5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part32

1 :前スレ939:03/03/31 05:32
「洒落にならないくらい恐い」話を集めるスレです。

■ローカルルール
1.長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿すること。
2.「あまり恐くないかも」とか「作り話だが」等の前置きは厳禁。
3.オリジナルを投稿する時は、その時点で著作権を放棄臭いです。
4.投稿内容は実話や自作でなくても可だがコピペはわかるようにすること。
5.書籍や映画などの引用は、引用元を示して下さい。
6.人の話に点数をつけたりしない。

※あまり怖くない話だが披露したいという人は以下のスレでどうぞ。
ほんのりと怖い話スレ、その11
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047570631/l50

過去ログその他>>2以降参照


2 :前スレ939:03/03/31 05:33
■過去ログ倉庫 投票所
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/

■前スレ
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part31
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047906776/

3 :立ち腐れゆくティンポ:03/03/31 05:36
初めての2ゲット!

4 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 05:38
腐れすぎ( ´,_ゝ`) プッ

5 :クエン酸:03/03/31 05:42
>>1 乙〜


6 :939:03/03/31 08:00
10chの占いが全部1だったのが怖い
マジ霊の呪いだったらどうしよう。。。


7 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 09:53
しかし前スレの925の話 かなりおもしろかった。
ねぇ君、>>6 びびり杉だ。まじで霊とか見れたら得だって考えで行こうぜ
世の中には見たくても絶対に見れない人間がいるんだから。


8 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 11:52
俺たちの後ろには常に名無しさんが
いて守ってくれてるから平気だって!

9 :前スレ987:03/03/31 11:53
カキコした瞬間に新スレが立っていたのか・・・。
やられた・・・・

10 :1000:03/03/31 12:23
あたいがやったぜ!

11 :ダルゼ ◆zmdb1bOggo :03/03/31 13:18
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ
うんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこうんこ

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 13:26
>>11
縦読み?

13 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 14:53
斜めから読んでもうんこ。
オススメ(゜∀゜)b

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 16:17
前スレの>951
いくらスクロールしても阿部高和。

コワイヨー

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 16:19
よめねー>前スレ

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 16:22
あ、よめた

17 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 19:34
おれも向かいのマンションの男もチンポ丸出しでオナニーしてるんだよ
覗かれてることにも気づいてないんだろうな

18 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 19:37
>>17
> おれも向かいのマンションの男もチンポ丸出しで

リアル「やらないか」

19 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 19:39
>>17
それ、俺だよ
見られると興奮すんのよ

20 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 19:47
次はケツをこっちに向けて…





「入れてくれ」

21 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 19:50
前の職場の同僚が酒の席で話してくれた話。

彼の通っていた高校は山の上にあり、バスの乗り換えなどが
面倒だったのでバイクで通学していたそうなんです。
ある日はまたま彼の学校の授業が半日で終わる日があり、
いつもの下り坂がガラガラだったそうで、彼はここぞとばかりに
坂道を何往復かして「無茶な走り」を楽しみました。
あともう一度やって終わりにしようと思ってもう一度坂を上る途中で
突然飛び出してきた猫を思いっきり跳ね飛ばしてしまったそうなんです。
猫は衝撃で道沿いの排水溝の中で息絶えていました。
首輪を付けた黒猫だったそうです。
彼も家で三毛猫を飼っており胸が痛んだのですが、罪悪感よりも
恐怖心が勝ってしまい、そのまま逃げ出してしまいました。
タイヤにこびりついた血と毛を、知り合いのバイト先のガソリンスタンドで
洗い落として帰宅し、いつものようにバイクにシートをかけて家に
入り、そのまま黒猫の事は忘れてしまったそうなんですが。

翌朝、母親が家の前で跳ねられたらしく側溝に落ち込んで死んでいる
飼い猫を発見して大騒ぎになりました。
彼の脳裏に昨日の黒猫の姿が浮かんだそうなんですが、偶然だと思う
事にして、母をなだめつついつものように通学のためにバイクのシートを
めくってまたがろうとした時…。

「ブラシも使ってしっかり洗ったはずなのにさ、前輪に黒い猫の毛が
びっしり付いてたんだよね。」




22 :四分の一の一:03/03/31 19:55
もう10年以上前、俺が横浜に住んでいた頃の話。
その頃バンドを組んでいた(バンドブームってやつ)俺は練習を終えて
自宅に帰ろうと、横浜駅を出た。
季節は夏の終わり頃、時刻は23:30を廻っていただろうか。
いつもはバスで10分ほど揺られて家に帰るのだが、その日は時間も遅く
バスはもう終っていた。
まあ歩いても20分もかからない距離だし、いつもの事なのでぶらぶら
タバコ吸いながら歩き出した訳だ。

おれの家は三ツ沢公園の近くにあり、帰るには第三京浜の三ツ沢入り口
に通じる急な登り坂を登っていかなくてはならない。
道を挟んで自動車学校があるあたりに差し掛かった時、
ふとあるものが目にとまった。
金網に隔てられた道の外側は急な斜面になっていて、
かなり下の方に家が建っている。

その家の間々から奥の路地が見える。
街灯と近所の家から漏れる灯りで明るくなっている路地に

女が立っている。

23 :四分の一の二:03/03/31 19:55
ちょっと長めの髪で赤いべっ甲風の髪留めをつけている。
あれっと思ったのはその服装だ。下半身はスリップ
(シミーズ?薄いスカート状の奴)一枚のみ、
上半身は何も着ていないように見える。

「おいおいまじかよ、どっかのおばちゃんが涼んでるのかぁ?」

と思い、スケベ心全開で金網に近づき、目を凝らした。
かなり遠くてよくわからないが、若い女らしい。

「うおーっ、なんかいいもの見えるかも?」

と立ち止まりさらに凝視。その間10秒位だろうか、女が顔をこちらに向けた
ような気がした。俺は「あっ!やべえ!」と思いあわてて歩き出した。

24 :四分の一の三:03/03/31 19:56
歩きながら横目でチラッとその女を見ると、こちらをジーッと見てる感じ。
まあ離れているし暗いし、こっちがどんな奴かわかるまいと思って
そのまま歩いていた。

少し歩くと上から女の人が歩いてくる。ぼんやり見上げると、7〜8mくらい前に
いる女はベージュと黒のチェック柄の、ウールっぽいスーツを着込んだOL風の人だ。
俺は再び目を前の道に落とす、その瞬間、女の肩口が目に入ってきた。
女が目の前にいた。
ハッとして目を上げると、女は俺の横を通り過ぎながら


「な に み て る の よ」


とささやいた。一瞬髪の毛の間からこちらを見ている、悪意に満ちた
眼差しと目があったような気がした。そしてすれ違う一瞬、髪の毛の
赤い髪留めが視界に入ってきた。

思わず棒立ちになる俺。俺は軽いパニック状態で

「やべー俺が下の女を見ていたのを咎められたのか、でもそんな事あのOL
にはわからないだろ?っていうかあのOL、下の女と同じ髪留めしていたぞ
あのOLが下の女だったのかでもそれじゃ位置と時間関係めちゃくちゃじゃんか
あのOLの服装は今の時期には暑くて普通は着ないだろ?それにどうにも古臭い
デザインだあれじゃ昔の「無責任シリーズ」か何かに出てくるOLのスタイルだ」


25 :四分の一の四:03/03/31 19:57
ふと気づくとすれ違ったOLの足音が消えている。振り返りたい衝動に駆られたが、
あのOLが少し離れた所で立ち止まりこちらを睨み付けているイメージが頭の中に
浮かんできた。

そして実際その気配がビンビン伝わってくる。

もういけません。
俺は頭のなか真っ白になりながら歩き出した。走りたいけど走れない。今思えばあれが
腰が抜けた状態と言うのだろう。とにかく後ろを振り返るな!と自分に言い聞かせ、
へろへろになりながら家路を急いだ。

俺の体験談は以上です。その後夜にあの道は絶対歩かなかった。バンドで遅くなる時は
星川(ローカルですまん)のバンド仲間の家に泊めてもらうようにした。
この出来事が何だったのか今でもわからない、記憶違いとして片付けてしまいたいが女
を覗き込んだ映像もはっきり覚えてるし、OLとすれ違った時に、Tシャツ着てて剥き出し
だった俺の腕にこすれたウールのスーツの感触も覚えてるんだよね。

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 20:02
登場人物の位置関係がまったくわからないが、
ウールのOLとトップレスの女は同一人物なんだな?
で、あの感触はいまでもハァハァなのか?

27 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 20:03
(((゚Д゚)))ガクガクブルブル

赤いべっこうの髪留め・・・

28 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 20:51
スレとは全然関係ないが
>>17よ。

> おれも向かいのマンションの男もチンポ丸出しで

向かいのマンションの男はともかく
おまいはちんぽ丸出しでよその男のオナニー除きながら
2ちゃんに書き込むのが趣味なのか?

29 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 21:40
俺の、が正解だと思われ

30 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 22:08
>>29
分かって書いてるんだと思われ(w

31 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 22:59
ヤワラちゃんの始球式の衣装が洒落にならない怖さでした

32 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:33
<<31 ほんまほんま 腹みえてるし

33 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:35
>>32
だからおまえは何度言えばわかるんだ?

× <<
○ >>

34 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:40
>>33 うん ごめん 書いた後に気付いたよ…

35 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/31 23:42
>>34
わかってくれてありがとう。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:08
<<34-35
雑談はよそいってやれ

37 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:19
その事務所は、渋谷の道玄坂にある鰻の寝床のように細長い 9階建てのビルの6階あった。
坂の途中にある事務所6階の窓からは、円山町のホテル街、向かいにはキャバクラ、背後は有名なヌード劇場とそれは素晴らしい眺めであったと、今でも覚えている。
以前からこのビルにおいては様々な怪異現象が起きており、 霊感のある部下『N』(『伸びる手』等に出演)に言わせれば 『霊道』なる幽霊の通り道がこの事務所の部屋を横断しており、怪異現象の原因はすべてこれがが関係しているらしい。
吸っていた煙草が突然灰皿から消える。
事務所内に誰もいないのに机や椅子がバンバン叩かれる音がする。
揚げ句のはては6階の窓ガラスが突然うなり声をあげ、外から誰かがこじ開ける様にバタバタ震える…。
また、こういった話を事務所でしていると、部下の言う「霊道」の中に座って仕事をしている同僚が影響を受け、突然頭痛を起こし倒れるというようなハプニングが起きたりした。
様々な怪異の中で一番頻繁にあったのが仕事中に突然、耳もとで女性のささやき声がする、と言ったものであった。
それは、注意していないと何と言っているのか分からないような声なのだが、テレビもラジオもついていない窓を締め切った室内で聞こえるのだ。
外から聞こえる街頭のアナウンスの声などとははっきり違うのは、耳元でささやくその息づかいまでもが肩越しに聞こえる事であった。
さすがに、これには大半の社員がまいった。

38 :37:03/04/01 00:20
普段、霊魂などとは無縁の者もこの声を耳を理由に事務所へ の待機を拒否しはじめた。
しかし、悲しいかなここは警備会社という特殊な職業のため、各事務所は『24時間体制』が義務付けられており、昼間はもちろん、夜間の宿直者も毎晩置かなければならなかった。
セクションの違う私は、夜間宿直のローテーションには含まれておらず安心していたのだが、8月中旬のある夜にどうしても当番の都合が着かず、運命の当番が私にまわってきてしまった…。
当日、初めのうちは昼間勤務の同僚などが残業で何人も残っており、何事もなく通常の夜間勤務をおこなっていた。
しかし、10時を過ぎる頃から一人、二人と同僚が帰宅し、ふと気付くと事務所には私ひとりが残されていた。加えて、省エネの為なのか室内は頭上の蛍光灯2灯のみを残し消されている。
本来怖がりの私は、暗がりの中にある蛍光灯のスイッチを入れに行く勇気もなく、
「あーあ。とうとう一人か…。取り敢えず軽く仮眠を取っておこうか。」
などと、自分に都合の良い理屈を言うと打ちかけのワープロの電源切り、そのまま机に突っ伏し仮眠にはいった…。
リーン・リーン・リーン・リーン 
現場からの定時連絡の電話に起こされた。時計を見ると、針は2時を差している。
寝ぼけたままトイレへ駆け込み用事を済ませ、再び席に座り直したその時…。
バン・バン・ババン・バン・バン・ババン・バン・バン・ババン! 
突然、窓ガラスを素手で叩く様な音が起こった。
「あーっ。まただよ…。」
私は慌てて頭から備付けの毛布をかぶり、机の上で両耳を塞ぎ早く眠てしまおうとした…。
窓を叩く音が始まって、4〜5分程たった頃だろうか…、

39 :37:03/04/01 00:22
 バンッ!ババンッ!バン!! 
今度は私周りの机が激しく、まるでドラムを叩く様に早く激しく鳴り始めた。
「こりゃ、やばい…!。」
私は危険を感じ、毛布を払い周りを見回した。しかし、もちろん事務所の中には私以外の誰もおらず、今の今まで鳴っていた音もピタリと止んでいた。
恐怖が頭の中も全身をも支配していた。
私には、机を離れ室内を調べる勇気もなく再び机に突っ伏し、頭から毛布をかぶった。
 コツ・コツ・コツ…… 
間髪いれず、今度は何者かの足音が私の机の周りをぐるぐると周り始めた。
さすがに耐えられなくなった私は、大宮支社に助けを求めた。
この日、大宮支社は霊的体験のある(自称、霊的修羅場経験者)というO氏が泊まり番だった。
O氏が電話に出た。彼は、すぐ様電話から異変を感じ取ったらしく、ゆっくりと私に聞いた。
「どうしたんだ!?」
私は今までのいきさつと現状を、電話の向こうのO氏に説明した。
「分かった…………。いいか、よく聞けよ…。」
パシィーーーーーーーン!!

40 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:22
名無し雑談スレはここでいいの?

41 :37:03/04/01 00:23
突如背後で何かがはじける音がした。
振り向くと、額縁のガラスが割れていた。
しかも、額は壁に掛かったままガラスだけがまるで何かに叩き割られたようにこなごなに飛び散っている。
「Oさん! ガラスが…ガラスが…。」
私は、錯乱していた。
「落ち着け!事務所に塩はないか? 塩…。それを水に溶かして部屋の中に撒け!
入口の所には塩を盛れ! いいか、ただの食塩じゃねぇぞ。あら塩だ、あら塩!」
「えっ…、そんな塩、事務所にないですよ…。」
「だったら急いで買ってこい!!」
「買いに行けったって、それじゃあこっちの事務所、誰もいなくなっちゃいますよ!?」
「何もお前が出ていく必要はねえじゃねぇかよ。」
「えっ?」
「さっきから、電話口で笑っている女に買いに行かせりゃいいだろ!第一、こんな夜中に事務所へ女を引き摺り込んで、何やってたんだ?お前はっ!。」
「…………………………!!」
私は絶句した…。
彼には女性が私とO氏の会話に笑いながら相づちをうっているのが聞こえていた。
私はパニックになりながらも、電話の大宮支社への転送切り替えを行い、塩を買いに近くのコンビニまで飛び出していった。
そして、戻るなり尋常とは思えない程の食塩水を作り、床が水浸しになる程撒いたのだった。
驚く事にその直後からピタリと怪異現象は治まり、何事も無く朝を迎えた。
しかし私は、とうとう朝まで寝ることも出来ず、夏の暑い日だというのにガタガタ震えながら、翌朝代りの者に引き継いだのだった。
後日、当夜の夜間電話の録音テープは、処分された。
理由は、職場に無用の混乱を招く恐れがあるためとの事であり、表向きは、「機械の故障による録音不備のため消去」となった・・・・・。
そして、その後も幾度となく宿直当番に恐怖はふりかかった。
しかし、幸いな事にそれから程なく、リストラによる統合のため事務所移転となった。
従業員は、皆もろ手を上げてリストラを歓迎した。

その後事務所は借手を二転三転したが、長期の入居者も無く、現在は次の借手が来るのを待っている…。

42 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:29
>>37〜39
読んでるときに風で窓がガタガタなったよ・・・。
マジでビビった・・・・・・

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:35
こわいよう!!
何でそんな体験するひと
いっぱいいるんでしょうね
俺なんか身に覚えの無い 懸賞が当たり続けた事ぐらいしか無い…
けっこうこわかった

44 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 00:50
>>22-25
洒落怖見てて初めて知ってる場所だったよ。
実際の場所がわかると怖さ倍増です。
星川ってのはタマちゃんがいるあたりだな

45 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 01:04
>>37
女・・・ ハァハァ

46 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 01:19
>>36の下手な釣りになえたが>>37の話でガクブルしますた。

47 :はぎょろも ◆QUZn1XtA3g :03/04/01 05:06
>>37
  Y____Y
↑(゚ д ゚) この話ってかなり有名だと思うんだけど、このスレでは初出だったっけ?


48 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 05:42
キン縛プレイってあるけど、金縛りプレイって無いの?

美人の女幽霊に金縛られてハァハァされたい・・・・

49 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 06:29
私は親の都合で生まれてから中学に上がるまでは伯父に育てられ、実家に行くのは初めてでした。
最初の頃は初めて会う弟と両親に緊張していたのを覚えてます。
弟は二つ下で友達のように遊びました。
家は日本家屋で、庭には桜の木が植えてあり、子供ながらに綺麗なものだと思っていました。
しかし毛虫が嫌いで木に近づかなかったのです。
夏、蚊帳の中で弟とこそこそとじゃれ合いながら眠らずにゴロゴロしてると
遊んで興奮してきたのか暑くなり、襖をあけることにしました。
当時家に飛び込んできた身だったので立場の低い僕が行くことになり、ふすまを開けました。
すると桜の木が咲いていました。当時植物の事などまったく知らない僕は
「夜になると桜が咲くんだな」と勝手に納得してました。
桜の周りには子供達が居てかごめかごめをしています。
「かぁーごーめーかーごーめー、かーごのなーかのとーりぃは」
その子供達が楽しそうに桜の周りを回っているのを見て
僕も居れて欲しいと考えたのですが、弟が後ろで呼んでいるので蚊帳の中に戻りました。
そのまま眠ると次の日恐る恐る母親に聞きました。
当時知らない人だった母親が暗い日本家屋で料理している姿が非常に恐ろしく見えたのです。
「その話は弟には言っちゃいけないよ」
しかし子供の僕はそんな約束守れるわけも無く、その日の夜、弟に話しました。
その日は襖が閉めてあり、それほど暑くなく蚊帳の中でグッスリと眠りました。
次の日、桜の木の下で弟が冷たくなっていたのを父が見つけ、母が僕に怒鳴り散らしました。
「言うなと言っただろ!なんのためにあんたを義兄さんに預けたかわかんないじゃないか!」
次の日、半年振りくらいで会う伯父の家に帰りました。僕は何故か怖くなり伯父夫婦に何も言えませんでした。
それ以来父と母には会っていません。先日行われた伯母の葬儀にも二人は現れませんでした。
怖くて伯父に聞けないのですが、あれは何だったんでしょうか?

50 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 06:51
怖くて伯父に聞けない事をここで聞かれても困るよ・・・。

51 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 07:16
私と僕混同してあるから感情移入しにくいYO
でねたなんだろう?

52 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 09:23
決め付け厨キタ─wwヘ√レvv〜(゚∀゚)─wwヘ√レvv〜─ !!

53 :こりゃ怪談だよ:03/04/01 09:38
赤い自転車に乗った赤いかっぽう着の女
「もう一回刺したるからな、、、」

54 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 11:35
>>47
出てたの?初めて読んだけど・・・

55 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 11:39
昨夜、零時半頃。
自宅(賃貸マンション)で一人、テレビを見ながらボーとしていました。
すると、けたたましいサイレンの音が鳴り何十台と緊急車両が通るのが分かりました
しかも近くで停車している様子なので何事かなと思い窓の外に身を乗り出して
みました。
 ほんとにすごい数の緊急車両(パトカー・消防車・救急車)だったので近所の方々も
わらわらと様子を伺いに集まってきていました。マンションの住民も私と同じように
窓から身を乗り出し事態を把握しようと緊急車両の集まっているほうを見物しています。
 かすかに焦げ臭い臭いがしたので、火事なのかなと一人合点し窓から身を引っ込めようと
したとき隣の部屋の住人(女性)がぱっとこちらのほうを振り返り目があったのでなんか
気まずくなり私はそそくさと窓を閉めました。
 と、そのとき気付いてしまいました。先ほど目が合った女性が私の寝室の窓から外を見ていた
ということに。
 私はその晩となりの寝室のドアを開ける勇気が無く、テレビにヘッドフォンをつけコタツの中
でガタブルしていました。
 今朝、出かける前に寝室のドアからそろりと覗いて見たのですが、窓が全開になっている事
以外変わった様子はありませんでした。
 今夜家に帰っても大丈夫でしょうか?

56 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 11:47
今日ひとりで、いつも行く喫茶店でコーヒーを飲んでいたら一つ前の席にOL風の女性が座
っていて、それが超美人!僕はボーと見惚れていると彼女がハンドバックを持ったままトイ
レへ行きました、5分位して帰って来たので、もしやウンチでもしたのか?今行けば彼女の
便臭が嗅げるかもと思い僕もトイレに入りました、ちなみにトイレは男女兼用です中に入る
と香水の香だけでした失敗かと思い念のため汚物入れを開けると、ありました温もりの残る
ナプ感激して広げると信じられない位の量の生レバーがドッサリと乗っていました、その場
で全部口に含み僕はまだ暖かい生レバーを全部、口に入れてしまいました、こんなに大量の
レバーを一度に入れた事はありません彼女は会社から帰る途中ナプキンを取り替えられ無か
ったので溜まっていた分が出たのか半端な量ではありません口が膨らんでしまう位の固まり
です僕はナプキンをポケットに入れ出ました席に戻ると彼女はまだ居ました僕の方を見てい
ます、少し頬っぺたが膨らんでいましたが、まさか僕の口の中に自分の生理が入ってるなん
て思うはずがありません!僕はゆっくりと彼女の顔を見ながらホカホカの生レバーを味わい
食べましたズルッと喉を通りました。


57 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 11:48
今夜じゃなくて今から帰れよ

58 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 11:51
>>55
大丈夫だ、安心して帰りたまえ
いざって時には名無しさんが助けて
くれるさ

>>56
そうかそうか、わかったから早く寝れ

59 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 12:08
>>55
逃げて!

60 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 14:30
>>56
それ、OLの前に入ってた××のだよ。

61 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 14:36
>>22-25
昔星川に住んでて、その自動車学校行ってたから、
なんとも親近感の覚える話だ。
確かに夜中はあの辺恐そう。
昼間は車の往来が激しいから全然そんな雰囲気でないが。

62 :MMR:03/04/01 15:08
「ヒサルキ」
該当するひらがなのキーを押していくと
vx.g
そう。VXガスのことだったのだ。

大発見だがsage

63 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 15:10
>>62
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

64 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 16:27
>>62
マジか!ホンマや!

65 :コピペ(1):03/04/01 16:51
私が実際に体験したことです。
今から15年前、私は東京の神田にある某私立大学の学生でした。
住居は千葉県松戸市の馬橋という所にあるアパートを借りていました。
営団千代田線で馬橋駅から新御茶ノ水駅まで約30分かけて学校に通っていたのです。
5月のある日、講義で教授に指定された本を購入しようと、
神保町の古本屋街に足を運び、その本を探していました。
新品なら大型書店ですぐ入手できたのですが、
何しろ当時の私は貧乏学生で新品で三千五百円もする、
その『○○○○○』という本を買うだけの経済的余裕もなく、
脚を棒のようにして必死でその本のお古を探していました。
世界に類がないといわれる、書店だけで形成された街、
神保町はあまりにも広大で深く、
一介の学生が求める一冊など大洋の中の一滴に等しいものです。
歩いて書店巡りをしているうちに、
もうどうでもいいや、という気分になり、缶コーヒーを一本買い、
ひとけのあまりない小路に腰を下ろし、飲みながら休んでいました。
すると何故か目の前にある、詩集や歌集、
句集などを専門に扱う書店の店構えが気になり出しました。
今から考えると何故、詩や短歌、
俳句など自分が全く関心がない分野のものを扱う店が気になったのか、
本当に不思議で仕方がありません。
缶コーヒーを急いで飲み干し、
その店に入ってみました。
店内には床から天井までびっしりと詩集や歌集などの類の本が積み上げられ、
陳列されています。
紙かインクの匂いでしょうか、古本屋独特の甘い匂いがします。
書棚に手を伸ばし、手に取った一冊は今でも忘れもしません。
『○○○○○』という歌集です。

66 :コピペ(2):03/04/01 16:52
著者は○○○という女性でした。
奥付にある「著者略歴」を見ると、1971年に自ら命を絶っています。
短歌などに全く興味がないのに何故かその歌の幾つかにひかれ、
500円の値段が貼ってある、聞いたことのない出版社
(たぶん、自費出版か何かだったのでしょう)
から出された歌集をレジに持って行きました。
いかにも文学者くずれといった風情の店主は本を紙袋に入れながら、
「この人は可哀想なひとでねぇ。
学生運動が盛んだった頃、ある大学の党派に所属していて、
仲間にスパイを疑われ、厳しい査問にかけられて精神に異常をきたしちゃったんだよ。
子供の頃から文学の才能があって、短歌を暇を見つけては作っていたらしいんだ。
ところがそんなわけで、常磐線に身を投げちゃったんだね。
亡くなった後、遺族がその子の遺した短歌を整理して出版したのがその本だよ」
私は重苦しい気持ちになりながらも、その本を受け取り、
とりあえず松戸のアパートに帰りました。
途中のコンビニで買った弁当を食べて、買ってきたその本を開いてみて、
私は心臓が止まりそうになりました。
最初のページから最後のページまでびっしりとゴシック体の文字で、
葬式の時に貼る

「忌中」

「忌中」「忌中」

「忌中」「忌中」「忌中」「忌中」

の文字で埋め尽くされていたからです。

67 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 17:00
>>65-66
http://member.nifty.ne.jp/yhideki/ghost324.htm
だね。

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 20:53
>>62
(・∀・)ソレダ!!

69 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 21:01
>最初のページから最後のページまで
 の所まで来た瞬間に、
>何故かその歌の幾つかにひかれ
 の部分の矛盾点に気づいて萎えてしまったのは俺だけか?

70 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:03
>>69
お店で手に取って見たときは普通の本だった。

アパートに帰って開いたら「忌中」だらけ。

と友好的に解釈。

71 :69:03/04/01 22:04
>>70
ふむ。了解です。

72 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:13
だれか「エンリョウタン」の話を教えて下さい。


73 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:38
今回盛り上がらないねぇ、このスレ・・・。
>>72
エンリョウタンって聞いたことある。でも話は知らんな・・・。

74 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:39
エンリョウタンキターーーー













って釣られませんよ。





でも気になる

75 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:44
>>72だけど、字は「エン霊タン」だったと思う。

76 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:47
エンリョウタンハケーン!
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4760117261/250-5294473-3255437

77 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 22:52
>>76
違うって!!w

ちょっとしか知らないけど、顔がゆがんで見えたり違う人になって見える話だったと思う。


78 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:14
おまえらは、タブーという言葉を知らんのか?

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:15
いれずみのこと?

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:16
突っ込んだら負け

81 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:17
突っ込みたい…

82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:25
突っ込みなら得意だ 俺の棒で

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:25
テンジンキは終わった話だからいいけど
エンリョウはまだ続いてる話だろ?止めとけ

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:26
えんりょうたん(;´Д`) ハァハァ
というわけで、えんりょうたんは逝く子たんの知り合いだったようです。

85 :W鈴木:03/04/01 23:30
友達T君から聞いた話と私の体験をいくつかに分けて書き込みます

T君に聞いた怖い話

T君は電気工事関係の仕事をしています。
ある日、別の課のN村君が高所作業中の事故で亡くなりました。
T君は同期入社ということもあり面識もあったので葬式に参列しました。
それから1週間ほどしたある日、また隣の課のN村課長が亡くなりました。
病死ということでしたが急死だったということでした。
T君は面識がなかったのと礼服がクリーニングに出したままだったので、
葬式には参列しなかったそうです。
仲間内では、「N村ばっかり立て続けだし近日もう一人ぐらいN村が死ぬん
じゃないか」という話をしたそうですが、近くにもうN村はいませんでした。
それから数日後、また葬式があったそうです。
同じ課の事務の女の人で交通事故でした。
でもU田といいN村ではありませんでした。
同じ課ということもありT君も葬式に参列したそうです。
そこで葬儀会場でT君は驚きました。N村家となっていたからです。
その女の人は結婚してU田という姓になって働いていましたが、離婚してN村に
戻したのですが、会社では便宜上U田のままにしておいたそうです。
そしてT君は同じく参列していた近所と思われる人たちの会話を聞いて驚きます。
その人は、「..最近葬式多くてねー。それが変でまたN村さんなのよ...」
T君はこの時期いったい何人のN村が死んでるんだ..?と思ったそうです。

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:30
あのーエンリョウタンの話、うちにある本に載ってるんですけど話しましょうか?

87 :W鈴木:03/04/01 23:31
T君の話の続き

T君がN村さん連続死亡の話を私にした時、T君はすごい状態だった。
右半身が擦り傷だらけでスネには私がこれまで見たこともない大きな
カサブタがあった。
通勤帰宅途中でバイクでこけたらしい。
私はT君の話した怪談よりこちらの話の方が怖かった。
バイクに乗っていた彼の話はこう。
「..ほんで、この話をお前(私)にどない話したろかて思てたんや、
 ほんで、ちょっと考えてて、われに返ったら、えらいのろのろ走ってる
 気がしてな..景色がゆっくり流れてて..、あ、いかんいかんつい上の空で
 運転してた...と思ってアクセル空けたんや。
 ほんでなにげなしにメーター見たんや...そんだら120(Km/h)でてるやん!
 と思った瞬間ぶわっ!て景色が流れてな、あせってしもた。パニックや!
 信号待ちしてる車のケツも近づいてくるし、なんとか止まろうとして、
 ブレーキかけたらロックしてザザザーッといってもうた...」

私はなんとなく「呪い」かと思って怖かった。
バックミラーに写るとかじゃなくてこういう形の呪いがあるのかなと思いました。



88 :W鈴木:03/04/01 23:32
T君の話に関しての私の体験

私は怖い話が好きで、よく聞いたり話したりする。
当時付き合っていた彼女も怪談が好きでよく他所で仕入れた怖い話を披露
し合っていた。
その夜もドライブしながら彼女の仕入れた怖い話を聞いていた。
一通り聞いたあとで、今度は私がこのT君に聞いた話をしてやろうと思って
「おれも怖い話聞いてな...」と言った瞬間、車のエンジンが止まってしまった。
惰性で何とか路肩に止めいろいろ試したがエンジンは掛からなかった。
JAFを呼んで診てもらったが原因はわからなかった。
結局後日エンジンのタイミングベルトが切れていたことが分かった。
結局私はT君の話を彼女にしなかった。

書いちゃったけど大丈夫かな?


89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:34
>>87
>  ほんで、ちょっと考えてて、われに返ったら、えらいのろのろ走ってる

> 私はなんとなく「呪い」かと思って怖かった。

のろい、呪い



90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:35
>>89
おやじ

91 :W鈴木:03/04/01 23:38
>> 89
そうか!そうゆうことだったのか!納得した。


92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:39
エンリョウタンの話を・・・

93 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:45
おねがいしまつ

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:46
血反吐を吐くまでググってから物を言え。

95 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:49
エンリョウタン… 聞きたいけど怖い

96 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:51
ググるより聞いた方が早い。
ってか、エンリョウタンって牛の首みたいな話か?

97 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:54
怨霊譚

98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:55
それだ!

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:56
>54
前のスレでも誰かがコピペしてた元警備員?の話だったと思う。
このスレじゃなかったはず。

100 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/01 23:56
ますます気になるよぅ聞きたいよぅ。
ところで86さんは?

101 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:01
>>100
フィッシング

102 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:07
えんりょうたん
聞いたことはあるんだけどなあ。

103 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:15

        /ヽ ̄ノフ  
        (´く_`;フ  kowaikowai…
        (人 )
         〈 〈


104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:16
結局誰も話さないのか?エンリョウタンとやら

105 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:18
牛の首と同様ってことで…

106 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:19
ぬ・・・納得いかん

107 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:20
知ってるけど言わない
洒落にならんし得体が知れないし来るかも知れんし

108 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:23
牛の首ってなんですか?


なんていってみるテストゥ。

109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:25
>>107
そういう話は出まくってると思うが・・・

110 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:25
かしまさんってなんですか?

111 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:26
なんだよ結局牛の首とおんなじ感じかよ

112 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:29
すす、すげぇ気になる。

神楽坂の住人状態。

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:30
かしまさんは嫌というくらいガイシュツ

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:31
>>110
新潟県の糸魚川市近辺の話か?

115 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:31
ダルマって(ry

116 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:32
ヒサルキ

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:36
で、結局何なの?

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:46
ヒサルキについて前スレでリンクをはった者ですが
もう一度はってもいい?

119 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:52
…すいません。>>86です。
さっきは誰かの話の途中だったので落ちました。
こんなにレスがついていて申し訳ないが、寝る前に覗いただけなんで、
もう寝ます。ちなみに私の知ってるエンリョウタンは「猿霊譚」なんだけど
それでもいいかな?いいなら明日にでも書いてみます。

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:52
そうやって引っ張るんだね。
確信犯だ。

121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:53
じゃあ上で色々言ってる話とは別なんですか?

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:56
>>120>>121
あーすいません。でも上手くまとめらんないし、明日早いので。
時間ある時にちゃんと書くので、期待しないで待ってて。
上の話かどうかは知りません。おやすみ。

123 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:57
>>122
糞決定

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:57
>>86
いやいや、いいですよ。
ではお待ちしてます。

125 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:57
つまりまだ内容を思いついていないわけだが。

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:59
>>123
糞はないんじゃないの?
最初に聞いてきた人間にいいなよ。
こっちはたまたま本に載ってただけなんですから。

127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 00:59
>>122
作文がんばってね。期待してないけど。


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:00
本見つけて、自分で買えや。
おやすみ、馬鹿。

129 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:01
小学生5年生の男です
中学1年生のお姉ちゃんは僕のおちんちんが大好きです。
さっきも、お姉ちゃんは僕のおちんちんをしゃぶっていました。
すると、僕のおちんちんの先っぽからエクトプラズムが出てきたのです!
お姉ちゃんは僕のエクトプラズムを飲み込んでしまいました…

僕はエクトプラズムが出て行ってしまって大丈夫なんでしょうか?
それから、エクトプラズムを飲んだお姉ちゃんは魔女なんじゃないでしょうか?


130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:01
(´-`).oO(よく飽きないよなぁ・・・こいつら馬鹿か・・・?)

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:02
逃げたね

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:04
お前らなぁ・・・

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:05
>>129
あなたの姉は魔女です。正確にいうと魔女に取り付かれています。
魔女を祓うにはエクトプラズムを操る聖剣であなたの姉をつらなかなくてはいけません。
具体的にはあなたのおちんちんを姉のお○んこ(おしっこの出るところの近くです)
に入れるのです。
エクトプラズムを抜かれたい上、時間の猶予はありません!
今すぐやるのです!



134 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:05
どうしようもねぇ連中が多いな今日は
おとなしくしてられんのか

135 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:06
糞とかネタとかいう決め付け厨のがウザイ

136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:07
いちいち〜厨って名づけてる奴のがうざい

137 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:07
まぁ、>>72 = >>86であることは0.05秒でみんなにばれてるわけなのだが
>>86が逃げることもレスを全部読む前に気がつくわけなのだが

もうテンジンキみたいな隔離スレたてておいた方がいいかな?
早めの対応で

138 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:08
んじゃ、糞とかネタとかいう人達ウザイ

で、よろしいでしょうか?

139 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:08
以上、自演ネタ厨の愚痴でした

140 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:10
ガキが多いんだよ 春休みなんだからさ

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:11
エンリョウタン、気になるんだよぉ。
皆は聞きたくないの?

142 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:11
っていうか糞ともネタとも思っていない>>135ってヤバくねぇ?
事故で5分以上前の事を思い出せない後遺症を患ってるとか。

春休みって終わったと思ってたのにな・・・

143 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:12
>>141
話してくれるのかどうか・・・

144 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:13
>>119
荒れてよかったね

145 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:13
厨とかウザイとか言い合う以前にマターリしれ

146 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:14
>>141
聞きたいと思っても、そもそも存在しない話を聞くことはできません。
わかった?
明日も学校だからもう寝ようね。

147 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:14
結局、テンジンキの時もいくつか候補はあがったじゃん?
それでいいんじゃないの?それなりに楽しんだし
漏れは聞きたいから楽しみにしてるよ

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:16
自衛隊に入隊している友人が語ってくれた悲話である。
以前、彼はN県の駐屯地に駐屯しており、山岳レンジャー(特殊部隊)に所属していた。
この話はその上官(A氏)の身に起こった事である。
十数年前の夕方、付近の山中において航空機事故が発生した。
山岳部における事故であったため、ただちにA氏の部隊に救助命令が発令された。
それは道すらない山中で、加えて事故現場の正確な座標も分からぬままの出動であった。
彼らが現場に到着したのは事故から半日以上も経った翌朝の事だった。
彼等の必死の救出作業も空しく、事故の生存者はほとんどいなかった…。
           *     *     *
事故処理が一通り終了し、彼が駐屯地に戻れたのは、事故発生から実に1週間以上も経っての事であった。
『辛いことは、早く忘れなければ…。』
後味の悪い任務の終えた彼は駐屯地に戻るなり、部下たちを引き連れ、行きつけのスナックヘと直行した。
「ヤッホー!ママ、久し振り。」
「あら、Aさん。お久し振り!。さあさあ、皆さんこちらへどうぞ。」
彼等は、めいめい奥のボックス席に腰を降ろし飲み始めた。久し振りのアルコールと、任務終了の解放感から彼等が我を忘れ盛上がるまで、そう時間はかからなかった。

149 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:16
こっちの都合で「すぐ書け!」というのもなんだかね。。

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:17
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう
いぇいいぇいいぇいいぇいいぇい
うぉううぉううぉううぉう


151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:18
>>149
なんでそんなに必死なの?

152 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:19
>>149
雄鷹山の話か・・・

153 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:19
てか、ちょっと待ってよ。
148なんだけど、勝手に文字がタイピングされて続きのコピペ貼り付けらんないよ。
これってウィルス!?

154 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:19
おっす!高山

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:20
【真実か】エンリョウタンを語るスレ【ネタか】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1049213947/l50

今後エンリョウタンネタはこちらでおながいします

156 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:21
>>153
どちらかというと呪いとか怨念ですね

157 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:21
さて、マターリするか

158 :148:03/04/02 01:24
ウィルスだったみたいっす・・・
ファイル削除したら直ったけど・・・。
何か白けたし話さなくてもいいような

159 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:26
いようっ!御巣鷹山ーっ!

160 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:26
>>158
ネタはもういい

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:26
御巣鷹山ーっ!

162 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:26
>>158
途中でやめるなよ

163 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:28
おれも昔、捜索に参加した自衛隊員から話を聞いた事がある。

164 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:28
>>151
聞きたいから必死になって悪いか?

移動してマターリ待とうとしようか

165 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:28
>>158
随分と絶妙なタイミングで感染しましたね

166 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:29
いちいち揚げ足鳥はやめようよ

167 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:30
>>158
どちらかと言うと聞きたい方

168 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:31
>>158の母です(ry

169 :148:03/04/02 01:32
じゃあ煽りは無視の方向で行きます。中途も嫌だし別に何言われても知らんし。

しばらくして、A氏は自分の左隣の席に誰も座らない事に気が付いた。
スナックの女の子達は入れ替わり立ち替わり席を移動し部下達の接客をしている。
しかし、その中のひとりとして彼の左隣へと来ない。
『俺もオジサンだし、女の子に嫌われちゃったかな…。』
少々寂しい思いで彼は、右隣で彼の世話をやいてくれているスナックのママの方を向いた。
「Aさん、とてもかわいらしいわね。」
彼と目のあったママが、思いっきりの作り笑顔を浮かべそう言った。
『かわいい?。俺が?。』
かわいいと言われ、妙な気分になった彼は慌てて左隣へと視線を戻した。
誰も座っていない左隣のテーブルの上にはいつから置かれていたのか、場違いな『オレンジジュース』の入ったグラスが一つ置かれていた…。その日から、彼の周りに奇妙な事が起こり始めた。
一人で食堂や喫茶店に入ると、決まって冷水が2つ運ばれてくる。
また、どんなに混雑している列車やバスの中でも、彼の左隣の席は決まって空席のままで誰も座ろうとしない。
極めつけは、一人街中を歩いていると見知らぬ人に声を掛けられる様になったことであった。

170 :148:03/04/02 01:34
しかも決まって、
『まあ…。かわいいですね。』
と、皆が口を揃えて言うのだ。
これには、部下から鬼だと言われている彼も、ひと月しないうちに参ってしまった。
ある日、彼は部下に自分の周りに起きている奇妙な事実を話し、そしてこの件について何か知っている事はないかと問いただした。
すると部下は言いにくそうに、こう言った。
「これは、あくまでも噂話なんですが…。最近、Aさんのそばを小さな女の子が
ついてまわっているのを同僚たちが見たっていうんです。」
「小さな女の子?。」
「ええ、駐屯地の中でも外でも、ずっとAさんの側を離れずに、ついてるらしいんです。」
A氏の背中に電流が走った。
「最近って…。いったい、それはいつからなんだ?。」
「じ、自分が見た訳ではないので…。 ただ皆、例の事故処理から帰ってきた頃からと…。」
 「………………………………。」
A氏は思い出した。
あの時、散乱する残骸の中で彼が抱き上げた小さい遺体の事を…。
その後、A氏は近くのお寺へと行き少女の魂を手厚く供養してもらった。
以後、ふたたび彼の周りに少女は現れていない。

171 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:38
ここまで引っ張った割にはありがちだな。
これなら、最初からもったいぶらずに話した方が良かった

172 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:38
>>170
まぁ、かわいいですね。

173 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:38
ツマンネ

174 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:39
少女・・・(*´Д`)ハァハァ

175 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:40
>>173
春厨うざ

176 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:41
春厨はむしろこのレベルの話を必死に引っ張った方ではないか(w

177 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:41
推定少女・・・(´Д `;)ハァハァ・・・

178 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:42
>>169
聞いたことあるなあ。どこかで。
おれはオカルト話ではないんだが、御巣鷹山の捜索に行った自衛隊員
から聞いた話だ。
現場まで相当な距離があり装備をして夜中に出発。朝方到着し
地面に毛布を敷き仮眠をとる。陽が昇って起きると毛布の下は
バラけた死体。その肉片は丁度、鰹の塩辛の「酒盗」のような
感じだったそうだ。
昼休み昼食となり、麓で用意された弁当を食べる。しかしそれは
隊員の食欲を損なうものだった。焼肉弁当だったそうだ。


179 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:43
なんでこんな殺伐としてんだ?
マターリ汁

180 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:44
これこそがエンリョウタンの呪い・・・

181 :148:03/04/02 01:45
申し訳ないのでもう1つ。 

あれは、僕が幼い頃(5〜6歳だったと思う)の体験で
僕の家には和室があるのですが、その部屋には京人形らしきものがあります。その人形の話なんですが、毎晩動くんですよ・・・。
僕は幼い頃はいつも10時ごろに寝ていました。
そして僕はかなりのおばぁちゃんっ子だったので、その部屋で一緒に寝ていたんです。そして僕は毎晩のように、3時になると目が覚めて横をみると廊下の奥からその人形がこちらにむかって歩いてくるんですよ!
 怖くなって僕は
「おばぁちゃん!人形が・・・。!!」と言って起こすと、おばぁちゃんは、廊下に向かって行きその人形を押し返すような仕草をするんです。
すると人形はまた廊下の奥の方へ消えていくんですよ!
朝になってその人形をみるといつものように、ショーケースに収まっているのです。
それが、毎晩のように続いたんですよ。
 あれから10年以上過ぎたある日おばぁちゃんと家族で怪談というほどのものでもないですが
そういった話をしているときに、そう言えば僕は、幼い頃に人形が来る夢をよく見ていたよ。と家族全員にいうと、おばぁちゃんが
「そういや〜アンタは小さい頃、人形がくる!人形がくる!っていうからおばぁちゃん毎晩3時ごろおこされて、見えもせぇ〜へんもんを押し返しとったわ!」って言ったんです。
僕は凍りつきました。 「アレは夢じゃないんだ・・・。」
というような体験です。


182 :148:03/04/02 01:46
しかしさっきのウィルスの感染源は何なんだ・・・

183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:49
>>181
ヽ(´ー`)ノ えがったよ〜お疲れさん。他にあったら遠慮無くどうぞ

184 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:50
…怖い話しようか?

185 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:51
>>181
こっちのがおもろい

186 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:51
>>182
それこそがフュージャネイザンの呪い・・・

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 01:59
>>184
ああ、頼む。

188 :148:03/04/02 02:02
私は東北は岩手県に住んでおります。それも岩手といってもほぼ青森県との県境の田舎町に居ます。
その日は地元のお客さんの奥さんの実家へ商品の納品があり青森県のとある場所への配達でした。
配達ルートを見た時点で私は「あちゃーここはあそこを通らなきゃならないな〜」とちょっといやな予感がしたのです。
そうその場所とは青森では割と有名な(心霊スポット紹介雑誌、数誌に掲載)場所でして簡単に説明すると
その場所は青森県の南部にある小さなトンネルです。
数年前の夏に暴走族同志の抗争があり、あるチームの少女が敵対するチームの数名に拉致され
暴行を受け置き去りにされたのであります。心身ともにボロボロになった少女は現場の近くにあった神社の
鳥居に近くにあった白っぽい縄で首を吊り翌日、神社へ来た神主さんに遺体を発見されるという事件がありました。
その後、その場所や付近を通ると昼夜関係なく、茶髪でワンピースを着た白い紐を首から下げる
または手に持った少女を見かけるとか、カーステレオのラジオから突然雑音がしたり雑音に混じって
「お前も仲間だろ」「絶対にゆるさない」「殺してやる」など恨みのこもった声が聞こえたりすると噂がたちました。
興味本位で現場に行った若い連中などは急にエンストしたり、ライトのバルブが切れたり、エンジン停止中でカーステもオフの状態でスピーカーから声がした。
また、車2台で出かけた連中は前の車は急にエンスト停車後ろの車はブレーキが効かなくなり追突事故を起こすこともあったそうで、どうしても行くなら車は1台で行った方が・・・などのつまらない噂もたちました。
話は戻りますが、配達相手の都合で夕方に納品して欲しいと連絡があり、しぶしぶ出かけました。


189 :148:03/04/02 02:07
いよいよ現場に近づく頃、出来るだけ仕事に集中しようと心がけていると急に「きーん」と耳鳴りが
やばいかなと思いながらも無事トンネルを抜けしばらくすると耳鳴りも治まっていました。
配達先で商談も有った為に家路につく頃は午後8時過ぎ、夜とはいっても深夜では無いの事と、机仕事が残っている為
例の場所を迂回することはあきらめ、来た道を戻ることにしました。
都内に居る方は想像できないと思いますが、田舎の道路には外灯などは国道、県道、大きな町道以外はほとんど無く夜はほんと寂しいものです。
例の場所へ近づく頃、またあの「きーん」と耳鳴りが、それも来た時よりもひどく頭に響くような不快感で。
しばらく行けば治まることを信じながらも、そのような感じから少し怯えてしまい多分錯覚と思えるのですが
後ろに誰かが居るような気配も(軽トラックなので後部座席は無いはずなのですがそう感じました)
しかしここで「バックミラーを見たらいけない!」と思いとにかく運転に集中をしました。
しばらくして耳鳴りが解ける頃、ほっとしてバックミラーを見てしまいました。
月明かりしか無い筈なのにぼんやりと立っている人の姿、頭をうなだれた姿勢…
そう首を吊られた時の姿勢でさらに視線をずらした時、バックミラーに映る私の顔半分の目の脇にもう1つ目が、
目だけが映ってました。人の姿よりもむしろその目に驚き、車を停車。
頭の中で「御先祖様、助けてください」と祈りながらも再度恐る恐るバックミラーを見るともうなにも見えませんでした。
何とか気を落ち着かせようと努力しながら安全運転を心がけ無事地元へ、
自宅へ帰る途中、地元の神社へよってお参り(地元の安心感か夜の神社でも怖さはなく、むしろ安堵感が)して帰宅しました。

190 :148:03/04/02 02:08
>>184
悪い 先にしてしまった・・・。

191 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:16
>148
コピペ乙

192 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:38
>>191
別にいいんじゃん?コピペでも。
コピペすらしないヤシよりはさ、このスレ盛り上げようとしてるんじゃないの?

193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:39
少年犯罪は重罰化するべきだな。

194 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:40
ん?

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:40
もうグダグダ

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:43
>192
既出で盛り上がると思っているあなたに乾杯

197 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:45
で、>>184は何処逝った?

198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:50
それじゃあ 俺も 怖い話をしようか

199 :184:03/04/02 02:53
遅れて悪かったッス。
聞いた事あるかもしれんけど、どうぞ。


奇形児を見たことはありますか?
これは北海道の網走市であった話です。
古塚美枝さん(当時23)は、いわゆる売春婦でしたが夫がいました。
しかしその夫は働こうとせず、酒に溺れる毎日、そして酔うと必ず美枝さんに暴力を振るいました。
83年の夏、美枝さんは体調を崩し病院へ行きました。
原因は妊娠によるつわりなどでした。
売春婦であった美枝さんは、まず誰の子なのか考えましたが夫の子である事を確信し、早く報告しようと急いで帰りました。
しかし夫は自分の子とは信じず、中絶を命じました。

それから5ケ月。
結局美枝さんは中絶を拒み、生むことを決意しましたが、夫は従わなかった事を不満に思い、さらに暴力を振っていました。
そしてその日夫は美枝さんの腹部に膝蹴りをしました。
すると、美枝さんの股間からは溢れる様に血が流れてきました。
そして美枝さんは崩れ落ち、声にもならない様なうめき声で唸りな........流産でした。

夫は慌てて家を飛び出して行きました。
何故?それは生まれてきた子供が余りにも醜かったからです。
目はあべこべに付き、片方の目は眉毛の上に付いていました。
鼻はだらしなく直角に曲がり、口なんぞは縦向きに、しかも耳のつけねから裂け目の様に付いていました。動きもせず、ただこちらを眺めていました。


それからどうなったかは分かりません。ただ、この話を聞いた人は最低3日間気を付けてください。
うしろで何か気を感じても振り向いてはいけません。
それはあの子があなたを眺めているから。


200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 02:56
>>198
    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:05
睾丸が痛いんだけど、なしたべ

202 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:06

スレ進行早杉w


203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:06
今さっきフジでやってた番組
洒落にならんくらい糞だった・・・

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:09
>>203
だね

205 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:19
>199

べ・・ベヘリット!

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:22
もうおわりかよおいおいおいじようだんじゃねーよ!おらっ!

207 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:24
>>198
あぁ、頼む。

208 : X:03/04/02 03:34
では、オレもひとつ。(公の場では初披露だよん)
高校の頃、一コ上の先輩から聞いた話です。

──先輩(以後Tさん)がまだ幼い頃。
夜、ぐっすり寝ていたTさんが急にうなされはじめました。
一緒に寝ていた母親が起きて様子を見ると、Tさんはうなされながら「腕が痛い腕が痛い」と言っています。
母親は「ここが痛むのかい?」と腕を揉んであげますが、今度は「足が痛い足が痛い」と訴えます。
言われるがままに腕や足を揉んでいた母親ですが、Tさんは一向に落ち着く様子もなく、
更に「お腹が痛い」「背中が痛い」とエスカレートしていきます。
さすがに様子が変だと思った母親が灯りをつけてみると…、
そこには中年男性のような別人の顔になったTさんが布団の上でもがき苦しんでいました。
仰天した母親ですが、すぐさま仏壇の前にTさんを運び、
「ここはあなたの来るような所ではありません 行くべき処お帰りください」
というような事を必死に訴え、祈り続けました。
その甲斐あって、Tさんも次第に落ち着きをとり戻し、元に戻っていきました。
翌日知った事ですが、前の晩、近くの交差点で交通事故があり中年の男性が一人亡くなっていたそうです。
時刻はTさんがおかしくなった時とほぼ同じ。

──この出来事はTさん本人も覚えていなかったのですが、
高校生になって初めて母親から直に聞かされたそうです。
Tさんは「自分の顔が変わってたなんてシャレんなんねーよ…」とガクブルしていました。

209 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:41
>>208
乙!

210 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 03:50
>>199
ぎゃああああああああ!!!こんなじかんによむんじゃなかった!!!!

211 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 04:52












おぎゃあ

212 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 05:29
    ,,,,,,,.........., .      _,,,-――― 、_
 ./"´:;;::;;;: ::::;::"ソヽ    ,,\ヾ''~ヽヽヾ/ヽ
/ ,ヘ〜-ー'´⌒``ヽ:ヽ   /ヾヾ ゙゙ '''  ヾ、i |
/ ノ 彡:三:三:三:ミ |: ヽ  |         |i !i!|
 |. __,,;;ィ  t;;;;,,,_ :ヽ | i 、_ ,l 、_,,,、  /:::::|
| |シ ,ィェァ') (.yェュ、 ミ| | (_ `゙ノ‐「、`゙ )-―れ    ブッシュはわしが作った使用人ロボだ
!r、|  ''''''. | | ''''''  Y )  |、 ,' 、   `   P l
ヽ{ ヽ. (r、 ,n)  /:: };ノ  | /゙i ` 'ヽ、   |-'
し}  : 、___二__., ;:::::jJ    | |-―-、 i  /
  !、.:. ´ ..::::... `ノ::::ノ      i、_゙_ノ ,イ
    、ゝ '""'ノ/        /   ⌒i
    /   \         /   |. |
   /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7   |. |
 __(__ニつ/           / __ | .|____
   \  /    FMV    /    (u ⊃
    \/_________/




213 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 06:53
中学生の時、家のコンポが壊れていて録音ができない状態だったんだけど
どうしても聴きたい曲があって友達と一緒に夜の11時頃
レンタルCD屋でその曲を借りたんです。
そして、その友達の家で録音させてもらうために
友達の家に向かいました。
その友達の家はアパートの駐車場の奥にあって
道路に面してないんです。
いつもその駐車場の横の道路から駐車場を突っ切って家に入ってるんです。
その駐車場の横の道路から見える十字路に着物(浴衣?)を、
着た女の子が立っているんです。
そのとき僕は「こんな遅い時間にしかもあんな格好でおかしいな…」と
思いました。(もうこのじてんでかなり怖かった)
そしてとりあえず女の子のことは友達にも確認せずにそのまま
友達の家に着きました。
その時に初めて友達に女の子のことを話しました。
そうしたら友達も見ていてなんか怖かったと言うので、
僕もさらに怖くなって家の鍵を探している友達を早く早くと急かしました。
そのときふと後ろを見ると、なんと
その女の子が真後ろの道路に移動していてしかも
こっちをじっと見つめているのです。
やばいと思った僕と友達は急いで家の中に入りました。
そして僕は帰りもそこを通らなきゃいけないので
ビクビクしながら急いで帰りました。

なんかみなさんはあまり怖くないかもしれませんが
僕はマジで怖かったです。

214 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 07:25
充分恐いよおぉぉ

215 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 08:46
>>210
    /\___/ヽ   
   /    ::::::::::::::::\ ご
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| ぎゃ
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ
.   |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


216 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 09:24
ああやだやだ。
知能の低いガキがぎゃーぎゃー騒ぐな。

217 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 09:40
厨が湧いてきてやだやだ。


218 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 10:34
>>216
ぎゃーぎゃー

219 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 13:21
2ちゃんねるについて本気出して考えた 探していた

僕がかつて厨房の頃 カキコした壮大な
2chスレッドからは多少見劣りはする
案外普通だし 常識的な スレッドだ
それはそれなりに そう悪くはないのさ

そのプランなら 今頃じゃ 超有名コテハンで
2chをまたにかけて いたはずなんだけれど
現実はすまし顔で 名無しでカキコをする
そっちがその気ならと好きな事してきたし

それとなく流れていく日々のそこかしこに
2chがあって 次々と溢れる気持ちを胸に

2ちゃんねるについて本気出して考えてみたら
いつでも同じ所に行きつくのさ
君も2chについて考えてみてよ
後で答え合わせしよう 少しはあってるかなぁ?

220 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 13:31
じゃあ俺も体験談を一つ。あんま怖くないけど・・・

 二月の半ば頃、夜中の三時くらいに風呂に入ろうと思い
自宅の階段を降りた時の事・・・
 
 自分の家だから別に恐怖感は全然なくて電気をつけずに降りていた。
すると階段の真ん中のあたりに来たときボソボソっと誰かの囁くような
声が聞こえた。
 
 俺はちょっとビビったけどそのまま階段を降りていった
そして一番下の段で何かを踏んづけた・・・なんかぐにゅっとした
変な感触がして驚いて電気をつけてみたら何もなかった・・・

                                    終

すごい変な文章スマソ


221 :暇人だった人:03/04/02 13:39
結構最近、うちに来たメール。誤字脱字などは原文のまま

モニターを見ないで
キーボードだけを見て、このメールを別の人に出してあげてください。
奴、はトイレや風呂など、水があり人間がぁ背後に人気を感じるところに必ず
います。このメールは奴、ふぁら皆さんをk守るためのもpのです。
奴、のことを知らない人のたまえに(→ために、と思われる)
このメールをだしtあげてください。奴、は右手と左足、右目と右耳に
かsjのきうあが(かじのきずが、だと思いますが・・)あり
背中に大きな傷がありまず。だから君の背中はおいしそう、だから
君の顔がきれいだから、君のあjはsjはkじすいだがあr(ここは意味不明)
 奴、から身を真央もルナtら(身を守るなら?みたいなことですかね・・)
後ろを見ないであ、奴、を見ないであげてください。

 ここでメールは切れていました。・・・・、コワヒ・・・


222 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 13:45
くだらねぇ電波メールだな
速攻でゴミ箱逝きにしちゃいなさい


223 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 13:51
>>220
それ、似たようなことが昨日俺もあった。
夜中に厠に以降と、電気つけず階段を下りていたら、丁度右の壁をズルズルするような音が。



224 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:03
>220
じゅうぶんコワヒ

225 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:48
>>223
壁の中の人などいな(略)

226 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 14:49

テンジンキってなんですか?

227 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 15:01
エロゲーしようと思ってゲームCDを探して、
いざPCの前のイスに座った瞬間・・・

電源切ってあるPCのCDトレイが「バシュッ!」
という音とともに出てきた。

友人に話すと腹抱えて大笑いされたが、
自分には正直、マジPCには意思があるのでは、と思った。
それから一週間は恐怖のあまり、エロいHPには行きづらかった・・・

228 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 16:45
>>226

【禁断】テンジンキギャクリョウキョウ【真相】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1046276700/l50


229 ::03/04/02 18:11
今まで見た夢の中で一番怖いやつ。
旅行で県内(愛知)のとある観光地で夜まで遊び、「そろそろ帰ろうか」と俺の声で、皆駅まで騒ぎながら帰った。
観光地から駅は遠いので皆駅に着いたら疲れたあまり、切符を買わずに改札口の前で座り込んでしまった。
疲れも取れ、しばらく遊んでいると事務室の窓から駅員らしきおじさんが、「お前等、電車に乗るのか?
乗るのだったら、次の電車が最終だから切符買っとけよ」と言い、俺らは言われるがままに帰りの切符を買った。
仲間の最後の一人が買うと、駅員のおじさんは窓を閉めてしまった。まぁもうすぐ最終電車だから無理も無い。
ホームに行くとアナウンスの声が。俺達はベンチから立ち上がり、電車に乗る準備をした。
だが、電車には「盛岡行き」とかいてある。国鉄(JR)は東京までしかないのに。
おかしいと思った俺は、急いで仲間たちを無理矢理引き戻し、ホームへ降ろした。
電車の事あまり知らない仲間達は「何で乗っちゃいけないんだよ」などと、ブーイングを受ける俺。
自分でもよくわかんなかった。正直自分は夜の電車に乗った事無かったので
「深夜になると長距離の電車が通るのかな」と、無理な言い分を自分に押しつけた。
仲間のブーイングと俺の言い訳の声がホームに鳴り響いた。すると駅員のおじさんが「最後」と言ったのに
また次の電車が来た、わけもわからず立ちすくむ俺と「ラッキー」と喜ぶ仲間達。
その電車には、「金沢行き」かいてあった。「絶対おかしい」と思った俺は仲間をまた戻そうとした。
さっきブーイング受けたせいか皆を降りようとしないので、俺は必死に怒鳴り、何とか降ろした。
必死に事情を説明し何とか信じてもらった。
2つくらい隣の駅に行くだけなのに… 無人駅に長距離の電車が止まるなんておかしい。
怖くなり駅員に話しに行こうとするが、駅員は居ない。
わけもわからずホームに戻るとまた電車が来た。さすがに仲間達も警戒し「○○(俺の名前)の知識に任せる」と言った。
その電車には「鹿児島行き」とかいてあった。
ついに逆方向行きの電車まで来てしまった。さすがにこのくらいの地理はできると皆でまたベンチに座る。

230 ::03/04/02 18:12
それから約5,6分ごとに電車が入ってくる。
「甲府行き」
「網走行き」
「新浦安行き」
「上越行き」
と停車する電車をずっと見ているとだんだん馬鹿らしくなって眠くなってきた。気が付くと皆寝ていた。
俺も寝ようとすると、まだ一人だけ起きていた仲間の1人Aが「どの電車がいいの?」と聞いてきた。
まだ電車の事で心配らしい。「始発のに乗ろうよ」とAに言い残し、俺は寝てしまった。

翌朝昨日の駅員に起こされ、俺達はすぐに始発の電車に乗った。
その電車は間違いなくいつもの電車で、電車の中で昨晩の事を皆で話してた。
すると一瞬皆が凍りついた。Aが居ない。
電車の中を探すが、いっこうに見つからない。
「普段から真面目なAだから、皆が寝た後1人で電車に乗ったか電車を諦め歩いて帰ったかのどっちかだろ。」
と仲間の1人が言い、皆探すのをやめた。
でも家に着き、Aにメールしても返事がこない。怖くなって自宅にかけてみるが居ない。
Aの家に行くと、Aの母がすごく心配していた。どうやら本当に居ないみたい。
急いで他の仲間を呼び、本当は疲れていたが皆で昨日泊まった駅までの道路を探した。
でも見つからない。
昨日の夜のことを思い出した俺は昨日Aと夜最後に交わした言葉を皆に話すと、そこに居た皆が思った。

「昨日の夜の電車に乗ってしまったんだ」

俺がいつも見る夢は途切れ途切れだが、この夢だけは妙にリアルだった。

231 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:00
聞くに堪えない話とは・・・

@宝くじが当たったらどうする?
A自分の見た夢の話
B家族自慢

232 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:15
http://www22.big.or.jp/~ntoh/cgi/d/dl2.cgi?down=http://ntoh.web.infoseek.co.jp/data/_siryou4.zip&name=dame-Apl4

233 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:30
ちゃんと夢専用スレがあるのに…

【昔見たどうしても忘れられない怖い夢】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1048853026/


234 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:34
>>229-230
おもしろかったでつ。

235 :稲川:03/04/02 20:46
既出かもしれないけど
十数年前、大阪ABC放送の昼の番組で稲川淳二氏が人形と一緒にでたという奴
あれの映像ってmxやwinnyで出回ってない?
ずーーーーーっと探しているんだけど見つからないんすわ
持ってる人いたら教えてくださいまし

236 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 20:48
>>227
これじゃないの?おれもメッチャビビったよ。
http://ime.nu/homepage.ntlworld.com/robbiekhan/cupholder.htm


237 :カノン3号:03/04/02 21:15
http://homepage.ntlworld.com/robbiekhan/cupholder.htm
ビビタ

238 :カノン3号:03/04/02 21:16
ダブッタ

239 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:20
今から2年前、人間関係とかですごく悩んでいた。
で、近くのビルの屋上から飛び降りた。
自分の葬式のとき、いろんな人たちが泣いているので、スゴク後悔した。

240 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:22
>>239
霊のカキコを見たり。

241 :239:03/04/02 21:26

>>240
という夢を見ました。

242 :239(本物):03/04/02 21:32
>>241今日あなたのお家に行きます。

243 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:41

>>239−242
自演はいいから、さっさとネタ持ってこい!

244 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:43
>>243
お前がもってこいw

245 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:46
>>243-244
(・∀・)ジサクジエンデスタ!!

246 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:51
245=厨


終了

247 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:53
>>243-246
(・∀・)ジサクジエンデスタ!!


248 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:55
もういいっつの

249 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 21:57
>>243-247 永久に続くだろw和露多

250 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 22:32
エンリョウタンはどうなったんだ?
あっちのスレも進んでないし

251 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 22:44
おまいら伝統あるこのスレを雑談で汚すなよお
今年に入ってから以上にスレ消化早いぞ
オリックスの実況板並の早さだ

252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 22:46
>>251
じゃあネタを・・・

253 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 22:53
>>252
いままでに5つは出してるよ(マジ)もう打止め状態。
とにかく雑談はやめれ! 俺もこれで引っ込む

254 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 22:58
>>253
同じく。
でも、昔からこのスレ見てきたけど
ネタあるときとないときがすごい極端なのがこのスレ。
廃れる→盛り上がる を糞みたいに繰り返してここまで来てまつ。

255 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 23:18
時計を見ると
17時だった


256 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/02 23:28
直せ

257 :   明菜 ◆puezqLjSFo :03/04/03 01:34
みなさま、おはつです。。
とつぜんですが、893さん、いらっしゃいますか?

258 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:38
オカ板初心者の方へ

ここは厨房隔離スレッドですのでご注意ください

259 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:41
>>22
遅レススマン
関○自動車学校ですね。常磐台すんでて俺その学校で免許取りました
ゆうきなえだっけ?が免許とってますた
なつかすぃ

260 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 01:42
>>257
なんだ?

261 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 02:04
  ∧_∧   
 (´∀` )
  (つ⊂ )
  | | |
  (_(_)
ダーレガ♪

  ∧_∧_
⊂⌒   ○⌒つ
  ̄丶( /
    し
コロシタ♪

   ∧_∧   
 (´∀` )
 (つ⊂ )
  | | |
 (_(_)
クク♪

  ∧_∧_
⊂⌒   ○⌒つ
  ̄丶( /
     し
ロービン♪



262 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 04:09
とりあえず
「中年男性の顔」
が合格

263 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 11:34
俺は好きな女に毎日メールや電話をしてました。
会える日はとことん会ってしつこいぐらい迫ってました。
それが原因か、この間「連絡とらないが良い」と言われました。

とりあえず、4日ぐらい間をおいていますが、再び前みたいに色んなところに
行けるようになりたいのですが、明日かあさってそいつにメールを送りたいと思っています。
なんて切り出せばよいのかわからないです。
「なにしてんの?」とか「めっちゃおもろいことがあったんだけど・・」
といって切り出せばいいのですか?それとも
「お前のことが好きだから気になってしょうがない」って重く切り出せばよいのでしょうか?
友達は軽い気持ちで行けばいいといわれたんですが、皆さんはどう思われますか?

264 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 12:24
見事な誤爆・・・だが、自覚するほどしつこくしてたなら、女にとっては洒落にならない事態であろう。

265 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:46
学校の階段系の話は既出?

266 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 13:49
某国内線空港の拡張工事でガードマンのバイトやってたときの話。
たまに、びっこを引いた三本足の犬が滑走路内でぴょこぴょこ歩き回ってるのを見かけた。
ほんとは通報しなくちゃいけないんだろうけど、なんだかかわいそうで、
しばらく知らん振りしていた。
やたら人間を警戒する犬で、俺も2、30メートルくらい近づいただけで
恐ろしい剣幕で吠え立てられた。
すぐ近くに赤い大きな鳥居が立っていて、その犬はその鳥居の周りに良く出現した。
で、そこで、まるで飼い主とじゃれあってるみたいにおなかを上にして転げまわったり
尻尾をやたら振ったり、「クーン、クーン」ていう甘えた鳴き声出したりしてた。
人間で言えば、相手がいないのに誰かと話してるように独り言言う人みたいで、すごく不気味だった。
そういう時は目線も明らかにそこにひとの頭がある高さをじっと見つめたりしてたし、
独りで「お手」をやってるのを目撃したときなんか、ほんとにヤバイ感じだった。

そのバイトは2週間足らずで辞めたんだけど、後に聞いたところでは、
その鳥居はお稲荷さんを祀ったとても古いもので、しばらく後に工事の都合で他へ
移転させられたっていう話。ちょっと有名な鳥居らしい。
犬は鳥居が撤去される数日前に保健所で処理されたとのこと。

267 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 16:12
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~madtaro/sanctions.htm

268 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 16:13
>>266
場所がバレバレなのだが、、、。(w
そこの鳥居ってその時も移転されたの?


269 :ダルゼ ◆zmdb1bOggo :03/04/03 16:17
269ゲットだぜ!

270 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:01
人間、気が付かないって言うのはホントに幸せな事で・・・

 学生時代、大学の近くの一軒家を借りてそこに住んでいた。
その一軒家は母屋が2階建てで1階と渡り廊下で繋がって
いる離れがあった。だいたい敷地面積はだいたい60坪くら
いの一軒家。
 僕はその離れを個人部屋にした。母屋の各部屋は倉庫代わり
にした。母屋に用があると言ったら炊事、入浴、用足しぐらい
だった。
 入居当日、僕は台所に貼ってあった大きなお札(仏像の絵と
呪文らしきものが書いてあった)を、邪魔に思いはがしてしま
った。それから妙な事が続いた。夜になると、母屋の階段を

「タンタンタンタン・・・」

と2階へ昇っていく足音が聞こえるようになった。その家には
離れの部屋に僕しか住んでいないのに・・・

271 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:02
 また、母屋から渡り廊下を

「ペタ、ペタ、ペタ・・」

と、僕の部屋になっている離れに誰かが近づいて来る足音と、
離れの僕の部屋の扉を

「トントン」

とノックする音が聞こえたりした。僕はてっきり友達が遊びに
来たんだと思い、「はぁ〜い!入って来いよ」と返事をした事
も一切ではない。
 あと、離れの部屋の外の庭を

「ジャリ、ジャリ、ジャリ・・」

と歩く足音を聞いたり、離れの自分の部屋に引いている電話に
雑音が入り出したり、留守電のテープの中に女の人の声で


「・・・・・・・・ふふ・・・・」

って言う笑い声だけが入っているのがあったり、庭から離れの
僕の部屋の窓を

「ゴリゴリッ ゴリゴリッ」

と無理矢理こじ開けようとする音が聞こえたりした。

272 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:04
 また、その離れの部屋で寝ていると、金縛りにあって、胸のあ
たりを押しつけられているような感覚に襲われ、あまりに苦しい
ので目が覚めると、寝汗がびっしょりなんて事もあった。
 この金縛りだけは頻繁にあい、胸を押さえつけられるバージョン
と、両足首を捕まれるバージョンの2種類があった。

 ここまでパーフェクトに心霊現象を経験しているにも関わらず、
僕は全くこれらの現象を心霊現象だと気付かず、卒業までその一
軒家に普通に住み続けた。別に僕が剛胆だとか勇気があるとか
そういう話ではない。どちらかというとかなりヘタレな方だ。

273 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:05
 例えば、階段を上がって行く足音が聞こえた時は、
「この家のお隣さんの階段の音が聞こえたんだろう」と思っていたし、
母屋から離れの廊下へ近寄ってきて、ドアをノックした音は
「友達の誰かがいたずらしたんだろう」と思っていたし、
庭を歩く音が聞こえたのは
「野良犬が入り込んできたんだろう」と思っていたし、
部屋の窓を開こうとする音は
「猫がさかりついてるんだな?」ぐらいに思っていたし、
金縛りあって、胸を押さえつけられて苦しかった時は
「人間、タバコを吸い過ぎるとこんな風になるんだな」と
思っていたし、足首を捕まれた時は
「最近、運動不足だしなぁ、足首って凝るとこんな感覚に
なるんだー、まるで誰かに足首を捕まれているみたいだなー」
と思っていた。
 電話の雑音が入った時は、NTTのサービスマンを呼んで
点検して下さいって言ったし(当然なんの故障もなかった)
女の人の声で笑い声が聞こえたのは、ただのいたずら電話だと
本気で思っていた。

274 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:07
 僕があれは心霊現象だったんだ、と気付いたのは卒業して
その一軒家を引き払った後の事。
 仲の良い一年下の後輩が、僕の次にその離れの部屋に入居
した。2月に僕の卒業式が終わって、4月に僕は入社し、5月の
GWにその後輩の所に遊びに行ったら、後輩が涙目で僕が4年間
経験し続けた、上記したような現象がほぼ毎晩起こる旨を僕に訴
えた。

275 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:08
(´・∀・`)ヘー

276 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:08
後輩「夜、階段を上っていく音が聞こえるんすよ」
自分「あぁ、お隣さんの階段の音だろ?」
後輩「お隣さんの家って平屋っすよ?」
自分「・・・」
後輩「夜、庭を歩く音がするんすよ?」
自分「犬が入り込んできてるんだろ?」
後輩「2本足の足音でしたよ?」
自分「・・・」
後輩「金縛り状態になって、胸や足首を押さえつけられたり
   するんすよ」
自分「タバコ吸い過ぎ、あと運動不足」
後輩「自分、タバコ吸わないんすけど?」
自分「・・・」
後輩「あと、夜になると母屋からここまで足音が聞こえてきて
   この部屋の扉をノックする音が聞こえるんすよ」
自分「だれかにいたずらだろ?」
後輩「母屋の玄関、鍵閉まってるんすよ?」
自分「・・・」

 今思えば、ブルブルもん。どうして気付かずに4年間も
平気であの一軒家に住めたんだろう?今思えば、家賃が
1ヶ月で1万円だった時点でおかしいと思うはずなのに・・・・

 ちなみに後輩はソッコーで他のアパートに引っ越しました。
その時、お札をはがした事は言いませんでした。つーか忘れて
ました。みなさん、お札ははがしてはいけませんね。 テヘッ




277 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:30
どう見ても洒落コワではないなあ。後輩が襲われたとかの落ちがあるなら別だが
ほんのりの方に書きゃ良いのに 鈍そうな人間だからそこまで気が回らないか テヘッ

278 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 17:37
>>270は幸せだったってことでしょう。
安い家賃で学生時代過ごせたんだしね。
知らないでいる事が幸せなんだろうね。

279 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 18:20
狂気の様な恐い話が読みたいなぁ。

280 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 21:25
270のよな話を読むと毎朝鳩が来る話もボケキャラの身の上に
本当にあったのではないかと思われてくる(藁

281 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 22:30
まさか霊も270みたいな奴が来るとは思わなかっただろう。

282 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 22:59
いやまてよ。270は自分から原因をつくったんだから自分で後始末すべきですよ。

283 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 23:34
昨日、旧友と帰り道にばったり会い、少し呑んでから一緒に電車に乗った。
最終電車ではなかったと思う。でもそれに近いくらいの遅い電車だった。
時間ぎりぎりに最後尾の車両に乗ったため、遅いのに結構混んでいて、座ることはできなかった。
仕方がないので立とうと思っていたら、酔っ払っているのか、友人が他人の座っている席に座ろうとしていた
私「おい!ヒト、座ってるやろ!何すんねん!」
友人「おまえ、なにゆうてんねん。」
と言ったまま座ってしまった。・・・おかしい。「最初から座ってたヒト」と友人が重なってる。
友人は「他人」の上に座るべきはずなのに、その「他人」を まとう様にしてシートの上に座っている。
慌てて友人の手を取り、隣の車両に行く。
・・・と、ぱらぱら位にしかヒトはいない。十分座れる。
さっきの車両の方を見る。いっぱいヒトがいる。
友人「どないしたんや?」
私「・・・・・」「降りよう」
できるだけ前の車両に行き、次の駅で降りた。
ホームでその電車を見送る時、見たくなかったけど、つい最後尾の車両を見てしまった。
やっぱり混んでいた。

私「なんで後ろだけ混んでてんろ・・・」
友人「なに?ガラガラやったやん。」
聞きたくない一言でした。




284 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/03 23:54
テヘッ

285 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:07
テヘッじゃねぇ!

286 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:16
>>285
メール欄

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:18
テヘッ

288 :sage:03/04/04 00:19
おまえら馬鹿か?

289 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:33
277 せっかく人様が恐いネタを書いてくださっているのに、おまいみたいに
煽るやつは読んでいて非常に不愉快だな。おまいは軽る〜い心持ちでカキコ
してるんだろうけど、ここで煽っても自分に何ら不利益はないと思ってやって
るんだろうけど、それは大きな間違いってことに何時か気付くよ。
いつの日かきっと、おまいが誠心誠意取り組んだ事に対して誹謗する奴や、
あげつらう奴が出てくるんだな。おまいが一生懸命に説得しても馬耳東風。
薄ら笑いを浮かべて、馬鹿にしたようなニヤニヤ笑いを顔に浮かべて
「それって自己評価じゃん。他人評価が全てだよ世の中は。。」って
言われるんだな。それが因果応報。人間関係はおまいの人生の先々で複雑に
からみ合っているんだな。だから大人は他人をやたらと中傷しない。
自分に返ってくることが明らかだから。。。馬鹿な厨房だよおまいッて奴は

290 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:36
過去ログの生き人形という話をよんでたら
いきなりテレビとパソコンの電源が落ちた。
不思議

291 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:37
生き人形って、稲川淳二のやつ?

292 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:39
>>289
俺もエンリョウタンの話知ってるけど煽られるのがオチだから書けないんだよな

293 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:43
どうせ書いたところで、つまんねーと言われるか
ネタ扱いにケテーイ。

294 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:47
エンリョウタンって、どんな字書くの?
猿霊譚? 怨霊譚?

295 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:51
落語家じゃよ。

296 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 00:52
俺の通っていた小学校の時に起こった話をします。
放課後まだ生徒がたくさん校内に残っている時でした。
だれかが急に叫んだのです。
それを合図にあちこちのクラスから悲鳴が上がりました。
何事かと思ったのですがどうやら設置されているスピーカー(放送するときのアレ)から
なにか唸り声が流れているらしいのです。
俺は最初よくわかりませんでしたが確かに低く「う〜○×△□・・・」と聞こえてくるのがわかりました。
泣き出す子も出てきました。みんなクラスから出て逃げていきます。
俺もなんだかよくわからないうちに釣られて校庭に逃げました。
みんな玄関あたりでざわざわしていました。
誰が言いだしたのか「近くのお寺から流れてくるお経が偶然放送が拾っただけだよ」という
噂が立ちました。俺はなんだそれならつまらないとがっかりしました。
ちなみにその時放送室には誰もいなかったそうです。
俺が怖いと思ったのは次の日から何事もなかったかのように
みんないつもどおりだったことでした。おしまい


297 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:01
わかんねーけど、俺が知ってるのは金色の猿の話

298 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:02
狂牛病の影響が、あちこちに出始めた頃、たまたま
読んでた雑誌にのってた通販広告。

「○○プラセンタ美容液 ヒトのプラセンタを
使用しています(牛は使ってません)」

プラセンタが「胎盤」の事だと知ったのは、
そのすぐ後でした…うげええええ



299 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:02
吉岡美穂 かわいい・・・

300 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:18
>>296 これを思い出した。
http://icelake.hp.infoseek.co.jp/anime/speech.swf

301 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:22
あー狂牛病が問題になる少し前、プラセンタ100%原液っつーの使ってたなぁ。
なんの胎盤から採ったんだろ。

ところでこの板だったと思うけど、サルの脳みそを生きたまま食べてた
のを見たってゆー書き込みがどのスレにあるかわかります?
今までで一番嫌な感じのする書き込みだった。

302 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:25
>>301 これのこと?

22 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/03/09 02:08
>>16の脳髄繋がりで。
中国名物、生き猿の脳味噌。

聞いた話、小さな椅子に体と頭を固定され、脳剥き出しの生きた猿が運ばれる。
それを給仕さんが取り皿に取り分けてくれるそうな。

問題は取り分けの時だ。
給仕が脳にレンゲを差すと激痛が走るのか身をよじり、すさまじい金切り声でさけぶそうな。
・・・さてお味の方はと言うと・・・これがかなりの美味らしい。
白子のような食感覚に、ほんのりと透き通った甘味。
その甘味がかなり癖になってしまうのだそうな。

私なりに考えた理屈ですが、甘味は脳の活動に使われるブドウ糖だと思われる。
脳自体には痛覚がないが、血管には痛覚神経が通ってるのでそれで痛がったと思われる、その際に強烈に分泌された「エンドルフィン」が、癖になる甘味の正体と予想される。

ならば、あの死の悶絶が強烈であればあるほど美味となる有る意味サディスティックなデザートであります。


303 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:27
>>301
中国では招待客におもてなしする最上級のデザートだと聞いたことあるよ。
檻に入った猿を見せて(生きてるのを確認させる為)縛り上げて、頭の部分だけ
テーブルから出す。(テーブルに丸く穴が開いている)
生きたまま、頭蓋骨を切られてスプーンですくって食べるのだそう。
めさめさ美味いそうですよ。

304 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:31
まぁ、中国はヘビも食うしねぇ・・・

305 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:32
まんまハンニバルですな。

306 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:32
ヘビなら日本でも食うでしょう。

307 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:35
中国人は人間の胎盤も喰う・・・

308 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:38
>>306
まむし酒のことでつか?

309 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:40
>>307
う゛ぅ゛。やめれー。
想像したら尻のあたりがムズムズしてきた。

310 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:41
よく怪奇特集とか怖い番組を見ているときに部屋でいつにもまして家がきしむ音や
いきなり物が落ちたり大きな音がたつときってあるよな?
あれはいたずら好きな霊がテレビを見て怖がっている人を脅かそうとしてやるんだそうだ。
霊感のある人は人間といっしょにテレビを見ていたりする幽霊がみえるんだって。
寂しがりやなので驚いてやって下さい。

311 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:41
>>308
どこの地方だか忘れたけど、
ふつーにかば焼きにして食っていた。
ウナギと変わらんそうだ。

312 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:43
>>302
>>303
こういうのをみるたびに戦時中の「日本軍の残虐行為」は
ほんとは日本人じゃねーよな、とおもう。
全く無かったとは言わないけどね。もう根本的に感性が違う。

313 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:45
サルの脳みそは、現在は生きたまま使用することは禁じられているよ。
でも死んだサルなら使用可なので、それなら今でも出てくるって。

314 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:47
>>312
詳細キボーン。
何か怖そうだ、戦時中話は。

315 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:48
高校の時の修学旅行が中国で、ホテルの食卓にヘビが出たことあるよ。
その時は誰も分からなかったんだけど、後で「本日のメニュー」みたいなのにそう書いてあって。
味は、別に不味くはなかった。うなぎというか、魚のような感じ。
蒲焼にされてたよ。

ヘビはまだ良かったよ。
ホームステイ先の家族が連れてってくれた鍋屋では豚の脳味噌が登場したから・・・。
だから、中国じゃ猿の脳味噌とかは高級食材で出されてるよ。
ちなみに味のほうは・・・

316 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:48
>>314
そのくらい自分で(ry

317 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:51
今日は怖い話ないのかー

318 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:52
猿の脳味噌系の話。
ある意味怖いなぁ。

319 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 01:52
中国はある意味洒落にならんくらい怖いよ・・・
そういや、さんざん既出のダルマも最初は怖かったなぁ

320 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:01
>>306
マジデツカ???

321 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:06
>>320
沖縄の田舎の方は蝉を食うっていうから、あながちネタでもないかも

322 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:09
沖縄行った時、ハブのからあげ食ったよ。

323 :コピペだけど:03/04/04 02:20
私が、このホームページを見ている時体験した話です。
真夜中の12時過ぎのことでした。
始めは姉と2人でホームページを観ていたのですが、そのうち姉はお風呂へと言ってしまいました。
姉がいなくなってから5分ぐらいは、何事もなく、ただ「こわ〜い」などと、人ごとのように観ていました。
がた!がたがたっ!
部屋の中で突然音がしたかと思うと、付いていたテレビが急に「プツン…」と切れてしまいました。
そして私は何故か、窓の方が気になり始めました。
しかし、怖くてなかなか窓の方を見ることが出来ません。
けれども私は、勇気を出して思い切り窓の方を見ました。
…そこには、男の子が私のことをじっと見つめて立っていました。
彼は、部屋の中に待っていました。しかも、彼の後ろ姿が窓に映っています。
私はいつもこういう不思議な事がよくおこるのですが、ここまではっきり見えたのは初めてでした。
そのうち彼は、混乱している私の右手をマウスの上から思いっきり、ぎゅ〜っと、握ってきました。
いえ、それは握るというよりは、愛しいように擦り寄りよって掴んで来るのです
私はその子に語りかけてみました。
「名前は?」
「マ……マ・コ・ト……」
とても苦しそうな声で彼はこう言いました。
「苦しいの!?」
「ダ・イ・ジョ・ウ・ブ」
「キミミタイニ、キズイテクレル人、サガシテタ…」
「あなたは、何をしたいの?」
と、きいていくうちに私と同じ登校拒否だということが分かり友達が欲しいのだとか…
いつしか私は彼と友達になっていました。
しばらく話したあと彼は、
「マタクル…アリガト…ォ……」
と言い残して消えていきました。
その後、彼は一度も逢いには来てくれません…

324 :323:03/04/04 02:21
何が怖いかっつーと、これを体験したと思われる女が恐かったのよ・・・

325 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:26
コォワァイゾォ〜!?

326 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:26
男の子で想像してしまうのが呪怨に出てきた男の子なので
手を触りに来ただけで怖い

327 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:35
「呪怨」って名前しか知らないからどんなんだろうって思って公式ページ検索して見てみたら
難なんだよあれ!!!心臓止まるかと思ったよ!!
まぁよくよく見たらわかいいかもしれないけど

328 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:37
その男、触った女の子の手の感触を思い出して、ハァハァしたんだろう。

329 :陸自隊員レンジャー:03/04/04 02:39
レンジャーでは普通にヘビ食うよ。

生存自活の為にね

330 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:39
>>327
よほど恐かったのか・・・・?すごいミスだ

331 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:40
>>327
おちつけ

332 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:42
ウナギやアナゴを普通に食う民族なんだから
ヘビくらいでうろたえるなよ。
似たようなもんじゃん。

333 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:43
>>322
それって沖縄では普通なのかな

>>329
どうやって食うの?


334 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:44
ナイフでサクッっと。

335 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 02:48
皮むいて丸焼き、ってのもあるな。
ドンブリ飯の上にトグロまいてるの。

336 :333:03/04/04 02:52
>>334-335
おまいら、俺をビビらそうとしてるだろ!  やめれ〜〜〜
マジデビビってまつ。。


337 :◆HoPninJAsw :03/04/04 02:55
蛇はウナギと同じような味がするらしい(byサバイバル)
だからかば焼きとかかな?

338 :陸自隊員レンジャー:03/04/04 03:01
口の両側に切り込みを入れ、口をめくる様にすると突起物が出てくる、それを歯で噛みながら上顎と下顎を引っ張ると皮が剥ける。

慣れないと大変だがね。後はブツ切りにして煮るなり焼くなり。

ちゃんと料理すれば旨いだろうが、訓練では生臭くて気持ち悪い。

339 :◆HoPninJAsw :03/04/04 03:03
>>338
陸自衛隊レンジャーさんは普段の訓練で蛇食ってるの?
ウチの親父も自衛隊だけど食ったこととかあんのかな。

340 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:04
>>336
なんでびびってるの?
ゴキブリのてんぷらとかに比べたら、
よっぽどおいしそうだけど・・・
ウナギとか食べるでしょ?同じじゃん。

341 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:04
蛇の生き血を飲むと、
蛇みたいに早く走れるらしい(By CWニコル)

342 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:06
>>333
小学生の時のことだからあんまり覚えてないけど
親戚のおっちゃんがさとうきび畑でハブを生け捕りにしてきた。
その時、俺はおっちゃんの車の中で待ってたんだが
持ち帰って来たビニール袋がガサガサしてたのが印象に残ってる。
それがハブだと知ったのは食い終わってからだったよ。
鶏肉に似た歯ごたえで美味かったけど
その事実を突き付けられた時は(((((((((;゚Д゚))))))))ガクガクブルブル だったな。

343 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:08
訓練中に山から携帯で書き込む
自衛隊のレンジャー隊員がいるスレはここですか。

344 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:08
>>342
タガメよりましだ。

345 :元陸自:03/04/04 03:10
一般の隊員はヘビ食わんよ

346 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:11
http://lv3.lib.net/up/img-box/img20030404025932.jpg

347 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:12
チキンラーメン喰っとけ

348 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:13
なぜにチキンラーメン?

349 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:13
引き篭りで根性無しの2ちゃんねらーが陸自隊員レンジャーな訳ねーじゃん
お前らアホですか?

350 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:18
ってか、レンジャー隊員がパソ扱える程お利口さんなのかと、小一時間…(略)

351 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:22
世間の評価

自衛隊>2ちゃんねらー



352 :333:03/04/04 03:23
>>340
恥ずかしながらヘビ自体が怖いんよ。
口にするのも怖いくらいなので、普段必要な時は「ビーちゃん」と呼んでるくらい。。

353 :333:03/04/04 03:24
>>342
あわわわわわううう

354 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:24
だからチキンラーメン食っとけ

355 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:25
>>333
お前ちょっとかわいいよ。
でも気持ちは分かる。
小学校の時、長野の山ん中で潰れてる青大将を見たからな・・・
下手すりゃトラウマもん

356 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:26
怖い話はないのでつか?

357 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:26
>>352
あはは うちのマミーと一緒だ。
ゴキブリは平気で叩き潰すくせに、
テレビにヘビが映っただけで悲鳴あげてるの。

358 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:26
>>352
蛇をよーく見てみ
かなりキモイから

359 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:30
ヘビはすべすべしてひんやりして手触りがいい。
沖縄のハブ園で、ゴールデンパイソンっていうアルビノのニシキヘビを
首にかけて記念撮影したよ。
重くてよろめいてしまった。2m以上あるんだもん。

360 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:30
>>358
蜘蛛よりましだ

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:31
>>360
亀の死体よりましだ

362 :333:03/04/04 03:31
つーか、ごめんよ!
あまりの動揺のためにみんなを雑談に引っ張っちゃったよ。。
失礼した>>お〜る

363 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:33
あぁー久々に蛇くいてー

364 :蛇にはかわいそうなことをした:03/04/04 03:33
小学生のとき、自宅で飼っていた十姉妹の小屋に青大将が入って、
抱卵中のメスを卵ごと飲んだことがあった。
むかついたので捕まえたら、尻尾を巻きつけて噛み付いてきたので、
逆に尻尾つかんでぐるぐる回して、頭を何度も何度もコンクリに叩きつけて
ぶち殺したことがあった。今から考えると殺すことはなかったな。
殺しても腹の中の十姉妹が生き返るわけでもないしな。
可愛そうなことをしたよ。殺した青大将はそこいらの藪に捨てた。

365 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:34
>>359
気持ちいいんでつか!?

366 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:35
癖になる

367 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:35
てゆーかヘビトークやめようよ・・・

368 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:37
蛇といったらワガママフィリップだが、
猿といったら??

369 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:40

孫悟空。

370 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:43
>>369
45点

371 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:45
ひとまねこざる、Curious Georgeかな?
://homepage.mac.com/naoyuki_hashimoto/bush_or_chimp.html
こういう猿もいるけど(w

372 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:45
>>371
2点

373 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:51
いつも思うけどリンクが貼られてなかったら見る気にはならない・・・。
鯖に負担かかんないからいいんだろうけどめぇ・・・

374 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:53
>>373
いいことゆうた!!!!
71点

375 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:53
めぇめぇ

376 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 03:59
まだ俺が幼稚園の頃、
父親と母親が仲悪くて毎晩喧嘩していた。
だけど父は暴力的だったので母はいつも泣いてた。
それで父を避けるようにして、毎晩父が帰ってきたら、
自分たちを連れて寝室で明かりを消して寝たふりをしていた。
ある日もドアをガチャガチャし始めて乱暴に家に入ってきたので、
自分たちは寝たふりをしていた。
部屋の前で足音が止まってバタンと乱暴にドアがあいた。
自分たちは身動きもしないで布団の中でおびえていた。
すると寝ているのを確認するように布団をめくって覗き込みはじめた。
寝ているのを確認すると再び玄関を開けて外に行ってしまった。
酒を飲みに行ったんだろうと思ってたら、
10分くらいして父が帰ってきた。
そしてまたこっちの部屋のドアを空けて
「おい、寝るなら玄関のカギくらいかけておけ」と言った。
母は少々怒りながら
「あんたが今カギかけずに外に出て行ったんでしょうが」
と言うと、
「俺は今帰ってきたんだよ」と父が言った。。
え?じゃあの時布団めくったのって誰だったんだろう。

377 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:41
きっと近所の人が見に来てくれたのさ。
と言ってみる。

やはし泥棒さんだ。

378 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:44
>>376
感動した(・∀・)

379 :378:03/04/04 04:45
4月4日 4時44分GET

380 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:47
>>379 来年がんばれ

381 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:49
こういう恐い話好きだなぁ。
じわじわと深く恐い感じでさ。

382 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:53
小学生の頃、近所の友達の母親に
「布団をしこうと襖を開けると、中に下半身だけの老婆が不気味な笑みをうかべて入っていた」
という怖い話を聞いて、怖くて一人では開けきれなかった。
中学生になり、ふとその話を思い出してなにげなく寝室に行き、襖を開けてみた。









ほんとにいた

383 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:54
>>382
「下半身だけの老婆」なのに
どこに笑みを浮かべるんだ?

384 :382:03/04/04 04:55
×下半身
○上半身

385 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:56
あんたイイ突っ込みだ

386 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:56
わかりやした。

387 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:57
なんか表示が変なんですが・・・自分だけ?(((( ;・Д・)っ†))

388 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 04:58
あ、新たに書き込んだら直った・・・

389 :378:03/04/04 05:00
下半身だけやったら、
老婆か、わかれへんやん( ´,_ゝ`)プッ

390 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:01
恥ずかしいミスでつね

391 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:03
目覚めた

392 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:04
老婆のマ○コはオカルト

393 :391:03/04/04 05:10
老婆でおもいだしたが
5日前ぐらいに田舎にかえったんだが
ばあちゃんが糞もらした
うんこをもらしたにもかかわらずばあちゃんはなぜか笑っていた。

394 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:22
おばあちゃんを大切にしてあげて下さい。

395 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:29
>>378-379
( ´,_ゝ`)プッ
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1047400331/l50

396 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:32
下半身だけの老婆って、なんか想像したらすげー笑える(w

397 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 05:52
>>364
すぐに腹を裂けばまだ生きてたんじゃない?
丸呑みだからね。
コンクリなんかに叩きつけたらその衝撃で・・・

398 :体験談(1/2):03/04/04 07:14
 えー、「霊が見える」なんて言ったら、デムパかネタと思われる訳だが。
とりあえず、俺が「見える」ようになった時の話を。
 俺が消防・・・5―6年ぐらいだったかな。そのぐらいの時に金縛りにあ
ったんよ。息苦しくなって目が覚めると、耳鳴りというか、携帯のバイブ音
を、もっと低くしたような音が鳴ってて、身動きがとれない。目蓋も開かな
くて、ただ、布団の上を何かが這いまわっているような気配だけが感じられ
ていた。
 で、体の動く場所を必死になって捜してたら、手足の指先・・・関節一つ
分だけは、何とか動くことが分かったんで、
「うごけうごけうごけ」
って、必死になって動かしてた。そしたら、少しづつ手足の感覚が戻って来
る。でも、それと同時に、布団の上で這っていた気配が、布団から出てる所、
俺の顔の方に近づいて来てるのが感じられた。何か、臭いが、タマゴが腐っ
た時のような、火山の近くにいるような臭いがどんどんキツくなってた。本
能的に、
「早く動けるようにならないとヤバイ」
ってさとって、必死に動かした。感覚はもどってきてるけど、動く場所は相
変わらずほとんどない。心臓だけがバクバク鳴って、やけにその音が大きく
感じた。
 まだ、体は動かないのに、その気配は近づいて、鼻の前ぐらいにまで気配
が来て・・・
「ハァーッ」
って、息を吹きかけたのが分かった。その臭いが、その気配が吐き出してる
んだということも。

399 :体験談(2/2):03/04/04 07:17
 死ぬんだ、って思いが沸いてくると同時に、死ねない、って思いが急に沸
いてきた。明日のラジオ聞かなきゃならない、って。そんな安っぽい思いで
も、きっかけにはなった。
「あーーーーーーーーーーっ!!」
 って声を上げて、布団をはねのけた。そしたら、視界の奥・・・俺が上半
身を起こした目の前に、部屋の入り口のフスマがあるんだが、それをすり抜
けて、でっかい光が俺めがけて突っ込んできた。白とか黄色ではなくて、銀
色っていうのか、そんな感じの色の光が俺にぶつかって、その衝撃で、俺は
気を失った。気を失うまでの間に、その光が俺にぶつかった瞬間に、そのイ
ヤな臭いが消えるのと、すごい安心感があったのを覚えている。
 これ以降、俺は見えちゃいけないモノなんかが見えるようになったんだが、
そのせいで、色々とイヤな目にもあってるんだが、それはまた書くと思う。



400 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 07:57
>何か、臭いが、タマゴが腐っ
>た時のような、火山の近くにいるような臭いがどんどんキツくなってた

イオウ臭。クレアラシルかビフナイトを塗っていたからだと思われ。


つーか、洒落にならん程つまんない(ry

401 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 08:00
>>400
まだほんの序章に過ぎないと思われる。
次章に期待しよう。

402 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 08:14
>>397
飲み込み開始された所で圧死してるから手遅れ。

403 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 08:45
398の人生におけるエピソード1ってとこだな、
今後の書き込みに期待age

404 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 09:46
色々あるけど一番怖かったコピペは「東京に行ったことはあるか?」
だったなぁ。最後の1行を読んだときには全身鳥肌が立った。
夢にまで見たくらいだよ。

405 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 10:16
夢の中で、真っ黒な蛇が真っ白い蛇を吐き、その白い蛇が赤い蛇を吐き出すのを見た。

朝おきて、縁起の(゚∀゚)イイ夢なのか、悪い夢なのかさっぱり分からなかった。
その日は修学旅行出発日だった。
バスの中で友達に話すと、「お前もとうとう潮時か」って笑われた。

そのままバスは長野のソバが有名なところ。
ある意味、北陸に来たのは初めて。

旅館につくと、先生が今後の予定が狂うということを話した。
大雨が降っていたので、肝試しが中止になった。
男女1人づつでペアをつくって行う予定だった。(ペアが不細工なやつだったからよかった)

夕方、肝試しの変わりに、先生が怖い話をしてくれた。
みんな祭り気分だったので聞いちゃいない。先生が話し終わる。
そこで今度は、生徒が話すことになった。
面白半分で話す生徒もいれば、なりきって話すオタクもい

406 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 10:27
ましたが何か

407 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 10:47
>>405の続き(途中でうさぎにキーボード押されました)

あまりに怖くなかったので、俺と友達3人でこっそり部屋に戻りました。
誰一人気づかず、部屋でお菓子を食いながら、だべっていた。

4人で部屋にいて、おもしろくなくなったので、もどることにした。
部屋の電気を消して、最後におれが出ようとした瞬間、
何かに引っ張られ、急にドアが閉まり、真っ暗な部屋の中に1人だけになった。
急にこわくなって、ドアを必死で開けようとしたが、真っ暗で見えない。
手探りで、ドアノブのようなものを探し出し、明けると風が入ってきた。
「出口キタ―――(゚∀゚≡゚∀゚)―――!!」とおもい、出ようとした瞬間。
急にあの夢(>>405参照)を思い出した。
真っ黒な蛇が真っ白い蛇を吐き、その白い蛇が赤い蛇を吐き出す。
もしかしたら・・・と思い、非常用懐中電灯を探し、照らしてみたら、
そこは、ドアではなく、非常昇降口だった。
もし、夢がなかったら、真っ暗なへやから、白い服の馬鹿がとびおりて、真っ赤な血
を吐いて死んでいた。と新聞にのっていただろう。

408 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 10:54
>>405>>407
どう?おもしろかった?
嘘かホントかは、あなた次第です。


409 :301:03/04/04 10:59
>>302
すごく似てる話だけど違います。その書き込みも見たことあるよ。
探してるやつは日本の中華料理屋の話だったと思う。
猿がイスに縛られて…って話だった。猿の表情が描写されててキモかった。

それと、家の祖父がヘビをかば焼にして食べてました。一度だけですが。

原型を留めてないなら私も平気だ。中国で食べたよ。
あと人間の胎盤だけど、内田春菊だか誰かが自分の食べたって聞いた。
自分のなら食べたいな。産後の身体によさそうだよね。
プラセンタ注射ってもう無いのかなあ?やってみたかったけど。

410 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 11:02
これみてちょっとビビったーよ。
http://susutaka1125.hp.infoseek.co.jp/net.7.htm

411 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 11:02
>途中でうさぎにキーボード押されました
キーボードを押すうさぎの仕種を想像して萌えてシマターヨ

412 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 11:03
非常昇降口って階段ないのもあるん?

413 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 11:07
えっと、>>411
白黒のうさぎです。
>>412
なんかロープみたいなの下ろすやつ

414 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 11:12
すっげー怖かったよ。最後から3行目のところで背筋がゾクッとした。

415 :414:03/04/04 11:13
>>405-407ね。

416 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 11:27
かなり以前にこの板で読んだのだが、
夢の中で次々と殺されていって、次はオマエだ・・・
みたいな話を読んだ事がある。
この話は怖かったよ。
誰か知ってる人が居たら、全文ウプしてくれない?

417 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 11:29
うさぎ萌え。動物飼いたい・・・。

418 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 12:41
>>416
猿夢じゃない?
Part1のトップだから簡単に見つかるはず。ベスト集計サイトへGO!

419 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 12:53
>>322 320
自分どっちも食べた事ないよ。聞いた事もないし。
多分悪ふざけで・・・・クワセチャエーってなったかもよ・


420 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 12:58
444 444 444 03/04/04 04:44
444

421 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 13:28
>>409
プラセンタの注射は知らないけど、美容液ならあるよ。
昔は牛から作ってたんだけど、狂牛病騒ぎ以来は、
豚から作ってるらしい。

しかし・・・胎盤食べる気にはならないなあ。(私も女だけど)

422 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 14:38
最近は恐ろしい食材ネタが多いね・・・

423 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 14:48
これの前スレで

元彼の肩の上に顔が乗ってる。「えっ」と思って凝視すると見えなくなるが、曖昧に見てると浮かんでくる。

てのがあったけど、似た経験をした。
6階のレストランのランチバイキングに行った時の事。
運良く窓際の席がとれて景色を見ながら食事してたら、あるビルの屋上に女が立っている。
と思ってそっちを見つめるといない。
しかし目を離すと、視界の隅にまた女の姿が見える。
屋上を見る。いない。
これを繰り返しているうちに、なんとなく黒くて長い髪、水色のワンピース姿だと判別したが、目の端での確認なので、はっきりはわからない。
その上、見るたびにでかくなってるような・・・・
何回も見てるうち、既に人間の大きさではなくなってきたので、窓の外を見るのはやめた。
あのまま見ていたらどうなってたんだろう・・・・・


424 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 15:03
このはなしはコピペでもどっかのHPにあった話でもありません。

小さなお子様は注意してください。ヘタしたら寝れなくなります。
(総括サイト1位めざしますw)


母が働いていて、どこかの家に訪問しにいくときに起こった出来事です。
母は、普段通る道を普通に通っていました。
会社から、その家に行くのにいつもならだいたい20分ぐらいです。

10分ぐらい自転車で走って、とある池に差し掛かった時、
不思議なことに気づき、首をかしげました。
汚いその池は深く、藻だらけで、周りにフェンスがありました。
なのに、池の真ん中に人の頭らしきものがあります。
あるというより、浮いているようでした。
目が悪かった母は、めがねを掛けてそちらに目をやると・・
そこには女の子のようなおかっぱ頭に目と口。
人間のように見えるけれど人間ではない。
母は逃げるようにそこを離れました。
仕事に行く家の方へ、全速力でペダルを漕いで。
ですが、ふと気が付くと、そこは墓地。
怖くなりながらも時間を気にして、時計に目をやると、
もうあれから10分も経っています。
いそいで訪問先にいき、どうにか間に合いました。
帰り道は、違う道を通って帰りました。

続きます・・・・・・・・・・か?

425 :ダルゼ ◆zmdb1bOggo :03/04/04 15:04
洒落にならないくらい恐い話を集めてみない?Part32


426 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 15:05
>>424の続き。


その日の夜、
母は疲れていたのですぐ寝付くことができました。
ですが、夢でうなされています。
俺は、「うるさい!!」と言うと、気にせず寝ました。
ですが母は、とても怖い夢を見ていたのです。

昼間の池が目の前にあり、そこからあの[人の頭]らしきものがだんだん上がってきて、
全身でたと思うと、いきなり醜い妖怪のような姿になり、首をはねるというもの。

母は、寝るのが怖くなり目を開けていると、枕元のフスマがスーっと開くのがわかりました。
怖くなり目を閉じるとあの妖怪らしきものが襲ってくるのが見えます。
怖くなり目をあけるとフスマがどんどん開きます。
とうとう母は、父を起こしあの話をしました。
その日はお守りを持って寝たそうです。

次の日、母と父はその池に行き、手をあわせ、花を供えました。
その晩、妖怪に化ける前のおかっぱあたまの人(?)がお礼に来たそうです。
その言葉は
「花を供えてくれてありがとう、次の人見つけたからそっちにいくね」
だったそうです。

南無阿弥陀仏×1000

427 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 15:14
>>424
残念だけどあんま恐くなかったよ・・・
結局カッパでしょ?

428 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 15:18
>>424
>小さなお子様は注意してください。ヘタしたら寝れなくなります
………………………………………………
…………………………………この話しで?

ほんのりに書いたらウケたかもしれんが

429 :ましゅー:03/04/04 15:36
北区赤羽2丁目「スナックゆかり」行った事ある奴いる?

430 :あなたの背後に名無しさんが・・・:03/04/04 15:51
>>427
ごめん。怖くなかった?
おれもまだまだか・・・・・・・
(´・ω・`)

431 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 15:57
最初に恐いとかいわないほうがええと思うよ

432 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:22
>>404
教えテン

433 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:32
よく心霊系HPで「読んだら何か起こる、責任はとれません」とか注意書きしてる話ってありますよね?実際、そんなの読んで何か不可解な事が起こった人っていますか?私はヘタレで読めないのですが・・・。

434 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:38
>>433
とりあえず、俺にはなにも起こってない

435 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:54
>>433
所謂「何日以内にこの話を他の人に話さないと(以下略)」とゆうのに
何度かめぐり合いました。
で、誰にも広めてませんがなああああああああああんもありません。
そんなもんかも。

436 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 16:58
か○まさんとメル友になりました。

437 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:07
俺はかし○さんで身長が7センチ伸びますた

438 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:13
>>433
次の日、床屋で凄い髪型にされた。

439 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 17:58
>>429
うちの近所だけど、なんかあるの?

440 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:26
>>433
20才の誕生日前日に友人に「紫鏡」の話をされたが、4年経った今でも別状無し。



441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:27
14人にメール送れって書いてあったけど
そもそも14人も(ry

442 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:29
>>433
下男を実体験しました

443 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:31
エンリョウタン解決済みデシネ

444 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:45
>>440
意地わりぃーなそれ

445 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:48
高校生のとき、部活が終わって教室に鞄を取りに教室に戻ると、教室の隅にノートが落ちている
なんだろうと思って拾い上げパラぱらっとめくってみる
「絶対いつか殺してやるノート」だった
何人かクラスメートへの悪意に満ちたメッセージが載っておりしかも交換日記形式なのか2パターンの
筆跡が繰り返し続いている。そして殺害計画が稚拙な文章でまとめられていた。
その中に自分の名前を見つけたときは洒落にならないほど怖かった



446 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:54
自分がワキガかどうかを自分で見定める確実な方法ってないですか?

よく耳垢がサラサラなら大丈夫で湿ってたらアウトと聞きますが自分の場合は微妙なんです。
サラサラといえばサラサラ・・・湿ってるといえば湿ってる気が・・・

他人に聞く勇気は無いです。


447 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 18:55
>>445
恐すぎ・・・。
結局そのノートがどうなったのか気になる・・・。

そういうのって、クラスのオタクな奴とかが書いてそうだけど
持ち主誰か分かったの?

448 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:07
そんなノートが落ちていたのがぁゃιぃ。
気配を感じて後ろをふと振り返ると
イっちゃった目をしたクラスメートが刃物をもって笑っていた。なんてオチきぼんぬ

449 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:21
>>446
じゃあ湿ってるやつみんなワキガ?

450 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:34
17才の女子高生を40日にわたって監禁した上、数名での強姦、殴る蹴るの暴行、ライターのオイルをかけ点火するなど、激しく執拗な暴力を加え、死体をコンクリートに詰め遺棄した事件

被害者の母親は、一人娘が死に至った詳しい経過を聞かされた後、精神科に通院治療を受けることになった
少年たちは、本件の女子高生に対する犯行のほか、2女性についての婦女暴行や、後輩へのリンチ、総額約220万円にのぼる店舗荒らしやひったくりでも起訴

なお、主犯A以外は既に出所している



451 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:34
平成元年3/29
練馬少年鑑別所で綾瀬警察署捜査官が元年11/08に強姦窃盗などにより少年鑑別所に送られた少年Aを取り調べた際、担当の刑事がなにげなく言った「お前、人を殺しちゃ駄目じゃないか」という言葉に、他の3人が自供したと勘違い。

担当官は当初の目的であった余罪の窃盗に関する調書を取ることなく、半信半疑のまま、自供内容をたよりに、東京江東区若洲15号地海浜公園整備工場現場空き地へと向かった。

現場にはひとつだけドラム缶が転がっていた。
ドラム缶に詰められたコンクリの隙間から腐臭がしており、警察は305kgあるドラム缶をクレーンでつりあげ署に持ち帰った

452 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:35
翌日の午後、警察署内でコンクリートを解体。中にはボストンバックに詰められ、掛け布団2枚にくるまれた女性の死体が入っていた。死後2ヶ月以上経過、腐敗が進行しており状態は悪かった。
皮下脂肪の厚さは通常の6割程度で栄養失調状態。全身に殴打による浮腫(リンパ液が多量にたまり腫れ上がった状態)があり、死因は外傷性ショックまたは胃の内容物を吐いたことによる窒息死とされた。

顔面が陥没・変形していたため、外見からの確認は困難だったが、指紋や歯などの照合から、11/25夜アルバイト先からの帰宅途中で行方不明になった埼玉県三郷市高州1丁目の県立八潮南高校3年生の少女(17)であることが確認。
八潮市内のアルバイト先に行ったまま帰宅しないと吉川署に捜索願を出していた両親は、無事に帰ってくることを心待ちにし、父親は仕事を休んで行方を探していた。



453 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:37
自転車で帰宅途中の少女を見つけたAが、共犯の少年Cに少女を蹴るよう指示、
少女は道路の側溝に自転車もろとも倒れる。共犯C逃走後、主犯Aが現れ、危ないから送っていくと言葉をかけ拉致した。


共犯者C少年の部屋へ被害者を連れて行き、数人で暴行・レイプする。
Cの父親はこの時少女の叫び声を聞いて注意したが息子が怒鳴ったので、
それ以上何も言わなかった。
犠牲者に対しては、逃げて警察に知らせてもヤクザが家族を皆殺しにすると脅し、逃亡を阻止しようとした。


11/30
Aの提案で、被害者の母親・親友に「友達の家にいるから捜索願は出さないように」と公衆電話から電話させる。

この頃、Cの母親は被害者を目撃している。Cの母親が台所にいたとき、玄関から「今晩は」と少女が連れられて入ってきた。
「もう遅いから帰りなさい」と言ったが返事をせず二階に上がって行った。Cの父親もCが降りてきた時「早く返せ」と言った。翌日、あの子は帰ったと言われ、Cの両親は疑問を抱かなかった。



454 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:38
一週間後、Cの母親がトイレを掃除した際、生理用品があったため二階に上がった。
二階には共犯の少年Dと被害者の少女がいた。
このとき被害者と言葉を交わしており、住所は埼玉で、高校三年生、就職は決まっている、と言ったという。
その後、少年C・その母親・少年Dは夕食を共にしており、最中に帰宅したCの父親は「ガールフレンドか。オレにも紹介しろよ」とCに声をかけるが無視される。
Cの母親によれば、食後、テレビを見たりファミコンをやって仲良さげにしており、少女がタバコを吸っていたという。


Cの母親の説得により帰宅することになるが、外にはCとCの兄が待機しており失敗。
結局、両親が寝静まるのを待って電柱をよじのぼり二階のCの部屋に戻る。
帰宅したCは、関係ないことをするなと母親を数時間にわたり殴る。


455 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:39
63/12月始め
A少年ら4人が昼寝していた隙に被害者は一階に降り110番通報する。すぐAに気づかれて、電話を切られ殴打。
警察が逆探知、かけ直してきた電話にはAが出て誤魔化す。全員でリンチしライターのオイルを足首にかけ火をつける。

12/19
Cの家にAが来て、被害者にライターオイルをかけ火をつける。再度にわたる火傷により傷が化膿し異臭を放つ。
臭気でCの両親が気づくことを恐れ、階下のトイレを使用させず、紙パックに用を足させた。この時既に自力で立ち上がることができなくなっていた。

12/20
A少年ら3人の他に女が1人やってきて、「化粧」と称し被害者の頬にマジックで髭を書く。



456 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:40
この頃少年Cは、家に「面白いのがいる」と知人に公言し、100人程度は監禁について知っていたと見られ、
裁判記録に出ているだけで10人が強姦等に参加している。

度重なる暴行により、頬が鼻の高さを超えるまで腫れ上がり、目の位置が分からないほどになっていた。

監禁当初、被害者が持っていた3000円で出前を取らせたり、Cが歯ブラシなどを買い与えたりしていたが、
ケガや火傷が酷くなるにつれ、食事・風呂に対して気を配らなくなった。12月下旬までの食事はカップラーメン、パン、牛乳、卵など家にあったものを、
Cの兄が食べさせたが、それ以降からは衰弱したせいもあり1日に牛乳をコップ1杯飲ませるだけだった。


457 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:41
12/21
もし開放されれば警察には何も言わない、信じて貰えるまで何でもする被害者が言ったため、「裸で踊れ」「気違いの真似をしろ」などと指示。

12/28
AとCとBの三人が夜中にCの部屋に入ると、被害者が腹部を押さえ倒れていた。
Aの顔を見るなり、被害者は水が欲しいと頼んだ。Aは水・コーンスープ・ぶどうパンを渡した。
部屋から出ることは禁止されていた。
牛乳を飲ませたが吐いてしまう。その後、被害者がパックの尿をこぼしたとAは激怒。
謝る被害者の下腹部を数十回殴打。上半身を裸にして酷寒(12月)のベランダに立たせ、煙草を2本同時に吸わせるが嘔吐、
両大腿部・膝・脛部等にライターオイルをかけて点火、熱がって火を消そうとすると手にも点火、火が消えると再度点火した

458 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:42
JR綾瀬駅近く雀荘で賭け麻雀をし10万円負けたAは苛立つ。

小泉今日子の「なんてったってアイドル」のテープをかけ、歌詞の中の「イエーイ」に合わせて被害者の脇腹に思いっきり殴打する。
被害者は、声を出すと殴られるため、痛みをこらえて顔を歪めた。その表情を見て少年達は面白がった。

顔面・腹部を殴打して転倒させ、顔面等を足で蹴り、倒れては起こし殴る。鼻や口から血を流している顔にロウソクをたらし、
両目の上にロウソクを立てるなどの暴行に及び、さらにはパックの容器にさせた尿を飲ませた。

被害者がステレオにぶつかり、全身を痙攣させ倒れたのを見て「仮病だ」とCが激怒。
Aは6kgの鉄アレイを被害者の腹に落とし、大腿部、顔面をさらに殴る。
殴り終わった後、反応しなくなったためライターオイルをかけ火をつけた。最初は動いたが最後には動かなくなった。
暴行は2時間近くに及んだ



459 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:43
公判記録によると;

弁護士  

それだけの暴行を加えていながら、彼女が死ぬと思わなかったんですか?

少年B   

……考えることができませんでした


460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:43
1/05
被害者は既に死亡していた。
Aは以前勤めていたタイル工場に行き、モルタル砂・ドラム缶など調達。遺体をバックにつめ、Aの家の前でドラム缶に入れコンクリートを流し込んだ。
この時、工場の元上司は人を殺したことに気づいていたとされている。

Aが借りてきたワゴンを運転して東京湾の埋め立て地に行ったが、適当な場所が無く道路脇の草むらに捨てた。

 


461 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 19:52
連投規制かかったか。
ま、記憶するほど何回も読んだ事件だったし。
風化させまいとする運動の一環か。

でもオカルト板でとはある意味不謹慎だな。

462 :あなたのうしろに名無しさんが:03/04/04 20:02
あのさー、なんでこんな古い事件の詳細を長文で貼り付けるわけ?
他のスレがあるじゃん

463 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 20:17
つーか、下男並にガイシュツ

464 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 20:29
こういうのって、死者の冒涜以外のなにものでもないって事に気付かないかな?

465 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 20:32
むしろ実行犯の良心に訴えるためとか。
もしくは……実行犯への社会的制裁。
こういう人殺してる奴が出所して普通に生活してるかと思うと腹立つな。

466 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 20:33
スマイリー菊池の知り合いなんだっけ?

467 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:06
小学6年生の頃。
近所の公民館の裏手に古い民家があった。
朽ち果てて建物自体は不気味なんだけど周りが民家で
人通りも少なく無かったし怖さより好奇心が湧いた。
で、学校で10人くらい友達集めて「探検しよう!」ってなったの。

実行時間は土曜の真昼間。
公民館も人が沢山いて怖い雰囲気ゼロ。
よって勇気100倍×10。

家はあちこち板で打ちつけられていて、侵入場所を探しウロウロ。
家の裏手に台所の窓が見えたので中を覗くと入れそうだった。
んで、友達集めて探検装備のエアガンに弾を込める。
「よーし、入ろうぜ!」
とリーダー格の奴の合図と同時に10人が独りづつ中へ侵入する。

中は流石に真っ暗だった。
公民館の裏とはいえ丘の上に建っているせいか物音聞こえない。
しかもこの家周りは木で覆われており、窓からの光も頼りない。
「懐中電灯持って来てよかったな。さあ、探検しよう。」
とリーダーについてぞろぞろと歩いていく。

468 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:07
10分くらい探検した後、地下室っぽい所に続く階段を見つけ、降りる。
そこにも部屋があるようだが懐中電灯で照らすとどうやら和室らしい。
皆、先頭のリーダーが照らす灯りの先を凝視する。

心臓が止まるかと思った。
ライトで照らされた先には

日本人形がこっち向いて立っていた。

しかも和室のど真ん中で。

みんな驚いて一斉に逃げ出す。

が、逃げた先頭の奴が急に止まってこっちを向く。
「何か聞こえる・・・!!」
全員静まりかえると・・・・・・。

ドン・・・ドン・・・ドン・・・ドン!!

先ほどの和室から音が段々近づいてくる・・・!!

469 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:07
もうパニックになって我先にと台所の窓を目指した。
逃げる途中、俺はかなり後方だったので「ひょっとして最後尾!?」と思い泣きそうになっていた。
だが何とか辿り着き、急いで台所の流しを駆け上る!!
もうみんな外へ非難していた。
俺は外へ出たと同時に窓を勢いよく閉め、振りかえる!!

・・・もう独り友達が俺の後ろにいたらしく窓を閉められたショックからか泣いていた。

でも何とかそいつも脱出でき、皆、疲れと興奮を味わいながらも家路につく。

しかし、その晩俺は高熱を出し3日寝こんだ。

470 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:07
何とか回復して学校へも通えるようになり、楽しい小学校生活を終えて中学・高校・大学へと進学。
で、大学3回生の時、たまたま当時の友人と会ってあの時の話題で盛り上がった。
しかし話しによると

「あの家、最近老女の白骨死体が見つかったらしいぜ。
 しかも場所はあの時俺達が見た人形の部屋だったって・・・。」
取り壊しの際に発見されたらしい。
「じゃあ・・・あの音は・・・?」
「わかんねえけど・・・・・・何かのメッセージとか・・・?」
「・・・・・・・・。」

実話です。
尚、異変は今のところありません。


471 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:16
コェーけど、窓閉められた後ろの友達の方が洒落になんねー

472 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:35
どなたか「黒の入り口」ってサイトの怨霊憑依って話を見た方、いらっしゃいますか?
怖くて見れないんですけど・・・。もしかしてガイシュツかな?

473 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 21:41
>>472
「黒の血族」でしょ、サイト名。
怨霊憑依そんなに怖くなかった記憶が。内容忘れちゃったし。

474 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/04 23:33
その時はまだ生きてたのかもね

475 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:32
そうだろうね。小6ですでに死んでいたなら大学三年まで骨が残ってないと思う。風化したりとかで

476 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 00:50
>>475
んなこたぁないだろ。
10年くらいで完全に風化するものなのか?

477 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 01:16
>>476
場所による。

478 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 01:44
>>467
立ってた日本人形って普通の大きさ、だよね?
何故か等身大(150cm位)のを思い浮かべちゃった。

479 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 01:52
おばあさんの死体より先に人形をみつけて逃げたのがわるかったんだろう
俺をみつけてくれーと必死になって音を立てたんだと思われ。なんて霊の考えてることなどわかんねえや。

480 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 01:58
3ヶ月前の成人式の時
自分は遺影を持って行ったんだ。
中学の時、心臓発作で死んだ近所のツレの
そいつと俺とは親友同士で、毎日のように遊んでいた。
そんなツレとこんな形で成人式に出席するとは思ってもみなかった。

市長のあいさつなども終わり
式の終わりくらいに、元クラスメートほぼ全員で集合写真を撮ったんだけど
後日その写真を現像してみたら俺の手の中のツレの遺影が笑ってるんだわ
無表情で写ってたはずの遺影が
怖いという感情はあまり無く
「ああ、久しぶりにみんなに会えて嬉しかったんだなぁ・・」と思ったよ

でも違ったんだ
その集合写真で俺とツレの横に写っていた子がしばらくしてから死んだんだ。
その子は当時ツレが好きだった子だった。

もうすぐその子に会えるから嬉しかったんだろうなぁ・・・




481 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 02:05
怖いよ・・・

482 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 02:09
>>480
マジ、コワイ・・・・。

483 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 02:11
「心に傷を負った男を慰めてる」ってヒロイズムに酔ってる女っているんだよね。

484 :W鈴木:03/04/05 02:38
逆バミューダ現象ってご存知ですか。
TV等でもやっていましたが、80年代末から90年代初頭にかけて
何十年も前に行方不明になった飛行機が突然空港に着陸し、その飛行機
には搭乗者が白骨化またはミイラ化して乗っていた、ということが何件
かあったらしいのです。

私はこの話を知り怖いと思いましたが、もし本当だとしたらすごい騒ぎに
なるだろうし、もっと写真などがあるはずだと思い、信じていませんでした。
自分がその身で体験するまでは...。

<続く>


485 :W鈴木:03/04/05 02:40
<逆バミューダ続き>
あれは去年の秋の終わりの頃でしたか。
私は行楽の昼食にとマクドナルドのドライブスルーで買い物をしました。
いくつかのセットメニューとチキンナゲットを買いました。
そして目的地で昼食を摂っている際にチキンナゲットが無いことに
気づきました。
レシートにはちゃんとナゲットの記述があります。
私は店員の不手際を呪いましたがわざわざ文句を言うのも面倒だったので
泣き寝入りをしました。
そして、月日は流れそんなことも忘れておりました先日のことです。
車を運転中の私は理由を忘れましたが急ブレーキを踏みました。
おかげで事なきを得たのですが、助手席の足元に小さい箱を発見します。
それはまさしくあの日食べれなかったチキンナゲットの箱でした。
あの日消えたチキンナゲットが時を超え突然姿を現したのです。
私は恐る恐る箱を開けました。
そこには、まるでミイラのようなカチカチのチキンナゲットが....
......ごめん。

486 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 02:54
>>480
うお;おぉ…中盤で心温まる話と思わされただけに
ラストでかなりゾッとした。いいオチだ。

487 :485よ:03/04/05 03:10
謝るな。あんな糞みたいな文を載せなきゃいけないくらい寂しかったんだろ?誰かに相手をして欲しかったんだろ?おまけに友達がいないんだろ?

488 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:12
>>480
ヤバイ 怖っ!

489 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:14
まぁまぁ
あんたは、それが分かってあげられる心の持ち主なんだから
黙ってスルーしてやんなよ

490 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:15
>>480
うわっ泣きそう。コワスギる・・・

491 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:18
若くして死んだとか、事故で死んだんじゃなくて
たんに寿命で死んだお爺さんが主人公の話しはないのか

492 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 03:29
>>480
ウホッ恐い話!

493 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 04:20
>>W鈴木 俺結構好きかも・・・こういう話。

494 :ツレ:03/04/05 05:27
>>480
相手、間違えちゃったよ・・・

いつまでも忘れないでいてくれるおまえと
これでまた一緒に遊べるな・・・

495 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 05:29
ツレちゃんのゆううつ。

496 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 05:50
      厨
      は
    早
    く
  宿
  題
  し
  る
  !!


497 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 06:09
>>ツレさん
勘弁してあげてください。

498 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 07:03
激しく板違いで悪いんですけど誰か稲川淳二の話を知らないでしょうか?
内容もよく覚えてないんですけど、だいたいはこんな話です。

(夜のアパートにて?)
夜、トイレに入っていると誰かが部屋の中に入ってきたらしい。
強盗かと思った(っけな?)けど、なんだかんだでトイレを出てみる。
(トイレを出るとすぐ廊下に出て、そのまままっすぐ玄関につながってる。
途中左側がふすまドア(だっけか?)の部屋になっていてる)
んでドアは開いていて、そのドア前で息を潜めて中の様子をうかがう。
部屋に入って右側には「中に鏡のついているタンス」が置いてあって、
彼が息を潜めている廊下からはソレが見える。
すると、そのタンスが突然少しずつ開きだして、部屋の中にいるであろう
人物が鏡の中に映し出された、それは真っ赤な髪の長い女だった(っけな?)。
女のいる場所は自分が立っている廊下の壁を挟んですぐ隣の位置。
そのあとギャーみたいな話。
と、こんなような話です。
記憶も全然自信がありません。
むかし一度だけ聞いて怖かった話です。
どなたかこの話を知ってる方がいたら題名だけでも教えてくれないでしょうか?

499 :wacc3s4.ezweb.ne.jp:03/04/05 07:29
@ge

500 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 08:00
小学生の頃お母親が死んだ。
俺は精神不安定なお母親が怖くて正直親戚にお母さんが死んだよ、と
言われたときは不謹慎にも安堵の表情を浮かべて叔母さんに変な顔をされたのを覚えている。
49日も終わり一段落付いたところで、俺は母親の部屋に足を踏み入れてみた
かすかに香水の匂いが漂う部屋で、俺はベッドの横の引き出しに紙切れが挟まっているのを見つけた。
それを取って見るとその紙切れには電話番号が書かれていた、
何故か俺はその相手が誰なのか知りたくなり、電話をかけてみたのだ
プルル・・となった瞬間ガチャリを誰かが出て、
「ああ、○○さん?(母親の名前)」と言われた。
僕は何と言っていいのか分からず、無言で受話器を耳に押し当てていると
その人は「また○○(俺の名前)の事で悩んで居るんでしょう
もうすぐよ、これ以上あなたがねじれていくのなら私が殺しておいてあげるから」と言ったのだ。
俺はビックリして混乱して電話線をハサミで切り落とした。
自分の部屋に戻り、ベッドに寝っ転がっている間さっきの電話の内容が頭の中を渦巻いていた。
夜父親に電話線の事でめちゃくちゃ起こられたが、それよりも電話の内容の事が気がかりで父の声は耳に入らなかった
それから、変な好奇心が強い俺は公衆電話でまたあの電話にかけてみた。

501 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 08:41
おーいつづきは?????

502 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 08:54
ネタ切れか?

503 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 09:25
「お母親」ってのはどういう入力ミスなの

504 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 09:55
最初お母さんと打ってから母親と打ち直そうとしておを消し忘れた

505 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 09:59
アッタマイイ!

506 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 10:22
朝の8時から、よく書き込みするな。

507 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 10:31
499はどういう意味だ?

508 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 10:32
(・∀・)ワーイ

509 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 10:36
意識してfusianasanを使っているんだろ。

510 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 10:45
そっか。俺はなんて「ウホッFRIENDLYな奴」かと不思議に思いますた。

511 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 11:03
http://shuxx.hp.infoseek.co.jp/ccccchat.html


512 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 11:48
夜一人で部屋にいるとき、窓の向こうに誰かがいると思ったことない?
ものすごく気配を感じる。でも怖くてカーテンを開くとができない。
そのうち、コンコンと窓をノックする音が聞こえる。ますます怖くて震えてしまう。
開けてはだめだ。開けてはだめだ。すると外から聞き覚えのある声が聞こえてくる。
「おい、開けろよ。俺だよ。」
ただの親友の声だった。男はほっと胸をなでおろす。
しかし、何か変だ。なぜこんな時間に尋ねてくるのだろう。それに玄関からではなくなぜ窓から来るのか。
怖くなってきたが親友の声は必要に呼びかけてくる。男性は思い切ってカーテンを開いた。
そこには青白い顔だけの老婆がいた。
驚いてすぐにカーテンを閉め、布団にうずくまりながら必死に「帰ってくれ、帰ってくれ」と
唱えていた。しばらく窓をドンドンと叩いていたがそのうち何かは窓を越えてカーテンを揺らしはじめた。
恐怖に身を震えていると急にカーテンの向こうの気配が消えた。
・・・去っていったのか?男はうずくまっていた布団から出ようとしたとき、布団の中から
いっしょに老婆がでてきた。

深夜、自室にいるとき窓やドアの向こうに誰かがいるとふと思ったことはないだろうか。
自分以外にいるはずがないのに。 つきなみだがこの話を聞いたときだけ
その人のところに老婆がやってくるんだって。くれぐれも怪談などでこの話を使うのはやめたほうがいい。
あなたの身も保証されかねない。またこれを読んだだけでも効力があるらしく万が一にあなたの所に
その老婆がやってくるかもしれない。そのときは絶対カーテンや窓を開けないようにしてください。

513 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 11:59
>>512
コピペしてHPに貼らせてもらうかな

514 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 12:13
>>498
「足止めされた旅館の怪」

文庫「稲川淳二の最新・超怖い話−怪異−」
ビデオ「稲川淳二の超こわい話7」に収録。

515 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 12:14
今頃>>512は老婆に襲われて・・・・

516 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 12:20
>>513
このぐたぐたな文章でよければどうぞ

517 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 12:58
>>515
老婆が「ウホッ! いい男」って思ってたり

518 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 13:18
\\   / .:::::::::::::::::::::::::::::::::  く
\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   )  く   こ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ::::::: く   れ  っ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  ち  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  に  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  来
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  な
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      い
      /          i  ,  /|    で    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ          ヽ `ヽ、
   //    /     ヾ_、=ニ゙、、,,_
///   //    ,、-'´
//    // /  /


>>512の今.....

519 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 15:26
>>322
デタラメ言うな
そんなの一度も聞いた事ないよ
うちの母親も知らないってさ

まぁ、322の知り合いにどんなヤツがいるのかは知らんが、少なくとも一般的な話ではない
非沖縄在住者は勘違いしないように

520 :W鱸:03/04/05 15:34
<逆バミューダの続きの続き>
箱の中のカチカチのチキンナゲットに鼻を近づけると、
わずかばかりいつかのマクドナルドの店員の匂いに気づきました
そして私は全てを理解しました
そうですチキンナゲットを落としていたことに気づかなかったんです
......ごめん。

521 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 15:35
>>519
ttp://www.marine-iguana.com/ryouri/habu/hab02.html
まあ、実際ある訳だしさ、出鱈目とも限らないじゃん。
>>322は「食べた」ってだけで「普通にあった」とも言ってないし。
何故そんな必死ですか。あなたハブですか。

522 :W鱸:03/04/05 15:37
>>521
確かに普通にあったとは言ってないが現に誤解してるヤツがいるから言及しただけだよ

523 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 15:49
名前消し忘れたんだね・・・

524 :W鱸:03/04/05 15:51
マジだ
今度から消します

525 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 15:55
うおぉー!
>>514さん、詳しく教えてくれて本当に有難うございます!

526 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 16:04
(・∀・)ソレダ!


527 :ロヌ:03/04/05 16:54
>>514はハーマイオニー ハアハア

528 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :03/04/05 18:29
1/2
小学5年生の頃の話。
社会科の宿題で郷土の歴史を調べようと言うのがあった。
そこで友人たちと協力して、地元に昔あったと言う豪族の建てた城について調べること
にした。
とある秋のどんより曇った雨の降りそうな日の午後、友人5人と豊臣秀吉に滅ぼされた
地元豪族(歴代城主)の墓所に行くことにした。
その場所は通称「薬師さん」と呼んでいるところで崩れかけた土塁のそばにあり、土塁
の上の木々は全く手入れもされておらず鬱蒼と茂り、昼でも暗いところであった。
墓所の周辺には地元の名士や軍人の墓があり、薬師堂とお祭用の広場があり、そこに
自転車を止め墓所へ向かった。

墓所とはいえ400年以上前の地方豪族の墓なので一番奥の小さな一角に小さな五輪塔が
10基ばかり並んでいるだけであった。一番奥には戦時中に立てられた記念碑らしきもの
が立っているが、なぜか"犯"と言う字が書いてあったのが気にかかった。
その日は冒頭にも書いたようにどんより曇った日で薄暗い墓所の周りはよりいっそう暗く
周辺の木々の実をついばみに烏がたくさん集まっていた。
一通り墓碑銘などを調べ別の場所に移ろうした時、一羽の烏が一番奥の碑にとまった。
カーカーと鳴きながら、碑の上に糞を垂れた。それで私は烏を追い払おうと石を投げたの
だが、烏に逃げられ碑に「カチーン」と音をたててぶつけてしまった。

慌ててみんなで「ごめんなさい、ごめんなさい。」と謝り、墓所を出て行ったのだが、その帰り
に墓場の通路の縁石がゴロンと転がり落ちてきて友人の足に落ちてきた。その拍子に転んだ
友人は膝を打ち怪我をしてしまった。怖くなった私たちは怪我をした友人を抱えて急いで広場
へ引き返した。

529 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :03/04/05 18:30
2/2
広場には揺り籠(今は少なくなったが、4人くらいが座って乗るブランコのような遊具)があり、怪
我をした友人ともう一人をそこに座らせ、残った3人で広場の反対側にあるお堂を見に行った。
お堂の中には第2次大戦の戦死者の遺族が納めた色を塗った地蔵さんや写真が所狭しと置い
てあり、あまり気持ちのいい場所ではなかった。ほどなくして揺り籠まで戻ってくるとゆらゆらと揺
れる揺り籠に二人が待っていた。揺り籠はゆっくり揺れていたがだんだん揺れが大きくなり、周り
を支えている支柱を飛び出さんばかりに揺れ始めた。
「飛び降りろ!」と叫ぶと、足を怪我した友人はすぐに飛び降りたが付き添っていた友人はなかな
か飛び降りられずそのまま振り飛ばされた。振り飛ばされ倒れた友人の上を誰も乗っていない
揺り籠が私たちが近づくのを拒むかのように狂ったように揺れ、なかなか這い出せずにいた。
残った数人で意を決し匍匐全身で近づき揺り籠の下から友人を何とか引きずりだした。
揺り籠は友人を引きずり出した後もまだ狂ったように揺れている。

怖くなった私たちは慌てて止めておいた自転車に向かって走り出した瞬間、「わっ!」と言う友人の
悲鳴とともに5人とも突き飛ばされるように転がった。その転がったのとほぼ同時に離れて止めてあっ
た自転車がバタバタバタッと将棋倒しになり倒れた。
皆これは祟りかも知らん、早く逃げよう。神社にお参りしてお祓いをしようと言って自転車を起こして、
大慌てで逃げ出した。
墓所からかなり離れてから、倒れた時に一番後ろにいた友人が「今日、新品のヤッケを着てきたのに
汚れたな。」と言って腹側の土ぼこリを払っていたのでそいつのヤッケを見ると背中に大きな白い手形
が着いていた。
皆、それを見て大慌てで神社に駆け込みお参りをして帰った。

皆さんも墓場ではふざけないほうがいいですよ。

530 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 19:09
そういや俺等、小中の頃しょっちゅう墓場でサバゲーやってたな(w
昼だけじゃなく夜戦もやったが、何もおこらなかったというかその手のこと
気にしたこともなかった。

恐ろしかったのは、見回りの坊主くらいのもんだ。

531 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 19:15
洒落にならないくらい>500の続きが読みたい

532 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 19:50
>>480 久々に怖かった
自分も成人式の時、友達の遺影持っていったことあるから特に


533 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 19:53
イェーぃ

534 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 22:29

            ドバババーン!!!!
         ∧_∧
_____ (    lll)_____
─┐─┐‐/ ,   つ┐─┐─┐
  |   (((_(_, ) .|  |  |
        ,´しし'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ,´;:`: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄..‘:´;` ~.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ``:.  .~;
  :´ ;`  :` , ;'
  `;  ´ ;:  ; `
 ´ ..‘ :´ ;` :. ~. ;.
 :´ `:  .``:.  ;' ~;ヾ
 : : .~.. :´; `  :` , `:
 ;`:   ,´ ;:  ;` : :. ~..
; : ..‘:´ ;`:. ~.. ; :,´ : ゙
 ` ;..``:.   ; ' ;.~   ;ヾ
::.~.. 、 :´ ;`; :` , `:  ;
;,´:゙;: ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄
 ;` : ( ;゚;Д;゚;)< 雨ッスカ!?
: ; . . (    )  \____
 `:. | | |  `  :. .; : , .
:´  (__)_). .; ';.  .;. ;  ';.


535 :鶴見済著「無気力生産工場」より:03/04/05 22:34
大阪にKという人口4万人の小さな町がある。
1992年の春から夏の2カ月半の間に、この町の半径1.2Kmの範囲で
7人の少年少女が死んだ。
それぞれ自殺や事故と死因は異なるが、全員が何らかのつながりがあった。

X:板金工 17歳 4月29日(木)シンナー吸引中に池に落ちて溺死
 Aと同じ中学の後輩
Y:無職 17歳 5月29日(金)シンナー吸引中に心不全で死亡 
 ABとバイク仲間
A:無職 17歳 6月4日(木)首吊り自殺 一年前にBCと暴走族Zを結成
 Bと幼なじみ
B:土木作業員 18歳 6月10日(水)首吊り自殺 以前Cが同じ土木会社に勤務
 妊娠中の婚約者あり
C:旅館従業員 18歳 6月17日(水)首吊り自殺 三重の旅館で働いていたが
 Bの葬式の為K町滞在中に農作業小屋で手首を後ろ手に縛った状態で首吊り死体が発見された
D:公務員 22歳 6月25日(木)他者との係累は不明 とうてい手の届かない高さの
 木の枝にシャツをかけて首吊り自殺
E:女子大生 19歳 7月2日(木)住宅街にあるグラウンドを背にした道路で果物ナイフで
 胸を刺して自殺 BCEは白い高級車につけられていると周囲にもらしていた

著者の取材によると地元では以下のような噂が囁かれていた。曰く・・・
「自殺の話は誰も信じていない」
「仲間や周囲の中高生は何らかの事情を知っていたが、口止めされていた」
「Bは地元暴走族で一目置かれており、死因や交友関係については語るのはタブー」
「多くが前から殺されると言っていた。全部で9人殺されるらしい」
「全員自殺の動機は不明 周囲も自殺するとは思えないと語っていた」
「遺書はなく、唯一Aのポケットに十数万円の借金返済を頼むメモがあった」

しかし警察は互いの自殺に事件性・関連性は認めていない。


536 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 22:57
>>529
ヤッケって何ですか?

537 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:04
>>536
無知は許せるが検索しないものぐさ加減は直した方がいいよ。
君のような常識無しは特に。

538 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:15
>>537
そこまで言うことはないだろう
君はもう少し心の広い人間になるべきだよ
あ、俺は536じゃないぞw


539 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:19
>>522
ハブのからあげのことを書いた者だが
俺はそれが普通だとは言及してないよ。
ただ食ったって事実を書いただけだから。
むしかえしてスマソ

540 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:37
ヤッケ=殺気

541 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:39
>>536
ヤッケってのは、セックスするときにつかうものだよ。
もまいら道程はみたこともないだろうけどな。

542 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:40
>>536
作業着の一種で、ヤンキーの兄ちゃんが特攻服と呼んでいる物。

543 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/05 23:45
ヤッケなんて着たことないけど普通に知ってることだと思ってたよ。

544 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:04
いや、知らなかったです。
常識なんだね。恥ずかしい

545 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:06
いや、普通に知ってることだと思ってた俺が恥ずかしいよ。

546 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:12
537以外はみんな優しそうで(・∀・)イイ!!

547 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:14
しかし誰もがほんとうの「ヤッケ」の意味を教えてあげてない

548 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:20
>>547
542で正解では?

549 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:22
>>548
だよな。547は無知だったと自ら暴露したな。

550 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:24
やっつけしごとだろ

551 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:28
ヤッケの話はもう良いよ
怖い話キボン

552 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:30
>>536
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%E4%A5%C3%A5%B1&kind=jn&mode=0

553 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:30
>>367=>>551
だとしたら、君を軌道修正実行委員長に任命したい まじw

554 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:32
>>553
367は俺じゃないし、その実行委員長も拒否する

555 :aa:03/04/06 00:32
「ヤッケ」はドイツ語。
英語では「ジャケット」ですー。

556 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:41
>>555は神!         

557 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:45
537は悪魔

558 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 00:56
ヤッケやない!
ヤケドや!

559 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 01:42
「エンリョウタン」てさ、たぶんネタなんだろうけど、
「エンリョウ」と聞いたらオカ板的には「井上円了」さんを
まず思い浮かべなきゃ!

ttp://contest.thinkquest.jp/tqj2000/30110/miniino.html

560 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 01:44
GOD

561 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:03
蛇が死ぬほど嫌いな母がこれ↓を俺の部屋に置いていった。
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/nonoshop/newgide/irabu.htm

562 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:12
どういうわけか、な〜んにも喋らない男の子がいた…

その男の子がある日突然「おばあちゃん…」と言った…

すると四日後にそのおばあちゃんは原因不明の病気で死んだ…

そして男の子が今度は「おかあさん…」と言った…

すると四日後に母親はビルから飛び降り自殺した…

ただひとり残された父親は、次は自分の番だと恐怖におののいていた…

そして、男の子は父親の前に立ちふさがり「おとうさん…」と言った…

すると四日後に…





おじいちゃんが死んだ…

563 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:14
よくわからん。なんでじいちゃんが死んだの?

564 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:17
>>563
つまり、ホントの父親はじいちゃんだったって事だろ。

565 :麻留 鈴 ◆1TMARUPEPU :03/04/06 02:23
そういえば。
うちの父が「ヤッケやんけ!」って書いたパッケージのヤッケを買ってた。

566 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:25
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/3/860.htm
これの意味がわからん。書いた本人もしいたら説明してくれ

567 :麻留 鈴 ◆1TMARUPEPU :03/04/06 02:30
>>566
俺も意味がわからん。
けど、なんか恐い感じがした。
文章がバラバラすぎて、ね。

568 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:37
>>561
阪神に入った伊良部の目付きが怖いワケがわかった気がするよ。
なんか、そのまんまだな。

569 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:47
>>566
解らない人もいるんですね。
驚きました。痛いから。

570 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:52
ところでさ、エンリョウタンのスレであった話なんだけど

1877年 フランス
1916年 東京
1968年 サンフランシスコ
2002年 大阪

で何が起こったか、誰か知らない?
まさかオリンピックじゃねーよな・・・

どうせネタだろ、と思ったら放置してやってくだちい。

571 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:53
私の母親が体験した話です。
私の両親は今から20年位前に離婚をし、
母は単身東京の親戚をたより、大阪の地を離れました。
上京してしばらくしたころ、母の姪が五反田に引越しをしたので
遊びに来ないかとの誘いを受け、2・3日泊まるつもりの
身支度を整え、教えてもらったマンションへと向かいました。
駅から程なく歩いた所にマンションが見え、いざエレベーターに
乗りこもうと中へ入ったところ、なんとも言えない
空気の重さと寒気を感じたと言っていました。
気を取り直し、電話で教えてもらった3階の30×号室のインターホンを押すと
聞きなれた声の返事・・・
「お姉ちゃん、よく来てくれたね」
待ちわびていたと言わんばかりの応答に招かれて中へ入る母。
玄関入って直ぐ、奥にベランダの見える六畳ほどのダイニング、
ど真ん中を陣取るようにして椅子四脚がすっぽりはまる程の
四角いテーブルが置かれておりました。
その中でも一番日当たりの良い椅子に座るように招かれ
腰掛けようとしたとき、「嫌!!」
即座に立ち上がる母。

572 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:53
その反応にビックリしながらも、またかと困惑の表情をうかべる姪・・・
以前からそのてのたぐいを感じやすい人だったので、
借りたばかりの部屋にまたケチがつくと必死で話題を変えようとする姪。
それでもやはり気になるので、恐る恐る何があるのか聞いてみると
「今、私の周りに3人立ってる・・・一人は髪の長い二十代くらいの
女性、もう一人はショートカットの四十代くらいの女の人、最後に
頭のはげた五十代くらいの男性」
「もうお姉ちゃん悪い冗談は止めてよ。」
「冗談で引っ越したばっかりの家にケチつける程意地悪や無いよ。」
泣きそうになる姪。
「悪い事言わんから、明日にでも不動産屋行って何があったか調べといた方がいいよ。」
既に寒気と頭痛が激しくなってきた母は小一時間ほどで逃げる様に帰りました。

そして次の日の明け方4時過ぎ、電話の音で目の醒めた母が受話器を取ると
悲痛にも似た声で「お姉ちゃん、出た!」
よくよく話を聞いてみると、
水の流れる音で目が醒めた姪がベッドの足側にあるシャワールームに目線をやると
灯りがついていました。
(おかしいなあ・・・消し忘れたのかなあ・・・?)
しばらく冴えない頭で考えていた時、シャワールームの開いた扉15cmほどの隙間から
3人が出てきたのです。
一瞬何が起こっているのかわからない上、度肝を抜かれて動くことの出来ない姪のもとに
その3人はやってきたのです。
そしてベッドを取り囲み、3人が一同に顔を覗きこんできたのです。

573 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:54
どれぐらい時間が経ったのかわからないらしいですが、悲鳴の第一声を挙げた時には
既に3人の姿は無かったそうです。
日が昇ったと同時くらいに慌てて不動産屋に問い合わせたところ
そのマンションは元々病院で、内装だけをリフォームしたモノだったらしく
現にその部屋で3人亡くなっていたそうです。

これは実話なのですが、母親から聞いた話なので私自身真実の程はわかりませんが
五反田駅周辺でこういう噂を聞いた方はいらっしゃいますでしょうか。

574 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:58
>>570
おいおい、そんな話してるのか
日本では結構マイナーな話だと思ってたけど、そうでもないんだな

575 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 02:59
>>574
何の話なのさ?

576 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:00
>>574
知ってるの?
地元では結構有名?

577 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:01
>>569
これ、北海道豊浜トンネルの例の事故のネタだっけか?
この板は中高生も来るから、知らなくても仕方がない。

578 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:03
地元というかロシアの方の伝説だよ
民話っぽい話なんであんまり怖くないと思う
あと俺が聞いたのでは2002年の大阪は入ってなかった
まあ俺が聞いたのは大学のころで10年以上前だからなー


579 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:08
>>574
詳細キボンヌ!
おながいします、気になって仕方ないです。


580 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:09
テロか。

581 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:09
ゴッタンダー駅ね。

582 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:21
おれも墓場で遊んでて墓石倒したことある
全く恐怖体験は無いな
本当に幽霊っているの?

583 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 03:28
見たことある人には確かに霊は存在する。見たことない人には存在しない。
見た瞬間に霊は存在することになるのだ。

584 :570:03/04/06 03:34
>>578
詳細を教えてくれるとありがたい。

585 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 04:41
実際に見たことのある人に会ったことないし、
俺全然信じて無いんだよね。
怖いとは思うんだけど。
思い込みなんじゃないかといつも思うよ。

586 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 04:57
霊なんて99l思いこみと偶然だよ。
人間の脳は、そこに何か居るって強く思いこめば何もなくても
そこに何か見えちゃったり、見たような気になったりするのが
困りもの。

587 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 05:03
禿同

588 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 05:10
>>586の意見には同意(自分は見たことはない)なのだが。
同時に世の中にはそれだけでは説明出来ないこともままあると思うし、また説明出来ない事柄が残ってるのも楽しいのであってもいいかな、とは思う。


589 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 05:58
たとえ信じて無くても、恐怖の感情を楽しみたいって事なんだよね。
後は残り1lの確率に賭けるって奴ですか(w

590 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:02
>>589
お前、卵に醤油かけるタイプだろ。

591 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:23
誰か >>590 の意訳プリーズ

592 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:27
>>591
卵に醤油をかける、即ち日本人の心を忘れてないって事だろ?
つまり>>589は典型的な日本人って事。


593 :591:03/04/06 06:39
>>592
おぉ、そういう表現があるのか。知らなかったよ。サンクスコ

594 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:46
みなさん、お元気ですか。ドクター中松です。

私が東大工学部・2年生のとき発明した、フロッピーディスク。
それから今年が、ちょうど50年目になります。
また私が麻布中学・2年のときに発明した、灯油ポンプ。
これも、今年でちょうど60年目になります。
この記念すべき年に、私は東京を発明しようというふうに思っております。

実は私が立候補した理由は、戦争が始まったからです。
他の主要な3候補というのは、戦争前に立候補しました。
つまり、いまの最大の問題である戦争について、なんら効果がない。
例えば、戦争を止めさせるということで、他の候補は全く実際の効果がありません。
私はそこで立候補しました。

595 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:47
ということは、私ならば都民の声を、例えば戦争を止めたいという声を、
アメリカのブッシュなど首脳に、対等の立場では話せる唯一の候補だからであります。
何故かと言えば、私が日本人として初めて国会で、アメリカの国会で表彰され、
ブッシュから個人的な親書をもらい、またアメリカ15の州でドクター中松記念日が法律で制定され、
さらにアメリカ科学学会では、歴史上の偉大な学者として、ドクター中松が指定されました。
そういうことで私が、アメリカに対して対等の立場で堂々と、都民の皆さんの声を伝えることができます。
他の候補には、全くそれができません。
ですから私が、東京および日本の国を救う意味で、私は立候補いたしました。

さらにもう一つ、他の主要な3候補は、いずれも政党・組合・宗教団体などをバックにしておりますが、
私の後ろには、何もありません。誰もいません。
つまり私が唯一の、都民を代表している立候補者なのであります。
そういうことで、都民の言葉を、都民の声を確実にアメリカに、首脳に対等の立場で伝えるのは、
私だけなのであります。

596 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:47
さらに戦争によるいろんな都民の被害。例えばテポドンはですね、北海道も九州も狙いません。
東京だけを狙います。首都ですから。
そのときに、他の主要の3候補は、どうやって防ぐのでしょう。
自衛隊に言ってもこれは撃墜、敵のミサイルを撃墜できません。
私だけが東京を救えるのです。
なんとなれば、私がミサイルを、ミサイル攻撃を防止する発明をしたからです。

さらにまた、近々起こると思う地震につきましても、私がライフライン、
神戸でもライフラインが途絶えて困りましたよね、ライフラインの防止の発明、
さらにまた神戸で圧死で、圧力で亡くなられたんですが、その圧死を防止する発明など、
具体的な対策を私が持っているのは、唯一の私の私だけであります。


597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:47
さらに今の不況、これも私の発明、みなさんの発明によって新しい産業を興し、
それによって東京都の税収を増やしますから、不況を活性化に変わり、
また失業者も吸収し、失業率も減ります。
さらにまた私がそのような税の増収によって、福祉にも十分、
税金をつぎ込む予算を組むことができる、唯一の候補であります。

さらに女性に対して私は、灯油ポンプの発明っていうのは、私の母を愛する親孝行の心で発明しました。
発明の心は「愛」です。私が女性に対して愛を捧げます。
さらにまた高齢化の問題につきましては、私の定年制をなくするという提案をしたいと思います
現に私の研究所は、全く過去45年間定年がありません。
八十何歳の人が元気で働いています。
都の税収増大と、定年制停止によって、生き生きとした東京ができます。

598 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:48
>>594-597
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル


599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:52
恐ろしい・・

600 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 06:52
>>594-597
洒落にならないくらい恐いね。うん。

601 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :03/04/06 08:51
>536〜
世代の差ですかね。ヤッケと言うのはナイロン製の薄いジャケットのことです。
もともと登山で使われていた防風服なんですが、私が小学生の頃からはやってたんです。
今でいう電気屋やガソリンスタンドの店員が揃いで着ているスタッフジャンパー
みたいなものです。
自分が当たり前に使ってた言葉が通じないと言うのが"洒落にならないくらい恐い"(笑

602 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 10:23
>>601
いやいや常識無しで無知の>>536が怖いだけだから心配しなくていいよ。

603 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 10:26
ヤッケなんて調べなきゃ分からんよ

604 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 10:31
干物とかうまいよね

605 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 11:15
ヤッケはおっさん
      ▲■■■▼▼▼▼■■■▲      工藤が2getだ
      ◆ ▼▼        ▼■■■ 
     /           ▲■■■■      >>1 で?何だ相談ってのは?
     | --- ,-- - 、  ◆,■■■l■     >>3 その熊先生ってのはヤメロといったろ!
      |            ◆■■■■     >>4 お前は何も心配すんな!
     .{▲■|! |■■■▲  ■▼,へ,■     >>5 なんだおめェテントはって・・・
     }/_●l  i"´ ●ヽ-=   ■ |^i ■     >>6 お前のことを思ってせんずりかいちまったよ
     〈  / ,:,:    ̄二    ■ |  ¶      >>7 布団を敷こう な!
      ▲___,,, )`ー--     ■ )iノ ¶      >>8 そらお前も脱いじまえよ
      ▼■■■■■▲   ■■-'_▲      >>9 こんなにガチガチに起てて何言ってんだ!
      ■、`ー----'_ノ■▲■■  ̄ ▼     >>10 おい大丈夫か?無理すんな!
      ▼■■■■■■■■■  /\    >>11 ゆっくりやろう な!
        ■■■■■■■■■ _/   \   >>12 今度は俺がお前のケツ掘ってやるからな!
       ▼■■■■■■▼ _ノ       _>、 >>13 がおっ

606 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 11:15
しまったーーーー!!!!

607 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 11:53
ぐぐったら、トップは日記ページだった・・・

608 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 12:51
角田の森の話って知ってる?

609 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 13:09
ヤッケ

610 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:14
ヤッセ=まって

611 :隔離屋 ◆ZBoUhRrpqE :03/04/06 14:42
>>570
わざわざ隔離してるのに本スレに持ってこないでください・・・
おかげでまたワラワラと釣り師が寄ってきてるし。

この話の続きは↓でおながいします。
【真実か】エンリョウタンを語るスレ【ネタか】
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1049213947/l50

話の内容そのものについて書いてくれるならこっちでもいいと思うけど。


っていうか、ロシアの伝説だの、何か知ってる人はその内容を書いてください。


612 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 14:51
>>611
おまえ、臭うぞ
あっちのスレでも嫌われてるぞ

613 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:12
>>573
俺昔五反田に住んでたけど…
場所はわかんないんですか?

614 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:50
五反田ホルの近く

615 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 15:50
ホルってなんだ・・ホールの間違い

616 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 17:21
>601
ヤッケって山で使う上半身だけの雨具の事じゃなかったっけ?
アノラックがセパレイトタイプと記憶してるけど。


617 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 17:23
ヤッケってウィンドブレーカーのことじゃないの?

618 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 17:31
ヤッケはもういいだろ

619 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 17:43
ヤッケの事くらいで、そんなにやっけになっても…











躍起ですね、失礼しました。

620 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 18:05
犬猫大好き板によく出没するメール欄「hage」。
粘着ぶりがオカルト。

621 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 19:46
エンリョウタンには次々と神が降臨してますが・・・
ロシアの話だけ今だに勿体つけてる・・・・
ええ加減にせい!!! ・・・して下さい。

622 :ほんのりに張ってあった:03/04/06 20:07
これでもみて和もうぜ
ttp://210.136.179.129/source/nekomoe488.jpg

623 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:03
他の板で見かけて恐ろしかったのでコピペ


おととしの忘年会で行った温泉街のソープのおばちゃん(推定55歳)は、かれこれ30年以上やってるって言ってた。
やはりオマンコは凄い事になってた。しかも上の歯が入れ歯だった。孫もいるんだってさ。
オマンコすっかすかで全然挿入感無いのにトレーシーローズばりの喘ぎ声で、「お兄さん固い!すごく固いよ!当たってるよ!はぁ〜!」
って叫ぶんだけど、全然6分勃ちなわけ。ティンコはどこにも触れてないような感覚。
そうだなぁ〜、例えると350mm缶をくり抜いたのに突っ込んでる感じかな?オマンコなんか全体的に飛び出してて、発情期のサルみたいなワケ。
そんでもって「おっぱい揉んで〜、はぁ〜」とか言ってんだけど、ほぼ棒読み。学芸会のレベル。
で、当然ながら口臭も結構凄いわけよ。ティンコもいい加減にゲンナリしちゃってね〜。
そんな事にはおばちゃんも慣れてるようでね、右手に唾液をたっぷり付けてさ、シゴクんけどさ。
これが逆手なんだ。逆手。シゴクというよりも刃物を突き刺す手つきなわけ。
少しすると唾が乾くでしょ?摩擦で。蒸発して臭いんだ、これが。緑亀の水槽の臭いに近い。
そんでおばちゃんの顔みると、次の唾を口の中で貯めてるわけだ。まだやるかって感じ。
そんな条件なのに、俺のティンコ、また勃ってきてさ。何だろね?自分でもビックリ。
そしたらおばちゃん、大量の唾をティンコにベッタリ塗りたくって。そしてやおらバックスタイルに構えてさ、こう言うわけ。
「お尻の方に入れていいよ〜、お兄ちゃんの、少し大きいけど、早く〜ぅん」言っとくけどココまで生だぜ?
で一瞬躊躇してると、おばちゃんテメェの肛門にも唾塗ってるわけ。
で、その指をもう一回自分の口に持ってって唾追加してんの。今度は指入れて中にも唾塗ってさ。
不思議なもんで、俺のティンコ、ギンギンになっちゃってさ。肛門に突き刺したよ。メリメリと。
いや、メリメリではなかったな。スポーンって入った。後はガムシャラに腰振って、振って振りまくった。
そんで射精した。中出し。おばちゃんの絶叫聞きながら果てた。ティンコ抜いたらさ、やっぱ糞がすげえ付着してんだよね。
まだら模様になってんの。で湯気が立ってた。。


624 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:23
↑ 自分の人生で聞いた、どんな話よりも怖キモい。

625 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:26
(゚д゚)コワー

626 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:28
(゚д゚)コワー ←(プッ

627 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:29
>>623
匂いが容易に想像できてゲロはきそう。

628 :huro:03/04/06 22:52
アロハシャツの女って話、コペピしてくれませんか?

629 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:54
なんでそんなババァを相手にするんだろうか。55歳じゃ美人でもちょっとなあ

ここって本とかにのってる話でもいいかな。著作権とかきにしちゃうタチなんだが。

630 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 22:57
この前、荒川まで自転車で逝ったんですよ、荒川まで。
んでもって堀切まで来てここまできたら東京湾見てこうって事になったんだよ。
それで川を下って逝ってずんずん進んでいって人のいないような所まで来たんだよ。
それでポチャンって音が川の中でしたんでそっちの音のした方とかみたら浮いてんだよ
なんか黒い髪みたいな塊がちゃぽちゃぽ浮いてるんだよ。最初はでかいゴミかな?って思ったけどみちゃったんだよ。
よく見たら(見なきゃよかった)その黒い塊の根元?に人の顔があったんだよ。んでこっち見てんの。
いや、もうビビったね、んでもって漏れが凍ってたらまたポチャンって音がしてソレは濁った水の中にまた沈んでった。
それからはもうよく覚えてないけどひたすら来た道を戻ったね。怖くて後ろなんか振り向けなかった。
しかも(たまたまなんだろうけども)来る時は向かい風だったのに逃げ帰る時も向かい風だったのよ。もう進むのがやっとのくらいの。
ようやく人のでる所まで来てちょっとキレ気味の仲間に理由説明してこのまま帰ろうって事にしたんだよ・・。
結論・・
         荒    川    最    凶
二度といかねえ・・(泣)

631 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 23:04
どざえもんじゃんそれ。通報しろよオイ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

632 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/06 23:20
いや、みてたのよ。こっちを。
なんかモザイクっつうかモヤモヤ?つうかありえないのよ。いろんな意味で。
だけど見てるのよ、確実にこっちを。え?モザイクかかってんのになんでわかるかって?
漏れだって知らねぇよ。(TдT)
帰ったあと怖くてお風呂はいれませんでした。

633 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 00:38
見られんのはキツイな…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

634 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 01:41
>>629
教えてよ〜

635 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 01:47
>>629
大丈夫。君が訴えられかけたらオカ板全員で同じ本から引用しまくって
告訴相手を2ちゃん管理側になるように仕向けるから。

636 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 01:54
>>629(=634?)
たまたま同じ体験した奴はいるもんだし、気にせず書け!
(本の投稿者とあなたが同じ体験したって事「にしとけば良い」)
それに出版されている体験集なども、所詮回りまわって来た話に過ぎない。
著作者なんていないのよん。

明らかにオリジナリティのある著作物ではなく、有りがちな霊体験なら
ある程度だけ語尾を変えたり、割愛したり、脚色すればいい。まんまで
載せちゃうと問題あるかもね。それと、しっかりメモ帳に打ち込んでから
一気に投稿してね。あ、それとその際は名無しでよろしくねん。

637 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 02:19
>>610
アルベドの方ですか?

638 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 02:33
>>635>>636
わかりました。前に買いあさってあった怖い話の文庫本からいいものを選んでおきます。

639 :あなたの中にも名無しさんが・・・・・:03/04/07 09:12
>>635
おまい優しいな(;´Д`)ハァハァ
>>637
ワロタ。

640 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 13:10
ちょっと練習させて。
あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゆよらりるれろわをん
アイウエオカキクケコサシスセソタチツテトナニヌネノハヒフヘホマミムメモヤユヨラリルレロワヲン

641 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 16:27
昨日、はじめてここの集計サイトに行ってみたんだけど、
「残念ながらあなたの娘さんは」って話を読んで思い出した事がある。
4年前に、飲み屋で知り合った女の子が語ってくれた話。
けっこう長くなったんで、分割して書き込むことにする。

642 :641女の子の話1/2:03/04/07 16:29
彼女の姉には4才になる息子がいたんだけど、ある時、白血病を患って入院してしまった。
小児白血病ってのは進行が速い。
昔に比べれば死亡率は飛躍的に下がったとは言え、まだまだ恐ろしい病気なんだって。
だから、姉と夫は祈るような気持ちで、毎日病院へ通っていたそうだ。

そこへ現れたのが彼女の叔母さんって人。
この人が、霊とか呪いとかを信じているうえにお節介な人で、
自称霊能者って人を病院に連れてきて、病室で霊視っぽい事をさせた。
その霊能者曰く「この子には悪霊が憑いている。今すぐ除霊しないと連れて行かれる。」
両親は半信半疑ながらも、藁にもすがる思いで除霊を依頼した。
ただ、病院から息子を連れ出すわけにはいかなかったので、家で除霊の儀式を行った。

しかし、子供の病状は一向に良くならない。
すると、また叔母さんがやって来て、その霊能者の言葉を伝えた。
「悪霊の力は思いのほか強い。一刻も早く連れ出して除霊しないと、子供は地獄に堕ちる。」
その直後、子供の容態が急変した。
まだまだ甘えん坊だった息子は、母親の手を握りしめ
「ママ怖い・・ママ怖い・・」と言いながら息を引き取ったそうだ。

643 :641女の子の話2/2:03/04/07 16:30
このことが原因で、両親は離婚してしまった。
母親(語り手の姉)は下の娘を引き取って、一旦実家に戻った
しかし、彼女の心には「子供は地獄に堕ちる」って言葉が重くのしかかっていた。
地獄で苦しむ我が子の姿を想像すると、気が狂いそうになる。それこそ地獄のような日々。

そんなある日、荷物を整理していたら、死んだ息子が使っていた落書き帳が出てきた。
子供が描き殴った乱雑な絵ばかりだったが、ページをめくるたびに涙がこぼれたという。
と、彼女の目が最後のページに吸い寄せられた。
病院から落書き帳を持って帰った時、そこには何も書かれていなかったと記憶している。
だが、今見るとそのページには文字が書かれている。鉛筆書きの拙い字でたった一言
「だいじょうぶ」
それを見た瞬間、彼女は(これは息子があの世から送ってくれたメッセージだ)
と思ったそうだ。

「それでお姉ちゃん、一念奮起して大型免許を取って運送会社に入ったんだ。
今は実家を出て女手一つで娘を養っている。つくづく母親って強いなぁって思うよ・・」
それっきり、語り手の女の子はテーブルの上に俯いたまま黙ってしまった。

644 :641俺の感想?:03/04/07 16:32
冷静に考えれば、彼女が最後のページを見逃しただけなのだろう。俺はそう思う。
でも、目の前で半泣きになっている女の子にはあえて言わなかった。
それ言っちゃあ野暮だろうって思ったから。

だって、子供を失った親というものは、僅かな希望にでもすがりたくなるもんじゃないか?
自分は霊なんて信じていないけれど、そんな俺だって妻子を失った時は、
せめてあの世で幸せに暮らしていて欲しいって、しばらくはそればかり願ってた。
それを糧に今日を生き延びる事ができるなら、死後の世界を信じても良いって思ったんだ。
だから、そんな希望をうち砕くような自称霊能者の無神経な言葉には本当に腹が立った。
ぶん殴ってやりたい。今でもそう思う。

で、最後に頭に戻るけど、「残念ながらあなたの娘さんは」って話、
コメント読んだら「後味悪い」って感想が多かったけど、ホントそう思うよ。
少なくとも、俺にとってはマジで洒落にならないくらい恐い話だった。
恐すぎて、思わず投票しちゃったよ。

何だかよく判らない、とりとめのない文で申し訳ない。
込み上げるもんがあったんで書き込んでみた。ウゼェって思ったらスルーよろしく。

645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 17:41
>>641
     ヽ    // ̄> ´  ̄  ̄  `ヽ  Y  ,)   ヽ
    つ    L_ /              / ヽ  つ
    わ    / '              '    i あわ
  ぁ ぁ    /               /    く ぁぁ
  あ ぁ    i   ,.lrH‐|'|   /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、
  あ あ   l  | |_|_|_|/|  / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/ / ,-- レ
  ぁ あ    _ゝ|/'             ヽト、N' ,,-‐‐   ‐‐-、 .
        「  l  ,,-‐‐   ‐‐-、    .| | |  、_(o)_,:  _(o)_, 
         ヽ  | 、_(o)_,:  _(o)_, ノ ノ! !  |    ::<     
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  |     ::<   _人__人ノ_  i  /( [三] )ヽ : 
人_,、ノL_,iノ!  /!ヽ  /( [三] )ヽ「  ヽ   L_ヽ 
 ぁ ぁ  /  / lト、 \ ヽ, -‐ ノ   つ   了\ 
あ あ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`h)    わ   |/! 「ヽ,    /) 
ぁ あ   ヽ/   r-、‐' // / |く   ぁぁ   > / / `'//


646 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 17:55
>>644
          _____
         / ヽ____//
         /   /   /
        / ヽ / ぁ /
        / つ / ぁ /
       / わ /あ  /
       / ぁ / ぁ /
      /   /   /
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




       .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       .|                    |
  ヽ  あ...|                    |ぁあ
  つわぁ /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       / ,,-‐‐   ‐‐-、 .    /ヽ__//
     /  、_(o)_,:  _(o)_,     /  /   /
     /     ::<        /  /   /
    /  _/( [三] )ヽ :_  /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /


647 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:03
洒落怖のみなさん お初です。
ちょっとお伺いしたいんですが、みなさん、このスレに長い間
住んでいると思うんですが、その中で、このスレの住人になって
から、どうも妙な気分になるようになった人はいませんか?

 私もこのスレが好きで、過去ログHPも毎日読んでいる人間ですが
住人になりだした頃から、自分の周囲に常に誰かがいるような気配が
してなりません。
 ネタではありません。本当に本気です。ただ単に気にしすぎだと
思われるかも知れませんし、事実そうなのでしょうが、どうも気配が
消える事がありません。
 でも、別に物音が聞こえるとか、変なものが見えるとか、悪夢を
見るなどと言う事は一切ないんです。
 こういう経験の人、いませんか?


648 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:16
自意識過剰だな。


649 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:21
まぁ気のせいという事にしとけよ

650 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:46
   、-'''"´ ̄   ___  ̄           タマちゃんです♪(*⌒ヮ⌒*)
     ,,、-'''"´ ̄    ̄`"''-、`"''-、  どいつもこいつもいい加減にしろや。 
  //             \  \   俺はなぁ、命懸けで生きてんだよ。
 / /              ` ヽ ヽ   何度も何度も修羅場くぐってきてんだよ。 
 | |     ´        ● ○|  | それが何だ?ホタテなんてまいてんじゃねぇよ。 
ヽ .ヽ      ●         /  /  腐るほどいる鯉で十分だっつの。
 \ \  ○    (_人__)ミ/ /     てめーらみたいなぬるま湯人生送ってんのとは訳が違うんだよ。
     "''-、、,,,,,,彡_,,,,,,、、-''     それがなんだ?想うだの見守るだの。
   "''-、、,,,,,,    _,,,,,,、、-''    藁かすな。てめーらの施しを受けるぐらいなら死んだほうがマシだ。
                         俺の事はほっといてさっさと川岸から去れっていってんの。

651 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:49
過去ログHPを毎日読んでいる人間ってある意味すごいな。

652 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 20:58
>>650
ごめん、方形かと思った・・・

653 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:55
>>647
口に出して言わなかったけど、私も同じ感覚です。
ここにいる人たちも、それに気付くと怖いから気が付かない振りをしてるだけだと思う。

一時期、それがひどくなって2ヶ月ほどここへ来ない時があった。
ちょうど、心身ともにしんどかった時だったようです。
元気が復活して、また来るようになったけど、気配は常にあります。
弱ってる時は入り込まれるみたいですね。
それでも来るのは、まあ怖いもの見たさなんでしょうけど。
やばい時は、夜中に一人で自分に大声で喝を入れたりしてますw

654 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:58
私の身に起こった、今でも私を苦しめている体験について語ります。
毎朝六時ごろになると私にある異常事態が起きるのです。だいたい起床の20〜30分前。

うつらうつらしていると、そのうち体の上に誰かが乗りかかってくるのです。
それはわかるのですが、意識がそれ以上はっきりとせずしかも金縛りに
あったように体も自分の意思では動かなくなってしまいます。
耳元では「お前は俺の女だ」と不気味な囁きが続き、下半身がしびれてしまう。
はじめのうちは「嫌な夢だなあ」と思っていただけなのですが
それが週に3回、4回と続くようになってくると、さすがに不気味になってきました。

しかも、目が覚めてみると、必ず下着が脱げています。金縛りのようになって、
自分では動かせないのに下着が脱げているなんてどうしてもわからない。
まるで強姦でもされているような嫌な気分でした。
その現象がいつも目覚める前に起こるので、そのあとぐったり疲れてしまいます。
二ヶ月くらいのうちに43キロ足らずにまで減少して体力もガクンと落ちました。

そのうち生理も止まってしまいました。それも三ヶ月続きました。
おかしいと思って産婦人科にいって診てもらうと「妊娠している」と言われたのです。
「そんなことありませんっ」と否定しました。だけど医者は「間違いなく妊娠の兆候です。
おかしいのはお腹の中に何もないのですよ」と言いました。

こんなことがあるのでしょうか。しかし、その後も私のお腹は膨らんでいきました。
私はあのおぞましい出来事を思い出しました。あのおかしな夢は現実だったのだろうか、
実際に誰かに犯されたのだろうか。

655 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 21:59
ガリガリに痩せてしまってお腹だけは妊娠のように膨らんだ自分の姿を見てショックを
受けた私は仕事を辞め、故郷の実家に帰りました。
妊娠からほぼ十ヶ月目のある日、急に猛烈な腹痛に襲われ、ゲェゲェと丸一日、
白っぽい精液のような液体を吐きました。すると膨らんでいたお腹が元通りにへこんだのです。

親戚のおばさんが心配して、ある霊感の強い人に相談したところ、
「それが亡霊の子供だった」と言いました。
その人の話では亡霊とセックスすると妊娠したときと似たような現象が起きますが
精子がないので胎内で普通の赤ちゃんは育たないのだそうです。
私はこの異様な体と未婚の妊娠ということもあって故郷で冷たい扱いも受けました。
体も後遺症?で不自由になりいまは自宅に住んでいます。
私から言えることはもし、女性の方で私のような体験がある場合は、
早めに調べて霊能者の方などに相談を受けてみるのがよろしいかと思います。
私ももっと早くに原因を突き止めていればこんなことにはならなかったのでは。と
思います。

656 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:15
>>647
そうゆうときはむしろ気づいた仕草をすることをお勧めしる。
漏れも最初は怖かったが、
思いっきり振り返っても、さりげな〜く振り返っても、
夜中いきなり目を開けてみても結局何もいないんだよな。
そうしてるうちにそんな感覚にもなれちまったよ。
まっ、とりあえずやってみ、万が一ほんとに幽霊タンがいたときは・・・・・・・・・・・・ファイト!

657 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:19
>>647
別になんともないのだが・・・
俺が鈍いのか?

658 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:31
>>656-657
見えないだけ。
そこにいるんです。

659 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:37
>>656-657
つーか想像妊娠じゃないか?
姑獲鳥の夏

660 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:43
>>647
なんつーか、部屋の空気が変わった気がしたりすんだよな
ま、気のせいといえばそれまでなんだけど

661 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:47
亀レスだが
>>641-644
漏れもあの話読んだけど、見えるもんはしょーがないのでは?
ガン患者に告知するよーなモンじゃねーのか?霊能者側に立てば。

662 :659:03/04/07 22:50
まちごた
>>659>>653-655へのレスね。スマソ


663 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:51
>>647
そういう時はぜひ写真を撮ってみてくれ

664 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:52
>>659
破裂しちゃうのですな。


665 :ダヌル・ウェブスター:03/04/07 22:58
・私って霊感が強いの、とかほざくアタマの悪い女
・「まじシャレになんない体験」とかいうタワゴトを延々と喋るバカ男

こういうのと酒席をともにしたら、とりあえず自分も同化して
ありもしない超常現象の話などして盛り上がります。

ま、面白いことは面白いんですが。(笑)

666 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 22:59
また、ダヌルかよー
診断じゃないの?おまえ

667 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:02
>>ダヌルさん
学生運動にまつわる怖い話かグロテスクな話聞かせて〜。

668 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:04
>>661
霊能者の側って、すると藻前は人間の屑サイドってことでいいんだな。


669 :ダヌル・ウェブスター:03/04/07 23:05
>学生運動にまつわる怖い話か

キミはオレの年齢を読み違えておるな。
「学徒動員にまつわる怖い話」とすべきだな。(笑)

670 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:06
>>ダヌル
戦時中に行った沖縄での怖いハナシねぇの?

671 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:07
>>668
うるせーひきこもり厨。
お前は人間以前だ。

672 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:09
>>669
その世代のギャップがすでにオカルトw。

673 :ダヌル・ウェブスター:03/04/07 23:09
>670
モー娘。オーディション中のちょっとエッチで不思議な話ならあるんだが。
あとは定番の「ガダルカナル飢餓地獄もの」ぐらいしかねぇなあ。

674 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:09
>>671
うるせー糞厨!
明日学校だろ。もう寝ろヴォケ!

675 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:12
>>ダヌル
戦国時代で戦ってた時の怖いハナシあるだろ?

676 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:12
>>673
前者の話キボン。

677 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:19
>>ダヌル
お得意のチン皮剥いたときの怖い話はまだですか?

678 :ダヌル・ウェブスター:03/04/07 23:20
>676
ごめん、その話は来週の月曜にならないと入荷しないんだ。

かわりと言っちゃなんだけど、田中真紀子さんの生理がストップしちゃった話でもいい?

679 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:27
>>ダヌル
いつも聖徳太子と何話してたんさ?

680 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:29
オカ板で駄コテ雑談してる事がオカルトに思います。

681 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/07 23:49
駄塗る、来るなよ!荒れるから

682 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 00:42
>>679
栃木弁?

683 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 01:22
ore danuru suki dana

684 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 01:47
ダヌルさんこんばn(ry

685 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 04:32
相変わらずスレストだな、ダヌル

686 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/08 08:02
今までロムっていたがここで私も話を1つ・・・
自分的には洒落にならなかったので書かせていただきます。
余分な文がついて長文なので読むのがめんどうなな人はとばしてください。
文才がないためわかりずらかったらすいません。
っと前置きはこの辺にして・・・


3〜4年くらい昔の話になるが
ある夜(夏の深夜1時くらいだったと思う)
母親に明日の朝食のパンを買ってきて欲しいと頼まれた。
自分も小腹が減っていたためコンビニに行く事にした。
自宅前の線路沿いの小道をスクーターで走ってコンビニに行く。
途中踏み切りを渡るのだが行きの道中では何の異常もなかった。
一通り買い物を済ませて来た道を帰る。
すると踏み切りの手前に人影がある。
踏み切りの近くの街灯でかろうじて女の人だとわかった。
こんな時間に出歩いている人がいるとは珍しいなと思った。
(田舎なので深夜になると車も走っていない。)
あまり霊の類は信じていなかったが一瞬幽霊ではないかとドキッとした。
その女性は踏み切りを渡ろうともせずに踏み切りの手前で立っているだけである。
気味が悪いがその踏切を通らないと結構な遠回りになる。
意を決してその女性の横を通り過ぎた。
通り過ぎる瞬間気が付いたのだが女性はうつむきながら何かブツブツ呟いていた。
踏み切りを渡り左折のため一度止まった。
気になったのでもう1度女性の方を振り返ってみた。
(消えてたらどうしよう?などオカルト的なことを考えて・・・)
女性はこちらを見たまま先ほどと同じ位置に立っていた。
「何だやっぱりちゃんとした人間だったか」と少し安心してそのまま自宅に帰った。
その日朝早く起きなければならなかったのですぐに床についた。
>>>つづく


687 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 08:05
床についてから間もなく電車の物凄い急ブレーキの音で飛び起きた。
自分の部屋を出るとその音で起きたのか弟と父親が居間に入ってきた。
「凄い音だったな」「どうしたんだろうな」などと少し話していたが
朝早く起きなければならないと言う事もあって寝ることにした。
その日もいつも通り学校に行き、夕方には自宅に帰ってきた。
夕飯の時間になり新聞を広げていた父親が小さな記事を指差して言った。
「今朝のブレーキ音飛込み自殺らしいぞ。女の人が貨物列車に飛び込んだらしい」
その時ドキッとした。まさかあの女の人じゃないよな・・・嫌なイメージが脳裏をよぎった。
場所といいタイミングといいそう考えるのが普通だった。
あまり人の死というものを感じたことがなかったので
その時だけでも洒落にならないほど怖かった。
しかし、その後まさかこれ以上の恐怖が襲ってくるとは夢にも思っていなかった。
>>>つづく


688 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 08:07
それから何年かしてそんな事件も記憶の片隅で忘れ去られていた。
ある日母親が少しオカルト系が好きなだったこともあり
隣の市に住むその近辺では有名だと言う霊能力者の自宅に行く機会があった。
(霊能力者と言っても職業にしているわけではない。)
霊の類は信じていなかったが面白半分でついて行くことにした。
6〜7畳くらいのマンションの狭い1室に6人ほどの人が集まっていた。
しばらくその霊能力者の体験談を聞いていた。
その後集まった6人の守護霊を見ようという事になった。
これは面白いことが始まったと内心浮かれていた。
10分ほどして自分の番が回ってきた。
その霊能力者がジッと私の両肩の上あたりと頭の上あたりを凝視した。
間もなく霊能力者が口を開いた。
「貴方には御三方の霊がついています。まず先祖とおぼしき男性が1名」
「先祖ではないのですが貴方の才能を伸ばしてくれている男性が1名」
「あと自殺で亡くなっている女性が1名見えます。」
「男性2名は守護霊ですが女性の方はどこかで拾ってきたみたいですね。」
「害はないのですが憑いていても良いことないので払っておきます」
!!!その言葉を聞いてあの事件を思い出し恐怖が一気にピークに達した。
その場で払ってもらったが何年間か一緒にいたかと思うと洒落にならなかった。
何で俺に憑いてるんだよ〜〜ただ死ぬ前に偶然会っただけじゃないかと半泣きだった。
そんなこんなで今に至るわけだがちゃんと離れていってくれたのか
霊感に無縁な私は不安でしょうがない。

                 完

慌てて書いたため誤字・脱字があるかもしれませんがご容赦ください。


689 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 08:39
うわああああああああ(AA略

690 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 09:24
>>686-688
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

691 :壺販売員:03/04/08 09:24
霊能者を自称するヤカラは人間の屑である。これも定説です。

692 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 09:31
ヒッキーの俺に憑いている背後霊ってどう思ってるんだろう。
半ば見放されてるのかもなあ。(´・ω・`)
まあもう明日からヒッキー卒業だし、そんな背後霊を見返すくらいの人生歩んでやるぞ

693 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 09:32
壺は要りませんよ

694 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 11:57
>>686-688
憑いてるだろうなあとは思ったが、確かに本人にとっては
うわあああああああああああああああああああああな体験でしたね。
まあもう払われたと思って明るく生きよう!

695 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 12:28
主婦は「いつもごみ出しをしてくれる夫がテレビゲームに夢中になって
手伝ってくれなかった。自分が被害者になったら、(夫が)心配してくれる
と思った」と動機を供述しているという。


>夫がテレビゲームに夢中になって手伝ってくれなかった。
>夫がテレビゲームに夢中になって手伝ってくれなかった。
>夫がテレビゲームに夢中になって手伝ってくれなかった。
>夫がテレビゲームに夢中になって手伝ってくれなかった。

696 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 12:28
>>686-688
                    /\___/ヽ.    ヽ
   /\___/ヽ.    ヽ   /    ::::::::::::::::\  つ
  /    ::::::::::::::::\  つ   |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|  わ
  |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|  わ. |  、_(o)_,:  _(o)_, :::| ぁぁ
. |  、_(o)_,:  _(o)_, :::| ぁぁ  |    ::<      .::| あぁ
  |    ::<      .::| あぁ.  \  /( [三] )ヽ ::/ ああ
  \  /( [三] )ヽ ::/ ああ   `ー‐--‐‐―´   ぁあ
   `ー‐--‐‐―´   ぁあ     /   ⌒i
     /   \               | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/           |
  __(__ニつ/  FMV  /_______ .| .|____
      \/____/           (u ⊃
        ガガガガ・・・・


697 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 12:33
>>686-688

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□
□□□□■□□□□□□□□■□□□□□□□■□□□□□□□□■□□□□
□□□■□□□□□□□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□■□□□
□□□■□□□□□□□□□□■□□□□□■□□□□□□□□□□■□□□
□□■□□□□□■■□□□□□■■■■■□□□□□■■□□□□□■□□
□□■□□□□□■■□□□□□■□□□■□□□□□■■□□□□□■□□
□□■□□□□□□□□□□□□□■□■□□□□□□□□□□□□□■□□
□□□■□□□□□□□□□□□□■□■□□□□□□□□□□□□■□□□
□□□■□□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□□■□□□
□□□□■□□□□□□□□□□□□■□□□□□□□□□□□□■□□□□
□□□□□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


698 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 12:38
>>686-688

  _, ._
( ゚ Д゚) コワッ 

699 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 16:07
>>686-688
( ゚д゚)、ペッ

700 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 16:08
>>686-688
          ______
          \ ,,-‐‐ -‐-、\     ヽ
           |,.\、_(o)_,: _(o)_,. \   つ
         /   \   >::     \  わ
        /    ,. i \/( [三] )ヽ  \ぁぁ
        |    /.| |\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||~あぁ
        | .|   | | |  ||          || ああ
_./⌒..───' | / | |  ||          || ぁあ
__/⌒ 二二ニニ ノ   U  .||       .||


701 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 16:17
>>686-688
偶然会っただけでも
淋しかったらついてくるものだよ
だから死人に下手な同情はしないことだ皆さん

702 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 17:00
むしろ同情したわけでもなんでもない、というところが
>>686-688 のポイントだと思うが。

703 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 17:44
>>686-688
     ヽ    // ̄> ´  ̄  ̄  `ヽ  Y  ,)   ヽ
    つ    L_ /              / ヽ  つ
    わ    / '              '    i あわ
  ぁ ぁ    /               /    く ぁぁ
  あ ぁ    i   ,.lrH‐|'|   /‐!-Lハ_  l    /-!'|/l   /`'メ、
  あ あ   l  | |_|_|_|/|  / /__!__ |/!トi   i/-- 、 レ!/ / ,-- レ
  ぁ あ    _ゝ|/'             ヽト、N' ,,-‐‐   ‐‐-、 .
        「  l  ,,-‐‐   ‐‐-、    .| | |  、_(o)_,:  _(o)_, 
         ヽ  |  、_(o)_,:  _(o)_,  ノ ノ! !  |    ::<     
⌒レ'⌒ヽ厂 ̄  |     ::<   _人__人ノ_  i  /( [三] )ヽ : 
人_,、ノL_,iノ!  /!ヽ  /( [三] )ヽ「  ヽ   L_ヽ 
 ぁ ぁ  /  / lト、 \ ヽ, -‐ ノ   つ   了\ 
あ あ  {  /   ヽ,ト、ヽ/!`h)    わ   |/! 「ヽ,    /) 
ぁ あ   ヽ/   r-、‐' // / |く   ぁぁ   > / / `'//


704 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 19:18
>>702
最初に踏み切りで見たとき
こんな時間に出歩いているのは珍しいと書いてあるが
本当は危ないと心配したんじゃない?

705 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 19:52
昨日、電車に乗ったら下半身だけの人が座席に座っていた。
下半身は普通で、靴もズボンも履いてる。
だけど、ベルトから上20センチくらいのところでシャツ?が結んであるんだ。
腕も頭も見えない。腰から上に口を結んだ袋が置いてあるみたいな感じだった。
本当にビックリしたけど、何かの障害者かなぁと思って黙って見て見ぬふりをしてた。
周りを見たら、 みんな気になるみたいでチラチラ見てるんだけど、やっぱ見て見ぬふり。
誰も指さしたり、ジ〜っと見たりはしてなかった。
で、その車両全体がシーン。結構込んでたけど(22時くらい)だーれも喋ってなかった。
俺は途中で下りたからわかんないけど、どうやって改札出るんだろうって不思議だった。
そういう障害持ってる人っているのかな?上半身が異常に小さいとか。
あと、下りる時に、少し離れたトコに立ってる女が携帯で写真撮ってるの見たんだけど、
その人、ココ見てねえかなあ。見てたら画像うpして欲しいなぁ。

706 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 20:08
>705
これを思い出したよ。

431 名前: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日: 03/03/24 00:18
 大学生のころの話です。私は当時、音楽系のクラブのマネージャーを
 していまして、翌日にコンサートを控え、楽器の積み出しやスケジュールの
 最終調整などしていて、終電にやっと間に合うほど遅くなってしまいました。
 で、そのがらがらの電車の車内で本を読んでいたら、目の前を何かが通り過ぎ、
 何だろうなと顔を上げると、上半身だけの若いパーカーを着た女性が
 つり革をまるで学校とかにあるウンテイのようにして、その車内を移動しているのを
 見てしまいました。
  一瞬、私はすごいひとだなぁと思っていたのですが、その女性は上半身しかないし、
 そもそもつり革に手が届くわけがありません。
 「やばいものがいる!」と思ったのですが、終電なので途中下車するわけにも
 いかず、びびっているしかありませんでした。その上半身女はむちゃくちゃ楽しいのか
 つり革を伝って私のいる車両を何度も往復もしていました。
 私が見回すと、乗客の何人かはその女性の存在に気づいているようで、
 40か50ぐらいのスーツを着たおじさんが見上げて顔をしかめていました。
 私は最寄り駅に着いたのでさっさと降りましたが、
 あの後、どうなったのか、今でもふっと思い返すときがあります。

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 20:14
>>705
絵に描いて、レッツうp!

708 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 20:18
>>705
どんな奇形でも、さすがに頭部・脳味噌がないと生存できなくない?
と、言うことは・・・南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏・・・

709 :705:03/04/08 20:21
>>706
ケニー坊なら俺も理解出来るんだけどあれは・・・
合体するのかな?(w

>>707
俺スキャナー持ってねえし、マウス絵描けないんだよね・・・
それともAAか?

710 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 20:31
>>706

>>その上半身女はむちゃくちゃ楽しいのか
 つり革を伝って私のいる車両を何度も往復もしていました。


不覚にもワロタ

711 :業務連絡:03/04/08 20:55
↓このスレに鬼が出ました。

【同人系】相武紗季【大型新人】
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/girls/1047533215/l50

96 :萌える名無し画像 :03/04/07 13:02 ID:Y+Y8ue/i
このスレって
一人ものすごく彼女が好きな人がいて
その人がずっと保全してるだけなんだね

というカキコから始まって、それからひたすらカキコを続けてらっしゃいます。
睡眠をとってる様子もアリマセン。 (前日ID:Y+Y8ue/i=今日ID:x/ftwPgf)

なんだかスゴイです。楽しくってしょうがないです☆
皆さんもお誘いあわせの上、是非いらっしゃってください。カシコ


712 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/08 21:27
>>692
背後霊もヒキ

     (-_-) ボクモウツダ
ウツダ (-_-) )
    (∩∩)´

713 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 01:33
海外旅行先で仲よくなったサーカスのギロチン芸人に
別れ際に種明かしをしてもらったら
1人だと思っていたギロチン芸人は実は2人(兄弟)で、
「首から下が異常に小さい男」と
「首から上が異常に小さい男」が肩車をしていた、っていう怪談を思い出した。

714 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 02:22
>>713
妖怪、「足なが手なが」を思い出した。
足ながの男が手長の男を肩車してタコを捕まえてる絵が。

715 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 02:27
こないだ京阪の天満橋駅で「てるみ(恐らく本物)」と遭遇しちゃった。

あ〜怖。

716 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 02:50
てるみって大阪在住なんだ…

717 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 02:53
>>713
それって怪談なのか・・・・・・?

718 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 02:55
怖くないかもしれないですが、実話なので話してみます。

今から3年ほど前のことです。そのとき僕は大学生でした。
その日、つまり怪奇現象が起きた日、僕は友達と大学の図書館で
論文か何かを仕上げるために遅くまで大学にいました。
そして、全てを終えたころにはすっかり辺りは暗くなっていました。
図書館を出た僕と友達は大学を出るため正面門へと向かいました。
図書館から正面門までは約300メートルほど離れていますが、
その途中には小さな街頭がちょこちょことあるだけで薄暗いんです。
僕は友達に「幽霊でも出そうだなあ」なんて冗談を言いながら、
その薄暗い道をゆっくりと歩いていきました。
すると、図書館と正面門のちょうど中間あたりにさしかかったとき、
友達が突然、今きた道、つまり図書館の方へと走り出したんです。
僕が彼の突然の行動に「おい、どこ行くんだよ!」と叫びました。
それでも彼は僕の言葉に何の反応を示さず、走っていきました。
僕は彼をこのまま放っておくことになぜか不安を感じて、そのまま
彼の跡を走って追いかけました。もちろん「おい、待てよ!」とか
そう言った言葉を彼に投げかけながら。でも彼は立ち止まらない。

719 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 03:10
初歩的な質問でスマソ。
てるみって何だっけ?

720 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 03:14
>>719
あれだよ、自称ネットアイドルのやつじゃねーっけ?

721 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 03:14
>>719
http://members.aol.com/tennenmario/

722 :ν酋長 ◆brZZEeNKE6 :03/04/09 03:14
>>719
http://www.interq.or.jp/ox/satake/people/

二人目の人

723 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 03:41
昔見た本から
ある島で働いてた、Aさん。その日仕事が遅くなり海沿いの道で車を走らせていた。
外は小雨ガパラパラと降り、海は黒くうねっていた。しばらく走っていると、目の前に光が。
どうやら工事をしているらしい。「まいったな。家に帰るにはこの道が一番近いのに・・」
と思って、工事をしている作業員にあとどれぐらいかかるか聞いてみた。すると後少しで終わるとの事。
どうやらこの小雨で作業が長引いたらしい。「なら待っているか。」と思い車の中で待っていた。
しかし、段々と暇になってきて小雨もやんだようなので、風にでも当たるかと車から出た。
しばらくし、タバコを吸い始めると、近くで休んでいた作業員が話をしているのが耳に入ってきた。
作業員A「なぁ、知ってるかこの道路のすぐ上にある岬。いわくつきらしいぜ。」
作業員B「どんな?」作業員A「なんでも七人岬っていって、昔この島に流れ着いた七人の坊主がいて、
村に食べ物が欲しいと物乞いにいったんだって。けど昔のこの村はよそ者に厳しくて、さらにその年は
まれに見る凶作で、どこにいっても断られたらしい。で飢え死にしそうな坊主達はこの村を恨みながら、
ここの岬で死んでいったらしい。」作業員B「へー。」作業員A「それだけじゃないんだ。その後村では、
謎の奇病が流行ってかなりの人が死んだらしい。で供養塔を建ててからはぱったりとなくなったんだってよ。
でそれからは七人の坊主の悪口をいうと良くない事が起きるらしい。」
作業員B「んな馬鹿な。」作業員A「ホントだって。昔その話を聞いたお侍さんが、ためしに岬にいって、
悪口を言ってみたんだって。そしたらその帰りに乗っていた馬が急に暴れ出して、落馬して死んだらしい。
他にも車に轢かれたとか、自殺したとか。いろいろあったんだってよ。」
作業員C「本当かよ?」作業員B「迷信だよ。迷信。なんなら試してみようぜ。」続く

724 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 03:42
作業員A「やめとけって。」作業員B「大丈夫だって。よーしいくぞ。七人坊主のバーカ!」
作業員C「よし、俺も。七人坊主のあほー!ハゲー!あはは。」作業員B「もっと言ってやれ。バーカ!」
・・・作業員B「ほらな。何も起こらない。」作業員A「ホントだ。俺もいってみようかな。七人坊主のくそったれ!」
A,B,C「あはははは!」作業員C「そろそろ作業に戻るか。」そういって彼らは持ち場に戻っていった。
「今の話本当かな。」と心の中でAさんは思っていた。数分後、作業はほぼ終わりかけていた。
そろそろかなと思い車に戻りドアを閉めた次の瞬間、ドドドォーという音と共に、右側の崖が崩れてきた。
あっという間に土砂は工事現場のほとんどをうめ、車の屋根に石がコツコツと当たる音と、作業員達の叫び声が聞こえてきた。
ギリギリの所でAさんの乗っていた車は助かった。しばらく呆然としていたAさんだが、すぐに携帯電話を取り出すと、
救急車と警察を呼んだ。数時間後Aさんは警察で事情聴取を受けていた。警察の車に乗てもらって、ここまできたのだ。
警官「ご協力ありがとうございました。」A「はぁ・・。」何故だかはわからないがAさんは警官に聞いてみた。
「どのくらいの方が被害に遭われたんですか?」すると警官はこう言った。
「怪我人はでていないんですが、死者が7人。」

725 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 03:54
>>715
(((((;゚∀゚))))カクカクプルプル

726 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 04:08

「七人坊主」の話は、確かアンビリーバボーかなんかで取り上げられた
ことあったと思うけど、こんな話があったとはね。
>>723さん、ども乙でした。

727 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/09 05:19
「和尚が二人でおしょうがツー」
「坊主が七人で

728 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 05:22
ボウズセブン

729 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 06:03
あなたのうしろに七人の坊主が…

730 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 07:47
>>705
頑張ってみますた。似てる?
http://curry.nonedust.com/imga/img-box/img20030409074518.jpg

731 :705:03/04/09 08:52
>>730
似てるYO!
強いて言えば、上の結んであるところがもっと先細りだったかな?
とても頭があるようには見えなかった。3くすこ!

732 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 08:52
こんな人間みたことねーよ

733 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 08:56
これ斎藤じゃん

734 :わひタナjtwaタ54ajgt:03/04/09 09:16
>>721
(((((;゚д゚)))))ガクガクブルブルガタガタ……

ヽ(`Д´)ノウワァァァ....

735 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 09:34
>>705
それ、マネキンとかじゃないの?
そんな人外魔境が生存できるとは考えにくい・・・。

736 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 09:56
偉いぞ、>>730
怖あー。

>>735
やっぱそうかねえ。

737 :test ◆vYa7.xAiZw :03/04/09 10:03
こ れ は 見 逃 せ な い ! チ ャ ン ス の 1 0 d a y s !!

738 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 10:16
だれがそんなもん置いたんだよ。

739 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 10:17
>>705
肺がなかったらどうやって呼吸するんだよw
栄養は点滴で何とかなるとしても、脳もなかったらどうやって電車に乗ったんだ?w

740 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 10:40
現代アートのパフォーマンスな気がする。

741 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:05

ゲ ッ ト シ マ シ マ !
            
          松井 秀喜


742 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:17
ちなみに動いてましたか?

743 :715:03/04/09 13:19
あ、ちなみにてるみさ。
何かホストっぽい男と歩いてたよ。

彼氏かなあ?

744 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:23
マネキンだったら普通、手とかみればわかるし、身動き一つくらいするだろうしな。
それでも705は生きているようにみえたのならそういう人もいるのかもね。
それとも705は目が悪かっただけで人形と判断できなかったとか。
上半身だけの人なら前テレビで見た。

745 :744:03/04/09 13:26
手が無いんだったな。スマソ

746 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:26
今のマネキンは精巧なうえに>>730の図解が似てるとすると、素肌の露出がないですからねぇ・・・

747 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:28
マネキンは精巧には作らんか・・・でも、作ろうと思えばかなり精巧なものが出来るはず。

748 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:31
もう一つの可能性は705がうそついた

749 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 13:48
>>744
上半身だけの人って、ケニー君?
彼、今どうしてるんだろう。

750 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 14:20
730で誰かFLASH作成キボンヌ

751 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 14:23
「2ちゃんねるの日」を登録させるスレ
http://that.2ch.net/test/read.cgi/event/1044620950/


752 :705:03/04/09 15:00
うっす。今外回りから帰って来たとこっす。

マネキンって感じはしなかったなぁ。
でも動いてたかって言われるとそんな記憶はないし・・・
周りの人もマネキンとは思ってなかった雰囲気だったし
俺も人間だってハナからそう信じてたもんな。
人間っぽい、不自然じゃないって感じ?
イヤ、下半身だけだって事だけでじゅーぶん不自然なんだけど(w

ま、雰囲気にのまれて、思い込んでただけってことも言えるわな。
ドッキリの企画とかアートパフォーマンスとか・・
うーん自信なくなってきたyo

753 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:01
>>730
それ結んであるのほどいたらどうなるの・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

754 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:05
ふと思ったんだけど、ホントに生きてたらトイレ行きたくなるよね?
付き添いの人とかいなかった?そこまで、見てないか・・・

755 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:07
て言うかそれ以前にどうやって回りの状況把握してんだ?
目が見えない人って聴覚とかが発達するっていうけど
目はおろか耳までないじゃないか・・・息もどうやって・・・。

(((;°Д°)))ガクガクブルブル

756 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:16
幽霊だったのさ。

757 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:25
足の裏の感覚が異常に発達してて、地面の振動から状況を把握してるとか?

上半身については、腹に人面蒼のようになってるとか、手は実質無いも同然の
状態になってるというのはどうかな?
内臓は極端に小さくてかろうじて行動できる昨日を保っているとか。

758 :705:03/04/09 15:29
>>754
付き添いっぽい人はチェックしたけど、それらしい人は近くに居なかったと思う。

今思ったんだけど、めっちゃ小さい人が竹馬みたいなの履いてるって可能性はどうかな?

759 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:32
>>758
(・∀・)ソレダ!

760 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:38
幼児用の歩行器具だったりして・・・

761 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:54
歩行器具ってセンは有り得るな。ケニー状態の人用のじゃないだろうか?

762 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 15:58
つーか>>718の続きは?

763 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 16:26
2chではみんな勧告製品の悪口言うけど,使って見なよ、けっこういいよ。
ウチにあるビデオデッキと DVDはそれぞれソニーとパイオニアだけど
環八のドンキホーテで売っていたサムスンの一体型デッキが便利そうだったので
かってみたら、これが大正解。やっぱり一体型は便利だよ。
そりゃぁ、一体型だけあって機能的には多少不満があるけど。
たとえば、ビデオとDVDを両方入れた状態だと、リモコンではまともに
コントロールできなくなって、本体のスイッチできり換えなきゃいけなかったり、
早送りのコントロールが効かなくなって、テープが暴走したり、そのままテープが切れたり
売りの機能である簡単DVD->VTRダビングすると、音がほとんど録音されなかったり
DVDの音質がドンキホーテで3980円でかったCDラジカセより悪かったり、
ときどき電源が切れなくなったりするけど、後は何の不満もないよ。

764 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 16:27
つうか、知らんうちにいっぱい使ってると思うよ。

765 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 16:34
>>752
二足歩行ロボットの実験だったとか・・・それでも悪趣味すぎるし、不自然か・・・。

766 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 16:36
「アシモ」じゃなくて「アシダケ」だったわけか・・・

767 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 17:08
>>763
だめじゃん

768 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/09 17:09
動いていたようには見えるかも、
電車揺れるからね・・・でも・・・不自然か。

769 :705:03/04/09 17:32
>>768
あ、それいいヒント!
たぶん、電車の揺れに合わせて動いて「なかった」んだ。
だから、人間が座っているように見えたんだと思う。

770 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 17:46
ただこの話のやっかいなのは話を聞いた人のところにその下半身がたずねてくるらしいのです。
みなさん暖かく迎えてあけましょう。トイレにいくときは手伝ってあげてください。

771 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 18:46
じゃあ次は誰が何のために
そんな下半身を電車に配置したのか考えようZE!!

772 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 18:56
マネキンってオチかよ・・・
まぁ楽しめたからいいけどさー(・ε・)

773 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 19:00
>>769
正直、なかなかいいフリだと思う。

774 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 19:50
幽霊だったらシャツは結ばないよなぁ。
ってことでマネキン・・・なの?

775 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 19:54
わかった!
間抜けな宇宙人だよそれ。
「人間は考える葦である」と言う言葉を聴いて
「人間は考える足である」を実行したんだ!
本人たちは、大成功のつもりだったんだろう。
なんせ、誰も何も言わないからね(日本人は)

776 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 21:55

      ┌─┐
      │  │
      (・∀・) <・・なぜ目立つんだろう?
      │  │
      │││
      │││
      │││
      │││
      │││
      │││
      (_)__)



777 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:21
なんかそれ作ってみたくなったなあ。

778 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:37
聴くと衝動的に自殺したくなる曲らしいよ。
ttp://hassya.net/bell/jr011.mid

779 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:45
705さんの他に同じ車両に乗ってた人のカキコをキボン。


780 :705:03/04/09 22:50
あーあの女の人カキコしてくれないかなー
画像うpしてくれたら・・・

でも、写真で座席一人分空いてたらやだなぁ

781 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 22:55
次イコーゼ!!!

782 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 23:10
まあ、シャツを結んだのはこう見えても俺な訳だが。



783 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/09 23:42
パイロットは不在だったのか。
残念。

MIBの猫抱き老人の中の人が乗ってる二足歩行生体機械だな。

784 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 00:37
これでは?

ttp://nara.cool.ne.jp/you_kh/photoshop/things/hizamakura/hizamakura.html

785 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 00:50
>>778
別にそういう感情はわいてきませんでした。

786 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 01:38
>>721
なんでウエストとヒップは書いてないんだろう?

787 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 02:29
足話は怖くないからとっとと流そうぜ

788 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 02:42
>>778
確かに悲しい曲だが、別に自殺しようとは思わない。

789 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 06:21
足話はこれから意外な事実が…。



790 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 06:24
>>789
そうやってエンリョウタンに持ち込もうって算段ですか?

791 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 07:29
2003年、正義の※に解放されたゐ樂の人々。
http://www.marchforjustice.com/id191.htm
http://www.marchforjustice.com/id280.htm
http://www.marchforjustice.com/id270.htm
http://www.marchforjustice.com/id264.htm
http://www.marchforjustice.com/id262.htm
http://www.marchforjustice.com/id256.htm
http://www.marchforjustice.com/id251.htm
http://www.marchforjustice.com/id250.htm
http://www.marchforjustice.com/id249.htm
http://www.marchforjustice.com/id248.htm
これは一部...

792 :あぼーん:03/04/10 07:32
あぼーん

793 :かおりん祭り:03/04/10 07:32
http://www.saitama.gasuki.com/kaorin/
       こんなのございま−す♪
       ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        〜oノハヽo〜
  ,.-''"¨ ̄●`' ‐(^▽^)
 (,,●i,,,i,,,,,,,,i,,,,●),,)⊂ )
    )  (    || |   
    ( ^▽^)  (_(__)
~~~~~  ̄ ̄ ~~~~~    ~~~~~

794 :佐々木健介:03/04/10 07:32
     ______
    /_      |
    /. \ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /  /  ― ― |
  |  /    -  - |
  ||| (5      > |
 | | |     ┏━┓|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| | | |     ┃─┃|  < こんなサイトを見つけた
|| | | |  \ ┃  ┃/    \  正直、スマンカッタ
| || | |    ̄         \_________
http://saitama.gasuki.com/kensuke/

795 :あぼーん:03/04/10 07:32
 ( ・∀・)< こんなのみつけたっち♪ 
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku03.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku01.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku10.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku09.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku07.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku05.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku06.html

796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 07:36
778は陽水のいっそセレナーデかと思ったです

797 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 11:00
いつもの通勤時間、俺は中央線のラッシュにもまれていた。
たぶん中央線でもっとも自殺が多いといわれているあの場所にさしかかった。
俺の乗っている車両は5両目くらい。ちょうど真ん中くらいだったろうか?
つり革につかまってぼーっと外を眺めていると前触れもなく急ブレーキ。
人の波が激しく打ち寄せ、将棋倒しのような状態になった。
なんだ?嫌な予感がしていたがその場から起き上がり放送に耳を傾ける。
「ただいま先頭車両がなにかと接触したようです。調査しますのでしばらく停止します」
とのことだった。なにかって…
長くかかりそうだったのでカバンから本を取り出し読もうとしたそのとき
俺の右側のほうでOL風の女が外を指差して叫んでる。
マジで?一気に身体は硬直して冷や汗みたいなものが流れるのを感じた。
次々と乗客が叫び声をあげる。話の種でも見たくなかったが誘われるように
ドア付近へ移動して下を覗き込んだ。見なきゃよかった…死ぬほど後悔した…

首しかない女と目が合ってしまった…何か言ってるけど聞こえないフリをした。

もうパニック状態だった。急いで車両の真ん中に戻ったけど顔が焼きついて
離れない。ただ何を言いたかったのかが妙に気になってもう一度見に行こうと
思ってしまった。行かなければいいのになぜか足は止まらない。

首は少し移動していた…どうやって移動したんだろう?血だまりから30cmほど
線路から離れるように。首はうつむいていたので表情は見えなかった。
しばらくして再び放送が入り、人身事故の死体回収作業のためしばらく停止するらしい。
バケツとビニール、トイレに置いてあるようなはさむ道具?を持った人達が
あわただしく動き回っている。その中の1人が首に気がつき回収にきた。
挟むには首は大きすぎて持ち上げることになりました。嫌そうに持ち上げたとき

首は口を開けて笑っていました…今でもその時のことは忘れられません。

798 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 12:15
こわっ

799 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 12:20
>>778 こういう音楽って、ファイナルファンタジーとかにありそう。

800 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 12:23
ハイハイ 怖いねー

次いってみよー

801 :884:03/04/10 12:29
話としては面白いんだが
首が切断された状態で声を発するのは
物理的に不可能だからねぇ
切断後30秒くらいならまだ生きていたケースもあるけど

マジレッスすまんそ!

802 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 12:42
多分、発声は出来ていなかっただろう。それに、第一車内からじゃ聞こえる声も聞こえないはず。
>>797はその首の口元が動くのを見て「何か言ってる」と思ったのだと推測する。

首だけでも、切断後何秒かは意識があるらしい。
ギロチンで瞬き実験した人がいる(10秒くらいだったかな?)

ちょっと微妙なセンだけど、可能性が無いわけじゃない。

803 :怖いYO!:03/04/10 12:54
10年くらい前に期末テストで早く帰って来たとき、親のセクス見た。
初めてではないが、スゴイのでビックリ。
おふくろが、夜勤明けの親父の玉袋を口に入れては舐めていた。
おふくろが40歳の時だと思う。
いつも喧嘩ばかりしてたが、玉袋は違うのかなー。
親父の竿がデカイのにもビックリした。

804 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 12:55
>>797
中央線で一番自殺が多い場所ってどこ?
毎日乗っているだけに気になる。

805 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 13:00
>>803
俺も、小6の時親の見たことあるよ。


年寄りのセクースなみに、親のやってる所は見たくないよなあ。

806 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 13:00
>>801
生首が表情を変えたりするのは筋肉がひきつっただけという説もあるよ。
口がパクパクしたのはやっぱりまだ意識があったのかな。

807 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 13:19
小学生だっただろうか。
船に乗っての旅行をしたときのこと。
2階建ての船の1階の手摺りに上半身を預けて景色を見ていたとき。
上から黄色がかった物凄い異臭を放つ物体が腕にかかった。
一瞬鳥にフンされたのかと思ったがすぐ違うと思った。
パニックになった。






2回からゲロが降ってきたのだと気づくまで3分かかった。
…既にそいつは姿を消していた。

恐ろしかった。。。。

808 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 13:22
↑2回→2階

809 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 13:27
古い寺の跡がある山に登った時の話。

山道歩いてて、道端に仔猫のきれいな死骸を見つけたんだけど、
夕暮れに下山するときにはもう内臓とかグチャグチャになってた。
鳥や獣に食い荒らされたんだなぁと思い、手を合わせた途端に
山上の寺の鐘がいきなりガンガンガンガンガンとありえない速さで連打されて鳴り響いた。
僕は無性に恐ろしくなって逃げるように下山した。
多分どこかの馬鹿がいたずらで鳴らしたんだろうけど、タイミング悪すぎ。

駅に着く頃にはもう日が落ちていて、電車のシートに座ってやっと安心できた。
で、動き始めた電車の窓から山の方角を見て思い出した。
確かに寺の跡はあったけど、もう廃墟になっていて、鐘は取り外されていたのだ。

810 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 13:56
それって子猫からのメッセージってことかしら?
 >>809テンキュー
もしくは
 >>809ほっといてくれよ

811 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:07
性知識がつき始めた小学生高学年のころ、
風呂上がりのおじいちゃんの何を見たら
竹筒のようだった。
おばあちゃんはだから昔の人なのに
2人しか子供作らなかったのかと
同じ女として同情した。

812 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:08
意味ワカラン

813 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:11
ワカランのはどっちか?

814 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:23
竹といってもいろいろあるからなあ。

815 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:30
竹の大筒のような立派な何だったのかも

816 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:32
竹筒のようなテ仏ポって言われてもいまいちイメージ和姦。

817 :811:03/04/10 14:35
みんなスマソ
じゃあねええとね
「プリングルスの缶にぴったり納まるような」
(萎え状態で)

818 :811:03/04/10 14:36
ま、子供の眼ってのも差し引いて判断してちょうだい

819 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:36
それ、すごすぎ・・・

820 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:38
爺さんは黒人ですか

821 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:39
竹のように皮を被った包茎チンポかと思った

822 :811:03/04/10 14:40
おじいちゃん(満州生まれ)はやり手爺だったらしく、
わたしが中学生のときに
おばあちゃんはおじいちゃんの浮気についてわたしに愚痴ってました。

そんなおじいちゃんの葬式には数百人のいろんな人がきてくれました。

823 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 14:48
大きければいいという問題ではない

824 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 15:11
↑ん?

大き過ぎるのが問題と言っている訳なのだが・・・

825 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 15:51
でも、女ってデカイのが好きな人多いんでしょ?

826 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 15:55
おさまりきらないだろそんな巨大なモノ

827 :(゚Д゚;):03/04/10 15:57
昨日の夜事です。
彼氏の家のベットで、2人でウトウトしてたら
彼「そういえば、俺の昔の彼女・・・死んだって言ってたよね」
私「う、うん・・・」
彼「今お前が寝てる所で死んでたの。
  今みたいにウトウトしながら寝てて
  朝になったら・・・冷たくなってた」
私「(゚Д゚;)」

それから彼氏は、すぐ寝たみたいです。
私は、昨日は一晩中眠れませんでした。
何だかずっと見られてるような気がして。
勿論気のせいかもしれませんけど。
いつも、鳴ってるTVのきしみ音にもビクビクしてしまって。
タクシーで帰ってくれば、良かったんですけどね・・・。

828 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 15:57
>>825
そんなの男の人の妄想ですよ。
でかいのなんて痛いだけでジョーダンじゃないっす。
そんなんにかぎって自信満々で
俺ってイイだろ? てな態度でなんかムカつくよ。

829 :(゚Д゚;):03/04/10 15:58
そして、朝方少し寝ました。
そしたら、夢の中に知らない女の人が出てきて笑ってました。
それだけなんだけど、何だか妙に怖かったです。
もしかしたら、その彼女だったのかなぁって。
今まで出てきた事ないし、私はあまり夢を見ないし。
今日は、頭が痛いです。
肩も重いんです。
それだけなんですけどね。
私にとっては、洒落にならないくらい怖かったです。
というか、もう彼氏んちには行けない。

830 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 16:00
「過ぎたるは及ばざるが如し」


831 :小さい人:03/04/10 16:12
>>828
自信出てきた

832 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 16:25

             ある姉妹の生活〜(エンリョウタン風)〜

これは、ある幼い姉妹のはなしです。彼女達は、貧しくても直向に生きていました。
ある事件が起こるまでは・・・。
妹「おねーちゃん、お米、今夜の分でお終いだね。」  姉「明日朝一番で買って来るわよ。
となりのお米や何時からだっけ?」  妹「10時!」  姉「そー。悪の十時かー!」

次の日   姉「お米買ってきたから今からご飯作るね。」   30分後
姉「さ、ごはんよ。」  妹「あ、おい血ー!」
その時であった、ドンドンドンドン!!けたたましくドアをたたく音が姉妹達の
朝食を中断させた。


宅配便の兄ちゃん「遠藤ターン、エンドウタン!」  「宅配便ですー」

833 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 16:58
>>809

地味に怖くて良いですね
こういうの好き

834 :怖い怖い怖いいいいいい:03/04/10 17:02
隣の人が私をジロジロ見ます
どこに行っても私は見られています。
何故なのでしょうか?
人間には肖像権というものがあるはずです。そのことを無視してジロジロ見られることが納得でききません。
常に見られています。
壁や天井からも見られているはずです。時々顔が見えますからわかります。
盗聴もされていると思います。
私が考えたことを人が言いますから絶対そうです。
ものすごく困っています。
警察や民生委員さんに言っても相手にしてくれません。
本当にどうしたらいいのかわかりません。


835 :797:03/04/10 17:04
>>801
声はもちろん聞こえてないよ。口がパクパクしてたので何か言ってるように
見えたんだ。寒いところだと胴体千切れても結構生きてるらしいね…

>>802
正解。上にも書いたけどそんな感じだった。とにかくびびってたんで。スマソ

>>804
立○>○立間。一番かどうかはわからないけどとにかく多いんだよね。
自分の乗ってる電車が人をはねたのはこれで2回目。1回目はブレーキが
遅れて止まったときには死体が最後部車両までいってた。

>>806
多分そんな感じなんだろうなぁ。死後硬直とかの詳しい時間はわかんないけど
そんなに時間は経ってなかったと思うし。

836 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 17:14
>>834
もしかして馬鹿ですか?
ネットで男が君には何もしないよといったら
鵜呑みにしてついていきレイプ被害にあうタイプとかw

馬鹿じゃないですか。


837 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 17:26
>>828
感動した!!
俺凄い悩んでた

838 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 17:28
>>836 はスルー、またはあぼ〜んで。

839 :亞び呪 ◆ybsexeA5x. :03/04/10 17:31
まあ怖くはないが。
外出だったらゴメンネ


あるところにA君がいた。
A君は8歳の小学3年生だった。
A君は人参が大嫌いで食べたら吐く程嫌いだった。
給食で出たときも周りからも責められ無理をして食べて吐いてしまった。
そのことがキッカケで変なレッテルを貼られたり
いじめられたりした。
A君は泣きながら家に帰った。
自分の部屋で泣きながら神様にお願いをした。
「神様、どうか人参にんじんをたべれるようにしてください」
何度も願った。

そしてある日、家に帰ると夕食の準備ができていた。
食卓には、人参ばかり置いてある。

A君はびっくりして、どうして自分がじんじんが大嫌いなのを知ってて
こんなにんじんばかりにするのかと思った。
A君は、「にんじんなんて食べられないよ!!」
と文句を言った。
しかし、「あら、なにいってるの?今日はAの大好きなハンバーグでしょ」
と帰ってきた。けれどどうみてもにんじんだ。食べれるわけがない。
しかし、家なら馬鹿にされることもない。そう考えて勇気を出して食べることにした 。
そしてある日、家に帰ると夕食の準備ができていた。
食卓には、人参ばかりだった。

840 :亞び呪 ◆ybsexeA5x. :03/04/10 17:33
最後の2行
そしてある日、家に帰ると夕食の準備ができていた。
食卓には、人参ばかりだった。
はミスです、スマソ

841 :亞び呪 ◆ybsexeA5x. :03/04/10 17:45
食べてみると、以外にも大好物のハンバーグの味がした。
次の日もまたにんじんだった。
食べてみた。今度はカレーの味がした。

そして次の日もにんじんだった。
食べてみると、変わった味だった。初めて食べたような味だった。
すると、「あら、今日は人参を食べてるじゃない。えらいわね」
といわれた。不思議に思ったが、人参をたべれたことが純粋に嬉しかった。
次の日も食べた。寝る前、にんじんが本を読んでいた。
疲れているんだろうと思い寝ることにした。
朝、起きると目の前に大きい人参があった。
すっかり大好物になっていたので、すこしかじると、
朝食を食べようと1階にむかった。

2回では、ところどころ噛みちぎられた母が転がっていた



842 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:01
>>841
昔リトルリーグの遠征で宿代わりにした市民会館?に置いてあった
怖い話のマンガ本で同じような話を読んだ事がある。
絵が少女漫画のようで激しく自分に合わなかった。

843 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:05
>>834
「私が考えたことを人が言いますから絶対そうです。」とありますが、
盗聴では人の考えまでは聞き取れません。意識せず言葉を口にしてるのではないですか?
であれば「隣の人が私をジロジロ見ます」というのもうなずけますね。
このような”人から見られている”ように思えるという症例は聞いたことがありますので、
まずは病院に行く事をお勧めします。

844 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:14
>>843
思考盗聴じゃねーの?

845 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:25
>844
思考盗聴ってなに?

846 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:37
たぶん脳みそに盗聴器を埋め込まれたんだよ

847 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:48
小学校に上がる前ぐらい団地に住んでいたのだが
その団地には同い年ぐらいの男1人女2人(自分を含み)12歳ぐらいのオネイサン一人
そんなグループでいつも遊んでいたわけだが
オネイサンがある日
「夜這いごっこしようよ」
幼稚園組は言葉の意味がわからず
「?」
オネイサン「おままごとみたいな感じでー
      私が寝た振りしてるからこっそり布団のなかに入ってきて」
言う通りにしました
詳細は覚えていませんがオネイサンの押さえつける手の握力としょっぱかった
という感想だけが思い出です

848 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 18:56
834は田代の生霊に撮りつかれています。

849 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:02
>>847
エロ怖いな

850 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:32
>>846
ワラタ

851 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:41
>>834
アナタハキチガイデスネ

852 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 19:47
ちょいと亀レスだが
>>727-728
G7(じじい7人)

853 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 20:19
>>839-841
10年ぐらい前にサスペリアか何かで見たな、それ。

854 :じん ◆74apLKYeX2 :03/04/10 21:11
死んだのはどっち

6人のわかい男女が海にあそびにいくことになりました。
全員がいっしょにいく予定でしたが、、その日の朝になって、
P子とC男にそれぞれ急用ができたため、ふたりはあとから
追いかけることにして、先に4人が出発しました。
目的地は日本海がわの美しい海岸です。昼まえに用事をすませたP子は、
C男に電話をしました。ところがC男はまだしばらく手がはなせないので
先にいってくれ、というのです。C男の車に乗せてもらおうと
期待していたP子は、しかたなく電車ででかけました。



855 :じん ◆74apLKYeX2 :03/04/10 21:14
夕がた、ホテルにつくと、先に到着していた4人が玄関に立っていて、
P子をみつけるとだまって部屋につれていきました。
そして、「いいかい、P子。俺たちが何を言っても
驚いちゃ駄目だよ」
と、沈んだ声でいいました。ただごとではない様子に感づいたP子は、

「何かあったの」

と、泣き出しそうな声でふるえながら聞きました。
「じつは、C男がここにくる途中、事故で死んだんだ。
さっき家から連絡があった」
「えっ、C男君が!」
といったきり、P子は体中の力がぬけ、へたへたと座り込んで
しまいました。実はP子はC男が好きだったのです。
4人もそのことを知っていたので、どう慰めてよいか分かりません。
30分ほどたつと、P子のショックもいくらか和らいでました。
そのとき、


856 :じん ◆74apLKYeX2 :03/04/10 21:16
ドンドン、ドンドン。
と、ノックの音がしました。外から、
「あけてくれよ。今ついたよ」
というC男の声が聞こえました。5人はブルッと震え上がり、
「開けるんじゃないぞ。連れて行かれるぞ」と、
C男の声におののいていました。
ところが、P子だけはC男の声をきいた途端、たまらなく
会いたくなって、外に出ようとしたのです。


857 :じん ◆74apLKYeX2 :03/04/10 21:19
「やめろ。あぶない!」

4人は、P子を抱きかかえるようにして引きとめました。
しかし、P子は4人の手を振り切ってドアを開けたのです。
ドアの外には、青ざめたC男が呆然と立っていました。
「C男君!」
涙声でわめくP子に、
「おまえ、こんな所で一人で何しているんだ」
「何してるって? 4人といっしょに……」
「まだ知らないのか。あいつら4人は、ここにくる途中、
事故にあって全員死んだんだ」
「えっ!」

といって振り返ると、部屋の中には誰もいませんでした。

昔読んだ話でした

858 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 21:23
>>854-857
遊びに行った帰りVerの方が有名なんでない?それ

859 :じん ◆74apLKYeX2 :03/04/10 21:28
>>858
そっち知らないかも…

860 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 21:29
>>854-858
ダブルデートの帰りに車に3人のってバイクに1人で競争した話もあるよね。


861 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 21:33
>>859
855のホテルを家に変換して読め
海とは書いてなかったがどっかに遊びに行った帰り
で、人数は2(死んだ奴):2(連れて行かれそうになる奴と死んだことにされた奴)
確か本当にあった怖い話とかいう文庫本に載ってたよ
俺が中学ん時の話、随分前だ

862 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/10 21:34
おぉ・・・全部知らない・・・


863 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 21:57
>>847
はてさて
それはどういう意味ですかな?



864 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:05
変な声キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

865 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/10 23:29
過去ログくらい読もうね。

866 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:15
すでにがいしゅつなんてレベルじゃないような話が、なんで今さら貼られてんの?

867 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:25
春だからじゃないだろうか

868 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:39
春だからコピペ貼るのさ

869 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 01:41
新手の荒らしかとおもたよ。

870 :通りすがり:03/04/11 02:36
よくさ、怪談の最後に「この話を読んだあなた、いま絶対に後ろを振り返らないでください」みたいのあるじゃない。
アレ、もし後ろを振り返ったら、どんなモノが居るのか。
それをハッキリとイメージできる人は、本当に振り返らない方がいいらしい。
漠然と「怖いなぁ」って思ってる内はセーフなんだけど、ある程度の形をもってイメージすると、本当に見ちゃう事が有るんだって。

871 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 03:10
>>870
(( ;゚Д゚))ブルブル

872 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 03:22
>>870
本当に見ちゃうことが有るんだって・・・って誰からそんな微妙なこと聴くんだよ!!
ちょっと怖いこと思いついたからって適当に書き込んでんじゃねえよ・・・






怖ぇーじゃねえかぁ・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル

873 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 03:47
>872
なんかカワイイね、キミ。

ところで、Part31ってどうなってるの?

874 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 05:23
前にも誰か書いてた思いこみによる幻覚の事だな。

875 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 09:12
>>862には、>>2にはられている
■過去ログ倉庫 投票所
http://www1.ocn.ne.jp/~jet-web/kowai/
を一読することを薦める。

876 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 09:58
コレクト倶楽部買ったら、
スカイフィッシュキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!

877 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 10:42
>>837
遅レスすまんが、
ついでにいうとデカイのは総じて下手糞が多い。

878 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:45
なるほど。
何のデカサに慢心して、テクの探求を怠っているんだな。

フフン

879 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:51
デカけりゃいいってもんじゃない事を
肝に銘じておいて下さ〜い

880 :出 て い け !:03/04/11 11:54
赤の他人から何の理由も無く容姿を馬鹿にされたことのない、
並の不細工はこのスレから出ていってくれ!
ここには、人間扱いさえされず「せめて並の不細工になりたい。」と
思ってる人がいっぱいいるんだ。


881 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 11:56
↑ イキロ

882 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 12:10
いつも不思議なんだけど、俺はデカイ、と思ってる人って
誰と比べてるの?
女が気を使って「わあ大きい」とかいうのを真に受けてるのかな?

883 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 12:14
風俗なんかいって、女の話を聞いてとか。

884 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 12:57
俺通常時がやけに小さくて5cm、仮性で先頭だのロッカールームとかで恥ずかしい・・・
勃てば13〜14cmで平均的だと思うけど


885 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:07
↑ 漏れも。 
普通の時はそれより小さい。

886 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:09
我ながら、立つさまを見ると不思議な気がするよ。
あんなに小さいものがあんなに大きくなるってのが。

洒落にならないくらい怖いよ 良く考えると

887 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:11
↑ イキロ

888 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:12
なんでティムポ進行なんだよ(w

でも、洋物のAVに出て来る黒人男優のモノのように
巨大なティムポだったら、女性によっては
洒落にならないくらい「怖い」のかも。

889 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:12
俺インキン

890 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 13:54
おれも・・・欝だ

891 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:00
初めての人がデカかった。
「初めてなのになんで分かるんだよ!」って怒られたけど、
トランクスのウエストのゴムから出るんだよ。
太さもあたしの手首より太いし。

おかげでセックス嫌いになりました。


892 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:01
漏れ包茎。
誰にもいうなよ・・

893 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:04
自分のマムコがスカスカガバガバでなければ大きいより小さい方が
助かるんじゃないかな。自称大きい人は物だけが拠り所で持続力は
ないわ、技術はないわで、一刻も早く終わって欲しかったよ。

894 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:04
>>891
その男
紹介してください。
お礼は、いくらでもします。

895 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:09
ウチの彼氏も
デカイだけ。
デカイと、女はそれだけで気持ちいいって勘違いしてんの。
バカだよね。
すっごいヘタクソ。
いい加減イク芝居も疲れた。
女はチンチンだけでいくんじゃないのに・・

896 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:13
そ。前戯下手とか。下仕えってのって。
栗を亀と同じように扱えば
気持ちいいことも知らなかったり。
ピストンも縦動きの強弱&早遅しかしらなかったり。
もっと腰使い勉強してよね。
大きさより硬さとテクでしょ。
あと、中折れは勘弁。

897 :891:03/04/11 14:13
>>894
高校生のあたしに10万借りて返さず、
(見切りをつけて別れたが)
その後やーさんの車にぶつけてまたまた借金まみれ。
でよければ・・・

898 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:19
多分そういうヘタクソって、
風俗とか、ビデオとかしか知らんのよ。

899 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:19
>>891って悲惨だな

900 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:21
900。
次スレはテ仏ポPart4でいい?

901 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:22
セックルはティムポでするのでわなく、脳みそでするものだそうな…

902 :891:03/04/11 14:26
>>899
その後の人が優しかったから(ちなみに大きさは並)
悲惨というほどでもない人生です。


903 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:27
今、フラッシュバックのように急に思い出した体験談を書きます。

あれは僕が小学生だったころの、暑い夏の夜でした。
夏休みということで、いとこが家に泊まりに来ていて、
その日は墓場に肝試しをしに行こうという話になりました。

もちろん親も同伴でした。
墓場に到着し、親はこう提案してきました。
「一番最初に墓地の一番奥の墓石にお線香をあげてきた子に500円あげる。」と。
当時の僕らにとっては500円はとても大金で、
他の子はしり込みしているのにもかかわらず
欲深かった僕は率先して墓地へ一人で入っていきました。

904 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:27
墓場はそれほど大きくはなく、街中なのでまぁ明るい場所でした。
すぐに最奥の墓石が見え、一瞬安心した後、
心臓が縮み上がる感覚に襲われました。

墓石の背後の竹林からこちらを見つめる一つの目。

そこだけ妙に暗がりがひろがっていて、
相手がこちらを見ていること以外の情報は窺えませんでした。
僕は当時から無謀な性格だったようで、
得体の知れない存在と500円を天秤にかけたところ、500円の方が重かったのでした。
じりじりと墓石に近づき、竹林に目をやらないように線香をあげ終え、
ふと…竹林を見てしまったのです。

そこには、先ほどとかわらず誰かがいる。
近づいた分相手の姿がはっきりと見えてしまいました。
竹から1/3ほど顔を出し、こちらを覗いている男。
恐怖よりも違和感を先に感じました。
竹で隠れている部分の面積が、明らかに不自然だったのです。
隠れている顔の方が、竹よりも幅があるはずなのに、
見えているのは1/3だけ……

その事実に気付いた瞬間から、記憶がありません。
ただ、後で母親に聞いてみたら、僕は別にかわった様子もなく
墓地の奥から歩いてきて、「線香あげてきたよ」と一言告げたそうです。

905 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:28
咥えるとあご疲れるんだよォ・・・
小ッこい方がすき。

906 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:28
以上です。ナンバリング忘れてすいません。

907 :900:03/04/11 14:28
巨大な【モノ】が怖いというpart5
http://wow.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1041695513/

908 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:35
>907
もう次スレそれでいいよ

909 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:39
私はねちっこく優しくされるのが好きなのに
彼氏は激しくさっさと終わらすタイプ。
実は一度も、イッタコトない。。。
前の彼氏のときはイキまくってたのに。

910 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:45
キチガイが今日も妄想中

911 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 14:50
デカすぎても痛いだけというのには賛成だが、元彼がデカくて上手かった。
今でも時々思い出してしまうくらいよかった。体の相性ってあるんだなと実感した…。

912 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:11
レイープまんせー

バグダッド暴徒が病院襲撃、看護婦を…
ttp://www.zakzak.co.jp/top/top0411_1_05.html



913 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:23
>>896
中折れって何ですか?

914 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:24
女っていちいち五月蝿いな


そんな風に思ってしまった金曜日の午後

915 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:25
このスレが一番洒落になってないな

916 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:28
だって女は男のおなにーの道具じゃないんだよ、ほんと。

917 :警告:03/04/11 15:40
このスレの対象は、

○先天的奇形の人
○事故・病気等で容姿に損傷の残っている人
○赤の他人から嘲笑われるくらいのレベルの不細工な人

で、その容姿のために他人の言動から受ける精神的苦痛と戦いながら日々生活している人、だと思う。


918 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:45
>>917
そんなにも多くのハンデを背負ってるなんて可哀想…

919 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:46
>>896
亀みたいに扱ったら痛いんじゃないの?

920 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 15:53
このスレなごむわー

921 :氏にさらせ:03/04/11 16:20
2年前から頻尿恐怖に悩まされてます。
家では大丈夫なのに外に出ると良くて1時間に1回酷い時は10分位で尿意を感じマス。
人が多い所、緊張、疲れが増すと凄い近くなる!
なのにもう、免許書き換えで2時間の講習を受けなくちゃならないのです。
トイレの事考えない方がいいのは分かってるのですが、トイレ恐怖体験をした時に
頭の中にインプットされちゃいました。
何かに集中してる時はトイレの事忘れられるけど、行きたいと感じてしまったら、
もう、大変!!
一応、尿漏れパッドつけて行こうと思うけど、2時間持つか心配・・・。     



922 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:22
>>920
スレタイ見た?

923 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 16:47
久々に見たが最初、女性板に来たのかと間違えそうになったよ
このスレ最近どうも、偶数のPARTはつまんなくて、奇数の時は盛り返してるような・・・
だから次回に期待する

924 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:13
もーすぐ1000だね。2chan初の1000Getできるかな?
私は夕方しかPCやらないから明日の夕方どこまでレスが延びてるか楽しみ。

925 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:29
>>924
そー思って油断してると1000取られてたりすんだな。

926 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:44
テ仏ポほしいYO!

927 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 18:50
おれももう一本欲しい

928 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 19:39
よっしゃ二本と半分おまけだ!もってけドロボー!!

929 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 21:22
>>923
俺は力作をいろいろこのスレに叩き込んだつもりだったが。

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 22:06
>>929
いくら力作があっても、雑談が多いとスレの内容の濃さが薄まる、ということでないかな?
これからもよろしくでつ。

931 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:07
ヒサルキまじでヤバい
私ここんとこ悪い
マジ
だめ

932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:20
このスレはいつの間にセックルとティムポに関する体験談&主張になったのだ??

http://okazu.bbspink.com/ascii/

話題に沿った板もあることだし、そっちでお話してくださいよぅ。

933 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:30
僕もイヤです。もういいです。

934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:34
ころす

935 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:34
しなす

936 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:37
936get!!

937 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/11 23:38
そして、食べ〜られ〜る。

938 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 00:24
>937
((((((;゚д゚))))))ガクガクブルブル

939 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 01:48
あ〜ぁ 一世を風靡したオカルト板の「洒落怖スレッド」も、最終局面は
テ仏ポ系の話しで終わりになるのかー
 ま、何でもいつかは終わる時が来るもんやけど、こういう最終回は寂しいな。

 どうせこいつら、1000までテ仏ポ系の話しで貫くだろうし、そうなったら、
次のスレだって立てようってヤツも現れないだろうし

 結構歴史がある(って言ったら言い過ぎだけど)スレだったから、大事に
大事にしていこうと思ってたのにな。テ仏ポで埋め尽くされて終わりとは・・

940 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 01:51
↑ アンタのティムポは何センチ?

941 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 01:53
ちんぽなめたい

942 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 01:58
    ∧_∧     / ̄ ̄ ̄ ̄
  __ ( ・∀・) _  < なめていいよ!
⊂L/(ニ    ニ)\l⊃ \____
  (   |  |   )
  )_/  っ |_( 
    (_)(_)

943 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:14
無修正画像キボーン

944 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:35
そんなばかな・・・

945 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/12 02:38
うわ・・・ヒデェな・・・この人たち・・・

946 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:38
ウホッいい男

947 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:40
もうテ仏ポの話は、
や め な い か ?

948 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/12 02:44
やめてください、ホント、ありがとうございます。

949 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:44
↑ ヤだ

950 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:48


や め な い か ?

951 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:49
↑ イ・ヤ・だ!

952 :ν酋長 ◆brZZEeNKE6 :03/04/12 02:51
おいおい、ティムポはよそでやれよ

953 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:51
↑ イ・ヤ・だ!



954 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 02:53
そんな事より次スレたてれ
>>960あたりが

955 :960:03/04/12 02:54
↑ イ・ヤ・だ!





956 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/12 02:58
いや、口論するだけ無駄かと、残り50切ってるし、
どうせ下ネタでしか(略

昔、知らない(知ってても困るが)宗教おばさんが
「親いないのでまた後日」って言ってるのに、
ドア無理やり開いて玄関入ってきた・・・目がグリッとしてて怖かった記憶がある。

957 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:01
テ仏ポ、テ仏ポうるせーよ!
モルァ!!

958 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/12 03:02
>>954自分立てます?

959 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:05
書き込もうとおもたけどやめた

しかしもう32か・・・・次スレたつのか?

ところで二十歳さんとか8さんとかおぼえてる香具師いますかー?

960 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/04/12 03:05
憶えてない・・・

961 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:22
ティムポ最高。

962 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:28
>>959
二十歳さんや8さんの話、そのうち「スマネタで〜」スレで検証しようかと思ってたけど
ついにあのスレ落ちてしまってたよ・・・。

963 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:55
ティ仏ポ
さいこー

964 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:56
ティ仏ポ
ってさ。こーなんて言うの。すごいじゃん。僕は

965 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 03:57
>>958
よろしく頼むよ

966 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 04:01
ってかもうたってたのか

967 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 05:17
こんな時間なのに親父が起きてテレビ見てた
こわ

968 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 07:14
ひいばあちゃん 昔 お歯黒つけてた
もう死んだけど・・・
一回 日本髪ぼさぼさで目赤い女 叫んだ
次の日ビルマで戦死報告で
ばあちゃん 尾はぐるつけんよなたあたた

969 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 07:25
朝っぱらから狂ってるのでつか?氏ね。

970 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 07:36
既出や雑談よりはマシ

971 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 08:12
ようこ

972 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 08:37
次スレ
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/occult/1050084803/

973 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 12:00
>>968
落ち着いて書き込みしてください

974 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 13:47
マターリマターリ( ゚∀゚)メ(゚∀゚ )ノ アヒャヒャヒャ

975 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:03
>>811-964
氏ね

976 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:25
>>975
(´Д`;)オマエモナー








っと久しぶりに使ってみるテスト。

977 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:50
1000を初めてとりました。この感動は一生忘れません。洒落怖の皆さん、どうもありがとうございました。

978 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 15:56
>>977
早い早いw

979 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 16:42
やべーな。1000取りかよ。

980 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 16:42
980!

981 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 18:13
1000get

982 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 18:16
よかった!('_')ヶヶヶッ

983 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 18:17
パート31っていつ読めるようになるの?

984 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 18:34
さっきJR本八幡駅で人身事故あったみたい。

985 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 18:59
みんなーー1000までがんばろうよ!

986 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:00
この速度が1000取り合戦といえるのか?

987 :924:03/04/12 19:09
っていうか1000取ろうと必死なのは私だけなの?
みんながんばってよーー。それで1000取った人をみんなで誉めてあげようよ。

988 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:10
988

989 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:13
989

990 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:13
990

991 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:14
991

992 :924:03/04/12 19:14
あと、10人の勇者が必要なの。
ファイト!

993 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:14
救急さん

994 :ありがとうございました。:03/04/12 19:14
1000ゲット!感動

995 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:15
ありがとう

996 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:15
995げと

997 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:15
産休!

998 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:15
997?

999 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:16
10000000

1000 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/12 19:16
いただき!!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

277 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)