き起こされた。
慌ててあたりを見回すと、テレビが何故かバリバリと音を発している。
何となく電源をつけて見ると、段々と黒い画面に映像が出てくる。
それは、どうやらイラク情勢のニュースの映像のようで、某大統領の姿が映し出されていた。
すると、再びテレビがバリバリバリと鳴り出して、画面が段々と暗くなっていき
電源がついているにも関わらずテレビは真っ暗な画面になってしまった。
壊れたか?と思ったが眠かったので電源を消して2度寝。
起きてからは、その事は忘れていたが、昼頃にふと思い出して。
「そういえば、何かテレビが変だったよ。」と弟に言うと。
「え?別に何とも無かったよ。」との答え、実際次に使った時はテレビは
普通に動いたし、5,6年経った今でも何の問題もなく使えているが、
それだけにあの現象が何だったのかが不思議。

815 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/28 00:19
>>808
マジか!!
びびた

816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:30
>>815
コテハンが出てくると萎える。
つーかさっきも嫌味言ってやっただろ。
ネタもないのに怖い話スレでコテハンを名乗るな。

817 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:31
>>813
1日半、便意もなかったの?すげえな

818 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:32
>>816
なっして、そっだらことゆうだぁ?

819 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/28 00:34
>>816
感想言うくらいいいぢやん。気つけるけど

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:20
>>816
いちいちコテハン叩く奴が出てくると萎える。
つーかお前が萎えようがどうしようがしらねえよ。
ネタもないのに怖い話スレでつまらんレスすんな。


821 :文才無くてスマソ。:03/04/28 01:39
ちょとツマラナイネタだけど漏れの体験談をひとつ。
漏れには霊能力なんてまったく無い。
それでソレ系定番である「金縛り」にも合ったことが無い。
つーかむしろ合いたくない。
お化け怖いし。そんな漏れの周りでは怖い霊的な体験など
何一つ無かった(今も)。
で、今から話すのは最近の話なんだけど。
なんの変哲も無い「普段」やら「日常」とやらに溢れた生活を
送っていた。相変らず例体験もなし。うれしいばかりだ。
で、これがまたフッツーの夜なんだけど、いつもと変わらない生活。
2ちゃんねるを覗いて「さぁ寝よう。」ってときだった。



822 :文才無くてスマソ。:03/04/28 01:41
ちょとツマラナイネタだけど漏れの体験談をひとつ。
漏れには霊能力なんてまったく無い。
それでソレ系定番である「金縛り」にも合ったことが無い。
つーかむしろ合いたくない。
お化け怖いし。そんな漏れの周りでは怖い霊的な体験など
何一つ無かった(今も)。
で、今から話すのは最近の話なんだけど。
なんの変哲も無い「普段」やら「日常」とやらに溢れた生活を
送っていた。相変らず例体験もなし。うれしいばかりだ。
で、これがまたフッツーの夜なんだけど、いつもと変わらない生活。
2ちゃんねるを覗いて「さぁ寝よう。」ってときだった。


823 :文才無くてスマソ。:03/04/28 01:41
あ、ヤベ2重カキコスマソ。
続きは↓

824 :文才無くてスマソ。:03/04/28 01:47
またいつものように眠りにつく事ができた。
けどなんだか知らないけどおきた。
目を動かして時計を見てみる。
「なんだ4時か、、、3時間しか寝てねぇよ。」
「ヨッ、、、と何かしよっと・・・アレ!!?」
「体がうごかねぇ!!!!」
金縛りに合った。でもソレが霊的なものでないこと直ぐ分かった。
何の気配もなし。部屋中見ても何もなし。
「OK。OK。冷静になれ、オレ。」
そう自分に言い聞かせながらもがいた。
けど動かない!!これはヤヴァイよ!と思ったそのとき・・・


825 :これで終わり。:03/04/28 02:04
なにかがおかしい。
探るようにまたゆっくりと時計のほうを見てみる。
よく考えると上体を動かさなきゃ見ることは不可能な位置に
時計はある。体が動いてる!?
体中の感覚がなくなってるんだ。。。
そう思いつつ「カン」だけを頼りに自分の手を目の前においてみた
「ポスッ」と布団の上にのる乾いた音と、汚い布団から出るほこりが
宙を舞った。アレ?おかしいぞ、自分の体が見えない。
アレ?アレ?オレ透明人間になったか?
体中の感覚が無いため立ってかがみで確認しに行くことは不可能。
布団から舞うホコリと「ポスッ」という布団の音に加え、
見えるはずの自分の手が見えない!アレ!?アレ!?
ハッキリと目覚めたため寝ぼけてはいない。
何が起こったんだ!?と思ってるうちに、だんだん画面がフェードアウト。
気づけば朝だった。工房である漏れは早速母親に話してみた。
すると「母:・・・・・あんたバッカじゃないの?」
ひでぇ!「俺:いや、本当だって信じてくれよ!」
「母:心療内科にいくか学校にいくかどっちか選びな。」
「俺:学校。行ってくらぁ。」
「親父:ヴァーハハハハハハ!」
無論、学校でも誰も信じてはくれなかった。
俺は今も「普通」の「日常」をおくっている。
でもあの日あったアレはなんだったのかいまでもなぞだ。
以上。長くなってすいませんでした。文章おかしいねw

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 03:18
ごくふつうの睡眠麻痺時の幻覚(っていうか夢)だな

827 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 03:32
>「母:心療内科にいくか学校にいくかどっちか選びな。」
すげぇー母ちゃんだなw


828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 05:41
>>797
>>先祖代々クジラの骨を崇め奉ってきた坊主形無し・・・

こうなるの嫌なのか最近は絶対に鑑定させないね

829 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 05:44
819=820

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 05:50
カモノハシのミイラが鎌倉時代や室町時代から祀られていた、とかいう話だったら
十分ミステリーなんだがな

831 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 05:51
うんこぷり〜

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 06:26
>>813
かなり、放任主義のご家庭ですねー。

833 :813:03/04/28 06:38
>>817
うん。それが俺も不思議ですた。

>>832
全くです。せめて部屋まで見に来る位してくれてもいいのにw

834 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 10:04
万一813が自室で倒れても、発見されるのは2〜3日後、ということか…

835 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 11:31
このごろほんわか家族の生活を垣間見れて(・∀・)イイ!!

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 13:35
普段から>>813がフラフラ出歩くことがあるってことはない?

837 :813:03/04/28 14:23
>>834
ホント俺も心配になっちゃって「子供の様子ぐらい見に来いよ」
って言ってやったんだけど、逆に「一日半も寝てんじゃない、ヴァカ」
と言われますた。ごもっとも。

>>836
確かに中学の頃は深夜徘徊してたことはあるけど、いつも朝までには
戻ってたよ。

つーか俺の不思議でもなんでもない話でこんなにレスくれて
正直、すまんかった。

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 14:25
今から数年前までの5年間に私が体験した、
京都のとあるビルの話です。

そのビルは京都の中心街にしては背が高めで、
建つときには一悶着どころではなく騒動があったそうです。
私がその頃務めていた企業(支社)はビルの最上階に入っていました。

そのビルのトイレは、真っ赤でした。壁も天井も床も。
総ての階を見たわけではありませんが、私のいた階と、その下は赤かったです。
私は女性ですので、当初「女子トイレだから赤いのね」と思っていましたが、
男性トイレも同じく真っ赤でした。嘘だと思って見に行きました(w。
その赤は、鮮やかというには少し赤く、
しかしワインレッドでは絶対にない、赤黒い赤でした。

後に、昔からそのビルにいる人に話を聞くと「鳥居の朱だそうだ」とのことでした。
(続きます)

839 :838:03/04/28 14:25
(続き)
このビルに務める者の間では有名でしたが、
そのビルは妙な出来事がよく起こるビルでした。

深夜まで仕事をしていると、隣のフロアでもざわめきや足音が聞こえる。
あぁ、隣でも残業しているんだな。と思って自分の仕事を終え、
廊下に出るとどこも電気は消えていて、人気も全くない。

深夜、帰ろうと思ってエレベーターを呼ぶと、途中階で止まってから来ることがある。
しかし誰も乗っていない。

同じく深夜、エレベーターに乗っていると、
誰もいない明かりの消えたフロアに止まることがある。

エレベーターに乗っていると、白い半透明の犬が乗ってきた。

深夜、あまりに廊下が騒がしいのでドアを開けると、
大名行列が歩いていた(w。

深夜、廊下を走り回る足音がする。  ・・・などなど。

同僚同士の話ですから、ネタもあったかもしれません。
でも、私も小さな事であれば体験していました。
(続きます)

840 :838:03/04/28 14:26
(続き)
例えば、私が一人で残業しているときに、
隣のエリア(パーテーョンで区切られて見えない)から、
パラリパラリと紙をめくる音がし続けるのに、誰もいないとか。
そんなような小さな事です。

陰陽師の言うことには、そのビルの北東からなにやら気が来ていて云々。
建設時の恨みと、戦の頃の恨みが地下から云々。
とのことでした。

京都という土地柄でしょうか、当時私は不思議だとも思いませんでしたが、
今から考えると、少し不思議な話ですね。
今でもそのビルはあります。
余り恐くありませんが、書かせていただきました。

841 :825:03/04/28 16:49
>>826
そうだろうね、直ぐまた寝ちゃったことと感覚が無かった事を考えると
夢だったのかもね。夢でも結構怖かった。
>>257
そうなのよ。いまだにかーちゃん怖いw

842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:18
ボブサップみたいな黒人のかーちゃん?
そりゃ逆らえん

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:17
この前、コンビニで昼飯にカルビのおにぎりを買ったのさ
家に帰っておにぎりを食べたとき気付いた
中身がカルビじゃなくておかかだった
コンビニに文句言おうと思ったけどおかかも好きだから全部くった
でも後から袋みたらやっぱりおかかだった

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:21
>838-840
いえ、じゅーぶん怖いでつぅ。
ああ、ワンダーランド古都。

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:25
>843
そこのあなた、こちらへいらしてはいかが?

【探し物は】アルツハイムの住人達 4棟目【冷蔵庫】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1040692525/

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:14
この間ベッドの片隅から2週間前のコンビ二おにぎりを発見した。
好奇心からおそるおそるおにぎりのパッケージを取ってみたが
、、、、、ぜんぜん痛んでいなかった。

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:53
……喰ったの?

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:36
>>846
お前脳にウジわくんとちゃうか?

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:43
>>846
『貴方が』お腹を壊さなかったからといって、『傷んでなかった』とは限りませんよ。

びば、王水を満たした胃袋。

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:50
>>846
もはやこの↓スレ向きかも知れない

賞味期限をぶっ飛ばせ! 記ロクに挑む者たち
http://food3.2ch.net/test/read.cgi/food/1049646712/

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:14
そういや、俺が前に住んでたところの1番大きなスーパーでは、
賞味期限が切れかけのやら、切れたのを定価の2割だの1割だので売ってたけど
あれってよかったのかなあ?保険所が気づいてなかったのならミステリーだが。
 オカルトに全然関係ない話ですまん。

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:17
>>851
賞味期限=最もおいしく食べられる期限
腐ってなくて値段が安いならそれでいいわという主婦は多いと思います。

消費期限切れはチトこわいです。

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:20
>838
ひょっとしてそのビルは京都の中心にあるヘソ石の傍のピンク色のビルでしょうか?
違ったらゴメン。

854 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:40
>838
京都だけに話の途中で陰陽師が出てきても何の違和感もない。
つーか、京都ではあたりまえのことなのか? 

855 :855:03/04/29 01:18
オカ板初カキコ。
誰にも負けない自信のある不思議な体験、
っつーか偶然?奇跡?があるので書きますです。
長いですが。

(1/4)
去年の冬に長野県の八方尾根スキー場へ行った時、
スキー場の駐車場で車上荒しにあって俺の財布を盗まれた。
お金は、ウェアのポケットにほとんど入れてたんで被害は少なかったが、
キャッシュカード、クレジットカードやら免許証やら全部入ってて、その手続きが大変だった。
で、いちお警察にも連絡したんだけど、当然犯人&財布は見つかるはずもなく・…。

つづく


856 :855:03/04/29 01:19
(2/4)
んで、時は流れてその年の夏、8月に北海道の友達のところへ遊びに行った時のこと。
その友達は札幌に住んでるんだが、俺競馬好きなんで、
引退した名馬達を見に行きたいってことでその友達の車で静内の牧場へ行く事に。
数カ所牧場見てまわって帰る途中、携帯がなった。母からの電話。

母「あんた!財布落とした!?」俺、驚いて自分の財布確認。手元にある。
俺「落としてないよ。ここにあるし」
母「??今警察から電話で、あんたの財布が拾われて届けられたって…」
俺「は?ここに財布あるって!」
母「・…?けど北海道の警察からだよ?今そっちでしょ?」
俺「そうだけど…」
母「とりあえず電話番号聞いといたから電話してみて!」

つづく


857 :855:03/04/29 01:19
(3/4)
で、番号控えて電話する。
俺「あの〜俺の財布が拾われたって連絡が…」
お巡りさん「あ〜横浜の○○(俺)さんね。さっき届けられたよ」
確かに俺の名前。住所もあってる。まさかその財布って…。
俺「・…。北海道のどこですか?」
お巡りさん「静内です。」
俺「・…。」マジ?ホントニマジ?

地理がわからないんで友達に携帯渡してお巡りさんに交番までナビしてもらう。
わずか3分程で到着。

つづく


858 :855:03/04/29 01:21
(4/4)
交番で見たものは、まごうことなく、その冬に盗まれた俺の財布!!!!!
しかも中身ほぼそのまま!有り得へんやん!!!!!なぜここに?!

お巡りさん「これいつ落としたの?」
俺「今年の1月に盗まれました」
お巡りさん「ふ〜ん。どこで?」
俺「長野で…」
お巡りさん「…は?」
俺「…」
お巡りさん「あなた横浜に住んでるんですよね?」
俺「はい」
お巡りさん「で、なんで今ここにいるの?」
俺「たまたま遊びに来てて…」
お巡りさん「…」

って言うか、俺が一番訳わかんないんだって!
友達含め、3人でトワイライトゾーンに迷い込んだ気分だったよ。マジで。

横浜に住む俺が長野で盗まれた財布が、北海道で見つかったその瞬間に
俺が北海道にいる。かつ、その場所がピンポイントで「静内」って…。

ちなみにその友達が犯人だっ!って突っ込みはなしよ。

長くてゴメン。


859 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/04/29 01:23
確かに一番不思議な話かも。

860 :855:03/04/29 01:33
ちなみに、補足しとくと、
実は盗まれてなくて、荷物に紛れ込んでて
そん時に本当に落としたとかも有り得ません。

車上荒しにあった時は、他の奴も盗まれたものあったし、
拾われた場所にも実際行ってないしね。


861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 01:37
>855
サイフ盗ったヤシは855さんの個人情報を知ってるわけでしょ。
ストーカーとなって、ずーっと追い掛けてたんじゃないかな、と…。
北海道までついてきたけど、ここらへんで自分の存在を知らせたくなって、
わざと落として拾わせたんじゃないか?
855さん、私はあれからずっとあなたのすぐそばにいるのですよ、
まだ気付かないのですか、フフフ…ってな感じ。

862 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 01:39
なんか盗まれたチャリンコで似たような話があったな。

863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 01:40
>>855
ストーカーだね
しかも集団の

864 :855:03/04/29 01:44
>>861

そんなこと考えたこともなかった・・・。
まさかとは思うが、想像すると
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:26
いまだにキショ恐い、謎な話。
小学校低学年の頃、両親の用事で俺は知り合いのおばちゃんちに一晩預けられた。
そこの家は柴犬飼ってて、俺は一日目の暇つぶしにそいつを連れて散歩に出かけたんだけど
土地感のないところを、やたらめったら歩き回ったんで迷子になってしまった。
シャイボーイだった俺は他人に話し掛けることもできないし、連れてる犬は
役に立たないしでウロウロしてるうちに夕暮れ近くになってしまった。
しかもある場所を通りかかったとき急に犬が足を踏ん張って動かなくなってしまい
俺はそいつ抱えて歩き出したんだけど、異様にクソ重たい犬だったような気がする。
そうやって立ち往生してた場所の右手に2軒つながりのような形の空家があった。
当時昆虫集めに凝ってた俺は、いい虫(カマキリとか)でもいないかと犬をひきずって
そこんちの草ぼーぼーの庭に入り込んだ。
んで、しばらく草をかき分けてるうちにいいかげん暗くなってきてこりゃやばい
と顔をあげたとき、空家のほとんどの窓は雨戸しまってたんだけど、俺とこから
玄関はさんで向こう側の窓だけ雨戸が少しだけ開いてて、そこから女の人が
顔突き出してるのが見えた。
顔つきとか覚えてないけど確か女で、両目閉じたまま顔を左右に振ってたと思う。
とにかくキショイ動きだった。
俺は「ギョエェェェーー!!」と思ったわりに声も出ないまま腰ぬかしたけど
すぐに一目散に空家から飛び出した。

866 :865続き:03/04/29 02:27
それからどうやっておばちゃんちまでたどり着いたのか忘れたけど、
おばちゃんに半泣きで空家の女のこと言ったら、おばちゃん怒り出して
なんでか分からんけどすぐさま頭をバリカンで丸坊主にされて
その後知らないおっちゃん連れてきて呪文みたいなの聴かされた。
それに出かけてたはずの両親も急遽呼び出されたり結構大事になった。
以来おばちゃんちには一度も行ってないけど犬は結局帰ってこなかったと思う。
すんませんおばちゃん。
つか、これ最近思い出したことなんだけどあれは一体なんだったんだろう。


867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:30
この話は・・・洒落コワのほうがいいかもな・・・

背筋がぞくっとした。

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:36
>>865が今分別のある年齢なのだったら(思い出し、まとめて書けるんだから
多分そうだよな)今こそおばちゃんや両親に訊いてみてほしいな。
その時何があったのかを。そして続報キボン。

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:41
>>865
なんでだ、その女の人の顔がはっきり想像できるぞ!
むちゃくちゃ怖いぞ!やばいんじゃないのかよ!

870 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:42
>確か女で、両目閉じたまま
>頭をバリカンで丸坊主

でたよ・・・

洒落になってないよ・・・

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:44
>>865
なんで今頃になって書くんだよ
どうしてくれんだよおまえ

872 :865:03/04/29 02:48
オカルト板ってあんま来ないんだけど、ここの人も恐がるくらい謎な話なのか・・・
俺的にはとにかくスレタイ通りの経験だった。
しかも、あんなに小便ちびりそうになったくせに最近まで忘れてたことも謎。
両親にはそのうち電話で聞いてみるよ。

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:48
なんかたいした描写じゃないのに確かに怖い。
禍々しいっつーか、触れてはいけないものっつーか・・・

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:48
>>865
オカ板で今までで一番恐いと思ったぞ

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:50
>855
車上荒らしにあったと思っていた財布は
実は855のズボンのポケットにずっと入っていたが、
半年間それに気づかなかった。
北海道に行くときにたまたまその時のズボンをはいていった。
そして静内で移動中に財布を落とす。
それがすぐに拾われ警察に…

…ありえないな、やっぱし。

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:52
>>872
両親に聞いたら、絶対に詳細を教えてくれ
その女の人の顔が頭から消えんぞ

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:54
865の素朴な調子が妙にリアルに、情景を描かせるんだよな。
とにかく、お疲れ。いい話をありがとう。

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:54
>両目閉じたまま顔を左右に振ってた

イヤ〜ン。
何でもない動きなのに最高に禍々しい。

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 02:56
今日皆さんの夢に
両目閉じたまま顔を左右に振ってる女が現れますように。

ではおやすみなさい。

880 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:03
>>872
オカルト板ってあんま来ないんだけど、
ここの人も恐がるくらい謎な話なのか・・・

死ぬほど洒落にならない話を集めてみない 過去ログ倉庫
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
ここは読んだことありますか?
ここの[作品一覧]から

Part13 自己責任 Part24 山の測量
を読んでみて下さい。
いや、読まないほうがいいかもしれないが

881 :876:03/04/29 03:15
>>880
どうしたら助かるんでしょうか?

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:18
>>855
長野で財布ぱくった奴が、ぱくったはいいが後悔の念から手を出せずに
たまたま北海道の静内に来てて
静内にいる855の姿を見て、返すなら今しかないと思って
見つかるようにわざと落としたとか。
ありえんなスマソ

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:19
嗚呼…なんだって、
さぁ寝るかって時間帯にこんな良怖話が…
俺も話読んだ瞬間に顔がふっと浮かんだ
ものすんげぇええ怖い…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
22年の人生歩んできた中で最恐の話だ…。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:22
>880
>865はどうやら聞いちゃいけない話だったみたいだね(TдT)?
どうすりゃいいのよ…

885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:23
>>881
いや、自分も分からないんですが
やっぱり髪を短くするしかないんでしょうかね。
というかサイトへのリンクを書いたことを後悔しています

個人的にはこれ以上この話に触れるのはやめようと思います
すいませんでした。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:26
女だからボーズは無理でつよ…

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:27
865読んでて怖いというより、大げさかもしれんが
身の危険を危険な感じた。ビビッときた。
15年ぶりぐらいに怖くてトイレに行けなくなったんだが…

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:28
>887(TдT)ヤメレ
その場所にいかなきゃいいのね?どこよ?

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:29
>>886
桐堂大学の校歌を斉唱すれば万事解決だよ。

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:30
>889
ワケワカンネーヨ!ヽ(`Д´)ノウワァァン

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:31
女は大丈夫だとおもうな、なんとなく。

892 :865:03/04/29 03:31
みんなごめん。なんか書いちゃいけないっぽい話だったようで。
>>880のリンク先はまだ読んでないけど大丈夫だって。
文章読んだだけで呪われるって、そんなことありえないし。たぶん。
とにかくごめん。おやすみ。

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:31
>>885
リンク見る前に、なんか来ちゃった?て思って
リンク先見たらアレですか 素で後悔してるんですけど
こんなの初めてなんですけど



894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:34
トイレ行くの恐いから一人、部屋で買い物袋にしっこする漏れ。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:35
2chを見て死ぬ奴の9割はこの手の話が原因だから。
有名だと思ったけどまだひっかかる奴がいたんだ。

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:35
nyで落とした官能小説で強烈に気分転換をはかろっと

897 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:36
>2chを見て死ぬ奴
そんな奴いるのかと

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:36
自己責任は読んでも怖いと思わなかったけど
>>865 の話は…やっばいだろ
本能がヤバイと言ってる感じ

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:37
「ネタですた」って誰か書けよ

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:37
>865
詳細きぼんぬ♪

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:38
ネタですた

902 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:42
よし、終了ということで一つよろしくお願いします

903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:44
怖いから寝んべ

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:46
とりあえず865は即刻母に電話汁。

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:52
>>865が訳わからん。
変な人に遭遇したってだけの話でしょ。
なんで皆そんなに怖がってんの?
つーか犬が可哀相なんだけど。

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:55
親族一同大騒ぎになったってのがミソだろう

907 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:56
10時半ごろうっかりテレビつけたまま寝てしまったがついさっき目が覚めたらしっかり消してあった
酔ってもいないのに消した記憶がない・・・当然一人暮らし

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:57
実は俺が865の話の中で一番怖かったのは、865のおばぁちゃんが怒ったこと。
そんな怒らなくてもいいじゃん・・・

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:58
>>905
>>880のリンク先読むといいよ。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:58
放送終了すると自然に消えるよ


>>906
近所で評判の変な人だったんでしょう

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:59
>>905
こういうレスを待っていた!

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:01
ひょっとして「かしまさん」の類いのやつ?

なら読まないw

913 :909:03/04/29 04:01
あと>>880リンク先の「ヤマニシさん」(Part13)も読むといいよ。

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:01
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:03
ちゃかして恐怖を忘れたい…そんな乗りが欲しいザマス!

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:05
オカ板に張り付いてるヤシなら、毛、刈る、の段階で
自己責任とヤマニシさんを思い浮かべる

917 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:06
>>865
帰りが遅く犬を置いてきたから
坊主にされたのでは?

918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:06
私有地に入り込んで叱られたのを記憶が脚色しただけ


と、言ってくれ

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:20
自分も、廃屋とかに忍び込みまくってたから
容易に想像できるのだろうと自己分析をしたり冷静なふりをする。

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:22
おおおおおおれは
ぜぜぜんぜんぜんぜんビビってないからから

921 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:25
だめだ…!全然皆が怖がってる意味が分からない…
やはりあの>>880の禁断のリンクを踏むべきか…!

922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:28
>>921
リンク見なくても直球で怖いぞ

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/29 03:31
>>885
リンク見る前に、なんか来ちゃった?て思って
リンク先見たらアレですか 素で後悔してるんですけど
こんなの初めてなんですけど

これものすごく同意、同意ってのも変か

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:28
俺もよくわからんので、今から読んでみまつ

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:29
その女は薄目で辺りを見るようにアゴを突き出して周囲を見てたんだよ。
顔を左右にゆっくり振ってたんだよ。
それで「誰か」いないか探してたんだよ。
見つかったら危ないよ。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:30
読むと来る系の話は「自己責任」だけ。
「山の測量」「ヤマニシさん」だけでも読んでみれば?

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:31
>>924
馬鹿やめてくれ!
もうこのスレ見てられんわ!

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:34
とにかく>>865の続報待ちですな

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:40
とりあえず「山の測量」読みますた。
「ヤマニシ」さんはまだだけどつまり、この3つの話は繋がっていたりするかも…?
っていう恐怖が皆さんを襲っている訳ですか…?

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:50
「アレは目が見えんけん、自分の事を知らん奴の所には憑きには来ん。
アレのことを覚えとる奴がおったら、何年かかってもアレはそいつのところに来る。
来たら憑かれて死ぬんぞ。
それと後ろ髪は伸ばすなよ。
もしアレに会って逃げたとき、アレは最初に髪を引っ張るけんな。」

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:51
「自己責任」読みました。
読んだあとヤバイって思いました。
かなり怖かったです。

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:52
>929
なに貼ってんだこのばかちんがあ!

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 04:54
>>880のサイトおもしろいですね。
特に「たまげた相談」が・・・・・・

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 05:05
面白かったです。すっきりしたんでそろそろ寝ます。

934 :動画直リン:03/04/29 05:10
http://homepage.mac.com/hitomi18/

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 05:15
>>932
読んでるだけで玉が痛くなりますた(鬱

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 09:52
>しかもある場所を通りかかったとき急に犬が足を踏ん張って動かなくなってしまい
>俺はそいつ抱えて歩き出したんだけど、異様にクソ重たい犬だったような気がする。

ワンさんが身代わりになってくれた部分もありそう
・・・合掌

さて>>880を読んでみる

937 :今の怖さを分析してみる:03/04/29 10:46
かなり前に都市伝説を知ってさ、
その話しが かしまさん系の、「その存在を知った者は・・」系の話しでさ、
ずっとそんなモン嘘じゃ。と思っててさ、ふと忘れたときに


妙にその話と符合する実話を人から聞かされて


やっぱそれ系の話の中にはホンマモンもあるのか?と思ってしまってガクブルな俺

938 :名無しのたくま:03/04/29 12:19
誰か、865から現在までの話の流れを整理してくれ・・・
ややこしくなってきた・・・

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:42
・・・・犬は、見つかってしまったんだな。

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:43
>>938
・865が体験談を書き込んだ。
・普通に怖がる人がいた。
・別スレの過去ログの話と関連付けて怖がる人がいた。
・ちょっと盛り上がった。
・おさまった。
・おわり。



941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:50
2chで増殖するリングウィルス

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:50
>あんなに小便ちびりそうになったくせに最近まで忘れてたことも謎。

大人達も必死で忘れさせようとして、
その事に二度と触れず、おばちゃんの家にも行かせなかったんだろうね。
事情を知っていたであろう、周りの大人達の反応が怖い。
>>939 可哀想(涙 南無南無・・。

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:57
誰か顔を振る女のAAきぼんぬ

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:59
>>942
>事情を知っていたであろう

その事情が何なのか知りたいのさ。いや知らない方がいいのか。
でもちょっと知りたい。ぁぁぁコワヒ。

>>865で近年マレに見る気味の悪さを感じ、『山の測量』で冷たい手が
背中を撫でるような寒気を覚えた。『女』は同じ人物のように思えた。

945 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:59
(((((((( ;´Д`)))))))

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 13:06
画鋲の目の女が怖かった。過去ログ忘れますた・・

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 13:09
>>946
何それ?どういう話?

948 :動画直リン:03/04/29 13:10
http://homepage.mac.com/hitomi18/

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 13:10
>>944
>>865、私は例の奴と同じモノだとまでは思わなかったな。
ただ、こういう「目の見えない禍禍しいモノ」ってジャンル?があって、
対処法はせいぜい忘れる事と後ろ髪を切ること位しかない
って事じゃないのかなぁ?

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 13:43
これを読んでホントに髪切った人、一人くらいはいるような
気がするw

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 13:48
>>880

>死ぬほど洒落にならない話を集めてみない 過去ログ倉庫
>http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
>ここは読んだことありますか?
>ここの[作品一覧]から
>Part13 自己責任 Part24 山の測量
>を読んでみて下さい。

え〜っと、、、興味を覚えてここ始めて行ってみたんですけど、
HPの構成がわからず、Part13を開いて適当に最初に選んで
読んだ話が「ヤマギシさん」でした。
、、、何で話がつながってるんだよぅ

952 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 13:54
なぁなぁ、
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
のPart24に、「山の測量」なんて話、ある?
「山奥の小屋」とかならあるんだけど


953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:03
>>952
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/25/639.htm
これだね

954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:05
サイト内検索っつー便利なものを使おうよ。

955 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:06
>>953
おっ、サンクスコ。
読んだよ・・
後ろ髪・目が見えない・丸坊主 か・・

956 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:11
今思ったんだけど。
「目の見えない女」「後ろ髪」「坊主頭」
のキーワードを使って、
皆が忘れた頃にフッと話を書くんじゃないかな
確信犯かも知れん

957 :TR-774:03/04/29 14:21
自己責任こわいよう

958 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:26
3つの話のなかじゃ、「もーすもーす」って言葉が
ちょい怖かったかな

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:37
あんまりそこらへん追求すると興ざめになるから止めようよ。
>865から今までの流れを読めば分かる人には分かるさ。

960 :959:03/04/29 14:39
ごめん、上のは>>956

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:48
このスレではあまり洒落恐のまとめサイト
読んでる人はいないの?

ちょっと意外だった。

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 14:53
関係無いけど、>880のPART13の「中国地方の林道」今噂のパナウェーブですね。スレ汚しすいませんでした。

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 15:22
あまりオカ板来ないし

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 15:23
>>962
3年くらい前から一部で話題になってたみたいですね。
ttp://www.google.co.jp/search?q=%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%90%E3%82%8B%E6%95%99&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&lr=

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 15:24
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 15:35
>>865の話見てから、長髪で真中で髪わけた女が雨戸からにゅーっと顔だけだして
目を閉じ、アゴを突き出し気味に
ゆっくりと顔を左右に振る映像が頭からずーっと離れない。
勘弁してくれ…。

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:12
>>865
やぁ〜、恐いぃ! この話や過去ログの話ってあく
りょうの呪いがいたるところで起こってるっていう風に読めるよね。
すでにこの話を読んだ人たち(私達を含む)は呪いに感染してるかも?
ギャグだと言って欲しいよ、ほんと。
ははは。
逆に、ヤマギシさんのいるスポットに行かなければ呪いの
効き目はないとも言えるけど。。。結
果論になるけど、これからは怪しげなスポットに行かない
ようにみんな気をつけるようにすれば大丈夫だよ。
ん〜、でもとりあえず坊主にしとく? 女の子は呪いの対象にならないのかな



968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:21
こりゃまた空気の読めない・・・

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:22
つーか縦読み

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:25
>>966
そういう映像が浮かぶ人が多いのかな?
私の中じゃ坊主頭の女の人が超高速で顔を左右に振ってるんだけど…。
なんか話がこんがらかってるけど、マジおっかないよ〜。・゚・(ノД`)・゚・。
家に独りぼっちだからなおさら怖い…。

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:28
そろそろ次スレたのむ

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:31
>>969やりすもギは逆効果よんな

やりすぎは逆効果だよな?

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 16:37
>>972
文字小さくするか画面デカくするかせよ

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 17:14
おお、履歴のフォルダ開きっぱなしだったよ>>973

975 :グルグル教 増長中:03/04/29 17:16
今、オカ板の住人はニュース番組に釘付けと見た。

976 :poko:03/04/29 17:18
そんな怖いかな・・・2ch見て死ぬ人なんかホントにいんの??!

977 :529:03/04/29 17:20
>>967
もーと美しい縦読みに汁!
漏れなんか誰も気づいてくれんかった

978 :977:03/04/29 17:21
スマソ。別スレでの名前入れちゃった

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 17:40
晒しage( ´,_ゝ`) プッ

980 :967:03/04/29 17:47
>>977
確かに美しくないよな。スマムコ。

981 :977:03/04/29 17:50
俺の方がもっと美しくねーよ。自ら晒しage

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 18:22
目をとじて左右に首ふる女、イヤホンつけてたんじゃ?。
局はスティビーワンダーあたり。

983 :982:03/04/29 18:25
局→曲
スティビー→スティービーだった。

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 18:25
自己責任と山の測量とやらは恐ろしいからみてないんだけど、そんな私でも>>865
を読んだだけでやばいの?
怖いよー

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 18:42
初めて書き込みいたします。
少し不可思議なお話です。
私の家は、代々旅館を営んでおり、大きな旅館の為、私が幼少の頃も、
両親共に忙しく、会話をした記憶もほとんど無いほどでした。
毎日、店の者が学園まで迎えに来るので、学友と遊びに行く事も出来ず、
何時も母屋かお店で、2人で遊んで過ごしていました。

問題となるのは、『2人』出過ごした事です。
私は一人っ子で、外出も禁止されていたので、近所にはお友達もいませんでした。
ですが、あや取りや、おままごと、お花摘み。鞠遊びも全て2人で遊んでいました。
時折、祖母も交えて3人で遊んでいましたが、私が疲れて休んでいる時も、
祖母と彼女はお話をしたり、お菓子を食べたりしていました。

一緒に遊んでいたお友達を、私は「あき様」と呼んでいました。

年月は過ぎ、私の息子も小学一年生になりました。
彼は一人でキャッチボールをして遊んでいます。
学校から帰ると、グローブを2つ持って庭に向かって駆け出し、
「あき様〜」と大きな声で呼びながら姿を消します。
息子も心配ですが、私もあき様に会いたいので探していますが、会えません。
息子についていっても、あの子は少し油断すると、何時の間にか消えてしまいます。
ですが、お夕飯時にはひょっこりと現れて、
「あき様と・・・・・・して遊んだ」と、楽しそうに話してくれます。
大人になると、会えなくなるのでしょうか?

今は、お婆ちゃんになったら会えるのかな?と思い始めています。

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 19:11
目をつぶった髪の長い女が幕の内バリのデンプシーロールを
決めている画像きぼん

987 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 19:23
>>982
ここだけの話、スピーディーワンダーだと思ってた。

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 19:24
>>985
ずっと旅館の子守りをしている座敷わらしなのかな。
あなたの子供さんも「あき様」と呼んでいるということは、彼女(彼?)自ら
そう名乗ったんでしょうね。「あき様」は今風の子供?

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 19:36
>>985
スレタイ通りで、文章も美しくて、いいね

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 21:28
そろそろ次スレの季節かね。

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 21:37
僭越ながら、次スレ立てますた。
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1051619681/l50

992 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 21:59
コソーリ

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 21:59
993

994 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:00
994?

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:00
995?

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:01
>>964ぐるぐる教・・・


997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:02
997?

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:04
998?

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:04
うんこ

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:05
1000?

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

291 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)