5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

子供の頃の変な記憶 その5

1 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/28 22:55
いま思い返すと不思議な体験談を自ら語ったり、神妙に耳を傾けたりするスレッド。
ニュー速板から、お引っ越しです。

【子供の頃の変な記憶】
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1026097457/l50
【その2】
http://news.2ch.net/test/read.cgi/news/1027265121/l50
【その3】
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1044154866/l50
【その4】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1044937362/l50

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/28 22:57
張り切ってどうぞ

3 :(@'ω'@) ◆ozOtJW9BFA :03/03/28 23:11
新スレ〜
>>1さん乙です

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 00:04
4は屍姦の4

5 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 09:46
>>1
正直オカ板に引越してきたのは失敗だと思うぞ。
難民にでも立てとけばよかったのに・・・

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 19:13
子供の頃、よく知らないおじさんに、通りすがりとかに、
「ベーロベーロはなたれベービーちゃん」と
節をつけて歌われたことがあった。
私が一人のときもあるし、友達と遊んでいるときもある。
おじさんは、いろんな人がいた。あれって流行りだったの?
小学校低学年くらいまでは、しょっちゅう歌われた。

7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/29 21:42
7スター強奪

8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 10:26
餓鬼の頃電車などで出かけると
車窓から見える見知らぬ街が凄く気になる事が何度かあった
成人してから、その場所に深く係わる事が度々ある
これっていったいなんだろね 偶然かな?


9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 12:09
今もなるんだが…朝起きると右腕が動かない。
まるで人の腕がそこにあるような感じに陥る
しかも決まって右手のみ
しかたないので左手で右手を持って朝は行動していつの間にか動くようになっている
しかもさっきから動いていたようにしっくり動かせる

10 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 15:11
友達が何も言わずに急に消えた。


マ ジ で す が 何 か ?

11 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/30 18:23
Σ(゚д゚|||)

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 13:28
消防の頃、物置を探索していたときの話
あのころは何故か狭くて暗い所に入っているのが
とても楽しかった。
とくに物置は色んな物がごちゃごちゃしていて
退屈しない空間だったことを憶えている
ある日はしごを登って物置の二階へ行ってみた
(高所恐怖症気味だったから結構緊張した)
二階には小さい木で出来た戸棚みたいなものがあった
引き出しにはすぐに目が行ったな確か
もちろん速攻であけたんだが
そこには中にびっしり長い髪の毛が入っていた
誰のか知らんがとりあえずあのときは絶叫したな

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 15:09
家の壁の中から声が聞こえたことがアル。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 15:25
消防の頃、学校の行き帰りの際、道ばたに「真っ白い鶏肉みたいなもの」が落ちてるのを見たことが何度かあった。鶏皮みたいなぽつぽつがあって、形もだいたい鶏のもも肉みたいな感じ。ただし、色は真っ白(本当に紙とか絵の具の白のような無色)。
あれは一体なんだったんだろう?厨房の時にも一回見たような気がするけど、その後はぷっつりと…。
ちなみに、千葉の田舎。農地とか森の結構ある場所で、そういうところに落ちてたコトが多かった。

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 15:49
>>14
シップ薬だと思われ。

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 18:52
>>15
いや木工用ボンドかも

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:14
>>14,15
え?湿布薬とか木工ボンドをどうすると鶏肉みたいになるの?
教えて。プリーズ。
(実験してみようと思い中)

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:16
>>14,15
え?湿布薬とか木工ボンドをどうすると鶏肉みたいになるの?
教えて。プリーズ。
(実験してみようと思い中)

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:23
>14
湿布薬に水を含ませるとと膨張する

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:27
(あせって二度書きしてしまったと思い中)

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:49
この世界は自分が本来居る世界じゃないと、信じていた。
周りの人間がみんな悪魔のように見えて、
どこ行っても隅っこに隠れてるか、泣いてた。

その名残か、他人をマジで信用しない性格になって、今日に至る。

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 21:14
>>9
右腕を枕代わりにして寝てたりしない?無意識のうちに。
しびれて感覚がなくなるとそうなるよ。

23 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 06:57
>>21
がんがれ。信用できる人がいるのも幸せなんだよ。


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 07:01
>>19
こわいくらいに膨張するよね。
うちのおじいちゃんよく洗濯物の中に置きっぱなしにするから
そのまま洗濯して悲惨な結果がよくでまつ。

25 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 07:09
消防1の頃近所の子供たち5人位で廃家探検をした。
廃家はわらぶき屋根で古くてガタガタ。
イロリがある部屋に出たらイロリの四方にボロボロの座布団が敷いてあって
四つの座布団の上それぞれに頭蓋骨がのってた。
「すごーい骨あるよー」
みたいな会話で通り過ぎた。
でも、今になるとその時一緒にいた友達と
アレなんだったんだろうと話します。
今はもうその家はないけど未だに謎。。。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:15
中学生くらいまで、クラスで自習の時間、さっきまでざわついていた
のに、一瞬ピタッと静まることがよくありませんでしたか?

その後教室は笑いに包まれて、誰もそんなこと話題にしなかったけれど、
あれは一体なんなのでしょう?


27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:00
ほんとに小さい頃、夜中に目が覚めて寝付けなくて、壁を見つめてると、
壁の木目がぽろぽろ落ちてきたり、するするーっと動いたり、
木目が目になってぎょろりと動いたり、もっこり人型に盛り上がったりしてた。
話もしたことがある。まぁ今となっては寝ぼけてたんだろうと思うけど、
でもやたらリアルに覚えてて、親に昨日壁の中のおじさんと話したよとか話してた。
あと電気をつけて、最初にぱちぱちって完全に明るくなるまでの瞬間に
部屋の隅とかに人が見えたり。

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:01
不思議なホムペ??????                

http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html
http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html
http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html
http://anna-mam.hp.infoseek.co.jp/bbs-mokuji.html

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:29
 @  A  B  C  D  E  F  G  俺 .>>1  J  K
 ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  
 ┣━┫  ┃  ┃  ┃  ┣━┫  ┣━┫  ┣━┫  ┃  
 ┃  ┃  ┃  ┣━┫  ┣━┫  ┃  ┃  ┃  ┣━┫  
 ┃  ┃  ┣━┫  ┃  ┃  ┃  ┃  ┣━┫  ┃  ┃  
 ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┣━┫  ┣━┫  ┣━┫  
 ┃  ┣━┫  ┃  ┃  ┃  ┃  ┣━┫  ┣━┫  ┃  
 ┣━┫  ┣━┫  ┣━┫  ┃  ┣━┫  ┃  ┣━┫  
 ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  ┃  
 虫  牛  蛙  蛇  鬼  猫  神  馬  鹿  怨  尿  屁

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 17:40
>>9
手遅れになる前に病院行け

31 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/04/02 18:05
俺は木目を取ろうとしたことあったなぁ。
ぱかっとね。

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:31
自家用トラックの荷台に背が届かない位に小さい頃、
その荷台になんとかして登ろうとがんばって・・・

で、ついに登って中を見たら、一匹で荷台いっぱいの巨大食用ガエルが。
オレは驚いてそこから落ちたけど、痛みも忘れて逃げた・・・あれはなんだったんだろう。


33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:50
>>32
何で食用ってわかったの?おいしそうだった?

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:58
>33
いや、その時はわかんなかったんだけど、あとで図鑑で見て
そっくりだったもんで・・・。

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:09
食用って方が何か返って怖いね…w
トラックいっぱいのカエルで何人前のからあげができるのだろう…

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:38
>26
あるねえ。「天使が通った」とか言うんだっけ?
ざわついてる中で一部が静かになると、
まわりが何か状況の変化があったのかと思って
話をやめて耳をすましてしまうからじゃないかなあ。
それが瞬間的に伝播して、教室全体が静かになるんだと思うんだけど。

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 11:31
>36

ウチの地方ではコビトさんが通った、でした。はい。

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 19:22
>>36-37
霊が通ったものだと思っていたが

39 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 23:32
>26
まぁ大きくなっても時々あることだよね。何か不思議な感じするけど。

40 :亞び呪 ◆ybsexeA5x. :03/04/04 00:17
俺が小学生低学年のとき友達と近所の中学の体育祭に行ったら
友達が「あっちにちんちんから白いもんだしてるおっちゃんおったでー」
って言ってハァ?って感じだったが今思えばそのオヤジは目の前のオカズに
ガマンできなく・・(ry

41 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:40
>中学生くらいまで、クラスで自習の時間、さっきまでざわついていた
>のに、一瞬ピタッと静まることがよくありませんでしたか?

あったな、高校でも。大学ではさすがに・・。
止まった後は数名が「ナニ、みんなシーンとしてんだよ〜w」みたいな感じで。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:15
10才頃まで家の8畳の和室に居ると、
「ザッザッ・・」という音が聞こえて来た。
誰でも聞こえるもんだと思ってた。

43 :THE SETTING:03/04/05 16:48
変なのかどうかよくわからんが、子供の頃の記憶はなぜか夕方の家の近くの風景
ばかりで、かなり寂しい気持ちしかない。(´Д⊂ヽ

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 01:31
小さいころ、父と兄と私で母を豚と呼んでいじめていた記憶がある。
今は普通の親子なんだが・・・
本人に恐る恐る確認するとそのような事実は無いといわれた。
父が「アル中」で、母は「なんちゃって耐える女」だったので幼い脳で合成して
「かわいそうな母」を作り出してしまったのだろうか?
(「いじめてる自分」まで作る必要は無いと思うが(´Д⊂グスン)
それとも、辛すぎて母がなかった事にしたいのだろうか?

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:11
5歳の頃、私と母と友人とその母で家の近くを歩いていた時に、
黒い火の玉が2、3個、空中をくるくる回っていたのを見た事がある。
母の顔ぐらいの高さだったから地上1.5mぐらいの高さのところを。
その時は別に怖いとも思わずに「何だろう?」とボーっと見ていて、
帰ってから母に「黒い火の玉飛んでたよ」と伝えたら驚いていた。

でも最近母にその話をしたら忘れてた。

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:42
>44 ママンは、もしかしたら覚えててとぼけているだけかもしれないね。
  だとしたら忘れた振りしているママンを大事にしてあげてくださいね。

47 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 17:18
>>46
子供にそんな失礼なこと言わせた覚えは無いって言われた。
うーん。母親の事恨んでいたから自分の脳内合成かも。
レス有難う+微妙にスレ違いだった。すまんです。

48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 18:40
サルベージ

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 00:09
>>32
でかいカエルの話は、むかし伊集院のオールナイト2部で聴いた記憶がある

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 06:09
ap

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 08:24
たまに、知らないワンピース姿の女の人が立っている時があって、しばらく
そこにたたずんだ後、すーって消えるんだわな。
あるとき母の枕元にとても恐ろしい形相でにらみつけてたっていて、
それから姿はみていないけど、我が家は不幸つづきで、一家離散しました。
ワタシはその人ににらみつけられたことはそれまでなかったんで、
なんだかとてもこわかったな。親にその話したときしんじてもらえなかったけど

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:04
お兄ちゃんが小6なのに「くりぃむれもん」を買っていた。

53 :名無し君:03/04/11 16:09
庭に座っていぬのうんこを食っていた記憶がある
線路にでかい石をおいたら走ってきた電車が倒れてしまったという記憶がある


54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:15
誰もいないはずの家でよく誰かに名前を呼ばれていた
ピークが小学校低学年ぐらいだったかない
最近は全然ないけど

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 17:11
>>43

あー、それ共感します。

家の外から同年代の子供たちの楽しそうな声。
けれど自分は一人でお留守番。
夜も近づくけれど親は帰宅しないままに、
だんだん部屋が夕焼け色に染まってゆくのを、
ただただ見つめていました。(´Д⊂ヽ

どうしようもなくスレ違い。失礼。


56 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/11 19:40
>>53
ウンコ食うってw


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 20:28
幼稚園くらいの記憶なんだけど、
友達と、その友達の妹さん(赤ちゃんだった)と一緒に工作をしていて、
何を興味持ったのかはさみを舐め出した妹さんが、誤って舌を切っちゃって大泣きしてる記憶がある。
血が滴って友達と唖然呆然してる記憶までしっかり残ってる。


だけどその友達にその話をしたら、『何言ってるの、俺妹なんていないよ』と言われた。
付け足して『夢じゃないの』とまで言われた。
でも随分しっかり脳裏に焼きついてるのに。

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 20:33
>>54
私は中学くらいまで、家にひとりでいると、
家の周りを誰かがぐるぐる歩いている足音がし出すのが不思議でした。、
誰が歩いているのか見ようと、足音を追いかけるのだけど、
ついに一度も姿を見ないままです。
今はもう足音は聞こえません。
親に話すと、誰かいるんでしょ?と、そっけなかったです。

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 20:51
10歳か11歳の時のゴールデンウィーク。
県境の牧場に遊びに行くことになって、父の車に乗った。
車は田舎の道を通り、見慣れた風景が変わるころ、
子供たちの間で「おにぎり山」と呼ばれている山の上に、
クリスマス・ツリーのてっぺんに飾る星のような、
銀色の十字の形の大きな物があるのを見つけた。
「なんだろう?」と、じーっとよく見ると、それは浮いていて、
山肌から離れているのがわかった。
家族でそれを見たのは私ひとり。弟にすぐ教えればよかったな。
あれって、何だったのか今でもわからないし、不思議。

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 21:34
>>57
妹が死んだショックでわすれてしまったのかもな。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 21:54
実はそいつんちの子供じゃなかったとか

62 :32:03/04/11 22:26
>49
そのとおり、ネタでした!・・・ってワケではなくて、ホントに体験したんですが・・・
デカイ蛙ってもしかして都市伝説系になってるのかなぁ。

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:56
>>52
それはお前を食べるためだよ!

64 :49:03/04/12 03:17
>>62
でかいカエルは、伊集院自身の子供の頃の体験として語られていたわけですが、
トラックの荷台というシチュエーションもいっしょだったような。つか、もしかしてきみ自身が伊(ry

65 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 22:04
>8

俺の話ちっと書こうか。

@7つの時親父が死んだのが浜松町の病院でな、よく見舞いに連れて行かれた。
したら何の作為もなく高校は浜松町のその病院のすぐ隣になったんだ。

A大学のとき稚内に旅行して足おっ欠いてな、2日ほど現地の病院に入院して
たらな、歌手のマルシアが何かで救急車で担ぎ込まれてきたんだ。
24のとき新婚旅行でLAに行ってな、リトルトーキョーでメシ食ってたら、俺
の後ろでマルシアがやっぱ食事してたんだ。

こんなのってやっぱ人生にはタマにあるな〜〜〜



66 :52:03/04/13 22:17
>>63
食べられないまま28歳。
あれっ?

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 22:20
>>65
すげ〜。と素で思った。
マルシアと話しなかったの?

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 22:45
電車の外を見ていたら窓の外の下の方から手が伸びてきて
コンコンって窓をノックする。音はしないんだけどそういうのを見た記憶がある。
今もたまにある。

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/13 23:02
これは私の兄の話で聴いただけのことなんですが、
私の兄が小学生6年生のころ、同級生の福光君と言う人と兄が海水パンツを忘れて
体育のプールの時間を見学していた時のこと
福光君が兄にこんなことを言ったそうです、
「今はプールの中の方がむしろ暖いがや、外の方が寒い」と
そのような話を兄は私に何度かするのですが、
実は福光君は聾唖者で全く喋れない子だったのです。
福光君が聾唖者だったのは本当です。学校でも有名でしたので

70 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/14 00:08
>>69
喋れないフリをしていただけとか・・・んなわけないか

71 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 00:15
>69-70
それで、誰かに復讐するときに初めて喋るとか・・・。
そりゃジャッキーの映画か。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 21:23
>67
俺は稚内でもLAでもマルシアと話なんかは出来なかった。向こう
は向こうで取り巻きも居るしな。

俺はマルシアに背中向けてメシ食ってたんだが、トイレに立った
嫁が戻って来ながら気がついたかして、「ブラジル出身の歌い手
さんじゃない?なんて人だっけ?シルビア?」とか云うんで俺も
「あぁマルシアね〜」って判ったんだが、そのとき稚内の一件と
シンクロするのに我ながらちっと時間がかかった。
無論、嫁に稚内で入院したときのマルシアの一件なんざ話したこ
たぁなかった。嫁は些細なことにも恐がりなんでその時も「へぇ
っ、あの人前にも見たことあるよ〜」くらいにしか言うとらん。
ただ俺の中だけでな、なんちゅうかインプロビゼーションというか
シンクロニシテイを妙に感じている。
ただそれだけなんだがな。

73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 21:33
>>71
あの頃のジャキーは一重だったんだよねぇ
トゥームレイダーの偽乳ぐらいショックだった

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 21:39
>>72
そうかぁ。
自分もあるよ、そういうの。
旅行に行くと皇太子さまと何故か一緒になった時期があった。
つーか、駅が何か騒がしい。自販機もゴミ箱も使えない。
ガタイのいい男たちがホームに散らばっている。
何だろう?と思っていると紙の日本国国旗が配られ、
私も駅前の人ごみの中で旗を振る。
そんなことが、4回もあった。
別に葉山とか那須とかへ、狙って行った訳じゃない。
熱海、小田原、長瀞、あとどこだっけ。
今はもうそんなことないが。

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 21:57
>>74
前世がシルビア?っつー名前のどっかの国の皇族だったんだろ。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 22:03
>>75
それ何?

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 22:06

>74
あぁ、思いだした…。考えてみりゃそれは俺にもある。
俺はガキの頃から休日によく東京駅の八重洲ブックセンター
に行くんだ。こらほとんど趣味みたいなもんでな。

あの本屋に行くと俺は3時間くらい立ち読みや何かで時間つ
ぶしてしまうんだ。すっとその帰りに駅で御召列車を見送っ
た後のオバサン軍団とよくカチ会う。みんな手に手に新聞屋
が配った日の丸の旗なんか持ってるからわかるんだ。

オラぁよくこの場に行き会うな〜とは思っていたなぁ。
俺ももちろんそういうの狙うわけではない。

ただ東京駅でのその皇室追っかけオバサンの中に、何
気でウチの母親に出くわしたときは流石にワロタな。
母親とはちっと離れて暮らしてるし、そんな連絡を取り
合うわけでもない。これまた偶然だぁな。

Oo。(^。^)y-゜゜

ただまぁ皇室の方々が御用邸なんかに行く時期って、大
概決まってるんじゃないか?
一般人と大体同じ休みの時期とかさ。

つまるところ偶然のなれの果てなんだよ。
そういうもんで左右されてヘンに色着きになるのはみっ
ともないからな、まぁそれだけは気ぃつけよ!(^ー^)




78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 22:08
>>77
がなbれ

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 22:52
>>77
あの頃も今も、職種は接客・サービス業なので、
一般の人とは休みがズレているのさ。
盆暮れ正月GWは休みなしだし、土日祝日は出勤だし。
それにちゃんと読んでる?
別にオレは皇室と縁があるのさーなんて、書いてないだろ?
そういうことがあったよと書いたんだけどな。
だから、おまいさんと同じなんだよ。
ただの偶然が、あの3年くらいの間に集中しただけ。

80 :おもしろくないけど:03/04/14 23:04
子供のときの話じゃないけど、数年前の話をひとつ。

近所の江戸川河川敷で、
おっさんくさいHONDAのオフロードバイクに乗った男を見た。
辺りをうかがっているようで、ちょっと怪しげであった。
ヘルメットかぶっているので顔はよくわからないけど、
顔が大きめで、直感的に「大前研一? まさかー」
と思っちゃった。

数ヵ月後購入した(大前研一の)本を読むと、
「江戸川河川敷を格安の住宅地にできないか視察した」
とか書いてあった。


81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/14 23:41
高校の連れ(J)の話。
小学生低学年の頃、吉岡秀隆似の従兄弟(厨房)と一緒に
風呂に入った時のこと。
体を洗って二人浴槽に浸かってる時、おもむろに
従兄弟がJのチンコを揉みしごきだしたらしい
その時は怖くて何も言わないでいると
「恥ずかしい?どう?」と聞いてきたので「変な気分だから
もう上がる」と言って体も拭かないままおかんに駆け寄った。
「どうした?」とおかんに聞かれても従兄弟が怖いので黙っていた

その事でいまだにトラウマになっていているのか知らんが
彼女がつくれないらしい

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 00:17
小学低学年だったか、他県から私のばあちゃんが家に遊びに来ていた時、
私の部屋の壁を、小さいメダカみたいな大きさの川魚っぽいモンが 一匹這っていきよった。
「おばあちゃん!魚がおる!」
と言ったら、ばあちゃんは何も言わず素手でつぶしよった。

なぜ部屋の壁に魚がいたのか?あれは虫ではなかったと記憶しておる。

83 :ダヌル・ウェブスター:03/04/15 00:20
小田原ってこわい。

かまぼこがうまい。

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 00:21
>>82
ナメクジ?

85 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/15 00:25
ギョですね

86 :ダヌル・ウェブスター:03/04/15 00:25
ルナールの「にんじん」には、ミミズをすりつぶしてパンにつけて食べる
叔父のはなしがでてきますね。

あ、関係なかったぁ?(笑)

87 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/15 00:30
そういえばこのスレって、その5になってから急にのびが悪くなった気が・・・

88 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 00:30
チンコマン

89 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/15 00:32
あれ?チンコマンになったんだ・・・w

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/15 00:38
うちの超山奥の実家では変な虫をいっぱい見ました。
上半身がカマキリで下半身がガみたいな奴とか。

91 :ダヌル・ウェブスター:03/04/15 00:40
そりゃ「カマキリガ」だよ。

92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 17:08
小学4年生の時、夏の夜7時ごろ、近所のかよちゃんとゴムとびをして
遊んでいた。
そろそろ帰ろうかというとき、2mくらいの高さのところを、ご飯を盛る
しゃもじのような形のオレンジ色の輝いた物が、すごい速さでとんでいった。
かよちゃんに「今の、見た?」と聞いたら「見たよ。この先のところで、
二つに分かれて、右と左に飛んでいった」と言った。
数年後、中学になった私たち。
朝、偶然一緒になったので、その話をしてみたら、ちゃんとかよちゃんも
覚えていた。
あれ、なんだったのかな???

93 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/17 17:30
虫とか・・?

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/17 19:42
俺も>>92と似たような記憶がある。
俺が見たのは、銀色に光る三角形の物体。当時小3だったかな?
幼馴染と一緒に見て「あれなに?UFO?」とかって盛り上がったのに、
同窓会のときに話したら「なにそれ?」って言われた・・・。
大丈夫かな、俺(;´Д`)

95 :名無し募集中。。。:03/04/19 04:30
>>92
MMRにその答えはある


96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 04:44
小四までじぶー

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 08:50
子供のころ、兄とススキの原っぱで遊んでいて、
そろそろ暮れてきたので帰ろうとしたら、背後から
何かに呼ばれて様な気がしました。振り返ると
ススキの間から黒味がかった黄土色の手の平が
「おいで、おいで」をしていたんです。近づいて
いくと、それは大きな手のひらが宙に浮いて
いるんだ、とわかりました。こわい、というより
不思議でした。長い生命線も見えました。
そしてそれはボワ〜ンと空気に
とけるように消えました。

あれは何だったのかな、と主人にしみじみと
語ったら「だから「手」だったんだろ」と
あっさり言われてしまいました。
そりゃそうだけど・・・

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 10:03
小学5年の頃、学校の帰り道いちじく畑で、巨大な芋虫?のような生き物を
友だち二人と見ました。全体的に白い色で1メートルぐらいの大きさ。
太さも人間の腕ぐらいありました
芋虫みたいに体がボコボコしていて、もぞもぞ虫の動きをしてました。
『なんだアレ??』と三人で異様な物を見たと興奮していたのを覚えてます。


99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 10:13
きっとオーストラリア大ミミズだよ。1mあって、食べると美味いらしいよ。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 10:15
100

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 10:54
101!!

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 11:22

そういやこのスレ読んでて思い出したのだが、小さい頃に学校の校庭で
15〜20cmくらいのバッタをつかまえた記憶がある。
ちょうどそのころ図書館で見たなにかの怪しげな本に中国では1メートル大のバッタがいる
と書かれてたので、そのときは自分が捕まえたのはたいした大きさじゃないなと思ったが、
今考えると15センチ程度でも巨大すぎるよなぁ・・・

103 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/19 14:29
>>98
ツチノコでは??

>>102
昆虫博物館に持ってけば異常に大きい昆虫や珍しい昆虫は買いとってくれるそうな

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/19 18:31
>82
そりゃウナギの稚魚だよ。コンクリで固められた川の内壁面部分などに
よく遡上して来たやつがくっついて這っていたりするらしいよ。
ばあちゃんもひどい、てゆうか勿体無い事したな。問答無用で潰しよるとは。

105 :山崎渉:03/04/19 22:54
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

106 :山崎渉:03/04/20 01:21
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 14:49
>>102
近くに原子力発電所でもなかったか?

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 22:56
  ∧_∧ <モレハミノガサンゾ
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >_∧∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        / ←>>105-106



109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 23:33
まだ折れが幼稚園児のころ、深夜に目を覚ますと隣の部屋で母親が化粧してた。
なんだろうなーと思って母親のところにいったら、母に何処かにつれてかれた。
そこには他の母親とか小さい子とか何人かいた覚えがある。あと、母親はそこで青っぽい手帳を使っていた。
それからは何度か(深夜に目を覚ました時)そこに連れて行ってもらったんだが、
ある夜、夜中に目を覚ますと母親は寝ていた。行かないの?と聞くともうやめたと
言っていた。それからは二度とそこへいくことは無かった。
数年後に母にこの事を聞いてみたら、人に言うなと言われた。
あれは何だったのだろうか。駄文スマソ。


110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 23:43
漏れの親父の話でいいかな。
昭和20年ごろ、親父が厨房だったとき祖父と二人で野良仕事の後
畑の横に井戸を掘り始めたそうだ。暗くなってきたので祖父が穴に入って
スコップで掘り、親父はバケツで土を引き上げたり懐中電灯で
照らしたりしていた時だった。

111 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/20 23:55
>>109
秘密の集会でしょうか

112 :110:03/04/21 00:16
続き
その時、空から親父の目の前に人魂が落ちてきて地面にすうっと吸い込まれていった。
親父は怖くて懐中電灯を持ったまま、がたがた震えていたら、祖父が
「おい、ちゃんと照らせ!」って怒鳴られたそうだ。

漏れは消防の時にその話を聞かされてびびっていたが、今考えると
夜、穴を掘る男二人というのは絶対あやしい。
この前親父に
「村の高利貸しが次の日からいなくなったとかね。」
って聞いたら彼は黙ってしまった。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 01:17
変な記憶って言うか、幼稚園ぐらいの歳のとき、
読心術にやたら長けてて親戚のオババに
「気持ち悪いから近づかないで」と言われたことがある。
人間って面白いもんで心を読まれてるんじゃないかと思った瞬間から
隠したい事を引っ張りだしてきて考えるんだよね。馬鹿かと。
他の大人なんてもっとスゴイことしてるっぽいからホーケーだよおばちゃんと言ってやれば良かった。

今思うと確かにキモイ餓鬼だったな。

114 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/21 02:02
>>110さん、ごめん。途中で邪魔しちゃったね(汗)
人魂が怖いのか父親が怖いのか・・・ニヤリ

115 :110:03/04/21 19:50
タイピングが亀なのです。
気にせんでください。

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 21:30
小学生のころ、うちの庭から見える信号が
あったんだが、夜にその信号をふと見ると
いつも黄色だった。いつ見ても黄色なので
夜寝る前には必ずその信号を見る癖がついて
いたんだが、パッと見ると必ず黄色。
何年間かそれが続いたな。俺に何を警告してたんだか。

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 21:38
夜になると黄しかでなくなる信号機なんじゃないの?

118 :116:03/04/21 21:50
ちゃんと赤になるのを毎回見てまつた。

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/21 22:53
>113
ホーケーかyo!

小学生のとき,下校途中で30cmくらいある
でっかい青虫を見たことがある。
ちゃんと生きて動いていたので錯覚ではないと思う。







120 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/22 01:02
>>116
警告ってなんかあったの??

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 04:31
  声

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 19:26
こえぇ〜

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/22 22:53
山田君、>>122のざぶとん全部持ってっちゃいなさい

124 :あなたのうしろに林さんが・・・:03/04/23 08:10
私の変な記憶・・・たくさんあるなぁ。

■なぜか親が4人いる。今もいる父と母、そしてもういない父と母。
もういない父と母はなんかヤンキーっぽい茶色な雰囲気。2人ともサングラスをかけている。
母に聞いても「アンタは橋の下で拾われてきたのよ」とマジメに答えてくれない。
■幼稚園の時、外を見たら白い龍が飛んでいた。クネクネ体をうねらせて。
父も一緒にみた。
■小学4年生の時。
寝ているとベランダに宇宙人が来た。凄いカン高い声をあげていた。
そのうるさいカン高い声に目をさました。カーテンごしに見える。3人。女の子っぽい宇宙人。
怖いから寝たフリしてた。よくわかんないけど・・・ベランダ越しにコッチをみてカン高い声で宇宙人が話していた。
ソレが弟だか妹をさらう話だってスグにわかった。言葉が全然わからないのになぜかソレだけわかった。
「あー・・・助けなきゃ!」
とか思って起き上がってからの記憶がない(汗
気づいたら朝。必死になって隣で寝ている弟と妹をみたけどちゃんといて安心した。

・・・ちょっと鬱。

125 :あなたのうしろに林さんが・・・:03/04/23 08:11
激しく長い;スマソ

126 :k(。∀゜)z ◆LmyhVYfhSo :03/04/23 08:15
>>124

他の奴より貴重な経験と記憶を持ってるんだ、胸を張って生きて行け!

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 08:20
子供ん時、道路を挟んだ家の前が墓石屋で、その裏の駐車場に古い実際に使用してた
小さなコケのついた墓石がいくつも無造作に置かれていた。友達がそのうちの1つを
持ち上げると、その墓石の下に白い蛇が渦を巻いていた。驚いた友達が持ち上げた
墓石をその白い蛇に落として、俺たちはその場から逃げた。
そいつは中学に入ってから登校拒否になり、今は何をしてるのか分からない。

128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 08:29
そんなレアな生き物を何故ゆえ潰すか

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 10:06
>>102
昔はそれくらいのバッタいましたよ。なんかやたら細長いんだよね。
異様な大きさにびっくりした記憶があります。最近は全然見ないけど。

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 10:24
>>126さん
有難うございます。胸をはって生きていきますw

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 11:47
消防の頃に道路でトラックに泥玉を投げたら急に「キキー!!」ってなって
その後ものすごい音がした。とりあえずそのまま何も見ないで走って逃げた。

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 15:15
4歳ぐらいの時、田んぼで遊んでたら、
白い車に乗った知らないおっさんに
「遊ぼう。車に乗って」みたいなことを言われたのを思い出した。
祖母がちょっと離れた所で畑仕事をしてたから「ばあちゃんに聞いてみないとわからん」って
聞きに行った瞬間、車が発進した。
今思い出すと怖い。

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 16:37
小学5年の時
駅に向かって歩いていたら、道の真ん中に茶色い紙袋が置いてあった。
何だろう?と思って紙袋を持ち上げて中を見ようとしたら、
灰茶色?の棒のような物がウネウネ動いた。
超びっくりして落とした。そのまま振り返えらずに逃げた。
何だったんだろう??

134 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/23 18:15
>>132
宮崎さんちの勤君では?w

>>133
へび

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 18:39
毎年実家で墓参りをする寺があるのだがそこには水子供養するさいの川原
みたいな場所がある(石がつんであったりする)。

そこに小2くらいの時分に兄弟と一緒に親につれていかれたような記憶がするのはなんでだろ〜?

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 18:42
133 バイブ

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 18:55
>>135
うわああああああああああああぁぁぁ

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 19:50
三つ積んでは誰のためか知ってる?

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 19:52
>>133

ハリガネムシ

140 :133:03/04/23 20:42
幅5cmくらいで先端は丸くて寸胴。そして柔らかくウネウネと・・
灰色に薄いピンクの血管?のようなものが斑にあったような気がします。
紙袋は大きな物ではなくマクドナルドのお持ち帰りの紙袋くらいの大きさです。
今になればバイブだったのかな?と思ったりもするのですが、それにしても生物ぽかった。

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 08:01
>>124
遅レススマソ。
龍を見たときって雨降ってなかった?

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 08:14
アタシは15年前の大晦日の夕方に空に昇る龍をみた事が有ります。
母と同時に見上げながら、『龍年も終りだからねー。蛇と交替しに空に帰るのかなー?』『そーかもねー。』
などとほのぼのな親子の会話を交わしてたりしました。

3年前の龍年の終わりにも暇が有れば空を見上げて龍を探しましたが
ついに見つけられませんでした。


143 :山崎渉:03/04/24 10:25
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 18:03
すごいね、白い龍って。千と千尋みたい。
そんなそこら辺にホイホイいるもんなの?他にも見た人いる?

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 18:18
漏れにも何か無いかなーと考えてたら一つ思い出した。

3才以前だったと思う。
雨の日に従姉妹や近所の子達とアパートの階段で遊んでた。
で、なんでだか忘れたけど漏れは階段の一番上から落ちちゃった。
その後気が付くと、自分の家で寝かされてた。

この記憶を10才くらいの時に親に話したら
そんな事は無かったと言われた。
でも、確かにあったはず。漏れの眉間には今でも傷が残ってるもん。

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 18:23
物心ついたときからセックスしかも女の方の記憶があった。
俺は男だが。
親に絵で説明したら真っ青になってたよ。

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 18:26
>>145
親が突き落としたんじゃねぇか?
で、その後怖くなって考え直した。

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 19:03
>>109読んで思い出したけど
幼稚園児のとき夜母にどこかへ連れて行かれた
ビルの中の一室で子どもがたくさんいた。
一人で本読んでたら「みんなと遊ぼうよ」って女の人に言われた。
ただの夜間保育園っぽいんだけどうちの地元田舎だから
あんなに高いビルはなかった。
あーわけわかんねー作られた記憶なのかな。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 19:19
>>147
漏れもそれ一瞬、疑ったんだけど(w
親は家に居たと思うんだよねー
親が犯人ならスッキリなんだけどな。(いや、ガクブルだけどさ)

あと、もう一つ思い出した。
これは変な記憶と言うより、変な行動かな?
小学校低学年の時、登下校中にクモの巣食べてた(w
何の味もしなかった。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 19:24
>>149
まさか、階段から落ちたせいで・・・

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 19:57
小学校の帰り、崖を登っていたんだ。
でも俺は運動神経がなく、途中で身動きとれなくなってしまった。
ふと横を見ると、灰色の太いロープがぶらさがっていた。
俺はそれにつかまり、地上に無事降りた。
改めてそのロープを見ると。。。それは象の鼻だった!
これ本当だぞ!

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 20:41
11歳のころから海で溺れて最後には暗い洞窟に吸い込まれるという
実際には体験していない記憶が突然現れた。

高校の時になにげなく父に話すと、それは驚いたことに父の記憶だったらしい。
父が11歳のころに、海で遊んでいたら流れに巻き込まれて、危うく海底洞窟に
吸い込まれそうになったらしいのだ。

こういった極限状態の恐怖体験は遺伝するものなのだろうか。

153 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/24 20:48
記憶の遺伝!!
どぐらまぐらっぽい

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 20:50
>>152
(゚∀゚)イイ!こういう話大好き。

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:14
私も三歳以下のときに足のくるぶしに
杭でも刺さったような傷があって
ギブスをはずしてもらう場面とか
外したあと固定されてた関節が動きにくい
感覚とかを覚えていたんだけど傷跡はない
5歳か6歳の頃、母親に私なんであんな怪我
したの?何故傷跡が残ってないの?と聞いたら
そんな怪我してないでしょ?と怪訝な顔をされて。
とても混乱した、すごくリアルに思い出せるのに。

あれは誰の記憶なんだろうか・・・父も母も足に
傷跡なんかないしなぁ

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:17
>>152 ありうる話だと思うよ。
マウスを迷路に入れて、右に曲がると電流を流すという実験を
何代かにわたって体験させると、ついには右に曲がらないマウスが
生まれてくるらしい。
恐怖とは危険学習だから、子孫を危険にさらさないために
その記憶をDNAレベルで次世代に伝えた可能性は高いね。

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:19
  ∧_∧ <モレハミノガサンゾ
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >_∧∩
  _/し' //. V`Д´)/
 (_フ彡        / ←>>143






158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:27
>>155
仲間だ(w
オカ板的には前世の記憶って事にしたら、
楽しいかもしれないけどね。
漏れの場合は場所をしっかり覚えてるんだよねー。

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 21:30
あ、傷痕無いのか。じゃぁ、違うのか。

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/24 22:16
氷河期が終わるときに局地的に起きた大洪水の記憶が、現代の世界中にある洪水伝説の元だって
いった心理学者もいたけど、あんがい合ってるのかもね。

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 07:07
>>160
なんで心理学者が

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 08:39
小学生の時に近くに大きな道路を作る為工事をしてたんだけど、その工事現場
に25メートルプール位の大きさで子供の胸くらいまで水が溜まってて
近所の子供達で毎日楽しく泳いだ記憶がある。かなり楽しい思い出だったんだけど
大人になって母親と弟に「あの時凄く楽しかったよね!」て言ったら「何それ。
そんな事知らない。」と気味悪がられた。よく考えてみると危ない工事現場で
そんな風に遊ばせてくれる訳ないんだよね。子供の時の妄想が本当の記憶みたいに
なってしまったのかな・・?でも、かなり鮮明に覚えてるんだけど。


163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 13:46
>>141
龍をみたのは昼ですごい晴れていた時だったです。
でも夜はものすごいザーザーぶりの雨だった記憶が。。。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 14:11
>>151
インド人もびっくり

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 16:34
>>162
プールに行った時の記憶とごっちゃになってるよ。

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 17:30
子供の頃、父に知らない人のところへ連れて行かれた。
ここで待っているように、といわれ、その家の子と遊んだ。

帰りに知らないおばさんがお菓子をくれ、父は、この事は、内緒だよと言った。

167 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/25 18:23
不倫

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 23:26
俺の記憶は
子供の頃といっても幼稚園に行く前かも。そのころ家でミシンを買うことになり
セールスレディからミシンを買うことになった。しかし値段があまりにも高いため
断ろうとすると上司を連れてきて「もう契約したからだめ」ってことになった
それで起こった父がセールスレディが来る日に会社を休んで契約書はびりびりに
破くし怒鳴りちらし、挙句に上司を呼び出しボコボコに・・・
って記憶があるんだけど、母はそんなこと無かった。ミシンはちゃんと納得して
買ったし、父がそんなことするはずないと言い張る。でも覚えてるんだよ
ちゃんとね  

169 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 23:30
人の記憶ってのはかなりいいかげんなもんだよ。
たぶん、
お父さんへの何かしらの恐怖の念+セールスレディがミシンを売りに来て驚いたこと
=168のその記憶になってんじゃないの?


170 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/25 23:55
小学校くらいまでは栞が不用だった
読みさしの本は開けば必ずそのページがさっきまで読んでたページだった。
国語辞典や漢和辞典も開いたページに探していることばが載っていた。

中学、高校とだんだんそういうことができなくなり、今じゃまったくできなくなった

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 03:47
そういえばオレも中学ぐらいまでは辞書を開くとそのページに探してる言葉
が載ってた。そのせいでみんなに驚かれてた記憶もある。
なんだったんだろう・・・。

あとクダらないことだけど「よし、今からジャンケンに負けないぞ」って、
1人を相手にジャンケンで20連勝した。そのあとも負ける気がしなかった
んだけど、気持ち悪くなってやめた。

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 07:19
ファミコンの「夢工場ドキドキパニック」ってゲームで、
1面クリアするごとにスロットマシンがあるんだけど、
それで30回位連続で揃えて1UPしまくってしまいました。
こんな所で運を浪費してしまったのかなあ。

でもなんとか生きてるから、いいか。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 07:42
おはよう

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 07:51
田んぼで遊んでたら白い蛇が足元で止まりジーと見つめてまた来た道戻っていった。顔は絵に書いたようなこわもての龍だった。何故か怖くなかった

175 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/26 07:53
>>172
バグってたんじゃない?
ttp://www.fm8283.sakura.ne.jp/uranai/i/luck/do.html
↑これでも試してみたら

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 07:59
>>174
なんか、淡々とした文章と相まって、いいね。
新耳みたい。

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 11:41
小さいころ、漫画とか本の端っこをちぎって食べるクセがあった。友達も同じクセがあり、
しかもその子は髪の毛も食べるクセがあった。私はそれを見て「紙食べるのも仲間いるから
髪も常識なんだな」とちびりちびり食べるようになった。ある日歯につまってる大量の髪を
親に見つかり、さんざん怒られた。けど盲腸とかにはなってないな。髪の毛って消化するのかな。

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 12:27
このての話とはちがうかもしれんけど、
教室内で、おまえのことすごくむかつく、といわれた。
その相手というのは、1度も会話したことない人。
生活上になにも接点のない人だった。



179 :NIGHT SLASH CHEETOR ◆k9CW6avhEQ :03/04/26 13:18
AGE

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 16:37
まあ、怖い話しでもなんでもないんだが、チョト不思議

小学生一、二年のころだと思うけど
自転車を買ってもらって、乗る練習をしていた時のこと
その日は雨が降っていて親に「自転車の練習がしたい」と言っても無視されまくった
んで、やけになって一人で雨の中飛び出してずぶ濡れになりながら自転車に乗る練習をしていたんだが
いつの間にか目の前に傘を差した女の人が立ってた
その人はずーっとニコニコしながらこっちをみてたんだけど
ふと気付くと(確かに近所の空き地にいたはずなのに)何故か自分の家の玄関前に立ってた
服はずぶ濡れだったけど練習中にこけた時についたすり傷とかが消えてた
親に話そうとしたけど女の人に会ってからの記憶が全くないし、どういえばイイのかわからなかった
んで、そのまま年を重ねるうちに忘れちまってた

しかし、今でもこの出来事思い出すと不思議と心が安心したりする
これが、初恋というやつだろうか・・・・・


181 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 16:47
ちゃう

182 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 16:54
>177
しない、未消化のままンコと一緒に排出されます。

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 17:07
消防の頃の記憶。
家族で母方の祖母の家に行った帰りに、街灯も無い所を車で走っていた時、
小高い丘みたいになってる所にある、サイクリングロードの辺りに
蛍光イエローみたいな色で、光ってる交通安全の旗みたいなのがあった。
(あんな所に旗なんてあったかな〜。つか、周り真っ暗だし、
 車のライトも当たって無いし、何で見えるんだろう…)
と不思議に思いながら見てると、フッと旗が消えた。
その近くを通り過ぎる時まで、ジッと見ていたが何もなかった。
次の日、用事があってまた祖母の家に行ったんだけど、
明るい中で見ても何も無かった。
旗の幽霊なんて聞いた事ないし、何だったんだろう…

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 17:50
オカルトとかそういうのじゃないんだが、父と電気店だかどっかの店に
行ったとき、「すぐ戻るから待ってろ」みたいなこと言われて車の中で待ってた。
少し待ってたらいきなり変なオッサンが運転席に乗ってきて車を発進させようとした。
俺はポカーンとしてたら車が走り出す寸前で父が勢いよく走ってきてそのオッサン
となんかもめてた。何だったんだ、あのオッサン・・・・
誘拐未遂か・・・?

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:06
小さいころ、家で飼っていた犬が狂犬病にかかった。
近所のおまわりさんが来て犬を射殺した。
よだれを垂らして警官に向かって吼えている犬に向かって、警官は至近距離から
まっすぐに腕を伸ばして犬の眉間に照準を合わせていた。
「危ないから下がってなさい」と母親に言われた。
高校生ぐらいの頃、母親にその話をすると、「何言ってんの。 そんな事なかった」
と言われた。
母親は狂犬病の犬がいた事を恥ずかしがって嘘をついていると思っていたが、
夢かもしれないとも思う。
なんか不思議な記憶だ。

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:22
拳銃うつかな?

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:30
>>185
おまわりさんって拳銃持ってたっけ?
普通に考えたら警官より保健所がくるはずだし。
夢じゃない?愛犬を心配してそんな夢見たとか。

188 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:35
残りの111087ラッキーで入手できるのは、たとえば次のような幸運です。

・100歳まで生きられる(47767ラッキー)
・高木ブーと握手できる(14441ラッキー)
・おみくじで大吉が出る(1110ラッキー)


189 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:36
高木ブー高すぎー

190 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:44
>>183
狸ががんばって蛍光イエローの旗に化けてみた、というのはどうでしょう?

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:51
>>185
いくらなんでも自分ちで犬を飼ってたかなんてのは
記憶に残っているのでは?
警官は拳銃は持ってるだろうけど犬ごときに発砲はできないでしょ。

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 18:59
>>185
あれじゃないすっか?バイオハザードやりすぎ

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 19:06
>>185
何年前の話? 狂犬病って日本では何十年も発生していないんじゃ
なかったっけ?

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 19:09
 ∧_∧ <モレハミノガサンゾ
  ( ・∀・)   | | ガッ
 と    )    | |
   Y /ノ    人
    / )    <  >_∧∩
  _/し' //. V^Д^)/
 (_フ彡        / ←>>105-106


195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/26 19:20
>>194
山崎の宣伝おつかれさま。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 00:51
>>177
あー、自分だけじゃなかったんだ、マンガ本の端ちぎって食べるの…
別にうまいわけじゃないんだけど何故か読んでると食べちゃうんだよな。
どう考えても体に悪いけど。


197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 01:34
鉛筆はかじったけどな。
芯の鉛部分がひんやりしててうまいんだ

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 01:48
匂いつき消しゴム
各種ペットのエサ
青以外の絵の具
スポンジ

199 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 01:56
>>198
習字の墨や粘土モナ

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 01:59
>>185
狂犬病って人間にも感染する死亡率100%の怖い病気なんだよね・・

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:14
生まれたころ、指が6本あった記憶がある。
親に聞くとそんなこと無いって、言うけど、
眠りにつくとき、たまに、6本目の指の感覚がある。
時々、びっくりして、目がさめる。

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:20
六本指の人は結構多いらしいよ。
赤ん坊の時に手術して取っちゃったのかも。

203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:20
>>201
【コレは】 気がついたら手が増えてる 【ナニ?】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1046213294/l50

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:23
竹やぶから偶然出てきた鹿を撮影した、アマチュアカメラマンの叔父。
同行していた俺は、ヌッと出てきた鹿に感動して興奮しました。
ある日、家族で叔父の家に遊びに行ったときに、その写真を見つけました。
子供ながらに撮影当時の思い出を語る俺。
でも、母と叔父は無邪気に語る俺に、こう言ったのです。

「○○くん(俺のこと)、この時まだ生まれてなかったよ」

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:25
俺の実家は駅前の通りとバイパスが通る前の国道の交差点にあって交通量も多いんだけど、
そこで交通事故にあった車の運転席に何故か入り込んで座ってしまった(運転者が運び出された後)。
で、ドアを開けて出ようとすると手にべっとりとした感触が。右手が血で真っ赤になってた。

別にその経験がトラウマになってるとかそういう事ではないけど、なんでそういう行動をしたか未だに謎。

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:26
>>204
それは記憶の後付けかと。
小さい頃から何度も繰り返し同じ昔話を聞いてたから
そのシーンをあたかも自分が体験したものと記憶が誤認してるだけだよ

207 :204:03/04/27 02:32
>>206
そうだといいんだけどね。それはそれで納得できるし。
でも「小さい頃から」というけど、「まだ生まれてない」と
言われた時点でまだ6歳くらいだったし・・。
叔父の家には写真なんて何百枚もあったし・・・。

いや、あまりにもリアルな記憶だったもので。
くどくてごめんね。おやすみ。

208 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:40
>>204
その撮影より後に・・つまり>>204が生まれた後に似たような状況を体験したとか?
叔父さんってよく撮影に行かれてたんでしょ?

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 02:54
子供の頃というか・・・・

物心ついた時から 記憶の中の一つに 白黒の壁に人が一杯集まってて
俺はちょっと高い位置からそれを見ているっていう1シーンだけの記憶があった

しばらく それがなんなのかわからなかったんだけど
お袋と話しててそれが判った

俺が2歳位の時 親戚の葬式に連れていった事があって
俺は誰かに抱かれた状態でその1シーンを 写真のように記憶したらしい

ほかの記憶が少なくとも4,5歳辺りなのに比べると
なんでまた そんなシーン(だけ)覚えてるもんだと 今でも不思議だったりする。

俺の最初の記憶が葬式はねぇよなぁ(;´Д`)


210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 03:23
>>116 亀レスですが、それは夜間点滅式の信号だと思いますよ。交通量が少ない夜は十字路の場合、幹線の道の方が黄色の点滅、脇道の方が赤色の点滅となるところがあります。

211 :210:03/04/27 03:28
スマン、赤も見てたんですよね。まあ、黄色が一番目立つからそれに反応して見たというのも考えられますな。くどくて申し訳ないです。

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:17
小学校1,2年ぐらいだったと思うが
プールに連れて行ってもらった時の帰り
更衣室を出てふと金網の向こうの草むらに目をやると
そこに「なにか」があった・・・

「なにか」が何なのかさっぱり思い出せないんだが
そうとうショックを受けて、帰りの車の中でずっと泣いてた
その日の夜は一人で寝られずに親の布団で寝た
でも、夜の時点では何を見たのかはすでに忘れていた
子供の頭では、それが何なのかということも理解できなかったんだと思う
とにかく見てはいけないものを見たっていう恐怖だけで、眠るまでずっと泣いてた

記憶を忘れるぐらいショックなものだったのか
俺は一体何を見たんだろう・・・?すごく気になる

213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:21
記憶の遺伝で思い出したけど
よく臓器移植とかでドナーの記憶が移植された人の中で蘇るって話あるよね
記憶細胞が脳にだけあるのではなく心臓などの重要な臓器にも
記憶細胞がある、みたいなのをなんかの番組で見た記憶がある

ちょとスレ違いなのでsage

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:23
ある日夢でアイスクリームを食べている夢を見たことがあった。
そして朝起きたら、枕もとに小さなアイスクリームをかたどった消しゴムが一個…
親が誕生日プレゼントで買ってきたらしい。そんだけ。

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:26
家の中で、家族のでもお客さん(なんていなかったけど)のでもない
「足」を見ました。
何気なくふりかえったドアの向こうに、すうっと白い「足」が見えたんだけど
その筋肉質といい、白さといい、絶対生きてる人間のものじゃないと思えて
急に悲鳴を上げました。
二階からすぐ母親が下りてきたけど、怖くて何もいえなかった。
(因みに、そのとき、家にいたのは母と私と父だけ。両親とも階上にいて
私が「足」を見た廊下には誰もいなかったはず)

216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:28
やだな、なんかこないだ観た「呪怨」思い出した>>215

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:31
>>212


218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 04:42
ずばり君の失われた記憶は、野犬が猫を食っていた、だ。
俺は君だから分かる

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 11:15
幼稚園の頃、何気にトイレに入ったらパパンとママンがいた。
不思議な事に、ママンが和式便座にしゃがんで、その後ろにパパンが
ティンポを出して立っていた。
漏れはてっきりママンが糞タレてる隙間からパパンが小便してるのかと
オモータが、大人になった今思うと、あの行為はどー考えても排泄の為とは
思えない。
当時、そのことを聞くとパパンもママンも全力でとぼけた振りをしていたが、
その後漏れがそのトイレに落ちて忘れられない思い出深い場所となった。

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 11:20
消防の頃、帰宅時にいつものようにぼ〜っと道の端を歩いてた。
で、下水を眺めながら歩いたりしてた。
ふと見ると変なカタマリを見つけた。生き物らしい。
友達も一緒にいたので木の枝で突付いてみようということに。
で。。。。

どどどどどど〜〜〜、っといきなり走りだし、
そこの下水に面した家の、生活用水が流れてくるところに入っていった。。。

胴周りが20cmくらいのトカゲ(みたいな爬虫類)だったので、未知の生き物かと思いますた。

221 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 11:20
>>219
仲良しな良いご夫婦じゃないか。
親孝行しろよボーズ!

222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 11:28
>>220
お前それツチノコ・・・
色とか形状とか詳しく報告すれ。

223 :竹内 ◆/mycdNfRlc :03/04/27 11:46
赤ん房の頃の記憶。
自分は母親にオムツ換えされていた。するとオムツの中に潜んでいたウ○コに足が生えた。
ウ○コは長い足でそこらじゅうを走り回る。そこで記憶は途切れている。

消防になって母親のこの事を言ったが笑い飛ばされた。

224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 12:17
一番最初の記憶。
公園で、
「ん?こないだまで赤ちゃんだったけど、昨日の記憶すらないぞ?」
と考えている幼稚園あがる前の私。

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 12:18
少年時代、親父と良く川原にラジコンを見に行った。
ある日、帽子みたいな形でのっぺりとしたUFO型の
ラジコンを持ったお兄さんがいた。
その円盤は川原を滑走して空に舞い上がった。
漏れは大喜びして追いかけたが、後日親父に聞いても
そんなモノは見た事も聞いたことも無いという。
でも確かに親父と一緒に見たし、その形も、中から
エンジン音が聞こえたのも、着陸の時に底を擦った音も
鮮明に覚えている。
一体あのラジコンは何だったんだろう…


226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 12:19
>>223
(・∀・)イイ!!

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 12:48
小学生のころ、鎌倉の源平池で1mくらいの大きさのスッポンを見ました。
場所は平家池の島の南側で、そのスッポンは対岸を見つめるようにいましたが
私の気配に気づいたのか大きな音をたてて池へと消えさってしまいました。

いま考えれば丘に上がったスッポンがあんなに速く逃げれるのかとか気になる点もありますが、
普通のスッポンや亀が池に飛び込んであれだけの大きな音がするとは思えません。
いまでは私だけの真実としてこのような場所だけで話させてもらっています。

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 13:00
俺が幼児の頃。場所は東京、多摩地区。
親父と買い物してたらさ、空にぽっかりUFOが浮かんでるわけだ。
はっきり見えた。斜めに傾いてる状態で。
商店街だったから町の人もみな騒いでた。親父もよく覚えてる。
でも写真とか記録が残ってないんだよなあ。1979年の秋頃、かな?
どこかのサイトで調べられないもんかなあ?

229 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 13:01
小さいころ"芸術の森"っていう森の中に彫刻・美術作品がおいてある施設に行ったとき。
ふと足を止めたとき妙に変な形の枝を見つけて、ばあちゃんにそのことを言った途端
その周りよりひとまわりでかい枝が尺取虫のように動いた。長さ4〜50cmはあって俺は
飛ぶように逃げた。あれはなんだったんだろう…


230 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/27 13:20
>>229
そりゃナナフシっていう虫だよ。
日本にいるのか知らんけど、テレビで何度かみたいことある。
東南アジアの方にいけばそのサイズのがうじゃうじゃいるそうだ。

231 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 13:35
ナナフシのことならまかせとけ!!!
繁殖させるためにわざわざナナフシのエサのキイチゴの木を大量に植えたからね!!
今家には3世代目の卵が・・・
でも4、50cmはすごいなぁ。たしかにですか?>>>229

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 13:46
俺にも記憶というか、今でも時々起こる変な現象がある。

どこからか、ズンッズンッズンっという音が聞こえてきて、それがだんだん大きくなる。
音量が上がるというよりも、明らかに音源が近づいてくる感じ。
そして何か得たいの知れない物が部屋中を埋め尽くし、色んな音や声(?のようなもの)
が聞こえ、一時パニック状態になる。
その部屋を埋め尽くしていく物は色々で、時にはピアノといった形のハッキリした物の
場合、時には形や大きさのハッキリしない球状の色とりどりの物体の事もある。

そんな俺は、子供の頃は勉強もでき、物事の理解も人より早く、とにかく頭の回転が
はやくて、どう考えても同年代の友達とは違っていた。
しかし同時に上に書いたような現象や、あと強烈な偏頭痛をもっていた。
大人になり、仕事をはじめても、人から「天才」と呼ばれ、もてはやされた。

ところが最近の俺は極端に集中力が落ち、何をやるにもうまくいかず、パニックになる
事も増え、生まれて初めて円形脱毛症になり、今無職でひきこもってる。
これが鬱病なのか、何かの精神病なのかはわからないが、とにかく正常な脳、精神
状態ではないことを、ようやく最近理解しはじめた。
そんな俺は今の自分を脳の欠陥のせいにしている・・・。

233 :室長:03/04/27 13:46
消防四年のとき
阪急桂駅(当時ウチの最寄駅)嵐山線ホームに東京の中央特快が止まっていた、、、気がするんだが、、、
夢に決まっているのだが、どうしても夢に思えない、、、
信じるか信じないかは藻前らの自由( ̄ー ̄)

234 :229:03/04/27 13:54
うん。はじめ自分が小さかったから10cmくらいのが大きく見えたのかなぁと思って
ばあちゃんに聞いたら、ばあちゃんもその事覚えてた。たしかにそのくらい長かったって。


235 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:22
>>232
医者行って来い。脳受容体の過敏症だ。
最近ようやく研究が進んでる様なんで
勉強してる医者でもなきゃ相手にされないだろうが

まあ心配しなくても霊能者でも選ばれた人間でもない。
単なる病人。

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:30
5〜6才の頃、森の中に入って遊ぶのが好きだった
遊び場の森に入るにはフェンスをよじ登って行くのだが
ある日遊びに行こうとしたらフェンスの向こうに
2M近いトカゲがいた。ワニじゃなくトカゲ
ワニがいても確かに驚愕だが間違いなくトカゲだった。
見つけた時フェンスを挟んでしばらく対峙していたのだが、
突然森の中に逃げ込んでいった。それから怖くて森の中に入れなくなった

その当時、親や友達にこの事を話しても誰も信じてくれなくて
結局俺の見間違いという事になったんだが、今でもあの森には
巨大トカゲがいると信じている。もしかして大量に繁殖しているかも知れない

237 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:41
消防の時、近所のアパートの屋上にある給水タンクの上に登って一人で遊んでいた時のこと。
何か物音がするので、下を見ると、ゴリラがワッサワッサと体を揺すりながら給水タンクのハシゴを、
登って来た。ビックリして、慌てて反対のハシゴから降りて家に一目散に逃げ帰った。
母親に話しても信じてもらえず、パトカーとか来て騒ぎになるんじゃないかと、思ったが騒ぎにももならず、
テレビのニュースでもそんなニュースはなく、あのゴリラはどうしたのだろうと、不思議だった。

238 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:42
>>233
それって中古を貰い受けたんじゃないの?
昔の南武線にはよく中央線の車両が走ってた。

239 :メージロウ井上:03/04/27 14:51
ちわーす!今は荒らす気はないのでよろしく!!
そういえばナナフシって40〜50まで行くっけ?
俺の知ってるでかいナナフシはパプアニューギニアのニューギニアナナフシくらいなんだが・・・180mmなんだが・・・

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:53
>>239
ひらめいた!










交尾中だったとか

241 :メージロウ井上:03/04/27 14:56
>>240
交尾中だったとしても180mm(♀)とそれより小さいオスが重なり部分をカマキリと同じ長さにすると
たったの200mmだ。
無理がある

242 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:56
>>240
ナナフシの交尾がどんなもんか知らないがありそうだな。。。

#子供の頃のおかしな記憶ってのは大事にしたいのう。。。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 14:58
>>241
まぁ、多少以上の無理があるからこそ「変な記憶」なんですなあ。
真偽のほどは二の次として頂けませぬか?

244 :メージロウ井上:03/04/27 15:00
>>243
まあ頂かせてやるか

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:04
子供のころってなぜか巨大生物とかの目撃をするってことがあるみたいね

だれだっけか忘れたけどタレントが「子供の頃川で1mはあるイカを見た」って
いってたね。よくわかんないはなしだよね

でもまあかくいうアタクシもへんなの見てるけど・・・・
ヤママユガっているじゃないですか、本州最大の蛾。
あれを食ってる蜘蛛見たんだよな。

蜘蛛のが大きかった・・・・・


246 :メージロウ井上:03/04/27 15:10
蜘蛛って古臭い地方だと守り神として殺されないんだって

247 :メージロウ井上:03/04/27 15:12
>>245
それ小さい
北太平洋のやや深いところにミズダコという3mくらいのタコがいます

248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:12
おまいら、虫スレになりかけてますよ?

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:16
>>247
ずっと読んでてこのひとなにがしたいのかわからないんだけど

「日本の川」に「1mのイカ」ってのが変な記憶だから書いたんで、
大きさでいったらタコなどださずともダイオウイカとかいるじゃないか

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:21
ヒマだから荒らしたいんだろ?そっとしとけよ

251 :メージロウ井上:03/04/27 15:22
>>249
日本の川でありえるのは深くて近くに森のある場所。
鳥がたまにイカを捕まえて落とす事もありえる
ついでに大王イカは生きてる姿が見つかっていないのでおそらくは死んだイカのなにかの現象だろうとも少数の人間に言われている

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:25
>>250
そうみたいね
ほかのスレでも書きちらかしてはいるが、相手にされてないみたいだ
放置しよう

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:29
で、蜘蛛の話にもどすと
蜘蛛の巣も相応に大きかった

友人とともに目撃したんだが、「鳥くらいならかかりそうだ」
なんて会話した記憶あり

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:30
>>245
http://www.cyberoz.net/city/sekine/zukan410.htm
うちにも一時期2,3引き住み着いてたんだが居なくなっちゃったな

あ、蜘蛛は昆虫じゃないから。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:41
なんとなく記憶に残っている、
ムック(赤いもじゃもじゃしたやつ)が頭のプロペラで飛んでいる風景はただの夢だったのだろうか。

256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 15:55
>>255
いや、飛んだのミドリの方。
飛ばせてくれたのは元赤い国だけどな。

257 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 16:24
小学校に上がる前、なにかの理由で親に怒られている途中。
見ちゃったんです。大きさは亀くらいで、毛が生えたもの廊下を通っていくのを。
あまりの私の驚きに説教中断。あとを追っていってももう既に姿はありませんでした。
そのばにいた妹も目撃していて、今でも鮮明に覚えています。
まっくろくろすけは本当にいると思っていますた。

258 :相沢祐一井上:03/04/27 16:28
>>250
>>252
逝ってよし!氏んでよし!馬鹿野朗!

259 :相沢祐一井上:03/04/27 16:30
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!

260 :ネオ麦茶:03/04/27 16:31
ここ荒れてるな・・・
さてと・・・西武鉄道でもバスジャックしてこようかな

261 :メージロウ井上:03/04/27 16:34
すみません。荒らしてしまいました。
実は僕は二重人格なのです。荒らしてるのが闇の井上で
正気なのが光の井上です。
どうか誰か友達になってください。


262 :メージロウ井上:03/04/27 16:34
ネオ麦茶も逝ってよし!!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!

263 :メージロウ井上:03/04/27 16:35
>>261
偽者野郎も逝ってよし!!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!


264 :メージロウ井上:03/04/27 16:36
名無し野郎も逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!

265 :メージロウ井上:03/04/27 16:37
ネオ麦茶がでたということは・・・
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
キャットキラーも逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!

266 :メージロウ井上:03/04/27 16:38
コテハン野郎も逝ってよし〜!!!!!!!!!!!

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 16:39
ガキのころ海でシュノーケリングしてたら、
海底が全身が白いダルマで埋め尽くされてた。
なんか怖くて誰にも話せなかった。

268 :メージロウ井上:03/04/27 16:39
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!







ホモ野郎も逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!

269 :メージロウ井上:03/04/27 16:40
このスレッドにカキコするやつらも逝ってよし!!

270 :メージロウ井上:03/04/27 16:40
ついでにブッシュも逝ってよし

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 16:42
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!
逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!







メージロウ井上 逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!逝ってよし!


272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 16:51
結局荒らすのかよ。
アク禁に気をつけろよ。


273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 16:52
荒らしてんじゃネーよ

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 16:56
>>267
クラゲ。

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:12
>>223
足が生えたにワロタ

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 17:52
田嶋陽子がチョコくれた。

幼い頃ではないが。

277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 18:10
小学生の頃に住んでいた所には、家から歩いて15分くらいの所にすごく大きな墓園があり、
近所の子供たちの格好の遊び場所になっていて、みんなでよくそこで遊んでいました。

で、ある日、友達と2人で遊んでいると、お墓が立っている横の空き地の所に、
何か肌色の物体が半分土に埋まっているのを見つけました。
好奇心に駆られて近づいてみると、
それはお肉屋さんなどでぶら下げられている肉の塊のように見えました。
肌色なんだけど、なんか紫っぽいっていうか、毛細血管が見えるっていうか・・・。
大きさや形状は大人の男の人の腹部みたいな感じでした。
半分は肌色で、もう半分は赤くてグチャグチャドロドロした状態で埋まっていました。
赤い部分はものすごく綺麗な朱色をしていました。
友達が棒で突付いて「ゲー、グチャグチャ、気持ち悪ィ!」と言ったのを合図に、
恐怖が極限に達してみんなで叫んで逃げ出しました。

家に帰ってから母親に、墓園で変なものを見た! 死体かもしれない!と訴えたのですが、
取り合ってもらえず、死体ハケーン!なんて騒ぎになったらどうしよう?なんていう俺の心配をよそに
その後何の騒ぎも町は平穏そのものでした。
ちなみに、ものすごく怖かったので、変なものを見た以降はみんな墓園で遊ばないようになりました。

で、あれから10年以上経ったんだけど、今思い返してみてある事に気付きました。
俺はずっとあれは何か死体で、赤いのは血だと信じていたんだけど、
血ってすぐ固まるし色が黒ずみますよね? 
あんなにドロドログチョグチョのままで、しかもあんなに綺麗な朱色って事はありえない・・・。

そう思うと、あれが何だったのか余計分からなくなってしまいました。
何だったんだろ??
当時の一緒だったみんなは覚えてるかな?
中学に上がる前に引っ越してしまったから、確認できないのが残念です。

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 18:37
数年前の話だけどさ、『デビルメイクライ』ってゲームしってる?
それの発売数ヶ月前なんだけどさ、そのゲームのエンディングがCM見てたら
わかったんだよね

これって何よ?

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 18:42
>>212
ドッペルゲンガーを見てしまったとか。

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 18:48
消防のころ、2ちゃんに立てれるスレッドは
一生で99個?だとか聞いて
スレ立てるのをがまんしていいスレしかたてないようにしてた。

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 18:58
消防が2chか。おめでてーな

282 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 19:00
ネタっしょ

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 20:21
小学1年の頃通学路に土建屋の資材置き場兼事務所があった。
ある日午後2時ごろ帰っていると1台の大型トラックがバックで資材置き場に入ろうとしている。
私は資材置き場の入り口付近にいたのだがトラックは全く気づかない。
あっ、と思ったら目の前真っ暗。
一瞬頭上をトラックが通った気もしたがよく覚えていない。
次の瞬間私は道に前のめりで倒れていてトラックは資材置き場に入っている。
私は膝を擦りむき、泣きながら家に帰った。
家族にも話したが、ただ転んだだけだと思っているようだった。
今でもただ転んだだけのか、地面とトラックのすき間に倒れていたかは分らない。
でもランドセルの一番外側に入れていた鉛筆は折れていた。
因みにその土建屋は長男が連続婦女暴行で逮捕され、その後潰れたはずだ。

284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 21:21
小学生か幼稚園生のころ、
よく家の前にできた雪山でソリ滑りをしていた。
(札幌の冬っていうのはこれくらいしか遊ぶことなくてね)
んでその日も雪山を滑っては登り、滑ってはまた登り…と延々ひとりで繰り返していた。

この雪山、家の前の道路につくられたものだった。
せまい道路だし、車もほとんど通ることがなかったのでよく遊んでいた。
大して高くもないし、滑る距離もかなり短かったのに飽きずにw
てっぺんまで登って、ソリに乗って、ソリのヒモを手にとって―
ヒモを持ったらソリはもう止まらない。
あとは徐々に速度が出て滑るだけ…すると右のほうから黒い車が!
やばい!この距離だと車とぶつかる!
そう思った瞬間目の前はまっくらになり、激しい音だけが耳に届く。


気づくと道路の真ん中に倒れていた。
腹部(特に横っ腹)がとても痛く、起きあがれない。
がんばって這って家の前に辿り着く。
しかしここで子供ながらに考えてしまう。
(もしお母さんにこのことがバレたら絶対に怒られる。
 それに病院につれてかれて注射されたり、お腹切られてしまう。)
そう思うとこの状態で家に入るとまずい(母がいるから)と思い、
家の前でしばし状態の回復を待つ。

その後の記憶は曖昧だったんだが1週間は痛みが続いた。


時が経ち、記憶が薄れるにつれ、あれは夢だったんじゃないかと思ってくる。
でも決定的な証拠がある。
その後俺の近所にある家族が引っ越してきた。
そう、その家族の乗る車こそ、俺が轢かれた(ぶつかった?)車なのだ。

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 21:34
小学三年の春
近所のどぶ川の近くを歩いていたら、高さ70センチ、花の直径20センチほどの
巨大なタンポポを見つけた
このどぶ川は、近くの学校から危険な薬品が流れているとの噂があり、
そのせいで巨大化したのかな?と思った
しかし、その場を立ち去ってしばらくしてから同じ所に戻ってみると
そんなタンポポはどこにもなく、そこにはちょっと背が高めの
普通のタンポポがあるだけだった

今にして思えば、単なる記憶のすり替わりなんだと思うが・・・

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 21:37
ガキの頃、同じ夢を見つづけてた時期があったなぁ…

自分は周りがまっ黄色な丸い空間にいて、真ん中にすんごく大きい建物があるんだよ。
その建物を見てるとすごく自分が小さく感じて、不思議な感覚に囚われてた。
それで、その建物の近くで誰かとジャンケンをするんだけど、
「絶対に負けちゃいけない」って気持ちになるのよ。
負けたら取り返しのつかないことになる、ってイメージが強く印象に残ってる。
いつもジャンケンする前に目が覚めちゃってたんだけどね…

何かのメッセージだったのかなぁ…

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 21:58
小学校の頃、よく体育館で急に顔のあたりが熱くなることがあった

自分が発熱してるのではなく、顔の周りになにか高温の気体の固まりが
ちょうどかすめるような感じで。




288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:03
15年位前、ガシャみたいなので、おっきい自販機でコスモスってあったじゃん、おもちゃが出てくるやつ。

アレの武器シリーズみたいなのやったら、
パッケージは武器の絵が描いてあんだけど中身が心霊写真だった。

浴衣を着たおっさんを下から移したアングルでその部屋の天井の隅に顔の塊が映ってた。
ビビッてドブ板の隙間にねじ込んで走って帰った。今でも脳裏に焼きついてる。

289 :ヨーダ ◆3Yix5UnzdM :03/04/27 22:04
最近、無性になにかをしゃべりたくなった
それは日本語でもなく無論英語でもない。
以前TVにあったような、宇宙人語みたいな言葉を永遠と口から発する。
コンコンと言葉が次から次と湧き出し、自分でも意味が分からない。
ただ無性にその変な言葉を発していた。今そのような症状はでていないけど
なんだったんだろう。


290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:23
日本海で北朝鮮の工作船というか
水中スクーターらしきものを見た事がある。
最初はネッシーか?なんて友達と笑っていたが、どうみても
あれは潜水艦についてるようなスコープの形をしていたような気がする。
実際その付近で、川原に埋められた状態の水中スクーターも発見されてる。
ヘたすりゃ拉致られてたんじゃねーかなぁ・・・と思うこの頃

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:33
>>288
あったね〜
心霊写真の入っているガシャ。
製造業者にインタビューするのテレビで見たよ。普通のおもちゃも
扱っていたからどこかで混ざったんじゃないかな。
ちなみに「お払いしています」て言って、近所の神社の賽銭箱に
十円入れて拝んでいたよ。

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:33
子供の頃、ケツの穴から白いねばねばしたものが出てきたんだが、
パンツについたそのゲル状の物を親に見せたら微妙な反応が返ってきた気がする。
子供ながらに、俺の体はどうなってんだ! すげえ、新人類か!?とか思ったがなぁ。

……して、あのゲル物体は何だったんだ?

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:36
>>288

稲川監修の心霊写真ガシャとかあったね
それよりも前にも似たのあったよ

なにかの加減でまぎれこんだのか、パッケージを間違えたのかも

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:37
>>292
精子に決まってんだろ、ぼけ。




と、嬉嬉としてレスする年じゃないんだよなぁ。もっと大人になろう。

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:38
>>292
近所に、ショタ趣味な半キチのおっつぁんとか居なかったか?

296 :292:03/04/27 22:38
いや、臭いは無かった気がするんだ。
見た目はそれそのものだった気もしないが。

297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:41
小学校1年の時、家を増築した。
そこで父親と弟と3人で初めて寝た夜、すごく遠いところから、下駄の音が聞こえた。
すごくはっきりと。すごくゆっくり、だけど近づいてくる。
家の前の坂を上がってきて、ウチの前で止まった。
たぶん十分くらい。一歩でもウチに入ってきたら、オヤジを起こそうとドキドキしてたら、
次の一歩は山の方に続く道を上って行って聞こえなくなった。
誰が見に来たのか、30過ぎた今でも怖い。

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:43
カラーンコローン カランコロンカラン
カラーンコローン カランコロンラン
おっばっけーの鬼太郎
たったっえーる虫たち

299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 22:44
えなり仙道part2
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1042130295/l50

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:03
小学校にあがる前のこと。
隣の家にTちゃんって女の子が住んでた。けっこうなかよかった。
同い年で、いっしょに小学校にあがるものと思ってた

でも、あるとき、突然一家がいなくなった
親に聞いたら引越ししたとしかいわない。

だけどTちゃんの家に警察や救急車が来てまわりが大騒ぎになった記憶もある。
救急車を前に親から「もうTちゃんにはあえないよ」と言われたような気もする。

みなさんの予想どおりの事実なのか、こっちが変な夢の記憶を作っちゃったのか
ちょっとわからない・・・・

301 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 23:07
Tちゃんに何が・・・

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:16
昔、小さい頃。
夜に予告もなく起きたら耳元で誰かが歌っていた。
夢かな?

303 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 23:18
夢でしょうね

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:25
>>300
Tちゃんがどうなったか今度親にあらためて聞いてみたら?
まあ知りたくないならいいんだけど。


305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:29
>>304
「引越しした」の一点ばりなのよ・・・・・
いろいろ考えるけどわかんない。
たとえばTちゃんの身になにかあったというのなら葬式とか病院見舞いとかあっても
おかしくないけど、その記憶はないし。

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:30
ウチは結構田舎で、消防の頃は蛇なんて珍しくなかった。そんなある日、
植木が沢山植わってる庭の奥のブロック塀沿いになにやら蛇らしきものが
横たわっているのをハケーンした。友達も一緒だったんだけど、あまりの
デカさに怖くて近寄れなくて、小石を投げても微動だにしないんで余計に
怖くなって逃げた。夕方ウチに戻ったらいなくなってた。腕くらいの太さ
のアオダイショウなら何度か見たことあったけど、アレは直径15センチ
くらいあったような気がする。今思い出してもコワイ。植木が邪魔して頭
とか全体の長さが確認できなかったのが残念。家の守り神だったのだろうか?


307 :ヨーダ ◆3Yix5UnzdM :03/04/27 23:32
>>305
自分の住んでいる図書館で当時の新聞をくまなく検索してみれ

308 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/04/27 23:33
>>306
ヅォンズー・・・

309 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 23:34
>>305
親を縛り上げてでも問い詰めれ!!

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:34
そんなに名前を売りたいのか?コテハンども。

311 :(@'ω'@) ◆9EROlg8skM :03/04/27 23:36
あらら、ホントだ。。失敬、自粛しまふ

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:45
ちっちゃいころ電話ボックスに1mくらいのセミが張り付いてたって記憶があるんだがかなりの確率で夢だな。
それとも誰かかでっかいセミの模型でも作ったのかな。

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:46
>>312
ついワラタ

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:47
>>305
人生には知らなくていいこともあると思うよ。
2ちゃん的にはその後のTちゃんが気になるだろうけど。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/27 23:53
レイプ殺人か・・・。
ご冥福を祈る。

316 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/04/28 00:06
>>305
おまえ本当に覚えてないのか・・・?いや、覚えてないのではなく、
おまえ自身が記憶を封印してしまったのだろう。まあ、あんな惨劇
6歳のおまえにはきつすぎるもんな。背負いきれないよな。わざとやっ
たんじゃないことはおれも知ってる。ただ事実は事実だ・・・。
忘れた方がおまえにとっては幸せだよ・・・。そのまま思い出さない
方がね・・・。

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:07
>>316
おまえキモい

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:08
小学校に上がるか上がらないかくらいの頃。
夜中(多分1時くらい)に母親に起こされて
トイレに行くのが日課だった。

ある日いつものように起こされると、様子が違い、
母親は興奮気味に「ちょっと来てみぃ」と言う。

当時、2階建てのアパート住まいで、よくある表にドアが
並んでいるタイプではなくて、中に入ると建物の真ん中を奥まで
廊下があり、その両側に各部屋のドアが並んでいるタイプで、
住んでいた2階は、その廊下の両端に窓があって、その窓に
連れて行かれた。

母親は窓から身を乗り出すようにして真上を見上げながら、
「見てみ」と言う。で、同じように窓から顔を出して見上げると、
アパートで半分遮られた空に、真上を丸く覆い隠すほどの赤い
何かがあった。「えぇっ!?」と、一気に目が覚めた。
まるで月が落ちてきたような、にしてはとても巨大で、
平板な感じだった。
「あれ何?」と母親に聞くと、「地球の影」と答えた。
その後、いつものようにトイレに行って寝た。

それからずっと、「そんな事があった」という、不思議な
というのではなく、経験の記憶があったが、さすがにある時
「あれは何だったんだ?」と気になりだして、10年以上して
母親に聞くと、「なんやそれ?」と言われた。

やぱりあれは夢か?


319 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/04/28 00:08
>>317
どういたしまして

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:09
昔住んでた家の寝室の天井にはいくつか足跡があった。
親に聞いたら家を作る時、大工さんが天井の部分になる材木の上を歩いてしまって
ついた後だって聞いた。
でも俺の記憶の中では天井を逆さに歩く人を見たって記憶がすげー鮮明に残ってる。
多分天井の足跡を見て自分で作った記憶なんだと思う。
小さいころってそうゆうふうに自分で記憶をつくれちゃうんだなと思った。






321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:09
ガキのころ、声を出そうとしてもかすれた「ァ〜・・」
出ないくらいの恐怖ってのを味わった覚えがあるんだけど
なんなのか全然思い出せない・・・

あと三歳くらいのときに三輪車で鉄条網に突っ込んで頬切ってるんだが、
その記憶がナゼか鉄条網に引っかかってる血まみれの俺を上から眺めてる図だったり・・・

んでも、結構記憶ってあいまいね。親父とお袋で言ってる事違うこと多々あるし・・・

322 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/04/28 00:10
>>318
たぶんアドバルーン

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:11
夜、寝てたら兄に、御前のハガキがジャンプに載ってたぞと起こされた
次の日ジャンプを見たらハガキが掲載されてた
しかし私に兄はいない

324 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:13
幼稚園のころの事、
友達と一緒に近所の橋を渡ってたら、顔中血だらけの婆さんが座ってた。
「大丈夫?」って聞いたら「救急車待ってるから平気だよ。」と言った。
それを当時不思議と思わず、橋を渡って向こう岸で友達と遊んで、
帰ってくる時、同じところにさっきの婆さんが今度は顔中包帯で座っていた。
一緒にいた友達も憶えてるから、夢ではないけど、何だったんだろう?

325 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/04/28 00:15
>>323
おまえ兄貴いるぞ?厳密にはそうなるはずであった人が・・・。

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:20
有名になろうとしてるのなら逆効果だぞ。空気君。
今日のところはもう寝なさい。

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:23
>>325
さっきからお前ウザイ。面白くない。

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:26
だからゴールデンウィークってやなんだよね
夜中まであほうが出てくる

そういやネオ麦もこの時期だったな・・・・・

329 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:32
>>325
つまらん。

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:33
記憶とうか体験だけど、
小学校低学年の頃、夜に、瞬きをしたら朝だった。
ってことが何回かあった。
眠気も夢も全くなかった状態。

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:34
>>330
俺もあった。
世界不思議発見を見て目をつぶって開けたら朝だった。

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 00:53
消防の時、クラスの真ん中で一番後ろの席だったんですが、
後ろのドアが開きっぱなしで授業が、行われていたんです。
私は不真面目だったんで、ぼんやりと開いたドアを見ていると、何かが通ったんです。
どうも、記憶にモザイクがかかっていて何だったのか思いだせない・・・
犬とかじゃ無かったと思うんだけど、ビックリしたのは確か。
授業中にもかかわらず、廊下に飛び出て確認したのですが、何もいませんでした。
友達もその時見たようなことを言ってたような気もするんですが、これも記憶がいまいち・・・

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:19
子供のころ、ふと起きたら左で母と弟が寝ていて
いつもは右側で寝ている親父はまだいなかった

で、その親父が寝る場所に手帳があって
なにかと思って開いてみたら、中には
「これを開いたらお化けがここにくる」とかいてあった
しまったと思った瞬間階段をどたどたどた!っと上がってくる音が
俺は急いで布団に潜りこみ母のところにくっついて寝たふりをした
ふすまが開いて何かが入ってくる気配がしたが振り向けなかった
そのまま苦心して寝た、無事だった

334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:20
幼稚園で、友人と喧嘩した時
自分の手が8本ほどに残像を引いた
1秒も持たず友人ダウン

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:20
こないだ何故かふと急によみがえった記憶
近所の6、7歳くらい年上の友達のお兄ちゃんに真っ暗にされた部屋でマソコ触られてたかも。
小学校低学年くらいの時。怖くなかったけど不思議だった。
そのお兄ちゃんはDQNで消息不明。ありえない話じゃないな。つうかオカルトじゃないな。

336 :ダヌル・ウェブスター:03/04/28 01:22
>335
いや、そういう話はOKですよ。

小学校高学年になって、自分で触るようになった話なんかも、OKです。

337 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:26
>>336 こら!
ではもうひとつ。
夜ふと目がさめたら頭の中からステレオで男の人のすごい低い声で
「♪玄関明けたら2分でごはん玄関明けたら2分でごはん…」の歌が延々聞こえてきた。
めちゃくちゃ怖かった。あの曲ちょっとトラウマ。


338 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:27
>>337
「開けたら」だった。スマソ。

339 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:29
真っ昼間に土星の様な輪のある星を見た事がある。
昼に見える月の様に白かった。

その時、親と親戚の人と一緒だったので、私が「土星だ!」と言っても
全く相手にされなかった。そりゃそーだわな。

それ以来、そんな星は一度も見た事が無いけれど
アレは一体、何を見たんだろうと思う。

340 :ダヌル・ウェブスター:03/04/28 01:29
>337
うん、そういうエッチな話大好きだ。

もっとないの?

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:30
>332 "何か"って前にもあったけど、分かんないところ含めて怖い。

342 :339:03/04/28 01:30
あ、何か自分だけ浮いている。
流れ無視してスマソ(W

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:36
>>340
小学校に入る前くらいのころ、近所の女の子とつるつるマソコを見せ合いした気がする。
友達は割れ目ぱっくりだったのに自分は前から見たら、割れ目見えなくてお尻みたいな形で嫌だった。
って思い切りスレ違いだし。あとはこっちでも見てな↓
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1049029542/


344 :ダヌル・ウェブスター:03/04/28 01:40
>343
こらっ、投げやりなレポートはあかんがな。

しょーがない、小学校高学年のエッチな話を書きなよ。

345 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:48
大学1年の夏休み、当時はなーんにもせんで日々ダラダラ過ごしてて曜日感覚も希薄。
そんななかいきなり高校んときの先輩に九州への旅に誘われた。車で高速使わずに行く旅だ。
広島の山の中走ってる辺りから、疲れでちょっと普通でなくなってたかもしんない。
先輩が急に平和公園見たいんだよなぁ、と言い出した。で、市内へ向かうが着いたときには
夜中。じゃ門の近くに車停めて中で朝まで寝るかと思ったら、どうも時間にしては騒がしい。
曜日感覚の希薄な二人。そのときようやく、その日が原爆記念日だって気付いた。
慌てて公園向かってみると凄い人手で、着いていくと灯籠流しが。感動して帰ったよ。
翌日、前から通ると約束していた、山口の俺の父親の故郷へ。町へ着く。ホント、ド田舎
だけどそれにしてもどの家にも誰もいない。最後に町はずれの菩提寺に行くと…
祖父の7回忌だった。母にも会った。そういえばそんなのに行く、って聞いてたような。
すっかり忘れてた。あっちが口々に言うのは、少しタイミングがズレてたら会えなかった
とのこと。お墓に行ってたらしい。…以上。と、いう偶然が2回続いたよってだけの話し。

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:54
>>344
ニフの買春チビ禿げ狂師(・∀・)カエレ!!

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 01:55
>>288>>291>>293
コスモスのガチャガチャって、それは普通のハンドルまわすタイプでなくて
後半の一時期だけあった100円入れて真ん中のでかいボタン押すと
四角い箱が出てくるタイプですか?心霊写真シリーズなんてあったかなあ・・?
でも稲川淳二だからやっぱり割と最近なのかな。
ちなみにあれって5円玉入れても100円と認識されて景品出てきましたね(w
それであっさり廃止になった、って噂を聞いた。

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:03
漏れが消防の時、福岡の悪名高い県知事?かなんかの自宅建てる為に近所の
盲学校潰す事になる話を聞いて、仲間4人で夜探検に行こうって事になったけど、
結局、探検自体は「夜の学校って怖いな〜」程度で何もなく終わりますた。
その直後に漏れ自身は関東に引っ越して、その後高校卒業前にふと思い立ち
福岡に里帰り旅行に。
その時、地元に残ってた探検仲間の一人と再会して思い出話したのね。
んで話が当時の盲学校探検の話になって「そういや一緒に行った、Nと秋山って元気?」
って聞いたら「Nは元気だけど秋山って誰よ?」と返答。
(゚Д゚)ハア!?と思い「だから4人で一緒に探検行ったろ?」と聞き返すも「あんとき行ったの
俺とお前とNの3人やん」との答え…

ついでに秋山なんて奴クラスに居ないと言われ、その後わざわざ奴の家に行って当時の
クラス文集や小学校卒業時のアルバムまで見せてくれたけど、クラスどころか学年にも
秋山って奴が居なかったのが分かっただけ。
結局それは漏れの思い違いかなんかだろうって事になったけど、自分の記憶には秋山の
顔とかもしっかり残ってるんで、心の中では全然納得いかなかった。

そしてこの間の土曜に実家に戻ったとき、消防時のアルバム見てたら居ないはずの秋山の
写真ハケーン。
それ見せて親に聞いたら「名前は覚えてないけど何回か遊びに来てたね」と言われ、とりあえず
奴が存在してたのは確信したけど…もう訳分かんねって感じ。

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:12
>>347
心霊写真シリーズは確かにあった
1つに何枚か入っていて何故か1枚だけ記憶がある
電話ボックスのガラスにに女の人の顔が写ってる写真だった。

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:19
1シーンの情景としか、覚えていないのだが、
親父が庭に成人男性が縦に入れるぐらいの穴(1.5mぐらい)に入り、
ばあちゃんにうんこを食わされているという記憶がある。
どうもふぐの毒に当たったという理由だったと思う。

小学校ぐらいの出来事で、それから大学進学で実家を離れるまでは
そんなことは忘れていたのだが、友達と故郷(山口)の話をしたときに
ふと思い出した。しかしそれを友達に話しても、大爆笑になるだけで
誰も信じてくれないし、何回も笑われるうちに、俺も偽の記憶だと思うように
なった。



351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:25
>>321 で思い出したけど
小学校の時、
チャリ2ケツの後ろから、転んで脳震盪おこしたのね、
商店街だったから、みんなで介抱してくれたたんだけど、
そん時、俯瞰で介抱されている自分を見てたんだよね。
親に話したら、「そうゆうこともあるかもね」っていわれて
そうゆうもんだと思ってた。

あ、でも悪いけど、霊とかって全然信じて無いw


352 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:52
確か4歳位の時の記憶
保育園で散歩してると車から手を振ってる母がいた
(選挙カーみたいな感じで)
んで家に帰って聞いたけど「それはお母さんじゃない」
と言われたが確かに母だった
一体あれは誰なんだろう

353 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:58
母方のおじさんにせがんでメロンを食べに連れて行ってもらったのは
まだ俺が幼稚園で鼻垂れていた頃。
お皿山盛りのフルーツがふかふかのソファーの前に出されたのは
土俵のある薄暗い喫茶店だった。

女の人が踊っていた。
服を着ていなかった。

自信がないし確かめたこともないのだけれど、
おじさんが結婚した相手は、その時ステージでクネクネしていた裸のお姉さん。
それ以来、俺は親戚中に気づかってここまで育った。

スレの趣旨から微妙にズレているのでsage。


354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 02:59

すまん

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 03:09
このスレ見て思い出してしまった・・・
あの女の子の事。全身鳥肌立った。

356 :bloom:03/04/28 03:10
http://homepage.mac.com/ayaya16/

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 03:11
>>355
どんな話?


358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 03:14
>>350 民間療法でふぐの毒にあたったら首から下を土に埋める、と
言うのがあると聞いた事があります。迷信で糞尿を食わせる、と
言うのを何かで読んだ記憶もあります。もしかしておばあさんは
両方ともご存知で両方一気にお父様にやってしまったのかも…。
実際にちょっと調べてみました↓そしたらこんなページが。
ttp://inpaku.yic.ac.jp/ex02/doku/doku_3.htm

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 04:55
>>232 見て思い出したんだが
「現実」と「夢」 の間の時間帯に幻聴が聞こえてきたことがよくあったな。
ロックだったり、クラシックだったり。
しかも、まったくしらない曲なんだよね〜
曲に耳を傾けると 目が覚めて 音は引いてくの。
よさげな曲とかもあったのになぁ。
ん〜 でも起きると引くってことは夢オチな恐れありだと思う罠

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 05:17
スレ違いなのだが
子供の頃アニメのムーミンにでてくる
スティンキーってゆうたわしみたいなキャラが
怖くてムーミンが見れなかった。

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 08:43
ニョロニョロも怖いネ!

362 :りん:03/04/28 10:27
初参加その1
昔弟と寝転びながら一緒にジャンプを読んでて、
たまたま同じ時に同じ台詞を声に出して読んでしまいまいた。

363 :りん:03/04/28 10:27


364 :りん:03/04/28 10:29
その2
弟と見た夢の話をしていたら全く一緒だった事があります。
出来事、場所、服そうなどなど。

365 :りん:03/04/28 10:32
その3
地元以外の場所でよく弟に偶然あいます。
買い物中、映画館等。
一番すごいのが、
ハワイ旅行中。
お互い知らせてなかったのに。

366 :りん:03/04/28 10:38
その4
弟が生まれてくる時の記憶が一番古い記憶です。
私は祖父母のトコロに預けられていて
出産まぢかの時に祖父母とともに母の病室へ
いったときのことです。
「お利口さんに御留守番してるから元気な赤ちゃん産んでね。」
と、言った気がして母に言ったところばっちり記憶はあってました。
母もとても感動したらしくよく覚えていて、
思い出し泣きをするほどでした。
が、その時私は1才半。
記憶があるのもこわいし、そんなに普通しゃべれるものですか?


367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 11:08
リンは天才で弟が大好き。

368 :りん:03/04/28 11:13
弟は、未だに仲良くて大好きだけど
余りにも気が合いすぎてこわいです。
ちなみに初体験は弟と隣で同時に。。。
これは事実を認めたくなくて
そのときのことについて弟と話した事はないのですが。。。


369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 11:30
>>368
(゚∀゚)まぁ

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 11:43
近親相姦かぁ。なかなかやるなぁりんも。

371 :りん:03/04/28 12:23
あ、ちがうんです。
あたしがヤってる横で弟も。
でも、小5くらいのときだからちゃんとできなかったと思うんですけど。

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 12:37
>>371
詳しく

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 12:39

|  |
| ‖           ノノノノ -__
|| ‖           (゚∈゚ )  ─_____ ___
|∧ 从ノ      (ミ_ (⌒\ヽ _ ___
( (≡ ̄ ̄ ̄ ̄三\⌒ノ ノ )
|(つWつ  ̄ ̄\  ⌒彡)   ノ  =_
| \つ つ    \,___,ノノ
|  |  )  >>糞りん / / ≡=
|  |          / ノ      __________
|  |         /ノ _─ (´⌒(´
|  |       ミ/= (´⌒(´⌒;;
 ''''""'''"'''"""''"""'''''"'"''''""''"''''"""''"'''""''"''"'''"''


374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 12:52
>>371
マセガキ・・・うらやますぃ

375 :りん:03/04/28 13:28
スレずれですが、
近所に幼馴染みの兄弟(兄、妹)がいて、
そのお兄ちゃんのほうがマセがきで、どこからかセク−スというものを
覚えてきたらしいんです。
で、まだ性の事にかんしては全く無知だったので、
気持ちよくなるから。と言われて
それぞれパートナーを組まされ暗い部屋で
頑張ったんですが痛くて先ッチョしか入らず
射精には至りまでんでした。
隣で弟カップルも頑張ってましたが結果は同じようなものでした。
その後セク−スと言うものを理解したのは
3年後の中2でした。
本当にあった出来事のハズなのに
なんだかしんじられません。

長文でゴメンなさい。


376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 13:34
子供って興味だけで何でもトライするから怖い・・。
これからも兄弟仲良くね・・

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 13:35
>>360
漏れも怖かった

びとーーーーーーーーーん びとーーーーーーーーーーん・・・・・・・・・・・

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 13:41
このスレいきなり伸びはじめたな
オカルトだ

379 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 14:52
眠い、寝たい、と強く思うと布団の中にテレポートできた

380 :グランドクロス ◆XXXAXAQILI :03/04/28 15:35
>>378
おれの自演だけどな

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 16:31
>>380
(゚∀゚)まぁ

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 16:39
グランドクロス ◆XXXAXAQILI
ツマンネーヨヴォケ、シネ

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:06
怖い話 エロイ話 寒い話が同居する面白スレッドハケーソ

384 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:41
>>348
秋山は小学校卒業直前に引っ越したから、
アルバムに載ってなかった。

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:48
友達が覚えてないのにママンが覚えてるのが不思議


386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:54
しょうがく6年のころ帰る途中で道端に落ちているティムポを見つけた。
大きさからするにあれは人間サイズ。
あと、ズル剥けだったし・・・。ヤクザの新たな責任の取り方かな?

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 17:57
>>386
阿部定の落し物

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 18:01
ヤクザがちんちんを切り取るのは遥か昔からの慣わしだけど、
たぶん386が見たのは張り型でしょう。

389 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 18:04
>>386
子供の頃からキチガイだったんだね

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 18:52
≫386
昔、中国には宦官っていう役職の人がいて、男は男根を
打ち切って、女は糸でマンコーを縫いつけてたらしいよ。
あと、日本の拷問でもそういうことが行われてたらしい。
現代を生きる究極SMプレイヤーのイチモツなんじゃない?

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:05
>390
「蒼穹の昴」浅田次郎

この小説にリアルに書いてあります

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:11
≫388
でも、血ィ出てたぞ・・・。

393 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:17
子供の頃。いつもは母と私、父と私とゆうセットで風呂に入っていた。
だが、1日だけ母と父と私の3人で風呂に入った記憶がある。
子供心になんか嬉しかった。
後日「なんで3人で入ったのぉ〜?」と聞いても2人ともムシ・・・。

今このスレみて思ったけど・・・あのとき先に私が風呂をあがった。
しかも、この後に弟が生まれた。
とゆう事は風呂に残った2人は・・・・(ry

妄想型カ・・・!?

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 19:21
ある暑い夏の昼下がり。
外は快晴なのに、何故か薄暗い家の中。
その家は大きくて古い造りの家。
一階に広い和室があって、その傍らに二階に通じる階段がある。
階段の途中に子供だけ一階を見下ろすことが出来る小さな窓がある。
僕はそこから下を見下ろしていた。
一階には知らないおばさんがこちらを背にして座っていた。
その横に小さな布団がひいてあって、そこで赤ん坊が泣いている。
泣いているのにおばさんは、赤ん坊の方を見向きもしない。
うちわで、だるそうに自分をあおいでいる。更に泣く赤ん坊。
しばらくした後に、おばさんは急にわめきだした。
「うるさいんだよ、この・・(自主規制)。」そして赤ん坊をバシバシと叩き始めた。
おばさんは赤ん坊に馬乗りになり、近くにあったおひつの中から米をわしづかみにする。
そして「これでも食っとけ。食え!おらっ食え!」と言って泣いている赤ん坊の口に米を押し込む。
僕は怖くなって、そこにじっと固まって動けなかった。

こんな記憶があります。
もしかしたら、何かのテレビで見た記憶なのかもしれません。
テレビだったら救われます・・・。現実だったら・・・考えたくないな・・・。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:16
すべて小学生の頃の記憶

近所の山を兄と兄の友人と歩いていたら、虎バサミを見つけた。
そのあたりに猟師なんて居ないし、一体アレは誰が仕掛けていたんだろう?
ちなみにその虎バサミは家に持って帰ったが、何時の間にか無くなっていた。
昨日兄にその事を話すと「憶えてない」との事。

一人で家の裏山の山道を歩いていて、大きな湖に差し掛かった所で水音が聞こたので、
「何だ?」と思い見ると変な生物が水に飛び込むのが見えた。
そのまま20秒ぐらいじっと湖を見ていたが、何も上がって来なくて、怖くなって逃げ帰った。
今考えるとカメかもしれないと思うが、ペンギンのような外見をしていたような気がする。

糞が肛門で詰まって、気持ち悪いのでちり紙でつかんで引き抜くと、糞の芯だけが残って、
それが縄跳びの切れ端のようなものだった。気持ち悪いのでそれを引き抜こうとしたが、
痛くて引き抜けなかった。そのままにして一晩寝ると影も形も無くなっていた。
当時は腸の器官の一部だと思っていたが、どう考えてもそんな器官は直腸には無いし、
縄跳びを飲んだような記憶は無い。今思い出すとかなり不思議な体験だ。

あとUFOを目撃したとか。

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:21
消防のころ夏休みにこのま沢キャンプ場に
キャンプにいったときキャンプファイヤーをしてるとき
視線を感じ振り返ると橋もなくどう考えても渡れない
川向こうの林に人影が見えた。
こんな時間に明かりも持たずに変だと思ったけど
その時は特に気にとめなかった。
あとで聞いた話だがそのキャンプ場は出るとゆう噂があった。

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:22
すごく小さいころ水の底でぷくぷくと泳いでいた、と言う記憶がある。
水の温度とかも適温ですごく気持ちよかった。
そして息とかもぜんぜん苦しくなかった。あと素っ裸だった。

母の腹の中にいるときの記憶か?

398 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:33
ぷくぷくってのは擬態語か。
てっきりマリオのやつだと思った。

399 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:55
子供の時から今でもある。
たまに将来に起きる事や見る情景を夢で先に見ることがある。
時に抽象的だったり写実的だったり・・・
修学旅行で言った京都の寺院の配置や像の位置、
隠れた地蔵の場所(もちろん見たことも本で読んだことも無い)とか何かは恐ろしいほど一致していた。
いわゆるデジャブみたいな気分。

後二日前なんだけど、
恐ろしく重量のある威圧的な物体にゆっくりと押しつぶさせられる夢を見たんだが、
次の日にダンプカーに轢かれそうになった。
厳密に言うとサイドブレーキをかけ忘れたダンプが何かの拍子に動いて突っ込んできたらすぃ・・・。
1m手前で気がついて避けたから何とかなったけど壁際だったから後少し遅かったら今頃・・・。
流石にその時は自分でも怖くて仕方なかった。

オマイラもこういう経験無い?

400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 20:59
>>399に怖がりつつ400get!

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:07
>>395
虎ばさみって何??
あと下の話は普通にギョウチュウかと

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:10
>>394
映画『鬼畜』にそんなシーンがあったと思う。


403 :394:03/04/28 21:42
>402
マヂデスカ!!Σ(゚д゚ )
二十年来の謎が解けるかも?

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:44
>>401
http://www.alive-net.net/wildlife/trap/wl0005201.html
罠だねえ

405 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 21:52
小学校の頃、自転車講習ってのがあって上級、中級、下級って資格をもらった
自分は4年のときに上級だったが、5年のとき風邪で休んだために無資格となり
自転車を乗ってはいけなくなった。でも乗ってしまえばいいものを1年間も乗らなかった
記憶があるんですが、5年の時のクラスメートと自転車で遊んだ記憶もある
先生が意地悪で絶対のさせてもらえなかったんだけどな
しかし今思い出してもひどい先生だよ。

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:06
厨1のとき、従姉妹が田舎に泊まりにきてて、一緒に寝た時、割れ目を
いじりまっくた。パンツがピッチリしてて奥まで手を入れられなかったけど。
オパーイ(真平らだったが)をチョンって触ったらビクンとなったのでヤバイ
って思って寝たフリした。でそのまま寝に入ってしまった。もったいなかったなぁ。

407 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:07
過去ログ読みたいのですが・・
どうやったら読めるのでつか?
できるならURL貼ってほしかったり・・


408 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:07

406 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/28 22:06
厨1のとき、従姉妹が田舎に泊まりにきてて、一緒に寝た時、割れ目を
いじりまっくた。パンツがピッチリしてて奥まで手を入れられなかったけど。
オパーイ(真平らだったが)をチョンって触ったらビクンとなったのでヤバイ
って思って寝たフリした。でそのまま寝に入ってしまった。もったいなかったなぁ。




409 :288:03/04/28 22:26
>>347
心霊写真シリーズなんて有ったんだ!
良かったー。27になる今まで自分呪われてるのかと思ってた。
人に言っても全然信じてもらえんかったんだよ。はぁ〜すっきり!

小学生の時に確か一回200円か500円だったような気がする。
ガシャより高くて小遣い貯めて思い切ってやったら心霊写真だもん。たまらんて。

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:35
まさに、このスレのための話がある。

俺が小学校3〜6年(思い出せない)位の頃のお盆の出来事。
親父が仏壇にご飯をお供えした後、突然家族を呼んだ。
「おーい、来てみろ!じいさんがご飯食べてる音が聞こえるぞぉ」
不思議に思いながらも仏壇に行ってみると確かに、
「くちゃ、くちゃ・・・」という音が聞こえた。
ただ、子供心に「炊き立てのご飯か、提灯の電気の音だな」
と、勝手に思い、特に不思議にも思わなかった。

それから何年かして、突然思い出したので、自分で仏壇にご飯を
供えた後に耳を澄ましてみた。しかし何も聞こえなかった。
親父にその話をしてみると、
「あぁ、昔そんなことあったなぁ。あれは不思議だったよな」と。

うちの親父は「昔かたぎ」と言うか子供に悪ふざけをするような人間
ではないので、結局、ただ不思議な話と言うことで覚えている。

あれはなんだったんだだろう?
それ以来、お盆にはご先祖様が帰ってきていると信じている。

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:41
>>394
清張の「鬼畜」でまちがいないっすね
それ演じたのは岩下志麻です。テレビで岩下志麻見たら突然フラッシュバックすること請け合い。
岩下自身も「子役の子がトラウマにならなかったか心配」とことあるごとに語るほど鬼気迫る演技です

412 :May:03/04/28 22:44
昔、母親の病気のために周りに自然の多い家へ引っ越したのね。
引っ越したばかりのとき、子どもだった私はすごいはしゃいで、
家中ばたばた走り回ってたの。
あるとき、屋根裏部屋に行く階段から、どんぐりが転がってきたのね。
で、不思議だなーっとおもって屋根裏部屋にのぼっていったの。
その頃は体が小さかったからだと思うけど、
階段がすごく高く感じたのを憶えてるな。
屋根裏部屋に着くと、黒くてふわふわ下のがゆらゆら浮いてて、
壁の隙間に入っていったのね。
で、その隙間を突いてみると、
ぶわーーーっ! って黒いのが飛び出てきたの!

あれってなんだったんだろ?

413 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:47
>>412
「まっくろくろすけ」と言って欲しいんでしょうか?

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:53
3〜4才ごろのことと思うが、夕方ばあちゃんといっしょに近所にいた。
ばあちゃんは近所のひとと立ち話をしていて、自分はそこんちの子供と遊んでいたのだが、
夕日が異常にでかかった。西の空いっぱいに広がっていて、ゆらめいていた。
アニメでデフォルメした夕日みたいな感じ。
でも、大人たちは気にせず世間話していて、気づいている風はない。
自分はそのことを子供同士話していて、自分が、「〜だから大きいんだよ」(理由は失念)
ってもう一人の子に言った記憶がある。
そして、次の日、また夕日を見るのを楽しみにしていたら、普通サイズに戻っていた。

あれはなんだったのか、今でも不思議。幻覚?

415 :ナナフシの人:03/04/28 22:53
鼻が悪い俺は幼いころから今現在も、年中鼻をかんでます。あれはたしか小3の頃です。
その日俺は鼻の詰まった感じがいやで強く鼻をかんだり、指でほじってたりしていた。
そのうち鼻の奥のほうに異物感を感じ、その異物を鼻からだそうと20分くらい鼻をいじくった後
片方の鼻の穴から小指くらいの太さと長さのものが出てきました。それはいびつな直方体で
キットカットなんかをひねったような形をしてました(硬さもそれくらい)。鼻糞のような
黄色で鼻水にまみれてました。鼻水のような生暖かさもはっきりと記憶しています。
当時の俺は気味の悪さ半分と好奇心半分で、その出てきた黄色いものをゴミ箱に捨てる前に
ポキッと折ったりもしてみました。別に虫とかは出てこなかったんですが、中も同じ色のそれが
詰まってました。モノが出てきてない方の鼻の穴の奥にも、似た異物感があったんでしばし
鼻の穴と格闘した後、もう一本その妙なモノを取り出した。今度は折らずにゴミ箱へポイ。
それ以来一度もそのモノはでてない。


いったいアレは何だったんだ…?人体って不思議だなぁ。




416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 22:55
私とイトコが幼稚園の頃、ひいおばあちゃんが亡くなった。
滅多に会えないひいおばあちゃんに関する記憶はほとんど無い。
唯一の記憶がお葬式(火葬場)なんだけど、なぜか二人とも
「骨を触りたい・・・」という欲求が押さえられず。
オトナはお箸でつまんでたけど、自分たちはやらせてもらえなかったし
仕方が無いので二人でコッソリ手でつまんで骨壷へ入れた。
「人の骨、触っちゃった〜!」という嬉しさと罪悪感がずーっと残って
大人になってから親にカムアウトしたら、「お骨は熱いから素手で触れない」
と否定された・・・。イトコも覚えてて、何回かこの話したんだけどな。

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 23:01
>415
おみくじクッキーのような物を鼻に入れちゃってた可能性も・・・。
もしくは「ひねり揚げ」等のおせんべ系?w両バナから出てきたのがスバラシイ!!
親戚が子供の頃、耳鼻科でほじってもらったら鈴・腐ったティッシュ
プリッツらしきものなんかがわんさか出てきたって。怖いね、子供は。

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 23:03
低学年位のころ、自宅近くの雑木林に
コンクリとトタン屋根の簡単な駐輪所が作られた。
工事中にそこで遊んでたんだが、その記憶がなんか変。
工事現場の地面のそこら中に直径1m位の穴がぽこぽこ空いてて、
どれもいっぱいに水が溜まってる。穴と穴の感覚は20cm位。
しかも俺は遊んでるうちにその中にはまってしまい
水中から上を見上げた記憶があるので深さも1m以上はあったはず。

今考えると、
ものすごく奇妙な工事現場だったと思う。
誰か建築関係に詳しい人の意見求む。

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 23:25
理不尽指導age

420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/28 23:46
やれと言われたことをやらなかったら、殴られますた。


421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:03
俺が幼稚園児だったころじいちゃんが死んで火葬場に行った、骨を見たらところどころ紫の色がついてた。
ばあちゃんはいつも酒ばっかり飲んでたからだろうって言ってた。本当に酒ばっか飲んでるとあんなんなっちゃうのかなと思った。

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:06
小学校4年の頃
担任のUという先生。
男子児童のなかから数名をピックアップし、学校の校庭横の山を掘れという
穴ではなく、校庭を広げるのだ、ということらしい。考えてみたら強制労働だった。

結果、来る日も来る日も居残りでスコップとつるはしでもって山を削りつづけさせらた。
あげくには体育の時間にはクラス全員で作業。

親からの問い合わせにもまったく対応しないで、「教育の一環」を繰返すU。
校長からもいろいろいわれたが無視したらしい。
結局、山の地主からの訴訟騒ぎとなりようやく児童は強制労働から解放された。

・・・・・教師U。翌年転任(転任先でも似たような騒ぎを起こしたらしい)、翌々年精神病院行き。

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:10
>>422
いつの時代?

424 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:10
教師っていうのはね、大学出てからいきなり先生先生だろ?
頭がおかしい奴が出てくるのもしょうがないんだよ。



425 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:13
確かに、今考えると生意気というか、自己中ナ教師多かったな。

426 :422:03/04/29 00:13
もう20年前のことです

427 :423:03/04/29 00:16
てっきり戦後ぐらいかと・・・
だって、つるはしでしょ。見たことないよ。

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:27
俺が多分幼稚園くらいの時、「モクモク村のお姉さん」を名乗る女から電話があった。
「こんにちは〜。モクモク村のお姉さんです。カセット届きましたか〜?」
俺はワケがわからず「お姉ちゃんに換わります」とだけ言って姉にかわってもらった。
その後のことは記憶に無い。あれはなんだったんだろうなぁ。
今ではその姉ともあんまし仲良くないから聞けないしなぁ。

429 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 00:31
狂師EXAの なんでもQ&A
受験勉強の質問、ディベート必勝法、なんでも聞いてみよう

http://6518.teacup.com/exajoe/bbs


430 :メージロウ井上:03/04/29 00:33
そういう教師は大体は子供の頃に原因があるそうです

431 :348 :03/04/29 01:36
>>384
クラス文集と連絡網表については、漏れが引っ越した直後(4年生か5年生)の
物なんで、本来載ってなきゃおかしいはずなんですよねぇ…
漏れとほぼ同時期に引っ越したとしても、探検の時だけでなく友達だった記憶も
一切無いというのが不思議なもので。
あと>348では省いたけど、その次の日Nに電話で聞いても知らないと言う答えが。
>385
写真と親の話がなきゃ、記憶違いで済んだのにって感じです。

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 03:01
>>330-331
漏れもその経験あり
布団に入って目をつぶり、目を開けたら朝。
全然寝た感覚が無いので損した感じがした。
単に完全に熟睡してたのかもしれんが不思議。
もう一度あの感覚を味わって見たいと思うのだが・・・・

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 10:11
理不尽指導age

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 12:48
子供の頃の変な記憶というか変な実体験ですが、
こんな体験した人もいるよという事で書き残しておきます。

小学校の時、通っていた小児科医院の先生が自殺しました、方法は不明です。
中学校の時、通っていた内科医院の先生が猟銃を口にくわえて自殺しました。
高校の時、通っていた歯科医院の先生が首つり自殺しました。

それっきりです。就職で田舎を離れてもうずいぶん立ちますが、この様な連鎖は続いていません。

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 22:11
ああああ、このスレ見てたら思い出した。
幼稚園児位の時、爺さんが死んだ時に火葬場で
ウロウロしてたんだ。暇だったし。
そしたら火葬場の職員みたいな人に、
「もうすぐおじいちゃん食べれるからねー」って言われて、
おいらも馬鹿だったから、葬式では死んだ人を喰うもんだとしばらく誤解してた。
わーいとか言ってたし。あの人なんだったんだろう?

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 23:21
最近、1歳半の甥っ子をからかって遊んでいる。
内容は、甥っ子の前で、甥っ子を探す振りをする、というもの。
彼は自分が透明人間になったと錯覚し、最初はニタニタ
しているものの、段々不安になるのか、周りをたかたかと走り始める。
最後は、「バアー!」と声を掛けてくるので、そこで初めて気付く振りをする。

こういった行動が、「子供の頃の変な記憶」を作り出す要因になるのだな、
と思った。

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 23:24
436って塾の講師っぽい。

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 23:37
>>428
昔うちに、「モクモク村のけんちゃん」っていう英語教材のカセットがあったよ。
そこの会社からの電話じゃない?

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 23:52
>>436サザエさんのカツオがおなじようなことしてたな 

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/29 23:59
>>435
いくら幼稚園児だったとはいえ
爺さん食べると言われたら
わーいとは言わんと思う。
まぁ飽くまで漏れの意見だけど…


441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 00:10
ネタだと思う人は心の中で思っていてください。
この板は空想を楽しみたい人のための板です。

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 00:15
>>435
職員のジョークだったらすごく嫌

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 00:29
>>441
ごめんなさい
煽りとかじゃなくて
空気読んでませんでした。
反省…


444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 01:15
ふと思い出してここに書き込もうって話があったはずなんだけど
どうもまた忘れちゃうんだよなぁ・・・しかも1回や2回じゃない。
そんな俺は2ちゃんねる依存症か。

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 02:12
スレ違いなんですが
子供の頃読んだ本で日本の昔話なんですけど引き出しの中が
小さな田んぼや畑があるって話の題名ってなんでしたっけ?
その部分しか覚えてないんですけど、できたら内容もお願いします。
変な文章ですみませんが知っている方いましたらお願いします。

446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 15:42
>>418
遺跡、と言うまででもない物
例えば、古い時代の建物の柱などの跡があった場合
工事着工前に、その穴状になっている地面を一旦掘り起こす事はある
穴の中って、結構違う土が埋まっていて
そのまま工事すると、後から圧がかかった時にすぽんと抜けてしまう事がある。

もしくは、下の方に巨石層があった場合
穴をいくつかあけてみることもあるかも。

447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 17:21
消防の頃、人気のない公園で一人で壁当て野球をしてて、
漏れがボールを思いっきり投げたら壁に当たった瞬間に消えた。


448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 18:49
>>445
タイトルは思いだせんが...
異類婚(嫁さんが人間以外の存在)タイプの話にあったようだ。

無理難題を吹っかける権力者(嫁さんが美しいので、横取りする為だったり、
村人達を苦しめる為だったり、戦の口実にする為の無理難題であったりetc)
の要求の一つに、農耕期じゃないのに米を出せというのがあった。
嫁さんはそれを伝え聞くと、自分の嫁入り道具の箪笥の引き出しを開ける。
そこには土があって、小さなお百姓&牛がいて、みるみるうちに
種まき〜収穫までやってしまう。それを権力者に献上する。


449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 19:00
>>395

サナダムシじゃない?
「笑うカイチュウ」だっけな、寄生虫を研究している医師の本に
サナダムシを腹に飼う話があったよ。
ウンコーしてるときに虫が出てきたので、引っ張ってみたが取れない。
腸自体が引きずり出されるほどの感覚だったそうだ。
ムシは腸の内壁にしっかり頭を引っかけてるんだと。

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 19:07
小学校低学年のころ
よく遊んでいたトランプで、てんを切った。
そしたら、ダイヤ・クラブ・ハート・スペードの順で
それぞれが1〜Kまできれいに並んでいた。ちゃんと最後に馬場さん。

451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 19:20
>>431
じゃあ同級生みんなに「秋山」の存在聞いてみたら?

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 19:23
山の中のグラウンドで部活をしていたんだが
ボールを拾いに山に入ったら、黒や赤の字のようなものや記号のようなものが
書かれた石を見つけた
皆で「何だ?これー?」とか言っていたが気味悪がる奴もいたので
山に向かって投げた。石は山中に消えた
翌朝、朝練に出るとその石が椅子の上に置いてあった


453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 19:34
     _  -───-   _
            ,  '´           `ヽ
          /                 \      
        /                    ヽ     
      / __, ィ_,-ァ__,, ,,、  , 、,,__ -ァ-=彡ヘ  ヽ    
       ' 「      ´ {ハi′          }  l    
      |  |                    |  |     
       |  !                        |  |    
      | │                   〈   !    
      | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ   
     /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !  
     ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  
    | | /ヽ!        |            |ヽ i !
    ヽ {  |           !           |ノ  /
     ヽ  |        _   ,、            ! , ′
      \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
        `!                    /
        ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
            |\      ー ─‐       , ′ !
           |  \             /   |
      _ -‐┤ ゙、 \           /  ! l  |`ーr─-  _
 _ -‐ '"   / |  ゙、   ヽ ____  '´   '│  !  |     ゙''‐- 、,_
  
      や   ら   な   い   か   ?



454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 19:34

皆でこの糞スレ潰してもらえませんか?
毎回色んなところにスレを立てては、1年以上に及びくだらないAAを披露しています
いい加減引導渡してやってください
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/kao/1051619471/l50
http://aa2.2ch.net/test/read.cgi/aasaloon/1051583736/l50
http://tmp.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1051595019/l50
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/job/1051585806/l50
http://human.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1051587752/l50
それと異常に自意識過剰な生き物なので、dできたスレのURLなど書くと喜んでしまいます
情報(エサ)は必要以上に与えない方向でおねがいします


みんなのアイドル まひら!

1 :まひら :03/04/29 11:35 ID:WewMKJMJ
/ 星 I
O ^ 。^I
  )ー  よろしくねぇ〜

455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 22:02
坊主のころの話

実家の近所に高速が走ってる
その下にあるトンネル

トンネルの天井付近(なかには天井そのもの)にこどもがクレヨンで書いたらしい落書きがいっぱい。
どうやって書いたかだれも知らないし、自分たちの周りには当然ながら書いたやつはいない。

もうながいこといってないけどまだあるかな、それとももう消えちゃったかな・・・・・

456 :445:03/04/30 22:49
>>448
それです。内容だんだん思い出せました。
ありがとうございました〜

457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/30 22:58
動物園の隅の物置みたいな部屋に、鉄格子のはまった窓があって
河童が覗いてた。のを見た気がする。

よくよく考えるとそんな訳ないから、何かの勘違いなんだろうなぁ。

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 06:57
小さい頃からさ、なんか目をつぶると目の前にあるイメージが浮かぶんだよ。

まず赤とんぼみたいなのがワーって飛んできて、その後赤い小豆みたいなのが
迫ってくる。その後、赤い粒の中に青い粒も混じってその粒々が横に流れてい
くって感じなんだけど。

これを友人に話したらそいつも同じのを見てた。他にいない?

459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 09:20
>>458
それに近いものが見えるけど
それを自由に見れるように練習してさらに自由に回転させられれば
集中力が高まるとかなんとか。宗教っぽい鍛錬法があったような気がする

460 :三十路:03/05/01 10:23
小学校低学年の頃。
姉や隣近所に住む従兄弟達と、通っている小学校近くの
学校の課外授業や子ども会なんかでもよく行く、丘で遊んでた。

夕方になって、そろそろ帰ろうってなって、何度も通り慣れた道を進むが
何故か、下に降りれない。同じ所を何度もグルグルと回ってるみたい。
ススキ越しに、子供会でも使う土俵が見えてるのに、どうしてもそこまで
行けない。だんだんと一同焦ってきてた。

ふと、ススキ越しに、キツネの耳と尻尾が見えて、ピョンと向こうへ
立ち去った。その時初めてキツネを見た。

すると、今までどうやっても下に降りれなかったのに、
何の苦も無くいつも通りに降りれた。

あれは、キツネに騙されてた?
今でも不思議な体験。
今度、従兄弟や姉に聞いてみよう。


461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 10:42
>>460
キツネってそんなに普通に自生してないっしょ?
それとも、北海道に住んでいるんでつか?

462 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 11:11
>>458
そういえば子供のころはそうだった
そのことすらすっかり忘れてた
目つぶるといろんな光が飛び回ってた
その時は特に気にしたことなかったんだけど
今は見えないなぁ・・・なんでだろ?

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 11:19
>>458
それ、目の裏のごみ・・・・・

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 11:21
>>462
意識しなかったら気にならない。
それか、あんたは目が綺麗。

コンタクトとかしてると、ゴミが溜まりやすくなるよ。

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 12:19
>>463-464
いや、、それは飛蚊症ですよね?
それとは別。模様が見えたり光景が見えたりとかって・・・

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 13:16
>>465
別なのか・・・・(;´Д`)

すまんな。

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 18:35
>>461
うち長野だけどよくキツネ見るよ。
山のほうドライブしてるとさっと横切ったりする
墓の近くとかもお供え物を漁ってるのかよく見かける。

田舎モノ丸出しでお恥ずかしいですが・・・

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 18:45
>>458
私も知祝い頃から、今でも見えるよ。
しかも、真っ暗なところでは、目をあけていても見える。
色とりどりのきらきらしていて、電飾みたいですごくきれいなの。
小さい時から、見える模様も全く同じ。
ごみだったのか・・・

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 19:28
メンメンヤクってのが流行った。
自分が小3くらいのころ友達と遊んでいた時のこと。
そいつの家の庭の木を棒でメッタ刺しにして遊んでた。
友達はその木に向かって、「これメンメンな」
と言って棒で刺していた。
友達はメンメンヤクというものに狙われてたらしい。
なんでも、そいつに会いたくなかったら何かの木を
メンメンヤクに見立てて何回か刺せば助かるとのことだった(たぶん)。
音楽室にメンメンヤクがいるとか、ノンタンとかゾロリの本読んでたら後ろにいたとか
いろんな噂が流れていた。
騒ぎは1年くらいで消えていましたが一時は一斉下校の命令が下りたほど。
よく猿みたいな絵(水墨画みたいな絵)と一緒に「面面厄」と書かれた紙が落ちてて怖かった。

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 19:39
>>469
そういう話(・∀・)イイ!!

471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 22:25
光がないと物からの光の反射がないので
物は見えない。
だから埃ではないと思う。
漏れも見えるよ。目玉みたいな緑と赤の模様。

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/01 22:55
>>469
被害者とか結構でたりしたの?

473 :458:03/05/02 02:05
ごみだっつうから洗眼剤買ってきたよ。
洗っても見えたよ。
たしかに目を開けてても見えるときある。
けっこうたくさんいるみたいで安心。
俺は血管の血が見えてるのかとおもた。

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 08:52
眼球を覆っている、液体だと思うよ。
たんぱく質や油分を含んでいて、眼球を保護したり
乾燥しないような役割だったはず。

で、水溜りなんかに車やバイクのオイルがたれて
虹色になってるの見た事あるでしょ?
要はプリズム現象。あれと同じ現象が眼球で起こってると
思うよ。

通常は眼球表面よりはるか遠くの物体に焦点が合ってるから
その様子は気にならないけど、意識的に極マクロに焦点を合わせると
見えるって事だろうと思うよ。きっと。


475 :三十路:03/05/02 08:57
>>461
>>467
当時は岡山に住んでました。
その時以外にキツネを見た記憶は無いけど。
キツネって比較的寒い地域にいるイメージがありますね。

琵琶湖の北の山でカモシカを見たので、意外と野生動物って
イメージと違うところにでも自生しているのかな。


476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 16:45
>>474
だ!か!ら!
光がないと反射も起きないっつってんだろ!!

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 17:52
子供の頃ひとりで留守番してたら石が遊びにきた。

玄関でごとりと音がしたのでいってみたら、
大小五つくらいの石がふわっと宙に浮いていた。
ヘンな記憶だ。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 18:07
>477
オリジナルARMSのコアです。

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 19:12
小学生の頃、学校の帰り道の道路に白い半透明な物体がユラユラしてて、それはユラユラしながら空に浮かんでいった。一反木綿だ!と思った。

480 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/05/02 19:23
おそらく目のごみと、目をつぶるとぼややーと見えてくるものは別のものと思われ。

481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 19:34
変な記憶とは関係ないんだが、漏れも目の傷を見ることが出来るよ。


482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 20:03
枕元を小人の大名行列が通るのを見た。

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 20:15
>482
 「まめつま」というヤツですな。
 小松左京の短編で知ったけど、同じような体験って結構あるみたいだよ。

484 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 20:30
目の中の赤とか緑のやつ、漏れも見える。
目を凝らすと赤、緑、黄の六角形が
きれいに並んで無数に見える。
目を閉じても見える。
ゴミであるはずがない。

485 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 20:41
何だか良くわからないけど、
たまにふと小さい頃のよくわからない風景?みたいなのを
思い出す。
虹色にひかる大きなぐにゃぐにゃした棒を
滑り降りたりする、そんな光景。
まじでこわいんですけど。

486 :誤爆スマソ:03/05/02 20:48
アメリカの生徒たちは、いじめられている子がいたら
助けにいくという傾向があると聞いていたが・・・
むしろ日本のほうがいじめを見て見ぬフリをする傾向がありそうだ。
現代の日本のいじめは、ファシズムになりやすい。
1人のリーダー、または数人のリーダーグループが権力を握っていて
彼らがいじめている生徒を一緒にいじめないと自分がいじめられるという恐怖が
他の生徒たちには根強い。
また、特定の1人を集中的にいじめることによって皆の心が1つになるから、
本来は存在する他の生徒同士や生徒と教師の間の不協和音を
見えなくすることができる。
群れの社会である日本では、やったもん勝ちにすると
この傾向を強めそうな気がする。

487 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 20:53
思い出した。
子供の頃なんで20年前位、日曜(多分)の朝にテレビで見た記憶がある番組。

どこか東欧系の国へ行く紀行番組?なんだけど、
「ある建物の中で、人間を拷問して殺しているんだけど、殺される人たちは
その建物の前に列作って並んでる」 ようなシーンを見た。
口にホースを入れて空気を送りまくって窒息させて殺したりしてた気がする。

時間帯的に 「兼高かおる世界の旅」 なんだけど、そんな国あるわけねえ
っていうかあってもテレビでやらないよな。何だったんだろ。

説明下手でスマソ

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 21:37
>>487
大戦中のドイツの映像とかじゃないの?

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 21:43
>>488
いや違うんだ。普通の映像なんだ。
微妙に思い出したけど、くちホースは現場の映像も映ってた。
そんな訳ないよなー。

記憶ではアウシュビッツの再現ドラマとかそうゆうんでなく、
現代のある国を取材したみたいな感じだったんだけど。


誰か見た人いないかな?

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 22:29
>>487
黒の章のビデオでも見たんじゃない?

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 22:59
そういえば今思い出したけど、
幼稚園に入る前か入ってからかは覚えてないけど
ゴルフボールくらいの大きさのおもちゃを飲み込んで
病院に行ったっていう記憶がある。
Dr.スラ○プのせんべえ博士が黄色い車に乗っているっていう
ゴム製のおもちゃで、金属の車輪みたいなものもついてた。

高校に入った頃に何気なく親に
「あの時は大変だったよねー」と持ちかけると
「そんな出来事はなかった。そんなおもちゃも持ってなかった」
とあっさり否定された。

でも、おもちゃの作りとか細かく記憶してるし
飲み込んだときの異物感とか苦しさもはっきり覚えている。
でも親に否定されて、夢だったのかなぁと
ちょっと記憶があいまいになった。

492 :sage:03/05/02 23:04
>>461,475
「自生」って・・・

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 23:10
>>487
なんかモンド映画にありそうだな

494 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 23:15
幼稚園の頃、先生に「さーみんなで小川君をいじめちゃおぅ〜」
って言われて、クラス中の園児にぼこぼこにされた記憶がる
当然俺は泣きわめいた為、先生が「あれー逆だよ。みんなが小川君にいじめられる
の!さー小川君みんなをいじめて!」となんとも分けわかんないホローをしたの
まで覚えている。もちろん俺は泣くだけ。39歳になるいまでも鮮明に覚えている
先生! ただではすみませんぞ

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 23:19
>421
薬のんでたりして亡くなった人の骨の色が変わるってのは聞いたことがある。
て言うかうちのお爺ちゃんも変わってた。と遅レスで言ってみる。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 23:25
昔、山の中を車で走ってた。家族でね。
そんで当時私は三つ編みだったんだけど、急ブレーキの拍子に
頭ごと脚を置くあの窪みにつっこんじゃったんだ。
いたいーとか言いながら頭を持ち上げようとしたら、髪が引っ張られて
今度は顔を底面に打ち付けたんだよ。

どうよこれ。場所が場所だし、引っ張られた感触は間違いなく手だったよ。
それ以来三つ編みは出来ないわけだが(苦笑

497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/02 23:49
中学1年のとき。 
 改装して新しくなった家の押し入れの中で、弟と二人で
懐中電灯をつけたりして遊んでいた時、突然懐中電灯の光がミラーボールのように
小さな光の束に変化した。怖くなって、すぐに押し入れの襖を開けたからか、その
光は消えてしまった。
 
 いまも思い出しては弟と話すのだが、どうして光が変わってしまったんだろう。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 00:16
消防のころクラスメートに、上履きを便所に浸された。
先生が、「お前もあいつの上履きを便所に浸せ」といわれたので
実行した。すると先生は「お前はそんなことする子じゃないと思ってた」といわれた。
小学生を罠にはめるかね。試すかね。まったく尊敬できない先生だった。

499 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 00:17
そういえば高校の頃、原付に乗ってたら、路肩を走ってるのに
左横を黒っぽい塊が併走してきた。もちろん、左横にはそんな
スペースは無い。自分の影でもない。

で、その塊が、急に俺の前を横切った。

これで焦って、事故るヤツって実際に居るんだろうなと思った。


500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 00:19
>318
超亀レス。
多分月食だと思う。
完全な月食が起きると、月は赤くなるから。

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 00:37
>>498
その教師最低だね。子供は純水なのに・・・

502 :がレと僕 ◆JEhW0nJ.FE :03/05/03 00:48
自分も目をつむったら色々見える。
なんかこう赤っぽい色したチカチカしたものがアルファベットのA状に変形してて
それがグニャグニャ回転しながら奥のほうからどんどん湧いてくる。
そしてしばらくたつと、Cの形をしたネオンのようなリングが大きくなったり小さくなったり。
やっぱり目を開けてても暗闇の中ならそれは見える。
小さい頃には綺麗で楽しかったが今見てみるとちょっと不気味。


503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:08
私がまだ小学校に上がる前の頃の話
近所の1つ年下の女の子の家に赤ちゃんがいた
ある日、母を含め近所中のオバサン達がヒソヒソと
『ヘラで何度もビンタしたらしいわよ』とか
『階段から突き落としたって話よ!』とか言っていた
その女の子が赤ちゃんにやったことだな〜と幼心になんと
なく解った。その後その女の子を見かけなくなった
そうして半年くらい経った時私は偶然その子の家の前に
タクシーが止まっていてタクシーから看護婦さんとその子
が降りてくる所を見かけた、当時田舎だったのでタクシー
自体がすごく珍しく、白衣の看護婦さんも幼い私は珍しくて
とても印象的だった。ずっと見ていると看護婦さんが
『久しぶりでしょ〜』とか言っているのが聞こえた
その子はもじもじして玄関のチャイムを鳴らせないでいると
『自分の家なのに恥ずかしいの?じゃ〜一緒に行ってあげる』
と言って看護婦さんがチャイムを鳴らして中から母親が出てきた

その後その子は普通に暮らしていたと思う学校で見かけたこと
もあったし・・ただその子が階段から突き落としたと思われる
赤ちゃんを見た記憶が無い・・いや記憶が無いだけで居たのかも
しれない・・学校で下に兄弟いたかな?田舎の学校なので
そんなに人数いないし誰が誰の兄弟とかはすぐに解るのに・・






504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:09
俺の住んでる所は毎月1日と終戦記念日にはサイレンが鳴るんだが
子供の時、その音が聞こえるたびに怖くて泣いてた。今でも怖いけど…

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:27
小学校低学年の頃、熱を出して寝ていたら、
自分の周りを1メートル位のバッタがびょんびょん跳ねていた。恐くなったので
「おかあさん…」と声をふりしぼって母を呼んだが、熱で体力を消耗しきっているせいか、
ほとんど声が出なかった。これでは下の階の台所にいる母には聞こえなかっただろうなあ、
と思っていたら、母はすぐに「はいはい、どないしたん」と言って私の部屋に来た。
まるですぐそばにいたかのように。


506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:35
消防の時、TV見てたら普段映らないはずのチャンネルに
変な映像が映っていた。薄暗い白黒画面で男の罵声と女性の叫び声が聞こえた。
今思うとレイプの現場の様だったが子供心になぜか興奮した覚えがある。
ビデオでもなかったようだし…不法電波かなんかかな?

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:43
>>506
多分UHFの深夜エロ番組。夜だと電波状態が良くなるから、アンテナが
その局に対応してなくてもある程度みることが出来る。

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:47
>>505
ここでもでかいバッタの話は何度か出てるけど
あなたの1メートルが最高記録!w

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:49
>>506
テレビに映ったのは将来の貴方の姿です

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 01:55
>>507
うーん、そうかも?朝だったんだけど。しばらくしたら
見えんようになったし…

511 :507:03/05/03 02:11
>>510
朝かぁ。早朝なら同じ理由だろうけど、8時9時台だと違うかなぁ……

やっぱり貴方の将来の姿だよ、それ。


512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 02:19
>>506
隣の部屋の人がビデオを見ると
電波が飛んでくることがあるらしい。
見てたの1か2チャンネルじゃない?

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 02:25
幼稚園のころ、台所の床の隅っこに目が見えた。
毎日、同じ場所に。
ママン、パパン、ばーちゃんに
『ほらほら見て見て、ここに目があるヨ』
って言うんだけど
『ハイハイそれは木目っていってね云々』
って言われる。んで俺は
『ちがうよ、その隣り!!木の模様じゃなくて目!あるでしょここに!!』
なんてやりとりをだいたい毎朝してて家族に嫌がられた。
瞬きはしないけどリアルな目だった。

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 02:41
>>494
ヤヴェーよその女。
幼児虐待で逮捕できそうだな。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 03:15
そういえば何だか思い出した。
小学校の授業参観の帰り、私と友達とそれぞれの母親と下校していると、
途中に女の子がいたんだけど、よく見るとその子は片足で立って
もう片足をまっすぐにして体の後ろ側に傾けてるんだよね。
何やってるんだろうなーと思って通り過ぎて見たら、なんとその子の口から
傘の取っ手が飛び出していた。(「し」みたいな形の部分)
母親達がびっくりして、横に居たもう一人の女の子に事情を聞いたら、
「傘をくるくる回していて何かの拍子に口に飛び込んだ」という。
つまりその子には口から足まで傘が刺さっているわけだ(((;゚д゚)))ガクガクブルブル
母親達が手伝って抜いてあげてたんだけど、私は怖くて見てらんなかった。

今考えると人体の構造上そんなことあるわけないし、
夢という可能性しかないんだけど、夢であるという記憶が無い。

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 06:16
>>515
今すぐ母親に電話汁!!!

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 06:34
幼稚園のころうんこもらした。
「うんこもらした」って言いたくなかったから友達に
「うんこもらしたって言って」と言い
友達が「うんこもらした」と言ったらすかさず
「俺も」と言った。
それから二人で爆笑した。

良き思い出である。

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 09:24
>>515
どう控えめに考えても死んでますよね

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 10:15
スーパーミルクチャン
ttp://jp.shockwave.com/animations/milk/milk.html

520 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 10:25
>515
それこわいよー

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 11:49
>>9さん
それ自分もたまにありますよ。(夜トイレに起きたりする時)
自分の場合左足だったりするのでちょっと恐い。
完全に目覚めて数十秒で直るんですが・・
ビリビリとした痛みも何も感じずに、まるで他人の足のように
無感覚なので、血流障害による痺れでもないんですよね。

522 :505:03/05/03 12:15
私が3,4歳くらいの頃、母親が私の腕を普通の針と白い糸で縫っていた。
小学校1年くらいの兄の腕も縫っていた。
不思議と痛みも感じず、血も出ない。

怪我をして縫った、とかではなく、他の誰かと私たちを区別するため?らしいが…

縫うわけねえよなあ… でもはっきり覚えてんだよなあ…


523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 14:15
大丈夫ですか?>505さん

524 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 15:38
小学校の頃に精子の自分の夢??を見た。卵子を目指していて競争中の記憶で
おたまじゃくし状の無数の精子に「おまえは将来だめだからここでやめろ」とか
周りで言い合って一人づつ脱落させていた。
卵子を目前に数匹となった精子がいっせいに飛び込んだ。もちろん俺も
そのご周りが明るくなり記憶が無くなった・・
その後受精の授業でこの夢のりゆうがわかったがいったいなんなんだ?
本当にたいけんした記憶なのか?


525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 15:48
>>534
その夢を見たのは性の勉強をする前だったのか。
そりゃ不思議な話だな。

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 15:52
飛蚊症と思われる人がわらわらと出てくるスレだなw
オカ板なんぞより、身体・健康板に行った方が良いと思われ

527 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 16:07
飛蚊症って目を閉じてるときはなんの異常もないでしょ

528 : :03/05/03 16:08
 _____________________
 |                              |
 | 今 ・  こ  ・  .基 俺 そ そ 聞 小 .     |
 | 頃 ・  の  ・  本 が の し  く  学 .     |
 | 俺 ・  言  ・  的 思 結 て と  校.      |
 | を 過 葉 い に  う 果 最 こ  の   テ  |
 | 笑 去 .に え は .に 得 期 ろ  性   ィ . |
 | っ に 騙  い .譲  、 た に に  教   ッ  |
 | て 戦 さ  え り  精 人 勝 よ  育   シ |
 | い っ れ .お 合 子 生 ち る  で    ュ |
 | る た 続 先 い 達 が 残  と  、     |
 | の 精 け に   .は  、 っ 莫 自      |
 | か 子 た ど    戦 こ  た 大 分      |
 | ・  た の う    っ の の な  が      |
 | ・  ち が ぞ    て 有 が  数 昔      |
 | ・    俺 !    い  り 俺  の  、     |
 | ・    だ      な  様 様 精 精      |
 | ・    と      .い    だ 子 子      |
 |      思      の    と  と だ      |
 |      う       で    い 戦 っ      |
 |      方      は    う  っ た      |
 |      が      な    事 た 事      |
 |      自      い    だ ら  を      |
 |      然      か       し 知      |
 |      だ              い っ      |
 |                       た      |
 |                              |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

529 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 16:45
>>9,>>512
糖尿病じゃないか?
たぶん一般人にとって(2ch)にとって一番怖い
存在だと思うよ。

530 :521:03/05/03 17:11
>>529
先日人間ドッグの結果が出たばかりなのでそれはなさそうですねw
実は脳や神経系の障害なのかな?と漠然と自分では考えてましたが。。
(こっちの方が恐そう)
いずれ健康板で訊いてみようと思います。


531 :ゅぅゅ:03/05/03 17:13
オカルトじゃないかも。
幼稚園くらいの頃、凄く自分が嘘つきだったって記憶がある。
毎日毎日「今日イジメられた」だの「お母さんの悪口言われた」だの。
それで、おかんに嘘だってバレて(しかも毎回)「何でそんな嘘つくの!!」って怒られて
泣いてた。
でも、最近おかんにその事を言うと、そんなの無かったって言う。
うちについては何の問題も無かったとか何とかで。おとんもおかんと凄く仲良いから、
その日その日のあった事を話してんだけど、そんな話は聞いてないっていうし。
何でそんな記憶があんのかな?
それと、最近の事なんだけど、デジタルの時計を見る度に22:22とか、15:15、12:34
など、キリの良い?数字ばっかり。さっきも見たら16:16 16ってなってて
さすがに怖くなっちゃった。ちなみに、うちは15歳*高1です。

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 17:17
>>531
それは俺も普通にあります。
必ず夜中目をさますと4:44。怖くなって目覚めてもあえて
目をつむって時間をずらしたつもりでパッと見ても、やはり4:44。
毎回毎回なんで慣れちゃったけど、運を無駄遣いしてるような気がします

533 :532:03/05/03 17:18
あ、このカキコも偶然17:17だったし

534 :ゅぅゅ:03/05/03 17:20
やっぱし普通にあるモンなんですかね〜??
無性に怖いんですけど藁>532

535 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 17:23
なんとかって名前がついてるんだよね。
その時計みるといつもキリがいいって現象。

536 :ゅぅゅ:03/05/03 17:29
遅レススマソ。
でも前レスの幼稚園の頃のヤシも今思うと不思議。>535

537 :定期的:03/05/03 17:42
age

538 :1234:03/05/03 18:52
>>531>>532
ひょっとしたら誕生日もぞろ目じゃない?


539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 18:58
時計なんぞ一日に何遍も見てるが4:44なんかの切りのいい数字は印象深いので覚えてるってだけだよ。
そんなん気にするより道路渡るときに気をつけろ

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 19:14
今、ゴサクが良い事言った(笑)

541 :ゅぅゅ:03/05/03 19:17
いえ、そんな事はないでつよ>1234
アドヴァイス??有難うございまぷ。道路気をつけまつね。>539

542 :532:03/05/03 19:19
>>539
ちゃうのよ俺の場合は目覚めて時計見る時間が
なぜか必ず4:44てこと まあ体内時計がセットされてるんだろうがね
道路は気をつけるよ ありがとよ

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 19:41
子供の頃数人の友人達とタンスの上など高い所に上って
遊んでいた、友人にふざけてタンスの上から突き落とされた
結構高かったので「頭から落ちる!」と思った瞬間何故か
下にあった赤ちゃん用のイスに座っていた

今考えると一回転して物凄いタイミングでイスの上に
座る形で落ちたのだろうか?まったく痛みもなくて
しばらくポカーンとしていた

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 20:15
4歳ぐらいまで、ず〜っと同じ夢をみていた。
洞窟の中に水がたまってできた、地底湖のなかにわたしは浮いていた。
なまあたたかい水の中にわたしは仰向けに浮いていて、鼓膜の中や、
そことつながっている喉の奥にその水の温度を感じていた。地底湖と
書いたけれどその洞窟の壁は、どこかから入ってきた淡い光を反射して
明るく淡い、水色やコバルトブルーのトーンを描写していた。
しずかな景色の中しばらく浮いていると、遠くで水音がして、つるりと
した巨大なうなぎのような生き物がわたしの浮いていた近くから長い首を
水面の上にあらわす。その生き物はあまりにも大きくて、ただ不安だけを
与えたものだったが、長い首をゆっくりとこちらへ振り返ると、
やさしい、やさしい目があった。

545 :515:03/05/03 20:19
>516
母親とは同居してるんだが……高学年になって一度この話題を
出したことがあるんだけど、「そんなことあるわけない」みたいな
言い方をされた記憶もあるんだよ。
いいオトナになった今、大真面目にこんな話できないし……

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 22:27
>>554
それは母体の中の記憶で巨大なうなぎは・・・

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 22:34
子供ではないが・・中学生の頃、団地に住んでいて6畳のはしから片足でジャンプ
して遊んでいた。そして”最後はおもいっきり飛ぶぞ”と思いっきり飛んだ!
すると鴨居?のところにおでこが激突し自分は後頭部からたたみに落ちた。
当然ガンっていうものすごい音がしたので親がびっくりして近寄ってきた
自分もものすごい衝撃だった。しかしおでこに筋がはいっただけで
痛みも傷も何もなかった。中学生の体力で思いっきり飛んだにしては
傷が無さすぎだ。今思っても不思議な体験でした

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 22:45
>>458
寝られない時それでよく遊ぶ


549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/03 23:23
>>547
ワラタ

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 00:03
>>458
普通に小さいときから鑑賞している。

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 00:57
>>548>>550
だよね。いろんな模様とか見えてくる。あれってなんだろうね?

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 01:24
http://maisou.cside.com/voices/voice10.mp3
記憶・・・・

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 01:32
∧_∧
( ´∀`)


554 :459:03/05/04 01:36
>>548>>550-551
自分なりにググったりしてこの幻覚が見える現象を調べてみた。
原因は二つあって、
○1つは網膜の毛細血管やその中にある赤血球を自分の目でみてしまうため起こるらしい。
○もう1つは閉じたまぶたが目を圧迫して視神経や網膜まで刺激し、
光を感じたように錯覚してしまうものらしい。このスレではこの二つの症状が混じっている。

後者で見えてくるイメージを自分でコントロールできるようにトレーニングすると
「明晰夢」と呼ばれる幻覚に近い症状で、自分の夢を自在にコントロールできる
ようになるらしい。

ただし!それによって眼球を習慣的に圧迫したりするのは非常に危険で、
結果的に網膜を傷つけ、網膜剥離一歩手前まで逝くことにもなりえるらしい。
これが「飛蚊症」。
昼間青空を見上げるとミジンコみたいのが飛んでるように見えるアレだね。(俺モナー)

どっちにせよ危険だからやめなさいってこったな。以上、間違ってたらごめん。

555 :459:03/05/04 01:41
まあオカ板的には明晰夢を深くほじくっていった方がおもろいだろうけどね。
以前スレあったけど落ちちゃったみたいだな。ああスレ違い。スマソ

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 12:34
スレ違いで悪いけど、飛蚊症って治んないのかなぁ?
記憶にある限り小学生からそうなんだけど。
たまに見えたりする。

557 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/05/04 15:03
俺も小学校のころからある。
しかも最近右目にもできた。

でも、飛蚊症って確か治るよ。

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 21:17
俺は剣道を続けていた中学生までは飛蚊症の症状がでていたな。

最近気がついたら見えなくなってたが。

559 :あなたのうしろに名無しさんが…:03/05/04 21:17
小学生の頃だったと思う。
当時は祖父母の家に家族で暮らしていたのだが
祖母が病気がちで寝たきりになり
その家の座敷に寝床を敷いていた。

ある時、私はその寝たきりの祖母の枕元に正座していた。
祖母の周りには祖父や父母もいた。
そして何故か神主さんのような人がいて、
「悪いものを祓いましょう」と言い
私の裸足の足の裏を笹のようなものでサッと撫でた。
ちょっとくすぐったかったような気がする。
その時他の家族も同じことをされたかは憶えていない。
その後祖母は亡くなった。

十数年経ったある日、
そのことをふと思い出して母に聞いてみた。
「あの時足の裏を祓ったのはここの土地が悪いとかってことだったの?」
しかし母はキョトンとして
「えっ?何それ。そんなことしてないよ」と言う。
「婆ちゃんが病気で寝たきりの時、神主さんがお祓いに来たでしょう?」
尚も食い下がって言う私に
「神主さんなんか呼んでないし、お祓いなんかも頼んでないよ」と。

それではあれは夢だったのだろうか…?


560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 21:38
スレ違いスマソ
最近、目線をパッとずらすと数秒間空中に赤血球みたいな形のものが見える。
直径3mmくらいで透明。丸くて、5,6個くっついている事が多い(一個のときもあるが)
たまに形が崩れているものもある。
青空とかノートとか、一色だけのところに見える。
個人的に、数個でくっついている丸くて小さいものって凄く気持ち悪いのでできれば治したい。

これも飛蚊症みたいなものなんでつか?

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 22:22
今日、ちまきを食べてて思い出した。
幼稚園ぐらいの時(?)にちまきを食べてて、食べ終わったあとの葉(笹?)を、父が庭に挿していたんです。
そして、毎日父がそれに水をやっていたら、どうやら根が付いたのか今でも植わっています。
そんな事合ったよね、と何気なく父に話すと、それは元々植わっていた物だし、「笹」ではなく「ハラン」だと言うのです。
昔の事ですし、「笹」と「ハラン」を間違えて覚えてる事はあっても、元々植わっていた物だとは、納得できない。
確かに、現在植わってるのは「ハラン」の様ですが、その件があって「挿し木」というモノを覚えた記憶もある。
て言うか、「ハラン」って挿し木で育つんですか?(笹は無理だと思いますが)
それがハッキリすれば、少しは納得できるのですが・・・

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 23:14
子供の時家は肉屋だった
何か悪いことをして肉を入れてる冷蔵庫に入れられた。
ずっと出してもらえなくて、お手伝いさんが随分たってから開けてくれた。
両親に「忘れちゃったの?」と聞いたけどそんなことしてない!と言い張る
絶対確信犯だ!売られなくてよかった

563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 23:19
>>562

こわ〜!それはことある後とに問い詰めた方がイイネ

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 23:21
>>560
明るいところ(白っぽいものや外)を見ると
円い小さいのがちらついてるなら、
よくあることだと思うんだけどな。
ぼやーとしてた学生の頃は、よくちらついてましたよ。

でも一応病気もあるので要注意だそうで。
(以下抜粋)

物を見た時、特に白い壁や青い空を見た時に
虫が飛んでいる様にみえ、それが目を動かすと
付いて来る現象を飛蚊症と言います。
「蚊が飛ぶ」、「ゴミがみえる」、「糸くずが見える」等
色々な表現をされる患者様がいます。
飛蚊症の原因は硝子体の混濁にあります。
その原因は以下のとおりです。

1. 年齢的な変化で心配ないもの 後部硝子体剥離によるもの

2. 病的なもの

 @ 網膜剥離

 A 硝子体出血

 B 眼内炎症 ぶどう膜炎など
 
(後略)

565 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 00:07
幼稚園の頃だったと思う。
なんかどこかに劇を見に行った記憶がある。
でも組で行くとかそんなんじゃなかった。
なんか暗かったと思う。
その劇の内容が

ある所に王様がいて、その王様が今日、誕生日で、「ケーキを食べたい」、と言った。
しかし家来が聞き間違えて「本が食べたい」と聞こえた。
家来は困ったが、女王が本型のケーキを作ればいいといって一件落着。

なんで「ケーキ」が「本」に聞こえるのだか。
まぁ絵本で見たのを夢で見たのだろう。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 00:08
昔、コンセントの中に指が入ってしまったことがあるんだが・・・
なんか指先にマッサージ機を当てられているような感じだった。

567 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 00:10
ttp://www.union-jp.net/home/yukino-t.html
ゆきの

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 00:21
>>532
!!
説得力あるにゃ

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 00:26
>>532
スーパー時計人間

570 :_:03/05/05 00:26
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku05.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/zenkaku/index.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku08.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku10.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku02.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku03.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku01.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku06.html
ttp://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html
ttp://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku09.html


571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 02:06
ttp://www2.tcn.ne.jp/~goonext/

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 03:24
>>561
「バラン」じゃ・・・。

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 04:00
>>566
あー俺もよく指つっこんでたよ。
ぶびびびって来るんだよな。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 07:58
電子ちゃん)<危険だからぜーーーったいにマネしないでね!

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 09:04
深夜に電話がジリリリンジリリリンって鳴っている音で目が覚めた。
俺の部屋は電話のある玄関の隣なので、電話とるのは大体俺の役目。
で、起きようとしたら体が動かないんだよ。金縛りだね。
うーんうーんってもがいてたんだけど体動かないし、その間も電話は鳴りっ放し。
で、しばらくすると電話も鳴り止んだ。と同時に俺の金縛りも解けたんだ。
ほっとしたんだけど、その時はっと気付いた。
二日前に俺んち黒電話からプッシュホンのにかえたんで、
電話がジリリリンって音で鳴るはずないんだよ。
ありゃ幻聴ってやつですかね。

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 10:22
>>575
黒電話が九十九神になって
最後のお別れに来たとか?

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 13:17
小学校低学年の頃だったと思うけど、デパートの中のちょっとした食堂みたいなとこでラーメン食べてた時、カウンター席
に自分と同い年くらいの姉弟が座ってるのに気づいた。
何となくその二人を見てたら、弟の方がでかい注射器で姉の背中を浅く刺し、振り返った姉に今度は弟が腕を注射器で
刺されてた。その注射器には、水よりも少し粘度がある赤い液体が入っていて、どうにもこうにも血に見える。
周りにはその姉弟の親らしい大人はいなくて、その二人を注意する人もいない。
二人は私が店を出るまでずっと「痛い」とか言いながら、じゃれ合う様に注射を刺し合っいて、なんか異様な光景だった。

あの注射器はおもちゃだったと思うけど、あんな情操教育に悪そうな物、昔は売って良かったのか?


578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 13:22
>>560
私も同じ様なものがいつも見えます。
小さいときは「私って空気中のウイルスが見えちゃうんだ!わ〜い♪」
と喜んでいた自分…。
でもこのスレを読んでいるとゾ〜っとしてきた。

579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:04
5,6才くらいのころだったと思うけど、近所のお寺にあるウンテイで3歳年上の
兄貴と遊んでたとき、中学生くらいの男の子とおじいちゃんが近くにきた。
その男の子は俺の方に向かって「あぁ・・、うぅ・・、」というような言葉になら
ない声を発しながら近づいてきた。 最初は「何? 何て言ってるの?」 とか聞
てたけど、奇声を発しながらどんどん近づいてくる彼にものすごい恐怖を感じ、泣
きながら「来ないでー! 来ないでーーー!!!」 と叫んだ記憶がある。 逃げ
ようにもウンテイの上に上ってたので身動きが取れない状況だった。 しばらく叫
んでいると、おじいちゃんが彼の手を引いて帰ろうとした。 そして、「この子は
耳が悪くてね。 ごめんね。」と言っていた。 今考えると納得できるし、たぶん
彼は知的障害者だったと思うので、ちょっとかわいそうだったのかなとも思えるけ
ど、当時の俺にはものすごい恐怖だった。 俺の人生の中で、一番昔の恐怖の記憶
です。  恐怖で泣き叫んでいた俺の近くで、その俺を見て大笑いしていた兄貴。
おまえいつかぶっ飛ばす。   ちょっとスレ違いすいません。

580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:12
漏れもこんな記憶がある。


去年も世界地区予選優勝者は開幕戦に出られるはずだったが、それぞれの優勝者は
なぜかラスベガスで潰しあいのトーナメントをやらされ、1人しか開幕戦に出場
できなかった。
おまけにその唯一の勝ち残りのマクドナルドもシュルトに敗れ、シュルトは謎の
圧力で出場できずともう滅茶苦茶。

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:40
俺が中一の時、男子だけ2ヶ月に一度放課後に全員集まってくじ引きを
行い、ハズレを引いた奴が学年問わずランダムで女子にエロイタ電かける
行事があった。

なんだかなぁ…

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 16:17
かなり小さいときの話。漏れが三輪車乗ってた頃だっけ。

夕方一人で近所の小学校で遊んでた。
したら小六ぐらいの男の子がいて(多分そこの生徒)一緒に砂場で遊んだり、
その兄ちゃんがウンテイで逆さまにぶらさがって「すっごいだろ〜!」とか言ってんのを見てるうち、
かなりその兄ちゃんが好きになった。
で、次の日も朝から小学校に行って、兄ちゃんが学校終わったら一緒に遊ぼうと思って待ってた。

そしたら何か分からないうちに地震が起こって、気付いたらその学校の周りが全部砂漠になってた。
初めのうちはそれでも楽しくて、砂漠で遊んでたりしたんだけど、そのお兄ちゃんや
周りの人は血相変えて焦ってた。

あんまり覚えてないけど、ふっと思い出した。あれ一体なんだったんだろう。

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 16:20
梅図
漂流


584 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:26
他のスレでも訊いたのですが、このスレの主旨にも該当すると思い
ましたので、質問ですが、お願いします。

その昔「特ダネ登場!」(70年代)という、変わった特技をもつ人や
変わった名前の人(番組中では「珍名さん」と呼ばれてました)、
特異な体験をした人が登場するクイズ形式の番組がありました。

私は件の回は観なかったのですが、翌日その番組を観た友人が
「描いたら死ぬ絵」のことを話してくれました。
記憶も定かでありませんし、いろいろ混乱もあります。
登場した人が実際に絵を描いた人の知りあいなのか、研究してる
人なのかはわかりませんが、以下のような説明だったと思います。

・片足の人の絵を描くと片足になる。
・空を飛んでる人の絵を描くと死ぬ。
・円の中に人の絵を描くと死ぬ。
・自分の頭蓋骨の絵を描くと顔が腐る
・水上に棺桶が浮いてる絵を描くと水死する。

 などなど……

死ぬのが描いた本人なのか、他人を呪う術なのかはわからないのです
が、この番組を観た方、この事象に心当たりのある方はいませんか?

その後、似たような話しを観たり訊いたりしたことがありません。
長年、気にかかってます。
知ってる方、どうか教えてください。


585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 19:05
漫画家や画家は危ないと思われ。
うーん、番組覚えないっす。

このスレ今日初めてよんで思い出したが、4歳頃病気で九急車に乗った時、
自分は上空から搬送される自分を見ていた。
8歳頃入院していた時、状態が急変して、気がつくと真っ暗なトンネルを落下
していた。遥か下方に光るものが見えたが、それが生き物のように揺らめいて
いて、邪灰汁なような気がした。其の時自分はジゴクに逝くのかと観念したが、
読みかけのマングァがあったことを思い出し、慌てて振り払った。
数分後、築いたら管まみれになってた世。

これも変な記憶かな?


586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 19:28
子供の頃の記憶ってほんといい加減だよね。
断片の繋ぎ合わせだったり、
願望や空想が整理されずに定着してるんだと思うけど。

私は幼い頃、裏庭で山羊を飼っていた記憶や
家の地下に玩具で埋め尽くされた部屋があった記憶があるが、
裏庭もなければ地下室もない家だったんだよな。

587 :584:03/05/05 19:31
>「描いたら死ぬ絵」
 懐かしテレビの「特ダネ登場」のスレでそれらしき話題がありました。
 「自身の死を予告する絵を描く子供たち」といった内容らしいです。

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 19:50
>>575
家族がサザエさん見てたんだよ

589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 20:21
胎内に居た時の記憶ある人いますか?
うちの子供3歳が、お風呂の中で私につかまりってぷかぷか浮かびながら話してくれたんだけど。
その1・・・お尻をトンと叩くと足をキックする。これは妊娠中に赤ちゃんのお尻を1回トン
ってやると赤ちゃんがキックするゲームが有るけど、それ覚えていたのかな?
それともただの反射かな?
その2・・・お腹の中では何してたの?と聞いたら「こうやってた」とアグラみたいな格好で体を丸めたよ
骨がいっぱい有って動けないのとも言ってた。これは?ですが
あと「ママが痛いって言うから動けない」とも言った。こちらは確かに言った記憶がある。
さてこれは本当の胎内の記憶なのかな?それとも刷り込まれたものなのかな?
だれかこういう体験した人いますか?

590 :ダヌル・ウェブスター:03/05/05 20:24
>胎内に居た時の記憶ある人いますか?

うん。吊り革につかまってた。


591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 22:37
>>577
漏れが小学校高学年の頃、(17年位前・・・・年とったなぁ)
注射器型のシャープペンが売られてました。(針先の部分から芯がでる)
シリンダー部分に、なんか粘性のある色の付いた液体が入ってた記憶があるから、それかもしれませんね。

だけど漏れは子供心にも、「なんて危険な代物だ」と思ったよ。




592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 22:48
>>560
それは赤血球の古くなったもの(老廃物)と思われ。
眼の硝子体部分に漂っていてその影が網膜にうつるらしい。
ゆえに病気ではない。
しかし、加齢とともに増加していくらしい。

上記昔読んだ本に載っていた。
飛蚊症とは違うと思うんだけど、くわしくはわからん。
>>564さんの 1 に当たるんだろうか。

593 :魔界一号 ◆jCEeHoY352 :03/05/05 23:27
>>591
俺が小学校高学年の頃(7年前)にも売ってたよ。

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 23:48
注射器型の水あめも売ってるよ。
(中身が赤とか緑とかカラフルな液体水あめが入ってる。)

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:04
>>591
オレも持ってた、液体が濃い青で、ボールペンだったけど。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:10
>>589
どっかのスレにも書いたけど、うちの姪っ子も胎児の記憶あったよ。
2〜3歳くらいの時に話してた。
「自分はパパからママに泳いで行った」
「こんな姿勢で泳いで遊んでた」と言ってたので
じゃあ魂は精子の時からあるのかって激論したよ。

597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:17
>>148
今日はじめてこのスレ見たんだけど。

>>幼稚園児のとき夜母にどこかへ連れて行かれた
ビルの中の一室で子どもがたくさんいた。
一人で本読んでたら「みんなと遊ぼうよ」って女の人に言われた。
ただの夜間保育園っぽいんだけどうちの地元田舎だから
あんなに高いビルはなかった。
あーわけわかんねー作られた記憶なのかな。


私もこれと全く同じ記憶がありまつ。あ、でも夜じゃなくて
昼だったかな。
なんか高層ビルの一室っぽくて、床が真っ赤で。

598 :金土日 ◆B/2ch/ss26 :03/05/06 00:18
>>584
うわあああああああああああああああああああああああああああああ思い出したよぉぉ!!
確かに特ダネ登場!にあった!
なんでも、子どもは一種の予知能力みたいなのがあって、
自分に起きる事を予言しているらしい。

大学生になって、それが多分浅利某という先生の主張だと知った。
なんでも絵の紫の位置で病気がわかるという…
それも買ったんだよ。暫く夜怖くて寝られなかった。
ああ、特ダネ登場のときもそうだったよ。今夜電気点けて寝るよ。

599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:29
なんかふぁんたすちっくになってきたね。よいよい

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:37
漏れが消防になる前のこと、タンスとタンスの隙間ってあるじゃない?
5oくらいの隙間。なんかすごい気になって覗いたんだよ。
そしたら、その5oの隙間の向こうは荒野になっててそこでゴレンジャー
かどうかわんないけど戦隊が怪物と戦ってたのをみた。
たぶん記憶のすり替えだと思うが、消防高学年まで正義のヒーローは
タンスの隙間で戦ってるもんだと思ってた。

601 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:38
☆★☆我のHP、遂に完成!☆★☆
ついに我の念願のサイト『Japan@ちゃんねる』が出来ました!!
この『にちゃんねる』を夢見て、頑張ってCGI勉強から取り組み、0chスプリクトで作成してまいりました!!
是非、足を運んでみてはどうでしょうか?
http://student55.hp.infoseek.co.jp/index.html です。
改良点・ご批判・ご感想をお願いいたします。
ブラクラではありません。列記としたインフォシークです。


602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:51
>>600
すまん、ちょっと笑ってしまった

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 02:18
胎児の記憶か分からないけど、人間の進化の
記憶なら見たことある。
全体がモノクロで、最初自分は海で泳いでる。
そして小さい孤島を見つけてそこに這い上がる。
それから、そこに一本だけヤシの木らしきものが生えていて
それに登ってゆく・・・・。

って感じなんだけど、どうだろう。


604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 03:20
>>603
前世はヤシガニですね

605 :584:03/05/06 07:39
>>598さん
 あ、知ってる方がいらっしゃった。
 長年、もやもやしてたんですよ。
 手がかりが掴めてすごい嬉しいです。

 今でもその本お持ちでしょうか?
 可能でしたなら、タイトルと作者教えていただけないでしょうか?
 お願いします。

 今度「浅利 予知 子供 絵」関係で検索してみます。

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 08:16
>>605
>598じゃないけど、これかな?
浅利篤 監修「原色 子供の絵診断事典」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9971916983
違ったら禿しくスマソ

漏れその番組見た事無いし、この本も見た事無いけど興味あるなー

607 :148:03/05/06 08:19
>>597

まさか今さらレスがかえってくるとは・・
もしかしたら歯医者の待合室や病院の記憶かもね。

608 :606:03/05/06 08:23
あ、ここにちょこっとだけど
>598が言ってるような事が載ってた
http://redcapcom.cool.ne.jp/kikou/mail-magazine-11.htm

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 09:11
>>594
> 注射器型の水あめも売ってるよ。
> (中身が赤とか緑とかカラフルな液体水あめが入ってる。)

甥っ子が4歳児のときに風邪を引いて見舞いに行ったときに、
「注射をしてやろう」と言ってそれを出したら、いつもはまとわり
付いて来るのに距離を置いて泣きそうな顔になったのを思い出した。

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 19:46
>>592
年齢的なものなのか・・・
しかし、漏れってまだ13(もうすぐ14だが)なんだよなw
友達と弟も似たようなものが見えるそうだ。

611 : :03/05/06 21:07
>>584
>・円の中に人の絵を描くと死ぬ。

なんて、ダヴィンチのヴィトルヴィウス的人間の絵を連想させますな。


612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 21:11
>610
近視になりかけてるんじゃない? 気をつけてね。

613 :金土日 ◆B/2ch/ss26 :03/05/06 22:30
>>606>>608
そうです。
家にもあったんですがね。

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 22:31
胎児の記憶といえば、幼稚園ぐらいまでエビみたいな動き
(横向きで寝た状態で足曲げ腹筋のような動作)をすると、
妙に懐かしい気分になりましたね。

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 22:56
>>577
水飴やシャーペンじゃなくて、ストレートに注射器の形をした
ジョークグッズを昔持ってたよ。シリンジを引くと、ホントに
注射器の中に血糊が出て来るやつ。
もしかしたら、その手の専門コーナーを探せば、今でも手に入るかも。


616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:16
「昔のことを母親に尋ねると
 『それはない』と必ず否定される」の法則。



617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:22
「お年玉をお母さんに預けてたよね?と問うと
『それはない』と必ず否定される」の法則。 もアリ。

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:32
>617
それって酷いよね・・・
確か自分の子供のお金でも、親が勝手に使ったら罪になるはず・・・
そうだよね?

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:35
そういえば、親が地域振興券を全部ビール代に使ってしまった・・・
悔しい、悔しい、悔しい、悔しい・・・・・・(涙)

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:37
「地域振興券のことを公明党に尋ねると
 『それはない』と必ず否定される」の法則。

621 :617:03/05/06 23:37
>>618
似たような思いをした人は多いと思うのだが。
あと親子間では窃盗罪が成立しないという話をどこかで聞いた。
誰か詳しい人教えてくれ・・・

622 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:43
まぶたはけっこう光をとおすんダヨぬー

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:43
お年玉貯めた定期預金60万をリフォームに使われた。
「大学卒業するとき100万にして返す」と言われた。
マルチに騙された気分。
まあ、おかげで自分の部屋が出来たからいいんだけど。

624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 23:46
幼稚園くらいの事だと思うんだが
頭を抱えてうずくまってる俺がいて、それを鬼のような顔で
怒ってるDQNババァ先生。
この場面が頭に突然浮かび上がってその後鬱になる
という事が最近ある・・・

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 00:01
>624さんと微妙にかぶりますが。
小学校低学年くらいの頃、母親の勤める会社の託児所に長期休みの度
通わされたんだけど。たぶんその頃の夏休みの記憶。

足怪我して包帯ぐるぐる巻いてる私に冷房も何もない部屋で延々と
正座させて説教してた鬼婆みたいな保母(?)
私が何かしたんだろうけど、それは思い出せない。

何故かドクダミの匂い嗅ぐたびにズキズキする足の痛みと
興奮して首まで真っ赤になった彼女の顔を思い出す。

やだやだ。
その為か定かじゃないけど、未だに足には当時の怪我の跡があるし。




626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 00:18
初めてカキコします。
私は胎内の記憶っぽいのがあります。
凄く暑くて、圧迫されておもうように動けないんですよ。
ゴォーっていう音と、心臓の音みたいのが常に聞こえていて
たまに両親らしき声が聞こえていました。
母親の声っぽい方は聞き取りやすかったですが
父親っぽい声は、低音でボソボソと聞こえてた感じです。
あと、光も感じていました。黄色い世界でした。
強烈に明るいときと、もの凄く暗い時の記憶があります。
トータルで考えると、なんか苦しかったような覚えがあります。

う〜ん、、電波っぽくて申し訳ない。(w


627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 00:23
>>584
私、その放送リアルタイムで見てました。
まだ消防だった頃で、かなりインパクトあって今だにことあるごとに思い出す(~_~;)
確か、死んだ子供が死ぬ前に描いた絵を研究してる先生が出てたんだと思います。
いろいろあったけど、よく覚えてるのは、「水におぼれて助けられたところ」
この絵を描いた子は海かプールで亡くなったそうです。
あと絵はそれほど暗い絵ではなく、おばあちゃんかお母さんとバスの前で手を繋いでる絵で
描いた子は「バスから降りてトラックに轢かれる」というようなタイトルをつけてたようで、
そのまんまな事故死をしたそうです。
もう一つ、手は目や足、体のパーツがばらばらに描かれてる絵を描いた子はバスに轢かれたとか。

なんでこんなにしっかり覚えてるかというと、翌日学校でもすごい話題になったんですよ。
で、クラスメイトの1人がその、バスに轢かれた子の描いたような絵を描いててなおさらパニック。
私はその後転校したので、その男の子がどうなったかしらないけど・・・(汗)
親になった今、子供がこんな絵を描かないことを祈るばかり(T_T)


628 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 01:03
>>626
へぇ〜なかなか興味深いっすね。
でもやっぱり若い方のほうが覚えてるものかな?おいくつですか?

629 :626:03/05/07 01:22
>>628 さん

レスありがとうございます。
もういい歳ですよ。S44生まれですから。(w
何故か最近、強烈に思い出すんですよねぇ、この記憶。
何ででしょ。。


630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 01:34
小学校に入る前、5.6歳の頃の話。
近所に住んでる同い年のあきら君と良く遊んでた。
親同士が知り合いで、一階で話してるとき
僕達は二階にいくとお互い裸になって、
交代で肛門とちんぽを舐め合ってた。
何でこんな遊びやり始めたのかは覚えてないけど
すごい気持ちよかったことだけは覚えてる。
その後あきら君は引っ越しました。

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 09:51
オカルトとは関係ないけど、60万でどんなリフォームになるのか
気になる…

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 11:03
>>631
リフォーム代金の一部として
60万使われちゃったって事じゃないの?

633 :577:03/05/07 12:33
>615
そ れ だ!シャーペンにしては大きすぎたし。
情報くれた方々ありがd。すっきりしました。

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 18:35
つーか今でもジャスコとかの駄菓子コーナーに
リアル注射器に入った赤い水飴と、ペラペラの
せんべいのセットが売られてたと思う。

193 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)