5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

血で描かれた呪いの絵の話

1 ::03/05/04 15:17
昔、漫画で読んだ事があって、その後本当にあった?話だと聞きましたが…
詳しい方がいらっしゃれば、教えて下さいm(。。)m
GOOGLEでは下のHPが見つかっただけです。

ttp://www.ne.jp/asahi/meitei/pedantry/book2/2509.html
(抜粋)
【千葉県館山市上野原】旧家本間家が昭和初期から40年頃までにかかって滅亡した経緯。
家の床下にあった、血で描かれた絵が原因。最後の生き残りも執筆中に死亡。
 

2 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 15:18


3 :トカゲ ◆VKRRKkUG.I :03/05/04 15:20
古風な2だなw

4 ::03/05/04 15:24
漫画自体は良くある少女漫画崩れみたいなものでした。
見たのは15年くらい前ですが^^;

5 ::03/05/04 15:40
あらすじ自体も良く覚えていないけど…
狂死や事故死で一族が減って行き、怖くなった家の人が霊媒師に調査を依頼したら、
床下からこの絵が見つかったとのことでした。
漫画では解決されたが、欄外にこの話は本当にあった話を元にうんぬんって書いてあった覚えがあります。

…流石に古すぎるかな?

6 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 15:42
興味深い。祭りの世カーン

7 ::03/05/04 15:48
主人公は女学生で、その子の友達が本間家(漫画では違う名前だったと思うけど…)
の娘さんって設定でした。
よくあるような幽霊が出てきてとかのストーリーでなく、すごく地味に
(死ぬのに地味はないけど)人が死んでいった話でした。
それだけに、未だに心に引っかかってます。


8 ::03/05/04 15:54
(漫画での話)
絵自体は、昔、本間家に騙された絵師(武士かも?)が切腹して、自分の血で
描いた絵という設定でした。で、子孫を呪ってると…
なんで家にその絵があったか、とか詳細は思い出せません。
あと実際の話と漫画がどれだけ似た話かも不明です。
あと、肝心の絵がその後どこにいったかも不明です。

思い出しながらですみません。

9 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 15:58
陶磁器の赤い色を出すために自分の血を使ったって話があるな。

10 ::03/05/04 16:29
(お願い)
出来ればこの漫画の設定の元となった話(実話?)を教えて下さい。
最後の生き残りの執筆中のものがなんだったかも。
最後の人が死んだ後にこの家(跡地?)はどうなったのか?
そして、肝心の絵はどこにいったのか?

…それ以前にこの話、知ってる人っているのかしら?古すぎる?

11 ::03/05/04 17:59
詳しくなくても、この事件?が書いてあるHPとかないでしょうか?
ヒマなもので…ちょっと粘らせてください。すみません。

12 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 18:39
俺も知りたい!

13 ::03/05/04 19:57
すみません。あげさせて下さい。

14 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 20:00
1さん切実なんだねえ。残念だけど朕は何も知りましぇん

15 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 20:00
山崎春のパン祭りのシールはけっしてあつまらない

16 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 20:11
懐かし漫画板とか、少女漫画板でも聞いてみた方がいいかも

17 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 20:14
この話しの元ネタと思われる(というか絶対にそう)本持ってます。
今外出中で携帯からなんで詳しくは書けませんが、
サラブックスから出てた「恐怖の心霊屋敷」(?)とかいう本です。
20年くらい前の本ですからもう売ってないでしょうね。

18 ::03/05/04 20:16
そうですか…
漫画の内容も気になるけど、実話?といわれてる話の方が気になるのね^^;
千葉では有名!って訳でもなさそうですね…
ヒマにかまけてHP探してたら、1のHP見つけて嬉しかったので、スレッドを
立てて見ましたが…
申し訳ないですが、連休中はここで地味に知ってる人を待ってみます。

19 ::03/05/04 20:17
コロンタンさん!すごい!!
もってる人がいたんですね♪
あとで(おうちに戻ったら)教えて下さいm(。。)m

20 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 20:18
因みに著者はかの有名な故中岡俊哉です。

21 ::03/05/04 20:20
有名な人なんですか?
あまり詳しくはないもので^^;

22 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 20:31
>>21
心霊写真ブームをまき起こした恐怖の心霊写真集シリーズの著者ですよ。
何時になるかわかりませんが、俺が家に帰るまでに質問したい事でも書いておいて下さい。

23 ::03/05/04 20:35
コロンタンさん、ありがとうございます!
私の質問は下記の通りです。
@最後の生き残りの執筆中のものがなんだったか?
A最後の人が死んだ後にこの家(跡地?)はどうなったのか?
B肝心の絵はどこにいったのか?
あらすじ?も簡単で良いので、教えて下さい。
お手数をお掛けしますが、宜しくお願い致します。


24 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 20:35
ここ1ばっかりやないの!!

25 ::03/05/04 20:36
ごめんね…
興味があるのおじさんだけみたいでm(。。)m

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 20:37
>>24
他の糞スレより100倍マシだと思われ

27 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 20:59
では今わかる範囲で。
元ネタでは最後に死んだのはそこで下男として働いていたゲンペイ爺さんになってます。
そして誰かが何かを執筆してたという記述は無かったです。
絵の行方に関しては特に明記はされてませんでした。

28 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 21:30
あとゲンペイ爺さんが亡くなってすぐに書かれた本らしく
その後家がどうなったかはかいてありませんでした。

29 ::03/05/04 21:35
結構、謎は多そうなのね…
家は旧家?らしいので、近くの人なら知ってるのかな?
情報ありがとうございます!コロンタン!!
続報も宜しくお願いしますm(。。)m

30 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 21:59
本の名前、「実証!日本の幽霊屋敷」でしたm(__)m

31 ::03/05/04 23:00
おおぉ!!でも20年くらい前のだと流石に買えないよね^^;
内容確認はコロンタンに期待です!
あと、もし他の人も見てたら、その後の現場も教えてくれたら・・・
知ってる限りでも良いのでm(。。)m

32 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 23:07
今帰ってきました。
今見たんですが>>1のリンク先がまさにその本ですよ。

>最後の生き残りも執筆中に死亡。
 この「執筆中」は生き残りが執筆中なのではなく中岡俊哉が執筆中
ということでしょう。


33 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/04 23:09
古本屋さんのネットで調べればよいのです。
ここ
ttp://www.ne.jp/asahi/tarousha/tarousha/
で売ってるっぽいから聞いてみ♪

34 ::03/05/04 23:09
お帰りなさいm(。。)m
執筆中にとはそういうことですか…
ゆっくりで良いので、話を教えて下さい!お願いしますm(。。)m

35 ::03/05/04 23:10
33番さん、ありがとう!
でも、買うの怖い…いい年してすみません。

36 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 23:13
http://www.skz.or.jp/kazu/nakaoka.html
このホームページの
*絶対なさそうな話を実話と断言する勇気がある
という一文がかなり気になるんですがw

37 ::03/05/04 23:17
*絶対なさそうな話を実話と断言する勇気がある
→気になりますね…エロい話が好きも結構気になりますが^^;
ただ、この話はそんなにとんでもない話じゃなく、淡々と進んでいったような覚えが…
最後の血で描かれた絵がとんでもないって言えば、とんでもないけど^^;

38 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/04 23:19
恐怖感を感じたいだけであれば、
なさそうな話しでもいいんだけどもね。

39 :36:03/05/04 23:22
本気で知りたいんだったら、
http://www.skz.or.jp/kazu/
でメールを送って聞いてみるのもいいかも知れません


40 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 23:24
ではかなり端折りますがあらすじです。

まず長男良助、次男英男、長女ふでという3兄弟だったのですが
昭和の初め、長女の16歳のふでが突然いなくなったそうです。
大規模な捜査にも関わらずふでは見つからなかったそうです。

ふでをかわいがっていた祖父の安五郎は落胆し隠居、そして亡くなった。

安五郎の命日の昭和19年のある日、突然良助の気が狂ってしまった。

次に良助の次男、勇も気が狂ってしまった。

そんなある日、一人の行者が本間家に泊まる事になった。
その行者は入るなりこの家には血で描かれた絵があり、見つけないと
この家の祟りは止まらないと言い残して去って行った。
英男は何人もいる使用人を使って探させたが結局見つからずじまい。


41 ::03/05/04 23:29
39番さんのアドレスはどこですか?

42 ::03/05/04 23:30
話が始まりましたね!
ありがとうございます!!

43 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/04 23:31
>>39
なつしぃ〜
そこの鯖昔使ってた腐れバイダ
まだあったのか。

44 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 23:38
続き
やがて良助の長男、明が戦争から帰ってきた。
明もまた頭がおかしくなっていった。
明は英男の長女、フミのいる倉に入っていき、その目の前で
急に頭を壁に打ち付けはじめ、その挙句死んでしまった。

その一部始終を見ていたフミは発狂してしまう。

明の葬式の最中、火葬場で棺おけをカマに入れ、カマにフタをしようとした
その瞬間、勇がカマの中に飛び込んでしまった。

その後昭和22年には良助夫人が、翌年には英男の子供、剛が病に倒れて
しまい、さらに翌年には英男の長男、靖が釣りに行ったまま岩場から入水
自殺。昭和26年には良助夫人が体の痛みに耐えかねて首吊り自殺をして
しまう。

45 ::03/05/04 23:39
へ?見つからないままでお話が終わってますか?
なにか後日談とかも書いてありますか?

46 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/04 23:41
まぁまぁ>>1さん
そんなにあせらずに。
ゆっくりとコロンタンさんのお話しを聞きましょうや

47 ::03/05/04 23:42
そうですね。すみませんm(。。)m


48 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 23:51
続き
昭和39年に全く別の理由で床下を掘らなければならなくなった。
すると古いカメが発見された。
中を開けるとまさにあの行者の言ったとおりの絵が出てきた。
絵が見つかった時には生ける屍のような良助とフミ、そして英男だけに
なっていた。

無念のうちに英男は下男、源平の留守の間に良助とフミを納屋の柱に
縛り付けて火を放ち、自分も死を選んでしまったのである。

こうして本間家は全滅してしまい、その後ずっと下男だった源平爺さんが
ひとりでこの廃虚と化した家に住んでたそうです。

そして中岡俊哉が執筆中に源平爺さんも誰かと争ってるような姿勢のまま
変死してしまったのです。

おわり


49 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/04 23:53
タイピングむっちゃ遅くてすいません。
かなり端折っちゃいましたがこんな感じです。

1さんのおっしゃる主役の少女は出てこないです。
あくまでこれは源平爺さんが中岡俊哉に話した内容なんだそうです。

50 ::03/05/04 23:56
ふうむ。。。コロンタンさんありがとうございます!
あらすじは記憶の中の話とだいたい同じ感じでした。


51 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/04 23:59
せっかく血で描いた絵が出てきたというのに、
死ななければいけなかったんですかね。
かわいそうです。

52 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:00
あ、大事なことを・・・
絵は本間家に昔仕えてた人の自画像で割腹自殺する前に自分で描いたもの
だそうです。

53 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:02
>>50
いえいえ
>>51
英男は疲れてしまったんでしょう。


54 ::03/05/05 00:05
この家の跡地はあるんでしょうか?
最初に本には書いてないとお聞きしましたが・・・
そもそも実際の話なのかしら?
地元の人に聞いてみたいけど、昭和40年代だと、さすがにおじさんも生まれてないくらい
昔の話だしね…

55 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:06
使えていた人の絵だったということは、
本間家に恨みを持って死んだんでしょうかね?
だから、探してあげることが供養することで・・・???あれ?
なんでカメの中に?封印したのでしょうか?

かめの中に隠した人が、根源ということになりますかね?

56 ::03/05/05 00:07
その本には源平じいさんのお話以外に書いた人の取材内容みたいなのは、
なかったのでしょうか?

57 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:12
>>56
うーん、全く無いですねぇ。
源平へのインタビューがしゅざい?(爆)

58 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:14
コロンタンさん
あらすじ 乙

遅くなってスマン

59 ::03/05/05 00:15
気持ち悪くて捨てられないから、壷に入れて隠したのかな?

思い出した!!
漫画だとその行者が血の絵を描いた人の子孫って設定でした!!

60 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:15
>>54
源平が亡くなったのが昭和56年あたりですからもう無いんでは?
>>55
いや、自殺前に自分でカメに入れたんだと思いますがどうでしょう?

61 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:17
>>58
ありがと。
>>59
行者が子孫という記述は無いです。

62 ::03/05/05 00:19
なるほど…その辺りは漫画でアレンジしたんでしょうね!
お話の通りだとあんまり怖い話にならなさそうだし…
ちなみにその漫画は一冊丸ごと(最後におまけ漫画あり)この話でした。
友達の家で読んだ事までは、思い出せて来ました!

63 ::03/05/05 00:20
この話ってあんまり怖くないだけに、妙に信憑性ある気が…
疲れてるのかしら…

64 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:22
>>60
わざと見つかりにくいところに隠すとは!
よほどの恨みがあったとお見受けする。

65 ::03/05/05 00:24
コロンタンさんへ
千葉県館山市上野原って住所以外には特定情報はなかったですか?
気になるので何か調べ様ないかしら?

66 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:26
>>62-63
中岡、確かにありそうもないことを実話と断言する人ですが、
この話しは地名もしっかり出てるし、生々しい内容なので
信憑性あると俺もおもってますよ。

67 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:30
>>64
そうですね。
全滅させたい程恨んでたんでしょうね。
>>65
いや、情報無いですねぇ。
因みに館山の隣り、富浦に住んでる友達はこの話し知りませんでした。

68 ::03/05/05 00:30
そうですね。妙にリアルな気が…
その絵は家に火をつけたときに一緒に燃えたと考えるのが普通ですかね。

69 ::03/05/05 00:34
千葉県の心霊スポットのところにもこのお話を聞いてみましたが…
近くに住んでた人も、なにも知らないとのことでした。
地味な話のようで、結構壮絶な話ですよね…

70 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:37
上野原って、地図で見ると館山市の中心地に
すっごく近いとこなんだね。

71 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:38
>>68-69
俺も燃えたと思います。

それでは明日仕事があるんで落ちます。
おやすみなさ〜い!

72 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:39
コロンタンさん
おやすみなさいでーす

73 ::03/05/05 00:39
コロンタンさん、ありがとうございました!
明日までにもう少し情報が集まるといいな。


74 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:40
あ、関係無いですが、最後に今月1日、
すぐそばのボーリング場行きました(爆)

ではでは!

75 ::03/05/05 00:41
>70番さん
ヤフーで見るとそうですね。すぐ近くに市役所とかあるみたいですね。
昔のことだけど、うそ話かどうかは調べたらわかりそうですね。
全く住所不明じゃないみたいだし。

76 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:42
なんと、地元の方だったんですか?

77 :あなたのうしろに ◆kwai5Y6kNk :03/05/05 00:45
わたしは千葉に住んだことがないので、
城山公園から見る鏡ケ浦がきれいだとか、
西口ができてどうなったのかとか、よくわかりません。

でも、館山といえば
ttp://www.boyodo.co.jp/
です。お菓子やさんですが、海産物も扱っています。
特に、「くじらのたれ」がおいしくって♪

では、おやすみなさい。

78 ::03/05/05 00:49
千葉県の心霊スポットの方にも調査のお願いをしてみます。
他力本願な上に、個人の趣味に走ったスレですみませんm(。。)m

79 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 00:51
最後にもう一つだけ!
>>76
地元じゃないっす!富浦の友達の家に遊びに行った時に
ボーリング場行ったんです!
東京人ですよ。

80 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 01:15
…良スレ期待age。


81 ::03/05/05 01:39
地元の人も見てくれるとありがたいです。
1ばっかりのスレッドで申し訳ないですが、本日最後にあげておきます。
題名に千葉の!!とか書いておけば良かったかしら?
よろしくお願いします。


82 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 01:41
俺もこの話し知ってる!
勇が燃え盛る釜に飛び込んだ所を想像して子供心にトラウマダターヨ

83 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 01:48

ピッ!   ∩∧,,∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ミ,,゚Д゚彡 < この話、ほんまけ?
      ミ    ミ    \_________
\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄U ̄ ̄\
 ||\            \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||

キャ!  ∩∧,,∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ミ,,>∀<,,彡 < なんちって!
     ミ     ミ    \_____
\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\            \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||

84 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 02:04
>>1
やっぱし
【一家】千葉の血塗りの絵【滅亡】
がいいと思いまつた。

85 :k:03/05/05 02:33
ちょっと気になったので調べてみたけど、「本間家」で出てくるのは有名な山形の豪商ばかり。
博物館&文化財関係にも出てこなかった。

ただ、館山関連を調べてたら「館山市議(故人)」と「商工会議所」に本間姓が出てきたよ。
この件は昭和の話だし、まだ親類とかが地元に有力者として残っている可能性もなくはない…かな?

86 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 02:52
プライバシーの問題から家名は仮名かもね

87 :(*゚∋゚) ◆TORI/MctDw :03/05/05 04:28
仮名かどうかはわかりませんが
館山には本間って姓の家がありますよ

実際、館山に勤めてた頃に本間さんって社員がいました


88 ::03/05/05 08:38
>84
そうですね。そういうスレッド名の方が人の目をひいた気がします…失敗した^^;
>85,86
私も名前で調べましたが、山形ばかりでした^^;;

朝なので地味にあげてみます!引き続き宜しくお願い致します。

89 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 08:47
>>87
ほんまかいな?

90 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 08:48
90

91 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 08:52
血で描いて呪いが成就するなら、フセインの血書きのコーランも効果
が出てアメリカを返り討ちにできたはず。それはいいとしてフセイン
か側近が祟徳上皇の話を知っていたように思えてしまう。


92 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 08:59
フセインは側近の血を使ったんじゃない?
独裁者は痛い思いをしないさ。


93 ::03/05/05 08:59
>91
そうですね〜しかも、描いた時期がいつかはわからないけど、何代か後の子孫に
取りつくのはどうなんでしょうかね…それはこの手の話を聞く度に思いますね。

…ってことは、ブッ●ュ三世とかで呪いが炸裂するのかしら?

94 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 09:04
>>93
因果関係のないとろこにデッチ上げようとするから何代も何十代も
確保する必要がある。そんなに下れば何か不幸の1つや2つは出る
でしょう。呪いのない場合に比較して有為性は感じない。

95 ::03/05/05 09:10
>94
そうですね〜5代も先なら100年以上?も平和じゃないといけないですね…
このお話は具体名(一族の名前、地名)が出ていて、呪いをかけた品物(血の絵)も
あるということなので、本当にこういう不幸があったかどうか、気になるトコですね。
本当にあったお話なら…

96 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 09:27
おはようございます。
2〜3年前のデータなんでアレなんですが、NTTに登録されてる館山市の本間姓は
全部で42件でした。
しかもわりといくつかの場所にかたまってることもわかりました。
まぁ本当は本間さんじゃないのかもしれないですが、参考までに。

97 ::03/05/05 11:21
おはようございます。コロンタンさん。
館山市にある会社で社長が本間さんというところもありました。
割と多い名前なのかな?


98 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 11:41
一家を滅亡させた絵かぁ
某キチガヒ小説思い出した

期待age

99 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 12:16
>>97
もしも本間が正しいのであれば中岡氏の本が出た当時は館山の本間さんは迷惑を被ったかもしれませんね。
我々も伏せ字で書いたほうがいいのかな?
>>98
小説の詳細キボン

100 ::03/05/05 12:37
千葉の廃墟を記録してるHPを見てきましたが、近い場所にそれらしい廃墟の
紹介はなかったですね…
昭和50年代までは、源平じいさんが住んでたくらいなら紹介されてそうですが…
>98
どんな小説でしょうか?もしかしたらそっちが本家でこっちがツクリかも…
小説をもとに創ったお話。でも住所が詳しく記載してるのが、気になるが…
うそつく時は、バレにくくつきそうなものだが…


101 :k:03/05/05 13:15
全体像が分りにくいので、ちょっとたたき台用に作ってみました。
間違い&欠損は……修正よろしくです。
見づらかったらスンマセン(^^;)

【旧家○○家相関図】
祖父:安五郎(A落胆→隠居→他界)、祖母:○○?

父:○○、婦人:○○??

├長女:ふで(@行方不明)
├長男:良助(B昭和19年発狂?→L昭和39年納屋で焼殺)
│└┬婦人(H昭和22年・病に倒れる→K昭和26年自殺)
│ ├ 長男:明(E戦争から生還→発狂・自殺?)
│ └ 次男:勇(C発狂?→G/Eの葬儀中自殺)
└次男:英男(L昭和39年納屋で良助・フミを道連れに自殺)
└┬婦人??
├ 長男:靖(J昭和24年・入水自殺)
├ 長女:フミ(F/Eを見て発狂?→L昭和39年納屋で焼殺)
└ 子供:剛(I昭和23年・病に倒れる→他界?)
行者:○○(D祟りを知らせる)
下男:源平(M変死)
※丸数字は時系列順です

102 ::03/05/05 13:25
Kさん、ありがとう!
わかり易いです!
こうやってみると、祖父は出てても、父親と母親が出てきてませんね!?
既になくなってたのかな?
コロンタンさんの本にはなにか書いてありましたか?

103 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 13:40
Kさん、ありがとうございます!最高!
本には剛がどうやって死んだのかどうか、三兄弟の両親はどうなったのか、書いてないんですよ。
まぁ全滅したからには全員英男が放火して自殺する前にみんな亡くなってるんでしょうけど。
因みに>>99は俺でしたm(__)m

104 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 13:43
昨日から面白そうなのでのぞいてます。

>>101
できれば機種依存文字は避けていただけたら嬉しい

105 :気≠狂い☆天使!ヽ(´ー`)ノ ◆9avcude2wk :03/05/05 13:47

すげえ、魅力的なスレッドだ。

106 :k:03/05/05 14:03
>>102、103
いやいや、喜んでもらえて何よりです(w
つーか、ずれちゃってスンマセン(^^;)

しかしこう見ると、時期がはっきりしてないとこがあるのは、真偽を確かめるためにも辛いですねぇ。
もう少しデータが欲しい気も…。

>>104
機種依存文字ってどれのことかな??
あまり詳しくないので分らなくて(^^;)



107 :気≠狂い☆天使!ヽ(´ー`)ノ ◆9avcude2wk :03/05/05 14:04

@とかAってやつのことだよ。<機種依存文字

108 :( ´∀`)人肉地蔵 ◆MUCC69/ZAc :03/05/05 14:04
uhi


109 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:14
>>106
>>107の通りです。
よく出来てるから、今後も何か追加して使われそうなので。
無理ならいいですよ。個人的な我儘だから。

110 ::03/05/05 14:23
そうですね。もう少し他の文献にも載っていれば良いのですが…
「実証!日本の幽霊屋敷」と私が昔見た漫画くらいしか載っていなさそうですね…
うそ話にしては地名が具体的(千葉県館山市上野原)名前が出てる(本●家)
年代がはっきりしている(昭和39年に火事?)のが気になりますね。

111 ::03/05/05 14:26
最初はあらすじを思い出した時点で満足(なぜかふと思い出して、なんだか
気になって^^;よくある曲名とか歌手名のど忘れレベルですが^^;;)
だったのですが…今度はこれがうそかどうかも気になってきました。
今しばらく、ご協力頂ければ幸いです。宜しくお願い致しますm(。。)m

112 :k:03/05/05 14:37
>>107,109
了解!
あとで修正して貼り直すね(^^;)

113 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:38
「血で描かれた呪いの絵」と
「砂に書いたラブレター」はチョットだけ似てるな

114 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:42
千葉の地方紙で訊けば、昭和39年の火事があったかどうか位はわかるのでは?

115 ::03/05/05 14:45
>114番さん
新聞のバックナンバー調べてますが…
上手いこと検索できてません…
昭和39年に東京オリンピックがあったことだけ、判明しました(苦笑)
もう少しがんばってみます!

116 ::03/05/05 14:48
>114番さん
直接電話して聞けってことですね?失礼しましたm(。。)m
ちょっと電話する勇気がありません…すみません…

117 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:49
>>115
オリンピックか・・・世の中高度成長期で浮かれまくってる頃にあったんだ。

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 14:53
>>116
いえいえ、そんな謝らないで。
私も休日なので電話しようと思ったけど、祝日は新聞社も休みみたいで。

119 :k:03/05/05 14:57
修正しました。これで大丈夫かな?

【旧家○○家相関図】
祖父:安五郎(A落胆→隠居→他界)、祖母:○○?

父:○○、婦人:○○?(不明)

├長女:ふで([1]行方不明)
├長男:良助([3]昭和19年発狂?→[13]昭和39年納屋で焼殺)
│└┬婦人([9]昭和22年・病に倒れる→[12]昭和26年自殺)
│ ├ 長男:明([6]戦争から生還→発狂・自殺?)
│ └ 次男:勇([4]発狂?→[8]/[6]の葬儀中自殺)
└次男:英男([13]昭和39年納屋で良助・フミを道連れに自殺)
└┬婦人??
├ 長男:靖([11]昭和24年・入水自殺)
├ 長女:フミ([7]/[6]で発狂?→[13]昭和39年納屋で焼殺)
└ 子供:剛([10]昭和23年・病に倒れる→他界?不明)
行者:○○([5]祟りを知らせる)
下男:源平([14]変死)
※[]数字は時系列順です

120 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 15:06
>>119
ありがとうございます!
お手数おかけして、ほんとにごめんなさい。

121 ::03/05/05 15:24
色々ネットで検索できそうなところは見ましたが、限界ぽいです…
あとは地元の人が見てくれて、その人がなにか聞いてるような偶然にかけるしか
ないかしら…残念…

122 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 16:38
まちBBSで聞いてみるってどうかな?
内容が内容なんで、できるだけ丁寧に。

123 ::03/05/05 17:48
>122番さん
まちBBSとはなんでしょうか?

124 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 17:50
>>123
2ちゃんトップの板一覧の下のほうにあるでしょう?
それぞれの地域ごとの町の話題をするBBSです。

125 ::03/05/05 17:56
館山市のスレッドを発見しましたが、ココに書き込んでも良いものでしょうか?
取り敢えず書きこんでみます。

126 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:00
>>125
スレのURLオシエテネ

127 ::03/05/05 18:04
んと、ちょっと違う話題みたいなので、新しいスレッドを立ててみます。
その方が消すのも簡単そうですし。


128 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:07
>>127
2ちゃんからきたとか書かないほうがいいよ。
まちび住人2ちゃん嫌ってる人多いし。

129 ::03/05/05 18:12
あらら、書いちゃいました…
まあ、クレームがくれば素直に削除しますm(。。)m

スレのURLとは?マチのURLですか?

130 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:19
血の絵とは直接関係ないのですが、呪いの絵についてお訪ねします。

その昔「特ダネ登場!」(70年代)という、変わった特技をもつ人や
変わった名前の人(番組中では「珍名さん」と呼ばれてました)、
特異な体験をした人が登場するクイズ形式の番組がありました。

私は件の回は観なかったのですが、翌日その番組を観た友人が
「描いたら死ぬ絵」のことを話してくれました。
記憶も定かでありませんし、いろいろ混乱もあります。
登場した人が実際に絵を描いた人の知りあいなのか、研究してる
人なのかはわかりませんが、以下のような説明だったと思います。

・片足の人の絵を描くと片足になる。
・空を飛んでる人の絵を描くと死ぬ。
・円の中に人の絵を描くと死ぬ。
・自分の頭蓋骨の絵を描くと顔が腐る
・水上に棺桶が浮いてる絵を描くと水死する。

 などなど……

死ぬのが描いた本人なのか、他人を呪う術なのかはわからないのです
が、この番組を観た方、この事象に心当たりのある方はいませんか?

その後、似たような話しを観たり訊いたりしたことがありません。
長年、気にかかってます。
知ってる方、どうか教えてください。
どうかお願いします。

131 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:20
>>129
あー、でもなんか情報が入ったらリンク貼ればいいかな・・・
すいません。スルーしてください・・・

132 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:23
ゲッ!スレたてちゃったの?
館山スレに「地元の者じゃないんですが質問があります」ぐらいにしておけば良かったのに。
そのまま落ちるか非難を受けるかどっちかだな。
館山スレに誘導のレスでもしておけば?

133 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:26
>>1
おら2chだいきらいだ〜、まてろよいまがら1の家にむかうがら

134 ::03/05/05 18:36
あらら、早速お怒りがきましたね…
削除しておきますね。

135 ::03/05/05 18:43
すぐ削除できるものではないのですね^^;すみませんm(。。)m
削除依頼は出しておきました。失礼しました。


136 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 18:47
>>135
あら。
地下スレでマターリやっててもいいんじゃないかと思ったけど・・・
まあ、気長にやりましょ>>1

137 :98:03/05/05 18:58
遅レスですいません。

この件の元ネタではないです。
小説は(恐らく)昭和初期ですので。
夢野久作の"ドグラマグラ"って小説で
先祖の描いた死人の変相図っていうのかな、その絵巻物を見た
代々男子は皆狂い死にする云々って件を思い出したので。

惑わせてしまってたらすいません。

引き続き期待age

138 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 19:13
あら、少し見ぬ間に色々と(爆)
>>130
ごめんなさい、俺はわからないですが、懐かしテレビスレでスレを探すかたてるかしてみては?
>>137
ありがとうございます。このスレの話とは関係無くても興味ありましたよ。

139 :so:03/05/05 19:26
興味深いですね。この話。
血で描かれた呪いの絵、燃えていなければ見てみたいです。
自分もちょっと情報集めてみます。


140 :130:03/05/05 19:29
>>138さん
>懐かしテレビスレでスレを探すかたてるかしてみては?
 ご意見ありがとうございます。
 懐かしテレビの「特ダネ登場」のスレでそれらしき話題がありました。
 「自身の死を予告する絵を描く子供たち」といった内容らしいです。

141 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 19:49
>>130
これでいくと荒木飛呂彦なんか即死だな。

142 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/05 19:50
>>140
良かったですね。気長に回答を待つといいでしょう。

そういえば思い出したんですが、30年ぐらい前のテレビ番組で、斬首した死人の血を使って描かれた
生首の絵を紹介したんですが、その放送後、生首のつぶってるはずの目が開いていた
という苦情の電話が殺到し、大騒ぎになったことがあるそうです。
その映像見たんですがやっぱり目が開いててゾクッとしました。

143 :so:03/05/05 19:52
昭和19年〜39年、千葉県館山市上野原、本間家
やっぱり情報が少ないかもしれない。
これだけ古いとそれなりの図書館に行かないと
新聞のバックナンバーも揃ってないと思うし…

144 :so:03/05/05 20:01
どうやら近場だと都立中央図書館に行けば、
昭和15年からの朝日新聞が見られそうです。
何月の火事か、せめて季節くらいわかればいいのですが。



145 ::03/05/05 20:37
色々とあせってやらかしてます…1です…
>コロンタンさん
テレビの生首の絵!みました!!
映像ではなく写真でですが、番組の最初はつぶってて、その後は目が開いてました!
>SOさん
昭和39年の火事しか情報ないようです。最初はそこまでわかればと思いましたが、
やはり情報少ないですかね…ちなみに家の火事ではないですが、死者が出てるくらいなら
新聞にのりますかね?火事は納屋らしいですが。

146 :k:03/05/05 20:56
たびたびスミマセン!ミスを発見したので修正です(^^;)

【旧家○○家相関図】
祖父:安五郎([2]落胆→隠居→他界)、祖母:○○?

父:○○、婦人:○○?(不明)

├長女:ふで([1]行方不明)
├長男:良助([3]昭和19年発狂?→[13]昭和39年納屋で焼殺)
│└┬婦人([9]昭和22年・病に倒れる→[12]昭和26年自殺)
│ ├ 長男:明([6]戦争から生還→発狂・自殺?)
│ └ 次男:勇([4]発狂?→[8]/[6]の葬儀中自殺)
└次男:英男([13]昭和39年納屋で良助・フミを道連れに自殺)
└┬婦人??
├ 長男:靖([11]昭和24年・入水自殺)
├ 長女:フミ([7]/[6]で発狂?→[13]昭和39年納屋で焼殺)
└ 子供:剛([10]昭和23年・病に倒れる→他界?不明)
行者:○○([5]祟りを知らせる)
下男:源平([14]変死)
※[ ]数字は時系列順です

参考に……追加です。
・昭和10年(1935)→御茶ノ水〜千葉線(現総武線)開通
・昭和16年(1941)→太平洋戦争勃発
・昭和20年(1945)→終戦
・昭和25年(1950)→NHK放送開始
・昭和39年(1964)→東京オリンピック開催
・昭和44年(1969)→京葉道路開通
・昭和53年(1978)→成田国際空港開港

147 ::03/05/05 21:38
納屋で焼死…終戦直後…
今思い出しましたが、ヤング●ャンプで連載中のスカイ●イ・カルマに似てますね。
カト●イマルの替わりに血の絵みたいなかんじかな?

148 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 21:40
昼間「新聞社に尋ねたら?」と書いたものですが、
千葉日報社に訊いたところ、当時(昭和39年)の新聞は
千葉市内の新聞社に行って現物を見せてもらうしかないそうです。
東京からではちと厳しいですね。。。

149 ::03/05/05 21:43
>148
ご苦労様です。古すぎるとやはりそうなるのですか…
千葉●報社のHPも見ましたが、バックナンバーは一週間分はHPでも見れる
みたいでしたが…流石に昭和39年では…ですね。
私も千葉に住んでいないので、ちょっと厳しいですね…

150 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 23:34
今手元に長岡俊哉氏著の世にも奇妙なミステリーとゆう本があるのですが
それによるとこの絵は割腹自殺をする前にその人物が自らの血で描いた
自画像でその人物は本間家の先祖に仕えたことのある人と書いてあります。

151 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/05 23:55
>>150
それ以外の情報は何かありませんか?

152 :150:03/05/06 00:14
すみません。この情報はすでにコロンタンさんがかかれてました。
ちなみにふでが神隠しにあってから30数年後にこの絵は
みつかったそうです。

153 ::03/05/06 00:25
昭和39年に絵が見つかったとコロンタンさんの方の本で書かれてます。
それから逆算すると…昭和元年〜昭和9年頃に最初の事件は起きたのですね。
150番さん、他にも何か書かれてますか?

154 :150:03/05/06 00:47
だいたいコロンタンさんが持ってる本と同じ内容です。
もう少し何か手がかりがないかじっくり読んでみます。
この本は私が2〜3年ほど前に買った本なので探せばどこかに
あるかもしれません。(1998年に5版発行)

155 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 00:53
>>150さんの本は長岡じゃなくて、中岡なんですよね?

156 ::03/05/06 00:59
今日は寝ます!
150番さん、情報ありがとう!
また、情報あれば宜しくお願いします。

157 :150:03/05/06 01:01
中岡俊哉です。
二見書房からでてます。
本間家は千葉県の名の由来になっている千葉氏に仕えていて
この土地では有数の家柄で富豪だったと書いてあります。


158 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 05:17
>>142
見た記憶ある。
たまたま目の位置に蝿が止まったように見えた。

159 :k:03/05/06 19:19
少しづつ情報が出てきてますね!
最近ネットだけでは少々限界を感じているので、昨日に続いて今日も古本屋で情報収集してきま〜す(w
ホントかどうかだけでも、ハッキリできればいいんですけどね…(^^;)

160 ::03/05/06 22:02
ありがとうございますm(。。)m
本当に少しづつ情報が集まってきてますね♪
他の作家の人もこのお話を書いてたりすると、信憑性が高まりますね^^

161 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/06 22:09
私、館山に住んでるよ。
でも聞いた事無いなぁ。

地元の新聞で房日新聞っていうのがあるよ。
昭和23年にできたらしい。

162 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/06 22:14
こんばんわ
>>150さんの本は実証日本の幽霊屋敷から転載されたんですかね。

>>158
蝿・・・だとしたらとんだ肩透かしですね(爆)

1さんKさん、俺もなんとか他に情報無いか調べてみますね!

163 ::03/05/06 22:14
>161
おおぉ!!!
館山市民さんですか!!!
やはりあまり有名はお話ではないのかな?

164 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/06 22:17
>>161
「地元の人が気味悪がって近寄らない幽霊屋敷」だったそうなので
もし年配のお知り合いがいらっしゃったらそれとなく聞いてみていただけないでしょうか?

165 ::03/05/06 22:18
>コロンタンさん
150番さんは『世にも奇妙なミステリーとゆう本』からの転載らしいですよ〜
著者は同じらしいですが、いろんな本に書いてるみたいですね^^;

166 :161:03/05/06 22:25
まちBBSのほうはスレどうなってしまったのでしょう?
見つけられなかった・・・

館山のスレに40代くらいの地元の方が数名いらっしゃるようです。
手がかりがあると良いですね。
義理の父(70代)に今度聞いてみますね。役立たずでスマソ。


167 ::03/05/06 22:30
>161さん
ありがとうございます。
まちBBSの方は削除依頼を出しましたので、たぶんもう消されてると思います。
40代より上の方であれば、知ってる可能性が高いですね^^
宜しくお願い致します。

168 :150:03/05/06 23:11
ちょと気になるのですがコロンタンさんの本のほうは下男だった源平爺さん
と名前がでているのに私の持っている本では下僕としか書かれてません。
こっちの本の初版は1991年ですのでコロンタンさんの本より後で
書かれたはず。もしかすると中岡氏は源平爺さんの名をあえてふせて
迷惑にならないよう編集したのでは?
ってゆうのは考えすぎですかねえ。

169 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/06 23:15
1さん、やっぱりまちBBSで聞いたほうがいいと思うんですが・・・
地元の事が書かれてる本ですから本の事を知ってる方もいるんではないかと
思います。

161さん、お手数ですが何かわかったら教えてくださいね。

170 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/06 23:17
150さん、そうなんですか。
何かしらの理由があったから伏せられたんでしょうね。
しかし下僕とは・・・かわいそうな源平爺さん・・・

171 :150:03/05/06 23:27
それと
朽ち果てたこの幽霊屋敷も、やがて住む者のいないまま、
取り壊されることであろう。と最後に書かれてます。
中岡氏は源平爺さんが亡くなったあともこの屋敷に行っていたのだろうか?

172 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 00:17
>>171
この家のその後を書いた本を中岡氏が出してくれてるといいんですが・・・

今、まちBBSにお願いの書き込みしてきました。
まずかったかな・・・

館山スレから来られた方、変な書き込みしてすいません。
何かご存知でしたら宜しくお願い致します。

173 :k:03/05/07 00:17
『世にも不思議な怪奇譚(ミステリー)』見つけました!
確かに源平爺さんが「下僕」と記されてますね……。

しかしそれよりも、この話の続編!?みたいな話を見つけましたよ!!
それは『日本全国・あなたの隣の幽霊屋敷』(中岡俊哉著)に掲載されている「悪霊が棲みつく土地」という話です。
って、まだよく読んでないんですけどね(^^;)

174 :so:03/05/07 00:23
こんばんわ。進展ありましたでしょうか?
こちらは心霊サイトを中心にあたってみたところ
館山の旧家H家の記述を見つけました。
ttp://www.top.ne.jp/aliceweb/youkai/supotto/index.htm
ページの3分の2くらいのとこかな。
残念ながら詳しい場所の記載はありません。


175 :so:03/05/07 00:26
↑のサイトの掲示板に昨日書き込んでおいたところ…。
お一方レスくださった方がいまして、地元の方かな?
噂によると絵は現存してるらしいとのこと。本当かな?
もうちょっと聞きこみたいと思います。


176 :so:03/05/07 00:33
もうちょっと詳しい時期が特定できれば
図書館でも行って新聞を掘り出してみようと思います。
39年だとしても365日チェックはツライので。



177 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 01:14
>>175
その掲示板ってどこですか?
妖怪王来訪者台帳ってとこですか?



178 :150:03/05/07 01:24
ttp://www.top.ne.jp/aliceweb/youkai/
ここの妖怪伝言板というとこですね。

179 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 01:27
>>173
続編気になります!
読んだら教えて下さいね!

180 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 01:28
>>178
あ・・・PC閉じちゃいました(;^_^A
明日の夜拝見させていただきますね!

181 :S.O.:03/05/07 01:34
血で絵を描くというと思い出すのは日野日出志の地獄変ですね。
フィクションですけど。

182 :so:03/05/07 01:40
>>178
150さんフォローありがとうございます。
その掲示板です。
信憑性はともかく知ってる人がいたので良かったです。

続編気になります。報告して下さいね。

ところでこの話しを聞いてから肩が重くて、
皆さんなんともないですか?PCいじりすぎかな。




183 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 01:41
>>181
映画「カラー・ミー・ブラッド・レッド」
もそっくり

184 :Ody ◆khwdj.8Iqs :03/05/07 01:42
久しぶりにいい按配のスレ見っけ♪
千葉日報社ていうとNHK千葉の裏だな
今度の土日にでも昭和39年365日チェックして
みるか
地方紙の焼身自殺なら見出しも小さくはないだら
どうせ土日は死ぬほど暇だし



185 :S.O.:03/05/07 01:52
話が一段落したら、呪われた絵のスレにしちゃえばいいかもね。


186 :k:03/05/07 01:55
>>172
ちゃんと読んでみました。
たぶんこの『悪霊が棲みつく土地』が後日談だと思いますよ。

それによると……
Sさん家族が館山郊外に土地を購入し、家を新築し引っ越してきた。
しかし、越してからというもの祖父・祖母・息子が怪我や病気に…。
Sさん本人も「そこは昔、一族の者がことごとく滅んだ土地」との不吉な噂を聞き、いろいろ調べてみた。
そこには昔、幽霊屋敷と呼ばれた家があり、そこは源氏ゆかりの祖先をもつ富豪の家だったことが判明。
ついには幽霊らしきものを目撃するに至ったSさんは、市役所で土地や家のことを調べてみた。
だが市役所には若い職員ばかりで、昔のことは誰も分らず、諦めるしかなかった。
その後Sさん家族がどうしたかというと…
せっかく手に入れた土地と家を手放す余裕もなく、そこで暮らしている。
※2001.6.25初版

って話です。
真偽はともかく、ほぼ間違いなく同じ場所の話みたいですね。

187 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 02:02
後日談見つけられたんですね。
2001年初版ってことは、今でも住んでる方がいるのかも・・・?

188 :k:03/05/07 02:09
ちょっと修正(^^;)
Sさん宅の家族構成は「Sさん・婦人・息子・Sさんの父&母」です。
つまり上記の祖父・祖母は「父・母」の間違いです。
スミマセンm(__)m

189 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 10:05
>>184
千葉日報社お近いんですか?
お手数ですが調査よろしくおねがいしますm(__)m
>>186
ありがとうございます!100%同じ場所なのかどうかわかる記述はありますか?
まぁ館山ということは同じ場所である確率は非常に高いですけどね。

190 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 10:09
しかも源氏ゆかりの祖先を持つ富豪の幽霊屋敷があったといったらほぼ間違いないでしょうね。
因みにその本の作者は誰でしょうか?

191 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 10:11
あっ!>>173で中岡俊哉って書いてありましたね(;^_^A
ごめんなさいm(__)m

192 :so:03/05/07 11:59
kさん後日談ありがとうございます。
その土地で当たりっぽいですね。
絵に関しての記述はなかったでしょうか?

コロンタンさんの言っているとおり
源氏ゆかりの祖先をもつ富豪ってことでかなり信憑性高そうです。
旧家本間家に関しては元は鎌倉から流れてきたようです。
その後千葉氏に仕えるようになったという話をどこかで目にしましたが…
もうちょっとそのあたりのことも調べてみます。


193 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 12:20
まちBBSからやってきました、館山市民です。

せっかく住んでいますから(笑)ちょっと調べてみます。
あまり期待しないでくださいね…。


194 :コロンタン ◆Qd1AnXsycw :03/05/07 14:51
>>192
本間家が鎌倉から流れてきたって本当ですか?
とゆうことは屋敷があった無かったに関わらず館山に源氏ゆかりの祖先を持つ
富豪の本間家がいたというのは事実なわけですね?
>>193
いらっしゃいませ!怒られるかと思ってたのでホッとしました(爆)
地元の方の情報は非常に貴重です。何かわかったらよろしくお願いしますm(__)m

195 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 14:55
故・中岡俊哉氏はこの館山の血の絵話を確かに複数の著書に書いていますね。
一部は二見文庫として出版されています(よく夏場コンビニで売っている)。
今、出先のネットカフェでこのスレを偶然見つけて書き込んでいる為、詳細は
書けませんが、心霊系の書籍は帰宅すれば大体揃えてありますから、確認して
みたいと思います。
蛇足、Book Offなら二見文庫の本、大概見つかるとおもいますよ。

196 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 15:21
>195
そうだね。オレが持ってるのは悪霊の恐怖という
文庫本よりもちょっと小さな本。
それにおどおどろしいイラストと共に、この話が
詳細に記載されてるよ。

197 :のぶを:03/05/07 15:33
似たような話を読んだことがあります。
但し、気が狂ったとか、小説っぽい話じゃなくて、本当に生々しい悲惨な話でした。
アラスジは近いのですが、交通事故とか、戦死とか、自殺とか。
確か大きな鈴が床下から出てきて、唯一生き残った使用人が寺に祀ったところ、
その使用人が大金持ちになったそうです。
T県T町のK家だそうです。
情報ソースは、名著出版だったかの、下野国・・・の研究だったか、検証だったか。
昭和32・33年頃の本だった気がします。

198 :193:03/05/07 16:08
>>194
怒ったりなんてしませんよ(笑)

ってなわけで、早速行ってきましたが…
房日新聞社(地元の新聞社です)にバックナンバーはありませんでした。
そして、館山市の図書館には昭和57年からのものしか置いてないとの事。
つまりそれ以前のモノは現在閲覧は不可能なんだそうです。

唯一の手がかりは(笑)千葉日報のバックナンバーが千葉県立西部図書館
(松戸市)にあり、そこだったら昭和39年の新聞が閲覧可能と言うです。
松戸ですと、都内にお住まいの方が行かれた方が早いですね。

館山市の図書館の人曰く
「火事の事だったら地元の消防署・もしくは警察署に記録があるのでは?」
確かにその通りですが、そこまでは調べてません…すいません。

以上です。また何か分かれば書き込みますです。

199 :k:03/05/07 16:23
>>189
この『悪霊が棲みつく土地』の中には、その富豪の家についてこんな一節が出てきます。
「次々とおかしなことが起き、考えられないような病気にかかる者が出たり、或いは変死したり。
時には殺傷事件すら起こして、その家がおかしくなってしまい、いつの間にか住む人もなく、廃墟化してしまった」
というものです。
ここまで条件が揃うと、やはり同じ場所と考えてもいいのではないかと。

>>192
残念ながら、この話には例の絵のことは一切出てきませんでした(^^;)

200 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 16:47
弐百・・・

201 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 16:57
ttp://www.harimaya.com/o_kamon1/hatamoto/hm_he.html
ttp://www.harimaya.com/o_kamon1/buke_keizu/html/honma_k.html
ttp://www.h2.dion.ne.jp/~k-shin/mail_3/data/ho/honma.htm

お金持ちだとすると、山形県酒田の本間つながりかもしれませんね。

202 :161:03/05/07 18:03
193さん、素晴らしい行動力!

房日にバックナンバーが無い…残念ですね。
房日コレクターなんて居ないでしょうしねぇ…

上野原近辺に古くから住んでいる知り合いも居ない。
義理の父も知らなかったし。

お役に立てなくてゴメンナサイ。
またなにかありましたら書き込みしますね。



203 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 18:11
館山にずーーーっと住んでるおばあちゃんに聞いてみました。
そんなこと聞いた事もないって。
今度機会があったら、上野原に嫁に行った、おばあちゃんの妹に
聞いてみますが、その頃までこのスレが有ればの話ね。

204 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/07 18:24
>203
となると、やっぱ中岡センセイお得意の創作なんかねぇ・・・
どうも元ネタがあるっぽいが・・。

205 :k:03/05/07 18:38
またまた修正です(^^;)

【旧家○○家相関図】
祖父:安五郎([2]落胆→隠居→他界)、祖母:○○?

父:○○、夫人:○○?(不明)

├長男:良助([3]昭和19年精神疾患→[13]昭和39年納屋で焼殺)
│└┬夫人([9]昭和22年・病に倒れる→[12]昭和26年自殺)
│ ├ 長男:明([6]戦争から生還→精神疾患・自殺?)
│ └ 次男:勇([4]精神疾患→[8]/[6]の葬儀中自殺)
├次男:英男([13]昭和39年納屋で良助・フミを道連れに自殺)
│└┬夫人??
│ ├ 長男:靖([11]昭和24年・入水自殺)
│ ├ 長女:フミ([7]/[6](17歳)で精神疾患→[13]昭和39年納屋で焼殺)
│ └ 子供:剛([10]昭和23年・病に倒れる→他界)
└長女:ふで([1]16歳で行方不明)
行者:○○([5]祟りを知らせる)
下男:源平([14]昭和56年辺りに変死)
※[ ]数字は時系列順です

・○○家の先祖は源氏ゆかりで、代々千葉氏に仕えていた。
・この土地では富豪で、明治になってからは良助の祖父が網元ととして一帯を仕切っていた。

206 :k:03/05/07 18:38
【時系列事象一覧(昭和)】
09年以前:長女ふで(16歳)が行方不明に。
?年:ふでを可愛がっていた祖父安五郎が落胆、全てを息子に譲り隠居。他界。
19年:安五郎の命日に良助の言動がおかしくなる。
?年:10月のある日、良助の次男・勇(16歳)の体が、本人の意思とは関係なく勝手に動くようになる。
?年:ある年の正月、一人の行者が訪れ、「血で描かれた絵」の存在を告げる。
20〜21年?:ある日(英男の長女・フミ17歳の時)良助の長男・明が自ら壁に頭を打ちつけ他界。
20〜21年?:明の死の一部始終を目の当りにしたフミが精神疾患に。
20〜21年?:明の葬儀の際、良助の次男・勇が明の棺と共に火葬の釜に飛び込み他界。
20〜21年?:その頃、屋敷で心霊現象が頻発するようになる。
22年:良助夫人が、その翌年には英男の子供・剛が倒れる。
24年:剛が倒れた翌年、英男の長男・靖が自分の両足を縛り入水自殺し他界。
26年:その後、良助夫人が原因不明の体の痛みに耐えかね、首吊り自殺。
39年:長女・ふでが行方不明になってから30数年後、源平が床下から古いかめに入った絵を発見。
39年:その3日後、源平が留守の間に英男が良助・フミを納屋の柱に縛り付け放火。自らも死を選んだ。
56年辺り:独り屋敷に住んでいた源平が変死

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)